図面 (/)

技術 スクリーン及びスクリーン装置

出願人 YKKAP株式会社
発明者 若林雅樹坂本章
出願日 2019年1月24日 (1年5ヶ月経過) 出願番号 2019-010378
公開日 2019年8月22日 (10ヶ月経過) 公開番号 2019-138135
状態 未査定
技術分野 網戸 織物 シャッタ等の閉鎖部材
主要キーワード 部外壁面 本体ボックス ボトムバー 巻取り力 ボールチェーン インナーレール 略同色 オイル浮き
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年8月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

高い製品品質を確保しつつ、コストを低減することができるスクリーン及びスクリーン装置を提供する。

解決手段

スクリーン10は、経糸24と緯糸22とを製織して形成され、例えば一面10aが建物14の室外側に配置され、他面10bが建物14の室内側に配置される。スクリーン10は、経糸24と緯糸22とが異なる色で形成され、一面10aでは緯糸22の露出割合が大きく、他面10bでは経糸24の露出割合が一面10aでの露出割合よりも大きく構成されることにより、一面10aと他面10bとで色違いに構成されている。

概要

背景

住宅や店舗等の建物の窓やテラスには、日除けや目隠しとなるスクリーンが設置されることがある。この種のスクリーンとしては、経糸緯糸とを平織りした構成がある(例えば特許文献1参照)。

概要

高い製品品質を確保しつつ、コストを低減することができるスクリーン及びスクリーン装置を提供する。スクリーン10は、経糸24と緯糸22とを製織して形成され、例えば一面10aが建物14の室外側に配置され、他面10bが建物14の室内側に配置される。スクリーン10は、経糸24と緯糸22とが異なる色で形成され、一面10aでは緯糸22の露出割合が大きく、他面10bでは経糸24の露出割合が一面10aでの露出割合よりも大きく構成されることにより、一面10aと他面10bとで色違いに構成されている。

目的

本発明は、上記従来技術の課題を考慮してなされたものであり、高い製品品質を確保しつつ、コストを低減することができるスクリーン及びスクリーン装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

経糸緯糸とを製織して形成されたスクリーンであって、前記経糸と前記緯糸とが異なる色で形成され、一面では前記経糸及び前記緯糸のうちの一方の糸の露出割合が大きく、他面では前記経糸及び前記緯糸のうちの他方の糸の露出割合が前記一面での露出割合よりも大きいことを特徴とするスクリーン。

請求項2

請求項1に記載のスクリーンにおいて、前記一方の糸が前記他方の糸よりも明度が高いことを特徴とするスクリーン。

請求項3

請求項1又は2に記載のスクリーンにおいて、前記一面では、前記一方の糸が前記他方の糸を複数本跨いだ状態で織られ、前記他面では、前記他方の糸が前記一方の糸を複数本跨いだ状態で織られていることを特徴とするスクリーン。

請求項4

請求項3に記載のスクリーンにおいて、前記一方の糸が前記緯糸であり、前記他方の糸が前記経糸であり、前記緯糸の直径が前記経糸の直径よりも大きいことを特徴とするスクリーン。

請求項5

請求項1〜4のいずれか1項に記載のスクリーンにおいて、隣接する前記緯糸間、又は前記緯糸の前記他面側に、前記経糸と同等色補助緯糸を設けたことを特徴とするスクリーン。

請求項6

請求項1〜5のいずれか1項に記載のスクリーンと、該スクリーンを巻取り可能且つ送出し可能なロールとを備え、前記ロールは、前記スクリーンを前記経糸の長手方向に沿って巻取り及び送出しすることを特徴とするスクリーン装置

請求項7

請求項6に記載のスクリーン装置であって、前記スクリーンの下端部に取り付けられたボトムバーを備え、前記ボトムバーは、上面が開口した溝部が形成された本体と、前記溝部の内部に設けられ、前記スクリーンの下端部を保持する保持部と、を有し、前記スクリーンは、筒状に縫製され、内側に芯材包含した筒状部を下端部に有し、前記保持部は、前記筒状部よりも幅狭に形成され、前記スクリーンが通される開口部と、前記筒状部が収容される収容部と、を有することを特徴とするスクリーン装置。

技術分野

0001

本発明は、建物日除け網戸として利用されるスクリーン及びスクリーン装置に関する。

背景技術

0002

住宅や店舗等の建物の窓やテラスには、日除けや目隠しとなるスクリーンが設置されることがある。この種のスクリーンとしては、経糸緯糸とを平織りした構成がある(例えば特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2014−224374号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記のようなスクリーンでは、建物の外観上の見栄え室外側からの目隠し性能、室内側からの視認性等を考慮して、室外側の面と室内側の面とを異なる色に構成したいという要望がある。従来、スクリーンの両面の色を変える場合は、織物の表面に着色したPVC(ポリ塩化ビニルコーティング等を施している。ところが、このようなコーティング剤は、可塑剤オイルを含んでいるため、スクリーンの表面にオイル浮き汚れを生じて製品品質を低下させる懸念がある。また、生地に対するコーティング工程が必要であるため、作業コスト材料コストが増大する。

0005

本発明は、上記従来技術の課題を考慮してなされたものであり、高い製品品質を確保しつつ、コストを低減することができるスクリーン及びスクリーン装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係るスクリーンは、経糸と緯糸とを製織して形成されたスクリーンであって、前記経糸と前記緯糸とが異なる色で形成され、一面では前記経糸及び前記緯糸のうちの一方の糸の露出割合が大きく、他面では前記経糸及び前記緯糸のうちの他方の糸の露出割合が前記一面での露出割合よりも大きいことを特徴とする。

発明の効果

0007

本発明によれば、スクリーンを一方他方2色構造とした場合であっても、高い製品品質を確保しつつ、コストを低減することができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の一実施形態に係るスクリーンを用いたスクリーン装置を建物に設置した状態を模式的に示す側面図である。
図2(A)は、スクリーンを一面から見た模式図であり、図2(B)は、スクリーンを他面から見た模式図である。
図3(A)は、補助緯糸を設けた構成のスクリーンを一面から見た模式図であり、図3(B)は、補助緯糸を設けた構成のスクリーンを他面から見た模式図である。
図3に示すスクリーンを経糸の長手方向に直交する方向で切断した断面形状の模式図である。
別の補助緯糸を設けた構成のスクリーンを他面から見た模式図である。
スクリーンをロール式網戸として用いたスクリーン装置の模式的な正面図である。
図6に示すスクリーン装置のボトムバーの模式的な断面図である。

実施例

0009

以下、本発明に係るスクリーンについて、これを用いたスクリーン装置を例示して好適な実施の形態を挙げ、添付の図面を参照しながら詳細に説明する。

0010

図1は、本発明の一実施形態に係るスクリーン10を用いたスクリーン装置12を建物14に設置した状態を模式的に示す側面図である。本実施形態では、住宅や店舗等の建物14の窓14aの室外側で昇降可能に設けられ、窓14aへの日差し遮蔽する日除けとして機能するスクリーン10を例示する。スクリーン10は、窓14aの室内側で昇降して日差しを遮蔽するロールスクリーン開放した窓14aからの埃や虫の侵入を防止する網戸等に用いることもできる。

0011

図1に示すように、スクリーン装置12は、スクリーン10を巻取り可能且つ送出し可能なロール16と、ロール16を収納する本体ボックス18とを備える。スクリーン装置12は、窓14aの上部外壁面に取り付けられた本体ボックス18からスクリーン10を下方に引き出すことにより、窓14aの室外側を覆い隠すことができる。ロール16は、スクリーン10を巻き取る回転方向弾性付勢されている。ロール16から引き出されたスクリーン10は、例えばテラス等の床面14bにフック20を用いて下端部を係止できる。これによりスクリーン10は、下端がフック20で支持された状態で上端がロール16からの巻取り方向張力を受けるため、上下方向に十分な張力で緩みなく張ることができる。

0012

図2(A)は、スクリーン10を一面10aから見た模式図であり、図2(B)は、スクリーン10を他面10bから見た模式図である。図2(A)及び図2(B)に示すように、スクリーン10は、経糸24と緯糸22とを網目状に製織して形成されたネットであり、経糸24と緯糸22とが異なる色で形成されている。図1に示すように、スクリーン10は、一方側の面である一面10aが建物14の室外側に配置され、他方側の面である他面10bが建物14の室内側に配置される。

0013

経糸24は、ロール16に対する巻取り方向及び送出し方向に沿って延びた糸である。緯糸22は、経糸24に対して直交する方向に沿って延びた糸である。つまり図1に示すスクリーン装置12では、ロール16から引き出したスクリーン10の上下方向に経糸24が延在し、左右方向(幅方向)に緯糸22が延在する。本実施形態の場合、経糸24及び緯糸22は、165(℃)程度の高融点を示すポリプロピレンの周囲に130(℃)程度の低融点を示すポリプロピレンを2層に押出成形したモノフィラの糸を用い、経糸24と緯糸22とを重なり合う織目26及び交点28で互いに融着させた構造としている。モノフィラ糸を用いることにより、各糸22,24の重量を低減できる。交点28等が融着されることにより、製品での織目26や各糸22,24の位置ずれを防止できると共に、スクリーン10自体の厚みも低減できる。経糸24及び緯糸22の直径は、例えば0.10〜0.50(mm)程度とされる。本実施形態では経糸24の直径を0.15(mm)とし、緯糸22の直径を0.30(mm)としている。なお、図2(A)及び図2(B)では、経糸24及び緯糸22の形状等を誇張して図示しているが、実際の製品では、例えば経糸24及び緯糸22は1インチ四方に20〜100本程度設けられる。また、経糸24や緯糸22に、紫外線吸収剤光安定剤酸化防止剤滑剤帯電防止剤難燃剤等の各種添加剤を配合してもよい。

0014

図2(A)に示すように、一面10aでは、織目26を除いて緯糸22の裏側に経糸24が配置され、緯糸22が4本の経糸24を跨いだ状態で経糸24と織られている。つまり織目26は、緯糸22の長手方向に沿って並んでおり、その間隔は経糸24の4本分である。このため、一面10aでは、緯糸22の露出割合(表面積)が経糸24の露出割合よりも大きい。特に、本実施形態の場合は、緯糸22が経糸24よりも太い。その結果、一面10aでは、経糸24及び緯糸22の露出面積に対し、緯糸22の露出割合が70%程度となるように設定されている。

0015

図2(B)に示すように、他面10bでは、織目26を除いて経糸24の裏側に緯糸22が配置され、経糸24が4本の緯糸22を跨いだ状態で緯糸22と織られている。つまり織目26は、経糸24の長手方向に沿って並んでおり、その間隔は緯糸22の4本分である。このため、他面10bでは、経糸24の露出割合(表面積)が一面10aでの露出割合よりも大きくなっており、経糸24及び緯糸22の露出面積に対し、例えば経糸24の露出割合が50%程度となるように設定されている。

0016

一面10aにおいて緯糸22が経糸24を跨ぐ本数は、綾織朱子織等と呼ばれるような織り方によって2本以上とされればよいが、多すぎると織目26の配置間隔が長くなり過ぎて融着工程前に経糸24と緯糸22とが位置ずれする懸念があり、少なすぎると緯糸22の露出割合が低下する。そこで、緯糸22は、例えば経糸24を3〜5本毎に跨ぐ構成が好ましく、特に上記のように経糸24を4本毎に跨ぐ構成が最も好ましい。他面10bにおいて経糸24が緯糸22を跨ぐ本数についても同様でよい。

0017

このようにスクリーン10は、一面10aでは緯糸22が複数本の経糸24を跨ぎ、他面10bでは経糸24が複数本の緯糸22を跨いでいる。このため、隣接する緯糸22,22間で織目26が経糸24の長手方向に連続することがなく、ロール16に巻き取った際の積層厚みが低減される。特に、本実施形態の場合は、隣接する緯糸22,22間で、緯糸22と経糸24との織目26が緯糸22の長手方向に位置ずれしており、具体的には織目26が経糸24の1本分ずつ順にずれている。このため、図2(A)及び図2(B)に示すように、織目26が斜めに規則的に並ぶことになり、ロール16に巻き取った際に重なる層間で織目26が重ならずに緯糸22の長手方向に順に位置ずれするため、積層厚みが一層低減される。このように積層厚みを低減できる効果は、図1に示すようなロール構造のスクリーン装置12やロール式網戸に留まらない。つまり、框体にスクリーンを固定する一般的な構造の網戸であっても、その製造時にはスクリーンを巻回し保管及び運搬するため、巻回した際の積層厚みの低減効果は保管や運搬時等に効果がある。

0018

上記したように、スクリーン10は、経糸24と緯糸22とが異なる色で形成されており、例えば染色や原着によって着色されている。具体的には、経糸24と緯糸22とは、肉眼で色の違いを判別できるレベル色差、例えば(L*a*b表色系)で色差ΔEが3以上、好ましくは4〜15程度を有する。本実施形態のスクリーン10では、室外側の一面10aで露出割合が大きくなる緯糸22の色を、室内側の他面10bで露出割合が増える経糸24の色よりも高い明度に設定している。例えば、経糸24はブラックとされ、緯糸22はグレーライドグレー、クリームベージュグリーンブラウン等の任意の色とされる。その結果、一面10aは緯糸22の色が強く出た明るい色となり、他面10bは経糸24の色が強く出た暗く濃い色となる。

0019

従って、スクリーン10は、従来のように一面10aや他面10bにコーティング剤による着色を施すことなく色違いに構成することができる。このため、スクリーン10は、コーティング剤に含まれるオイルによる色変化汚れ付着等の品質低下を防止して高い製品品質を確保できると共に、着色工程の省略やコーティング剤の不使用によるコスト低減も可能となる。しかもスクリーン10を用いたスクリーン装置12は、図1に示すように、色が明るい一面10aでは、その外観品質が向上するだけでなく、屋外からの日差しを効率よく反射できると共に室内に対する遮蔽性能及び目隠し性能が高まり、色が暗い他面10bでは、室内側への光の反射が抑えられると共に室外を見透し易い構造となり、スクリーン10を網戸として用いた場合も同様な効果が期待できる。

0020

スクリーン10は、ロール16への巻回方向に沿う経糸24を緯糸22よりも細い糸で構成している。このため、ロール16に巻き取った際の積層厚みが一層低減されると共に、ロール16での巻取り力を低減して巻取り自体が円滑となる。しかもスクリーン10は、ロール16からの送出し方向に直交し、ロール16からの張力が付与されない左右方向に延びた緯糸22を経糸24よりも太い糸で構成している。このため、緯糸22自体の張力(剛性)を十分に確保でき、図1に示すような使用時に経糸24に沿う上下方向だけでなく、緯糸22に沿う左右方向にも緩みや撓みなく張ることができる。

0021

ところで、本実施形態のスクリーン10は、緯糸22を経糸24よりも太いものとしているため、隣接する緯糸22,22間の隙間C1が隣接する経糸24,24間の隙間C2よりも増大する傾向にある。そこで、この広い隙間C1が遮蔽性能を低下させることを防止するため、スクリーン10は隙間C1に別の緯糸(補助緯糸30)を追加した構成としてもよい。

0022

図3(A)は、補助緯糸30を設けた構成のスクリーン10を一面10aから見た模式図であり、図3(B)は、補助緯糸30を設けた構成のスクリーン10を他面10bから見た模式図である。図4は、図3に示すスクリーン10を経糸24の長手方向に直交する方向で切断した断面形状の模式図である。なお、図3及び図4に示すスクリーン10において、図1及び図2に示すスクリーン10の参照符号と同一の参照符号は、同一又は同様な構成を示し、このため同一又は同様な機能及び効果を奏するものとして詳細な説明を省略し、後述する図5に示すスクリーン10についても同様とする。

0023

図3(A)及び図3(B)に示すように、補助緯糸30は、緯糸22と平行に延在しており、緯糸22,22間の隙間C1を埋めるように配置されている。補助緯糸30は、例えば一面10aから見た場合に経糸24の裏側に配置され、緯糸22と同様に複数本(図3では4本)の経糸24を跨いだ状態で経糸24と織られている。つまり補助緯糸30と経糸24との織目32は、補助緯糸30の長手方向に沿って並んでおり、その間隔は経糸24の4本分である。織目32の間隔は、上記した織目26の場合と同様に変更してもよい。

0024

本実施形態の場合、補助緯糸30は、経糸24と同一のもの、つまり経糸24と同形状且つ同色のものを用いている。補助緯糸30は、経糸24と異なる形状且つ異なる色のものを用いてもよい。但し、補助緯糸30は、隙間C1を塞いでスクリーン10の遮蔽性能を高めるためのものであるため、経糸24と同色であるブラックや、これと略同色見える同等色、例えばダークグレー等が好ましい。なお、補助緯糸30は、隙間C1を埋めているに過ぎないため、一面10aでの色味に影響を及ぼすことはほとんどない。

0025

補助緯糸30は隙間C1を塞ぐと共に、図4に示すように緯糸22との間に経糸24を挟み込むサンドイッチ構造構築する。このため、スクリーン10は、補助緯糸30を設けることにより、融着工程前に経糸24と緯糸22とが位置ずれすることをより確実に防止できる効果も得られる。

0026

図5に示すように、スクリーン10は、図3に示す補助緯糸30に代えて、又は補助緯糸30と併用し、別の緯糸(補助緯糸34)を追加した構成としてもよい。補助緯糸34は、例えば他面10bから見た場合に緯糸22(及び経糸24)の表側、つまり一面10aから見た場合に緯糸22(及び経糸24)の裏側に配置され、補助緯糸30と同様に複数本(図5では4本)の経糸24を跨いだ状態で経糸24と織られている。このため、補助緯糸34と経糸24との織目36は、補助緯糸34の長手方向に沿って並んでおり、その間隔は経糸24の4本分である。織目36の間隔は、上記した織目26,32の場合と同様に変更してもよい。

0027

本実施形態の場合、補助緯糸34は、経糸24と同一のもの、つまり経糸24と同形状且つ同色のものを用いている。補助緯糸34は、経糸24と異なる形状且つ異なる色のものを用いてもよいが、経糸24と同色であるブラックや、これと略同色に見える同等色、例えばダークグレー等が好ましい。これによりスクリーン10では、補助緯糸34が他面10bにおける緯糸22の露出を隠し、同時に経糸24と同等色の露出割合を増加させるため、他面10bでの室内側への光の反射が一層抑えられる。図5に示す構成例では、他面10bでの経糸24、緯糸22及び補助緯糸34の露出面積に対し、例えば経糸24及び補助緯糸34の露出割合が70%程度となるように設定されている。勿論、補助緯糸34を用いた構成の場合でも、図4に示す補助緯糸30の場合と略同様に、緯糸22との間に経糸24を挟み込むサンドイッチ構造が構築されるため、経糸24と緯糸22とが位置ずれすることをより確実に防止できる効果も得られる。

0028

以上のようなスクリーン10は、図1に示すように日除けとして用いる場合、一面10aと他面10bとを貫通する開口の面積がスクリーン10の単位面積に占める割合(開口率)は、例えば5〜15%程度に設定される。そこで、この開口率5〜15%を直径0.15(mm)の経糸24と、直径0.30(mm)の緯糸22とで構築する場合、経糸24は1インチ四方に50〜90本程度設け、緯糸22は1インチ四方に20〜70本程度設けて製織されるとよい。略同様に、スクリーン10を網戸として用いる場合、開口率は、例えば60〜80%程度に設定され、経糸24及び緯糸22はこの開口率を確保できる本数及び間隔で製織されればよい。

0029

図6に示すように、スクリーン10をロール式網戸として用いたスクリーン装置12Aは、建物14に固定される開口枠40と、開口枠40に支持され、図示しない障子開閉可能に支持する框体42とを備える。スクリーン10は、框体42の開口部を開閉可能に遮蔽するロール式網戸である。スクリーン10は、框体42の上框42aに取り付けられたロール16から下方に引き出し可能である。スクリーン10の下端部には、左右幅方向に延在したボトムバー44が取り付けられている。ボトムバー44は、左右両端部が左右の縦框42b,42cの枠内側見込み面に形成された上下方向のレールに案内されることで、框体42の開口部内を上下に摺動可能である。図6中の参照符号46は、スクリーン10を上げ下げする際に操作するボールチェーンである。

0030

図7に示すように、ボトムバー44は、本体48と、保持部50とを有する。本体48及び保持部50は、例えばアルミニウム等の金属材料押出形材であって一体成形されている。本体48は、上面48aが長手方向に沿って開口した溝部48bと、溝部48bの下方に形成された中空部48cとを有する。

0031

保持部50は、溝部48bの内部に設けられ、スクリーン10の下端部を保持する部分である。スクリーン10の下端部には、筒状に縫製された筒状部52が形成されている。筒状部52の内側には、網戸ロープ54が包含されている。網戸ロープ54は、スクリーン10の下端部を直線上に維持する芯材として機能する樹脂部材であり、例えば3mm程度の外径である。保持部50は、開口部50aと、収容部50bとを有し、断面略字形状である。開口部50aは、ボトムバー44の長手方向に延在している。開口部50aは、スクリーン10を挿通可能であると共に、筒状部52の外径よりも狭い幅寸法を有する。収容部50bは、筒状部52が長手方向に沿って挿入される。これによりスクリーン10は、そのシート部分が上面48aの開口と開口部50aとに通された状態で、筒状部52が収容部50b内で抜け止めされ、これによりボトムバー44と連結されている。

0032

従って、このスクリーン装置12Aは、例えば従来のロール式網戸のように、ボトムバーの本体に対して、スクリーンの下端部をファスナーテープを挟んで固定したインナーレール接合し、これによりスクリーンとボトムバーとを連結した構成に比べ、スクリーン10の下端部が直接的にボトムバー44に係止されるため、構成が簡素化されて部品点数を低減できる。なお、図7に示したボトムバーとスクリーンとの連結構造は、図2図5に示すスクリーン10とは織り方の異なるスクリーンに対しても利用可能である。図7に示す構造のボトムバー44は、図1に示すようにフック20で下端部が係止されるスクリーン装置12のスクリーン10に適用してもよい。

0033

本発明に係るスクリーンは、経糸と緯糸とを製織して形成されたスクリーンであって、前記経糸と前記緯糸とが異なる色で形成され、一面では前記経糸及び前記緯糸のうちの一方の糸の露出割合が大きく、他面では前記経糸及び前記緯糸のうちの他方の糸の露出割合が前記一面での露出割合よりも大きいことを特徴とする。このような構成によれば、色が異なる経糸と緯糸の露出割合が一面と他面とで異なるため、例えば一面では緯糸の色が強く出た色に構成され、他面では経糸の色が強く出た色に構成された色違い構造となる。このため、一面や他面にコーティング剤を用いた着色を施すことなく、両面を色違いに構成できる。これにより、コーティング剤に含まれるオイルによる汚れ等の品質低下を防止して高い製品品質を確保できると共に、着色工程の省略やコーティング剤の不使用によるコスト低減も可能となる。

0034

本発明に係るスクリーンにおいて、前記一方の糸が前記他方の糸よりも明度が高い構成としてもよい。そうすると、例えば一面を建物の室外側に向けて配置し、他面を建物の室内側に向けて配置した場合、室外側に配置した一面の色が室内側に配置した他面の色よりも明るい色となる。その結果、当該スクリーンを建物の日除けや網戸として用いた場合に、色が明るい室外側の一面では、その外観品質が向上するだけでなく、屋外からの日差しを効率よく反射できると共に室内に対する遮蔽性能及び目隠し性能が高まり、色が暗い室内側の他面では、室内側への光の反射が抑えられると共に室外を見透し易い構造となる。

0035

本発明に係るスクリーンにおいて、前記一面では、前記一方の糸が前記他方の糸を複数本跨いだ状態で織られ、前記他面では、前記他方の糸が前記一方の糸を複数本跨いだ状態で織られた構成としてもよい。そうすると、製織工程で一面と他面とで色の異なる経糸と緯糸の露出割合を異ならせることができ、製造効率が向上する。

0036

本発明に係るスクリーンにおいて、前記一方の糸が前記緯糸であり、前記他方の糸が前記経糸であり、前記緯糸の直径が前記経糸の直径よりも大きい構成としてもよい。そうすると、室外側に配置される一面で露出割合が大きな緯糸が経糸よりも太い糸となるため、緯糸の色合いが一層強調された所望の色の一面を形成できる。

0037

本発明に係るスクリーンにおいて、隣接する前記緯糸間、又は前記緯糸の前記他面側に、前記経糸と同等色の補助緯糸を設けた構成としてもよい。そうすると、緯糸間の隙間や緯糸の他面側を補助緯糸で隠すことができ、当該スクリーンの遮蔽性能の向上や他面の色をより均一なものとすることができる。

0038

本発明に係るスクリーン装置は、上記構成のスクリーンと、該スクリーンを巻取り可能且つ送出し可能なロールとを備え、前記ロールは、前記スクリーンを前記経糸の長手方向に沿って巻取り及び送出しすることを特徴とする。このような構成によれば、一面と他面が色違いに構成されたスクリーン装置が得られる。しかもこのスクリーン装置において、例えば上記のように経糸を緯糸よりも細い糸とした場合、ロールでの巻取りが円滑となるだけでなく、スクリーンを広げた際に太い緯糸の剛性による張力によってスクリーン自体に左右幅方向の張力が付与され、緩みや撓みが抑制される。

0039

本発明に係るスクリーン装置において、前記スクリーンの下端部に取り付けられたボトムバーを備え、前記ボトムバーは、上面が開口した溝部が形成された本体と、前記溝部の内部に設けられ、前記スクリーンの下端部を保持する保持部と、を有し、前記スクリーンは、筒状に縫製され、内側に芯材を包含した筒状部を下端部に有し、前記保持部は、前記筒状部よりも幅狭に形成され、前記スクリーンが通される開口部と、前記筒状部が収容される収容部と、を有する構成としてもよい。そうすると、スクリーン装置におけるボトムバー及びその周辺部での部品点数を削減できる。

0040

なお、本発明は、上記した実施形態に限定されるものではなく、本発明の主旨を逸脱しない範囲で自由に変更できることは勿論である。

0041

例えば上記実施形態では、建物14の室外側に配置される一面10aで緯糸22の露出割合を増やし、他面10bで経糸24の露出割合を増やした構成としたが、他面10bで緯糸22の露出割合を増やし、一面10aで経糸24の露出割合を増やした構成としてもよく、他面10bで経糸24の露出割合が緯糸22の露出割合よりも大きく構成されてもよい。また、経糸24を緯糸22よりも明るい色に設定してもよい。

0042

10スクリーン、10a 一面、10b 他面、12,12Aスクリーン装置、14建物、14a 窓、14b 床面、16ロール、18本体ボックス、22緯糸、24経糸、26,32,36織目、28交点、30,34補助緯糸、44ボトムバー、48 本体、50 保持部、52 筒状部、54網戸ロープ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • YKKAP株式会社の「 シャッターユニット」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】シャッターカーテンを閉じた状態で座板が当接される部位に受け部材が備えられていなくとも施錠可能なシャッターユニットを提供する。【解決手段】複数のスラットが連結されて座板を備えたシャッターカーテン... 詳細

  • ユニチカ株式会社の「 シート、照明装置、膜天井」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】高い光拡散性と充分な光透過性を発現するシートを提供する。【解決手段】ガラス繊維織物2と、ガラス繊維織物2の少なくとも一方の面に貼付された不織布3と、を含む、シートであって、ガラス繊維織物の質量... 詳細

  • 文化シヤッター株式会社の「 開閉装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】開口を隔てた他方の領域側からの風圧に対する耐風圧強度を向上させた開閉体を備えた開閉装置を提供する。【解決手段】構造物に形成された開口2を開閉する開閉体3を備え、当該開閉体が、開口を閉鎖する閉鎖... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ