図面 (/)

技術 緑茶を有効成分とする牧草臭マスキング剤

出願人 株式会社伊藤園
発明者 中瀬純平矢作裕子齋藤亜優美佐塚皓二山口将弘
出願日 2018年2月7日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2018-020117
公開日 2019年8月22日 (6ヶ月経過) 公開番号 2019-135940
状態 特許登録済
技術分野 調味料
主要キーワード サンプル品 野菜素材 野菜臭 カラマンシー 臭マスキング剤 加工茶葉 大麦若葉粉末 複合臭
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年8月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

原料由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物の提供。

解決手段

緑茶を有効成分とする、牧草臭マスキング剤。緑茶が粉砕物又はその抽出物である牧草臭マスキング剤。牧草臭が青汁由来である牧草臭マスキング剤。牧草臭マスキング剤の配合割合が、飲食物全体に対して0.01重量%〜1.00重量%である飲食物。容器詰めした飲料が青汁飲料である飲食物。

概要

背景

消費者における近年の健康志向の高まりから、天然由来する原料をより多く摂取することにより健康を増進しようとする動向がみられる。天然に由来する原料の種類は多岐に亘るものの、なかでも野菜類についてはその傾向が強い。

しかしながら、天然に由来するかかる原料には味覚嗅覚の面でクセがあるものが多く、かかる原料を用いた飲食品は継続的に摂取しがたいものが多い。「良薬口に苦し」という諺はあるものの、同様の効果を奏するものであれば、味覚や嗅覚の面でかかるクセは極力小さいものであるのが好ましいのは言うまでもない。

特許文献1は、野菜果物脂肪酸グリセリンジエステルを添加することにより苦味臭気を低減する方法を開示している。また、特許文献2は、スクラロースを有効成分とする野菜の青臭さのマスキング剤を開示している。さらに、特許文献3は、野菜果汁飲料に発酵乳を添加することにより野菜由来成分の臭気を抑制する方法を開示している。

しかし、特許文献1乃至2は、天然ではない原料を使用するものであるから、天然に由来する原料をより多く摂取しようとする健康志向に沿った製品開発には利用することができない。また、特許文献3は、発酵乳を使用するものであるから、健康志向に沿った製品開発には利用することができるものの、完成品は発酵乳を含有することになるため、製品設計の範囲がどうしても限定されたものになってしまう。

特開平7−51034
特開2015−130893
特開2009−284825

概要

原料に由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物の提供。緑茶を有効成分とする、牧草臭マスキング剤。緑茶が粉砕物又はその抽出物である牧草臭マスキング剤。牧草臭が青汁由来である牧草臭マスキング剤。牧草臭マスキング剤の配合割合が、飲食物全体に対して0.01重量%〜1.00重量%である飲食物。容器詰めした飲料が青汁飲料である飲食物。なし

目的

本発明は、原料に由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

緑茶を有効成分とする、牧草臭マスキング剤

請求項2

前記緑茶が粉砕物又はその抽出物であることを特徴とする、請求項1に記載の牧草臭マスキング剤。

請求項3

牧草臭が青汁由来であることを特徴とする、請求項1又は2に記載の牧草臭マスキング剤。

請求項4

請求項1〜3のいずれかに記載の牧草臭マスキング剤を配合した飲食物

請求項5

前記牧草臭マスキング剤の配合割合が、飲食物全体に対して0.01重量%〜1.00重量%であることを特徴とする、請求項4に記載の飲食物。

請求項6

飲食物が容器詰めした飲料であることを特徴とする、請求項4又は5に記載の飲食物。

請求項7

容器詰めした飲料が青汁飲料であることを特徴とする、請求項6に記載の飲食物。

技術分野

0001

本発明は、緑茶を有効成分とする牧草臭マスキング剤及び該牧草臭マスキング剤を配合した飲食物に関する。

背景技術

0002

消費者における近年の健康志向の高まりから、天然由来する原料をより多く摂取することにより健康を増進しようとする動向がみられる。天然に由来する原料の種類は多岐に亘るものの、なかでも野菜類についてはその傾向が強い。

0003

しかしながら、天然に由来するかかる原料には味覚嗅覚の面でクセがあるものが多く、かかる原料を用いた飲食品は継続的に摂取しがたいものが多い。「良薬口に苦し」という諺はあるものの、同様の効果を奏するものであれば、味覚や嗅覚の面でかかるクセは極力小さいものであるのが好ましいのは言うまでもない。

0004

特許文献1は、野菜果物脂肪酸グリセリンジエステルを添加することにより苦味臭気を低減する方法を開示している。また、特許文献2は、スクラロースを有効成分とする野菜の青臭さのマスキング剤を開示している。さらに、特許文献3は、野菜果汁飲料に発酵乳を添加することにより野菜由来成分の臭気を抑制する方法を開示している。

0005

しかし、特許文献1乃至2は、天然ではない原料を使用するものであるから、天然に由来する原料をより多く摂取しようとする健康志向に沿った製品開発には利用することができない。また、特許文献3は、発酵乳を使用するものであるから、健康志向に沿った製品開発には利用することができるものの、完成品は発酵乳を含有することになるため、製品設計の範囲がどうしても限定されたものになってしまう。

0006

特開平7−51034
特開2015−130893
特開2009−284825

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、原料に由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物を提供することを目的とする。

0008

本発明者らは、緑茶、とりわけ緑茶粉砕物抹茶が、いわゆる牧草臭をマスキングすることを見出し、本発明を完成するに至った。

0009

すなわち、本発明は、以下の態様を包含するものである。
[1]緑茶を有効成分とする、牧草臭マスキング剤。
[2] 前記緑茶が粉砕物又はその抽出物であることを特徴とする、上記[1]に記載の牧草臭マスキング剤。
[3] 牧草臭が青汁由来であることを特徴とする、上記[1]又は[2]に記載の牧草臭マスキング剤。
[4] 上記[1]〜[3]のいずれかに記載の牧草臭マスキング剤を配合した飲食物。
[5] 前記牧草臭マスキング剤の配合割合が、飲食物全体に対して0.01重量%〜1.00重量%であることを特徴とする、上記[4]に記載の飲食物。
[6] 飲食物が容器詰めした飲料であることを特徴とする、上記[4]又は[5]に記載の飲食物。
[7] 容器詰めした飲料が青汁飲料であることを特徴とする、上記[6]に記載の飲食物。

発明の効果

0010

本発明により、原料に由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物が提供できる。

発明を実施するための最良の形態

0011

本発明の実施態様を以下に詳説するが、本発明の技術的範囲を逸脱しない限りにおいて、本発明は下記の態様に限定されるものではない。

0012

(牧草臭)
本発明において牧草臭とは、牧草を刈り取るとその刈り取り部位から急速に発生する複数の香気成分複合臭となって生じる臭いを指す。一般的に牧草臭としては、青草及びサイレージの臭いの他、排泄物からの臭いや牛乳の臭いなどが挙げられる。
かかる牧草臭の原因物質は、その由来により様々なものが関与することが知られているが(「日草九支報」第14巻第1号、第22〜26頁、1983年8月)、本発明においてはかかる由来について特に限定するものではないが、青草の臭いに由来する牧草臭について特に着目するものである。
また、畜肉臭グラス臭)、畜乳臭、愛玩動物(特にウサギ)に由来する臭い、特定成分コラーゲンなど)又はこれを含む飲食物に由来する臭いなどが、日常生活において接点が深い牧草臭として挙げることができる。

0013

(マスキング)
本発明におけるマスキングとは、不快な臭いを包み隠す方法を指す。なお、マスキングの程度には、不快な臭いを完全に包み隠す場合を含むのは勿論のこと、不快な臭いが許容範囲内に収まる場合についても含まれる。
また、本発明においては、かかるマスキング作用を期待して添加するものをマスキング剤と呼ぶ。なお、マスキング剤の剤形は特に限定されるものではない。

0014

(マスキング剤)
本発明におけるマスキング剤は、緑茶粉砕物又はその抽出物を有効成分とすることにより、前述の牧草臭に由来する不快な臭気を抑制するものである。実施例をもって後に詳説するが、かかる牧草臭は、マスキング作用を有するといわれる各種素材との組合せでみた場合、抹茶や緑茶を用いた場合にその効果が確認できるものの、それ以外の素材ではその効果は確認できない(表1)。とりわけ、茶樹に由来する紅茶粉末を用いた場合にはかかる効果は確認できない。また、抹茶や緑茶はカテキン類非重合体カテキン類)を多く含むのに対して、紅茶ではカテキン類(非重合体カテキン類)が発酵により重合するため、かかる作用がカテキン類(非重合体カテキン類)に由来するとも考えられるが、緑茶からカテキン類(非重合体カテキン類)を精製して得たカテキン製剤を使用しても、かかるマスキング効果は得られない。
かかる結果から、本発明における牧草臭のマスキング作用を得るには、緑茶を選択することに重要な意義があり、その効果についての詳細なメカニズムは不明であって予期せぬ効果を奏するものといえる。

0015

また、この点についても実施例をもって後に詳説するが、緑茶に由来する上述のマスキング作用は、大麦若葉などいわゆる青汁野菜と呼ばれるものに由来する臭気に対して好適にマスキング作用を奏する。したがって、キャベツホウレンソウトマトニンジン等のいわゆる青汁野菜に含まれない野菜類であって牧草臭を生じない野菜類に由来する臭気に対しては、上述のようなマスキング作用を奏さない。
かかる結果から、本発明における牧草臭のマスキング作用は、大麦若葉などいわゆる青汁野菜と呼ばれるものに由来する臭気に対して選択的に効果を奏するようであり、その効果についての詳細なメカニズムは不明であって予期せぬ効果を奏するものといえる。

0016

さらにいえば、本発明におけるマスキング作用は、緑茶を用いることにより大麦若葉などいわゆる青汁野菜と呼ばれるものに由来する臭気を抑制するにあたって好適に用いることができる。かかる効果は、大麦若葉などいわゆる青汁野菜と呼ばれるもののみからなる飲食物に対して好適に用いることができるのは勿論、大麦若葉などいわゆる青汁野菜と呼ばれるものを飲食品の一部に用いたものに対してもかかる効果が期待できる。

0017

(緑茶)
本発明において緑茶とは、茶樹Camellia sinensisの葉若しくは又はこれらを原料として製造された加工茶葉であれば、特に限定されるものではない。具体的には、本発明における緑茶は、煎茶、玉露、茎茶、かぶせ碾茶、抹茶、番茶、ほうじ茶、炒り茶などの不発酵茶としての緑茶、又はかかる緑茶にジャスミン、蓮、花、柚子等の香り着香させた花茶などを挙げることができるが、緑茶の粉砕物を用いることが製造上で簡便であるため好ましい。また、本発明の緑茶としては、かかる種類からなる群から選ばれる1種又は2種以上を用いることができる。
また、本発明において緑茶粉砕物とは、かかる緑茶に対してさらに粉砕処理をしたものをいう。なお、緑茶を粉砕処理する方法は、特に限定されるものではなく、公知の方法を適宜選択することができる。

0018

(緑茶粉砕物の抽出物)
本発明における緑茶粉砕物の抽出物とは、上述で得られた緑茶粉砕物を熱水等の溶媒で抽出したもの、得られた抽出液濃縮したもの、又はかかる抽出液又はその濃縮液粉体化したものをいう。
緑茶粉砕物の抽出物を得るための抽出方法は、特に限定されるものではなく、公知の方法を適宜選択することができる。また、得られた抽出液を濃縮するための濃縮方法は、特に限定されるものではなく、公知の方法を適宜選択することができる。さらに、かかる抽出液又はその濃縮液を粉体化する方法は、特に限定されるものではなく、公知の方法を適宜選択することができる。
なお、上述の各工程は、1種のみで実施することもできるが、2以上の複数の工程を組み合わせて実施することもできる。
なお、本発明における緑茶粉砕物の抽出物には、製造工程において精製工程を含む製剤型のカテキン製剤は含まれない。

0019

(カテキン類)
本発明におけるカテキン類とは、カテキンエピカテキン、ガロカテキン、エピガロカテキンカテキンガレートエピカテキンガレートガロカテキンガレートエピガロカテキンガレートの8種カテキン類を総称したものをいう。
本発明における緑茶粉砕物又は抹茶におけるカテキン類量は、特に限定されるものではないが、緑茶粉砕物又は抹茶を配合した製品において、10〜15000mg/100gが好ましく、50〜10000mgがより好ましく、90〜9000mg/100gがさらに好ましく、100〜1000mg/100gが最も好ましい。

0020

緑葉野菜搾汁液
本発明は、青草の臭いに由来する牧草臭について特に注目するものである。より具体的には、緑葉を有する各種野菜の搾汁液が牧草臭を発するものが多く、とりわけいわゆる青汁と呼ばれる種類の緑色野菜の搾汁液(緑葉野菜搾汁液)が牧草臭を発する。
本発明において緑葉野菜としては、ケール、大麦若葉、小麦若葉、明日葉、クワ若葉、ホウレンソウ、モロヘイヤメキャベツ、ケールなどが挙げられ、好ましくは大麦若葉、ホウレンソウ、モロヘイヤ、メキャベツ、ケール、特に好ましくは大麦若葉が挙げられる。
なお、本発明における緑葉野菜搾汁液には、これらのうちの1種又は複数を組み合わせて使用してもよい。
本発明における緑葉野菜搾汁液は、これらの原料は、これら各種野菜の搾汁液をそのまま使用しても良いが、好ましくは葉部や茎部等の可食部をそのまま乾燥後、ミル及び臼等の機械的手法により粉末化したものや、同様に葉部や茎部等の可食部を搾汁して、濃縮化あるいは乾燥粉末化して得られたペースト状のものや搾汁乾燥粉末などを水等の溶媒に溶解させて用いることができる。

0021

果汁
本発明における野菜搾汁液含有飲料は、前記野菜搾汁液の他に1種又は2種以上の果汁を含有してもよい(野菜果汁混合飲料)。
本発明において用いることができる果実としては、例えば柑橘類果実(オレンジ温州ミカンレモングレーフルーツライムマンリンユズタンジェリンテンプルオレンジ、タンジェロ、カラマンシー等)、リンゴブドウモモパイナップルグアババナナマンゴーカシスブルーベリーアセロラプルーンパパイヤパッションフルーツウメナシアンズライチメロン西洋ナシ、スモモ類等が挙げられるが、本発明品の主要野菜原料であるニンジンとの相性を考慮すると、リンゴ、赤ブドウ、白ブドウ、マンゴー、カシス、ブルーベリー等が好ましい。
また、果汁の配合量は、本発明における飲食品(とりわけ緑葉野菜搾汁液を含む飲料)全体に対して、1重量%〜90重量%が好ましく、5重量%〜80重量%がより好ましく、8重量%〜70重量%がさらに好ましく、10重量%〜60重量%が最も好ましい。

0022

食物繊維
本発明の野菜搾汁液含有飲料には、さらに食物繊維を添加することができる。食物繊維は、植物性藻類性、菌類食物細胞壁を構成する成分であって、化学的には多糖類であることが多い。食物繊維は、水溶性食物繊維不溶性食物繊維とに大別されるが、本発明の野菜飲料として許容可能なものであればいずれの食物繊維を用いて良い。具体的に水溶性食物繊維とは、ペクチングアーガムアガロースグルコマンナンポリデキストロースアルギン酸ナトリウムなどを用いることができ、不溶性食物繊維としては、セルロースヘミセルロースリグニンキチンキトサンなどが挙げられる。本発明の野菜飲料においては、上記食物繊維から選ばれる1種又は2種以上を0.01〜0.7重量%、好ましくは0.05〜0.55重量%、さらに好ましくは0.1〜0.5重量%、もっとも好ましくは0.2〜0.4重量%含有するのがよい。さらに、食物繊維の種類としてはペクチンが好ましい。

0023

(飲食物)
本発明は、マスキング剤として飲食品に添加することにより、当該飲食品の原料等に由来する牧草臭をマスキングすることもできる。当該飲食品の原料等に由来する牧草臭は、特に限定されるものではないが、例えば上述の緑葉野菜搾汁液(青汁など)に由来する牧草臭を挙げることができる。また、飲食品の形態は、特に限定されるものではないが、飲料、とりわけ一定程度の期間において保存することを前提とした容器詰めした飲料(容器詰飲料)において好適に用いることができる。
なお、本発明におけるマスキング剤の配合量は、上述の効果が得られる限りにおいて特に限定されるものではないが、例えば青汁飲料における牧草臭をマスキングする場合には、飲料全体に対する配合量が0.01重量%〜1.00重量%であるのが好ましく、0.05重量%〜0.80重量%であるのがより好ましく、0.08重量%〜0.70重量%であるのがさらに好ましく、0.10重量%〜0.50重量%であるのが最も好ましい。

0024

容器
本発明における容器詰めした飲料は、容器詰めしたものであればよい(容器詰飲料)。また、本発明に用いる容器としては、金属缶スチール缶アルミニウム缶など)、PETボトル紙容器、壜等であってよく、これら容器の形状や色彩は問わないが、市場性簡便性を考慮すると、金属缶、PETボトル、紙容器を用いるのが好ましい。

0025

本発明につき実施例を用いて以下に詳説するが、本発明は以下に記載の実施例により限定されるものではない。

0026

試験1−1:大麦若葉粉末と各種素材との相性
摘採した大麦若葉(九州産)を乾燥し、得られた乾燥大麦若葉をジェットミルでもって粉砕して大麦若葉粉末を得た。
得られた大麦若葉粉末を表1に記載のとおりの所定量となるように常温水に配合し、さらに表1に記載があるものについては当該原料を所定量となるように配合した。
なお、参考例は、所定量の大麦若葉粉末のみを使用したものであって、コントロール品に相当するものである。

0027

表1に記載に基づき調製したサンプルについて、専門家4人による官能評価を実施した。官能評価は、参考例(コントロール)と比較して、各サンプルにおける「牧草臭の強さ」、「青汁飲料の味の強さ」について評価した。

・牧草臭の評価
−1:参考例と比較して牧草臭が強く感じられ、本件課題を解決していない。
0:参考例と同等の牧草臭であり、本件課題を解決していない。
1:参考例と比較して牧草臭がやや弱く感じられ、本件課題を解決している。
2:牧草臭をほとんど感じない、本件課題を解決している。

・青汁飲料の味の強さの評価
−1:参考例と比較して青汁の味を弱く感じる。
0:参考例と比較して青汁の味の強さが同等程度である。
1:参考例と比較して青汁の味をやや強く感じる。
2:参考例と比較して青汁の味をかなり強く感じる。

0028

0029

(考察)
抹茶を配合したもの(実施例1)や緑茶粉末を配合したもの(実施例2)は、参考例(コントロール)と比較して、牧草臭の強さと、青汁飲料の味の強さとの両方で評価が高かった。
これに対して、パセリパウダーを配合したもの(比較例1)、ローレルパウダーを配合したもの(比較例2)、バジルパウダーを配合したもの(比較例3)、ブラックペッパーを配合したもの(比較例4)、ショウガパウダーを配合したもの(比較例5)、ガーリックパウダーを配合したもの(比較例6)、オニオンパウダーを配合したもの(比較例7)、紅茶粉末を配合したもの(比較例8)、カテキン製剤を配合したもの(比較例9)、ミントエキスを配合したもの(比較例10)、カモミールエキスを配合したもの(比較例11)は、参考例(コントロール)と比較して、牧草臭の強さと、青汁飲料の味の強さとの両方で評価は変わらなかった。

0030

試験2:緑茶粉末及び抹茶と各種野菜素材との相性
試験1において、緑茶粉末と抹茶が、大麦若葉粉末との相性で良好であることがわかった。次に、緑茶粉末と抹茶が、他の野菜搾汁液に対しても同様の効果を奏するか調べた。
他の野菜策汁液として、キャベツ、ホウレンソウ、トマト、ニンジンを準備した。キャベツは、硫黄臭アリルイソチオシアネートジメチルジスルフィドに起因する不快臭を発することが知られている。また、ホウレンソウは、3−ヘキセナール青葉アルコール)に起因する不快臭を発することが知られている。さらに、トマトは、3−ヘキセナール(青葉アルコール)に起因する不快臭を発することが知られている。また、ニンジンは、2−ノネナールに起因する不快臭を発することが知られている。
そこで、緑茶粉末と抹茶が、キャベツ搾汁液、ホウレンソウ搾汁液、トマト搾汁液、ニンジン搾汁液の野菜臭を抑制する効果があるか調べた。なお、比較例12、26、40、54の素材欄が空欄であるが、これらはいずれも参考例(コントロール)に相当するものである。

・野菜臭の抑制効果
−1:参考例と比較して野菜臭が弱くなった。
0:参考例と比較して野菜臭は同等程度である。
1:参考例と比較して青汁の味をやや強く感じる。
2:参考例と比較して青汁の味をかなり強く感じる。

0031

0032

(考察)
抹茶を配合したもの(実施例1)や緑茶粉末を配合したもの(実施例2)は、参考例(コントロール)と比較して、大麦若葉汁に由来する牧草臭の強さと、青汁飲料の味の強さとの両方で評価が高かった。
これに対して、緑茶粉末や抹茶粉末をキャベツ搾汁液(比較例24,25)や、ほうれん草搾汁液(比較例38,39)や、トマト搾汁液(比較例52,53)や、ニンジン搾汁液(比較例66,67)に添加しても野菜臭の低減効果は認められなかった。
なお、試験1でも用いたパセリパウダー、ローレルパウダー、バジルパウダー、ブラックペッパー、ショウガパウダー、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、紅茶粉末、カテキン製剤、ミントエキス、カモミールエキスを、緑茶粉末や抹茶の代わりに用いて比較したが、顕著な相違は認められなかった。

0033

試験3:大麦若葉粉末と緑茶粉末又は抹茶の配合量
試験1及び2の結果から、緑茶粉末や抹茶が、野菜搾汁液のなかでもとりわけ大麦若葉粉末に対して、牧草臭の低減及び青汁飲料の味の強さの点で効果を奏することがわかった。
そこで、大麦若葉粉末と緑茶粉末の配合量を変化させることにより、当該効果の現れ方に変化があるかを調べた。
なお、官能評価は、試験1で実施したのと同様のものであり、緑茶粉末又は抹茶を添加しないサンプル品を参考例(コントロール)としている。

・牧草臭の評価
−1:参考例と比較して牧草臭が強く感じられ、本件課題を解決していない。
0:参考例と同等の牧草臭であり、本件課題を解決していない。
1:参考例と比較して牧草臭がやや弱く感じられ、本件課題を解決している。
2:牧草臭をほとんど感じない、本件課題を解決している。

・青汁飲料の味の強さの評価
−1:参考例と比較して青汁の味を弱く感じる。
0:参考例と比較して青汁の味の強さが同等程度である。
1:参考例と比較して青汁の味をやや強く感じる。
2:参考例と比較して青汁の味をかなり強く感じる。

0034

0035

0036

(考察)
実施例3乃至11は大麦若葉粉末と緑茶粉末とを使用したものであり、実施例12乃至20は大麦若葉粉末と緑茶粉末とを使用したものであるが、いずれのサンプルにおいても牧草臭の低減作用が観察された。青汁飲料の味の強さについては、大麦若葉粉末の使用量に対して緑茶粉末又は抹茶の使用量が多いと、大麦若葉よりも緑茶や抹茶の味が強くなり過ぎる傾向にある。しかし、大麦若葉粉末が多くなると、青汁飲料の味の強さについては良好な結果となることがわかった。

0037

本発明により、原料に由来するいわゆる牧草臭をマスキングした飲食物が提供できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ソシエテ・デ・プロデュイ・ネスレ・エス・アーの「 風味分子としての糖ジペプチド複合体」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題・解決手段】本発明は、食品製品の旨味及び/又は塩味の増強に使用するための、式(I)の化合物及びかかる化合物を含む組成物に関する。... 詳細

  • 曽田香料株式会社の「 果実風味改善剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】果実の風味、特にフルーティー感、フレッシュ感や果肉感を増強する果実風味改善剤および当該成分を有効成分とする香料組成物、並びにこれらを用いて果実の風味が改善された飲食品を提供する。【解決手段】3... 詳細

  • 池田食研株式会社の「 塩味増強剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 本発明は、食塩含有量以上に塩味を感じさせることができ、実質的に食塩を減らすことができる素材として、塩味増強効果を有し、安価で汎用性の高い、塩味増強剤を提供するものである。さらに、塩味増強剤... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ