図面 (/)

技術 熱交換器の汚れの評価方法。

出願人 酒井昭二
発明者 酒井昭二
出願日 2017年10月24日 (3年4ヶ月経過) 出願番号 2017-205398
公開日 2019年5月23日 (1年9ヶ月経過) 公開番号 2019-078456
状態 未査定
技術分野 ラジエータ、流路群をもつ熱交換装置 一般的な熱交換又は熱伝達装置の細部5
主要キーワード 機器形状 境膜係数 継時変化 汚れ係数 温度関数 汚れ抵抗 境膜伝熱係数 熱伝導抵抗
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

汚れ易い熱交換器の性能を管理するためには、総括伝熱係数(U値)の推移を観察することが一般的になされているが、より直観的に理解のしやすい経時的に変化する汚れ係数を算出し評価管理する方法を提供する。

解決手段

定常的に運転されている熱交換器は汚れの発生によってその温度条件が変化するが、U値を構成する管内外境膜伝熱係数温度係数を用いて汚れ係数を計算し、経時的な汚れ係数の推移とその増加速度によって、その熱交換器の汚れを評価管理する。

概要

背景

いわゆるシェルアンドチューブ(胴&管:多管円筒式)型熱交換器は、工業的分野の熱回収に非常に役立っているが、運転中に管内壁外壁汚れ堆積するため、その性能が低下することが多い。

この性能の低下は総括伝熱係数U値の低下で評価されるのが一般的であり、汚れの発生し易い熱交換器運転管理データとして、数時間あるいは日毎に計算され管理されている。

このU値は両流体出入口温度と質量流量から、(式1)のように計算することが出来、運転中に計算された熱交換器のU値の経時的低下は汚れの増加と理解される。

概要

汚れ易い熱交換器の性能を管理するためには、総括伝熱係数(U値)の推移を観察することが一般的になされているが、より直観的に理解のしやすい経時的に変化する汚れ係数を算出し評価管理する方法を提供する。定常的に運転されている熱交換器は汚れの発生によってその温度条件が変化するが、U値を構成する管内外境膜伝熱係数温度係数を用いて汚れ係数を計算し、経時的な汚れ係数の推移とその増加速度によって、その熱交換器の汚れを評価管理する。

目的

熱交換器の汚れによる性能低下を評価する手段として、運転データからUa値を計算しその推移を計測し、経時変化を評価するのに変えて、より直接的で制度の高い汚れ係数の増加の計算方法とその増加速度を計算する方法を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

運転中の熱交換器汚れの程度を評価するに当たって、運転中の出入口温度と流量測定データと、あらかじめ用意した管内外境膜係数の温度相関式から汚れ係数を算出し、経時的な汚れ係数の推移とその増加速度によって熱交換器の汚れを評価管理する方法。

請求項2

管内外の境膜伝熱係数の相関式を計算するに当たって、熱交換器の設計ソフトを用いる請求項1記載の熱交換器の汚れを評価管理する方法。

技術分野

0001

本発明は熱交換器運転中にその性能を低下する汚れ評価方法に関し、さら詳しくは性能低下の指標としてのU値の変化に変えて、より直感的に理解し易い汚れ係数とその増加速度によって評価管理する方法に関する。

背景技術

0002

いわゆるシェルアンドチューブ(胴&管:多管円筒式)型熱交換器は、工業的分野の熱回収に非常に役立っているが、運転中に管内壁外壁に汚れが堆積するため、その性能が低下することが多い。

0003

この性能の低下は総括伝熱係数U値の低下で評価されるのが一般的であり、汚れの発生し易い熱交換器の運転管理データとして、数時間あるいは日毎に計算され管理されている。

0004

このU値は両流体出入口温度と質量流量から、(式1)のように計算することが出来、運転中に計算された熱交換器のU値の経時的低下は汚れの増加と理解される。

式1

0005

Q=ms×cs×δTs=mt×ct×δTt=Ua×A×δTm ———(式1)
ここで、Q:交換熱量、ms、cs、mt、ct、δTs、δTt:胴、管の質量流量とその比熱および出入口温度差
Ua:実総括伝熱係数、A:交換器伝熱面積、δTm:両流体出入口の対数平均温度差

0006

一方熱交換器の汚れは多種多様で、両流体に含まれる分散成分溶解成分管壁沈着するとされているが、化学工場で運転されている熱交換器では、流体の有機成分の化学反応によって生じる場合も多く、化学反応汚れとして分類される。

0007

この汚れを除去して熱交換器の性能を回復するためには、汚れ成分薬剤等によって定期的に洗浄することがなされているが、ついには分解し洗浄後、再組立てをすることもあり、運転コストの増大につながる。

0008

したがって、熱交換器の汚れの経時的変化を評価することは、熱交換プロセスの改善や洗浄等のメンテナンス作業予測にとって重要な評価項目である。

0009

この汚れは伝熱抵抗そのものであり、(式1)から計算される洗浄直後の清浄なUac値と運転経過後の汚れの進んだUadの値から、(式2)のような総括伝熱抵抗の差として表すことが出来る。

式2

0010

Rf=1/Uad−1/Uac ————(式2)
ここでRfは一定経時後の汚れ係数で、2つの総括伝熱抵抗の差として表現される。

0011

しかし(式1)から計算したRfはUacの値にバラツキがあるため、汚れの小さい場合にはRfが負の値をとることもあり、汚れの進んだ条件下では、汚れの進行によって流体の温度条件が変化するため、精度が劣るという欠点を持っている。

0012

一方総括伝熱抵抗1/Uaは、管内外境膜伝熱抵抗と伝熱管の伝熱抵抗と内外の汚れ抵抗の和として、(式3)のようにあらわされ、さらに境膜伝熱係数理論的に、機器形状プロセス条件によって変わるレイノルズ数プラントル数関数として、計算される。

式3、4

0013

1/Ua=1/ho+Rfo+t/x+1/hi+Rfi ————(式3)
Rf=(Rfi+Rfo)=1/Ua −(1/ho+t/x+1/hi) ————(式4)
ここで、ho、hi:胴側と管側の境膜伝熱係数、Rf=(Rfo+Rfi):汚れ係数(外側と内側の汚れ係数)、t/k:は管厚みの伝熱抵抗で、tは厚み、kは管材料伝熱係数である。

0014

(式3)の右辺の1/ho+Foと1/hi+Fiは管外側と管内側の伝熱抵抗であり、洗浄後運転開始された清浄な熱交換器の汚れ係数は、境膜抵抗に比べて非常に小さいが、汚れが進行すると境膜抵抗の数倍に達し、伝熱量を大きく低下させ、不経済洗浄作業を余儀なくさせられる。

0015

境膜伝熱係数hiとhoとt/xが判れば、機器形状因子とプロセス条件で決定される、汚れ係数がゼロのクリーンな条件でのUacが計算できる。

0016

ここでそのho、hiの理論式の詳細について述べることは本発明の目的ではないので省略するが、熱交換器の設計ソフト、例えばHTIRを用いれば、熱交換器の形状因子、流体の物性、温度・流速条件を入力することで、hiとhoを計算し、熱交換器の性能を評価してくれる。

0017

熱交換器の定常運転は、一定流量で定常運転がなされており、この状態でのho、hiの温度変化の関数形が判れば、汚れ係数が大きくなった時のUa値から、より精度の高いRf値を(式3)を用いて計算できる。

0018

具体的には、熱交換器の設計ソフトの現実運転結果評定計算で得られたho、hiの温度の近似式から、運転条件平均値の温度条件下でのho、hiを求め、この逆数に管の伝熱抵抗を加えた値を総括伝熱抵抗1/Uaから引き算して、(式4)のRfが求められ、その増加速度dRf/dが求められる。

0019

全体のRfの継時変化を小さくすることが目的であるが、汚れの抑制を検討する、あるいは洗浄の方法を決定するにあたり、管内外の汚れ(RfoとRfi)の分配を知ることも非常に重要である。

0020

例えば、管側の汚れが主体である場合、薬剤等による洗浄作業は管側のみで良いであろうし、管側と胴側の流体を入れ替えるような汚れ抑制方法も考えることが出来る。

0021

本発明の方法は、Rfが管の内外のどちら側により多く起こるかを調べられるものではないが、汚れの分配を調査するプラント実験(例えば片側のみを洗浄する)などの評価には有効であろう。

先行技術

0022

Proceedings of International Conference on Heat Exchanger Fouling and Cleaning - 2015 (Peer-reviewed)
June 07 - 12, 2015, Enfield (Dublin), Ireland
Editors: M.R. Malayeri, H. Muller-Steinhagen and A.P. Watkinson
FOULING MONITORING IN POWERPLANT
Akiya Kuboyama , Takuya Kuwahara , Mitsutaka Nakamura and Shigeo Iwahashi
Mitsubishi Chemical Corporation, 3-10, Ushiodori, Kurashiki, Okayama, 712-8054, Japan

発明が解決しようとする課題

0023

熱交換器の汚れによる性能低下を評価する手段として、運転データからUa値を計算しその推移計測し、経時変化を評価するのに変えて、より直接的で制度の高い汚れ係数の増加の計算方法とその増加速度を計算する方法を提供する。

課題を解決するための手段

0024

熱交換器の汚れ係数を運転データから計算するにあたり、あらかじめ当該熱交換器の両側境膜伝熱係数の温度関数を求め、この境膜伝熱抵抗と管厚みの伝熱抵抗を、汚れの起こっている総括伝熱抵抗から差し引くことにより、汚れ抵抗を算出・評価することで、汚れ量とその増加速度を明確に把握する方法。

図面の簡単な説明

0025

熱交換器設計ソフトから計算した当該熱交換器の境膜伝熱係数と流体温度の関係の例
運転経過中のUa値の低下と汚れ係数に換算したRfの経時変化の例

0026

以下本発明の形態を示し、実施例によって本発明の測定法を説明する。

0027

外径が27.2mmで長さ5mのTube564本で、4パスの伝熱管を持ち、胴内径1000mmで黒図パスが12となるバッフルを持つBEM型熱交換器であって、この交換器が2基毎に出入口温度が測定されるシステムを持ったNo1とNo2ユニットから構成されている合計4基からなる熱交換システムである。

0028

このシステムのNo1ユニットの胴側に55℃程度の低温流体(OilA)を90ton/hrで、No2ユニットの管側に120℃程度の高温流体(OilB)を86ton/hrで向流運転され、ユニット毎の出入口温度が測定されている。

0029

このシステムの洗浄をした直後の運転におけるNo1ユニットの胴側(OilA)の入出口温度は56.8℃と81.28℃、管側(OilB)の入出口温度は96.94℃と72.91℃であり、(式1)にこの値を入れて計算したUa値は118.8kcal/m2-hr-℃であった。

0030

同様にNo2ユニットのそれぞれの温度は、胴側81.28℃と105.32℃、管側121.03℃と96.94℃であり、この時のUa値は122.3と計算された。

0031

上記のデータをもとに、熱交換器設計ソフト(HTRI)を用いて評定(Rating)を行い、その計算結果から胴側と管側の境膜伝熱係数と温度の関係を抽出し、図式化したのが図1である。

0032

図1の4つの近似式は低温側から、No1、No2ユニットの胴側と管側の流体温度と境膜係数の関数形であり、熱交換器形状と流体プロセスによって確定されるものであり、式3に適用されるものである。

0033

さらに詳しくは、ユニットの入出口平均温度に対応する内外境膜係数を近似式から求め、式4を用いてRf
を求めることが出来る。

0034

式4の管壁の熱伝導抵抗t/xは金属管の場合非常に小さく、かつ温度変化も少な区無視できるが、この事例では0.00005m2-hr-℃/kcalと固定値を与えている。

0035

洗浄後のNo1、No2ユニットは運転を継続され、汚れによって熱交換器の性能が低下し。増加し両流体の温度も変化するが、この54日間の経時変化の実測値を図2に示した。

0036

図2中、Ua値は曲線的に低下するのに対し、本発明の汚れ係数Rfはほぼ直線的に増加しており、汚れの進行が明確に理解できる。

実施例

0037

図2左下部に示したように、運転初期のRfの増加量は14日間で0.01019であり、その増加速度は0.0051 (m2-hr-℃/kcal )/weekと表すことが出来、将来の汚れ係数を予測すると同時に、汚れ低減のための何らかの対策の効果もこの速度で表現することが出来る。

0038

以上のように、本発明の汚れ評価方法によれば、より直感的な汚れの増加とその速度を評価計算することが可能であり、汚れの予測管理や低減対策の手法として有用である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 熱交換器、冷凍サイクル装置および空気調和装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】この発明に係る熱交換器は、流体が通過する管内面に、管軸方向に対して螺旋状の凹部となる溝を有する伝熱管と、伝熱管と接触して流体の熱交換を促すフィンとを有する熱交換器本体を備え、流体が熱... 詳細

  • 株式会社フジクラの「 扁平型ヒートパイプ」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】扁平型ヒートパイプは、作動流体が封入された長尺状のコンテナと、前記コンテナ内に配置されたウイック構造と、を備える。前記ウイック構造は、銅合金製の複数本のファイバーによって形成されてい... 詳細

  • 国立大学法人名古屋大学の「 熱交換器、冷凍機および焼結体」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題・解決手段】熱交換器18は、低温の液体ヘリウムが流れる低温側流路32と、高温の液体ヘリウムが流れる高温側流路30と、高温側流路30から低温側流路32へ熱を伝導する熱伝導部36と、を備える。熱伝導... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ