図面 (/)

技術 端末装置および方法

出願人 シャープ株式会社
発明者 大内渉鈴木翔一劉麗清吉村友樹林貴志相羽立志
出願日 2016年5月12日 (3年11ヶ月経過) 出願番号 2016-096128
公開日 2019年7月25日 (9ヶ月経過) 公開番号 2019-125816
状態 未査定
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 洗濯機器 最大出力電力値 キッチン機器 TA値 トリガタイプ 生活機器 再チューニング キャリアタイプ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年7月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

効率的に通信を行なうこと。

解決手段

PDSCHを受信する受信部と、前記PDSCHに対するHARQACKを、PUCCHを用いて送信する送信部と、を備え、前記送信部は、前記PDSCHに対して所定のTTI長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮し、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットは、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定される。

概要

背景

標準化プロジェクトである3GPP(3rd General Partnership Project)において、
FDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)通信方式リソースブロックと呼ばれる所定の周波数時間単位の柔軟なスケジューリングの採用によって、高速通信を実現させたEUTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)の標準化が行なわれた。なお、EUTRAにおける標準化技術を採用した通信全般をLTE(Long Term Evolution)通信と称する場合もある。

また、3GPPでは、より高速なデータ伝送を実現し、EUTRAに対して上位互換性を持つA−EUTRA(Advanced EUTRA)の検討を行なっている。EUTRAでは、基地局装置がほぼ同一のセル構成セルサイズ)から成るネットワーク前提とした通信システムであったが、A−EUTRAでは、異なる構成の基地局装置(セル)が同じエリアに混在しているネットワーク(異種無線ネットワークヘテロジニアスネットワーク)を前提とした通信システムの検討が行なわれている。

さらに、通信に係る処理時間を低減するための技術が検討されている(非特許文献1)。

概要

効率的に通信を行なうこと。PDSCHを受信する受信部と、前記PDSCHに対するHARQACKを、PUCCHを用いて送信する送信部と、を備え、前記送信部は、前記PDSCHに対して所定のTTI長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮し、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットは、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定される。

目的

本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、その目的は、効率的に通信を行なうための、送信電力制御または送信制御を行なうことができる端末装置および方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基地局装置通信する端末装置であって、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)を受信する受信部と、前記PDSCHに対するHARQACK(Hybrid Auto Repeat request-acknowledgement)を、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を用いて送信する送信部と、を備え、前記送信部は、前記PDSCHに対して所定のTTI(Transmission Time Interval)長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮し、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットは、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定される端末装置。

請求項2

サブフレームnにおいて、前記PUCCHを用いて前記PDSCHに対するHARQ−ACKを送信する場合、前記PUCCHに含まれる前記HARQ−ACKの総数は、サブフレームn−kにおける前記PDSCHのTTI長に基づいて決定される請求項1記載の端末装置。

請求項3

前記PDSCHに対するTTI長と前記PUCCHに対するTTI長が異なる場合、前記PDSCHに対するHARQ−ACKは、上位層パラメータに基づいて設定されたPUCCHフォーマットを用いて送信される請求項1記載の端末装置。

請求項4

基地局装置と通信する端末装置における方法であって、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)を受信するステップと、前記PDSCHに対するHARQ−ACK(Hybrid Auto Repeat request-acknowledgement)を、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を用いて送信するステップと、前記PDSCHに対して所定のTTI(Transmission Time Interval)長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮するステップと、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットを、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定するステップと、を有する方法。

技術分野

0001

本発明の実施形態は、効率的な通信を実現する端末装置および方法の技術に関する。

背景技術

0002

標準化プロジェクトである3GPP(3rd General Partnership Project)において、
FDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)通信方式リソースブロックと呼ばれる所定の周波数時間単位の柔軟なスケジューリングの採用によって、高速な通信を実現させたEUTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)の標準化が行なわれた。なお、EUTRAにおける標準化技術を採用した通信全般をLTE(Long Term Evolution)通信と称する場合もある。

0003

また、3GPPでは、より高速なデータ伝送を実現し、EUTRAに対して上位互換性を持つA−EUTRA(Advanced EUTRA)の検討を行なっている。EUTRAでは、基地局装置がほぼ同一のセル構成セルサイズ)から成るネットワーク前提とした通信システムであったが、A−EUTRAでは、異なる構成の基地局装置(セル)が同じエリアに混在しているネットワーク(異種無線ネットワークヘテロジニアスネットワーク)を前提とした通信システムの検討が行なわれている。

0004

さらに、通信に係る処理時間を低減するための技術が検討されている(非特許文献1)。

先行技術

0005

”3GPP TR 36.881 v.0.5.0 (2015-11)”, R2-157181, 4th Dec. 2015.

発明が解決しようとする課題

0006

通信装置(端末装置および/または基地局装置)において、従来の送信電力制御または送信制御では効率的な通信を行なうことができない場合がある。

0007

本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、その目的は、効率的に通信を行なうための、送信電力制御または送信制御を行なうことができる端末装置および方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

(1)上記の目的を達成するために、本発明は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の一態様による端末装置は、基地局装置と通信する端末装置であって、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)を受信する受信部と、前記PDSCHに対するHARQACK(Hybrid Auto Repeat request-acknowledgement)を、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を用いて送信する送信部と、を備え、前記送信部は、
前記PDSCHに対して所定のTTI(Transmission Time Interval)長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮し、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットは、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定される。

0009

(2)また、本発明の一態様による方法は、基地局装置と通信する端末装置における方
法であって、基地局装置と通信する端末装置における方法であって、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)を受信するステップと、前記PDSCHに対するHARQ−ACK(Hybrid Auto Repeat request-acknowledgement)を、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)を用いて送信するステップと、前記PDSCHに対して所定の
TTI(Transmission Time Interval)長が設定されることに基づいて、前記PDSCHに対する前記HARQ−ACKを送信するタイミングを短縮するステップと、前記HARQ−ACKを送信するPUCCHフォーマットを、前記PDSCHと前記PUCCHのTTI長に基づいて決定するステップと、を有する。

発明の効果

0010

この発明によれば、基地局装置と端末装置が通信する無線通信システムにおいて、伝送効率を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0011

第1の実施形態に係る下りリンク無線フレーム構成の一例を示す図である。
第1の実施形態に係る上りリンクの無線フレーム構成の一例を示す図である。
第1の実施形態に係るチャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bが7シンボルに設定された場合の2シンボルのsPDSCHとの対応関係を示す図である。
第1の実施形態に係る1つのサブフレームに1つ以上のsPDSCHが検出可能な場合の、PUCCHフォーマット2bに対するHARQ−ACK(j)へあるサービングセルのあるサブフレームにおけるsPDSCHのマッピングを示す図である。
第1の実施形態に係る基地局装置のブロック構成の一例を示す図である。
第1の実施形態に係る端末装置のブロック構成の一例を示す図である。
第1の実施形態に係るsPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングを示す図である。

実施例

0012

<第1の実施形態>
本発明の第1の実施形態について以下に説明する。基地局装置(基地局、ノードB、eNB(EUTRAN NodeB、evolved NodeB))と端末装置(端末移動局ユーザ装置、UE
(User equipment))とが、セルにおいて通信する通信システムを用いて説明する。

0013

本実施形態で使用される主な物理チャネルおよび物理信号フレーム構造について説明する。チャネルとは信号の送信に用いられる媒体を意味し、物理チャネルとは信号の送信に用いられる物理的な媒体を意味する。本実施形態において、物理チャネルは、物理信号と同義的に使用されてもよい。物理チャネルは、LTEにおいて、今後追加、または、その構造/構成やフォーマットが変更または追加される可能性があるが、変更または追加された場合でも本発明の各実施形態の説明には影響しない。

0014

本実施形態に係るフレーム構造タイプについて説明する。

0015

フレーム構造タイプ1(FS1)は、FDD(Frequency Division Duplex)に対して
適用される。つまり、FS1は、FDDがサポートされたセルオペレーションに対して適用される。FS1は、FD−FDD(Full Duplex-FDD)とHD−FDD(Half Duplex-FDD)の両方に適用できる。

0016

FDDにおいて、下りリンク送信上りリンク送信は周波数領域で分けられている。言い換えると、下りリンク送信と上りリンク送信でそれぞれ、オペレーシングバンドが規定
される。つまり、下りリンク送信と上りリンク送信で異なるキャリア周波数が適用される。そのため、FDDでは、下りリンク送信および上りリンク送信のそれぞれに対して、10サブフレームが利用可能である。HD−FDDオペレーションにおいて、端末装置は、同時に送信および受信を行なうことができないが、FD−FDDオペレーションにおいて、端末装置は、同時に送信および受信を行なうことができる。

0017

HD−FDDオペレーションにおいて、端末装置は、同時に送信および受信を行なうことができないが、FD−FDDオペレーションにおいて、端末装置は、同時に送信および受信を行なうことができる。

0018

さらに、HD−FDDには2つのタイプがある。タイプA・HD−FDDオペレーションに対しては、ガードピリオドは、同じ端末装置からの上りリンクサブフレーム直前下りリンクサブフレームの最後尾部分(最後尾のシンボル)を受信しないことによって端末装置によって生成される。タイプB・HD−FDDオペレーションに対しては、HDガードサブフレームとして参照された、ガードピリオドは、同じ端末装置からの上りリンクサブフレームの直前の下りリンクサブフレームを受信しないことによって、および、同じ端末装置からの上りリンクサブフレームの直後の下りリンクサブフレームを受信しないことによって端末装置によって生成される。つまり、HD−FDDオペレーションにおいて、端末装置が下りリンクサブフレームの受信処理を制御することによってガードピリオドを生成している。なお、シンボルは、OFDMシンボルまたはSC−FDMAシンボルのいずれかを含んでもよい。

0019

フレーム構造タイプ2(FS2)は、TDD(Time Division Duplex)に対して適用される。つまり、FS2は、TDDがサポートされたセルオペレーションに対して適用される。各無線フレームは、2つのハーフフレームで構成される。各ハーフフレームは、5つのサブフレームで構成される。あるセルにおけるUL−DL設定は、無線フレーム間で変更されてもよい。上りリンクまたは下りリンク送信におけるサブフレームの制御は、最新の無線フレームにおいて行なわれてもよい。端末装置は、最新の無線フレームにおけるUL−DL設定を、PDCCHまたは上位層シグナリングを介して取得することができる。なお、UL−DL設定は、TDDにおける、上りリンクサブフレーム、下りリンクサブフレーム、スペシャルサブフレームの構成を示す。スペシャルサブフレームは、下りリンク送信が可能なDwPTS(Downlink Pilot Time Slot)、ガードピリオド(GP)、上りリンク送信が可能なUpPTS(Uplink Pilot Time Slot)から構成される。スペシャルサブフレームにおけるDwPTSとUpPTSの構成はテーブルで管理されており、端末装置は、上位層シグナリングを介して、その構成を取得することができる。なお、スペシャルサブフレームが下りリンクから上りリンクへのスイッチングポイントとなる。つまり、端末装置は、スイッチングポイントを境に、受信から送信へと遷移し、基地局装置は、送信から受信へと遷移する。スイッチングポイントは、5ms周期と10ms周期とがある。スイッチングポイントが5ms周期の場合、スペシャルサブフレームは両方のハーフフレームに存在する。スイッチングポイントが10ms周期の場合、スペシャルサブフレームは、第1のハーフフレームにのみ存在する。

0020

UpPTSに対して2シンボルが割り当てられる場合、SRSPRACHプリアンブルフォーマット4が配置可能である。

0021

また、TDDでは、各セルの通信量(トラフィック量)や干渉を考慮した、eIMTA(TDD enhanced Interference Management and Traffic Adaptation)技術が適用可能で
ある。eITMAは、下りリンクおよび/または上りリンクの通信量や干渉量を考慮して、ダイナミックに(L1レベル、または、L1シグナリングを用いて)TDDの設定を切り替えることによって、無線フレーム内(つまり、10サブフレーム内)に占める、下り
リンクサブフレームと上りリンクサブフレームの割合を変え、最適な通信を行なう技術である。

0022

FS1とFS2は、NCPとECPが適用される。

0023

フレーム構造タイプ3(FS3)は、LAA(Licensed Assisted Access)セカンダリセルオペレーションに対して適用される。また、FS3は、NCPのみが適用されてもよい。無線フレームに含まれる10サブフレームは、下りリンク送信に利用される。端末装置は、規定されない限り、または、下りリンク送信がそのサブフレームで検出されない限り、いずれかの信号があるサブフレームに存在すると仮定せず、空のサブフレームとして、そのサブフレームを処理する。下りリンク送信は1つまたは複数の連続するサブフレームを専有する。連続するサブフレームは、最初のサブフレームと最後のサブフレームを含む。最初のサブフレームは、そのサブフレームのいずれかのシンボルまたはスロット(例えば、OFDMシンボル#0または#7)から始まる。また、最後のサブフレームは、フルサフレーム(つまり、14OFDMシンボル)か、DwPTS期間の1つに基づいて示されたOFDMシンボルの数だけ専有される。なお、連続するサブフレームのうち、あるサブフレームが最後のサブフレームであるかどうかは、DCIフォーマットに含まれるあるフィールドによって、端末装置に示される。そのフィールドは、さらに、そのフィールドを検出したサブフレームまたその次のサブフレームに用いられるOFDMシンボルの数が示されてもよい。また、FS3では、基地局装置は、下りリンク送信を行なう前に、LBTに関連するチャネルアクセス手順を行なう。

0024

なお、FS3において、下りリンク送信のみをサポートしているが、上りリンク送信もサポートしてもよい。その際、下りリンク送信のみをサポートしているFS3をFS3−1またはFS3−A、下りリンク送信および上りリンク送信をサポートしているFS3をFS3−2またはFS3−Bとして規定されてもよい。

0025

FS3をサポートしている端末装置および基地局装置は、免許不要の周波数帯で通信を行なってもよい。

0026

LAAまたはFS3のセルに対応するオペレーティングバンドは、EUTRAオペレーティングバンドのテーブルとともに管理されてもよい。例えば、EUTRAオペレーティングバンドのインデックスは、1〜44で管理され、LAA(またはLAAの周波数)に対応するオペレーティングバンドのインデックスは、46で管理されてもよい。例えば、インデックス46では、下りリンクの周波数帯のみが規定されてもよい。また、一部のインデックスにおいては、上りリンクの周波数帯が予約または将来規定されるものとして予め確保されてもよい。また、対応するデュプレックスモードは、FDDやTDDとは異なるデュプレックスモードであってもよいし、FDDやTDDであってもよい。LAAオペレーションが可能な周波数は、5GHz以上であることが好ましいが、5GHz以下であってもよい。つまり、LAAに対応するオペレーティングバンドとして、対応付けられた周波数において、LAAオペレーションの通信が行なわれてもよい。

0027

次に、本実施形態に係る下りリンクおよび上りリンクの無線フレーム構成について説明する。

0028

図1は、本実施形態に係る下りリンクの無線フレーム構成の一例を示す図である。下りリンクはOFDMアクセス方式が用いられる。

0029

基地局装置から端末装置への下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。ここで、下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信
するために用いられる。
・PBCH(Physical Broadcast Channel)
・PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)
・PHICH(Physical Hybrid automatic repeat request Indicator Channel)
・PDCCH(Physical Downlink Control Channel)
・EPDCCH(Enhanced Physical Downlink Control Channel)
・sPDCCH(short/shorter/shortened Physical Downlink Control Channel, PDCCH
for sTTI)
・PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)
・sPDSCH(short/shorter/shortened Physical Downlink Shared Channel, PDSCH for sTTI)
・PMCH(Physical Multicast Channel)
下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。ここで、下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
同期信号(Synchronization signal:SS
・下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)
・DS(Discovery Signal)
本実施形態において、以下の5つのタイプの下りリンク参照信号が用いられる。
・CRS(Cell-specific Reference Signal)
・PDSCHに関連するURS(UE-specific Reference Signal)
・EPDCCHに関連するDMRS(Demodulation Reference Signal)
・NZP CSI−RS(Non-Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)
・ZP CSI−RS(Zero Power Chanel State Information - Reference Signal)
・MBSFNRS(Multimedia Broadcast and Multicast Service over Single Frequency Network Reference signal)
・PRS(Positioning Reference Signal)
下りリンクの無線フレームは、下りリンクのリソースブロック(RB)ペアから構成されている。この下りリンクのRBペアは、下りリンクの無線リソースの割り当てなどの単位であり、予め決められた幅の周波数帯(RB帯域幅)および時間帯(2個のスロット=1個のサブフレーム)からなる。1個の下りリンクのRBペアは、時間領域で連続する2個の下りリンクのRB(RB帯域幅×スロット)から構成される。1個の下りリンクのRBは、周波数領域において12個のサブキャリアから構成される。また、時間領域においては、NCPが付加される場合には7個、NCPよりも長いCP長を有するECPが付加される場合には6個のOFDMシンボルから構成される。周波数領域において1つのサブキャリア、時間領域において1つのOFDMシンボルにより規定される領域をリソースエレメント(RE)と称する。PDCCH/EPDCCHは、端末装置識別子、PDSCHのスケジューリング情報、PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)のスケジューリング情報、変調方式符号化率再送パラメータなどの下りリンク制御情報(DCI)が送信される物理チャネルである。なお、ここでは1つのコンポーネントキャリア(CC)における下りリンクサブフレームを記載しているが、CC毎に下りリンクサブフレームが規定され、下りリンクサブフレームはCC間でほぼ同期している。ここで、CC間でほぼ同期しているとは、基地局装置から複数のCCを用いて送信する場合、各CCの送信タイミングの誤差が所定の範囲内に収まることである。

0030

なお、ここでは図示していないが、下りリンクサブフレームには、SSやPBCHやDLRSが配置されてもよい。DLRSとしては、PDCCHと同じアンテナポート送信ポート)で送信されるCRS、チャネル状態情報(CSI)の測定に用いられるCSI−RS、一部のPDSCHと同じアンテナポートで送信されるUERS、EPDCCHと同
じ送信ポートで送信されるDMRSがある。また、CRSが配置されないキャリアであってもよい。このとき一部のサブフレーム(例えば、無線フレーム中の1番目と6番目のサブフレーム)に、時間および/または周波数のトラッキング用の信号として、CRSの一部のアンテナポート(例えば、アンテナポート0だけ)あるいは全部のアンテナポートに対応する信号と同様の信号(拡張同期信号と呼称する)を挿入することができる。ここで、アンテナポートは送信ポートと称されてもよい。ここで、“物理チャネル/物理信号がアンテナポートで送信される”とは、アンテナポートに対応する無線リソースやレイヤを用いて物理チャネル/物理信号が送信されるという意味を含む。例えば、受信部は、アンテナポートに対応する無線リソースやレイヤから物理チャネルや物理信号を受信することを意味する。

0031

図2は、本実施形態に係る上りリンクの無線フレーム構成の一例を示す図である。上りリンクはSC−FDMA方式が用いられる。

0032

端末装置から基地局装置への上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理チャネルが用いられる。ここで、上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために用いられる。
・PUCCH(Physical Uplink Control Channel)
・sPUCCH(short/shorter/shortened Physical Uplink Control Channel, PUCCH for short TTI)
・PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)
・sPUSCH(short/shorter/shortened Physical Uplink Shared Channel, PUSCH for short TTI)
・PRACH(Physical Random Access Channel)
・sPRACH(short/shorter/shortened Physical Random Access Channel, PRACH for short TTI)
上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理信号が用いられる。ここで、上りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために用いられないが、物理層によって用いられる。
・上りリンク参照信号(Uplink Reference Signal : UL RS)
本実施形態において、以下の2つのタイプの上りリンク参照信号が用いられる。
・DMRS(Demodulation Reference Signal)
・SRS(Sounding Reference Signal)
上りリンクでは、PUSCH(Physical Uplink Shared Channel)、PUCCH(Physical Uplink Control Channel)などが割り当てられる。また、PUSCHやPUCCH
とともに、ULRS(Uplink Reference Signal)が割り当てられる。上りリンクの無線
フレームは、上りリンクのRBペアから構成されている。この上りリンクのRBペアは、上りリンクの無線リソースの割り当てなどの単位であり、予め決められた幅の周波数領域(RB帯域幅)および時間領域(2個のスロット=1個のサブフレーム)からなる。1個の上りリンクのRBペアは、時間領域で連続する2個の上りリンクのRB(RB帯域幅×スロット)から構成される。1個の上りリンクのRBは、周波数領域において12個のサブキャリアから構成される。時間領域においては、NCPが付加される場合には7個、ECPが付加される場合には6個のSC−FDMAシンボルから構成される。なお、ここでは1つのCCにおける上りリンクサブフレームを記載しているが、CC毎に上りリンクサブフレームが規定されてもよい。

0033

図1図2は、異なる物理チャネル/物理信号は周波数分割多重(FDM)および/または時分割多重TDM)されている例を示している。

0034

なお、sTTI(short/shorter/shortened Transmission Time Interval)に対して、
種々の物理チャネルおよび/または物理信号が送信される場合、各物理チャネルおよび/または物理信号はそれぞれ、sPDSCH、sPDCCH、sPUSCH、sPUCCH、sPRACHと称されてもよい。

0035

sTTIに対して物理チャネルが送信される場合には、その物理チャネルを構成するOFDMシンボルおよび/またはSC−FDMAシンボルの数は、NCPで14シンボル(ECPで12シンボル)以下のシンボル数を用いてもよい。また、sTTIに対する物理チャネルに用いられるシンボルの数は、DCIおよび/またはDCIフォーマットを用いて設定されてもよいし、上位層シグナリングを用いて設定されてもよい。sTTIに用いられるシンボルの数だけでなく、時間方向のスタートシンボルが設定されてもよい。

0036

また、sTTIは、システム帯域幅内の特定の帯域幅内で送信されてもよい。sTTIとして設定される帯域幅は、DCIおよび/またはDCIフォーマットを用いて設定されてもよいし、上位層シグナリング(RRCシグナリング、MAC CE)を用いて設定されてもよい。帯域幅は、スタートエンドのリソースブロックインデックスまたは周波数ポジションを用いて設定されてもよいし、帯域幅とスタートのリソースブロックインデックス/周波数ポジションを用いて設定されてもよい。sTTIがマップされる帯域幅をsTTIバンドと称されてもよい。sTTIバンド内でマップされる物理チャネルをsTTIに対する物理チャネルと称されてもよい。sTTIに対する物理チャネルには、sPDSCH、sPDCCH、sPUSCH、sPUCCH、sPRACHが含まれてもよい。

0037

sTTIを規定するために用いられる情報/パラメータがDCIおよび/またはDCIフォーマットを用いて設定される場合、それらのDCIおよび/またはDCIフォーマットは特定のRNTIを用いてスクランブルされてもよいし、特定のRNTIによってスクランブルされたCRCがDCIフォーマットを構成するビット列に付加されてもよい。

0038

ここで、下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号とも称する。また、上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号とも称する。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルとも称する。下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号とも称する。

0039

PBCHは、端末装置で共通に用いられるマスターインフォメーションブロック(MIB,
Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。

0040

PCFICHは、PDCCHの送信に用いられる領域(OFDMシンボル)を指示する情報を送信するために用いられる。

0041

PHICHは、基地局装置が受信した上りリンクデータ(Uplink Shared Channel: UL-SCH)に対するACK(ACKnowledgement)またはNACK(Negative ACKnowledgement)を示すHARQインディケータ(HARQフィードバック応答情報)を送信するために用いられる。

0042

PDCCH、EPDCCH、および/または、sPDCCHは、下りリンク制御情報(DCI)を送信するために用いられる。本実施形態において、PDCCHは、EPDCCHを含んでもよい。また、PDCCHは、sPDCCHを含んでもよい。

0043

ここで、PDCCH、EPDCCH、および/または、sPDCCHで送信されるDCIに対して、複数のDCIフォーマットが定義されてもよい。すなわち、DCIに対するフィールドがDCIフォーマットに定義され、情報ビットへマップされてもよい。

0044

あるサービングセルにおいて、つまり、あるサービングセルにおける端末装置と基地局装置において、sTTIに対する物理チャネルが送信可能な場合、端末装置は、sTTIを設定するための情報/パラメータを含むDCIフォーマットがマップされたPDCCH/EPDCCHをモニタしてもよい。つまり、基地局装置は、sTTIを用いた物理チャネルの送信および/または受信をサポートしている端末装置に対して、PDCCH/EPDCCHに、sTTIを設定するための情報/パラメータを含むDCIフォーマットをマップして送信してもよい。

0045

ここで、下りリンクに対するDCIフォーマットを、下りリンクのDCI、下りリンクグラントDLグラント)、および/または、下りリンクスケジューリンググラント、および/または、下りリンクアサインメントとも称する。また、上りリンクに対するDCIフォーマットを、上りリンクのDCI、上りリンクグラントULグラント)、および/または、上りリンクスケジューリンググラント、および/または、上りリンクアサインメントとも称する。

0046

例えば、下りリンクアサインメントとして、1つのセルにおける1つのPDSCHのスケジューリングのために用いられるDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット1、DCIフォーマット1A、および/または、DCIフォーマット1C)が定義されてもよい。

0047

また、上りリンクグラントとして、1つのセルにおける1つのPUSCHのスケジューリングのために用いられるDCIフォーマット(例えば、DCIフォーマット0、および/または、DCIフォーマット4、または、第1のULグラント)が定義されてもよい。

0048

例えば、ULグラントには、キャリアインディケータフィールド(CIF)が含まれてもよい。また、ULグラントには、スケジュールされるPUSCHに対する送信電力制御コマンドTPCコマンド)に関する情報が含まれてもよい。また、ULグラントには、DMRS(PUSCHの送信に関連するDMRS)に対するサイクリックシフトに関する情報が含まれてもよい。また、ULグラントには、MCS(modulation and coding scheme)に関する情報、および/または、リダンダンシーバージョンに関する情報が含まれてもよい。また、ULグラントには、リソースブロック割り当て(Resource block assignment)に関する情報、および/または、ホッピングリソース割り当てに関する情報が含ま
れてもよい。また、ULグラントには、CSIの送信をリクエストするために用いられる情報(CSI request)が含まれてもよい。また、ULグラントには、SRSの送信をリク
エストするために用いられる情報(SRS request)が含まれてもよい。

0049

ここで、ULグラントは、複数の端末装置に対して共通なDCI、および/または、ある1つの端末装置に対して専用のDCIとして定義されてもよい。すなわち、ULグラントは、コモンサーチスペース、および/または、ユーザ装置スペフィックサーチスペースにおいて送信されてもよい。また、ULグラントは、PDCCH、および/または、EPDCCHで送信されてもよい。また、ULグラントに付加されるCRCパリティビットが、後述する、RNTIによってスクランブルされてもよい。

0050

また、ULグラントは、ある1つのサブフレームに対する設定を規定するために用いられてもよい。すなわち、ULグラントは、ある1つのサブフレームにおいて共通に用いられる設定を指示するために用いられてもよい。すなわち、ULグラントを用いて指示される設定は、1つのサブフレーム毎に対して有効であってもよい。すなわち、ULグラントは、サブフレームスペシフィックのULグラントであってもよい。すなわち、端末装置は、ULグラントを用いてPUSCHがスケジュールされた場合には、あるサブフレームに
おいて(あるサブフレーム全てを用いて)、スケジュールされたPUSCHでの送信を行なってもよい。

0051

また、上りリンクグラントとして、少なくとも、PUSCH、sPUSCH、および/または、sPDCCHに対する周波数リソースの割り当てに関連する情報(例えば、PUSCH、sPUSCH、および/または、sPDCCHに対する物理リソースブロックの割り当てに関連する情報)が含まれるDCIフォーマット(以下、第2のULグラント、第2のUL DCIとも記載する)が定義されてもよい。すなわち、第2のULグラントは、少なくとも、PUSCH、sPUSCH、および/または、sPDCCHのスケジューリングに用いられてもよい。

0052

例えば、第2のULグラントには、スケジュールされるPUSCH、スケジュールされるsPUSCH、および/または、スケジュールされるsPDCCHに対する帯域幅に関連する情報が含まれてもよい。すなわち、第2のULグラントには、PUSCHでの送信、sPUSCHでの送信、および/または、sPDCCHでの送信に対する、スケジュールされる帯域幅に関連する情報が含まれてもよい。

0053

例えば、第2のULグラントには、スケジュールされるPUSCH、スケジュールされるsPUSCH、および/または、スケジュールされるsPDCCHに対する物理リソースブロックの開始位置(および/または、終了位置、例えば、開始位置からの長さ)に関連する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、スケジュールされるPUSCH、スケジュールされるsPUSCH、スケジュールされるsPDCCHに対する物理リソースブロックを指示するための情報が含まれてもよい。

0054

ここで、第2のULグラントには、キャリアインディケータフィールド(CIF)が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、スケジュールされるPUSCHに対する送信電力制御コマンド(TPCコマンド)に関する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、スケジュールされるsPUSCHに対する送信電力コマンドに関する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、DMRS(PUSCH、および/または、sPUSCHの送信に関連するDMRS)に対するサイクリックシフトに関する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、MCSに関する情報、および/または、リダンダンシーバージョンに関する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、リソースブロック割り当て(Resource block assignment)に関する情報
、および/または、ホッピングリソース割り当てに関する情報が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、CSIの送信をリクエストするために用いられる情報(CSI request)が含まれてもよい。また、第2のULグラントには、SRSの送信をリクエスト
するために用いられる情報(SRS request)が含まれてもよい。

0055

ここで、第2のULグラントを用いて送信される情報(一部、または、全ての情報)は、上位層の信号(例えば、MAC層における信号、および/または、RRC層における信号)を用いて送信されてもよい。以下、第2のULグラントを用いて、上述したような下りリンク制御情報が送信されることを記載するが、第2のULグラントを用いて送信される下りリンク制御情報は、上位層の信号を用いて送信されてもよい。

0056

ここで、第2のULグラントは、複数の端末装置に対して共通なDCI(ULグラント、Common UL grant、Non-UE specific UL grant)として定義されてもよい。すなわち、
第2のULグラントは、後述する、コモンサーチスペースのみにおいて送信されてもよい。また、第2のULグラントは、PDCCH、および/または、EPDCCHのみで送信されてもよい。

0057

また、第2のULグラントに付加されるCRCパリティビットが、後述する、RNTIによってスクランブルされてもよい。ここで、第2のULグラントに付加されるCRCパリティビットは、第1のUL−RNTIによってスクランブルされてもよい。また、第2のULグラントが送信されるサーチスペース(例えば、コモンサーチスペース)は、少なくとも、第1のUL−RNTIによって与えられてもよい。

0058

また、第2のULグラントは、ある1つのサブフレームに対する設定を規定するために用いられてもよい。すなわち、第2のULグラントは、ある1つのサブフレームにおいて共通に用いられる設定を指示するために用いられてもよい。すなわち、第2のULグラントを用いて指示される設定は、1つまたは複数のサブフレーム毎に対して有効であってもよい。すなわち、第2のULグラントは、サブフレームスペシフィックのULグラント(a sub-frame specific UL grant)であってもよい。すなわち、端末装置は、第2のUL
グラントを用いてPUSCHがスケジュールされた場合には、あるサブフレームにおいて(または、あるサブフレーム全てを用いて)、スケジュールされたPUSCHでの送信を行なってもよい。

0059

また、上りリンクグラントとして、少なくとも、PUSCH、および/または、sPUSCHに対する時間リソースの割り当てに関する情報が含まれるDCIフォーマット(以下、第3のULグラント、第3のUL DCIとも記載する)が定義されてもよい。例えば、第3のULグラントには、PUSCH、および/または、sPUSCHでの送信に対する送信時間間隔(TTI)の割り当てに関連する情報が含まれてもよい。すなわち、第3のULグラントは、少なくとも、PUSCH、および/または、sPUSCHのスケジューリングに用いられてもよい。

0060

例えば、第3のULグラントには、スケジュールされるPUSCH、および/または、スケジュールされるsPUSCHに対するTTIの長さに関連する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、スケジュールされるPUSCHと共に送信されるDMRSの位置に関連する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、スケジュールされるsPUSCHと共に送信されるDMRSの位置に関連する情報が含まれてもよい。

0061

また、第3のULグラントには、スケジュールされるPUSCHと共に送信されるDMRSに関する情報(例えば、DMRSのサイクリックシフトに関する情報)が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、スケジュールされるsPUSCHと共に送信されるDMRSに関する情報(例えば、DMRSのサイクリックシフトに関する情報)が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、第3のULグラントの受信(検出)に基づく、PUSCHでの送信および/またはsPUSCHでの送信に対する遅延に関する情報(Grant to Tx delay offset)が含まれてもよい。

0062

ここで、第3のULグラントには、キャリアインディケータフィールド(CIF)が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、スケジュールされるPUSCHに対する送信電力コマンド(TPCコマンド)に関する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、スケジュールされるsPUSCHに対する送信電力コマンドに関する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、DMRS(PUSCH、および/または、sPUSCHの送信に関連するDMRS)に対するサイクリックシフトに関する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、MCSに関する情報、および/または、リダンダンシーバージョンに関する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、リソースブロック割り当て(Resource block assignment)に関する情報、お
よび/または、ホッピングリソース割り当てに関する情報が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、CSIの送信をリクエストするために用いられる情報(CSI reques
t)が含まれてもよい。また、第3のULグラントには、SRSの送信をリクエストする
ために用いられる情報(SRS request)が含まれてもよい。また、第3のULグラントに
は、後述する、TTIインデックスに関する情報(TTI index)が含まれてもよい。

0063

ここで、第3のULグラントは、ある1つの端末装置に対して専用のDCI(ULグラント、UE-specific UL grant)として定義されてもよい。すなわち、第3のULグラントは、後述する、UEスペシフィックスペースのみにおいて送信されてもよい。また、第3のULグラントは、PDCCH、EPDCCH、および/または、sPDCCHで送信されてもよい。また、第3のULグラントは、PDSCHで送信されてもよい。

0064

また、第3のULグラントに付加されるCRCパリティビットは、後述する、RNTIによってスクランブルされてもよい。ここで、第3のULグラントに付加されるCRCパリティビットは、第3のUL−RNTIによってスクランブルされてもよい。また、第3のULグラントが送信されるサーチスペース(例えば、ユーザ装置スペシフィックサーチスペース)は、少なくとも、第2のUL−RNTIによって与えられてもよい。

0065

また、第3のULグラントは、ある1つのTTIに対する設定を規定するために用いられてもよい。すなわち、第3のULグラントは、ある1つのTTIにおいて用いられる設定を指示するために用いられてもよい。すなわち、第3のULグラントを用いて指示される設定は、1つのTTIに対して有効であってもよい。すなわち、第2のULグラントは、TTIスペシフィックのULグラント(a TTI specific UL grant)であってもよい。
すなわち、端末装置は、第3のULグラントを用いてPUSCHがスケジュールされた場合には、あるTTIにおいて(あるサブフレームにおける、あるTTIにおいて)、スケジュールされたPUSCHでの送信を行なってもよい。

0066

ここで、上述したように、第2のULグラントは、第3のULグラントが送信されるsPDCCHのスケジューリングに用いられてもよい。例えば、端末装置は、第2のULグラントを受信(検出)することによって、第3のULグラントを受信(検出)してもよい。また、端末装置は、第2のULグラントが送信されるPDCCHおよび/またはEPDCCHをモニタ(デコード、検出)することによって、第3のULグラントが送信されるPDCCH、EPDCCHおよび/またはsPDCCHをモニタ(デコード、検出)してもよい。

0067

ここで、第2のULグラントが送信されるPDCCHおよび/またはEPDCCHは、端末装置1によるモニタリングによって検出され、第3のULグラントが送信されるPDCCH、EPDCCHおよび/またはsPDCCHのリソースは、第2のULグラントに含まれる情報によって、直接的に指示されてもよい。ここで、PDCCH、EPDCCHおよび/またはsPDCCHのリソースには、時間リソース、および/または、周波数リソースが含まれてもよい。すなわち、第3のULグラントが送信されるPDCCH、EPDCCHおよび/またはsPDCCHは、端末装置によってモニタされなくてもよい。

0068

以下、上りリンクグラント(DCIフォーマット)は、第1のULグラント、第2のULグラント、および/または、第3のULグラントを含んでもよい。

0069

ここで、端末装置は、下りリンクアサインメントを用いてPDSCHのリソースがスケジュールされた場合には、スケジューリングに基づき、PDSCHで下りリンクデータ(DL−SCH)を受信してもよい。また、端末装置は、上りリンクグラントを用いてPUSCHのリソースがスケジュールされた場合には、スケジューリングに基づき、PUSCHを用いて上りリンクデータ(UL−SCH)および/または上りリンク制御情報(UCI)を送信してもよい。また、端末装置は、上りリンクグラントを用いてsPUSCHの
リソースがスケジュールされた場合には、スケジューリングに基づき、sPUSCHで上りリンクデータおよび/または上りリンク制御情報を送信してもよい。

0070

sPDSCHは、PDCCHおよび/またはEPDCCHで検出した第1のDLグラントと、sPDCCHで検出した第2のDLグラントによって、スケジュールされてもよい。第1のDLグラントと第2のDLグラントは、ともに、特定のRNTIを用いてスクランブルされてもよい。

0071

sPDCCHは、PDCCHおよび/またはEPDCCHで検出した第1のDLグラントに含まれるDCIに基づいて、sPDCCHをモニタする領域(つまり、下りリンクのsTTIバンド)が設定されてもよい。

0072

sPUCCHは、sPDCCHで検出した第2のDLグラントに含まれるDCIによって、リソースが決定されてもよい。

0073

また、端末装置は、PDCCH候補、EPDCCH候補、および/または、sPDCCH候補のセットをモニタしてもよい。以下、PDCCHは、EPDDCHおよび/またはsPDCCHを含んでもよい。

0074

ここで、PDCCH候補とは、基地局装置によって、PDCCHが、配置および/または送信される可能性のある候補を示していてもよい。また、モニタとは、モニタされる全てのDCIフォーマットに応じて、PDCCH候補のセット内のPDCCHのそれぞれに対して、端末装置がデコードを試みるという意味が含まれてもよい。

0075

ここで、端末装置が、モニタするPDCCH候補のセットは、サーチスペースとも称される。サーチスペースには、コモンサーチスペース(CSS)が含まれてもよい。例えば、CSSは、複数の端末装置に対して共通なスペースとして定義されてもよい。

0076

また、サーチスペースには、ユーザ装置スペシフィックサーチスペース(USS)が含まれてもよい。例えば、USSは、少なくとも、端末装置に対して割り当てられるC−RNTIに基づいて与えられてもよい。端末装置は、CSS、および/または、USSにおいて、PDCCHをモニタし、自装置宛てのPDCCHを検出してもよい。

0077

また、DCIの送信(PDCCHでの送信)には、基地局装置が、端末装置に割り当てたRNTIが利用されてもよい。具体的には、DCIフォーマット(下りリンク制御情報でもよい)にCRC(Cyclic Redundancy Check)パリティビットが付加され、付加され
た後に、CRCパリティビットがRNTIによってスクランブルされてもよい。ここで、DCIフォーマットに付加されるCRCパリティビットは、DCIフォーマットのペイロードから得られてもよい。

0078

ここで、本実施形態において、「CRCパリティビット」、「CRCビット」、および、「CRC」は同一のであってもよい。また、「CRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットが送信されるPDCCH」、「CRCパリティビットを含み、且つ、DCIフォーマットを含むPDCCH」、「CRCパリティビットを含むPDCCH」、および、「DCIフォーマットを含むPDCCH」は、同一であってもよい。また、「Xを含むPDCCH」、および、「XをともなうPDCCH」は、同一であってもよい。端末装置は、DCIフォーマットをモニタしてもよい。また、端末装置は、DCIをモニタしてもよい。また、端末装置は、PDCCHをモニタしてもよい。

0079

端末装置は、RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加された
DCIフォーマットに対してデコードを試み、CRCが成功したDCIフォーマットを、自装置宛のDCIフォーマットとして検出する(ブラインドデコーディングとも称される)。すなわち、端末装置は、RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHを検出してもよい。また、端末装置は、RNTIによってスクランブルされたCRCパリティビットが付加されたDCIフォーマットを伴うPDCCHを検出してもよい。

0080

ここで、RNTIには、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)
が含まれてもよい。例えば、C−RNTIは、RRC接続およびスケジューリングの識別に対して使用される、端末装置に対するユニークな(一意的な)識別子であってもよい。また、C−RNTIは、動的にスケジュールされるユニキャスト送信のために利用されてもよい。

0081

また、RNTIには、SPSC−RNTI(Semi-Persistent Scheduling C-RNTI)
が含まれてもよい。例えば、SPS C−RNTIは、セミパーシステントスケジューリングに対して使用される、端末装置に対するユニークな(一意的な)識別子である。また、SPS C−RNTIは、半持続的(semi-persistently)にスケジュールされるユニ
キャスト送信のために利用されてもよい。ここで、半持続的にスケジュールされる送信とは、周期的にスケジュールされる送信の意味が含まれてもよい。

0082

また、RNTIには、RA−RNTI(Random Access RNTI)が含まれてもよい。例えば、RA−RNTIは、ランダムアクセスレスポンスメッセージの送信に対して使用される識別子であってもよい。すなわち、RA−RNTIは、ランダムアクセスプロシージャにおいて、ランダムアクセスレスポンスメッセージの送信のために利用されてもよい。例えば、端末装置は、ランダムアクセスプリアンブルを送信した場合において、RA−RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHをモニタしてもよい。また、端末装置は、RA−RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHの検出に基づいて、PDSCHでランダムアクセスレスポンスを受信してもよい。

0083

ここで、C−RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHは、USSまたはCSSにおいて送信されてもよい。また、SPSC−RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHは、USSまたはCSSにおいて送信されてもよい。また、RA−RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHは、CSSのみにおいて送信されてもよい。

0084

CRCをスクランブルするRNTIには、RA−RNTI、C−RNTI、SPSC−RNTI、テンポラリーC−RNTI、eIMTA−RNTI、TPC−PUCCH−RNTI、TPC−PUSCH−RNTI、M−RNTI、P−RNTI、SI−RNTIがある。

0085

RA−RNTI、C−RNTI、SPSC−RNTI、eIMTA−RNTI、TPC−PUCCH−RNTI、TPC−PUSCH−RNTIは、上位層シグナリングを介して、基地局装置から端末装置に設定される。

0086

M−RNTI、P−RNTI、SI−RNTIは1つの値に対応している。例えば、P−RNTIは、PCHおよびPCCHに対応し、ページングシステムインフォメーションの変更を通知するために用いられる。SI−RNTIは、DL−SCH、BCCHに対応し、システムインフォメーションの報知に用いられる。RA−RNTIは、DL−SCHに対応し、ランダムアクセスレスポンスに用いられる。

0087

RA−RNTI、C−RNTI、SPSC−RNTI、テンポラリーC−RNTI、
eIMTA−RNTI、TPC−PUCCH−RNTI、TPC−PUSCH−RNTIは、上位層シグナリングを用いて設定される。

0088

M−RNTI、P−RNTI、SI−RNTIは所定の値が定義されている。

0089

各RNTIによってスクランブルされたCRCを伴うPDCCHは、RNTIの値によって、対応するトランスポートチャネル論理チャネルが異なる場合もある。つまり、RNTIの値によって、示される情報が異なる場合もある。

0090

1つのSI−RNTIは、すべてのSIメッセージと同様にSIB1にアドレスするために用いられる。

0091

PDSCHは、下りリンクデータ(Downlink Shared Channel: DL-SCH)を送信するた
めに用いられる。また、PDSCHは、システムインフォメーションメッセージを送信するために用いられる。ここで、システムインフォメーションブメッセージは、セルスペシフィックな情報であってもよい。また、システムインフォメーションは、RRCシグナリングに含まれてもよい。また、PDSCHは、RRCシグナリング、および、MACコントロールエレメントを送信するために用いられてもよい。

0092

また、PDSCHは、第3のULグラントを送信するために用いられてもよい。例えば、端末装置は、基地局装置によってスケジュールされたPDSCHにおいて、第3のULグラント(第3のULグラントに含まれる情報)を受信(検出)してもよい。

0093

PMCHは、マルチキャストデータ(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。

0094

同期信号は、端末装置が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。TDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0、1、5、6に配置される。FDD方式において、同期信号は無線フレーム内のサブフレーム0と5に配置される。

0095

下りリンク参照信号は、端末装置が下りリンク物理チャネルの伝搬路補正を行なうために用いられる。ここで、下りリンク参照信号は、端末装置が下りリンクのチャネル状態情報を算出するために用いられる。

0096

DSは、DSに関するパラメータが設定された周波数において、時間周波数同期やセル識別、RRM(Radio Resource Management)測定(イントラおよび/またはインター
波数測定)に用いられる。また、DSは複数の信号から構成され、それらの信号が同じ周期で送信される。DSは、PSS/SSS/CRSのリソースを用いて構成され、さらに、CSI−RSのリソースを用いて構成されてもよい。DSにおいて、CRSやCSI−RSがマップされるリソースを用いて、RSRPやRSRQが測定されてもよい。

0097

BCH、MCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(MAC)層で用いられるチャネルをトランスポートチャネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(TB)またはMACPDU(Protocol Data Unit)とも称する。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行なわ
れる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位で
ある。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に符号化処理が行なわれる。

0098

PUCCH、および/または、sPUCCHは、上りリンク制御情報(UCI)を送信(またはフィードバック)するために用いられる。以下、PUCCHは、sPUCCHを含んでもよい。ここでUCIには、下りリンクのチャネルの状態を示すために用いられるチャネル状態情報(CSI)が含まれてもよい。また、UCIには、UL−SCHのリソースを要求するために用いられるスケジューリング要求(SR)が含まれてもよい。また、UCIには、HARQ−ACK(Hybrid Automatic Repeat request ACKnowledgement
)が含まれてもよい。

0099

ここで、HARQ−ACKは、下りリンクデータ(Transport block, Medium Access Control Protocol Data Unit: MACPDU, Downlink-Shared Channel: DL-SCH, Physical Downlink Shared Channel:PDSCH)に対するHARQ−ACKを示してもよい。すなわち、HARQ−ACKは、下りリンクデータに対するACK(Acknowledgement, positive-acknowledgment)またはNACK(Negative-acknowledgement)を示してもよい。また、CSIは、チャネル品質インディケータ(CQI)、プレコーディングマトリックスインディケータ(PMI)、および/または、ランクインディケーションRI)で構成されてもよい。HARQ−ACKは、HARQ−ACK応答と称されてもよい。

0100

PUCCHは、送信するUCIの種類や組み合わせに応じてフォーマットが規定されてもよい。

0101

PUCCHフォーマット1は、ポジティブSRを送信するために用いられる。

0102

PUCCHフォーマット1aは、1ビットのHARQ−ACK、または、FDDまたはFDD−TDDプライマリセルFS1の場合、ポジティブSRを伴う1ビットのHARQ−ACK、を送信するために用いられる。なお、FDD−TDDプライマリセルFSは、FDD−TDD CAを行なう場合のプライマリセルのFSを示している。つまり、FDD−TDD CAにおけるあるFSのプライマリセルと言い換えることができる。また、セカンダリセルについても同様に示すことができる。

0103

PUCCHフォーマット1bは、2ビットのHARQ−ACK、または、ポジティブSRを伴う2ビットのHARQ−ACK、を送信するために用いられる。

0104

また、PUCCHフォーマット1bは、端末装置に1つよりも多いサービングセルが設定された時、または、TDDの場合、端末装置に1つのサービングセルが設定された時、チャネル選択を使って、4ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0105

チャネル選択は、複数のPUCCHリソースのうち、何れか1つを選択することによって、同じビットの値であっても、その解釈を変えることができる。例えば、第1のPUCCHリソースと第2のPUCCHリソースで、同じビットの値であっても、その示す内容は異なってもよい。チャネル選択により、複数のPUCCHリソースを用いることによって、HARQ−ACKを拡張することができる。

0106

PUCCHフォーマット2は、HARQ−ACKを多重しない時のCSIレポートを送信するために用いられる。

0107

また、PUCCHフォーマット2は、ECPに対するHARQ−ACKを多重したCSIレポートを送信するために用いられてもよい。

0108

PUCCHフォーマット2aは、NCPに対する1ビットのHARQ−ACKを多重したCSIレポートを送信するために用いられる。

0109

PUCCHフォーマット2bは、NCPに対する2ビットのHARQ−ACKを多重したCSIレポートを送信するために用いられる。

0110

NCPだけがサポートされたPUCCHフォーマット2a/2bにおいて、あるビット列は、PUCCHに対するDMRSの生成に用いられた1つの変調シンボルにマップされる。つまり、NCPだけがサポートされたPUCCHフォーマット2a/2bにおいて、DMRSシンボルをデータが割り当て可能なシンボルとして用いることができる。

0111

PUCCHフォーマット3は、FDDまたはFDD−TDDプライマリセルFS1に対して10ビットまでのHARQ−ACK、TDDに対して20ビットのHARQ−ACK、FDD−TDDプライマリセルFS2に対して21ビットのHARQ−ACKを送信するために用いられる。

0112

また、PUCCHフォーマット3は、FDDまたはFDD−TDDに対して10ビットのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する11ビットまでのUCI、および、TDDに対して20ビットのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する21ビットのUCI、および、FDD−TDDプライマリセルFS2に対して21ビットまでのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する22ビットのUCI、を送信するために用いられてもよい。

0113

また、PUCCHフォーマット3は、FDDまたはFDD−TDDに対して10ビットのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する11ビットまでのUCI、および、TDDに対して20ビットのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する21ビットのUCI、および、FDD−TDDプライマリセルFS2に対して21ビットまでのHARQ−ACKおよび1ビットのポジティブ/ネガティブSRに対応する22ビットのUCI、を送信するために用いられてもよい。

0114

また、PUCCHフォーマット3は、HARQ−ACK、および、(もしあれば)1ビットのポジティブ/ネガティブSR、および、CSIレポートを送信するために用いられてもよい。

0115

PUCCHフォーマット4は、HARQ−ACK、(もしあれば)SR、および、(もしあれば)周期的なCSIレポートを含む22ビットよりも多いUCIを送信するために用いられる。

0116

また、PUCCHフォーマット4は、1つよりも多いCSIレポート、および、(もしあれば)SRを送信するために用いられてもよい。

0117

PUCCHフォーマット5は、HARQ−ACK、(もしあれば)SR、および、(もしあれば)周期的なCSIレポートを含む22ビットよりも多いUCIを送信するために用いられる。

0118

また、PUCCHフォーマット5は、1つよりも多いCSIレポート、および、(もしあれば)SRを送信するために用いられてもよい。

0119

PUCCHフォーマットに基づいて、対応するDMRSの数や配置が異なってもよい。例えば、NCPが付加される場合、PUCCHフォーマット1/1a/1bに対しては1スロット内に3つのDMRSが配置され、PUCCHフォーマット2/2a/2b/3に対しては1スロット内に2つのDMRSが配置され、PUCCHフォーマット4/5に対しては1スロット内に1つのDMRSが配置される。

0120

PUCCHがSRSサブフレームで送信される場合には、短縮フォーマットが適用されるPUCCHフォーマット(例えば、フォーマット1、1a、1b、3)においては、SRSが割り当てられる可能性のある最後尾の1シンボルまたは2シンボル(そのサブフレームにおける2番目のスロットの最後尾の1シンボルまたは2シンボル)を空にして、つまり、短縮フォーマットでPUCCHを送信してもよい。

0121

PUCCHフォーマット1/1a/1bとPUCCHフォーマット2/2a/2bは、同じRBで送信されてもよい。PUCCHフォーマット1/1a/1bとPUCCHフォーマット2/2a/2bの送信に用いられるRBにおけるPUCCHフォーマット1/1a/1bに対するサイクリックシフトは個別に設定されてもよい。

0122

PUSCH、および/または、sPUSCHは、上りリンクデータ(Uplink-Shared Channel: UL-SCH)を送信するために用いられる。以下、PUSCHは、sPUSCHを含
んでもよい。また、PUSCHは、上りリンクデータと共にHARQ−ACKおよび/またはCSIを送信するために用いられてもよい。また、PUSCHは、CSIのみ、または、HARQ−ACKおよびCSIのみを送信するために用いられてもよい。すなわち、PUSCHは、UCIのみを送信するために用いられてもよい。

0123

ここで、基地局装置と端末装置は、上位層(higher layer)において信号をやり取り(送受信)してもよい。例えば、基地局装置と端末装置は、無線リソース制御(Radio Resource Control :RRC)層において、RRCシグナリング(RRC message、RRC informationとも称される)を送受信してもよい。また、基地局装置と端末装置は、MAC(Medium Access Control)層において、MACコントロールエレメントをやり取り(送受信)して
もよい。ここで、RRCシグナリング、および/または、MACコントロールエレメントを、上位層の信号(higher layer signaling)とも称する。

0124

ここで、本実施形態において、「上位層のパラメータ」、「上位層のメッセージ」、「上位層の信号」、「上位層の情報」、および、「上位層の情報要素」は、同一のものであってもよい。

0125

また、PUSCHは、RRCシグナリング、および、MACコントロールエレメント(MAC CE)を送信するために用いられてもよい。ここで、基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、セル内における複数の端末装置に対して共通のシグナリングであってもよい。また、基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置に対して専用のシグナリング(dedicated signalingとも称する)であってもよい。すなわち
、ユーザ装置スペシフィックな情報は、ある端末装置に対して専用のシグナリングを用いて送信されてもよい。

0126

PRACH、および/または、sPRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる。以下、PRACHは、sPRACHを含んでもよい。例えば、PRACH(または、ランダムアクセスプロシージャ)は、端末装置が、基地局装置と時間領域の同期を取ることを主な目的として用いられる。また、PRACH(または、ランダムアクセスプロシージャ)は、初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャハンドオーバプロシージャ、コネクション確立(connection re-es
tablishment)プロシージャ、上りリンク送信に対する同期(タイミング調整)、および
、スケジューリング要求(PUSCHリソースの要求、UL−SCHリソースの要求)の送信のためにも用いられてもよい。

0127

DMRSは、PUSCH、sPUSCH、および/または、PUCCHの送信に関連する。すなわち、DMRSは、PUSCH、sPUSCH、または、PUCCHと時間多重されてもよい。例えば、基地局装置は、PUSCH、sPUSCH、または、PUCCHの伝搬路補正を行なうためにDMRSを使用してもよい。DMRSは、復調する物理チャネルの種類に応じて、時間多重の配置や多重するDMRSの数が異なってもよい。

0128

SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しない。例えば、基地局装置は、上りリンクのチャネル状態または送信タイミングを測定するためにSRSを使用してもよい。SRSには、上位層の信号によって関連するパラメータが設定された場合に送信するトリガタイプ0SRSと、上位層の信号によって関連するパラメータが設定され、且つ、上りリンクグラントに含まれるSRSリクエストによって送信が要求された場合に送信するトリガタイプ1SRSがある。

0129

LTEの時間単位Tsは、サブキャリア間隔(例えば、15kHz)とFFTサイズ(例えば、2048)に基づいている。つまり、Tsは、1/(15000×2048)秒である。1スロットの時間長は、15360・Ts(つまり、0.5ms)である。1サブフレームの時間長は、30720・Ts(つまり、1ms)である。1無線フレームの時間長は、307200・Ts(つまり、10ms)である。

0130

物理チャネルまたは物理信号のスケジューリングについて無線フレームを用いて管理している。1つの無線フレームの時間長は10ミリ秒(ms)である。1つの無線フレームは10サブフレームで構成される。さらに、1サブフレームは2つのスロットで構成される。すなわち、1つのサブフレームの時間長は1ms、1つのスロットの時間長は0.5msである。また、物理チャネルが配置されるスケジューリングの最小単位としてリソースブロックを用いて管理している。リソースブロックとは、周波数軸複数サブキャリア(例えば12サブキャリア)の集合で構成される一定の周波数領域と、一定の送信時間間隔(TTI、スロット、シンボル)で構成される領域で定義される。なお、1サブフレームは、1リソースブロックペアと称されてもよい。

0131

また、1つのTTIは1つのサブフレームまたは1つのサブフレームを構成するシンボルの数として規定されてもよい。例えば、NCP(Normal Cyclic Prefix)の場合、1つのTTIは、14シンボルで構成されてもよい。また、ECP(Extended CP)の場合、
1つのTTIは、12シンボルで構成されてもよい。なお、TTIは、受信側では受信時間間隔として規定されてもよい。TTIは、物理チャネルや物理信号の送信単位または受信単位として定義されてもよい。つまり、物理チャネルや物理信号の時間長は、TTIの長さに基づいて規定されてもよい。なお、シンボルは、SC−FDMAシンボルおよび/またはOFDMシンボルが含まれてもよい。また、TTIの長さ(TTI長)は、シンボルの数で表現されてもよい。また、TTI長は、ミリ秒(ms)やマイクロ秒(μs)のような時間長で表現されてもよい。

0132

各シンボルには、物理チャネルおよび/または物理信号に係る系列がマップされる。系列の検出精度を高めるために、CPが物理チャネルおよび/または物理信号に係る系列に付加される。CPには、NCPとECPがあり、ECPの方がNCPに比べ、付加する系列長が長い。なお、CPに係る系列長は、CP長と称されてもよい。

0133

端末装置および基地局装置が、LR(Latency Reduction)に関連する機能をサポート
している場合、1つのTTIはNCPで14シンボル(ECPで12シンボル)より少ない数で構成されてもよい。例えば、1つのTTIのTTI長は、2、3、7のいずれかのシンボル数で構成されてもよい。NCPで14シンボル(ECPで12シンボル)よりも少ないシンボル数で構成されるTTIは、sTTI(short TTI, shorter TTI, shortened TTI)と称されてもよい。

0134

TTI長がNCPで14シンボル(ECPで12シンボル)のTTIは、単に、TTIと称されてもよい。

0135

下りリンク送信に対するsTTI(DL−sTTI)のTTI長は、2シンボルと7シンボルのいずれかが設定されてもよい。上りリンク送信に対するsTTI(UL−sTTI)のTTI長は、2シンボルと、3または4シンボル、7シンボルのいずれかが設定されてもよい。DL−sTTI内に、sPDCCHとsPDSCHが配置されてもよい。なお、sPUSCHとsPUCCHとsPRACHのTTI長は、個別に設定されてもよい。なお、sPDSCHのTTI長には、sPDCCHのシンボルが含まれてもよいし、PDCCHのシンボルが含まれてもよい。また、sPUSCHおよび/またはsPUCCHのTTI長には、DMRSのシンボルが含まれてもよいし、SRSのシンボルが含まれてもよい。

0136

上述した種々の物理チャネルおよび/または物理信号のサブキャリア間隔は、物理チャネルおよび/または物理信号毎に個別に規定/設定されてもよい。また、種々の物理チャネルおよび/または物理信号の1シンボルの時間長は、物理チャネルおよび/または物理信号毎に個別に規定/設定されてもよい。つまり、種々の物理チャネルおよび/または物理信号のTTI長は、物理チャネルおよび/または物理信号毎に個別に規定/設定されてもよい。

0137

本実施形態では、複数のセル(セルに対応するコンポーネントキャリア)を用いて通信を行なうCA(Carrier Aggregation)が行なわれてもよい。CAでは、初期アクセス
RRC接続を確立するセルをプライマリセル(PCell)、プライマリセルを用いて追加/変更/削除/アクティベーション・デアクティベーションされるセカンダリセルがある。

0138

本実施形態では、複数のセル(セルに対応するコンポーネントキャリア)を用いて通信を行なうDC(Dual Connectivity)が行なわれてもよい。DCでは、2つの基地局装置
(MeNB(Master eNB)、SeNB(Secondary eNB))のそれぞれに属しているセル
グループを構成する。MeNBに属し、プライマリセルを含むセルグループをMCG(Master Cell Group)とし、SeNBに属し、プライマリセカンダリセル(PSCell
)を含むセルグループをSCG(Secondary Cell Group)と規定している。プライマリセカンダリセルは、複数のセルグループが設定された場合の、プライマリセルを含まないセルグループ、つまり、SCGにおいて、プライマリセルと同様の機能を有するセル(セカンダリセル、プライマリセル以外のサービングセル)のことである。

0139

プライマリセルとプライマリセカンダリセルは、各CGにおけるプライセルの役割を担っている。ここで、プライマリセルとは、PUCCHおよび/またはPUCCHに相当する制御チャネルが送信および/または割り当て可能なセルのことであってもよいし、初期アクセス手順/RRC接続手順/初期コネクション確立手順に関連するセルであってもよいし、L1シグナリングでのランダムアクセス手順に関するトリガをかけることのできるセルであってもよいし、無線リンクをモニタリングするセルであってもよいし、セミパーシステントスケジューリングがサポートされるセルであってもよいし、RLFを検出/判定するセルであってもよいし、常にアクティベーションであるセルであってもよい。なお
、本実施形態では、プライマリセルおよび/またはプライマリセカンダリセルの機能を有しているセルのことをスペシャルセルと呼称する場合がある。LRセルに対して、プライマリセル/プライマリセカンダリセル/セカンダリセルはLTEと同様に規定されてもよい。

0140

本発明において、時間領域は、時間長やシンボルの数で表されてもよい。また、周波数領域は、帯域幅やサブキャリアの数や、周波数方向のリソースエレメントの数、リソースブロック数で表されてもよい。

0141

LRセルでは、サブフレームのタイプや上位層の設定情報、L1シグナリングに含まれる制御情報に基づいて、TTIのサイズが変更可能であってもよい。

0142

LRセルでは、グラントが不要なアクセスが可能であってもよい。なお、グラントが不要なアクセスとは、PDSCHやPUSCH(下りリンクや上りリンクの共用チャネルデータチャネル)のスケジュールを指示する制御情報(DCIフォーマット、下りリンクグラント、上りリンクグラント)を用いないアクセスのことである。つまり、LRセルでは、PDCCH(下りリンクの制御チャネル)を用いた、ダイナミックなリソース割り当てや送信指示を行なわないアクセス方式が適用されてもよい。

0143

LRセルでは、端末装置は、端末装置の機能(性能、能力)および基地局装置からの設定に基づいて、下りリンクリソース(信号、チャネル)に対応するHARQ−ACKおよび/またはCSIフィードバックを、同じサブフレームにマップされた上りリンクリソース(信号、チャネル)を用いて行なってもよい。なお、このサブフレームにおいて、あるサブフレームにおけるCSIの測定結果に対するCSIに関する参照リソースは、同じサブフレームのCRSまたはCSI−RSであってもよい。このようなサブフレームは、自己完結型のサブフレームと呼称されてもよい。

0144

なお、自己完結型のサブフレームは、連続する1つ以上のサブフレームで構成されてもよい。つまり、自己完結型のサブフレームは、複数のサブフレームで構成されてもよいし、複数のサブフレームで構成される1つの送信バーストであってもよい。自己完結型のサブフレームを構成する最後尾のサブフレーム(最後尾を含む後方のサブフレーム)は、上りリンクサブフレームかスペシャルサブフレームであることが好ましい。つまり、この最後尾のサブフレームにおいて、上りリンク信号/チャネルが送信されることが好ましい。

0145

自己完結型のサブフレームが、複数の下りリンクサブフレームと1つの上りリンクサブフレームまたはスペシャルサブフレームで構成される場合、その複数の下りリンクサブフレームのそれぞれに対するHARQ−ACKは、その1つの上りリンクサブフレームまたはスペシャルサブフレームのUpPTSで送信されてもよい。

0146

通信装置は、信号を受信(復調復号)できたか否かに基づいて、その信号に対するACKまたはNACKを決定する。ACKは、通信装置において、信号を受信できたことを示し、NACKは、通信装置において、信号を受信できなかったことを示す。NACKがフィードバックされた通信装置は、NACKである信号の再送信を行なってもよい。端末装置は、基地局装置から送信された、PUSCHに対するHARQ−ACKの内容に基づいて、PUSCHを再送信するか否かを決定する。基地局装置は、端末装置から送信された、PDSCHまたはPDCCH/EPDCCHに対するHARQ−ACKの内容に基づいて、PDSCHを再送信するか否かを決定する。端末装置が送信したPUSCHに対するACK/NACKは、PDCCHまたはPHICHを用いて端末装置にフィードバックされる。基地局装置が送信したPDSCHまたはPDCCH/EPDCCHに対するACK/NACKは、PUCCHまたはPUSCHを用いて基地局装置にフィードバックされる

0147

なお、本発明において、サブフレームは、基地局装置および/または端末装置の送信単位および/または受信単位を示している。

0148

基地局装置は、CCCH(Common Control Channel)に対するLCID(Logical Channel ID)と端末装置の能力情報性能情報機能情報)に基づいて端末装置がLR(Latency Reduction)デバイスであることを決定してもよい。

0149

端末装置および/または基地局装置が、LRに関する能力をサポートしている場合、受信信号および/または送信信号に用いられるTTIの長さ(シンボル数)に基づいて、処理時間(処理遅延レイテンシー)が決定されてもよい。つまり、LRに関する能力をサポートしている端末装置および/または基地局装置の処理時間は、受信信号および/または送信信号に対するTTI長に基づいて可変であってもよい。

0150

S1シグナリングがページングに対する端末無線能力情報を含んで拡張している。このページング固有の能力情報が基地局装置によってMME(Mobility Management Entity)に提供されると、MMEからのページング要求がLR端末に関することを基地局装置に指示するために、MMEはこの情報を用いられてもよい。識別子は、ID(Identity, Identifier)と称されてもよい。

0151

端末装置の能力情報(UE radio access capability, UE EUTRA capability)は、基地
局装置(EUTRAN)が端末装置の能力情報が必要な時、接続モードの端末装置に対する手順を開始する。基地局装置は、端末装置の能力情報を問い合わせる。端末装置は、その問い合わせに応じて端末装置の能力情報を送信する。基地局装置は、その能力情報に対応しているか否かを判断し、対応している場合には、その能力情報に対応した設定情報を、上位層シグナリングなどを用いて端末装置へ送信する。端末装置は、能力情報に対応する設定情報が設定されたことによって、その機能に基づく送受信が可能であると判断する。

0152

物理チャネルおよび/または物理信号の設定に関するパラメータは上位層パラメータとして上位層シグナリングを介して端末装置に設定されてもよい。また、一部の物理チャネルおよび/または物理信号の設定に関するパラメータは、DCIフォーマットやグラントなど、L1シグナリング(物理層シグナリング、例えば、PDCCH/EPDCCH)を介して端末装置に設定されてもよい。また、物理チャネルおよび/または物理信号の設定に関するパラメータはデフォルトの設定またはデフォルト値が端末装置に予め設定されてもよい。また、端末装置は、上位層シグナリングを用いて、それらの設定に関するパラメータが通知されると、デフォルト値を更新してもよい。また、対応する設定に応じて、その設定を通知するために用いられる上位層シグナリング/メッセージの種類は異なってもよい。例えば、上位層シグナリング/メッセージは、RRCメッセージ報知情報、システムインフォメーションなどが含まれてもよい。

0153

基地局装置は、LAA周波数において、DSを送信する場合、DSオケージョン内にデータ情報および/または制御情報をマップしてもよい。そのデータ情報および/または制御情報には、LAAセルに関する情報が含まれてもよい。例えば、そのデータ情報および/または制御情報には、LAAセルが属する周波数、セルID、負荷混雑状況、干渉/送信電力、チャネルの専有時間や送信データに関するバッファの状況が含まれてもよい。

0154

LAA周波数において、DSが測定される場合、DSに含まれる各信号に用いられるリソースは拡張されてもよい。例えば、CRSは、アンテナポート0だけでなく、アンテナ
ポート2や3などに対応するリソースが用いられてもよい。また、CSI−RSも、アンテナポート15だけでなく、アンテナポート16や17などに対応するリソースが用いられてもよい。

0155

LRセルにおいて、上位層の信号(RRCシグナリング)またはシステムインフォメーションを用いて、端末装置にDSに関するリソースが設定された場合、L1シグナリング(PDCCHやDCIフォーマットのあるフィールドに相当する制御情報)やL2シグナリング(MAC CEに相当する制御情報)、つまり、下位層の信号(RRC層より下の層の信号)を用いて、端末装置は、DSを受信するか否かをダイナミックに指示されてもよい。

0156

LRセルにおいて、復調/復号用のRSとCSI測定用のRSは、共通のリソースであってもよいし、個別に規定される場合は異なるリソースであってもよい。

0157

次に、本実施形態に係るセルサーチについて説明する。

0158

LTEにおいて、セルサーチは、端末装置があるセルの時間周波数同期を行ない、且つ、そのセルのセルIDを検出するための手順である。EUTRAセルサーチは、72サブキャリア以上に対応する拡大縮小可能な全送信帯域幅をサポートする。EUTRAセルサーチは下りリンクにおいて、PSSとSSSに基づいて行なわれる。PSSとSSSは各無線フレームの第1のサブフレームと第6のサブフレームの帯域幅の中心の72サブキャリアを用いて送信される。隣接のセルサーチは初期セルサーチとして同じ下りリンク信号に基づいて行なわれる。

0159

LRにおいて、スタンドアロン型で通信が行なわれる場合には、上記と同様のセルサーチが行なわれてもよい。

0160

次に、本実施形態に係る物理層の測定について説明する。

0161

LTEにおいて、物理層の測定は、イントラ周波数およびインター周波数のEUTRAN内の測定(RSRP/RSRQ)と、端末装置の受信送信の時間差、端末装置のポジショニングに用いられる参照信号時間差に関する測定(RSTD)と、RAT間(EUTRAN−GERAN/UTRAN)に関する測定と、システム間(EUTRAN−非3GPP RAT)に関する測定などがある。なお、物理層の測定は、モビリティをサポートするために行なわれる。また、EUTRAN測定には、アイドルモードの端末装置によって行なわれる測定や接続モードの端末装置によって行なわれる測定がある。端末装置は、適切な測定ギャップにおいてEUTRAN測定を行ない、EUTRAN測定をしたセルに同期している。なお、これらの測定は、端末装置で行なわれるため、端末装置の測定と称されてもよい。

0162

端末装置は、EUTRAN内の測定に対して、少なくとも2つの物理量(RSRP、RSRQ)がサポートされてもよい。さらに、端末装置は、RSSIに関する物理量がサポートされてもよい。端末装置は、上位層パラメータとして設定された物理量に関するパラメータに基づいて対応する測定を行なってもよい。

0163

物理層の測定は、モビリティをサポートするために行なわれる。例えば、イントラ周波数およびインター周波数のEUTRAN内の測定(RSRP/RSRQ)と、端末装置の受信と送信間の時間差、端末装置のポジショニングに用いられる参照信号時間差に関する測定(RSTD)と、インターRAT(EUTRAN−GERAN/UTRAN)に関する測定と、システム間(EUTRAN−非3GPP RAT)に関する測定などがある。
例えば、物理層の測定は、イントラおよびインター周波数ハンドオーバに対する測定やインターRATハンドオーバに対する測定、タイミング測定、RRMに対する測定、ポジショニングがサポートされていればポジショニングに関する測定が含まれる。なお、インターRATハンドオーバに対する測定は、GSM登録商標),UTRAFDD,UTRA TDD,CDMA2000,1xRTT,CDMA2000 HRPD,IEEE802.11へのハンドオーバのサポートにおいて定義されている。また、EUTRAN測定は、モビリティをサポートするために用いられる。また、EUTRAN測定には、アイドルモードの端末装置によって行なわれる測定や接続モードの端末装置によって行なわれる測定がある。例えば、イントラおよびインター周波数のそれぞれに対して、端末装置がアイドルモードと接続モードのどちらのモードであっても、RSRPやRSRQは測定されてもよい。端末装置は、適切な測定ギャップにおいてEUTRAN測定を行ない、EUTRAN測定をしたセルに同期している。

0164

物理層の測定は、無線特性が端末装置および基地局装置によって測定され、ネットワークの上位層に報告されることを含んでいる。

0165

次に、本実施形態に係る端末装置および/または基地局装置の処理時間(レイテンシー)について説明する。

0166

本実施形態において、“OFDMシンボルおよび/またはSC−FDMAシンボルにCPが付加される”とは、“OFDMシンボルおよび/またはSC−FDMAシンボルで送信される物理チャネルの系列にCPの系列が付加される”と同義であってもよい。

0167

処理時間は、検出した信号の受信および復号に要する時間と、送信する信号の生成(変調や符号化)に要する時間に基づいて決定される。端末装置および基地局装置は、受信信号のTTI長や送信信号のTTI長が短くすることによって、それに伴う、復号に要する時間と生成に要する時間をそれぞれ短くすることができる。

0168

本実施形態では、端末装置がsTTIを用いた送信および/または受信をサポートしている場合、端末装置は、OFDMシンボルおよび/またはSC−FDMAシンボルにNCPが付加された14シンボルで構成されるTTIにおける処理時間を短縮することができる。TTIにおける処理時間を短縮するか否かは、上位層シグナリングを介して、設定されてもよい。つまり、基地局装置は、端末装置から送信された能力情報に基づいて、セル内の端末装置がsTTIをサポートしている能力があると判断した場合、TTIおよび/またはsTTIに対する送信および/または受信に対する処理時間を短縮するように設定してもよい。なお、端末装置は、送信と受信に対して個別に、処理時間の短縮に関する能力がサポートされてもよい。また、端末装置は、送信に関する処理時間と受信に関する処理時間のそれぞれに対して、処理時間の短縮に関する能力がサポートされるかどうかを示してもよい。また、送信に関する処理と受診に関する処理はそれぞれ、上りリンクに関する処理と下りリンクに関する処理と言い換えてもよい。

0169

処理時間を物理チャネルのTTI長毎にダイナミックに変更するか、上位層パラメータに基づいて削減するかは、基地局装置によって上位層シグナリングを介して、設定されてもよい。

0170

ここで、“端末装置がsTTIを用いた送信をサポートする”とは、sPUSCHやsPUCCH、sPRACHのうち、少なくとも1つの物理チャネルに対する送信をサポートしていることと同義である。また、“端末装置がsTTIを用いた受信をサポートする”とは、sPDSCHやsPDCCHのうち、少なくとも1つの物理チャネルに対する受信をサポートしていることと同義である。

0171

sTTIは、物理チャネル毎にサポートされているかどうかが示されてもよい。端末装置は、物理チャネル毎にsTTIを用いた送信および/または受信をサポートしているかどうかを、能力情報を用いて示してもよい。

0172

次に、本実施形態に係る下りリンク送信(PDSCH,sPDSCH)に対するHARQ−ACKプロシージャの一例について説明する。本実施形態では、OFDMシンボルおよび/またはSC−FDMAシンボルにNCPが付加された場合(つまり、1スロットが7シンボルで構成される場合、1サブフレームが14シンボルで構成される場合)を想定して説明するが、ECPが付加された場合に対しても同様に適用されてもよい。

0173

PDSCHおよび/またはsPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングは、PDSCHおよび/またはsPDSCHのTTI長、つまり、PDSCHおよび/またはsPDSCHを構成するシンボルの数に基づいて決定されてもよい。なお、sPDSCHは、下りリンクsTTIと同義であってもよい。

0174

PDSCHおよび/またはsPDSCHのTTI長が14シンボルの場合、FDDに対して、端末装置が、サブフレームn−4でPDSCHおよび/またはsPDSCHを検出した場合、端末装置は、対応するHARQ−ACKを、サブフレームnでPUCCHおよび/またはsPUCCHを用いて送信する。sPUCCHで対応するHARQ−ACKを送信する場合、sPUCCHのTTI長および/または上位層パラメータおよび/またはDCIフォーマットに含まれる情報に基づいて、サブフレームn内の何番目のsPUCCHで送信されるかが示されてもよい。

0175

sPDSCHのTTI長が7シンボルの場合、FDDに対して、端末装置が、サブフレームn−k1でPDSCHおよび/またはsPDSCHを検出した場合、端末装置は、対応するHARQ−ACKを、サブフレームnでPUCCHおよび/またはsPUCCHを用いて送信する。sPUCCHで、sPDSCHに対応するHARQ−ACKを送信する場合、sPUCCHのTTI長および/または上位層パラメータおよび/またはDCIフォーマットに含まれる情報に基づいて、サブフレームn内の何番目のsPUCCHで送信されるかが示されてもよい。k1の値は、4よりも小さい値であり、sPDSCHのTTI長に基づいて決定されてもよい。

0176

sPDSCHのTTI長が2シンボルの場合、FDDに対して、端末装置が、サブフレームn−k2でPDSCHおよび/またはsPDSCHを検出した場合、端末装置は、対応するHARQ−ACKを、サブフレームnでPUCCHおよび/またはsPUCCHを用いて送信する。sPUCCHで対応するHARQ−ACKを送信する場合、sPUCCHのTTI長および/または上位層パラメータに基づいて、サブフレームn内の何番目のsPUCCHで送信されるかが示されてもよい。k2の値は、k1よりも小さい値であり、sPDSCHのTTI長に基づいて決定されてもよい。

0177

なお、sPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングは、sPDSCHのTTI長だけでなく、sPUCCHのTTI長にも基づいて決定されてもよい。つまり、端末装置の受信処理に対する処理時間だけでなく、端末装置の送信処理に対する処理時間も考慮して送信タイミングは決定されてもよい。

0178

sPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングは、図7のように規定されてもよい。図7は、本実施形態に係るsPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングを示す図である。nfは、無線フレーム番号システムフレーム番号)を表している。nsは、スロット番号を表している。床関数を用いることによって、スロット番号から
サブフレーム番号を示している。lは、下りリンクsTTI(DL sTTI)またはsPDSCHのスタートシンボル番号を表している。sPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングに相当するsPUCCHまたはsPUSCHのスタートシンボル番号の候補は、DL sTTIまたはsPDSCHのスタートシンボル番号から所定の処理時間kを加算することによって得られる。つまり、sPDSCHに対するHARQ−ACKの送信タイミングに相当するsPUCCHまたはsPUSCHのスタートシンボル番号の候補は、DL sTTIまたはsPDSCHのスタートシンボル番号+k以降の最初の上りリンクsTTIであってもよい。kの値は、DL sTTIまたはsPDSCHのTTI長に基づいて決定されてもよいし、DL sTTIまたはsPDSCHのTTI長と設定されたTA値の組み合わせに基づいて決定されてもよいし、DL sTTIまたはsPDSCHのTTI長と上りリンクsTTI(UL sTTI)またはsPUSCH/sPUCCHのTTI長の組み合わせに基づいて決定されてもよいし、上位層パラメータとして設定されてもよい。また、kの値には、端末装置の最小処理時間を考慮した値が含まれてもよい。なお、kの値には、受信信号の受信時間が含まれてもよい。

0179

なお、sPDSCHの再送信のタイミング、つまり、HARQRTT(HARQ Round Trip Time)は、sPDSCHのTTI長とsPUCCHのTTI長に基づいて決定されてもよい。つまり、端末装置の受信処理および送信処理に対する処理時間だけでなく、基地局装置の受信処理及び送信処理に対する処理時間も考慮してHARQ RTTは決定されてもよい。

0180

次に、本実施形態に係る下りリンク送信(PDSCH,sPDSCH)に対するHARQ−ACKプロシージャの別の一例について説明する。

0181

ここでは、端末装置および/基地局装置がともに、sTTIを用いた送信および/または受信をサポートしている場合に、端末装置の処理時間を、上位層シグナリングを介して、設定される場合のHARQ−ACKプロシージャについて説明する。

0182

PDSCHおよび/またはsPDSCHのTTI長が14シンボルの場合、FDD、且つ、1つの設定されたサービングセル、つまり、1つのFDDセルに対して、端末装置は、サブフレームn−4において、対応するPDCCHおよび/またはsPDCCHの検出によって示されるPDSCHおよび/またはsPDSCHの送信に対するHARQ−ACKを、サブフレームnで、PUCCHリソースまたはsPUCCHを用いて送信する。言い換えると、端末装置は、サブフレームn−4でPDSCHおよび/またはsPDSCHを検出した場合、サブフレームnの上りリンクサブフレームで、PUCCHを用いて、サブフレームn−4で検出したPDSCHおよび/またはsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信する。PUCCHリソースおよび/またはsPUCCHリソースは、PUCCHの設定に関する上位層パラメータと検出したPDCCHまたはsPDCCHを構成するCCEの最下位インデックスに基づいて決定される。

0183

PDSCHおよび/またはsPDSCHのTTI長が14シンボルの場合、且つ、端末装置の処理時間の短縮が設定された場合、FDD、且つ、1つの設定されたサービングセルに対して、端末装置は、サブフレームn−k1(k1は4よりも小さい値、つまり、1〜3のいずれかの値)において、対応するPDCCHおよび/またはsPDCCHの検出によって示されるPDSCHおよび/またはsPDSCHの送信に対するHARQ−ACKを、サブフレームnで、PUCCHリソースまたはsPUCCHリソースを用いて送信する。k1は、端末装置の短縮された処理時間に基づいて決定されてもよいし、上位層パラメータとして設定されてもよい。なお、sPUCCHリソースは、sPUCCHの設定に関する上位層パラメータと検出したsPDCCHを構成するCCEの最下位インデックスに基づいて決定されてもよい。

0184

PDSCHおよび/またはsPDSCHのTTI長が14シンボルよりも少ない、つまり、sTTIでPDSCH送信(つまり、sPDSCH送信)が行なわれる場合、且つ、端末装置の処理時間の短縮が設定された場合、FDD、且つ、1つの設定されたサービングセルに対して、端末装置は、サブフレームn−k1またはサブフレームn−k2(k2は4よりも小さい値、つまり、1〜3のいずれかの値、k1よりも同じまたは小さい値)において、対応するPDCCHおよび/またはsPDCCHの検出によって示されるsPDSCH送信に対するHARQ−ACKを、サブフレームnで、sPUCCHリソースを用いて送信する。k2は、端末装置の短縮された処理時間に基づいて決定されてもよいし、上位層パラメータとして設定されてもよい。なお、sPUCCHリソースは、sPUCCHの設定に関する上位層パラメータと検出したsPDCCHを構成するCCEの最下位インデックスに基づいて決定されてもよい。

0185

ここで、サブフレームn−k2において、1つよりも多いsPDSCHを検出した場合、サブフレームnにおける、sPUCCHのフォーマットは、上位層パラメータに基づいて決定されてもよいし、規定された対応表に基づいて決定されてもよいし、sPUCCHを構成するシンボルの数に基づいて決定されてもよい。

0186

sPUCCHのフォーマットは、1つのサービングセルのあるサブフレーム(1つのサブフレームまたは2つのサブフレーム)で検出したsPDSCHに対するHARQ−ACKの数に基づいて規定されてもよい。例えば、1つのサービングセルのあるサブフレームで検出したsPDSCHに対するHARQ−ACKの数が1つの場合、対応するsPUCCHフォーマットは、第1のsPUCCHフォーマットと称されてもよい。また、1つのサービングセルのあるサブフレームで検出したsPDSCHに対するHARQ−ACKの数が1つよりも多い場合、対応するsPUCCHフォーマットは、第2のsPUCCHフォーマットと称されてもよい。1つのサブフレームで検出したsPDSCHに対するHARQ−ACKの数が1つよりも多い場合とは、sPDSCHの数が1つよりも多いことを含んでいる。

0187

また、1つのsPUCCH(1つのsPUCCHフォーマット)で送信可能な(フィードバック可能な)sPDSCHに対するHARQ−ACKの数は、sPUCCHを構成するシンボルの数とsPDSCHを構成するシンボルの数に基づいて決定されてもよい。例えば、sPUCCHが7シンボルで構成される場合、且つ、sPDSCHが7シンボルおよび/または14シンボルで構成される場合、sPUCCHで送信される、1つのサブフレームにおけるsPDSCHに対するHARQ−ACKの数は、1つであってもよい。また、sPUCCHが7シンボルで構成される場合、且つ、sPDSCHが2シンボルで構成される場合、sPUCCHで送信される、1つのサブフレームにおけるsPDSCHに対するHARQ−ACKの数は、1つより多くてもよい。

0188

次に、本実施形態に係る下りリンク送信(sPDSCH)に対するHARQ−ACKプロシージャの別の一例について説明する。

0189

1つのFDDセルに対して、sPDSCHとsPUCCHのTTI長が個別に設定される場合、且つ、サブフレームn−kにおいて複数のsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、PUCCHフォーマット1bまたはチャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bまたはPUCCHフォーマット3のいずれかを用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。つまり、PUCCHフォーマット1bまたはPUCCHフォーマット3は、sPDSCHおよび/またはsPUCCHが設定される場合に、1つのサービングセルの1つのサブフレームに対して、2ビット以上のHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。なお、サブフレームnで、PUCCHフォーマット1を用いるか、
PUCCHフォーマット1aを用いるか、PUCCHフォーマット1bを用いるか、チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bを用いるか、PUCCHフォーマット3を用いるかは、サブフレームn−kで検出したsPDSCHの数、および、対応するHARQ−ACKの数に基づいて決定されてもよい。

0190

以下では、PUCCHのTTI長、つまり、PUCCHかsPUCCHかに因らず、sPDSCHに対応するHARQ−ACKを、所定のPUCCHフォーマットを用いて送信できることを想定している。

0191

端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて1つのsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、PUCCHフォーマット1aを用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。

0192

端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて2つのsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、PUCCHフォーマット1bを用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。

0193

端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて4つまでのsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bを用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。

0194

図3は、本実施形態に係るチャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bが7シンボルに設定された場合の2シンボルのsPDSCHとの対応関係を示す図である。チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bは、4つのsPUCCHリソースを用いて、4ビットまでのHARQ−ACKの送信をサポートする。各スロットのsPUCCHで送信される、チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bは、4つまたは3つのsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信するために用いられる。1つのサブフレームで複数のsPDSCHが検出される場合、1つのPUCCHフォーマットにマップできるHARQ−ACKビットに制限があるとすれば、図3のような対応表が規定されてもよい。この対応表は、上位層パラメータとして設定されてもよいし、DCIフォーマットのフィールドとして設定されてもよい。なお、図3は、短縮された端末装置の処理時間を2サブフレーム(2ms)と想定している。

0195

端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて4つ以上のsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、PUCCHフォーマット3を用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。

0196

端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて7つまでのsPDSCHを検出した場合、サブフレームnで、PUCCHフォーマット2bを用いて、対応するHARQ−ACKを送信してもよい。

0197

また、端末装置は、1つのFDDセルに対して、サブフレームn−kにおいて7つまでのsPDSCHを検出可能な場合、および/または、サブフレームn−k+1において7つまでのsPDSCHを検出可能な場合、サブフレームnで、7シンボルで構成された(つまり、7シンボルのsTTIの)PUCCHフォーマット2bを用いて、対応する7つのsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信してもよい。HARQ−ACKビット(HARQ−ACK(j))がどのサブフレームのどのsPDSCHに対応するかは、上位層シグナリングを介して、示されてもよいし、予め規定されてもよい。例えば、図4に示す対応表に基づいて、HARQ−ACKビットとsPDSCHの対応関係が示されてもよい。なお、HARQ−ACKビットの値は、ACKを示す場合には“1”に相当するビッ
ト値にセットされ、NACKを示す場合には“0”に相当するビット値にセットされてもよい。また、HARQ−ACKビットの値は、DTX(Discontinuous Transmission)を示す場合には対応するビットをセットしなくてもよい。これらは一例であり、この例以外の組み合わせであってもよい。

0198

図4は、本実施形態に係る1つのサブフレームに1つ以上のsPDSCHが検出可能な場合の、PUCCHフォーマット2bに対するHARQ−ACK(j)へあるサービングセルのあるサブフレームにおけるsPDSCHのマッピングを示す図である。図4は、1つのPUCCHフォーマット2bにおいて、7つのHARQ−ACKビットが設定可能な場合について示している。インデックスに基づいて、各HARQ−ACKビットとsPDSCHの対応関係が規定されてもよい。インデックスは、上位層パラメータとして設定されてもよい。図4のNA(Not available, not applicable)は、sPDSCHがPDC
CHおよび/またはsPDCCHと同じ領域に重複することによって、sPDSCHが配置されない場合を示しており、対応するHARQ−ACKがないことを示している。なお、図4のNAは、PDCCHおよび/またはsPDCCHの領域があることを示してもよい。

0199

端末装置は、1つのFDDセルのサブフレームn−kにおいて複数のsPDSCHに対するHARQ−ACKを、サブフレームnで、1つのPUCCHまたは1つのPUCCHフォーマットを用いて送信するか否かは上位層パラメータに基づいて決定されてもよい。

0200

また、PUCCHフォーマット1/1a/1b/3のTTI長が7シンボル(1スロット)に設定される場合、端末装置は、サブフレームnにおいて、2つのPUCCHフォーマットを時間多重して送信することができる。7シンボルに設定されたPUCCHフォーマット1/1a/1b/3が設定された場合、サブフレームnの第1のスロットで送信されるPUCCHフォーマット1/1a/1b/3は、サブフレームn−kにおけるsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信するために用いられ、サブフレームnの第2のスロットで送信されるPUCCHフォーマット1/1a/1b/3は、サブフレームn−k+1におけるsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0201

また、PUCCHフォーマット2/2a/2bのTTI長が7シンボル(1スロット)に設定される場合、端末装置は、サブフレームnにおいて、2つのPUCCHフォーマットを時間多重して送信することができる。7シンボルに設定されたPUCCHフォーマット2/2a/2bが設定された場合、サブフレームnの第1のスロットで送信されるPUCCHフォーマット2/2a/2bは、サブフレームn−kにおけるsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信するために用いられ、サブフレームnの第2のスロットで送信されるPUCCHフォーマット2/2a/2bは、サブフレームn−k+1におけるsPDSCHに対するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0202

sPDSCHのTTI長が、sPUCCHのTTI長よりも短い、つまり、シンボルの数が少ない場合、例えば、sPDSCHのTTI長が2シンボルで、sPUCCHのTTI長が7シンボルの場合、端末装置は、1つのサブフレームにおいて、最大7つのsPDSCHを検出することができる。端末装置は、その7つのsPDSCHに対するHARQ−ACKを、PUCCHフォーマット3を1つ用いて送信するか、チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bを2つ用いて送信するか(つまり、7つのsPDSCHに対するHARQ−ACKを2つのグループに分けて送信するか)、を上位層パラメータに基づいて決定してもよい。PUCCHフォーマット3を用いる場合は、PUCCHリソースを最小限にでき、PUCCHフォーマット1bを用いる場合は、PUCCHフォーマット3よりは送信できるHARQ−ACKの数が制限されるが、PUCCHフォーマット3より
も早く、対応するHARQ−ACKを送信することができる。

0203

sPDSCHのTTI長が、sPUCCHのTTI長よりも長いまたは同じ、つまり、シンボルの数が多いまたは同じ場合、例えば、sPDSCHのTTI長が7シンボルで、sPUCCHのTTI長が2シンボルの場合、端末装置は、1つのサブフレームにおいて、最大2つのsPDSCHを検出することができる。このような場合、端末装置は、sPDSCHに対するHARQ−ACKを、PUCCHフォーマット1aを用いて送信してもよい。そうすることによって、端末装置は、受信信号の処理時間削減に合わせて、より早く、対応するHARQ−ACKを送信することができる。

0204

sPDSCHのTTI長がsPUCCHのTTI長よりも長いまたは同じ場合、HARQ−ACKに対するsPUCCHまたはPUCCHと、CSIに対するsPUCCHまたはPUCCHは個別に規定されてもよい。例えば、HARQ−ACKに対するsPUCCHまたはPUCCHをタイプ1PUCCH/sPUCCHと称し、CSIに対するsPUCCHまたはPUCCHをタイプ2PUCCH/sPUCCHと称してもよい。端末装置において、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHの同時送信がサポートされている場合、つまり、HARQ−ACKとCSIの同時送信がサポートされている場合、端末装置は、同じサブフレームで、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHの同時送信を行なうことができる。なお、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHは、異なるリソースであってもよい、つまり、個別にリソースが設定されてもよい。また、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHは、異なるTTI長であってもよい、つまり、個別にTTI長が設定されてもよい。

0205

なお、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHの同時送信が可能な場合、タイプ1PUCCHとタイプ2PUCCHは異なるアンテナポートを用いて送信されてもよい。

0206

sPDSCHおよびsPUCCHが設定される場合、端末装置は、PUCCHフォーマットX1を用いて各sPDSCHに対するHARQ−ACKを送信してもよい。例えば、PUCCHフォーマットX1が7シンボルで構成される場合、7ビットまでのHARQ−ACKが送信可能であってもよい。なお、PUCCHフォーマットX1は、PUCCHフォーマットX1に関するリソースが上位層パラメータとして設定される場合に用いられてもよい。また、PUCCHフォーマットX1が2シンボルで構成される場合、2ビットまでのHARQ−ACKが送信可能であってもよい。また、また、PUCCHフォーマットX1が2シンボルで構成される場合、送信可能なHARQ−ACKのビット数を増やすために、PUCCHリソース(周波数方向のリソース)の数を増やしてもよい。

0207

PUCCHフォーマットは、設定されたTTI長に基づいて、その解釈が変わってもよい。例えば、PUCCHフォーマットがsTTI(14シンボルよりも少ないTTI長)に対して設定される場合、つまり、sTTIに対応するPUCCHフォーマットが設定される場合、PUCCHフォーマットには少なくともsPDSCHに対するHARQ−ACKが含まれてもよい。例えば、sTTIに対応するPUCCHフォーマットには、以下のような内容が追加されてもよい。

0208

PUCCHフォーマット1bは、sTTIに対して設定された場合、且つ、1つのサービングセルが設定された場合、2ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。PUCCHフォーマット1bは、1つのサブフレームに、例えば、2つのsPDSCHが時間多重される場合に、それぞれに対応するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0209

チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bは、sTTIに対して設定された場合
、且つ、1つのサービングセル(1つのFDDセル)が設定された場合、チャネル選択を伴って、4ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。チャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bは、例えば、1つのサブフレームに4つのsPDSCHが時間多重される場合に、それぞれに対応するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。なお、1つのサブフレームに、4つよりも多いsPDSCHが時間多重される場合、2つのチャネル選択を伴うPUCCHフォーマット1bを時間多重することによって、4つよりも多い場合のsPDSCHに対応できるようにしてもよい。

0210

PUCCHフォーマット2は、sTTIに対して設定された場合、且つ、1つのサービングセル(1つのFDDセル)が設定された場合、10ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。PUCCHフォーマット2は、例えば、1つのサブフレームに7つのsPDSCHが時間多重される場合に、それぞれに対応するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。sTTIに対しては、PUCCHフォーマット2のみがサポートされてもよい。なお、PUCCHフォーマット2に対して7シンボルのsTTIが設定される場合、5ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0211

PUCCHフォーマット2aは、sTTIに対して設定された場合、且つ、1つのサービングセル(1つのFDDセル)が設定された場合、11ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。PUCCHフォーマット2aは、例えば、1つのサブフレームに7つのsPDSCHが時間多重される場合に、それぞれに対応するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。sTTIに対しては、PUCCHフォーマット2aのみがサポートされてもよい。なお、PUCCHフォーマット2aに対して7シンボルのsTTIが設定される場合、6ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0212

PUCCHフォーマット2bは、sTTIに対して設定された場合、且つ、1つのサービングセルが設定された場合、12ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。PUCCHフォーマット2bは、例えば、1つのサブフレームに7つのsPDSCHが時間多重される場合に、それぞれに対応するHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。sTTIに対しては、PUCCHフォーマット2bのみがサポートされてもよい。なお、PUCCHフォーマット2bに対して7シンボルのsTTIが設定される場合、7ビットまでのHARQ−ACKを送信するために用いられてもよい。

0213

PUCCHフォーマット2/2a/2bが7シンボルで構成される場合、1サブフレーム内の周波数ホッピングがサポートされてもよい。7シンボルのPUCCHフォーマット2/2a/2bで周波数ホッピングを行なうか否かは、ある上位層パラメータに基づいて決定されてもよい。

0214

PUCCHフォーマットの解釈を変えることによって、sPDSCHに対するHARQ−ACKの送信を適切に行なうことができる。

0215

次に、端末装置および/または基地局装置の処理時間が短縮されることによってTA(Timing Advance, Timing Alignment)の最大値が制限される場合の端末装置および/または基地局装置のプロシージャについて説明する。

0216

TAは、端末装置の送信タイミングを調整するために用いられる。TAの値は、TAコマンドを用いて、端末装置に設定される。端末装置は、設定されたTA値に基づいて、上りリンクサブフレームのサブフレーム境界よりもTA値分、タイミングをずらして送信する。TA値は、上りリンク無線フレームiの送信タイミングと、対応する下りリンク無線
フレームの先頭の時間差を示す。

0217

端末装置および/または基地局装置の処理時間が短縮される場合、且つ、TA値が大きい場合、端末装置において、下りリンク信号を受信してから、対応する上りリンク信号を送信するまでに十分な処理時間を確保することができず、上りリンク信号を送信できない場合がある。

0218

端末装置および/または基地局装置は、端末装置が測定したTA値および/または受信と送信間の時間差を共有することによって、TA値に合わせて、処理時間の設定やTTI長の設定を行なうことができる。

0219

端末装置は、受信と送信間の時間差測定(Rx-Tx Time difference measurement)に関
するイベントが設定される場合、端末装置は、そのイベントに基づいて、基地局装置に、受信と送信間の時間差測定の測定結果を報告する。

0220

受信と送信間の時間差測定に関するイベントには、以下のようなイベントがある。

0221

イベント1は、測定結果が、所定の第1の閾値T1よりも大きくなった場合に、端末装置は、測定結果を報告する。また、イベント1は、測定結果が所定の第1の閾値T1から所定の第2の閾値T2の範囲内である時に端末装置は、測定結果を報告してもよい。所定の第1の閾値T1および/または所定の第2の閾値T2は、上位層パラメータとして設定されてもよい。なお、所定の第2の値T2は、TAの最大値より小さくてもよい。端末装置は、測定結果が所定の第2の閾値T2よりも大きかった場合、PRACHや上位層の信号を用いて、基地局装置に通知してもよい。

0222

イベント2は、前後の測定結果が所定の値よりも変化した場合に、端末装置は、前または後の測定結果を報告する。所定の値は、上位層パラメータとして設定されてもよい。例えば、前の測定結果(第1の測定結果)は、所定の値に変化する前に(最後に)報告した測定結果であってもよいし、所定の値よりも変化する直前の測定結果であってもよい。後の測定結果(第2の測定結果)は第1の測定結果と比べ、所定の値に変化した後(直後)の測定結果であってもよい。

0223

イベント3は、TTI長が変更された場合に、TTI長が変更される前(直前)の測定結果および/またはTTI長が変更された後(直後)の測定結果を報告してもよい。

0224

イベント4は、TTI長が上位層シグナリングまたはL1シグナリング(DCIフォーマット)を介して設定または再設定された場合に、TTI長が設定される前(直前)の測定結果および/またはTTI長が設定された後(直後)の測定結果を報告してもよい。

0225

イベント5は、上位層パラメータとして設定される報告間隔に応じて、測定結果を報告してもよい。報告間隔内で、複数の測定結果を有する場合には、測定結果は、報告間隔内で平均されてもよいし、報告する直前に測定した測定結果を報告してもよい。

0226

また、受信と送信間の時間差測定の測定結果は、DCIフォーマットに含まれるフィールドにセットされた値に基づいて報告されてもよい。

0227

DCIフォーマットに測定結果の報告を要求するフィールドが追加され、且つ、そのフィールドに、報告を要求することが示された場合、端末装置は、測定結果をPUSCHおよび/またはsPUSCHを用いて報告してもよい。

0228

また、DCIフォーマットに測定結果の報告を要求するフィールドが追加され、且つ、そのフィールドに、報告を要求することが示された場合、端末装置は、測定結果が所定の閾値に近いか否かを示す情報(例えば、1ビットの情報)を報告してもよい。所定の閾値は、上位層パラメータとして設定されてもよい。

0229

次に、端末装置および/または基地局装置の処理時間が短縮されることに因らず、TAの最大値が制限されない場合の端末装置および/または基地局装置のプロシージャについて説明する。

0230

基地局装置は、TA値に基づいて、端末装置が上りリンク信号を送信できない場合を考慮して、あるDCIフォーマットに、上りリンク遅延フィールドを追加してもよい。あるDCIフォーマットは、sPUCCHの送信に係るDCIフォーマットでもよいし、sPUSCHの送信に係るDCIフォーマットでもよいし、sPRACHの送信に係るDCIフォーマットでもよい。

0231

基地局装置は、TAコマンドを用いて送信するTA値が所定の値よりも大きい場合、上りリンク遅延フィールドの値を所定のシンボル数に対応する値にセットしてもよい。端末装置は、通知された所定のシンボル数分だけ、上りリンク信号の送信を遅らせてもよい。

0232

DCIフォーマットに上りリンク遅延フィールドが追加されているか否かは、ある上位層パラメータに基づいて、決定されてもよい。

0233

上りリンク遅延フィールドの値は、上位層パラメータとして設定されてもよい。

0234

上りリンク遅延フィールドの値は、TAコマンドにセットされた値に基づいて決定されてもよい。

0235

基地局装置によって制御される各周波数の通信可能範囲(通信エリア)はセルとしてみなされる。このとき、基地局装置がカバーする通信エリアは周波数毎にそれぞれ異なる広さ、異なる形状であっても良い。また、カバーするエリアが周波数毎に異なっていてもよい。基地局装置の種別セル半径の大きさが異なるセルが、同一の周波数および/または異なる周波数のエリアに混在して一つの通信システムを形成している無線ネットワークのことを、ヘテロジニアスネットワークと称する。

0236

端末装置は電源を入れた直後など(例えば、起動時)、いずれのネットワークとも非接続状態である。このような非接続状態をアイドルモード(RRCアイドル)と称する。アイドルモードの端末装置は通信を行なうために、いずれかのネットワークと接続する必要がある。つまり、端末装置は、接続モード(RRC接続)になる必要がある。ここで、ネットワークは、ネットワークに属する基地局装置やアクセスポイントネットワークサーバモデムなどを含んでもよい。

0237

端末装置と基地局装置は、CAによって複数の異なる周波数バンド(周波数帯)の周波数(コンポーネントキャリア、または、周波数帯域)を集約アグリゲート)して一つの周波数(周波数帯域)のように扱う技術を適用してもよい。コンポーネントキャリアには、上りリンク(上りリンクセル)に対応する上りリンクコンポーネントキャリアと、下りリンク(下りリンクセル)に対応する下りリンクコンポーネントキャリアとがある。本発明の各実施形態において、周波数と周波数帯域は同義的に使用され得る。

0238

例えば、CAによって周波数帯域幅が20MHzのコンポーネントキャリアを5つ集約した場合、CAを可能な能力を持つ端末装置はこれらを100MHzの周波数帯域幅とみ
なして送受信を行なってもよい。なお、集約するコンポーネントキャリアは連続した周波数であっても、すべてまたは一部が不連続となる周波数であってもよい。例えば、使用可能な周波数バンドが800MHz帯、2GHz帯、3.5GHz帯である場合、あるコンポーネントキャリアが800MHz帯、別のコンポーネントキャリアが2GHz帯、さらに別のコンポーネントキャリアが3.5GHz帯で送信されていてもよい。端末装置および/または基地局装置は、それらのオペレーティングバンドに属するコンポーネントキャリア(セルに相当するコンポーネントキャリア)を用いて同時に、送信および/または受信を行なってもよい。

0239

また、同一周波数帯の連続または不連続の複数のコンポーネントキャリアを集約することも可能である。各コンポーネントキャリアの周波数帯域幅は端末装置の受信可能周波数帯域幅(例えば、20MHz)よりも狭い周波数帯域幅(例えば、5MHzや10MHz)であってもよく、集約する周波数帯域幅が各々異なっていてもよい。NXの機能を有する端末装置および/または基地局装置は、LTEセルと後方互換性を持つセルと、後方互換性を持たないセルの両方をサポートしてもよい。

0240

また、LRの機能を有する端末装置および/または基地局装置は、LTEと後方互換性のない複数のコンポーネントキャリア(キャリアタイプ、セル)を集約してもよい。なお、基地局装置が端末装置に割り当てる(設定する、追加する)上りリンクコンポーネントキャリアの数は、下りリンクコンポーネントキャリアの数と同じか少なくてもよい。

0241

無線リソース要求のための上りリンク制御チャネルの設定が行なわれる上りリンクコンポーネントキャリアと、当該上りリンクコンポーネントキャリアとセル固有接続される下りリンクコンポーネントキャリアから構成されるセルは、PCellと称される。また、PCell以外のコンポーネントキャリアから構成されるセルは、SCellと称される。端末装置は、PCellでページングメッセージの受信、報知情報の更新の検出、初期アクセス手順、セキュリティ情報の設定などを行なう一方、SCellではこれらを行なわなくてもよい。

0242

PCellは活性化(Activation)および不活性化(Deactivation)の制御の対象外であるが(つまり必ず活性化しているとみなされる)、SCellは活性化および不活性化という状態(state)を持ち、これらの状態の変更は、基地局装置から明示的に指定され
るほか、コンポーネントキャリア毎に端末装置に設定されるタイマーに基づいて状態が変更される。PCellとSCellとを合わせてサービングセル(在圏セル)と称する。

0243

LTEセルとLRセルの両方をサポートしている端末装置および/または基地局装置は、LTEセルとLRセルの両方を用いて通信を行なう場合、LTEセルに関するセルグループとLRセルに関するセルグループを構成してもよい。つまり、LTEセルに関するセルグループとLRセルに関するセルグループのそれぞれにおいて、PCellに相当するセルが含まれてもよい。

0244

なお、CAは、複数のコンポーネントキャリア(周波数帯域)を用いた複数のセルによる通信であり、セル・アグリゲーションとも称される。なお、端末装置は、周波数毎に中継局装置(またはリピーター)を介して基地局装置と無線接続(RRC接続)されてもよい。すなわち、本実施形態の基地局装置は、中継局装置に置き換えられてもよい。

0245

基地局装置は端末装置が該基地局装置で通信可能なエリアであるセルを周波数毎に管理する。1つの基地局装置が複数のセルを管理していてもよい。セルは、端末装置と通信可能なエリアの大きさ(セルサイズ)に応じて複数の種別に分類される。例えば、セルは、マクロセルスモールセルに分類される。さらに、スモールセルは、そのエリアの大きさ
に応じて、フェムトセルピコセルナノセルに分類される。また、端末装置がある基地局装置と通信可能であるとき、その基地局装置のセルのうち、端末装置との通信に使用されるように設定されているセルはサービングセルであり、その他の通信に使用されないセルは周辺セルと称される。

0246

言い換えると、CAにおいて、設定された複数のサービングセルは、1つのPCellと1つまたは複数のSCellとを含む。

0247

PCellは、初期コネクション確立手順(RRC Connection establishment procedure)が行なわれたサービングセル、コネクション再確立手順(RRC Connection reestablishment procedure)を開始したサービングセル、または、ハンドオーバ手順においてPCellと指示されたセルである。PCellは、プライマリ周波数でオペレーションする。コネクションが(再)確立された時点、または、その後に、SCellが設定されてもよい。SCellは、セカンダリ周波数でオペレーションする。なお、コネクションは、RRCコネクションと称されてもよい。CAをサポートしている端末装置に対して、1つのPCellと1つ以上のSCellで集約されてもよい。

0248

端末装置は、1つよりも多いサービングセルが設定されるか、セカンダリセルグループが設定されるとすれば、各サービングセルに対して、少なくとも所定の数のトランスポートブロックに対して、トランスポートブロックのコードブロックのデコーディング失敗に応じて、少なくとも所定の範囲に相当する受信したソフトチネルビットを保持する。

0249

LAA端末は、2つ以上の無線アクセス技術(RAT)に対応する機能をサポートしてもよい。

0250

LAA端末は、2つ以上のオペレーティングバンドをサポートする。つまり、LAA端末は、CAに関する機能をサポートしている。

0251

また、LAA端末は、TDD(Time Division Duplex)やHD−FDD(Half Duplex Frequency Division Duplex)をサポートしてもよい。また、LAA端末は、FD−FD
D(Full Duplex FDD)をサポートしてもよい。LAA端末は、どのデュプレックスモー
ド/フレーム構造タイプをサポートしているかを、能力情報などの上位層シグナリングを介して示してもよい。

0252

また、LAA端末は、カテゴリーX(Xは所定の値)のLTE端末であってもよい。つまり、LAA端末は、1つのTTIで送信/受信可能なトランスポートブロックの最大ビット数が拡張されてもよい。LTEでは、1TTIは1サブフレームに相当する。

0253

なお、本発明の各実施形態において、TTIとサブフレームは個別に定義されてもよい。

0254

また、LAA端末は、複数のデュプレックスモード/フレーム構造タイプをサポートしてもよい。

0255

フレーム構造タイプ1は、FD−FDDとHD−FDDの両方に対して適用できる。FDDでは、各10ms間隔で、下りリンク送信と上りリンク送信のそれぞれに対して10サブフレームずつ利用できる。また、上りリンク送信と下りリンク送信は、周波数領域で分けられる。HD−FDDオペレーションにおいて、端末装置は、同時に送信と受信はできないが、FD−FDDオペレーションにおいてはその制限がない。

0256

周波数ホッピングや使用周波数が変更された際の、再チューニング時間(チューニングに必要な時間(サブフレーム数またはシンボル数))は上位層シグナリングによって設定されてもよい。

0257

例えば、LAA端末において、サポートする下りリンク送信モード(PDSCH送信モード)の数は削減されてもよい。つまり、基地局装置は、LAA端末から能力情報として、下りリンク送信モードの数、または、そのLAA端末がサポートしている下りリンク送信モードが示された場合には、その能力情報に基づいて、下りリンク送信モードを設定する。なお、LAA端末は、自身がサポートしてない下りリンク送信モードに対するパラメータが設定された場合、その設定を無視してもよい。つまり、LAA端末は、サポートしていない下りリンク送信モードに対する処理を行なわなくてもよい。ここで、下りリンク送信モードは、設定された下りリンク送信モードやRNTIの種類、DCIフォーマット、サーチスペースに基づいて、PDCCH/EPDCCHに対応するPDSCHの送信方式を示すために用いられる。端末装置は、それらの情報に基づいて、PDSCHが、アンテナポート0で送信されるのか、送信ダイバーシティで送信されるのか、複数のアンテナポートで送信されるのか、などが分かる。端末装置は、それらの情報に基づいて、受信処理を適切に行なうことができる。同じ種類のDCIフォーマットからPDSCHのリソース割り当てに関するDCIを検出しても、下りリンク送信モードやRNTIの種類が異なる場合には、そのPDSCHは、同じ送信方式で送信されるとは限らない。

0258

端末装置が、PUCCHとPUSCHの同時送信に関する機能をサポートしている場合、且つ、PUSCHの繰り返し送信および/またはPUCCHの繰り返し送信に関する機能をサポートしている場合には、PUSCHの送信が生じたタイミングまたはPUCCHの送信が生じたタイミングにおいて、PUCCHとPUSCHは、所定の回数、繰り返し送信が行なわれてもよい。つまり、同じタイミング(つまり、同じサブフレーム)でPUCCHとPUSCHの同時送信を行なってもよい。

0259

このような場合において、PUCCHには、CSIレポートやHARQ−ACK、SRが含まれてもよい。

0260

PCellでは、すべての信号が送受信可能であるが、SCellでは、送受信できない信号があってもよい。例えば、PUCCHは、PCellでのみ送信される。また、PRACHは、セル間で、複数のTAG(Timing Advance Group)が設定されない限り、PCellでのみ送信される。また、PBCHは、PCellでのみ送信される。また、MIBは、PCellでのみ送信される。しかし、端末装置に、SCellでPUCCHやMIBを送信する機能がサポートされている場合には、基地局装置は、その端末装置に対して、PUCCHやMIBをSCell(SCellに対応する周波数)で送信することを指示してもよい。つまり、端末装置がその機能をサポートしている場合には、基地局装置は、その端末装置に対して、PUCCHやMIBをSCellで送信するためのパラメータを設定してもよい。

0261

PCellでは、RLF(Radio Link Failure)が検出される。SCellでは、RLFが検出される条件を満たしてもRLFが検出されたと認識しない。PCellの下位層において、RLFの条件を満たした場合、PCellの下位層は、PCellの上位層へRLFの条件が満たされたことを通知する。PCellでは、SPS(Semi-Persistent Scheduling)やDRX(Discontinuous Transmission)を行なってもよい。SCellでは、PCellと同じDRXを行なってもよい。SCellにおいて、MACの設定に関する情報/パラメータは、基本的に、同じセルグループのPCellと共有している。一部のパラメータ(例えば、sTAG−Id)は、SCell毎に設定されてもよい。一部のタイマーやカウンタが、PCellに対してのみ適用されてもよい。SCellに対し
てのみ、適用されるタイマーやカウンタが設定されてもよい。

0262

図5は、本実施形態に係る基地局装置2のブロック構成の一例を示す概略図である。基地局装置2は、上位層(上位層制御情報通知部)501、制御部(基地局制御部)502、コードワード生成部503、下りリンクサブフレーム生成部504、OFDM信号送信部(下りリンク送信部)506、送信アンテナ(基地局送信アンテナ)507、受信アンテナ(基地局受信アンテナ)508、SC−FDMA信号受信部(チャネル状態測定部および/またはCSI受信部)509、上りリンクサブフレーム処理部510を有する。下りリンクサブフレーム生成部504は、下りリンク参照信号生成部505を有する。また、上りリンクサブフレーム処理部510は、上りリンク制御情報抽出部(CSI取得部/HARQ−ACK取得部/SR取得部)511を有する。なお、SC−FDMA信号受信部509は、受信信号やCCA、干渉雑音電力の測定部も兼ねている。なお、SC−FDMA信号受信部は、端末装置がOFDM信号の送信をサポートしている場合には、OFDM信号受信部であってもよいし、OFDM信号受信部を含んでもよい。なお、下りリンクサブフレーム生成部は、下りリンクTTI生成部であってもよいし、下りリンクTTI生成部を含んでもよい。下りリンクTTI生成部は、下りリンクTTIを構成する物理チャネルおよび/または物理信号の生成部であってもよい。なお、上りリンクについても同様であってもよい。なお、図示しないが、基地局装置には、TAコマンドを送信する送信部が含まれてもよい。また、基地局装置には、端末装置から報告された受信と送信間の時間差に関する測定結果を受信する受信部が含まれてもよい。

0263

図6は、本実施形態に係る端末装置1のブロック構成の一例を示す概略図である。端末装置1は、受信アンテナ(端末受信アンテナ)601、OFDM信号受信部(下りリンク受信部)602、下りリンクサブフレーム処理部603、トランスポートブロック抽出部(データ抽出部)605、制御部(端末制御部)606、上位層(上位層制御情報取得部)607、チャネル状態測定部(CSI生成部)608、上りリンクサブフレーム生成部609、SC−FDMA信号送信部(UCI送信部)611および612、送信アンテナ(端末送信アンテナ)613および614を有する。下りリンクサブフレーム処理部603は、下りリンク参照信号抽出部604を有する。また、上りリンクサブフレーム生成部609は、上りリンク制御情報生成部(UCI生成部)610を有する。なお、OFDM信号受信部602は、受信信号やCCA、干渉雑音電力の測定部も兼ねている。つまり、OFDM信号受信部602において、RRM測定が行なわれてもよい。端末装置がOFDM信号の送信をサポートしている場合には、SC−FDMA信号送信部は、OFDM信号送信部であってもよいし、OFDM信号送信部を含んでもよい。なお、上りリンクサブフレーム生成部は、上りリンクTTI生成部であってもよいし、下りリンクTTI生成部を含んでもよい。また、端末装置は、上りリンク信号の送信電力を制御/セットするための電力制御部を含んでもよい。なお、図示しないが、端末装置には、端末装置の受信と送信間の時間差を測定するための測定部が含まれてもよい。また、端末装置には、時間差の測定結果を報告する送信部が含まれてもよい。

0264

図5図6のそれぞれにおいて、上位層は、MAC(Medium Access Control)層やR
LC(Radio Link Control)層、PDCP(Packet Data Convergence Protocol)層、RRC(Radio Resource Control)層を含んでもよい。

0265

RLC層は、上位層へTM(Transparent Mode)データ伝送、UM(Unacknowledged Mode)データ伝送、上位層のPDU(Packet Data Unit)の伝送が成功したことを示すイ
ンディケーションを含むAM(Acknowledged Mode)データ伝送を行なう。また、下位層
へはデータ伝送と、送信機会において送信されたRLC PDUの全サイズとともに、送信機会の通知を行なう。

0266

RLC層は、上位層PDUの伝送に関する機能、(AMデータ伝送に対してだけ)ARQ(Automatic Repeat reQuest)を介したエラー補正に関する機能、(UMとAMデータ伝送に対してだけ)RLCSDU(Service Data Unit)の結合/分割/再構築に関す
る機能、(AMデータ伝送に対して)RLCデータPDUの再分割に関する機能、(AMデータ伝送に対してだけ)RLCデータPDUの並び替えに関する機能、(UMとAMデータ伝送に対してだけ)重複検出に関する機能、(UMとAMデータ伝送に対してだけ)RLC SDUの破棄に関する機能、RLCの再確立に関する機能、(AMデータ伝送に対してだけ)プロトコルエラー検出に関する機能をサポートしている。

0267

まず、図5および図6を用いて、下りリンクデータの送受信の流れについて説明する。基地局装置2において、制御部502は、下りリンクにおける変調方式および符号化率などを示すMCS(Modulation and Coding Scheme)、データ送信に用いるRBを示す下りリンクリソース割り当て、HARQの制御に用いる情報(リダンダンシーバージョン、HARQプロセス番号、NDI(New Data Indicator))を保持し、これらに基づいてコードワード生成部503や下りリンクサブフレーム生成部504を制御する。上位層501から送られてくる下りリンクデータ(下りリンクトランスポートブロック、DL−SCHデータ、DL−SCHトランスポートブロックとも称す)は、コードワード生成部503において、制御部502の制御の下で、誤り訂正符号化レートマッチング処理などの処理が施され、コードワードが生成される。1つのセルにおける1つのサブフレームにおいて、最大2つのコードワードが同時に送信される。下りリンクサブフレーム生成部504では、制御部502の指示により、下りリンクサブフレームが生成される。まず、コードワード生成部503において生成されたコードワードは、PSK(Phase Shift Keying)変調やQAM(Quadrature Amplitude Modulation)変調などの変調処理により、変調シ
ンボル系列に変換される。また、変調シンボル系列は、一部のRB内のREにマッピングされ、プレコーディング処理によりアンテナポート毎の下りリンクサブフレームが生成される。このとき、上位層501から送られてくる送信データ系列は、上位層における制御情報(例えば専用(個別)RRC(Radio Resource Control)シグナリング)である上位層制御情報を含む。また、下りリンク参照信号生成部505では、下りリンク参照信号が生成される。下りリンクサブフレーム生成部504は、制御部502の指示により、下りリンク参照信号を下りリンクサブフレーム内のREにマッピングする。下りリンクサブフレーム生成部504で生成された下りリンクサブフレームは、OFDM信号送信部506においてOFDM信号に変調され、送信アンテナ507を介して送信される。なお、ここではOFDM信号送信部506と送信アンテナ507を一つずつ有する構成を例示しているが、複数のアンテナポートを用いて下りリンクサブフレームを送信する場合は、OFDM信号送信部506と送信アンテナ507とを複数有する構成であってもよい。また、下りリンクサブフレーム生成部504は、PDCCHやEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネル/共用チャネルなどの物理層の下りリンク制御チャネルを生成して下りリンクサブフレーム内のREにマッピングする能力も有することができる。複数の基地局装置は、それぞれ個別の下りリンクサブフレームを送信する。

0268

端末装置1では、受信アンテナ601を介して、OFDM信号受信部602においてOFDM信号が受信され、OFDM復調処理が施される。

0269

下りリンクサブフレーム処理部603は、まずPDCCHやEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネルなどの物理層の下りリンク制御チャネルを検出する。より具体的には、下りリンクサブフレーム処理部603は、PDCCHやEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネル/共用チャネルが割り当てられる領域においてPDCCHやEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネルが送信されたものとして復号し、予め付加されているCRC(Cyclic Redundancy Check)ビットを確認する(ブラインド復号)。すなわち、下りリンクサブフ
レーム処理部603は、PDCCHやEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネル/共用チャネルをモニタリングする。CRCビットが予め基地局装置から割り当てられたID(C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)
、SPS−C−RNTI(Semi-Persistent Scheduling-C-RNTI)など1つの端末に対し
て1つ割り当てられる端末固有識別子(UEID)、あるいはTemporaly C−RNTI)と一致する場合、下りリンクサブフレーム処理部603は、PDCCHあるいはEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネル/共用チャネルを検出できたものと認識し、検出したPDCCHあるいはEPDCCHまたはPDCCHやEPDCCHに相当する制御チャネルに含まれる制御情報を用いてPDSCHまたはPDSCHに相当するデータチャネル/共用チャネルを取り出す。

0270

制御部606は、制御情報に基づく下りリンクにおける変調方式および符号化率などを示すMCS、下りリンクデータ送信に用いるRBを示す下りリンクリソース割り当て、HARQの制御に用いる情報を保持し、これらに基づいて下りリンクサブフレーム処理部603やトランスポートブロック抽出部605などを制御する。より具体的には、制御部606は、下りリンクサブフレーム生成部504におけるREマッピング処理や変調処理に対応するREデマッピング処理復調処理などを行なうように制御する。受信した下りリンクサブフレームから取り出されたPDSCHは、トランスポートブロック抽出部605に送られる。また、下りリンクサブフレーム処理部603内の下りリンク参照信号抽出部604は、下りリンクサブフレームからDLRSを取り出す。

0271

トランスポートブロック抽出部605では、コードワード生成部503におけるレートマッチング処理、誤り訂正符号化に対応するレートマッチング処理、誤り訂正復号化などが施され、トランスポートブロックが抽出され、上位層607に送られる。トランスポートブロックには、上位層制御情報が含まれており、上位層607は上位層制御情報に基づいて制御部606に必要な物理層パラメータを知らせる。なお、複数の基地局装置2は、それぞれ個別の下りリンクサブフレームを送信しており、端末装置1ではこれらを受信するため、上述の処理を複数の基地局装置2毎の下りリンクサブフレームに対して、それぞれ行うようにしてもよい。このとき、端末装置1は複数の下りリンクサブフレームが複数の基地局装置2から送信されていると認識してもよいし、認識しなくてもよい。認識しない場合、端末装置1は、単に複数のセルにおいて複数の下りリンクサブフレームが送信されていると認識するだけでもよい。また、トランスポートブロック抽出部605では、トランスポートブロックが正しく検出できたか否かを判定し、判定結果は制御部606に送られる。

0272

ここで、トランスポートブロック抽出部605には、バッファ部(ソフトバッファ部)を含んでもよい。バッファ部において、抽出したトランスポートブロックの情報を一時的に記憶することができる。例えば、トランスポートブロック抽出部605は、同じトランスポートブロック(再送されたトランスポートブロック)を受信した場合、このトランスポートブロックに対するデータの復号が成功していないとすれば、バッファ部に一時的に記憶したこのトランスポートブロックに対するデータと新たに受信したデータを結合(合成)し、結合したデータを復号しようと試みる。バッファ部は、一時的に記憶したデータが必要なくなれば、もしくは、所定の条件を満たせば、そのデータをフラッシュする。フラッシュするデータの条件は、データに対応するトランスポートブロックの種類によって異なる。バッファ部は、データの種類毎に、用意されてもよい。例えば、バッファ部として、メッセージ3バッファやHARQバッファが用意されてもよいし、L1/L2/L3などレイヤ毎に用意されてもよい。なお、情報/データをフラッシュするとは、情報やデータが格納されたバッファをフラッシュすることを含む。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ