図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社三洋物産
発明者 大貫昌人中村昌貴盛里博文吉田邦彦小出幸太金子裕司西村健二
出願日 2018年2月23日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-030966
公開日 2019年8月29日 (8ヶ月経過) 公開番号 2019-141514
状態 未査定
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード 目安情報 暫定情報 テーブル番号情報 ノーマルタイプ 分岐状態 受付禁止状態 ライン判定処理 モード選択表示
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年8月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとすることが可能な遊技機を提供すること。

解決手段

2以上である規定数メダルベットされてスタートレバーが操作されたことに基づいて1ゲームの遊技が開始され、終了契機成立したことに基づいて当該1ゲームの遊技が終了する。MPU72は、当該1ゲームの遊技が終了した場合における遊技結果が入賞対応結果である場合には遊技者が所有する遊技媒体を増加させる。当該入賞対応結果として、増加する遊技媒体の数を規定数で除算した結果の余りが異なる複数種類の入賞結果が存在しており、MPU72は当該複数種類の入賞結果のうち遊技者が所有する遊技媒体の数を規定数で除算した結果の余りを「0」とする入賞結果の成立が発生し易くなる、又は当該複数種類の入賞結果のいずれかが成立可能となるように調整する。

概要

背景

遊技機一種として、スロットマシンがある。スロットマシンは複数のリールを備えており、それら各リールの外周部に付与された複数の図柄のうちの一部が表示窓を通じて視認可能な構成となっている。そして、遊技者所定数以上のメダルなどの遊技媒体ベットしてスタートレバーを操作することで各リールが回転を開始し、各リールが回転を開始した後にストップタンを操作することで各リールが順次停止する。

また、スロットマシンの内部では遊技媒体のベットとスタートレバーの操作を条件として抽選を行っており、抽選の結果が当選であり且つ予め設定された有効ライン上に遊技者が当選となった図柄を停止させることを条件として当選役に対応した遊技媒体の付与等の特典が遊技者に付与される(例えば特許文献1参照)。

概要

遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとすることが可能な遊技機を提供すること。2以上である規定数のメダルがベットされてスタートレバーが操作されたことに基づいて1ゲームの遊技が開始され、終了契機成立したことに基づいて当該1ゲームの遊技が終了する。MPU72は、当該1ゲームの遊技が終了した場合における遊技結果が入賞対応結果である場合には遊技者が所有する遊技媒体を増加させる。当該入賞対応結果として、増加する遊技媒体の数を規定数で除算した結果の余りが異なる複数種類の入賞結果が存在しており、MPU72は当該複数種類の入賞結果のうち遊技者が所有する遊技媒体の数を規定数で除算した結果の余りを「0」とする入賞結果の成立が発生し易くなる、又は当該複数種類の入賞結果のいずれかが成立可能となるように調整する。

目的

本発明は、上記例示した事情等に鑑みてなされたものであり、遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとすることが可能な遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

2以上の数である所定ベット数遊技媒体ベットされている状況において開始操作手段が操作されたことに基づいて1ゲームの遊技を開始させ、終了契機成立したことに基づいて当該1ゲームの遊技を終了させるゲーム制御手段と、前記1ゲームの遊技が終了した場合における遊技結果が入賞対応結果であることに基づいて遊技者所有する遊技媒体を増加させる媒体増加手段と、を備え、前記入賞対応結果として、前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが異なる複数種類所定入賞結果が存在しており、本遊技機は、遊技者が所有する遊技媒体の数に対応する情報を所有数情報として特定する所有数特定手段と、当該所有数特定手段により特定された前記所有数情報に対応する数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが「0」となるように、前記複数種類の所定入賞結果のいずれかの成立を発生し易くする又は前記複数種類の所定入賞結果のいずれかを成立可能とする調整手段と、を備えていることを特徴とする遊技機

請求項2

前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りとして、前記所定ベット数で除算した結果の余りとして取り得る1以上の数の全てが存在するように前記複数種類の所定入賞結果が設定されていることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。

請求項3

前記複数種類の所定入賞結果には、前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが「0」となる特定入賞結果が含まれていることを特徴とする請求項1又は2に記載の遊技機。

請求項4

前記1ゲームの遊技が開始される場合に抽選対象情報の抽選処理を実行する抽選手段を備え、前記媒体増加手段は、前記1ゲームの遊技が終了した場合における遊技結果が前記抽選処理にて当選となった抽選対象情報に対応する入賞対応結果となったことに基づいて遊技者が所有する遊技媒体を増加させるものであり、前記複数種類の所定入賞結果として、前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが相互に異なる第1所定入賞結果と第2所定入賞結果とが存在しており、所定抽選対象情報が前記抽選処理にて当選となった場合、前記第1所定入賞結果の成立が可能であって前記第2所定入賞結果の成立が可能となることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1に記載の遊技機。

請求項5

前記所定抽選対象情報が前記抽選処理にて当選となった場合、前記所定入賞結果となった場合に前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りの全種類に対応する前記所定入賞結果のいずれかの成立が可能となることを特徴とする請求項4に記載の遊技機。

請求項6

前記終了契機を生じさせるために操作される終了操作手段を備え、前記ゲーム制御手段は、前記抽選処理にて前記所定抽選対象情報が当選となった場合、前記終了操作手段の操作態様に応じて、成立する前記所定入賞結果の種類を相違させる手段を備えていることを特徴とする請求項4又は5に記載の遊技機。

請求項7

遊技者の調整開始操作に基づいて前記調整手段による調整が行われる調整状態に設定する状態設定手段を備えていることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1に記載の遊技機。

請求項8

前記状態設定手段は、遊技者に有利な有利遊技状態において前記調整開始操作が行われたとしても前記調整状態に設定しないことを特徴とする請求項7に記載の遊技機。

請求項9

前記調整状態において遊技者に有利な有利遊技状態に移行した場合、当該調整状態を解除する手段を備えていることを特徴とする請求項7又は8に記載の遊技機。

請求項10

前記状態設定手段は、前記所有数特定手段により特定された前記所有数情報が規制情報に対応している場合、前記調整開始操作が行われたとしても前記調整状態に設定しないことを特徴とする請求項7乃至9のいずれか1に記載の遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技機に関するものである。

背景技術

0002

遊技機の一種として、スロットマシンがある。スロットマシンは複数のリールを備えており、それら各リールの外周部に付与された複数の図柄のうちの一部が表示窓を通じて視認可能な構成となっている。そして、遊技者所定数以上のメダルなどの遊技媒体ベットしてスタートレバーを操作することで各リールが回転を開始し、各リールが回転を開始した後にストップタンを操作することで各リールが順次停止する。

0003

また、スロットマシンの内部では遊技媒体のベットとスタートレバーの操作を条件として抽選を行っており、抽選の結果が当選であり且つ予め設定された有効ライン上に遊技者が当選となった図柄を停止させることを条件として当選役に対応した遊技媒体の付与等の特典が遊技者に付与される(例えば特許文献1参照)。

先行技術

0004

特開2015−198773号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ここで、上記例示等のような遊技機においては、遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとする必要があり、この点について未だ改良の余地がある。

0006

本発明は、上記例示した事情等に鑑みてなされたものであり、遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとすることが可能な遊技機を提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決すべく請求項1記載の発明は、2以上の数である所定ベット数の遊技媒体がベットされている状況において開始操作手段が操作されたことに基づいて1ゲームの遊技を開始させ、終了契機成立したことに基づいて当該1ゲームの遊技を終了させるゲーム制御手段と、
前記1ゲームの遊技が終了した場合における遊技結果が入賞対応結果であることに基づいて遊技者が所有する遊技媒体を増加させる媒体増加手段と、
を備え、
記入賞対応結果として、前記媒体増加手段により増加される遊技媒体の数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが異なる複数種類所定入賞結果が存在しており、
本遊技機は、
遊技者が所有する遊技媒体の数に対応する情報を所有数情報として特定する所有数特定手段と、
当該所有数特定手段により特定された前記所有数情報に対応する数を前記所定ベット数で除算した結果の余りが「0」となるように、前記複数種類の所定入賞結果のいずれかの成立を発生し易くする又は前記複数種類の所定入賞結果のいずれかを成立可能とする調整手段と、
を備えていることを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明によれば、遊技者に付与される遊技媒体の数を好適なものとすることが可能となる。

図面の簡単な説明

0009

第1の実施形態におけるスロットマシンの正面図である。
前面扉を開いた状態を示すスロットマシンの斜視図である。
各リールの図柄配列を示す図である。
表示窓部から視認可能となる図柄と組合せラインとの関係を示す図である。
入賞態様と付与される特典との関係を示す図である。
(a)第1ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図であり、(b)第5ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図であり、(c)第10ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図である。
スロットマシンの電気的構成図である。
MPUにて実行されるメイン処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるタイマ割込み処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される通常処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される抽選処理を示すフローチャートである。
通常モード用抽選テーブルの一例を示す図である。
通常モード用抽選テーブルにおけるリールの停止順序と成立可能な入賞の種類との関係を示す図である。
第1RTモード用抽選テーブルの一例を示す図である。
第1RTモード用抽選テーブルにおけるリールの停止順序と成立可能な入賞の種類との関係を示す図である。
第2RTモード用抽選テーブルの一例を示す図である。
第2RTモード用抽選テーブルにおけるリールの停止順序と成立可能な入賞の種類との関係を示す図である。
BB用抽選テーブルを示す図である。
MPUにて実行されるリール回転処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される停止準備処理を示すフローチャートである。
(a)〜(c)オフセット指定テーブルの一例を示す図である。
引込ビットテーブルを示す図である。
(a)ノーマルタイプ組合せテーブルの一例を示す図であり、(b)マルチタイプの組合せテーブルの一例を示す図である。
MPUにて実行される停止情報設定処理を示すフローチャートである。
(a)優先順位情報エリアを説明するための説明図であり、(b)判定情報用バッファを説明するための説明図である。
MPUにて実行される優先順位情報作成処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される入賞判定処理を示すフローチャートである。
(a)MPUにて実行される不当入賞判定処理を示すフローチャートであり、(b)MPUにて実行される0枚役回避用処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される当選時処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される引込ビット設定処理を示すフローチャートである。
(a)MPUにて実行される第1停止後用処理を示すフローチャートであり、(b)MPUにて実行される第2停止後用処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるリール停止処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される停止位置決定処理を示すフローチャートである。
(a)〜(c)通常モード用抽選テーブルのインデックス値IV=4に当選した場合において第1停止指令生前に作成される優先順位情報を説明するための説明図である。
MPUにて実行される停止順報知用処理を示すフローチャートである。
通常モード用抽選テーブルのインデックス値IV=4〜8に当選した場合におけるリールの停止制御と、停止態様と、引込み率との関係を説明するための説明図である。
MPUにて実行されるメダル検出対応処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される端数解消選択処理を示すフローチャートである。
(a)端数解消モードのメニュー画面を説明するための説明図であり、(b)投入指令画面を説明するための説明図であり、(c)完了確認画面を説明するための説明図であり、(d)第1設定不可画面を説明するための説明図であり、(e)設定報告画面を説明するための説明図であり、(f)第2設定不可画面を説明するための説明図であり、(g)解除報告画面を説明するための説明図であり、(h)解除報告表示を説明するための説明図である。
MPUに実行される投入対応処理を示すフローチャートである。
(a)MPUに実行される端数算出処理を示すフローチャートであり、(b)MPUにて実行される解消停止順報知処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される端数管理処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される精算対応処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される遊技終了時の対応処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるBB用処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるBB状態用処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される移行チャンス管理処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるART準備状態処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるART状態処理を示すフローチャートである。
(a)MPUにて実行されるモード選択処理を示すフローチャートであり、(b)モード選択画面を説明するための説明図である。
MPUにて実行されるBB用停止順報知処理を示すフローチャートである。
第2の実施形態におけるMPUにて実行される端数算出処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される投入対応処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される端数管理処理を示すフローチャートである。
(a)第3の実施形態における主制御基板の構成を示すブロック図であり、(b)第1報知権利テーブルを説明するための説明図であり、(c)第2報知権利テーブルを説明するための説明図である。
MPUにて実行される移行チャンス管理処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるART準備状態処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるART状態処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行される停止順報知用処理を示すフローチャートである。
MPUにて実行されるリール停止処理を示すフローチャートである。
第4の実施形態における入賞態様と付与される特典との関係を示す図である。
通常モード用抽選テーブルの一例を示す図である。
通常モード用抽選テーブルのインデックス値IV=4〜6の範囲における停止順序と停止制御と入賞態様との関係を説明するための説明図である。
第5の実施形態におけるBB用抽選テーブルを示す図である。

実施例

0010

<第1の実施形態>
以下、遊技機の一種であるスロットマシンに本発明を適用した場合の第1の実施形態を、図面に基づいて詳細に説明する。図1はスロットマシン10の正面図であり、図2はスロットマシン10の前面扉12を開いた状態の斜視図である。

0011

図2に示すように、スロットマシン10は、その外殻を形成する筐体11を備えている。筐体11は、複数の木製パネルが固定されることにより、全体として前方に開放された箱状に形成されている。筐体11の前面側には前面扉12が取り付けられている。前面扉12はその左側部を回動軸として、筐体11の内部空間を開閉可能とするように筐体11に支持されている。なお、前面扉12は、その裏面に設けられた施錠装置13によって開放不能に施錠状態とされており、この施錠状態は、キーシリンダ14への所定のキーによる解錠操作により解除される。

0012

前面扉12の中央部上寄りには、図1に示すように、遊技者に遊技状態報知する遊技パネル20が設けられている。遊技パネル20には、縦長の3つの表示窓部21L,21M,21Rが横並びとなるように形成されている。表示窓部21L,21M,21Rは透明又は半透明材質により形成されており、各表示窓部21L,21M,21Rを通じてスロットマシン10の内部が視認可能な状態となっている。

0013

図2に示すように、筐体11は仕切り板によりその内部が上下2分割されており、仕切り板の上部にはリールユニット31が取り付けられている。リールユニット31は、円筒状にそれぞれ形成された左リール32L、中リール32M及び右リール32Rを備えている。各リール32L,32M,32Rは、その中心軸線が当該リール32L,32M,32Rの回転軸線となるように回転可能に支持されている。各リール32L,32M,32Rの回転軸線は略水平方向に延びる同一軸線上に配設され、それぞれのリール32L,32M,32Rが各表示窓部21L,21M,21Rと1対1で対応している。したがって、各リール32L,32M,32Rの表面の一部はそれぞれ対応する表示窓部21L,21M,21Rを通じて視認可能な状態となっている。また、リール32L,32M,32Rが正回転すると、各表示窓部21L,21M,21Rを通じてリール32L,32M,32Rの表面は上から下へ向かって移動しているかのように映し出される。これら各リール32L,32M,32Rは、それぞれが図示しないステッピングモータに連結されており、各ステッピングモータの駆動により各リール32L,32M,32Rが個別に、即ちそれぞれ独立して回転駆動し得る構成となっている。

0014

図1に示すように、遊技パネル20の下方左側には、各リール32L,32M,32Rの回転を開始させるために操作されるスタートレバー41が設けられている。メダルがベットされているときにこのスタートレバー41が操作されると、各リール32L,32M,32Rが一斉に回転を始める。

0015

スタートレバー41の右側には、回転している左リール32Lを停止させるために操作される左ストップボタン42と、中リール32Mを停止させるために操作される中ストップボタン43と、右リール32Rを停止させるために操作される右ストップボタン44と、が設けられている。各ストップボタン42,43,44は停止対象となるリール32L,32M,32Rに対応する表示窓部21L,21M,21Rの直下にそれぞれ配置されている。各ストップボタン42,43,44は、左リール32Lが回転を開始してから所定時間が経過すると停止させることが可能な状態となる。

0016

なお、スタートレバー41の操作に基づき各リール32L,32M,32Rの回転が開始され、各ストップボタン42,43,44の操作に基づき各リール32L,32M,32Rが回転を停止して、メダル付与及び遊技状態の管理といった各種処理の実行が完了するまでが、1回のゲーム(遊技回)に相当する。

0017

表示窓部21L,21M,21Rの下方右側には、投資価値としてのメダルを投入するためのメダル投入口45が設けられている。メダル投入口45から投入されたメダルは、図2に示すように、前面扉12の背面に設けられたセレクタ52によって、受付許可時であればホッパ装置53へ導かれ、受付禁止時であれば前面扉12の前面下部に設けられたメダル排出口58からメダル受け皿59へと導かれる。なお、ホッパ装置53は、有効ライン上に遊技媒体の付与に対応した入賞が成立した場合に、貯留タンク貯留されたメダルを、メダル排出口58を通じてメダル受け皿59に払い出す機能を有している。

0018

メダル投入口45の下方には、図1に示すように、メダル投入口45に投入されたメダルがセレクタ52内に詰まった際に押される返却ボタン46が設けられている。また、表示窓部21L,21M,21Rの下方左側には、クレジットされた仮想メダルを一度にベット可能な最大分投入するための第1クレジット投入ボタン47と、仮想メダルを一度に2枚投入するための第2クレジット投入ボタン48と、仮想メダルを一度に1枚投入するための第3クレジット投入ボタン49と、が設けられている。

0019

第1クレジット投入ボタン47の右側には、後述する画像表示装置63にメニュー画面を表示させるために操作されるメニューボタン67が設けられている。また、メニューボタン67の右側には、画像表示装置63に表示されるメニュー画面等において複数の項目の中から1つの項目を選択するために操作される十字キー68と、選択を確定するために操作される決定ボタン69と、が設けられている。

0020

スタートレバー41の左側には、精算ボタン51が設けられている。すなわち、本スロットマシン10では、所定の最大値(メダル50枚分)となるまでの余剰投入メダルや入賞時の払出メダルを仮想メダルとして貯留記憶するクレジット機能を有しており、仮想メダルが貯留記憶されている状況下で精算ボタン51を操作された場合、仮想メダルが現実のメダルとしてメダル排出口58から払い出されるようになっている。

0021

筐体11の内部においてホッパ装置53の左方には、図2に示すように、電源装置54が設けられている。電源装置54には、電源投入時や電源遮断時に操作される電源スイッチ55と、スロットマシン10の各種状態リセットするためのリセットボタン56と、スロットマシン10の設定状態を「設定1」から「設定6」の範囲で変更するために操作される設定キー挿入孔57と、が設けられている。

0022

<各リール32L,32M,32Rに付されている図柄>
次に、各リール32L,32M,32Rに付されている図柄について説明する。

0023

図3には左リール32L、中リール32M及び右リール32Rの図柄配列が示されている。図3に示すように、各リール32L,32M,32Rには、それぞれ20個の図柄が一列に配置されている。また、各リール32L,32M,32Rに対応して番号が「0」〜「19」まで付されているが、これら番号は主制御装置70が表示窓部21L,21M,21Rから視認可能な状態となっている図柄を認識するための番号であり、リール32L,32M,32Rに実際に付されているわけではない。但し、以下の説明では当該番号を使用して説明する。

0024

図柄としては、「チェリー」図柄(例えば、左リール32Lの19番目)、「スイカB」図柄(例えば、左リール32Lの18番目)、「ベル」図柄(例えば、左リール32Lの17番目)、「リプレイA」図柄(例えば、左リール32Lの16番目)、「赤7」図柄(例えば、左リール32Lの15番目)、「星」図柄(例えば、左リール32Lの14番目)、「BAR」図柄(例えば、左リール32Lの10番目)、「スイカA」図柄(例えば、左リール32Lの8番目)、「白7」図柄(例えば、左リール32Lの5番目)、「リプレイB」図柄(例えば、中リール32Mの6番目)の10種類がある。そして、図3に示すように、各リール32L,32M,32Rにおいて各図柄の数や配置順序は異なっている。

0025

図4は、表示窓部21L,21M,21Rの正面図である。各表示窓部21L,21M,21Rは、対応するリール32L,32M,32Rに付された20個の図柄のうち図柄全体が視認可能となる図柄が3個となるように形成されている。このため、各リール32L,32M,32Rがすべて停止している状態では、3×3=9個の図柄が表示窓部21L,21M,21Rを介して視認可能な状態となる。

0026

本スロットマシン10では、各リール32L,32M,32Rの図柄が視認可能となる位置を結ぶようにして、1本のメインラインMLが設定されている。メインラインMLは、左リール32Lの中段図柄、中リール32Mの中段図柄及び右リール32Rの中段図柄を結んだラインである。規定数(3枚)のメダルがベットされた状態で各リール32L,32M,32Rの回転が開始され、当該メインラインML上に当選役に対応した入賞が成立した場合には、メダルの払い出しという利益、再遊技という利益及び遊技状態の移行のいずれかが付与される。

0027

つまり、本スロットマシン10では、入賞が成立し得るラインとして1本のメインラインMLのみが設定されている。そして、当該メインラインMLは一直線に延びるラインとして設定されている。したがって、左リール32Lの上段図柄、中リール32Mの中段図柄及び右リール32Rの下段図柄を結んだサブラインSUL1と、左リール32Lの上段図柄、中リール32Mの上段図柄及び右リール32Rの上段図柄を結んだサブラインSUL2と、左リール32Lの下段図柄、中リール32Mの下段図柄及び右リール32Rの下段図柄を結んだサブラインSUL3と、左リール32Lの下段図柄、中リール32Mの中段図柄及び右リール32Rの上段図柄を結んだサブラインSUL4といった1直線に延びるライン上に、入賞対象となる図柄の組合せが成立したとしても、入賞は成立しない。

0028

以下、図5及び図6を参照しながら、入賞となる図柄の組合せと、入賞となった場合に付与される特典との対応関係を説明する。図5は、入賞となる図柄の組合せと、入賞となった場合に付与される特典との対応関係を説明するための説明図である。また、図6(a)は第1ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図であり、図6(b)は第5ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図であり、図6(c)は第10ベル入賞成立時の図柄の停止態様を示す図である。

0029

メダル払出が行われる小役入賞としては、第1補填入賞〜第3補填入賞、第1ベル入賞〜第12ベル入賞、スイカA入賞、チェリー入賞がある。詳細には、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第1補填入賞となり、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「ベル」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかであり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第2補填入賞となり、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「ベル」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかである場合には第3補填入賞となる。第1補填入賞〜第3補填入賞のいずれかとなった場合には遊技媒体の付与対象数が「3」となる。

0030

メインラインML上において、左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「スイカB」図柄である場合には第1ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「スイカA」図柄である場合には第2ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイB」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「スイカB」図柄である場合には第3ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイB」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「スイカA」図柄である場合には第4ベル入賞となる。第1ベル入賞〜第4ベル入賞のいずれかとなった場合には遊技媒体の付与対象数が「6」となる。第1ベル入賞を例として図6(a)に示すように、第1ベル入賞〜第4ベル入賞のいずれかが成立した場合には、上段図柄を結んだサブラインSUL2上に3つの「ベル」図柄が並ぶ。これにより、遊技者は遊技媒体の付与対象数が「6」である第1ベル入賞〜第4ベル入賞のいずれかが成立したことを容易に把握することができる。

0031

メインラインML上において、左リール32Lの停止図柄が「スイカA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄である場合には第5ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「スイカA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイB」図柄である場合には第6ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「スイカB」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄である場合には第7ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「スイカB」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイB」図柄である場合には第8ベル入賞となる。第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかとなった場合には遊技媒体の付与対象数が「5」となる。第5ベル入賞を例として図6(b)に示すように、第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが成立した場合には、下段図柄を結んだサブラインSUL3上に3つの「ベル」図柄が並ぶ。これにより、遊技者は遊技媒体の付与対象数が「5」である第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが成立したことを容易に把握することができる。

0032

メインラインML上において、左リール32Lの停止図柄が「ベル」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第9ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「赤7」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第10ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「白7」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第11ベル入賞となり、左リール32Lの停止図柄が「BAR」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「ベル」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第12ベル入賞となる。第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかとなった場合には遊技媒体の付与対象数が「4」となる。第10ベル入賞を例として図6(c)に示すように、第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが成立した場合には、中リール32M及び右リール32RのメインラインML上に「ベル」図柄が並ぶとともに、左リール32Lのメインライン上に「ベル」図柄、「赤7」図柄、「白7」図柄及び「BAR」図柄のいずれかが停止する。これにより、遊技者は遊技媒体の付与対象数が「4」である第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが成立したことを容易に把握することができる。

0033

メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「スイカA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「スイカA」図柄である場合、スイカA入賞となる。スイカA入賞となった場合、遊技媒体の付与対象数が「6」となる。

0034

メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「チェリー」図柄となった場合、中リール32Mの停止図柄及び右リール32Rの停止図柄がいずれであったとしてもチェリー入賞となる。チェリー入賞となった場合、遊技媒体の付与対象数が「3」となる。

0035

メダル(又は仮想メダル)をベットすることなく次ゲームの遊技を行うことが可能な再遊技の特典が付与される入賞として、通常リプレイ入賞、第1RTリプレイ入賞、第2RTリプレイ入賞、第1転落リプレイ入賞及び第2転落リプレイ入賞がある。詳細には、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかであり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかである場合、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「ベル」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合、又はメインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「スイカA」図柄及び「スイカB」図柄のいずれかであり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合、通常リプレイ入賞となる。また、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「ベル」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかであり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかである場合には第1RTリプレイ入賞となるとともに、左リール32Lの停止図柄が「スイカA」図柄及び「スイカB」図柄のいずれかであり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかであり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかである場合には第2RTリプレイ入賞となる。また、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「スイカA」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかである場合には第1転落リプレイ入賞となるとともに、左リール32Lの停止図柄が「リプレイA」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「リプレイA」図柄及び「リプレイB」図柄のいずれかであり、右リール32Rの停止図柄が「ベル」図柄である場合には第2転落リプレイ入賞となる。

0036

上記いずれかのリプレイ入賞となった場合、メダル及び仮想メダルの両方についてベットを不要としながら次ゲームの遊技を行うことが可能となる。具体的には、メダルを3枚ベットしたゲームにおいていずれかのリプレイ入賞となった場合、メダル及び仮想メダルの両方についてベットを不要としながら、3枚ベット状態で次ゲームの遊技を開始することが可能となる。

0037

また、上記各種リプレイ入賞のうち、第1RTリプレイ入賞、第2RTリプレイ入賞、第1転落リプレイ入賞及び第2転落リプレイ入賞は、リプレイ入賞の特典の付与契機となるだけではなく遊技状態の移行契機となる。本スロットマシン10では役の抽選処理において抽選対象となる役の種類及び各役の当選確率が相違するように複数種類の遊技状態が設定されており、これら遊技状態間の移行は遊技状態の移行契機となるリプレイ入賞が成立した場合に発生する。

0038

遊技状態の移行のみが行われる状態移行入賞として第1BB入賞及び第2BB入賞がある。詳細には、メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「赤7」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「赤7」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「赤7」図柄である場合、第1BB入賞となる。メインラインML上において左リール32Lの停止図柄が「白7」図柄であり、中リール32Mの停止図柄が「白7」図柄であり、右リール32Rの停止図柄が「白7」図柄である場合、第2BB入賞となる。第1BB入賞又は第2BB入賞が成立した場合には、遊技状態がBB状態に移行する。

0039

BB状態とは、後述する通常モードであって非AT状態である場合(この状態を通常遊技状態ともいう。)よりも単位ゲーム数あたりの遊技媒体の付与期待数が高くなる遊技状態である。さらにいうと、BB状態とは、当該BB状態以外のいずれの遊技状態よりも単位ゲーム数あたりの遊技媒体の付与期待数が高くなる遊技状態である。具体的には、第1ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかの成立を可能とさせる小役に他の遊技状態の場合よりも高い確率(例えば約1/1.3)で当選するとともに、当該小役に当選した場合には所謂取りこぼしが発生しない態様で第1ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが確実に成立することとなる。ここで、取りこぼしとは、当選した役と対応する図柄又は図柄の組合せがメインラインML上に停止しないことを意味する。BB状態は、複数ゲームに亘って継続し、ゲームの実行内容に応じた事象の発生に基づき終了条件が成立した場合に終了する。当該終了条件は任意であるが、本スロットマシン10ではBB状態が開始されてから付与された遊技媒体の合計数終了基準数(例えば「350」)以上となることが終了条件として設定されている。

0040

<各種報知及び各種演出を実行するための装置>
次に、各種報知及び各種演出を実行するための装置について説明する。

0041

前面扉12の上部には、図1に示すように、上部ランプ61及びスピーカ62が設けられているとともに画像表示装置63が設けられている。上部ランプ61は、スロットマシン10において異常が発生した場合に当該異常に対応した態様で発光制御されるとともに、入賞結果に応じた態様で発光制御される。また、上部ランプ61は、画像表示装置63における表示演出に対応した発光演出が行われるように発光制御される。スピーカ62は左右一対として設けられており、スロットマシン10において異常が発生した場合に当該異常に対応した音又は音声が出力されるように音出力制御されるとともに、入賞結果に対応した音又は音声が出力されるように音出力制御される。また、スピーカ62は、画像表示装置63における表示演出に対応した音出力演出が行われるように音出力制御されるとともに、遊技者に対してリール32L,32M,32Rの停止順序の報知が行われるように音出力制御される。

0042

画像表示装置63は表示面を有しており、液晶ディスプレイを備えた液晶表示装置として構成されているが、液晶表示装置に限定されることはなく、プラズマディスプレイ装置有機EL表示装置又はCRTといった表示面を有する他の表示装置であってもよく、ドットマトリクス表示器であってもよい。スロットマシン10において異常が発生した場合には当該異常に対応した画像が当該表示面にて表示されるように表示制御される。また、画像表示装置63は、内部抽選における役の当選結果及び各ゲームにおける入賞結果に対応した画像が表示面にて表示されるように表示制御される。

0043

前面扉12の遊技パネル20には、表示窓部21L,21M,21Rの下方の位置に、貯留記憶された仮想メダルの数を表示するクレジット表示部65と、小役入賞時に付与対象となった遊技媒体数を表示する付与数表示部66と、がそれぞれ設けられている。これら表示部65,66は7セグメント表示器によって構成されており、各セグメントには緑色などの単色発光タイプのLEDが用いられている。但し、これに限定されることはなく、表示部65,66の一部又は全部が、液晶表示装置、有機EL表示装置、CRT又はドットマトリックス表示器等その他のタイプの表示装置によって構成されていてもよい。

0044

<各種制御装置
スロットマシン10には、各種制御装置が設けられている。具体的には、図2に示すように、リールユニット31の上方には、主制御装置70が設けられている。当該主制御装置70は、筐体11の背板に取り付けられている。主制御装置70は、主制御基板71が基板ボックスに収容されて構成されている。基板ボックスを開放する場合には、締結状態を解除する必要があり、当該締結状態の解除に際して破壊箇所が生じることとなる。当該破壊箇所の有無を確認することで、基板ボックスが開放されたか否かを簡易的に確認することが可能となる。

0045

スロットマシン10には、主制御装置70以外にも演出制御装置80が設けられている。演出制御装置80は、前面扉12において画像表示装置63の後方に重ねて配置されている。演出制御装置80は、主制御装置70から受信したコマンドに基づき、上部ランプ61、スピーカ62及び画像表示装置63の制御を実行する。なお、演出制御装置80は、主制御装置70と同様に、基板ボックス内に制御基板が収容されてなる。

0046

<スロットマシン10の電気的構成>
次に、本スロットマシン10の電気的構成について、図7のブロック図に基づいて説明する。

0047

主制御装置70は、遊技の主たる制御を司る主制御基板71を具備している。主制御基板71には、MPU72が搭載されている。MPU72には、当該MPU72により実行される各種の制御プログラム固定値データを記憶したROM73と、そのROM73内に記憶される制御プログラムの実行に際して各種のデータ等を一時的に記憶するためのメモリであるRAM74と、が内蔵されている。なお、MPU72に対してROM73及びRAM74が1チップ化されていることは必須の構成ではなく、それぞれが個別にチップ化された構成としてもよい。

0048

MPU72には、入力ポート及び出力ポートがそれぞれ設けられている。MPU72の入力側には、リールユニット31(より詳しくは各リール32L,32M,32Rが1回転したことを個別に検出するリールインデックスセンサ)、スタートレバー41の操作を検出するスタート検出センサ41a、各ストップボタン42,43,44の操作を個別に検出するストップ検出センサ42a,43a,44a、各クレジット投入ボタン47,48,49の操作を個別に検出するクレジット投入検出センサ47a,48a,49a、精算ボタン51の操作を検出する精算検出センサ51a、メダル投入口45から投入されて受付許可状態のセレクタ52によりホッパ装置53側に振り分けられたメダルを検出する第1投入メダル検出センサ52a、メダル投入口45から投入されて受付禁止状態のセレクタ52によりメダル排出口58側に振り分けられたメダルを検出する第2投入メダル検出センサ52b、ホッパ装置53の払出検出センサ、リセットボタン56の操作を検出するリセット検出センサ56a、設定キー挿入孔57に設定キーが挿入されたことを検出する設定キー検出センサ57a、メニューボタン67の操作を検出するメニュー検出センサ67a、十字キー68の上下左右の各ボタン操作を個別に検出する十字キー検出センサ68a〜68d、決定ボタン69の操作を検出する決定検出センサ69a等の各種センサが接続されており、これら各センサからの信号はMPU72に入力される。

0049

MPU72の出力側には、リールユニット31(より詳しくは各リール32L,32M,32Rを回転させるためのステッピングモータ)、セレクタ52に設けられたセレクタ駆動部52c、ホッパ装置53の払出モータ、及び演出制御装置80等が接続されている。各ゲームにおいてはリールユニット31の各リール32L,32M,32Rの回転駆動制御がMPU72により行われる。既に説明したとおりセレクタ52は、メダル投入口45から投入されたメダルを、受付許可時であれば第1投入メダル検出センサ52aにて検出させた後にホッパ装置53へ導き、受付禁止時であれば第2投入メダル検出センサ52bにて検出させた後にメダル受け皿59へ排出する機能を有する。セレクタ駆動部52cはセレクタ52の状態を受付許可状態と受付禁止状態との間で切り換えるための機能を有しており、具体的にはセレクタ52に設けられた通路換片を受付許可用の位置と受付禁止用の位置との間で動作させる。MPU72はセレクタ駆動部52cへの駆動信号出力状態及び停止状態を切り換えることにより、セレクタ52の状態を受付許可状態と受付禁止状態との間で切り換える。また、MPU72は、小役入賞が成立してメダルの払い出しを実行する場合にはホッパ装置53の駆動制御を実行する。また、MPU72は、各ゲームの各タイミングで演出制御装置80にコマンドを送信する。

0050

MPU72の入力側には、電源装置54に設けられた停電監視回路が接続されている(図示略)。電源装置54には、主制御装置70をはじめとしてスロットマシン10の各電子機器駆動電力を供給する電源部及び停電監視回路が搭載されており、停電監視回路は、外部電源から電源部に印加されている電圧監視し、当該電圧が基準電圧以下となった場合にMPU72に停電信号を出力する。MPU72は、停電信号を受信することにより停電時処理を実行し、復電後において停電前の処理状態への復帰を可能とする。また、電源装置54には、外部電源からの動作電力の供給が遮断されている状況において電断電力としてバックアップ電力をRAM74に供給するための電断中電源部が設けられている。これにより、外部電源からの動作電力の供給が遮断されている状況であっても、電断中電源部においてバックアップ電力を供給可能な状況(例えば1日や2日)ではRAM74においてデータが記憶保持される。但し、電源装置54に設けられたリセットボタン56を押圧操作した状態でスロットマシン10の電源のON操作を行うことで、RAM74に記憶保持されているデータは初期化される。

0051

演出制御装置80には、上部ランプ61、スピーカ62及び画像表示装置63が接続されている。演出制御装置80は、主制御装置70のMPU72から受信したコマンドに基づき、上部ランプ61の発光制御、スピーカ62の音出力制御、及び画像表示装置63の表示制御を実行することで、各種報知や各種演出が行われるようにする。

0052

<MPU72のメイン処理>
次に、MPU72により実行される処理について説明する。まず、MPU72への動作電力の供給が開始された場合に当該MPU72において起動されるメイン処理について図8のフローチャートを参照しながら説明する。

0053

メイン処理ではまず初期化処理を実行する(ステップS101)。初期化処理では、タイマ割込み処理による割込みを許可し、さらにMPU72内のレジスタ群及びI/O装置等に対する各種の初期設定を行う。

0054

初期化処理が終了した後は設定キーが設定キー挿入孔57に挿入されてON操作が行われているか否かを判定する(ステップS102)。ON操作が行われている場合には(ステップS102:YES)、電源スイッチ55のON操作に際してリセットボタン56がON操作されていないのであれば(ステップS103:NO)、一部クリア処理を実行し(ステップS104)、電源スイッチ55のON操作に際してリセットボタン56がON操作されているのであれば(ステップS103:YES)、全部クリア処理を実行する(ステップS105)。つまり、RAM74を初期化するための操作が行われることなくスロットマシン10の設定値の変更が行われる場合には一部クリア処理が実行され、RAM74を初期化するための操作が行われた場合には全部クリア処理が実行される。

0055

一部クリア処理ではRAM74における一部のエリアを初期化し、全部クリア処理ではRAM74における全部のエリアを初期化する。一部クリア処理では、RAM74においてBB状態であるか否かを示すデータが記憶されたエリア、BB状態における遊技媒体の合計付与数を示すデータが記憶されたエリア、AT状態であるか否かを示すデータが記憶されたエリア、AT状態の終了条件を特定するためのデータが記憶されたエリア、及び後述する抽選モードの種類を示すデータが記憶されたエリアを除く、RAM74の各エリアを「0」クリアする。この場合、当選役が記憶されたエリアは「0」クリアされる。全部クリア処理では、一部クリア処理において「0」クリアの実行対象外とされるエリアを含めてRAM74の全エリアを「0」クリアする。これにより、一部クリア処理が実行されたとしてもBB状態、AT状態及び抽選モードは電源遮断前の状態に維持され、全部クリア処理が実行された場合には電源遮断前の状態とは無関係に通常遊技状態となる。

0056

なお、上記構成に限定されることはなく、BB状態で電源が遮断された場合において一部クリア処理が実行された場合にはBB状態ではない状態となる構成としてもよく、AT状態で電源が遮断された場合において一部クリア処理が実行された場合にはAT状態ではない状態となる構成としてもよく、後述する第1RTモード又は第2RTモードで電源が遮断された場合において一部クリア処理が実行された場合にはそれらRTモードではない状態となる構成としてもよい。また、一部クリア処理が実行されたとしても、BB役に当選したことを示すデータが記憶されたエリアが「0」クリアされない構成としてもよい。

0057

ステップS104又はステップS105の処理を実行した後は、当選確率設定処理を実行する(ステップS106)。当選確率設定処理では、設定キーが挿入されてON操作されていることを条件として現在の設定値を読み込むとともに、遊技パネル20に設けられた付与数表示部66に現在の設定値を表示する。なお、当選確率設定処理の直前においてRAM74における設定値のデータを記憶するためのエリアは確実に初期化されているため、付与数表示部66に表示される設定値は「1」の設定値に対応する「1」である。当選確率設定処理では、リセットボタン56が操作される度に設定値を1更新するとともに、その更新後の設定値を付与数表示部66に表示する。なお、設定値が「6」の設定値である状況でリセットボタン56が操作された場合には設定値は「1」の設定値に更新される。スタートレバー41が操作された後に設定キーのON操作が解除された場合に当選確率設定処理を終了する。この場合、付与数表示部66における設定値の表示が終了される。当選確率設定処理を実行した後は、通常処理に移行する(ステップS107)。通常処理については後に詳細に説明する。

0058

メイン処理において設定キーのON操作が行われていない場合(ステップS102:NO)、ステップS108以降の復電処理を実行する。復電処理とは、スロットマシン10の状態を電源遮断前の状態に復帰させるための処理である。復電処理では、RAM74を確認することでスロットマシン10の設定値が正常か否かを判定する(ステップS108)。具体的には、設定値が「1」〜「6」のいずれかである場合に正常であると判定し、「0」又は「7」以上である場合に異常であると判定する。設定値が正常である場合には、停電フラグに「1」がセットされているか否かを確認する(ステップS109)。停電フラグはRAM74に設けられており、MPU72への動作電力の供給が停止される場合において予め定められた停電時処理が正常に実行された場合には当該停電フラグに「1」がセットされることとなる。停電フラグに「1」がセットされている場合には、RAM判定値が正常であるか否かを確認する(ステップS110)。具体的には、RAM74のチェックサム値を調べ、その値が正常であるか否かを確認する。

0059

ステップS108〜ステップS110の全てにおいて肯定判定をした場合には、前回の電断時における停電時処理が正常に実行されたことを意味する。この場合、RAM74に保存されたスタックポインタの値をMPU72のスタックポインタに書き込み、RAM74に退避されたデータをMPU72のレジスタに復帰させることで、MPU72のレジスタの状態を電源が遮断される前の状態に復帰させる(ステップS111)。また、RAM74の停電フラグを「0」クリアする(ステップS112)。その後、復電処理の実行を認識させるための復電コマンドを演出制御装置80に送信した後に(ステップS113)、電源遮断前の番地に戻る(ステップS114)。

0060

一方、ステップS108〜ステップS110のいずれかで否定判定をした場合には動作禁止処理を実行する。動作禁止処理では、次回のタイマ割込み処理(図9)の実行を禁止し(ステップS115)、MPU72の全ての出力ポートを「0」クリアすることにより当該出力ポートに接続された全てのアクチュエータOFF状態とし(ステップS116)、ホール管理者等にエラーの発生を報知するためのエラー報知処理を実行する(ステップS117)。そして、無限ループとなる。当該動作禁止処理は、全部クリア処理(ステップS105)が実行されることにより解除される。

0061

<MPU72のタイマ割込み処理>
次に、MPU72にて実行されるタイマ割込み処理について、図9のフローチャートを参照しながら説明する。なお、タイマ割込み処理は、例えば1.49msecごとに起動される。

0062

ステップS201ではレジスタ退避処理を行い、後述する通常処理で使用しているMPU72内の全レジスタの値をRAM74に退避させる。ステップS202では停電フラグに「1」がセットされているか否かを確認し、停電フラグに「1」がセットされているときにはステップS203に進み、停電時処理を実行する。

0063

停電フラグは、電源装置54の停電監視回路からの停電信号がMPU72に入力された場合にセットされる。停電時処理では、まずコマンドの送信が終了しているか否かを判定し、送信が終了していない場合には本処理を終了してタイマ割込み処理に復帰し、コマンドの送信を終了させる。コマンドの送信が終了している場合には、MPU72のスタックポインタの値をRAM74に保存する。その後、MPU72の出力ポートの出力状態をクリアし、図示しない全てのアクチュエータをオフ状態にする。そして、停電解消時にRAM74のデータが正常か否かを判定するための判定値を算出して当該RAM74に保存し、それ以後のRAMアクセスを禁止する。以上の処理を行った後は、電源が完全に遮断して処理が実行できなくなるのに備え、無限ループに入る。

0064

ステップS202にて停電フラグがセットされていない場合には、ステップS204以降の各種処理を行う。ステップS204では、誤動作の発生を監視するためのウオッチドッグタイマの値を初期化するウオッチドッグタイマのクリア処理を行う。ステップS205では、MPU72自身に対して次回のタイマ割込みを設定可能とする割込み終了宣言処理を行う。ステップS206では、各リール32L,32M,32Rを回転させるために、それぞれのステッピングモータを駆動させるステッピングモータ制御処理を行う。

0065

ステップS207ではセンサ監視処理を行う。センサ監視処理では、入力ポートに接続された各種センサの状態を読み込むとともに、読み込み結果が正常か否かを監視する。また、センサ監視処理では、入力ポートに接続された第1投入メダル検出センサ52aの検出信号に基づいてセレクタ52によりホッパ装置53側に振り分けられたメダルを検出した場合にはRAM74に設けられた第1メダル検出フラグに「1」を設定するとともに、入力ポートに接続された第2投入メダル検出センサ52bの検出信号に基づいてセレクタ52によりメダル排出口58側に振り分けられたメダルを検出した場合にはRAM74に設けられた第2メダル検出フラグに「1」を設定する。第1メダル検出フラグは、セレクタ52によりホッパ装置53側に振り分けられたメダルが検出されたことをMPU72にて特定可能とするフラグであるとともに、第2メダル検出フラグは、セレクタ52によりホッパ装置53側に振り分けられたメダルが検出されたことをMPU72にて特定可能とするフラグである。

0066

さらにまた、センサ監視処理では、スタート検出センサ41a、ストップ検出センサ42a〜44a、精算検出センサ51a、メニュー検出センサ67a、十字キー検出センサ68a〜68d及び決定検出センサ69aにおける検出信号の非操作状態に対応するOFF信号から操作状態に対応するON信号への立ち上がりを検出した場合にRAM74に設けられた対応するフラグに「1」を設定するとともに、これらの検出信号のOFF信号を検出した場合に当該対応するフラグを「0」クリアする。RAM74には、スタートレバー41が操作されたことをMPU72にて特定可能とする開始指令フラグ、ストップボタン42〜44が操作されたことをMPU72にて特定可能とする停止指令フラグ(左停止指令フラグ、中停止指令フラグ及び右停止指令フラグ)、精算ボタン51が操作されたことをMPU72にて特定可能とする精算指令フラグ、メニューボタン67が操作されたことを特定可能とするメニュー表示フラグ、十字キー68が操作されたことをMPU72にて特定可能とする移動操作フラグ(上移動操作フラグ、下移動操作フラグ、左移動操作フラグ及び右移動操作フラグ)、及び決定ボタン69が操作されたことをMPU72にて特定可能とする決定操作フラグが設けられている。なお、スタート検出センサ41a、ストップ検出センサ42a〜44a、精算検出センサ51a、メニュー検出センサ67a、十字キー検出センサ68a〜68d及び決定検出センサ69aは、非操作状態に対応する検出信号がON信号であるとともに操作状態に対応する検出信号がOFF信号である構成としてもよい。

0067

ステップS207にてセンサ監視処理を実行した後、ステップS208ではメダル検出対応処理を実行する。メダル検出対応処理では、RAM74に設けられたクレジットカウンタ75(図7)、ベット数カウンタ76(図7)、及び後述する追跡用カウンタ92(図7)の設定を行う。クレジットカウンタ75は、貯留記憶されている仮想メダルの数をMPU72にて把握可能とするために設けられたカウンタであるとともに、ベット数カウンタ76は、ベットされたメダルの数をMPU72にて把握可能とするために設けられたカウンタである。ベット数カウンタ76には「0」〜「3」の数値情報を設定可能であるとともに、クレジットカウンタ75には「0」〜「50」の数値情報を設定可能である。なお、クレジットカウンタ75における仮想メダルの貯留数はクレジット表示部65(図1)に表示される。メダル検出対応処理の詳細は後述する。

0068

ステップS209ではクレジット投入処理を実行する。クレジット投入処理では、セレクタ52が受付許可状態である場合、入力ポートに接続されているクレジット投入検出センサ47a〜49aの検出信号に基づいてクレジット投入ボタン47〜49の操作が検出されたか否かを判定する。そして、第1クレジット投入ボタン47の操作が検出された場合には、ベット数カウンタ76の値が「3」となるかクレジットカウンタ75の値が「0」となるまで、クレジットカウンタ75の値を1減算する処理とベット数カウンタ76の値に1加算する処理とを繰り返す。また、第2クレジット投入ボタン48の操作が検出された場合には、ベット数カウンタ76の値が「3」となるかクレジットカウンタ75の値が「0」となるまで、クレジットカウンタ75の値を1減算する処理とベット数カウンタ76の値に1加算する処理とを2回を限度として繰り返す。さらにまた、第1クレジット投入ボタン47の操作が検出された場合には、ベット数カウンタ76の値が「2」以下であるとともにクレジットカウンタ75の値が「1」以上であることを条件として、クレジットカウンタ75の値を1減算するとともにベット数カウンタ76の値に1加算する。

0069

ステップS210では、各カウンタやタイマの値を減算するタイマ減算処理を行う。ステップS211では、メダルのベット数や、払出枚数カウントした結果を外部へ出力するカウンタ処理を行う。ステップS212では、MPU72が演出制御装置80への送信対象としてセットした各種コマンドを演出制御装置80に送信するコマンド出力処理を行う。ステップS213では、入出力ポートからI/O装置に対応するデータを出力するポート出力処理を行う。ステップS214では、先のステップS201にてRAM74に退避させた各レジスタの値をそれぞれMPU72内の対応するレジスタに復帰させる。その後、ステップS215にて次回のタイマ割込みを許可する割込み許可処理を行い、この一連のタイマ割込み処理を終了する。

0070

<MPU72の通常処理>
次に、MPU72にて実行される通常処理について図10のフローチャートに基づき説明する。

0071

通常処理では、先ず次回のタイマ割込みを許可する割込み許可処理を行い(ステップS301)、その後に開始待ち処理を実行する(ステップS302)。開始待ち処理では、前回のゲームでいずれかのリプレイ入賞(通常リプレイ入賞、第1RTリプレイ入賞、第2RTリプレイ入賞、第1転落リプレイ入賞又は第2転落リプレイ入賞)が成立したか否かについて判定する。いずれかのリプレイ入賞が成立している場合には、前回のベット数と同数の仮想メダルを自動投入する自動投入処理を行うとともに、投入完了コマンドをセットして開始待ち処理を終了する。ここで、投入完了コマンドとは、自動投入の完了を把握させるべく演出制御装置80に対して送信されるコマンドである。なお、自動投入処理では、クレジットカウンタ75に貯留記憶されている仮想メダルの数を減じることなく仮想メダルの投入を行う。つまり、前回の遊技でリプレイ入賞が成立した場合には、遊技者は所有するメダルを減らすことなく且つメダルを投入することなく今回の遊技を行うことができる。リプレイ入賞が成立していなかった場合には、前回の開始待ち処理から今回の開始待ち処理までの間にメダルの投入又はクレジット投入ボタン47〜49の操作がなされたか否かを判定し、いずれかが行われた場合にはメインラインMLの設定等を行うメダル投入処理を行った後に開始待ち処理を終了する。また、前回の開始待ち処理から今回の開始待ち処理までの間にメダルの投入及びクレジット投入ボタン47〜49の操作のいずれもなされていない場合には、そのまま開始待ち処理を終了する。

0072

ステップS302にて開始待ち処理を実行した後は、精算ボタン51の操作に対応してクレジットされている仮想メダルと同数のメダルを払い出す精算対応処理を実行する(ステップS303)。なお、精算対応処理の詳細については後述する。その後、端数解消選択処理を実行する(ステップS304)。端数解消選択処理では、RAM74におけるメニュー表示フラグに「1」が設定されていることを条件として、端数解消モードの設定及び解除を選択可能とする処理を実行する。端数解消モードとは、遊技者が遊技を止める際に規定数(3枚)未満の端数(本実施形態では1〜2枚)のメダル及び仮想メダルが残る可能性を低減し、当該端数のメダル及び仮想メダルが使えずに無駄となることを回避するために設けられたモードである。なお、端数解消選択処理の詳細については後述する。

0073

ステップS304にて端数解消選択処理を実行した後は、メダルのベット数が規定数(3枚)に達しているか否かを判定する(ステップS305)。具体的には、RAM74におけるベット数カウンタ76の値が「3」であるか否かについて判定し、ベット数カウンタ76の値が「3」未満である場合、つまりメダルのベット数が規定数に達していない場合(ステップS305:NO)には、ステップS302の開始待ち処理に戻る。また、ベット数カウンタ76の値が「3」である場合、つまりメダルのベット数が規定数に達している場合(ステップS305:YES)には、スタートレバー41が操作されたか否かについて判定する(ステップS306)。具体的には、RAM74における開始指令フラグに「1」が設定されている場合にスタートレバー41の操作が行われたと判定するとともに、開始指令フラグに「1」が設定されていない場合にスタートレバー41の操作が行われていないと判定する。ステップS306にてスタートレバー41の操作が行われていないと判定した場合には、ステップS302の開始待ち処理に戻る。なお、ステップS305又はステップS306にて否定判定が行われた後に実行される開始待ち処理(ステップS302)では、リプレイ入賞が成立したことに基づく自動投入処理は省略される。

0074

一方、ベット数が規定数に達している状況(ステップS305:YES)において、スタートレバー41の操作が行われたと判定した場合(ステップS306:YES)には、受付禁止処理を実行する(ステップS307)。受付禁止処理では、メインラインMLを有効化させた後に、セレクタ52を受付禁止状態とする。これにより、メダル投入口45に投入されたメダルは、セレクタ52にてメダル排出口58側に振り分けられ、メダル受け皿59へ排出される状態となる。その後、端数解消モードが設定されていること(ステップS308:YES)を条件として後述する端数算出処理を実行する(ステップS309)。

0075

ステップS308にて端数解消モードが設定されていないと判定した後、又はステップS309にて端数算出処理を実行した後は、今回のゲームにおける役の抽選を行うための抽選処理を実行し(ステップS310)、各リール32L,32M,32Rの回転を開始させるリール回転処理を実行する(ステップS311)。そして、ストップボタン42〜44が操作されて停止指令が発生した場合に対応するリール32L,32M,32Rを停止させるリール停止処理を行う(ステップS312)。

0076

ステップS312にてリール停止処理を実行した後は、メダル払出処理を実行する(ステップS313)。メダル払出処理では、今回のゲームにおいて小役入賞が成立している場合に、当該小役入賞に対応した枚数のメダル又は仮想メダルを遊技者に付与するための処理を実行する。具体的には、クレジットカウンタ75に今回の小役入賞に対応した値を加算し、クレジットカウンタ75の値が上限貯留数(「50」)となった場合にはその上限貯留数を超えた数分のメダルがメダル受け皿59に払い出されるようにホッパ装置53を駆動制御する。既に説明したとおり、クレジットカウンタ75は、本スロットマシン10に貯留記憶されている仮想メダルの数を記憶するためにRAM74(図7)に設けられたカウンタであり、「0」〜「50」の仮想メダルを貯留記憶することができる。遊技者は当該クレジット表示部65を確認することにより仮想メダルの貯留数を把握することができる。また、メダル払出処理では、今回付与対象となったメダルの数に対応する表示が行われるように付与数表示部66を表示制御する。この付与数表示部66におけるメダルの数に対応する表示は、メダルのベットが新たに行われるまで継続される。

0077

ステップS313にてメダル払出処理を実行した後は、今回のゲームの結果に対応する遊技状態の設定を可能とするための遊技終了時の対応処理を実行し(ステップS314)、端数解消モードを実行するためのデータを管理する端数管理処理を実行する(ステップS315)。その後、受付許可処理を実行して(ステップS316)、ステップS301の割込み許可処理に戻る。受付許可処理(ステップS316)では、クレジットカウンタ75が上限貯留数(「50」)でないことを条件として、セレクタ52を受付許可状態とする。既に説明したとおり、受付許可状態においてメダル投入口45から投入されたメダルはホッパ装置53にて回収される。また、既に説明したとおり、セレクタ52にてホッパ装置53側に振り分けられたメダルは、第1投入メダル検出センサ52aにより検出される。

0078

次に、通常処理(図10)のステップS310にて実行される抽選処理について、図11のフローチャートを参照しながら説明する。

0079

抽選処理では、先ず役の当否判定を行う際に用いる乱数を取得する(ステップS401)。本スロットマシン10では、スタートレバー41が操作されると、ハード回路がその時点におけるフリーランカウンタの値をラッチする構成となっている。フリーランカウンタは0〜65535の乱数を生成しており、MPU72は、スタートレバー41の操作を確認した後、ハード回路がラッチした値をRAM74に格納する。かかる構成とすることにより、スタートレバー41が操作されたタイミングで速やかに乱数を取得することが可能となり、同期等の問題が発生することを回避することが可能となる。本スロットマシン10のハード回路は、スタートレバー41が操作される毎にその都度のフリーランカウンタの値をラッチする構成となっている。

0080

ステップS401にて乱数を取得した後は、役の当否判定を行うための抽選テーブルをROM73から読み出す(ステップS402)。ここで、本スロットマシン10では、「1」の設定値から「6」の設定値まで6段階の当選確率が予め用意されており、設定キー挿入孔57に設定キーを挿入してON操作するとともに所定の操作を行うことにより、いずれの当選確率に基づいて抽選処理を実行させるのかを設定することができる。「n」の設定値よりも「n+1」の設定値の方がBB状態への移行契機となる第1BB役及び第2BB役の当選確率が高い確率となるため、「n」の設定値よりも「n+1」の設定値の方が遊技者にとって有利となる。また、同一の段階の設定値であってもMPU72において抽選テーブルが相違する抽選モードとして、通常モードと、第1RTモードと、第2RTモードとの3種類が存在している。また、遊技状態として、これら各抽選モードの状態とは別にBB状態が存在している。ステップS402では、現状の設定値と、現状の遊技状態との組合せに対応する抽選テーブルを選択する。

0081

設定値が「3」である場合を例に挙げて、通常モード、第1RTモード、及び第2RTモードのそれぞれに対応する抽選テーブルについて説明する。まず通常モードである場合に選択される通常モード用抽選テーブルについて説明する。図12は通常モード用抽選テーブルを説明するための説明図であり、図13は通常モード用抽選テーブルにおけるリール32L,32M,32Rの停止順序と成立可能な入賞の種類との関係を示す図である。

0082

図12に示すように、通常モード用抽選テーブルには、インデックス値IVが設定されており、各インデックス値IVには、当選となる役がそれぞれ対応付けられるとともにポイント値PVが設定されている。ポイント値PVは、対応する抽選役の当選確率をフリーランカウンタの最大値(「65535」)との関係で定めるものである。

0083

具体的には、インデックス値IV=1には、第9ベル当選データと、第1補填当選データと、が設定されている。インデックス値IV=1で当選となった場合、図13に示すように、第1停止(最初に停止指令が発生したリール)が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞が確実に発生し、それ以外の場合には第1補填入賞が確実に発生する。

0084

本スロットマシン10においてはストップボタン42〜44が操作されてから最大4図柄分まで滑らせることが可能なリール制御が各リール32L,32M,32Rについて行われる。換言すれば、ストップボタン42〜44が操作されてから規定時間(190ミリ秒)が経過するまでに停止させるリール制御が各リール32L,32M,32Rについて行われる。このようなリール制御が行われることにより、当選している役に対応した入賞を成立させ易くすることが可能となるとともに、当選していない役に対応した入賞が成立してしまうことを回避することが可能となる。但し、滑らせることが可能なリール32L,32M,32Rの回転量が上記のように制限されているため、一のリール32L,32M,32Rにおいて、入賞を成立させるための図柄の組合せを構成する構成図柄間に5図柄以上が存在していると、対応するストップボタン42〜44の操作タイミングによっては当該構成図柄がメインラインML上に停止しない所謂取りこぼしが起こり得る。第1補填入賞〜第3補填入賞、第9ベル入賞及び各種リプレイ入賞は対応する順序でリール32L,32M,32Rが停止された場合には取りこぼしが発生しない入賞態様であり、第1ベル入賞〜第8ベル入賞、第10ベル入賞〜第12ベル入賞、スイカA入賞、チェリー入賞、第1BB入賞及び第2BB入賞はリール32L,32M,32Rの回転位置に対するストップボタン42〜44の停止操作タイミングによっては取りこぼしが発生し得る入賞態様である。

0085

インデックス値IV=2には、図12に示すように、第9ベル当選データと、第2補填当選データと、が設定されている。インデックス値IV=2で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞が確実に成立し、それ以外の場合には第2補填入賞が確実に成立する。

0086

インデックス値IV=3には、図12に示すように、第9ベル当選データと、第3補填当選データと、が設定されている。インデックス値IV=3で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞が確実に成立し、それ以外の場合には第3補填入賞が確実に成立する。

0087

インデックス値IV=4には、図12に示すように、第1ベル当選データ〜第12ベル当選データが設定されている。インデックス値IV=4で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1ベル入賞〜第4ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが確実に成立する。

0088

インデックス値IV=5には、図12に示すように、第1ベル当選データ及び第4ベル当選データ〜第12ベル当選データが設定されている。インデックス値IV=5で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第1ベル入賞又は第4ベル入賞が成立し得る。但し、中ストップボタン43及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第1ベル入賞及び第4ベル入賞が成立しない可能性がある。また、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが確実に成立する。

0089

インデックス値IV=6には、図12に示すように、第2ベル当選データ、第3ベル当選データ及び第5ベル当選データ〜第12ベル当選データが設定されている。インデックス値IV=6で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第2ベル入賞又は第3ベル入賞が成立し得る。但し、中ストップボタン43及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第2ベル入賞及び第3ベル入賞が成立しない可能性がある。また、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが確実に成立する。

0090

インデックス値IV=7には、図12に示すように、第1ベル当選データ、第4ベル当選データ、第5ベル当選データ及び第8ベル当選データ〜第10ベル当選データが設定されている。インデックス値IV=7で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第1ベル入賞又は第4ベル入賞が成立し得る。但し、中ストップボタン43及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第1ベル入賞及び第4ベル入賞が成立しない可能性がある。また、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第5ベル入賞又は第8ベル入賞が成立し得る。但し、左ストップボタン42及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第5ベル入賞及び第8ベル入賞が成立しない可能性がある。さらに、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞又は第10ベル入賞が確実に成立する。

0091

インデックス値IV=8には、図12に示すように、第2ベル当選データ、第3ベル当選データ、第6ベル当選データ、第7ベル当選データ、第9ベル当選データ及び第10ベル当選データが設定されている。インデックス値IV=8で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第2ベル入賞又は第3ベル入賞が成立し得る。但し、中ストップボタン43及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第2ベル入賞及び第3ベル入賞が成立しない可能性がある。また、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類に関係なく第6ベル入賞又は第7ベル入賞が成立し得る。但し、左ストップボタン42及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、第6ベル入賞及び第7ベル入賞が成立しない可能性がある。さらに、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞又は第10ベル入賞が確実に成立する。

0092

インデックス値IV=9には、図12に示すように、スイカA当選データのみが設定されている。インデックス値IV=9で当選となった場合、図13に示すように、リール32L,32M,32Rの停止順序に関係なくスイカA入賞が成立し得る。但し、左ストップボタン42及び右ストップボタン44の操作タイミングによっては、スイカA入賞が成立しない可能性がある。

0093

インデックス値IV=10には、図12に示すように、チェリー当選データのみが設定されている。インデックス値IV=10で当選となった場合、図13に示すように、リール32L,32M,32Rの停止順序に関係なくチェリー入賞が成立し得る。但し、左リール32Lの回転位置に対する左ストップボタン42の操作タイミングによっては、チェリー入賞が成立しない可能性がある。

0094

インデックス値IV=11には、図12に示すように、第1BB当選データのみが設定されている。インデックス値IV=11で当選となった場合、図13に示すように、リール32L,32M,32Rの停止順序に関係なく第1BB入賞が成立し得る。但し、各ストップボタン42〜44の操作タイミングよっては、第1BB入賞が成立しない可能性がある。また、インデックス値IV=12には、図12に示すように、第2BB当選データのみが設定されている。インデックス値IV=12で当選となった場合、図13に示すように、リール32L,32M,32Rの停止順序に関係なく第2BB入賞が成立し得る。但し、各ストップボタン42〜44の操作タイミングよっては、第2BB入賞が成立しない可能性がある。

0095

ここで、BB当選データ(第1BB当選データ及び第2BB当選データ)以外の当選データは入賞が成立したか否かに関係なく当選となったゲームにて消去され、当選となったゲームの次以降のゲームには持ち越されない。これに対して、BB当選データは、RAM74のクリア処理が行われる場合を除き、当選となったゲームの次以降のゲームであっても対応するBB入賞が成立するまで記憶保持される。この場合に、BB当選データが持ち越されている状態のゲームにおいては全てのBB当選データに対応するインデックス値IVは抽選対象から除外される。これにより、BB当選データが既に記憶保持されているにも関わらずBB当選データが新たに記憶されてしまわないようにすることが可能となり、複数のBB当選データが累積して記憶されてしまわないようにすることが可能となる。

0096

インデックス値IV=13〜16には、図12に示すように、通常リプレイ当選データと、第1RTリプレイ当選データとが設定されている。このうち、インデックス値IV=13で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が中リール32Mであり、第2停止(2番目に停止指令が発生したリール)が左リール32Lであり、第3停止(最後に停止指令が発生したリール)が右リール32Rである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。また、インデックス値IV=14で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が左リール32Lである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。さらに、インデックス値IV=15で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が中リール32Mである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。また、インデックス値IV=16で当選となった場合、図13に示すように、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が左リール32Lである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。

0097

図12の通常モード用抽選テーブルが選択される場合、インデックス値IV=1の際に当選となる確率、インデックス値IV=2の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=3の際に当選となる確率は、それぞれ約1/8.2であり、インデックス値IV=4の際に当選となる確率は、約1/13.1であり、インデックス値IV=5の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=6の際に当選となる確率は、それぞれ約1/32.8であり、インデックス値IV=7の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=8の際に当選となる確率は、それぞれ約1/21.8であり、インデックス値IV=9の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=10の際に当選となる確率は、約1/65.5であり、インデックス値IV=11の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=12の際に当選となる確率は、それぞれ約1/218であり、インデックス値IV=13の際に当選となる確率、インデックス値IV=14の際に当選となる確率、インデックス値IV=15の際に当選となる確率、及びインデックス値IV=16の際に当選となる確率は、それぞれ約1/28.0である。

0098

ここで、通常モード用抽選テーブルには、既に説明したとおり、インデックス値IV=13〜16の当選データとして、通常リプレイ当選データ以外に第1RTリプレイ当選データが設定されている(図12参照)。これらインデックス値IV=13〜16のいずれかに当選する確率は約1/7.0である。そして、インデックス値IV=13〜16のいずれかで当選となった場合、リール32L,32M,32Rの第1停止、第2停止及び第3停止の停止順序が当選となった役に対応する停止順序となった場合に第1RTリプレイ入賞が成立し、抽選モードが通常モードから第1RTモードに移行する。第1RTモードに移行した場合、抽選処理(図11)において参照される抽選テーブルは第1RTモード用抽選テーブルとなる。

0099

次に、「設定3」であって第1RTモードである場合に選択される第1RTモード用抽選テーブルについて説明する。図14及び図15は第1RTモード用抽選テーブルを説明するための説明図である。

0100

第1RTモード用抽選テーブルにおいては、図14に示すように、インデックス値IV=1〜12のそれぞれに設定されている当選データ及び各インデックス値IVの当選確率が、通常モード用抽選テーブル(図12)と同一となっている。この場合、インデックス値IV=1〜10には遊技媒体の付与を可能とする役が設定されており、当該インデックス値IV=1〜10のそれぞれに設定されている当選データ及び各当選確率が通常モード用抽選テーブルにおけるインデックス値IV=1〜10のそれぞれと同一となっていることにより、遊技媒体の付与を可能とする役の種類及びそれらの役の当選確率は通常モード及び第1RTモードのそれぞれにおいて相互に同一となっている。また、第1RTモード用抽選テーブルにおけるインデックス値IV=11,12には通常モード用抽選テーブルにおけるインデックス値IV=11,12と同様にBB当選データが設定されており、その当選確率は通常モード用抽選テーブルと同一となっている。つまり、通常モード及び第1RTモードにおいて各BB役に当選する確率は同一となっている。

0101

インデックス値IV=13〜23に設定されている当選役データは、通常モードと相違している。詳細には、第1RTモード用抽選テーブルにおいては、図14に示すように、インデックス値IV=13〜16の当選データとして、通常リプレイ当選データ以外に第2RTリプレイ当選データが設定されている。これらインデックス値IV=13〜16のいずれかに当選する確率は約1/10.1である。

0102

インデックス値IV=13で当選となった場合、図15に示すように、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が右リール32Rである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第2RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。また、インデックス値IV=14で当選となった場合、図15に示すように、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が左リール32Lである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第2RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。さらに、インデックス値IV=15で当選となった場合、図15に示すように、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が中リール32Mである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第2RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。また、インデックス値IV=16で当選となった場合、図15に示すように、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が左リール32Lである場合に各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第2RTリプレイ入賞が確実に成立し、それ以外の場合には各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく通常リプレイ入賞が確実に成立する。

0103

第1RTモードにおいてインデックス値IV=13〜16のいずれかで当選となりリール32L,32M,32Rの第1停止、第2停止及び第3停止の停止順序が当選となった役に対応する停止順序となった場合に第2RTリプレイ入賞が成立して抽選モードが第1RTモードから第2RTモードに移行する。第2RTモードに移行した場合、役の抽選処理(図11)において参照される抽選テーブルは第2RTモード用抽選テーブルとなる。

0104

第1RTモード用抽選テーブルには、図14に示すように、インデックス値IV=17〜22の当選データとして、通常リプレイ当選データ以外に、第1転落リプレイ当選データが設定されている。これらインデックス値IV=17〜22のいずれかに当選する確率は約1/10.9である。

0105

第1RTモード用抽選テーブルにおいてインデックス値IV=17で当選となった場合、図15に示すように、第1停止が左リール32Lであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が右リール32Rである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=18で当選となった場合、第1停止が左リール32Lであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が中リール32Mである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。さらに、インデックス値IV=19で当選となった場合、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が右リール32Rである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=20で当選となった場合、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が左リール32Lである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。さらに、インデックス値IV=21で当選となった場合、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が中リール32Mである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=22で当選となった場合、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が左リール32Lである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第1転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。第1転落リプレイ入賞が成立した場合、抽選モードが通常モードに移行する。通常モードに移行した場合、抽選処理(図11)において参照される抽選テーブルは通常モード用抽選テーブルとなる。

0106

第1RTモード用抽選テーブルにはインデックス値IV=23に通常リプレイ当選データのみが設定されている。インデックス値IV=23において当選となる確率は他の役に当選する確率よりも高く設定されており、具体的には約1/6.7で当選となる。そして、このインデックス値IV=23で当選となった場合にはリール32L,32M,32Rの停止順序及び各リール32L,32M,32Rの停止操作タイミングとは無関係に通常リプレイ入賞が成立することとなる。

0107

第1RTモード用抽選テーブルにはインデックス値IV=13〜22にリプレイ入賞の成立を可能とさせる役が設定されている。そして、これら役の当選確率が既に説明したような確率に設定されていることにより、第1RTモードにおいてリプレイ入賞の成立を可能とさせる役の当選確率(以下、リプレイ確率ともいう)は、約1/2.9となっている。これに対して、通常モードにおけるリプレイ確率は約1/7.0となっている。つまり、第1RTモードは通常モードよりもリプレイ確率が高い遊技状態となっている。

0108

次に、「設定3」であって第2RTモードである場合に選択される第2RTモード用抽選テーブルについて説明する。図16は第2RTモード用抽選テーブルを説明するための説明図であり、図17は第2RTモード用抽選テーブルが選択された場合におけるリール32L,32M,32Rの停止順序と成立する入賞態様との関係を説明するための説明図である。

0109

第2RTモード用抽選テーブルにおいては、図16に示すように、インデックス値IV=1〜12のそれぞれに設定されている当選役データ及び各インデックス値IVの当選確率が、通常モード用抽選テーブル(図12)及び第1RTモード用抽選テーブル(図14)と同一となっている。この場合、インデックス値IV=1〜10には遊技媒体の付与を可能とする役が設定されており、当該インデックス値IV=1〜10のそれぞれに設定されている当選役データ及び各当選確率が同一となっていることにより、遊技媒体の付与を可能とする役の種類及びそれらの役の当選確率は通常モード、第1RTモード及び第2RTモードのそれぞれにおいて相互に同一となっている。また、インデックス値IV=11〜12には通常モード用抽選テーブル及び第1RTモード用抽選テーブルと同様にBB当選データが設定されており、その当選確率は通常モード用抽選テーブル及び第1RTモード用抽選テーブルと同一となっている。つまり、通常モード、第1RTモード及び第2RTモードにおいていずれかのBB役に当選する確率は同一となっている。

0110

インデックス値IV=13以降に設定されている当選役データは、通常モード及び第1RTモードと相違している。詳細には、第2RTモード用抽選テーブルにおいては、図16に示すように、インデックス値IV=13〜18の当選データとして、通常リプレイ当選データ以外に、第2転落リプレイ当選データが設定されている。これらインデックス値IV=13〜18のいずれかに当選する確率は約1/5.5である。

0111

第2RTモード用抽選テーブルにおいてインデックス値IV=13で当選となった場合、図17に示すように、第1停止が左リール32Lであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が右リール32Rである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=14で当選となった場合、第1停止が左リール32Lであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が中リール32Mである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。さらに、インデックス値IV=15で当選となった場合、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が右リール32Rである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=16で当選となった場合、第1停止が中リール32Mであり、第2停止が右リール32Rであり、第3停止が左リール32Lである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。さらに、インデックス値IV=17で当選となった場合、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が左リール32Lであり、第3停止が中リール32Mである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。また、インデックス値IV=18で当選となった場合、第1停止が右リール32Rであり、第2停止が中リール32Mであり、第3停止が左リール32Lである場合に通常リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生し、それ以外の場合には第2転落リプレイ入賞が各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく確実に発生する。第2転落リプレイ入賞が成立した場合、抽選モードが第1RTモードに移行する。第1RTモードに移行した場合、抽選処理(図11)において参照される抽選テーブルは第1RTモード用抽選テーブルとなる。

0112

第2RTモード用抽選テーブルにはインデックス値IV=19に通常リプレイ当選データのみが設定されている。インデックス値IV=19において当選となる確率は他の役に当選する確率よりも高く設定されており、具体的には約1/6.3で当選となる。そして、このインデックス値IV=19で当選となった場合にはリール32L,32M,32Rの停止順序及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングとは無関係に通常リプレイ入賞が成立することとなる。

0113

第2RTモード用抽選テーブルには、インデックス値IV=13〜19にリプレイ入賞の成立を可能とさせる役が設定されている。そして、これら役の当選確率が既に説明したような確率に設定されていることにより、第2RTモードにおいてリプレイ入賞の成立を可能とさせる役の当選確率(以下、リプレイ確率ともいう)は、約1/2.9となっている。これに対して、通常モードにおけるリプレイ確率は約1/7.0となっている。つまり、第2RTモードは通常モードよりもリプレイ確率が高い遊技状態となっている。一方、第1RTモードにおけるリプレイ確率は約1/2.9となっている。つまり、第2RTモードはリプレイ確率が第1RTモードと同一となっている。但し、第1RTモードにおけるリプレイ確率が第2RTモードにおけるリプレイ確率と同一である構成に限定されることはなく、例えば第1RTモードと第2RTモードとでリプレイ確率が若干相違しているものの略同一である構成としてもよく、第2RTモードの方が第1RTモードよりもリプレイ確率が高い構成としてもよく、第1RTモードの方が第2RTモードよりもリプレイ確率が高い構成としてもよい。

0114

なお、通常モード用抽選テーブル、第1RTモード用抽選テーブル及び第2RTモード用抽選テーブルは「設定1」〜「設定6」のそれぞれに1対1で対応させて設定されており、設定値が高いほどBB役の当選確率が高くなる構成となっているが、各抽選モードにおいて設定されているリプレイ確率はいずれの設定値であっても同一又は略同一となっている。また、いずれかのBB役に当選している状況であればBB役に重複して当選しないように、通常モード、第1RTモード及び第2RTモードのいずれであったとしても第1BB役及び第2BB役が抽選対象から除外される。

0115

ROM73には、通常モード用抽選テーブル、第1RTモード用抽選テーブル及び第2RTモード用抽選テーブル以外にも第1BB状態又は第2BB状態である場合に役の抽選処理(図11)にて参照されるBB用抽選テーブルが記憶されているとともに、BB役に当選しているもののそれに対応するBB入賞が成立していない場合に役の抽選処理(図11)にて参照される内部用抽選テーブルが記憶されている。

0116

図18に示すように、BB用抽選テーブルのインデックス値IV=1には、通常モード用抽選テーブル(図12)のインデックス値IV=4と同一の第1ベル当選データ〜第12ベル当選データが設定されており、当該インデックス値IV=1には約1/1.3の確率で当選する。インデックス値IV=1に当選した場合、第1停止が左リール32Lである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第1ベル入賞〜第4ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が中リール32Mである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第5ベル入賞〜第8ベル入賞のいずれかが確実に成立し、第1停止が右リール32Rである場合に第2停止対象及び第3停止対象のリール32L,32M,32Rの種類及び各ストップボタン42〜44の操作タイミングに関係なく第9ベル入賞〜第12ベル入賞のいずれかが確実に成立する。

0117

図18に示すように、インデックス値IV=2には、通常モード用抽選テーブル(図12)のIV=9と同一のスイカ当選データが設定されており、当該インデックス値IV=2には約1/65.5の確率で当選する。インデックス値IV=3には、通常モード用抽選テーブル(図12)のインデックス値IV=10と同一のチェリー当選データが設定されており、当該インデックス値IV=3には約1/65.5の確率で当選する。これらスイカA入賞及びチェリー入賞は各リール32L,32M,32Rの回転位置に対するストップボタン42〜44の停止操作タイミングによっては成立しない。

0118

図18に示すように、インデックス値IV=4には、第1RTモード用抽選テーブル(図14)のインデックス値IV=23と同一の通常リプレイ当選データが設定されており、当該インデックス値IV=4には約1/4.5の確率で当選する。

0119

BB状態においては単位ゲーム数あたりにおける遊技媒体の付与期待数が他の遊技状態よりも高くなる。なお、BB用抽選テーブルはスロットマシン10の有利度を変動させる「1」〜「6」の設定値の間において共通となっている。

0120

内部用抽選テーブルは、通常モード用抽選テーブル(図12)におけるインデックス値IV=1〜10に対応する当選データがそれらインデックス値IVの当選確率で設定されているとともに、これに加えて通常リプレイ当選データのみが設定されたインデックス値IVが通常モード用抽選テーブルにおけるインデックス値IV=13〜16の合計の当選確率となるようにして設定されている。したがって、BB役の内部当選状態となっている場合には、遊技媒体の付与を可能とする役及び当該役の当選確率が通常モードと同一であるとともにリプレイ確率が通常モードと同一であるものの、BB役に当選することはなくさらに通常モード、第1RTモード及び第2RTモードへの移行契機となる役に当選することもない。

0121

抽選処理(図11)の説明に戻り、ステップS402にて抽選テーブルを選択した後は、インデックス値IVを「1」とし(ステップS403)、役の当否を判定する際に用いる判定値DVを設定する(ステップS404)。かかる判定値設定処理では、現在の判定値DVに、現在のインデックス値IVと対応するポイント値PVを加算して新たな判定値DVを設定する。なお、初回の判定値設定処理では、ステップS401にて取得した乱数値を現在の判定値DVとし、この乱数値に現在のインデックス値IVである「1」と対応するポイント値PVを加算して新たな判定値DVとする。

0122

ステップS404にて判定値を設定した後は、インデックス値IVと対応する役の当否判定を行う(ステップS405)。役の当否判定では判定値DVが「65535」を超えたか否かを判定する。「65535」を超えた場合には、そのときのインデックス値IVと対応する役に当選したことを意味するため、当選データの取得処理を実行して当該当選役のデータをRAM74にセットする(ステップS406)。当選データの取得処理では、参照対象となっている抽選テーブルにおいて今回のインデックス値IVに対して設定されている当選データの全てがRAM74にセットされる。当該当選データがセットされた状態は、その当選データがBB当選データ以外の当選データであれば当該当選データに対応した入賞成立の有無に関係なく今回のゲームの終了後に「0」クリアされ、BB当選データであれば入賞が成立した場合に「0」クリアされる。

0123

判定値DVが「65535」を超えなかった場合には(ステップS405:NO)、インデックス値IVと対応する役に外れたことを意味する。かかる場合には、インデックス値IVを1加算し(ステップS407)、インデックス値IVと対応する役があるか否か、すなわち当否判定すべき判定対象があるか否かを判定する(ステップS408)。具体的には、1加算されたインデックス値IVが抽選テーブルに設定されたインデックス値IVの最大値を超えたか否かを判定する。当否判定すべき判定対象がある場合にはステップS404に戻り、役の当否判定を継続する。このとき、ステップS404では、先の役の当否判定に用いた判定値DV(すなわち現在の判定値DV)に現在のインデックス値IVと対応するポイント値PVを加算して新たな判定値DVとし、ステップS405では、当該判定値DVに基づいて役の当否判定を行う。

0124

ステップS406の処理を実行した場合、又はステップS408にて否定判定をした場合には、役の当否判定が終了したことを意味する。この場合には、演出制御装置80への送信対象としてゲーム開始コマンドをセットする(ステップS409)。ゲーム開始コマンドは、演出制御装置80に対して、新たなゲームが開始されたことを認識させるためのコマンドである。演出制御装置80は、ゲーム開始コマンドを受信した場合、上部ランプ61、スピーカ62及び画像表示装置63において、それぞれゲーム開始用の発光制御、音出力制御、及び表示制御を実行する。

0125

ステップS409にてゲーム開始コマンドをセットした後は、リール32L,32M,32Rの停止順序を報知する停止順報知用処理を実行して(ステップS410)、本抽選処理を終了する。なお、停止順報知用処理の詳細については後述する。

0126

<リール回転処理>
次に、通常処理(図10)のステップS311にて実行されるリール回転処理について、図19を参照しながら説明する。

0127

リール回転処理では、先ずRAM74に記憶されている今回のゲームの当選データを参照し、今回のゲームにおける抽選処理(図11)の結果と対応するオフセット指定テーブルの種類を特定する(ステップS501)。オフセット指定テーブルは、ROM73の指定テーブル記憶エリア82(図7)に予め記憶されており、ステップS501では、特定した種類のオフセット指定テーブルのROM73におけるアドレスをRAM74の指定テーブル用エリア83(図7)に読み出す。オフセット指定テーブルとは、回転中のリール32L,32M,32Rを停止させる場合に用いる停止情報を設定するための各種設定情報が定められたテーブルである。オフセット指定テーブルの詳細については後に説明する。

0128

その後、基礎情報を設定する(ステップS502)。具体的には、オフセット指定テーブルの基本設定情報に設定されたグループ番号情報をRAM74のグループ番号用エリア84(図7)にセットする。グループ番号情報は、RAM74に当選データが記憶されているBB役の有無、及び当選データが記憶されているBB役の種類を特定可能とする。グループ番号「1」は第1BB役の当選データが記憶されている状態に対応しているとともに、グループ番号「2」は第2BB役の当選データが記憶されている状態に対応している。今回の抽選処理(図11)において第1BB役が設定されているインデックス値IV=11に当選した場合にはグループ番号用エリア84に「1」が設定されるとともに、今回の抽選処理において第2BB役が設定されているインデックス値IV=12に当選した場合にはグループ番号用エリア84に「2」が設定される。また、今回の抽選処理においてBB役が設定されているインデックス値IV=11,12に当選しなかった場合にはグループ番号用エリア84に「0」が設定される。

0129

既に説明したとおり、いずれかのBB当選データがRAM74に記憶された場合、対応するBB入賞が成立するまで、当該BB当選データは記憶保持されて次以降のゲームに持ち越される。このため、今回の抽選処理(図11)においてBB役が設定されているインデックス値IV=11,12に当選しなかったとしても、BB当選データが記憶保持された状態で今回の抽選処理が実行された場合には、RAM74にBB当選データが記憶されている可能性がある。そこで、ステップS502にて基礎情報を設定した後は、持ち越されたBB当選データが存在しているか否かについて判定する(ステップS503)。具体的には、RAM74にBB当選データが記憶されているとともにグループ番号用エリア84に「0」が設定されているか否かについて判定する。

0130

持ち越されたBB当選データが存在している場合(ステップS503:YES)には、当該BB当選データに対応するグループ番号情報をグループ番号用エリア84にセットする基礎情報変更処理を実行する(ステップS504)。具体的には、RAM74に第1BB当選データが記憶保持されている場合には番号情報「1」をセットするとともに、第2BB当選データが記憶保持されている場合には番号情報「2」をセットする。これによりRAM74に記憶保持されているBB当選データの番号情報がグループ番号用エリア84にセットされている状態となる。なお、特定されているオフセット指定テーブルは、今回の抽選処理(図11)の結果に対応するテーブルのままである。

0131

ステップS503にて否定判定を行った後、又はステップS504にて基礎情報変更処理を行った後は、始動割込み処理を許可する(ステップS505)。始動用割込み処理は、タイマ割込み処理(図9)におけるステップS206のステッピングモータ制御処理に含まれており、リール回転処理においてステップS505の処理が行われることにより、ステッピングモータ制御処理における一連の処理の一部として始動用割込み処理が起動される。上述したように、タイマ割込み処理は、1.49msec周期で起動されるため、始動用割込み処理が許可されている間は当該始動用割込み処理も約1.49msec周期で起動される。

0132

始動用割込み処理では、前回のゲームにおいてリール32L,32M,32Rの回転を開始した時点から所定時間(例えば4.1秒)が経過していることを条件として、各リール32L,32M,32Rの回転を開始させる。そして、所定の加速態様で各リール32L,32M,32Rの加速処理を行い、加速処理が終了して各リール32L,32M,32Rが定速回転となった場合には定速回転情報をRAM74にセットする。

0133

ステップS505にて始動用割込み処理を許可した場合には、回転中のリール32L,32M,32Rの停止情報を設定する停止準備処理を行う(ステップS506)。その後、RAM74に定速回転情報がセットされているか否かを判定し(ステップS507)、定速回転情報がセットされるまで待機する。そして、定速回転情報がセットされている場合(ステップS507:YES)には、始動用割込み処理の実行を禁止するとともに、RAM74の定速回転情報をクリアして(ステップS508)、本リール回転処理を終了する。

0134

<停止準備処理>
次に、停止準備処理について説明する。停止準備処理は、既に説明したとおりリール回転処理(図19)におけるステップS506にて実行される。また、それ以外にも、後述するリール停止処理(図32)においていずれかのリール32L,32M,32Rに対して停止指令が発生したことに基づきその停止指令の対象となったリール32L,32M,32Rを停止させるための処理を実行している状況であるステップS1604にて実行される。つまり、停止準備処理は、新たなゲームが開始されて各リール32L,32M,32Rの回転速度が定速となるまでに要する期間を利用して実行されるとともに、回転中のリール32L,32M,32Rに対して停止指令が発生したことに基づき当該停止指令に対応するリール32L,32M,32Rを停止させるための期間を利用して実行される。

0135

図20は、停止準備処理を示すフローチャートである。停止準備処理では、先ずRAM74に対象リール情報として右リール32Rを示す情報を格納する(ステップS601)。その後、対象リール情報の示すリール(以下、「対象リール」という。)に対して既に停止指令が発生しているか否かを判定する(ステップS602)。停止指令が発生していない場合(ステップS602:NO)には、RAM74の引込ビットテーブル番号用エリア85(図7)にセットされた情報を「0」クリアする(ステップS603)。

0136

その後、現状の対象リールについて基点位置に停止させる図柄を決定するための情報を設定する停止情報設定処理を実行する(ステップS604)。ここで、各リール32L,32M,32Rの基点位置とは、各リール32L,32M,32RにおけるメインラインML上の位置である。ステップS604にて停止情報設定処理を実行した後は、現状の対象リールが左リール32Lであるか否かを判定し(ステップS605)、対象リールが左リール32Lではない場合(ステップS605:NO)には、対象リール情報を更新する(ステップS606)。具体的には、右リール32Rが対象リールである場合には対象リールを中リール32Mに更新し、中リール32Mが対象リールである場合には対象リールを左リール32Lに更新する。対象リール情報を更新した場合には、対象リールの停止情報を設定すべくステップS602に戻る。

0137

つまり、停止準備処理では、右リール32R→中リール32M→左リール32Lの順に停止情報を設定するための処理を行う。一方、ステップS605にて対象リールが左リール32Lであると判定した場合には、全リール32L,32M,32Rの停止情報を設定したことを意味するため、本停止準備処理を終了する。ここで、既に説明したとおり停止準備処理は、各リール32L,32M,32Rの加速期間中、及び各リール32L,32M,32Rの停止制御を行っている期間中に実行される。この場合、加速期間中であれば全てのリール32L,32M,32Rに対してステップS603及びステップS604の処理が実行されるとともに、停止制御を行っている期間中であれば未だ停止指令が発生していない1個又は2個のリール32L,32M,32Rに対してステップS603及びステップS604の処理が実行される。

0138

<オフセット指定テーブル>
停止準備処理(図20)のステップS604にて実行される停止情報設定処理の説明に先立ち、オフセット指定テーブルについて具体例を挙げて説明する。図21(a)は通常モード用抽選テーブル(図12)のインデックス値IV=1に当選した場合に読み出される共通第1オフセット指定テーブルを示す図であり、図21(b)はインデックス値IV=4に当選した場合に読み出される共通第4オフセット指定テーブルを示す図であり、図21(c)はインデックス値IV=15に当選した場合に読み出される通常第15オフセット指定テーブルを示す図である。なお、共通第1オフセット指定テーブルは第1RTモード用抽選テーブル(図14)及び第2RTモード用抽選(図16)のインデックス値IV=1に当選した場合にも読み出されるテーブルであるとともに、共通第4オフセット指定テーブルは第1RTモード用抽選テーブル及び第2RTモード用抽選テーブルのインデックス値IV=4に当選した場合にも読み出されるテーブルである。

0139

上述したとおり、オフセット指定テーブルには、グループ番号情報を有する基本設定情報が設定されている。図21(a)〜図21(c)に示すように、一のオフセット指定テーブルに設定されているグループ番号は1個のみである。グループ番号は、所謂リーチ目といった図柄の組合せを停止表示させることが可能か否かの判定を行う場合に利用される。ここで、リーチ目とは、今回のゲームにおいていずれかのBB当選データが設定されたインデックス値IVに当選したにも関わらず各ストップボタン42〜44の停止タイミングとの関係でBB入賞を成立させることができない場合にBB当選データが設定されていることを明示するために停止表示される図柄の組合せのことである。

0140

図21(a)〜図21(c)に示すように、オフセット指定テーブルには、最初のリール32L,32M,32Rを停止させる場合に用いる停止情報を設定するための第1停止用設定情報、及び1個のリール32L,32M,32Rを停止させた後に用いる停止情報を設定するための第1停止後用設定情報が設定されている。

0141

MPU72は、各リール32L,32M,32Rについて、基点位置に優先的に停止させる図柄を決めるための優先順位情報を作成し、当該優先順位情報に基づいて各リール32L,32M,32Rの停止制御を行う。優先順位情報は、RAM74に設定されている当選データに対応する役の入賞を成立可能とする図柄が基点位置に停止する場合の優先度の方が、他の図柄が基点位置に停止する場合の優先度よりも高くなる態様で作成される。

0142

既に説明したとおり、RAM74にボーナス役(第1BB役又は第2BB役)の当選データが設定された場合、当該ボーナス役の当選データは当該ボーナス役の入賞が成立するまで次回以降のゲームに持ち越される。RAM74に当該持ち越されたボーナス役の当選データが記憶されている場合、優先順位情報は、当該ボーナス役の入賞を成立可能とする図柄が基点位置に停止する場合の優先度も、他の図柄が基点位置に停止する場合の優先度よりも高くなる態様で作成される。RAM74に今回の抽選処理(図11)において設定された当選データと、持ち越されたボーナス役の当選データとが存在している場合には、今回の抽選処理において設定された当選データに対応する役の入賞を成立可能とする図柄が基点位置に停止する場合の優先度の方が、持ち越されたボーナス役の入賞を成立可能とする図柄が基点位置に停止する場合の優先度よりも高くなる態様で優先順位情報が作成される。なお、優先順位情報の詳細については後述する。

0143

第1停止用設定情報は、全リール32L,32M,32Rが回転している状況において、左リール32Lを停止させる場合に用いる左第1停止情報と、中リール32Mを停止させる場合に用いる中第1停止情報と、右リール32Rを停止させる場合に用いる右第1停止情報とを有している。これら第1停止情報には、各リール32L,32M,32Rについて優先順位情報を作成するための情報が設定されている。

0144

MPU72は、メダル払出が行われる小役が設定されているインデックス値IVに当選した場合の停止制御として、数優先制御及び枚数優先制御を実行可能である。数優先制御では、基点位置に停止した場合に成立可能となる入賞の個数が多い図柄ほど当該図柄を基点位置に停止させるための優先度が高くなるように優先順位情報が作成されるとともに、当該優先順位情報に基づいてリール32L,32M,32Rの停止制御が行われる。一方、枚数優先制御では、基点位置に停止した場合に成立可能となる入賞に設定されたメダルの払出枚数が多い図柄ほど当該図柄を基点位置に停止させるための優先度が高くなるように優先順位情報が作成されるとともに、当該優先順位情報に基づいてリール32L,32M,32Rの停止制御が行われる。なお、数優先制御及び枚数優先制御の詳細については後述する。

0145

図21(a)及び図21(b)に示すように、小役が設定されているインデックス値IVに当選した場合に読み出されるオフセット指定テーブルの第1停止情報には、停止制御の種類を示す停止制御情報が設定されている。停止制御情報が「0」である場合には上述した枚数優先制御の実行対象であることを意味するとともに、停止制御情報が「1」である場合には上述した数優先制御の実行対象であることを意味する。

0146

また、図21(a)〜図21(c)に示すように、全てのオフセット指定テーブルの第1停止情報には、引込ビットテーブルのテーブル番号情報が設定されている。第1停止情報に設定されている引込ビットテーブルのテーブル番号情報が「1」以上である場合、MPU72は当該テーブル番号により特定される引込ビットテーブルをRAM74に読み出す。一方、第1停止情報に設定されている引込ビットテーブルのテーブル番号情報が「0」である場合には、参照すべき引込ビットテーブルは存在しないことを意味する。この場合には、引込ビットテーブルの読み出しは行われない。

0147

図22は引込ビットテーブルを説明するための説明図である。図22に示すように、各引込ビットテーブルには引込対象の図柄に対応する図柄番号が設定されている。MPU72は、読み出した引込ビットテーブルにおいて引込対象に設定されている図柄の優先度が引込対象でない図柄の優先度よりも高くなるように、優先順位情報を作成する。但し、引込ビットテーブルにより定められる優先度は図柄のスベリ数そのものを表すものではなく、優先順位情報を導出するための一部の情報を表すものである。優先順位情報の詳細については後述する。

0148

図21(a)〜図21(c)に示すように、第1停止後用設定情報には、第1停止が左リール32Lであった場合に中リール32M及び右リール32Rの停止情報を設定するための左第1停止後情報と、第1停止が中リール32Mであった場合に左リール32L及び右リール32Rの停止情報を設定するための中第1停止後情報と、第1停止が右リール32Rであった場合に左リール32L及び中リール32Mの停止情報を設定するための右第1停止後情報とが設定されている。各第1停止後情報は、参照すべき組合せテーブルの種別を示す組合せテーブル種別情報と、参照すべき組合せテーブルのテーブル番号を示す組合せテーブル番号情報とを有している。

0149

各オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報には、組合せテーブル種別情報として、ROM73に記憶されているノーマルタイプの組合せテーブルを参照すべきことを示す「N」(図21(a))と、ROM73に記憶されているマルチタイプの組合せテーブルを参照すべきことを示す「M」(図21(c))と、第1停止後も第1停止用設定情報を参照すべきことを示す「0」とが設定されている。図23(a)はノーマルタイプの組合せテーブルNT1を説明するための説明図であり、図23(b)はマルチタイプの組合せテーブルMT1を説明するための説明図である。

0150

図23(a)に例示するように、ノーマルタイプの組合せテーブルには、1個のリール32L,32M,32Rが停止した状態で残りの2個のリール32L,32M,32Rの停止情報を設定する場合と、2個のリール32L,32M,32Rが停止した状態で残りの1個のリール32L,32M,32Rの停止情報を設定する場合とにおいて共通して利用される共通データのみが設定されている。共通データは第1データ及び第2データから構成されている。図23(a)に例示するように、小役が設定されているインデックス値IVに当選した場合に読み出されるノーマルタイプの組合せテーブルにおける第1データ及び第2データには、上述した停止制御情報が設定されている。共通データの第1データ又は第2データに設定されている停止制御情報(「0」又は「1」)と停止制御の種類との対応関係は、既に説明した第1停止用設定情報における停止制御情報と停止制御の種類との対応関係と同一である。具体的には、停止制御情報として「0」が設定されている場合には枚数優先制御が行われるとともに、「1」が設定されている場合には数優先制御が行われる。また、図23(a)に例示するように、全てのノーマルタイプの組合せテーブルにおける第1データ及び第2データには、参照すべき引込ビットテーブルのテーブル番号情報が設定されている。

0151

第1データは、第1停止指令が発生した後において当該停止指令対象外のリール(すなわち停止指令が発生していない2個のリール)のうち一方のリールの停止情報を設定する場合に使用されるとともに、第2データは他方のリールの停止情報を設定する場合に使用される。具体的には、第1停止が左リール32Lである場合には、第1データが第2停止前の中リール32Mの停止情報を設定する際に使用され、第2データが第2停止前の右リール32Rの停止情報を設定する際に使用される。第1停止が中リール32Mである場合には、第1データが第2停止前の左リール32Lの停止情報を設定する際に使用され、第2データが第2停止前の右リール32Rの停止情報を設定する際に使用される。第1停止が右リール32Rである場合には、第1データが第2停止前の左リール32Lの停止情報を設定する際に使用され、第2データが第2停止前の中リール32Mの停止情報を設定する際に使用される。

0152

ノーマルタイプの組合せテーブルにおいて、第1停止指令が発生した後における第1データ及び第2データと各リール32L,32M,32Rとの対応関係は、第2停止指令(2番目の停止指令)が発生した後における第1データ及び第2データと各リール32L,32M,32Rとの対応関係と同一である。

0153

図23(b)に例示するように、マルチタイプの組合せテーブルは、第2停止用データ及び第3停止用データを有している。これら第2停止用データ及び第3停止用データは、ノーマルタイプの組合せテーブルと同様、第1データ及び第2データにより構成されている。図23(b)に例示するように、全てのマルチタイプの組合せテーブルにおける第1データ及び第2データには、参照すべき引込ビットテーブルのテーブル番号情報が設定されている。

0154

マルチタイプの組合せテーブルにおける第2停止用データは、第1停止指令後において当該停止指令対象外のリール(すなわち停止指令が発生していない2個のリール)の停止情報を設定するために利用される。第2停止用データにおける第1データ及び第2データと各リール32L,32M,32Rとの対応関係は、ノーマルタイプの組合せテーブルにおける対応関係と同様である。一方、第3停止用データは、第2停止指令後において回転中のリールであって当該停止指令対象外のリール(すなわち停止指令が発生していない1個のリール)の停止情報を設定するために利用される。この場合、当該停止指令対象外のリールに対して第2停止用データにて第1データが対応付けられている場合には第3停止用データにおいても第1データが使用対象となり、第2停止用データにて第2データが対応付けられている場合には第3停止用データにおいても第2データが使用対象となる。

0155

図21(a)〜図21(c)に示すように、第1停止後用設定情報の組合せテーブル種別情報として「0」が設定されている場合には、第1停止指令後及び第2停止指令後であっても、第1停止用設定情報に基づいて回転中のリールの停止情報を設定する。具体的には、左リール32Lが回転中であれば当該左リール32Lの停止情報は左第1停止情報に基づいて設定され、中リール32Mが回転中であれば当該中リール32Mの停止情報は中第1停止情報に基づいて設定され、右リール32Rが回転中であれば当該右リール32Rの停止情報は右第1停止情報に基づいて設定される。

0156

<停止情報設定処理>
次に、停止準備処理(図20)のステップS604にて実行される停止情報設定処理を、図24のフローチャートに基づき説明する。

0157

ステップS701では各リール32L,32M,32Rのうち回転中の1個のリールに対して停止指令が発生し回転中の残りの2個のリールには停止指令が発生していない状況であるか否かを判定し、ステップS702では各リール32L,32M,32Rのうち回転中の2個のリールに対して停止指令が発生し回転中の残りの1個のリールには停止指令が発生していない状況であるか否かを判定する。ステップS701にて肯定判定をした場合にはステップS703にて第1停止後用処理を実行し、ステップS702にて肯定判定をした場合にはステップS704にて第2停止後用処理を実行する。これら第1停止後用処理及び第2停止後用処理では、詳細は後述するが、既に停止指令が発生しているリール(停止中のリール及び回転中であって停止指令が発生しているリール)の停止結果に応じて、その後に使用対象となる停止制御用のテーブル(組合せテーブル及び引込ビットテーブル)を変更するための処理を実行する。

0158

ステップS703の処理を実行した場合、ステップS704の処理を実行した場合、又はステップS701及びステップS702の両方にて否定判定をした場合には、ステップS705に進む。ステップS705では、RAM74の指定テーブル用エリア83に読み出されているオフセット指定テーブル又は組合せテーブルを参照し、現状特定されている参照データに設定されている引込ビットテーブルのテーブル番号をRAM74の引込ビットテーブル番号用エリア85に格納する。既に説明したとおり、引込ビットテーブル番号用エリア85に格納されるテーブル番号は、今回の停止情報の設定に際して参照すべき引込ビットテーブルが存在する場合には「1」以上となるとともに、参照すべき引込ビットテーブルが存在しない場合には「0」となる。その後、ステップS706では優先順位情報作成処理を実行して、本停止情報設定処理を終了する。

0159

<優先順位情報作成処理>
次に、停止情報設定処理(図24)のステップS706にて実行される優先順位情報作成処理について説明する。優先順位情報作成処理では、停止指令が発生したリールの停止位置、役の当選状況等に基づいて、優先順位情報を作成する。この優先順位情報の作成に際しては、RAM74に設けられた優先順位情報用エリア81を使用する。図25(a)及び図25(b)は、優先順位情報用エリア81を説明するための説明図である。

0160

優先順位情報用エリア81は、図25(a)に示すように、多数の判定情報用バッファBを備えている。判定情報用バッファBは、各リール32L,32M,32Rの各図柄番号と1対1で対応させて設けられている。また、各リール32L,32M,32Rの各図柄番号にはそれぞれ図柄が設定されているため、判定情報用バッファBは各図柄と1対1で対応させて設けられているとも言える。判定情報用バッファBは各リール32L,32M,32Rにそれぞれ20個ずつ割り当てられているため、優先順位情報用エリア81は合計で60個の判定情報用バッファBを有する。各判定情報用バッファBはそれぞれ1バイトで構成されており、優先順位情報用エリア81は合計60バイトのデータ容量を有している。

0161

判定情報用バッファBの各ビットは、個別に又は所定の組合せで、特有判定用情報を格納するための機能を有する。詳細には、図25(b)に示すように、最上位の第7ビットは、不当入賞情報を格納するための不当入賞判定ビットとしての機能を有し、第6〜第3ビットは、再遊技情報を格納するための再遊技ビット、獲得枚数情報を格納するための獲得枚数ビット、及び対象図柄が基点位置に停止した場合に成立可能となる入賞の個数情報を格納するための数優先ビットとしての機能を有し、第2ビットは役物情報を格納するための役物ビットとしての機能を有し、第1〜第0ビットは引込ビット情報を格納するための引込ビットとしての機能を有する。判定情報用バッファBに設定された優先順位情報は、当該判定情報用バッファBに対応する図柄を基点位置に停止させる場合の優先順位となる。優先順位情報が大きい図柄番号ほど基点位置に停止する優先順位が高くなるとともに、優先順位情報が小さい図柄番号ほど基点位置に停止する優先順位が低くなる。

0162

優先順位情報作成処理について、図26のフローチャートを参照しながら説明する。優先順位情報作成処理では、先ず対象リールの判定情報用バッファアドレスを取得する(ステップS801)。すなわち、停止準備処理(図20)にて今回設定されている対象リールが各リール32L,32M,32Rのうちいずれであるのかを特定し、そのリールと対応した図柄数分(20個)の判定情報用バッファBのアドレスを取得する。そして、それらアドレスに対応する各判定情報用バッファBのデータを初期化するための初期化処理を実行する(ステップS802)。初期化処理では、不当入賞判定ビットである第7ビットに「1」がセットされるとともに、その他のビットは「0」となるようにする。

0163

その後、今回の対象図柄番号が「20」となるようにRAM74のデータ書き込みを行う(ステップS803)。そして、当該RAM74に書き込んだ対象図柄番号の値を1減算し(ステップS804)、入賞判定処理を実行する(ステップS805)。これにより、現状の対象リールであって現状の対象図柄番号について優先順位情報を作成する。詳細は後述するが、優先順位情報の作成に際しては、対象リールの対象図柄番号が基点位置に停止した場合を想定し、対象図柄番号と対応した判定情報用バッファBの各ビットに対して、種々の状況を考慮して「0」又は「1」の情報を格納する処理を行う。

0164

ステップS805にて入賞判定処理を実行した後は、RAM74に書き込まれている対象図柄番号が「0」となっているか否かを判定し(ステップS806)、対象図柄番号が「0」でない場合(ステップS806:NO)にはステップS804に戻りRAM74の対象図柄番号を1減算するとともに、その対象図柄番号について優先順位情報を作成する。つまり、優先順位情報作成処理では、19番から0番までの各図柄番号が基点位置に停止した場合を想定し、これら図柄番号に対して順番に優先順位情報を作成する。そして、ステップS806にてRAM74の対象図柄番号の値が「0」であると判定した場合には、対象リールの全図柄番号に対して優先順位情報を作成したことを意味するため、本優先順位情報作成処理を終了する。

0165

<入賞判定処理>
次に、図27のフローチャートを参照しながら入賞判定処理について説明する。

0166

入賞判定処理では、先ずライン判定処理を実行する(ステップS901)。ライン判定処理では、既に停止指令が発生している場合には既に停止指令が発生しているリールについてメインラインML上の図柄番号を特定する。また、今回の対象リールについてメインラインML上の図柄番号を特定する。そして、それら特定した図柄番号に基づき現状のメインラインML上に存在している図柄又は図柄の組合せの種類を特定する。

0167

既に停止指令が発生しているリールが0個である場合には、今回の対象リールで今回の対象図柄番号が基点位置に停止した場合を想定して、当該対象リールにおいて今回のメインラインML上に存在する図柄番号に対応する図柄が入賞役に対応する図柄であるか否か又は入賞役に対応する図柄の組合せを成立させる可能性があるか否かを特定する。このように既に停止指令が発生しているリールが0個である場合というのは、リール回転処理(図19)におけるステップS506の停止準備処理が実行される場合に発生する。

0168

既に停止指令が発生しているリールが1個である場合には、今回の対象リールで今回の対象図柄番号が基点位置に停止した場合を想定して、既に停止指令が発生しているリール及び今回の対象リールのそれぞれにおいて今回のメインラインML上に存在する各図柄番号に対応する図柄が入賞役に対応する図柄であるか否か又は入賞役に対応する図柄の組合せを成立させる可能性があるか否かを特定する。このように既に停止指令が発生しているリールが1個である場合というのは1個のリールに停止指令が発生している状況でリール停止処理(図32)におけるステップS1604の停止準備処理が実行される場合に発生する。

0169

既に停止指令が発生しているリールが2個である場合には、今回の対象リールで今回の対象図柄番号が基点位置に停止した場合を想定して、既に停止指令が発生している2個のリール及び今回の対象リールのそれぞれにおいて今回のメインラインML上に存在する各図柄番号に対応する図柄が入賞役に対応する図柄であるか否か又は入賞役に対応する図柄の組合せを成立させる可能性があるか否かを特定する。このように既に停止指令が発生しているリールが2個である場合にライン判定処理が実行される場合というのは、1個のリールが既に停止し他の1個のリールに停止指令が発生している状況でリール停止処理(図32)におけるステップS1604の停止準備処理が実行される場合に発生する。

0170

ステップS901にてライン判定処理を実行した後は、不当入賞判定処理を実行する(ステップS902)。ここで、不当入賞とは、抽選の対象となっている役を構成する図柄の組合せが、その役に当選していないにも関わらず有効ライン上(メインラインML上)に停止してしまうことを言う。そして、不当入賞判定処理では、不当入賞が発生してしまう図柄番号について、不当入賞が発生しない図柄番号よりも確実に優先順位情報が小さくなるように当該優先順位情報を作成する。

0171

図28(a)は不当入賞判定処理を示すフローチャートである。ステップS1001では2個のリールに対して既に停止指令が発生しているか否かを判定する。2個のリールに対して停止指令が発生している状況では、今回の入賞判定処理が3個のリール32L,32M,32Rのうち最後に停止されるリールについての優先順位情報を作成するための処理回であることを意味する。この場合、ステップS1002にて、入賞判定処理(図27)におけるライン判定処理(ステップS901)の結果が不当入賞の発生に対応しているか否かを判定する。不当入賞の発生に対応している場合(ステップS1002:YES)には、ステップS1003にて、今回の対象図柄番号に対応する判定情報用バッファBの全ビットを「0」クリアする。その後、本不当入賞判定処理だけでなく今回の対象図柄番号についての入賞判定処理を終了する。つまり、不当入賞が発生する場合には、入賞判定処理(図27)のステップS903以降の処理を実行しない。

0172

上述したとおり、判定情報用バッファBにおける不当入賞判定ビット(第7ビット)には、初期値として「1」が格納されている。これに対して、不当入賞が発生すると判定した場合、判定情報用バッファBには、不当入賞判定ビットを含めた全ビットが「0」クリアされる。この結果、不当入賞が発生しない対象図柄番号の優先順位情報に対して不当入賞が発生する対象図柄番号の優先順位情報を小さくすることができる。したがって、対象リールにおいて不当入賞の発生する図柄番号が基点位置に停止することを防止でき、不当入賞の発生を防止することができる。

0173

なお、不当入賞が発生する場合に不当入賞判定ビットを含めた全ビットを「0」クリアする構成に限定されることはなく、例えば不当入賞判定ビットのみを「0」クリアする構成としてもよい。不当入賞判定ビットは初期値として「1」が設定されているため、不当入賞が発生する図柄番号の不当入賞判定ビットを「0」クリアすることにより、不当入賞が発生しない図柄番号よりも優先順位情報を小さな値とすることが可能となる。

0174

一方、ステップS1001において、今回が2個のリールに対して停止指令が発生していない状況である場合には、ステップS1004にて、今回の対象リールが左リール32Lであるか否かを判定する。対象リールが左リール32Lである場合には、さらにステップS1005にてメインラインML上に左リール32Lの「チェリー」図柄が存在しているか否かを判定する。対象リールが左リール32LであってメインラインML上に「チェリー」図柄が存在している場合には、ステップS1002にて、RAM74を参照してチェリー当選データが設定されているか否かを判定することで、不当入賞の発生に対応しているか否かを判定する。

0175

不当入賞の発生に対応している場合(ステップS1002:YES)には、ステップS1003にて、今回の対象図柄番号に対応する判定情報用バッファBの全ビットを「0」クリアする。その後、本不当入賞判定処理だけでなく今回の対象図柄番号についての入賞判定処理を終了する。上記のように、第2停止指令が発生していない場合であっても、対象リールが左リール32Lであって、メインラインML上に左リール32Lの「チェリー」図柄が存在している場合に不当入賞判定処理を行うのは、メインラインML上に左リール32Lの「チェリー」図柄が停止するだけでチェリー入賞が成立し、他のリール32M,32Rの停止出目と無関係だからである。

0176

入賞判定処理(図27)の説明に戻り、ステップS902にて不当入賞判定処理を実行した後は、ステップS903にて、2個のリールに対して既に停止指令が発生しているか否かを判定する。2個のリールに対して停止指令が発生している状況(ステップS903:YES)では、今回の入賞判定処理が3個のリール32L,32M,32Rのうち最後に停止されるリールについての優先順位情報を作成するための処理回であることを意味する。この場合、ステップS904にて0枚役回避用処理を実行する。

0177

本スロットマシン10において0枚役とは、抽選処理(図11)にて選択される役ではなく、第1BB役又は第2BB役に当選している状況で各ストップボタン42〜44の停止タイミングとの関係でその当選役に対応したBB入賞を成立させることができない場合にその代わりにBB役に当選していることを明示するための図柄の組合せ(所謂リーチ目)を表示させる停止態様のことをいう。

0178

図28(b)は0枚役回避用処理を示すフローチャートである。0枚役回避用処理では、ステップS1101にてRAM74のグループ番号用エリア84に格納されている値を読み出すことで、現状設定されているグループ番号を参照する。続くステップS1102では、0枚役回避指定がなされているか否かについて判定する。具体的には、ステップS1101にて読み出したグループ番号が「0」であるか否かについて判定し、グループ番号が「0」である場合には0枚役回避指定がなされていると判定する。一方、グループ番号が第1BBに対応した「1」である場合、及び第2BBに対応した「2」である場合には、0枚役回避指定がなされていないと判定する。

0179

0枚役回避指定がなされている場合(ステップS1102:YES)には、ステップS1103にて、入賞判定処理(図27)のライン判定処理(ステップS901)の結果、今回のメインラインML上に存在していると特定された各図柄が0枚役に対応する図柄であるか否かについて判定する。ROM73には0枚役(所謂リーチ目)が表示される場合にメインラインML上に停止する図柄の組合せが記憶されており、ステップS1103では今回特定された各図柄が当該組合せに該当するか否かを判定する。

0180

今回特定された各図柄が0枚役に対応する図柄の組合せでない場合(ステップS1103:NO)には、そのまま本0枚役回避用処理を終了する。一方、今回特定された各図柄が0枚役に対応する図柄の組合せである場合(ステップS1103:YES)には、ステップS1104にて今回の対象図柄番号に対応する判定情報用バッファBの全ビットを「0」クリアする。その後、本0枚役回避用処理だけでなく今回の対象図柄番号についての入賞判定処理を終了する。これにより、いずれかのBB役に当選していない状況で所謂リーチ目を出現させてしまう図柄番号の優先順位情報を、不当入賞を出現させない図柄番号であってBB役非当選時に所謂リーチ目を出現させない図柄番号の優先順位情報よりも小さくすることができる。したがって、対象リールにおいてBB役非当選時に所謂リーチ目を出現させる図柄番号が基点位置に停止することを防止でき、BB役非当選時における所謂リーチ目の発生を防止することができる。

0181

入賞判定処理(図27)の説明に戻り、ステップS903にて否定判定をした後、又はステップS904にて0枚役回避用処理を実行した後は、RAM74にいずれかの当選データが設定されているか否かについて判定する(ステップS905)。ステップS905では、今回の抽選処理(図11)においていずれかのインデックス値IVに当選した場合、及び前回以前のゲームにおいて記憶保持されたいずれかのBB当選データが持ち越されている場合に肯定判定が行われる。ステップS905にて肯定判定を行った場合には、ステップS906にて当選時処理を実行する。

0182

当選時処理について図29のフローチャートを参照しながら説明する。当選時処理では、ステップS1201にて当選図柄成立判定処理を行う。当選図柄成立判定処理では、入賞判定処理(図27)のライン判定処理(ステップS901)にて今回のメインラインML上に存在していると特定された図柄番号が現状RAM74に設定されている当選データに対応するものか否かについて判定する。

0183

続くステップS1202では、RAM74におけるグループ番号用エリア84にセットされているグループ番号情報が「1」及び「2」のいずれかであるか否かについて判定する。既に説明したとおり、今回の抽選処理(図11)にていずれかのBB役に当選した場合、及び前回以前のゲームにおいていずれかのBB役に当選してRAM74にBB当選データが設定され当該BB当選データが持ち越されている場合、グループ番号用エリア84に設定されているグループ情報は「1」又は「2」となっている。これらの場合(ステップS1202:YES)には、当選図柄成立判定処理(ステップS1201)の結果、今回の対象図柄が現状当選しているBB役の入賞を成立可能とする図柄であるか否かについて判定し(ステップS1203)、今回の対象図柄が現状当選しているBB役の入賞を成立可能とする図柄である場合(ステップS1203:YES)には、対象図柄に対応する判定情報用バッファBの役物ビット(第2ビット)に「1」を設定する役物ビット設定処理を実行する(ステップS1204)。

0184

図12図14及び図16に示すように、第1BB役又は第2BB役が設定されているインデックス値IV=11,12には、BB役以外の役は設定されていない。このため、今回の抽選処理(図11)において当該インデックス値IV=11,12に当選し、役物ビット設定処理(ステップS1204)が行われた場合には、リプレイ入賞及び小役入賞が成立することはない。しかし、いずれかのBB役の当選データがRAM74に記憶保持された状態で今回の抽選処理が実行され、いずれかのインデックス値IVに当選した場合には、役物ビット設定処理(ステップS1204)が行われた場合であってもリプレイ入賞又は小役入賞が成立する可能性がある。このため、ステップS1202にて否定判定を行った後、ステップS1203にて否定判定を行った後、又はステップS1204の処理を実行した後は、ステップS1205に進む。

0185

ステップS1205では、RAM74にリプレイ役の当選データが設定されているか否かについて判定する。リプレイ役の当選データが設定されている場合(ステップS1205:YES)、ステップS1206では、当選図柄成立判定処理(ステップS1201)の結果、今回の対象図柄がRAM74に設定されている当選データに対応するリプレイ入賞を成立可能とする図柄であるか否かについて判定する。そして、今回の対象図柄がRAM74に設定されている当選データに対応するリプレイ入賞を成立可能とする図柄である場合(ステップS1206:YES)には、ステップS1207にて再遊技ビット設定処理を実行する。

0186

上述したとおり、本スロットマシン10における判定情報用バッファBは、第6〜第3ビットが再遊技ビット、獲得枚数ビット及び数優先ビットとしての機能を有している(図25(b)参照)。そこで、再遊技ビット設定処理では、判定情報用バッファBの第6ビット〜第3ビットに「1」を格納する。但し、これに限定されることはなく、第6〜第3ビットのうちのいずれか一のビットが再遊技ビットとしての機能を有する構成としてもよい。図12図14図16及び図18に示すように、各抽選テーブルには、リプレイ入賞と小役入賞とが重複設定されているインデックス値IVは設定されていない。このため、ステップS1206にて否定判定を行った後、又はステップS1207にて再遊技ビット設定処理を実行した後は、そのまま本当選時処理を終了する。

0187

ステップS1205にてRAM74にリプレイ役の当選データが設定されていないと判定した場合には、ステップS1208にて現状参照しているオフセット指定テーブル又は組合せテーブルにおいて今回の対象リールに対して設定されている停止制御情報が「1」であるか否かについて判定する。停止制御情報が「1」である場合(ステップS1208:YES)には、数優先制御の実行対象であることを意味するため、ステップS1209にて個数算出処理を実行する。個数算出処理では、RAM74に設定されている当選データを特定し、当該当選データのうち今回の対象図柄が基点位置に停止した場合に入賞可能となる当選データ(当選役)の個数をカウントする。

0188

例えば、通常モード用抽選テーブルのインデックス値IV=1に当選した場合、図12に示すように、RAM74には第9ベル当選データ及び第1補填当選データ(2個の当選データ)が設定されている。図5に示すように、第9ベル役及び第1補填役の中リール32Mの停止図柄は「ベル」図柄である。このため、全リール32L,32M,32Rが回転中である状況において、対象リールが中リール32Mであるとともに対象図柄が「ベル」図柄である場合、入賞可能な役の個数は「2」となる。また、通常モード用抽選テーブルのインデックス値IV=4に当選した場合、図12に示すように、RAM74には第1ベル当選データ〜第12ベル当選データ(12個の当選データ)が設定されている。図5に示すように、第9ベル役〜第12ベル役の右リール32Rの停止図柄は「ベル」図柄である。このため、全リール32L,32M,32Rが回転中である状況において、対象リールが右リール32Rであるとともに対象図柄が「ベル」図柄である場合、入賞可能な役の個数は「4」となる。

0189

ステップS1209にて個数算出処理を実行した後、ステップS1210では、ステップS1209にて算出した役の個数を第6〜第3ビットに設定する個数設定処理を実行して、本当選時処理を終了する。個数設定処理では、第6〜第3ビットに対して、入賞可能な役の個数(「4」、「2」、「1」及び「0」)に対応する数値情報(「0100」、「0010」、「0001」及び「0000」)を設定する。

0190

ステップS1208にて今回の対象リールに対して設定されている停止制御情報が「1」でなかった場合には、ステップS1211にて現状参照しているオフセット指定テーブル又は組合せテーブルにおいて今回の対象リールに対して設定されている停止制御情報が「0」であるか否かについて判定し(ステップS1211)、当該停止制御情報が「0」でない場合(ステップS1211:NO)には、そのまま本当選時処理を終了する。

0191

一方、当該停止制御情報が「0」である場合(ステップS1211:YES)には、枚数優先制御の実行対象であることを意味する。この場合、ステップS1212において、当選図柄成立判定処理(ステップS1201)の結果、今回の対象図柄がいずれかの小役入賞の成立を可能とする図柄であるか否かについて判定し、いずれの小役入賞も成立し得ない場合(ステップS1212:NO)にはそのまま本当選時処理を終了する。一方、今回の対象図柄がいずれかの小役入賞を成立可能とする図柄である場合(ステップS1212:YES)には、ステップS1213において、対応する小役入賞が成立した際のメダル払出枚数をROM73から読み出し、その読み出したメダル払出枚数をRAM74に設けられた獲得枚数エリアに記憶する。

0192

続くステップS1214では、ステップS1213にて獲得枚数エリアに記憶したメダルの払出枚数を獲得枚数ビットに設定する獲得枚数設定処理を実行して、本当選時処理を終了する。上述したとおり、本スロットマシン10における判定情報用バッファBでは、第6〜第3ビットが再遊技ビット、獲得枚数ビット及び数優先ビットとしての機能を有する(図25(b)参照)。そこで、獲得枚数設定処理では、第6〜第3ビットに対して、獲得枚数に応じた数値情報を設定する。

0193

具体的には、第1補填役〜第3補填役、又はチェリー役の入賞を成立可能とする図柄が対象図柄である場合には獲得枚数「3」(図5参照)に対応する数値情報「0011」を第6〜第3ビットに格納し、第1ベル役〜第4ベル役、又はスイカA役の入賞を成立可能とする図柄が対象図柄である場合には獲得枚数「6」(図5参照)に対応する数値情報「0110」を格納し、第5ベル役〜第8ベル役の入賞を成立可能とする図柄が対象図柄である場合には獲得枚数「5」(図5参照)に対応する数値情報「0101」を格納し、第9ベル役〜第12ベル役の入賞を成立可能とする図柄が対象図柄である場合には獲得枚数「4」(図5参照)に対応する数値情報「0100」を格納する。

0194

入賞判定処理(図27)の説明に戻り、ステップS905にて当選データが設定されていないと判定した後、又はステップS906にて当選時処理を実行した後、ステップS907では引込ビット設定処理を実行して、本入賞判定処理を終了する。

0195

引込ビット設定処理について図30のフローチャートを参照しながら説明する。引込ビット設定処理では、先ず今回参照すべき引込ビットテーブルが存在するか否かについて判定する(ステップS1301)。具体的には、引込ビットテーブル番号用エリア85に設定されているテーブル番号情報が「1」以上であるか否かについて判定し、テーブル番号情報が「0」である場合には参照すべき引込ビットテーブルが存在しないと判定するとともに、テーブル番号情報が「1」以上である場合には参照すべき引込ビットテーブルが存在すると判定する。

0196

参照すべき引込ビットテーブルが存在しない場合(ステップS1301:NO)には、そのまま本引込ビット設定処理を終了する。一方、参照すべき引込ビットテーブルが存在する場合(ステップS1301:YES)には、引込ビットテーブル番号用エリア85に設定されているテーブル番号情報に基づいて今回参照すべき引込ビットテーブルをROM73から読み出す(ステップS1302)。

0197

その後、今回の対象図柄が引込ビットの設定対象であるか否かについて判定する(ステップS1303)。ステップS1303では、ステップS1302にて読み出した引込ビットテーブル(図22参照)に設定されている引込ビットの設定対象となる図柄番号の中に今回の対象図柄の図柄番号が含まれているか否かについて判定する。引込ビットテーブルにおいて、今回の対象図柄の図柄番号が引込ビットの設定対象として設定されていない場合(ステップS1303:NO)には、そのまま本引込ビット設定処理を終了する。一方、引込ビットテーブルにおいて、今回の対象図柄の図柄番号が引込ビットの設定対象として設定されている場合(ステップS1303:YES)には、今回の対象図柄番号における判定情報用バッファBの引込ビット(第1〜第0ビット)に「11」を格納して(ステップS1304)、本引込ビット設定処理を終了する。

0198

引込ビットテーブルを参照して引込ビットに「11」を格納することにより、遊技媒体の付与数が同一である複数種の小役に同時に当選している状況、及び複数種のリプレイ役に同時に当選している状況において、所定の停止態様の優先度を他の停止態様の優先度よりも高くすることができる。

0199

次に、停止情報設定処理(図24)のステップS703にて実行される第1停止後用処理について説明する。

0200

第1停止後用処理は、既に説明したとおり、各リール32L,32M,32Rのうち回転中の1個のリールに対して停止指令が発生し回転中の残りの2個のリールには停止指令が発生していない状況において、それら回転中の2個のリールについての優先順位情報を作成するための処理が起動される前に実行される。当該第1停止後用処理では、既に停止指令が発生しているリールの停止態様に応じて、回転中の残りの2個のリールについて停止制御の態様を変更するために実行される。

0201

図31(a)のフローチャートに示すように、第1停止後用処理では、オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報における組合せテーブル種別情報が「N」である場合(ステップS1401:YES)、オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報における組合せテーブル番号情報を特定し(ステップS1402)、当該番号情報に対応するノーマルタイプの組合せテーブルをRAM74の指定テーブル用エリア83に読み出す(ステップS1403)。これにより、参照するテーブルがオフセット指定テーブルからノーマルタイプの組合せテーブルに切り換わる。

0202

また、オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報における組合せテーブル種別情報が「M」である場合(ステップS1401:NO、ステップS1404:YES)、オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報における組合せテーブル番号情報を特定し(ステップS1405)、当該番号情報に対応するマルチタイプの組合せテーブルをRAM74の指定テーブル用エリア83に読み出す(ステップS1406)。これにより、参照するテーブルがオフセット指定テーブルからマルチタイプの組合せテーブルに切り換わる。その後、当該マルチタイプの組合せテーブルにおける第2停止用データを特定する(ステップS1407)。

0203

ステップS1403の処理を行った場合、ステップS1404にて否定判定を行った場合、又はステップS1407の処理を行った場合には、第1停止後の参照データ特定処理を実行することにより各テーブルにおける参照データを特定して(ステップS1408)、本第1停止後用処理を終了する。

0204

ステップS1403にてRAM74の指定テーブル用エリア83にノーマルタイプの組合せテーブルが読み出されている場合、又はステップS1404にてRAM74の指定テーブル用エリア83にマルチタイプの組合せテーブルが読み出されるとともにステップS1407にて第2停止用データが特定されている場合、第1停止後の参照データ特定処理(ステップS1408)では、第1停止のリール32L,32M,32Rの種類と今回の対象リールとの関係で参照データを特定する。

0205

具体的には、既に説明したとおり、第1停止が左リール32Lである場合において、今回の対象リールが中リール32Mである場合には第1データを特定するとともに、今回の対象リールが右リール32Rである場合には第2データを特定する。また、第1停止が中リール32Mである場合において、今回の対象リールが左リール32Lである場合には第1データを特定するとともに、今回の対象リールが右リール32Rである場合には第2データを特定する。さらにまた、第1停止が右リール32Rである場合において、今回の対象リールが左リール32Lである場合には第1データを特定するとともに、今回の対象リールが中リール32Mである場合には第2データを特定する。

0206

一方、オフセット指定テーブルの第1停止後用設定情報における組合せテーブル種別情報が「0」である場合には、ステップS1401及びステップS1404にて否定判定を行うこととなるため、RAM74の指定テーブル用エリア83に読み出されているテーブルはオフセット指定テーブルのまま変化していない。この場合には、1個目のリール32L,32M,32Rが停止した後もオフセット指定テーブルの第1停止用設定情報を参照すべきことを意味する。この場合における第1停止後の参照データ特定処理(ステップS1408)では、既に説明したとおり、今回の対象リールが左リール32Lである場合にはオフセット指定テーブルの第1停止用設定情報における左第1停止情報を特定し、今回の対象リールが中リール32Mである場合にはオフセット指定テーブルの第1停止用設定情報における中第1停止情報を特定し、今回の対象リールが右リール32Rである場合にはオフセット指定テーブルの第1停止用設定情報における右第1停止情報を特定する。

0207

次に、停止情報設定処理(図24)のステップS704にて実行される第2停止後用処理について説明する。

0208

第2停止後用処理は、既に説明したとおり、各リール32L,32M,32Rのうち2個のリールに対して停止指令が既に発生し回転中の残りの1個のリールには停止指令が発生していない状況において、当該回転中の1個のリールについての優先順位情報を作成するための処理が起動される前に実行される。当該第2停止後用処理では、既に停止指令が発生しているリールの停止態様に応じて、回転中の残りの1個のリールについて停止制御の態様を変更するために実行される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 山佐株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】遊技機から出力される音量について、調整を可能としつつもセキュリティ性を考慮した遊技機を提供する。【解決手段】スロットマシンは、遊技管理者が操作可能な管理者メニュー画面において、マスター音量およ... 詳細

  • 株式会社北電子の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 遊技の単調化を防止し、興趣を高めることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】 通常状態と通常状態よりも有利なATとを含む複数の遊技状態のうち、何れかの遊技状態に制御可能な遊技状態制御手段... 詳細

  • 株式会社ユニバーサルエンターテインメントの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 注意用表示情報の表示動作が途中で途切れた場合であっても、遊技者に注意内容を十分に把握させる。【解決手段】 本発明の遊技機は、注意情報、エラー報知情報及び有利区間の終了に関する遊技情報を表... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ