図面 (/)

技術 送信装置、受信装置及びチップ

出願人 日本放送協会一般財団法人NHKエンジニアリングシステム
発明者 朝倉慎悟佐藤明彦宮坂宏明蔀拓也齋藤進成清善一竹内知明本田円香村山研一岡野正寛土田健一澁谷一彦
出願日 2017年12月14日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2017-239252
公開日 2019年5月9日 (1年1ヶ月経過) 公開番号 2019-071599
状態 未査定
技術分野 エラーの検出、防止 符号誤り検出・訂正 交流方式デジタル伝送
主要キーワード 調整帯域 並列処理数 コード配置 BCH符号 移動受信向け 拡張モード 互換モード 虚数部分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年5月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

次世代の地上デジタル放送伝送方式においてQAMが適用された場合の適切なビットインターリーブ処理を規定する。

解決手段

本発明に係る送信装置1は、入力されたLDPC符号のLDPパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部161と、パリティインターリーブ部161から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロクインターリーブ部162と、ブロックインターリーブ部162から入力された所定単位のデータに対してテーブルを用いてインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部163とを具備している。

概要

背景

現在、現行地上デジタル放送伝送方式代わる新たな次世代の地上デジタル放送伝送方式の検討が進められている。

次世代の衛星デジタル放送伝送方式の規格であるARISTD−B44では、変調方式として、π/2シフトPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、8PSK(Amplitude Phase Shift Keying)、16APSK、32APSKが規定されており、8PSK以上の変調方式を適用した場合のビットインターリーブ処理が規定されている(非特許文献1参照)。

概要

次世代の地上デジタル放送伝送方式においてQAMが適用された場合の適切なビットインターリーブ処理を規定する。本発明に係る送信装置1は、入力されたLDPC符号のLDPパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部161と、パリティインターリーブ部161から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロクインターリーブ部162と、ブロックインターリーブ部162から入力された所定単位のデータに対してテーブルを用いてインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部163とを具備している。

目的

本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、次世代の地上デジタル放送伝送方式においてQAMが適用された場合の適切なビットインターリーブ処理を規定することができる送信装置、受信装置及びチップを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

信号を送信する送信装置であって、送信データに対してLDPC符号化処理を施してLDPC符号を生成するように構成されているLDPC符号化部と、前記LDPC符号のLDPパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部と、前記パリティインターリーブ部から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロクインターリーブ部と、前記ブロックインターリーブ部から入力された所定単位のデータに対して、に示すテーブルを用いて、インターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「in」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「out」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部によってインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15に相当する場合において用いられることを特徴とする送信装置。

請求項2

請求項1に記載の送信装置から送信された信号を受信する受信装置であって、前記送信データにおける所定単位のデータに対して、に示すテーブルを用いて、デインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内デインターリーブ部と、前記キャリアシンボル内デインターリーブ部から入力された所定単位のデータ全体に対してデインターリーブ処理を施すように構成されているブロックデインターリーブ部と、前記ブロックデインターリーブ部から入力された所定単位のデータのLDPCパリティに対応する部分に対してのみデインターリーブ処理を施すように構成されているパリティデインターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「out」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「in」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部によってデインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15に相当する場合において用いられることを特徴とする受信装置。

請求項3

信号を送信する送信装置であって、送信データに対してLDPC符号化処理を施してLDPC符号を生成するように構成されているLDPC符号化部と、前記LDPC符号のLDPCパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部と、前記パリティインターリーブ部から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロックインターリーブ部と、前記ブロックインターリーブ部から入力された所定単位のデータに対して、に示すテーブルを用いて、インターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「in」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「out」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部によってインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15に相当する場合において用いられることを特徴とする送信装置。

請求項4

請求項3に記載の送信装置から送信された信号を受信する受信装置であって、前記送信データにおける所定単位のデータに対して、に示すテーブルを用いて、デインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内デインターリーブ部と、前記キャリアシンボル内デインターリーブ部から入力された所定単位のデータ全体に対してデインターリーブ処理を施すように構成されているブロックデインターリーブ部と、前記ブロックデインターリーブ部から入力された所定単位のデータのLDPCパリティに対応する部分に対してのみデインターリーブ処理を施すように構成されているパリティデインターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「out」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「in」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部によってデインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15に相当する場合において用いられることを特徴とする受信装置。

請求項5

コンピュータを、請求項1又は3に記載の送信装置として機能させるためのプログラムを実行するプロセッサによって構成されるチップ

請求項6

コンピュータを、請求項2又は4に記載の受信装置として機能させるためのプログラムを実行するプロセッサによって構成されるチップ。

技術分野

0001

本発明は、送信装置受信装置及びチップに関する。

背景技術

0002

現在、現行地上デジタル放送伝送方式代わる新たな次世代の地上デジタル放送伝送方式の検討が進められている。

0003

次世代の衛星デジタル放送伝送方式の規格であるARISTD−B44では、変調方式として、π/2シフトPSK(Binary Phase Shift Keying)、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)、8PSK(Amplitude Phase Shift Keying)、16APSK、32APSKが規定されており、8PSK以上の変調方式を適用した場合のビットインターリーブ処理が規定されている(非特許文献1参照)。

先行技術

0004

高度広帯域衛星デジタル放送の伝送方式標準規格、ARIBSTD−B44

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、ARIBSTD−B44では、変調方式として、QAM(Quadrature Amplitude Modulation)、例えば、16QAMや64QAM等が規定されていないため、これらの変調方式を適用した場合のビットインターリーブ処理が規定されていないという問題点があった。

0006

そこで、本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、次世代の地上デジタル放送伝送方式においてQAMが適用された場合の適切なビットインターリーブ処理を規定することができる送信装置、受信装置及びチップを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明の第1の特徴は、信号を送信する送信装置であって、送信データに対してLDPC符号化処理を施してLDPC符号を生成するように構成されているLDPC符号化部と、入力されたLDPC符号のLDPパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部と、前記パリティインターリーブ部から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロクインターリーブ部と、前記ブロックインターリーブ部から入力された所定単位のデータに対して、



に示すテーブルを用いて、インターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「in」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「out」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部によってインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15に相当する場合において用いられることを要旨とする。

0008

本発明の第2の特徴は、上述の第1の特徴に係る送信装置から送信された信号を受信する受信装置であって、前記送信データにおける所定単位のデータに対して、



に示すテーブルを用いて、デインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内デインターリーブ部と、前記キャリアシンボル内デインターリーブ部から入力された所定単位のデータ全体に対してデインターリーブ処理を施すように構成されているブロックデインターリーブ部と、前記ブロックデインターリーブ部から入力された所定単位のデータのLDPCパリティに対応する部分に対してのみデインターリーブ処理を施すように構成されているパリティデインターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「out」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「in」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部によってデインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15に相当する場合において用いられることを要旨とする。

0009

本発明の第3の特徴は、信号を送信する送信装置であって、送信データに対してLDPC符号化処理を施してLDPC符号を生成するように構成されているLDPC符号化部と、前記LDPC符号のLDPCパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されているパリティインターリーブ部と、前記パリティインターリーブ部から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されているブロックインターリーブ部と、前記ブロックインターリーブ部から入力された所定単位のデータに対して、



に示すテーブルを用いて、インターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内インターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「in」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「out」が前記キャリアシンボル内インターリーブ部によってインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15に相当する場合において用いられることを要旨とする。

0010

本発明の第4の特徴は、上述の第3の特徴に係る送信装置から送信された信号を受信する受信装置であって、前記送信データにおける所定単位のデータに対して、



に示すテーブルを用いて、デインターリーブ処理を施すように構成されているキャリアシンボル内デインターリーブ部と、前記キャリアシンボル内デインターリーブ部から入力された所定単位のデータ全体に対してデインターリーブ処理を施すように構成されているブロックデインターリーブ部と、前記ブロックデインターリーブ部から入力された所定単位のデータのLDPCパリティに対応する部分に対してのみデインターリーブ処理を施すように構成されているパリティデインターリーブ部とを具備しており、前記テーブルにおいて、「out」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部に入力される前記所定単位のデータの各ビットであり、「in」が前記キャリアシンボル内デインターリーブ部によってデインターリーブ処理が施された前記所定単位のデータの各ビットであり、前記テーブルは、変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15に相当する場合において用いられることを要旨とする。

0011

本発明の第5の特徴は、コンピュータを、上述の第1又は第3の特徴に記載の送信装置として機能させるためのプログラムを実行するプロセッサによって構成されるチップであることを要旨とする。

0012

本発明の第6の特徴は、コンピュータを、上述の第2又は第4の特徴に記載の受信装置として機能させるためのプログラムを実行するプロセッサによって構成されるチップであることを要旨とする。

発明の効果

0013

本発明によれば、次世代の地上デジタル放送伝送方式においてQAMが適用された場合の適切なビットインターリーブ処理を規定することができる送信装置、受信装置及びチップを提供することができる。

図面の簡単な説明

0014

一実施形態に係る送信装置1の機能ブロック図の一例である。
一実施形態に係る送信装置1のビットインターリーブ部16a/16bの機能ブロック図の一例である。
一実施形態に係る送信装置1のビットインターリーブ部16a/16bのパリティインターリーブ部161及びブロックインターリーブ部162の動作の一例を説明するための図である。
一実施形態に係る送信装置1のビットインターリーブ部16a/16bのキャリアシンボル内インターリーブ部163の動作の一例を説明するための図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブで用いられるテーブルの一例を示す図である。
一実施形態に係る受信装置3の機能ブロック図の一例である。
一実施形態に係る受信装置3のビットデインターリーブ部35a/35bの機能ブロック図の一例である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係る送信装置1によってマッピングされる各信号点の配置の一例を示す図である。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。
一実施形態に係るビットインターリーブの効果を示すグラフである。

実施例

0015

以下、図1図134を参照して、本発明の一実施形態に係る放送ステムについて説明する。本実施形態に係る放送システムは、上述の次世代の地上デジタル放送伝送方式に対応するように構成されており、例えば、図1に示す送信装置1及び図85に示す受信装置3を具備する。

0016

本実施形態に係る送信装置1は、2階層までの階層伝送を行うように構成されている。具体的には、本実施形態に係る送信装置1は、A階層データ及びB階層データを送信することができるように構成されている。例えば、A階層データは、移動受信向け放送用データであり、B階層データは、固定受信向けの放送用データであることが想定されている。

0017

なお、本実施形態に係る送信装置1は、A階層データ及びB階層データを部分受信帯域データ及び非部分受信帯域データを含むOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)信号によって送信するように構成されている。

0018

図1に示すように、本実施形態に係る送信装置1は、フレームヘッダ分離部11a、11bと、FECブロック変換部12a、12bと、エネルギー拡散部13a、13bと、BCH符号化部14a、14bと、LDPC符号化部15a、15bと、ビットインターリーブ部16a、16bと、フレームヘッダ挿入部17a、17bと、マッピング部18a、18bと、レベル調整部19a、19bと、フレームヘッダ符号化部20a、20bと、階層合成部21とを具備している。

0019

フレームヘッダ分離部11aは、A階層データを含むフレームヘッダを分離するように構成されている。

0020

フレームヘッダ符号化部20aは、フレームヘッダ分離部11aによって分離されたフレームのヘッダに対して符号化処理を施すように構成されている。

0021

FECブロック変換部12aは、フレームヘッダ分離部11aから出力されたA階層データをFEC(Forward Error Correction)ブロックに変換するように構成されている。

0022

エネルギー拡散部13aは、FECブロック変換部12aから出力されたFECブロックに対してエネルギー拡散処理を施すように構成されている。

0023

BCH符号化部14aは、エネルギー拡散部13aからの出力に対してBCH符号を用いた符号化処理を施すように構成されている。

0024

LDPC符号化部15aは、BCH符号化部14aからの出力に対してLDPC符号を用いた符号化処理を施すように構成されている。具体的には、LDPC符号化部15aは、送信データに対してLDPC符号化処理を施してLDPC符号を生成するように構成されている。

0025

ビットインターリーブ部16aは、LDPC符号化部15aからの出力に対してビットインターリーブ処理を施すように構成されている。

0026

上述したように、フレームヘッダ分離部11a、フレームヘッダ符号化部20a、FECブロック変換部12a、エネルギー拡散部13a、BCH符号化部14aは、A階層について処理を行う。

0027

同様に、フレームヘッダ分離部11b、フレームヘッダ符号化部20b、FECブロック変換部12b、エネルギー拡散部13b、BCH符号化部14bは、B階層について処理を行うが、処理内容は、A階層についての処理と同様であるため、説明を省略する。

0028

具体的には、図2に示すように、ビットインターリーブ部16a/16bは、それぞれ、パリティインターリーブ部161と、ブロックインターリーブ部162と、キャリアシンボル内インターリーブ部163とを具備している。

0029

パリティインターリーブ部161は、図3(a)に示すように、LDPC符号化部15a/15bから入力されたLDPC符号のLDPCパリティのみに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。図3(a)中で示すパラメータMは、並列処理数を表し、非特許文献1では、M=374である。また、パラメータqは、符号化率に応じて決まる定数を示し、非特許文献1では、3.4節(2)に示される値である。

0030

なお、LDPC符号化部15a/15b及びパリティインターリーブ部161は、ハードウエア上、纏めて実現されるように構成されていてもよい。

0031

ブロックインターリーブ部162は、図3(b)に示すように、パリティインターリーブ部161から入力されたLDPC符号全体に対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0032

なお、各変調方式では、1つのシンボルを構成するビット数が異なる。かかるビット数を変調多値数という。16QAMにおける変調多値数は「4」であり、64QAMにおける変調多値数は「6」であり、256QAMにおける変調多値数は「8」であり、1024QAMにおける変調多値数は「10」であり、4096QAMにおける変調多値数は「12」である。

0033

キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図4に示すように、ブロックインターリーブ部162から入力された所定単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0034

具体的には、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、変調方式ごと且つ符号化率ごとで異なるテーブルを用いて、インターリービング処理(並び替え)を行うように構成されている。

0035

また、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、同一の変調方式において、UC(Uniform Constellation)が適用されている場合とNUC(Non Uniform Constellation)が適用されている場合とで、別のテーブルを用いるように構成されていてもよい。ここで、UCが適用されている場合、QAMの信号点の配置が均一にされており、NUCが適用されている場合、QAMの信号点の配置が不均一にされている。

0036

以下、キャリアシンボル内インターリーブ部163が、全ての変調方式における変調多値数の公倍数である120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すケースを例に挙げて説明する。

0037

なお、図5図84に示すテーブルにおいて、「in」がキャリアシンボル内インターリーブ部163に入力される所定単位のデータの各ビットであり、「out」がキャリアシンボル内インターリーブ部161によってインターリーブ処理が施された所定単位のデータの各ビットである(図4参照)。

0038

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図5に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。ここで、「符号化率r=5/15」は公称符号化率であり、ARIBSTD−B44においては「符号化率r=41/120」と表記される。よって、「符号化率r=5/15」はARIB STD−B44の「符号化率r=41/120」と同一とみなすことができる。

0039

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図6に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0040

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図7に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0041

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図8に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0042

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図9に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0043

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図10に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0044

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図11に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0045

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図12に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0046

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図13に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0047

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図14に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0048

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図15に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0049

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図16に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0050

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図17に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0051

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図18に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0052

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図19に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0053

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図20に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0054

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図21に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0055

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図22に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0056

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図23に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0057

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図24に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0058

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図25に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0059

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図26に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0060

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図27に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0061

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図28に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0062

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図29に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0063

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図30に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0064

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図31に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0065

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図32に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0066

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図33に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0067

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図34に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0068

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図35に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0069

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図36に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0070

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図37に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0071

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図38に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0072

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図39に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0073

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図40に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0074

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図41に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0075

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図42に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0076

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図43に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0077

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図44に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0078

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図45に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0079

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図46に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0080

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図47に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0081

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図48に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0082

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図49に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0083

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図50に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0084

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図51に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0085

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図52に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0086

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図53に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0087

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図54に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0088

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図55に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0089

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図56に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0090

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図57に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0091

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図58に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0092

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図59に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0093

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図60に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0094

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図61に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0095

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図62に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0096

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図63に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0097

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図64に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0098

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図65に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0099

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図66に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0100

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図67に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0101

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図68に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0102

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図69に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0103

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図70に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0104

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図71に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0105

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図72に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0106

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図73に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0107

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図74に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0108

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図75に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0109

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図76に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0110

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図77に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0111

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図78に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0112

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図79に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0113

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図80に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0114

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図81に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0115

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図82に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0116

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図83に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0117

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内インターリーブ部163は、図84に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してインターリーブ処理を施すように構成されている。

0118

フレームヘッダ挿入部17aは、ビットインターリーブ部16aからの出力に対して、フレームヘッダ符号化部20aによって符号化処理が施されたフレームのヘッダを挿入するように構成されている。

0119

マッピング部18aは、フレームヘッダ挿入部17aからの出力に対してマッピング処理を施して変調シンボルを出力するように構成されている。

0120

レベル調整部19aは、マッピング部18aから出力された変調シンボルのI/Q座標値のレベル調整を行うように構成されている。

0121

階層合成部21は、A階層データの変調シンボル及びB階層データの変調シンボルを合成するように構成されている。

0122

上述したように、フレームヘッダ挿入部17a、マッピング部18a、レベル調整部19aは、A階層について処理を行う。

0123

同様に、フレームヘッダ挿入部17b、マッピング部18b、レベル調整部19b、階層合成部21は、B階層について処理を行うが、処理内容はA階層の処理と同様であるため、説明を省略する。

0124

次世代の地上デジタル放送伝送方式のノーマルモードでは、1チャネルが、33セグメントによって構成されており、5.50MHzの帯域幅を有しており、33個のセグメントのうち24個のセグメントが、非部分受信帯域データの送信に用いられ、残りの9セグメントが、部分受信帯域データの送信に用いられる。

0125

また、次世代の地上デジタル放送伝送方式の互換モードでは、1チャネルが、33セグメント及び調整帯域(0.07MHz)によって構成されており、ISDB−Tの1チャネルと同じ5.57MHzの帯域幅を有しており、33個のセグメントのうち24個のセグメントが、非部分受信帯域データの送信に用いられ、残りの9セグメントが、部分受信帯域データの送信に用いられる。

0126

さらに、次世代の地上デジタル放送伝送方式の拡張モードでは、1チャネルが、35セグメントによって構成されており、5.83MHzの帯域幅を有しており、35個のセグメントのうち26個のセグメントが、非部分受信帯域データの送信に用いられ、残りの9セグメントが、部分受信帯域データの送信に用いられる。

0127

具体的には、9個のセグメントからなる部分受信帯域にA階層データが割り当てた後に空きがある場合にB階層データが割り当てられることによって部分受信帯域データが生成され、24個のセグメントからなる非部分受信帯域にB階層データの残りが割り当てられることによって非部分受信帯域データが生成するように構成されている。

0128

例えば、A階層データが9個未満のセグメントからなる場合、B階層データのうちセグメント番号の低い方から順番に部分受信帯域に割り当てられていき、A階層データ及びB階層データを合わせて9個のセグメントからなる部分受信帯域データが生成されるように構成されていてもよい。

0129

一方、A階層データが9個のセグメントからなる場合、A階層データが部分受信帯域データとなり、B階層データが非部分受信帯域データとなるように構成されていてもよい。

0130

本実施形態に係る受信装置3は、2階層までの階層伝送によって送信されたA階層データ及びB階層データを受信することができるように構成されている。

0131

本実施形態に係る受信装置3は、図85に示すように、階層分離部31と、レベル調整部32a、32bと、デマッピング部33a、33bと、フレームヘッダ分離部34a、34bと、ビットデインターリーブ部35a、35bと、LDPC復号部36a、36bと、BCH復号部37a、37bと、エネルギー逆拡散部38a、38bと、FECブロック逆変換部39a、39bと、フレームヘッダ復号部40a、40bと、フレームヘッダ挿入部41a、41bとを具備している。

0132

階層分離部31は、A階層データ及びB階層データを分離するように構成されている。

0133

レベル調整部32aは、階層分離部31から出力されたA階層データの変調シンボルのI/Q座標値のレベル調整を行うように構成されており、レベル調整部32bは、階層分離部31から出力されたB階層データの変調シンボルのI/Q座標値のレベル調整を行うように構成されている。

0134

デマッピング部33aは、レベル調整部32aからの出力に対してデマッピング処理を施すように構成されている。

0135

フレームヘッダ分離部34aは、デマッピング部33aから出力されたフレームのヘッダを分離するように構成されている。

0136

フレームヘッダ復号部40aは、フレームヘッダ分離部34aから出力されたフレームのヘッダに対して復号処理を施すように構成されている。

0137

ビットデインターリーブ部35aは、フレームヘッダ分離部34aからの出力に対してビットデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0138

上述したように、レベル調整部32a、デマッピング部33a、フレームヘッダ分離部34a、フレームヘッダ復号部40a、ビットデインターリーブ部35a、LDPC復号部36aは、A階層について処理を行う。

0139

同様に、レベル調整部32b、デマッピング部33b、フレームヘッダ分離部34b、フレームヘッダ復号部40b、ビットデインターリーブ部35b、LDPC復号部36bは、B階層について処理を行うが、処理内容は、A階層についての処理と同様であるため、説明を省略する。

0140

具体的には、図86に示すように、ビットデインターリーブ部35a/35bは、それぞれ、キャリアシンボル内デインターリーブ部351と、ブロックデインターリーブ部352と、パリティデインターリーブ部353とを具備している。

0141

キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、フレームヘッダ分離部34a/34bから入力された所定単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0142

具体的には、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、変調方式ごとで異なるテーブルを用いて、デインターリービング処理(並び替え)を行うように構成されている。

0143

また、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、同一の変調方式において、UCが適用されている場合とNUCが適用されている場合とで、別のテーブルを用いるように構成されていてもよい。

0144

以下、キャリアシンボル内デインターリーブ部351が、全ての変調方式における変調多値数の公倍数である120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すケースを例に挙げて説明する。

0145

なお、図5図84に示すテーブルにおいて、「out」がキャリアシンボル内デインターリーブ部351に入力される所定単位のデータの各ビットであり、「in」がキャリアシンボル内デインターリーブ部351によってデインターリーブ処理が施された所定単位のデータの各ビットである。

0146

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図5に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0147

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図6に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0148

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図7に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0149

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図8に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0150

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図9に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0151

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図10に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0152

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図11に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0153

変調方式としてUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図12に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0154

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図13に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0155

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図14に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0156

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図15に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0157

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図16に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0158

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図17に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0159

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図18に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0160

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図19に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0161

変調方式としてNUCが適用されている16QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図20に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0162

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図21に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0163

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図22に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0164

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図23に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0165

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図24に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0166

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図25に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0167

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図26に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0168

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図27に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0169

変調方式としてUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図28に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0170

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図29に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0171

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図30に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0172

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図31に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0173

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図32に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0174

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図33に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0175

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図34に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0176

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図35に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0177

変調方式としてNUCが適用されている64QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図36に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0178

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図37に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0179

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図38に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0180

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図39に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0181

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図40に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0182

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図41に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0183

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図42に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0184

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図43に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0185

変調方式としてUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図44に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0186

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図45に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0187

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図46に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0188

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図47に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0189

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図48に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0190

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図49に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0191

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図50に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0192

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図51に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0193

変調方式としてNUCが適用されている256QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図52に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0194

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図53に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0195

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図54に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0196

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図55に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0197

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図56に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0198

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図57に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0199

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図58に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0200

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図59に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0201

変調方式としてUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図60に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0202

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図61に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0203

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図62に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0204

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図63に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0205

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図64に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0206

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図65に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0207

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図66に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0208

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図67に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0209

変調方式としてNUCが適用されている1024QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図68に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0210

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図69に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0211

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図70に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0212

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図71に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0213

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図72に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0214

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図73に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0215

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図74に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0216

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図75に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0217

変調方式としてUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図76に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0218

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図77に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0219

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図78に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0220

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図79に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0221

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図80に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0222

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図81に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0223

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図82に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0224

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図83に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0225

変調方式としてNUCが適用されている4096QAMが用いられている場合で、且つ、符号化率rが13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合、例えば、キャリアシンボル内デインターリーブ部351は、図84に示すテーブルを用いて、120ビット単位のデータに対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0226

ブロックデインターリーブ部352は、キャリアシンボル内デインターリーブ部351から入力された所定単位のデータ全体に対してデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0227

パリティデインターリーブ部353は、ブロックデインターリーブ部352から入力された所定単位のデータのLDPCパリティに対応する部分に対してのみデインターリーブ処理を施すように構成されている。

0228

LDPC復号部36aは、ビットデインターリーブ部35aからの出力に対してLDPC符号を用いた復号処理を施すように構成されている。

0229

BCH復号部37aは、LDPC復号部36aからの出力に対してBCH符号を用いた復号処理を施すように構成されている。

0230

エネルギー逆拡散部38aは、BCH復号部37aからの出力に対してエネルギー逆拡散処理を施すように構成されている。

0231

FECブロック逆変換部39aは、エネルギー逆拡散部38aから出力されたFECブロックをA階層データに変換するように構成されている。

0232

フレームヘッダ挿入部41aは、FECブロック逆変換部39aから出力されたA階層データに対してフレームヘッダ復号部40aから出力されたフレームのヘッダを挿入するように構成されている。

0233

上述したように、LDPC復号部36a、BCH復号部37a、エネルギー逆拡散部38a、FECブロック逆変換部39a、フレームヘッダ挿入部41aは、A階層について処理を行う。

0234

同様に、LDPC復号部36b、BCH復号部37b、エネルギー逆拡散部38b、FECブロック逆変換部39b、フレームヘッダ挿入部41bはB階層について処理を行うが、処理内容は、A階層についての処理と同様であるため、説明を省略する。

0235

コンスタレーション
次に、本実施形態に係るコンスタレーション、特に、不均一コンスタレーションについて説明する。

0236

マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式の種類に対応するテーブルに従って、各信号点(シンボル)のI軸上の配置(コンスタレーション)及びQ軸上の配置を決定するように構成されている。

0237

なお、マッピング部18a/18bは、コンスタレーションとして、均一コンスタレーション(UC:Uniform Constellation)及び不均一コンスタレーション(NUC:Non−Uniform Constellation)のいずれも用いることができるように構成されている。

0238

ここで、マッピング部18a/18bは、QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)や16QAMや64QAMや256QAMや1024QAMや4096QAMのキャリア変調方式に対応しており、ETSI−EN302769の第6.2.2節の「Cell word mappinginto I/O constellations」のグレイコード配置が用いられている均一コンスタレーションを用いるように構成されていてもよい。

0239

一方、マッピング部18a/18bは、以下に示すように、不均一コンスタレーションを用いるように構成されていてもよい。

0240

例えば、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図87に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0241

なお、「符号化率が5/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=41/120と同一)である場合」とは、符号化率5/15の誤り訂正符号としてARIB STD−B44における符号化率r=41/120のLDPC符号を用いる場合を意味する。すなわち、かかる記載は、符号化率が厳密に5/15であることに限定するものではない。以下で述べる他の符号化率についても同様である。

0242

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が6/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=49/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図88に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0243

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が8/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=61/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図89に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0244

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が9/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=73/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図90に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0245

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が10/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=81/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図91に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0246

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が11/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=89/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図92に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0247

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が12/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=97/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図93に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0248

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として16QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が13/15(ARIBSTD−B44における符号化率r=105/120と同一)である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図94に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0249

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が5/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図95に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0250

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が6/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図96に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0251

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が8/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図97に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0252

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が9/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図98に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0253

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が10/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図99に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0254

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が11/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図100に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0255

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として64QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が12/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図101に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0256

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が5/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図102に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0257

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が6/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図103に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0258

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が8/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図104に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0259

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が9/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図105に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0260

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が10/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図106に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0261

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が11/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図107に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0262

また、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として256QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が13/15である場合に、



に従って、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されていてもよい。図108に、かかる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を示す。

0263

以下、図109図111を参照して、キャリア変調方式として1024QAM及び4096QAMが用いられる場合の各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置の決定方法について説明する。

0264

第1に、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として1024QAMが用いられている場合、図109図111に示すテーブルを用いて、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されている。

0265

図109に示すテーブルは、符号化率が5/15、6/15、9/15、10/15、11/15、12/15及び13/15の場合のu0〜u15の値を規定している。

0266

また、図110は、入力シンボル実数部分の配置(I軸上の配置)を示すuの値を規定しており、図111は、入力シンボルの虚数部分の配置(Q軸上の配置)を示すuの値を規定している。

0267

具体的には、マッピング部18a/18bは、図110及び図111を参照して、入力シンボルの実数部分の配置を示すuの値及び入力シンボルの虚数部分の配置を示すuの値を算出し、図109を参照して、これらのuの値に対応する入力シンボルのI軸上の配置(実数部分の配置)及びQ軸上の配置(虚数部分の配置)を決定するように構成されている。

0268

例えば、入力シンボルを構成するビットy0,s〜y9,sが(0010011100)である場合、かかる入力シンボルの実数部分の配置を示すuの値は、図110においてビットy0,s〜y9,sの偶数ビット(y0,s、y2,s、y4,s、y6,s、y8,s)=(01010)に対応するu3であり、かかる入力シンボルの虚数部分の配置を示すuの値は、図111においてビットy0,s〜y9,sの奇数ビット(y1,s、y3,s、y5,s、y7,s、y9,s)=(00110)に対応するu11である。

0269

その結果、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として1024QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が5/15である場合に、入力シンボル(0010011100)のI軸上の配置を「0.1275(図109におけるu3に対応)」とし、入力シンボル(0010011100)のQ軸上の配置を「0.6934(図109におけるu11に対応)」とするように構成されている。

0270

第2に、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として4096QAMが用いられている場合、図112図114に示すテーブルを用いて、各信号点のI軸上の配置及びQ軸上の配置を決定するように構成されている。

0271

図112に示すテーブルは、符号化率が6/15、8/15、9/15、10/15、11/15、12/15及び13/15の場合のu0〜u31の値を規定している。

0272

また、図113は、入力シンボルの実数部分の配置(I軸上の配置)を示すuの値を規定しており、図114は、入力シンボルの虚数部分の配置(Q軸上の配置)を示すuの値を規定している。

0273

具体的には、マッピング部18a/18bは、図113及び図114を参照して、入力シンボルの実数部分の配置を示すuの値及び入力シンボルの虚数部分の配置を示すuの値を算出し、図27を参照して、これらのuの値に対応する入力シンボルのI軸上の配置(実数部分の配置)及びQ軸上の配置(虚数部分の配置)を決定するように構成されている。

0274

例えば、入力シンボルを構成するビットy0,s〜y11,sが(001010011100)である場合、かかる入力シンボルの実数部分の配置を示すuの値は、図113においてビットy0,s〜y11,sの偶数ビット(y0,s、y2,s、y4,s、y6,s、y8,s、y10,s)=(011010)に対応するu12であり、かかる入力シンボルの虚数部分の配置を示すuの値は、図114においてビットy0,s〜y11,sの奇数ビット(y1,s、y3,s、y5,s、y7,s、y9,s、y11,s)=(000110)に対応するu27である。

0275

その結果、マッピング部18a/18bは、キャリア変調方式として4096QAMが用いられる場合で、且つ、符号化率が11/15である場合に、入力シンボル(001010011100)のI軸上の配置を「0.4001(図112におけるu12に対応)」とし、入力シンボル(001010011100)のQ軸上の配置を「1.1019(図112におけるu27に対応)」とするように構成されている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ