図面 (/)

技術 2本の握り手に部分に磁石が入った杖を使うことで、杖自身が倒れにくく、また容易に持ち手をつかめる杖。

出願人 梅本幸男
発明者 梅本幸男
出願日 2017年11月27日 (3年2ヶ月経過) 出願番号 2017-240051
公開日 2019年6月20日 (1年7ヶ月経過) 公開番号 2019-093094
状態 未査定
技術分野 杖,傘,扇
主要キーワード 鉄プレート 握り手部分 後ろ部分 握り手 磁石部分 持ち手
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年6月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

杖を用いる人は、体が不自由な人が多く、屈んで倒れた杖を拾い上げることは苦痛である。だから、壁に立てかけた杖が倒れにくく、また置いた杖が簡単につかめる杖を提供する。

解決手段

本発明は、握り手の前方に磁石を付けて、二つの杖が握り手前方で引っ付くことで、壁などに立てかけた時に、倒れにくくなる。また、鉄プレートなどを壁に貼ることで、杖と杖が引っ付いていなくても、杖とプレートが引っ付いて倒れにくくなり、また簡単に杖をつかめる。

概要

背景

家の中では、杖を使うことはなく、壁や食卓などをつたって歩いていた。また、杖を使っていたとしても、杖が壁などに立てかけていても、倒れひろうのが大変でした。

概要

杖を用いる人は、体が不自由な人が多く、屈んで倒れた杖を拾い上げることは苦痛である。だから、壁に立てかけた杖が倒れにくく、また置いた杖が簡単につかめる杖を提供する。本発明は、握り手の前方に磁石を付けて、二つの杖が握り手前方で引っ付くことで、壁などに立てかけた時に、倒れにくくなる。また、鉄プレートなどを壁に貼ることで、杖と杖が引っ付いていなくても、杖とプレートが引っ付いて倒れにくくなり、また簡単に杖をつかめる。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

二つの杖の一方の握り手の前方ともう一方の杖の前方が磁力で引っ付く杖。

請求項2

杖の握り手の前方と壁などに貼った板が磁力で引っ付き、立てかけた杖が倒れにくくしたシステム

技術分野

0001

2本の杖の持ち手前方に強力な磁石を付けた。室内で2本の杖を使うことで、2本の杖が持ち手前方でひっつくために、2本の杖自身がが壁などに立てかけた時に倒れにくい。また、行く所々に、磁石と引っ付く板を壁等に貼ることによって、簡単に杖をつかみなおす事が出来る杖である。

背景技術

0002

家の中では、杖を使うことはなく、壁や食卓などをつたって歩いていた。また、杖を使っていたとしても、杖が壁などに立てかけていても、倒れてひろうのが大変でした。

発明が解決しようとする課題

0003

従来の杖には、次のような欠点があった。
壁などに立てかけても、ほぼ垂直に立てかけないと倒れることがある。また、ひとつの杖を手に持っていても、もうひとつの倒れた杖は、かがんで拾わなければならなかった。

課題を解決するための手段

0004

図01]、[図02]、[図03]と[図04]で示すように、杖の握り手の前の部分に円柱や角柱の磁石を付ける。そして、一方の杖の前方部分が磁石のS極で、埋め込まれている磁石の後ろ部分がN極である。他方の杖は、磁石を逆に埋め込む。すなわち、磁石の杖の前方がN極で後方がS極である。
また、壁面に磁石が引っ付く板などを貼ると杖の前の部分を磁石に近づけると杖とその板が引っ付く。それを[図07]、[図08]、[図09]で示す。

発明の効果

0005

(イ)二つの杖を壁面などに立てかける時に、杖の前方部分の磁石を引っ付け合うことで、杖の握り手部分後ろ−前−前−後ろと一直線になり、平たい板を立てかけたようになり、杖が倒れなくなる。[図05]と[図06]参照
(ロ)二つの杖を壁面などに立てかける時に、杖の前方部分の磁石を引っ付け合うことで、杖の握り手部分が後ろ−前−前−後ろと一直線になる。体前面を壁に向かって向き、手のを壁に沿って杖の握り手に下ろせば素直に杖をつかめる。[図05]と[図06]参照
(ハ)杖をよく置くと場所に。磁石が引っ付く板などを壁などに貼る。それで、杖が倒れなくなるだけでなく、杖をたやすくつかめる。[図07]、[図08]と[図09]参照
(ニ)一つの杖を持っていて、もう一つの杖が倒れて床に横たわっている時に、持っている杖を上下逆さに持ち替え、磁石と磁石を引っ付け合わせて、倒れた杖を引き上げれば、屈まなくての杖をひらえる。

図面の簡単な説明

0006

普通の杖に握り手部分の前方部分に円柱か角柱の磁石を付けた杖。 握り手部分と杖支柱の一部分を拡大して、磁石の部分が分かり安くした図。 (図02)の部分を前から見た図。 本考案の一組2本の杖の図。 本考案の杖を壁に立てかけた図。 本考案の杖を壁に立てかけた図。 本考案の杖を磁石が引っ付く板にひっつけたのを斜め上から見た図。 本考案の杖を磁石が引っ付く板にひっつけたのを真横から見た図 本考案の杖を磁石が引っ付く板にひっつけたのを真上から見た図 家のいろいろな場所に貼る磁石が引っ付くプレートの例の一部分。

発明の実施するための形態

0007

以下、発明の実施するための形態について説明する。
従来の杖は、立てかけると倒れたりしていた。また、杖をつくような人は、多くの人が1本の杖を使っているが、1本の杖を使うことによって体の左右にアンバランスな力が働き余計からだが悪くなることが多い。よって2本杖で足の悪い人が使えるような杖を考案した。
杖の握り手部分の前方部分に磁石を付けた杖。他方の杖のN極とS極は一方の杖の極と逆になっていて、杖の握り手部分の前でお互いに引っ付くようになっている。
また、その杖の握り手先の磁石部分と磁石が引っ付くような板があり、そこに杖の前部分の磁石と引っ付くようになっている。

0009

A磁石のS極
B 磁石のN極
C 磁石が引っ付く板
D 床面
E 壁

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 尾関 哲也の「 傘の持ち手の先端の滑り止め」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】傘をテーブルなどに引っ掛ける時、設置面が滑り、不安定になることを解消する。【解決手段】傘の持ち手1の先端に滑り止め2を付けたことを特徴とする。... 詳細

  • フジホーム株式会社の「 」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】ロアグリップ部又はアッパグリップ部のいずれか一方が損傷又は汚損した場合、その損傷等した部品を交換すれば済み、修理費用を低減でき、グリップのデザインのバリエーションを増やすことができる。【解決手... 詳細

  • 口野紘一の「 模様替え傘」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】傘本体の生地を簡単に交換する事を可能とする傘を提供する。【解決手段】傘本体の生地4を交換できるようにするため、傘本体の石突き1部をネジ式へ変更し、傘本体の生地4脱着を可能とする。生地4交換作業... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ