図面 (/)

技術 宅配方法

出願人 コチャンシン
発明者 コチャンシン
出願日 2018年8月31日 (2年5ヶ月経過) 出願番号 2018-162237
公開日 2019年7月11日 (1年7ヶ月経過) 公開番号 2019-114232
状態 未登録
技術分野 物流システム
主要キーワード 荷物車 空港ターミナル 分割経路 部分経路 配送状態 サービス費用 決済料金 意思情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年7月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

安価な費用で当日に配送が可能であり、ウェブページを通じた販売と、当日配送と、安全決済とが可能な宅配方法を提供する。

解決手段

品物の配送段階は、コンピュータまたは携帯電話インターネットを通じて本発明の宅配システムに接続した後、配送を要請する段階と、宅配システムにて配送番号を配送要請者に提供する段階と、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に配送する荷物があることを通知する段階と、専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する段階と、宅配システムから担当の配達員が指定される段階と、指定された担当の配達員は、配送を要請した住所地へ行って配送する荷物を収去する段階と、受取人に荷物を渡した後、専門配達員の携帯電話のアプリケーションを通じて受取人の署名を受ける段階からなる。

概要

背景

郵便局主導の小包ステム民間企業による宅配システムへと切り替わることによって、小荷物物流システムに大きな変化が成された。民間企業による宅配システムが導入されることで個人と個人との間、企業と個人との間に、並びに企業と企業との間に小荷物または大荷物物流配送活性化することで、現在は国家経済の一軸を構成している。

また、極めて小さい小荷物や書類などの当日配送が要される場合があり、これに合わせて二輪自動車によるクイック配送が作られ、現在は活性化されている状態である。

しかし、既存の宅配システムは、荷物を一か所に集めた後、地域別に分けて分類し直した後、該当地域へ荷物を送り、該当地域では再び小さい地域へと品物を分類した後配達員による配達が行われるため、如何に近い距離、例えば、ソウルからスウォンまでの距離であるとしても、通常一泊二日は掛かってしまう。従って、当日配送が要される場合、既存の宅配システムを全く利用できないという短所がある。

一方、当日配送をしようとする場合にはクイック配送を利用することはできるものの、これは費用が非常にかかり、特に遠距離の地域である場合には、相当な費用が掛かることになる。また、クイック配送の場合も非常に遠い遠距離の配送、例えばソウルからチョナンまでの遠距離の配送は実際に不可能であるという短所がある。

一方、既存の中古品物の取引は、販売サイトと宅配システムとが別々になっており、また販売する品物の検証が確実に行われていないため、詐欺の取引の危険性があり、また安全決済を通じた決済の場合、決済の代金遅れ支給されるという短所がある。

従って、宅配の場合、適切な費用で地域に関係なく当日に配送が可能であり、個人間の品物取引の場合、販売品物の検証と、当日配送と、素早い決済代金の支給とが可能な宅配システムが導入されると、全ての使用者に非常に有用であると判断される。

概要

安価な費用で当日に配送が可能であり、ウェブページを通じた販売と、当日配送と、安全決済とが可能な宅配方法を提供する。品物の配送段階は、コンピュータまたは携帯電話インターネットを通じて本発明の宅配システムに接続した後、配送を要請する段階と、宅配システムにて配送番号を配送要請者に提供する段階と、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に配送する荷物があることを通知する段階と、専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する段階と、宅配システムから担当の配達員が指定される段階と、指定された担当の配達員は、配送を要請した住所地へ行って配送する荷物を収去する段階と、受取人に荷物を渡した後、専門配達員の携帯電話のアプリケーションを通じて受取人の署名を受ける段階からなる。

目的

本発明の目的は、安価な費用で当日に配送が可能であり、またウェブページを通じた販売と、当日配送と、安全決済とが可能な宅配方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

宅配システムの全体を管理するメインサーバ(100)と、配送人力を管理する配送人力管サーバ(200)と、顧客の要請による荷物配送を管理するための配送管理サーバ(300)と、配送による費用決済と配送人力に対する配送費用の精算と並びにB2B、B2P及びP2Pによる費用を決済及び精算する決済管理サーバ(400)と、からなる宅配システムを用いた宅配方法であって、専門配達員登録段階及び品物の配送段階からなり、前記専門配達員の登録段階は、宅配システムのウェブページを通じて宅配システムに接続する段階(S10):個人情報と共に登録携帯電話情報を入力する段階(S11);公認認証書と認証手段を通じて個人認証をした後会員加入を完了する段階(S12);個人コード発給を受ける段階(S13);及び登録携帯電話宅配専用のアプリケーションダウンロードした後、発給された個人コードでログインする段階(S14)を含んで成り、前記品物の配送段階は、コンピュータまたは携帯電話のインターネットを通じて本願発明の宅配システムに接続した後、配送を要請する段階(S20);宅配システムにて配送番号を配送要請者に提供する段階(S21);宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に配送する荷物があることを通知する段階(S22);専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する段階(S23);宅配システムから担当配達員が指定される段階(S24);指定された担当配達員は配送を要請した住所地へ行って配送する荷物を収去する段階(S25);受取人に荷物を渡した後、専門配達員の携帯電話のアプリケーションを通じて受取人の署名を受ける段階(S27)を含んで成ることを特徴とする宅配方法。

請求項2

前記段階S25の以後に、専門配達員は、包装された荷物に送る人と受取人の情報と共に配送番号を配送ラベル記入した後、配送ラベルを荷物に付着して配送要請者の確認を受けた後、この状態の姿を写真撮影してからアプリケーションにアップロードする段階(S26)をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の宅配方法。

請求項3

前記段階S14において、登録携帯電話を通じた携帯電話認証を行う段階をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の宅配方法。

請求項4

前記段階S22において、専門配達員は、携帯電話のGPS情報または基地局情報と、発送要請地の住所の地理的な情報を利用して、一定距離以内にいる専門配達員のみに通知することを特徴とする請求項1に記載の宅配方法。

請求項5

前記品物の配送段階は、当日に行われることを特徴とする請求項1に記載の宅配方法。

請求項6

前記専門配達員の携帯電話のGPS情報または基地局を基に、実時間の配送状態を確認することができることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の宅配方法。

請求項7

宅配システムの全体を管理するメインサーバ(100)と、配送人力を管理する配送人力管理サーバ(200)と、顧客の要請による荷物の配送を管理するための配送管理サーバ(300)と、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算と並びにB2B、B2P及びP2Pによる費用を決済及び精算する決済管理サーバ(400)と、からなる宅配システムを用いた宅配方法であって、専門配達員の登録段階及び品物の配送段階からなり、前記専門配達員の登録段階は、宅配システムのウェブページを通じて宅配システムに接続する段階(S10);個人情報と共に登録携帯電話情報を入力する段階(S11);公認認証書と認証手段を通じて個人認証をした後、会員加入を完了する段階(S12);個人コードの発給を受ける段階(S13);及び登録携帯電話に宅配専用のアプリケーションをダウンロードした後、発給された個人コードでログインする段階(S14)を含んで成り、前記品物の配送段階は、宅配システムに接続した後、配送を要請する段階(S30);配送番号を配送要請者に提供する段階と(S31);宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に遠距離配送の荷物があることを通知する段階(S32);条件に合う専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認し(S33);条件に合う専門配達員が配送要請地の住所に訪ねて品物を収去し、並びに受取人に配送する段階;仮に段階S32で専門配達員が見つからないと、第1の特定地域から第2の特定地域まで配送が可能であることを登録した第1の専門配達員を探すという要請をアプリケーションを通じて専門配達員に通知する段階;第2の特定地域まで配送が可能な第1の専門配達員が配送意思を確認する段階(S34);第1の特定地域まで配送が可能な第2の専門配達員を探すという要請を専門配達員に通知する段階;第1の特定地域まで配送が可能な第2の専門配達員の配送意思を確認し(S35)、第2の専門配達員が配送要請の住所地まで訪問して配送する荷物の写真撮影してアップロードした後荷物を収去する段階(S36);特定の地域で第1の専門配達員と第2の専門配達員が待ち合わせた後、荷物を引き渡す段階(S37);アプリケーションを通じて第1の専門配達員と第2の専門配達員が引き受け、引渡しの完了を確認する段階(S38);及び第1の専門配達員は、第2の特定地域で受取人に荷物を伝達した後、署名を受けてから配送を完了する段階(S39)からなることを特徴とする宅配方法。

請求項8

前記段階S37では、前記段階S36で撮影してアップロードした写真資料上の荷物の姿と引き渡す荷物の状態を第1の専門配達員と第2の専門配達員が一緒に比較して検証することを特徴とする請求項7に記載の宅配方法。

請求項9

前記第1の専門配達員と第2の専門配達員の登録携帯電話のGPS情報を基に、荷物の配送状態を実時間で追う段階をさらに含むことを特徴とする請求項7に記載の宅配方法。

請求項10

前記第1の特定地域は、高速バスターミナル汽車空港ターミナルを含むことを特徴とする請求項7に記載の宅配方法。

請求項11

前記品物の配送段階は、当日に行われることを特徴とする請求項7に記載の宅配方法。

請求項12

宅配システムの全体を管理するメインサーバ(100)と、配送人力を管理する配送人力管理サーバ(200)と、顧客の要請による荷物の配送を管理するための配送管理サーバ(300)と、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算と並びにB2B、B2P及びP2Pによる費用を決済及び精算する決済管理サーバ(400)と、からなる宅配システムを用いた宅配方法であって、販売ページを通じて購買者が品物購買の決定をし、購買代金を宅配システムの口座入金する段階(S40);アプリケーションを通じて配送する品物があることを専門配達員に通知する段階(S41);配送する専門配達員が指定されると、専門配達員は、販売者から品物を収去する段階(S42);及び専門配達員は、包装された品物を購買者に直接配送した後、購買者から現場で直接確認するようにした後、品物に異常があるか否かを判断し、品物に異常がないと、アプリケーションを通じて購買者から購買の確定を受ける段階(S43)、を含んで成ることを特徴とする宅配方法。

請求項13

前記段階S42において、専門配達員が直接包装することを特徴とする請求項12に記載の宅配方法。

請求項14

専門配達員が直接包装するとき、販売ページに示された情報の品物の写真情報と説明の情報を基に収去する品物の異常の有無を判断し、異常がないと品物の写真を撮影し、また品物を包装した後、品物の包装の状態を写真撮影してから、撮影した写真をアップロードすることを特徴とする請求項13に記載の宅配方法。

技術分野

0001

本願発明は、宅配システムを用いた宅配方法に関するもので、専門の配達人配送費の利益が最大に支給され、当日に宅配が行われるようにする宅配方法に関する。

背景技術

0002

郵便局主導の小包ステム民間企業による宅配システムへと切り替わることによって、小荷物物流システムに大きな変化が成された。民間企業による宅配システムが導入されることで個人と個人との間、企業と個人との間に、並びに企業と企業との間に小荷物または大荷物物流の配送が活性化することで、現在は国家経済の一軸を構成している。

0003

また、極めて小さい小荷物や書類などの当日配送が要される場合があり、これに合わせて二輪自動車によるクイック配送が作られ、現在は活性化されている状態である。

0004

しかし、既存の宅配システムは、荷物を一か所に集めた後、地域別に分けて分類し直した後、該当地域へ荷物を送り、該当地域では再び小さい地域へと品物を分類した後配達員による配達が行われるため、如何に近い距離、例えば、ソウルからスウォンまでの距離であるとしても、通常一泊二日は掛かってしまう。従って、当日配送が要される場合、既存の宅配システムを全く利用できないという短所がある。

0005

一方、当日配送をしようとする場合にはクイック配送を利用することはできるものの、これは費用が非常にかかり、特に遠距離の地域である場合には、相当な費用が掛かることになる。また、クイック配送の場合も非常に遠い遠距離の配送、例えばソウルからチョナンまでの遠距離の配送は実際に不可能であるという短所がある。

0006

一方、既存の中古品物の取引は、販売サイトと宅配システムとが別々になっており、また販売する品物の検証が確実に行われていないため、詐欺の取引の危険性があり、また安全決済を通じた決済の場合、決済の代金遅れて支給されるという短所がある。

0007

従って、宅配の場合、適切な費用で地域に関係なく当日に配送が可能であり、個人間の品物取引の場合、販売品物の検証と、当日配送と、素早い決済代金の支給とが可能な宅配システムが導入されると、全ての使用者に非常に有用であると判断される。

発明が解決しようとする課題

0008

従って、本発明の目的は、安価な費用で当日に配送が可能であり、またウェブページを通じた販売と、当日配送と、安全決済とが可能な宅配方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

本発明による宅配方法は、宅配システムの全体を管理するメインサーバと、配送人力を管理する配送人力管サーバと、顧客の要請による荷物の配送を管理するための配送管理サーバと、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算と並びにB2B、B2P及びP2Pによる費用を決済及び精算する決済管理サーバと、からなる宅配システムを用いた宅配方法は、専門配達員の登録段階と、品物の配送段階とからなる。

0010

上記専門配達員の登録段階は、宅配システムのウェブページを通じて宅配システムに接続する段階と、個人情報と共に登録携帯電話情報を入力する段階と、公認認証書と認証手段を通じて個人認証をした後、会員加入を完了する段階と、個人コード発給を受ける段階と、登録携帯電話に宅配専用のアプリケーションダウンロードした後発給された個人コードでログインする段階からなる。

0011

上記品物の配送段階は、コンピュータまたは携帯電話のインターネットを通じて本願発明の宅配システムに接続した後、配送を要請する段階と、宅配システムにて配送番号を配送要請者に提供する段階と、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に配送する荷物があることを通知する段階と、専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する段階と、宅配システムから担当配達員が指定される段階と、指定された担当配達員は配送を要請した住所地へ行って配送する荷物を収去する段階と、受取人に荷物を渡した後、専門配達員の携帯電話のアプリケーションを通じて受取人の署名を受ける段階からなる。

0012

上記品物の配送段階は、宅配システムに接続した後配送を要請する段階と、配送番号を配送要請者に提供する段階と、次に、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に遠距離配送の荷物があることを通知する段階と、条件に合う専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認し、条件に合う専門配達員が配送要請地の住所に訪ねて品物を収去し、並びに受取人に配送する段階と、仮に直接配達する専門配達員が見つからないと、第1の特定地域から第2の特定地域まで配送が可能であることを登録した第1の専門配達員を探すという要請をアプリケーションを通じて専門配達員に通知する段階と、第2の特定地域まで配送が可能な第1の専門配達員が配送意思を確認する段階と、第1の特定地域まで配送が可能な第2の専門配達員を探すという要請を専門配達員に通知する段階と、第1の特定地域まで配送が可能な第2の専門配達員の配送意思を確認し、第2の専門配達員が配送要請の住所地まで訪問して配送する荷物の写真撮影してアップロードした後荷物を収去する段階と、特定の地域で第1の専門配達員と第2の専門配達員が待ち合わせた後、荷物を引き渡す段階と、アプリケーションを通じて第1の専門配達員と第2の専門配達員が引き受け、引渡しの完了を確認する段階と、第1の専門配達員は第2の特定地域で受取人に荷物を伝達してから署名を受けた後、配送を完了する段階からなる。

発明の効果

0013

本発明による宅配方法は、一般人を専門配達員として活用することにより、距離に関係なく当日配送が可能であり、配達員に配送料金の大部分を支給することで配達員の収益極大化するという効果がある。

0014

また、配達員による品物の検収によって詐欺の取引を予防し、また決済費用を速やかに支給するという効果がある。

図面の簡単な説明

0015

本発明による宅配システムを概括的に示した図面である。
本発明の他の実施例による宅配システムを示す図面である。
本発明による専門配達員の登録過程を示した流れ図である。
本発明による近距離配達過程を示した流れ図である。
本発明による遠距離配達過程を示した流れ図である。
品物の取引において安全決済と配達の過程を示した流れ図である。

実施例

0016

以下、添付の図面を参照に本発明を説明すると次の通りである。

0017

先ず、図1aに図示されたように、本願発明による宅配システム1000は、宅配システムの全体を管理するメインサーバ100と、配送人力を管理する配送人力管理サーバ200と、顧客の要請による荷物の配送を管理するための配送管理サーバ300と、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算と並びにB2B、B2P及びP2Pによる費用を決済及び精算する決済管理サーバ400と、からなり、上記決済管理サーバ400は、外部に位置する銀行などのような金融機関サーバ500へ連結される。並びに配送人力管理サーバ200は、本願発明の宅配システムにおいて荷物を配達する人力を管理するサーバである。

0018

また、上記メインサーバ100にデータの通信が可能であるように接続して宅配を行うための配達員登録過程を行い、特定の配送要請に配達員指定の意思情報を上記メインサーバ100へ伝送し、配達員指定の通報を上記メインサーバ100から受信する配達員端末機600と、上記メインサーバ100にデータの通信が可能であるように接続し、配送しようとする荷物に対する配送要請を行い、該当配送要請に対する配送情報を上記メインサーバ100から受信するクライアント端末機700をさらに含んで成る。

0019

本願発明の配送人力は、既存の宅配会社雇用する専門配達員とは異なって、一般人を利用することになる。一般人を利用するという点では、既存の飲食専門配達業者と類似である。しかし、既存の飲食専門配達業者の場合には、速やかな配達のために二輪自動車のような運送手段を有した人を利用するが、本願発明の配達員は何ら制限がない。すなわち、一般民間人、タクシー運転手、荷物運送車の運転手などが配達員として利用されることができ、また運送手段の有無が全く関係無い。

0020

上記メインサーバ100は、配達員端末機600及びクライアント端末機700の会員登録、認証は勿論、配送要請に対する配送の全過程を管理するために備えられるものであって、このようなメインサーバ100は、上記配達員端末機600とデータの送受信を通じて配達員の認証及び登録と配達員の指定を管理する配送人力管理サーバ200と、上記クライアント端末機700とデータの送受信を通じて顧客の要請による荷物の配送を管理するための配送管理サーバ300と、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算とB2B、B2P及びP2Pによる費用の決済及び精算を管理する決済管理サーバ400を含む。

0021

上記配送人力管理サーバ200は、多数の配達員の情報を管理して配送の要請があった場合、適切な配達員の配達員端末機600へ配送情報を伝送することによって配達員指定意思情報を受信して特定の配達員を指定し、該当配達員を通じて配送が行われるように管理する。

0022

このような配送人力管理サーバ200は、配達員端末機600とデータの通信が可能であるように連結されて、配達員端末機600から配達員登録の要請を受けるが、配達員登録要請の際には、配達員端末機600にて配達員の識別情報、すなわち個人情報として例えば、住所のような個人的な情報、活動可能な地域、運送手段を備えているか否か、登録する携帯電話番号入金口座の情報を入力するように入力インターフェースを提供する。

0023

このために、配達員端末機600の配達員登録の要請があったり、クライアント端末機700の配送の要請がある場合、メインサーバ100では宅配専用のアプリケーションを提供して配達員端末機600またはクライアント端末機700に提供された宅配専用のアプリケーションをダウンロードして実行するようになっていることが好ましい。

0024

これによって、配達員端末機600またはクライアント端末機700は、メインサーバ100に接続の際に、上記宅配専用のアプリケーションの駆動を通じてメインサーバ100と連結され、様々な情報の照会要請情報の伝達及び受信などがアプリケーションのインターフェースを通じて容易かつ速やかに行われることになる。

0025

一方、上記配送人力管理サーバ200は、配達員端末機600から配達員の登録要請による配達員の識別情報の入力が完了し、正常な入力であると判断されると、該当配達員端末機600へ特定の個人コードを伝送することになる。

0026

このような個人コードを通じて宅配専用のアプリケーションに接続してログインが行われることによって、繰り返しての別途認証過程は省略することができる。

0027

また、配送人力管理サーバ200にて多数の配達員端末機600の登録が完了されると、今後配送の要請が配送管理サーバ300を通じて受信される場合、登録された配達員端末機600たちへ配送の要請の際に共に伝達された配送情報を伝達することにより、配達員端末機600から配達員指定の意思情報を受信するようにする。

0028

この際、上記配送人力管理サーバ200は、速やかな配送のために、配達員端末機600のGPS情報または基地局情報と配送する荷物の配送情報を比較して配送出発地または配送目的地から設定距離以内にある配達員端末機600へと配送情報の伝送及び配達員指定の意思情報を要請することが好ましい。

0029

例えば、車両無し徒歩を利用する配達員の場合1KM以内、運送手段を利用する配達員の場合3KM以内にある配達員端末機600へ配送情報を伝送し、配達員指定意思の情報を要請するのである。

0030

これを通じて配達員指定意思情報の要請を受けた配達員端末機600のうち先着順で指定意思を伝送した配達員端末機600に、配送人力管理サーバ200は配達員指定通報の情報を伝達し、該当指定通報情報の伝達を受けた配達員端末機600は配送を行うことになる。

0031

一方、上記配送人力管理サーバ200は、配送出発地と配送目的地が設定距離より遠い場合、全体の経路を多数の分割経路に分類して該当分割経路別に配達員端末機600へ配送情報の伝送及び配達員指定意思情報を要請することになる。

0032

このように多数の分割経路別に配達員を指定しようとする場合、配送人力管理サーバ200で配送経路を分類して、各配送経路別に配送する配達員端末機600を指定することができ、他の実施例としては、全体の配送経路のうち部分経路に配送が可能な第1配達員端末機610の配送指定意思情報を受信し、これを除いた残りの配送経路に対して配送情報及び配送意思情報要請を該当設定距離以内の配達員端末機600へ伝送して、残りの経路に対する配送を担当する第2配達員端末機620またはそれ以上の配達員端末機を指定することができる。

0033

上記配送管理サーバ300は、上記クライアント端末機700とデータの送受信を通じて顧客の要請による荷物の配送を管理するために備えられるものであって、クライアント端末機700から配送要請があった場合、配送目的地、配送出発地、目的配送日付及び時間、受信人を含んだ配送情報の入力を要請し、正常に入力された場合、これを受け付けて配送番号を生成してクライアント端末機700へ提供する。

0034

これによって、上記配送管理サーバ300は、クライアント端末機700から配送要請を受信した場合、配送人力管理サーバ200へ配送情報を伝送し、配送人力管理サーバ200は、登録された多数の配達員端末機600に該当配送情報を伝送して配達員指定意思情報を要請することになる。

0035

上記決済管理サーバ400は、配送による費用の決済と配送人力に対する配送費用の精算とB2B、B2P及びP2Pによる費用の決済及び精算を管理するように備えられるが、このような決済管理サーバ400は、外部の金融機関サーバ500と連結されて費用の精算が行われ、配送料金に対する決済及び精算と荷物費用及び配送料金に対する決済及び精算のいずれか一つの費用の精算が行われる。

0036

即ち、一般的に配送要請のみが受信された場合、決済料金は配送料金となり、本発明の一実施例に従って品物購買及び配送が共に要請された場合、品物購買代金、すなわち荷物費用及びこれの配送料金が合算されて決済料金として精算されなければならない。

0037

ここで、荷物費用及び配送料金に対する決済及び精算が行われる場合、決済管理サーバ400は、クライアント端末機700から荷物の購買の代金と配送料金を決済管理サーバ400にて精算が行われ、精算が正常に完了すると、配送要請情報を配送管理サーバ300を通じて受信するように該当情報を配送管理サーバ300へ伝送し、配送管理サーバ300は、正常に配送情報が入力された場合、これを配送人力管理サーバ200へ伝送して配送が行われるようにし、配送が正常に完了してクライアント端末機700から荷物の購買確定の情報が受信され、これを決済管理サーバ400へ伝送し、上記決済管理サーバ400は、クライアント端末機700から精算された料金のうち荷物の購買代金を該当荷物販売者送金する。

0038

勿論、上記決済管理サーバ400は、クライアント端末機700から荷物の購買確定情報が受信されない場合、クライアント端末機700から精算された料金のうち配送料金を除いた料金に対してクライアント端末機700で指定した口座情報を通じて送金が行われることになる。

0039

上記配達員端末機600は、前述したとおり、上記メインサーバ100にデータの通信が可能であるように接続して、宅配を行うための配達員登録過程を行い、特定の配送要請に配達員指定意思情報を上記メインサーバ100へ伝送し、配達員指定の通報を上記メインサーバ100から受信するように行われ、配達員指定の通報が受信されると、該当配達員端末機600の配達員は、該当配送情報による荷物の配送を行い、これに対する荷物の引き受け情報及び荷物の引渡し情報をそれぞれ配送管理サーバ300へ伝送するように行われる。

0040

ここで、荷物の引き受け情報の伝送は、配達員端末機600が配送出発地に到着した後、配送する荷物を収去する際に、配送する荷物に配送ラベルを付着し、これに対する映像情報を宅配専用のアプリケーションを通じて配送管理サーバ300へ伝送することで達成され、荷物引渡し情報の伝送は、上記配達員端末機600が配送目的地に到着した後、配送した荷物を受信した着信者から署名情報の入力を受けてこれを配送管理サーバ300へ伝送することで達成される。

0041

勿論、この際に配送管理サーバ300は、署名情報と共に配送が完了したことをクライアント端末機700へ伝送して配送が完了したことを通知する。

0042

なお、前述したとおり、ここで分割経路別にそれぞれ第1配達員端末機610及び第2配達員端末機620が指定された場合、第1配達員端末機610と第2配達員端末機620が会うと、上記第1配達員端末機610は、引き渡す荷物の映像情報を配送管理サーバ300へ伝送して引渡し完了を知らせ、第2配達員端末機620は、引き受けした荷物の映像情報を配送管理サーバ300へ伝送して引き受け完了を知らせる。

0043

この際、第1配達員端末機610及び第2配達員端末機620は、最初に荷物の映像情報と説明の情報を基に引き受けする荷物に異常があるか否かを判断して正常的な引き受け及び配送が行われたか否かを判断し、これに対する判断結果を着信者またはクライアント端末機700へ提供することもできる。

0044

上記クライアント端末機700は、前述したとおり、上記メインサーバ100にデータの通信が可能であるように接続して、配送しようとする荷物に対する配送の要請を行い、該当配送要請に対する配送情報を上記メインサーバ100から受信するように行われる。

0045

一方、図1bに図示されたように、本実施例による宅配システム1000は、マーケット管理サーバ800が備えられており、クライアント端末機700に加盟店の情報を提供するように構成される。

0046

ここで、上記マーケット管理サーバ800は、接続されるクライアント端末機700へ提供する加盟店の情報をリストアップする加盟店管理部810と、上記加盟店管理部810によってクライアント端末機700へ提供された加盟店の情報を通じてクライアント端末機700の購買の要請が発生した場合、該当加盟店の該当商品情報による決済過程を決済サーバ400と連携して処理する決済管理部820と、上記決済管理部820によって決済の処理が完了した商品に対してクライアント端末機700から伝達された配送情報に従って配送管理サーバ300及び配送人力管理サーバ200と連携して配送が行われるようにする配送管理部830と、で構成される。

0047

ここで、上記加盟店管理部810は、種々の加盟店から入店の要請を受け、これを別途の管理者端末機(図示省略)へ伝送し、該当管理者端末機は、入店の要請による入店を許すか否かを決定して入店許容の情報を加盟店管理部810へ伝送する。

0048

これによって、入店許容情報によって入店の要請が受容された場合、クライアント端末機700へ提供される加盟店の情報に該当入店要請が受容された加盟店の情報が一緒に含まれて提供されることになり、入店の要請が受容されなかった場合、入店要請した加盟店にこれを伝送して、結果情報を確認することができるように構成される。

0049

このような加盟店管理部810がクライアント端末機700へ加盟店の情報を提供する場合、ウェブページの形態で提供することになるが、上記ウェブページには、前述した宅配システム1000の配送要請または配達員登録のような機能を行うページに左側または右側のバナー空間を形成して、該当バナー空間に上記加盟店の情報が出力されるようにするか、別途の加盟店のページを生成して複数個加盟店情報がクライアント端末機700に提供されるように構成されることができる。また、加盟店管理部810は、バナー形態の広告空間競売入札を通じて永久賃貸することもできる。

0050

一方、このような加盟店としては、一例として説明すると、屋台飲食店サービスエリアの飲食店、手作りのおかず店、海外からの直接購買代行マーケットなどが該当され得る。

0051

上記屋台の飲食店が入店する場合には、ミョンドンノリャンジンなどの繁華街の屋台の飲食に対して加盟店の入店を許容して、鯛焼きコップご飯、焼き鳥などの屋台の飲食をクライアント端末機700の要請に従って直ちに決済管理部820によって決済が行われ、配送管理部830によって直ちに配送が行われることになる。

0052

サービスエリアの飲食店の場合にも、最近テレビでも人気急増しているサービスエリアの飲食に対して加盟店の入店を許容し、サービスエリアの飲食を食べるためには時間的かつ金銭的制約が多いという問題点を、サービスエリアを頻繁に往来する観光バス運転手、荷物車の運転手などが配達員となって、本発明による宅配システムを通じてクライアントに伝達されることができる。

0053

主にブログを通じて販売される手作りのおかず店の場合にも、既存の配達アプリケーションと同一な配達サービスを提供して、当日注文するとその日の夜におかずとして食べることができ、海外からの直接購買代行マーケットの場合にも、旅行出張などの日程で外国に行ってくる人が配達員の登録をして、事前予約された物に対して配送をすることによって海外購買の品物の配送が容易かつ簡単に行われることができるようになる。

0054

その反面、海外で物を買ってきた後、マーケット管理サーバ800に商品を登録して販売する方式を選ぶことができる。海外の有名なチョコレート、特定の都市のみで販売されるスペシャルエディションの商品などを容易に購買することができる。

0055

例えば、フランスパリーで販売するスターバックスのタンブラーが購買したい人がいると、マーケット管理サーバ800に要請情報をアップロードしてパリーに出張に行く人に要請するという方式が可能である。

0056

一方、決済管理部820は、加盟店の情報による購買要請があった場合、該当購買品物の費用及び配送料金に対する決済及び精算のために、決済管理サーバ400へこれに対する情報を伝送し、決済管理サーバ400から決済確認の情報が受信されると、配送管理部830が該当品物に対するクライアント端末機700の配送情報を受信して、これを配送管理サーバ300へ伝送し、配送管理サーバ300は、正常に配送情報が入力された場合、これを配送人力管理サーバ200へ伝送して配送が行われるようにし、配送が正常に完了してクライアント端末機700から品物購買確定情報が受信されると、これを決済管理サーバ400へ伝送し、上記決済管理サーバ400は、クライアント端末機700から精算された料金のうち品物購買代金を該当品物販売者へ送金する。

0057

先ず、本願発明の配達員の登録を調べると次の通りである。

0058

即ち、図2を参照してみると、先ず、配達員登録を希望する一般人は、メインサーバ100を通じて提供されたインターネットウェブページを通じて宅配システムに接続する(S10)。その後、個人情報、例えば、住所のような個人的な情報、活動可能な地域、運送手段を所持しているか否か、登録する携帯電話番号、入金口座などのような情報を入力する(S11)。その後、公認認証書と認証手段を通じて個人認証をした後、会員加入を完了し(S12)、個人コードの発給を受ける(S13)。次に、登録携帯電話に宅配専用のアプリケーションをダウンロードした後、発給された個人コードでログインする(S14)。アプリケーションをダウンロードするとき、正確性を図るために登録携帯電話を通じた携帯電話認証を行う。このような段階を通じて専門配達員の登録手続きが完了する。

0059

次に、荷物を発送するための手続きを説明すると次の通りである。

0060

荷物を特定の地域に配送しようとする人は先ず、コンピュータまたは携帯電話のインターネットを通じて本願発明の宅配システムに接続した後、配送を要請することになる(S20)。この際に配送を要請する人は、宅配システムに会員加入をするか、または会員加入しなくても配送を要請することになる。配送を要請をするとき、送る人と受取人の情報と、送ろうとする荷物の情報と、送ろうとする荷物の値段情報を入力することになる。この際、送る人の住所と配送要請をする住所が異なる場合、発送要請地の住所を記入する。そうすると、宅配システムにて配送番号を配送要請者に提供することになる(S21)。

0061

次に、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員に配送する荷物があることを通知する(S22)。この際に、速やかな配送のために、専門配達員の携帯電話のGPS情報、またはGPS情報が確認できない場合、基地局の情報と、送る人の住所または発送要請地の住所の地理的な情報を利用して、一定距離以内にいる専門配達員のみに通知することになる。例えば、車両無しで徒歩を利用する専門配達員の場合1KM以内、運送手段を利用する専門配達員の場合3KM以内にいる専門配達員に通知することになる。

0062

その後、条件に合う専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する(S23)。その後、宅配システムから担当配達員が指定され(S24)、指定された担当配達員は、配送を要請した住所地へ行って配送する荷物を収去することになる(S25)。この際に、配送を要請した当事者が予め荷物を配送できる状態に包装するか、または専門配達員が現場で包装することができる。

0063

その後、専門配達員は、包装された荷物に送る人と受取人の情報と共に配送番号を配送ラベルに記入した後、配送ラベルを荷物に付着して配送要請者の確認を受けた後、この状態の姿を写真撮影してから、アプリケーションにアップロードする(S26)。このように配送する荷物を写真撮影した後にアップロードする理由は、この後発生する可能性のある破損に対する証拠資料として使用する目的である。

0064

その後、専門配達員は、目的地、すなわち受取人の住所地へ荷物を配送した後、受取人に荷物を渡した後、専門配達員の携帯電話のアプリケーションを通じて受取人の署名を受ける(S27)。その後、宅配システムにて荷物の配送の完了が伝送され、送りたい人に荷物が正常に配送されたことを配送要請者に通知する。この方法において、配送要請者は、宅配システムのウェブページを通じて荷物の配送状態を確認することが可能になる。しかし、既存の宅配システムにて確認できる方法、すなわち荷物が位置している地域のみが確認できる方法とは異なって、荷物の配送状態を実時間で確認することができる。即ち、専門配達員が使用するアプリケーションは、GPSの情報を持続的に提供するため、アプリケーションを通じて荷物が位置する具体的な場所を実時間で確認することが可能になる。

0065

上記で説明した荷物配送は、近距離、例えば、ソウル地域、スウォン地域、テグ地域、ブサン地域などのような地域で行われる過程を説明したものである。しかし、仮に遠距離の荷物配送、例えばソウルからテグまで荷物を配送する場合に、当日配送は実質的に不可能である。一般的な宅配システムを通じても一泊二日がかかることになる。

0066

しかし、本願発明の宅配システムは、会社に専属した専門配達員を利用するのではなく、一般人を専門配達員として利用するため、当日配送も可能となる。

0067

図3を参照して遠距離配達を説明すると、次の通りである。説明の便宜のために、ソウル蘆原区からテグ西区へと荷物を配達する場合を例とする。

0068

最初に、配送しようとする人は、先ず、コンピュータまたは携帯電話のインターネットを通じて本願発明の宅配システムに接続した後、配送を要請することになる(S30)。上記で説明したとおり、送る人と受取人の情報と、送ろうとする荷物の情報と、送ろうとする荷物の値段情報を入力することになる。この際、送る人の住所と配送要請をする住所が異なる場合、配送要請地の住所を記入する。そうすると、宅配システムにて配送番号を配送要請者へ提供することになる(S31)。

0069

次に、宅配専用のアプリケーションを通じて専門配達員にテグ西区地域に配送する荷物があることを通知する(S32)。この際に速やかな配送のために、専門配達員の携帯電話のGPS情報、またはGPS情報が確認できないときに、基地局情報と、送る人の住所または発送要請地の住所の地理的な情報を利用して、一定距離以内にいる専門配達員のみに通知することになる。仮に一定距離以内に専門配達員がいないと、地域をさらに広めて専門配達員を探すことになる。

0070

その後、条件に合う専門配達員がアプリケーションを通じて先着順で配送意思を確認する(S33)。仮に条件に合う専門配達員がテグ西区地域まで直接配送することができれば、上記で説明した段階S24乃至S27の過程を経ることになる。即ち、テグからソウル蘆原区の方まで出張や個人な用事で訪問した後、テグへ帰る場合、ソウル蘆原区で荷物を引き受けた後、テグ西区で受取人に直接伝達することができる。

0071

しかし、ソウル蘆原区からテグ西区まで一人の専門配達員による配送が不可能な場合、多数の専門配達員による連携配送が可能である。

0072

先ず、ソウルの特定の地域からテグ西区まで配送が可能であることを登録した第1の専門配達員を探すという要請を第1配達員端末機610を通じて専門配達員に通知する(S33)。

0073

その後、ソウルの特定の地域からテグ西区まで配送が可能な第1の専門配達員が配送意思を確認することになる(S34)。

0074

次に、第1の専門配達員のいる特定の地域、例えば、高速バスターミナル汽車まで配送が可能な第2の専門配達員を探すという要請を第2配達員端末機620を通じて専門配達員に通知する(S35)。

0075

次に、ソウルの特定の地域まで配送が可能な第2の専門配達員の配送意思を確認し(S35)、第2の専門配達員が配送要請の住所地まで訪問して配送する荷物の写真を撮影してアップロードした後、荷物を収去する(S36)。

0076

次に、特定の地域で第1の専門配達員と第2の専門配達員が待ち合わせた後、荷物を受け渡しする(S37)。この際、アップロードした荷物の写真を通じて受け渡される荷物に異常があるか否かを確認した後、アプリケーションを通じて第1の専門配達員と第2の専門配達員が引き受け、引渡し済みを確認する(S38)。

0077

その後、第1の専門配達員は、テグ西区の地域で受取人に荷物を伝達した後、署名を受けてから配送を完了することになる(S39)。

0078

このように、多数の専門配達員を利用することで、荷物を当日に遠距離まで配送することが可能となる。上記において、高速バスターミナルや、汽車駅を利用する専門配達員を例としたが、航空機が就航する地域である場合には、航空機を利用する専門配達員を利用することができ、また直接車両運転する運転手、例えば乗用車を利用する運転手またはソウル地域に荷物を配達してから帰る貨物車の運転手も専門配達員として利用することができる。

0079

また、上記では二人の専門配達員を利用することを例としたが、ソウルの特定の地域まで配達する専門配達員と、ソウルの特定の地域からテグの特定の地域まで配達する専門配達員と、テグの特定の地域から最終の目的地まで配達する専門配達員まで三人の専門配達員を利用することができる。

0080

一方、最近、個人間の商取引、例えば中古品の取引が活発に行われている。このような中古の取引は、直取引を通じて行われるが、宅配の取引を通じて行われることもある。しかし、中古取引の特性上、互いを信頼することができず、いわゆる安全決済という手段を通じて行われることもある。しかし、安全決済を用いる場合に、決済と宅配の配送が別々に行われ、また安全決済の代金は、品物が配送された以降にも相当な期間、例えば、3-4日が経ってから入金され、またサービス費用も高いため、品物を販売する人が安全決済を回避する傾向があった。

0081

しかし、本願発明の宅配システムでは、決済と宅配配送が共に行われ、また当日に配送が可能であり、決済代金も素早く提供することが可能になる。

0082

図4を通じて安全取引と宅配システムを説明すると、次の通りである。

0083

先ず、販売のページを通じて購買者が品物の購買を決定し、購買代金を宅配システムの口座に入金する(S40)。

0084

そうすると、アプリケーションを通じて配送する品物があることを専門配達員に通知し(S41)、配送する専門配達員が指定されると、専門配達員は販売者から品物を収去することになる(S41)。この際、品物は、販売者が予め包装するのではなく、専門配達員が包装することになる。また、専門配達員は、販売のページに示された情報、すなわち写真情報と説明の情報を基に、収去する品物の異常の有無を判断し、異常がなければ、品物の写真を撮影し、また品物を包装した後、品物の包装の状態を写真撮影した後、撮影した写真をアップロードする。

0085

その後、専門配達員は、包装された品物を購買者に直接配送した後、購買者から現場で直接確認するようにした後、品物に異常があるか否かを判断することになる。品物に異常がないとアプリケーションを通じて購買者から購買の確定を受ける(S42)。

0086

そうすると、宅配システムでは、当日にまたは翌日付で手数料を除いた販売代金を販売者の口座に入金することになる(S43)。

0087

仮に、購買者から購買の確定を受けずに搬送をした場合、購買者の入金金額から配送料金と搬送料金を差し引いてから、搬送が完了した後、購買者の変換口座に入金金額を入金することになる。

0088

以上で説明したとおり、販売サイトで購買と共に販売サイトを通じて品物の配送が行われるため、当事者が直接宅配を通じて品物を配送する必要が無く、専門配達員を通じて品物の異常の有無が判断されるため、詐欺の取引を防ぐことができ、品物の代金が早い時間内に販売者に支給されるという長所がある。

0089

一方、現在の飲食配達サービスの場合、飲食配達サービスを行う業者のウェブページに各種の飲食店の案内をし、注文者は上記ウェブページを通じて飲食店と飲食を選ぶと、飲食配達サービス業者の専門配達員が飲食店を訪問して選ばれた飲食を収去して注文者へ配達することになる。この場合、飲食店からウェブページを通じたサービス費用を取らず、その代わりに飲食店にて支払う所定の配達料から利益を取るため、専門配達員が受け取る費用は少ないという短所がある。

0090

これに本願発明では、飲食配達のウェブページを作成し、このウェブページに仮想の飲食店を作った後、希望する飲食店に与えることになる。そして注文者が仮想の飲食店を選ぶと、飲食店の実際のウェブページやブログに繋がり、注文者は実際のウェブページやブログで飲食を注文することになる。そうすると、飲食の注文は上記で説明した方式で登録された専門配達員によって配達されることになる。

0091

本発明は、様々な異なる形態で具現されることができ、上記説明された実施例によって限定されず、図面において本発明を明確に説明するために、説明と関係無い部分は省略された。以上で本発明の実施例について詳しく説明したが、本発明の権利範囲はこれに限定されるのではなく、添付の請求範囲で定義している本発明の基本概念を用いた当業者の様々な変形及び改良形態もまた本発明の権利範囲に属すのである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ