図面 (/)

技術 印刷装置、および印刷方法

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 波多腰優斗
出願日 2017年9月28日 (3年3ヶ月経過) 出願番号 2017-187598
公開日 2019年4月18日 (1年8ヶ月経過) 公開番号 2019-059197
状態 未査定
技術分野 インクジェット(インク供給、その他)
主要キーワード ビデオドライバー ノズル領域 接続インターフェイス 有色インク 印刷媒体表面 テストパターン印刷 インク色データ メンテナンス動作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年4月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

オーバーコート層を形成するためのインク吐出する印刷装置において、オーバーコート用のインク吐出が不要な画像データの印刷効率を向上させる。

解決手段

印刷装置は、色材を含有する第1インクを吐出する第1ノズル、および第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドと、第1インク、および第2インクの吐出を制御する制御部と、を備える。制御部は、画像データに所定の値が存在する場合、印刷ヘッドの所定領域に位置する第1ノズルから第1インク、印刷ヘッドの前記所定領域と異なる領域に位置する第2ノズルから第2インクを吐出するように制御し、画像データに所定の値が存在しない場合、所定領域より広い領域に位置する第1ノズルから第1インクを吐出し、第2インクを吐出しないように制御する。

概要

背景

印刷ヘッドから吐出したインク印刷媒体に付与してドットを形成することにより、記録媒体上に画像を記録する印刷装置が知られている。耐久性の高い顔料インクを使用する印刷装置には、印刷媒体としての光沢紙高品位な画像を記録することが強く求められている。顔料インクを用いて印刷された画像では、印刷媒体の表面に堆積した顔料色材)によって凹凸が生じるため、印刷媒体の表面で反射した反射光散乱し、所望の黒濃度が得られないことがある。黒濃度の向上を目的として、樹脂微粒子を含む無色、乳白色又は白色の液体組成物(以下、「クリアインク」と呼ぶ)によるオーバーコート層を顔料インクによる有色インク層の上に形成し、表面の凹凸を抑制するインクジェット記録装置(印刷装置)が提案されている(特許文献1参照)。

概要

オーバーコート層を形成するためのインクを吐出する印刷装置において、オーバーコート用のインク吐出が不要な画像データの印刷効率を向上させる。印刷装置は、色材を含有する第1インクを吐出する第1ノズル、および第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドと、第1インク、および第2インクの吐出を制御する制御部と、を備える。制御部は、画像データに所定の値が存在する場合、印刷ヘッドの所定領域に位置する第1ノズルから第1インク、印刷ヘッドの前記所定領域と異なる領域に位置する第2ノズルから第2インクを吐出するように制御し、画像データに所定の値が存在しない場合、所定領域より広い領域に位置する第1ノズルから第1インクを吐出し、第2インクを吐出しないように制御する。

目的

したがって、第2インクの吐出が不要な画像データを印刷する際の印刷効率を向上させた印刷装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像データに基づき画像を印刷媒体印刷する印刷装置であって、色材を含有する第1インク吐出する第1ノズル、および前記第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドと、前記第1ノズルからの前記第1インクの吐出、および前記第2ノズルからの前記第2インクの吐出を制御する制御部と、を備え、前記制御部は、前記画像データに所定の値が存在する場合、前記印刷ヘッドの所定領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インク、前記印刷ヘッドの前記所定領域と異なる領域に位置する前記第2ノズルから前記第2インクを吐出するように制御し、前記画像データに前記所定の値が存在しない場合、前記所定領域より広い領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インクを吐出し、前記第2インクを吐出しないように制御することを特徴とする印刷装置。

請求項2

前記制御部は、前記画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在する場合、前記第2インクを吐出するように制御し、前記画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在しない場合、前記第2インクを吐出しないように制御することを特徴とする請求項1に記載の印刷装置。

請求項3

前記第2インクは、クリアインクであることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の印刷装置。

請求項4

前記第2インクは、黒色の色材を含有し前記第1インクよりも濃度が低いライトブラック系インクであることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の印刷装置。

請求項5

色材を含有する第1インクを吐出する第1ノズル、および前記第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドを備える印刷装置を用いて、画像データに基づき画像を印刷媒体に印刷する印刷方法であって、前記画像データに所定の値が存在するか否かを判断する判断工程と、前記画像データに前記所定の値が存在する場合に、前記印刷ヘッドの所定領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インク、および前記所定領域と異なる領域に位置する前記第2ノズルから前記第2インクを吐出する第1の吐出工程と、前記画像データに前記所定の値が存在しない場合に、前記所定領域より広い領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インクを吐出する第2の吐出工程と、を含むことを特徴とする印刷方法。

技術分野

0001

本発明は、印刷装置、および印刷方法に関する。

背景技術

0002

印刷ヘッドから吐出したインク印刷媒体に付与してドットを形成することにより、記録媒体上に画像を記録する印刷装置が知られている。耐久性の高い顔料インクを使用する印刷装置には、印刷媒体としての光沢紙高品位な画像を記録することが強く求められている。顔料インクを用いて印刷された画像では、印刷媒体の表面に堆積した顔料色材)によって凹凸が生じるため、印刷媒体の表面で反射した反射光散乱し、所望の黒濃度が得られないことがある。黒濃度の向上を目的として、樹脂微粒子を含む無色、乳白色又は白色の液体組成物(以下、「クリアインク」と呼ぶ)によるオーバーコート層を顔料インクによる有色インク層の上に形成し、表面の凹凸を抑制するインクジェット記録装置(印刷装置)が提案されている(特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2012−51188号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に記載の印刷装置は、色材を含有する第1インクを吐出可能な第1ノズルの内、記録媒体の搬送方向における印刷ヘッドの上流側半分の領域のノズルを使用して画像を印刷していた。そして、第2インク(クリアインク)を吐出可能な第2ノズルの内、記録媒体の搬送方向における印刷ヘッドの下流側半分の領域のノズルを使用して黒濃度を向上させていた。また、印刷装置は、すべての画像データに対して第2インクを吐出させていた。すなわち、特許文献1の印刷装置は、印刷ヘッドの全領域を用いて有色インクを吐出した場合の印刷速度に対して、常に1/2の印刷速度で印刷を行うので、第2インクの吐出が不要な画像データの印刷において印刷効率が低下するという課題があった。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、上述の課題の少なくとも一部を解決するためになされたものであり、以下の形態または適用例として実現することが可能である。

0006

[適用例1]本適用例に係る印刷装置は、画像データに基づき画像を印刷媒体に印刷する印刷装置であって、色材を含有する第1インクを吐出する第1ノズル、および前記第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドと、前記第1ノズルからの前記第1インクの吐出、および前記第2ノズルからの前記第2インクの吐出を制御する制御部と、を備え、前記制御部は、前記画像データに所定の値が存在する場合、前記印刷ヘッドの所定領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インク、前記印刷ヘッドの前記所定領域と異なる領域に位置する前記第2ノズルから前記第2インクを吐出するように制御し、前記画像データに前記所定の値が存在しない場合、前記所定領域より広い領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インクを吐出し、前記第2インクを吐出しないように制御することを特徴とする。

0007

本適用例によれば、印刷装置は、印刷ヘッドにおける所定領域に位置する第1ノズルから第1インクの吐出、および第1ノズルと異なる領域に位置する第2ノズルから第2インクの吐出を制御する制御部を備えている。制御部は、画像データに所定の値が存在する場合、所定領域の第1ノズルから第1インクを吐出し、所定領域以外の第2ノズルから第2インクを吐出するように制御する。画像データに所定の値が存在しない場合、換言すると、第2インクを吐出して黒濃度を向上させる必要のない画像データの場合、所定領域よりも広い領域の第1ノズルから第1インクのみを吐出するように制御する。したがって、第2インクの吐出が不要な画像データを印刷する際の印刷効率を向上させた印刷装置を提供することができる。

0008

[適用例2]上記適用例に係る印刷装置において、前記制御部は、前記画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在する場合、前記第2インクを吐出するように制御し、前記画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在しない場合、前記第2インクを吐出しないように制御することが好ましい。

0009

本適用例によれば、制御部では、画像データにおける(RGB)=(0、0、0)、所謂最暗点が画像データに含まれる場合に第2インクを吐出するように制御し、画像データに最暗点が含まれない場合に第2インクを吐出しないように制御する。これにより、制御部は、黒濃度を向上させる必要のない画像データを第1インクのみで印刷することができる。

0010

[適用例3]上記適用例に係る印刷装置において、前記第2インクは、クリアインクであることが好ましい。

0011

本適用例によれば、印刷装置は、第2インクとしてクリアインクを備えている。クリアインクは、樹脂微粒子を含む無色、乳白色または白色の液体組成物である。制御部の制御により、第2ノズルからクリアインクを吐出することにより、印刷媒体表面には、第1インクの色材による凹凸を覆うオーバーコート層が形成され、印刷媒体の表面での光の散乱が抑制される。これにより、黒濃度を向上させた画像を形成することができる。

0012

[適用例4]上記適用例に係る印刷装置において、前記第2インクは、黒色の色材を含有し前記第1インクよりも濃度が低いライトブラック系インクであることが好ましい。

0013

本適用例によれば、印刷装置は、第2インクとして、第1インクよりも濃度が低い黒色の色材を含有したライトブラック系インクを備えている。ライトブラック系インクは色材が少ないので、制御部の制御により、第2ノズルからライトブラック系インクを吐出することにより、第1インクの色材による凹凸を平滑化する層が形成され、印刷媒体の表面での光の散乱が抑制される。これにより、黒濃度を向上させた画像を形成することができる。

0014

[適用例5]本適用例に係る印刷方法は、色材を含有する第1インクを吐出する第1ノズル、および前記第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する第2ノズルを有する印刷ヘッドを備える印刷装置を用いて、画像データに基づき画像を印刷媒体に印刷する印刷方法であって、前記画像データに所定の値が存在するか否かを判断する判断工程と、前記画像データに前記所定の値が存在する場合に、前記印刷ヘッドの所定領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インク、および前記所定領域と異なる領域に位置する前記第2ノズルから前記第2インクを吐出する第1の吐出工程と、前記画像データに所定の値が存在しない場合に、前記所定領域より広い領域に位置する前記第1ノズルから前記第1インクを吐出する第2の吐出工程と、を含むことを特徴とする。

0015

本適用例によれば、印刷方法は、画像データに所定の値が存在するか否かを判断する判断工程を備え、判断結果に応じて第1の吐出工程、または第2の吐出工程を実施する。画像データに所定の値が存在する場合、第1の吐出工程によって、所定領域の第1ノズルから第1インクが吐出され、所定領域以外の第2ノズルから第2インクが吐出される。画像データに所定の値が存在しない場合、換言すると、第2インクを吐出させて黒濃度を向上させる必要のない画像データの場合、第2の吐出工程によって、所定領域よりも広い領域の第1ノズルから第1インクのみが吐出される。これにより、第2インクの吐出が不要な画像データの印刷速度を向上することができる。したがって、印刷効率を向上させた印刷方法を提供することができる。

図面の簡単な説明

0016

本発明の一実施形態としての印刷装置の概略構成を示すブロック図。
印刷ヘッドが備えるノズルの配置状態を示す説明図。
印刷制御装置の概略構成を示すブロック図。
画像処理の手順を示すフローチャート
印刷方法を示すフローチャート。

実施例

0017

以下、本発明の実施形態について、図面を参照して説明する。なお、以下の各図においては、各層や各部材を認識可能な程度の大きさにするため、各層や各部材の尺度を実際とは異ならせしめている。

0018

(実施形態)
図1は、本発明の一実施形態としての印刷装置の概略構成を示すブロック図である。印刷装置100は、画像データに基づき画像を印刷媒体Pに印刷する印刷装置である。本実施形態において、印刷装置100は、印刷制御装置200を備え、印刷制御装置200が画像データに基づいて生成したドットパターンデータ(印刷装置が備える印刷ヘッドが吐出するドット列を示すデータ)に従って制御部40が印刷ヘッド61を駆動し、画像を印刷媒体Pに印刷する。

0019

本実施形態において、印刷装置100は、インクジェット式プリンターであり、色材を含有する第1インク、第3インク、第4インク、第5インク、およびこれらのインク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを印刷媒体Pに吐出可能に構成されている。具体的には、第1インクは、濃黒(Pk)インクに、第3インクは黄色(Y)インクに、第4インクはマゼンタ(M)インクに、第5インクはシアン(C)インクにそれぞれ相当する。また、本実施形態では、黒濃度を向上させる第2インクとしてクリア(Go)インクを採用している。また、本実施形態の第1、第3〜第5インクに採用されている色材は顔料である。

0020

印刷装置100は、操作パネル32と、接続インターフェイス部34と、制御部40と、キャリッジモーター50と、無端の駆動ベルト51と、プーリー52と、支持ロッド53と、キャリッジ60と、紙送りモーター81と、紙送りローラー82とを備える。

0021

操作パネル32は、ユーザーによる印刷モードの設定操作や、テストパターン印刷等の各種メンテナンス動作指示操作受け付ける。また、操作パネル32には、図示しないディスプレイが設けられており、各種メニュー画面や印刷装置100のステータス等が表示される。接続インターフェイス部34は、印刷制御装置200と所定のケーブルにより接続され、印刷制御装置200が送信するドットパターンデータを受信して制御部40に渡す。

0022

制御部40は、キャリッジ60に取り付けられている印刷ヘッド61を駆動して、後述する第1ノズルから第1インクの吐出、後述する第2ノズルから第2インクの吐出を含む、第1〜第5インクの印刷媒体Pへの吐出を制御する。また、制御部40は、キャリッジ60の主走査方向MDに沿った往復動作や、印刷媒体Pの副走査方向SDに沿った搬送動作を制御する。本実施形態において、主走査方向MDと副走査方向SDとは互いに直交する。なお、図1では、副走査方向SDに沿って、印刷媒体Pの搬送方向の上流側と下流側とを明示している。

0023

キャリッジモーター50は、駆動ベルト51を介してキャリッジ60を往復動作させる。駆動ベルト51は、キャリッジモーター50とプーリー52との間に架け渡されている。支持ロッド53は、主走査方向MDと平行に延設された棒状の部材であり、キャリッジ60を主走査方向MDに沿って往復移動可能に支持している。

0024

印刷装置100は、いわゆるオンキャリッジタイプのプリンターであり、キャリッジ60には、第1〜第5インクに対応した、合計5つのインクカートリッジ71,72,73,74,75が装着されている。本実施形態において、インクカートリッジ71には、第1インクが収容されている。また、インクカートリッジ72には第2インクが、インクカートリッジ73には第3インクが、インクカートリッジ74には第4インクが、インクカートリッジ75には第5インクが、それぞれ収容されている。

0025

また、キャリッジ60において、印刷媒体Pと対向する端部には、印刷ヘッド61が取り付けられている。印刷ヘッド61は、色材を含有する第1、第3〜第5インクを吐出する後述の第1、第3〜第5ノズルと、第1インク上に吐出されることで黒濃度が向上する第2インクを吐出する後述の第2ノズルとを有している。印刷ヘッド61は、制御部40からの指示に応じて、各インクカートリッジ71〜75に収容されている第1〜第5インクを各ノズルから吐出する。

0026

図2は、印刷ヘッド61が備えるノズルの配置状態を示す説明図である。図2では、印刷ヘッド61における印刷媒体Pと対向する面を示している。印刷ヘッド61において、印刷媒体Pと対向する面には、キャリッジ60に備えられた各インクカートリッジに対応したノズル群が設けられている。具体的には、主走査方向MDに沿って図面左から順に、第2インクを吐出する第2ノズルとしての第2ノズル群92、第1インクを吐出する第1ノズルとしての第1ノズル群91、第3インクを吐出する第3ノズル群93、第4インクを吐出する第4ノズル群94、第5インクを吐出する第5ノズル群95が並んで配置されている。各ノズル群91〜95は、いずれも副走査方向SDに沿って所定の間隔で並ぶ多数のノズルnzからなる2つのノズル列により構成されている。

0027

印刷ヘッド61は、上流側に各ノズル群91〜95における所定数のノズルnzによって構成されるノズル領域Aを、下流側にノズル領域Aに含まれないノズルnzにより構成されるノズル領域Bを備える。ノズル領域A、およびノズル領域Bにおける各ノズル群91〜95は、制御部40からの指示により、それぞれに対応したインクを吐出可能である。本実施形態では、ノズル領域Aおよびノズル領域Bには、各ノズル群91〜95における全ノズル数の1/2のノズルnzが、それぞれの領域に割り当てられている。

0028

例えば、クリアインクGo(第2インク)でオーバーコート層を形成する場合、色材を含有する第1、第3〜第5インクを吐出して画像を形成した後に、第2インクを吐出してオーバーコート層を形成する必要がある。そこで、制御部40は、第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、上流側に位置するノズル領域Aに属するノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出させる。その後、印刷媒体Pを副走査方向SDに移動させ、第2ノズル群92のうち、下流側に位置するノズル領域Bに属するノズルnzから第2インクを吐出させる。
また、オーバーコート層を形成しない場合、制御部40は、ノズル領域Aおよびノズル領域Bに属する第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のすべてのノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出させる。

0029

図3は、印刷制御装置200の概略構成を示すブロック図である。本実施形態において、印刷制御装置200は、コンピューターにより構成されている。印刷制御装置200は、CPU21と、ROM22と、RAM23と、ハードディスクドライブ24と、接続インターフェイス部25とを備えている。CPU21と、ROM22と、RAM23と、ハードディスクドライブ24と、接続インターフェイス部25とは、いずれも内部バス26に接続され、互いにデータを送受信できる。印刷制御装置200には、接続インターフェイス部25を介して、上述の制御部40と表示装置27とが接続されている。

0030

印刷制御装置200では、所定のオペレーティングシステムの下で、制御プログラム、印刷装置100用のプリンタードライバー、およびビデオドライバー等の各種コンピュータープログラムが実行されている。CPU21は、これらのコンピュータープログラムをRAM23に展開して実行することにより、画像処理の実行に必要な入力部211、色変換部212、ハーフトーン処理部213、インターレース処理部214、印刷指示部215として機能する。あるいは、画像データに基づく画像や、各種メニュー画面を表示装置27に表示させる表示制御部216として機能する。上述の各種コンピュータープログラムは、ROM22またはハードディスクドライブ24に予め記憶されている。なお、ROM22またはハードディスクドライブ24に予め記憶されていることに代えて、CD−ROMメモリカードなどの記録媒体に予め記憶しておき、かかる記録媒体を印刷制御装置200が有する図示しないメディアドライブに挿入して、記録媒体から各種コンピュータープログラムを読み出してもよい。

0031

入力部211は、図示しない入出力インターフェイスを介して入力された画像データをROM22またはハードディスクドライブ24に記憶させる。CPU21は、記憶された画像データに対して、色変換部212、ハーフトーン処理部213、インターレース処理部214、印刷指示部215を介して後述する画像処理を実行し、制御部40にドットパターンデータを送信する。

0032

図4は、画像処理の手順を示すフローチャートである。次に、印刷装置100の印刷制御装置200において行われる画像処理について図4を参照して説明する。

0033

色変換処理(ステップS100)は、印刷制御装置200の色変換部212において、画像データに含まれるR(赤),G(緑),B(青)の各階調値からなるデータ(以下、「RGBデータ」と呼ぶ)を、印刷装置100で用いられるインク色(Pk,Go,Y,M,C)の各階調値からなるデータ(以下、「インク色データ」と呼ぶ)に変換する工程である。

0034

ハーフトーン処理(ステップS101)は、印刷制御装置200のハーフトーン処理部213において、ステップS100で得られたインク色データの階調値を、ドットの形成により表現可能な階調数減色するハーフトーン処理を行う工程である。本実施形態では、CPU21は、ハーフトーン処理部213において誤差拡散法によるハーフトーン処理を行う。

0035

インターレース処理(ステップS102)は、印刷制御装置200のインターレース処理部214において、ステップS101で得られたハーフトーン処理後のデータに基づき、印刷装置100におけるキャリッジ60の1回の主走査で形成するドット列を示すドットパターンデータに並び替える処理を行う工程である。

0036

印刷指示(ステップS103)は、印刷制御装置200の印刷指示部215において、ステップS102で得られたドットパターンデータを印刷装置100の制御部40に送信する工程である。
なお、図4で示した画像処理は、以下で説明する印刷方法のフローチャートにおいて、ステップS202aおよびステップS202bで実行される。

0037

図5は、本実施形態における印刷方法を示すフローチャートである。次に、印刷装置100の印刷方法について図5を参照して説明する。

0038

ステップS200は、入力部211において、ユーザーにより指定された画像データ(RGBデータ)の読み込みを行う画像読込工程である。CPU21は、図示しない入出力インターフェイスを介して入力された画像データをROM22またはハードディスクドライブ24に記憶させる。

0039

ステップS201は、ステップS200で入力された画像データに、所定の値が存在するか否かを判断する判断工程である。本実施形態では、所定の値として、画像データに(RGB)=(0、0、0)の最暗点が含まれているか否かで判断する。所定の値が存在する場合(ステップS201:Yes)、ステップS202aに進む。所定の値が存在しない場合(ステップS201:No)、ステップS202bに進む。

0040

ステップS202aは、画像データに所定の値が存在する場合、すなわち黒濃度を向上させる必要があると判断された画像データに対して行う画像処理工程である。CPU21は、第2インク(クリアインク(Go))を含む、第1〜第5インクからなるインク色データ(Pk、Go、Y、M、C)を出力する色変換処理、およびハーフトーン処理を行う。そして、インターレース処理において、第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、上流側に位置するノズル領域Aに属するノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出し、第2ノズル群92のうち、下流側に位置するノズル領域Bに属するノズルnzから第2インクを吐出するドットパターンデータを生成する。

0041

ステップS203aは、画像データに所定の値が存在する場合に、印刷ヘッド61の所定領域に位置する第1ノズルから第1インク、および所定領域と異なる領域に位置する第2ノズルから第2インクを吐出する第1の吐出工程である。本実施形態では、画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在する場合、第2インクを吐出してオーバーコート層を形成する。制御部40は、印刷ヘッド61の第1、第3〜第5ノズル群91,93〜95のうち、印刷ヘッド61の所定領域としてのノズル領域Aに属するノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出する。そして、印刷媒体Pを副走査方向SDに移動させた後に、第2ノズル群92のうち、印刷ヘッド61の所定領域と異なる領域としてのノズル領域Bに属するノズルnzから第2インクを吐出する。第2インクとしてのクリアインク(Go)により、印刷媒体P表面には、第1インクおよび第3〜第5インクの色材により生じた凹凸を覆うオーバーコート層が形成され、印刷媒体Pの表面で反射される光の散乱が抑制される。これにより、黒濃度を向上させた画像が形成される。

0042

ステップS202bは、画像データに所定の値が存在しない場合、すなわち黒濃度を向上させる必要がないと判断された画像データに対して行う画像処理工程である。CPU21は、第2インク(クリアインク(Go))を除く、第1、第3〜第5インクからなるインク色データ(Pk、Y、M、C)を出力する色変換処理、およびハーフトーン処理を行う。そして、インターレース処理において、第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のすべてのノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出するドットパターンデータを生成する。

0043

ステップS203bは、画像データに所定の値が存在しない場合に、所定領域より広い領域に位置する第1ノズルから第1インクを吐出する第2の吐出工程である。本実施形態では、画像データに(RGB)=(0、0、0)が存在しない場合、第2インクを吐出しないので、黒濃度を向上させる必要のない画像データを第1インクのみで印刷することができる。制御部40は、印刷ヘッド61の第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、印刷ヘッド61の所定領域よりも広い領域としてのノズル領域Aおよびノズル領域Bに属するすべてのノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出する。換言すると、所定の値が存在しない画像データの場合、印刷ヘッド61は、第2インクを吐出しないため、第1、第3〜第5インクをすべてのノズルnzから吐出することができる。これにより、黒濃度を向上させる必要のない画像データを印刷する際の印刷速度が向上する。

0044

以上述べたように、本実施形態に係る印刷装置100、および印刷装置100の印刷方法によれば、以下の効果を得ることができる。
本実施形態によれば、印刷装置100は、印刷ヘッド61におけるノズル領域Aから第1インクの吐出、およびノズル領域Aと異なる領域に位置するノズル領域Bから第2インクの吐出を制御する制御部40を備えている。制御部40は、画像データに所定の値((RGB)=(0、0、0))が存在する場合、印刷ヘッド61の第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、ノズル領域Aに位置するノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出し、第2ノズル群92のうち、ノズル領域Aと異なる領域に位置するノズル領域Bのノズルnzから第2インクを吐出する。これにより、黒濃度を向上させた画像を形成することができる。

0045

また、制御部40は、画像データに所定の値((RGB)=(0、0、0))が存在しない場合、換言すると、第2インクを吐出して黒濃度を向上させる必要のない画像データの場合、第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、ノズル領域Aおよびノズル領域Bに位置するすべてのノズルnzから、第1、第3〜第5インクを吐出する。これにより、黒濃度を向上させる必要のない画像データの印刷速度を向上させることができる。したがって、第2インクの吐出が不要な画像データの印刷効率を向上させた印刷装置100を提供することができる。

0046

制御部40は、画像データに所定の値((RGB)=(0、0、0))が存在する場合、第1の吐出工程にて印刷ヘッド61の第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、ノズル領域Aに位置するノズルnzから第1、第3〜第5インクを吐出し、第2ノズル群92のうち、ノズル領域Aと異なる領域に位置するノズル領域Bのノズルnzから第2インクを吐出する。これにより、黒濃度を向上させた画像を形成することができる。

0047

また、制御部40は、画像データに所定の値((RGB)=(0、0、0))が存在しない場合、第2の吐出工程にて第1、第3〜第5ノズル群91、93〜95のうち、ノズル領域Aおよびノズル領域Bに位置するすべてのノズルnzから、第1、第3〜第5インクを吐出し、第2インクは吐出しない。これにより、黒濃度を向上させる必要がない画像データの印刷速度を向上させることができる。したがって、第2インクの吐出が不要な画像データの印刷効率を向上させることが可能な印刷方法を提供することができる。

0048

なお、本発明は上述した実施形態に限定されず、上述した実施形態に種々の変更や改良などを加えることが可能である。変形例を以下に述べる。

0049

上記実施形態において、印刷装置100は、第2インクとしてクリアインクを備えていたが、第2インクとして、黒色の色材を含有し第1インクよりも濃度が低いライトブラック系インクを採用することも可能である。

0050

制御部40の制御により、第2ノズル群92のノズル領域Bのノズルnzからライトブラック系インクを吐出することにより、第1インク、第3インク、第4インク、および第5インクの色材による凹凸を平滑化する層が形成され、印刷媒体Pの表面での光の散乱が抑制される。これにより、黒濃度を向上させた画像を形成することができる。

0051

上記実施形態において、印刷装置100が印刷制御装置200を備える構成を示したが、印刷装置は、印刷装置100から印刷制御装置200を除いた印刷装置本体と、印刷制御装置200とに分離された構成であってもよい。係る構成において、制御部40は、印刷制御装置200側に備えられていてもよい。

0052

上記実施形態において、印刷装置100は、オンキャリッジタイプのプリンターであったが、オフキャリッジタイプのプリンター、すなわち、キャリッジ60とは別にインクタンクを設け、係るインクタンクからチューブ等により印刷ヘッド61にインクを供給するタイプのプリンターであってもよい。また、本発明は、プリンターに限らず、例えば、ファクシミリ装置複合機など、画像データに基づき画像を印刷媒体に印刷する装置であって、インクを吐出することにより画像を形成する任意の装置に適用してもよい。

0053

上記実施形態において、読み込まれた画像データ(RGBデータ)に基づき指定された画像における所定の値として、RGB値を用いて最暗点を特定していたが、RGB値に限らず、例えば、L*a*b*、CMY、HSVなど他の色空間の階調値を用いて特定してもよい。

0054

上記実施形態において、所定の値を(RGB)=(0、0、0)としていたが、これに限らず、例えば、(RGB)=(0、0、0)〜(30、30、30)の範囲内の複数の値を所定の値としてもよい。

0055

本発明は、上述の実施形態に限られるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲において種々の構成で実現することができる。例えば、発明の概要の欄に記載した各形態中の技術的特徴に対応する実施形態、および変形例中の技術的特徴は、上述の課題の一部又は全部を解決するために、あるいは、上述の効果の一部又は全部を達成するために、適宜、差し替えや、組み合わせを行うことが可能である。また、その技術的特徴が本明細書中に必須なものとして説明されていなければ、適宜、削除することが可能である。

0056

21…CPU、22…ROM、23…RAM、24…ハードディスクドライブ、25…接続インターフェイス部、26…内部バス、27…表示装置、32…操作パネル、34…接続インターフェイス部、40…制御部、50…キャリッジモーター、51…駆動ベルト、52…プーリー、53…支持ロッド、60…キャリッジ、61…印刷ヘッド、71〜75…インクカートリッジ、81…紙送りモーター、82…紙送りローラー、91〜95…ノズル群、100…印刷装置、200…印刷制御装置、211…入力部、212…色変換部、213…ハーフトーン処理部、214…インターレース処理部、215…印刷指示部、216…表示制御部、MD…主走査方向、P…印刷媒体、SD…副走査方向、A…ノズル領域、B…ノズル領域、nz…ノズル。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ