図面 (/)

技術 包装容器およびその製造方法

出願人 株式会社彫刻プラスト稲垣宏道
発明者 稲垣宏道高橋盛
出願日 2017年10月25日 (3年6ヶ月経過) 出願番号 2017-206021
公開日 2019年5月23日 (1年11ヶ月経過) 公開番号 2019-077472
状態 未査定
技術分野 包装体
主要キーワード 充填用ガス チャンバー蓋 商品ケース 略箱型形状 ヒートシール前 箱形形状 上端周縁 炭酸ガス雰囲気
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

工業的量産が可能であり、密封性を確保でき、温度条件の変化によって容器内部の空気の体積変化が生じても蓋材シワやくぼみの発生が少ない包装容器及びその製造方法を提供すること。

解決手段

樹脂製の容器本体10と、フィルムまたはシートからなる蓋材5と、を備える包装容器であって、容器本体10は、底面部1と、二組の向かい合う側壁部2a、2b、3a、3bとを有する略箱型形状であって、かつ、側壁部の上端周縁フランジ部4を有し、蓋材5はフランジ部4にシールされており、二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部は、互いの間隔が小さくなるように弾性変形した状態であって、該側壁部によって側壁部と直交する方向に前記蓋材5に張力がかかっている、包装容器。

概要

背景

従来、食品等の包装形態の一つとして、食品等を樹脂製の容器に収容した後、容器本体の上端開口部周縁に設けられたフランジ部とフィルム状の蓋材とをヒートシールして密封包装した包装容器がある(特許文献1、2)。

これらの包装容器は食品工場で食品等を収容し密封した後、冷蔵冷凍状態商品ケース陳列される場合がある。
ところで、食品工場で製造した包装容器を冷蔵、冷凍すると容器内部に密閉された空気の体積が小さくなり、この結果、蓋材にシワやくぼみが生じて商品外観が損なわれるという問題がある。

概要

工業的量産が可能であり、密封性を確保でき、温度条件の変化によって容器内部の空気の体積変化が生じても蓋材にシワやくぼみの発生が少ない包装容器及びその製造方法を提供すること。樹脂製の容器本体10と、フィルムまたはシートからなる蓋材5と、を備える包装容器であって、容器本体10は、底面部1と、二組の向かい合う側壁部2a、2b、3a、3bとを有する略箱型形状であって、かつ、側壁部の上端周縁にフランジ部4を有し、蓋材5はフランジ部4にシールされており、二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部は、互いの間隔が小さくなるように弾性変形した状態であって、該側壁部によって側壁部と直交する方向に前記蓋材5に張力がかかっている、包装容器。

目的

本発明の目的は、工業的量産が可能であり、密封性を確保でき、温度条件の変化によって容器内部の空気の体積変化が生じても蓋材にシワやくぼみの発生が少ない包装容器及びその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

樹脂製の容器本体と、フィルムまたはシートからなる蓋材と、を備える包装容器であって、前記容器本体は、底面部と、二組の向かい合う側壁部とを有する略箱型形状であって、かつ、前記側壁部の上端周縁フランジ部を有し、前記蓋材は前記フランジ部にシールされており、前記二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部は、互いの間隔が狭められるように弾性変形した状態であって、該側壁部によって側壁部と直交する方向に前記蓋材に張力がかかっている、包装容器。

請求項2

前記蓋材の厚みが20μm以上、200μm以下である、請求項1に記載の包装容器。

請求項3

前記二組の向かい合う側壁部の一方の組の向かい合う側壁部の上端部の少なくとも一部が、他の組の向かい合う側壁部の上端部よりも高い位置にある、請求項1または2に記載の包装容器。

請求項4

前記二組の向かい合う側壁部の一方の組の向かい合う側壁部の上端部の高さが互いに異なり、他の組の向かい合う側壁部の上端部は前記底面部と略平行な部分と傾斜した部分とを有する、請求項1または2に記載の包装容器。

請求項5

前記容器本体に内容物を収容した、請求項1〜4のいずれか一項に記載の包装容器。

請求項6

請求項1に記載の包装容器を製造する方法であって、底面部と、二組の向かい合う側壁部とを有する略箱型形状で、前記側壁部の上端周縁にフランジ部を有し、かつ、前記二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部が互いに外側に傾斜した樹脂製の容器本体を、前記フランジ部を支えバケットに装着する装着工程と、前記フランジ部に、フィルムまたはシートからなる蓋材をシールするシール工程と、を有し、前記バケットは、少なくとも二組の向かい合う枠壁部からなる枠体を有しており、前記枠体の二組の枠壁部のうち少なくとも一方の組の枠壁部の最上部間の間隔が、これと当接する前記容器本体の向かい合う側壁部の最上部間の間隔よりも小さくなっており、前記装着工程において、前記外側に傾斜した前記容器本体の前記側壁部は前記枠体によって内側方向に押されながら弾性変形することによって、前記側壁部の傾斜は装着前より急な傾斜となり、前記シール工程において、前記蓋材は、前記変形してなる前記容器本体の前記フランジ部にシールされる、包装容器の製造方法。

請求項7

前記変形する前の前記容器本体において前記フランジ部は、前記容器本体の外側に向かって下方に傾斜しており、前記装着工程において、前記下方に傾斜した前記フランジ部が水平に変形する、請求項6に記載の包装容器の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、包装容器およびその製造方法に関する。

背景技術

0002

従来、食品等の包装形態の一つとして、食品等を樹脂製の容器に収容した後、容器本体の上端開口部周縁に設けられたフランジ部とフィルム状の蓋材とをヒートシールして密封包装した包装容器がある(特許文献1、2)。

0003

これらの包装容器は食品工場で食品等を収容し密封した後、冷蔵冷凍状態商品ケース陳列される場合がある。
ところで、食品工場で製造した包装容器を冷蔵、冷凍すると容器内部に密閉された空気の体積が小さくなり、この結果、蓋材にシワやくぼみが生じて商品外観が損なわれるという問題がある。

先行技術

0004

特開平9−221177号公報
特開2017−024803号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の目的は、工業的量産が可能であり、密封性を確保でき、温度条件の変化によって容器内部の空気の体積変化が生じても蓋材にシワやくぼみの発生が少ない包装容器及びその製造方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明の包装容器は以下に記載する通りのものである。
樹脂製の容器本体と、フィルムまたはシートからなる蓋材と、を備える包装容器であって、
前記容器本体は、底面部と、二組の向かい合う側壁部とを有する略箱型形状であって、かつ、前記側壁部の上端周縁にフランジ部を有し、
前記蓋材は前記フランジ部にシールされており、
前記二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部は、互いの間隔が狭められるように弾性変形した状態であって、該側壁部によって側壁部と直交する方向に前記蓋材に張力がかかっている、
包装容器。

発明の効果

0007

本発明の包装容器は、工業的量産が可能であり、密封性を確保でき、温度条件の変化によって容器内部の空気の体積変化が生じても蓋材にシワやくぼみの発生が少ない。

図面の簡単な説明

0008

本発明における容器本体及び包装容器の一例を示す図である。
図1に示した容器本体の断面を示す図である。
本発明における容器本体をバケットに装着する工程を示す図である。
本発明の包装容器を製造する際に用いるバケットの一例を示す図である。
本発明の包装容器を製造する際に用いるバケットの断面を示す図である。
本発明の包装容器及びその断面を示す図である。
本発明の包装容器における容器本体の例を示す図である。
本発明の包装容器の例を示す図である。
本発明の包装容器の例を示す図である。
本発明の包装容器の製造方法を示す図である。

0009

本発明の構成を図に基づいて説明する。
図1Aに本発明の包装容器の容器本体10の形状の一例を表す。
容器本体10は、底面部1と、対向する一組の側壁部2a、2bと、対向する他の一組の側壁部3a、3bとを有し、各側壁部2a、2b、3a、3bの上端周縁にはフランジ部4が設けられている。
図1Bに容器本体10に蓋材5を被せて得られる包装容器20を示す。
容器本体10内に食品等を収容したのち、容器本体10の側壁部の上端周縁に設けられているフランジ部4と蓋材5の周縁部とをシールして食品を容器本体内に密封することにより包装容器20を得る。シールの方法はヒートシールでも良く、接着剤によるシールでもよいが、ヒートシールの方が好ましい。

0010

本発明においては、蓋材5を被せた後の容器本体10の形状は蓋材5を被せる前の容器本体10の形状とは異なっている。
蓋材5を被せた後の容器本体10は二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部が互いの間隔が小さくなるように弾性変形した状態となっている。このため、包装容器20における蓋材5を被せた後の容器本体10の側壁部は元の形状に復帰しようとして、蓋材5には側壁部と直交する方向に張力が発生する。
この蓋材5にかかる張力の働きにより、蓋材5にはシワやくぼみの発生が少なく、商品の外観が損なわれることがない。また、店頭で冷蔵されて容器内部の空気の体積の減少が生じても蓋材にシワやくぼみの発生は少ない。
このように蓋材に張力が係るような包装容器を製造する方法については後述する。

0011

本発明における容器本体10はバケットに収容された状態で容器本体10の側壁部の上端周縁に設けられたフランジ部4と蓋材5とがヒートシールされる。
図2はバケットに収容される前の容器本体10を示す図であり、図2Aは容器本体10を、図2Bは図2AにおけるA−A’断面図を、図2Cは図2AにおけるB−B’断面図をそれぞれ示す。
図2に示した容器本体10においては、バケットに収容される前の容器本体10の側壁部2a、2b、3a、3bは容器本体の外側に角度θ1で傾斜しており、側壁部2a、2b、3a、3bに設けられたフランジ部4は容器本体の外側に向かって水平方向から下方に角度θ2で傾斜している。

0012

図3Aの上側の図及び図3Bの上側の図はバケット30に容器本体10を装着する状態を示す図であり、図3Aの下側の図及び図3Bの下側の図はバケット30に容器本体10を装着した状態を示す図である。

0013

バケットは、少なくとも二組の向かい合う枠壁部からなる枠体を有しており、前記枠体の二組の枠壁部のうち少なくとも一方の組の枠壁部の最上部間の間隔が、これと当接する前記容器本体の向かい合う側壁部の最上部間の間隔よりも小さくなっている。
このようなバケットを用いることにより、容器本体をバケットに装着する工程において、外側に傾斜した容器本体の側壁部は枠体によって内側方向に押されながら性変形することによって、前記側壁部の傾斜は装着前より急な傾斜となり、シール工程において、蓋材は、前記変形してなる前記容器本体のフランジ部にシールされる。

0014

図4−1はバケットの一例を示す図である。
バケット30はいずれも垂直な枠壁部21a、21b、31a、31bからなる枠体を備えている。
枠壁部21a、21b、31a、31bは容器本体の側壁部に比べるとより垂直に近く起立しており、バケット30の一組の枠壁部である枠壁部21aと21bとの間隔は容器本体10の側壁部2aの最上部と側壁部2bの最上部との間の間隔よりも小さくなっている。また、バケット30の他の一組の枠壁部である枠壁部31aと枠壁部31bとの間隔は容器本体10の側壁部3aの最上部と側壁部3bの最上部との間の間隔よりも小さくなっている。
なお、バケット30の枠壁部21aと21bとの間隔及びバケット30の枠壁部31aと31bとの間隔の両方を小さくする必要は無く、少なくとも一組の側壁部の間の間隔が容器本体の側壁部の最上部間の間隔よりも小さくなっていれば良い。
バケットの枠体40は図4−2Aに示すように枠体40のみからなっていても良く、図4−2Bに示すように底面部41を有していても良い。
また、図4−2E、図4−2Fに示すように、枠体40の枠壁部の枠幅を小さくし、枠壁部の下端部に支持部材42を設けることにより枠体40を支持するようにしても良い。

0015

また、図4−1ではバケット30がいずれも垂直な枠壁部21a、21b、31a、31bを有する枠体を備えた例を示した。
しかしながら、枠体の枠壁部は垂直に起立したものでなくても良く、図4−2Cに示したような枠壁部の最上部間の間隔が、これと当接する前記容器本体の向かい合う側壁部の最上部間の間隔よりも小さければ良い。図4−2Dはバケットが枠体40と底面部41とを備えている例である。
また、枠体40は容器本体の位置を固定し、容器本体の少なくとも一組の側壁部の最上部間の間隔を狭めることができる形状であればよく、図4−1、4−2に示した形状に限定されない。
バケットは、枠体を構成する少なくとも一組の枠壁部の最上部間の間隔が、これと当接する前記容器本体の向かい合う側壁部の最上部間の間隔よりも小さくなっていれば良い。

0016

図3A及び図3Bに示すように、容器本体10をバケット30の上方からバケット30内に押し込んで装着すると、バケット30内に押し込まれた容器本体10の側壁部2a、2b及び側壁部3a、3bはバケット30の枠壁部21a、21b、31a、31bから応力を受けて容器本体10の側壁部2aと2bとの間隔及び側壁部3aと3bとの間隔が小さくなるように弾性変形して図3Aの下側の図及び図3Bの下側の図に示すように、容器本体の側壁部2a、2b、3a、3bの傾斜は装着前より急な傾斜となり、容器本体のフランジ部4は水平に近い状態となる。

0017

図5は、バケット30に容器本体10を装着した状態で容器本体10に蓋材5を被せて容器本体10のフランジ部4と蓋材5の周縁部とをヒートシールして、包装容器20をバケット30から取り出した状態を示す図である。図5Aは包装容器を、図5Bは図5AにおけるC−C’断面図を、図5Cは図5AにおけるD−D’断面図をそれぞれ示す。

0018

バケット30から取り出された包装容器20の容器本体10はバケット30の枠壁部からの応力が無くなるため、弾性変形した状態から元の形状に復帰しようとする。このため、蓋材5には張力T1、T2がかかった状態となり、シワやくぼみの発生を防ぐことができる。また、ヒートシールする際にはフランジ部4は水平に近い状態となっているためフランジ部4の全面で蓋材5がシールされて蓋材5が強固にフランジ部に接着され、完全な密閉状態が確保できる。

0019

これにより、例えば収容物が食品の場合にあっては、食品を収容した直後に完全密閉することで、調理室の環境のままの空隙を密封することができ、以後のコンタミ汚染)を防止することができる。また包装容器内雰囲気を制御すること、即ちM.A.P.(Modified Atmosphere Packaging)が可能であり、例えば窒素雰囲気窒素炭酸ガス雰囲気、窒素・炭酸ガス酸素雰囲気等に制御することが可能である。更には、食品にタレ等の液状物が含まれていたとしても、液漏れを起こす恐れがない。

0020

容器本体の形状の他の例を図6図7に示す。
図6に示したものは、一組の向かい合う側壁部2a、2bと他の一組の向かい合う側壁部3a、3bとの二組の向かい合う側壁部を有し、側壁部2a、2b、2c、2dの上端周縁にフランジ部4を有する箱形形状の容器本体60である。この容器本体60は一方の組の向かい合う側壁部3a、3bの上端部の少なくとも一部が頂点3c、3c’を形成しており、この頂点3c、3c’の位置が他の組の向かい合う側壁部2a、2bの上端部よりも高い位置にある。
このように容器本体の側壁部の高さを一定にせず、対峙する一組の側壁部が同一形状であって、該一組の側壁部の上端部の少なくとも一部が他の一組の対峙する側壁部の上端部よりも高い位置にあって頂点となるようにすることで、包装容器および内容物に立体感を持たせることができる。

0021

図7Aに示した包装容器70は底面部71を水平にして、かつ、側壁部72a、72b、73a、73bの下方に突起部75を設けた例である。
図7Aに示すように、前記突起部75の下縁部は、側壁部72a、72b、73a、73bの対応する上縁部と略同一形状であることが好ましい。側壁部72a、72b、73a、73bの対応する上縁部とは、突起部75を設けた部分の側壁部72a、72b、73a、73bの上方の上縁部のことをいう。

0022

図7Aに示した例では、上縁部が台形状の側壁部72a、72bの下方の突起部75は、図7Bに示すたように、上縁部の傾斜と平行になるように傾斜している。また、上縁部が水平状の側壁部73a、73bの下方の突起部75は、図7Cに示すように上縁部と平行になるように水平になっている。

0023

このように底面部71が略平面状(水平)であって、かつ、他の包装容器70と積み重ね可能となる位置に下方向に突き出した突起部75を有することで、底面部71の下側には空間ができる。この空間があることで他の包装容器70と積み重ねることが可能になると同時に、包装容器70を手に取りやすくなる。また、前述のように、電子レンジで加熱した際に食材加熱ムラを抑制することができる。

0024

図8Aに示した包装容器80は、二組の向かい合う側壁部(82aと82b及び83aと83b)の一方の組の向かい合う側壁部(82a、82b)の上端部の高さが互いに異なり、他の組の向かい合う側壁部(83aと83b)の上端部は前記底面部と略平行な部分と傾斜した部分とを有する。
この包装容器80は、図8Bに示すように、包装容器80を積み重ねた場合には、左側面側にできる隙間に手を入れて本物品を容易に手に取ることができる。

0025

次に蓋材について説明する。
蓋材としてはフィルムまたはシートを用いることができる。
蓋材にフィルムまたはシートを用いることにより、包装容器の上面を高光沢高透明にすることができる。これにより内容物をよりはっきりと見せることが可能となり、鮮度感を与えることができる。また、蓋材に防曇剤を塗布したり含有させたりすることで、包装容器に防曇性を付与することができる。

0026

蓋材は単層であっても積層されたものであっても構わないが、上記の高光沢、高透明にするためにはなるべく薄いものが好ましく、例えば、フィルムの場合には20μm以上150μm未満程度のものを、シートの場合には150μm以上200μm以下程度のものを良好に使用することができる。

0027

本発明の包装容器は、前記蓋材が、前記包装容器の収容物を電子レンジで加熱した際に発生する蒸気の圧力で蓋材に設けた蒸気孔が自動開孔する機能を有することが好ましい。これにより包装容器の蓋材であるフィルムまたはシートを事前に一部ピールしておくことなく、電子レンジ加熱することができ、利便性に優れる。
このような蓋材としては、例えば、せいろパック登録商標)に使用されているフィルムを利用することができる(特許第4817583号公報参照)。

0028

また、包装容器に自動開孔性を付与するために、前記ヒートシールされた容器本体のフランジ部と蓋材との少なくとも一部が、他の部分よりもシール強度が弱く、前記包装容器内の収容物を電子レンジで加熱した際に発生する蒸気の圧力で剥離して開孔する機能を有するようにすることも好ましい。このようにするには、例えば、容器本体の側壁部周縁に設けられたフランジ部の一部分の幅を他の部分の幅よりも細くすればよい。

0029

前記本発明の包装容器に食品を収容してなる弁当等の包装製品は、内容物である食品を視認しやすく、また、外観上の立体感にも優れている。更に、包装容器が密封されている為、衛生面にも優れ、消費期限を長くすることもできる。

0030

本発明の容器において前記蓋材は、原反ロールから繰り出されるかまたは枚葉原紙として供給される時には平面状のフィルムまたはシートであって、ヒートシール前またはヒートシール時に容器本体の上端縁の形状に沿うように変形されてヒートシールされてなることが好ましい。

0031

更に、容器本体と蓋材とのヒートシール強度を調節したり、蓋材の端部の一部に突起状のつまみを設けたりすることで、易開封性を付与することができる。

0032

本発明に係る包装容器の製造方法の一例を図9に基づいて以下説明する。
本発明に係る包装容器の製造方法は、底面部と側壁部とを有し前記側壁部の上端部周縁にフランジ部を有する容器本体を複数並べて搬送し、前記容器本体のフランジ部に蓋材を連続的にヒートシールする工程を含む。
容器本体を収容するバケットがベルトコンベアに固定されて直線状に配置されて搬送される。バケットは間欠的に搬送しても連続的に搬送してもよい。
以下では、バケットを間欠的に搬送する場合について述べる。
図9では、バケット内における容器の状態を分かり易く示すために、バケット、容器及び蓋材を半分に切断した状態のものを示している。

0033

以下では、図1Aで示した容器本体10をバケットに装着した際、一組の側壁部2a、2bの間隔及び側壁部3a、3bの間隔が狭まるようにした場合を例にとって説明する。
本発明の包装容器の製造方法は以下の工程からなる。
A 包装容器をバケットに装着する工程
容器本体のスタッカー21から容器本体10を一個ずつ取り出してバケット30の上方からバケット30内にプッシャー22で押し込んで容器本体10をバケット30に装着する。
このとき、バケット30内に押し込まれた容器本体10の側壁部はバケット30の枠壁部から応力を受けて容器本体の側壁部の間隔が小さくなるように弾性変形して図3Aの下側の図及び図3Bの下側の図に示すように、容器本体10の側壁部の傾斜は装着前より急な傾斜となり、容器本体10のフランジ部4は水平に近い状態となる。
Bヒートシール工程
図9に示すように、平面状のフィルムまたはシートからなる蓋材5を繰り出しロールから繰り出してロール23を介して送り、容器本体10に被せる。ついで、容器本体10のフランジ部4の形状と略同一形状のヒートシーラー(ヒートシールブロック)24を蓋材5に当接させてフランジ部4と蓋材5の周縁部とをヒートシールして包装容器20を得る。この時、フランジ部4は水平に近い状態となっているためフランジ部4の全面で蓋材5がシールされるので、蓋材5が強固にフランジ部に接着され、良好な密閉状態が確保できる。

0034

また、本発明に係る包装容器の製造方法は前記容器本体のフランジ部と前記蓋材とのヒートシールを真空チャンバー内で行うことが好ましい。これにより、包装容器内部を例えば、窒素雰囲気、窒素・炭酸ガス雰囲気、窒素・炭酸ガス・酸素雰囲気等に制御することが可能となる。

0035

具体的には、上記本発明に係る包装容器の製造方法は、前記容器本体のフランジ部と前記蓋材とのヒートシールを真空チャンバー内で行い、前記真空チャンバーチャンバー本体とこれと当接するチャンバー蓋とを有し、前記チャンバー本体側には前記バケットの受け台が設けられており、前記蓋材の幅は、前記容器本体の幅よりも広く、かつ前記真空チャンバーの幅よりも小さいものであって、前記バケットを前記受け台に装着し、前記蓋材を、前記チャンバー蓋と前記チャンバー本体とで挟み込んで真空チャンバーを密閉し、前記真空チャンバー内を脱気して充填用ガス充填し、圧力を調整した後に、前記チャンバー蓋側に設けられたヒートシールブロックによって前記容器本体のフランジ部と前記蓋材とをヒートシールし、包装容器のフランジ部の外側の前記蓋材を除去することが好ましい。

0036

本発明の実施の態様を示すと以下の通りである。
(1)樹脂製の容器本体と、フィルムまたはシートからなる蓋材と、を備える包装容器であって、
前記容器本体は、底面部と、二組の向かい合う側壁部とを有する略箱型形状であって、かつ、前記側壁部の上端周縁にフランジ部を有し、
前記蓋材は前記フランジ部にシールされており、
前記二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部は、互いの間隔が狭められるように弾性変形した状態であって、該側壁部によって側壁部と直交する方向に前記蓋材に張力がかかっている、
包装容器。
(2)前記蓋材の厚みが20μm以上、200μm以下である、上記(1)に記載の包装容器。
(3)前記二組の向かい合う側壁部の一方の組の向かい合う側壁部の上端部の少なくとも一部が、他の組の向かい合う側壁部の上端部よりも高い位置にある、上記(1)または(2)に記載の包装容器。
(4)前記二組の向かい合う側壁部の一方の組の向かい合う側壁部の上端部の高さが互いに異なり、他の組の向かい合う側壁部の上端部は前記底面部と略平行な部分と傾斜した部分とを有する、上記(1)または(2)に記載の包装容器。
(5)前記容器本体に内容物を収容した、上記(1)〜(4)のいずれか一項に記載の包装容器。
(6)上記(1)に記載の包装容器を製造する方法であって、
底面部と、二組の向かい合う側壁部とを有する略箱型形状で、前記側壁部の上端周縁にフランジ部を有し、かつ、前記二組の向かい合う側壁部のうち少なくとも一方の組の向かい合う側壁部が互いに外側に傾斜した樹脂製の容器本体を、前記フランジ部を支えるバケットに装着する装着工程と、
前記フランジ部に、フィルムまたはシートからなる蓋材をシールするシール工程と、
を有し、
前記バケットは、少なくとも二組の向かい合う枠壁部からなる枠体を有しており、前記枠体の二組の枠壁部のうち少なくとも一方の組の枠壁部の最上部間の間隔が、これと当接する前記容器本体の向かい合う側壁部の最上部間の間隔よりも小さくなっており、
前記装着工程において、前記外側に傾斜した前記容器本体の前記側壁部は前記枠体によって内側方向に押されながら弾性変形することによって、前記側壁部の傾斜は装着前より急な傾斜となり、
前記シール工程において、前記蓋材は、前記変形してなる前記容器本体の前記フランジ部にシールされる、
包装容器の製造方法。
(7)前記変形する前の前記容器本体において前記フランジ部は、前記容器本体の外側に向かって下方に傾斜しており、
前記装着工程において、前記下方に傾斜した前記フランジ部が水平に変形する、上記(6)に記載の包装容器の製造方法。

0037

次に、実施例を挙げて本発明をさらに詳しく説明するが、本発明はこれらの実施例の記載内容に何ら制約されるものではない。
[容器本体の製造]
容器本体:PPF(フィラー入りポリプロピレン) 厚さ400μm
容器本体の上端の外寸(L1×L1’) :120mm×180mm
容器本体の底面部の外寸(L2×L2’) :80mm×140mm
深さ(H) :40mm
フランジ部の幅 :10mm
蓋材:PET(12μm)//CPP(20μm)
バケット:アルミニウム
バケットの内寸(L3×L3’) :105mm×165mm

実施例

0038

得られた包装容器の外観を観察したところ、しわやくぼみの発生は見られなかった。

0039

本発明は、例えば、レトルト食品等の各種食品や薬品化粧品等に包装容器として広く利用することができる。

0040

1 底面部
2a、2b側壁部(容器本体)
3a、3b 側壁部(容器本体)
4フランジ部
5蓋材
10、60 容器本体
20、70、80包装容器
21a、21b、31a、31b枠壁部(バケット)
22プッシャー
23ロール
24ヒートシーラー(ヒートシールブロック)
30 バケット
40枠体
41 底面部
42 支持部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ