図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

カルボン酸、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを含む組成物の提供。

解決手段

オキシモルホン(4,5−α−エポキシ−3,14−ジヒドロキシ−17−メチルモルフィナン−6−オン)に化学結合された、ベンゾエートサリチレートプロピオネート、フェナメート、及びアセテートを含むアリールカルボン酸、及び例えばNSAIDを含む組成物。該組成物はオキシモルホンの乱用可能性を低減する。患者治療法医薬キット及び該結合体合成法も提供する。

概要

背景

[0003]オピオイド鎮痛薬として効果が高く、急性及び慢性疼痛治療のために一般的に処方されている。それらは鎮咳薬としても一般的に使用されている。しかしながら、オピオイドは陶酔感も生じるため、高度の依存症に陥る可能性がある。その結果、それらはしばしば乱用され、広範囲にわたる社会的及び健康関連の影響がある。

[0004]本来的な乱用可能性のために、オピオイドアゴニストを含有するあらゆる医薬組成物は、できるだけ乱用抵抗性又は乱用抑止性を持つように製造されるのが望ましい。違法使用者は、例えば、オピオイドアゴニストの即時放出を達成するために、従来の剤形製品を注射又はさもなければ誤用もしくは不正変更することにより、そのようなオピオイド剤形/製品の持続放出性を巧みに回避しようと試みることが多い。

[0005]それらの依存性及び乱用可能性にもかかわらず、モルヒネ様薬物、特に、コデインヒドロコドンオキシコドン及びオキシモルホンは、ここ数十年間、中等度重度の急性及び慢性疼痛の治療薬として日常的に処方されてきた。その理由の一部は、例えば、効き目の弱い非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)又は重度の疼痛を治療するには通常不適切アセトアミノフェンなどの中枢性鎮痛薬以外に、重度の疼痛を治療し、精神作用効果を生じない代替療法が現在ないためである。そこで、乱用可能性を低減することが求められているが、これまでのところ、従来の取組みは、残念ながら乱用抑止の課題を解決するに至っていない。

[0006]オキシモルホンは、ケシから採れるテバインから合成される半合成オピオイドである。これは麻薬性鎮痛薬で、一般的に、中等度〜中重度の急性又は慢性疼痛の管理に使用が適応される。しかしながら、オキシモルホンのようなオピオイド鎮痛薬疼痛緩和のために服用している患者は、意図せずして、例えば肉体的に依存症になる可能性がある。オピオイドに対する耐性が生じると、初期には処方用量で達成されていた疼痛の緩和と健康感(sense of wellbeing)発現のために、より多くの薬物を必要とするようになる。これは用量増加をもたらし、チェックされないまま放置されると、急速に依存を招きかねない。患者がわずか約30日間で大変な依存症になったケースもある。そこで、疼痛管理を行う医学界内部には、中等度〜中重度の疼痛に対して疼痛緩和を提供し続ける乱用抵抗性又は乱用抑止性のオピオイド製品、例えば乱用抵抗性又は乱用抑止性オキシモルホン剤形及び/又は製品に対する継続的な需要及び望が存在する。

概要

カルボン酸、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを含む組成物の提供。オキシモルホン(4,5−α−エポキシ−3,14−ジヒドロキシ−17−メチルモルフィナン−6−オン)に化学結合された、ベンゾエートサリチレートプロピオネート、フェナメート、及びアセテートを含むアリールカルボン酸、及び例えばNSAIDを含む組成物。該組成物はオキシモルホンの乱用可能性を低減する。患者の治療法医薬キット及び該結合体合成法も提供する。なし

目的

本技術はまた、静脈内(“シューティング(shooting)”)注射及び鼻腔内投与(“スノーティング(snorting)”)のような迂回ルートによる乱用に対する抵抗性を持たせながら、経口投与後にオキシモルホンを放出する結合体としてオキシモルホンを送達する一つ又は複数の方法も提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも一つのカルボン酸、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを含む組成物

請求項2

カルボン酸がアリールカルボン酸である、請求項1に記載の組成物。

請求項3

少なくとも一つのアリールカルボン酸が、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されているか;又は少なくとも二つの独立に選ばれるアリールカルボン酸がオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−6エノール互変異性体とC−14ヒドロキシル基、又はオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−14ヒドロキシル基の両方に結合されているか;又は少なくとも三つの独立に選ばれるアリールカルボン酸がオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、C−6エノール互変異性体及びC−14ヒドロキシル基に結合されている、請求項2に記載の組成物。

請求項4

アリールカルボン酸が、下記構造:[式中、X、Y及びZは、本質的に、H、O、S、NH及び−(CH2)x−からなる群から独立に選ばれ;R1、R2及びR3は、本質的に、H、アルキルアルコキシアリールアルケニルアルキニルハロハロアルキルアルキルアリールアリールアルキルヘテロサイクルアリールアルコキシシクロアルキルシクロアルケニル及びシクロアルキニルからなる群から独立に選ばれ;o、p、qは約0又は約1から独立に選ばれ;そしてxは、約1〜約10の間の整数である]を有するベンゾエートである、請求項3に記載の組成物。

請求項5

アリールカルボン酸が、本質的に、アミノベンゾエートアントラニル酸類似体、フェナメート、ヒドロキシベンゾエートアミノヒドロキシベンゾエート、サリチル酸類似体、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれる、請求項3に記載の組成物。

請求項6

前記アリールカルボン酸が、本質的に、安息香酸サリチル酸アセチルサリチル酸アスピリン)、3−ヒドロキシ安息香酸、4−ヒドロキシ安息香酸、6−メチルサリチル酸、o,m,p−クレソチン酸、アナカルジン酸類、4,5−ジメチルサリチル酸、o,m,p−チモト酸、ジフルシナル、o,m,p−アニス酸、2,3−ジヒドロキシ安息香酸(2,3−DHB)、α,β,γ−レゾルシン酸プロトカテク酸ゲンチジン酸、ピペロニル酸、3−メトキシサリチル酸、4−メトキシサリチル酸、5−メトキシサリチル酸、6−メトキシサリチル酸、3−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、4−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、5−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、バニリン酸イソバニリン酸、5−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸、2,3−ジメトキシ安息香酸、2,4−ジメトキシ安息香酸、2,5−ジメトキシ安息香酸、2,6−ジメトキシ安息香酸、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)、3,5−ジメトキシ安息香酸、没食子酸、2,3,4−トリヒドロキシ安息香酸、2,3,6−トリヒドロキシ安息香酸、2,4,5−トリヒドロキシ安息香酸、3−O−メチル没食子酸(3−OMGA)、4−O−メチル没食子酸(4−OMGA)、3,4−O−ジメチル没食子酸、シリング酸、3,4,5−トリメトキシ安息香酸、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれる、請求項3に記載の組成物。

請求項7

前記アリールカルボン酸が、4−アミノサリチル酸、3−ヒドロキシアントラニル酸、3−メトキシアントラニル酸、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるアミノヒドロキシベンゾエートである、請求項3に記載の組成物。

請求項8

前記アリールカルボン酸が、アントラニル酸、3−アミノ安息香酸、4,5−ジメチルアントラニル酸、N−メチルアントラニル酸、N−アセチルアントラニル酸、フェナム酸類(例えば、トルフェナム酸メフェナム酸フルフェナム酸)、2,4−ジアミノ安息香酸(2,4−DABA)、2−アセチルアミノ−4−アミノ安息香酸、4−アセチルアミノ−2−アミノ安息香酸、2,4−ジアセチルアミノ安息香酸、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるアミノベンゾエートである、請求項3に記載の組成物。

請求項9

前記アリールカルボン酸が、サリチル酸、アセチルサリチル酸(アスピリン)、3−ヒドロキシ安息香酸、4−ヒドロキシ安息香酸、6−メチルサリチル酸、o,m,p−クレソチン酸、アナカルジン酸類、4,5−ジメチルサリチル酸、o,m,p−チモト酸、ジフルシナル、o,m,p−アニス酸、2,3−ジヒドロキシ安息香酸(2,3−DHB)、α,β,γ−レゾルシン酸、プロトカテク酸、ゲンチジン酸、ピペロニル酸、3−メトキシサリチル酸、4−メトキシサリチル酸、5−メトキシサリチル酸、6−メトキシサリチル酸、3−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、4−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、5−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、バニリン酸、イソバニリン酸、5−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸、2,3−ジメトキシ安息香酸、2,4−ジメトキシ安息香酸、2,5−ジメトキシ安息香酸、2,6−ジメトキシ安息香酸、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)、3,5−ジメトキシ安息香酸、没食子酸、2,3,4−トリヒドロキシ安息香酸、2,3,6−トリヒドロキシ安息香酸、2,4,5−トリヒドロキシ安息香酸、3−O−メチル没食子酸(3−OMGA)、4−O−メチル没食子酸(4−OMGA)、3,4−O−ジメチル没食子酸、シリング酸、3,4,5−トリメトキシ安息香酸、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるヒドロキシベンゾエートである、請求項3に記載の組成物。

請求項10

前記アリールカルボン酸が、下記構造:[式中、X、Y及びZは、本質的に、H、O、S、NH及び−(CH2)x−からなる群から独立に選ばれ;R1、R2及びR3は、本質的に、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル及びシクロアルキニルからなる群から独立に選ばれ;o、p、qは、約0又は約1から独立に選ばれ;そしてxは、約1〜約10の整数である]の一つを有するヘテロアリールカルボン酸である、請求項3に記載の組成物。

請求項11

前記アリールカルボン酸が、本質的に、ニコチン酸ナイアシン)、イソニコチン酸ピコリン酸、3−ヒドロキシピコリン酸、6−ヒドロキシニコチン酸シトラジン酸、2,6−ジヒドロキシニコチン酸、キヌレン酸キサンツレン酸、6−ヒドロキシキヌレン酸、8−メトキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロ−7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれるヘテロアリールカルボン酸である、請求項3に記載の組成物。

請求項12

前記アリールカルボン酸が、下記構造:[式中、X、Y及びZは、本質的に、H、O、S、NH及び−(CH2)x−からなる群から独立に選ばれ;R1、R2及びR3は、本質的に、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル及びシクロアルキニルからなる群から独立に選ばれ;o、p、qは約0又は約1から独立に選ばれ;xは、約1〜約10の整数であり;Alkはアルキル鎖−(CH2)n−で、nは約0又は約1のいずれかであり;そしてR6は、H、OH又はカルボニルでありうる]を有するフェニルアセテートの誘導体である、請求項3に記載の組成物。

請求項13

前記アリールカルボン酸が、本質的に、フェニルプロピオン酸、2−メチル−2−フェニル酢酸非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、プロフェンチロシン代謝産物、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれる、請求項3に記載の組成物。

請求項14

前記アリールカルボン酸が、本質的に、フェニル酢酸(ヒドロアトロパ酸)、2−ヒドロキシフェニル酢酸、3−ヒドロキシフェニル酢酸、4−ヒドロキシフェニル酢酸、ホモプロトカテク酸、ホモゲンチジン酸、2,6−ジヒドロキシフェニル酢酸ホモバニリン酸、ホモイソバニリン酸、ホモベラトルム酸、アトロパ酸、d,l−トロパ酸ジクロフェナク、d,l−マンデル酸、3,4−ジヒドロキシ−d,l−マンデル酸、バニリル−d,l−マンデル酸、イソバニリル−d,l−マンデル酸、イブプロフェンフェノプロフェンカルプロフェンフルルビプロフェンケトプロフェンナプロキセン、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれる、請求項3に記載の組成物。

請求項15

前記アリールカルボン酸が、下記構造:[式中、X、Y及びZは、本質的に、H、O、S、NH及び−(CH2)x−からなる群から独立に選ばれ;R1、R2及びR3は、本質的に、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル及びシクロアルキニルからなる群から独立に選ばれ;R4は、H又はOHであり; R5は、H、OH又はカルボニルであり; o、p、qは約0又は約1から独立に選ばれ;そしてxは約1〜約10の整数である]の一つを有する桂皮酸又はフェニルプロピオン酸の類似体である、請求項3に記載の組成物。

請求項16

前記アリールカルボン酸が、桂皮酸、o,m,p−クマル酸、2,3−ジヒドロキシ桂皮酸、2,6−ジヒドロキシ桂皮酸、コーヒー酸フェルラ酸イソフェルラ酸、5−ヒドロキシフェルラ酸、シナピン酸、2−ヒドロキシ−3−フェニルプロペン酸、又はそれらの誘導体である、請求項3に記載の組成物。

請求項17

前記アリールカルボン酸がフェニルプロピオン酸又はその置換誘導体である、請求項3に記載の組成物。

請求項18

前記アリールカルボン酸が、フェニルプロピオン酸、メリロート酸、3−ヒドロキシフェニルプロパン酸、4−ヒドロキシフェニルプロパン酸、2,3−ジヒドロキシフェニルプロパン酸、d,l−フェニル乳酸、o,m,p−ヒドロキシ−d,l−フェニル乳酸、フェニルピルビン酸、又はそれらの誘導体である、請求項3に記載の組成物。

請求項19

前記アリールカルボン酸が、フェニル酢酸(ヒドロアトロパ酸)、2−ヒドロキシフェニル酢酸、3−ヒドロキシフェニル酢酸、4−ヒドロキシフェニル酢酸、ホモプロトカテク酸、ホモゲンチジン酸、2,6−ジヒドロキシフェニル酢酸、ホモバニリン酸、ホモイソバニリン酸、ホモベラトルム酸、アトロパ酸、d,l−トロパ酸、ジクロフェナク、d,l−マンデル酸、3,4−ジヒドロキシ−d,l−マンデル酸、バニリル−d,l−マンデル酸、イソバニリル−d,l−マンデル酸、イブプロフェン、フェノプロフェン、カルプロフェン、フルルビプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、又はそれらの誘導体である、請求項3に記載の組成物。

請求項20

オキシモルホンのC−6エノール互変異性体に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分の環炭素に共有結合されたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項21

オキシモルホンのC−6エノール互変異性体に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約1個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項22

オキシモルホンのC−6エノール互変異性体に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約2個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項23

オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分の環炭素に共有結合されたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項24

オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約1個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項25

オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約2個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項26

オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分の環炭素に共有結合されたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項27

オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約1個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項28

オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基に共有結合されているアリールカルボン酸が、アリール部分から約2個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項29

アリールカルボン酸の少なくとも一つが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はそれらの組合せに共有結合され、そしてアリール部分の環炭素に共有結合されたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項30

アリールカルボン酸の少なくとも一つが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はそれらの組合せに共有結合され、そしてアリール部分から1個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項31

アリールカルボン酸の少なくとも一つが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はそれらの組合せに共有結合され、そしてアリール部分から約2個の炭素によって隔てられたカルボキシル基を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項32

組成物が、錠剤カプセルカプレット軟質ゲル坐剤トローチロゼンジ、経口散剤溶液経口フィルム薄片スラリー、及び懸濁液からなる群から選ばれる剤形である、請求項3に記載の組成物。

請求項33

治療上有効量の少なくとも一つの結合体を含有する包装された特定量の個別用量を含む医薬キットであって、前記結合体は少なくとも一つのオキシモルホンと少なくとも一つのアリールカルボン酸とを含む医薬キット。

請求項34

少なくとも一つのNSAID、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを含む組成物。

請求項35

少なくとも一つのNSAIDが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されているか;又は少なくとも二つの独立に選ばれるNSAIDsがオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−6エノール互変異性体とC−14ヒドロキシル基、又はオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−14ヒドロキシル基の両方に結合されているか;又は少なくとも三つの独立に選ばれるNSAIDsがオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、C−6エノール互変異性体及びC−14ヒドロキシル基に結合されている、請求項34に記載の組成物。

請求項36

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、アスピリン、ジフルシナル、サリチレート、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるサリチレートである、請求項34に記載の組成物。

請求項37

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、イブプロフェン、デクスイブプロフェン、ナプロキセン、フェノプロフェン、ケトプロフェン、デクスケトプロフェン、フルルビプロフェン、オキサプロジンロキソプロフェン、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるプロピオネートである、請求項34に記載の組成物。

請求項38

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、インドメタシントルメチンスリンダクエトドラクケトロラク、ジクロフェナク、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるアセテートである、請求項34に記載の組成物。

請求項39

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、ピロキシカムメロキシカムテノキシカムロルノキシカム、イソキシカム、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるオキシカムである、請求項34に記載の組成物。

請求項40

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、メフェナム酸、メクロフェナム酸、フルフェナム酸、トルフェナム酸、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるフェナメートである、請求項34に記載の組成物。

請求項41

少なくとも一つのNSAIDが、本質的に、セレコキシブバルデコキシブルミラコキシブ、及びそれらの誘導体からなる群から選ばれるCOX−2阻害薬である、請求項34に記載の組成物。

請求項42

組成物が、錠剤、カプセル、カプレット、坐剤、トローチ、ロゼンジ、経口散剤、溶液、経口フィルム、薄片、スラリー、及び懸濁液からなる群から選ばれる剤形である、請求項34に記載の組成物。

請求項43

前記結合体が、錠剤、カプセル、カプレット、坐剤、トローチ、ロゼンジ、経口散剤、溶液、経口フィルム、薄片、スラリー、及び懸濁液からなる群から選ばれる剤形である、請求項33に記載の医薬キット。

請求項44

約0.5mg〜約200mg/用量のオキシモルホンの用量に相当する投与量範囲での前記結合体の使用に向けた説明書をさらに含む、請求項33に記載の医薬キット。

請求項45

組成物が、麻薬又はオピオイド乱用の治療;麻薬又はオピオイドの離脱症状の防止;中等度重度疼痛の治療;経口、鼻腔内又は静脈薬物乱用の低減又は防止;又は経口、鼻腔内もしくは非経口薬物乱用抵抗性の提供に使用される、請求項3に記載の組成物。

請求項46

組成物が、経口投与された場合、長時間にわたり、同じ時間で非結合オキシモルホンと比較した場合に改良されたAUC及び放出速度を示し;非結合オキシモルホンと比較した場合に経口PKプロフィールの変動の少なさを示し;又は非結合オキシモルホンと比較した場合に低減された副作用を有する、請求項3に記載の組成物。

請求項47

低減された副作用が、低減されたオピオイド誘発性便秘を含む、請求項46に記載の組成物。

請求項48

組成物が、経口投与された場合、非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUCを提供するのに足る量である、請求項3に記載の組成物。

請求項49

組成物が、経口投与された場合、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUC及びCmaxを提供するのに足る量である、請求項3に記載の組成物。

請求項50

組成物が、経口投与された場合、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUC及びより低いCmaxを提供するのに足る量である、請求項3に記載の組成物。

請求項51

少なくとも一つの結合体の鼻腔内又は静脈内投与が、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に、より低いAUC及び/又はCmaxを提供する、請求項3に記載の組成物。

請求項52

少なくとも一つの結合体の経口投与が、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に低減された過剰摂取可能性を提供する、請求項3に記載の組成物。

請求項53

少なくとも一つの結合体が、非結合オキシモルホンと比較した場合に増大した不正変更抵抗性を提供する、請求項3に記載の組成物。

請求項54

少なくとも一つのオピオイドを患者の一つ又は複数のオピオイド受容体に結合させることによって媒介される疾患、障害又は状態を有する患者の治療法であって、治療上有効量の少なくとも一つの請求項3の組成物を患者に経口投与することを含む方法。

請求項55

少なくとも一つの結合体代謝産物が患者のオピオイド受容体に可逆的に結合する、請求項54に記載の方法。

請求項56

少なくとも一つの結合体代謝産物がオピオイド受容体に非可逆的に結合する、請求項54に記載の方法。

技術分野

0001

関連出願
[0001]本願は、2014年12月2日出願の米国仮特許出願第62/086,326号に基づく優先権を主張し、前記出願は引用によってその全文を本明細書に援用する。

0002

連邦支援の研究又は開発
[0002]適用なし

背景技術

0003

[0003]オピオイド鎮痛薬として効果が高く、急性及び慢性疼痛治療のために一般的に処方されている。それらは鎮咳薬としても一般的に使用されている。しかしながら、オピオイドは陶酔感も生じるため、高度の依存症に陥る可能性がある。その結果、それらはしばしば乱用され、広範囲にわたる社会的及び健康関連の影響がある。

0004

[0004]本来的な乱用可能性のために、オピオイドアゴニストを含有するあらゆる医薬組成物は、できるだけ乱用抵抗性又は乱用抑止性を持つように製造されるのが望ましい。違法使用者は、例えば、オピオイドアゴニストの即時放出を達成するために、従来の剤形製品を注射又はさもなければ誤用もしくは不正変更することにより、そのようなオピオイド剤形/製品の持続放出性を巧みに回避しようと試みることが多い。

0005

[0005]それらの依存性及び乱用可能性にもかかわらず、モルヒネ様薬物、特に、コデインヒドロコドンオキシコドン及びオキシモルホンは、ここ数十年間、中等度重度の急性及び慢性疼痛の治療薬として日常的に処方されてきた。その理由の一部は、例えば、効き目の弱い非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)又は重度の疼痛を治療するには通常不適切アセトアミノフェンなどの中枢性鎮痛薬以外に、重度の疼痛を治療し、精神作用効果を生じない代替療法が現在ないためである。そこで、乱用可能性を低減することが求められているが、これまでのところ、従来の取組みは、残念ながら乱用抑止の課題を解決するに至っていない。

0006

[0006]オキシモルホンは、ケシから採れるテバインから合成される半合成オピオイドである。これは麻薬性鎮痛薬で、一般的に、中等度〜中重度の急性又は慢性疼痛の管理に使用が適応される。しかしながら、オキシモルホンのようなオピオイド鎮痛薬疼痛緩和のために服用している患者は、意図せずして、例えば肉体的に依存症になる可能性がある。オピオイドに対する耐性が生じると、初期には処方用量で達成されていた疼痛の緩和と健康感(sense of wellbeing)発現のために、より多くの薬物を必要とするようになる。これは用量増加をもたらし、チェックされないまま放置されると、急速に依存を招きかねない。患者がわずか約30日間で大変な依存症になったケースもある。そこで、疼痛管理を行う医学界内部には、中等度〜中重度の疼痛に対して疼痛緩和を提供し続ける乱用抵抗性又は乱用抑止性のオピオイド製品、例えば乱用抵抗性又は乱用抑止性オキシモルホン剤形及び/又は製品に対する継続的な需要及び望が存在する。

0007

[0007]ここに特許請求されている技術は、少なくとも、オピオイドのオキシモルホンとある種のアリールカルボン酸との共有結合を利用して、活性オキシモルホンがインビボ結合体酵素的又は代謝的分解を通じて放出されるようにすることにより、過剰摂取又は乱用を引き起こすその可能性を低減しようとするものである。アリールカルボン酸は、芳
環構造を含有するカルボン酸を含む。本技術はまた、静脈内(“シューティング(shooting)”)注射及び鼻腔内投与(“スノーティング(snorting)”)のような迂回ルートによる乱用に対する抵抗性を持たせながら、経口投与後にオキシモルホンを放出する結合体としてオキシモルホンを送達する一つ又は複数の方法も提供する。

0008

[0008]ここに記載された技術は、少なくとも一つの側面において、例えば経口投与により、治療濃度域内でヒト又は動物血液系にオキシモルホン、及び/又は何らかの活性代謝産物緩徐持続/制御/延長送達することを可能にする結合オキシモルホンの緩徐/持続/制御/延長放出組成物を提供する。ここに特許請求され記載されている技術の少なくとも一部の組成物/製剤は、オキシモルホン及び類似オピオイド化合物付随する依存/乱用可能性及び/又はその他の一般的な副作用を低減することができる。

0009

[0009]ここに記載され特許請求されている技術は、少なくとも一つのアリールカルボン酸、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを有する一つ又は複数の組成物を包含する。少なくとも一つのアリールカルボン酸は、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されているか、又は独立に選ばれるアリールカルボン酸は、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体及び/又はC−14ヒドロキシル基の組合せに結合されうる。少なくとも一つのアリールカルボン酸が、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されてもよい。あるいは、少なくとも二つの独立に選ばれるアリールカルボン酸が、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−6エノール互変異性体とC−14ヒドロキシル基、又はオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−14ヒドロキシル基の両方に結合されてもよい。あるいは、少なくとも三つの独立に選ばれるアリールカルボン酸が、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、C−6エノール互変異性体及びC−14ヒドロキシル基に結合されてもよい。

0010

[0010]一部の態様において、アリールカルボン酸は、下記構造:

0011

0012

[式中、X、Y及びZは、本質的に、H、O、S、NH及び−(CH2)x−からなる群から独立に選ばれ;R1、R2及びR3は、H、アルキルアルコキシアリールアルケニルアルキニルハロハロアルキルアルキルアリールアリールアルキルヘテロサイクルアリールアルコキシシクロアルキルシクロアルケニル及びシクロアルキニルからなる群から独立に選ばれ;o、p、qは約0又は約1から独立に選ばれ;そしてxは、約1〜約10の間の整数、例えば約1、約2、約3、約4、約5、約6、約7、約8、約9、及び約10である]を有するベンゾエートである。

0013

[0011]本開示の別の側面において、アリールカルボン酸は、アミノベンゾエートアントラニル酸類似体、フェナメート、ヒドロキシベンゾエートアミノヒドロキシベンゾ
エート、サリチル酸類似体、又はそれらの誘導体でありうる。

0014

[0012]本技術の他の側面において、アリールカルボン酸は、例えば、安息香酸サリチル酸アセチルサリチル酸アスピリン)、3−ヒドロキシ安息香酸、4−ヒドロキシ安息香酸、6−メチルサリチル酸、o,m,p−クレソチン酸、アナカルジン酸類、4,5−ジメチルサリチル酸、o,m,p−チモト酸(thymotic acid)、ジフルシナル(diflusinal)、o,m,p−アニス酸、2,3−ジヒドロキシ安息香酸(2,3−DHB)、α,
β,γ−レゾルシン酸プロトカテク酸ゲンチジン酸、ピペロニル酸、3−メトキシサリチル酸、4−メトキシサリチル酸、5−メトキシサリチル酸、6−メトキシサリチル酸、3−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、4−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、5−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、バニリン酸イソバニリン酸、5−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸、2,3−ジメトキシ安息香酸、2,4−ジメトキシ安息香酸、2,5−ジメトキシ安息香酸、2,6−ジメトキシ安息香酸、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)、3,5−ジメトキシ安息香酸、没食子酸、2,3,4−トリヒドロキシ安息香酸、2,3,6−トリヒドロキシ安息香酸、2,4,5−トリヒドロキシ安息香酸、3−O−メチル没食子酸(3−OMGA)、4−O−メチル没食子酸(4−OMGA)、3,4−O−ジメチル没食子酸、シリング酸、3,4,5−トリメトキシ安息香酸、又はそれらの誘導体である。

0015

[0013]本技術のさらに別の側面において、アリールカルボン酸は、本質的に4−アミノサリチル酸、3−ヒドロキシアントラニル酸、3−メトキシアントラニル酸、又はそれらの誘導体からなる群から選ばれるアミノヒドロキシベンゾエートでありうる。

0016

[0014]本技術の別の側面において、アリールカルボン酸は、例えば、アントラニル酸、3−アミノ安息香酸、4,5−ジメチルアントラニル酸、N−メチルアントラニル酸、N−アセチルアントラニル酸、フェナム酸類(例えば、トルフェナム酸メフェナム酸フルフェナム酸)、2,4−ジアミノ安息香酸(2,4−DABA)、2−アセチルアミノ−4−アミノ安息香酸、4−アセチルアミノ−2−アミノ安息香酸、2,4−ジアセチルアミノ安息香酸、又はそれらの誘導体を含む群から選ぶことができるアミノベンゾエートである。

0017

[0015]本技術のなお更なる側面において、アリールカルボン酸はヒドロキシベンゾエートである。例えば、アリールカルボン酸は、サリチル酸、アセチルサリチル酸(アスピリン)、3−ヒドロキシ安息香酸、4−ヒドロキシ安息香酸、6−メチルサリチル酸、o,m,p−クレソチン酸、アナカルジン酸類、4,5−ジメチルサリチル酸、o,m,p−チモト酸(thymotic acid)、ジフルシナル(diflusinal)、o,m,p−アニス酸、2,3
−ジヒドロキシ安息香酸(2,3−DHB)、α,β,γ−レゾルシン酸、プロトカテク酸、ゲンチジン酸、ピペロニル酸、3−メトキシサリチル酸、4−メトキシサリチル酸、5−メトキシサリチル酸、6−メトキシサリチル酸、3−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、4−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、5−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、バニリン酸、イソバニリン酸、5−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸、2,3−ジメトキシ安息香酸、2,4−ジメトキシ安息香酸、2,5−ジメトキシ安息香酸、2,6−ジメトキシ安息香酸、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)、3,5−ジメトキシ安息香酸、没食子酸、2,3,4−トリヒドロキシ安息香酸、2,3,6−トリヒドロキシ安息香酸、2,4,5−トリヒドロキシ安息香酸、3−O−メチル没食子酸(3−OMGA)、4−O−メチル没食子酸(4−OMGA)、3,4−O−ジメチル没食子酸、シリング酸、3,4,5−トリメトキシ安息香酸、又はそれらの誘導体でありうる。

0018

[0016]本技術のなお更なる側面において、アリールカルボン酸は、下記構造:

0019

0020

[式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよく;R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよく;o、p、qは独立に約0又は約1のいずれかでよく;そしてxは、約1〜約10の間の整数、例えば約1、約2、約3、約4、約5、約6、約7、約8、約9、及び約10である]の一つを有するヘテロアリールカルボン酸でありうる。

0021

[0017]ここに記載され特許請求されている技術の一部の側面において、ヘテロアリールカルボン酸は、例えば、ニコチン酸ナイアシン)、イソニコチン酸ピコリン酸、3−ヒドロキシピコリン酸、6−ヒドロキシニコチン酸シトラジン酸、2,6−ジヒドロキシニコチン酸、キヌレン酸キサンツレン酸、6−ヒドロキシキヌレン酸、8−メトキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロ−7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、又はそれらの誘導体でありうる。

0022

[0018]本開示の更なる側面において、アリールカルボン酸は、下記一般構造

0023

0024

[式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよく;R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよく;o、p、qは独立に約0又は約1のいずれかでよく;Alkはアルキル鎖−(CH2)n−で、nは約0又は約1のいずれかであり;そしてR6は、H、OH又はカルボニルでありうる]を有するフェニルアセテートの誘導体でありうる。

0025

[0019]ここに記載され特許請求されている技術の一部の側面において、アリールカルボン酸は、2−メチル−2−フェニル酢酸、少なくとも一つの非ステロイド性抗炎症薬、プロフェンチロシン代謝産物、又はそれらの誘導体でありうる。さらに、本技術の更なる
側面において、アリールカルボン酸は、フェニル酢酸(ヒドロアトロパ酸)、2−ヒドロキシフェニル酢酸、3−ヒドロキシフェニル酢酸、4−ヒドロキシフェニル酢酸、ホモプロトカテク酸、ホモゲンチジン酸、2,6−ジヒドロキシフェニル酢酸ホモバニリン酸、ホモイソバニリン酸、ホモベラトルム酸、アトロパ酸、d,l−トロパ酸ジクロフェナク、d,l−マンデル酸、3,4−ジヒドロキシ−d,l−マンデル酸、バニリル−d,l−マンデル酸、イソバニリル−d,l−マンデル酸、イブプロフェンフェノプロフェンカルプロフェンフルルビプロフェンケトプロフェンナプロキセン、又はそれらの誘導体でありうる。

0026

[0020]本技術のさらにその他の側面において、アリールカルボン酸は、下記構造:

0027

0028

[式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよく;R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよく;o、p、qは独立に約0又は約1のいずれかでよく;R4は、H又はOHであり;そしてR5は、H、及びOH又はカルボニルである]の一つを有する桂皮酸又はフェニルプロピオン酸の類似体でありうる。

0029

[0021]ここに記載され特許請求されている技術のこの特別な側面において、アリールカルボン酸は、桂皮酸、o,m,p−クマル酸、2,3−ジヒドロキシ桂皮酸、2,6−ジヒドロキシ桂皮酸、コーヒー酸フェルラ酸イソフェルラ酸、5−ヒドロキシフェルラ酸、シナピン酸、2−ヒドロキシ−3−フェニルプロペン酸、又はそれらの誘導体でありうる。

0030

[0022]本技術のなお更なる側面において、アリールカルボン酸は、フェニルプロピオン酸又はその置換誘導体でもよい。本技術のこの側面において、アリールカルボン酸は、例えば、フェニルプロピオン酸、メリロート酸、3−ヒドロキシフェニルプロパン酸、4−ヒドロキシフェニルプロパン酸、2,3−ジヒドロキシフェニルプロパン酸、d,l−フェニル乳酸、o,m,p−ヒドロキシ−d,l−フェニル乳酸、フェニルピルビン酸、又はそれらの誘導体でありうる。

0031

[0023]本技術の別の側面において、アリールカルボン酸は、フェニルアセテート又はその置換誘導体でありうる。本技術のこの側面において、アリールカルボン酸は、例えば、フェニル酢酸(ヒドロアトロパ酸)、2−ヒドロキシフェニル酢酸、3−ヒドロキシフェニル酢酸、4−ヒドロキシフェニル酢酸、ホモプロトカテク酸、ホモゲンチジン酸、2,6−ジヒドロキシフェニル酢酸、ホモバニリン酸、ホモイソバニリン酸、ホモベラトルム酸、アトロパ酸、d,l−トロパ酸、ジクロフェナク、d,l−マンデル酸、3,4−ジヒドロキシ−d,l−マンデル酸、バニリル−d,l−マンデル酸、イソバニリル−d,l−マンデル酸、イブプロフェン、フェノプロフェン、カルプロフェン、フルルビプロフ
ェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、又はそれらの誘導体でありうる。

0032

[0024]ここに記載された技術はさらに、少なくとも一つの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを有する少なくとも一つの組成物も包含する。少なくとも一つのNSAIDは、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されているか、又は独立に選ばれるNSAIDsは、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体及び/又はC−14ヒドロキシル基の組合せに結合されうる。少なくとも一つのNSAIDが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに結合されてもよい。あるいは、少なくとも二つの独立に選ばれるNSAIDsが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−6エノール互変異性体とC−14ヒドロキシル基、又はオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基とC−14ヒドロキシル基の両方に結合されてもよい。あるいは、少なくとも三つの独立に選ばれるNSAIDsが、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、C−6エノール互変異性体及びC−14ヒドロキシル基に結合されてもよい。本開示のこの側面及びその他の側面のNSAIDは、例えば、アスピリン、ジフルシナル(diflusinal)、又はサリチレートなどのサリチル酸系でありうる。NSAIDは、例えば、イブプロフェン、デクスイブプロフェン、ナプロキセン、フェノプロフェン、ケトプロフェン、デクスケトプロフェン、フルルビプロフェン、オキサプロジン、又はロキソプロフェンなどのプロピオン酸系でもよい。NSAIDは、例えば、インドメタシントルメチンスリンダクエトドラクケトロラク、又はジクロフェナクなどの酢酸系でもよい。NSAIDは、例えば、ピロキシカムメロキシカムテノキシカムロルノキシカム(lornoxicam)、又はイソキシカムなどのオキシカム系でもよい。NSAIDは、例えば、メフェナム酸、メクロフェナム酸、フルフェナム酸、又はトルフェナム酸などのフェナム酸系でもよい。NSAIDは、例えば、セレコキシブバルデコキシブ、又はルミラコキシブなどのCOX−2阻害薬でもよい。

0033

[0025]さらに別の側面において、本技術は、疼痛、好ましくは中等度〜重度の疼痛の治療に使用するため、又は経口、鼻腔内もしくは静脈内薬物乱用の削減又は防止に使用するための一つ又は複数のオキシモルホン結合体を提供する。一部の側面において、当該結合体は、経口、鼻腔内又は非経口薬物乱用に対する抵抗性又は抑止性を提供する。

0034

[0026]さらなる側面において、本技術は、長時間にわたる緩徐な放出速度と、同じ時間で等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に大きいか又は等しいAUCを示す少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を提供する。他の側面において、オキシモルホンの結合体は、非結合オキシモルホンと比較した場合に経口PKプロフィールの変動が少ない。

0035

[0027]さらに別の側面において、少なくとも一つの結合体は、非結合オキシモルホンと比較した場合に副作用が少ないか、又は物理的もしくは化学的操作のいずれかによる薬物の不正変更を防止する。

0036

[0028]なお更なる側面において、ここに記載され特許請求されている技術の少なくとも一つの結合体は、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUCを提供するのに足る量で提供される。追加の側面において、本技術の少なくとも一つの結合体は、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUCを提供するのに足る量で提供されるが、Cmaxスパイクは提供しないか、あるいは治療上等価の量の非結合オキシモルホンより低いCmaxしか持たない。別の側面において、少なくと
も一つの結合体は、等モル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUCを提供するのに足る量で提供されるが、等価のCmaxスパイクは提供しない。一部の追加的側面において、本技術の少なくとも一つの結合体は、非結合オキシモルホンと比較した場合に等価のCmaxスパイクを提供する。

0037

[0029]追加の側面において、本技術は、オピオイドを患者のオピオイド受容体に結合させることを必要とする又はそれによって媒介される疾患、障害又は状態を有する患者(ヒト又は動物)を治療するための少なくとも一つの方法を提供し、該方法は、薬学上又は治療上有効な量の本明細書中に開示及び/又は特許請求されている少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を患者に経口投与することを含む。

0038

[0030]別の側面において、本技術は、麻薬又はオピオイド乱用の治療;麻薬又はオピオイドの離脱症状の防止;中等度〜重度の疼痛の治療;経口、鼻腔内又は静脈内薬物乱用の低減又は防止;又は経口、鼻腔内又は非経口薬物乱用抵抗性の提供のために使用される組成物を提供する。

0039

[0031]なお更なる側面において、本技術は、少なくとも一つのオピオイドを患者のオピオイド受容体に結合させることによって治療できる疾患、障害又は状態(例えば疼痛)を有する患者(ヒト又は動物)を治療するための少なくとも一つの方法を提供し、該方法は、治療上又は薬学上有効量の少なくとも一つのオキシモルホンの結合体、その塩、その誘導体又はそれらの組合せを患者に経口投与することを含む。

0040

[0032]追加の側面において、本技術は、少なくとも一つのオピオイドの患者のオピオイド受容体への結合を阻害することによって治療できる疾患、障害又は状態(例えば依存症)を有する患者(ヒト又は動物)を治療するための少なくとも一つの方法を提供し、該方法は、治療上又は薬学上有効な量の本明細書中に開示及び/又は特許請求されている少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を患者に経口投与するステップを含む。

0041

[0033]なお更なる側面において、本技術は、治療上又は薬学上有効量の本明細書中に記載及び/又は特許請求されている少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を含有する包装された特定量の個別用量を含む少なくとも一つの医薬キットを提供する。一部の側面において、ここに記載された技術のキットはさらに、ヒト又は動物患者における薬物離脱症状又は疼痛を治療又は防止するための方法又は様式におけるキットの使用に関する一つ又は複数の説明書も含みうる。

図面の簡単な説明

0042

[0034]図1は、本技術の結合体の製造に使用するためのヒドロキシ安息香酸及び安息香酸誘導体化学構造を提供する。
[0035]図2は、本技術の結合体の製造に使用するためのアミノ安息香酸の化学構造を提供する。
[0036]図3は、本技術の結合体の製造に使用するためのアミノヒドロキシ安息香酸の化学構造を提供する。
[0037]図4は、本技術の結合体の製造に使用するためのヘテロアリールカルボン酸の化学構造を提供する。
[0038]図5は、本技術の結合体の製造に使用するためのフェニルアセテートの化学構造を提供する。
[0039]図6は、本技術の結合体の製造に使用するためのフェニルプロピオネートの化学構造を提供する。
[0040]図7は、本技術の結合体の製造に使用するためのシンナメートの化学構造を提供する。
[0041]図8は、本技術の結合体の製造に使用するためのサリチル酸系NSAIDの化学構造を提供する。
[0042]図9は、本技術の結合体の製造に使用するためのプロピオン酸系NSAIDの化学構造を提供する。
[0043]図10は、本技術の結合体の製造に使用するための酢酸系NSAIDの化学構造を提供する。
[0044]図11は、本技術の結合体の製造に使用するためのオキシカム系NSAIDの化学構造を提供する。
[0045]図12は、本技術の結合体の製造に使用するためのフェナム酸系NSAIDの化学構造を提供する。
[0046]図13は、本技術の結合体の製造に使用するためのNSAID選択的COX−2阻害薬の化学構造を提供する。
[0047]図14は、オキシモルホン、6−Bz−OM、及び3−インドメタシン−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0048]図15は、オキシモルホン及び3−シンナメート−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0049]図16は、オキシモルホン及び3,6−(シンナメート)2−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0050]図17は、オキシモルホン、3−(4−MeO−Bz)−OM、及び3−(2−OH−Bz)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0051]図18は、オキシモルホン、6−(2−OH−Bz)−OM、及び6−(4−OH−Bz)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0052]図19は、オキシモルホン及び3−(4−OH−Bz)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0053]図20は、オキシモルホン、3−バニレート−OM、及び6−バニレート−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0054]図21は、オキシモルホン、6−(4−OH−Bz)−OM、及び3,6−(4−MeO−Bz)2−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0055]図22は、オキシモルホン、6−(3−ABz)−OM及び6−(シンナメート)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0056]図23は、オキシモルホン、3−(2−OAc−Bz)−OM及び3−ケトプロフェン−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0057]図24は、オキシモルホン及び3−フェノプロフェン−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0058]図25は、オキシモルホン、3−ジフルニサル−OM、及び6−ケトプロフェン−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0059]図26は、オキシモルホン、6−Bz−OM、及び3−(4−MeO−Bz)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する鼻腔内ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0060]図27は、オキシモルホン、3−(2−OH−Bz)−OM、及び4−OH−Bz−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する鼻腔内ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0061]図28は、オキシモルホン、3−ジフルニサル−OM、及び6−ジフルニサル−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する鼻腔内ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0062]図29は、オキシモルホン及び3,6−(4−MeO−Bz)2−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する鼻腔内ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0063]図30は、Bz−HC、3−Bz−OM、3,6−ジ−Bz−OM、及び3,6,14−トリ−Bz−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0064]図31は、4−MeO−Bz−HC、3−(4−MeO−Bz)−OM、及び3,6,14−トリ−(4−MeO−Bz)−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0065]図32は、シンナメート−HC、3,6−ジ−シンナメート−OM、及び3,6,14−トリ−シンナメート−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0066]図33は、3,6−ジ−(4−MeO−Bz)−HM及び3,6−ジ−(4−MeO−Bz)−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0067]図34は、6−(4−MeO−Bz)−HM及び6−(4−MeO−Bz)−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0068]図35は、14−Bz−OC及び6−Bz−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0069]図36は、6,14−ジ−(4−MeO−Bz)−OC及び3,6−ジ−(4−MeO−Bz)−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0070]図37は、6,14−ジ−シンナメート−OC及び3,6−ジ−シンナメート−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。
[0071]図38は、6−イブプロフェン−OC及び6−イブプロフェン−OMによって生成した血漿中濃度を比較する経口ラット試験のPKプロフィールグラフデータを提供する。

0043

[0072]本技術は、オキシモルホンの新規結合体及び/又はプロドラッグ及び/又は組成物を形成するために、オキシモルホン(4,5−α−エポキシ−3,14−ジヒドロキシ−17−メチルモルフィナン−6−オン)に化学結合されたアリールカルボン酸を含む一つ又は複数の組成物を提供する。一部の態様において、これら二つの部分間の化学結合は、アリールカルボン酸のカルボン酸官能基を、オキシモルホンの下記官能基の一つ、すなわち、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体;オキシモルホンのC−14ヒドロキシル;又はオキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−14ヒドロキシル及び/又はC−6エノール互変異性体の組合せと反応させることによって確立できる。

0044

[0073]“オキシモルホン”(という用語)の使用は、例えば、コデインから製造され、コデインの作用と質的に類似した多数の作用を有する半合成麻薬性鎮痛薬及び鎮咳薬を含
むことを意味する。これは、中等度〜中重度の疼痛の緩和に一般に使用されている。商品名としては、例えば、Opana(登録商標)、OpanaER(登録商標)、Numorphone(登録商標)及びNumorphan(登録商標)などが挙げられる。オキシモルホン塩酸塩などのオキシモルホンの塩形も、ここに記載され特許請求されている技術の実施及び範囲内に包含されると想定されている。

0045

[0074]アリールカルボン酸は、様々なカテゴリー及びサブカテゴリー分類できる。本技術のカルボキシル基は、芳香環直接結合されていても又はアルキルもしくはアルケニル鎖によって隔てられていてもよい。本技術のアルキル又はアルケニル基鎖長は一般的に2個の非分枝炭素を超えないが、可能性ある側鎖又は追加の官能基上の原子の数に制限はない。本技術は、炭素のみのアリール基及びヘテロ原子を有するアリール基(ヘテロアリール)の両方を含む。本技術のアリール又はヘテロアリール基は、カルボキシル官能基に直接又はアルキルもしくはアルケニル鎖を通じて接続できるが、6員環であり得、0個又は1個のヘテロ原子を含有しうる。関連分野の当業者であれば、追加の置換又は非置換芳香族又は脂肪族環がこの6員のアリール又はヘテロアリール部分縮合されていてもよいことは理解されるはずである。本技術のアリールカルボン酸は、好ましくは、ただ1個の遊離カルボン酸基を有し、6員環上のフェニル置換基総数は4個以下であるべきである。

0046

[0075]ここに記載され特許請求されている技術のアリールカルボン酸は、特に制限されないが、化合物の三つの主要カテゴリーの一つに分類できる。すなわち(1)カルボン酸基がアリール部分に直接結合している化合物;(2)カルボン酸基がアリール部分から1個の炭素によって隔てられている化合物;及び(3)カルボン酸基がアリール部分から2個の炭素によって隔てられている化合物。

0047

[0076]本技術の一部の態様は、オキシモルホンに結合されたカルボン酸を提供し、そのカルボン酸基はアリール部分に直接結合している。アリール部分に直接結合されたカルボン酸は、例えば、ベンゾエート及びヘテロアリールカルボン酸などである。

0048

[0077]本技術の一部の態様は、オキシモルホンと少なくとも一つの安息香酸又は安息香酸誘導体、その塩、又はそれらの組合せとの少なくとも一つの結合体を提供する。ベンゾエートは自然界にありふれており、例えば、アミノベンゾエート(例えばフェナメートなどのアントラニル酸類似体)、アミノヒドロキシベンゾエート及びヒドロキシベンゾエート(例えばサリチル酸類似体)などであるが、これらに限定されない。

0049

[0078]本技術のベンゾエートの一般構造は、

0050

0051

[式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよく;R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル
又はシクロアルキニルのいずれかでよく;o、p、qは独立に約0又は約1のいずれかでよく;そしてxは、約1〜約10の間の整数、例えば約1、約2、約3、約4、約5、約6、約7、約8、約9、及び約10である]である。

0052

[0079]さらに追加の態様において、本技術は、オキシモルホンと少なくとも一つのヘテロアリールカルボン酸、その誘導体、又はそれらの組合せとの少なくとも一つの結合体を含む少なくとも一つのプロドラッグ又は組成物を提供する。ヘテロアリールカルボン酸は、式II、式III又は式IVから選ぶことができ、その式II、式III及び式IVは、

0053

0054

である。式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよい。R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよい。o、p、qは独立に約0又は約1のいずれかでよい。xは、約1〜約10の間の整数、例えば約1、約2、約3、約4、約5、約6、約7、約8、約9、及び約10である。

0055

[0080]本技術の、芳香環とカルボキシル基の間に1個の炭素原子を有するアリールカルボン酸は、一部の態様において、下記一般構造:

0056

0057

を有する。式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよい。R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよい。o、p、qは独立に0又は1のいずれかでよい。Alkはアルキル鎖−(CH2)n−で、nは0又は1のいずれかである。R6は、H、OH又はカルボニルでありうる。

0058

[0081]本技術の、カルボキシル基がアリール部分から2個の炭素原子によって隔てられているアリールカルボン酸は、下記一般構造:

0059

0060

を有する。式中、X、Y及びZは、独立に、H、O、S、NH又は−(CH2)x−の任意の組合せでよい。R1、R2及びR3は、独立に、下記、すなわち、H、アルキル、アルコキシ、アリール、アルケニル、アルキニル、ハロ、ハロアルキル、アルキルアリール、アリールアルキル、ヘテロサイクル、アリールアルコキシ、シクロアルキル、シクロアルケニル又はシクロアルキニルのいずれかでよい。o、p、qは独立に0又は1のいずれかでよい。R4は、H又はOHであり;そしてR5は、H、OH又はカルボニルである。

0061

[0082]適切なヒドロキシ安息香酸(ヒドロキシベンゾエート)は、図1見出すことができ、安息香酸、サリチル酸、アセチルサリチル酸(アスピリン)、3−ヒドロキシ安息香酸、4−ヒドロキシ安息香酸、6−メチルサリチル酸、o,m,p−クレソチン酸、アナカルジン酸類、4,5−ジメチルサリチル酸、o,m,p−チモト酸(thymotic acid)
、ジフルシナル(diflusinal)、o,m,p−アニス酸、2,3−ジヒドロキシ安息香酸(2,3−DHB)、α,β,γ−レゾルシン酸、プロトカテク酸、ゲンチジン酸、ピペロニル酸、3−メトキシサリチル酸、4−メトキシサリチル酸、5−メトキシサリチル酸、6−メトキシサリチル酸、3−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、4−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、5−ヒドロキシ−2−メトキシ安息香酸、バニリン酸、イソバニリン酸、5−ヒドロキシ−3−メトキシ安息香酸、2,3−ジメトキシ安息香酸、2,4−ジメトキシ安息香酸、2,5−ジメトキシ安息香酸、2,6−ジメトキシ安息香酸、ベラトルム酸(3,4−ジメトキシ安息香酸)、3,5−ジメトキシ安息香酸、没食子酸、2,3,4−トリヒドロキシ安息香酸、2,3,6−トリヒドロキシ安息香酸、2,4,5−トリヒドロキシ安息香酸、3−O−メチル没食子酸(3−OMGA)、4−O−メチル没食子酸(4−OMGA)、3,4−O−ジメチル没食子酸、シリング酸、3,4,5−トリメトキシ安息香酸、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0062

[0083]適切なアミノ安息香酸(アミノベンゾエート)は図2に示されており、アントラニル酸、3−アミノ安息香酸、4,5−ジメチルアントラニル酸、N−メチルアントラニル酸、N−アセチルアントラニル酸、フェナム酸類(例えば、トルフェナム酸、メフェナム酸、フルフェナム酸)、2,4−ジアミノ安息香酸(2,4−DABA)、2−アセチルアミノ−4−アミノ安息香酸、4−アセチルアミノ−2−アミノ安息香酸、2,4−ジアセチルアミノ安息香酸、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0063

[0084]本技術の実施に使用できる適切なアミノヒドロキシ安息香酸の例は図3に示されている。それらは、4−アミノサリチル酸、3−ヒドロキシアントラニル酸、又は3−メトキシアントラニル酸などであるが、これらに限定されない。

0064

[0085]ヘテロアリールカルボン酸の適切な例は、特に制限されないが、ピリジン誘導体で、その一部はニコチネート及びトリプトファンの代謝に重要な役割を演じている。これらの化合物では、フェニル環の1個の炭素が窒素原子によって置換されている。カルボキシル基の他に、このセットの化合物は、3個までの追加の置換基、好ましくは、特に制限
されないが、ヒドロキシル基を有することもできる。

0065

[0086]適切なヘテロアリールカルボン酸の例は図4に示されており、ニコチン酸(ナイアシン)、イソニコチン酸、ピコリン酸、3−ヒドロキシピコリン酸、6−ヒドロキシニコチン酸、シトラジン酸、2,6−ジヒドロキシニコチン酸、キヌレン酸、キサンツレン酸、6−ヒドロキシキヌレン酸、8−メトキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、7,8−ジヒドロ−7,8−ジヒドロキシキヌレン酸、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0066

[0087]一部の態様において、ここに記載され特許請求されている技術の組成物は、少なくとも一つの安息香酸又は安息香酸誘導体、その塩又はそれらの組合せに結合された少なくとも一つのオキシモルホンを含むベンゾエート結合体を含みうる。

0067

[0088]さらなる態様において、ベンゾエートは、多数の安息香酸類似体、ヒドロキシル又はアミノ基、又はその両方の組合せを有するベンゾエート誘導体を含みうる。ヒドロキシル及びアミノ官能基は、それらの遊離形で存在していても又は別の化学部分、好ましくは、特に制限されないが、メチル又はアセチル基キャップされていてもよい。フェニル環は追加の置換基を有していてもよいが、置換基の総数は4個以下、3個以下、又は2個以下でありうる。

0068

[0089]一部の態様において、アリールカルボン酸のカルボキシ基は、芳香環に直接結合されうる。本技術は、炭素のみのアリール基及びヘテロ原子を有するアリール基(ヘテロアリール)の両方を含む。カルボキシル官能基に直接接続されているアリール又はヘテロアリール基は、6員環であり得、0個又は1個のヘテロ原子を含有する。様々な態様において、追加の置換又は非置換芳香族又は脂肪族環がこの6員のアリール又はヘテロアリール部分に縮合されていてもよい。さらなる態様において、アリールカルボン酸は、ただ1個の遊離カルボン酸基を有し、6員環上のフェニル置換基の総数は4個以下、例えば約4、約3、約2又は約1個であるべきである。

0069

[0090]本技術のなお更なる態様において、オキシモルホンに接続されている個々のアリールカルボン酸に応じて、オキシモルホンの結合体は、中性遊離酸遊離塩基、又は各種の薬学的に許容可能なアニオン性もしくはカチオン性の塩形又は塩混合物を有しうる(正成分と負成分間の比率は任意)。これらの塩形は、酢酸塩、l−アスパラギン酸塩ベシル酸塩炭酸水素塩炭酸塩、d−カンシル酸塩、l−カンシル酸塩、クエン酸塩、エジシ酸塩ギ酸塩フマル酸塩グルコン酸塩臭化水素酸塩臭化物塩酸塩塩化物、d−乳酸塩、l−乳酸塩、d,l−乳酸塩、d,l−リンゴ酸塩、l−リンゴ酸塩、メシル酸塩パモ酸塩リン酸塩コハク酸塩硫酸塩、硫酸水素塩、d−酒石酸塩、l−酒石酸塩、d,l−酒石酸塩、メソ−酒石酸塩、安息香酸塩グルセプト酸塩、d−グルクロン酸塩、ヒベンズ酸塩、イセチオン酸塩マロン酸塩メチル硫酸塩、2−ナプシル酸塩、ニコチン酸塩、硝酸塩オロチン酸塩ステアリン酸塩トシル酸塩チオシアン酸塩、アセフィリネート(acefyllinate)、アセチュレート(aceturate)、アミノサリチ
ル酸塩、アスコルビン酸塩ホウ酸塩酪酸塩樟脳酸塩(camphorate)、樟脳炭酸塩(camphocarbonate)、デカン酸塩ヘキサン酸塩コール酸塩、シピオン酸塩、ジクロロ酢酸
塩、エデンテート(edentate)、エチル硫酸塩、フレート(furate)、フシジン酸塩、ガラクタル酸塩(ムケート(mucate))、ガラクツロン酸塩、没食子酸塩、ゲンチジン酸塩、グルタミン酸塩、グルタミン酸塩、グルタル酸塩、グリセロリン酸塩ヘプタン酸塩(エナント酸塩)、ヒドロキシ安息香酸塩馬尿酸塩、フェニルプロピオン酸塩、ヨウ化物キシナホ酸塩ラクトビオン酸塩、ラウリン酸塩マレイン酸塩マンデル酸塩メタンスルホン酸塩ミリスチン酸塩ナパジシル酸塩オレイン酸塩シュウ酸塩パルミチン酸塩ピクリン酸塩ピバル酸塩プロピオン酸塩ピロリン酸塩サリチル酸塩、サリチ
ル硫酸塩、スルホサリチル酸塩、タンニン酸塩テレフタル酸塩チオサリチル酸塩、トリブロフェネート(tribrophenate)、吉草酸塩バルプロ酸塩アジピン酸塩、4−アセ
アミド安息香酸塩、カンシル酸塩、オクタン酸塩エストレート(estolate)、エシレート(esylate)、グリコール酸塩、チオシアン酸塩、ウンデシレン酸塩ナトリウムカリ
ウム、カルシウムマグネシウム亜鉛アルミニウムリチウムコリネート、リシニウム、アンモニウムトロメタミン、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0070

[0091]本技術の一部の態様は、オキシモルホンに結合されたアリールカルボン酸を提供し、そのカルボン酸基はアリール部分から1個の炭素によって隔てられている。このカテゴリーのアリールカルボン酸は、特に制限されないが、分枝フェニルプロピオン酸(すなわち、2−メチル−2−フェニルアセテート)又はフェニルアセテートのその他の誘導体などでありうる。これらの化合物の例は、ある種のNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、例えばプロフェン、又はチロシン代謝産物である。

0071

[0092]本技術の実施に使用するためのフェニルアセテートの例は図5に示されており、フェニル酢酸(ヒドロアトロパ酸)、2−ヒドロキシフェニル酢酸、3−ヒドロキシフェニル酢酸、4−ヒドロキシフェニル酢酸、ホモプロトカテク酸、ホモゲンチジン酸、2,6−ジヒドロキシフェニル酢酸、ホモバニリン酸、ホモイソバニリン酸、ホモベラトルム酸、アトロパ酸、d,l−トロパ酸、ジクロフェナク、d,l−マンデル酸、3,4−ジヒドロキシ−d,l−マンデル酸、バニリル−d,l−マンデル酸、イソバニリル−d,l−マンデル酸、イブプロフェン、フェノプロフェン、カルプロフェン、フルルビプロフェン、ケトプロフェン、又はナプロキセンなどであるが、これらに限定されない。

0072

[0093]本技術の一部の態様は、オキシモルホンに結合されたアリールカルボン酸を提供し、そのカルボン酸基はアリール部分から2個の炭素によって隔てられている。このカテゴリーのアリールカルボン酸は、特に制限されないが、フェニルプロピオン酸及びその置換誘導体及び桂皮酸の類似体などである。これらの化合物は、天然産物又は代謝産物(例えばフェニルアラニン代謝)の形態で自然界に豊富である。

0073

[0094]フェニルプロピオン酸は、カルボキシル官能基とフェニル環との間にエチレン基を有する。アルキル鎖及びアリール部分のどちらも、置換基、例えばヒドロキシル基を有していてもよい。このクラスの一部の化合物はフェニルアラニン代謝に見出すことができる。

0074

[0095]本技術の実施に使用できるフェニルプロピオン酸の例は図6に示されており、フェニルプロピオン酸、メリロート酸、3−ヒドロキシフェニルプロパン酸、4−ヒドロキシフェニルプロパン酸、2,3−ジヒドロキシフェニルプロパン酸、d,l−フェニル乳酸、o,m,p−ヒドロキシ−d,l−フェニル乳酸、フェニルピルビン酸、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0075

[0096]桂皮酸類(3−フェニルアクリル酸類)は、フェニルプロピオン酸の不飽和類似体である。シンナメートは二つの異性体形、すなわち、シス(Z)及びトランス(E)で存在する。本発明の異性体は、制限されないが、好ましくはトランス配置である。フェニルプロピオン酸と同様、桂皮酸の誘導体も、分子のアルケニル又はアリール部分上で置換されていてもよい。好適な置換基はヒドロキシル及びメトキシ基である。ある種のシンナメートはフェニルアラニン代謝において重要な役割を果たしている。

0076

[0097]本技術の実施に使用できるシンナメートの例は図7に示されており、桂皮酸、o,m,p−クマル酸、2,3−ジヒドロキシ桂皮酸、2,6−ジヒドロキシ桂皮酸、コー
ヒー酸、フェルラ酸、イソフェルラ酸、5−ヒドロキシフェルラ酸、シナピン酸、2−ヒドロキシ−3−フェニルプロペン酸、又はそれらの誘導体などであるが、これらに限定されない。

0077

[0098]本技術の一部の態様は、少なくとも一つの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、その誘導体、その塩、又はそれらの組合せに共有結合されたオキシモルホンを有する少なくとも一つの組成物を提供する。少なくとも一つのNSAIDは、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6エノール互変異性体、又はオキシモルホンのC−14ヒドロキシル基のいずれかに共有結合されている。あるいは、独立に選ばれるアリールカルボン酸は、オキシモルホンのC−3ヒドロキシル基、オキシモルホンのC−6及び/又はC−14ヒドロキシル基のすべて又は組合せに結合されている。NSAIDは、例えば、アスピリン、ジフルシナル(diflusinal)、又はサリチレートなどのサリチル酸系でありうる(例えば図8参照)。NSAIDは、例えば、イブプロフェン、デクスイブプロフェン、ナプロキセン、フェノプロフェン、ケトプロフェン、デクスケトプロフェン、フルルビプロフェン、オキサプロジン、ロキソプロフェン、又はそれらの誘導体などのプロピオン酸系でもよい(例えば図9参照)。NSAIDは、例えば、インドメタシン、トルメチン、スリンダク、エトドラク、ケトロラク、ジクロフェナク、又はそれらの誘導体などの酢酸系でもよい(例えば図10参照)。NSAIDは、例えば、ピロキシカム、メロキシカム、テノキシカム、ロルノキシカム(lornoxicam)、イソキシカム、又はそれらの誘導体などのオキシカム系でもよい(例えば図11参照)。NSAIDは、例えば、メフェナム酸、メクロフェナム酸、又はフルフェナム酸、トルフェナム酸、又はそれらの誘導体などのフェナム酸系でもよい(例えば図12参照)。NSAIDは、例えば、セレコキシブ、バルデコキシブ、ルミラコキシブ、又はそれらの誘導体又はなどのCOX−2阻害薬でもよい(例えば図13参照)。

0078

[0099]本技術の一部の態様は、意図された経路投与された場合にインビボで酵素的又は化学的に分解されて、活性オキシモルホン及びそれぞれのアリールカルボン酸又はそれらの代謝産物を放出する少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を提供する。本技術の結合体に使用されるアリールカルボン酸は、好ましくは所与の用量レベルで非毒性であり、好ましくは公知薬物、天然産物、代謝産物、又はGRAS(安全食品認定(Generally Recognized As Safe))化合物(例えば保存剤色素フレーバーなど)又はそれらの天然、合成、もしくはその両方を含む非毒性模倣体(mimetics)である。

0079

[00100]本技術の化合物、結合体、製品、プロドラッグ、組成物及び方法は、例えば過
剰摂取の可能性の削減、乱用又は依存症の可能性の削減を提供し、及び/又は副作用プロフィール又は準最適放出プロフィールに関するオキシモルホンの特徴を改良する。下記の理論に限定されることは望まないが、ここに記載され特許請求されている技術は、鼻腔内及び静脈内経路による乱用抵抗性を提供すると考えられている。なぜならば、記載され特許請求されている結合体、化合物、組成物、プロドラッグ、及び/又は製品は、経口投与されると、循環又は粘膜中の酵素への暴露とは対照的に、異なる酵素及び/又は代謝経路に暴露される、すなわち結合体、化合物、組成物、製品、及び/又はプロドラッグは、腸内酵素及び初回通過代謝に暴露されるため、このことが結合体からのオキシモルホンの放出能力を制限する。従って、乱用抵抗性及び/又は乱用抑止性は、本技術のプロドラッグ、製品、組成物、化合物、及び/又は結合体から放出される活性オキシモルホンから得られる“ラッシュ恍惚感)”及び“ハイ高揚感)”が制限されることによって、そしてまた代替投与経路の効果が制限されることによって提供される。

0080

[00101]本技術の組成物は、注射又は鼻腔内投与経路によって投与された場合、好まし
くは、薬理活性を全く持たないか又は実質的に低減された薬理活性しか持たない。しかしながら、それらは経口的にはバイオアベイラビリティを保持する。ここでも何らかの特定
理論に拘束されることは望まないが、本技術の組成物のバイオアベイラビリティは、経口投与後の化学結合(すなわち共有結合)の加水分解の結果でありうる。本技術の少なくとも一つの態様において、本技術の組成物、化合物、結合体、製品、又はプロドラッグが例えば非経口経路によって送達された場合、オキシモルホンの放出は、遅延、削減又は防止される。

0081

[00102]例えば、少なくとも一つの態様において、本技術の組成物は、錠剤カプセル
又はその他の経口剤形破砕した後も、その効果及び乱用抵抗性及び/又は抑止性を維持する。これに対し、オキシモルホンの非結合(non-conjugated又はunconjugated)製剤からはオキシモルホンが破砕後直ちに放出されるので、破砕錠剤の中身を注射又は吸引によって使用することが可能となり、結果として依存者が求める“ラッシュ(恍惚感)”効果をもたらす。

0082

[00103]本技術の他の態様において、オキシモルホンの結合体は動物又はヒト患者に経
口投与でき、投与後、体内で加水分解されることにより活性オキシモルホンを放出する。何らかの特定理論に拘束されるわけではないが、アリールカルボン酸は、天然の代謝産物又はその模倣体又は薬学的に活性な化合物なので、これらの結合体は生理系によって容易に認識され、加水分解及びオキシモルホンの放出をもたらすことができると考えられている。結合体自体は、結合体としては薬理活性を全く持たないか又は限定的な薬理活性しか持たないので、結果的に親薬物とは異なる代謝経路をたどることができる。

0083

[00104]本技術の一部の態様において、オキシモルホンに結合させるための適切なアリ
ールカルボン酸(“リガンド”)の選択は、オキシモルホンの全身循環への放出を決定づけ、たとえ結合体が経口投与以外の経路で投与された場合でも、その制御を可能にする。一態様において、修飾されたオキシモルホンは、経口投与されると、遊離又は非修飾オキシモルホンと同様にオキシモルホンを放出する。別の態様において、結合オキシモルホンは、経口投与されると、制御、延長又は持続された形態又は様式でオキシモルホンを放出する。さらなる態様において、この制御/持続/延長放出は、一定の副作用を軽減でき、そしてまた親薬物の安全性プロフィール、又は乱用プロフィール、又はその両方を改良できる。これらの副作用は、不安、紫斑(bruising)、便秘食欲不振、息苦しさ、めまい(dizziness)、眠気渇き口渇ドライマウス)、倦怠感(lethargy)、傾眠掻痒
下痢頭痛吐き気けいれん胃痛腹痛消化不良胃炎悪寒、熱、拒食症単収縮、異常な混乱不快感、陶酔感、不眠症神経質思考異常、呼吸困難しゃっくり発疹低血圧リンパ節症耳鳴り視覚異常、嚥下障害おくび鼓腸胃腸障害食欲亢進口内炎、離脱症状、発作浮腫末梢浮腫、口渇、倦怠感(malaise)、
痛、顔面浮腫、ST低下脱水失神片頭痛異常歩行記憶喪失運動過剰症感覚麻痺、低血圧(緊張低下)、知覚障害、発語障害昏迷振戦、めまい(vertigo)、味覚
倒錯、鬱、興奮離人症情緒不安定、幻覚排尿障害血尿多尿症尿閉無能インポテンス)、多、変声、乾燥肌剥脱性皮膚疾患、乱用、依存症、無月経胆汁うっ滞死亡虫歯、肝酵素増大、痛覚過敏性腺機能低下症低ナトリウム血症イレウス筋緊張亢進、過剰摂取、動悸、不適切な抗利尿ホルモン分泌症候群蕁麻疹アナフィラキシー、又は嘔吐などでありうるが、これらに限定されない。さらに別の態様において、結合オキシモルホンは、選択的にオキシモルホンがオキシモルホンに代謝されるのを可能にする。一部の態様において、これらの結合体は、乱用抵抗性又は抑止性の様式で、なお疼痛緩和、例えば中等度〜重度の疼痛緩和に使用することができ、そして親薬物又はその代謝産物の副作用を低減又は防止する更なる可能性も提供する。

0084

[00105]オキシモルホン及びその他のオピオイドも依存性が高く、乱用に陥りやすい。
オピオイドの気晴らし的な薬物乱用はよくある問題で、通常は陶酔感(“ラッシュ”又は“ハイ”)を達成する目的で摂取された経口用量から始まる。そのうちに薬物乱用者は、
より強力な“ハイ(高揚感)”を達成するため、又は高くなったオピオイド耐性を補うために、経口用量を増量していくことが多い。この行為はエスカレートして、鼻腔内(“スノーティング”)及び静脈内(“シューティング”)などの他の投与経路の開拓につながることがある。

0085

[00106]本技術の一部の態様において、適切なアリールカルボン酸リガンドと結合され
たオキシモルホンは、経口投与後、血漿中濃度に潜在的薬物乱用者が求める急激なスパイクはもたらさない。他の態様において、これらの結合体から放出されたオキシモルホンは、非結合オキシモルホンよりも遅延されたTmax及びおそらくは低いCmaxを有する。何らかの特定理論に拘束されるわけではないが、本技術の結合体は、経口又は他の非経口経路により摂取された場合、たとえ高用量で摂取されても、“ラッシュ”感は提供しないが、疼痛緩和は依然として初期に提供及び/又は維持すると考えられている。

0086

[00107]さらに、一部の態様において、本技術の適切なリガンドと結合されたオキシ
ホンは、非経口経路で投与された場合、効率的に加水分解されない。その結果、これらの結合体は、注射又は吸引された場合、これらの同じ経路で投与された遊離オキシモルホンと比べて、放出オキシモルホンの高い血漿中又は血中濃度を生じない。

0087

[00108]さらなる態様において、本技術の結合体は、共有結合されたオキシモルホンか
ら成るので、様々な方法、例えば固体剤形粉砕又は破砕するなどの物理的操作をしても結合オキシモルホンからオキシモルホンオピオイドを放出させることはできない。さらに、本技術の結合体は、潜在的薬物乱用者が、例えば結合体の沸騰、又は酸性もしくは塩基性溶液処理によって分子の活性部分を“抽出する”ために適用しうる条件下で、化学的加水分解に対する抵抗性も示す。そのような抵抗性は、従来のオキシモルホンの剤形及び製品に優る顕著な利益を提供する。

0088

[00109]本技術の組成物、化合物、結合体及びプロドラッグは経口剤形でありうる。こ
れらの剤形は、錠剤、カプセル、カプレットトローチロゼンジ散剤、懸濁液、シロップ溶液又は経口薄膜OTF)剤形などであるが、これらに限定されない。好適な経口投与形態は、カプセル、錠剤、溶液及びOTF剤形である。

0089

[00110]固体剤形は下記の種類の賦形剤、すなわち付着防止剤結合剤コーティング
崩壊剤充填剤、フレーバー、色素、着色剤流動促進剤滑沢剤、保存剤、吸着剤甘味剤、それらの誘導体、又はそれらの組合せを含みうるが、これらに限定されない。

0090

[00111]本技術の経口製剤は、水性液体又は非水性液体中の溶液又は懸濁液に含めるこ
ともできる。該製剤は、水中油型液体エマルション又は油中水型液体エマルションなどのエマルションでありうる。油は、調製済み腸溶製剤に精製及び滅菌液体を加えることによって投与できる。次に、例えば、これを嚥下不能な患者の栄養チューブに入れる。

0091

[00112]軟質ゲル又は軟質ゼラチンカプセルは、例えば製剤を適切なビヒクル(一般に
植物油が使用される)中に分散させて高粘度混合物を形成させることによって製造できる。次に、この混合物を、軟質ゲル業界の当業者に公知の技術及び機械を使用してゼラチンベースフィルム被包する。次に、このようにして形成された個別単位を、ヒト又は動物患者への投与用の最終製品として恒量になるまで乾燥させる。

0092

[00113]チュアブル(咀嚼)錠は、例えば、本技術の化合物、組成物、結合体、プロド
ラッグ、又は製剤を、嚥下というよりは咀嚼を目的とした比較的軟質のフレーバー付き錠剤を形成するために設計された賦形剤と混合することによって製造できる。慣用錠剤機及び手順、例えば、直接圧縮法及び顆粒化法、すなわちスラッグ法圧縮の前に錠剤用の
顆粒を製造するためのスラッグを形成する)が利用できる。医薬用固体剤形の製造に従事している者であれば、チュアブル剤形は製薬業界で非常に一般的な剤形であるので、使用される方法及び機械については熟知している。

0093

[00114]フィルムコート錠は、例えば、本技術の化合物、結合体、組成物、プロドラ
グ又は製剤を含有する錠剤上に連続フィルム層を付着させるための回転パンコーティング(rotating pan coating)法又はエアサスペンション(air suspension)法などの技術を用いて錠剤をコーティングすることによって製造できる。

0094

[00115]圧縮錠剤は、例えば、製剤を、崩壊質に結合質を加味するための賦形剤と混合
することによって製造できる。混合物は、製薬業界の当業者に公知の方法及び機械を用いて、直接圧縮されるか又は顆粒化された後圧縮される。次に、得られた圧縮錠剤の投与単位は、市場ニーズに応じて、例えば、単位用量、ロールバルボトルブリスターパックなどに包装される。

0095

[00116]本技術は、様々な材料から製造されうる生物学的に許容可能な担体の使用も想
定している。そのような材料は、希釈剤、結合剤及び接着剤、滑沢剤、可塑剤、崩壊剤、着色剤、増量物質、フレーバー、甘味剤、ならびに特定の薬用組成物を製造するための緩衝剤及び吸着剤などの各種材料などであるが、これらに限定されない。

0096

[00117]結合剤は様々な材料から選ぶことができる。例えば、ヒドロキシプロピルメチ
セルロースエチルセルロース、又はその他の適切なセルロース誘導体ポビドンアクリル酸及びメタクリル酸コポリマー、製薬用グレーズガムホエーなどの乳誘導体デンプン、及び誘導体のほか、当業者に公知のその他の慣用結合剤などである。溶媒非制限的例は、水、エタノールイソプロピルアルコール塩化メチレン又はそれらの混合物及び組合せである。増量物質の非制限的例は、糖、ラクトースゼラチン、デンプン、二酸化ケイ素、及びそれらの誘導体などである。

0097

[00118]本技術の製剤は、上で特記した成分に加えて、とりわけ、フレーバー剤、保存
剤及び酸化防止剤などのその他の適切な薬剤も含みうることは理解されるはずである。そのような酸化防止剤は好ましくは食品として容認可能であり、例えば、ビタミンEカロテン、BHT又はその他の酸化防止剤又はそれらの誘導体などを含みうる。

0098

[00119]本技術の組成物、化合物、結合体、製剤及び/又はプロドラッグに混合によっ
て含めることができるその他の化合物は、例えば、医学的に不活性な成分、例えば、錠剤又はカプセルにはラクトース、デキストロースサッカロース、セルロース、デンプン又はリン酸カルシウム軟質カプセルにはオリーブ油又はオレイン酸エチル、懸濁液又はエマルションには水又は植物油などの固体及び液体希釈剤シリカタルクステアリン酸ステアリン酸マグネシウム又はカルシウム及び/又はポリエチレングリコールなどの滑沢剤;コロイド粘土などのゲル化剤トラガカントゴム又はアルギン酸ナトリウムなどの増粘剤;デンプン、アラビアゴム、ゼラチン、メチルセルロースカルボキシメチルセルロース又はポリビニルピロリドンなどの結合剤;デンプン、アルギン酸アルギネート又はデンプングリコール酸ナトリウムなどの崩壊剤;発泡剤(effervescing mixture);色
素;甘味剤;レシチンポリソルベート又はラウリル硫酸塩などの湿潤剤;又はそのような製剤用の公知添加剤であるその他の治療上許容可能な付属成分、例えば保湿剤、保存剤、緩衝剤及び酸化防止剤などである。

0099

[00120]本技術の様々な態様の経口投与に関しては、微粉砕剤、希釈剤、分散剤及び/
又は界面活性剤を含有する微粉末又は顆粒が、ドラフト中、水又はシロップ中、乾燥状態でカプセル又はサシェ中、非水性懸濁液中(懸濁化剤が含まれてもよい)、又は水もしく
はシロップ中の懸濁液中に提供できる。望ましい場合、フレーバー、保存剤、懸濁化剤、増粘剤又は乳化剤を含めてもよい。

0100

[00121]経口投与用液体分散物は、シロップ、エマルション又は懸濁液でありうる。
シロップは、担体として、例えばサッカロース又はサッカロースとグリセロール及び/又はマンニトール及び/又はソルビトールを含有しうる。特に、糖尿病患者用のシロップは、担体としてソルビトールなどのグルコースに代謝されないか又はごく少量のグルコースにしか代謝されない製品のみを含有できる。懸濁液及びエマルションは、担体、例えば天然ゴム寒天、アルギン酸ナトリウム、ペクチン、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ポリビニルアルコール、又はそれらの誘導体もしくは組合せを含有しうる。

0101

[00122]本技術のオキシモルホンの製剤は、例えば、意図する適応又は認可外の使用/
適用に応じて、オキシモルホンと一つ又は複数のその他の非麻薬性活性成分との併用療法剤であってもよい。これらの活性薬の例は、アセトアミノフェン、フェニルプロパノールアミンホマトロピン、イブプロフェン、アスピリン、フェニラミン、クロルフェニラミンフェニレフリンプソイドエフェドリンピリラミングアイフェネシン、ならびにそれらの誘導体及び組合せなどであるが、これらに限定されない。本技術の結合オキシモルホンは、とりわけ、これら又はその他の活性物質の一つ又は組合せと共に製剤化されても、又は他の活性薬は何もなしに単独型活性成分として製剤化されてもよい。

0102

[00123]本技術の結合体、化合物、組成物、製剤、及び/又はプロドラッグは、患者の
オピオイド受容体へのオピオイドの結合又は結合の阻害を必要とする又はそれによって媒介される疾患、障害又は状態を有する患者(ヒト又は動物)の治療法に使用できる。治療は、本技術に記載されている治療上有効な量のオキシモルホンの少なくとも一つの結合体、化合物、組成物、プロドラッグ、又は製剤を患者に経口投与するステップを含む。結合体は、等価のモル量の非結合オキシモルホンと比較した場合に長時間にわたる緩徐な放出速度とAUCを示すことができる。他の態様において、本技術の少なくとも一つの結合体、化合物、組成物、プロドラッグ、又は製剤は、非結合オキシモルホンと比較した場合に経口PKプロフィールの少ない変動を示すことができる。

0103

[00124]他の態様において、本技術の少なくとも一つのオキシモルホン結合体、化合物
、組成物、プロドラッグ、又は製剤は、モル当量の非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUC(曲線下面積)を提供するのに足る量で提供される。さらなる態様において、本技術のオキシモルホン結合体、組成物、化合物、製剤、又はプロドラッグは、非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のAUCを提供するのに足る量で提供されるが、血漿中のCmax(ピーク濃度)はより低いか又は血漿濃度中に等価のCmaxを提供しない。一部の側面において、本技術の結合体、組成物、化合物、製剤、又はプロドラッグは、非結合オキシモルホンと比較した場合に治療上等価のCmaxを提供するのに足る量で提供される。

0104

[00125]本技術のプロドラッグ又は組成物によって治療できる適切な疾患、障害又は状
態は、麻薬中毒又は薬物中毒、及び/又はとりわけ急性もしくは慢性疼痛である。

0105

[00126]本技術のプロドラッグ、組成物、化合物、結合体、又は製剤は、特に制限され
ないが、経口剤形に製造できる。これらの剤形は、錠剤、カプセル、カプレット、トローチ、ロゼンジ、散剤、懸濁液、シロップ、溶液又は経口薄膜(OTF)などであるが、これらに限定されない。経口投与形態の例は、カプセル、錠剤、溶液及びOTFである。固体剤形は下記の種類の賦形剤、すなわち付着防止剤、結合剤、コーティング、崩壊剤、充填剤、フレーバー及び着色剤、流動促進剤、滑沢剤、保存剤、吸着剤、及び甘味剤を含みうる。その他のオキシモルホンの製剤は、錠剤、カプセル、放出調節カプセル、延長放出
錠剤、制御放出カプセル、坐剤注射用粉末、経口液体、咳止めシロップ、及び注射である。

0106

[00127]本技術の結合体の投与量は、それらの分子量及び結合体全体の一部としてのオ
キシモルホンの各重量パーセンテージに依存するので、遊離オキシモルホンの投与量より多くなりうる。オキシモルホン塩酸塩を基にした経口投与量(oral dosage strength)は、即時放出製剤の場合、約5mg〜約10mg、延長放出製剤の場合、約5mg〜約40mgの範囲である。用量は、有害作用を最小化しながら、適切な鎮痛効果が得られるまで漸増されるべきである。用量のいくつかの例は、特に制限されないが、5、7.5、10、15、20、30、40mgなどである。本技術の結合体の投与量は、それらの分子量及び結合体全体の一部としてのオキシモルホンの各重量パーセンテージに応じて多くなりうる。オキシモルホン塩酸塩からオキシモルホンプロドラッグへの用量換算は、下記式を用いて実施できる。

0107

0108

OM=オキシモルホン
HCl=塩酸塩
MW=分子量
fBA=非修飾オキシモルホンと本発明のプロドラッグ又は結合体との間のバイオアベイラビリティにおける差を説明する補正係数

0109

[00128]本技術の結合オキシモルホンの適切な例示的投与量は、約0.5mg以上、あ
るいは約2.5mg以上、あるいは約5.0mg以上、あるいは約7.5mg以上、あるいは約10mg以上、あるいは約20mg以上、あるいは約30mg以上、あるいは約40mg以上、あるいは約50mg以上、あるいは約60mg以上、あるいは約70mg以上、あるいは約80mg以上、あるいは約90mg以上、あるいは約100mg以上、及びその任意の追加増分、例えば、約0.1、約0.2、約0.25、約0.3、約0.4、約0.5、約0.6、約0.7、約0.75、約0.8、約0.9又は約1.0mg及びその倍数(例えば、×2、×2.5、×5、×10、×100など)を含む製剤などであるが、これらに限定されない。本技術は、現在認可されているオキシモルホン製剤を含む投与製剤も含む。その投与量は、オキシモルホン塩酸塩の量によって決定される上記式を用いて計算できる。本技術は、単独療法として又は他の医薬品有効成分との併用療法として製剤化された剤形を提供する。

0110

[00129]本技術のオキシモルホンとNSAIDの誘導体との結合体は、いくつかの利益
を有する。例えば、遊離オキシモルホンと比較した場合にオキシモルホンの血漿中濃度の患者変動の低減、薬物乱用可能性の低減、オキシモルホンの全投与量放出をもたらす化学的又は物理的操作リスクの低減、アリールカルボン酸又はその誘導体への共有結合による剤形の改良、オキシモルホンの代謝の増加又は減少及び/又は薬物乱用以外の副作用の低減などであるが、これらに限定されない。

0111

[00130]オピオイド鎮痛薬の副作用は、胃腸管に存在するミュー(μ)受容体へのオピ
イドの結合によって引き起こされる胃腸障害を含む。胃における副作用は、塩酸分泌の減少、胃運動性の低下、従って例えば食道逆流を招きかねない胃内容排出時間の延長などを含みうる。胃内容物十二指腸通過が12時間も遅れることがあり、経口投与された薬
物の吸収が遅れる。小腸では、オピオイド鎮痛薬は、胆汁膵液及び腸液の分泌を減退させるので、小腸での食物消化を遅らせる。結腸における推進蠕動波は、オピオイドの投与後に減退又は停止するので、けいれんを起こすほどに緊張が増大する。この結果、腸内容物の通過遅延が相当な便の水分吸収を引き起こすので、結腸を通過するそれらの前進が遅くなる。これらの作用は、薬物の中枢作用のために排便反射に対する正常な感覚刺激への不注意とも相まって、オピオイド誘発性便秘又は“OIC”の一因となる。

0112

[00131]オキシモルホンは、中等度〜重度の疼痛の治療に使用される。本技術のプロド
ラッグは、疼痛緩和のため又はオピオイド受容体の遮断を必要としうる何らかの状態の治療のために投与できる。本技術の結合体は、便秘作用の削減又は阻害を含む、オピオイド鎮痛薬の副作用の低減を提供できる。

0113

[00132]本技術は、本技術の結合オキシモルホンを製造するための合成法も提供する。
一態様において、本技術の合成は、リガンドの保護(必要な場合);リガンドのカルボン酸基の活性化(まだ活性形でない場合);塩基の存在下で、活性化リガンドのオキシモルホンへの付加又はその逆;及びリガンド保護基の除去(該当する場合)の工程を含む。

0114

[00133]アリールカルボン酸が、オキシモルホンへの結合を妨害しうる何らかの更なる
反応性官能基を含有している場合、最初に一つ又は複数の保護基を付けることが必要となろう。官能基の種類及び反応条件に応じて任意の適切な保護基が使用できる。いくつかの保護基の例は、アセチル(Ac)、β−メトキシエトキシメチルエーテルMEM)、メトキシメチルエーテル(MOM)、p−メトキシベンジルエーテル(PMB)、トリメチルシリルTMS)、tert−ブチルジメチルシリル(TBDPS)、トリイソピロピルシリル(TIPS)、カルボベンジルオキシCbz)、p−メトキシベンジルカルボニル(Moz)、tert−ブチルオキシカルボニル(Boc)、9−フルオレニルメチルオキシカルボニル(Fmoc)、ベンジル(Bn)、p−メトキシベンジル(MPM)、トシル(Ts)である。カルボニル官能基からのアセタール又はケタールの一時的形成も適切でありうる。

0115

[00134]リガンドのカルボン酸基は、オキシモルホンと反応させるため及び相当量の結
合体を生成するために活性化されるべきである。この活性化は、当業者に公知の様々なカップリング剤によって多数の方法で達成できる。そのようなカップリング剤の例は、N,N’−ジシクロヘキシルカルボジイミド(DCC)、N−(3−ジメチルアミノプロピル)−N’−エチルカルボジイミド(EDCI)、N,N’−ジイソプロピルカルボジイミド(DIC)、1,1’−カルボニルジイミダゾール(CDI)又はその他のカルボジイミド;(ベンゾトリアゾール−1−イルオキシ)トリス(ジメチルアミノホスホニウムヘキサフルオロホスフェートBOP)、ブロモトリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロホスフェート(PyBroP)、(ベンゾトリアゾール−1−イルオキシ)トリピロリジノホスホニウムヘキサフルオロホスフェート(PyBOP)又はその他のホスホニウムベース試薬;O−(ベンゾトリアゾール−1−イル)−N,N,N’,N’−テトラメチルウロニウムヘキサフルオロホスフェート(HBTU)、O−(ベンゾトリアゾール−1−イル)−N,N,N’,N’−テトラメチルウロニウムテトラフルオロボレート(TBTU)、フルオロ−N,N,N’,N’−テトラメチルホルムアミジニウムヘキサフルオロホスフェート(TFFH)、N,N,N’,N’−テトラメチル−O−(N−スクシンイミジル)ウロニウムテトラフルオロボレート(TSTU)又はその他のアミニウムベースの試薬である。アリールカルボン酸は、適切なハロゲン化アシルアジ化アシル又は混合無水物に変換することもできる。

0116

[00135]オキシモルホンのアリールカルボン酸結合体の合成スキームのいずれかの工程
において塩基が必要になることもある。適切な塩基は、4−メチルモルホリン(NMM)
、4−(ジメチルアミノ)ピリジンDMAP)、N,N−ジイソプロピルエチルアミンリチウムビス(トリメチルシリル)アミド、リチウムジイソプロピルアミド(LDA)、任意のアルカリ金属tert−ブトキシド(例えばカリウムtert−ブトキシド)、任意のアルカリ金属水素化物(例えば水素化ナトリウム)、任意のアルカリ金属アルコキシド(例えばナトリウムメトキシド)、トリエチルアミン又は任意のその他の第三級アミンなどであるが、これらに限定されない。

0117

[00136]オキシモルホンのアリールカルボン酸結合体の合成スキームのいずれかの反応
に使用できる適切な溶媒は、アセトンアセトニトリルブタノールクロロホルムジクロロメタンジメチルホルムアミドDMF)、ジメチルスルホキシドDMSO)、ジオキサン、エタノール、酢酸エチルジエチルエーテルヘプタンヘキサンメタノール、メチルtert−ブチルエーテルMTBE)、イソプロパノール酢酸イソプロピルジイソプロピルエーテルテトラヒドロフラントルエンキシレン又は水などであるが、これらに限定されない。

0118

[00137]一部の態様において、プロドラッグは疎水性であるので、水に難溶である。こ
の結果、化合物を水と混合すると、ゲル様稠度又は塊状の懸濁液が得られる。何らかの理論に拘束されるわけではないが、これらの化合物は、ヒト対象(又は動物対象)がそれらを鼻腔内吸入(“スノーティング”)しようとした場合も凝固するか又は塊状になるであろうと考えられている。この性質は、鼻腔内乱用の試みを不快にするばかりでなく、プロドラッグが鼻粘膜を通過するのもおそらく防止するであろう。この結果、これらの化合物はこの投与経路には無効ということになる。

0119

[00138]本技術は、患者(ヒト又は動物)の薬物離脱症状又は疼痛の治療又は予防のた
めの医薬キットも提供する。患者はヒト又は動物患者でありうる。適切なヒト患者は、例えば、小児患者高齢老人)患者、及び標準的患者を含む。少なくとも一つの態様において、キットは、薬学的に有効量の本技術の少なくとも一つのオキシモルホンの結合体を含有する包装された特定量(以下に示された例示的な量を参照。しかしながら、当業者であれば、それらは包括的な量ではなく、治療される患者又は対処される状態、疾患、もしくは障害に応じて他の量も想定されることは理解されるはずである)の個別用量を含む。キットにはさらに、キットの使用説明書が含まれていてもよい。説明書は、約0.5mg〜約200mg/用量の投与量範囲、例えば約1mg、約2mg、約3mg、約4mg、約5mg、約6mg、約7mg、約8mg、約9mg、約10mg、約11mg、約12mg、約13mg、約14mg、約15mg、約16mg、約17mg、約18mg、約19mg、約20mg、約21mg、約22mg、約23mg、約24mg、約25mg、約26mg、約27mg、約28mg、約29mg、約30mg、約31mg、約32mg、約33mg、約34mg、約35mg、約36mg、約37mg、約38mg、約39mg、約40mg、約41mg、約42mg、約43mg、約44mg、約45mg、約46mg、約47mg、約48mg、約49mg、約50mg、約51mg、約52mg、約53mg、約54mg、約55mg、約56mg、約57mg、約58mg、約59mg、約60mg、約61mg、約62mg、約63mg、約64mg、約65mg、約66mg、約67mg、約68mg、約69mg、約70mg、約71mg、約72mg、約73mg、約74mg、約75mg、約76mg、約77mg、約78mg、約79mg、約80mg、約81mg、約82mg、約83mg、約84mg、約85mg、約86mg、約87mg、約88mg、約89mg、約90mg、約91mg、約92mg、約93mg、約94mg、約95mg、約96mg、約97mg、約98mg、約99mg、約100mg、約101mg、約102mg、約103mg、約104mg、約105mg、約106mg、約107mg、約108mg、約109mg、約110mg、約111mg、約112mg、約113mg、約114mg、約115mg、約116mg、約117mg、約118mg、約119mg、約120mg、約121mg、約
122mg、約123mg、約124mg、約125mg、約126mg、約127mg、約128mg、約129mg、約130mg、約131mg、約132mg、約133mg、約134mg、約135mg、約136mg、約137mg、約138mg、約139mg、約140mg、約141mg、約142mg、約143mg、約144mg、約145mg、約146mg、約147mg、約148mg、約149mg、約150mg、約151mg、約152mg、約153mg、約154mg、約155mg、約156mg、約157mg、約158mg、約159mg、約160mg、約161mg、約162mg、約163mg、約164mg、約165mg、約166mg、約167mg、約168mg、約169mg、約170mg、約171mg、約172mg、約173mg、約174mg、約175mg、約176mg、約177mg、約178mg、約179mg、約180mg、約181mg、約182mg、約183mg、約184mg、約185mg、約186mg、約187mg、約188mg、約189mg、約190mg、約191mg、約192mg、約193mg、約194mg、約195mg、約196mg、約197mg、約198mg、約199mg、約200mg/用量の前記結合体の使用に向けられる。

0120

[00139]特定量の個別用量は、約1〜約100個の個別剤形、あるいは約1〜約60個
の個別剤形、あるいは約10〜約30個の個別剤形、例えば、約1、約2、約5、約10、約15、約20、約25、約30、約35、約40、約45、約50、約55、約60、約70、約80、約100個を含有でき、それらの任意の追加増分、例えば1、2、5、10個及びそれらの倍数(例えば、×2、×2.5、×5、×10、×100など)を含む。

0121

[00140]ここに記載された技術及びその利点は、以下の実施例を参照することによって
より良く理解されるであろう。これらの実施例は、本技術の特定の態様を説明するために提供される。これらの具体的実施例を提供することによって本技術の範囲及び精神を制限することは意図していない。当業者であれば、ここに記載された技術の全範囲は、本明細書に添付されたクレームによって定義された主題のほか、それらのクレームの何らかの変更、修正、又は等価物も包含することは理解されるであろう。

0122

[00141]当業者であれば、ここに記載された技術の全範囲は、本明細書に添付されたク
レームによって定義された主題のほか、それらのクレームの何らかの変更、修正、又は等価物を包含することは理解されるはずである。上記は本技術の好適な態様を記載していること、添付のクレームに示されている本発明の精神又は範囲から逸脱することなく、その中で修正が可能であることは理解されるはずである。

0123

実施例1:本技術の結合オキシモルホンの経口PKプロフィール
[00142]本技術のいくつかのプロドラッグ結合体について、経口PK曲線を求めた。ラ
ットに2mg/kgの遊離塩基オキシモルホンに相当する量の結合体を経口投与し、放出されたオキシモルホンの血漿中濃度をLC−MS/MSにより経時的に測定した。結果を以下の表1にまとめた。

0124

0125

[00143]オキシモルホン、6−Bz−OM、及び3−インドメタシン−OMによって生
成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフ図14に示す。

0126

[00144]オキシモルホン、及び3,6−(シンナメート)2−OMによって生成したオ
キシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図15に示す。

0127

[00145]オキシモルホン、6−Bz−OM、及び3−インドメタシン−OMによって生
成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図16に示す。

0128

[00146]オキシモルホン、3−(4−MeO−Bz)−OM、及び3−(2−OH−B
z)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図17
示す。

0129

[00147]オキシモルホン、6−(2−OH−Bz)−OM、及び6−(4−OH−Bz
)−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図18に示す。

0130

[00148]オキシモルホン及び3−(4−OH−Bz)−OMによって生成したオキシモ
ルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図19に示す。

0131

[00149]オキシモルホン、3−バニレート−OM、及び6−バニレート−OMによって
生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図20に示す。

0132

[00150]オキシモルホン、6−(4−OH−Bz)−OM、及び3,6−(4−MeO
−Bz)2−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図21に示す。

0133

[00151]オキシモルホン、6−(3−ABz)−OM、及び6−(シンナメート)−O
Mによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図22に示す。

0134

[00152]オキシモルホン、3−(2−OAc−Bz)−OM、及び2−ケトプロフェン
−OMによって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図23に示す。

0135

[00153]オキシモルホン、及び3−フェノプロフェン−OMによって生成したオキシモ
ルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図24に示す。

0136

[00154]オキシモルホン、3−ジフルニサル−OM、及び6−ケトプロフェン−OMに
よって生成したオキシモルホンの血漿中濃度を比較する経口ラット(Sprague−Dawleyラット)試験から得られたPKプロフィールのグラフを図25に示す。

0137

[00155]オキシモルホンプロドラッグの実施例は、非結合OM(オキシモルホン)と比
べて、オキシモルホン(OM)に関して類似の経口バイオアベイラビリティ全身吸収)を示している。

0138

[00156]ここに特許請求されている技術において提供された実施例は、発明者らによっ
発見されたいくつかの新規化学物質プロドラッグからの活性成分OMの効果的な放出を示している。これらのOMプロドラッグをラットに経口投与した後のOMの血漿中濃度は、非結合OMによって生成した血漿中濃度と比べて、様々なレベルの暴露を生じた。一部の場合において、活性成分OMの経口バイオアベイラビリティは、プロドラッグによって改良された。

0139

[00157]上記実験のすべてのPKパラメーターは、対照(OM)からの%変化として計
算され、表されている。これらのPKパラメーターは、最大血漿中濃度(Cmax)、曲
線下面積(AUC)、Cmaxが起こる時間(Tmax)であった。これらのパラメーターは、表1にOM対照に対して示されている。

0140

実施例2:本技術の結合オキシモルホンの鼻腔内PKプロフィール
[00158]本技術のいくつかのプロドラッグ結合体について、鼻腔内PK曲線を求めた。
ラットに0.2mg/kgの遊離塩基オキシモルホンに相当する量の結合体を鼻腔内投与し、放出されたオキシモルホンの血漿中濃度をLC−MS/MSにより経時的に測定した。

0141

[00159]OMは吸入(insufflation)されることが多いが、それは、この投与経路が急速
かつ高レベルの陶酔感を生じるためである。これは鼻腔内(IN)薬物動態によって説明できる。鼻腔内送達されたOMは、非常に迅速に(短いTmax)OMの高血漿中濃度(Cmax)を生じる。また、最高のOM暴露レベル(AUC)ももたらす。一方、我々の乱用抑止性OMプロドラッグの吸入は、劇的に低いOMの血漿中濃度、Tmaxの遅延、そしてしばしば非常に低いOM暴露をもたらす。これらの特徴のいくつかの例を図26〜29に提供する。

0142

[00160]経口以外の送達経路は、十分なレベルのオキシモルホンを放出するためにオキ
シモルホンプドラッグに必要とされる活性化工程を迂回することになるので、例えば鼻腔内及び静脈内投与による乱用抑止性を付与する。

0143

[00161]OMと比較した鼻腔内薬物動態をラットで試験した。プロドラッグの場合、は
るかに低いOMの血漿中濃度しか観察されず、良好な鼻腔内乱用抑止可能性を示した。

0144

[00162]乱用可能性と関連付けられることの多い鼻腔内PKパラメーター(Cmax及
びTmax)は、多くのOMプロドラッグで、それらの乱用可能性がかなり低くなるであろうと予測されるように変化した(それぞれ減少及び増加)。

0145

[00163]上記実験のすべてのPKパラメーターは、対照(OM)からの変化%として計
算され、表されている。これらのPKパラメーターは、最大血漿中濃度(Cmax)、曲線下面積(AUC)、Cmaxが起こる時間(Tmax)であった。これらのパラメーターは、表2にOM対照に対して示されている。

0146

0147

[00165]実施例3:比較試験
[00166]ここに特許請求されている技術は、オピオイドのオキシモルホンと様々なアリ
ールカルボン酸との共有結合を利用し、医薬品有効成分(API)のオキシモルホンが経口投与後にインビボで放出されるようにすることにより、過剰摂取又は乱用を引き起こす
可能性を削減している。これらの結合体は、安全であることが確認されているが高度に乱用される親分子のプロドラッグとして意図されている。一般に受け入れられているプロドラッグの定義を満たすには、結合体は顕著な薬理活性を持ってはならず、インビボで活性部分が放出されて初めて効果を発揮することになる。

0148

[00167]ここに記載されている技術は、以前に報告された技術の例と構造的に類似して
いるように見えるオキシモルホン結合体に関するが、それらの性質は全く異なり、かつ自明でない。これを例証するために、ここに特許請求されているいくつかのオキシモルホンの結合体の経口薬動態(PK)プロフィールを、構造的に類似したヒドロコドン、ヒドロモルホン及びオキシコドンの結合体に対してプロットする。

0149

[00168]結合体から放出される各オピオイドの血漿中濃度の測定値は、等モル用量のそ
親オピオイドの対応最大血漿中濃度(Cmax)に対して標準化された(すなわち、親オピオイドのCmaxを100%に設定した)。得られたPK曲線は、様々な結合体から放出されたオピオイドの血漿中濃度を示しているが、これは各親オピオイドのピーク血漿中濃度(Cmax)のパーセントとしてプロットされている。こうすることにより、同じカルボン酸と結合された異なるオピオイドのいくつかの結合体によって生成するオピオイド濃度の比較が容易になる。

0150

[00169]例えば、図30は、オキシモルホンの三つの安息香酸結合体を、類似のヒドロ
コドンの結合体と比較した。ヒドロコドン結合体は、その親オピオイド(ヒドロコドン酒石酸水素塩)と類似した放出オピオイド血漿中濃度を生じているが、二つのオキシモルホン結合体は、それらの親オピオイド(オキシモルホン塩酸塩)と比べて鈍い放出オピオイド血漿中濃度しか示さなかった。

0151

[00170]図31は、4−メトキシ安息香酸と結合された二つのオキシモルホンプロドラ
ッグ結合体と、同じ酸に結合された一つのヒドロコドンとを比較している。本実施例では、ヒドロコドン結合体は、ヒドロコドンがオキシモルホン結合体と同じ酸に共有結合されているにも関わらず、二つのオキシモルホン結合体と比べて高いオピオイド放出を示していた。興味深いことに、オキシモルホン結合体は、特有の薬物動態特徴も有していた。

0152

[00171]図32は、オキシモルホン及びヒドロコドンの桂皮酸結合体の相対PKプロフ
ィールを示す。ここでも二つの異なるオピオイドの放出プロフィールは非常に異なり、予想外であった。

0153

[00172]図33は、各オピオイド分子上の同じ位置で4−メトキシ安息香酸と結合され
たオキシモルホン及びヒドロモルホンのPKプロフィールを示す。同じ位置で結合された同一のリガンド基を有しているにも関わらず、ヒドロモルホン結合体は、オキシモルホン結合体と比べてより多くのオピオイドを放出した。同様に、図34でも、オキシモルホンプロドラッグをヒドロモルホンプロドラッグと比較した。図35〜38では、グラフに示されている通り、様々なリガンド部分と結合されたオキシモルホンプロドラッグをオキシコドンプロドラッグと比較した。

実施例

0154

[00173]ここに記載された技術から得られたPKプロフィールデータグラフは、いずれ
の関係当業者も同じことを実施できるほど十分、明確、簡潔、及び正確な言葉でここに明記されている。上記の記載は本技術の好適な態様を述べていること、及び添付の特許請求の範囲に記載された本発明の精神又は範囲から逸脱することなく、その中で変更が可能であることは理解されるはずである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ