図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

交差点事件等が発生した場合、逃走車両逃走経路の早期作成を効率的に支援し、逃走経路をオペレータに対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促す。

解決手段

捜査支援装置は、複数の交差点を含む道路地図情報とともに、個々のカメラ撮像映像撮像日時、カメラ情報及び交差点情報対応付けて記録し、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、交差点のカメラの撮像映像を用いて該当する車両を検索し、抽出された少なくとも1台の候補車両リストを出力し、そのリストからの少なくとも1台の候補車両の選択により、候補車両の交差点通過時の走行方向を、候補車両と交差点情報とに対応付けて保存し、同一の候補車両に対応付けられた少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する交差点通過時の走行方向から候補車両の走行経路を出力する。

概要

背景

車両の走行経路所定箇所に複数のカメラ装置を配置し、それぞれのカメラ装置により撮像されたカメラ画像情報ネットワーク及び無線情報交換装置を介して、車両に搭載された端末装置内の表示装置に表示する、という技術が従来から知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1によれば、ユーザは、車両の走行経路上に配置された複数のカメラにより撮像されたカメラ画像情報によって、情報量の多いリアルタイムカメラ画像を得ることができる。

概要

交差点事件等が発生した場合、逃走車両逃走経路の早期作成を効率的に支援し、逃走経路をオペレータに対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促す。捜査支援装置は、複数の交差点を含む道路地情報とともに、個々のカメラの撮像映像撮像日時、カメラ情報及び交差点情報対応付けて記録し、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、交差点のカメラの撮像映像を用いて該当する車両を検索し、抽出された少なくとも1台の候補車両リストを出力し、そのリストからの少なくとも1台の候補車両の選択により、候補車両の交差点通過時の走行方向を、候補車両と交差点情報とに対応付けて保存し、同一の候補車両に対応付けられた少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する交差点通過時の走行方向から候補車両の走行経路を出力する。

目的

本開示は、上述した従来の事情に鑑みて案出され、多くの人や車両が行き交う交差点で事件等が発生した場合に、逃走車両の逃走経路の早期作成を効率的に支援し、その逃走経路をオペレータに対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促す捜査支援システム及び捜査支援方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の交差点のそれぞれに設置された個々のカメラと、前記個々のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図情報とともに、前記個々のカメラの撮像映像撮像日時、カメラ情報及び交差点情報対応付けて記録する蓄積部と、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と前記事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、前記交差点に対応するカメラ情報により特定されるカメラの撮像映像を用いて、前記車両の特徴情報を満たす車両を検索する検索部と、前記検索により抽出された少なくとも1台の候補車両リストを出力部に出力するリスト出力制御部と、前記出力部に出力された前記リストからの少なくとも1台の候補車両の選択に応じて、前記選択された候補車両の交差点通過時の走行方向を、前記選択された候補車両と交差点情報とに対応付けて前記蓄積部に保存する設定部と、同一の候補車両に対応付けて前記蓄積部に保存された、少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する前記交差点通過時の走行方向を用いて、前記選択された候補車両の走行経路を前記出力部に出力する経路出力制御部と、を備える、捜査支援ステム

請求項2

捜査支援システムを用いた捜査支援方法であって、前記捜査支援システムは、複数の交差点のそれぞれに設置された個々のカメラと、前記個々のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図情報とともに、前記個々のカメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて蓄積部に記録し、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と前記事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、前記交差点に対応するカメラ情報により特定されるカメラの撮像映像を用いて、前記車両の特徴情報を満たす車両を検索し、前記検索により抽出された少なくとも1台の候補車両のリストを出力部に出力し、前記出力部に出力された前記リストからの少なくとも1台の候補車両の選択に応じて、前記選択された候補車両の交差点通過時の走行方向を、前記選択された候補車両と交差点情報とに対応付けて前記蓄積部に保存し、同一の候補車両に対応付けて前記蓄積部に保存された、少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する前記交差点通過時の走行方向を用いて、前記選択された候補車両の走行経路を前記出力部に出力する、捜査支援方法。

請求項3

複数の交差点のそれぞれに設置された複数のカメラと、前記複数のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、プロセッサと、前記複数の交差点を含む道路地図の情報とともに、前記カメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて記録する蓄積部と、を備え、前記プロセッサは、事件等が発生した日時に関する情報と前記事件等を引き起こした車両の特徴情報とを含む検索条件の指定に応じて、前記複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、前記検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索し、その車両における前記複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出し、交差点毎に抽出された前記走行方向に基づいて、その車両の走行経路を、前記道路地図上に重畳して出力部に出力する、捜査支援システム。

請求項4

前記プロセッサは、前記複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、それぞれのカメラが設置された交差点を通過する車両の特徴情報を解析し、その解析結果を車両毎に前記蓄積部に登録する、請求項3に記載の捜査支援システム。

請求項5

前記プロセッサは、前記検索により前記検索条件を満たす複数の車両を抽出した場合にそれぞれの車両に関する情報を前記出力部に出力し、前記それぞれの車両に関する情報のうち1台の車両に関する情報の選択に応じて、選択された車両における前記複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出する、請求項3に記載の捜査支援システム。

請求項6

前記プロセッサは、前記検索により前記検索条件を満たす車両が無い場合に前記検索条件を変更し、その変更後の検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索する、請求項3に記載の捜査支援システム。

請求項7

複数の交差点のそれぞれに設置された複数のカメラと、前記複数のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含む捜査支援システムにおける捜査支援方法であって、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図の情報とともに、前記カメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて蓄積部に記録し、事件等が発生した日時に関する情報と前記事件等を引き起こした車両の特徴情報とを含む検索条件の指定に応じて、前記複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、前記検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索し、その車両における前記複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出し、交差点毎に抽出された前記走行方向に基づいて、その車両の走行経路を、前記道路地図上に重畳して出力部に出力する、捜査支援方法。

技術分野

0001

本開示は、複数設けられたカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、例えば事故又は事件被疑者あるいは犯人逃走車両経路探索支援する捜査支援システム及び捜査支援方法に関する。

背景技術

0002

車両の走行経路所定箇所に複数のカメラ装置を配置し、それぞれのカメラ装置により撮像されたカメラ画像情報ネットワーク及び無線情報交換装置を介して、車両に搭載された端末装置内の表示装置に表示する、という技術が従来から知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1によれば、ユーザは、車両の走行経路上に配置された複数のカメラにより撮像されたカメラ画像情報によって、情報量の多いリアルタイムカメラ画像を得ることができる。

先行技術

0003

特開2007−174016号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、特許文献1では、車両の走行経路(例えば、多くの人や車両が行き交う交差点)において事件又は事故(以下、「事件等」という)が発生した場合、その事件等を引き起こした車両の逃走経路もしくはその逃走方向をユーザに対して視覚的に提示することは考慮されていない。事件等が発生した場合、逃走車両の行方を早期に把握することは警察初動捜査において重要である。ところが、これまでの従来技術では、交差点に設置されたカメラの撮像映像や目撃情報等を収集し、警察官がこれらの撮像映像や目的情報等を頼りに、対象となる逃走車両の逃走経路を人為的に作成していた。このため、警察官は逃走車両の逃走経路の把握に時間がかかっていたという課題があった。従って、特許文献1を含む従来技術を用いても、上述した事件等が発生した場合に逃走車両の逃走経路の作成を早期に行ったり、その逃走経路を地図上に視覚的に提示したりすることは困難であった。

0005

本開示は、上述した従来の事情に鑑みて案出され、多くの人や車両が行き交う交差点で事件等が発生した場合に、逃走車両の逃走経路の早期作成を効率的に支援し、その逃走経路をオペレータに対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促す捜査支援システム及び捜査支援方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本開示は、複数の交差点のそれぞれに設置された個々のカメラと、前記個々のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図情報とともに、前記個々のカメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報対応付けて記録する蓄積部と、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と前記事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、前記交差点に対応するカメラ情報により特定されるカメラの撮像映像を用いて、前記車両の特徴情報を満たす車両を検索する検索部と、前記検索により抽出された少なくとも1台の候補車両リストを出力部に出力するリスト出力制御部と、前記出力部に出力された前記リストからの少なくとも1台の候補車両の選択に応じて、前記選択された候補車両の交差点通過時の走行方向を、前記選択された候補車両と交差点情報とに対応付けて前記蓄積部に保存する設定部と、同一の候補車両に対応付けて前記蓄積部に保存された、少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する前記交差点通過時の走行方向を用いて、前記選択された候補車両の走行経路を前記出力部に出力する経路出力制御部と、を備える、捜査支援システムを提供する。

0007

また、本開示は、捜査支援システムを用いた捜査支援方法であって、前記捜査支援システムは、複数の交差点のそれぞれに設置された個々のカメラと、前記個々のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図情報とともに、前記個々のカメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて蓄積部に記録し、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と前記事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、前記交差点に対応するカメラ情報により特定されるカメラの撮像映像を用いて、前記車両の特徴情報を満たす車両を検索し、前記検索により抽出された少なくとも1台の候補車両のリストを出力部に出力し、前記出力部に出力された前記リストからの少なくとも1台の候補車両の選択に応じて、前記選択された候補車両の交差点通過時の走行方向を、前記選択された候補車両と交差点情報とに対応付けて前記蓄積部に保存し、同一の候補車両に対応付けて前記蓄積部に保存された、少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する前記交差点通過時の走行方向を用いて、前記選択された候補車両の走行経路を前記出力部に出力する、捜査支援方法を提供する。

0008

また、本開示は、複数の交差点のそれぞれに設置された複数のカメラと、前記複数のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含み、前記捜査支援装置は、プロセッサと、前記複数の交差点を含む道路地図の情報とともに、前記カメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて記録する蓄積部と、を備え、前記プロセッサは、事件等が発生した日時に関する情報と前記事件等を引き起こした車両の特徴情報とを含む検索条件の指定に応じて、前記複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、前記検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索し、その車両における前記複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出し、交差点毎に抽出された前記走行方向に基づいて、その車両の走行経路を、前記道路地図上に重畳して出力部に出力する、捜査支援システムを提供する。

0009

また、本開示は、複数の交差点のそれぞれに設置された複数のカメラと、前記複数のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置と、を含む捜査支援システムにおける捜査支援方法であって、前記捜査支援装置は、前記複数の交差点を含む道路地図の情報とともに、前記カメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて蓄積部に記録し、事件等が発生した日時に関する情報と前記事件等を引き起こした車両の特徴情報とを含む検索条件の指定に応じて、前記複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、前記検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索し、その車両における前記複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出し、交差点毎に抽出された前記走行方向に基づいて、その車両の走行経路を、前記道路地図上に重畳して出力部に出力する、捜査支援方法を提供する。

発明の効果

0010

本開示によれば、多くの人や車両が行き交う交差点で事件等が発生した場合に、逃走車両の逃走経路の早期作成を効率的に支援でき、その逃走経路をオペレータに対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促すことができる。

図面の簡単な説明

0011

実施の形態1に係る捜査支援システムのシステム構成例を示すブロック図
交差点における1台以上のカメラの設置レイアウトの一例を示す図
実施の形態1に係る親カメラ子カメラの内部構成例を示すブロック図
実施の形態1に係る録画サーバ検索端末の内部構成例を示すブロック図
実施の形態1に係るクラウドサーバの内部構成例を示すブロック図
経路選択画面の一例を示す図
候補車両を検索するための検索条件入力画面の一例を示す図
候補車両の詳細な検索条件を入力するための検索条件詳細入力メニューの一例を示す図
候補車両の検索結果表示画面の一例を示す図
候補車両の逃走経路を登録するための候補車両設定画面の一例を示す図
候補車両の逃走経路を提示するための経路出力画面の一例を示す図
実施の形態1に係る録画サーバ及び検索端末における、逃走車両の逃走経路の経路情報の作成及び表示の動作手順の一例を示すフローチャート
蓄積部に登録される車両情報テーブルの一例を示す図
候補車両の詳細な検索条件を入力するための検索条件詳細入力メニューの一例を示す図
複数台の候補車両が抽出された抽出結果確認メニューの一例を示す図
複数台の候補車両が抽出された抽出結果確認メニューの一例を示す図
1台の候補車両の逃走経路上に存在するそれぞれの交差点毎の逃走方向により特定される逃走経路を提示するための逃走方向出力画面の一例を示す図
実施の形態2に係る録画サーバ及び検索端末における、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の動作手順の第1例を示すフローチャート
全交差点を一括で検索する時の交差点毎に抽出された候補車両の関連性を示す候補車両論理データの一例を模式的に示す図
実施の形態2に係る録画サーバ及び検索端末における、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の動作手順の第2例を示すフローチャート
選択された交差点における逃走車両の候補車両の交差点進入時の撮像映像を再生する映像再生画面を含む逃走方向出力画面の一例を示す図
選択された交差点における逃走車両の候補車両の交差点退出時の撮像映像を再生する映像再生画面を含む逃走方向出力画面の一例を示す図
実施の形態3に係る録画サーバ及び検索端末における、逃走車両の候補車両の交差点毎の進入から退出までの撮像映像の再生の動作手順の一例を示すフローチャート

実施例

0012

以下、添付図面を適宜参照しながら、本開示に係る捜査支援システム及び捜査支援方法を具体的に開示した各実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項詳細説明や実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が不必要に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。なお、添付図面及び以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することは意図されていない。

0013

以下の各実施の形態では、例えば多くの人や車両が行き交う交差点において事件等(つまり、事件又は事故)が発生した場合に、その事件等が発生してから被疑者あるいは犯人が乗車した逃走車両の行方(言い換えると、逃走経路)を作成して警察署内のオペレータ(例えば警察官)に視覚的に提示することで、警察官の初動捜査の実効性を効率的に支援するユースケースを例示して説明する。また、以下のそれぞれの画面の説明において、画面内に示される道路地図の東西南北は、対応する図面中の道路地図の紙面右、紙面左、紙面下、紙面上にそれぞれ対応するものとする。

0014

(実施の形態1)
図1は、実施の形態1に係る捜査支援システム100のシステム構成例を示すブロック図である。図2は、交差点INT1における1台以上のカメラの設置レイアウトの一例を示す説明図である。捜査支援システム100は、交差点ごとに設置された複数台のカメラと、警察署内に設置された録画サーバ50及び検索端末90と、クラウド上に存在するクラウドサーバ70とを含む構成である。なお、以下の説明において、クラウドサーバ70の代わりに、警察署内に設置されるオンプレミス(いわゆる、自社運用形態)のオンプレミスサーバと読み替えてもよい。

0015

捜査支援システム100では、複数台のカメラ(例えばカメラ10,11,12,13)が1セグメントを構成して交差点ごとに設置され、1セグメント内の複数台のカメラにおいて、いずれか1台のカメラ(例えばカメラ10)が親カメラとしての役割を有し、残りの複数台のカメラ(例えばカメラ11〜13)は子カメラとしての役割を有する。親カメラは、自装置と接続された複数台の子カメラとの間で通信可能であり、かつ、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70との間でも通信可能な役割を有する。子カメラは、自装置と接続された親カメラとの間でのみ通信可能である。なお、図1では、交差点(1セグメント)に設置されたカメラは複数台を例示しているが、例えば親カメラが1台でもよい。また、交差点に複数台の親カメラのみが設置され、子カメラが設置されなくてもよい。

0016

子カメラとしての役割を有するカメラ11〜13,21〜23は、それぞれ予め設置された際に設定された画角で被写体(例えば交差点の状況を示す映像)を撮像可能な監視カメラであり、親カメラとしての役割を有するカメラ10,20にそれぞれ撮像映像を送信する。撮像映像には、撮像映像のデータだけではなく、例えばその撮像映像を撮像したカメラの識別情報(カメラ情報の一例)及び撮像日時の情報が含まれてよく、以下同様である。

0017

親カメラとしての役割を有するカメラ10,20は、自装置に接続された子カメラとしての役割を有するカメラ11〜13,21〜23によりそれぞれ送信された撮像映像を受信する。カメラ10,20は、それぞれ予め設置された際に設定された画角で被写体(例えば交差点の状況を示す映像)を撮像可能な監視カメラであり、その撮像映像と子カメラから送信された撮像映像とを対応付けて録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に送信する。

0018

カメラ10〜13は、例えば図2のように交差点INT1を撮像可能に設置される。カメラ10,11は、例えばそれぞれが略対向するように設置される。同様に、カメラ12,13は、例えばそれぞれが略対向するように設置される。なお、図2には、1つの交差点INT1において、複数台のカメラ10〜13が設置されているが、1台のカメラ(例えばカメラ10)、2台のカメラ(例えばカメラ10,11)、3台のカメラ(例えばカメラ10,11,12)、あるいは5台以上のカメラが設置されてよい。

0019

カメラ10は、鉛直方向に立設するポールPe1に対して直交して取り付けられた支持バーに沿って、信号機SN1と隣り合って設置される。カメラ10の画角は、交差点INT1の中央部が主な画角中心であり、更に、その中央部の周囲の停止線LT2及びその停止線HLT2の付近一定エリア撮像画角として含まれるように設定される。従って、カメラ10は、設定された撮像画角内の映像を撮像可能である。

0020

カメラ11は、鉛直方向に立設するポールPe2に対して直交して取り付けられた支持バーに沿って、信号機SN2と隣り合って設置される。カメラ11の画角は、交差点INT1の中央部が主な画角中心であり、更に、その中央部の周囲の停止線HLT1及びその停止線HLT1の付近の一定エリアが撮像画角として含まれるように設定される。従って、カメラ11は、設定された撮像画角内の映像を撮像可能である。

0021

カメラ12は、鉛直方向に立設するポールPe3に対して直交して取り付けられた支持バーに沿って、信号機SN3と隣り合って設置される。カメラ12の画角は、交差点INT1の中央部が主な画角中心であり、更に、その中央部の周囲の停止線HLT4及びその停止線HLT4の付近の一定エリアが撮像画角として含まれるように設定される。従って、カメラ12は、設定された撮像画角内の映像を撮像可能である。

0022

カメラ13は、鉛直方向に立設するポールPe4に対して直交して取り付けられた支持バーに沿って、信号機SN4と隣り合って設置される。カメラ13の画角は、交差点INT1の中央部が主な画角中心であり、更に、その中央部の周囲の停止線HLT3及びその停止線HLT3の付近の一定エリアが撮像画角として含まれるように設定される。従って、カメラ13は、設定された撮像画角内の映像を撮像可能である。

0023

なお、カメラ10〜13に限らず、図1に示すカメラ20〜23も、カメラ10〜13と同様にして交差点に設置されてよい。また、カメラ10〜13,20〜23は、図2に示す設置レイアウトに従って設置されることに限定されない。例えば、それぞれのカメラはそのレンズ光軸が対向するように設置されてよい。具体的には、その設置レイアウトは、交差点に差し掛かる歩道端部エリアに設置されかつ地面に対して鉛直方向に立設されたポールに沿ってカメラがそれぞれ取り付けられる。

0024

録画サーバ50(捜査支援装置の一例)は、例えば警察署内に設置され、その警察署の管轄区内の交差点に設置されたカメラ(具体的には、親カメラ)から送信された撮像映像を受信して蓄積部52(図4参照)に蓄積する。蓄積された撮像映像は、例えば事件等のイベント事象あるいは出来事)が発生した場合に、検索端末90からの要求(指示)に基づいて録画サーバ50によって映像解析がなされ、その事件等に関する詳細情報の取得に利用される。録画サーバ50は、例えばバックアップを目的として、一部の撮像映像(例えば、警察署内の管理者が使用する端末(図示略)の操作により指定された撮像映像(例えば重要事件、重大事件の撮像映像))をクラウドサーバ70に送信(アップロード)して蓄積させてよい。また、録画サーバ50は、受信された撮像映像を解析し、タグ情報(例えば、撮像映像中に現れた人物の顔、あるいは車種車型車色等の車両に関する情報)を取得し、取得されたタグ情報を撮像映像に関連付けて付与して蓄積部52に蓄積してよい。また、録画サーバ50は、撮像映像の解析により、交差点において事件等の発生を検出してよい。

0025

検索端末90(捜査支援装置の一例)は、例えば警察署内に設置され、その警察署内の職員(つまり、検索端末90を使用する警察官であるオペレータ)により使用される端末であり、例えばラップトップ型又はノート型のPC(Personal Computer)である。オペレータは、例えば事件等が発生した場合に、その事件等の発生を警察署に通報した人(いわゆる、通報者)からの電話入電)を受け(受電)、その事件等に関する詳細な情報を通報者に問い合わせしたり、その問い合わせによって得られた各種の詳細情報を正確にデータとして記録したりする。なお、検索端末90は、上述した型のPCに限定されず、例えばスマートフォンタブレット端末、PDA(Personal Digital Assistant)等の通信機能を有するコンピュータであってよい。検索端末90は、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に蓄積されている撮像映像の検索もしくは解析を録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に要求(指示)し、その検索結果もしくは解析結果を出力部94(図4参照)に表示する。

0026

クラウドサーバ70(捜査支援装置の一例)は、クラウド等のネットワーク上に設けられ、様々な警察署がそれぞれの管轄区内の交差点に設置されたカメラ(具体的には、親カメラ)又は録画サーバ50から送信された撮像映像を受信して蓄積部72(図4参照)に蓄積する。蓄積された撮像映像は、例えば事件等のイベント(事象あるいは出来事)が発生した場合に、検索端末90からの要求(指示)に基づいてクラウドサーバ70によって映像解析がなされ、その事件等に関する詳細情報の取得に利用される。また、クラウドサーバ70は、受信された撮像映像を解析し、タグ情報(例えば、撮像映像中に現れた人物の顔、あるいは車種、車型や車色等の車両に関する情報)を取得し、取得されたタグ情報を撮像映像に関連付けて付与して蓄積部72に蓄積してよい。また、クラウドサーバ70は、撮像映像の解析により、交差点において事件等の発生を検出してよい。

0027

なお図1では、警察署内に設けられる録画サーバ50及び検索端末90は1台のみ示されているが、それぞれ複数台が設けられてよい。また、捜査支援システム100において、警察署も複数の警察署が含まれてよい。同様に、クラウドに設けられるクラウドサーバ70は1台のみ示されているが、複数台が設けられてよい。

0028

図3は、実施の形態1に係る親カメラ、子カメラの内部構成例を示すブロック図である。子カメラに相当するカメラ11,12,13と親カメラに相当するカメラ10とは、イントラネットNW2のような有線LAN(Local Area Network)を介して接続されてよいし、局所的な無線ネットワーク(例えば、無線LANもしくはWiGig(登録商標))を介して接続されてよい。

0029

子カメラに相当するカメラ11,12,13,21,22,23は、撮影部41と、プロセッサ42と、記録部43と、ローカル通信部44と、メモリ45とを含む構成である。子カメラの構成の説明を簡単にするためにカメラ11を例示して説明するが、図3の説明において、カメラ11はカメラ12,13,21,22,23のうちいずれのカメラにも読み替えてよい。

0030

撮影部41は、集光用のレンズと、CCD(Charge Coupled Device)型イメージセンサもしくはCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)型イメージセンサ等の固体撮像素子とを有する構成である。撮影部41は、カメラ11の電源オンである間、固体撮像素子による撮像に基づいて得られた被写体の撮像映像のデータを常時プロセッサ42に出力する。また、撮影部41は、カメラの撮影方向やズーム倍率を変更させる機構(例えばパンチルトズーム機構)を備えてよい。

0031

プロセッサ42は、例えばCPU(Central Processing Unit)、MPU(Micro Processing Unit)、DSP(Digital Signal Processor)もしくはFPGA(Field-Programmable Gate Array)を用いて構成される。

0032

プロセッサ42は、カメラ11の制御部として機能し、カメラ11の各部の動作を全体的に統括するための制御処理、カメラ11の各部との間のデータの入出力処理、データの演算(計算)処理及びデータの記憶処理を行う。プロセッサ42は、メモリ45に記憶されたプログラム及びデータに従って動作する。プロセッサ42は、動作時にメモリ45を使用し、現在の時刻情報を取得したり、撮影部41により撮像された撮像映像のデータに対して各種の公知の画像処理を施した上で記録部43に記録(保存)したりする。なお、図3には図示を省略しているが、カメラ11がGPS(Global Positioning System)受信部を有する場合には、GPS受信部から現在の位置情報を取得し、撮像映像のデータに位置情報を更に対応付けて記録してよい。

0033

ここでGPS受信部について簡単に説明する。GPS受信部は、複数のGPS発信機(例えば4個の航法衛星)から送信される、各自の信号送信時刻及び位置座標を含む衛星信号を受信する。GPS受信部は、複数の衛星信号を用いて、現在の親カメラや子カメラの位置座標及び衛星信号の受信時刻を算出する。なお、この算出は、GPS受信部ではなく、GPS受信部からの出力が入力されたプロセッサ32,42により実行されてよい。なお、受信時刻の情報は、親カメラや子カメラのシステム時刻補正のためにも使用されてよい。システム時刻は、例えば撮像映像を構成する撮像画像撮像時刻の記録等に利用される。

0034

また、プロセッサ42は、ローカル通信部44により受信された外部からの制御コマンドに従って、撮影部41による撮影条件を制御してよい。例えば、外部からの制御コマンドが撮影方向の変更を指示する場合、プロセッサ42は、その制御コマンドに従って、撮影部41の撮影時における撮影方向を変更する。例えば、外部からの制御コマンドがズーム倍率の変更を指示する場合、プロセッサ42は、その制御コマンドに従って、撮影部41の撮影時におけるズーム倍率を変更する。例えば、外部からの制御コマンドが指定された被写体の追跡処理を指示する場合、プロセッサ42は、その制御コマンドに従って、記録部43に記録された撮像映像のデータを用いて、指定された被写体の追跡処理を実行する。なお、複数種類の制御コマンドがプロセッサ42において取得された場合には、プロセッサ42は、それぞれの制御コマンドに従って、該当する処理を実行してよい。

0035

また、プロセッサ42は、記録部43に記録された撮像映像のデータを、ローカル通信部44を介して親カメラ(例えばカメラ10)に繰り返して送信する。ここで、繰り返して送信するとは、定められた一定周期時間経過の度に送信することに限定されず、一定周期ではなく定められた不規則時間間隔の経過の度に送信することも含まれてよく、複数回にわたって送信することを含み、以下同様である。

0036

記録部43は、カメラ11に内蔵される半導体メモリ(例えばフラッシュメモリ)、又はカメラ11に内蔵されないメモリカード(例えばSDカード)などの外部記憶媒体を用いて構成される。記録部43は、プロセッサ42により生成された撮像映像のデータをカメラ11の識別情報(カメラ情報の一例)や撮像日時の情報と対応付けて記録する。記録部43は、所定時間(例えば30秒)分の撮像映像のデータを常時プリバッファリングして保持し、現在時刻より所定時間(例えば30秒)前までの撮像映像のデータを上書きしながら蓄積し続ける。なお、記録部43がメモリカードで構成される場合、カメラ11の筐体挿抜自在に装着される。

0037

ローカル通信部44は、例えば近距離無線通信を用いて、プロセッサ42の指示に基づいて、記録部43に記録された撮像映像のデータを親カメラ(例えばカメラ10)に送信する。

0038

メモリ45は、例えばRAM(Random Access Memory)とROM(Read Only Memory)を用いて構成され、カメラ11の動作の実行に必要なプログラムやデータ、更には、動作中に生成された情報又はデータ等を一時的に保存する。RAMは、例えばプロセッサ42の動作時に使用されるワークメモリである。ROMは、例えばプロセッサ42を制御するためのプログラム及びデータを予め記憶する。また、メモリ45は、例えばカメラ11を識別する識別情報(例えばシリアル番号)及び各種設定情報を記憶する。

0039

親カメラに相当するカメラ10は、撮影部31と、プロセッサ32と、記録部33と、広域通信部34と、ローカル通信部35と、メモリ36とを含む構成である。親カメラの構成の説明を簡単にするために、カメラ10を例示して説明するが、図3の説明において、カメラ10はカメラ20にも読み替えてよい。

0040

撮影部31は、集光用のレンズと、CCD型イメージセンサもしくはCMOS型イメージセンサ等の固体撮像素子とを有する構成である。撮影部31は、カメラ10の電源がオンである間、固体撮像素子による撮像に基づいて得られた被写体の撮像映像のデータを常時プロセッサ32に出力する。また、撮影部31は、カメラの撮影方向やズーム倍率を変更させる機構(例えばパンチルトズーム機構)を備えてよい。

0041

プロセッサ32は、例えばCPU、MPU、DSPもしくはFPGAを用いて構成される。プロセッサ32は、カメラ10の制御部として機能し、カメラ10の各部の動作を全体的に統括するための制御処理、カメラ10の各部との間のデータの入出力処理、データの演算(計算)処理及びデータの記憶処理を行う。プロセッサ32は、メモリ36に記憶されたプログラム及びデータに従って動作する。プロセッサ32は、動作時にメモリ36を使用し、現在の時刻情報を取得したり、撮影部31により撮像された撮像映像のデータや子カメラ(例えばカメラ11〜13)からそれぞれ送信された撮像映像のデータを記録部33に記録したりする。なお、図3には図示を省略しているが、カメラ10がGPS受信部を有する場合には、GPS受信部から現在の位置情報を取得し、カメラ10自らが撮像した撮像映像のデータに位置情報を更に対応付けて記録してよい。

0042

また、プロセッサ32は、ローカル通信部35により受信された外部からの制御コマンドに従って、撮影部31による撮影条件を制御してよい。例えば、外部からの制御コマンドが撮影方向の変更を指示する場合、プロセッサ32は、その制御コマンドに従って、撮影部31の撮影時における撮影方向を変更する。例えば、外部からの制御コマンドがズーム倍率の変更を指示する場合、プロセッサ32は、その制御コマンドに従って、撮影部31の撮影時におけるズーム倍率を変更する。例えば、外部からの制御コマンドが指定された被写体の追跡処理を指示する場合、プロセッサ32は、その制御コマンドに従って、記録部33に記録された撮像映像のデータを用いて、指定された被写体の追跡処理を実行する。なお、複数種類の制御コマンドがプロセッサ32において取得された場合には、プロセッサ32は、それぞれの制御コマンドに従って、該当する処理を実行してよい。

0043

また、プロセッサ32は、記録部33に記録された撮像映像のデータを、広域通信部34及びネットワークNW1(例えばインターネット)を介して録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に繰り返して送信する。

0044

記録部33は、カメラ10に内蔵される半導体メモリ(例えばフラッシュメモリ)、又はカメラ10に内蔵されないメモリカード(例えばSDカード)などの外部記憶媒体を用いて構成される。記録部33は、プロセッサ32により生成された撮像映像のデータをカメラ10の識別情報(カメラ情報の一例)や撮像日時の情報と対応付けて記録したり、子カメラ(例えばカメラ11〜13)からそれぞれ送信された撮像映像のデータをそれぞれのカメラの識別情報(カメラ情報の一例)やそのカメラにより撮像された撮像日時の情報と対応付けて記録したりする。記録部33は、所定時間(例えば30秒)分の撮像映像のデータを常時プリバッファリングして保持し、現在時刻より所定時間(例えば30秒)前までの撮像映像のデータを上書きしながら蓄積し続ける。なお、記録部33がメモリカードで構成される場合、カメラ10の筐体に挿抜自在に装着される。

0045

広域通信部34は、プロセッサ32の指示に基づいて、有線のインターネット等のネットワークNW1を介して、記録部33に記録された撮像映像のデータを録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に送信する。また、広域通信部34は、外部(例えば録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70)から送信されたカメラの制御コマンドを受信したり、カメラの状態情報を外部(例えば録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70)に送信したりする。

0046

ローカル通信部35は、例えば近距離無線通信を用いて、広域通信部34により受信されたカメラの制御コマンドを該当する子カメラ(例えばカメラ11〜13)にそれぞれ送信したり、子カメラ(例えばカメラ11〜13)からそれぞれ送信された撮像映像のデータを受信したりする。

0047

メモリ36は、例えばRAMとROMを用いて構成され、カメラ10の動作の実行に必要なプログラムやデータ、更には、動作中に生成された情報又はデータ等を一時的に保存する。RAMは、例えばプロセッサ32の動作時に使用されるワークメモリである。ROMは、例えばプロセッサ32を制御するためのプログラム及びデータを予め記憶する。また、メモリ36は、例えばカメラ10を識別する識別情報(例えばシリアル番号)及び各種設定情報を記憶する。

0048

図4は、実施の形態1に係る録画サーバ50、検索端末90の内部構成例を示すブロック図である。録画サーバ50と検索端末90とは、ともに警察署内に設けられた有線LAN等のイントラネットを用いて接続されてよいし、局所的な無線ネットワーク(例えば、無線LAN)を介して接続されてよい。

0049

録画サーバ50は、通信部51と、蓄積部52と、映像検索部53と、映像解析部54と、タグ付与部55と、パターン抽出部56と、メモリ57とを含む構成である。映像検索部53と、映像解析部54と、タグ付与部55と、パターン抽出部56とは、例えばCPU、MPU、DSP、FPGA等のプロセッサPRC1により構成される。なお、パターン抽出部56は、録画サーバ50に含まれなくてもよい。

0050

通信部51は、インターネット等のネットワークNW1を介して接続された親カメラ(例えばカメラ10,20)との間で通信を行い、親カメラから送信された撮像映像(つまり、交差点の状況を示す映像)を受信する。また、通信部51は、警察署内に設けられたイントラネット等のネットワークを介して、検索端末90との間で通信を行い、検索端末90から送信された要求(リクエスト、指示)を受信したり、その要求(指示)に対する応答レスポンス)を送信したりする。また、通信部51は、蓄積部52に蓄積された撮像映像のデータの一部をクラウドサーバ70に転送する。

0051

蓄積部52は、例えばハードディスク(HDD:Hard Disk Drive)又はソリッドステートドライブSSD:Solid State Drive)を用いて構成される。蓄積部52は、親カメラ(例えばカメラ10,20)から送信された撮像映像のデータを、その撮像映像を撮像したカメラの識別情報(カメラ情報の一例)や撮像日時の情報と対応付けて記録する。蓄積部52は、複数の交差点を含む道路地図情報も記録しており、例えば道路新規建設もしくはメンテナンス工事等によって道路地図情報の更新が行われる度に、更新後の道路地図情報を記録する。蓄積部52は、それぞれの交差点に設置された1台又は複数台のカメラとその交差点との対応関係を示す交差点カメラ設置データを記録している。交差点カメラ設置データは、例えば交差点の識別情報とカメラの識別情報とが対応付けられており、以下の説明においても同様である。従って、蓄積部52は、カメラの撮像映像のデータを、撮像日時の情報、カメラ情報及び交差点情報と対応付けて記録している。なお、道路地図情報は、上述したオンプレミスサーバ内のクラウドサーバ70の蓄積部72と同様の蓄積部(図示略)内に記録されてもよい。

0052

映像検索部53は、検索端末90から送信された検索キーを含む検索要求検索指示)に基づいて、蓄積部52に記録されている撮像映像のデータの中から、検索キー(言い換えると、検索端末90が要求している逃走車両が映った車両画像の映像を抽出するための検索条件)を満たす撮像映像のデータを検索し、検索結果のデータを検索端末90の出力部94に表示するように通信部51を介して送信する。

0053

映像解析部54は、蓄積部52に記録されている撮像映像のデータに対して映像解析の処理を行い、撮像映像に現れる被写体(例えば人物、車両)に関する情報を抽出して取得する。映像解析部54は、被写体に関する情報として、例えば車両(例えば事件等を引き起こした逃走車両)の車種、車型、車色やナンバープレート等の情報、その車両に乗車している人物の情報や乗車している人数の情報、更に、その逃走車両の交差点通過時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を取得し、映像解析の処理対象となった撮像映像のデータとともにてタグ付与部55に送ったり、蓄積部52に記録したりする。映像解析部54は、走行方向の割り出しについて、例えば複数枚の撮像画像のフレームの時間的な差分に基づいて、車両の移動方向を判別可能である。逃走方向は、例えば逃走車両が交差点を直進左折右折又は転回のうちいずれの走行によって通過したかを示し、以下同様である。

0054

タグ付与部55は、映像解析部54から送られた映像解析の処理結果の情報(以下、「タグ情報」という)を、映像解析部54による映像解析の処理対象となった撮像映像のデータに対応付けて蓄積部52に記録する。タグ付与部55は、撮像映像のデータにタグ情報を付与する際、映像解析部54による映像解析の処理対象となった撮像映像の撮像日時の情報やその撮像映像を撮像したカメラの識別情報も併せて対応付けて蓄積部52に記録する。これにより、録画サーバ50は、どの交差点のいつの時点で撮像された撮像映像にどのようなタグ情報が付与されたのかを明確に判別可能となる。

0055

パターン抽出部56は、蓄積部52に記録されているタグ情報及び撮像映像のデータを用いて、車両が日常的に交差点を通過する時の同一の行動パターンの有無を判別する。パターン抽出部56は、その行動パターンがあると判別した場合には、行動パターンに関する情報をパターン情報として蓄積部52に記録(保存)する。パターン抽出部56は、例えば車両のナンバープレートのナンバーごとに、その車両が交差点を通過した時の日時情報(例えば曜日及び時刻)のヒストグラム(つまり、発生頻度)に基づいて、そのヒストグラムのピークが得られた日時情報をパターン情報として抽出する。

0056

メモリ57は、例えばRAMとROMを用いて構成され、録画サーバ50の動作の実行に必要なプログラムやデータ、更には、動作中に生成された情報又はデータ等を一時的に保存する。RAMは、例えばプロセッサPRC1の動作時に使用されるワークメモリである。ROMは、例えばプロセッサPRC1を制御するためのプログラム及びデータを予め記憶する。また、メモリ57は、例えば録画サーバ50を識別する識別情報(例えばシリアル番号)及び各種設定情報を記憶する。

0057

検索端末90は、操作部91と、プロセッサ92と、通信部93と、出力部94と、メモリ95とを含む構成である。検索端末90は、上述したように警察署内の職員(つまり、警察官であるオペレータ)により使用される。オペレータは、例えば事件等の目撃者等によってその事件等の発生を通報するための電話(入電)があった場合に、ヘッドセットHDSを装着して電話に応対する。ヘッドセットHDSは、検索端末90に接続されて使用され、オペレータの発した音声収音したり、入電があった電話機(図示略)を介して送られた通報者の発した音声を出力したりする。

0058

操作部91は、オペレータの入力操作を検出するユーザインターフェース(UI:User Interface)であり、マウスキーボード等を用いて構成される。操作部91は、オペレータの入力操作に基づく信号をプロセッサ92に出力する。操作部91は、例えばオペレータが調べる対象となる撮像日時における交差点の撮像映像を確認したい場合に、その日時情報、交差点に関する情報(例えば交差点の位置情報)、逃走車両の特徴情報を含む検索キーの入力を受け付ける。

0059

プロセッサ92は、例えばCPU、MPU、DSP又はFPGAを用いて構成され、検索端末90の制御部として機能し、検索端末90の各部の動作を全体的に統括するための制御処理、検索端末90の各部との間のデータの入出力処理、データの演算(計算)処理及びデータの記憶処理を行う。プロセッサ92は、メモリ95に記憶されたプログラム及びデータに従って動作する。プロセッサ92は、動作時にメモリ95を使用し、現在の時刻情報を取得したり、録画サーバ50又はクラウドサーバ70から送信された各種の撮像映像の検索結果のデータを出力部94に表示したりする。また、プロセッサ92は、操作部91から送られた検索キーの入力に応じて、検索キーを含む検索要求(検索指示)を生成し、その検索要求(検索指示)を、通信部93を介して録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に送信する。

0060

通信部93は、インターネット等のネットワークNW3を介して接続されたクラウドサーバ70との間で通信を行い、クラウドサーバ70から送信された各種の撮像映像(例えば、検索端末90が要求した撮像映像)を受信する。また、通信部93は、警察署内に設けられたイントラネット等のネットワークを介して、録画サーバ50との間で通信を行い、録画サーバ50に対して各種の撮像映像(例えば、オペレータが調べる対象となる逃走車両や交差点の撮像映像)の検索要求(リクエスト、指示)を送信したり、その要求(指示)に対する応答(レスポンス)を受信したりする。

0061

出力部94は、例えばLCD(Liquid Crystal Display)又は有機EL(Electroluminescence)等のディスプレイを用いて構成され、プロセッサ92から送られた各種の撮像映像のデータを表示する。また、出力部94は、例えばディスプレイの他にスピーカをも含むように構成されてよく、プロセッサ92から送られた音声信号(例えば、通報の電話の転送を電話機(図示略)から受けた時に発生する所定の警報音)を音声出力する。

0062

メモリ95は、例えばRAMとROMを用いて構成され、検索端末90の動作の実行に必要なプログラムやデータ、更には、動作中に生成された情報又はデータ等を一時的に保存する。RAMは、例えばプロセッサ92の動作時に使用されるワークメモリである。ROMは、例えばプロセッサ92を制御するためのプログラム及びデータを予め記憶する。また、メモリ95は、例えば検索端末90を識別する識別情報(例えばシリアル番号)及び各種設定情報を記憶する。

0063

図5は、実施の形態1に係るクラウドサーバ70の内部構成例を示すブロック図である。クラウドサーバ70は、インターネット等のネットワークNW1を介して録画サーバ50との間で通信可能に接続され、また、インターネット等のネットワークNW3を介して検索端末90との間で通信可能に接続されている。ネットワークNW1,NW3とは異なる方がデータもしくは情報のセキュリティを確保及び保全する上で好ましい。

0064

クラウドサーバ70は、通信部71と、蓄積部72と、映像検索部73と、映像解析部74と、タグ付与部75と、パターン抽出部76と、メモリ77とを含む構成である。映像検索部73と、映像解析部74と、タグ付与部75と、パターン抽出部76とは、例えばCPU、MPU、DSP、FPGAなどのプロセッサPRC2により構成される。なお、パターン抽出部76は、クラウドサーバ70に含まれなくてもよい。

0065

通信部71は、インターネット等のネットワークNW1を介して接続された録画サーバ50との間で通信を行い、録画サーバ50から転送された撮像映像(例えば、管理者が使用する端末(図示略)の操作により指定された撮像映像(例えば重要事件、重大事件の撮像映像))を受信する。また、通信部71は、インターネット等のネットワークNW3を介して、検索端末90との間で通信を行い、検索端末90から送信された要求(リクエスト、指示)を受信したり、その要求(指示)に対する応答(レスポンス)を送信したりする。

0066

蓄積部72は、例えばハードディスク(HDD)又はソリッドステートドライブ(SSD)を用いて構成される。蓄積部72は、親カメラ(例えばカメラ10,20)又は録画サーバ50から送信された撮像映像のデータを、その撮像映像を撮像したカメラの識別情報(カメラ情報の一例)や撮像日時の情報と対応付けて記録する。蓄積部72は、複数の交差点を含む道路地図情報も記録しており、例えば道路の新規建設もしくはメンテナンス工事等によって道路地図情報の更新が行われる度に、更新後の道路地図情報を記録する。蓄積部72は、それぞれの交差点に設置された1台又は複数台のカメラとその交差点との対応関係を示す交差点カメラ設置データを記録している。従って、蓄積部72は、カメラの撮像映像のデータを、撮像日時の情報、カメラ情報及び交差点情報と対応付けて記録している。

0067

映像検索部73は、検索端末90から送信された検索キーを含む検索要求(検索指示)に基づいて、蓄積部72に記録されている撮像映像のデータの中から、検索キーを満たす撮像映像のデータを検索し、検索結果のデータを検索端末90の出力部94に表示するように通信部51を介して送信する。

0068

映像解析部74は、蓄積部72に記録されている撮像映像のデータに対して映像解析の処理を行い、撮像映像に現れる被写体(例えば人物、車両)に関する情報を抽出して取得する。映像解析部74は、被写体に関する情報として、例えば車両(例えば事件等を引き起こした逃走車両)の車種、車型、車色やナンバープレート等の情報、その車両に乗車している人物の情報や乗車している人数の情報、更に、その逃走車両の交差点通過時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を取得し、映像解析の処理対象となった撮像映像のデータとともにてタグ付与部75に送ったり、蓄積部72に記録したりする。映像解析部74は、走行方向の割り出しについて、例えば複数枚の撮像画像のフレームの時間的な差分に基づいて、車両の移動方向を判別可能である。

0069

タグ付与部75は、映像解析部74から送られた映像解析の処理結果の情報(タグ情報)を、映像解析部74による映像解析の処理対象となった撮像映像のデータに対応付けて蓄積部72に記録する。タグ付与部75は、撮像映像のデータにタグ情報を付与する際、映像解析部74による映像解析の処理対象となった撮像映像の撮像日時の情報やその撮像映像を撮像したカメラの識別情報も併せて対応付けて蓄積部72に記録する。これにより、クラウドサーバ70は、どの交差点のいつの時点で撮像された撮像映像にどのようなタグ情報が付与されたのかを明確に判別可能となる。

0070

パターン抽出部76は、蓄積部72に記録されているタグ情報及び撮像映像のデータを用いて、車両が日常的に交差点を通過する時の同一の行動パターンの有無を判別する。パターン抽出部76は、その行動パターンがあると判別した場合には、行動パターンに関する情報をパターン情報として蓄積部72に記録(保存)する。パターン抽出部76は、例えば車両のナンバープレートのナンバーごとに、その車両が交差点を通過した時の日時情報(例えば曜日及び時刻)のヒストグラム(つまり、発生頻度)に基づいて、そのヒストグラムのピークが得られた日時情報をパターン情報として抽出する。

0071

メモリ77は、例えばRAMとROMを用いて構成され、クラウドサーバ70の動作の実行に必要なプログラムやデータ、更には、動作中に生成された情報又はデータ等を一時的に保存する。RAMは、例えばプロセッサPRC2の動作時に使用されるワークメモリである。ROMは、例えばプロセッサPRC2を制御するためのプログラム及びデータを予め記憶する。また、メモリ77は、例えばクラウドサーバ70を識別する識別情報(例えばシリアル番号)及び各種設定情報を記憶する。

0072

次に、例えば警察署内の検索端末90の出力部94に表示される各種の画面について、図6から図11を参照して説明する。

0073

図6は、経路選択画面WD1の一例を示す図である。経路選択画面WD1は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。経路選択画面WD1は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーション表示画面の一例であって、道路地図情報に対応する(つまり、道路地図情報により特定される)道路地図MP1上に経路選択メニューMN1が重畳して表示された構成である。逃走車両探索専用アプリケーションは、プロセッサ92により実行され、以下の説明においても同様である。

0074

経路選択画面WD1の道路地図MP1には、交差点ITS1,ITS2,ITS3,ITS4,ITS5,ITS6,ITS7,ITS8,ITS9のそれぞれに対応して設置されたカメラC1,C2,C3,C4,C5,C6,C7,C8,C9の設置場所が判別可能に視覚的に示され、以下の説明においても同様である。カメラC1〜C9の構成は、図1に示した親カメラ(具体的には、カメラ10,20)と同じ構成であり、以下同様である。なお、図6図7図11において、カメラC1〜C9は、例えばその交差点を構成する道路の人もしくは車両の多寡等の混雑状況等に鑑みて配置されたものであって、その配置はあくまで一例である。従って、例えば道路地図MP1上の全ての交差点に同様な構成のカメラが配置されてもよい。

0075

経路選択メニューMN1は、例えば4種類のアイコンIC1,IC2,IC3,IC4と、経路追加ボタンAD1と、を含む構成である。

0076

アイコンIC1は、経路選択メニューMN1に表示される全ての経路情報を削除するための選択経路全削除アイコンである。

0077

アイコンIC2は、作成された経路情報(例えば後述する図12に示すステップST6参照)を他の機器(図示略)に送信するためのメールを作成可能なメーラ(図示略)の起動を指示するための送信メール送信アイコンである。

0078

アイコンIC3は、作成された経路情報(例えば後述する図12に示すステップST6参照)をデータファイルとしてメモリ95に保存する処理を指示するためのファイル出力アイコンである。

0079

アイコンIC4は、作成された経路情報(例えば後述する図12に示すステップST6参照)を逃走経路レポートとして、検索端末90に接続されたプリンター(図示略)に出力して印刷する処理を指示するためのファイル印刷アイコンである。

0080

経路追加ボタンAD1は、事件等が発生した場合に、その事件等の発生を引き起こした車両(つまり、逃走車両)の逃走経路の情報(上述した経路情報)を作成する際に、オペレータの操作により選択(例えば押下)されるボタンである。オペレータの操作により、経路追加ボタンAD1が選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その選択を検出し、図7に示す検索条件入力画面WD2を出力部94に出力(表示)する。なお、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、道路地図MP1上に表示されたカメラC1〜C9のうちいずれかが選択(例えば押下)されたことを検出すると、図7に示す検索条件入力画面WD2を出力部94に出力(表示)してもよい。

0081

図7は、候補車両を検索するための検索条件入力画面WD2の一例を示す図である。検索条件入力画面WD2は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。検索条件入力画面WD2は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、道路地図MP1上に検索条件入力メニューMN2が重畳して表示された構成である。

0082

検索条件入力メニューMN2は、例えば5種類のアイコンIC5,IC6,IC2,IC3,IC4と、撮像時刻入力欄FL1と、位置地域入力欄FL2と、スタイル入力欄FL3と、車色入力欄FL4と、検索ボタンSC1と、を含む構成である。アイコンIC2〜IC4は、図6を参照して説明した内容と同一であるため、ここでは説明を割愛する。

0083

アイコンIC5は、事件等の発生を引き起こした逃走車両の候補(以下、「候補車両」という)として設定された車両に関する情報を編集するための画面(図示略)の表示を指示するための車両選択編集アイコンである。

0084

アイコンIC6は、一度作成された逃走経路又は作成途中である逃走経路のデータ(つまり、経路情報)を削除するための経路破棄アイコンである。

0085

撮像時刻入力欄FL1は、事件等の発生を引き起こした逃走車両の画像検索を検索端末90から録画サーバ50に要求するために、オペレータが通報者からの電話により聞き出した事件等の発生日時が入力される。図7の撮像時刻入力欄FL1には、例えば、2017年10月5日の12時34分の前後15分を検索対象の期間として入力されている。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、入力された発生日時を撮像日時として含む検索キーを生成する。なお、発生日時は、例えばカレンダー(図示略)から日付が選択され、かつドロップダウンリスト(図示略)から時刻が選択されてよいし、直接に入力されてもよい。また、事件等の発生日時の指定方法は、何時から何時までという一定の期間が指定されてもよい。

0086

位置地域入力欄FL2は、事件等の発生を引き起こした逃走車両の画像検索を検索端末90から録画サーバ50に要求するために、オペレータが通報者からの電話により聞き出した事件等の発生地点が入力される。図7の位置地域入力欄FL2には、例えば、交差点ITS5(図6参照)に対応するABCD交差点が検索対象の発生地点として入力されている。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、入力された発生地点を含む検索キーを生成する。

0087

スタイル入力欄FL3は、事件等の発生を引き起こした逃走車両の画像検索を検索端末90から録画サーバ50に要求するために、オペレータが通報者からの電話により聞き出した逃走車両のスタイル(例えば、車種もしくは車型)が入力される。スタイルの入力は、オペレータの操作により直接に入力されてもよいし、図8に示す検索条件詳細入力メニューAS1から選択されてもよい。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、入力されたスタイル(例えば、車種もしくは車型)を含む検索キーを生成する。以下の説明において、車種は逃走車両の具体的な車種を示し、車型は逃走車両の型(例えば、セダントラックワゴン)や開閉ドアの種類(例えば、2ドア、3ドア、4ドア)を示す。

0088

車色入力欄FL4は、事件等の発生を引き起こした逃走車両の画像検索を検索端末90から録画サーバ50に要求するために、オペレータが通報者からの電話により聞き出した逃走車両の車色が入力される。車色の入力は、オペレータの操作により直接に入力されてもよいし、図8に示す検索条件詳細入力メニューAS1から選択されてもよい。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、入力された車色を含む検索キーを生成する。

0089

なお、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、所定の入力欄(例えば、スタイル入力欄FL3もしくは車色入力欄FL4)が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、図8に示す検索条件詳細入力メニューAS1を道路地図MP1上に重畳して表示してよい。

0090

検索ボタンSC1は、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)により生成された検索キーを検索端末90から録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に要求する処理を指示するためのボタンである。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、検索ボタンSC1が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、撮像時刻入力欄FL1に入力された発生日時と、位置地域入力欄FL2に入力された発生地点と、スタイル入力欄FL3に入力されたスタイル(例えば、車種もしくは車型)と、車色入力欄FL4に入力された車色とを含む検索キーを生成する。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その生成された検索キーを、通信部93を介して録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に送信して逃走車両の画像検索を要求する。録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70は、検索端末90から送信された検索キーに基づいて、蓄積部52あるいは蓄積部72を参照し、その検索キーにより定義された検索条件を満たす逃走車両の候補となる車両が映っている撮像画像もしくは撮像映像を検索する。

0091

図8は、候補車両の詳細な検索条件を入力するための検索条件詳細入力メニューAS1の一例を示す図である。検索条件詳細入力メニューAS1は、図7に示す検索条件入力画面WD2と同様に、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。検索条件詳細入力メニューAS1は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、検索条件入力画面WD2の道路地図MP1上に重畳して表示される。

0092

検索条件詳細入力メニューAS1は、スタイル(Style)の詳細選択項目ITM1と、車色(Color)の詳細選択項目ITM2と、走行方向(Direction)の詳細選択項目ITM3と、車速(Speed)の詳細選択項目ITM4と、を含む構成である。

0093

詳細選択項目ITM1は、逃走車両の型として、例えば「セダン」、「トラック」、「ワゴン」等の選択肢と、例えば「2ドア」、「3ドア」、「4ドア」等の選択肢とを有する。図8の詳細選択項目ITM1の例では、「ワゴン」と「4ドア」が他の選択肢に比べてハイライト表示されており、オペレータの操作によって「ワゴン」と「4ドア」とがそれぞれ選択されたことが示されている。なお、「セダン」、「トラック」、「ワゴン」の選択肢から複数選択されてよく、同様に、「2ドア」、「3ドア」、「4ドア」の選択肢から複数選択されてよい。

0094

詳細選択項目ITM2は、逃走車両の車色として、例えば「赤」、「橙」、「黄色」、「ダークアイボリー」、「緑」、「青」、「紫」、「白」、「黒」、「グレー」等の選択肢を有する。図8の詳細選択項目ITM2の例では、「ダークアイボリー」が他の選択肢に比べてハイライト表示されており、オペレータの操作によって「ダークアイボリー」が選択されたことが示されている。なお、「赤」、「橙」、「黄色」、「ダークアイボリー」、「緑」、「青」、「紫」、「白」、「黒」、「グレー」の選択肢から複数選択されてよい。

0095

詳細選択項目ITM3は、オペレータの操作により、逃走車両の交差点通過時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を検索条件(検索キー)として指定する。具体的には、詳細選択項目ITM3は、交差点とその交差点を挟むように見立てた4つのラジオボタンとを有する。オペレータの操作によって4つのラジオボタンのうちいずれかが選択されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その選択されたラジオボタンを起点として残り3つのラジオボタンのうち次に(つまり、第2番目に)選択されたラジオボタンに向かう方向を逃走方向として選択する。図8の詳細選択項目ITM3の例では、交差点を「西側から東側に直進した方向」が、他の方向(つまり、「西側から北側へ左折した方向」、もしくは「西側から側へ右折した方向」)に比べてハイライト表示されており、オペレータの操作によって「西側から東側に直進した方向」が逃走車両の逃走方向として選択されたことが示されている。

0096

詳細選択項目ITM4は、逃走車両の交差点通過時の逃走速度(いわゆる、車速)として、「Slow(遅い)」、「Same(平均的)」、「Fast(速い)」の選択肢を有する。「Slow」は、例えば逃走車両が通過した交差点の平均車速よりも相対的に遅いことを示す。「Same」は、例えば逃走車両が通過した交差点の平均車速と同程度であることを示す。「Fast」は、例えば逃走車両が通過した交差点の平均車速よりも相対的に速いことを示す。図8の詳細選択項目ITM4の例では、「Slow」が他の選択肢(つまり、「Same」や「Fast」の選択肢)に比べてハイライト表示されており、オペレータの操作によって「Slow」が逃走車両の交差点通過時の逃走速度として選択されたことが示されている。

0097

詳細選択項目ITM1〜ITM4に対する各種の選択肢が選択された後、OKボタンが選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、検索条件詳細入力メニューAS1を用いた詳細な検索条件を加味して、検索条件入力メニューMN2のスタイル入力欄FL3には、例えば「4ドアのワゴン又はワゴン」を設定でき、更に、検索条件入力メニューMN2の車色入力欄FL4には、例えば「ダークアイボリー」を設定できる。

0098

なお、オペレータの操作により、検索条件入力メニューMN2内の「画像を追加」ボタンが選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、検索端末90のメモリ95に記録されている車両の画像データファイルの選択ダイアログ(図示略)を表示し、オペレータに車両の画像データファイルを選択させることも可能である。画像データファイルが選択されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、検索条件入力メニューMN2にその選択された画像データファイルの車両のアイコンを表示するとともに、その画像データファイルの画像データを用いて車両の特徴情報を解析して、その解析結果をスタイル入力欄FL3や車色入力欄FL4に反映して追加してもよい。また、オペレータの操作により、検索条件入力メニューMN2に表示された車両のアイコンがマウスオーバされると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、そのマウスオーバを検出し、その車両のアイコンを削除可能なボタンを表示する。そのボタンが選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その削除された車両の解析結果を、スタイル入力欄FL3や車色入力欄FL4から削除してもよい。

0099

図9は、候補車両の検索結果表示画面WD3の一例を示す図である。検索結果表示画面WD3は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。検索結果表示画面WD3は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、道路地図MP1上に検索条件入力メニューMN2と候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT1とが重畳して表示された構成である。検索条件入力メニューMN2の内容は図8の検索条件入力メニューMN2と同一であるため、ここでは説明を割愛する。

0100

候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT1は、検索ボタンSC1の選択(例えば押下)に基づいて録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70により検索された逃走車両の候補である候補車両の検索結果のリストを含む。具体的には、そのリストは、検索条件入力メニューMN2に入力された各種の検索条件を満たす候補車両として、撮像時刻入力欄FL1の撮像日時(例えば、2017年10月5日の12時34分)と、その撮像日時を中心とした前後15分の撮像日時(例えば、2017年10月5日の12時19分と同日の12時49分)と、における少なくとも1台の候補車両CADのリストにより構成される。オペレータは、候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT1を直接的に目視閲覧することで、通報者からの電話で聞き出した情報などを頼りに、逃走車両の候補車両として適切な車両を絞り込んで選択操作を行う。これにより、オペレータは、事件等が発生した場合に、その事件等の発生を引き起こした逃走車両の候補車両を的確に絞り込むことができ、検索端末90により作成される逃走車両の逃走経路を迅速に把握することができる。

0101

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、候補車両の特徴情報の一例として、オペレータの操作により入力されたコメントをその候補車両と対応付けてメモリ95に保存することができる。この場合、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、コメントを保存したことを示すマーカCM1を該当する候補車両CADのアイコンに対応付けて表示することができる。例えば、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、「ふらつき走行しており、クラクションを鳴らした」旨のコメントFD2を該当する候補車両に対応付けてメモリ95に保存する。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その候補車両CADのアイコンに、コメントFD2を保存したことを示すマーカCM2を表示する。

0102

なお、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT1内に表示しきれない程に候補車両の抽出個数が多い場合には、オペレータのスクロール操作によりリスト内の全ての候補車両の一覧を表示することが可能である。

0103

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、候補車両CADのアイコンがオペレータにより仮選択(例えば押下)された状態で設定完了ボタンBT1が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、その選択された候補車両CADの交差点(つまり、位置地域入力欄FL2に入力された交差点)を通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を、その候補車両CADに関する情報と対応付けて設定(登録)してメモリ95に保存する。従って、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、同一の候補車両のアイコンに対して、少なくとも2つの異なる通過点(言い換えると、交差点)においてその通過点を通過する時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をメモリ95に設定(登録)することで、その候補車両がそれらの通過点を逃走経路として走行した時の経路情報を作成することができる。

0104

一方、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、候補車両CADのアイコンがオペレータにより仮選択(例えば押下)された状態でキャンセルボタンBT2が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、一度仮選択された候補車両CADのアイコンの仮選択の状態をキャンセル(つまり、解除)する。

0105

図10は、候補車両の逃走経路を登録するための候補車両設定画面WD4の一例を示す図である。候補車両設定画面WD4は、検索結果表示画面WD3が出力部94に表示されている際に所定の操作がオペレータにより行われると表示される。候補車両設定画面WD4は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。候補車両設定画面WD4は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、道路地図MP1上に検索条件入力メニューMN2と候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT2とが重畳して表示された構成である。検索条件入力メニューMN2の内容は図8の検索条件入力メニューMN2と同一であるため、ここでは説明を割愛する。

0106

候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT2は、候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT1と同様の候補車両の検索結果のリストと、候補車両選択ボックスCND1とを含む。候補車両の検索結果のリストを含む画面RLT2内の候補車両の検索結果のリストの説明は図9と同様であるため、ここでは説明を割愛する。候補車両選択ボックスCND1は、オペレータの操作により仮選択の状態とされた少なくとも1台の候補車両のアイコン(例えば、3台の候補車両のアイコンCR1,CR2,CR3)を表示する。

0107

シフトボタンSF1は、撮像時刻入力欄FL1に入力された撮像日時を含む期間の起点(つまり、2017年10月5日の12時34分の15分前)よりも一定時間(例えば、撮像時刻入力欄FL1に入力された「15分」の半分の時間)更に昔に遡って、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に画像検索を指示するためのアイコンである。前シフトボタンSF1が一回選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、撮像時刻入力欄FL1に入力された撮像日時を含む期間の起点(つまり、2017年10月5日の12時34分の15分前)よりも一定時間(例えば、撮像時刻入力欄FL1に入力された「15分」の半分の時間)更に昔に遡って、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に画像検索を再度指示するための検索キーを生成する。

0108

後シフトボタンSF2は、撮像時刻入力欄FL1に入力された撮像日時を含む期間の終点(つまり、2017年10月5日の12時34分の15分後)よりも一定時間(例えば、撮像時刻入力欄FL1に入力された「15分」の半分の時間)更に未来に進めて、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に画像検索を指示するためのアイコンである。後シフトボタンSF2が一回選択(例えば押下)されると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、撮像時刻入力欄FL1に入力された撮像日時を含む期間の起点(つまり、2017年10月5日の12時34分の15分前)よりも一定時間(例えば、撮像時刻入力欄FL1に入力された「15分」の半分の時間)更に未来に進めて、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70に画像検索を再度指示するための検索キーを生成する。

0109

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、例えば3台の候補車両CADのアイコンがオペレータにより仮選択(例えば押下)されると、それらのアイコンCR1〜CR3を候補車両選択ボックスCND1に表示する。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、仮選択された3台の候補車両CADのアイコンCR1〜CR3が候補車両選択ボックスCND1に表示された状態で設定完了ボタンBT1が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、その選択された候補車両CADの交差点(つまり、位置地域入力欄FL2に入力された交差点)を通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を、それぞれのアイコンCR1〜CR3に対応する候補車両CADに関する情報と対応付けて設定(登録)してメモリ95に保存する。従って、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、同一の候補車両のアイコンに対して、少なくとも2つの異なる通過点(言い換えると、交差点)においてその通過点を通過する時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をメモリ95に設定(登録)することで、その候補車両がそれらの通過点を逃走経路として走行した時の経路情報を作成することができる。

0110

一方、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、仮選択された3台の候補車両CADのアイコンCR1〜CR3が候補車両選択ボックスCND1に表示された状態でキャンセルボタンBT2が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、一度仮選択された候補車両CADのアイコンCR1〜CR3の仮選択の状態をキャンセル(つまり、解除)する。

0111

図11は、候補車両の逃走経路を提示するための経路出力画面WD5の一例を示す図である。経路出力画面WD5は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。経路出力画面WD5は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、道路地図MP1上に経路詳細メニューMN3が重畳して表示された構成である。

0112

経路出力画面WD5の道路地図MP1には、図6の経路選択画面WD1の道路地図MP1と同様に、交差点ITS1,ITS2,ITS3,ITS4,ITS5,ITS6,ITS7,ITS8,ITS9のそれぞれに対応して設置されたカメラC1,C2,C3,C4,C5,C6,C7,C8,C9の設置場所が判別可能に視覚的に示されている。

0113

更に、経路出力画面WD5の道路地図MP1には、経路詳細メニューMN3に表示されているアイコンRT1に対応する経路1を構成する3つの通過点を通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を示す矢印DR1,DR2,DR3がそれぞれ示されている。具体的に、3つの通過点は、ABCD交差点である交差点ITS5(通過点1)と、XBCD交差点である交差点ITS6(通過点2)と、ACCD交差点である交差点ITS9(通過点3)である。従って、オペレータは、逃走車両がABCD交差点である交差点ITS5を直進して通過し、XBCD交差点である交差点ITS6を右折して通過し、ACCD交差点である交差点ITS9を右折して通過したことが直感的かつ視覚的に分かり易く把握できる。

0114

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、経路詳細メニューMN3のアイコンRT1が選択(例えば押下)されると、その選択を検出し、そのアイコンRT1に対応する経路1を構成する通過点1〜3の各アイコンPP1,PP2,PP3を展開して表示する。

0115

例えば、オペレータの操作により、アイコンRT1がダブルクリックされると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、例えば通過点1〜3の各交差点を候補車両が通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)を時系列的ブリンク表示して分かり易くオペレータに把握を促してよい。

0116

同様に、オペレータの操作により、アイコンPPT1がダブルクリックされると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、例えば通過点1(つまり、ABCD交差点である交差点ITS5)を候補車両が通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をブリンク表示して分かり易くオペレータに把握を促してよい。

0117

同様に、オペレータの操作により、アイコンPPT2がダブルクリックされると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、例えば通過点2(つまり、XBCD交差点である交差点ITS6)を候補車両が通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をブリンク表示して分かり易くオペレータに把握を促してよい。

0118

同様に、オペレータの操作により、アイコンPPT3がダブルクリックされると、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、例えば通過点3(つまり、ACCD交差点である交差点ITS9)を候補車両が通過した時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をブリンク表示して分かり易くオペレータに把握を促してよい。

0119

次に、実施の形態1に係る録画サーバ50及び検索端末90が、交差点での事件等の発生に応じて、逃走車両の逃走経路の経路情報を作成する処理並びに出力部94に表示する処理の各動作例について、図12を参照して説明する。

0120

図12は、実施の形態1に係る録画サーバ50及び検索端末90における逃走車両の逃走経路の経路情報の作成及び表示の動作手順の一例を示すフローチャートである。図12の内容は、録画サーバ50及び検索端末90における処理として説明するが、クラウドサーバ70及び検索端末90における処理としてもよい。その場合、以下の図12の説明において、録画サーバ50をクラウドサーバ70に読み替えるとともに、録画サーバ50内の該当する構成をクラウドサーバ70内の該当する構成に読み替えてよい。

0121

図12において、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、例えば通報者からの電話(入電)に応対しているオペレータの操作により、発生した事件等に関する情報(つまり、事件情報)の入力を受け付け、例えば図7の検索条件入力メニューMN2もしくは図8の検索条件詳細入力メニューAS1に、その入力された各種の情報を表示する(ST1)。ステップST1では、例えば、発生した事件もしくは通報者により目撃された事件に係る日時、地点、地域と、その事件を引き起こした車両(つまり、逃走車両)の車種、車型、車色と、逃走車両の交差点通過時の走行方向(言い換えると、逃走方向)、速さ(例えば、通報者の主観に基づく速さ、図8の詳細選択項目ITM4参照)とが入力される。

0122

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST1により入力された各種の情報を含む検索キーを生成し、その生成された検索キーを、通信部93を介して録画サーバ50に送信して逃走車両の画像検索を要求する。録画サーバ50は、検索端末90から送信された検索キーに基づいて、蓄積部52あるいは蓄積部72を参照し、その検索キーにより定義された検索条件を満たす逃走車両の候補となる車両が映っている撮像画像を検索する。

0123

録画サーバ50は、逃走車両の候補となる車両が映っている撮像画像の検索結果を検索端末90に送信する。

0124

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、録画サーバ50から送信された撮像画像の検索結果を受信し、出力部94に出力(表示)する(ST2、例えば図9もしくは図10参照)。

0125

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、オペレータが仮選択した候補車両CADの交差点通過時の撮像映像(つまり、動画)を、検索結果表示画面WD3上で拡大表示等して再生してよい。これにより、オペレータは、自分が注目した候補車両の交差点通過時の動画を閲覧でき、状況把握を容易に行える。

0126

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、オペレータが仮選択した候補車両CADの画像に対してコメント(例えば図9参照)を追加記入し、追加記入されたコメントをその候補車両CADに関する情報と対応付けてメモリ95に保存してよい。これにより、オペレータは、自分が候補車両CADの画像を見てふと気になった事項を忘れないようにコメントを保存でき、候補車両CADの画像に対する自己の記憶を効率的に整理できる。

0127

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、例えば明らかに無関係な候補車両として抽出された車両の画像を除外するために、除外対象の候補車両の指定操作を検出すると、その指定された除外対象の候補車両に関する情報を次回以降の検索キーに含めて生成する。これにより、検索端末90は、逃走車両が例えば青い車でボンネットの一部がへこんでいるという通報者の情報をオペレータが把握している段階で、青くない車やボンネットがへこんでいな車を録画サーバ50における画像検索の対象から自動的に除外させることで、画像検索の精度及び処理負荷の軽減を図ることができる。

0128

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、例えば図9の画面RLT1もしくは図10の画面RLT2に表示された候補車両CADの一覧からオペレータが逃走車両として該当しそうと判断した候補車両CADの画像の選択操作を受け付ける(ST3)。

0129

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST3のオペレータの操作により選択された候補車両CADの交差点通過時の走行方向(言い換えると、逃走方向)をその交差点と対応付けて、道路地図MP1上に重畳して表示する(ST4、例えば図11参照)。

0130

ここで、少なくとも2つの異なる交差点に対して逃走車両の候補となる車両の画像検索が行われ、同一の候補車両CADに対応する交差点通過時の走行方向がメモリ95に設定(登録)された場合には、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、その候補車両の逃走方向を示す矢印(例えば図11参照)を結線する等して(図示略)、逃走経路として出力部94に出力(表示)したり印刷したりする(ST6)。これにより、オペレータは、自らが選択した候補車両CADの事件等の発生からの逃走経路を直感的、視覚的かつ迅速に把握でき、例えば逃走車両を追跡する他の警察官への初動捜査時に適切な指示を出すことができ、警察官の業務を効率的に支援できる。

0131

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、オペレータにより選択された候補車両CADの撮像映像を時系列順に、例えば図11の経路出力画面WD5上で拡大表示等して再生したり、その再生用の映像データを生成してメモリ95に保存したりしてよい。これにより、オペレータは、自分が注目した候補車両の事件等の発生からの時系列の移動の様子を動画で確認でき、状況把握を一層容易に行える。また、オペレータは、再生用の映像データをいつでも気になった時に再生処理を指示することで、内容の確認を行える。

0132

また、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、自分が注目した候補車両の事件等の発生からの時系列の移動の様子を示す動画(上述した映像データ)等の関連情報電子メールで他の機器に送信してよい。これにより、オペレータは、上述した動画(映像データ)を閲覧したい同僚の警察官等に対して送信することで、協力的に業務を進めることで初動捜査の効率化に貢献できる。

0133

一方、少なくとも2つの異なる交差点に対して逃走車両の候補となる車両の画像検索が行われていないとする。この場合、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータの操作により、道路地図MP1上の別の交差点あるいは地域(例えば、候補車両の走行方向にある交差点あるいは地域)が選択されると、その選択された交差点あるいはその選択された地域にある交差点に設置されたカメラの撮像映像を用いた候補車両の画像検索を、録画サーバ50に再度要求する(ST5)。ステップST5の後、録画サーバ50及び検索端末90の処理はステップST2に戻る。

0134

以上により、実施の形態1に係る捜査支援システム100は、複数の交差点のそれぞれに設置された個々のカメラと、個々のカメラと通信可能に接続された捜査支援装置(例えば、録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70と、検索端末90)を含む。捜査支援装置の一例としての録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70は、複数の交差点を含む道路地図MP1とともに、個々のカメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて蓄積部52,72に記録する。捜査支援装置の一例としての録画サーバ50あるいはクラウドサーバ70は、事件等が発生した日時及び交差点に関する情報と事件等の発生に関与した車両の特徴情報とを含む情報入力に応じて、その交差点に対応するカメラ情報により特定されるカメラの撮像映像を用いて、車両の特徴情報を満たす車両を映像検索部53,73(検索部の一例)において検索する。捜査支援装置の一例としての検索端末90のプロセッサ92(リスト出力制御部の一例)は、検索により抽出された少なくとも1台の候補車両のリストを出力部94に出力する。捜査支援装置の一例としての検索端末90のプロセッサ92(設定部の一例)は、出力部94に出力されたリストからの少なくとも1台の候補車両の選択に応じて、その選択された候補車両の交差点通過時の走行方向を、その選択された候補車両と交差点情報とに対応付けてメモリ95(蓄積部の一例)に保存する。捜査支援装置の一例としての検索端末90のプロセッサ92(経路出力制御部の一例)は、同一の候補車両に対応付けてメモリ95に設定(登録、保存)された、少なくとも2つの異なる交差点情報に対応する交差点通過時の走行方向を用いて、その選択された候補車両の走行経路を出力部94に出力する。

0135

これにより、実施の形態1に係る捜査支援システム100は、多くの人や車両が行き交う交差点で事件等が発生した場合に、逃走車両の逃走経路の早期作成を効率的に支援できる。また、捜査支援システム100は、その逃走経路をオペレータ(例えば警察官)に対して視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促すことができる。また、オペレータは、候補車両の一覧を確認した上で自らが候補車両を選択できるので、事件等の発生を引き起こした逃走車両の適切な絞り込みを図ることができ、逃走車両の逃走経路の経路情報のデータ信頼性を的確に確保することができる。

0136

(実施の形態2)
実施の形態2に係る捜査支援システムの構成は、上述した実施の形態1に係る捜査支援システム100の構成と同一であるため、同一の内容の説明は簡略化又は省略し、異なる内容について説明する。

0137

図13は、蓄積部52,72に登録される車両情報テーブルTBL1の一例を示す図である。車両情報テーブルTBL1は、それぞれの交差点に設置されたカメラの撮像映像を用いた録画サーバ50又はクラウドサーバ70の解析によって定常的に生成されており、車両毎の交差点進入時から退出時までの各種の特徴情報(1レコードに対応)を保持したテーブルである。車両情報テーブルTBL1は、蓄積部52又は蓄積部72において保存される。

0138

具体的には、車両情報テーブルTBL1は、例えば図13に示すように、ID、交差点、日時、車色、車型、走行方向、通過速度の各項目に対応する実体データを車両毎に保持する。それぞれの項目について説明する。

0139

IDは、例えば車両の識別番号であるナンバープレートであり、図13に示すようにハイパーリンクが施されている。ナンバープレートの情報は撮像映像の解析(上述参照)によって抽出可能である。プロセッサPRC1又はプロセッサPRC2は、このハイパーリンクに対応するアクセス先(例えば、後述するサムネイルのデータの保存先)にアクセスすることで、IDに対応する車両のサムネイルを取得可能である。なお、サムネイルは、例えば録画サーバ50又はクラウドサーバ70により、カメラの撮像映像を用いた公知技術によって生成されたベストショット画像である。なお、IDの列(欄)において、それぞれの車両のIDに対応するハイパーリンクが付与されず、その代わりにサムネイルのデータ又はその保存先の列が追加されてもよい。

0140

交差点は、車両が通過する交差点を識別する交差点情報である。交差点情報は、解析(上述参照)の対象となった撮像映像を撮像したカメラのカメラ情報に対応した交差点の情報である。

0141

日時は、車両が交差点の進入が解析(上述参照)の際に検知された年月日及び時刻である。

0142

車色は、車両の色である。車色の情報は、解析(上述参照)の際に検知された車両の色情報である。

0143

車型は、車両のタイプ(例えば、セダン、トラック、ワゴン)である。車型の情報は、解析(上述参照)の際に検知された車両の形状に対応した型(タイプ)の情報である。

0144

走行方向は、車両が交差点をどの方向から進入してどの方向に退出したかを示す。走行方向の情報は、解析(上述参照)の際に検知された車両の進行方向に対応して抽出される。また、走行方向は、図17を参照して説明するように、交差点毎の逃走車両の候補車両の逃走方向に対応する。

0145

通過速度は、車両が交差点をどのくらいの速度で通過したかを示す。通過速度は、解析(上述参照)の際に交差点の進入時点から退出時点までの経過時間と交差点の進入位置から退出位置までの距離とに基づいて計算される。例えば、通過速度がそれぞれの道路(一般道路高速道路等)に応じた法定速度以上である場合には、逃走車両の候補車両である可能性が高くなる。

0146

例えば、ID「1101」の車両は、赤色の2ドアのセダンであり、2018年2月12日の21時00分に交差点As1を時速70km/hで南から東に右折して走行したことが解析(上述参照)により抽出されている。

0147

また例えば、ID「1102」の車両は、白色の4ドアのワゴンであり、2018年2月13日の17時00分に交差点Bs1をから南へ直進して走行したことが解析(上述参照)により抽出されている。

0148

また例えば、ID「1103」の車両は、青色の2ドアのセダンであり、2018年2月14日の19時00分に交差点Cs1を西から東へ直進して走行したことが解析(上述参照)により抽出されている。

0149

図14は、候補車両の詳細な検索条件を入力するための検索条件詳細入力メニューAS2の一例を示す図である。

0150

検索条件詳細入力メニューAS2は、図8に示す検索条件詳細入力メニューAS1と同様に、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、検索端末90の出力部94において表示される。検索条件詳細入力メニューAS2は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例であって、検索条件入力画面WD6の道路地図MP1上に重畳して表示される。図14に示される検索条件入力メニューMN2は、図7図8に示される検索条件入力メニューMN2と撮像時刻入力欄FL1の記載内容以外は同一であるため、検索条件入力メニューMN2の説明は省略する。

0151

検索条件詳細入力メニューAS2は、車両の型を示すスタイル(Style)の詳細選択項目ITM1と、車両の色を示す車色(Color)の詳細選択項目ITM2と、OKボタンと、キャンセルボタンとを含む構成である。なお、図8図14の詳細選択項目ITM1において、スタイルとしてセダン、トラック、ワゴン、2ドア、3ドア、4ドアが例示的に図示されているが、これらに限定されないことは言うまでもない。同様に、図8図14の詳細選択項目ITM2において、車色として赤、オレンジ、黄色、ダークアイボリー、緑、青、紫、白、黒、シルバーが例示的に図示されているが、これらに限定されないことは言うまでもない。

0152

図15及び図16は、複数台の候補車両が抽出された抽出結果確認メニューAS3,AS4の一例を示す図である。図15及び図16の説明において、図7図8図14の説明と重複する要素については同一の符号を付与して説明を簡略化又は省略し、異なる内容について説明する。

0153

図15に示す抽出結果確認メニューAS3は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の図14に示す検索ボタンSC1の押下操作に基づく録画サーバ50又はクラウドサーバ70における検索処理の結果として、検索端末90の出力部94において表示される。図16に示す抽出結果確認メニューAS4は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の図15に示す検索精度ステータスバーSCST1に対する調整バーBR1の移動操作並びに検索ボタンSC1の押下操作に基づく録画サーバ50又はクラウドサーバ70における検索処理の結果として、検索端末90の出力部94において表示される。

0154

図15に示す抽出結果確認メニューAS3には、例えばオペレータの操作により検索条件入力メニューMN2(図14参照)に指定された各種の情報に適合する車両(例えば、逃走車両の候補車両15台)のサムネイルのリストCAD1(一覧)が表示(出力)される。抽出結果確認メニューAS3には、検索条件入力メニューMN2(図14参照)に指定された各種の情報の適合度合いきめ細かに調整するための検索精度ステータスバーSCST1及び調整バーBR1が示される。検索精度ステータスバーSCST1は、例えば5段階の検索精度を定義する。具体的には、検索精度ステータスバーSCST1は、検索精度の狭い検索(つまり、厳密な一致性が要求される検索)から、徐々に検索精度を緩くし、検索精度の広い検索(つまり、厳密な一致性が要求されない検索)の中からいずれか一つを調整バーBR1により指定する。図15では、調整バーBR1は、割と厳密な検索精度が指定されている。

0155

オペレータは、図15に示されたサムネイルのリストCAD1に表示された車両の一覧を目視し、例えば通報等の内容に合致する車両(例えば、逃走車両)に該当しそうな車両がいないと判断したとする。すると、オペレータの操作により、調整バーBR1が2段階、検索精度が広くなる(言い換えると、検索精度が緩くなる)ように指定されたとする。

0156

ここで、車両の色を例示して検索精度について簡単に説明する。

0157

例えば車両の色に青色が指定されている場合、検索精度が広くなると、青色に近い色(例えば水色群青色)も検索キーとして含まれる。一方で、例えば車両の色に青色が指定されている場合、検索精度が狭くなると、青色のみが検索キーとして含まれる。

0158

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータによる調整バーBR1の操作に応じて、変更後の調整バーBR1が示す検索精度をパラメータとして含む検索キーを生成し、その検索キーを含む検索要求を、通信部93を介して録画サーバ50又はクラウドサーバ70に送信する。この検索要求に基づく録画サーバ50又はクラウドサーバ70における検索処理の結果が検索端末90に送信される。

0159

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、録画サーバ50又はクラウドサーバ70における検索処理の結果(具体的には、検索条件入力メニューMN2(図14参照)に指定された各種の情報並びに調整バーBR1が指定する検索精度(図16参照)に適合する車両20台のサムネイルのリストCAD2)を、図16に示す抽出結果確認メニューAS4として出力部94に表示(出力)する。

0160

これら20台の車両の中に例えば通報等の内容に合致する車両に該当しそうな車両がいたとオペレータに判断された場合には、オペレータの操作により、その該当しそうな車両CR4が指定されて選択されたことになる。

0161

次に、実施の形態2に係る捜査支援システム100において、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の第1例について、図17及び図18を参照して説明する。

0162

図17は、1台の候補車両の逃走経路上に存在するそれぞれの交差点毎の逃走方向により特定される逃走経路を提示するための逃走方向出力画面WD7の一例を示す図である。図18は、実施の形態2に係る録画サーバ50及び検索端末90における、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の動作手順の第1例を示すフローチャートである。

0163

逃走方向出力画面WD7は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、録画サーバ50又はクラウドサーバ70における処理(図18参照)の結果として生成された画面データが検索端末90に送信されてから検索端末90の出力部94において表示される。なお、逃走方向出力画面WD7は、録画サーバ50又はクラウドサーバ70において生成されず、録画サーバ50又はクラウドサーバ70からの検索結果(後述参照)を用いて検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)により生成されてもよい。逃走方向出力画面WD7は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例である。

0164

逃走方向出力画面WD7には、図14図15又は図16を参照して説明した検索条件(検索キー)に適合する少なくとも1台の車両がオペレータの操作により選択された場合に、その選択された車両の逃走経路ECRT1が識別可能に示される。車両の逃走経路ECRT1は、選択された車両に対応する車両情報テーブルTBL1(図13参照)から検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)が交差点毎の走行方向を抽出して交差点毎を結線等することで生成される。

0165

例えば、逃走経路ECRT1は、オペレータにより選択された車両(例えば、逃走車両の候補車両)が次の走行経路で逃走したことを示す。具体的には、その車両は、カメラC7が設置された交差点ITS7を南から北に直進し、カメラC4が設置された交差点ITS4を南から東に右折し、カメラC5が設置された交差点ITS5を西から東に直進し、カメラC6が設置された交差点ITS6を西から北に左折し、カメラC3が設置された交差点ITS3に到着したことが示されている。

0166

また、逃走方向出力画面WD7には、上述した逃走経路ECRT1で逃走した車両(つまり、逃走車両の候補車両)のそれぞれの交差点通過時の撮像映像に基づいて生成された一連のサムネイルのアイコンCic17,Cic14,Cic15,Cic16,Cic13が逃走経路ECRT1に対応して表示(出力)されている。

0167

以下の図18の説明では、説明を簡単にするために、録画サーバ50において実行される例を説明するが、クラウドサーバ70において同様に実行されてもよく、その場合には以下の説明中の「録画サーバ50」を「クラウドサーバ70」に読み替え、「プロセッサPRC1」を「プロセッサPRC2」に読み替え、「通信部51」を「通信部71」に読み替え、更に、「蓄積部52」を「蓄積部72」に読み替えればよい。

0168

図18において、オペレータの操作により、例えば図14を参照して説明した方法で、検索条件(例えば、時間帯、車型、車色、交差点)が入力されて指定される(ST11)。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST11の指定に応じて、それぞれ指定された項目に対する入力内容を含む検索キー(検索条件の一例)を生成し、その検索キーを含む車両の検索要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50に送信する。なお、ステップST11において、例えば車両のボンネットに傷がついている等の付加情報を検索キーとして用いてもよい。

0169

録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索端末90から送信された検索要求を取得すると、その検索要求に含まれる検索キーに適合する(つまり、検索キーを満たす)車両のデータが存在するかを判別するため、蓄積部52に保持されている車両情報テーブルTBL1を検索する。録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索結果(例えば、検索キーに適合する車両に関する情報)を、通信部51を介して検索端末90に送信する。車両に関する情報は、例えば、図13に示す車両情報テーブルTBL1に示した各種の情報及びその車両のサムネイルのデータである。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、録画サーバ50から送信された検索結果(上述参照)を取得する(ST12)。

0170

プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST11の検索条件に対応する検索結果(上述参照)が何件(言い換えると、図13に示す車両情報テーブルTBL1の何件分のレコードが)存在するかを判別する(ST13)。検索結果が0(ゼロ)件であった場合(つまり、ステップST11の検索条件に適合する車両が存在しない場合)には(ST13、0件)、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)の処理はステップST16に進む。

0171

また、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、検索結果(上述参照)が複数件であった場合には(ST13、複数件)、例えば図15又は図16を参照して説明したように、検索結果(上述参照)に対応する車両に関する情報(例えば、検索により抽出された車両のサムネイルデータ)を出力部94に表示(出力)する。オペレータの操作により、出力部94に表示された複数の逃走車両の候補車両のサムネイルのうちいずれか1台が選択される(ST15)。

0172

ステップST15においていずれか1台が選択された後、又は、ステップST12において取得された検索結果(上述参照)が1件であった場合には、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その検索結果に含まれる車両の走行方向を抽出する(ST14)。更に、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、その検索結果に含まれる交差点に隣接する交差点に変更してその変更後の交差点を対象に、ステップST11の検索条件(但し、交差点情報を除く)を用いて同様な検索要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50に送信する。録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索端末90から送信された検索要求を取得すると、同様にして、その検索要求に含まれる検索キーに適合する(つまり、検索キーを満たす)車両のデータが存在するかを判別するため、蓄積部52に保持されている車両情報テーブルTBL1を検索する。この検索結果を検索端末90に送信(応答)する動作は上述した通りであるため、同一の説明は省略する。

0173

この隣接する交差点を対象にしてステップST11の検索条件(但し、交差点情報を除く)を用いた検索処理は、ステップST13において、録画サーバ50における検索結果が0(ゼロ)件となるまで繰り返して実行される。言い換えると、同一の検索条件(但し、交差点情報を除く)に適合する車両(つまり、逃走車両の候補車両)が次々と隣接する交差点において現れ続けるまで録画サーバ50における検索処理が継続されて、それぞれの交差点におけるその車両の走行方向が録画サーバ50によって自動的に抽出されて検索端末90に渡される。

0174

ステップST13において検索結果が0(ゼロ)件であった場合(ST13、0件)、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST11における検索条件が既定の上限であるか否かを判断する(ST16)。検索条件の上限は、例えば撮像時刻入力欄FL1に入力される一定時間幅(例えば前後20分)であり、予め規定された設定情報として検索端末90のメモリ95に保持されている。

0175

ステップST11における検索条件が既定の上限ではないと判断された場合には(ST16、NO)、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST11の検索条件を上述した既定の上限に近づくように変更して再検索するための検索キーを生成し(ST17)、その検索キーを含む車両の検索要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50に送信する。録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索端末90から送信された検索要求を取得すると、同様にして、その検索要求に含まれる検索キーに適合する(つまり、検索キーを満たす)車両のデータが存在するかを判別するため、蓄積部52に保持されている車両情報テーブルTBL1を検索する。この検索結果を検索端末90に送信(応答)する動作は上述した通りであるため、同一の説明は省略する。

0176

一方、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST11における検索条件が既定の上限であると判断した場合には(ST16、YES)、ステップST14において抽出された交差点毎の車両の走行方向(図17の逃走経路ECRT1参照)を、逃走方向出力画面WD7(図17参照)の道路地図MP1上の該当する交差点の位置に重畳して表示する(ST18、マッピング)。

0177

次に、実施の形態2に係る捜査支援システム100において、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の第2例について、図17図19及び図20を参照して説明する。

0178

図19は、全交差点を一括で検索する時の交差点毎に抽出された候補車両の関連性を示す候補車両論理データの一例を模式的に示す図である。図20は、実施の形態2に係る録画サーバ50及び検索端末90における、逃走車両の候補の検索及び抽出された候補車両の交差点通過時の逃走方向の表示の動作手順の第2例を示すフローチャートである。

0179

図19に示す候補車両論理データは、図20を参照して説明する全交差点を一括で検索する時に録画サーバ50のプロセッサPRC1又はクラウドサーバ70のプロセッサPRC2により生成されて、メモリ57又はメモリ77に一時的に保持される。候補車両論理データは、交差点毎に、検索条件(図20のステップST21参照)に適合する車両(つまり、逃走車両の候補車両)とその車両の交差点通過時の走行方向とを対応付けた情報を保持するデータである。

0180

例えば、ABCD交差点では、録画サーバ50又はクラウドサーバ70がABCD交差点に設置されたカメラの撮像映像を解析したことにより、逃走車両の候補車両(図19の説明において、「候補」と略記する)である候補Cv1は南から北に直進したことが抽出され、候補Dv1(走行方向の記載は省略)が抽出されている。

0181

また例えば、ABCD交差点に隣接するBCDE交差点では、録画サーバ50又はクラウドサーバ70がBCDE交差点に設置されたカメラの撮像映像を解析したことにより、候補Cv1は南から東に右折したことが抽出され、候補Dv2は西から東に直進したことが抽出され、候補Ev1(走行方向の記載は省略)が抽出されている。

0182

また例えば、BCDE交差点に隣接するCDEF交差点では、録画サーバ50又はクラウドサーバ70がCDEF交差点に設置されたカメラの撮像映像を解析したことにより、候補Cv1は西から東に直進したことが抽出され、候補Dv2は西から北に左折したことが抽出され、候補Ev2(走行方向の記載は省略)が抽出されている。

0183

また例えば、CDEF交差点に隣接するDEFG交差点では、録画サーバ50又はクラウドサーバ70がDEFG交差点に設置されたカメラの撮像映像を解析したことにより、候補Cv1は西から北に左折したことが抽出され、候補Dv3,Ev3(走行方向の記載は省略)がそれぞれ抽出されている。

0184

従って、録画サーバ50又はクラウドサーバ70は、検索端末90から特定の交差点が指定されていない検索キーが送信された場合には、全交差点を一括として検索する時に図19に示す候補車両論理データを生成することで、同一の候補Cv1,Dv2の交差点毎の走行方向のセットCMB1,CMB2をそれぞれ抽出できる。

0185

以下の図20の説明では、説明を簡単にするために、録画サーバ50において実行される例を説明するが、クラウドサーバ70において同様に実行されてもよく、その場合には以下の説明中の「録画サーバ50」を「クラウドサーバ70」に読み替え、「プロセッサPRC1」を「プロセッサPRC2」に読み替え、「通信部51」を「通信部71」に読み替え、更に、「蓄積部52」を「蓄積部72」に読み替えればよい。

0186

図20において、オペレータの操作により、例えば図14を参照して説明した方法で、検索条件(例えば、時間帯、車型、車色)が入力されて指定される(ST21)。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST21の指定に応じて、それぞれ指定された項目に対する入力内容を含む検索キー(検索条件の一例)を生成し、その検索キーを含む車両の検索要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50に送信する。

0187

録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索端末90から送信された検索要求を取得すると、その検索要求に含まれる検索キーに適合する(つまり、検索キーを満たす)車両のデータが存在するかについて全交差点を対象にして判別するため、蓄積部52に保持されている車両情報テーブルTBL1を検索する(ST22)。録画サーバ50のプロセッサPRC1は、検索結果(例えば、検索キーに適合する車両に関する情報)を、通信部51を介して検索端末90に送信する。車両に関する情報は、例えば、図13に示す車両情報テーブルTBL1に示した各種の情報及びその車両のサムネイルのデータである。検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、録画サーバ50から送信された検索結果(上述参照)を取得する(ST23)。

0188

プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST21において指定された検索条件に合致した交差点毎の逃走車両の候補の中で、複数の交差点に跨いで検出された少なくとも1台の逃走車両の候補車両の逃走方向(図19の走行方向のセットCMB1参照)を自動接続する(ST24)。そして、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST24における自動接続の結果(図17の逃走経路ECRT1参照)を、逃走方向出力画面WD7(図17参照)の道路地図MP1上の該当する交差点の位置に重畳して表示する(ST24、マッピング)。

0189

プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST23において取得された検索結果の中に、複数の交差点に跨いで検出された逃走車両の候補車両が他にもあったかどうかを判断する(ST25)。複数の交差点に跨いで検出された逃走車両の候補車両がないと判断された場合には(ST25、NO)、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)の処理は終了する。

0190

一方で、プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、複数の交差点に跨いで検出された逃走車両の候補車両が他にもあったと判断した場合には(ST25、YES)、例えば図15を参照して説明したように、少なくとも1台の他の逃走車両の候補車両のサムネイルを出力部94に表示(出力)する。オペレータの操作により、出力部94に表示された少なくとも1台の他の逃走車両の候補車両のサムネイルから1台の車両のサムネイルが選択される(ST26)。

0191

プロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップST26の選択に応じて、選択された候補車両について、逃走方向(図19の走行方向のセットCMB1参照)を抽出して自動接続し(ST24)、自動接続の結果(図17の逃走経路ECRT1参照)を、逃走方向出力画面WD7(図17参照)の道路地図MP1上の該当する交差点の位置に重畳して表示する(ST24、マッピング)。つまり、複数の交差点に跨いで検出された逃走車両の候補車両が存在した分だけ、ステップST25→ST26→ST24の処理が繰り返される。

0192

以上により、実施の形態2に係る捜査支援システム100は、複数の交差点のそれぞれに設置された複数のカメラと、複数のカメラと通信可能に接続された録画サーバ50又はクラウドサーバ70(捜査支援装置の一例)とを含む。録画サーバ50,クラウドサーバ70は、プロセッサPRC1,PRC2と、複数の交差点を含む道路地図情報とともに、それぞれのカメラの撮像映像を撮像日時、カメラ情報及び交差点情報に対応付けて記録する蓄積部52,72と、を備える。プロセッサPRC1,PRC2は、事件等が発生した日時に関する情報と事件等を引き起こした車両(例えば、逃走車両)の特徴情報とを含む検索条件の指定に応じて、複数のカメラのそれぞれの撮像映像を用いて、検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索する。プロセッサPRC1,PRC2は、検索結果(上述参照)を捜査支援装置の一例としての検索端末90に送信する。捜査支援装置の一例としての検索端末90が備えるプロセッサ92は、録画サーバ50又はクラウドサーバ70から送信された検索結果から、少なくとも1台における複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出する。捜査支援装置の一例としての検索端末90が備えるプロセッサ92は、交差点毎に抽出された走行方向に基づいて、その車両の走行経路を、道路地図MP2上の位置に重畳して出力部94に出力する。

0193

これにより、捜査支援システム100は、事件等を引き起こした人物が乗車した逃走車両の候補車両の交差点毎の走行方向を用いて、その候補車両が逃走に用いた逃走経路を高精度に推定できる。また、捜査支援システム100は、逃走車両の候補車両の逃走経路を出力部94に出力できるので、警察署のオペレータによる逃走車両の逃走経路の作成を効率的に支援でき、オペレータ(例えば警察官)を含む事件等の関係者に対して逃走経路を視覚的に提示して逃走経路の早期把握を促すことができる。

0194

また、録画サーバ50,クラウドサーバ70のプロセッサPRC1,PRC2は、複数のカメラのそれぞれの撮像映像のデータを用いて、そのカメラが設置された交差点を通過する車両の特徴情報を解析し、その解析結果を車両毎に纏めた車両情報テーブルTBL1を蓄積部52,72に登録する。これにより、録画サーバ50又はクラウドサーバ70は、オペレータの操作に基づいて検索端末90から送信された検索要求に含まれる検索キーに適合可能な逃走車両の候補車両を適切に抽出し易くできる。

0195

また、捜査支援装置の一例としての検索端末90が備えるプロセッサ92は、検索により検索条件を満たす複数の車両を抽出した場合にそれぞれの車両に関する情報(例えば、検索キーに適合する車両に関する情報)を出力部94に出力する。捜査支援装置の一例としての検索端末90が備えるプロセッサ92は、それぞれの車両に関する情報のうち1台の車両に関する情報の選択に応じて、選択された車両における複数の交差点のそれぞれの通過時の走行方向を交差点毎に抽出する。これにより、捜査支援システム100は、複数の逃走車両の候補車両が抽出された場合でも、逃走車両の候補車両1台ずつの逃走経路を順に表示できるので、オペレータ(例えば警察官)に対して視覚的に提示して、どの候補車両がどのような逃走経路で逃走したかの特定や追跡等を行い易くできる。

0196

また、捜査支援装置の一例としての検索端末90が備えるプロセッサ92は、検索により検索条件を満たす車両が無い場合に検索条件を変更し、その変更後の検索条件を満たす少なくとも1台の車両を検索する。これにより、検索端末90は、例えばオペレータが当初に絞り込み過ぎた検索条件を多少緩和して検索条件を上限に近づくように適応的に変更できるので、オペレータが通報等で知り得た逃走車両の候補車両を抽出し易くできる。

0197

(実施の形態3)
実施の形態3に係る捜査支援システムの構成は、上述した実施の形態1に係る捜査支援システム100の構成と同一であるため、同一の内容の説明は簡略化又は省略し、異なる内容について説明する。

0198

先ず、実施の形態2に係る捜査支援システム100において生成された、複数の交差点を跨いだ通過が検知された逃走車両の候補車両の逃走方向を前提に、それぞれの交差点をその候補車両が通過した時の様子の撮像映像の再生画面を、図21及び図22を参照して説明する。

0199

図21は、選択された交差点ITS4における逃走車両の候補車両の交差点進入時の撮像映像を再生する映像再生画面MOV1を含む逃走方向出力画面WD7の一例を示す図である。図22は、選択された交差点ITS4における逃走車両の候補車両の交差点退出時の撮像映像を再生する映像再生画面MOV1を含む逃走方向出力画面WD7の一例を示す図である。図21及び図22の説明において、図17の説明と重複する要素については同一の符号を付与して説明を簡略化又は省略し、異なる内容について説明する。

0200

図21に示す逃走方向出力画面WD7は、例えば警察署内の検索端末90を使用するオペレータ(つまり、警察官)の操作に基づいて、録画サーバ50又はクラウドサーバ70における処理(図18又は図20参照)の結果として生成された画面データが検索端末90に送信されてから検索端末90の出力部94において表示される。なお、逃走方向出力画面WD7は、録画サーバ50又はクラウドサーバ70において生成されず、録画サーバ50又はクラウドサーバ70からの検索結果(上述参照)を用いて検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)により生成されてもよい。逃走方向出力画面WD7は、例えば検索端末90に予めインストールされている逃走車両探索専用アプリケーションの表示画面の一例である。

0201

図21に示す逃走方向出力画面WD7では、逃走経路ECRT1が示された逃走車両の候補車両CR5がカメラC4の設置された交差点ITS4を南から進入して東に右折しようとする前のカメラC4の撮像映像が映像再生画面MOV1にて再生される様子が示されている。図22に示す逃走方向出力画面WD7では、逃走経路ECRT1が示された逃走車両の候補車両CR5がカメラC4の設置された交差点ITS4を東に右折した時のカメラC4の撮像映像が映像再生画面MOV1にて再生される様子が示されている。

0202

検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、図17に示す逃走方向出力画面WD7に逃走経路ECRT1が表示(出力)された後、オペレータの操作によっていずれかの交差点(例えば交差点ITS4)が指定されると、その指定された交差点に設置されたカメラの撮像映像のデータを要求するための映像要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50又はクラウドサーバ70に送信する。録画サーバ50又はクラウドサーバ70は、検索端末90から送信された映像要求に従って、該当するカメラ(例えばカメラC4)の撮像映像のデータを検索端末90に送信(応答)する。

0203

検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、録画サーバ50又はクラウドサーバ70から送信された撮像映像を再生するための映像再生画面MOV1を逃走方向出力画面WD7に表示する。また、検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、撮像映像の再生中に、逃走経路ECRT1に対応する候補車両CR5を検知した場合には、その再生中にその候補車両CR5を識別し易くするための枠(図21点線枠参照)を表示してよい。

0204

更に、検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、オペレータにより指定された逃走経路ECRT1に対応する一連のサムネイルのアイコンCic17,Cic14,Cic15,Cic16,Cic13のうち、映像再生画面MOV1にて再生されている撮像映像に映る候補車両CR5に対応するアイコン(例えばアイコンCic14)や、道路地図MP1上の対応する交差点を強調表示(例えば、拡大表示や点滅表示)してもよい。これにより、オペレータは、候補車両CR5の逃走経路のどの時点での交差点での撮像映像が映像再生画面MOV1において再生されているかを瞬時的に把握できる。

0205

更に、検索端末90のプロセッサ(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、映像再生画面MOV1にて再生されている撮像映像に映る候補車両CR5のアイコンCic14aを、道路地図MP1上の交差点ITS4の周辺の位置(具体的には、交差点ITS4の直前の位置や、交差点ITS4の直後の位置)に表示してもよい。これにより、オペレータは、映像再生画面MOV1にて再生されている撮像映像がどこの交差点に対応した映像であるかを瞬時的に把握できるとともに、逃走車両の候補車両の位置を迅速に把握できる。

0206

次に、実施の形態3に係る捜査支援システム100において、逃走車両の候補車両の交差点毎の進入から退出までの撮像映像の再生について、図23を参照して説明する。

0207

図23は、実施の形態3に係る録画サーバ50及び検索端末90における、逃走車両の候補車両の交差点毎の進入から退出までの撮像映像の再生の動作手順の一例を示すフローチャートである。

0208

以下の図23の説明では、説明を簡単にするために、録画サーバ50において実行される例を説明するが、クラウドサーバ70において同様に実行されてもよく、その場合には以下の説明中の「録画サーバ50」を「クラウドサーバ70」に読み替え、「プロセッサPRC1」を「プロセッサPRC2」に読み替え、「通信部51」を「通信部71」に読み替え、更に、「蓄積部52」を「蓄積部72」に読み替えればよい。

0209

図23に示す処理は、例えば図18又は図20に示す処理に続けて実行される。

0210

図23において、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、ステップS14又はステップS24において抽出された逃走車両の候補車両の交差点毎の走行方向を時系列にソートする(つまり、並べる)(ST31)。例えば図17に示す逃走経路ECRT1では、逃走車両の候補車両CR5は、N=5個の交差点(具体的には、交差点ITS7,ITS4,ITS5,ITS6,ITS3)の順に走行したことが抽出されている。

0211

検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、逃走経路ECRT1上に存在する交差点の数を示すパラメータNを定義し、先ずN=1と設定する(ST32)。そして、検索端末90のプロセッサ92(例えば、上述した逃走車両探索専用アプリケーション)は、N番目(例えばN=1)の交差点(例えば交差点ITS7)に設置されたカメラ(例えばカメラC7)の撮像映像のデータの映像要求を生成し、通信部93を介して録画サーバ50に送信する。録画サーバ50は、検索端末90から送信された映像要求に従って、該当するカメラ(例えばカメラC7)の撮像映像のデータを検索端末90に送信する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ