図面 (/)

技術 蓄電装置

出願人 株式会社GSユアサ
発明者 石川貴瑛
出願日 2017年10月19日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2017-202946
公開日 2019年5月23日 (4ヶ月経過) 公開番号 2019-079598
状態 未査定
技術分野 電池及び電池容器の装着・懸架 コンデンサの取付 電気二重層コンデンサ等
主要キーワード 板状部位 長側壁 仮想軸 取付構成 ABS樹脂 ラミネート容器 ウォータークラフト 巻回軸
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

蓄電素子容器が損傷するのを抑制することができる蓄電装置を提供する。

解決手段

蓄電装置10は、第一容器を有する第一蓄電素子301を第一方向の端部に有する1以上の蓄電素子300と、第一蓄電素子301の第一方向側に配置される第一エンドプレート401と、を備え、第一エンドプレート401は、第一容器の第一方向側の第一面に当接する第一面当接部と、第一容器の第一面に隣接する第二面に当接する第二面当接部と、第一容器の第二面と対向する第三面に当接する第三面当接部と、を有し、第二面当接部は、第二面に接合されている。

概要

背景

従来、1以上の蓄電素子と、当該1以上の蓄電素子の側方に配置されるエンドプレートとを備えた蓄電装置が知られている。例えば、特許文献1には、複数の蓄電素子を2つのエンドプレートで挟み、当該2つのエンドプレートを拘束部材で接続した構成の蓄電装置が開示されている。

概要

蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる蓄電装置を提供する。蓄電装置10は、第一容器を有する第一蓄電素子301を第一方向の端部に有する1以上の蓄電素子300と、第一蓄電素子301の第一方向側に配置される第一エンドプレート401と、を備え、第一エンドプレート401は、第一容器の第一方向側の第一面に当接する第一面当接部と、第一容器の第一面に隣接する第二面に当接する第二面当接部と、第一容器の第二面と対向する第三面に当接する第三面当接部と、を有し、第二面当接部は、第二面に接合されている。

目的

本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる蓄電装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第一容器を有する第一蓄電素子を第一方向の端部に有する1以上の蓄電素子と、前記第一蓄電素子の前記第一方向側に配置される第一エンドプレートと、を備え、前記第一エンドプレートは、前記第一容器の前記第一方向側の第一面に当接する第一面当接部と、前記第一容器の前記第一面に隣接する第二面に当接する第二面当接部と、前記第一容器の前記第二面と対向する第三面に当接する第三面当接部と、を有し、前記第二面当接部は、前記第二面に接合されている蓄電装置

請求項2

前記第一容器は、互いに接合された容器本体と蓋体とを有し、前記第一面当接部は、前記第一方向から見て、前記第一面における、前記容器本体と前記蓋体との接合部と重なる位置に当接して配置されている請求項1に記載の蓄電装置。

請求項3

前記1以上の蓄電素子は、さらに、第二容器を有する第二蓄電素子を前記第一方向と反対の第二方向の端部に有し、前記蓄電装置は、さらに、前記第二蓄電素子の前記第二方向側に配置される第二エンドプレートを備え、前記第二エンドプレートは、前記第二容器の前記第二方向側の第四面に当接する第四面当接部と、前記第二容器の前記第四面に隣接する第五面に当接する第五面当接部と、前記第二容器の前記第五面と対向する第六面に当接する第六面当接部と、を有し、前記第五面当接部は、前記第五面に接合されている請求項1または2に記載の蓄電装置。

請求項4

前記第一エンドプレートは、前記第一方向において、前記1以上の蓄電素子と前記第一エンドプレートとを収容する外装体内面に当接して配置されている請求項1〜3のいずれか1項に記載の蓄電装置。

請求項5

前記第一エンドプレートは、さらに、前記第一容器の前記第一方向とは反対側に、前記第二面当接部から前記第三面当接部に向けて延設された第一突出部を有する請求項1〜4のいずれか1項に記載の蓄電装置。

請求項6

前記第一エンドプレートは、さらに、前記1以上の蓄電素子と前記第一エンドプレートとを収容する外装体の内面に向けて、前記第二面当接部から突出する第二突出部を有する請求項1〜5のいずれか1項に記載の蓄電装置。

技術分野

0001

本発明は、1以上の蓄電素子と、当該1以上の蓄電素子の側方に配置されるエンドプレートとを備える蓄電装置に関する。

背景技術

0002

従来、1以上の蓄電素子と、当該1以上の蓄電素子の側方に配置されるエンドプレートとを備えた蓄電装置が知られている。例えば、特許文献1には、複数の蓄電素子を2つのエンドプレートで挟み、当該2つのエンドプレートを拘束部材で接続した構成の蓄電装置が開示されている。

先行技術

0003

特開2012−54053号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記従来の蓄電装置では、蓄電素子の容器が損傷してしまうおそれがある。つまり、上記従来の蓄電装置の構成では、複数の蓄電素子のうちの中間位置の蓄電素子は、両側の蓄電素子に押圧されて容器の膨れが抑制されるが、端部の蓄電素子は、容器が外側に膨らむため、当該容器が損傷してしまうおそれがある。特に、当該容器に容器本体と蓋体との接合部がある場合には、当該接合部に大きな応力がかかり、当該接合部が割れる等損傷するおそれがある。

0005

本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる蓄電装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、本発明の一態様に係る蓄電装置は、第一容器を有する第一蓄電素子を第一方向の端部に有する1以上の蓄電素子と、前記第一蓄電素子の前記第一方向側に配置される第一エンドプレートと、を備え、前記第一エンドプレートは、前記第一容器の前記第一方向側の第一面に当接する第一面当接部と、前記第一容器の前記第一面に隣接する第二面に当接する第二面当接部と、前記第一容器の前記第二面と対向する第三面に当接する第三面当接部と、を有し、前記第二面当接部は、前記第二面に接合されている。

0007

これによれば、蓄電装置において、第一エンドプレートは、端部の第一蓄電素子の第一容器の第一面に当接する第一面当接部と、第一容器の第二面に当接する第二面当接部と、第一容器の第三面に当接する第三面当接部とを有し、第二面当接部は、第二面に接合されている。つまり、第一容器が膨れる際に、第一面と、第一面及び第二面の接続部分と、第一面及び第三面の接続部分とに大きな応力がかかるため、第一エンドプレートを第一容器の第一面、第二面及び第三面に当接させて、第一容器の隣接する3面を第一エンドプレートで押え込む。これにより、第一容器が外側に膨れる(第一面が膨れる)のを抑制することができる。また、第一エンドプレートの第二面当接部を第二面に接合することで、第二面当接部を第二面の変形に追従させることができるため、第一面が膨れようとする際に第二面が変形するのを抑制することができる。これにより、第一面が膨れるのをさらに抑制することができる。このように、蓄電素子の容器が膨れるのを抑制することができるため、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる。

0008

また、前記第一容器は、互いに接合された容器本体と蓋体とを有し、前記第一面当接部は、前記第一方向から見て、前記第一面における、前記容器本体と前記蓋体との接合部と重なる位置に当接して配置されていることにしてもよい。

0009

これによれば、第一容器には、容器本体と蓋体との接合部が形成されており、第一エンドプレートの第一面当接部は、第一方向から見て、第一面における当該接合部と重なる位置に当接して配置されている。つまり、第一容器において、容器本体と蓋体との接合部は強度が比較的弱い箇所であるため、第一方向から見て、第一面における当該接合部と重なる位置に、第一エンドプレートを当接して配置する。これにより、当該接合部を補強して当該接合部が損傷するのを抑制しつつ第一面を押さえることができるため、蓄電素子の容器が損傷するのをさらに抑制することができる。

0010

また、前記1以上の蓄電素子は、さらに、第二容器を有する第二蓄電素子を前記第一方向と反対の第二方向の端部に有し、前記蓄電装置は、さらに、前記第二蓄電素子の前記第二方向側に配置される第二エンドプレートを備え、前記第二エンドプレートは、前記第二容器の前記第二方向側の第四面に当接する第四面当接部と、前記第二容器の前記第四面に隣接する第五面に当接する第五面当接部と、前記第二容器の前記第五面と対向する第六面に当接する第六面当接部と、を有し、前記第五面当接部は、前記第五面に接合されていることにしてもよい。

0011

これによれば、蓄電装置は、第二方向の端部の第二蓄電素子の第二方向側に第二エンドプレートを備え、第二エンドプレートは、第二蓄電素子の第二容器の第四面、第五面及び第六面に当接し、かつ、第五面に接合されている。つまり、蓄電装置において、第一蓄電素子とは反対側の端部の第二蓄電素子においても、第一蓄電素子と同様に、第二容器の第四面〜第六面に第二エンドプレートを当接させ、かつ、第二エンドプレートを第五面に接合する。これにより、第一エンドプレート及び第二エンドプレートで、配列された蓄電素子を両側から挟み込みつつ両端部の蓄電素子の3面を押え込むことができるため、両端部の蓄電素子の容器が外側に膨れる(第一面及び第四面が膨れる)のを抑制することができる。このように、2つのエンドプレートで複数の蓄電素子を挟み込んで、両端部の蓄電素子の容器が膨れるのを抑制することで、複数の蓄電素子の容器が膨れるのをバランスよく抑制することができるため、当該容器が損傷するのを抑制することができる。

0012

また、前記第一エンドプレートは、前記第一方向において、前記1以上の蓄電素子と前記第一エンドプレートとを収容する外装体内面に当接して配置されていることにしてもよい。

0013

これによれば、第一エンドプレートは、第一方向において、外装体の内面に当接して配置されている。つまり、外装体の内面に第一エンドプレートを当接させることで、外装体に対する第一エンドプレートの移動を規制することができるため、第一エンドプレートで第一容器の隣接する3面をしっかりと押え込むことができる。これにより、蓄電素子の容器が膨れるのを抑制することができ、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる。

0014

また、前記第一エンドプレートは、さらに、前記第一容器の前記第一方向とは反対側に、前記第二面当接部から前記第三面当接部に向けて延設された第一突出部を有することにしてもよい。

0015

これによれば、第一エンドプレートは、第一容器の第一方向とは反対側に、第二面当接部から第三面当接部に向けて延設された第一突出部を有しているため、第一容器の第二面を第一方向で挟み込むことができる。これにより、第一エンドプレートに第二面をしっかりと固定することができるため、第一容器の第一面が膨れるのをさらに抑制することができ、第一容器が損傷するのをさらに抑制することができる。

0016

また、前記第一エンドプレートは、さらに、前記1以上の蓄電素子と前記第一エンドプレートとを収容する外装体の内面に向けて、前記第二面当接部から突出する第二突出部を有することにしてもよい。

0017

これによれば、第一エンドプレートは、外装体の内面に向けて第二面当接部から突出する第二突出部を有しているため、第二突出部が外装体の内面に当接することで、外装体に対する第一エンドプレートの移動を規制することができる。これにより、第一エンドプレートで第一容器の隣接する3面をしっかりと押え込むことができるため、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる。

0018

また、本発明は、このような蓄電装置として実現することができるだけでなく、当該蓄電装置が備えるエンドプレート(第一エンドプレート及び第二エンドプレート)としても実現することができる。

発明の効果

0019

本発明における蓄電装置によれば、蓄電素子の容器が損傷するのを抑制することができる。

図面の簡単な説明

0020

実施の形態に係る蓄電装置の外観を示す斜視図である。
実施の形態に係る蓄電装置を分解した場合の各構成要素を示す分解斜視図である。
実施の形態に係る蓄電素子の構成を示す斜視図である。
実施の形態に係るエンドプレートの構成を示す斜視図である。
実施の形態に係るエンドプレートが蓄電素子に取り付けられた構成を示す斜視図である。
実施の形態に係る蓄電素子及びエンドプレートが第二外装体内に収容された状態での構成を示す上面図である。
実施の形態の変形例1に係るエンドプレートの構成を示す上面図である。
実施の形態の変形例2に係るエンドプレートの構成を示す上面図である。
実施の形態の変形例3に係るエンドプレートの構成を示す斜視図である。

実施例

0021

以下、図面を参照しながら、本発明の実施の形態(及びその変形例)に係る蓄電装置について説明する。なお、以下で説明する実施の形態は、いずれも包括的または具体的な例を示すものである。以下の実施の形態で示される数値、形状、材料、構成要素、構成要素の配置位置及び接続形態、製造工程、製造工程の順序などは、一例であり、本発明を限定する主旨ではない。また、以下の実施の形態における構成要素のうち、最上位概念を示す独立請求項に記載されていない構成要素については、任意の構成要素として説明される。また、各図において、寸法等は厳密に図示したものではない。

0022

また、以下の説明及び図面中において、蓄電素子の並び方向、蓄電素子の容器の長側面の対向方向、当該容器の厚さ方向、または、エンドプレートの並び方向をX軸方向と定義する。また、1つの蓄電素子における電極端子の並び方向、または、蓄電素子の容器の短側面の対向方向をY軸方向と定義する。また、蓄電装置の外装体本体と蓋との並び方向、蓄電素子の容器本体と蓋との並び方向、または、上下方向をZ軸方向と定義する。これらX軸方向、Y軸方向及びZ軸方向は、互いに交差(本実施の形態では直交)する方向である。なお、使用態様によってはZ軸方向が上下方向にならない場合も考えられるが、以下では説明の便宜のため、Z軸方向を上下方向として説明する。また、以下の説明において、例えば、X軸方向プラス側とは、X軸の矢印方向側を示し、X軸方向マイナス側とは、X軸方向プラス側とは反対側を示す。Y軸方向やZ軸方向についても同様である。

0023

(実施の形態)
[1蓄電装置10の全般的な説明]
まず、図1及び図2を用いて、本実施の形態における蓄電装置10の全般的な説明を行う。図1は、本実施の形態に係る蓄電装置10の外観を示す斜視図である。図2は、本実施の形態に係る蓄電装置10を分解した場合の各構成要素を示す分解斜視図である。

0024

蓄電装置10は、外部からの電気充電し、また外部へ電気を放電することができる装置である。例えば、蓄電装置10は、電力貯蔵用途や電源用途などに使用される電池モジュールである。具体的には、蓄電装置10は、例えば、電気自動車EV)、ハイブリッド電気自動車HEV)またはプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)等の自動車自動二輪車ウォータークラフトスノーモービル農業機械建設機械などの移動体駆動用またはエンジン始動用バッテリ等として用いられる。

0025

図1に示すように、蓄電装置10は、第一外装体100及び第二外装体200からなる外装体11を備えており、図2に示すように、外装体11の内方には、複数の蓄電素子300、2つ(一対)のエンドプレート400、及び、複数のバスバー500が収容されている。なお、外装体11の内方には、回路基板リレーなどの電気機器、バスバーフレーム等も配置されていてもよい。

0026

外装体11は、蓄電装置10の外装体を構成する略直方体形状(箱型)の容器(モジュールケース)である。つまり、外装体11は、複数の蓄電素子300、2つのエンドプレート400及びバスバー500等の外方に配置され、これら蓄電素子300等を所定の位置に配置し、衝撃などから保護する。また、外装体11は、例えば、ポリカーボネート(PC)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリフェニレンサルファイド樹脂(PPS)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)またはABS樹脂等の絶縁材料により構成されている。外装体11は、これにより、蓄電素子300等が外部の金属部材などに接触することを回避する。

0027

ここで、外装体11は、外装体11の蓋体を構成する第一外装体100と、外装体11の本体を構成する第二外装体200とを有している。第一外装体100は、第二外装体200の開口を閉塞する扁平な矩形状の部材であり、正極外部端子110と負極外部端子120とが設けられている。蓄電装置10は、この正極外部端子110と負極外部端子120とを介して、外部からの電気を充電し、また外部へ電気を放電する。

0028

第二外装体200は、開口が形成された有底矩形筒状ハウジング筐体)であり、蓄電素子300等を収容する。ここで、第二外装体200は、底壁210と、底壁210から立設された4つの側壁である2つの長側壁220及び2つの短側壁230と、2つの長側壁220の内壁に配置された複数のリブ240(図6参照)と、X軸方向に並ぶ3つの仕切板250(図6参照)とを有している。底壁210は、X軸方向に長い長方形状板状部位であり、長側壁220は、X軸方向に長い長方形状の板状部位であり、短側壁230は、略正方形状の板状部位である。また、リブ240は、長側壁220の内壁から内方に向けて突出するリブであり、Z軸方向に延設され、かつ、X軸方向に並べられて配置されている。また、仕切板250は、蓄電素子300同士を仕切る(後述の蓄電素子群同士を仕切る)板状部位であり、底壁210と2つの長側壁220とに接続されて配置されている。

0029

蓄電素子300は、電気を充電し、また、電気を放電することのできる二次電池単電池)であり、より具体的には、リチウムイオン二次電池などの非水電解質二次電池である。蓄電素子300は、扁平な直方体形状(角型)の形状を有しており、本実施の形態では、8個の蓄電素子300がX軸方向に配列されている。ここで、X軸方向プラス側(以下、第一方向ともいう)の端部に配置される蓄電素子300を、第一蓄電素子301とも呼ぶこととする。また、X軸方向マイナス側(第一方向とは反対側、以下、第二方向ともいう)の端部に配置される蓄電素子300を、第二蓄電素子302とも呼ぶこととする。また、第一蓄電素子301及び第二蓄電素子302の間に配置される6つの蓄電素子300を、第三蓄電素子303とも呼ぶこととする。

0030

なお、蓄電素子300の形状や、配列される蓄電素子300の個数(つまり、第三蓄電素子303の個数)は限定されない。また、蓄電素子300は、非水電解質二次電池には限定されず、非水電解質二次電池以外の二次電池であってもよいし、キャパシタであってもよい。また、蓄電素子300は、二次電池ではなく、使用者が充電をしなくても蓄えられている電気を使用できる一次電池であってもよい。この蓄電素子300(第一蓄電素子301、第二蓄電素子302、第三蓄電素子303)の構成の詳細な説明については、後述する。

0031

エンドプレート400は、複数の蓄電素子300のX軸方向両側に配置されたコ字形状(C字形状)の板状部材挟持部材)であり、複数の蓄電素子300を、当該複数の蓄電素子300の配列方向(X軸方向)の両側から挟み込む。また、それぞれのエンドプレート400は、第二外装体200の短側壁230の内壁に対向して配置され、当該内壁に当接して配置されている。これにより、エンドプレート400は、複数の蓄電素子300を、X軸方向の両側から圧迫する。本実施の形態では、エンドプレート400は、強度の観点等から、例えば鋼やステンレス等の金属製の部材で形成されているが、これに限定されず、例えば強度の高い樹脂等で形成されていてもよい。なお、エンドプレート400が金属等の導電性の部材で形成されている場合には、腐食防止等の観点から、エンドプレート400に絶縁処理を施したり、エンドプレート400と蓄電素子300との間に絶縁部材を配置したりしてもよい。

0032

ここで、第一蓄電素子301のX軸方向プラス側(第一方向側)に配置されるエンドプレート400を、第一エンドプレート401とも呼ぶこととする。また、第二蓄電素子302のX軸方向マイナス側(第二方向側)に配置されるエンドプレート400を、第二エンドプレート402とも呼ぶこととする。つまり、第一エンドプレート401及び第二エンドプレート402は、第一方向において、複数の蓄電素子300を挟み込み、かつ、第二外装体200の内面(短側壁230の内壁)に当接して配置されることで、複数の蓄電素子300を両側から圧迫する。このエンドプレート400(第一エンドプレート401、第二エンドプレート402)の構成の詳細な説明については、後述する。

0033

バスバー500は、複数の蓄電素子300上に配置され、複数の蓄電素子300の電極端子同士を電気的に接続する矩形状の板状部材である。また、バスバー500は、正極外部端子110及び負極外部端子120とも接続される。バスバー500は、例えば、銅、銅合金アルミニウムアルミニウム合金等の金属製の導電部材で形成されている。

0034

本実施の形態では、バスバー500は、蓄電素子300を2個ずつ並列に接続して4セットの蓄電素子群を構成し、当該4セットの蓄電素子群を直列に接続する。また、バスバー500は、正極外部端子110側(図2ではX軸方向プラス側)に配置された蓄電素子群内の2個の蓄電素子300の正極端子と、正極外部端子110とを接続する。さらに、バスバー500は、負極外部端子120側(図2ではX軸方向マイナス側)に配置された蓄電素子群内の2個の蓄電素子300の負極端子と、負極外部端子120とを接続する。なお、バスバー500は、8個の蓄電素子300を全て直列に接続してもよいし、その他の構成であってもかまわない。

0035

[2蓄電素子300の構成の説明]
次に、蓄電素子300(第一蓄電素子301、第二蓄電素子302、第三蓄電素子303)の構成について、詳細に説明する。図3は、本実施の形態に係る蓄電素子300の構成を示す斜視図である。具体的には、同図は、蓄電素子300の容器310を透視して蓄電素子300の内部も示している。なお、第一蓄電素子301、第二蓄電素子302及び第三蓄電素子303は、同図に示す蓄電素子300と同様の構成を有しているため、個別の説明は省略する。

0036

同図に示すように、蓄電素子300は、容器310と、2つの電極端子320(正極端子及び負極端子)とを備えている。また、容器310内方には、2つの集電体330(正極集電体及び負極集電体)と、電極体340とが配置されている。なお、容器310の内方には、電解液非水電解質)も封入されているが、図示は省略する。また、上記の構成要素の他、電極端子320と容器310との間、及び、集電体330と容器310との間にガスケットが配置されていてもよいし、電極体340と容器310との間にスペーサが配置されていてもよい。

0037

容器310は、開口が形成された容器本体311と、容器本体311の開口を閉塞する蓋体312とを有する直方体形状(角型)の容器である。容器本体311は、容器310の本体部を構成する矩形筒状で底を備える部材であり、X軸方向両側の側面に2つの長側面部311a、Y軸方向両側の側面に2つの短側面部311b、並びに、Z軸方向マイナス側に底面部311cを有している。長側面部311aは、容器310の長側面を形成する矩形状かつ板状の部位であり、短側面部311bは、容器310の短側面を形成する矩形状かつ板状の部位であり、底面部311cは、容器310の底面を形成する矩形状かつ板状の部位である。また、蓋体312は、容器310の蓋部を構成する矩形状の板状部材であり、容器本体311のZ軸方向プラス側に配置されている。

0038

具体的には、容器310は、電極体340等を容器本体311の内方に収容後、容器本体311と蓋体312とが溶接等によって接合されて接合部310aが形成されることにより、内部を密封することができるものとなっている。つまり、容器310の側面(X軸方向両側及びY軸方向両側の面)には、容器本体311と蓋体312とが互いに接合された接合部310aが形成されている。なお、容器310(容器本体311及び蓋体312)の材質は、特に限定されないが、例えばステンレス鋼、アルミニウム、アルミニウム合金など溶接可能(接合可能)な金属であるのが好ましい。また、蓋体312には、容器310内方の圧力が上昇した場合に当該圧力を開放するガス排出弁312aや、電解液を注液する注液部(図示せず)等が設けられているが、詳細な説明は省略する。

0039

なお、以下では、第一蓄電素子301の容器310を第一容器とも呼び、第一蓄電素子301の容器本体311を第一容器本体とも呼び、第一蓄電素子301の蓋体312を第一蓋体とも呼ぶこととする。また、第二蓄電素子302の容器310を第二容器とも呼び、第二蓄電素子302の容器本体311を第二容器本体とも呼び、第二蓄電素子302の蓋体312を第二蓋体とも呼ぶこととする。つまり、第一容器の側面には、第一容器本体と第一蓋体との接合部310aが形成されており、第二容器の側面には、第二容器本体と第二蓋体との接合部310aが形成されている。

0040

電極端子320は、集電体330を介して、電極体340の正極板及び負極板に電気的に接続される端子(正極端子及び負極端子)である。つまり、電極端子320は、電極体340に蓄えられている電気を蓄電素子300の外部空間に導出し、また、電極体340に電気を蓄えるために蓄電素子300の内部空間に電気を導入するための金属製の部材である。なお、電極端子320は、アルミニウムまたはアルミニウム合金などで形成されている。

0041

電極体340は、電気を蓄えることができる蓄電要素発電要素)であり、正極板と負極板とセパレータとを備え、当該正極板、負極板及びセパレータがX軸方向に積層されて形成されている。具体的には、電極体340は、正極板、負極板及びセパレータが巻回軸(電極体340の中心を貫くY軸方向の仮想軸)まわりに巻回されて形成された巻回型の電極体であり、集電体330と電気的に接続される。

0042

正極板は、アルミニウムやアルミニウム合金などからなる長尺帯状金属箔である正極基材層の表面に、正極活物質層が形成された電極板である。負極板は、銅や銅合金などからなる長尺帯状の金属箔である負極基材層の表面に、負極活物質層が形成された電極板である。セパレータは、樹脂からなる微多孔性シートである。なお、正極活物質層及び負極活物質層に用いられる正極活物質及び負極活物質としては、リチウムイオン吸蔵放出可能な活物質であれば、適宜公知の材料を使用できる。セパレータについても、蓄電素子300の性能を損なうものでなければ適宜公知の材料を使用できる。

0043

具体的には、電極体340は、正極板と負極板とが、セパレータを介して、巻回軸の方向(Y軸方向)に互いにずらして巻回されている。そして、正極板及び負極板は、それぞれのずらされた方向の端部に、活物質が塗工されず基材層露出した(活物質層が形成されていない)部分(活物質層非形成部)を有している。具体的には、電極体340は、巻回軸方向の両端部(Y軸方向の両端部)に、正極板及び負極板の活物質層非形成部が積層された2つの電極体端部341を有している。

0044

集電体330は、電極体340と容器310の側壁との間に配置され、電極端子320と電極体340とに電気的に接続される導電性と剛性とを備えた部材(正極集電体及び負極集電体)である。具体的には、集電体330は、電極体340の電極体端部341に溶接などによって接合されている。なお、正極の集電体330は、正極板の正極基材層と同様、アルミニウムまたはアルミニウム合金などで形成され、負極の集電体330は、負極板の負極基材層と同様、銅または銅合金などで形成されている。

0045

[3エンドプレート400の構成の説明]
次に、エンドプレート400(第一エンドプレート401、第二エンドプレート402)の構成について、詳細に説明する。図4は、本実施の形態に係るエンドプレート400の構成を示す斜視図である。なお、同図では、エンドプレート400として第一エンドプレート401を図示しているが、第二エンドプレート402は、第一エンドプレート401をZ軸まわりに180°回転したものと同じ構成を有するため、第二エンドプレート402の図示は省略する。

0046

同図に示すように、エンドプレート400は、長側面当接部410と、短側面当接部420及び430とを有している。長側面当接部410は、YZ平面に平行な矩形状かつ平板状の部位であり、蓄電素子300の容器310が有する容器本体311のX軸方向プラス側の長側面部311aに当接する。これにより、長側面当接部410は、容器310の容器本体311と蓋体312との接合部310aのうち、当該長側面部311aと蓋体312との接合部310aに当接する。

0047

短側面当接部420及び430は、長側面当接部410のY軸方向両端部からX軸方向マイナス側に突出して配置された、XZ平面に平行な矩形状かつ平板状の部位であり、容器本体311のY軸方向両側の短側面部311bに当接する。具体的には、短側面当接部420は、長側面当接部410のY軸方向プラス側の端部からX軸方向マイナス側に突出して配置され、容器本体311のY軸方向プラス側の短側面部311bに当接する。これにより、短側面当接部420は、Y軸方向プラス側の短側面部311bと蓋体312との接合部310aに当接する。また、短側面当接部430は、長側面当接部410のY軸方向マイナス側の端部からX軸方向マイナス側に突出して配置され、容器本体311のY軸方向マイナス側の短側面部311bに当接する。これにより、短側面当接部430は、Y軸方向マイナス側の短側面部311bと蓋体312との接合部310aに当接する。

0048

ここで、エンドプレート400は、1枚の金属製の板状部材を折り曲げて形成されている。つまり、長側面当接部410と短側面当接部420及び430とは、連続した1つの金属製の部材である。なお、長側面当接部410、短側面当接部420及び短側面当接部430が別体の金属部材であり、長側面当接部410と短側面当接部420及び430とが溶接、接着ボルト締結溶着熱溶着)等で接合されることにより、エンドプレート400が形成されていることにしてもよい。

0049

[4エンドプレート400の取付構成の説明]
次に、エンドプレート400が蓄電素子300に取り付けられて、第二外装体200内に収容される構成について、説明する。図5は、本実施の形態に係るエンドプレート400が蓄電素子300に取り付けられた構成を示す斜視図である。また、図6は、本実施の形態に係る蓄電素子300及びエンドプレート400が第二外装体200内に収容された状態での構成を示す上面図である。

0050

まず、図5に示すように、エンドプレート400の長側面当接部410が、蓄電素子300の容器310のX軸方向プラス側の面に当接するとともに、短側面当接部420及び430が、容器310のY軸方向両側の面に当接する。つまり、長側面当接部410は、容器本体311のX軸方向プラス側の長側面部311a、及び、蓋体312のX軸方向プラス側の面に当接する。また、短側面当接部420及び430は、容器本体311のY軸方向両側の短側面部311b、及び、蓋体312のY軸方向両側の面に当接する。これにより、長側面当接部410は、容器310のX軸方向プラス側の接合部310a(X軸方向プラス側の長側面部311a及び蓋体312の接合部310a)に当接するとともに、短側面当接部420及び430は、容器310のY軸方向両側の接合部310a(短側面部311b及び蓋体312の接合部310a)に当接する。

0051

ここで、長側面当接部410は、Y軸方向においては、X軸方向プラス側の長側面部311a及び蓋体312の接合部310aに、当該接合部310aの長さの半分以上に亘って当接するのが好ましい。本実施の形態では、長側面当接部410は、Y軸方向において、当該接合部310aのほぼ全長に亘って当該接合部310aに当接する。また、長側面当接部410は、Z軸方向においては、当該長側面部311a及び蓋体312の接合部310aから、当該長側面部311aの中心位置までに亘って当接するのが好ましい。本実施の形態では、長側面当接部410は、Z軸方向において、蓋体312の上端から、当該長側面部311aの中心位置と下端との間までに亘って、蓋体312及び当該長側面部311aに当接する。

0052

このように、長側面当接部410は、X軸方向プラス側から見て、容器310のX軸方向プラス側の側面における、容器本体311と蓋体312との接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。つまり、長側面当接部410は、容器310の長側面部311a側の側面のうちの、X軸方向プラス側から見た場合に接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。なお、長側面当接部410は、X軸方向プラス側の長側面部311aの全面に亘って長側面部311aに当接するように形成されていてもよい。

0053

また、短側面当接部420は、X軸方向においては、Y軸方向プラス側の短側面部311bの長さ(幅)の半分以上に亘って当該短側面部311bに当接し、かつ、当該短側面部311b及び蓋体312の接合部310aに、当該接合部310aの長さの半分以上に亘って当接するのが好ましい。本実施の形態では、短側面当接部420は、X軸方向において、当該短側面部311bの長さのほぼ全長に亘って当該短側面部311bに当接し、かつ、当該接合部310aのほぼ全長に亘って当該接合部310aに当接する。また、短側面当接部420は、Z軸方向においては、当該接合部310aから、当該短側面部311bの中心位置までに亘って当接するのが好ましい。本実施の形態では、短側面当接部420は、Z軸方向において、蓋体312の上端から、当該短側面部311bの中心位置と下端との間までに亘って、蓋体312及び当該短側面部311bに当接する。短側面当接部430についても、同様である。

0054

このように、短側面当接部420は、Y軸方向プラス側から見て、容器310のY軸方向プラス側の側面における、容器本体311と蓋体312との接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。つまり、短側面当接部420は、容器310の短側面部311b側の側面のうちの、Y軸方向プラス側から見た場合に接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。短側面当接部430についても、同様である。なお、短側面当接部420及び430は、短側面部311bの全面に亘って短側面部311bに当接するように形成されていてもよい。

0055

ここで、短側面当接部420及び430は、短側面部311bに接合(固定)されている。つまり、短側面当接部420は、Y軸方向プラス側の短側面部311bに接合され、短側面当接部430は、Y軸方向マイナス側の短側面部311bに接合されている。具体的には、短側面当接部420及び430は、短側面部311bの表面に接着剤等で接合されている。つまり、短側面当接部420及び430の裏面または短側面部311bの表面に接着剤を塗布し、両者を接着することにより、短側面当接部420及び430を短側面部311bの表面に接合(固定)する。

0056

なお、接着剤を塗布する範囲は特に限定されないが、短側面当接部420及び430の全面に亘って接着剤を塗布するのが好ましく、また、短側面当接部420及び430と長側面当接部410との境界部分にも接着剤を塗布するのが好ましい。つまり、短側面当接部420及び430は、短側面当接部420及び430の全面に亘って、短側面部311bに接合(固定)されているのが好ましく、短側面当接部420及び430と長側面当接部410との境界部分においても、容器310に接合(固定)されているのが好ましい。なお、短側面当接部420及び430を短側面部311bの表面に接合(固定)する手法は、接着剤による接着には限定されず、両面テープ等によって接着してもよいし、溶接、ボルト締結、溶着(熱溶着)等によって接合することにしてもよい。

0057

また、本実施の形態では、長側面当接部410は、容器本体311の長側面部311aに接合(固定)されていないが、長側面当接部410についても、容器本体311の長側面部311aに接合することにしてもよい。この場合、長側面当接部410は、長側面当接部410の全面に亘って、長側面部311aに接合(固定)されているのが好ましい。なお、長側面当接部410を長側面部311aに接合する手法としては、短側面当接部420及び430を短側面部311bに接合する手法と同様の手法を用いることができる。

0058

また、図6に示すように、エンドプレート400が蓄電素子300に取り付けられた後に、蓄電素子300及びエンドプレート400が第二外装体200内に収容される。つまり、第一蓄電素子301及び第二蓄電素子302に第一エンドプレート401及び第二エンドプレート402を取り付けてから、複数の第三蓄電素子303を挟み込み、第二外装体200内に挿入する。これにより、第一エンドプレート401及び第二エンドプレート402は、第一方向(X軸方向)において、第二外装体200の内面(短側壁230の内壁)に当接して配置されることとなる。このようにして、蓄電素子300及びエンドプレート400のX軸方向における移動が規制される。

0059

また、Y軸方向においては、長側壁220の内壁に設けられたリブ240が、蓄電素子300及びエンドプレート400に当接することで、蓄電素子300及びエンドプレート400の移動が規制される。なお、リブ240のうちのエンドプレート400に対向するリブ241は、エンドプレート400の大きさ(Y軸方向の長さ)に応じて、Y軸方向に短く形成されている。

0060

ここで、第一エンドプレート401の長側面当接部410を第一面当接部とも呼び、短側面当接部420を第二面当接部とも呼び、短側面当接部430を第三面当接部とも呼ぶこととする。つまり、第一エンドプレート401は、第一蓄電素子301の容器310(第一容器)の第一方向側の第一面(X軸方向プラス側の長側面部311aを含む側面)に当接する第一面当接部(長側面当接部410)を有している。また、第一エンドプレート401は、第一容器の第一面に隣接する第二面(Y軸方向プラス側の短側面部311bを含む側面)に当接する第二面当接部(短側面当接部420)を有している。また、第一エンドプレート401は、第一容器の第二面と対向する第三面(Y軸方向マイナス側の短側面部311bを含む側面)に当接する第三面当接部(短側面当接部430)を有している。

0061

また、第一面当接部は、第一方向から見て、第一面における、第一容器本体と第一蓋体との接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。また、第二面当接部は、Y軸方向プラス側から見て、第二面における接合部310aと重なる位置に当接して配置されており、第三面当接部は、Y軸方向マイナス側から見て、第三面における接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。また、第二面当接部は、第二面に接合されており、第三面当接部は、第三面に接合されている。

0062

同様に、第二エンドプレート402の長側面当接部410を第四面当接部とも呼び、短側面当接部420を第五面当接部とも呼び、短側面当接部430を第六面当接部とも呼ぶこととする。つまり、第二エンドプレート402は、第二蓄電素子302の容器310(第二容器)の第二方向側の第四面(X軸方向マイナス側の長側面部311aを含む側面)に当接する第四面当接部(長側面当接部410)を有している。また、第二エンドプレート402は、第二容器の第四面に隣接する第五面(Y軸方向マイナス側の短側面部311bを含む側面)に当接する第五面当接部(短側面当接部420)を有している。また、第二エンドプレート402は、第二容器の第五面と対向する第六面(Y軸方向プラス側の短側面部311bを含む側面)に当接する第六面当接部(短側面当接部430)を有している。

0063

また、第四面当接部は、第二方向から見て、第四面における、第二容器本体と第二蓋体との接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。また、第五面当接部は、Y軸方向マイナス側から見て、第五面における接合部310aと重なる位置に当接して配置されており、第六面当接部は、Y軸方向プラス側から見て、第六面における接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。また、第五面当接部は、第五面に接合されており、第六面当接部は、第六面に接合されている。

0064

[5 効果の説明]
以上のように、本発明の実施の形態に係る蓄電装置10によれば、第一エンドプレート401は、端部の第一蓄電素子301の第一容器の第一面に当接する第一面当接部と、第一容器の第二面に当接する第二面当接部と、第一容器の第三面に当接する第三面当接部とを有し、第二面当接部は、第二面に接合されている。つまり、第一容器が膨れる際に、第一面と、第一面及び第二面の接続部分と、第一面及び第三面の接続部分とに大きな応力がかかるため、第一エンドプレート401を第一容器の第一面、第二面及び第三面に当接させて、第一容器の隣接する3面を第一エンドプレート401で押え込む。これにより、第一容器が外側に膨れる(第一面が膨れる)のを抑制することができる。また、第一エンドプレート401の第二面当接部を第二面に接合することで、第二面当接部を第二面の変形に追従させることができるため、第一面が膨れようとする際に第二面が変形するのを抑制することができる。第一エンドプレート401の第三面当接部についても同様である。これにより、第一面が膨れるのをさらに抑制することができる。このように、蓄電素子300の容器310が膨れるのを抑制することができるため、蓄電素子300の容器310が損傷するのを抑制することができる。特に、蓄電素子300の容器310が膨れるのを抑制することができると、容器本体311と蓋体312との接合部310aにかかる応力を緩和することができるため、蓄電素子300の容器310において接合部310aが損傷するのを抑制することができる。

0065

また、第一容器には、第一容器本体と第一蓋体との接合部310aが形成されており、第一エンドプレート401の第一面当接部は、第一方向から見て、第一面における当該接合部310aと重なる位置に当接して配置されている。つまり、第一容器において、第一容器本体と第一蓋体との接合部310aは強度が比較的弱い箇所であるため、第一方向から見て、第一面における当該接合部310aと重なる位置に、第一エンドプレート401を当接して配置する。これにより、当該接合部310aを補強して当該接合部310aが損傷するのを抑制しつつ第一面を押さえることができるため、蓄電素子300の容器310が損傷するのをさらに抑制することができる。第二エンドプレート402についても同様である。

0066

また、蓄電装置10は、第二方向の端部の第二蓄電素子302の第二方向側に第二エンドプレート402を備え、第二エンドプレート402は、第二蓄電素子302の第二容器の第四面、第五面及び第六面に当接し、かつ、第五面に接合されている。つまり、蓄電装置10において、第一蓄電素子301とは反対側の端部の第二蓄電素子302においても、第一蓄電素子301と同様に、第二容器の第四面〜第六面に第二エンドプレート402を当接させ、かつ、第二エンドプレート402を第五面に接合する。これにより、第一エンドプレート401及び第二エンドプレート402で、配列された蓄電素子300を両側から挟み込みつつ両端部の蓄電素子300の3面を押え込むことができるため、両端部の蓄電素子300の容器310が外側に膨れる(第一面及び第四面が膨れる)のを抑制することができる。同様に、第二エンドプレート402は、第二容器の第六面にも接合されているため、両端部の蓄電素子300の容器310が外側に膨れるのをさらに抑制することができる。このように、2つのエンドプレート400で複数の蓄電素子300を挟み込んで、両端部の蓄電素子300の容器310が膨れるのを抑制することで、複数の蓄電素子300の容器310が膨れるのをバランスよく抑制することができるため、容器310が損傷するのを抑制することができる。

0067

また、第一エンドプレート401は、第一方向において、外装体11の内面に当接して配置されている。つまり、外装体11の内面に第一エンドプレート401を当接させることで、外装体11に対する第一エンドプレート401の移動を規制することができるため、第一エンドプレート401で第一容器の隣接する3面をしっかりと押え込むことができる。第二エンドプレート402についても同様である。これにより、蓄電素子300の容器310が膨れるのを抑制することができ、蓄電素子300の容器310が損傷するのを抑制することができる。

0068

[6 変形例の説明]
(変形例1)
次に、上記実施の形態の変形例1について、説明する。図7は、本実施の形態の変形例1に係るエンドプレート400aの構成を示す上面図である。具体的には、同図は、エンドプレート400aが蓄電素子300に取り付けられた構成を示す上面図である。

0069

同図に示すように、本変形例に係るエンドプレート400aは、上記実施の形態におけるエンドプレート400の構成に加えて、第一突出部420a及び430aを有している。第一突出部420aは、蓄電素子300の容器310のX軸方向マイナス側において、短側面当接部420から短側面当接部430に向けて延設された部位である。つまり、第一突出部420aは、短側面当接部420のX軸方向マイナス側の端部においてY軸方向マイナス側に向けて突出したリブである。また、第一突出部430aは、蓄電素子300の容器310のX軸方向マイナス側において、短側面当接部430から短側面当接部420に向けて延設された部位である。つまり、第一突出部430aは、短側面当接部430のX軸方向マイナス側の端部においてY軸方向プラス側に向けて突出したリブである。具体的には、第一突出部420a及び430aは、容器310の角部のR形状の部分に沿って配置されている。

0070

このように、本変形例においては、第一エンドプレートは、第一容器の第一方向とは反対側に、第二面当接部から第三面当接部に向けて延設された第一突出部420aと、第三面当接部から第二面当接部に向けて延設された第一突出部430aとを有している。同様に、第二エンドプレートは、第二容器の第二方向とは反対側に、第五面当接部から第六面当接部に向けて延設された第一突出部420aと、第六面当接部から第五面当接部に向けて延設された第一突出部430aとを有している。その他の構成については、上記実施の形態と同様であるため、詳細な説明は省略する。

0071

以上のように、本変形例に係る蓄電装置によれば、上記実施の形態と同様の効果を奏することができる。特に、本変形例では、エンドプレート400aが、容器310を第一方向で挟み込むことで、短側面部311bにしっかりと固定されるため、容器310の長側面部311aが膨れるのをさらに抑制することができ、容器310が損傷するのをさらに抑制することができる。また、第一突出部420a及び430aは、容器310の角部のR形状の部分に沿って配置されているため、X軸方向マイナス側への突出量を小さくすることができる。

0072

なお、本変形例では、第一突出部420a及び430aは、短側面当接部420及び430と一体に形成されているが、第一突出部420a及び430aは、短側面当接部420及び430と別体で構成されていてもよい。また、本変形例では、エンドプレート400aは、第一突出部420a及び430aの双方を有しているが、エンドプレート400aは、第一突出部420a及び430aのいずれか一方を有していない構成でもかまわない。

0073

(変形例2)
次に、上記実施の形態の変形例2について、説明する。図8は、本実施の形態の変形例2に係るエンドプレート400bの構成を示す上面図である。具体的には、同図は、図6に対応する図である。

0074

図8に示すように、本変形例に係るエンドプレート400bは、上記実施の形態におけるエンドプレート400の構成に加えて、第二突出部420b及び430bを有している。第二突出部420b及び430bは、外装体11の内面(第二外装体200の長側壁220の内壁)に向けて、短側面当接部420及び430から突出する突出部(リブ)である。ここで、第二突出部420b及び430bは、長側壁220の内壁と、当該内壁に設けられたリブ241とに当接(係合)することで、エンドプレート400bのX軸方向及びY軸方向への移動を規制する構成となっている。

0075

具体的には、本変形例における第一エンドプレート401bは、第二面当接部(短側面当接部420)のX軸方向マイナス側の端部において、第二外装体200のY軸方向プラス側の長側壁220の内壁に向けて突出する第二突出部420bを有している。また、第一エンドプレート401bは、第三面当接部(短側面当接部430)のX軸方向マイナス側の端部において、第二外装体200のY軸方向マイナス側の長側壁220の内壁に向けて突出する第二突出部430bを有している。

0076

同様に、第二エンドプレート402bは、第五面当接部(短側面当接部420)のX軸方向プラス側の端部において、第二外装体200のY軸方向マイナス側の長側壁220の内壁に向けて突出する第二突出部420bを有している。また、第二エンドプレート402bは、第六面当接部(短側面当接部430)のX軸方向プラス側の端部において、第二外装体200のY軸方向プラス側の長側壁220の内壁に向けて突出する第二突出部430bを有している。その他の構成については、上記実施の形態と同様であるため、詳細な説明は省略する。

0077

以上のように、本変形例に係る蓄電装置によれば、上記実施の形態と同様の効果を奏することができる。特に、本変形例では、エンドプレート400bの第二突出部420b及び430bが外装体11の内面に当接することで、外装体11に対するエンドプレート400bの移動を規制することができる。これにより、エンドプレート400bで容器310の隣接する3面をしっかりと押え込むことができるため、蓄電素子300の容器310が損傷するのを抑制することができる。

0078

なお、本変形例では、第二突出部420b及び430bは、短側面当接部420及び430と一体に形成されているが、第二突出部420b及び430bは、短側面当接部420及び430と別体で構成されていてもよい。また、本変形例では、エンドプレート400bは、第二突出部420b及び430bの双方を有しているが、エンドプレート400bは、第二突出部420b及び430bのいずれか一方を有していない構成でもかまわない。

0079

(変形例3)
次に、上記実施の形態の変形例3について、説明する。図9は、本実施の形態の変形例3に係るエンドプレート400cの構成を示す斜視図である。具体的には、同図は、図5に対応する図である。

0080

図9に示すように、本変形例に係るエンドプレート400cは、上記実施の形態におけるエンドプレート400の構成に加えて、蓋体当接部440を有している。蓋体当接部440は、蓄電素子300の蓋体312の表面(上面)に当接する部位である。具体的には、蓋体当接部440は、長側面当接部410の上端部(Z軸方向プラス側の端部)からX軸方向マイナス側に突出して配置された板状の部位であり、2つの蓋体当接部440がY軸方向に並んで配置されている。

0081

このように、本変形例においては、上記実施の形態における第一エンドプレート401及び第二エンドプレート402が、エンドプレート400cの構成を有している。その他の構成については、上記実施の形態と同様であるため、詳細な説明は省略する。

0082

なお、蓋体当接部440は、長側面当接部410と別体の部材であり、長側面当接部410と溶接、接着、ボルト締結、溶着(熱溶着)等で接合されていてもよいし、蓋体当接部440は、長側面当接部410と一体に形成されていてもよい。また、蓋体当接部440は、蓋体312の表面(上面)に、接着剤や両面テープ等による接着、溶接、ボルト締結、溶着(熱溶着)等によって固定(接合)されていてもよい。

0083

また、蓋体当接部440は、X軸方向においては、蓋体312の長さ(幅)の半分以上に亘って、蓋体312に当接するのが好ましい。本変形例では、蓋体当接部440は、X軸方向において、蓋体312の長さのほぼ全長に亘って蓋体312に当接する。また、蓋体当接部440は、Y軸方向においては、2つの電極端子320及びガス排出弁312aには当接しないように、蓋体312のうちのこれらとは異なる位置に当接するのが好ましい。具体的には、蓋体当接部440は、Y軸方向において、2つの電極端子320及びガス排出弁312aとは異なる位置における合計長さの半分以上に当接するのが好ましい。本変形例では、正極の電極端子320側の蓋体当接部440が、Y軸方向において、正極の電極端子320とガス排出弁312aとの間のほぼ全長に亘って蓋体312に当接する。また、負極の電極端子320側の蓋体当接部440が、Y軸方向において、負極の電極端子320とガス排出弁312aとの間のほぼ全長に亘って蓋体312に当接する。

0084

以上のように、本変形例に係る蓄電装置によれば、上記実施の形態と同様の効果を奏することができる。特に、本変形例では、蓋体当接部440が、容器310の蓋体312の表面に当接するため、容器310が膨れるのをさらに抑制し、容器310が損傷するのをさらに抑制することができる。

0085

(その他の変形例)
以上、本発明の実施の形態及びその変形例に係る蓄電装置について説明したが、本発明は、上記実施の形態及びその変形例に限定されるものではない。つまり、今回開示された実施の形態及びその変形例は全ての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなく特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味及び範囲内での全ての変更が含まれることが意図される。

0086

例えば、上記実施の形態及びその変形例では、第一エンドプレート及び第二エンドプレートの双方が上記の構成を有していることとしたが、第一エンドプレート及び第二エンドプレートのいずれか一方のみが上記の構成を有していることにしてもよい。

0087

また、上記実施の形態及びその変形例では、第一エンドプレート及び第二エンドプレートの間に、第一蓄電素子301、第二蓄電素子302及び第三蓄電素子303が配置されることとした。しかし、第一エンドプレート及び第二エンドプレートの間には、第三蓄電素子303は配置されず、第一蓄電素子301及び第二蓄電素子302の2つの蓄電素子300が配置されることにしてもよい。また、第一エンドプレート及び第二エンドプレートの間には、第一蓄電素子301または第二蓄電素子302の1つの蓄電素子300しか配置されないことにしてもよい。

0088

また、上記実施の形態及びその変形例では、蓄電素子300は、容器310の側面(X軸方向両側及びY軸方向両側の面)に、容器本体311と蓋体312との接合部310aを有していることとした。しかし、蓄電素子300は、容器310の上面(Z軸方向プラス側の面)に接合部310aを有していることにしてもよい。例えば、蓋体312を容器本体311の上部の開口部に嵌め込んで上方から溶接を行う場合などに、容器310の上面に接合部310aが形成される。この場合でも、エンドプレートを、側方から見て、容器310の側面における接合部310aと重なる位置に当接して配置することで、エンドプレートが接合部310aの近傍に配置されることとなるため、上記実施の形態と同様に、接合部310aを補強して容器310が損傷するのを抑制することができる。

0089

また、上記実施の形態及びその変形例では、エンドプレートの短側面当接部420及び430の双方が、容器310の短側面部311bに接合(固定)されていることとした。しかし、短側面当接部420及び430のいずれか一方は、短側面部311bに接合(固定)されていないことにしてもよい。

0090

また、上記実施の形態及びその変形例では、エンドプレートは、第二外装体200の内面に直接当接していることとした。しかし、エンドプレートは、第二外装体200の内面に、スペーサ等の他の部材を介して間接的に当接していることにしてもよい。また、第二外装体200の短側壁230の内面に、長側壁220のリブ240と同様のリブを設け、エンドプレートは、第二外装体200の内面に、このリブを介して間接的に当接していることにしてもよい。

0091

また、上記実施の形態及びその変形例では、蓄電素子300の電極体340は、正極板と負極板とセパレータとが巻回されて形成された巻回型形状であることとしたが、電極体340は、平板状極板を積層した積層型形状や、長尺の平板状極板を折り畳んだ蛇腹状の形状であることにしてもよい。また、電極体340の個数も限定されない。

0092

また、上記実施の形態及びその変形例では、蓄電素子300は、金属製等の容器310を有していることとしたが、この容器310に代えて、ラミネート容器を有していることにしてもよい。この場合でも、ラミネート容器が膨れて損傷するのを抑制することができる。

0093

また、上記実施の形態及びその変形例に含まれる構成要素を任意に組み合わせて構築される形態も、本発明の範囲内に含まれる。

0094

また、本発明は、このような蓄電装置として実現することができるだけでなく、当該蓄電装置が備えるエンドプレート(第一エンドプレート及び第二エンドプレート)としても実現することができる。

0095

本発明は、リチウムイオン二次電池などの蓄電素子を備えた蓄電装置等に適用できる。

0096

10蓄電装置
11外装体
200 第二外装体
300蓄電素子
301 第一蓄電素子
302 第二蓄電素子
310容器
310a接合部
311 容器本体
311a 長側面部
311b 短側面部
400、400a、400b、400cエンドプレート
401、401b 第一エンドプレート
402、402b 第二エンドプレート
410 長側面当接部
420、430 短側面当接部
420a、430a 第一突出部
420b、430b 第二突出部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社豊田自動織機の「 炭素被覆Al含有シリコン材料」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】優れた性能の二次電池を提供するための、新たなシリコン材料を提供する。【解決手段】 Al質量%(WAl%)が0<WAl<1を満足し、Si質量%(WSi%)が60≦WSi≦90を満足するAl含有... 詳細

  • 株式会社豊田自動織機の「 蓄電モジュール」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】蓄電セルに対するフレキシブルプリント基板との位置を適切に固定でき、且つ、製造コストを抑制できる蓄電モジュールを提供する。【解決手段】蓄電モジュールは、安全弁11cをそれぞれ有し、配列された複数... 詳細

  • 第一工業製薬株式会社の「 電池ホルダおよび電池パック」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】 良好な品質の電池パックを効率的に製造することが可能な電池ホルダ、並びに、これを用いた電池パックを提供する。【解決手段】 電池ホルダ10は、内部にリチウムイオン電池20などの電池を収納する... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ