図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年6月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

優れた使用感を有する化粧水組成物を提供する。

解決手段

リポソーム化したγ—オリザノールグリセリン、平均分子量が2000〜5000のポリエチレングリコールを配合することで、肌に十分なしっとり感を付与できるγ—オリザノールを配合したにもかかわらず、塗布後や乾燥後において、べたつき感を感じず、肌の滑りも改善できる化粧水組成物が得られる。

概要

背景

さっぱり感を付与したり、皮膚に潤いを付与するなどの目的で化粧水は使用されることが多い。しかし、乳液クリームのような乳化系製剤とは異なり、油成分を多く配合できないため、塗布乾燥後肌のしっとり感が得られにくい欠点がある。このため、透明若しくは半透明外観を有する化粧水に配合でき、かつ化粧水を塗布して乾燥させた後に、皮膚に十分なしっとり感を付与する技術の開発が望まれていた。

この課題に対して、種々の提案がなされている。例えば、水中に難水溶性物質リン脂質と組み合わせた複合体(リポソーム)の形成を利用する技術(特許文献1)、トリメチルグリシングリチルリチン酸ジカリウムなどを併用する技術(特許文献2)などが挙げられる。しかしながら、塗布時や乾燥後の皮膚に十分なしっとり感やべたつかずさっぱりした感覚を実現させるには至っていなかった。

概要

優れた使用感を有する化粧水組成物を提供する。リポソーム化したγ—オリザノールグリセリン、平均分子量が2000〜5000のポリエチレングリコールを配合することで、肌に十分なしっとり感を付与できるγ—オリザノールを配合したにもかかわらず、塗布後や乾燥後において、べたつき感を感じず、肌の滑りも改善できる化粧水組成物が得られる。なし

目的

このため、透明若しくは半透明の外観を有する化粧水に配合でき、かつ化粧水を塗布して乾燥させた後に、皮膚に十分なしっとり感を付与する技術の開発が望まれていた

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)γ−オリザノール包含しているリポソーム及び(B)グリセリンを含有し、かつ、(C)平均分子量が2000〜5000のポリエチレングリコール及び/又は(D)トリメチルグリシンを含有する化粧水組成物であって、(C)成分を含有する場合は、組成物全量に対して(C)成分を0.1〜2質量%含有する、化粧水組成物。

請求項2

組成物全量に対してγ—オリザノールを0.05〜0.15質量%含有する、請求項1に記載の化粧水組成物。

請求項3

組成物全量に対して(D)トリメチルグリシンを0.1〜15質量%含有する、請求項1又は2に記載の化粧水組成物。

技術分野

0001

本発明は、使用感の良い保湿効果の高い化粧水組成物に関する。より詳細には、べたつき感がなく、かつ乾燥時の肌の滑り感があるにもかかわらずしっとり感を感じられる保湿性を付与できる化粧水組成物に関する。

背景技術

0002

さっぱり感を付与したり、皮膚に潤いを付与するなどの目的で化粧水は使用されることが多い。しかし、乳液クリームのような乳化系製剤とは異なり、油成分を多く配合できないため、塗布乾燥後肌のしっとり感が得られにくい欠点がある。このため、透明若しくは半透明外観を有する化粧水に配合でき、かつ化粧水を塗布して乾燥させた後に、皮膚に十分なしっとり感を付与する技術の開発が望まれていた。

0003

この課題に対して、種々の提案がなされている。例えば、水中に難水溶性物質リン脂質と組み合わせた複合体(リポソーム)の形成を利用する技術(特許文献1)、トリメチルグリシングリチルリチン酸ジカリウムなどを併用する技術(特許文献2)などが挙げられる。しかしながら、塗布時や乾燥後の皮膚に十分なしっとり感やべたつかずさっぱりした感覚を実現させるには至っていなかった。

先行技術

0004

特開2007−197328号公報
特開2004−352641号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明者らは、リポソーム化したγ—オリザノールを配合した化粧水が塗布時や乾燥後の皮膚に十分なしっとり感を付与できることを見出したが、一方で塗布時や塗布乾燥後の皮膚にべたつき感が発生したり、手で触った時の肌の滑り感が悪く感じるなど、使用感上の課題点が残ることが判明した。

0006

本発明は、上記の課題に鑑みてなされてものであり、その主な目的は、肌に十分なしっとり感を付与できる程度のγ—オリザノールを配合した場合であっても、塗布時や塗布乾燥後の皮膚において、べたつき感を感じず、肌の滑りも改善できる化粧水組成物を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、リポソーム化したγ—オリザノールとグリセリンに加え、平均分子量が2000〜5000となる分子量分布を有するポリエチレングリコールを併用することにより、化粧水組成物の塗布時や塗布乾燥後の皮膚に、べたつき感を与えずかつ手で触った時の肌の滑り感が良好であるにもかかわらず、しっとりした十分な保湿感を与えることができることを見出し、本発明を完成するに至った。

0008

本発明は、例えば以下の項に記載の主題包含する。
項1.
(A)γ−オリザノールを包含しているリポソーム及び
(B)グリセリン
を含有し、かつ、
(C)平均分子量が2000〜5000のポリエチレングリコール及び/又は
(D)トリメチルグリシン
を含有する化粧水組成物であって、
(C)成分を含有する場合は、組成物全量に対して(C)成分を0.1〜2質量%含有する、化粧水組成物。
項2.
組成物全量に対してγ—オリザノールを0.05〜0.15質量%含有する、項1に記載の化粧水組成物。
項3.
組成物全量に対して(D)トリメチルグリシンを0.1〜15質量%含有する、項1又は2に記載の化粧水組成物。

発明の効果

0009

塗布時や塗布乾燥後の皮膚に十分なしっとり感を感じる保湿性を付与できるにもかかわらず、べたつき感を感じず、手で触った時の肌の滑り感が良好な化粧水組成物を提供することができる。

図面の簡単な説明

0010

化粧水組成物の平均摩擦係数MIU)を示す。
化粧水組成物の平均摩擦係数の変動(MMD)を示す。
処方No.5及び処方No.6の化粧水組成物の使用感評価結果を示す。

0011

以下、本発明に包含される各実施形態について、さらに詳細に説明する。本発明は、化粧水組成物、当該組成物の製造方法等を好ましく包含するが、これらに限定されるわけではなく、本発明は本明細書に開示される全てを包含する。

0012

本発明は、γ—オリザノールを包含しているリポソーム及びグリセリンを含有し、かつ、平均分子量が2000〜5000の分子量分布を有するポリエチレングリコール及び/又はトリメチルグリシンを含有する化粧水組成物を包含する。以下、当該化粧水組成物を「本発明の化粧水組成物」と表記することがある。また、前記(A)〜(D)の各成分を「(A)成分」、「(B)成分」、「(C)成分」、「(D)成分」などと表記することがある。

0013

本発明の化粧水組成物は、「γ—オリザノールを包含しているリポソーム」を含むことが好ましい。ここにおいて、リポソームは脂質二重膜で形成される脂質小胞体をいい、通常、リン脂質を主体とした脂質を十分量の水で水和することにより形成できる。リポソームは、一般的に脂質二重層の数に基づいて分類されており、多重膜リポソーム(MLV)と一枚膜リポソームに分類される。一枚膜リポソームは、そのサイズに応じて、更にSUV(small unilamella vesicle)、LUV(large unilamella vesicle)、GUV(giant unilamella vesicle)などに分類される。これらのうち何れでも使用でき、MLVがより好ましい。本発明で好ましく使用し得るリポソームの大きさ(外径)は、10〜1000nmであり、さらに好ましくは20〜600nm、最も好ましくは30〜200nmである。

0014

本発明でいう「包含している」とは、主として脂質二重膜で形成された脂質小胞体(リポソーム)の中に包含される物質が存在している状態を意味する。リポソーム膜に囲まれる空間に封入されている状態で存在することが好ましく、リポソーム膜の構成成分とともに存在していてもよく、多重膜リポソームを構成する多重膜の間に存在していてもよく、リポソームを構成する脂質二重膜のうちの最も外側に位置する膜の表面に付着又は結合する形態で存在していても良く、それらの全てもしくは一部に存在しても良い。「γ—オリザノールを包含しているリポソーム」は本願において、「リポソーム化したγ—オリザノール」や単に「γ—オリザノールリポソーム」と表現することがある。

0015

本発明で使用するγ—オリザノールリポソームを構成するリン脂質はレシチンおよびその誘導体が好ましい。レシチンとしては、例えば、卵黄レシチン大豆レシチンナタネレシチン、コーンレシチン、ひまわりレシチン、ピーナッツレシチンなどを1種単独で又は2種以上組み合わせて使用することができるがこれらに限定されない。本発明では、これらの誘導体である水素添加物を用いることがより好ましい。レシチンはホスファチジルコリン又は1,2−ジアシルグリセロール−3−ホスホコリンとも称され、一般的に、グリセロールの1位及び2位に脂肪酸が結合している。本発明では、上記例示のレシチンに加えて、1位及び2位の両方又は片方炭素数12〜24の不飽和脂肪酸が結合しているレシチンを使用することが好ましく、1位に炭素数12〜24の飽和脂肪酸、2位に炭素数12〜24の不飽和脂肪酸が結合しているレシチンを使用することが特に好ましい。ここで、飽和脂肪酸及び不飽和脂肪酸は直鎖状及び分枝状のいずれでもよい。好ましい不飽和脂肪酸としては、炭素数16〜18の不飽和脂肪酸を使用できる。特に2位にオレイン酸リノール酸が多く結合したレシチンが好ましい。具体的には、卵黄レシチン、大豆レシチンおよびその水素添加処理物が好ましい。

0016

γ—オリザノールリポソームは、常法により製造することができる。例えば、所望量のレシチン及び必要に応じて所望量のステロールを、例えばエタノールなどの適当な有機溶媒で溶解し、減圧下にて溶媒を除去し、膜脂質を作成後、これにγ—オリザノールを含む溶液を添加して、例えば、1000〜3000rpm程度で2〜5分間程度撹拌して、リポソーム分散液を調製することにより、γ—オリザノールリポソームの分散液を得ることができる。

0017

また、この方法とは別に、所望量のレシチン及び必要に応じて所望量のステロールを少量のエタノールに溶解後、水溶液又は緩衝液に分散して予備乳化を行った後、高圧で分散させて脂質二重層を形成させてリポソーム分散液を調製することによってもγ—オリザノールリポソームの分散液を得ることができる。

0018

本発明で使用するリポソームは、γ—オリザノール以外のステロールも含有させることがより好ましい。γ—オリザノール以外のステロールとしては、コレステロールラノステロールジヒドロラノステロール、デスモステロールジヒドロコレステロールなどの動物由来のステロール;β−シトステロールカンペステロールスティグマステロールブラシカステロール、エルゴステロールエルスタディエノールシトステロール、ブラシカステロールなどの植物由来のステロール(フィトステロール);チモステロール、エルゴステロールなどの微生物由来のステロール等が挙げられ、1種単独で又は2種以上組み合わせて使用できる。これらの中でも、コレステロール又はフィトステロールが好ましい。

0019

リポソームにおけるリン脂質とステロールのモル比は、55:45〜95:5程度が好ましく、60:40〜90:10程度がより好ましく、75:25〜85:15程度が最も好ましい。モル比がこれらの範囲にあるとリポソームを構成する脂質二重膜の安定性が向上する。なお、リン脂質又はステロールの含有量既知の方法で測定できる。例えば、リン脂質の含有量はFiske−Subbarow法など、ステロールの含有量はHPLC比色法などによって定量できる。

0020

前記の方法で調製されたγ—オリザノールリポソームは分散液として得られる。好ましいγ—オリザノールリポソーム分散液中における、γ—オリザノール、レシチンおよびステロールの含有量は、以下のとおりである。γ—オリザノールの含有量は好ましくは0.01〜5質量%程度、より好ましくは0.05〜2質量%程度、さらに好ましくは0.1〜1質量%程度、最も好ましくは0.2〜0.8質量%程度である。レシチンの含有量は、好ましくは1〜80質量%程度、より好ましくは1〜50質量%程度、さらに好ましくは1〜10質量%程度である。ステロールの含有量は、好ましくは0〜40質量%程度、より好ましくは0.01〜10質量%程度、さらに好ましくは0.1〜5質量%程度である。本発明の化粧水組成物には、上記のγ—オリザノールリポソーム分散液を配合することでγ—オリザノールリポソームを含有させることができる。γ—オリザノールリポソーム分散液は、組成物全量に対してγ—オリザノールの含有量が0.01〜0.15質量%の範囲になるように調整した配合量とすることが好ましい。当該範囲の上限若しくは下限は、0.02、0.03、0.04、0.05、0.06、0.07、0.08、0.09、0.10、0.11、0.12、0.13、0.14質量%であってもよい。例えば、0.03〜0.15質量%がより好ましく、0.05〜0.15質量%がさらにより好ましく、0.05〜0.1質量%が最も好ましい。γ—オリザノールリポソーム分散液は、組成物全量に対してレシチンの含有量が0.05〜15質量%の範囲になるように調整した配合量とすることが好ましく、0.15〜15質量%がより好ましく、0.25〜10質量%が最も好ましい。γ—オリザノールリポソーム分散液は、組成物全量に対してステロールの含有量が0.01〜1.2質量%の範囲になるように調整した配合量とすることが好ましく、0.03〜0.75質量%がより好ましく、0.05〜0.5質量%が最も好ましい。

0021

γ—オリザノールリポソーム分散液には、上記化合物のほかに、本願発明の効果を損なわない範囲であれば、通常、皮膚外用組成物に使用できる成分を配合することができる。例えば、界面活性剤加脂剤シリコーン類保湿剤高分子類紫外線吸収剤金属封鎖剤溶剤pH調節剤ビタミン類酸化防止剤酸化防止助剤防腐剤香料など後述するものと同様のものが挙げられる。

0022

本発明で使用するグリセリンは、組成物全量に対して1〜15質量%含有することが好ましい。より好ましくは3〜12質量%であり、もっとも好ましくは4〜10質量%である。

0023

本発明の化粧水組成物は、上記の通りポリエチレングリコール及び/又はトリメチルグリシンを含有する。本願発明においては平均分子量が2000〜5000のポリエチレングリコールを使用することが好ましい。当該範囲の上限若しくは下限は、例えば2100、2200、2300、2400、2500、2600、2700、2800、2900、3000、3100、3200、3300、3400、3500、3600、3700、3800、3900、4000、4100、4200、4300、4400、4500、4600、4700、4800、4900であってもよい。例えば、2000〜4200が好ましく、2600〜3800がより好ましく、2800〜3800がさらに好ましく、3000〜3600がさらにより好ましく、3100〜3500が特に好ましく、3100〜3400がもっとも好ましい。本発明において、ポリエチレングリコールの平均分子量は、医薬部外品原料規格に記載の方法で測定した値である。化粧品に用いるために販売されているポリエチレングリコールを用いることもでき、ポリエチレングリコール4000として販売されているものが特に好ましい。ポリエチレングリコールは組成物全量に対して0.1〜2質量%含有することが好ましい。当該範囲の上限若しくは下限は、例えば0.2、0.3、0.4、0.5、0.6、0.7、0.8、0.9、1.0、1.1、1.2、1.3、1.4、1.5、1.6、1.7、1.8、1.9質量%であってもよい。例えば、0.5〜1.5質量%がより好ましく、0.7〜1.3質量%がもっとも好ましい。

0024

本発明の化粧水組成物は、トリメチルグリシンを含有するとより好ましい。トリメチルグリシンは、組成物全量に対して0.1〜15質量%含有することが好ましい。当該範囲の上限若しくは下限は、例えば0.2、0.3、0.4、0.5、0.6、0.7、0.8、0.9、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14質量%であってもよい。例えば、0.5〜10質量%含有することがより好ましく、0.5〜5質量%含有することがさらに好ましく、0.5〜3質量%含有することが最も好ましい。本発明の化粧水組成物は、(C)成分及び(D)成分を組み合わせて配合することができる。なお、トリメチルグリシンは、ベタイン化合物一種であるが、どのベタイン化合物であってもよいわけではない。例えば、ベタイン化合物の中でも、トリメチルグリシンの代わりに、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液(コカミドプロピルベタイン)を含有する場合には、べたつき感が改善されないため、好ましくない。

0025

本発明の化粧水組成物には、上記化合物のほかに、本願発明の効果を損なわない範囲であれば、通常、皮膚外用組成物に使用できる成分を配合することができる。例えば、界面活性剤、加脂剤、シリコーン類、保湿剤、高分子類、紫外線吸収剤、金属封鎖剤、溶剤、pH調節剤、ビタミン類、酸化防止剤、酸化防止助剤、防腐剤、香料などが挙げられる。

0026

界面活性剤としては、アニオン界面活性剤カチオン界面活性剤両性界面活性剤ノニオン界面活性剤が挙げられる。これらのうち、ノニオン界面活性剤が好ましい。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0028

ノニオン界面活性剤としては、ポリオキシエチレン平均付加モル数20〜50モルラウリルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜50モル)オレイルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜50モル)セチルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜40モル)ステアリルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜30モル)ベヘニルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜40モル)オクチルフェニルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜50モル)2−オクチルドデシルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜50モル)デシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜50モル)フィトステロールエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜100モル)硬化ヒマシ油誘導体、ポリオキシエチレン(平均付加モル数5〜30モル)ポリオキシプロピレン(平均付加モル数5〜30モル)2−デシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜50モル)ポリオキシプロピレン(平均付加モル数2〜30モル)セチルエーテルなどのエーテル型ノニオン界面活性剤;ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜40モル)ソルビタンモノラウレート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜60モル)ソルビタンモノパルミテート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数40〜60モル)モノステアレート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜60モル)ソルビタンモノイソステアレート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜40モル)ソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜80モル)グリセリルモノイソステアレート、ポリオキシエチレン(平均付加モル数10〜30モル)グリセリルモノステアレート、ソルビタンモノオレート、ソルビタンセスキオレート、ソルビタントリオレート、ソルビタンモノイソステアレート、ソルビタンセスキイソステアレート、グリセリルモノオレート、グリセリルモノイソステアレート、グリセリルジイソステアレート、グリセリルモノエルケート、ジグリセリンモノオレートジグリセリンジオレート、ジグリセリンモノイソステアレート、ジグリセリンジイソステアレート、デカグリセリルモノラウレートデカグリセリンペンタオレート、デカグリセリンペンタイソステアレート、デカグリセリンデカオレート、デカグリセリンデカイソステアレート、ショ糖モノステアレート、ショ糖モノパルミテート、ショ糖モノミリステート、ショ糖モノオレートなどのエステル型ノニオン界面活性剤;ポリオキシエチレン(平均付加モル数20〜30モル)メチルグルコシドなどのアルキルグルコシド型ノニオン界面活性剤などが挙げられる。

0029

加脂剤としては、油脂類ロウ類炭化水素高級脂肪酸高級アルコール合成エステル油などが挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0031

ロウ類としては、酢酸ラノリン、液状ラノリン、サトウキビロウ還元ラノリン、POEラノリンアルコールエーテル等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0032

炭化水素としては、流動パラフィンオゾケライトスクワレンパラフィンスクワラン、パラフィン、イソパラフィンオクタンデカンドデカンイソドデカンヘキサデカンイソヘキサデカン等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0033

高級脂肪酸としては、例えば、ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸ステアリン酸、ベヘン(ベヘニン)酸、オレイン酸、12−ヒドロキシステアリン酸ウンデシレン酸トール酸、イソステアリン酸、リノール酸、リノレイン酸エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、アラキドン酸等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0034

高級アルコールとしては、例えば、ラウリルアルコールセチルアルコールステアリルアルコールベヘニルアルコールミリスチルアルコールオレイルアルコールセトステアリルアルコール等の直鎖アルコールモノステアリルグリセリンエーテルバチルアルコール)、2−デシルテトラデシノール、ラノリンアルコール、コレステロール、フィトステロール、ヘキシルドデカノールイソステアリルアルコールオクチルドデカノール等の分枝鎖アルコール等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0035

合成エステル油としては、ミリスチン酸イソプロピルオクタン酸セチルミリスチン酸オクチルドデシルパルミチン酸イソプロピルステアリン酸ブチルラウリン酸ヘキシルミリスチン酸ミリスチル、オレイン酸デシル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、乳酸セチル乳酸ミリスチル、酢酸ラノリン、ステアリン酸イソセチル、イソステアリン酸イソセチル、ジ−2−エチルヘキシルエチレングリコールジペンタエリスリトール脂肪酸エステル、モノイソステアリン酸N−アルキルグリコールジカプリン酸ネオペンチルグリコールリンゴ酸ジイソステアリル、ジ−2−ヘプチルウンデカン酸グリセリン、トリ−2−エチルヘキシル酸トリメチロールプロパン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、テトラ−2−エチルヘキシル酸ペンタンエリスリトール、トリ−2−エチルヘキシル酸グリセリン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、セチル2−エチルヘキサノエート、2−エチルヘキシルパルミテート、トリミリスチン酸グリセリン、トリ−2−ヘプチルウンデカン酸グリセライドヒマシ油脂肪酸メチルエステル、オレイン酸オイル、セトステアリルアルコール、アセトグリセライド、パルミチン酸2−ヘプチルウンデシルアジピン酸ジイソブチル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸−2−オクチルドデシルエステルアジピン酸ジ−2−ヘプチルウンデシル、エチルラウレート、セバチン酸ジ−2−エチルヘキシル、ミリスチン酸2−ヘキシルデシル、パルミチン酸2−ヘキシルデシル、アジピン酸2−ヘキシルデシル、セバチン酸ジイソプロピルコハク酸2−エチルヘキシル、トリオクタン酸グリセリン、トリイソパルミチン酸グリセリン、ラノリン脂肪酸イソプロピル、ラウリン酸ヘキシル等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0037

保湿剤としては、例えば、エチレングリコール、ジエチレングリコールトリエチレングリコール、平均分子量が1500以下のポリエチレングリコール、プロピレングリコールジプロピレングリコール、1,3−ブチレングリコールイソプレングリコール、1,2−ブタンジオール、1,2−ペンタンジオール、1,2−プロパンジオール、1,2−ヘキサンジオール、1,2−オクタンジオール、1,2−デカンジオール等のグリコール類;グリセリン、ジグリセリン、ポリグリセリン等のグリセリン類ソルビトールマルチトールマルトトリオースマンニトール、ショ糖、エリスリトール、グルコースフルクトースデンプン分解糖、マルトース、キシリトースなどの糖類やその誘導体;デンプン分解糖還元アルコール等の糖アルコール大豆タンパク加水分解物小麦タンパク加水分解物シルクタンパク加水分解物カゼイン加水分解物卵黄膜加水分解物、蛋白質加水分解物カチオン化物シリル化ポリペプチドアシル化ポリペプチドなどの蛋白質加水分解物およびその誘導体;ポリオキシエチレングリセリルエーテルポリオキシプロピレングリセリルエーテルポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテルポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル等のポリオキシアルキレングリセリルエーテルポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル等のポリオキシアルキレンジグリセリルエーテル;ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンヘキシレングリコールエーテル等のポリオキシアルキレングリコールエーテルポリオキシエチレンメチルグルコシドポリオキシプロピレンメチルグルコシド等のポリオキシアルキレンアルキルグルコシドポリオキシプロピレンソルビトールエーテル等のポリオキシアルキレンソルビトールエーテル;ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブチルエーテル等のポリオキシアルキレンアルキルエーテルコハク酸ビスエトキシジグリコールシクロキサン−1,4−ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール等のジカルボン酸ビス(ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)エステル;、コンドロイチン硫酸ヒアルロン酸および/又はその誘導体、ムコイチン硫酸コラーゲン誘導体コレステリル−12−ヒドロキシステアレート、乳酸ナトリウム胆汁酸塩海水海洋深層水キトサン誘導体PCAソーダ、ジグリセリン(EO)PO付加物などが挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0038

高分子類としては、天然水溶性高分子半合成の水溶性高分子、合成の水溶性高分子や無機水系高分子などが挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0042

無機の水系高分子としては、例えば、ベントナイトケイ酸アルミニウムマグネシウムビーガム)、ラポナイトヘクトライト無水ケイ酸等が挙げられる。

0043

紫外線吸収剤としては、例えば、パラアミノ安息香酸パラアミノ安息香酸エチル、パラアミノ安息香酸グリセリル、パラジメチルアミノ安息香酸アミル、パラジメチルアミノ安息香酸オクチル、4−[N,N−ジ(2−ヒドロキシプロピルアミノ安息香酸エチル等の安息香酸系紫外線吸収剤、ホモメンチル−N−アセチルアントラニレート等のアントラニル酸系紫外線吸収剤、サリチル酸エチレングリコールサリチル酸フェニルサリチル酸オクチル、サリチル酸ベンジル、サリチル酸p−tert−ブチルフェニル、サリチル酸ホモメンチル等のサリチル酸系紫外線吸収剤、桂皮酸ベンジル、パラメトキシ桂皮酸2−エトキシエチル、パラメトキシ桂皮酸オクチル、ジパラメトキシ桂皮酸モノ−2−エチルヘキサン酸グリセリル、パラメトキシ桂皮酸イソプロピル・ジイソプロピル桂皮酸エステル合物等の桂皮酸系紫外線吸収剤ウロカニン酸、ウロカニン酸エチルなどのウロカニン酸系紫外線吸収剤、ヒドロキシメトキシベンゾフェノン、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウムジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム、ジヒドロキシベンゾフェノンテトラヒドロキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系紫外線吸収剤、4−tert−ブチル−4’−メトキシ−ジベンゾイルメタン、2,4,6−トリアニリノ−p−(カルボ−2’−エチルヘキシル−1’−オキシ)-1,3,5−トリアジン、2−(2−ヒドロキシ−5−メチルフェニルベンゾトリアゾール等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0045

溶剤としては、例えば、メタノールプロパノールイソプロパノールイソブチルアルコールt−ブチルアルコール等の低級アルコール、エチレングリコール、プロピレングリコール、トリメチレングリコール、1,2−ブチレングルコール、1,3−ブチレングルコール、等の2価のアルコール、グリセリン、トリメチロールプロパン、1,2,6−ヘキサントリオール等の3価のアルコール、ペンタエリスリトール等の4価アルコール、キシリトール等の5価アルコール、ソルビトール、マンニトール等の6価アルコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、トリエチレングルコール、ポリプロピレングリコールテトラエチレングリコール、ジグリセリン、ポリエチレングリコール、トリグリセリンテトラグリセリン、ポリグリセリン等の多価アルコール重合体エチレングリコールモノメチルエーテル等の2価のアルコールアルキルエーテル類ジエチレングリコールモノメチルエーテルジエチレングリコールモノエチルエーテル等の2価アルコールアルキルエーテル類、エチレングリコールモノメチルエーテルアセテート等の2価アルコールエーテルエステルキシルアルコール、セラキルアルコール、バチルアルコール等のグリセリンモノアルキルエーテル等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0046

pH調整剤としては、例えば、クエン酸、乳酸、酢酸、塩酸水酸化カリウム水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム、クエン酸ナトリウム、乳酸ナトリウム等が挙げられる。これらは単独若しくは組合せて使用することができ、pH値の調整だけでなく、調整したpH値の緩衝目的でも使用できる。

0047

ビタミン類としては、例えば、VB2、VB6、VB12などのビタミンB類アスコルビン酸エリソルビン酸などのビタミンC類;α−トコフェロールβ−トコフェロールγ−トコフェロール、δ−トコフェロール、α−トコトリエノールβ−トコトリエノールγ−トコトリエノールδ−トコトリエノールなどのビタミンE類パントテン酸およびその誘導体等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0048

酸化防止剤としては、例えば、トコフェロール類ジブチルヒドロキシトルエンブチルヒドロキシアニソール没食子酸エステル類等が挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0049

防腐剤としては、例えば、安息香酸安息香酸ナトリウム、ウンデシレン酸、サリチル酸、ソルビン酸パラオキシ安息香酸塩などの有機酸およびその誘導体、イソプロピルメチルフェノールなどのフェノール類フェノキシエタノール、1,2−ヘキサンジオール、1,2−ペンタンジオールなどが挙げられる。これらは1種または2種以上を配合することができる。

0050

なお、本明細書において「含む」とは、「本質的にからなる」と、「からなる」をも包含する(The term "comprising" includes "consisting essentially of” and "consisting of.")。また、本発明は、本明細書に説明した構成要件を任意の組み合わせを全て包含する。

0051

また、上述した本発明の各実施形態について説明した各種特性性質、構造、機能等)は、本発明に包含される主題を特定するにあたり、どのように組み合わせられてもよい。すなわち、本発明には、本明細書に記載される組み合わせ可能な各特性のあらゆる組み合わせからなる主題が全て包含される。

0052

以下、本発明をより具体的に説明するが、本発明は下記の例に限定されるものではない。なお、以下、特に断らない限り、「%」は「質量%」を示す。また、各表に記載される各成分の配合量値も特に断らない限り「質量%」を示す。

0053

実験例1:摩擦係数の測定による平滑性評価
表1に記載の処方に従って、予め表1のIの部分に示す成分を混合し、常法を用いてリポソーム分散液を調製した。別途、常法を用いてその他の成分を配合し、均一混合して得られた組成物に前記リポソーム分散液を添加し、撹拌して均一とすることで本願発明の化粧水組成物を得た。得られた化粧水組成物に関して、表面試験機を用い、20℃、65RH%の環境で調湿した人工皮膚の上に試料10μlを塗布後、樹脂製の接触子を置き、25gの荷重条件にて人工皮膚上を1mm/秒で動かした。測定は、接触子の変位とこれを動かすのに必要な力を0.1秒間隔で検出し、その値を平均摩擦係数(MIU)として求めた。また、MIUに対する摩擦係数の変動の度合いを平均摩擦係数の変動(MMD)として求めた。MIUは滑りの良し悪しを表す指標であり、値が大きいほど滑りにくいことを示す。MMDはざらつきを表す指標であり、値が大きいほどざらつきを有することを示す。結果を図1及び図2に示す。なお、表1に記載したポリエチレングリコールAは平均分子量が約2600〜3800の分子量分布を有するポリエチレングリコールを、ポリエチレングリコールBは、平均分子量が約300000の分子量分布を有するポリエチレングリコールを、HCO−60はポリオキシエチレン(平均付加モル数60)硬化ヒマシ油を表す。

0054

0055

図1及び図2に示す通り、平均分子量が約2600〜3800のポリエチレングリコールAを適当量含有する処方No.5、トリメチルグリシンを含有する処方No.2、両成分を含有する処方No.6の化粧水組成物は、MIU及びMMDの値が低値を示したため、滑り性がよく、ざらつきがなく滑らかな化粧水組成物であることが分かった。

0056

実験例2:塗布時・塗布乾燥後における使用感の評価(ポリエチレングリコールの有無による影響の比較)
表2に記載の処方に従って、実験例1と同様の方法により化粧水組成物を得た。得られた化粧水組成物に関して、専門パネル11名による使用感の評価を実施した。評価は2つの被検体の使用感を相対的に判断する相対評価とした。評価項目は、化粧水の塗布時や乾燥後における、指の滑り感(指の引っ掛かり感きしみ感)の程度、しっとり感の程度とべたつき感(皮膚の粘着感)の程度の3つとした。得られた結果を表3に示す。なお、表2に記載したポリエチレングリコールは平均分子量が約3400の分子量分布を有するポリエチレングリコールを、HCO−60はポリオキシエチレン(平均付加モル数60)硬化ヒマシ油を表す。

0057

0058

0059

表3に示す通り、平均分子量が約3400のポリエチレングリコールを含有する化粧水組成物は、優れたしっとり感を付与するだけでなく、塗布時の指滑り感も改善しうることがわかった。また、塗布乾燥後のべたつき感も良好になる傾向が見られた。また、表2に記載した処方において、トリメチルグリシンの代わりにヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液(コカミドプロピルベタイン)を配合した場合には、べたつき感が発生した。

0060

実験例3:塗布時・塗布乾燥後における使用感の評価(トリメチルグリシンの有無による影響の比較)
表1に記載した化粧水組成物のうち処方No.5及び処方No.6に関して、専門パネル11名による使用感の評価を実施した。評価は処方No.5の化粧水組成物を基準としたときの、処方No.6の化粧水組成物の使用感を相対的に判断する相対評価とした。評価項目は、化粧水の塗布時や乾燥後における、きしみ感の程度、しっとり感の程度とべたつき感(皮膚の粘着感)の程度の3つとし、少ない、やや少ない、同じ、やや多い、多いの5段階で評価した。得られた結果を図3に示す。図3に示すとおり、平均分子量が約2600〜3800のポリエチレングリコール及びトリメチルグリシンの両方を含有することによって、さらに優れたしっとり感を付与することができ、塗布時のきしみ感や塗布乾燥後のべたつき感もさらに改善しうることがわかった。

0061

以下に本発明の化粧水組成物の処方例を示す。なお、各処方例の配合量(%)は質量%を示す。また、γ−オリザノールリポソーム分散液は、実験例1で用いた表1のIの部分に示すものを、ポリエチレングリコールは平均分子量が約2600〜3800のものを用いた。

0062

処方例1:美容液
γ−オリザノールリポソーム分散液20%
トリメチルグリシン2.5%
ポリエチレングリコール2%
グリセリン2%
1,3ブチレングリコール5%
オリーブ油3%
スクワレン2%
ヒドロキシステアリン酸コレステリル0.5%
メチルポリシロキサン0.3%
キサンタンガム0.03%
水酸化カリウム適量
防腐剤適量
香料適量
精製水残部

0063

処方例2:化粧水
γ−オリザノールリポソーム分散液15%
トリメチルグリシン2.5%
ポリエチレングリコール1.2%
グリセリン5%
ヒアルロン酸ナトリウム0.05%
エタノール8%
クエン酸0.07%
クエン酸ナトリウム0.05%
防腐剤適量
香料適量
精製水残部

実施例

0064

処方例3:化粧水
γ−オリザノールリポソーム分散液18%
トリメチルグリシン3%
ポリエチレングリコール0.2%
グリセリン4%
エチルアルコール5%
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(60E.O.)0.3%
クエン酸0.08%
クエン酸ナトリウム0.08%
防腐剤適量
香料適量
精製水残部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社マンダムの「 皮膚化粧料」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】ローション形態でありながら、透明性に優れ、且つ気泡が均一分散しつつその保持性に優れる皮膚化粧料を提供する。【解決手段】本発明の皮膚化粧料は、成分(A):グリチルリチン酸及び/又はその塩、成分(... 詳細

  • ポーラ化成工業株式会社の「 油中水型乳化組成物」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】トラネキサム酸類やアスコルビン酸等の美白成分に由来するべたつきを感じさせず、また水があふれ出すようなみずみずしい使用感を与える化粧料の提供。【解決手段】美白剤、組成物全体に対して1.5〜5質量... 詳細

  • 京セラドキュメントソリューションズ株式会社の「 インクジェット記録装置用インク及び画像形成方法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】画質及び耐久性に優れる画像を効率的に皮膚に形成できるインクジェット記録装置用インクの提供。【解決手段】下記化学式(I)で表されるナフトキノン誘導体と、粘度調整剤とを含有し、前記ナフトキノン誘導... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ