図面 (/)

技術 自動車用品販売システム

出願人 株式会社カーフロンティア
発明者 秋元晃嗣
出願日 2016年2月17日 (3年6ヶ月経過) 出願番号 2016-028137
公開日 2019年4月25日 (3ヶ月経過) 公開番号 2019-066897
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 在庫スペース 変更確定 自動車ディーラー エンジンオイル交換 個人消費者 注文変更 来店予約 一括購入
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年4月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

自動車用品販売及び販売した自動車用品を顧客の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システムを提供する。

解決手段

本発明の自動車用品販売システムは、販売業者40が出店してサービスステーション20に自動車用品を販売するBtoBウェブサーバ11と、サービスステーション20を介して、BtoBウェブサーバ11で販売される自動車用品を顧客30が注文するウェブサイト121を含むBtoCウェブサーバ12と、注文した自動車用品を顧客30がサービスステーション20で受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためのサービスの提供をサービスステーション20で受ける日時を顧客30がウェブサイト121を介して予約する予約システム13と、を備える。

概要

背景

全国的チェーン展開する大規模自動車用品店(カー用品店)が公知である。このような自動車用品店は、例えばタイヤ等の自動車用品を多数陳列して販売するとともに、併設されるピットにおいて、顧客が購入した自動車用品をその顧客の自動車で使用するためのサービスタイヤ交換エンジンオイル交換等)の提供を行う。例えば自動車を所有する顧客がタイヤ交換を希望する場合には、その自動車用品店へ自身の自動車で来店し、自身の自動車に適合するタイヤの中から好みのタイヤを選択して購入し、その自動車用品店に併設されているピットでタイヤ交換のサービスの提供を受けることができる。

またガソリン軽油等の燃料を自動車に供給するサービスを提供するサービスステーションガソリンスタンド)は、日本全国に多数存在する。そして多くのサービスステーションは、タイヤやオイル等の販売、及びタイヤ交換やエンジンオイル交換等のサービスの提供も行っている(例えば特許文献1を参照)。

さらに近年は、インターネットを介して自動車用品をオンライン販売する手法が公知である。このような先行技術の一例としては、例えば販売店舗等に設置されたコンピュータからインターネット等の通信ネットワークを介して、顧客の好みに応じてカスタマイズされた新品タイヤを注文することが可能なシステム及び方法が公知である(例えば特許文献2を参照)。

概要

自動車用品の販売及び販売した自動車用品を顧客の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システムを提供する。本発明の自動車用品販売システムは、販売業者40が出店してサービスステーション20に自動車用品を販売するBtoBウェブサーバ11と、サービスステーション20を介して、BtoBウェブサーバ11で販売される自動車用品を顧客30が注文するウェブサイト121を含むBtoCウェブサーバ12と、注文した自動車用品を顧客30がサービスステーション20で受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためのサービスの提供をサービスステーション20で受ける日時を顧客30がウェブサイト121を介して予約する予約システム13と、を備える。

目的

またガソリンや軽油等の燃料を自動車に供給するサービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自動車用品販売業者出店してサービス事業者に自動車用品を販売するBtoBウェブサーバと、前記サービス事業者を介して、前記BtoBウェブサーバで販売される自動車用品を顧客が注文するウェブサイトを含むBtoCウェブサーバと、前記顧客が注文した自動車用品を前記顧客が前記サービス事業者の店舗で受け取るとともに、その自動車用品を前記顧客の自動車で使用するために前記サービス事業者が行うサービスの提供を前記顧客が前記サービス事業者の店舗で受ける日時を前記顧客が前記ウェブサイトを介して予約する予約システムと、を備える自動車用品販売システム

請求項2

請求項1に記載の自動車用品販売システムにおいて、前記BtoCウェブサーバは、前記サービス事業者が有する複数の店舗のそれぞれに対応する複数の前記ウェブサイトを含む、自動車用品販売システム。

請求項3

請求項1又は2に記載の自動車用品販売システムにおいて、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置をさらに備え、前記端末装置は、前記顧客の自動車の仕様に関する情報及び前記顧客の電子メールアドレスの入力を受け付ける手段と、入力された前記顧客の自動車の仕様に関する情報及び前記顧客の電子メールアドレスを前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、受信した前記顧客の自動車の仕様に関する情報に基づいて、前記顧客の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能な前記顧客専用ウェブページを生成する手段と、前記顧客専用のウェブページにアクセスするための情報を含む電子メールを前記顧客の電子メールアドレスへ送信する手段と、を含む、自動車用品販売システム。

請求項4

請求項3に記載の自動車用品販売システムにおいて、前記BtoCウェブサーバは、前記顧客専用のウェブページで前記顧客が選択した自動車用品及びその選択した自動車用品と同種の他の自動車用品について、その各自動車用品の価格及び仕様が比較できるように表示されるウェブページを生成して表示する手段を含む、自動車用品販売システム。

請求項5

請求項1又は2に記載の自動車用品販売システムにおいて、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置と、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトを前記端末装置から管理するための管理システムと、をさらに備え、前記管理システムは、口銭設定の入力を前記端末装置から受け付ける手段と、入力された口銭設定の情報を前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、前記管理システムから送信された口銭設定の情報に基づいて、前記ウェブサイトの自動車用品の販売価格更新する手段をさらに含む、自動車用品販売システム。

請求項6

請求項1又は2に記載の自動車用品販売システムにおいて、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置と、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトを前記端末装置から管理するための管理システムと、をさらに備え、前記管理システムは、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトで販売される自動車用品のうち前記サービス事業者の店舗に在庫がある自動車用品について、前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の入力を前記端末装置から受け付ける手段と、入力された前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の情報を前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、前記管理システムから送信された前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の情報に基づいて、前記サービス事業者の店舗に在庫がある自動車用品について前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定を行う手段と、前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定がされている自動車用品を前記顧客が注文したときには、その注文情報を前記BtoBウェブサーバへ送信せずに、その注文数量に応じて前記サービス事業者の店舗の在庫数量を変更する手段と、その注文情報を含む電子メールを前記サービス事業者の店舗の電子メールアドレスへ送信する手段と、を含む、自動車用品販売システム。

技術分野

0001

本発明は、電子商取引による自動車用品販売システムに関する。

背景技術

0002

全国的チェーン展開する大規模な自動車用品店(カー用品店)が公知である。このような自動車用品店は、例えばタイヤ等の自動車用品を多数陳列して販売するとともに、併設されるピットにおいて、顧客が購入した自動車用品をその顧客の自動車で使用するためのサービスタイヤ交換エンジンオイル交換等)の提供を行う。例えば自動車を所有する顧客がタイヤ交換を希望する場合には、その自動車用品店へ自身の自動車で来店し、自身の自動車に適合するタイヤの中から好みのタイヤを選択して購入し、その自動車用品店に併設されているピットでタイヤ交換のサービスの提供を受けることができる。

0003

またガソリン軽油等の燃料を自動車に供給するサービスを提供するサービスステーションガソリンスタンド)は、日本全国に多数存在する。そして多くのサービスステーションは、タイヤやオイル等の販売、及びタイヤ交換やエンジンオイル交換等のサービスの提供も行っている(例えば特許文献1を参照)。

0004

さらに近年は、インターネットを介して自動車用品をオンライン販売する手法が公知である。このような先行技術の一例としては、例えば販売店舗等に設置されたコンピュータからインターネット等の通信ネットワークを介して、顧客の好みに応じてカスタマイズされた新品タイヤを注文することが可能なシステム及び方法が公知である(例えば特許文献2を参照)。

先行技術

0005

特開2012−22659号公報
特表2015−507292号公報

発明が解決しようとする課題

0006

オンライン販売を通じて自動車用品を顧客が個人で購入する場合、例えばタイヤであれば、自動車のタイヤ交換を顧客が自ら行わなければならない。しかし自動車のタイヤ交換は、専用の工具設備が必要であるとともに、専門的な知識や熟練した技術を要するため、顧客が個人で行うのは現実的でない場合がほとんどである。

0007

また全国的にチェーン展開する大規模な自動車用品店は、日本全国に展開しているものの、その店舗数は限られており、自宅から離れた遠い場所にしかない場合も多い。またこのような自動車用品店は、混雑時には長時間待たされる場合があり、事前予約することが可能であっても例えば混雑する週末等は予約がなかなか取れない可能性もある。

0008

他方、例えばガソリンや軽油等の燃料を自動車に供給するサービスを提供するサービスステーションは、上記の自動車用品店と比較して、その店舗数は圧倒的に多い。そして自動車の所有者である顧客の多くは、自宅の近所にある地場馴染みのサービスステーションを利用する機会が多い。そのため自宅の近所にある地場の馴染みのサービスステーションにおいて、ガソリンや軽油等の燃料の供給のみならず、所望の自動車用品を購入し、その購入した商品を自身の自動車で使用するためのサービス(タイヤ交換やエンジンオイル交換等)の提供を受けることができれば、非常に便利であり最も理想的であると言える。

0009

しかしながら多くの場合、サービスステーションは、多数の自動車用品を陳列するスペースがなく、また多数の自動車用品を在庫しておく場所もない。そのため現状、多くのサービスステーションでは、来店した顧客からカタログ等で自動車用品の注文を受け、その顧客から注文を受けた後に、その自動車用品を販売業者等に発注することにならざるを得ない。そのため顧客は、所望の自動車用品を注文するためにサービスステーションへ行く必要あるとともに、さらに注文した自動車用品がサービスステーションに納入された後に再度サービスステーションへ行く必要があるため、二度手間を強いられることになってしまう。

0010

このような状況に鑑み本発明はなされたものであり、その目的は、自動車用品の販売及び販売した自動車用品を顧客の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0011

<本発明の第1の態様>
本発明の第1の態様は、自動車用品の販売業者が出店してサービス事業者に自動車用品を販売するBtoBウェブサーバと、前記サービス事業者を介して、前記BtoBウェブサーバで販売される自動車用品を顧客が注文するウェブサイトを含むBtoCウェブサーバと、前記顧客が注文した自動車用品を前記顧客が前記サービス事業者の店舗で受け取るとともに、その自動車用品を前記顧客の自動車で使用するために前記サービス事業者が行うサービスの提供を前記顧客が前記サービス事業者の店舗で受ける日時を前記顧客が前記ウェブサイトを介して予約する予約システムと、を備える自動車用品販売システムである。

0012

本発明において「サービス事業者」は、自動車用品を顧客の自動車で使用するためのサービス(例えばタイヤ交換、エンジンオイル交換等)の提供が可能な設備(ピット)を備える店舗を有する事業者であり、例えばサービスステーション(ガソリンスタンド)の運営会社自動車整備業者自動車ディーラー、タイヤ販売業者等が含まれる。本発明において「自動車」は、二輪自動車四輪自動車を含み、ガソリン又は軽油を燃料とする自動車、ハイブリッド自動車電気自動車燃料電池自動車水素自動車等を含む。「BtoB」は、企業間での商取引を意味し、本発明においては、「自動車用品の販売業者」と「サービス事業者」との間の商取引を意味する。他方、「BtoC」は、企業と個人消費者との間の商取引を意味し、本発明においては、「サービス事業者」と「顧客」との間の商取引を意味する。

0013

自動車用品の売買は、BtoBウェブサーバを介して、自動車用品の販売業者とサービス事業者との間で行われる。つまり販売業者が販売する自動車用品は、販売業者からサービス事業者の店舗へ納入され、その自動車用品の代金は、サービス事業者から販売業者へ支払われる。しかしサービス事業者は、自動車用品の選択及び注文は行わない。自動車用品の選択及び注文は、BtoCウェブサーバのウェブサイトを介して、サービス事業者の店舗を利用する顧客が行う。そして顧客は、サービス事業者の店舗から自動車用品を購入し、その自動車用品の代金を後述するサービスの提供に対する代金とともにサービス事業者に支払うことになる。

0014

つまり販売業者が販売する自動車用品は、販売業者からサービス事業者へ販売され、さらにサービス事業者から顧客へ販売される。また販売された自動車用品の代金は、顧客からサービス事業者へ支払われ、さらにサービス事業者から販売業者へ支払われる。すなわち販売業者と顧客との間における自動車用品の売買は、販売業者とサービス事業者との間の商取引(BtoB:企業間商取引)、及びサービス事業者と顧客との間の商取引(BtoC:企業と個人との間の商取引)を通じて行われる。

0015

そして販売業者とサービス事業者との間の商取引(BtoB:企業間商取引)において、自動車用品の選択及び注文は、サービス事業者ではなく、エンドユーザである顧客(個人)によって行われる。このような商取引形態を採用することによって、サービス事業者は、多数の自動車用品を陳列したり、多数の自動車用品の在庫を抱えたりすることなく、販売業者が販売する多種多様な自動車用品を顧客に販売することができる。また顧客は、BtoCウェブサーバのウェブサイトで所望の自動車用品を選択して注文することができるので、自動車用品の注文に際しては、わざわざサービス事業者の店舗へ出向く必要がない。

0016

さらに顧客は、注文した自動車用品をサービス事業者の店舗で受け取るとともに、その自動車用品を顧客の自動車で使用するためにサービス事業者が行うサービスの提供をサービス事業者の店舗で受ける日時をBtoCウェブサーバのウェブサイトを介して予約することができる。したがって顧客は、BtoCウェブサーバのウェブサイトで所望の自動車用品を注文し、あとは予約した日時にサービス事業者の店舗へ出向けば、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客の自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0017

これにより本発明の第1の態様によれば、自動車用品の販売及び販売した自動車用品を顧客の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システムを提供できるという作用効果が得られる。

0018

<本発明の第2の態様>
本発明の第2の態様は、前述した本発明の第1の態様において、前記BtoCウェブサーバは、前記サービス事業者が有する複数の店舗のそれぞれに対応する複数の前記ウェブサイトを含む、自動車用品販売システムである。
本発明の第2の態様によれば、サービス事業者が有する複数の店舗のそれぞれにおいて、前述した本発明の第1の態様による作用効果を得ることができる。また本発明の第2の態様によれば、サービス事業者は、自動車用品の販売業者に対し、複数の店舗からの発注によって一定量以上の発注を見込むことができるため、例えばボリュームインセンティブ等の利益を享受できるという作用効果が得られる。

0019

<本発明の第3の態様>
本発明の第3の態様は、前述した本発明の第1の態様又は第2の態様において、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置をさらに備え、前記端末装置は、前記顧客の自動車の仕様に関する情報及び前記顧客の電子メールアドレスの入力を受け付ける手段と、入力された前記顧客の自動車の仕様に関する情報及び前記顧客の電子メールアドレスを前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、受信した前記顧客の自動車の仕様に関する情報に基づいて、前記顧客の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能な前記顧客専用ウェブページを生成する手段と、前記顧客専用のウェブページにアクセスするための情報を含む電子メールを前記顧客の電子メールアドレスへ送信する手段と、を含む、自動車用品販売システムである。

0020

サービス事業者の店舗に顧客が来店した時には、その店舗の店員がその顧客の自動車を観れば、その顧客の自動車の仕様に関する情報(自動車のメーカ、型式、年式、色、排気量等)を得ることができる。またサービス事業者の店舗に顧客が来店した時に、例えば代金支払い、あるいは会員登録等の場面において、その顧客に電子メールアドレスの提供を依頼することができる。そしてその顧客の自動車の仕様に関する情報、及びその顧客の電子メールアドレスをその店舗の店員が端末装置に入力すると、その情報が端末装置からBtoCウェブサーバへ送信される。それによってその顧客の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能な顧客専用のウェブページがBtoCウェブサーバに生成される。さらにその顧客専用のウェブページにアクセスするための情報を含む電子メールがBtoCウェブサーバから顧客の電子メールアドレスへ送信される。その電子メールを受信した顧客は、その電子メールに含まれる顧客専用のウェブページにアクセスするための情報を用いて、その顧客の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能な顧客専用のウェブページにアクセスすることができる。

0021

したがって本発明の第3の態様によれば、顧客は、自ら調査する時間や労力を負担することなく、自身の自動車に適合する自動車用品の情報を容易に得ることができ、そして自身の自動車に適合する自動車用品の中から所望の自動車用品を選択して注文することができる。

0022

<本発明の第4の態様>
本発明の第4の態様は、前述した本発明の第3の態様において、前記BtoCウェブサーバは、前記顧客専用のウェブページで前記顧客が選択した自動車用品及びその選択した自動車用品と同種の他の自動車用品について、その各自動車用品の価格及び仕様が比較できるように表示されるウェブページを生成して表示する手段を含む、自動車用品販売システムである。
本発明の第4の態様によれば、顧客は、価格及び仕様を比較しながら、自身の自動車に適合する自動車用品の中から好みの自動車用品を選択して注文することができる。

0023

<本発明の第5の態様>
本発明の第5の態様は、前述した本発明の第1の態様又は第2の態様において、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置と、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトを前記端末装置から管理するための管理システムと、をさらに備え、前記管理システムは、口銭設定の入力を前記端末装置から受け付ける手段と、入力された口銭設定の情報を前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、前記管理システムから送信された口銭設定の情報に基づいて、前記ウェブサイトの自動車用品の販売価格更新する手段をさらに含む、自動車用品販売システムである。
本発明の第5の態様によれば、サービス事業者の店舗は、顧客に対する自動車用品の販売価格を店舗に設けられた端末装置を通じて任意に設定することができる。

0024

<本発明の第6の態様>
本発明の第6の態様は、前述した本発明の第1の態様又は第2の態様において、前記サービス事業者の店舗に設けられる端末装置と、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトを前記端末装置から管理するための管理システムと、をさらに備え、前記管理システムは、前記BtoCウェブサーバのウェブサイトで販売される自動車用品のうち前記サービス事業者の店舗に在庫がある自動車用品について、前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の入力を前記端末装置から受け付ける手段と、入力された前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の情報を前記BtoCウェブサーバへ送信する手段と、を含み、前記BtoCウェブサーバは、前記管理システムから送信された前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の情報に基づいて、前記サービス事業者の店舗に在庫がある自動車用品について前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定を行う手段と、前記サービス事業者の店舗に在庫がある旨の設定がされている自動車用品を前記顧客が注文したときには、その注文情報を前記BtoBウェブサーバへ送信せずに、その注文数量に応じて前記サービス事業者の店舗の在庫数量を変更する手段と、その注文情報を含む電子メールを前記サービス事業者の店舗の電子メールアドレスへ送信する手段と、を含む、自動車用品販売システムである。

0025

前述したようにサービス事業者の店舗は、多数の自動車用品を陳列するスペースがなく、また多数の自動車用品を在庫しておく場所もない場合が多い。しかし店舗の限られたスペースに、例えば人気売れ筋商品等、特定の自動車用品だけでも在庫しておけば、来店した顧客がその場で購入することが可能になり便利である。また一般的に、ある程度のまとまった数量で販売業者から自動車用品を一括購入すると、その自動車用品の単価配送料が安くなる場合がある。したがってサービス事業者の店舗にとっては、限られた在庫スペースしかない場合であっても、可能な範囲で特定の自動車用品だけを在庫しておくメリットがあると言える。

0026

本発明の第6の態様によれば、サービス事業者の店舗が在庫している自動車用品についてBtoCウェブサーバのウェブサイトで顧客から注文があった場合には、その自動車用品については販売業者へ発注がされずに、そのサービス事業者の店舗が在庫している自動車用品が引き当てられることになる。それによって顧客は、サービス事業者の店舗が在庫している自動車用品については、注文後、サービス事業者の店舗ですぐに受け取ることが可能になる。またサービス事業者の店舗にとっては、在庫している自動車用品を店頭及びウェブサイトの両方で受注できるとともに、まとめ買いによるコス削減効果(例えばボリュームインセンティブ等)も得られることから、売り上げ利益のさらなる向上が期待できるというメリットがある。

発明の効果

0027

本発明によれば、自動車用品の販売及び販売した自動車用品を顧客の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システムを提供することができる。

図面の簡単な説明

0028

本発明に係る自動車用品販売システムの全体構成図。
本発明に係る自動車用品販売システムの要部ブロック図。
本発明に係る自動車用品販売システムの変形例を図示した要部ブロック図。
BtoBウェブサーバのウェブサイトの管理の流れを図示した処理フロー
顧客による商品の注文及び来店予約の流れを図示した処理フロー。
サービスステーションの在庫商品の注文及び来店予約の流れを図示した処理フロー。
顧客専用のウェブページを顧客に提供する流れを図示した処理フロー。
BtoCウェブサーバのウェブサイトの管理の流れを図示した処理フロー。
BtoBウェブサーバのウェブサイトの商品の追加・変更手順を図示したフローチャート
BtoBウェブサーバのウェブサイトの商品の在庫数量の変更手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトの商品一覧及び商品在庫数量を変更する手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトで商品の注文及び来店予約を行う手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトで商品の注文及び来店予約を行う手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトで商品の注文及び来店予約を行う手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトで商品の注文変更を行う手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトで来店予約の変更を行う手順を図示したフローチャート。
サービスステーションにおける来店予約の予約状況を予約システムからBtoCウェブサーバへ送信する手順を図示したフローチャート。
予約システムにおける来店予約及び来店予約の変更手順を図示したフローチャート。
管理システムを介してBtoCウェブサーバのウェブサイトを管理する手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバがウェブサイトを更新する手順を図示したフローチャート。
管理システムを介してBtoCウェブサーバのウェブサイトにおけるサービスステーションの在庫情報を管理する手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバのウェブサイトにおけるサービスステーションの在庫情報を更新する手順を図示したフローチャート。
サービスステーションのPCからBtoCウェブサーバへ顧客専用のウェブページの生成指示を送信する手順を図示したフローチャート。
BtoCウェブサーバが顧客専用のウェブページを生成する手順を図示したフローチャート。

実施例

0029

以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。
尚、本発明は、以下説明する実施例に特に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された発明の範囲内で種々の変形が可能であることは言うまでもない。

0030

<自動車用品販売システム10の構成>
本発明に係る自動車用品販売システム10の構成について、図1図3を参照しながら説明する。図1は、本発明に係る自動車用品販売システム10の全体構成図である。図2は、本発明に係る自動車用品販売システム10の要部ブロック図である。

0031

本発明に係る自動車用品販売システム10は、通信ネットワークの一例であるインターネット50に接続される。「端末装置」としてのPC(パーソナルコンピュータ)21は、「サービス事業者の店舗」の一例であるサービスステーション(ガソリンスタンド)20に設けられる。サービスステーション20のPC21は、インターネット50を介して、自動車用品販売システム10と相互に通信可能に接続される。顧客30のPC(パーソナルコンピュータ)31は、例えば顧客30の自宅等に設けられる。顧客30のPC31は、インターネット50を介して、自動車用品販売システム10と相互に通信可能に接続される。販売業者40のPC(パーソナルコンピュータ)41は、例えば自動車用品の販売業者40の事業所等に設けられる。販売業者40のPC41は、インターネット50を介して、自動車用品販売システム10と相互に通信可能に接続される。

0032

本発明に係る自動車用品販売システム10は、BtoBウェブサーバ11、BtoCウェブサーバ12、予約システム13、管理システム14を備える。これらはインターネット50を介して相互に通信可能に接続される。

0033

BtoBウェブサーバ11は、公知のコンピュータ機器であり、インターネット50に接続されるサーバ装置である。BtoBウェブサーバ11は、自動車用品の販売業者40が出店してサービスステーション20に自動車用品を販売するウェブサイト111を含む。

0034

BtoCウェブサーバ12は、公知のコンピュータ機器であり、インターネット50に接続されるサーバ装置である。BtoCウェブサーバ12は、サービスステーション20を介して、BtoBウェブサーバ11で販売される自動車用品を顧客30が注文するウェブサイト121を含む。

0035

予約システム13は、インターネット50に接続される装置(例えばサーバ装置、パーソナルコンピュータ等)である。予約システム13は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で顧客30が注文した自動車用品を顧客30がサービスステーション20で受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車(図示せず)で使用するためのサービスの提供を顧客30がサービスステーション20で受ける日時を顧客30がウェブサイト121を介して予約するための装置である。

0036

管理システム14は、インターネット50に接続される装置(例えばサーバ装置、パーソナルコンピュータ等)である。管理システム14は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121をサービスステーション20に設けられたPC21から管理するための装置である。

0037

このような構成の自動車用品販売システム10において、販売業者40は、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111に出店する。BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111で販売業者40が販売する自動車用品は、BtoBウェブサーバ11においては、会員登録された事業者(例えばサービスステーション20)だけが注文することができる。個人の一般消費者である顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121を介して、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111で販売業者40が販売する自動車用品を注文することができる。また顧客30は、注文した自動車用品をサービスステーション20で受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためのサービスの提供をサービスステーション20で受ける日時の予約(以下、「来店予約」という。)をBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で行うことができる。

0038

BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121と顧客30との間において、自動車用品の注文及び注文確認が行われる。顧客30の注文内容は、BtoCウェブサーバ12からBtoBウェブサーバ11へ送信され、BtoBウェブサーバ11から販売業者40へ電子メールで通知される。注文を受けた販売業者40は、注文された自動車用品をサービスステーション20へ発送するとともに、その旨を電子メールでサービスステーション20に通知する。この電子メールには、可能であれば、発送した自動車用品の配送状況を追跡可能な情報(例えば配送会社が付与する伝票番号等)を含めるのが好ましい。

0039

またBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121と顧客30との間において、来店予約及び来店予約の確認が行われる。より具体的には、例えば予約システム13のデータベース(図示せず)に登録されているサービスステーション20の予約状況が予約システム13からBtoCウェブサーバ12へ送信される。顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121に表示されるサービスステーション20の予約状況を見ながら来店予約を行う。顧客30の来店予約の内容は、BtoCウェブサーバ12から予約システム13へ送信され、予約システム13に登録されているサービスステーション20の予約状況が更新される。

0040

顧客30の注文及び来店予約の内容は、BtoCウェブサーバ12からサービスステーション20へ電子メールで通知される。また顧客30の電子メールアドレスがBtoCウェブサーバ12に登録されている場合には、BtoCウェブサーバ12から顧客30へも電子メールで通知される。顧客30は、来店予約の日時にサービスステーション20において、注文した自動車用品(例えばタイヤやエンジンオイル等)を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためのサービス(例えばタイヤ交換やエンジンオイル交換等)の提供を受けることができる。そして顧客30は、購入した自動車用品の代金及びサービスに対する代金をサービスステーション20に支払う。サービスステーション20は、自動車用品の代金を販売業者40に支払う。

0041

このように本発明に係る自動車用品販売システム10は、BtoBウェブサーバ11を介して、自動車用品の販売業者40とサービスステーション20との間で自動車用品の売買が行われる。つまり販売業者40が販売する自動車用品は、販売業者40からサービスステーション20へ納入され、その自動車用品の代金は、サービスステーション20(あるいはサービスステーション20の運営会社等)から販売業者40へ支払われる。しかしサービスステーション20は、自動車用品の選択及び注文は行わない。自動車用品の選択及び注文は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121を介して顧客30が行う。そして顧客30は、サービスステーション20から自動車用品を購入し、その自動車用品の代金をサービスの提供に対する代金とともにサービスステーション20に支払うことになる。

0042

つまり販売業者40が販売する自動車用品は、販売業者40からサービスステーション20へ販売され、さらにサービスステーション20から顧客30へ販売される。また販売された自動車用品の代金は、顧客30からサービスステーション20へ支払われ、さらにサービスステーション20から販売業者40へ支払われる。すなわち販売業者40と顧客30との間における自動車用品の売買は、販売業者40とサービスステーション20との間の商取引(BtoB:企業間商取引)、及びサービスステーション20と顧客30との間の商取引(BtoC:企業と個人との間の商取引)を通じて行われる。

0043

そして販売業者40とサービスステーション20との間の商取引(BtoB:企業間商取引)において、自動車用品の選択及び注文は、サービスステーション20ではなく、エンドユーザである顧客30(個人)によって行われる。このような商取引形態を採用することによって、サービスステーション20は、多数の自動車用品を陳列したり、多数の自動車用品の在庫を抱えたりすることなく、販売業者40が販売する多種多様な自動車用品を顧客30に販売することができる。また顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で所望の自動車用品を選択して注文することができるので、自動車用品の注文に際しては、わざわざサービスステーション20へ出向く必要がない。また自動車用品の発送先がサービスステーション20に限定されるため、それによって自動車用品の配送料を低くすることが可能になるというメリットもある。

0044

さらに顧客30は、注文した自動車用品をサービスステーション20で受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためにサービスステーション20が行うサービスの提供をサービスステーション20で受ける日時をBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121を介して予約することができる。したがって顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で所望の自動車用品を注文し、あとは予約した日時にサービスステーション20へ出向けば、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30の自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0045

このようにして本発明によれば、自動車用品の販売及び販売した自動車用品を顧客30の自動車で使用するために行うサービスの提供を、顧客30に対し、より高い利便性をもって行うことが可能な自動車用品販売システム10を提供することができる。

0046

図3は、本発明に係る自動車用品販売システム10の変形例を図示した要部ブロック図である。
図3に図示した自動車用品販売システム10の変形例において、BtoCウェブサーバ12は、地場A〜Dにある複数のサービスステーション20A〜20Dのそれぞれに対応する複数のウェブサイト121A〜121Dを含む。サービスステーション20A〜20Dは、例えば同一のサービス事業者が有する店舗である。また図3に図示した自動車用品販売システム10の変形例において、BtoBウェブサーバ11は、複数の販売業者40a〜40cが出店して自動車用品を販売している。

0047

サービスステーション20Aは、地場Aにあり、地場Aに住む顧客30Aの自宅の近所にある馴染みのサービスステーションである。地場Aに住む顧客30Aは、サービスステーション20Aのウェブサイト121Aで自動車用品の注文及び来店予約を行うことで、自宅の近所にある馴染みのサービスステーション20Aにおいて、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30Aの自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0048

サービスステーション20Bは、地場Bにあり、地場Bに住む顧客30Bの自宅の近所にある馴染みのサービスステーションである。地場Bに住む顧客30Bは、サービスステーション20Bのウェブサイト121Bで自動車用品の注文及び来店予約を行うことで、自宅の近所にある馴染みのサービスステーション20Bにおいて、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30Bの自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0049

サービスステーション20Cは、地場Cにあり、地場Cに住む顧客30Cの自宅の近所にある馴染みのサービスステーションである。地場Cに住む顧客30Cは、サービスステーション20Cのウェブサイト121Cで自動車用品の注文及び来店予約を行うことで、自宅の近所にある馴染みのサービスステーション20Cにおいて、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30Cの自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0050

サービスステーション20Dは、地場Dにあり、地場Dに住む顧客30Dの自宅の近所にある馴染みのサービスステーションである。地場Dに住む顧客30Dは、サービスステーション20Dのウェブサイト121Dで自動車用品の注文及び来店予約を行うことで、自宅の近所にある馴染みのサービスステーション20Dにおいて、注文した自動車用品を受け取るとともに、その自動車用品を顧客30Dの自動車で使用するためのサービスの提供を受けることができる。

0051

サービスステーション20A〜20Dを運営するサービス事業者は、自動車用品の販売業者40に対し、複数のサービスステーション20A〜20Dからの発注によって一定量以上の発注を見込むことができるため、例えばボリュームインセンティブ等の利益を享受し得る。

0052

<自動車用品販売システム10における処理の流れ>
本発明に係る自動車用品販売システム10における処理の流れについて、図4図8を参照しながら説明する。

0053

図4は、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の管理の流れを図示した処理フローである。

0054

販売業者40は、例えば販売業者40のPC41からBtoBウェブサーバ11にアクセスし、BtoBウェブサーバ11の商品管理画面等を通じて、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111で販売する商品(自動車用品)の追加・変更を行う。BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品の追加・変更が行われると、その情報がBtoBウェブサーバ11からBtoCウェブサーバ12へ送信され、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121に反映される。それによってBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の商品一覧が更新される。

0055

また販売業者40は、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111で販売する商品のうち、ある商品の在庫数量に変動が生じた場合には、例えば販売業者40のPC41からBtoBウェブサーバ11にアクセスし、BtoBウェブサーバ11の商品管理画面等を通じてその商品の在庫数量の変更を行う。BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品の在庫数量の変更が行われると、その情報がBtoBウェブサーバ11からBtoCウェブサーバ12へ送信され、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の商品の在庫数量が更新される。

0056

図5は、顧客30による商品の注文及び来店予約の流れを図示した処理フローである。
尚、商品の注文の変更、来店予約の変更も以下説明する商品の注文及び来店予約の流れと同様の流れで処理される。

0057

顧客30は、例えば自宅にあるPC31を介してBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121にアクセスする。BtoCウェブサーバ12は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で顧客30が商品を選択して注文すると、その注文内容(商品名、数量等)をBtoBウェブサーバ11へ送信する。BtoBウェブサーバ11は、注文された商品の受注処理を行い、その注文された商品の在庫数量の情報を更新してBtoCウェブサーバ12へ送信する。またBtoBウェブサーバ11は、受注処理を行った注文内容を含む電子メールを販売業者40へ送信するとともに、その商品の受注処理を行った旨をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、その商品の受注処理を行った旨を受信すると、例えばウェブサイト121の画面に表示することによって、その商品の注文処理が完了した旨を顧客30に通知する。

0058

つづいて顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の画面に表示されるサービスステーション20の予約状況を観ながら、希望の日時の来店予約を行う。BtoCウェブサーバ12は、顧客30が来店予約を行うと、その来店予約の内容(日時)を含む来店予約要求を予約システム13へ送信する。予約システム13は、来店予約要求を受信すると、それに含まれる来店予約の内容に基づいてサービスステーション20の予約状況を更新し、来店予約を受け付けた旨をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、その来店予約を受け付けた旨を受信すると、例えばウェブサイト121の画面に表示することによって、その来店予約の処理が完了した旨を顧客30に通知する。またBtoCウェブサーバ12は、顧客30が注文した商品の内容及び顧客30が予約した来店予約の内容を含む電子メールを顧客30及びサービスステーション20へ送信する。

0059

図6は、サービスステーション20の在庫商品の注文及び来店予約の流れを図示した処理フローである。

0060

BtoCウェブサーバ12は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で顧客30が商品を選択して注文すると、その商品がサービスステーション20の在庫にある場合には、その注文内容(商品名、数量等)をBtoBウェブサーバ11へ送信せずに、その注文内容(商品名、数量等)を含む電子メール(在庫引当メール)をサービスステーション20の電子メールアドレスへ送信する。そしてBtoCウェブサーバ12は、例えばウェブサイト121の画面に表示することによって、その商品の注文処理が完了した旨を顧客30に通知する。そして顧客30は、図5を参照して説明したように、希望の日時の来店予約を行う。

0061

図7は、顧客30専用のウェブページを顧客30に提供する流れを図示した処理フローである。

0062

サービスステーション20の店員は、例えば顧客30が来店した時に、その顧客30の自動車を観れば、その顧客30の自動車の仕様に関する情報(自動車のメーカ、型式、年式、色、排気量等)を得ることができる。またサービスステーション20の店員は、例えば顧客30が来店した時に(例えば代金支払い、あるいは会員登録等の場面において)、その顧客30に電子メールアドレスの提供を依頼することができる。そしてその顧客30の自動車の仕様に関する情報、及びその顧客30の電子メールアドレスをサービスステーション20に設けられたPC21にサービスステーション20の店員が入力する。

0063

サービスステーション20のPC21は、その顧客30の自動車の仕様に関する情報及びその顧客30の電子メールアドレスをBtoCウェブサーバ12へ送信する。さらにサービスステーション20のPC21は、顧客30専用のウェブページ(顧客30だけのためのウェブページ)の生成指示をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、受信した情報及びウェブページの生成指示に基づいて顧客30専用のウェブページを生成し、その生成した顧客30専用のウェブページにアクセスするための情報を含む電子メール(お礼メール)を顧客30の電子メールアドレスへ送信する。顧客30専用のウェブページは、その顧客30の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能なウェブページである。顧客30は、受信した電子メールに含まれる情報を用いてBtoCウェブサーバ12にアクセスすることによって、その顧客30専用のウェブページにアクセスすることができる。顧客30は、自ら調査する時間や労力を負担することなく、自身の自動車に適合する自動車用品の情報を容易に得ることができ、そして自身の自動車に適合する自動車用品の中から所望の自動車用品を選択して注文することができる。

0064

図8は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の管理の流れを図示した処理フローである。

0065

サービスステーション20の店員は、サービスステーション20のPC21から管理システム14にアクセスし、管理システム14の口銭管理画面等で口銭(手数料)の設定・変更を行う。管理システム14は、その口銭の設定・変更情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、受信した口銭の設定・変更情報に基づいて、ウェブサイト121における商品の販売価格の更新を行う。つまりサービスステーション20の店員は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121における商品の販売価格をサービスステーション20に設けられたPC21から管理システム14を通じて任意に設定することができる。

0066

またサービスステーション20の店員は、サービスステーション20のPC21から管理システム14にアクセスし、管理システム14のブログ管理画面等でブログの更新を行う。管理システム14は、そのブログ更新情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、受信したブログ更新情報に基づいて、ウェブサイト121のブログの内容を更新する。つまりサービスステーション20の店員は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121のブログをサービスステーション20に設けられたPC21から管理システム14を通じて任意に更新することができる。

0067

さらにサービスステーション20の店員は、サービスステーション20のPC21から管理システム14にアクセスし、管理システム14の在庫商品及び在庫数量の設定画面等でサービスステーション20が在庫している商品及びその在庫数量の設定を行う。管理システム14は、そのサービスステーション20が在庫している商品及びその在庫数量の情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する。BtoCウェブサーバ12は、受信した在庫商品及びその在庫数量の情報に基づいて、サービスステーション20が在庫している商品及びその在庫数量の設定を更新する。つまりサービスステーション20の店員は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121に対し、サービスステーション20が在庫している商品及びその在庫数量の変動に応じて、その設定をサービスステーション20に設けられたPC21から管理システム14を通じて任意に更新することができる。

0068

<自動車用品販売システム10における処理手順
自動車用品販売システム10において各装置が実行する手順について、図9図24を参照しながら説明する。

0069

図9は、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品の追加・変更手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoBウェブサーバ11のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0070

BtoBウェブサーバ11は、まず販売業者40のPC41から商品の追加・変更要求を受信したか否かを判定する(ステップS1)。商品の追加・変更要求を受信していない場合には(ステップS1でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、商品の追加・変更要求を受信した場合には(ステップS1でYes)、その商品の追加・変更要求を送信した販売業者40のPC41のディスプレイに商品の追加変更画面を表示し(ステップS2)、その販売業者40のPC41の入力機器(例えばキーボードマウス等)による商品の追加・変更操作を受け付ける(ステップS3)。そして商品の追加・変更操作の内容に基づいて、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品一覧を更新し(ステップS4)、その商品一覧の更新情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS5)。

0071

図10は、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品の在庫数量の変更手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoBウェブサーバ11のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0072

BtoBウェブサーバ11は、まず商品の注文情報をBtoCウェブサーバ12から受信したか否かを判定する(ステップS11)。商品の注文情報をBtoCウェブサーバ12から受信していない場合には(ステップS11でNo)、後述するステップS13へ進む。他方、商品の注文情報をBtoCウェブサーバ12から受信した場合には(ステップS11でYes)、その商品の注文内容を含む電子メール(受注メール)を販売業者40の電子メールアドレスへ送信する(ステップS12)。

0073

つづいて商品在庫数量の変更情報を受信したか否かを判定する(ステップS13)。この商品在庫数量の変更情報は、例えばBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121において、商品の新規注文、注文の追加・変更等が生じたときに、BtoCウェブサーバ12から送信される。また商品在庫数量の変更情報は、販売業者40において、例えば商品の入荷や在庫処分等によって在庫数量に変動が生じたときに、販売業者40のPC41から送信される。商品在庫数量の変更情報を受信していない場合には(ステップS13でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、商品在庫数量の変更情報を受信した場合には(ステップS13でYes)、その情報に基づいて、BtoBウェブサーバ11のウェブサイト111の商品在庫数量を変更する(ステップS14)。そして商品在庫数量の変更情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS15)。

0074

図11は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の商品一覧及び商品在庫数量を変更する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0075

BtoCウェブサーバ12は、まず商品一覧の更新情報を受信したか否かを判定する(ステップS21)。この商品一覧の更新情報は、前述したようにBtoBウェブサーバ11から送信される情報である。商品一覧の更新情報を受信していない場合には(ステップS21でNo)、そのまま後述するステップS23へすすむ。他方、商品一覧の更新情報を受信した場合には(ステップS21でYes)、その商品一覧の更新情報に基づいて、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の商品一覧を更新する(ステップS22)。

0076

つづいて商品在庫数量の変更情報を受信したか否かを判定する(ステップS23)。この商品在庫数量の変更情報は、前述したようにBtoBウェブサーバ11から送信される情報である。商品在庫数量の変更情報を受信していない場合には(ステップS23でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、商品在庫数量の変更情報を受信した場合には(ステップS23でYes)、その商品在庫数量の変更情報に基づいて、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の商品在庫数量を変更する(ステップS24)。

0077

図12図14は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で商品の注文及び来店予約を行う手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0078

顧客30は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121にアクセスする。BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の各画面は、顧客30が操作するPC31のディスプレイに表示される。顧客30は、例えばキーボードやマウス等のPC31の入力機器を操作して必要な情報の入力を行う。

0079

BtoCウェブサーバ12は、まず注文する自動車用品を顧客30が選択するための商品選択画面を表示し(ステップS31)、顧客30による商品の選択及び数量の設定操作の入力を受け付ける(ステップS32)。顧客30は、商品選択画面に表示される自動車用品の中から所望の自動車用品を選択するとともに注文数量を設定する操作を行う。

0080

顧客30による商品の選択及び数量の設定操作が行われた後、つづいて注文確認画面を表示し(ステップS33)、顧客30による注文確定操作の入力を受け付ける(ステップS34)。そして顧客30による注文確定操作が行われたか否かを判定する(ステップS35)。顧客30は、注文確認画面に表示される注文内容を確認し、その注文内容で良ければ注文を確定する操作を行い、注文内容を変更したい場合には、注文を確定させずに商品選択画面に戻る操作を行う。顧客30による注文確定操作が行われていない場合には(ステップS35でNo)、顧客30が行う操作に応じて商品選択画面を表示する(ステップS31)。他方、顧客30による注文確定操作が行われた場合には(ステップS35でYes)、注文確定画面を表示する(ステップS36)。

0081

つづいて顧客30が注文した商品について、サービスステーション20に在庫がある旨の設定がされているか否か、つまりサービスステーション20が在庫している商品であるか否かを判定する(ステップS37)。顧客30が注文した商品をサービスステーション20が在庫していない場合には(ステップS37でNo)、確定した注文内容をBtoBウェブサーバ11へ送信する(ステップS38)。また注文内容に応じて商品在庫数量を変更し(ステップS39)、商品在庫数量の変更情報をBtoBウェブサーバ11へ送信する(ステップS40)。

0082

他方、顧客30が注文した商品をサービスステーション20が在庫している場合には(ステップS37でYes)、その注文情報を含む電子メール(在庫引当メール)をサービスステーション20の電子メールアドレスへ送信する(ステップS41)。そして商品の注文数量に応じて、サービスステーション20の在庫商品の数量設定を変更する(ステップS42)。

0083

つまり顧客30が注文した商品をサービスステーション20が在庫している場合には、その商品については販売業者40へ発注がされずに、そのサービスステーション20が在庫している商品が引き当てられることになる。それによって顧客30は、サービスステーション20が在庫している商品については、注文後、サービスステーション20ですぐに受け取ることが可能になる。またサービスステーション20にとっては、在庫している商品をサービスステーション20の店頭及びBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121の両方で受注できるとともに、まとめ買いによるコスト削減効果(例えばボリュームインセンティブ等)も得られることから、売り上げ利益のさらなる向上が期待できる。

0084

つづいて顧客30が来店予約を行うための来店予約画面を表示し(ステップS43)、顧客30による来店予約の日時の設定操作を受け付ける(ステップS44)。BtoBウェブサーバ11は、予約システム13から受信したサービスステーション20の予約状況に基づいて、サービスステーション20の来店予約画面を生成して表示する。顧客30は、来店予約画面に表示されるサービスステーション20の予約状況を観ながら希望の日時を設定する操作を行う。

0085

顧客30による来店予約の日時の設定操作が行われた後、つづいて来店予約日時の確認画面を表示し(ステップS45)、顧客30による来店予約日時の確定操作の入力を受け付ける(ステップS46)。そして顧客30による来店予約日時の確定操作が行われたか否かを判定する(ステップS47)。顧客30は、来店予約日時の確認画面に表示される来店予約日時を確認し、その来店予約日時で良ければ来店予約を確定する操作を行い、来店予約の内容を変更したい場合には、来店予約を確定させずに来店予約画面に戻る操作を行う。

0086

顧客30による来店予約の確定操作が行われなかった場合には(ステップS47でNo)、顧客30が行う操作に応じて来店予約画面を表示する(ステップS43)。他方、顧客30による来店予約の確定操作が行われた場合には(ステップS47でYes)、予約システム13と送受信を行って来店予約を確定させ、来店予約確定画面を表示する(ステップS48)。そして確定した注文及び来店予約の内容を含む電子メール(注文・来店予約情報メール)をサービスステーション20及び顧客30へ送信する(ステップS49)。

0087

図15は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で商品の注文変更を行う手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0088

BtoCウェブサーバ12は、まず注文変更を顧客30が行うための注文変更画面を表示し(ステップS51)、顧客30による注文変更操作の入力を受け付ける(ステップS52)。顧客30は、注文変更画面で自身の注文の変更操作を行う。

0089

顧客30による注文変更操作が行われた後、つづいて注文変更確認画面を表示し(ステップS53)、顧客30による注文変更の確定操作の入力を受け付ける(ステップS54)。そして顧客30による注文変更の確定操作が行われたか否かを判定する(ステップS55)。顧客30は、注文変更確認画面に表示される内容を確認し、その内容で良ければ注文変更を確定する操作を行い、その内容を変更したい場合には、注文変更を確定させずに注文変更画面に戻る操作を行う。

0090

顧客30による注文変更の確定操作が行われなかった場合には(ステップS55でNo)、顧客30が行う操作に応じて注文変更画面を表示する(ステップS51)。他方、顧客30による注文変更の確定操作が行われた場合には(ステップS55でYes)、注文変更確定画面を表示し(ステップS56)、確定した注文変更の内容を含む電子メールをサービスステーション20及び顧客30へ送信する(ステップS57)。つづいて注文変更の内容に応じて、商品在庫数量の変更情報をBtoBウェブサーバ11へ送信する(ステップS58)。

0091

図16は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で来店予約の変更を行う手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0092

BtoCウェブサーバ12は、まず来店予約の変更を顧客30が行うための来店予約変更画面を表示し(ステップS61)、顧客30による来店予約変更操作の入力を受け付ける(ステップS62)。顧客30は、来店予約変更画面に表示される来店予約の変更操作を行う。

0093

顧客30による来店予約変更操作が行われた後、つづいて来店予約変更確認画面を表示し(ステップS63)、顧客30による来店予約変更の確定操作の入力を受け付ける(ステップS64)。そして顧客30による来店予約変更の確定操作が行われたか否かを判定する(ステップS65)。顧客30は、来店予約変更確認画面に表示される内容を確認し、その内容で良ければ来店予約変更を確定する操作を行い、その内容を変更したい場合には、来店予約変更を確定させずに来店予約変更画面に戻る操作を行う。

0094

顧客30による来店予約変更の確定操作が行われなかった場合には(ステップS65でNo)、顧客30が行う操作に応じて来店予約変更画面を表示する(ステップS61)。他方、顧客30による来店予約変更の確定操作が行われた場合には(ステップS65でYes)、予約システム13と送受信を行って来店予約変更を確定させる。そして来店予約変更確定画面を表示し(ステップS66)、確定した来店予約変更の内容を含む電子メールをサービスステーション20及び顧客30へ送信する(ステップS67)。
尚、商品の注文のキャンセル及び来店予約のキャンセルについては、上記説明した注文変更手順、来店予約変更手順と同様の手順で行うようにしてもよいし、例えば電話でのみ受け付けるようにしてもよい。

0095

図17は、サービスステーション20における来店予約の予約状況を予約システム13からBtoCウェブサーバ12へ送信する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、予約システム13のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0096

予約システム13は、まずBtoCウェブサーバ12からサービスステーション20における来店予約の予約状況の送信要求があったか否かを判定する(ステップS71)。BtoCウェブサーバ12から来店予約の予約状況の送信要求がなかった場合には(ステップS71でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、BtoCウェブサーバ12から来店予約の予約状況の送信要求があった場合には(ステップS71でYes)、BtoCウェブサーバ12へサービスステーション20における来店予約の予約状況の情報を送信する(ステップS72)。

0097

図18は、予約システム13における来店予約及び来店予約の変更手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、予約システム13のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0098

予約システム13は、まずBtoCウェブサーバ12から来店予約要求を受信したか否かを判定する(ステップS81)。BtoCウェブサーバ12から来店予約要求を受信していない場合には(ステップS81でNo)、後述するステップS84へすすむ。他方、BtoCウェブサーバ12から来店予約要求を受信した場合には(ステップS81でYes)、その来店予約要求に含まれる来店予約日時の情報に基づいて、予約システム13のデータベース(図示せず)等に記憶されている来店予約テーブルデータを更新し(ステップS82)、来店予約が完了した旨の通知をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS83)。

0099

つづいてBtoCウェブサーバ12から来店予約変更要求を受信したか否かを判定する(ステップS84)。BtoCウェブサーバ12から来店予約変更要求を受信していない場合には(ステップS84でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、BtoCウェブサーバ12から来店予約変更要求を受信した場合には(ステップS84でYes)、その来店予約変更要求に含まれる来店予約変更情報に基づいて、予約システム13のデータベース(図示せず)等に記憶されている来店予約テーブルデータを更新し(ステップS85)、来店予約の変更が完了した旨の通知をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS86)。

0100

図19は、管理システム14を介してBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121を管理する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、管理システム14のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。管理システム14は、例えばPC21のディスプレイに表示される管理システム14の管理画面等を通じて、口銭設定の入力をサービスステーション20のPC21から受け付ける。サービスステーション20の店員は、PC21から管理システム14へアクセスし、例えばPC21のディスプレイに表示される管理システム14の管理画面等を通じて、キーボードやマウス等のPC21の入力機器を操作して必要な情報の入力を行う。PC21で入力された情報は、PC21から管理システム14へ送信される。

0101

管理システム14は、まずサービスステーション20のPC21から口銭設定情報を受信したか否かを判定する(ステップS91)。サービスステーション20のPC21から口銭設定情報を受信していない場合には(ステップS91でNo)、後述するステップS94へすすむ。他方、サービスステーション20のPC21から口銭設定情報を受信した場合には(ステップS91でYes)、管理システム14の口銭設定を更新し(ステップS92)、更新した口銭設定情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS93)。

0102

つづいてサービスステーション20のPC21からブログ更新情報を受信したか否かを判定する(ステップS94)。サービスステーション20のPC21からブログ更新情報を受信していない場合には(ステップS94でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、サービスステーション20のPC21からブログ更新情報を受信した場合には(ステップS94でYes)、管理システム14のブログ情報を更新し(ステップS95)、ブログ更新情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS96)。

0103

図20は、BtoCウェブサーバ12がウェブサイト121を更新する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0104

BtoCウェブサーバ12は、まず管理システム14から口銭設定情報を受信したか否かを判定する(ステップS101)。管理システム14から口銭設定情報を受信していない場合には(ステップS101でNo)、後述するステップS104へすすむ。他方、管理システム14から口銭設定情報を受信した場合には(ステップS101でYes)、受信した口銭設定情報に基づいてウェブサイト121の商品の販売価格を更新し(ステップS102)、ウェブサイト121の商品の販売価格の更新を完了した旨の通知を管理システム14へ送信する(ステップS103)。つづいて管理システム14からブログ更新情報を受信したか否かを判定する(ステップS104)。管理システム14からブログ更新情報を受信していない場合には(ステップS104でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、管理システム14からブログ更新情報を受信した場合には(ステップS104でYes)、受信したブログ更新情報に基づいてウェブサイト121のブログを更新し(ステップS105)、ブログの更新を完了した旨の通知を管理システム14へ送信する(ステップS106)。

0105

図21は、管理システム14を介してBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121におけるサービスステーション20の在庫情報を管理する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、管理システム14のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。管理システム14は、例えばPC21のディスプレイに表示される管理システム14の管理画面等を通じて、サービスステーション20に在庫がある旨の設定及びその在庫数量の入力をサービスステーション20のPC21から受け付ける。サービスステーション20の店員は、PC21から管理システム14へアクセスし、例えばPC21のディスプレイに表示される管理システム14の管理画面等を通じて、キーボードやマウス等のPC21の入力機器を操作して必要な情報の入力を行う。PC21で入力された情報は、PC21から管理システム14へ送信される。

0106

管理システム14は、まずサービスステーション20のPC21からサービスステーション20の在庫情報を受信したか否かを判定する(ステップS111)。サービスステーション20の在庫情報を受信していない場合には(ステップS111でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、サービスステーション20の在庫情報を受信した場合には(ステップS111でYes)、管理システム14のサービスステーション20の在庫情報を更新し(ステップS112)、更新したサービスステーション20の在庫情報をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS113)。

0107

図22は、BtoCウェブサーバ12のウェブサイト121におけるサービスステーション20の在庫情報を更新する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0108

BtoCウェブサーバ12は、まず管理システム14からサービスステーション20の在庫情報を受信したか否かを判定する(ステップS121)。管理システム14からサービスステーション20の在庫情報を受信していない場合には(ステップS121でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、管理システム14からサービスステーション20の在庫情報を受信した場合には(ステップS121でYes)、受信したサービスステーション20の在庫情報に基づいて、サービスステーション20に在庫がある商品についてサービスステーション20に在庫がある旨、及びその在庫数量の設定を行う(ステップS122)。そしてサービスステーション20の在庫設定完了通知を管理システム14へ送信する(ステップS123)。

0109

図23は、サービスステーション20のPC21からBtoCウェブサーバ12へ顧客30専用のウェブページの生成指示を送信する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、PC21のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。サービスステーション20の店員は、例えばPC21のディスプレイに表示される画面を観ながらキーボードやマウス等のPC21の入力機器を操作して必要な情報の入力を行う。

0110

サービスステーション20のPC21は、まず顧客情報車種情報入力画面を表示し(ステップS131)、顧客情報・車種情報の入力操作を受け付ける(ステップS132)。サービスステーション20の店員は、顧客30の顧客情報(少なくとも顧客30の電子メールアドレスを含む。)を入力するとともに、顧客30の車種情報(自動車の仕様に関する情報:自動車のメーカ、型式、年式、色、排気量等)を入力する。つづいて顧客30の顧客情報・車種情報の入力が完了したか否かを判定する(ステップS133)。

0111

顧客30の顧客情報・車種情報の入力が完了した場合には(ステップS133でYes)、つづいて決済完了画面を表示し(ステップS134)、サービスステーション20の店員による決済完了入力を受け付ける(ステップS135)。サービスステーション20の店員は、現金支払い又はクレジットカード決済等により顧客30からサービスステーション20への支払いが完了した後、その旨を決済完了画面で入力する。決済完了画面で決済が完了した旨が入力されると、例えばPC21に接続されているプリンタ(図示せず)で、顧客30の支払いに対する領収書印刷されて発行される(ステップS136)。そして顧客30の顧客情報・車種情報をBtoCウェブサーバ12へ送信するとともに(ステップS137)、顧客30専用のウェブページの生成指示をBtoCウェブサーバ12へ送信する(ステップS138)。

0112

図24は、BtoCウェブサーバ12が顧客30専用のウェブページを生成する手順を図示したフローチャートである。当該フローチャートに図示した手順は、BtoCウェブサーバ12のコンピュータが実行するプログラムによって実現される手順であり、所定の周期で繰り返し実行される手順である。

0113

BtoCウェブサーバ12は、まずサービスステーション20のPC21から顧客30の顧客情報・車種情報を受信したか否かを判定する(ステップS141)。顧客30の顧客情報・車種情報を受信していない場合には(ステップS141でNo)、そのまま当該手順を終了する。他方、顧客30の顧客情報・車種情報を受信した場合には(ステップS141でYes)、つづいてサービスステーション20のPC21から顧客30専用のウェブページの生成指示を受信したか否かを判定する(ステップS142)。顧客30専用のウェブページの生成指示を受信していない場合には(ステップS142でNo)、電子メール(お礼メール)を顧客30の電子メールアドレスへ送信する(ステップS144)。

0114

他方、顧客30専用のウェブページの生成指示を受信した場合には(ステップS142でYes)、顧客30の自動車の車種情報に基づいて、顧客30の自動車に適合する自動車用品のみが表示されて購入可能な顧客30専用のウェブページを生成する(ステップS143)。この顧客30専用のウェブページは、例えば顧客30の自動車に適合する自動車用品の中から特にお勧めのレコメンド商品を抽出して表示するようにしてもよい。また顧客30専用のウェブページは、例えば顧客30が選択した自動車用品及びその選択した自動車用品と同種の他の自動車用品について、その各自動車用品の価格及び仕様が比較できるように表示されるのが好ましい。例えば顧客30の自動車に適合するタイヤについては、価格、燃費性能、静けさ等が比較できるように表示されるのが好ましい。それによって顧客30は、価格及び仕様を比較しながら、自身の自動車に適合する自動車用品の中から好みの自動車用品を選択して注文することができる。

0115

そしてBtoCウェブサーバ12は、生成した顧客30専用のウェブページにアクセスするための情報を含む電子メール(お礼メール)を顧客30の電子メールアドレスへ送信する(ステップS144)。顧客30専用のウェブページにアクセスするための情報は、例えば顧客30専用のウェブページのURL(Uniform Resource Locator)である。また顧客30専用のウェブページにアクセスするための情報は、例えば顧客30専用のウェブページに関連付けられた会員番号自動車番号等であってもよい。そして例えばBtoCウェブサーバ12のウェブサイト121で顧客30の会員番号又は自動車番号を入力することで、顧客30専用のウェブページへ顧客30がアクセスできるようにしてもよい。

0116

10自動車用品販売システム
11 BtoBウェブサーバ
12 BtoCウェブサーバ
13予約システム
14 管理システム
20、20A〜20Dサービスステーション
30、30A〜30D 顧客
40、40a〜40c販売業者
50 インターネット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ