図面 (/)

技術 衣類用フード及びこれを備える衣類

出願人 グローブライド株式会社
発明者 佐藤雅基
出願日 2019年4月5日 (1年1ヶ月経過) 出願番号 2019-072438
公開日 2019年8月8日 (9ヶ月経過) 公開番号 2019-131949
状態 未査定
技術分野 上着、コート 衣服の細部 帽子類一般
主要キーワード 球体部材 フード開口 移動固定 後頭部付近 フード付き コードストッパー 調節具 ラチェット式
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年8月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

簡易な操作によって、フードの開口上側、開口下側、及び側面の各部分を段階的に収縮させ、使用者が所望する部分を段階的にフィットさせることができる衣類用フードを提供する。

解決手段

本発明に係る使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用フードは、フード本体と、当該フード本体に形成される紐通し部と、紐通し部内に配設されると、当該紐の長さを調節する調節具と、を備え、紐通し部をフードの開口上側、開口下側、及び側面(側頭部)に形成し、調節具を操作することで、フードの開口上側、開口下側、側面のそれぞれを段階的に縮小させる。

概要

背景

従来より、レインコート防寒服等のフード付き衣類には、顔面露出するフード開口の縁に沿って絞りが設けられ、当該絞り紐を締めることでフード開口の大きさを収縮できるようにし、例えば、風雨の際にフード開口の縁部を顔面に密着させるように収縮させて顔面への雨風の侵入を防止できるように構成されている。特許文献1が開示するフードにおいては、フード開口の縁に沿って延設した絞り紐の一端がフードの上端又は下端に固定され、上端から下端、又は下端から上端において折り返され、その後、側頭部から後方に延びるように設けられている。当該フードは、後頭部に設けた調節具によって絞り紐を締める操作によって、フード開口の上下部分が同時に絞られるようになっている。

概要

簡易な操作によって、フードの開口上側、開口下側、及び側面の各部分を段階的に収縮させ、使用者が所望する部分を段階的にフィットさせることができる衣類用フードを提供する。本発明に係る使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用フードは、フード本体と、当該フード本体に形成される紐通し部と、紐通し部内に配設される紐と、当該紐の長さを調節する調節具と、を備え、紐通し部をフードの開口上側、開口下側、及び側面(側頭部)に形成し、調節具を操作することで、フードの開口上側、開口下側、側面のそれぞれを段階的に縮小させる。

目的

本発明は、使用者の様々なニーズに応じて、フードの開口上側部分、フードの開口下側部分、及びフードの側面部分(側頭部分)の各部分を、簡単な操作によって、必要な箇所のみ、又は必要な箇所を段階的に収縮させることができる衣類用フード、及びそれを備えた衣類を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

使用者顔面に対応する開口を有する衣類用フードであって、フード本体に設けられ、前記開口の上側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第1紐通し部と、前記第1紐通し部の下端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第1紐通し部と前記第3紐通し部には第1が配設され、前記フード本体の後部には、前記第1紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第1紐の一端は前記第1紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第1紐には、フック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第1紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする衣類用フード。

請求項2

前記フック部材は、樹脂製又は金属製又は木製の球体部材である、ことを特徴とする請求項1に記載の衣類用フード。

請求項3

前記フック部材は、前記第1紐を結んだ結び目である、ことを特徴とする請求項1に記載の衣類用フード。

請求項4

前記ストッパーは、樹脂製又は金属製又は木製の筒状部材である、ことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項5

前記ストッパーは、前記フック部材の外径より小さく形成した前記第3紐通し部の一部である、ことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項6

前記調節部材は、ダイヤル式操作部を有し、ダイヤルの回転に応じて前記第1紐を巻き取り、又は解放する部材である、ことを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項7

使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用のフードであって、フード本体に設けられ、前記開口の下側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第2紐通し部と、前記第2紐通し部の上端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第2紐通し部と前記第3紐通し部には第2紐が配設され、前記フード本体の後部には、前記第2紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第2紐の一端は前記第2紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第2紐には、フック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第2紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする衣類用フード。

請求項8

前記フック部材は、樹脂製又は金属製又は木製の球体部材である、ことを特徴とする請求項7に記載の衣類用フード。

請求項9

前記フック部材は、前記第2紐を結んだ結び目である、ことを特徴とする請求項7に記載の衣類用フード。

請求項10

前記ストッパーは、樹脂製又は金属製又は木製の筒状部材である、ことを特徴とする請求項7ないし9のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項11

前記ストッパーは、前記フック部材の外径より小さく形成した前記第3紐通し部の一部である、ことを特徴とする請求項7ないし9のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項12

前記調節部材は、ダイヤル式操作部を有し、ダイヤルの回転に応じて前記第2紐を巻き取り、又は解放する部材である、ことを特徴とする請求項7ないし11のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項13

使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用のフードであって、フード本体に設けられ、前記開口の上側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第1紐通し部と、前記開口の下側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第2紐通し部と、前記第1紐通し部の下端及び前記第2紐通し部の上端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第1紐通し部と前記第3紐通し部には第1紐が配設され、前記第2紐通し部と前記第3紐通し部には第2紐が配設され、前記フード本体の後部には、前記第1紐及び前記第2紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第1紐の一端は前記第1紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第2紐の一端は前記第2紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第1紐及び前記第2紐には、それぞれフック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第1紐通し部及び前記第2紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする衣類用フード。

請求項14

前記フック部材は、樹脂製又は金属製又は木製の球体部材である、ことを特徴とする請求項13に記載の衣類用フード。

請求項15

前記フック部材は、前記第1紐を結んだ結び目である、ことを特徴とする請求項13に記載の衣類用フード。

請求項16

前記ストッパーは、樹脂製又は金属製又は木製の筒状部材である、ことを特徴とする請求項13ないし15のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項17

前記ストッパーは、前記リング状部材及び前記フック部材の外径より小さく形成した前記第3紐通し部の一部である、ことを特徴とする請求項13ないし15のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項18

前記調節部材は、ダイヤル式操作部を有し、ダイヤルの回転に応じて前記第1紐を巻き取り、又は解放する部材である、ことを特徴とする請求項13ないし17のいずれか1項に記載の衣類用フード。

請求項19

請求項1ないし18の何れか1項に記載の衣類用フードを備えた、ことを特徴とする衣類

技術分野

0001

本発明は、衣類用フード及びこれを備える衣類に関する。

背景技術

0002

従来より、レインコート防寒服等のフード付きの衣類には、顔面露出するフード開口の縁に沿って絞りが設けられ、当該絞り紐を締めることでフード開口の大きさを収縮できるようにし、例えば、風雨の際にフード開口の縁部を顔面に密着させるように収縮させて顔面への雨風の侵入を防止できるように構成されている。特許文献1が開示するフードにおいては、フード開口の縁に沿って延設した絞り紐の一端がフードの上端又は下端に固定され、上端から下端、又は下端から上端において折り返され、その後、側頭部から後方に延びるように設けられている。当該フードは、後頭部に設けた調節具によって絞り紐を締める操作によって、フード開口の上下部分が同時に絞られるようになっている。

先行技術

0003

実用新案登録第3189088号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上述したフードの締め付け構造では、フードの上側(額側)部分と下側(顎側)部分が同時に収縮するものであり、例えば上側のみを収縮させたい場合には対応できず、更には、側頭部側が十分に絞れない、と言う問題がある。

0005

本発明は、使用者の様々なニーズに応じて、フードの開口上側部分、フードの開口下側部分、及びフードの側面部分(側頭部分)の各部分を、簡単な操作によって、必要な箇所のみ、又は必要な箇所を段階的に収縮させることができる衣類用フード、及びそれを備えた衣類を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

また上記目的を達成するため、本願の第一の発明は、使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用のフードであって、フード本体に設けられ、前記開口の上側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第1紐通し部と、前記第1紐通し部の下端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第1紐通し部と前記第3紐通し部には第1紐が配設され、前記フード本体の後部には、前記第1紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第1紐の一端は前記第1紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第1紐には、フック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第1紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする。

0007

また上記目的を達成するため、本願の第二の発明は、使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用のフードであって、フード本体に設けられ、前記開口の下側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第2紐通し部と、前記第2紐通し部の上端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第2紐通し部と前記第3紐通し部には第2紐が配設され、前記フード本体の後部には、前記第2紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第2紐の一端は前記第2紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第2紐には、フック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第2紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする。

0008

さらに上記目的を達成するため、本願の第三の発明は、使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用のフードであって、フード本体に設けられ、前記開口の上側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第1紐通し部と、前記開口の下側半分の左右それぞれの縁部に沿って延びる第2紐通し部と、前記第1紐通し部の下端及び前記第2紐通し部の上端に連結すると共に、前記フード本体の左右側面に沿って延びる第3紐通し部とを有し、前記第1紐通し部と前記第3紐通し部には第1紐が配設され、前記第2紐通し部と前記第3紐通し部には第2紐が配設され、前記フード本体の後部には、前記第1紐及び前記第2紐を巻き取り又は解放する調節部材を有し、前記第1紐の一端は前記第1紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第2紐の一端は前記第2紐通し部の終端に固定され、他端は前記調節部材に固定され、前記第1紐及び前記第2紐には、それぞれフック部材が固定され、前記第3紐通し部の前記第1紐通し部及び前記第2紐通し部と連結する部分に、前記フック部材が前記調節部材側へ移動することを規制するストッパーを有する、ことを特徴とする。

発明の効果

0009

本願の第一発明によれば、調節部材の操作によって、まずはフード本体の開口の上側を収縮させ、この開口上側のみの一定収縮で十分な場合には、調節部材の操作を停止し、更にフード側面も収縮させたい場合には、調節部材を更に操作することにより、開口上側に続いてフード側面も段階的に収縮させることができる。

0010

また本願の第二発明によれば、調節部材の操作によって、まずはフード本体の開口の下側を収縮させ、この開口下側のみの一定収縮で十分な場合には、調節部材の操作を停止し、更にフード側面も収縮させたい場合には、調節部材を更に操作することにより、開口下側に続いてフード側面も段階的に収縮させることができる。

0011

また本願の第三発明によれば、調節部材の操作によって、まずはフード本体の開口上側と開口下側を同時に収縮させ、この上側及び下側の収縮で十分な場合には、調節部材の操作を停止し、更にフードの側面も収縮させたい場合には、調節部材を更に操作することにより、開口に続いてフードの側面も段階的に収縮させることができる。

0012

以上のとおり、本願の各発明によれば、使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用フードにおいて、開口の上側半分、開口の下側半分、フードの側面の3つの箇所を、簡単な構成により、使用者の要求に応じて必要な箇所のみ、又は更に必要な箇所を段階的に収縮させて、顔面にフィットさせることができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の第一実施形態に係る衣類1の一部を含む外観図
本発明の第一実施形態に係るフード10の正面図。
本発明の第一実施形態に係るフード10の側面図。
本発明の第一実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第一実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第一実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第二実施形態に係るフード110の側面における内部を示す図。
本発明の第二実施形態に係るフード110の側面における内部を示す図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の正面図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の側面図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の側面における内部を示す図。
本発明の第三実施形態に係るフード10の変形例を示す図。
本発明の第四実施形態に係るフード110の正面図。
本発明の第四実施形態に係るフード110の側面図。
本発明の第四実施形態に係るフード110の側面における内部を示す図。
本発明の第四実施形態に係るフード110の側面における内部を示す図。
本発明の第四実施形態に係るフード110の側面における内部を示す図。

実施例

0014

以下、本発明の実施形態につき、適宜図面を参照して説明する。なお、図面における共通する構成要素には同一の参照符号が付されている。

0015

図1は、本発明に係る衣類用フード(以下、フード)が適用される衣類1の一部を含む外観図である。衣類1は、例えば、レインコート又は防寒服等であり、本発明に係るフード10を備える。フード10は、衣類1の本体から着脱可能に構成することができ、又は、衣類1と一体に形成することもできる。

0016

本発明の第一実施形態について、図2〜6を用いて説明する。
図2は、第一実施形態に係るフード10の正面図であり、図3は、同じくフード10の側面図であり、図4は、同じくフード10の側面における内部を示す図である。フード10は、図示するように、使用者の頭部を覆う形状を有し、かつ使用者の顔面に対応する開口20を有するフード本体12と、当該開口20の周縁、及び側部に形成された紐通し部22と、当該紐通し部内に通される第1紐14、及び第2紐16と、フード本体12の後方に設けられ、第1紐を巻き取り、又は解放する調節具18(調節部材)と、を備えている。

0017

紐通し部22は、図4に示すように、フード本体12の開口20の上側半分(顔面の額側)の左右それぞれの縁部に沿って略上下方向に延びる一対の第1紐通し部22aと、開口20の下側半分(顔面の顎側)の左右それぞれの縁部に沿って略上下方向に延びる一対の第2紐通し部22bと、第1紐通し部22aの下端及び第2紐通し部22bの上端と連結すると共に、フード本体12の左右それぞれの側面において略前後方向に延びる一対の第3紐通し部22cから構成されている。紐通し部22は、例えば、複層構造(例えば、表地裏地の2層構造)を有するフード本体12の内部において袋状に形成され、第1紐14及び第2紐16が収容配設され、各紐の移動経路として機能する。

0018

なお上記の例において、紐通し部22は、第1紐通し部22a及び第2紐通し部22bが略上下方向に連続して繋がるように設けられているが、例えば、第1紐通し部22a及び第2紐通し部22bが連続して繋がらず、第3紐通し部22cの異なる位置に連結するように構成しても良い。更に、左右に分割された第3紐通し部22cを、フード本体12の後方において連結し、1つの連続した第3紐通し部22cとして構成しても良い。

0019

第1紐14は、図示するように、第一紐通し部22a及び第3紐通し部22c内に配設されており、一端は、第一紐通し部の終端に固定され、他端は調節具18に連結固定されている。

0020

また、第1紐14は、紐通し部22の内部において、第2紐16に連結固定されたリング状部材24の孔24aに通されており、第1紐14には、当該リング状部材24よりも第1紐通し部22aの終端側(開口20の上端側)に、フック部材6が固定されている。

0021

本実施形態では、フック部材6は、第1紐14を結んだ結び目として構成されており、当該結び目の外径は、リング状部材24の孔24aの内径よりも大きく、この結果、フック部材26は、リング状部材24に引っ掛かるようになっている。なおフック部材26は、上記の結び目に代えて、樹脂製、金属製、木製等の球体形状物であっても良く、更には、内部に第1紐14を挿通可能なコードストッパーとしてもよい。コードストッパーとは、例えば、特開平11−99008号公報や特開2012−217540号公報に開示されているように、その内部に紐を係止可能に挿通することができるものである。フック部材26をコードストッパーとすることにより、第1紐14の任意の位置にフック部材26を移動させて固定することができる。

0022

一方、第2紐16は、図示するように、第2紐通し部22b内に配設されており、一端は、第2紐通し部22bの終端に固定され、他端には上記したリング状部材24が固定されている。

0023

調節具18は、フード本体12の後端後頭部付近)に設けられており、前述のとおり、第1紐14が、巻き取り又は解放可能に固定されている。調節具18はダイヤル式であり、使用者によるダイヤル回転操作に応じて、第1紐14が、巻き取り又は解放されるようになっている。また、調節具18は、ラチェット式になっており、第1紐14を巻き取る際は逆回転しないようになっている。巻き取った第1紐14を解放する際には、ボタン等の操作によってラチェット解除すれば良い。

0024

次に、上記のように構成された第一実施形態におけるフード10を、使用者の顔面にフィットさせる際の動作について説明する。使用者が、調節具18のダイヤルを回転操作して第1紐14を巻き取ると、第1紐14が、第3紐通し部22c、及び第1紐通し部22a内において調節具18側に引っ張られる。この結果、当該第1紐14が固定されている開口20の上端が下方向に引っ張られ、フード本体12の開口20の上側部分が収縮する(図5参照)。

0025

使用者のニーズが、フードの開口上側半分のみ、即ち、額側のみを収縮させたい場合には、ここで調節具18のダイヤル操作を停止し、フード本体12の開口上側のみを収縮させた状態を保持すれば良い。

0026

使用者のニーズが、フードの開口下側半分、即ち、顎側も収縮させたい場合には、調節具18のダイヤル操作を引き続き継続する。すると、第1紐14が更に調節具18側に引っ張られて移動すると同時に、第1紐14に固定されたフック部材26が第2紐16に固定されたリング状部材24と当接することにより、第2紐16が第1紐14と連動して調節具18側に引っ張られる(図6参照)。第2紐16の一端は、第2紐通し部22bの終端側に固定されているため、フード本体12の開口下側半分(顎側部分)も収縮する。

0027

以上のとおり、第一実施形態におけるフード10によれば、調節具18のダイヤル操作により、最初は(フック部材26がリング状部材24に引っ掛かるまでは)、開口20の上側部分(額付近)だけが収縮し、さらに調節具18のダイヤル操作を続けることで、開口20の下側部分(付近)も収縮するように構成されている。従って、使用者は、調節具18を操作することにより、自らの必要性(ニーズ)に応じて、開口20の上側半分だけを収縮させるか、或いは開口20の上側半分に続いて下側半分も収縮させるかを、段階的に行うことができる。

0028

なお、前記のとおりフック部材26をコードストッパーとすれば、第1紐14の任意の位置にフック部材26を移動固定できるため、開口20の収縮量を調整することができる。

0029

次に、図7〜8に基き、本発明の第二実施形態について説明する。
第二実施形態が、上記した第一実施形態と相違する点は、フード10の開口20に加えて、側面(側頭部側)も段階的に収縮できる点である。
図7は、第二実施形態に係るフード本体10の側面における内部を示す図である。第二実施形態において、フードの側面の収縮動作は、第3紐通し部22cに、リング状部材24及びフック部材26が調節具18側へ移動することを規制するストッパー128を設けることによって実現している。

0030

本実施形態において、ストッパー128は、樹脂製或いは金属製等からなる筒状体であり、外周面の一部が第3紐通し部22cの前後方向略中央よりも前方位置に固定されている。本実施形態によれば、ストッパー128は、例えば、フード本体12に接着剤を用いて固定したり、或いは縫い付けられて固定されている。

0031

上記のように構成された第二実施形態に係るフードの動作について説明する。使用者による調節具18のダイヤル操作に基づいて、開口20の上側、及び下側の段階的収縮動作は、上記第一実施形態と同様であるが、開口20の上側及び下側が収縮した後、使用者が更にフードの側面も収縮させたい場合には、更にダイヤルの回転操作を継続する。すると、図8に示すように、第1紐14に固定されたフック部材26がリング状部材24を引っ掛かけた状態でストッパー128に当接し、それ以降の移動が規制されるため、使用者が更にダイヤル操作を継続すると、ストッパー128と調節具18との間、即ち、フード本体10の側面が収縮するようになる。

0032

なお、上記実施形態におけるストッパーは、樹脂製或いは金属製等からなる筒状体としたが、第3紐通し部22cによっても代替可能である。即ち、第3紐通し部の径を、少なくとも第1及び第2紐通し部と連結する部分において小さく構成し、リング状部材24及びフック部材26が第3紐通し部の入り口で規制され、第3紐通し部内に入らずに、引っ掛かる大きさとすれば良い(図示せず)。こうすることで、別体の筒状体をわざわざ第3紐通し部に設ける必要がない。

0033

以上、本発明の第二実施形態によれば、使用者が調節具18のダイヤルを回転操作して第1紐14を巻き取ると、まずはフード本体10の開口20の上側が収縮し、更にダイヤル操作を継続すれば、開口20の下側が収縮し、更にダイヤル操作を継続すれば、フードの側面(側頭部)が収縮する。即ち、第二実施形態によれば、使用者のニーズに応じて、フード本体の開口上側のみ、或いは開口上側と開口下側、更には側面と、フードの3つの箇所を段階的に収縮させることができる。

0034

次に、図9〜14に基き、本発明の第三実施形態について説明する。
第三実施形態が上記した第一、第二実施形態と相違する点は、フード本体12の開口20の上側と側面を段階的に収縮させる点である。図9は、フード10の正面図であり、図10は、同じくフード10の側面図であり、図11は、同じくフード10の側面における内部を示す図である。

0035

本実施形態に係る紐通し部22が、上記した第一、第二実施形態と相違する点は、図11に示すように、フード本体12の開口20の上側半分の左右それぞれの縁部に沿って略上下方向に延びる一対の第1紐通し部22aと、第1紐通し部22aの下端と連結すると共に、フード本体12の左右それぞれの側面において略前後方向に延びる一対の第3紐通し部22cの2つから構成される点である。

0036

第一紐通し部22aと第3紐と通し部22cとの交点には、第二実施形態と同様のストッパー128が設けられている。ストッパー128は、フード10の側面から見て略扇形輪郭を有し、第1紐通し部22a側と第3紐通し部22c側にそれぞれ向けられた孔部を有すると共に扇形の円弧に沿って延びる貫通孔25を有する。ストッパー128は、樹脂製、金属製等からなり、例えば、フード本体12に接着剤を用いて固定したり、或いは縫い付けられて固定されている。

0037

第1紐14には、第一、第二実施形態と同様にフック部材26が固定されており、調節具18のダイヤル回転操作によって移動し、フック部材26がストッパー128に当接して引っ掛かるように構成されている。

0038

上記のように構成された第三実施形態に係るフード10の動作は、図12図13に示すとおり、使用者が、調節具18を回転操作して第1紐14を巻き取ると、第1紐14が調節具18側に引っ張られることにより、開口20上側が収縮する(図12参照)。

0039

使用者が、フードの開口上側のみの収縮させたい場合には、ここでダイヤル操作を終了する。また使用者が、更にフードの側面も収縮させたい場合には、引き続きダイヤルを回転操作することで、フック部材26がストッパー128に当接した後、図13に示すように、フード本体の側面(側頭部)が段階的に収縮する。

0040

なお、上記実施形態におけるストッパーは、樹脂製或いは金属製等からなる部材としたが、第二実施形態と同様に、少なくとも第3紐通し部22cが第1紐14と連結する部分において、第3紐通し部22cの径を小さくすることよっても代替可能である(図示せず)。また、フック部材も、第一、第二実施形態と同様に、コードストッパーとしても良い。

0041

また、上記実施形態におけるストッパー128は、第1紐通し部22a及び第3紐通し部22cの交点付近に設けたが、紐通し部22の任意の部分に設けても良い。例えば、図14に例示するように、筒状体で構成し、第1紐通し部22aの下側(22aと22cの交点の上方)に設けても良い。

0042

以上、本発明の第三実施形態によれば、使用者が調節具18のダイヤルを操作して第1紐14を巻き取ると、まずはフード本体10の開口上側が収縮し、更にダイヤル操作を継続すれば、側面を収縮するように出来る。即ち、第三実施形態によれば、使用者のニーズに応じて、フード本体の開口上側のみ、更には開口上側に続いて側面を段階的に収縮させることができる。

0043

次に、本発明の第四実施形態について説明する。第四実施形態は、上記した第三実施形態の開口20の上側に変えて、開口20の下側と側面を収縮させるようにしたものであり、第三実施形態を上下逆さに構成したものである。本実施形態については特に図示しないが、図20を参照されたい。

0044

本実施形態に係る紐通し部22は、フード本体12の開口20の下側半分の左右それぞれの縁部に沿って略上下方向に延びる一対の第2紐通し部22aと、第2紐通し部22aの上端と連結すると共に、フード本体12の左右それぞれの側面において略前後方向に延びる一対の第3紐通し部22cの2つから構成される。ストッパー及びフック部材、調節具の構造は、第三実施形態と同じである。

0045

本発明の第四実施形態によれば、使用者が調節具18のダイヤルを操作して第2紐14を巻き取ると、まずはフード本体10の開口下側が収縮し、更にダイヤル操作を継続すれば、側面を収縮するように出来る。即ち、第四実施形態によれば、使用者のニーズに応じて、フード本体の開口下側のみ、更には開口下側に続いて側面を段階的に収縮させることができる。

0046

次に、図15〜19に基き、本発明の第五実施形態について説明する。
第五実施形態が、上記第一〜第四実施形態と異なる点は、フード本体12の開口上側及び開口下側を同時に収縮させ、その後、側面を段階的に収縮させる構成である。図15は、本実施形態におけるフード10の正面図であり、図16は、同じくフード10の側面図であり、図17は、同じくフード10の側面における内部を示す図である。

0047

本実施形態における紐通し部22は、図15〜19に示すように、第一、第二実施形態と同様の構成である。本実施形態が第一、第二実施形態と相違する点は、第2紐16が、第一紐14と同様に、一端が第2紐通し部22bの終端に固定され、他端が調節具18に固定されている点、及び第2紐16にも第1紐14と同様にフック部材126が固定されており、第1紐に固定されたフック部材26とともに、一つのストッパー124に当接する点である。

0048

ストッパー124は樹脂製或いは金属製等からなり、図17に示すとおり、第1紐14と第2紐16が第1紐通し部及び第2紐通し部から挿入され、かつ同方向に合流して第3紐通し部から調節具18に導くT字形の孔を有する構造となっている。なお、ストッパー124は、第1紐及び第2紐のそれぞれに対応する2つのストッパーで構成しても良い(例えば、第二実施形態で示したストッパーを2つ用いる)。

0049

なお、第1紐14、第2紐16は、調節具18に固定する側において接着剤等で接着して1本の紐とし、一本の紐となった部分を調節具18に固定しても良い。また、2本の紐を途中で結んで同時に引っ張れるようにしても良い。更には、2本の紐を金属線等で途中でカシメて、同時に引っ張れるようにしても良い。また、第1紐14に固定されたフック部材26とストッパー124との距離、及び第2紐16に固定されたフック部材126とストッパー124との距離は、略同一となっている。また、フック部材の構造は、第一〜第四実施形態で示したものと同様である。

0050

上記のように構成された第五実施形態に係るフード10の動作を、図18、19に基づいて説明する。まず使用者が、調節具18のダイヤルを回転操作して第1紐14及び第2紐16を巻き取ると、第1紐14及び第2紐16が同時に引っ張られることにより、開口20の上側及び下側が同時に収縮する(図18参照)。

0051

使用者が、フードの開口上側及び下側のみを収縮させた場合には、この段階でダイヤル操作を停止すれば良い。使用者が、更にフードの側面も収縮させたい場合には、更にダイヤル操作を継続する。すると、第1紐及び第2紐にそれぞれ固定されているフック部材26がストッパー124に当接し、その移動が規制されるため、ストッパー124が調節具18側に引っ張られ、フードの側面が収縮する(図19参照)。

0052

以上のとおり、第五実施形態に係るフード10によれば、調節具18のダイヤル操作により、開口20の上側及び下側が同時に収縮し、更にダイヤル操作を継続することにより、側面が収縮するように構成されおり、使用者は、調節具18のダイヤルを回転操作することにより、フードの開口上側及び開口下側の収縮と、更には側面の収縮を段階的に行うことができる。

0053

なお、上記実施形態におけるストッパーは、樹脂製或いは金属製等からなる部材としたが、第二〜四実施形態と同様に、少なくとも第3紐通し部22cが第1紐14と連結する部分において、第3紐通し部22cの径を小さくすることよっても代替可能である(図示せず)。また、フック部材も、第一〜三実施形態と同様に、コードストッパーとしても良い。

0054

以上、本発明に係る第一〜第五実施形態について説明したが、本発明の実施形態は、上述した各実施形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲内で様々な変更が可能である。例えば、左右一対の第1紐14、第2紐16は、開口の上部(頂部)又は下部(底部)で連結して1本の紐として構成することもできる。更に、リング状部材24、フック部材26、ストッパー128の構造、形状、配置等は例示であって、様々な変更が可能である。

0055

また上記各実施形態では、調節具18がダイヤルの回転操作に応じて第1紐、第2紐を巻き取り又は解放するように構成したが、これに限定されず、例えば、手動で紐を引っ張り、コードストッパーで固定するなど、適宜の構成であっても良い。本明細書においては、手動で引っ張ってコードストッパーで固定する調節具であっても、巻き取り又は解放の範囲と定義する。

0056

また、第三実施形態と第四実施形態と合体させ、2つの調節具によって開口の上側半分と下側半分と、それぞれ独立して収縮させるように構成しても良い。

0057

以上のとおり、本発明に係る衣類用フードによれば、使用者の顔面に対応する開口の上側半分、下側半分、及び側面(側頭部)のそれぞれを、簡単な構成によって使用者のニーズに応じて段階的に収縮させることができる。

0058

また、以上説明した衣類用フードは、各種の衣類に適用される。

0059

1衣類
10フード
12 フード本体
14 第1紐
16 第2紐
18調節具
20 開口
22紐通し部
22a 第1紐通し部
22b 第2紐通し部
22c 第3紐通し部
24リング状部材
26フック部材
128 ストッパー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ