図面 (/)

技術 地上、地下と地面

出願人 有限会社久美川鉄工所
発明者 溝口恭子
出願日 2017年12月18日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2017-241263
公開日 2019年7月4日 (8ヶ月経過) 公開番号 2019-108702
状態 拒絶査定
技術分野 基礎 地盤の調査及び圧密・排水による地盤強化
主要キーワード 液化現象 機構体 司令塔 収縮体 状箇所 機械ポンプ 膨張体 水浸し
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年7月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

地震、又は地下工事等によって地面又は地盤が変動、変化し、液化現象等が発生するとき、これに対応する為の地面、又は地盤を提供する。

解決手段

地震、又は地下工事時等による地面又は地盤の変動が生じる地下又は地面に於いて、地面又は地盤の上部、上面、下部又は下面に液体気体固体等が集まる、侵入、保存、回収、又は集める事が出来る形状の構成を設定して、それらの構成は、液状化を防ぎ、該吸収、浸透、等種々の機構、構造、作用を為して地盤の安定を為した事を構成する等の地盤又は地面とする。

概要

背景

地震時に対して土地建物震動緩和或いは該対策の各種地震対策を講じておくことも多い。一方、既設の建物については、筋交いを設けておくことも多い。一方、既設の建物については、筋交いを設け、ブレース構造と、為したり、緩衝器を設置するなどの補強が行なわれることがある。又土地、地面に対して強度を増すくい打ち工事土盛りを行なわれる事が有る。

概要

地震、又は地下工事等によって地面又は地盤が変動、変化し、液化現象等が発生するとき、これに対応する為の地面、又は地盤を提供する。地震、又は地下工事時等による地面又は地盤の変動が生じる地下又は地面に於いて、地面又は地盤の上部、上面、下部又は下面に液体気体固体等が集まる、侵入、保存、回収、又は集める事が出来る形状の構成を設定して、それらの構成は、液状化を防ぎ、該吸収、浸透、等種々の機構、構造、作用を為して地盤の安定を為した事を構成する等の地盤又は地面とする。

目的

これに対する対策において、発生前、発生後における、事前対策、事後に発生する、その後における、該対する処置、対策等を為し得る事の提供を課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体気体、又は固体等が、集まる、浸透侵入、保存、回収、又は溜める事等その他該種々色々が出来る形状、構造、作用、機能又は機構を設置した、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、侵入、保存、回収、又溜める事が出来る形状、構造、作用、機能又は機構と為して、強固、安定、又は安全となす事が出来る構成の、地上或いは地下の地面又は地盤。

請求項2

請求項等の記載に於いて、該構造、機構、又は作用を設定する地下、地面又は地盤に、浸透膜収縮性膨張性、畳む、柔軟性、調整機能広大性、緩衝性、吸収性、排出性、縮小、ちぢみ、凹凸、溝、膜、弁、穴、又は切り欠き、その他種々色々の該機能、構造、作用、又は機構等を設定した地上、或いは地下の地面又は地盤。

請求項3

請求項等の記載に於いて、それらを、多数に連結する、又は統合する、又は一体化を為す、又は該広範囲に設置して該機能或いは作用する事が出来る、該機構、作用、形状又は構造を、構成する事が出来る、地上、或いは地下の地面、又は地盤。

請求項4

請求項等の記載において、それらの液体、気体、又は固体等を回収する機能、構造、作用、機構、或いは液体、気体、又は固体等を該排出する構造、機能、作用、機構、或いは液体、気体、又は固体等を保護する保護部、保持する保持部、保全する保全部、保存する保存部、保留する保留部、保管する保管部、監視する監視部、浮く構造を持つ浮く構造部、請求項記載の材料の備蓄部、請求項記載と為すそれらの庫部、請求項記載と為すそれらの蔵部、請求項記載と為すそれらの溜め池部、請求項記載と為すそれらの擁壁部、又は請求項記載と為すそれらの部を設ける機能、構造、作用、又は機構、を構成し該設置した地上或いは地下の、地面又は地盤。

技術分野

0001

本発明は、地盤、地面の地上、地下に関するものである。

背景技術

0002

地震時に対して土地建物震動緩和或いは該対策の各種地震対策を講じておくことも多い。一方、既設の建物については、筋交いを設けておくことも多い。一方、既設の建物については、筋交いを設け、ブレース構造と、為したり、緩衝器を設置するなどの補強が行なわれることがある。又土地、地面に対して強度を増すくい打ち工事土盛りを行なわれる事が有る。

先行技術

0003

特願2003−315031公報 特開2005−83030公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、土地、地面、地盤に対する地震対策は部分の狭い範囲のみを対象にした工法である、又建物に対する従来の上述したような地震対策の施工措置は、その措置を講じることは容易でないことが多く、また、構造が複雑化することもあり、更に地震対策の施工に躊躇することも多かった。又それに乗じて液化現象が起きる事もある。

0005

そこで、本発明は、地盤、地面の地下、地上に及ぼす被害、又は液化現象発生も生じた該被害を及ぼす。これに対する対策において、発生前、発生後における、事前対策、事後に発生する、その後における、該対する処置、対策等を為し得る事の提供を課題とする。

課題を解決するための手段

0006

請求項の地上或いは地下の地面又は地盤は、
地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体気体、又は固体等が、集まる、浸透侵入、保存、回収、又は溜める事等その他該種々色々が出来る形状、構造、作用、機能又は機構を設置した、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、侵入、保存、回収、又溜める事が出来る形状、構造、作用、機能又は機構と為して、強固、安定、又は安全となす事が出来る構成の、地上或いは地下の地面又は地盤。
即ち、
地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構を設置して、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る状態、状況、状勢、形勢と為す形状、構造、作用、機構の地上、或いは地下の、地面又は地盤である。
該発明に於いて、異変、地震等における災害遭遇したときに発生し易い液化現象、水難、水浸し等の種々な地上、地下の地面又は地盤の変化現象を起こす。故に該変化現象を抑えるために為す発明である。
地下、地面又は地盤に関与する該構造、機能を設置して、変化現象の際発生する液化現象を抑える為に、その液体、泥水等を、集つめ、溜める等の構造、機能、機械、又は装置を設定して、該変化現象怪奇の形状、状況、状態を回避する事が出来る、該構造、機構、又は作用等を為し、該構成する事の地下、地面又は地盤とする発明である。

0007

請求項2の記載においての、地上或いは地下の地面又は地盤は、
請求項等の記載に於いて、該構造、機構、又は作用を設定する地下、地面又は地盤に、浸透膜収縮性膨張性、畳む、柔軟性、調整機能広大性、緩衝性、吸収性、排出性、縮小、ちぢみ、凹凸、溝、膜、弁、穴、又は切り欠き、その他種々色々の該機能、構造、作用、又は機構等を設定した地上或いは地下の地面又は地盤とする。
尚、前記記載の発明の明細を状況、状況、事態に合わせて為す構成は、該全部併せ持つ、単独に、又は種々色々な該ことを事態に併せ持って為す、を設定する事も可能である、故に上記記載から、より適した組み合わせとする該機能、構造、作用、又は機構等を設定した地上或いは地下の地面又は地盤とする。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上或いは、地下、地面又は地盤に浸透膜を設置している、該浸透膜の設置は、該構造、機構、又は作用をなし構成する浸透膜で、該浸透膜を通して、又いらない物の排除の兼ねる事が出来る得る浸透膜にて、液体を溜める事が出来る形状の構成と為して水分を吸収して、地下、地面又は地盤に変動が無い様にするものの構成である。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下、地面又は地盤に収縮性、或いは収縮体の機構の設置は、該構造、機構、又は作用をなす収縮性、収縮体の構図で構成するものであり、設定初期段階の構図は物体体積が縮小、縮んでいて小さい構図である。縮んだ該収縮体に液体が浸透する、又入って来る時、該収縮体は大きくなって液体を吸収して地下、地面又は地盤の安定を図るものである。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地下、地面又は地盤に膨張性、或いは膨張体の機構の設置は、該構造、機構、又は作用をなす膨張性、膨張体の構図で構成するものであり、設定初期段階の構図は物体の体積は膨張した大きいものである。
尚、又は縮小、小さい構図の体積で、該液体が来る時、該膨張して体積が増える作用を以て、地下、地面又は地盤の正常化、安定化を図るものである
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下、の地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体に畳む機能を持たせる。該畳む機能は何重にも折り重ねる事も可能である。設定初期段階に於いての構図は、該物体を畳んで体積が縮小、小さくなるようにする構図である。畳んで縮んだ物体に液体が浸透する、又入って来る時、該物体は大きく広がって地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体に柔軟性の機能を持たせる。該機能は何重にも折り重ねたり、浸透性を持たせたりする等の種々な作用、機能、の構成を持つ、該物体に柔軟性を持たせる事が可能又は不可欠である。設定初期段階に於いての構図は、該物体は畳んだり、弁を以て作動させたり、体積が縮小する種々構図に柔軟性を持たせた柔軟体を設定した物体に、液体が浸透する、又入って来る時、該物体は柔軟性の作用の構成により、地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体に調整機能を持たせた調整機能体とする。浸透膜機能、柔軟性機能、畳む機能は何重にも折り重ねる事も可能な種々な物体に、それらにポンプ、弁、段階侵入凸凹形状の構成の設定等による調整機能を設定した調整機能体を設定する。設定初期段階に於いての構図は、該物体は畳んで体積が縮小、小さくなるようにする様な種々な構図の物体に調整機能を持たせ調整機能体とする。該物体に液体が浸透する、又入って来る時、該物体は液化現象の水を調整機能にて調整して、地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体に、広大性を持たせたものとする。設定初期段階に於いての構図は、該物体は広大性を持たせ、又は広大な構造、機構体を設置する、該機構体の物体に液体が浸透する、又入って来る時、該物体が液、水を吸収、解消して、地上、地下、の地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤に緩衝性又は緩衝体を設置している該設置は、該構造、機構、又は作用をなして構成する緩衝性又は緩衝体を、通して種々な抵抗、衝撃を和らげる働きをなす事が出来る構成と為して、地下、地面又は地盤に変動が無い様、緩和するものの構成である。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体について、縮小する、を持たせたものとする。設定初期段階に於いての構図は、該物体は縮小性を持たせ、又は小さくした縮小体の構造、機構体を設置する、該機構体の物体に液体が浸透する、又入って来る時、該縮小物体が液、水を吸収して大きくなり該難問を解消して、地上、地下、の地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体とした1つの構成に弁を持たせて構成する。該1つ物体に弁を装着した構造、機構体として設置した。該弁設置の機構体の物体に液体が浸透する、又入って来る時、該弁体によって、1つの弁設置該構造、機構体は、調整、又基準値に達した時、又該適宜適切時の作動に至った時に於いて、該弁を、閉じたり開いたりする等の該弁の役割分担をする。よって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地下、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体とした時、該物体に適切な穴を開けて設置する。適宜適切な穴を装着した構造、機構体として設置した物体に穴を通して液体が浸透する、又入って来る経路とのその役割の分担をする。よって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。
該発明に於いて、前記記載の請求項の地上、地下の、地面又は地盤の該構造、機構、又は作用をなす構図の構成の物体とした時、該物体に適切な切り欠き設けて設置する。
切り欠きは、難儀とする場所に於いても、適宜適切な方法、寸法、補助線として縦、斜め、横、斜交、前、後、奥、長さに於いても必要形状箇所として設置した。よって、切り欠きを通して液体が浸透する、又入って来る又は排出する経路として必要な発明である。よって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。

0008

請求項2、3の記載に於いての、地上或いは地下の地面又は地盤は、
請求項等の記載に於いて、それらを、多数に連結する、又は統合する、又は一体化を為す、又は該広範囲に設置して該機能或いは作用する事が出来る、該機構、作用、形状又は構造を、構成する事が出来る、地上、或いは地下の地面、又は地盤。
尚、前記の記載の請求項において、該多数設置した、それらを連結、又は統合して又は一体化して構成した地上、或いは地下の、地面又は地盤に、監視部を持つ。
該発明に於いて、上記記載等の請求項の発明を、複数に連結し一体化する、又は該構成を統括、統合して1つの司令塔命令系と持ち、該コントロールする該機能、構造、作用、機構、又は該排出する機能、機械、機構は、それらの作用等遂行人手間を省き、又全体の状況、状態を把握して、該の監視、又は該関与して対処、処置等が出来る、故に費用も少なく経済的な構成をなす事が出来る。よって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる。

0009

請求項2,3、4の記載においての、地上或いは地下の地面又は地盤は、
請求項等の記載に於いて、それらの液体、気体、又は固体等を回収する機能、構造、作用、機構、
或いは液体、気体、又は固体等を該排出する構造、機能、作用、機構、
或いは液体、気体、又は固体等を保護する保護部、保持する保持部、保全する保全部、保存する保存部、保留する保留部、保管する保管部、監視する監視部、浮く構造を持つ浮く構造部、請求項記載の材料の備蓄部、請求項記載と為すそれらの庫部、請求項記載と為すそれらの蔵部、請求項記載と為すそれらの溜め池部、請求項記載と為すそれらの擁壁部、又は請求項記載と為すそれらの部を設ける機能、構造、作用、又は機構、を構成し該設置した地上或いは地下の、地面又は地盤。
該発明に於いて、上記記載等の請求項の発明を、
保護部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項における排出は、機械によって行う事も出来る。該設定の保護部は、守る事、又は関係を助け合い良くする事、を言う。
保持部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、持つ事、又は保ち続けること、を言う。
保全部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、保護して安全にする事、を言う。
保存部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、長く現状を保つ事、を言う。
保留部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、あづかる事、を言う。
保管部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、保護、管理する事を、言う。
監視部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項を、気を付けて見守ること、取り締まる、事を言う。
浮く構造部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項の、浮く構造部を言う。
該材料部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項の、それらの材料の部を言う。
庫、蔵とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項の、守る事等の如し上記記載事項全ての庫、倉庫を設定構成した地下、地面又は地盤。
溜め池、泉とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項の、守る事等の如し上記記載事項全ての設定構成し、又はそれを地上、地下に設定
擁壁部とは、機能、構造、作用、機構、又は該排出する事項の、守る事等の如し上記記載事項に擁壁部
を設定構成し擁壁によって守るべき部位、体等を囲みガードする地下、地上の地面又は地盤。

発明の効果

0010

請求項の発明に於いて、地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構を設置して、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、状態、形勢、又は状況と為す、とする地上或いは地下の地面又は地盤とする。よって、地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。

0011

請求項の発明に於いて、該構造、機構、又は作用を設定する地下、地面又は地盤に、浸透膜、収縮性、膨張性、畳む、柔軟性、調整機能、広大性、緩衝性、吸収性、排出性、縮小、ちぢみ、凹凸、溝、膜、弁、穴、又は切り欠き、その他種々色々の該機能、構造、作用、又は機構等を設定した地下、地面又は地盤とする。

尚、前記記載の発明の明細を状況、事態に合わせて、該全部併せ持つ、又は種々色々な該ことを併せ持って設定する事も可能である、故に上記記載から、より適した組み合わせとする該機能、構造、作用、又は機構等を設定した地下、地面又は地盤とする。
よって、該発明に於いて、前記記載の請求項の地下、地面又は地盤に前記記載の浸透膜等種々の機能、構造等を該状況、場所、状態に合わせて設置する。
従って、該設置は、該構造、機構、又は作用をなし構成する該浸透膜等種々の機能で、それらを通して、例えば、液体を溜める事が出来る形状の構成と為して水分を吸収して、地下、地面又は地盤に変動が無い様にする効果が有る。
よって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。

0012

請求項の発明に於いて、
それらを、多数に連結する、又は統合する、又は一体化を為す、又は該広範囲に設置して該機能或いは作用する事が出来る、該機構、作用、形状、又は構造を構成する事が出来る、地上、或いは地下の地面、又は地盤。
該発明に於いて、上記記載等の請求項の発明を、複数に連結し、統合し、一体化する、又は該構成を統括、統合して1つの司令塔、命令系と持ち、該コントロールする該機能、構造、作用、機構、又は該排出する機能等の機械のポンプ、凸凹上から下へ流れる流動機能押し出す空気によって圧縮し排出する形状の圧縮機能の該機能、構造、作用、機構、又は該広範囲に設置して該機能或いは作用する事が出来る該機能、構造、作用、機構である。
該機構、作用、形状、又は構造は、それらにより該遂行の人手間を省き、又全体の状況、状態を把握して、該の監視、又は該関与して対処、処置等が出来る、故に費用も少なく経済的な構成をなす事が出来る。よって、該難問を解消して、地上、或いは地下、の地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象、変動変化の解消となる効果が有る。

0013

請求項の発明において、
それらの液体、気体、又は固体等を回収する機能、構造、作用、機構、又は該排出する機能、機械、機構、又は液体、気体、又は固体等を保護部、保持部、保全部、保存部、保留部、保管部、監視部、浮く構造部或いは該材料部、庫、蔵、溜め池、擁壁部又は泉部等を構成し設置した地下、地面又は地盤。
上記記載を構成した機構は其々の特徴とする地盤を提供する事によって、該難問を解消して、地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。

図面の簡単な説明

0014

本発明の第一実施形態の構造を示す概略図である。
本発明の第二実施形態の構造を示す概略図である。
本発明の第三実施形態の構造を示す概略図である。
本発明の第一実施形態の構造を示す概略図である。
本発明の第一実施形態の構造を示す概略図である。
本発明の第一実施形態の構造を示す概略図である。

実施例

0015

〈第一実施形態〉
以下、本発明の第一実施形態の構造を図1に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴(4)、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。

0016

〈第二実施形態〉
以下、本発明の第二実施形態の構造を図2に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み(6)縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。
上記記載の該形状、構造、作用、又は機構(3)を多数設置して、該該形状、構造、作用、又は機構(3)等を連絡つなぎ合わせて構成した箇所にも穴を持つも可能、該を一か所に集める様、構成しその先方に淘汰して為す貯蔵部、保存部、入水、排出部等を設けている。該入水、排出、水を吸い上げる、水を抜く、排出する等の機能、構造、機構、作用を持つ。又
と共に為す該機械ポンプ(9)等、排出機能構造設定(8)、保存機能、該可動設定(8)とを持ち、状況、状態によってそれらを作動し地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。

0017

〈第三実施形態〉
以下、本発明の第三実施形態の構造を図3に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み(11)縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。
該形状、構造、作用、又は機構(3)の中に空気を有り、其の機構に、下部又は八方から
侵入する液体水を吸い上げるに、あたり中の空気(11)が安定性をなし、次の連絡、複数多数該機構への循環を安全に運ぶ要素の1つとなる。折り畳む(11)

0018

〈第四実施形態〉
以下、本発明の第四実施形態の構造を図4に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、下面に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。前記記載の図をふまえて、
上記記載の該形状、構造、作用、又は機構(3)に弁(12)を設定して、該機構等の弁によって調節して該機械、排出機能構造設定、保存機能設定との調整を保ち、状況、状態によってそれらを作動し地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。
強化し、機構を大にした地面にて、安定した大きい地面とする事も出来る。弁機能設定を表わす。

0019

(第五実施形態)
以下、本発明の第五実施形態の構造を図5に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、下面に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。前記記載の図をふまえて、
上記記載の該形状、構造、作用、又は機構(3)は、凸凹、縮み形状体を有し、該形状
体の凹みの下部、両脇に穴(4)を設定する該機構等の穴から水、液体等を調節して該機械、排出機能構造設定、保存機能設定となす事である。よって、いらない物、大きい物等の
振り分け機能、調整をなして、作動し地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。
該強化し、機構を大にした地面にて、安定した大きい地面とする事も出来る。ちじみ部の機能設定を表わす。

0020

(第六実施形態)
以下、本発明の第六実施形態の構造を図6に基づいて説明する。
地面又は地盤の上部、上面、(1)、の下部、又は下面、地下(2)に、液体、気体、又は固体等が、集まる、浸透、侵入、保存又は溜める事が出来る形状、構造、作用、又は機構(3)を設置した、該構造、機構には上、下、横、縦、又は斜め等の穴、切り欠き等を持ち、該穴から液体が侵入し、該を溜める事が出来る形状の構成を持つ形状、構造、作用、又は機構(3)である。該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、又は下面に、該集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する液体、気体、又は固体等を、集まる、浸透、溜まる、保存、又は侵入する事が出来る形状、構造、作用、機構、又は状況と為す、とする地上、地下の地面又は地盤である。又形状、構造、作用、又は機構(3)は収縮性、折り畳み縮小を持っている構造を表わしている。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)は、該地面又は地盤の上部、上面、下部、下面に設定する事も出来る。
又該形状、構造、作用、又は機構(3)には、膜(5)を設定し、濾過が出来る形状の構成である。又、膜を設定は無くても該機能は可能である。
上記記載の該形状、構造、作用、又は機構(3)は、凸凹、縮み形状体を有し、該形状
体の凹みの下部、両脇に穴(4)を設定する該機構等の穴から水、液体等を調節して該機械、排出機能構造設定、保存機能設定となす事である。よって、いらない物、大きい物等の
の振り分け機能、調整をなして、作動し地下、地面又は地盤の正常化、安全な、安定を図るものである。よって、水浸しと為らない、液化現象の解消となる効果が有る。
該強化し、機構を大にした地面にて、安定した大きい地面とする事も出来る。ちじみ部の機能設定を表わす。前記記載等の図をふまえて
地下に設定する該記載構造の構成からそれらを連絡機能介して、地上にて該記載構造、機構を設置する。それらをポンプ等にて泉部を設定した部分に流した図。
地上にて該記載構造、機構の設置は泉まで階段方式(14)を取っている。尚、階段方式にて送る流れの上から下の方に、又は下から上の方の流れの関係に於いての、溜り場、池、、泉(15)まで送る方式は、状況、状態に合わせた該流れによって該上、下を設定する事が大切である

0021

1 地上の地面又は地盤
2 地下の地面又は地盤
3 形状、構造、作用、又は機構の構成の設置
4 穴
5 膜
6 折り構造
7連絡部
8 排出及び保存機能
9ポンプ
10 空気
11 畳む
12 弁
13 ちぢみ部
14階段形状
15溜り場

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 鹿島建設株式会社の「 地盤の止水性向上方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】環境負荷が小さく、目標とする改質範囲まで均質且つ十分に地盤を改質することができる、地盤の止水性向上方法を提供する。【解決手段】井戸3を用いる地盤5の止水性向上方法であって、井戸3から、水中で硫... 詳細

  • 株式会社安藤・間の「 転圧回数予測システム、及び転圧方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】本願発明の課題は、従来技術が抱える問題を解決することであり、すなわち必要転圧回数を予測することで最適回数での転圧を可能とし高品質の盛土を提供する転圧回数予測システムと、これを用いた転圧方法を提... 詳細

  • SUS株式会社の「 ブース基礎構造」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 ブースの外壁に作用する力をアンカーボルトに伝達するための構成を簡略化させ、且つ、組立作業の容易化を図ることができるブース基礎構造を提供すること。【解決手段】 コンクリート製基礎と、上記コ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ