図面 (/)

技術 型枠用不織布シート及びそれを取り付けた型枠

出願人 馬場茂アイエスティー株式会社株式会社アクト
発明者 馬場茂
出願日 2018年1月23日 (3年0ヶ月経過) 出願番号 2018-009151
公開日 2019年8月1日 (1年6ヶ月経過) 公開番号 2019-127722
状態 特許登録済
技術分野 積層体(2) 不織物 建築現場における取りはずす型枠、補助部材
主要キーワード 排気層 回転軸挿 工期延長 現場組み立て 積層境界 試験回転数 斜め形状 サンダー掛け
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年8月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

打設されたコンクリート構造物の表面を平滑な面で、ピンホールアバタクラック等の無い平坦面とし得る透水性のある型枠用シート及びそれを用いた型枠を提供する。

解決手段

不織布原反圧縮成形した一体的な型枠用不織布シート10であって、表層10aの繊維密度裏層10bの繊維密度よりも大きく、表層の表面に位置する熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して表面の粗さの平均偏差が裏面の平均偏差よりも小さい。表層の表面の粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmである。さらに、不織布シート全体の透水係数(JIS A 1218)が、1.0×10−2〜1.0×10−4である。

概要

背景

コンクリート構造物を製造するコンクリート打設時には、例えば離間対向配置して固定した複数枚型枠で囲まれた空間内に流動状のコンクリート混合物流し込み、その状態でコンクリート混合物が硬化する(水和反応)のを待ってから型枠を外し、コンクリート構造物を露出させる。
このコンクリート打設時において、流動状のコンクリート混合物の余剰水や空気が外部に排出されないと、製造されたコンクリート構造物の表面に、ピンホールアバタクラック等が形成される。
その結果、コンクリート強度落ち酸性雨排気ガスなどに対する耐性が弱くなる。
また、コンクリート構造物の表面に、ピンホール、アバタ、クラック等があると、コンクリート表面の補修塗装費用と手間がかかる。このため、表面に、ピンホール、アバタ、クラック等がなく、高品質、高緻密(つるつるの状態)であることが好ましい。

そこで、従来よりコンクリート混合物中の余剰水や空気を外部へ排出・通気させるため、型枠のコンクリート側内面型枠用シートを取り付け、その型枠用シートを通してコンクリート混合物中の余剰水や空気を外部へ排出・通気させる型枠用シートあるいは型枠が開示されている(例えば、特許文献1,2参照)。

特許文献1に記載の型枠用シートは、透水層通気層排水層とが積層されており、通気層が透水層上に或る間隔を空けてスポット状に隆起させたスペーサである構造で、透水層側をコンクリートに接するように排気層の裏面を型枠に貼付する。これにより、打設されるコンクリート混合物中の余剰水や空気は透水層に取り込まれ、更に通気層を通ってシートの外部へ排出される。

特許文献2に記載の型枠用シートは、熱可塑性を有するテープ状フィルムを織って構成した補強シートを内面に埋設して得られる非吸収性の不織布用繊維主体とした不織布の表面に不織布用繊維を間に介在させて上記補強用シートと相溶した薄膜を形成し、その薄膜全面に小孔穿設した構造とし、打設したコンクリートの水分を薄膜の小孔から吸い取り、不織布から下方に排出するようにしている。

概要

打設されたコンクリート構造物の表面を平滑な面で、ピンホール、アバタ、クラック等の無い平坦面とし得る透水性のある型枠用シート及びそれを用いた型枠を提供する。不織布原反圧縮成形した一体的な型枠用不織布シート10であって、表層10aの繊維密度裏層10bの繊維密度よりも大きく、表層の表面に位置する熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して表面の粗さの平均偏差が裏面の平均偏差よりも小さい。表層の表面の粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmである。さらに、不織布シート全体の透水係数(JIS A 1218)が、1.0×10−2〜1.0×10−4である。

目的

本発明は以上の点に鑑みなされたもので、打設されたコンクリート構造物の表面を従来に比べより一層平滑な面で、かつ、、ピンホール、アバタ、クラック等の無い平坦面とし得る透水性のある型枠用シート及び型枠を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

不織布原反圧縮成形した一体的な型枠用不織布シートであって、表層の繊維密度裏層の繊維密度よりも大きく、表層の表面に位置する熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して、表層の表面の粗さの平均偏差が裏面の平均偏差よりも小さいことを特徴とする型枠用不織布シート。

請求項2

前記表層の表面の粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmであることを特徴とする型枠用不織布シート。

請求項3

前記不織布シート全体の透水係数(JISA1218)が、1.0×10−2〜1.0×10−4であることをことを特徴とする請求項1又は2に記載の型枠用不織布シート。

請求項4

前記不織布シートの裏層の表面に、粘着剤を介して離型部材を積層したことを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の型枠用不織布シート。

請求項5

前記粘着剤は、さらに、カットファイバを添加したものであることを特徴とする請求項4に記載の型枠用不織布シート。

請求項6

前記不織布原反の熱可塑性樹脂繊維が、溶融温度が芯の溶融温度よりも高い芯鞘構造合成樹脂であることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の型枠用不織布シート。

請求項7

前記請求項1〜6のいずれかに記載の型枠用不織布シートの裏層が型枠の表面に当接するように取り付けられたものであることを特徴とするコンクリート打設用型枠

請求項8

前記請求項4に記載の型枠用不織布シートの離型部材が型枠の表面に当接するように取り付けられたものであることを特徴とするコンクリート打設用型枠。

技術分野

0001

本発明は型枠用不織布シート及びそれを取り付けた型枠係り、特にコンクリート打設時に用いる型枠用の不織布シート、及びそれを取り付けた型枠に関する。

背景技術

0002

コンクリート構造物を製造するコンクリート打設時には、例えば離間対向配置して固定した複数枚の型枠で囲まれた空間内に流動状のコンクリート混合物流し込み、その状態でコンクリート混合物が硬化する(水和反応)のを待ってから型枠を外し、コンクリート構造物を露出させる。
このコンクリート打設時において、流動状のコンクリート混合物の余剰水や空気が外部に排出されないと、製造されたコンクリート構造物の表面に、ピンホールアバタクラック等が形成される。
その結果、コンクリート強度落ち酸性雨排気ガスなどに対する耐性が弱くなる。
また、コンクリート構造物の表面に、ピンホール、アバタ、クラック等があると、コンクリート表面の補修塗装費用と手間がかかる。このため、表面に、ピンホール、アバタ、クラック等がなく、高品質、高緻密(つるつるの状態)であることが好ましい。

0003

そこで、従来よりコンクリート混合物中の余剰水や空気を外部へ排出・通気させるため、型枠のコンクリート側内面に型枠用シートを取り付け、その型枠用シートを通してコンクリート混合物中の余剰水や空気を外部へ排出・通気させる型枠用シートあるいは型枠が開示されている(例えば、特許文献1,2参照)。

0004

特許文献1に記載の型枠用シートは、透水層通気層排水層とが積層されており、通気層が透水層上に或る間隔を空けてスポット状に隆起させたスペーサである構造で、透水層側をコンクリートに接するように排気層の裏面を型枠に貼付する。これにより、打設されるコンクリート混合物中の余剰水や空気は透水層に取り込まれ、更に通気層を通ってシートの外部へ排出される。

0005

特許文献2に記載の型枠用シートは、熱可塑性を有するテープ状フィルムを織って構成した補強シートを内面に埋設して得られる非吸収性の不織布用繊維主体とした不織布の表面に不織布用繊維を間に介在させて上記補強用シートと相溶した薄膜を形成し、その薄膜全面に小孔穿設した構造とし、打設したコンクリートの水分を薄膜の小孔から吸い取り、不織布から下方に排出するようにしている。

先行技術

0006

特開2012−255323号公報(前田工繊(株))
特開2000−204756号公報

発明が解決しようとする課題

0007

型枠の表面から水や空気が排出されないと、型枠とコンクリートの間に空間が生じ、コンクリート構造物の表面にピンホールやアバタが形成され、塗装仕上げの場合は、必ず左官工の下地処理が発生する。例えば、塗装仕上げの場合、サンダー掛け清掃、表面吸水調整剤塗布、ピンホール、アバタ、クラック補修の後、全面セメントフィラー下塗り、乾燥後、全面セメントフィラー上塗仕上げ、などの下地処理である。このような作業に、工期延長コスト増加が発生する。
また、セメント系の材質施工後に収縮クラックが発生し事故にもつながることから、数年後に補修の必要性が生ずる事が多々起きている。
しかしながら、特許文献1記載の透水性のある型枠用シートによれば、コンクリート混合物の表面が透水層に接するが、透水層はポリエステル織布等により構成されており、また裏面に接着された通気層が点状に隆起したスペーサ部から形成されていることもあり、打設されたコンクリートの表面はざらざらしており平滑面でなく、不織布の粗い表面がそのままコンクリート構造物に転写され表面はざらざらし平滑面とはなっていない。

0008

特許文献2記載の透水性のある型枠用シートでは、コンクリート混合物の表面が接するポリプロピレン製透水薄膜には小孔が多数穿設された構造であるため、打設されたコンクリートの表面は平滑面でないという問題点がある。
また、上記の従来の型枠用シートは、打設されるコンクリート構造物の表面が基準面(例えば地面)に対して垂直な表面とする型枠に使用する場合に限らず、基準面に対して斜めの表面を有するハンチ構造や上向き等の表面を有するコッター構造のコンクリート打設時の型枠に使用する場合もある。

0009

ハンチ構造やコッター構造の型枠の形状が垂直面用の型枠に比べてコンクリート混合物の余剰水や空気の排出が十分得られる形状でなく、打設されたコンクリート構造物の表面を平滑面にするのには十分ではないという問題点もある。
なお、ハンチ構造とは、斜め形状で打設するコンクリート構造コンクリート建造物補強用として使用されているものをいう。コッター構造とは、PC製品現場組み立て時のジョイント補強窪み形状で、斜めや上向き形状になっているものをいう。

0010

本発明は以上の点に鑑みなされたもので、打設されたコンクリート構造物の表面を従来に比べより一層平滑な面で、かつ、、ピンホール、アバタ、クラック等の無い平坦面とし得る透水性のある型枠用シート及び型枠を提供することを目的とする。
さらに、従来行っていた左官工の下地処理を必要とせず、大幅なコスト削減と、工期短縮生産性向上に貢献でき、セメントフィラーのクラック、ひび割れ発生率が大きく減少し、塗装仕上げの長寿命化も実現する型枠用シート及び型枠を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0011

(1)本発明の型枠用不織布シートは、不織布原反圧縮成形した一体的な型枠用不織布シートであって、
表層の繊維密度裏層の繊維密度よりも大きく、
表層の表面に位置する熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して、表層の表面の粗さの平均偏差が裏面の平均偏差よりも小さく、表層の表面の粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmであることを特徴とする。
(2)本発明の型枠用不織布シートは、上記(1)において、
前記不織布シート全体の透水係数(JIS A 1218)が、
1.0×10−2〜1.0×10−4であることをことを特徴とする。
(3)本発明の型枠用不織布シートは、上記(1)又は(2)において、
前記不織布シートの裏層の表面に、粘着剤を介して離型部材を積層したことを特徴とする。
(4)本発明の型枠用不織布シートは、上記(3)において、
前記粘着剤は、さらに、カットファイバを添加したものであることを特徴とする。
(5)本発明の型枠用不織布シートは、上記(1)〜(4)において、
前記不織布原反の熱可塑性樹脂繊維が、
溶融温度が芯の溶融温度よりも高い芯鞘構造合成樹脂であることを特徴とする。
(6)本発明のコンクリート打設用型枠は、上記(1)〜(5)のいずれかに記載の型枠用不織布シートの裏層が型枠の表面に当接するように取り付けられたものであることを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明の型枠用不織布シートは、不織布原反を圧縮成形した一体的なシートを、表層の繊維密度が裏層の繊維密度よりも大きく、表層の熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着した表面粗さの平均偏差が裏層の表面粗さよりも小さく、表層の表面粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmとしたので表層は平滑性に優れており、打設されたコンクリート構造物の表面は、従来の型枠用不織布シートを用いたものに比べより一層平滑な面で、ピンホール、アバタ、クラック等の殆ど無い平坦で、かつ、高密度の表面とすることができるので、耐摩耗性が高いコンクリート構造物が得られるという効果がある。すなわち、コンクリート構造物は、表面キズがつきにくく、クラックの発生が低減され、酸性雨などの滲入が軽減され、コンクリートアルカリ性中性化遅延される。
この結果、コンクリート構造物中鉄筋の錆が抑制され、建築物耐久性が向上する。
さらに、コンクリート構造物の表面を平滑とする事により、直接表面塗装仕上げが可能となり、従来の、ピンホール、アバタ、クラック補修など左官作業の軽減化となり、左官工費と材料の低減化が実現できる。
さらに、表層は熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して表面粗さが小で繊維密度が大であり、その下の裏層は不織布原反が有している空隙を残した繊維密度が小の2層構造であるので、打設コンクリートからの透水性や保水性に優れ、繰り返し使用することも可能である。

図面の簡単な説明

0013

本発明に係る型枠用不織布シートの実施形態の断面図((a))であり、(b)は不織布原反の概略断面図である。
図2(a)は、粘着層15を介して離型部材16を型枠用不織布シート10の裏層10bに設けた(離型部材付きシート11)状態を示す断面図であり、図2(b)は、離型部材付きシート11の離型部材16を剥がした状態(離型部材なしシート11a)で、粘着層15と型枠30の表面とが当接するように取り付けられ留められている状態を示す断面図であり、図2(c)は、離型部材付きシート11の離型部材16を剥がさない状態で、離型部材16と型枠30の表面とが当接するように取り付け、部分的に粘着テープで型枠に留めるようにした状態を示す、離型部材付きシート11の型枠への取り付け方法を示す概略説明図である。
離型部材付きシート11の製造方法を示す概略説明図である。

実施例

0014

<型枠用不織布シートの説明>
図面を用いて、本発明の実施形態に係る型枠用不織布シートについて説明する。
図1(a)は実施形態の型枠用不織布シート10の断面図(写真)であり、(b)は不織布原反20の断面図(写真)である。
なお、図1の断面写真において、表層10aと裏層10bの繊維密度の違いが分かるように、すなわち、不織布の繊維と繊維と、その間に存在する空隙の区別がよく分かるように、繊維部分黒インクで着色してある。

0015

図1から、本実施形態の型枠用不織布シート10は、表層10aの繊維密度が裏層10bの繊維密度よりも大きく(空隙が少ない)、表層10aの熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して表面粗さの平均偏差が裏層10bの表面粗さの平均偏差よりも小さく、表層10aの表面粗さは平均偏差で0.50〜4.80μmである。
表層10aの表面粗さが平均偏差で4.80μmを超えたものは表面が粗く、転写されるコンクリート構造物の表面のピンホール、アバタ、クラック等が大きくなり平滑性が失われる。一方で、表層10aの表面粗さが平均偏差で0.5μm未満の場合は、表層10aのフィルム化が進み目詰まり状態となり、打設したコンクリートからの余剰水の排水が阻害されるおそれがある。
なお、表面粗さの測定方向縦方向原反長手方向)に沿って行った。

0016

<一体もの>
図1(a)の断面図に示すように、本実施形態の型枠用不織布シート10は、積層されたものではない一体的な型枠用不織布シートである。積層型にすると、積層境界接着剤などが存在し、打設したコンクリートからの余剰水の排水を阻害するので好ましくない。

0017

<透水性>
また、本実施形態の型枠用不織布シート10は全体としての透水性も重要である。
すなわち、透水係数(JIS A 1218の測定法に基づく)が、1.0×10−2〜1.0×10−4であることが好ましい。透水係数が1.0×10−2 を超える場合は、打設コンクリートからの排水性は高まるが、保水機能がなくなる。透水係数が1.0×10−4 未満の場合は目詰まり状態であり、打設コンクリートの表面からの余剰水の排水ができなくなるからである。
ここで、透水係数とは、土中の間隙をぬって移動する水の移動しやすさを透水性と呼び、その程度を透水係数として表す。本発明では、型枠用不織布シートの余剰水の排水機能を判断する指標として透水係数を用いた。

0018

<不織布原反の繊維>
不織布原反20の繊維の原料としては、加熱によって繊維同士が融着する熱可塑性樹脂繊維を含むものであれば、その種類を問わない。また、融着後の繊維は、打設したコンクリートの仕上がり面を平滑面にする機能を満たすために、細い繊維径でそれぞれが熱融着されていて毛羽立ちしにくいことが求められる。

0019

芯鞘繊維
このような機能を満たす不織布原反の繊維としては、芯鞘型繊維を用いることも好ましい。芯鞘型繊維は、内層が高融点樹脂で、外層が内層よりも低融点の樹脂からなる芯鞘構造の繊維を用いた立体的繊維構造を有するものである。
芯鞘型繊維の溶融温度は、鞘成分高密度ポリエチレン芯成分結晶性ポリプロピレンであれば、130℃以上で繊維同士を接着をすることができる。このとき、不織布原反に圧力を加えることが接着性補助するので好ましい。
芯鞘型繊維を用いた不織布原反としては、例えばクラクラフレックス株式会社製の不織布「フェリベンディ」(登録商標)が好ましく挙げられる。
この繊維は、内層がポリエステルで、外層がエバールからなる芯鞘構造の繊維を用いており、145℃程度に加熱したロールで外層のエバールを溶融させて、表面粗さの小さいシートを得ることができて好ましい。

0020

<厚み>
型枠用不織布シートの厚みとしては特に規定するものではないが、型枠の形状やサイズが固定されており、厚いシートは仕上がり製品の厚みに著しく影響(断面欠損)するので、一般的には薄いシートが好ましい。一例としては、型枠が、幅60cm、高さ180cmの大きさ(2×6板)や幅90cm、高さ180cmの大きさ(3×6板)に、不織布原反を型枠の端部まで折り込んで、コンクリート混合物が侵入しないように留める使用形態に鑑みると、厚みは約0.1mm〜1.0mmのものが好ましい。

0021

<原反の厚み、目付量>
なお、型枠用不織布シートとして使用する不織布原反としては、その厚みや目付量を特に規定するものではないが、製造上の観点から、0.5mm〜5mm程度が望ましい。
それ以上厚くなると作業性が著しく悪くなるので、打設後のコンクリート構造物に応じて任意に厚みが決定される。
また、目付量は100g/m2〜300g/m2が望ましく、それ以上目付が高くなると作業性やコスト面で問題が発生する。

0022

<粘着層・離型部材>
また、本実施形態の型枠用不織布シートの裏層に離型部材を積層することもできる。これにより、型枠用不織布シートを型枠に簡易接合することができる。すなわち、不織布シートの裏層の表面に、粘着剤を介して離型部材を積層する。離型部材としては、紙、樹脂フィルム金属箔などが挙げられる。なお、離型部材は、全面穴無しでも、部分的に貫通孔が形成されていてもよい(例えばメッシュ部材など)。
本実施形態では、住化加工(株)製のクレープ紙型番:SL−72R)を用いた。
粘着剤としては、有機溶剤系、水系などその種類を特定するものではないが、原反との接合性を高めるためには有機溶剤系を用いるのが好ましい。本実施形態では、綜研化学(株)製のSKダイン(登録商標)1604Nを用いた。これは、固形分が40〜50質量%の酢酸エチルトルエンとを含んでいるアクリル酸エステル共重合物である。
離型部材上に塗工する塗工量としては、100〜500g/m2、好ましくは250〜300g/m2 とすることが好ましい。100g/m2 未満では粘着剤が少なすぎて、離型部材を不織布シートの裏層の表面に離型部材を十分な接合強度で積層できない。500g/m2 を超える場合は粘着剤が多すぎて無駄になる。

0023

<カットファイバ添加>
また、粘着剤には、さらに、カットファイバを添加することもできる。粘着剤には、無機系繊維ガラス繊維天然鉱物繊維など)、有機系繊維(各種高分子ポリマー繊維)の中から、径サイズや繊維長などが用途に応じて任意に選択されたフレキシブルなカットファイバが添加されていることが好ましい。型枠用不織布シートの不織布繊維にカットファイバが機械的に絡まり粘着剤が強く固定されるからである。
すなわち、粘着層に分散された繊維の絡み合いにより強い接合性を発現するので、小さな転圧力で、粘着層を確実に型枠用不織布シートの裏面に接合させることができる。
粘着剤に有機溶剤系を用いる場合は、例えばポリプロピレン製は溶剤による膨潤や溶解が起きるおそれがあるので、添加するカットファイバは無機系繊維が望ましい。
一方、粘着剤に水系エマルジョンを用いる場合は、添加するカットファイバはポリプロピレン等の高分子ポリマー繊維が望ましく使用できる。

0024

カットファイバの添加量は、粘着剤の乾燥後の固形分に対して1〜10質量%程度、好ましくは2〜3質量%とする。1質量%未満では少なすぎて機械的な絡み合いの効果が少なく、10質量%を超えた添加はカットファイバが多すぎて粘着剤の効果が薄れるからである。
本実施形態では、カットファイバとして、径13μm、長さ3mmのユージー基材(株)製のガラス繊維EO3Aを使用した。
このようなカットファイバを添加した粘着剤を、離型部材上に塗工する。

0025

<離型部材付きシート>
図2(a)は、粘着層15を介して離型部材16を型枠用不織布シート10の裏層10bに設けた(離型部材付きシート11)状態を示す断面図であり、図2(b)は、離型部材付きシート11の離型部材16を剥がした状態(離型部材なしシート11a)で、粘着層15と型枠30の表面とが接するように取り付けられ留められている状態を示す断面図である。

0026

図2(b)に示すように、流動状のコンクリート混合物31が離型部材なしシート11aの表層11a面に接するように流し込まれ、その状態でコンクリート混合物31が硬化するのを待つ。その後、型枠30が離型部材なしシート11aと共に外され、コンクリート構造物を露出させる。
図2(b)に示すように、コンクリート打設時において、流動状のコンクリート混合物31の余剰水や空気は離型部材なしシート11aに吸い取られる。
打設されたコンクリート面が垂直面の場合は、離型部材なしシート11aに吸い取られた余剰水は、裏層10bに形成されている空隙を縫って重力下端から外部へ排出され、空気は上方へ抜ける。
なお、余剰水が多く、裏層10bの厚みが十分でない場合には、不織布原反をさらに裏層と粘着層15との間に積層して使用することもできる。この場合は、裏層10bと積層した不織布原反との境界は透水性を損なわないように、接着は全面ではなくスポットで行うことが好ましい。
また、図2(c)の離型部材付きシート11の型枠への取り付け方法に示すように、離型部材付きシート11の離型部材16を剥がさない状態で、離型部材16と型枠30の表面とが当接するように取り付け、部分的に粘着テープで型枠に留めるようにすることもできる。
図2(c)では、カットファイバ(綜研化学(株)製のSKダイン(登録商標)1604N)を添加した粘着層15(例えば200g/m2)を介して離型部材16を型枠用不織布シート10の裏層10bに設けた。そして、離型部材が直接型枠(鋼板製、合板製、プラスチック製、ゴム製など)に当接するように取り付けた。なお、離型部材としてはOPPフィルム(例えば20〜50μm厚み)を使用するが、他の樹脂フィルムでも適用可能である。
このようにすると、離型部材付きシート11を型枠へ取り付ける手間が軽減される。
なお、型枠へ取り付けるときに型枠面を水で濡らしておくことにより、水の表面張力により離型部材面が型枠に吸い付けられてシワや空気だまりがなくなり、型枠面へ密着させて取り付けることができる。図2(c)のような使用例は、離型部材付きシート11から剥離紙を剥いで型枠に取り付けるときのシワ発生や、型枠から剥ぐときの粘着剤残りなどを防止できる。

0027

このように、型枠用不織布シートを用いて製造されたコンクリート構造物は、平滑性のある型枠用不織布シートの表層に接して凝固するので、極めて平滑で、ピンホール、アバタ、クラック等のない平坦面にできる。そして、十分な透水性を備えているので余剰水や空気の排出ができ、コンクリート構造物の表面にピンホールやアバタ(気泡)がなく、しかも毛羽立ちがない。
なお、型枠としては、ベニア型枠、合板型枠プラスチック型枠ゴム型枠、PC工場用の鋼板型枠アルミ型枠基礎立ち上がり鋼板型枠などであれば、いずれも使用可能である。

0028

<型枠用不織布シートの製造方法>
次に、本実施形態の型枠用不織布シートの製造方法を説明する。
まずは、不織布原反をリールから繰り出し、不織布原反の表層の面に加熱ロールを接触させるとともに、加熱ロールと、不織布原反の裏層に接触させる樹脂ローラとの間に挿入する。これにより、不織布原反は加熱ロールによりカレンダー加工され、厚み方向に加熱圧縮されるとともに、表層の熱可塑性樹脂繊維が熱融着される。
そして、熱可塑性樹脂繊維同士が溶融接着することにより繊維の間隙が縮小し、表層の繊維密度が大きくなるとともに、表層の表面粗さが平滑となる。
一方、加熱されていない樹脂ロールと接触する裏層の熱可塑性樹脂繊維は溶融接着することなく、繊維密度は原反のままである。
したがって、表層の繊維密度は裏層の繊維密度よりも大きい。
このカレンダー加工時において、加熱ロールと樹脂ローラとの間にはクリアランスを設けず両ロール間加圧状態にしてもよいし、所定のクリアランスを設けてもよい。
上記説明のように、本実施形態の型枠用不織布シートは、不織布原反から一体的に形成されているものであり、厚み方向で繊維密度の勾配を有する(積層されたものではない)。
繊維密度の違うシートを積層したものでは、積層境界面において繊維が接着もしくは融着されているので不織布の繊維空隙が塞がれ、打設コンクリートからの排水の通り道が塞がれ透水性が悪くなるという欠点がある。

0029

<カレンダー加工>
カレンダー加工は、不織布原反の表層を加熱して熱可塑性繊維同士を熱融着させるとともに、厚み方向に加圧して不織布原反をその表層の繊維密度を裏層の繊維密度よりも大きくする加工方法である。例えば、不織布原反の表層に加熱ロール(例えば120℃〜160℃)を接触させるとともに、所定の圧力(例えば3〜10MPa)を加えて、不織布原反に圧縮加工を施す加工方法をいう。加熱ロールと接触する面(表層)は熱可塑性繊維同士が溶融密着するとともに圧縮されて繊維密度が大きくなる(不織布の空隙が縮小する)。
これにより、表層は非常に平滑な表面になり、毛羽立ちもなく不織布原反の透水性も確保される。なお、加熱ロールの表面は、型枠用不織布シートの表層に転写されるので、その表面粗度は光沢面とすることが好ましい。一方、加熱ロールと接触しない面(樹脂ロールと接触する裏層)の熱可塑性繊維は溶融しないので原反のままの繊維密度である。
これにより、裏層の部分が排水機能を保持し、余剰水の排出に寄与するドレインの役目をする。
なお、カレンダー加工と同様の加工法は、以下の方法によっても実現できる。
たとえば、原料シートサクションドライヤーにより予め熱接着させた後、コールドパンチプレスによりフェルト状にした後、例えば、熱プレス等により加熱圧着する方法などが挙げられる。

0030

<離型部材付きシート11の製造方法>
次に、図3を用いて、型枠用不織布シート10に離型部材16を積層した離型部材付きシートの製造方法を説明する。
図3に示すように、巻き戻された離型部材16の片面に粘着剤が塗工され粘着層15を形成する。乾燥炉通過後の粘着層15面に、別途製造した型枠用不織布シート10の裏層10b面と接合させて、離型部材付きシート11を完成させる。

0031

<実施例1>
実施例1は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:2.6mm)を用い、上ロールを145℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を1回通してカレンダー加工した。
圧力10.0MPa、加工速度3.5m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.35mm、表面粗さ:1.20、透水係数:1×10−4 であった。

0032

<実施例2>
実施例2は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:4.0mm)を用い、上ロールを145℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を2回通してカレンダー加工した。
回目:圧力3.2MPa、加工速度4.0m/分
2回目:圧力7.3MPa、加工速度3.5m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.35mm、表面粗さ:0.95、透水係数:2.57×10−4 であった。

0033

<実施例3>
実施例3は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:2.6mm)を用い、上ロールを145℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を1回通してカレンダー加工した。
圧力3.2MPa、加工速度4.0m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.8mm、表面粗さ:1.35、透水係数:2.89×10−3 であった。

0034

<実施例4>
実施例4は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:2.6mm)を用い、上ロールを160℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を1回通してカレンダー加工した。
圧力7.3MPa、加工速度3.5m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.3mm、表面粗さ:0.71、透水係数:1.00×10−4 であった。

0035

<実施例5>
実施例5は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:2.6mm)を用い、上ロールを120℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を1回通してカレンダー加工した。
圧力3.2MPa、加工速度4.0m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.8mm、表面粗さ:4.80、透水係数:9.60×10−3 であった。

0036

<実施例6>
実施例6は、不織布原反として「フェリベンディ」(登録商標)の商品名SR0044(目付:250g/m2、厚み:4.0mm)を用い、上ロールを145℃の加熱ロールとし、下ロールを常温の樹脂ロールとして、下記の条件で上下のロール間を3回通してカレンダー加工した。
1回目:圧力3.2MPa、加工速度4.0m/分
2回目:圧力7.3MPa、加工速度3.5m/分
3回目:圧力7.3MPa、加工速度3.5m/分
カレンダー加工後の不織布シートは、厚み:0.30mm、表面粗さ:0.50、透水係数:1.26×10−4 であった。
なお、実施例6不織布シートは使用後も表面へのコンクリート目詰まりが少なく、繰り返しの使用ができた。

0037

<比較例1>
比較例1は、不織布原反シートである。表面粗さが9.093と大きく、打設したコンクリートとの剥離性が悪く、コンクリート構造物表面も、ピンホール、アバタ、クラックが形成されていた。

0038

<比較例2>
比較例2は、従来技術で述べた特許文献1のシート(商品名:アバノン)である。表面粗さが12.97と大きく、打設したコンクリートとの剥離性が悪く、コンクリート構造物表面も、ピンホール、アバタ、クラックが形成されていた。
実施例、比較例をまとめた結果を表1に示す。

0039

表1を用いて、実施例の結果を詳細に説明する。
表1において、実施例1〜6は、表面粗さが、0.50〜4.80μmを示している。この表面粗さの測定は、紙や繊維製品の表面粗さを測定するカトーテック社の自動化表面試験機KES−FB4−AUTO−A)を用いた。
以下のサイズのセンサーを用いて、試料移動速度は1mm/秒とした。
摩擦子:10mm×10mm、
粗さ接触子:0.5mmワイヤーを使用、
接触面積:5mm、
加重:10gf
カトーテック社の自動化表面試験機(KES−FB4−AUTO−A)は、生地風合いなどを判断する際に、職人専門家が行う「なでる」という手の動き客観的数値データに置き換え測定機で、繊維製品の業界では広く用いられている。
なお、試験機から得られた表面粗さデータは、数値が大きいほど表面の凹凸が大きいといえる。
測定方向は縦方向(原反の長手方向)に沿って行った。

0040

摩耗試験
実施例5の型枠用不織布シートを用いて打設して平滑な表面を得たコンクリート構造物について、摩耗試験を行った((一財)建材試験センター測定)。
参考値は、本実施形態の型枠用不織布シートを用いずに、直接型枠にコンクリート打設して得られたコンクリート構造物についてのデータである。
試験方法:JIS K 7204に準じた。
試験体の寸法:縦100mm×横100mm×厚み10mm 中心に回転軸挿入用に6mmの孔を設けた。
試験荷重:9.8N、試験回転数:1000回、摩耗輪:H−22
試験前、500回転後、1000回転後に、それぞれの試験片の質量、厚さを測定し、その減少量を求めた。

0041

<摩耗試験結果>
(1)質量減少
500回転後:1.14g、1000回転後:2.37g
(参考値)
500回転後:1.67g、1000回転後:3.33g
(2)厚さ減少
500回転後:0.22mm、1000回転後:0.42mm
(参考値)
500回転後:0.30mm、1000回転後:0.59mm
以上の結果から、実施例の型枠用不織布シートを用いて打設して平滑な表面を得たコンクリート構造物は、比較例及び参考値と比較して、明らかに優れていることが分かる。

0042

本発明の型枠用不織布シート及びそれを取り付けた型枠は、コンクリート打設時に用いると優れたコンクリート構造物を形成することができるが、水中コンクリート構造物陶器製造用石膏型などにも用いることができる。
また、カレンダー加工時に、型枠用不織布シートの表層に木目調などの模様を形成して、この模様をコンクリート構造物の表面に転写することにより、デザイン性のあるコンクリート構造物の外観とすることもでき、産業上の利用可能性が高い。

0043

10型枠用不織布シート
10a表層(熱圧縮加工された面)
10b裏層(熱圧縮加工されない面)
10c 不織布繊維
10d 空隙
11離型部材付き不織布シート
11a 離型部材なしシート
15粘着層
16 離型部材
20 不織布原反
30型枠
31 コンクリート混合物

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クラレの「 加飾成形用シート、プリフォーム成形体、及び加飾成形体」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】平均繊度0.001〜1dtexの極細繊維を含む不織布と不織布に付与された高分子弾性体とを含み、皮革様仕上面を有する人工皮革基体と、人工皮革基体の皮革様仕上面に対する裏面に形成された塩... 詳細

  • 東レ株式会社の「 積層不織布」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、ポリオレフィン系樹脂からなる繊維で構成された不織布であって、耐水性と柔軟性を兼ね備えており、かつ優れた加工性を有する不織布を提供する。本発明は、スパンボンド不織布層とメルト... 詳細

  • 東レ株式会社の「 積層不織布」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、ポリオレフィン系樹脂からなる繊維で構成された不織布であって、耐水性と柔軟性を兼ね備えており、かつ優れた加工性を有する不織布を提供する。本発明は、ポリオレフィン系樹脂(A)か... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ