図面 (/)

技術 デクチン−1を介したヒト抗原提示細胞の活性化の治療への応用

出願人 ベイラーリサーチインスティテュート
発明者 バンチェレイアジャックエフ.オーサンコンジュラフスキジェラルドジュラフスキサンドラニリン
出願日 2018年11月2日 (11ヶ月経過) 出願番号 2018-207584
公開日 2019年4月4日 (6ヶ月経過) 公開番号 2019-052156
状態 未査定
技術分野 ペプチド又は蛋白質 突然変異または遺伝子工学
主要キーワード 方向シグナル 繰返し試験 共活性化剤 込機構 杉花粉 人体皮膚 多重機 間接効果
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年4月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

抗原に対する強力で広範な免疫応答を誘発するための抗原提示細胞活性化できる抗体の提供。

解決手段

特定のアミノ酸配列からなる結合領域を含むデクチン−1特異的抗体又はその抗体結合断片

概要

背景

本発明の範囲を限定せずに、その背景樹状細胞活性化に関連して説明する。

樹状細胞は、可溶性細胞シグナルを出した後、病原体を認識することにより、先天性及び後天性免疫の境界を制御する上で枢要な役割を果たす。DCのこうした機能は、最も顕著にはトール様受容体TLR)及びC型レクチン又はレクチン様受容体LLR)によって代表される、特殊表面受容体である「パターン認識受容体」(PRR)の発現に依存するところが大きい(Figdor, C. G., Y. van Kooyk, and G. J. Adema. 2002. C-type
lectin receptors on dendritic cells and Langerhans cells. Nat Rev Immunol 2:77-84、Pyz, E., A. S. Marshall, S. Gordon, and G. D. Brown. 2006. C-type lectin-like receptors on myeloid cells. Ann Med 38:242-251、Brown, G. D. 2006. Dectin-1: a
signalling non-TLR pattern-recognition receptor. Nat Rev Immunol 6:33-43)。

現在のパラダイムでは、TLRの主たる役割は、免疫応答を開始するためにインターロイキン12(IL−12)及び他の炎症性サイトカインを産生するように、DCに警報を発することである。C型LLRは、マクロファージ及びDCの強力な抗原捕捉・取込機構の成分として作動する(Figdor, C. G., Y. van Kooyk, and G. J. Adema. 2002. C-type lectin receptors on dendritic cells and Langerhans cells. Nat Rev Immunol 2:77-84)。しかし、LLRは、TLRと比較して、細胞移動(Geijtenbeek, T. B., D. J. Krooshoop, D. A. Bleijs, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, V. Grabovsky, R. Alon, C. G. Figdor, and Y. van Kooyk. 2000. DC-SIGN-ICAM-2 interaction mediates dendritic cell trafficking. Nat Immunol 1:353-357)及び細胞内相互作用(Geijtenbeek,
T. B., R. Torensma, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, G. J. Adema, Y. van Kooyk, and C. G. Figdor. 2000. Identification of DC-SIGN, a novel dendritic cell-specific ICAM-3 receptor that supports primary immune responses. Cell 100:575-585)を含めた広範囲生物学的機能を有するものとも思われる。LLRのこうした多重機能は、TLRと異なり、LLRが自己非自己の双方を認識できるという事実によるものとも思われる。しかし、免疫細胞中に発現される多数のLLRの重複性を含め、LLRの複雑さが、個々のLLRの詳細な機能を理解する際の主要な障害の1つとなっている。それに加え、こうした受容体の大多数に対する天然リガンドは、未だ同定されていないままである。とは言え、最近の研究からの証拠によって、LLRは、TLRと協力して、細菌感染中に免疫細胞の活性化に寄与し得ることが示唆されている(d'Ostiani, C. F., G. Del Sero, A. Bacci, C. Montagnoli, A. Spreca, A. Mencacci, P. Ricciardi-Castagnoli, and L. Romani. 2000. Dendritic cells discriminate between yeasts and hyphae of the fungus Candida albicans. Implications for initiation of T helper cell immunity in vitro and in vivo. J Exp Med 191:1661-1674、Fradin, C., D. Poulain, and T. Jouault. 2000. beta-1,2-linked oligomannosides from Candida albicans bind to a 32-kilodalton macrophage membrane protein homologous to the mammalian lectin galectin-3. Infect Immun 68:4391-4398、Cambi, A., K. Gijzen, J. M. de Vries, R. Torensma, B. Joosten, G. J. Adema, M. G. Netea, B. J. Kullberg, L. Romani, and C.
G. Figdor. 2003. The C-type lectin DC-SIGN (CD209) is an antigen-uptake receptor for Candida albicans on dendritic cells. Eur J Immunol 33:532-538、Netea, M. G., J. W. Meer, I. Verschueren, and B. J. Kullberg. 2002. CD40/CD40 ligand intera
ctions in the host defense against disseminated Candida albicans infection: the role of macrophage-derived nitric oxide. Eur J Immunol 32:1455-1463、Lee, S. J.,
S. Evers, D. Roeder, A. F. Parlow, J. Risteli, L. Risteli, Y. C. Lee, T. Feizi,
H. Langen, and M. C. Nussenzweig. 2002. Mannose receptor-mediated regulation of
serum glycoprotein homeostasis. Science 295:1898-1901、Maeda, N., J. Nigou, J. L. Herrmann, M. Jackson, A. Amara, P. H. Lagrange, G. Puzo, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. The cell surface receptor DC-SIGN discriminates between Mycobacterium species through selective recognition of the mannose caps on lipoarabinomannan. J Biol Chem 278:5513-5516、Tailleux, L., O. Schwartz, J. L. Herrmann, E. Pivert, M. Jackson, A. Amara, L. Legres, D. Dreher, L. P. Nicod, J. C. Gluckman, P. H. Lagrange, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. DC-SIGN is the major Mycobacterium tuberculosis receptor on human dendritic cells. J Exp Med 197:121-127、Geijtenbeek, T. B., S. J. Van Vliet, E. A. Koppel, M. Sanchez-Hernandez, C. M. Vandenbroucke-Grauls, B. Appelmelk, and Y. Van Kooyk. 2003. Mycobacteria target DC-SIGN to suppress dendritic cell function. J Exp Med 197:7-17、Cooper, A. M., A. Kipnis, J. Turner, J. Magram, J. Ferrante, and I. M. Orme. 2002. Mice lacking bioactive IL-12 can generate protective, antigen-specific cellular responses to mycobacterial infection only if the IL-12 p40 subunit is present. J Immunol 168:1322-1327)。他のLLRと比較して、デクチン−1は、デクチン−1を発現する細胞を活
性化するために、シグナルを送達するITAMモチーフを有することが知られている。しかし、その研究の多くはマウスモデルにおいて行われてきており、DC、単球及びB細胞を含むヒト抗原提示細胞上に発現したデクチン−1の生物機能は、十分に特徴付けられていない。マウスと人間との間には、LLRの多くについて厳密な一致がないので、これは特に重要である。

概要

抗原に対する強力で広範な免疫応答を誘発するための抗原提示細胞を活性化できる抗体の提供。特定のアミノ酸配列からなる結合領域を含むデクチン−1特異的抗体又はその抗体結合断片。なし

目的

現在のパラダイムでは、TLRの主たる役割は、免疫応答を開始するためにインターロイキン12(IL−12)及び他の炎症性サイトカインを産生するように、DCに警報を発することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

以下の(a)〜(c)のいずれかのアミノ酸配列を含むデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。(a)配列番号3に示されるアミノ酸配列、及び、配列番号4に示されるアミノ酸配列;(b)配列番号5に示されるアミノ酸配列、及び、配列番号6に示されるアミノ酸配列;(c)配列番号7に示されるアミノ酸配列、及び、配列番号8に示されるアミノ酸配列;

請求項2

結合断片が結合領域である、請求項1に記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項3

結合断片が、以下の(a)〜(c)のいずれかの結合領域を含む、請求項2に記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。(a)配列番号3に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号4に示されるアミノ酸配列の結合領域;(b)配列番号5に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号6に示されるアミノ酸配列の結合領域;(c)配列番号7に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号8に示されるアミノ酸配列の結合領域;

請求項4

結合断片が、活性化している免疫細胞に、デクチン−1受容体を介して結合することができるV領域断片である、請求項1〜3のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項5

断片が、抗体可変領域ドメインFab断片、Fab’断片、F(ab)2断片、Fv断片、Fabc断片及び/又はFcドメイン複数部分を伴うFab断片を含む、請求項1〜4のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項6

ヒト化されている、請求項1〜5のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項7

キメラである、請求項1〜5のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項8

配列番号3に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号4に示されるアミノ酸配列の結合領域を含む、請求項1〜7のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項9

配列番号5に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号6に示されるアミノ酸配列の結合領域を含む、請求項1〜7のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

請求項10

配列番号7に示されるアミノ酸配列の結合領域、及び、配列番号8に示されるアミノ酸配列の結合領域を含む、請求項1〜7のいずれかに記載のデクチン‐1特異的抗体又はその抗体の結合断片。

技術分野

0001

本発明は、一般に、抗原提示及び免疫細胞活性化の分野に関し、より特定すれば、デクチン−1を介して免疫細胞を活性化するための組成物及び方法に関する。

背景技術

0002

本発明の範囲を限定せずに、その背景樹状細胞活性化に関連して説明する。

0003

樹状細胞は、可溶性細胞シグナルを出した後、病原体を認識することにより、先天性及び後天性免疫の境界を制御する上で枢要な役割を果たす。DCのこうした機能は、最も顕著にはトール様受容体TLR)及びC型レクチン又はレクチン様受容体LLR)によって代表される、特殊表面受容体である「パターン認識受容体」(PRR)の発現に依存するところが大きい(Figdor, C. G., Y. van Kooyk, and G. J. Adema. 2002. C-type
lectin receptors on dendritic cells and Langerhans cells. Nat Rev Immunol 2:77-84、Pyz, E., A. S. Marshall, S. Gordon, and G. D. Brown. 2006. C-type lectin-like receptors on myeloid cells. Ann Med 38:242-251、Brown, G. D. 2006. Dectin-1: a
signalling non-TLR pattern-recognition receptor. Nat Rev Immunol 6:33-43)。

0004

現在のパラダイムでは、TLRの主たる役割は、免疫応答を開始するためにインターロイキン12(IL−12)及び他の炎症性サイトカインを産生するように、DCに警報を発することである。C型LLRは、マクロファージ及びDCの強力な抗原捕捉・取込機構の成分として作動する(Figdor, C. G., Y. van Kooyk, and G. J. Adema. 2002. C-type lectin receptors on dendritic cells and Langerhans cells. Nat Rev Immunol 2:77-84)。しかし、LLRは、TLRと比較して、細胞移動(Geijtenbeek, T. B., D. J. Krooshoop, D. A. Bleijs, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, V. Grabovsky, R. Alon, C. G. Figdor, and Y. van Kooyk. 2000. DC-SIGN-ICAM-2 interaction mediates dendritic cell trafficking. Nat Immunol 1:353-357)及び細胞内相互作用(Geijtenbeek,
T. B., R. Torensma, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, G. J. Adema, Y. van Kooyk, and C. G. Figdor. 2000. Identification of DC-SIGN, a novel dendritic cell-specific ICAM-3 receptor that supports primary immune responses. Cell 100:575-585)を含めた広範囲生物学的機能を有するものとも思われる。LLRのこうした多重機能は、TLRと異なり、LLRが自己非自己の双方を認識できるという事実によるものとも思われる。しかし、免疫細胞中に発現される多数のLLRの重複性を含め、LLRの複雑さが、個々のLLRの詳細な機能を理解する際の主要な障害の1つとなっている。それに加え、こうした受容体の大多数に対する天然リガンドは、未だ同定されていないままである。とは言え、最近の研究からの証拠によって、LLRは、TLRと協力して、細菌感染中に免疫細胞の活性化に寄与し得ることが示唆されている(d'Ostiani, C. F., G. Del Sero, A. Bacci, C. Montagnoli, A. Spreca, A. Mencacci, P. Ricciardi-Castagnoli, and L. Romani. 2000. Dendritic cells discriminate between yeasts and hyphae of the fungus Candida albicans. Implications for initiation of T helper cell immunity in vitro and in vivo. J Exp Med 191:1661-1674、Fradin, C., D. Poulain, and T. Jouault. 2000. beta-1,2-linked oligomannosides from Candida albicans bind to a 32-kilodalton macrophage membrane protein homologous to the mammalian lectin galectin-3. Infect Immun 68:4391-4398、Cambi, A., K. Gijzen, J. M. de Vries, R. Torensma, B. Joosten, G. J. Adema, M. G. Netea, B. J. Kullberg, L. Romani, and C.
G. Figdor. 2003. The C-type lectin DC-SIGN (CD209) is an antigen-uptake receptor for Candida albicans on dendritic cells. Eur J Immunol 33:532-538、Netea, M. G., J. W. Meer, I. Verschueren, and B. J. Kullberg. 2002. CD40/CD40 ligand intera
ctions in the host defense against disseminated Candida albicans infection: the role of macrophage-derived nitric oxide. Eur J Immunol 32:1455-1463、Lee, S. J.,
S. Evers, D. Roeder, A. F. Parlow, J. Risteli, L. Risteli, Y. C. Lee, T. Feizi,
H. Langen, and M. C. Nussenzweig. 2002. Mannose receptor-mediated regulation of
serum glycoprotein homeostasis. Science 295:1898-1901、Maeda, N., J. Nigou, J. L. Herrmann, M. Jackson, A. Amara, P. H. Lagrange, G. Puzo, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. The cell surface receptor DC-SIGN discriminates between Mycobacterium species through selective recognition of the mannose caps on lipoarabinomannan. J Biol Chem 278:5513-5516、Tailleux, L., O. Schwartz, J. L. Herrmann, E. Pivert, M. Jackson, A. Amara, L. Legres, D. Dreher, L. P. Nicod, J. C. Gluckman, P. H. Lagrange, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. DC-SIGN is the major Mycobacterium tuberculosis receptor on human dendritic cells. J Exp Med 197:121-127、Geijtenbeek, T. B., S. J. Van Vliet, E. A. Koppel, M. Sanchez-Hernandez, C. M. Vandenbroucke-Grauls, B. Appelmelk, and Y. Van Kooyk. 2003. Mycobacteria target DC-SIGN to suppress dendritic cell function. J Exp Med 197:7-17、Cooper, A. M., A. Kipnis, J. Turner, J. Magram, J. Ferrante, and I. M. Orme. 2002. Mice lacking bioactive IL-12 can generate protective, antigen-specific cellular responses to mycobacterial infection only if the IL-12 p40 subunit is present. J Immunol 168:1322-1327)。他のLLRと比較して、デクチン−1は、デクチン−1を発現する細胞を活
性化するために、シグナルを送達するITAMモチーフを有することが知られている。しかし、その研究の多くはマウスモデルにおいて行われてきており、DC、単球及びB細胞を含むヒト抗原提示細胞上に発現したデクチン−1の生物機能は、十分に特徴付けられていない。マウスと人間との間には、LLRの多くについて厳密な一致がないので、これは特に重要である。

先行技術

0005

Figdor, C. G., Y. van Kooyk, and G. J. Adema. 2002. C-type lectin receptors on dendritic cells and Langerhans cells. Nat Rev Immunol 2:77-84
Pyz, E., A. S. Marshall, S. Gordon, and G. D. Brown. 2006. C-type lectin-like receptors on myeloid cells. Ann Med 38:242-251
Brown, G. D. 2006. Dectin-1: a signalling non-TLR pattern-recognition receptor. Nat Rev Immunol 6:33-43
Geijtenbeek, T. B., D. J. Krooshoop, D. A. Bleijs, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, V. Grabovsky, R. Alon, C. G. Figdor, and Y. van Kooyk. 2000. DC-SIGN-ICAM-2 interaction mediates dendritic cell trafficking. Nat Immunol 1:353-357
Geijtenbeek, T. B., R. Torensma, S. J. van Vliet, G. C. van Duijnhoven, G. J. Adema, Y. van Kooyk, and C. G. Figdor. 2000. Identification of DC-SIGN, a novel dendritic cell-specific ICAM-3 receptor that supports primary immune responses. Cell 100:575-585
d'Ostiani, C. F., G. Del Sero, A. Bacci, C. Montagnoli, A. Spreca, A. Mencacci, P. Ricciardi-Castagnoli, and L. Romani. 2000. Dendritic cells discriminate between yeasts and hyphae of the fungus Candida albicans. Implications for initiation of T helper cell immunity in vitro and in vivo. J Exp Med 191:1661-1674
Fradin, C., D. Poulain, and T. Jouault. 2000. beta-1,2-linked oligomannosides from Candida albicans bind to a 32-kilodalton macrophage membrane protein homologous to the mammalian lectin galectin-3. Infect Immun 68:4391-4398
Cambi, A., K. Gijzen, J. M. de Vries, R. Torensma, B. Joosten, G. J. Adema, M. G. Netea, B. J. Kullberg, L. Romani, and C. G. Figdor. 2003. The C-type lectin DC-SIGN (CD209) is an antigen-uptake receptor for Candida albicans on dendritic cells. Eur J Immunol 33:532-538
Netea, M. G., J. W. Meer, I.Verschueren, and B. J. Kullberg. 2002. CD40/CD40 ligand interactions in the host defense against disseminated Candida albicans infection: the role of macrophage-derived nitric oxide. Eur J Immunol 32:1455-1463
Lee, S. J., S. Evers, D. Roeder, A. F. Parlow, J. Risteli, L. Risteli, Y. C. Lee, T. Feizi, H. Langen, and M. C. Nussenzweig. 2002. Mannose receptor-mediated regulation of serum glycoprotein homeostasis. Science 295:1898-1901
Maeda, N., J. Nigou, J. L. Herrmann, M. Jackson, A. Amara, P. H. Lagrange, G. Puzo, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. The cell surface receptor DC-SIGN discriminates between Mycobacterium species through selective recognition of the mannose caps on lipoarabinomannan. J Biol Chem 278:5513-5516
Tailleux, L., O. Schwartz, J. L. Herrmann, E. Pivert, M. Jackson, A. Amara, L. Legres, D. Dreher, L. P. Nicod, J. C. Gluckman, P. H. Lagrange, B. Gicquel, and O. Neyrolles. 2003. DC-SIGN is the major Mycobacterium tuberculosis receptor on human dendritic cells. J Exp Med 197:121-127
Geijtenbeek, T. B., S. J. Van Vliet, E. A. Koppel, M. Sanchez-Hernandez, C. M. Vandenbroucke-Grauls, B. Appelmelk, and Y. Van Kooyk. 2003. Mycobacteria target DC-SIGN to suppress dendritic cell function. J Exp Med 197:7-17
Cooper, A. M., A. Kipnis, J. Turner, J. Magram, J. Ferrante, and I. M. Orme. 2002. Mice lacking bioactiveIL-12 can generate protective, antigen-specific cellular responses to mycobacterial infection only if the IL-12 p40 subunit is present. J Immunol 168:1322-1327

課題を解決するための手段

0006

本発明は、抗原に対する強力で広範な免疫応答を誘発する目的のために、抗原提示細胞に抗原を特異的に差し向ける(送達する)ワクチンを作製し、使用するための組成物及び方法を包含する。この目的は、主として、抗原が由来した作用剤(病原体又は癌)に対して、防御的又は治療的免疫応答を惹起することである。それに加え、本発明は、抗原提示細胞上に発現するデクチン−1と呼ぶ受容体への特異的な関与を介して、直接に、又は他の作用剤と協調して治療性を示す作用剤を包含する。

0007

本発明者等は、ヒト細胞におけるデクチン−1の発現が、DC、単球及びB細胞を含む抗原提示細胞に限られることを示している。マウス細胞(マクロファージ)上に発現されるデクチン−1は、TLR4リガンド及びIL−10により下方調節されることが知られているが、本発明者等は、本明細書で、TLR4リガンドだけが、ヒトDC上でのデクチン−1発現を下方調節することができ、IL−10は、デクチン−1の発現を若干増加させることを示している。より興味深いことに、ヒトDC上に発現したデクチン−1は、TLR2より遥かに効果的にTLR4と相乗作用を示し、デクチン−1とTLR4との相乗作用は、サイトカイン及びケモカイン、特に、マウスモデルではこれまで認められなかったIL−12の産生を激増させる。ヒト扁桃腺B細胞は、CD19+デクチン−1+及びCD19+デクチン−1−の2群に分類することができる。こうした知見は、抗デクチン−1抗体剤に基づく治療用及び防御用試薬において使用することもできる。

0008

したがって、ヒトデクチン−1を介したシグナル伝達は、細胞(DCを含む)活性化から観て、単独又は他の細胞シグナルとの共同のいずれかで、独特であり、機能的であることが、本発明において判明した。デクチン−1媒介細胞活性化は、特定の抗デクチン−1
mAbで誘発され、したがってこのような抗ヒトデクチン−1 mAbは、疾患に対処
試薬の開発に有用となろう。

0009

本発明は、当該抗原提示細胞を活性化できる抗デクチン−1特異的抗体又はその断片と、抗原提示細胞を接触させ、抗原提示細胞を活性化することにより、デクチン−1発現性抗原提示細胞による抗原提示の有効性を高めるための組成物及び方法を包含する。抗原提示細胞の例には、樹状細胞、末梢血単核細胞、単球、B細胞、骨髄性樹状細胞、及びそれらの組合せが挙げられる。抗原提示細胞は、GMCSF及びIL−4、インターフェロンα、抗原、並びにそれらの組合せとインビトロで培養し得る。GM−CSF及びIL−4並びにデクチン−1特異的抗体又は断片と接触させた抗原提示細胞を活性化すると、抗原提示細胞上におけるCD86、CD80及びHLA−DRの表面発現の増加が実現される。インターフェロンα及びデクチン−1特異的抗体又はその断片で抗原提示細胞を活性化した際、該細胞は、CD86、CD83、CD80及びHLA−DRの表面発現を増加させる。

0010

本発明の更に別の方法は、樹状細胞を活性化するために、GM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させた樹状細胞を接触させるステップであって、活性化された樹状細胞が、CD86、CD80及びHLA−DRの表面発現を増加させるステップを含む。樹状細胞を活性化するために、デクチン−1特異的抗体又はその断片並びにGM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させた樹状細胞の場合、活性化された樹状細胞は、IL−6、IL−8、IL−10、IL−12p40、IP−10及びMIP−1a、並びにそれらの組合せの分泌を増加させる。樹状細胞を活性化する更に別の方法は、GM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させるステップを含み、デクチン−1特異的抗体又はその断片は、CD40を介したシグナル伝達と連携してその活性化を増加させる。GM−CSF及びIL−4又はインターフェロンα並びにデクチン−1特異的抗体又はその断片と接触した樹状細胞は、樹状細胞によるB細胞及びT細胞の共刺激活性を増加させることが判明した。

0011

更に別の方法は、抗原提示細胞を抗デクチン−1特異的抗体と接触させるステップ、及びTLR4受容体を介した活性化により、抗原提示細胞を共活性化するステップを含み、該細胞が、サイトカイン及びケモカインの産生を増加させることを含む。TLR4受容体を介した活性化による抗原提示細胞の共活性化では、該細胞が、IL−10、IL−1b、TNFα、IL−12p40及びそれらの組合せの分泌を増加させる。

0012

TLR4リガンド、抗TLR4抗体又はその断片、抗TLR4抗デクチン−1ハイブリッド抗体又はその断片、抗TLR4抗デクチン−1リガンドコンジュゲートの少なくとも1つを用いる、TLR4受容体を介した活性化により、抗原提示細胞を共活性化するステップを更に含む、請求項1に記載の方法。デクチン−1特異的抗体又は断片は、15E2.5、11B6.4、15F4.7、14D6.3及び9H7.6、並びにそれらの組合せから選択されるクローンの1又は複数でもよい。樹状細胞は、デクチン−1受容体を介してデクチン−1特異的抗体又はその断片で活性化することにより、単球、樹状細胞、末梢血単核細胞、B細胞、及びそれらの組合せを活性化し得る。デクチン−1特異的抗体又はその断片は、コヘシンドッケリン対の半分に結合し得る。デクチン−1特異的抗体又はその断片が、コヘシン/ドッケリン対の1つの半分に結合しているとき、その対の他の半分は、1又は複数の抗原や、インターロイキン、形質転換成長因子(TGF)、線維芽細胞成長因子(FGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、上皮成長因子(EGF)、結合組織活性化ペプチド(CTAP)、造骨因子、並びにこのような成長因子生物活性
アナログ、断片及び誘導体、B/T細胞分化因子、B/T細胞増殖因子マイトジェンサイトカイン、走化性サイトカイン及びケモカイン、コロニー刺激因子血管形成因子、IFN−α、IFN−β、IFN−γ、IL1、IL2、IL3、IL4、IL5、IL6、IL7、IL8、IL9、IL10、IL11、IL12、IL13、IL14、IL15、IL16、IL17、IL18など、レプチンミオスタチン、マクロファージ刺激タンパク質、血小板由来成長因子、TNF−α、TNF−β、NGF、CD40L、CD137L/4−1BBL、ヒトリホトシンβ、G−CSF、M−CSF、GM−CSF、PDGF、IL−1α、IL1−β、IP−10、PF4、GRO、9E3、エリスロポエチンエンドスタチンアンジオスタチンVEGF、β形質転換成長因子(例えば、TGF−β1、TGF−β2、TGF−β3)、骨形成タンパク質(例えば、BMP−1、BMP−2、BMP−3、BMP−4、BMP−5、BMP−6、BMP−7、BMP−8、BMP−9)、ヘパリン結合成長因子(線維芽細胞成長因子(FGF)、上皮成長因子(EGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、インスリン様成長因子(IGF))、インヒビン(例えば、インヒビンA、インヒビンB)、増殖分化因子(例えば、GDF−1)、及びアクチビン(例えば、アクチビンA、アクチビンB、アクチビンAB)を含めた形質転換成長因子(TGF)スーパー遺伝子ファミリーから選択される、サイトカインに結合し得る。

0013

本発明は、抗原提示細胞を活性化して、新たな細胞マーカーを発現し、1若しくは複数のサイトカインを分泌し、又はその双方を行う、デクチン−1特異的抗体又はその断片を発現したハイブリドーマ及びそれから単離された抗体を包含する。該ハイブリドーマは、クローンのPAB1、PAB4、PAB5、PAB8、PAB10及びそれらの組合せから選択し得る。

0014

抗原とTLR9のアクチベーターとの存在下、デクチン−1特異的抗体又はその断片で樹状細胞上のデクチン−1受容体を誘発させるステップを含む、B細胞免疫応答を増強する方法であって、デクチン−1/TLR9活性化樹状細胞と接触しているB細胞が、抗体産生を増加させ、サイトカインを分泌し、B細胞活性化表面マーカーの発現を増加させ、及びそれらの組合せを行う方法。こうした樹状細胞を用いて活性化されたB細胞は、IL−8、MIP−1a、IL−6及びそれらの組合せを分泌する。B細胞の例には、デクチン−1も発現し得る、及び/又はIgMの産生を高める形質細胞が含まれる。

0015

本発明は、デクチン−1特異的抗体又はその断片でB細胞上のデクチン−1受容体を誘発させるステップを含む、B細胞免疫応答を増強する方法であって、B細胞が抗体産生を増加させる方法も包含する。本発明を用いて活性化されたB細胞は、分泌されるIL−8、MIP−1a、IL−6、TNFα、及びそれらの組合せの産生を増加させ、並びに/又はIgG、IgM、IgA、及びそれらの組合せの産生を増加させる。

0016

本発明は、樹状細胞上のデクチン−1受容体をデクチン−1特異的抗体又はその断片及びTLR4受容体で誘発させ、デクチン−1/TLR4活性化樹状細胞にT細胞を接触させることにより、T細胞の活性化を増強することによって、T細胞の活性化を増強する方法も包含する。活性化に用いる樹状細胞は、GM−CSF及びIL−4、インターフェロンα、抗原、並びにそれらの組合せと接触させ得る。デクチン−1特異的抗体又はその断片は、T細胞によるIL−10、IL−15及びそれらの組合せの分泌を増加させる。樹状細胞で活性化されたT細胞は、4−1BBLの表面発現を増加させ、及び/又はそれを増殖させ得る。

0017

本発明は、哺乳動物細胞から分泌される抗デクチン−1免疫グロブリン又はその部分と、該免疫グロブリンに結合した抗原とをも包含し、免疫グロブリンが抗原を抗原提示細胞に差し向ける。抗原特異的ドメインには、全長抗体抗体可変領域ドメイン、Fab断片
Fab’断片、F(ab)2断片及びFv断片、並びにFabc断片及び/又はFcドメイン複数部分を伴うFab断片が挙げられる。

0018

本発明の更に別の実施形態は、デクチン−1特異的抗体又はその断片で活性化された樹状細胞を含んだワクチンを含む。本発明は、デクチン−1特異的抗体若しくはその断片で直接活性化されている、及び/或いは、デクチン−1特異的抗体若しくはその断片の単独で、又は他の免疫細胞と組み合わさって活性化され終えた、樹状細胞などの抗原提示細胞で活性化されている、B細胞、T細胞又は他の免疫細胞も包含する。例えば、併用療法には、デクチン−1特異的抗体若しくはその断片で活性化され終えた、抗原負荷可能な抗原提示細胞(例えば、樹状細胞)、B細胞及び/又はT細胞を含み得るが、それらは一緒になってワクチンを形成する。

0019

本発明はまた、単独で、又は共活性化剤と共に、免疫細胞上のデクチン−1受容体と会合する作用剤であって、前記組合せでは、治療用途のために抗原提示細胞を活性化させる作用剤の使用;活性化剤の有無に関わらない、免疫細胞上における、1又は複数の抗原に連結されたデクチン−1結合剤のワクチン作製を目的とした使用;免疫細胞上に発現されるデクチン−1以外の細胞表面受容体を介して指示される、免疫応答の増強を目的とした、免疫細胞の共活性化剤としての抗デクチン−1抗体剤の使用;デクチン−1受容体を介した免疫細胞への結合及びその活性化が可能な、抗デクチン−1抗体V領域配列の使用、並びに/或いは、デクチン−1を介した免疫細胞の不適当な活性化から生じることが知られている、若しくは疑われている疾患に関する、又はデクチン−1を発現する病原性細胞若しくは組織に関する、治療用の1又は複数の毒性剤に連結されたデクチン−1結合剤の使用も包含する。

0020

本発明の更に別の実施形態は、コヘシン−ドッケリン結合対の半分を含む1又は複数の抗原担体ドメインに連結した、デクチン−1特異的抗体結合ドメインを含むモジュール構成rAb担体を包含する。抗原特異的結合ドメインは、抗体の少なくとも一部分、及び/又はコヘシン−ドッケリン結合対の半分との融合タンパク質中の抗体の少なくとも一部分であり得る。該rAbはまた、モジュール構成rAb担体と複合体を形成する抗原に結合した、コヘシン−ドッケリン結合対の相補的半分、及び/又は抗原との融合タンパク質である、コヘシン−ドッケリン結合対の相補的半分であり得る。該抗原特異的ドメインは、全長抗体、抗体可変領域ドメイン、Fab断片、Fab’断片、F(ab)2断片及びFv断片、並びにFabc断片及び/又はFcドメインの複数部分を伴うFab断片でもよい。

0021

すなわち本発明は、
1.デクチン−1発現性抗原提示細胞による抗原提示の有効性を高める方法であって、前記抗原提示細胞を、前記抗原提示細胞を活性化できる抗デクチン−1特異的抗体又はその断片とインビトロで接触させるステップを含み、その際に前記抗原提示細胞が活性化され、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、方法、
2.抗原提示細胞が、単離された樹状細胞、末梢血単核細胞、単球、B細胞、骨髄性樹状細胞、及びそれらの組合せを含む、上記1に記載の方法、
3.抗原提示細胞が、GM−CSF、IL−4、インターフェロンα、抗原、並びにそれらの組合せとインビトロで培養された、単離された樹状細胞、末梢血単核細胞、単球、B細胞、骨髄性樹状細胞、及びそれらの組合せを含む、上記1に記載の方法、
4.GM−CSF及びIL−4と接触させた抗原提示細胞を活性化するステップをさらに含み、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片との接触が、前記抗原提示細胞上にCD86、CD80、及びHLA−DRの表面発現を増加させる、上記1に記載の方法、
5.インターフェロンαと接触させた抗原提示細胞を活性化するステップをさらに含み、
抗デクチン−1特異的抗体又はその断片との接触が、前記抗原提示細胞上にCD86、CD83、CD80及びHLA−DRの表面発現を増加させる、上記1に記載の方法、
6.抗原提示細胞が樹状細胞を含み、前記樹状細胞はGM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させることにより活性化され、前記活性化された樹状細胞がCD86、CD80及びHLA−DRの表面発現を増加させる、上記1に記載の方法、
7.抗原提示細胞が樹状細胞を含み、前記樹状細胞はGM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させることにより活性化され、前記活性化された樹状細胞がIL−6、IL−8、IL−10、IL−12p40、IP−10及びMIP−1a、並びにそれらの組合せの分泌を増加させる、上記1に記載の方法、
8.抗原提示細胞が、GM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させた樹状細胞を含み、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、CD40を介したシグナル伝達と関連して活性化を高める、上記1に記載の方法、
9.抗原提示細胞が、GM−CSF及びIL−4又はインターフェロンαと接触させた樹状細胞を含み、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、樹状細胞の共刺激活性を増加させた、上記1に記載の方法、
10.TLR4受容体を介した活性化により抗原提示細胞を共活性化するステップをさらに含み、前記細胞が、サイトカイン及びケモカインの産生を増加させる、上記1に記載の方法、
11.TLR4受容体を介した活性化により抗原提示細胞を共活性化するステップをさらに含み、前記細胞が、IL−10、IL−1b、TNFα、IL−12p40及びそれらの組合せの分泌を増加させる、上記1に記載の方法、
12.TLR4リガンド、抗TLR4抗体又はその断片、抗TLR4抗デクチン−1ハイブリッド抗体又はその断片及び抗TLR4抗デクチン−1リガンドコンジュゲートの少なくとも1つを用いる、TLR4受容体を介した活性化により抗原提示細胞を共活性化するステップをさらに含む、上記1に記載の方法、
13.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片によりデクチン−1受容体を介して活性化された樹状細胞が、単球、樹状細胞、末梢血単核細胞、B細胞、及びそれらの組合せを活性化する、上記1に記載の方法、
14.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、コヘシン/ドッケリン対の1つの半分に結合している、上記1に記載の方法、
15.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、コヘシン/ドッケリン対の1つの半分に結合しており、その対の他方の半分が、1又は複数の抗原や、インターロイキン、形質転換成長因子(TGF)、線維芽細胞成長因子(FGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、上皮成長因子(EGF)、結合組織活性化ペプチド(CTAP)、造骨因子、並びにこのような成長因子の生物活性のあるアナログ、断片及び誘導体、B/T細胞分化因子、B/T細胞増殖因子、マイトジェンサイトカイン、走化性サイトカイン及びケモカイン、コロニー刺激因子、血管形成因子、IFN−α、IFN−β、IFN−γ、IL1、IL2、IL3、IL4、IL5、IL6、IL7、IL8、IL9、IL10、IL11、IL12、IL13、IL14、IL15、IL16、IL17、IL18など、レプチン、ミオスタチン、マクロファージ刺激タンパク質、血小板由来成長因子、TNF−α、TNF−β、NGF、CD40L、CD137L/4−1BBL、ヒトリンホトキシンβ、G−CSF、M−CSF、GM−CSF、PDGF、IL−1α、IL1−β、IP−10、PF4、GRO、9E3、エリスロポエチン、エンドスタチン、アンジオスタチン、VEGF、β形質転換成長因子(例えば、TGF−β1、TGF−β2、TGF−β3)、骨形成タンパク質(例えば、BMP−1、BMP−2、BMP−3、BMP−4、BMP−5、BMP−6、BMP−7、BMP−8、BMP−9)、ヘパリン結合成長因子(線維芽細胞成長因子(FGF)、上皮成長因子(EGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、インスリン様成長因子(IGF))、インヒビン(例えば、インヒビンA、インヒビンB)、増殖分化因子(例えば、GDF−1)、及びアクチビン(例えば、アクチビンA、アクチビンB、アクチビンAB)を含めた形質転換成長因子(TGF)スーパー
遺伝子ファミリーから選択される、1又は複数のサイトカインに結合している、上記1に記載の方法、
16.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片を発現したハイブリドーマであって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、抗原提示細胞を活性化することにより、新たな表面マーカーを発現するか、1若しくは複数のサイトカインを分泌するか、又はその双方を行い、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、ハイブリドーマ、
17.インビトロにおいて、抗原とTLR9アクチベーターとの存在下に抗デクチン−1特異的抗体又はその断片により樹状細胞上でデクチン−1受容体を誘発するステップを含む、B細胞免疫応答を増強する方法であって、デクチン−1/TLR9活性化樹状細胞と接触するB細胞が、抗体産生を増加させ、サイトカインを分泌し、B細胞活性化表面マーカーの発現を増加させること、及びそれらの組合せを行い、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、方法、
18.B細胞が、IL−8、MIP−1a、IL−6、TNFα及びそれらの組合せを分泌する、上記17に記載の方法、
19.B細胞が形質細胞を含む、上記17に記載の方法、
20.活性化されたB細胞がデクチン−1を発現する、上記17に記載の方法、
21.B細胞が、IgMの産生を増加させる、上記17に記載の方法、
22.インビトロにおいて、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片によりB細胞上でデクチン−1受容体を誘発するステップを含み、前記B細胞が抗体産生を増加させる、B細胞免疫応答を増強する方法であって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、方法、
23.B細胞が、分泌したIL−8、MIP−1α、IL−6、TNFα及びそれらの組合せの産生を増加させる、上記22に記載の方法、
24.B細胞が、IgG、IgM、IgA及びそれらの組合せの産生を増加させる、上記22に記載の方法、
25.インビトロにおいて、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片及びTLR4受容体により樹状細胞上でデクチン−1受容体を誘発するステップ、及び、インビトロにおいて、デクチン−1/TLR4活性化樹状細胞にT細胞を接触させるステップとを含むT細胞活性化を増強する方法であって、T細胞活性化が増強され、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、方法、
26.樹状細胞を、GM−CSF及びIL−4、インターフェロンα、抗原、並びにそれらの組合せとさらに接触させる、上記25に記載の方法、
27.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、IL−10、IL−15及びそれらの組合せの分泌を増加させる、上記25に記載の方法、
28.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、4−1BBLの表面発現を増加させる、上記25に記載の方法、
29.T細胞が、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片により活性化された樹状細胞に曝されると増殖する、上記25に記載の方法、
30.免疫グロブリンが、抗原を抗原提示細胞にターゲティングさせ、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、哺乳動物細胞から分泌される抗デクチン−1免疫グロブリン又はその一部分及び前記免疫グロブリンに結合した抗原、
31.抗原特異的ドメインが、全長抗体、抗体可変領域ドメイン、Fab断片、Fab’断片、F(ab)2断片及びFv断片、並びにFabc断片及び/又はFcドメインの複数部分を伴うFab断片を含む、上記30に記載の免疫グロブリン、
32.抗デクチン−1特異的抗体又はその断片により活性化された樹状細胞を含み、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ
酸配列内のマウスV領域を含むワクチン、
33.コヘシン−ドッケリン結合対の1つの半分を含む1又は複数の抗原担体ドメインに連結した、抗デクチン−1特異的抗体結合ドメインを含むモジュール構成リコンビナント抗体(rAb)担体であって、抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、モジュール構成リコンビナント抗体(rAb)担体、
34.抗原特異的結合ドメインが抗体の少なくとも一部分を含む、上記33に記載のリコンビナント抗体、
35.抗原特異的結合ドメインが、コヘシン−ドッケリン結合対の1つの半分との融合タンパク質中に、抗体の少なくとも一部分を含む、上記33に記載のリコンビナント抗体、36.モジュール構成リコンビナント抗体担体と複合体を形成する抗原に結合した、コヘシン−ドッケリン結合対の相補的半分をさらに含む、上記33に記載のリコンビナント抗体、
37.抗原との融合タンパク質である、コヘシン−ドッケリン結合対の相補的半分をさらに含む、上記33に記載のリコンビナント抗体、
38.抗原特異的ドメインが、全長抗体、抗体可変領域ドメイン、Fab断片、Fab’断片、F(ab)2断片及びFv断片、並びにFabc断片及び/又はFcドメインの複数部分を伴うFab断片を含む、上記33に記載のリコンビナント抗体、
39.単独で、又は共活性化剤と共に、免疫細胞上のデクチン−1受容体と会合する作用剤のインビトロでの使用であって、前記組合せが、治療用途のために抗原提示細胞を活性化させ、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、使用、
40.活性化剤と共に、又は活性化剤なしに、免疫細胞上における、1又は複数の抗原に連結されたデクチン−1結合剤の、ワクチン作製を目的としたインビトロでの使用であって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、使用、
41.免疫細胞上に発現したデクチン−1以外の細胞表面受容体に対する免疫応答の増強を目的とした、免疫細胞の共活性化剤としての抗デクチン−1剤のインビトロでの使用であって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、使用、
42.デクチン−1受容体を介した免疫細胞への結合及びその活性化が可能な、抗デクチン−1抗体V領域配列のインビトロでの使用であって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、使用、
43.デクチン−1を介した免疫細胞の不適当な活性化から生じることが知られている、若しくは疑われている疾患に関する、又はデクチン−1を発現する病原性細胞若しくは組織に関する、治療用の1又は複数の毒性剤に連結したDC−デクチン−1結合剤のインビトロでの使用であって、前記抗デクチン−1特異的抗体又はその断片が、配列番号3〜13のいずれかに記載のアミノ酸配列内のマウスV領域を含む、使用、
に関する。
本発明の特徴及び利点に関するより完全な理解のために、添付の図と共に、本発明の詳細な説明に以下に言及する。

図面の簡単な説明

0022

図1A及び1B)健常ドナーのPBMC上におけるデクチン−1の発現量を示す図である。
CD40L(50ng/ml)、TLR2リガンド(100ng/ml)、TLR3リガンド(100nM)、TLR4リガンド(20ng/ml)、IL−10(20ng/ml)、IL−15(100ng/ml)、IFNα(500U/ml)、及びIL−4(50ng/ml)の存在下、24時間培養したインビトロ培養のIL−4DCの結果を示す図である。
抗デクチン−1 mAbがDCを活性化することを示す図である。
図4A及び4B)デクチン−1を介したシグナル伝達が、IL−4DC、IFNDC双方を活性化できることを示す図である。抗デクチン−1 mAbはDCを活性化する。IFNDC(図4A)及びIL−4DC(図4B)を24時間、抗デクチン−1抗体で刺激し、次いで細胞を抗CD86、80、40、83、CCR7及びHLA−DR抗体で染色した。
デクチン−1及びTLRが相乗的に作用して、DCを活性化することを示す図である。IL−4DC(2×105個/200μl/ウェル)を、可溶性のTLR4リガンド(1.5ng/ml)又はTLR2リガンド(30ng/ml)の存在下又は非存在下、抗デクチン−1抗体で被覆した96ウェルプレート中、18時間培養した。対照mAbも試験した。18時間後、培養上清分析で、Luminexによりサイトカイン及びケモカインを測定した。
図6A及び6B)Mart−1ペプチド10μMを負荷し、抗デクチン−1 mAb、TLR4リガンド、又は抗デクチン−1 mAb及びTLR4リガンドで18時間活性化したIFNDC(5000DC/ウェル/200μl)の結果を示す図である(図6A)。精製した自己T細胞(2×105細胞/ウェル/200μl)を、IL−2を20U/ml及びIL−7を10ng/mlの存在下で10日間共培養した。細胞を抗CD8抗体及びMart−1−HLA−A2四量体で染色した。図6Bは、Mart−1ペプチド10μMを負荷し、抗デクチン−1 mAb、TLR2リガンド、又は抗デクチン−1 mAb及びTLR2リガンドで18時間活性化したIFNDC(5000DC/ウェル/200μl)の結果を示す。精製した自己CD8 T細胞(2×105細胞/ウェル/200μl)を、IL−2を20U/ml及びIL−7を10ng/mlの存在下で10日間共培養した。細胞を抗CD8抗体及びMart−1−HLA−A2四量体で染色した。
Mart−1ペプチド10μMを負荷し、抗デクチン−1 mAb、TLR4リガンド、又は抗デクチン−1 mAb及びTLR4リガンド、ザイモサンで18時間活性化したIFNDC(5000DC/ウェル/200μl)の結果を示す図である。抗IL−10中和抗体(5μg/ml)を、抗デクチン−1抗体及びTLR4リガンド並びにザイモサンで刺激したDC中に添加した。抗IL−10抗体に対する対照抗体も試験したが、有意差は認められなかった(データは示していない)。精製した自己CD8 T細胞(2×105細胞/ウェル/200μl)を、IL−2を20U/ml及びIL−7を10ng/mlの存在下で10日間共培養した。細胞を抗CD8抗体及びMart−1−HLA−A2四量体で染色した。
抗デクチン−1 mAbで活性化したDCが、IL−15及び4−1BBLの増加量を発現することを示す図である。IFNDC(2×105個/200μl/ウェル)を、抗デクチン−1抗体又は対照Igで被覆した96ウェルプレート中、18時間培養した。18時間後、細胞を抗IL−15抗体及び抗4−1BBL抗体で染色した。
図9A及び9B)DC上に発現したデクチン−1が、体液性免疫応答の増強に寄与することを示す図である。6日目のIL−4 DC、5×103個/ウェルを、抗デクチン−1抗体又は対照mAbで被覆した96ウェルプレート中、16〜18時間インキュベートし、次いで、CFSEで染色した2×104個の自己CD19+B細胞を、IL−2を20U/ml及びCD40Lを50ng/mlの存在下(図9A)、又はCpG 50nMの存在下(図9B)で共培養した。6日目に、細胞を蛍光標識抗CD38抗体で染色した。13日目の培養上清の総免疫グロブリンをサンドイッチELISAで分析した。
図10A及び10B)B細胞上に発現したデクチン−1が、B細胞の活性化及び免疫グロブリンの産生に寄与することを示す図である。図10A.精製CD19+B細胞(20000細胞/ウェル/200μl)を、CpGを50nM及びIL−2を20U/mlの存在下、抗デクチン−1抗体又は対照IgいずれかのmAbで被覆したプレート中、6日間培養した。細胞を抗CD38抗体で染色し、細胞増殖をCFSE希釈により測定した。図10B.培養13日目に、産生総免疫グロブリンを測定するために、培養上清をELISAで分析した。
図11A〜11C)DC上に発現したデクチン−1が、細胞性免疫応答の増強に寄与することを示す図である。図11A.IFNDC、5×103個を、抗デクチン−1抗体又は対照mAbで被覆したプレート中、組換えFlu M1タンパク質100nMの存在下、16〜18時間培養し、次いで、精製した自己CD8 T細胞を、IL−2を20U/ml及びIL−7を10ng/mlの存在下、7日間共培養した。細胞を抗CD8抗体、及びHLA−A2のFlu M1ペプチドエピトープに対する四量体で染色した。図11B及び11C.IFNDCに、Mart−1ペプチド10μM(図11B)又はCoh−Mart−1組換えタンパク質100nMを負荷し、次いで図11Aに表示するように、抗デクチン−1抗体又は対照抗体で刺激した。10日間の培養後、細胞を抗CD8抗体及び四量体(HLA−A2−mart−1ペプチド)で染色した。各線は、個々のドナーから生成したデータを表す。この試験に使用した全ての細胞は、HLA−A201陽性健常ドナーに由来した。
溶型の抗デクチン−1 mAbが、DCを活性化して、Mart−1特異的なCD8 T細胞の初回抗原刺激を増強することを示す図である。IFNDC、5×103個を、抗デクチン−1抗体、抗CD40抗体又は対照mAbの0.5μg/ml存在下、16時間培養した。精製した自己T細胞(2×105個/ウェル)を培養物中に添加する前に、Mart−1ペプチド20μMを添加した。10日後、細胞を抗CD8抗体及び四量体(HLA−A2−mart−1ペプチド)で染色した。この試験に使用した全ての細胞は、HLA−A201陽性健常ドナーに由来した。
健常ドナーの扁桃腺を取得し、DNAse非含有III型コラゲナーゼを用いて細胞浮遊液を調製したことを示す図である。細胞を5%FCS含有PBS激しく洗浄した後、抗デクチン−1 mAbと共に抗CD3抗体又は抗CD19抗体で染色した。イソタイプ合致対照mAbを使用した。
図14A及び14B)健常ドナーからの人体皮膚図14A)及びリンパ節図14B)の組織切片を調製し、DAPI(青色)及びこの試験で調製した抗デクチン−1抗体(赤色)で染色したことを示す図である。
非ヒト霊長類カニクイザル)のPBMCを抗デクチン−1 mAb及び細胞表面マーカーに対する抗体で染色したことを示す図である。
これまでに示し又は言及した抗原の多くを保持する、典型的なrAb.抗原融合タンパク質還元SDS−PAGEを示す図である。

実施例

0023

本発明の各種実施形態の作成及び使用を以下に詳細に考察するが、本発明は、多種多様な特定の関係において具体化できる適用可能な多くの発明概念を提供することを理解されたい。本明細書に考察する特定の実施形態は、本発明を作成し、使用する特定の方法を例示しているに過ぎず、本発明の範囲を制限するものではない。

0024

本発明の理解を深めるために、幾つもの用語を以下に定義する。本明細書に定義する用語は、本発明関連の分野の当業者が通常理解している意味を有する。「a」、「an」、「the」などの用語は、単一体だけを指すことを意図しているのではなく、例示のために具体例で使用し得る部類一般を包含する。本発明における専門用語は、本発明の特定の実施形態を説明するために使用するが、その用法は、特許請求の範囲で概説される場合を除き、本発明を制限するものではない。

0025

本発明は、防御抗原をコードすることが知られている、又は疑われている抗原に、Ab重鎖を介して融合している組換えヒト化mAb(特異的なヒト樹状細胞受容体デクチン−1に対する)も包含する。こうした抗原には、各種作用剤に対するワクチン接種用の例とし
て、インフルエンザH5N1のヘマグルチニンリシン炭疽毒素及びブドウ球菌毒素からの弱毒化毒素のHIVgag;メラノーマ抗原からの「一連」の抗原ペプチドなど
が挙げられる。本発明は、危険に瀕した又は感染した人々の予防用又は治療用ワクチン接種に用途を見出すことになろう。本発明は、多くの疾患及び癌に対する、人間、動物両用のワクチン接種に対して広範な適用性を有する。

0026

本明細書で使用する場合、用語「モジュール構成rAb担体」とは、単一の組換えモノクローナル抗体(mAb)、本例では抗デクチン−1モノクローナル抗体に対して、多様な抗原、活性化タンパク質又は他の抗体の制御されたモジュール式付加を行うように操作・作製された、組換え抗体系を記述するために使用される。該rAbは、標準的なハイブリドーマ技法、組換え抗体ディスプレーを用いて作製したモノクローナル抗体、ヒト化モノクローナル抗体などでよい。モジュール構成rAb担体は、例えば、多重抗原、及び/又は抗原と活性化サイトカインを、(細胞内取込性受容体、例えばヒト樹状細胞受容体に対する1つの一次組換え抗体を介して)標的とする樹状細胞(DC)に向けるために使用することができる。モジュール構成rAb担体は、異なる2種の組換えmAbを制御し、規定した様式で末端間で結合するためにも使用し得る。

0027

「モジュール構成rAb担体」の抗原結合部分は、1又は複数の可変ドメイン、1又は複数の可変ドメインと第1定常ドメイン、Fab断片、Fab’断片、F(ab)2断片及びFv断片、並びにFabc断片及び/又はFcドメインの複数部分を伴うFab断片でもよく、Fcドメインの前記複数部分に対しては、同族性のモジュール構成結合部分が、アミノ酸配列に付加しており、及び/又は結合している。モジュール構成rAb担体に使用する抗体は、任意のイソ型若しくはクラス、サブクラスでもよく、又は任意の供給源からでもよい(動物及び/又は組換え)。

0028

非限定的な一例では、モジュール構成rAb担体は、操作組換えmAbに関し、特異的で規定されたタンパク質複合体を作製するために、1又は複数のモジュール構成コヘシン−ドッケリンタンパク質ドメインを有するように操作されている。該mAbは、該mAbの抗原結合ドメインからのカルボキシと共に、1又は複数のモジュール構成コヘシン−ドッケリンタンパク質ドメインを含む融合タンパク質の一部分である。コヘシン−ドッケリンタンパク質ドメインは、翻訳後に、例えば、化学的架橋剤及び/又はジスルフィド結合の使用によってさえ、結合してもよい。

0029

本明細書で使用する場合の用語「抗原」とは、抗原の受容者において体液性及び/又は細胞性の免疫応答を開始できる分子を指す。抗原は、本発明を用いた異なる2つの状況で、即ち、抗体又はrAbの他の抗原認識ドメインに対する標的として、或いはモジュール構成rAb担体に対するドッケリン/コヘシン−分子相補体の一部として、rAbにより細胞又は標的へ及び/又はその中へ運搬される当該分子として、使用し得る。抗原は、普通、ワクチン接種が有利な治療になると思われる疾患を起こす作用剤である。抗原がMHC上に提示されるとき、そのペプチドはしばしば約8〜約25アミノ酸である。抗原には、例えば、単純な中間代謝物、糖類、脂質及びホルモン、並びに複合炭水化物リン脂質核酸、タンパク質などの高分子を含めた、任意種の生体分子が含まれる。抗原の一般的種類には、それだけに限らないが、ウイルス抗原細菌抗原真菌抗原原虫及び他の寄生虫抗原、腫瘍抗原自己免疫疾患アレルギー及び移植片拒絶に関わる抗原、並びに他の種々の抗原が挙げられる。

0031

本発明を用いて送達する抗腫瘍剤の例には、限定はしないが、ドキソルビシンダウノルビシンタキソールメソトレキセートなどが挙げられる。解熱剤及び鎮痛剤の例には、アスピリン、Motrin(登録商標)、Ibuprofen(登録商標)、ナプロシン、アセトアミノ
フェンなどが挙げられる。

0032

本発明を用いて送達する抗炎症剤の例には、限定はしないが、NSAID、アスピリン、ステロイドデキサメタゾンヒドロコーチゾンプレドニゾロンジクロフェナックNaなどが挙げられる。

0033

本発明を用いて送達する、骨粗鬆症治療の治療剤並びに骨及び骨格に作用する他の因子の例には、限定はしないが、カルシウムアレンドロネート、骨GLaペプチド、甲状腺ホルモン及びその活性断片ヒストンH4関連骨形成増殖ペプチド、並びにそれらの変異体、誘導体及び類縁体が挙げられる。

0034

本発明を用いて送達する酵素及び酵素補因子の例には、限定はしないが、パンクレアーゼ、L−アスパラギナーゼヒアルロニダーゼキモトリプシントリプシン、tPA、ストレプトキナーゼウロキナーゼパンクレアチン、コラゲナーゼ、トリプシノーゲンキモトリプシノーゲンプラスミノーゲン、ストレプトキナーゼ、アデニルシクラーゼスーパーオキシドディムターゼ(SOD)などが挙げられる。

0035

本発明を用いて送達するサイトカインの例には、限定はしないが、インターロイキン、形質転換成長因子(TGF)、線維芽細胞成長因子(FGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、上皮成長因子(EGF)、結合組織活性化ペプチド(CTAP)、造骨因子、並びにこのような成長因子の生物活性な類縁体、断片及び誘導体が挙げられる。サイトカインは、B/T細胞分化因子、B/T細胞増殖因子、マイトジェンサイトカイン、走化性サイトカイン、コロニー刺激因子、血管形成因子、IFN−α、IFN−β、IFN−γ、IL1、IL2、IL3、IL4、IL5、IL6、IL7、IL8、IL9、IL10、IL11、IL12、IL13、IL14、IL15、IL16、IL17、IL18など、レプチン、ミオスタチン、マクロファージ刺激タンパク質、血小板由来成長因子、TNF−α、TNF−β、NGF、CD40L、CD137L/4−1BBL、ヒトリンホトキシンβ、G−CSF、M−CSF、GM−CSF、PDGF、IL−1α、IL1−β、IP−10、PF4、GRO、9E3、エリスロポエチン、エンドスタチン、アンジオスタチン、VEGF、又はそれらの任意の断片若しくは組合せでもよい。他のサイトカインには、β形質転換成長因子(例えば、TGF−β1、TGF−β2、TGF−β3)、骨形成タンパク質(例えば、BMP−1、BMP−2、BMP−3、BMP−4、BMP−5、BMP−6、BMP−7、BMP−8、BMP−9)、ヘパリン結合成長因子(例えば、線維芽細胞成長因子(FGF)、上皮成長因子(EGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、インスリン様成長因子(IGF))、インヒビン(例えば、インヒビンA、インヒビンB)、増殖分化因子(例えば、GDF−1)、及びアクチビン(例えば、アクチビンA、アクチビンB、アクチビンAB)を含めた、形質転換成長因子(TGF)スーパー遺伝子ファミリーの構成員が挙げられる。

0036

本発明を用いて送達する成長因子の例には、限定はしないが、哺乳動物細胞などの自然源
若しくは天然源から単離できる成長因子、又は組換えDNA技法若しくは各種化学法などにより合成で調製できる成長因子が挙げられる。それに加え、こうした因子の類縁体、断片又は誘導体も、その自然分子の生物活性の少なくとも一部を示す限り、使用することができる。例えば、部位特異的変異誘発又は他の遺伝子工学技法で改変した遺伝子の発現により、類縁体を調製することができる。

0037

本発明を用いて送達する抗凝固剤の例には、限定はしないが、ワルファリンヘパリンヒルジンなどが挙げられる。本発明を用いて送達する、免疫系に作用する因子の例には、限定はしないが、化学走性ペプチド、ブラジキニンなど、炎症及び悪性新生物を抑制する因子、並びに感染性微生物攻撃する因子が挙げられる。

0038

ウイルス抗原の例には、それだけに限らないが、例えば、gag、pol及びenv遺伝子遺伝子産物Nefタンパク質逆転写酵素、並びに他のHIV成分などのヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗原由来レトロウイルス抗原などのレトロウイルス抗原;B型肝炎ウイルスのS、M及びLプロテイン、B型肝炎ウイルスのプレS抗原、並びにC型肝炎ウイルスRNAなどの他の肝炎、例えばA型、B型及びC型肝炎ウイルス成分などの肝炎ウイルス抗原;ヘマグルチニン及びノイラミニダーゼ並びに他のインフルエンザウイルス成分などのインフルエンザウイルス抗原麻疹ウイルス融合タンパク質及び他の麻疹ウイルス成分などの麻疹ウイルス抗原;プロテインE1及びE2並びに他の風疹ウイルス成分などの風疹ウイルス抗原;VP7sc及び他のロタウイルス成分などのロタウイルス抗原エンベロープ糖タンパク質B及び他のサイトメガロウイルス抗原成分などのサイトメガロウイルス抗原;RSV融合タンパク質、M2プロテイン、及び他の呼吸器合胞体ウイルス抗原成分などの呼吸器合胞体ウイルス抗原;前初期タンパク質糖タンパク質D、及び他の単純疱疹ウイルス抗原成分などの単純疱疹ウイルス抗原;gpI、gpII及び他の水疱瘡ウイルス抗原成分などの水疱瘡ウイルス抗原;プロテインE、M−E、M−E−NS1、NS1、NS1−NS2A、80%E及び他の日本脳炎ウイルス抗原成分などの日本脳炎ウイルス抗原;狂犬病糖タンパク質、狂犬病核タンパク質及び他の狂犬病ウイルス抗原成分などの狂犬病ウイルス抗原が挙げられる。ウイルス抗原の追加例については、Fundamental Virology, Second Edition, eds. Fields, B. N. and Knipe, D. M. (Raven Press, New York, 1991)を参照されたい。

0039

本発明のrAb−DC/DC−抗原ワクチンを用いて送達し得る抗原性標的には、ウイルス抗原、細菌抗原、真菌抗原又は寄生虫抗原などの抗原をコードする遺伝子が含まれる。ウイルスには、ピコルナウイルスコロナウイルストガウイルスフラビルウイルス、ラブドウイルスパラミクソウイルスオルトミクソウイルス、ブンヤウイルス、アレナウイルスレオウイルス、レトロウイルス、パピローマウイルスパルボウイルスヘルペスウイルスポックスウイルスヘパドナウイルス、及び海綿状ウイルスが挙げられる。他のウイルス標的には、インフルエンザ、1型及び2型単純疱疹ウイルス、麻疹デング熱天然痘ポリオ又はHIVが挙げられる。病原体には、トリパノゾーマ、サナダムシ回虫蠕虫マラリアが挙げられる。胎児性抗原前立腺特異的抗原などの腫瘍マーカーは、このようにして標的とし得る。他の例には、HIVのenvタンパク質及びB型肝炎表面抗原が含まれる。ワクチン接種用に本発明によるベクター投与するには、強い免疫応答が望ましいと思われる移入遺伝子の長期発現を可能とするに十分に、ベクター関連抗原が非免疫原性である必要があろう。幾つかの事例では、個人へのワクチン接種は、毎年又は2年毎など、まれにしか必要とされず、感染体から長期の免疫防御を与え得る。本発明と共にベクター中に使用し、最終的には抗原として使用する微生物アレルゲン、並びに核酸及びアミノ酸の配列の具体例は、米国特許第6541011号明細書に見出し得るが、その関連部分、特に、本発明と共に使用し得る微生物及び特定の配列に適合する各表が、参照により本明細書に組み込まれる。

0040

本明細書で開示するrAbワクチンと共に使用する細菌抗原には、それだけに限らないが、例えば、百日咳毒素線維状ヘマグルチニン、パータクチン、FIM2、FIM3、アデニル酸サイクラーゼ、及び他の百日咳菌抗原成分などの細菌抗原;ジフテリア毒素又はトキソイド、及び他のジフテリア細菌抗原成分などのジフテリア細菌抗原;破傷風毒素又はトキソイド、及び他の破傷風菌抗原成分などの破傷風菌抗原;Mプロテイン及び他の連鎖球菌抗原成分などの連鎖球菌抗原;リポ多糖類及び他のグラム陰性細菌抗原成分などのグラム陰性バチルス菌抗原;ミコール酸熱ショックタンパク質65(HSP65)、30kDa主要分泌タンパク質、抗原85A、及び他のマイコバクテリア抗原成分などの結核菌(Mycobacterium tuberculosis)抗原;ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)細菌抗原成分;ニューモリシン肺炎球菌莢膜多糖類、及び他の肺炎球菌抗原成分
などの肺炎球菌抗原;莢膜多糖類、及び他のインフルエンザ菌(haemophilus influenza
)抗原成分などのインフルエンザ菌抗原;炭疽菌防御抗原、及び他の炭疽菌抗原成分などの炭疽菌抗原;ロンプA及び他のリケッチア細菌抗原成分などのリケッチア細菌抗原が挙げられる。他の任意の細菌、マイコバクテリアマイコプラズマ、リケッチア又はクラミジアの抗原も、本明細書に記載の細菌抗原と共に含まれる。部分又は完全病原体としては、インフルエンザ菌、熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)、髄膜炎菌(neisseria meningitidis)、肺炎連鎖球菌(streptococcus pneumoniae)、淋菌(neisseria gonorrhoeae)、サルモネラ血清型チフス菌(salmonella serotype typhi)、赤痢菌(shigella)、コレラ菌(vibrio cholerae)、デング熱、脳炎日本脳炎ライム病ペスト菌(Yersinia pestis)、西ナイルウイルス黄熱病野兎病(tularemia)、肝炎(ウイルス性細菌性)、RSV(呼吸器合胞体ウイルス)、HPIV1及びHPIV3、アデノウイルス、天然痘、アレルギー並びに癌も該当し得る。

0041

本発明の組成物及び方法と共に使用する真菌抗原には、それだけに限らないが、例えば、カンジダ真菌抗原成分;熱ショックタンパク質60(HSP60)及び他のヒストプラズマ真菌抗原成分などのヒストプラズマ真菌抗原;莢膜多糖類及び他のクリプトコッカス真菌抗原成分などのクリプトコッカス真菌抗原;小球抗原及び他のコクジオデス(coccidiodes)真菌抗原成分などのコクシジオデス真菌抗原;並びにトリコフィチン及び他のコ
クシジオデス真菌抗原成分などの白癬真菌抗原が挙げられる。

0042

原虫抗原及び他の寄生虫抗原の例には、それだけに限らないが、例えば、メロゾイト表面抗原スポロゾイト表面抗原、スポロゾイト周囲抗原、生殖母細胞配偶子表面抗原、血液期抗原pf155/RESA、及び他のプラスモジウム抗原成分などの熱帯熱マラリア原虫抗原;SAG−1、p30及び他のトキソプラズマ抗原成分などのトキソプラズマ抗原;グルタチオン−S−トランスフェラーゼパラミオシン、及び他の住血吸虫抗原成分などの住血吸虫抗原;gp63、リン脂質グリカン及びその付随タンパク質、並びに他のリーシュマニア抗原成分などのリーシュマニア主要抗原及び他のリーシュマニア抗原;更に75〜77kDa抗原、56kDa抗原及び他のトリパノソーマ抗原成分などのトリパノゾーマ・クルージ(trypanosoma cruzi)抗原が挙げられる。

0043

本発明のrAbを用いて標的にできる抗原は、細胞内取込みの見込み、免疫細胞の特異性ベル、標的とする免疫細胞の型、免疫細胞の成熟度及び/又は活性化度などを含めた多数の要因に基づいて、一般に選択されよう。樹状細胞にとっての細胞表面マーカーの例には、それだけに限らないが、MHCクラスI、MHCクラスII、B7−2、CD18、CD29、CD31、CD43、CD44、CD45、CD54、CD58、CD83、CD86、CMRF−44、CMRF−56、DCIR及び/又はDECTIN−1などが挙げられるが、同時に幾つかの事例では、CD2、CD3、CD4、CD8、CD14、CD15、CD16、CD19、CD20、CD56及び/又はCD57が存在しないこともある。抗原提示細胞にとっての細胞表面マーカーの例には、それだけに限らないが、MHCクラスI、MHCクラスII、CD40、CD45、B7−1、B7−2、IFN−
γ受容体及びIL−2受容体、ICAM−1、及び/又はFcγ受容体が挙げられる。T細胞にとっての細胞表面マーカーの例には、それだけに限らないが、CD3、CD4、CD8、CD14、CD20、CD11b、CD16、CD45及びHLA−DRが挙げられる。

0044

腫瘍抗原に特徴的な標的抗原を含めた、送達対象となる細胞表面上の標的抗原は、腫瘍組織細胞の細胞表面、細胞質、核、細胞小器官などに由来することになろう。本発明の抗体部分に対する腫瘍標的の例には、限定はしないが、白血病リンパ腫などの血液癌星状細胞種やグリア芽腫などの神経腫瘍、メラノーマ乳癌肺癌頭頚部癌胃癌結腸癌などの消化器癌肝癌膵臓癌子宮頚部癌子宮癌卵巣癌癌、睾丸癌、前立腺癌若しくは陰茎癌などの泌尿生殖器腫瘍、骨腫瘍血管腫瘍、又は口唇鼻咽頭咽頭及び口腔食道直腸胆嚢胆道系、喉頭及び気管支膀胱腎臓、脳及び他の神経系部分、甲状腺の癌、ホジキン病、非ホジキン病リンパ腫、多発性骨髄腫及び白血病が挙げられる。

0045

本発明を用いた抗原提示のために免疫細胞へ、単独又は組み合わせて送達し得る抗原の例には、腫瘍タンパク質、例えば変異した癌遺伝子;腫瘍に付随するウイルスタンパク質;並びに腫瘍のムチン及び糖脂質が挙げられる。腫瘍に付随するウイルスタンパク質とし得る抗原は、上記した部類のウイルスに由来するものとなろう。ある種の抗原は、腫瘍に特徴的なこともあり(腫瘍前駆細胞が普通発現しないタンパク質の1サブセット)、又は、腫瘍前駆細胞中で通常発現するが、腫瘍に特徴的な変異を有するタンパク質のこともある。他の抗原には、変化した活性又は細胞内分布、例えば、腫瘍抗原を生じる遺伝子の変異を有する、正常タンパク質の変異体(複数も)が含まれる。

0046

腫瘍抗原の非限定的な具体例には、CEA、前立腺特異的抗原(PSA)、HER−2/neu、BAGE、GAGE、MAGE1〜4、6及び12、MUC(ムチン)(例えば、MUC−1、MUC−2など)、GM2及びGD2ガングリオシド、ras、myc、チロシナーゼ、MART(メラノーマ抗原)、Pmel17(gp100)、GnT−VのイントロンV配列(N−アセチルグルコアミニルトランスフェラーゼVのイントロンV配列)、前立腺Ca psm、PRAME(メラノーマ抗原)、β−カテニン、MUM−
1−B(メラノーマの遍在性変異遺伝子産物)、GAGE(メラノーマ抗原)1、BAGE(メラノーマ抗原)2〜10、c−ERB2(Her2/neu)、EBNA(エプスタイン・バーウイルス核抗原)1〜6、gp75、ヒトパピローマウイルス(HPV)E6及びE7、p53、肺耐性タンパク質(LRP)、Bcl−2、並びにKi−67が挙げられる。それに加え、免疫原性分子には、自己免疫疾患の開始及び/又は展開に関与する自己抗原がなることができ、その病状は、関連する標的の器官、組織又は細胞、例えばSLE若しくはMGが発現する分子に特異的な抗体の活性に起因するところが大きい。このような疾患では、当該自己抗原に対する進行中の抗体媒介(即ち、Th2型)免疫応答を、細胞性(即ち、Th1型)免疫応答へ誘導することが望ましいこともある。或いは、当該自己免疫疾患に罹ってはいないが、罹り易いと疑われる対象において、適当な自己抗原に対してTh1応答を予防的に誘発することにより、自己抗原に対するTh2応答の開始を予防し、又はその応答レベルを低下させることが望ましいこともある。所望の自己抗原には、限定はしないが、(a)SLEに関しては、Smithタンパク質、RNPリボ核タ
ンパク質、並びにSS−A及びSS−Bタンパク質と、(b)MGに関しては、アセチルコリン受容体とが挙げられる。1又は複数種自己免疫応答に関与する他の種々の抗原の例には、例えば、黄体形成ホルモン卵胞刺激ホルモンテストステロン成長ホルモンプロラクチン及び他のホルモンなどの内因性ホルモンが挙げられる。

0047

自己免疫疾患、アレルギー及び移植片拒絶に関与する抗原は、本発明の組成物及び方法において使用することができる。例えば、以下の自己免疫疾患又は障害のいずれか1又は複
数に関与する抗原は、本発明において使用することができる。即ち、糖尿病真性糖尿病関節炎関節リウマチ若年性関節リウマチ骨関節炎乾癬性関節炎を含む)、多発性硬化症重症筋無力症全身性エリテマトーデス自己免疫性甲状腺炎皮膚炎アトピー性皮膚炎及び湿疹性皮膚炎を含む)、乾癬症ショーグレン症候群続発する乾性角結膜炎を含むショーグレン症候群、円形脱毛症節足動物虫刺され反応によるアレルギー応答クローン病アフター潰瘍虹彩炎結膜炎角結膜炎潰瘍性大腸炎喘息アレルギー性喘息皮膚エリテマトーデス強皮症膣炎直腸炎薬疹ハンセン病反転反応、癩性結節性紅斑、自己免疫性ブドウ膜炎アレルギー性脳脊髄炎急性壊死性出血性脳症特発性両側性進行性感音難聴再生不良性貧血真正赤血球貧血、特発性血小板減少、多発軟骨炎ウェゲナー肉芽腫症慢性活動性肝炎スティーブンスジョンソン症候群、特発性スプルー扁平苔癬、クローン病、グレーブス眼球症、サルコイドーシス原発性胆汁性肝硬変後部ブドウ膜炎、及び間質性肺線維症である。自己免疫疾患に関与する抗原の例には、グルタミン酸デカルボキシラーゼ65(GAD65)、自然DNA、ミエリン塩基性タンパク質ミエリンプロテオリピドタンパク質、アセチルコリン受容体成分、サイログロブリン、及び甲状腺刺激ホルモンTSH)受容体が挙げられる。アレルギーに関与する抗原の例には、杉花粉抗原、ブタクサ花粉抗原、ホソムギ花粉抗原などの花粉抗原、チリダニ抗原及びネコ抗原などの動物由来抗原、組織適合性抗原、並びにペニシリン及び他の治療薬が挙げられる。移植片拒絶に関与する抗原の例には、心臓、肺、肝臓膵臓、腎臓、及び神経の移植片成分などの、移植片受容者に移植される移植片の抗原性成分が挙げられる。この抗原は、自己免疫疾患の治療に有用な改変ペプチドリガンドの場合もある。

0048

本明細書で使用する場合、用語「エピトープ(複数も)」とは、病原性DNA又はRNAがコードする多数の病原性ポリペプチドのいずれか内にあるエピトープに類似の一次、二次又は三次構造を含む、ペプチド又はタンパク質の抗原を指す。その類似度は、このようなポリペプチドに差し向けられたモノクローナル又はポリクローナル抗体も、そのペプチド又はタンパク質抗原に結合し、その抗原と反応し、又はそれ以外の方法でその抗原を認識する程度に、一般にはなろう。各種の免疫アッセイ法、例えば、全て当業者に公知のウェスタンブロット、ELISA、RIAなどが、このような抗体と共に使用し得る。ワクチンでの使用に適した病原性エピトープ及び/又はそれらの機能的等価物の同定は、本発明の一部である。単離し、同定してしまえば、機能的等価物を容易に取得し得る。例えば、参照により本明細書に組み込まれる、米国特許第4554101号明細書中で教示され、親水性に基づいてアミノ酸配列からのエピトープの同定及び調製を教示するHoppの方法を採用してもよい。エピトープコア配列を同定するために、他の数件の論文に記載の方法、及びそれらに基づくソフトウェアプログラムも使用することができる(例えば、Jameson and Wolf, 1988; Wolf et al., 1988; 米国特許第4554101号明細書を参照され
たい)。次いで、こうした「エピトープコア配列」のアミノ酸配列は、ペプチド合成、組換え技術のいずれかを適用することにより、ペプチド中に容易に取り込み得る。

0049

活性成分として本発明の抗原をコードする核酸を含んだワクチン組成物の製剤は、溶液、懸濁液いずれかの注射剤として調製し得るが、感染前の液中溶解又は懸濁に適した固形も、調製することができる。該製剤は、乳化してもよく、リポソーム中封入してもよい。免疫原性活性成分は、薬学的に許容され、その活性成分と適合する担体と混合することがしばしばある。

0050

用語「薬学的に許容される担体」とは、投与される対象においてアレルギー反応又は他の有害作用を起こさない担体を指す。薬学的に許容される適切な担体には、例えば、水、生理食塩水リン酸緩衝生理食塩水、デキストロースグリセロールエタノールなど、及びそれらの組合せの1又は複数が挙げられる。それに加え、所望であれば、ワクチンは、湿潤剤若しくは乳化剤、pH緩衝剤、及び/又はワクチンの有効性を高めるアジュバント
などの少量の補助物質を含有することができる。有効になり得るアジュバントの例には、それだけに限らないが、水酸化アルミニウム、N−アセチルムラミル−L−スレオニル−D−イソグルタミン(thr−MDP)、N−アセチルノルムラミル−L−アラニル−D−イソグルタミン、MTP−PE、並びに細菌から抽出した3成分、モノホスホリルリピドA、トレハロースジミコレート及び細胞壁骨格(MPLTDM+CWS)を2%スクワレン/Tween 80乳濁液中に含有するRIBIが挙げられる。アジュバントの他の例には、DDA(臭化ジメチルジオクタデシルアンモニウム)、フロイントの完全及び不完全アジュバント、並びにQuilAが挙げられる。それに加え、リンホカイン(例えば、IFN−γ、IL−2及びIL−12)又はポリI:Cなどの合成IFN−γ誘導因子などの免疫調節物質も、本明細書に記載のアジュバントと併用することができる。

0051

医薬品は、本発明中に記載するように、血漿リポタンパク質上に存在するアポリポタンパク質の特異的なDNA結合部位に結合する、特定のヌクレオチド配列を単一又は多数コピーで有するポリヌクレオチドを含み得る。このポリヌクレオチドは、生物活性ペプチドアンチセンスRNA又はリボザイムをコードすることもあり、生理学的に許容される投与形態で与えられよう。本発明から生じ得る別の医薬品は、本明細書に記載の手順に従って、患者の血液又は他の供給源から単離した高精製度の血漿リポタンパク質分画と、血漿リポタンパク質上に存在するアポリポタンパク質の特異的なDNA結合部位に結合する、特定のヌクレオチド配列を単一又は多数コピーで含有し、該精製リポタンパク質分画に予め結合させたポリヌクレオチドとを生理学的に許容される投与形態で含み得る。

0052

更に別の医薬品は、特定のヌクレオチド配列を単一又は多数コピーで含有するポリヌクレオチドに予め結合させた、特異的なDNA結合モチーフを単一又は多数コピーで含有する組換えアポリポタンパク質断片を含んだ、高精製度の血漿リポタンパク質分画を生理学的に許容される投与形態で含み得る。更に別の医薬品は、特定のヌクレオチド配列を単一又は多数コピーで含有するポリヌクレオチドに予め結合させた、特異的なDNA結合モチーフを単一又は多数コピーで含有する組換えアポリポタンパク質断片を含んだ、高精製度の血漿リポタンパク質分画を生理学的に許容される投与形態で含み得る。

0053

投与すべき用量は、治療する対象の体重及び健康状態、並びに投与経路及び治療頻度に大いに依存する。高精製度のリポタンパク質分画に予め結合させた裸の該ポリヌクレオチドを含む医薬組成物は、ポリヌクレオチド1μg〜1mg及びタンパク質1μg〜100mgの範囲の量で投与し得る。

0054

患者に対するrAb及びrAb複合体の投与は、ベクターの毒性が仮にあればそれを考慮して、化学療法剤を投与するための一般手順に従うことになろう。必要な場合、治療サイクルを繰り返すことになると予想される。各種の標準療法並びに外科的介入を、上記遺伝子療法と組み合わせて適用し得ることも想定される。

0055

遺伝子療法の臨床的適用を想定する場合、意図した適用に適当な医薬組成物として、該複合体を調製することが必要となろう。一般に、これには、発熱物質、並びに人間や動物に有害な恐れがある他の任意の不純物を本質的に含まない医薬組成物の調製が伴われよう。複合体を安定化させ、複合体の標的細胞による取込みを可能とするために、適当な塩及び緩衝剤を使用することも一般に望まれよう。

0056

本発明の水性組成物は、薬学的に許容される担体又は水性媒体中に溶解又は分散された有効量の化合物を含み得る。このような組成物は、接種液と呼ぶこともできる。医薬活性物質に対するこのような媒体及び作用剤の使用は、当技術分野で周知である。従来の任意の媒体又は作用剤が、活性成分と適合しない場合を除き、治療組成物におけるその使用が想定される。補助的な活性成分も、組成物中に取り込むことができる。本発明の組成物は、
古典的な医薬製剤を包含し得る。分散液は、グリセロール、液状ポリエチレングリコール及びそれらの混合物、並びに油中でも調製することができる。保存及び使用の通常の条件下で、これらの製剤は、微生物の増殖を防止するために防腐剤を含有している。

0057

疾患状態。治療する特定の疾患に応じて、本発明による治療組成物の投与は、最大の(又は、幾つかの症例では最小の)免疫応答を受ける部位へ抗原の送達量を最大化させるために、標的組織がその経路を介して利用できる限り、任意の経路を介することになろう。投与は、一般に、同所的な皮内、皮下、筋肉内、腹腔内又は静脈内の注射によるものとなろう。他の送達域には、経口、鼻腔、口腔、直腸、膣又は局所が挙げられる。局所投与は、皮膚癌の治療には特に有利となろう。このような組成物は、生理学的に許容される担体、緩衝剤又は他の賦形剤を含んだ、薬学的に許容される組成物として通常投与されよう。

0058

本発明のワクチン又は治療組成物は、非経口的に、例えば、皮下又は筋肉内いずれかの注射により投与し得る。他の投与方式に適した追加の製剤には、坐剤、及び一部の症例では、経口製剤、又はエアロゾルとしての分配に適した製剤が含まれる。経口製剤の場合、アジュバントを用いたT細胞サブセットの操作、抗原パッケージング、又は個々のサイトカインの各種製剤への添加により、免疫応答が最適化された改良型経口ワクチンを生じる。坐剤の場合、従来の結合剤及び担体には、例えば、ポリアルキレングリコール又はトリグリセリドを含み得る。このような坐剤は、活性成分を0.5%〜10%、好ましくは1%〜2%の範囲で含有する混合物から形成し得る。経口製剤は、例えば、各医薬等級マンニトールラクトース澱粉ステアリン酸マグネシウムサッカリンナトリウムセルロース炭酸マグネシウムなどの通常使用される賦形剤を含む。こうした組成物は、溶液、懸濁液、錠剤丸薬カプセル徐放製剤又は散剤の形態を取り、活性成分を10%〜95%、好ましくは25%〜70%含有する。

0059

本発明の抗原コード核酸は、中性又は塩形態としてワクチン又は治療組成物に製剤化し得る。薬学的に許容される塩には、酸付加塩(ペプチドの遊離アミノ基と形成される)が含まれ、それらは、例えば塩酸リン酸などの無機酸、又は酢酸蓚酸酒石酸マレイン酸などの有機酸で形成される。遊離カルボキシル基と形成される塩も、例えば、ナトリウムカリウム、アンモニウム、カルシウム又は第二鉄水酸化物などの無機塩基、及びイソプロピルアミントリメチルアミン、2−エチルアミノエタノール、ヒスチジンプロカインなどの有機塩基から誘導することができる。

0060

ワクチン又は治療組成物は、投与製剤に合致した様式、並びに予防的及び/又は治療的に有効と見込まれるような量で投与される。投与すべき量は、例えば、対象の免疫系の抗体合成能を含めた治療される対象、及び所望する防御又は治療の程度に依存する。適切な用量範囲は、約1mg〜300mgの範囲、好ましくは約10mg〜50mgの範囲などの約0.1mg〜1000mgの範囲のワクチン接種当たり、活性成分がほぼ数百μg程度である。初回投与及び追加抗原注射に対する適切な投与計画も変化し得るが、初回投与に続き後続の接種又は他の投与を行うのが代表的である。投与が必要な活性成分の厳密な量は、担当医の判断次第であり、対象毎に特異的な量となり得る。本発明の核酸分子又は融合ポリペプチドの有効量が、とりわけ、投与スケジュール、投与する抗原の単位用量、核酸分子又は融合ポリペプチドを他の治療剤と組み合わせて投与するか否か、受容者の免疫状態及び健康状態、並びに特定の核酸分子又は融合ポリペプチドの治療活性に依存すると見込まれることは、当業者には明らかであろう。

0061

該組成物は、単回用量スケジュール又は多回用量スケジュールで投与することができる。多回用量スケジュールは、ワクチン接種の一次クールが、例えば1〜10回の個別用量を含み、続いて免疫応答の維持及び/又は強化に必要なその後の間隔で、例えば第2用量に対して1〜4カ月に、必要であれば数カ月後にその後の用量(複数も)に対して、他の用
量を投与し得るスケジュールである。1〜5年、普通は3年の間隔での周期的な追加抗原注射が、防御免疫所望レベルを維持するために望ましい。免疫接種の期間後、末梢血リンパ球(PBL)をESAT6又はST−CFと共培養するインビトロ増殖アッセイ、及び抗原刺激を受けたリンパ球から放出されるIFN−γ量の測定を行うことができる。該アッセイは、放射性核種、酵素、蛍光標識などの従来の標識を用いて行い得る。こうした技法は、当業者に公知であり、関連部分が参照により組み込まれる米国特許第3791932号、第4174384号及び第3949064号の各明細書に見出すことができる。

0062

モジュール構成rAb担体、並びに/或いはコンジュゲートrAb担体−(コヘション/ドッケリン及び/又はドッケリン−コヘシン)−抗原複合体(rAb−DC/DC−抗原ワクチン)は、核酸ベクターが使用されるか否か、最終的な精製済みタンパク質又は最終的なワクチン形態が使用されるか否かに応じて、1又は複数の「単位用量」で与え得る。単位用量は、投与、即ち適当な経路及び治療計画に伴って所望の応答を生じると計算された、治療組成物の所定量を含有するものと定義される。投与すべき量、並びに特定の経路及び製剤は、臨床技術者の技術に含まれる。治療を受ける対象も、特に、対象の免疫系の状態及び所望の防御について評価を受け得る。単位用量は、単回注射として投与する必要はなく、設定した期間に亘る連続注入を包含し得る。本発明の単位用量は、DNA/kg(又はタンパク質/Kg)体重に換算して都合よく表現し得るが、DNA又はタンパク質/kg体重で約0.05、0.10、0.15、0.20、0.25、0.5、1、10、50、100、1000mg、又はそれより多量の間の範囲が投与される。同様に、rAb−DC/DC−抗原ワクチンの送達量は、約0.2〜約8.0mg/kg体重で変化することができる。したがって、特定の実施形態では、ワクチン0.4mg、0.5mg、0.8mg、1.0mg、1.5mg、2.0mg、2.5mg、3.0mg、4.0mg、5.0mg、5.5mg、6.0mg、6.5mg、7.0mg及び7.5mgをインビボで個体へ送達し得る。投与すべきrAb−DC/DC−抗原ワクチンの用量は、治療される対象の体重及び体調、並びに投与経路及び治療頻度に大いに左右される。リポソーム又はウイルス送達ベクターに予め結合した裸のポリヌクレオチドを含む医薬組成物は、ポリヌクレオチド1μg〜1mg乃至タンパク質1μg〜100mgの範囲の量で投与し得る。したがって、特定の組成物は、ポリヌクレオチド又はタンパク質約1μg、5μg、10μg、20μg、30μg、40μg、50μg、60μg、70μg、80μg、100μg、150μg、200μg、250μg、500μg、600μg、700μg、800μg、900μg又は1000μgの間を、ベクター1μg、5μg、10μg、20μg、3.0μg、40μg、50μg、60μg、70μg、80μg、100μg、150μg、200μg、250μg、500μg、600μg、700μg、800μg、900μg、1mg、1.5mg、5mg、10mg、20mg、30mg、40mg、50mg、60mg、70mg、80mg、90mg又は100mgに独立に結合した状態で含み得る。

0063

本発明は、Flu抗原の標的となった樹状細胞によるヒトFlu特異的T細胞の免疫刺激を測定するインビトロ細胞系で試験した。本明細書に示す結果は、この系でそれ自体は無効である抗原の用量における、このような抗原特異的細胞の特異的増殖を示している。

0064

本発明は、例えば、リシン、炭疽毒素及びブドウ球菌B型エンテロトキシン由来の防御抗原と複合した組換えヒト化mAb(ヒト樹状細胞の特異的受容体へ導かれる)である、モジュール構成rAb担体を作製するためにも使用し得る。この構成体の潜在的市場は、全人のワクチン接種、及びこうした作用剤に関わる任意の生物脅威に応じて大きな人口中核へ投与するために蓄えられる貯蔵ワクチンである。本発明は、人間、動物双方で使用するためのワクチン一般の設計に対して、広い用途を有する。所望の産業には、製薬産業及び生物工学産業が含まれる。

0065

本発明は、抗原に対する効力ある広範な免疫応答を誘発するために、抗原を抗原提示細胞(APC)に特異的に差し向ける(送達する)組成物及び方法を、ワクチンを含めて包含する。こうした組成物は、抗原が由来した作用剤(病原体又は癌)に対する防御的又は治療的な免疫応答を誘発する。それに加え、本発明は、抗原提示細胞上に発現したDC−ASGPRと呼ばれる受容体への特異的な会合を介して、直接的に又は他の作用剤と協調して、治療性を示す作用剤も創出する。

0066

デクチン−1(CLEC7A;(Brown, G. D. 2006. Dectin-1: a signalling non-TLR pattern-recognition receptor. Nat Rev Immunol 6:33-43))は、当初、T細胞共刺激
能を有する(N. Kanazawaet al., J Biol Chem 278 (2003), pp.32645-32652)樹状細胞
(DC)特異的な分子として報告されたが、後にその発現は、単球、マクロファージ及び好中球ではより強く、T細胞のあるサブセットでは弱く、人間ではB細胞及び好酸球において見出された。最も重要なことには、デクチン−1は、主要非オプソニン受容体として真菌β−グルカンを認識し、β−グルカンの生物作用にとって肝要であると判定された(Brown, G. D. 2006. Dectin-1: a signalling non-TLR pattern-recognition receptor. Nat Rev Immunol 6:33-43)。マクロファージ上でのデクチン−1の発現は、IL−4及
びIL−13により上方調節され、LPS並びにIL−10及びデキサメタゾンにより下方調節される。デクチン−1は、その細胞質領域中に独特なことにITAMを含有し、アダプター分子の非存在下で活性化受容体として実際に働く。ITAMの構造も独特である。YxxL/I(チロシン−任意−任意−ロイシン又はイソロイシン)(S. J. van Vlieut et al., Int Immunol 17 (2005), pp.661-669)の繰返し2つを含有するコンセンサス配列と比較して、第1のチロシンと、それぞれマウス又はヒトのデクチン−1において次のロイシン又はイソロイシン(YxxxL/I)との間に、3個のアミノ酸残基が挿入されている。実際には、Sykの補充、及び食作用の誘発、反応性酸素種(ROS)の産生、核因子(NF)−κBが媒介するサイトカイン産生などのデクチン−1の各種活性化作用にとって、第2のチロシンだけのリン酸化で十分であると報告された。しかし、Sykは、ある種の細胞型(マクロファージ又はDC)におけるこうした作用の幾つかだけに必要とされた。それに加え、こうした作用の幾つかは、MyD88媒介TLRシグナル伝達との協力を必要とした。注目すべきことに、DC中のデクチン−1シグナルは、Syk依存的にIL−10の産生も誘発した。興味深いことに、β−グルカンは、幾つかの特定の条件下だけに酵母細胞表面上に露出し、デクチン−1シグナルの喪失は、一部の真菌が宿主免疫監視系を逃れる訳を説明し得ると思われる(S. E. Heinsbrock et al., TrendsImmunol 26 (2005), pp.352-354)。それに加え、デクチン−1媒介シグナルは、遺伝素
のある(ZAP−70変異)SKGマウスにおいて自己免疫性関節炎の誘発を促進すると報告された(H. Yoshitomi et al., J Exp Med 201 (2005), pp.949-960)。カンジダ抗
原が、各種の自己免疫疾患モデルの誘発に広く使用されてきた(E. C. Keystone et al.,
Arthritis Rheum 20 (1977), pp.1396-1401)ことを考慮すると、デクチン−1は、自己寛容破壊において役割を演じ得る。しかし、デクチン−2(E. P. McGeal, M. Rosas, G. D. Brown, S. Zamze, S. Y. Wong and S. Gordon et al., Glycobiology 16 (2006), pp.422-430)と同様な、調節T細胞との考え得るその結合は、未だ解明されていない。

0067

DCはタンパク質抗原を交差提示することができる(Rock KL Immunol Rev. 2005 Oct;207:166-83)。インビボで、DCは、多くの受容体により抗原を取り込み、クラスI及びII両方の抗原を提示する。これに関しては、パターン認識受容体としてのDCレクチンが、抗原の効率的取込み並びに抗原の交差提示に寄与する。

0068

本発明は、抗ヒトデクチン−1モノクローナル抗体(mAb)の開発、特性決定及び使用を包含し、抗デクチン−1 mAb及びその代替物の見込みある治療用途の発見に繋がる
生物機能を特徴付けた。本発明の開示は、デクチン−1を保持する細胞を活性化することができる独特な作用剤を開発する手段、並びにこうしたシグナルを受ける際に起こる細胞
の変化が、免疫系の他の細胞に対する作用に関して示す効果を明らかにする。こうした効果(単独、又は他のシグナル(即ち、共刺激)との協調のいずれかで)は、ある種の疾患状態に対する治療結果を高度に予測し、又はワクチン接種に関わる防御結果を増強するためになる。

0069

材料及び方法
抗体及び四量体:イソタイプ対照Abを含め、DC及びB細胞を表面染色する抗体(Ab)は、BD Biosciences(CA)から購入した。ELISA用Abは、Bethyl(TX)から購入した。抗BLyS抗体及び抗APRIL抗体は、PeproTech(NJ)から得た。四量体のH
LA−A*0201−GILGFVFTL(Flu M1)及びHLA−A*0201−
ELAGIGILTV(Mart−1)は、Beckman Coulter(CA)から購入した。

0070

細胞及び培養物:健常ドナーの単球(1×106個/ml)を、GM−CSF(100ng/ml)及びIL−4(50ng/ml)(R & D, CA)を含有するCellgenics(フラ
ンス)培地中で培養した。3日目及び6日目のために、DC、同量の各サイトカインをそれぞれ1日目及び3日目に培地中に補給した。B細胞はネガティブ単離キット(BD)で精製した。CD4及びCD8 T細胞は、抗CD4又はCD8抗体(Milteniy, CA)で被覆
した磁気ビーズで精製した。PBMCは、密度勾配遠心分離によりPercoll(商標)勾配
(GE Healthcare UK Ltd, Buckinghamshire, UK)を用いて軟膜から単離された。DC活
性化のために、1×105個のDCをmAb被覆96ウェルプレート中で16〜18時間培養した。炭酸塩緩衝液pH9.4中のmAb(1〜2μg/ウェル)を少なくとも3時間、37℃でインキュベートした。培養上清を採集し、サイトカイン/ケモカインをLuminex(Biorad, CA)で測定した。遺伝子分析のために、DCをmAbで被覆したプレート
中で8時間培養した。幾つかの研究では、可溶性のCD40L(R & D, CA)50ng/
ml又はCpG(InVivogen, CA)50nMを培養物中に添加した。DC及びB細胞の共
培養では、10%FCS及び抗体(Biosource, CA)入りのRPMI1640に再浮遊し
た5×103個のDCを、mAbで被覆したプレート中で少なくとも6時間先ず培養し、次いでCFSE(Molecular Probes, OR)で標識した精製自己B細胞1×105個を添加した。幾つかの研究では、DCに熱不活化インフルエンザウイルス(A/PR/8H1N1)を5モイ感染多重度)、2時間でパルス接種した後、B細胞と混合した。DC及びT細胞の共培養では、5×103個のDCを、1×105個の精製自己CD8 T細胞又
は混合同種T細胞と共に培養した。同種T細胞には、インキュベーションの最後18時間に1μCi/ウェルの3[H]−チミジンパルス投与した後、cpmγ線カウンター(Wallac, MN)で測定した。5×105個のPBMC/ウェルを、mAbで被覆したプレート中で培養した。Mart−1及びFlu M1特異的CD8 T細胞の頻度は、それぞれ培養の10日目及び7日目に抗CD8抗体及び四量体で細胞を染色することにより、測定した。Mart−1ペプチド(ELAGIGILTV)10μM、及びMart−1ペプチドを含有する組換えタンパク質(下記を参照)20nMを、DC及びCD8 T細胞
培養物に添加した。精製組換えFlu M1タンパク質(下記を参照)20nMをPBM
C培養物に添加した。

0071

モノクローナル抗体:マウスmAbを従来技術により生成した。手短に言うと、6週齢のBALB/cマウスを、受容体外部ドメイン.hIgGFc融合タンパク質20μgでRibiアジュバントと共に腹腔内で免疫した後、10日後及び15日後に抗原20μgで追加免疫する。3カ月後に、マウスを再び追加免疫した後、脾臓を取り出した。代替として、マウスの足蹠に、Ribiアジュバント中の抗原1〜10μgを30〜40日の期間に亘り3〜4日毎に注射した。最終の追加免疫から3〜4日後、流入領域リンパ節を採集した。脾臓のB細胞又はリンパ節細胞をSP2/O−Ag 14細胞と融合した。ハイブ
ドーマ上清スクリーニングによって、受容体外部ドメイン融合タンパク質に対するAbを、その融合相手単独、又はアルカリホスファターゼに融合した受容体外部ドメインと
比較して分析した(Bates, E. E., N. Fournier, E. Garcia, J. Valladeau, I. Durand,
J. J. Pin, S. M. Zurawski, S. Patel, J. S. Abrams, S. Lebecque, P. Garrone, and
S. Saeland. 1999.APCs express DCIR, a novel C-type lectin surface receptor containing an immunoreceptor tyrosine-based inhibitory motif. J Immunol 163:1973-1983)。次いで、全長受容体cDNAをコードする発現プラスミド一過性トランスフェクトした293F細胞を用いたFACSにおいて、陽性ウェルをスクリーニングした。選択したハイブリドーマに単細胞クローニングを行い、CELLineフラスコ(Integra, CA)中で増殖させた。ハイブリドーマ上清を1.5Mグリシン、3M NaCl、1×PBS、
pH7.8の同容量と混合し、それをMabSelect樹脂と共に回転させた。その樹脂を結合
緩衝液で洗浄し、0.1Mグリシン、pH2.7で溶出した。2Mトリスで中和後、mAbをPBSに対して透析した。

0072

ELISA:IgM、IgG及びIgAの総量、並びにフル(flu)特異的免疫グロブリ
ン(Ig)を測定するために、サンドイッチELISAを行った。既知量のIgを含有する標準ヒト血清(Bethyl)及びヒトAB血清を、それぞれ総Ig及びフル特異的Igの標準として使用した。試料中のフル特異的Ab力価(単位)は、同一の光学密度を示すAB血清の希釈倍率と定義した。BAFF及びBLySの量は、ELISAキット(Bender MedSystem, CA)で測定した。

0073

RNAの精製及び遺伝子分析:総RNAは、RNeasyカラム(Qiagen)で抽出し、2100 Bioanalyzer(Agilent)で分析した。ビオチン標識cRNA標的は、Illumina totalprep標
識キット(Ambion)を用いて調製し、Sentrix Human6 BeadChip(46K転写物)とハイ
ブリッドを形成させた。これらのマイクロアレイは、シリコンウェーハの表面にエッチングしたマイクロウェル中に留置した、3μmビーズに結合した50量体オリゴヌクレオチドプローブからなる。ストレプトアビジン−Cy3で染色後、Illuminaにより製造されたサブミクロン分解能スキャナー(Beadstation 500X)を用いてアレイ表面を結像させる。遺伝子発現分析用ソフトウェアプログラムのGeneSpring, Version 7.1(Agilent)を用いてデータ解析を行った。

0074

組換えFlu M1及びMART−1タンパク質の発現及び精製:開始コドンに対して遠
位にあるNhe I部位、及び終止コドンに対して遠位にあるNot I部位を取り込みながら、PCRを用いてInfluenza A/Puerto Rico/8/34/Mount Sinai(H1N1)M1遺伝子のORFを増幅させた。切断したその断片をpET28b(+)(Novagen)中にクローニングする際に、M1 ORFをHis6タグとインフレームに配置し、したがってHis.Flu M1タンパク質をコードした。Nco I及びNhe I部位の間に挿入した、C.サーモセラム(C. thermocellum)由来のN末端169残基のコヘシンドメインをコードするpET28b(+)誘導体(未公表)は、Coh.Hisを発現した。コヘシン−Flex−hMART−1−ペプチドA−Hisを発現させるために、上記ベクターのNhe I及びXho I部位の間に、配列GACACCACCGAGGCCCGCCACCCCCACCCCCCCGTGACCACCCCCACCACCACCGACCGGAAGGGCACCACCGCCGAGGAGCTGGCCGGCATCGGCATCCTGACCGTGATCCTGGGCGGCAAGCGGACCAACAACAGCACCCCCACCAAGGGCGAATTCTGCAGATATCCATCACACTGGCGGCCG(配列番号1)(DTTEARHPHPPVTTPTTDRKGTTAEELAGIGILTVILGGKRTNNSTPTKGEFCRYPSHWRP(配列番号2)をコードし、陰影付き残基は免疫支配的なHLA−
A2制限ペプチドであり、そのペプチドを囲む下線付き残基はMART−1由来である)を挿入した。該タンパク質は、カナマイシン耐性(40μg/ml)により選択し、IPTG120mg/Lを添加した対数増殖期中期まで200回/分で振とうすることにより、LB中37℃で増殖させた大腸菌(E. coli)BL21株(DE3)(Novagen)又はT7 Express株(NEB)中に発現させた。3時間後、細胞を遠心分離により採集し、−80℃で保存した。各1Lの発酵で得た大腸菌細胞を、プロテアーゼ阻害剤Cocktail II(Calbiochem, CA)0.1ml入りの氷冷した50mMトリス、1mMEDTApH8.0(バッファ
ーB)30ml中に再浮遊させた。その細胞を設定18(Fisher Sonic Dismembrator 60
)で休止期間5分を入れて、上2×5分超音波処理し、次いで17000rpmで4℃、20分間遠心した(Sorvall SA-600)。His.Flu M1精製のために、細胞溶解
上清50ml分画をQ Sepharoseビーズ5ml中に通し、160mMトリス、40mMイ
ミダゾール、4M NaCl pH7.9の6.25mlをQ Sepharoseに添加して、流し
通した。この液を、Ni++を投入した5mlのHiTrapキレートHPカラム上へ4ml/分で添加した。カラム結合タンパク質を20mM NaPO4、300mM NaCl p
H7.6(バッファーD)で洗浄した後、100mM H3COONa pH4.0でもう1回洗浄した。結合タンパク質を100mM H3COONa pH4.0で溶出した。ピーク分画をプールし、100mM H3COONa pH5.5で平衡化した5mlのHiTrap Sカラム上へ4ml/分で添加し、平衡緩衝液で洗浄後、50mM NaPO4 pH5.5中の勾配0〜1M NaClで溶出した。約500mM NaClで溶出するピーク分画をプールした。Coh.Flu M1.His精製のために、培養物2Lの細胞を上記
のように溶解した。遠心分離後、2.5mlのTriton X114を上清へ添加し、氷上で5分
間インキュベーションを行った。25℃で5分間更にインキュベーションした後、25℃での遠心分離後、上清をTriton X114から分離した。この抽出を繰り返し、上清をQ Sepharoseビーズ5ml中に通し、160mMトリス、40mMイミダゾール、4M NaCl pH7.9の6.25mlをQ Sepharoseに添加して、流し通した。次いで、そのタンパ
ク質を上記のようにNi++キレートクロマトグラフィーで精製し、バッファーD中の0〜500mMイミダゾールで溶出した。

0075

抗デクチン−1 mAb:本発明は、治療又は防御製品の望ましい成分(例えば、ヒト化
組換え抗体に関して)である抗LOX−1モノクローナル抗体に対応する、以下に示す特定のアミノ酸配列を包含する。以下の配列は、マウスV領域(下線)−ヒトC領域太字)の組換えキメラ抗体に関するそのような配列である。これらのマウスV領域は、熟練した当業者なら誰にも容易に「ヒト化」することができる、即ち、そのLOX−1結合領域は、ヒトのV領域枠組み構造配列上にグラフトすることができる。更に、該配列は、抗体機能性を保持しているが、所望の治療用途のために、例えば抗原、サイトカイン又は毒素を付加している融合タンパク質に関しても、発現することができる。

0076

0077

該V領域配列及び関連配列は、例えば、デクチン−1に対する親和性を高めるために、当業者によって改変し、及び/又は、抗原提示細胞上でデクチン−1に結合できるタンパク質形態の発現を指示するために、発現ベクター中に操作・作製されるようにヒトV領域枠組み配列に組み込むことができる。更に、本発明に開示される(又は、本明細書に開示される独特な生物学のための同様な方法及びを用いて誘導される)その他のmAbは、同様な手段を介して(始めに、マウスハイブリドーマV領域のPCRクローニング及び配列決定を介して)、同様な組換え抗体(rAb)をコードする発現構築物にすることができる。このような抗デクチン−1 V領域は、治療用rAbの潜在的な免疫反応性を最小限
とするように、熟練した当業者により更に「ヒト化」することができる(即ち、マウス特異的結合配列をヒトV領域枠組み構造配列上にグラフトすることができる)。

0078

作製した組換え抗デクチン−1組換え抗体−抗原融合タンパク質(rAb.抗原)は、インビトロで有効な試作ワクチンであり、発現ベクターは、例えばH鎖コード配列にインフレームで融合した、多様なタンパク質コード配列構築することができる。例えば、インフルエンザHA5、インフルエンザM1、HIVgag若しくは癌抗原由来の免疫支配
的ペプチドなどの抗原、又はサイトカインは、rAb.抗原又はrAb.サイトカインの融合タンパク質として後に発現できるが、こうしたものは、本発明に関しては、抗デクチン−1 V領域配列の使用により、デクチン−1を保持する抗原提示細胞へ抗原又はサイ
トカイン(又は毒素)を直接連れ込むことから得られる有用性をもつことができる。これにより、受容体の活性化を時々伴う、例えば抗原の細胞内取込み、及び治療又は防御作用のそれに続く開始(例えば、有効な免疫応答の開始、又は標的細胞の殺滅を介して)が可能となる。この概念に基づく例示的な試作ワクチンは、マウスmAb H鎖V領域(下線
)−ヒトIgG4C領域(太字)−Flu HA1−1(イタリック)融合タンパク質の合成を指示する、rAB−pIRES2[m抗デクチン_1_11B6.4_H−LV−hIgG4H−C−Flex−FluHA1−1−6xHis]などのH鎖ベクターを使用することができよう。類似の軽鎖発現プラスミド(上記に示す配列をコードする)と同時発現すると、これは、デクチン−1に結合し、細胞表面へFlu HA1−1抗原を送
達することにより、DCの活性化、抗原の細胞内取込み、抗原のプロセシング、抗原の提示、並びに特異的な抗Flu HA1−1性B及びT細胞の馴化及び増殖を起こす、多機
能組換え抗体(rAb)を産生する。FluHA5−1、HIVウイルスgag p24
及びPSA(前立腺特異的抗原)に対する融合物を有する同様なH鎖構築物も、以下のように示される。

0079

0080

同様に、下記に示すrAB−pIRES2[m抗デクチン_1_11B6.4_H−LV−hIgG4H−C−ドッケリン]は、ドッケリンと融合した抗デクチン−1H鎖(下
記に示す配列)をコードする。ドッケリンは、コヘシン−抗原(coh.抗原)融合タンパク質との強力で特異的な非共有結合性相互作用を可能にし、したがってDC及び他の抗原提示細胞へ抗原を送達する代替手段を提供する。

0081

0082

組換え抗体(rAb)及びrAb.抗原のクローニング及び発現に関する方法
マウス/ヒトキメラmAbのcDNAクローニング及び発現:総RNAをハイブリドーマ細胞(RNeasy kit, Qiagen)から調製し、cDNA合成、並びに受給5’プライマー及び遺伝子特異的3’プライマー
(mIgGκ、5'ggatggtgggaagatggatacagttggtgcagcatc3'(配列番号14)、
mIgGλ、5'ctaggaacagtcagcacgggacaaactcttctccacagtgtgaccttc3'(配列番号15)、
mIgG1、5'gtcactggctcagggaaatagcccttgaccaggcatc3'(配列番号16)、
mIgG2a、5'ccaggcatcctagagtcaccgaggagccagt3'(配列番号17)、及び
mIgG2b、5'ggtgctggaggggacagtcactgagctgctcatagtgt3'(配列番号18))
を用いたPCR(SMARTRACE kit, BD Biosciences)のために使用した。

0083

PCR産物をクローニング(pCR2.1 TA kit, Invitrogen)し、DNAの配列決定で特徴
付けた。マウスH及びL鎖V領域のcDNAに対する誘導配列を用いて、特異的プライマーの使用により、下流のヒトIgGκ又はIgG4H領域をコードする発現ベクター中にクローニングするための隣接制限酵素部位を取り込みながら、シグナルペプチド及びV領域のPCR増幅を行った。キメラmVκ−hIgκの発現用ベクターは、Xho I及びNot I部位に挟まれた401〜731残基(gi|63101937|)を増幅し、pIRES2-DsRed2(BD Biosciences)のXho I−Not I間隔中にこれを挿入することにより、構築した。
PCRを用いて開始コドンからmAb Vk領域を増幅し、Nhe I又はSpe I部位、次いでCACCを(例えば、gi|76779294|の126残基)をコードする領域に付け足し
、Xho I部位を付け足した。次いで、そのPCR断片を上記ベクターのNhe I−Not I間隔
中にクローニングした。mSLAMリーダー配列を用いたキメラmVκ−hIgκ用ベクターは、配列5'ctagttgctggctaatggaccccaaaggctccctttcctggagaatacttctgtttctctccctggcttttgagttgtcgtacggattaattaagggcccactcgag3'(配列番号19)を上記ベクターのNhe I−Xho I間隔中に挿入することにより、構築した。PCRを用いて、予測される成熟N末
コドン(SignalP3.0 Serverを用いて確定した)(Bendtsen, J. D., H. Nielsen, G. von Heijne, and S. Brunak. 2004. Improved prediction of signal peptides: SignalP 3.0. J Mol Biol 340:783-795)とmVκ領域の末端(上記で確定したもの)との間隔を
、5'tcgtacgga3'を付け足しながら増幅した。Bsi WI及びXho Iで切断した断片を上記ベクターの対応部位中に挿入した。対照hIgκ配列は、gi|49257887|の26〜85残基及びgi|21669402|の67〜709残基に対応する。対照hIgG4Hベクターは、ジスルフィド結合を安定化し、残存FcR結合性廃棄した(Reddy, M. P., C. A. Kinney, M. A. Chaikin, A. Payne, J. Fishman-Lobell, P. Tsui, P. R. Dal
Monte, M. L. Doyle, M. R. Brigham-Burke, D. Anderson, M. Reff, R. Newman, N. Hanna, R. W. Sweet, and A. Truneh. 2000. Elimination of Fc receptor-dependent effector functions of a modified IgG4 monoclonal antibody to human CD4. J Immunol 164:1925-1933)S229P及びL236Eの置換を有する、gi|19684072|の
12〜1473残基であって、pIRES−DsRed2ベクターのBg1 II及びNot I部
位の間に、終止コドンの代わりに配列5'gctagctgattaattaa3'(配列番号20)を付加し
ながら挿入したものに対応する。PCRを用いて開始コドンからmAb VH領域を増幅
し、gi|19684072|の473残基をコードする領域にCACCを、次いでBg1 II部位を付け足した。次いで、PCR断片を上記ベクターのBg1 II−Apa I間隔中にクロー
ングした。mSLAMリーダー配列を用いたキメラmVH−hIgG4用ベクターは、配列5'ctagttgctggctaatggaccccaaaggctccctttcctggagaatacttctgtttctctccctggcttttgagttgtcgtacggattaattaagggccc3'(配列番号22)を上記ベクターのNhe I−Apa I間隔中に挿入することにより、構築した。PCRを用いて、予測される成熟N末端コドンとmVH領域の末端との間隔を、5'tcgtacgga3'を付け足しながら増幅した。Bsi WI及びApa Iで切断した断片を上記ベクターの対応部位中に挿入した。補遺2は、本研究に用いた各種のmVκ及びmVH領域のヌクレオチド配列を詳述している。

0084

近位Nhe I部位及び遠位Not I部位に挟まれ、終止コドンに続く各種の抗原コード配列を、H鎖ベクターのNhe I−Pac I−Not I間隔中に挿入した。FluHA1−1は、近位配列5'gctagcgatacaacagaacctgcaacacctacaacacctgtaacaa3'(配列番号23)(cipAコヘシン−コヘシンリンカー残基をコードする配列が後続するNhe I部位)、並びに遠位配列5'caccatcaccatcaccattgagcggccgc3'(配列番号24)(His6、終止コドン及びNot I
部位をコードする)を有する、A型インフルエンザウイルス(A/Puerto Rico/8/34(H1N1))ヘマグルチニンgi|21693168|の82〜1025残基(C982Tの変換あり)によりコードされていた。Flu HA5−1は、Flu HA1−1と同じ各配列が結合した、gi|50296052|A型インフルエンザウイルス(A/Viet Nam/1203/2004(H5N1))のヘマグルチニンの49〜990残基によりコードされていた。Docは、近位Nhe I及び遠位Not I部位を有するgi|40671|celDの1923〜2150残基によりコードされていた。PSAは、近位配列5'gctagcgatacaacagaacctgcaacacctacaacacctgtaacaacaccgacaacaacacttctagcgc3'(配列番号25)(Nhe I部位及びcipAス
ペーサー)、並びに遠位Not I部位を有する、前立腺特異的抗原gi|34784812
|の101〜832残基によりコードされていた。Flu M1−PEPは、5'gctagccccattctgagccccctgaccaaaggcattctgggctttgtgtttaccctgaccgtgcccagcgaacgcaagggtatacttggattcgttttcacacttacttaagcggccgc3'(配列番号26)によりコードされていた。これ及び他の全てのペプチドコード配列は、Nhe I及びNot I制限H鎖ベクター、又はNhe I−Xho I制限Coh.Hisベクター中へのクローニングに末端が適合する、相補的な合成DNA断片の混合物を介して創製された。制限酵素部位を組み込む必要がある場合、又はCipAスペーサー配列中を除いて、好ましいヒトコドンを常に使用した。

0085

rAb発現構築物の産生量は、L鎖及びH鎖構築物を各々約2.5μg並びに上記の手順を用いた、一過性トランスフェクション体5ml中で試験した。上清は、抗hIgG抗体ELISA(AffiniPureヤギ抗ヒトIgG(H+L)、Jackson ImmunoResearch)で分析した。この手順の試験では、分泌rAbの産生量は、H鎖及びL鎖ベクター濃度に対して、各DNA濃度の約2倍範囲に亘り依存性がなかった(即ち、この系はDNA飽和をしていた)。

0086

新規な抗デクチン−1モノクローナル抗体(mAb)は、抗原提示細胞上に見出されるこの細胞表面受容体に関連するこれまで未知の生物学を明らかにするために、開発され、使用された。この新規な生物学は、多様な治療及び防御用途のために、この受容体を活性化する抗デクチン−1抗体作用剤の応用を高度に予測する。以下に提示するデータは、当初
の予測を強く支持し、この場での発見を臨床的応用に変換する道筋を示した。

0087

ヒトデクチン−1に対する高親和性モノクローナル抗体の開発:受容体外部ドメイン.hIgG(ヒトIgG1Fc)及びAP(ヒト胎盤アルカリホスファターゼ)の融合タンパク質を、それぞれマウスの免疫及びmAbのスクリーニングのために生成した。DCIR外部ドメイン.IgGのための発現構築物は、以前に記載されており(Bates, E. E., N.
Fournier, E. Garcia, J. Valladeau, I. Durand, J. J. Pin, S. M. Zurawski, S. Patel, J. S. Abrams, S. Lebecque, P. Garrone, and S. Saeland. 1999.APCs express DCIR, a novel C-type lectin surface receptor containing an immunoreceptor tyrosine-based inhibitory motif. J Immunol 163:1973-1983)、マウスSLAM(mSLAM)シグナルペプチドを用いて分泌を誘導した(Bendtsen, J. D., H. Nielsen, G. von Heijne, and S. Brunak. 2004. Improved prediction of signal peptides: SignalP 3.0. J Mol Biol 340:783-795)。DCIR外部ドメイン.APのための発現構築物も、APの133〜1581残基(gb|BC009647|)を増幅すると同時に、近位のインフレームXho I部位、並びに遠位のTGA終止コドン及びNot I部位を付加するために、PCRを用いて生成した。このXho I−Not I断片は、上記のDCIR外部ドメイン.IgGベクターにおけるIgGコード配列を置き換えた。同じIg及びAPベクターシリーズ中のデクチン−1外部ドメイン構築物は、(bp397〜603、gi|88999591|をコードする挿入配列を含有していた。デクチン−1融合タンパク質は、FreeStyle(商標
)293 Expression System(Invitrogen)を用い、製造業者手順書トランスフェクシ
ョン1L当たり総プラスミドDNA1mgを293 Fectin試薬1.3mlと共用)に従って生成した。rAb産生のために、H及びL鎖をコードするベクターを同量、同時にトランスフェクトした。トランスフェクト済み細胞を3日間培養し、培養上清を採集し、新鮮培地を添加してインキュベーションを2日間継続した。プールした上清はろ過により清澄化した。受容体外部ドメイン.hIgGは、HiTrapプロテインAアフィニティクロマトグラフイーにより、0.1Mグリシン、pH2.7による溶出を用いて精製し、次いでPBSに対して透析した。rAb(後述する組換え抗体)は、HiTrap MabSelect(商標)カラムを使用して同様に精製した。マウスmAbは、従来の細胞融合技術によって生成した。手短に言うと、6週齢のマウスの腹腔内に、受容体外部ドメイン.hIgGFc融合タンパク質20μgをRibiアジュバントと共に免疫接種し、次いで10日後及び15日後に抗原20μgで追加免疫した。3カ月後、マウスを再度追加免疫してから3日後に脾臓を取り出した。代替として、マウスの足蹠に、Ribiアジュバント中の抗原1〜10μgを30〜40日の期間に亘り3〜4日毎に注射した。最終の追加免疫から3〜4日後、流入領域リンパ節を採集した。脾臓のB細胞又はリンパ節細胞をSP2/O−Ag 14細
胞(Shulman, M., C. D. Wilde, G. Kohler, M. J. Shulman, N. S. Rees, D. Atefi, J.
T. Horney, S. B. Eaton, W. Whaley, J. T. Galambos, H. Hengartner, L. R. Shapiro, and L. Zemek. 1978. A better cell line for making hybridomas secreting specific antibodies. Nature 276:269-270)と従来技法を用いて融合した。ELISAを用いて、当該融合相手単独と比較して、又はアルカリホスファターゼに融合した受容体外部ドメインに比して、受容体外部ドメイン融合タンパク質に対するハイブリドーマ上清をスクリーニングした(Bates, E. E., N. Fournier, E. Garcia, J. Valladeau, I. Durand, J. J. Pin, S. M. Zurawski, S. Patel, J. S. Abrams, S. Lebecque, P. Garrone, and S. Saeland. 1999. APCs express DCIR, a novel C-type lectin surface receptor containing an immunoreceptor tyrosine-based inhibitory motif. J Immunol 163:1973-1983)。次いで、全長受容体cDNAをコードする発現プラスミドを一過性にトランスフェクトした293F細胞を用いたFACSにおいて、陽性のウェルをスクリーニングした。選択したハイブリドーマに単細胞クローニングを行い、無血清培地適応させ、CELLineフラ
スコ(Integra)中で増殖させた。ハイブリドーマ上清を1.5Mグリシン、3M NaCl、1×PBS、pH7.8の同容量と混合し、それをMabSelect樹脂と共に回転させた
。その樹脂を結合緩衝液で洗浄し、0.1Mグリシン、pH2.7で溶出した。2Mトリ
スで中和後、mAbをPBSに対して透析した。

0088

精製抗デクチン−1モノクローナル抗体の直接ELISAによる特性決定。ELISAによる数種の抗デクチン−1mAbの相対的親和性(即ち、デクチン−1.Igタンパク質をマイクロタイタープレート表面上に固定化し、デクチン−1.Igに対する結合能抗マウスIgG.HRPコンジュゲート試薬で検出した場合)について用量滴定系列において、該抗体を試験する)。各パネルは、(左)デクチン−1.Igタンパク質に対するmAb反応性、及び(右)hIgGFcタンパク質に対するmAb反応性である。該パネルから、抗デクチン−1 mAbがデクチン−1に特異的に反応することが示される。結合
の変化は、様々な抗体について認められた。

0089

インビボのDC及びインビトロ培養のDCは共にデクチン−1を発現する:図1A及び1Bは、健常ドナーのPBMC上におけるデクチン−1の発現量を示す。下記の図1Aに示すように、CD11c+DC、CD14+単球、及びCD19+B細胞を含めた抗原提示細胞は、デクチン−1を発現する。CD3+T細胞は、検知し得る表面デクチン−1を発現しない。インビトロ培養のDC、IFNDC及びIL−4DC上のデクチン−11の発現量が、図1bに示されている。IL−4及びINFDCは共に、この研究で作製した以上3種の抗デクチン−1抗体で染色した。

0090

インビボ及びインビトロ両培養のDCはデクチン−1を発現する。図1A.健常ドナーのPBMCを、抗デクチン−1mAbと共に抗CD11c、CD14、CD19及びCD3抗体で染色した。個々の抗体で染色した細胞は、デクチン−1の発現量を測定するためにゲート選別した。図1B.健常ドナーの単球は、GM−CSFの存在下でIL−4(IL−4DC)又はIFNa(IFNDC)と共に培養し、細胞を抗デクチン−1mAbで染色した。細胞は、対照抗体及びFITCで標識したヤギ抗マウス抗体でも染色した。

0091

DC上のデクチン−1の発現量は、TLRリガンド及びサイトカインで調節される:DC表面分子の発現量は、様々な刺激因子で調節することができる。デクチン−1の発現がDCの活性化により制御されるか否かを確かめるために、IL−4DCをTLRリガンド及びサイトカインで刺激した。図2のデータは、TLR4リガンド(大腸菌のLPS)がデクチン−1の発現量を低下させたが、IL−10は、IL−4DC上のデクチン−1の発現を若干増強した。繰返し試験において、IL−15はデクチン−1を若干下方調節した。IFNa及びTLR3リガンドを含む他の刺激因子は、IL−4DC上のデクチン−1の発現量を変化させなかった。

0092

図2.インビトロ培養のIL−4DCを、CD40L(50ng/ml)、TLR2リガンド(100ng/ml)、TLR3リガンド(100nM)、TLR4リガンド(20ng/ml)、IL−10(20ng/ml)、IL−15(100ng/ml)、IFNa(500U/ml)及びIL−4(50ng/ml)の存在下で24時間培養した。細胞を抗デクチン−1又は対照mAbで染色した。点線は、イソタイプ対照抗体で染色した細胞を示す。灰色及び白抜きのヒストグラムは、それぞれ刺激因子なし及び刺激因子入りの培地中で培養した細胞を表す。

0093

デクチン−1を介したシグナル伝達は、DCを刺激してサイトカイン及びケモカインを産生する:樹状細胞は、活性化に応じて免疫応答の結果、誘発又は耐容のいずれかを決定する、一次免疫細胞である(Banchereau, J., F. Briere, C. Caux, J. Davoust, S. Lebecque, Y. J. Liu, B. Pulendran, and K. Palucka. 2000. Immunobiology of dendritic cells. Annu Rev Immunol 18:767-811)。ヒトDCの活性化におけるデクチン−1の役割
は、十分には研究されていなかった。マウス抗hデクチン−1 mAbを産生するハイブ
リドーマクローンを8種生成し、個々のmAbがDCを活性化するか否かを、DCから分
泌されるサイトカイン及びケモカインの測定により試験した。図3のデータは、特にPAB47及びPAB49が、DCを活性化することにより、有意量のIL−6、IL−8、IL−10、IL−12p40、IP−10及びMIP−1aを産生できたことを示す。PAB187は、DCを活性化することが知られている抗CD40 mAbである。PA
B85は対照抗体である。

0094

図3は、抗デクチン−1 mAbがDCを活性化することを示す。1×105個/200
μlのIFNDCを、異なるクローンのmAbで被覆したプレート中で18時間培養した。培養上清を分析して、Luminexによりサイトカイン及びケモカインを測定した。

0095

図4は、デクチン−1を介したシグナル伝達が、IL−4DC、IFNDC双方を活性化できることを示す。IFNDCの場合、抗デクチン−1 mAbがDCを刺激して、有意
な増加量のCD86、CD83、CD80及びHLA−DRを発現する(図4A)。抗デクチン−1 mAbは、IL−4DCも活性化して、増加量のCD86、CD80及びH
LA−DRを発現した(図4B)。

0096

デクチン−1を介したシグナル伝達は、TLRを介したシグナル伝達を増強する:デクチン−1を介したシグナルは、TLRを介したシグナルと相乗的に作用して、DCの活性化を増強することができる(図5)。デクチン−1がTLR2と相乗的に作用することは、知られていた。しかし、この試験では、デクチン−1とTLR4との相乗作用は、DCの活性化に対して、デクチン−1とTLR2との相乗作用より強いことを示している。デクチン−1とTLR4とのこの相乗作用は、DCからのIL−10、IL−1b、TNFα及びIL−12p40の産生を激増させた。本発明者等は、CD86、CD80、CD83及びCD40を含む、抗共刺激性分子抗体でも細胞を染色した。この相乗作用は、試験した共刺激性分子の発現を増加させなかった。

0097

デクチン−1とTLR4との相乗作用は、CD8 T細胞の抗原特異的応答を増強した:
デクチン−1とTLR媒介シグナル伝達との相乗作用が、免疫応答を増強するか否かを試験するために、Mart−1特異的CD8 T細胞を初回抗原刺激するDCの能力を試験
した(図6)。図6Aに示すように、デクチン−1とTLR4Lとの相乗作用は、Mart−1特異的CD8 T細胞の応答数を5倍超増加させた。デクチン−1とTLR2との
相乗作用が、Mart−1特異的CD8 T細胞の初回抗原刺激を高めることも認めるこ
とができた。図6のデータは、今後のワクチン開発にとって有用となろう。

0098

デクチン−1を介して刺激されたDCから産生されるIL−10は、Mart−1特異的CD8 T細胞の初回抗原刺激の向上に寄与する:図3及び図5に示すように、デクチン
−1を介したシグナル伝達は、CD8 T細胞応答阻害性サイトカインであるIL−1
0をDCから有意な量で生じた。IL−10の量は、デクチン−1がTLRリガンドと相乗的に作用すると有意に増加した。しかし、DCが産生するIL−10とは関係なく、抗デクチン−1抗体単独、又は抗デクチン−1抗体及びTLRリガンドのいずれかで刺激したDCは、Mart−1特異的CD8 T細胞の初回抗原刺激を高めた(図6)。したが
って、初回抗原刺激中のIL−10は、CD8 T細胞の抗原特異的な初回抗原刺激に寄
与し得る可能性がある。この仮説を試験するために、培養物中に抗IL−10抗体を添加したところ、図7のデータは、抗デクチン−1抗体及びTLRリガンドで刺激したDCからのIL−10が、Mart−1特異的CD8 T細胞の初回抗原刺激を高めることを示
している。DCをザイモサンで刺激した場合、同様な結果が観察された。同じDCをザイモサンで刺激したとき、DCは有意量のIL−10(1×105個のDCから1000pg/ml超)を産生した(データは示していない)。抗デクチン−1 mAbで刺激した
DCが有意量のIL−10を産生するので、IL−10で媒介されるこの抗原特異的CD8 T細胞の初回抗原刺激の向上は、今後のワクチン開発にとって有用となろう。

0099

抗デクチン−1抗体で活性化されたDCは、増加量のIL−15及び4−1BBLを発現する:DC活性化における抗デクチン−1抗体の役割を更に分析するために、IFND
Cを抗デクチン−1抗体で刺激した後、細胞を抗IL−15及び4−1BBL抗体で染色した。図8のデータは、デクチン−1を介したシグナル伝達が、体液性及び細胞性免疫応答の向上に寄与し得る、IL−15、4−1BBL双方の発現増加を誘発することを示す。IL−15は、CD8 T細胞の応答並びにB細胞の増殖及び抗体産生において、重要
な役割を演じることが知られている。4−1BBLは、DC媒介CD8 T細胞応答に寄
与する共刺激性分子であるが、ヒト4−1BBLは、CD137/4−1BB及びそれ自体の両方を介してシグナル伝達する。その細胞質内尾部は、T細胞のアポトーシス及び単球によるサイトカイン分泌(IL−6、TNFα)を誘発する、逆方向シグナル伝達に関与する。CD137/4−1BBに対する4−1BBL結合は、多くの効果を生み、T細胞の想起応答において鍵となる役割を演じる。それは、一次応答の最後にT細胞数を維持し、CD4+及びCD8+T細胞を、増殖し、CD4+細胞ではIL−2、IFN−γなどのサイトカイン、CD8細胞ではIFN−γを分泌するように誘発する。

0100

デクチン−1を介して刺激されたDCは有効な体液性免疫応答を誘発する:DCは、T依存性、T非依存性双方のB細胞応答のためにシグナルを与えること(Wykes, M., and G. MacPherson. 2000. Dendritic cell-B-cell interaction: dendritic cells provide B cells with CD40-independent proliferation signals and CD40-dependent survival signals. Immunology 100:1-3、Balazs, M., F. Martin, T. Zhou, and J. Kearney. 2002. Blood dendritic cells interact with splenic marginal zone B cells to initiate T-independent immune responses. Immunity 17:341-352、Kikuchi, T., S. Worgall, R. Singh, M. A. Moore, and R. G. Crystal. 2000. Dendritic cells genetically modified
to express CD40 ligand and pulsed with antigen can initiate antigen-specific humoral immunity independent of CD4+ T cells. Nat Med 6:1154-1159、Dubois, B., J. M. Bridon, J. Fayette, C. Barthelemy, J. Banchereau, C. Caux, and F. Briere. 1999. Dendritic cells directly modulate B cell growth and differentiation. J Leukoc
Biol 66:224-230)、及びB細胞へ抗原を移すこと(Qi, H., J. G. Egen, A. Y. Huang,
and R. N. Germain. 2006. Extrafollicular activation of lymph node B cells by antigen-bearing dendritic cells. Science 312:1672-1676、Bergtold, A., D. D. Desai,
A. Gavhane, and R. Clynes. 2005. Cell surface recycling of internalized antigen
permits dendritic cell priming of B cells. Immunity 23:503-514)により、体液性
免疫応答において重要な役割を演じる。DC以外に、第3シグナルとしてのTLR9を介したシグナル伝達が、効率的なB細胞応答のために必要である(Ruprecht, C. R., and A. Lanzavecchia. 2006. Toll-like receptor stimulation as a third signal required for activation of human naive B cells. Eur J Immunol 36:810-816、Bernasconi, N. L., E. Traggiai, and A. Lanzavecchia. 2002. Maintenance of serological memory by
polyclonal activation of human memory B cells. Science 298:2199-2202)。デク
ン−1は、TLR9リガンドのCpGの存在下で、DC媒介体液性免疫応答に影響することができる。6日目のIL−4 DCを抗デクチン−1 mAbで刺激した後、CD40L又はCpGの存在下、精製B細胞を共培養した。図9a及び9bに示すように、抗デクチン−1 mAbで活性化したDCは、対照mAbで刺激したDCと比較して、高められた
B細胞の増殖(CFSE希釈を経て見られる)及び形質細胞の分化(CD38+の増加)を起こす。

0101

総免疫グロブリン(Ig)の産生量は、ELISAにより測定した(図9a及び9b)。B細胞の増殖及び形質細胞の分化と一貫して、抗デクチン−1 mAb刺激DCと共に培
養したB細胞は、CD40L又はCpGの存在下で総免疫グロブリンの産生量を有意に増加させる。

0102

本発明は、デクチン−1を介して特異的に活性化する作用剤の、例えば、ワクチン接種におけるアジュバントとして、又は免疫低下した個体に対する免疫系刺激剤としての治療用途に使用し得る。又、この発見は、デクチン−1を介する自然な又は異常調節された活性化の阻止が、適用性を有する(例えば、移植状況における耐性の惹起、又は自己免疫疾患の改善のため)ことができることも予測している。

0103

抗デクチン−1 mAbはB細胞を活性化する:CD19+B細胞はデクチン−1を発現
する(図1)が、これから、B細胞上に発現するデクチン−1の可能性ある役割が予測される。図10Aのデータは、B細胞上におけるデクチン−1の誘発が、CpGの存在下でB細胞の増殖及び形質細胞の分化を増強することを示す。それと一貫して、図10Bは、抗デクチン−1 mAbで活性化されたB細胞が、増加量の総IgMを分泌するが、Ig
G及びIgAの分泌は増加しないことを示す。

0104

デクチン−1の関与によるB細胞に対する直接効果に関する上記発見は、デクチン−1を介して又はそれに対抗して作用する作用剤のこれまで概説した治療用途の範囲を強化する。

0105

T細胞の応答におけるデクチン−1の役割:デクチン−1を介して刺激されたDCは、共刺激性分子の増強量を発現し、サイトカイン及びケモカインの増加量を産生する(図3及び4)が、このことは、デクチン−1が、体液性免疫応答だけでなく細胞性免疫応答にも寄与することを示唆している。抗原特異的CD8 T細胞の応答を測定してこれを試験し
た(図11)。図11のデータは、デクチン−1を介して活性化されたDCが、Flu
M1タンパク質に特異的な記憶CD8 T細胞の応答を増強することを示している(図1
1a)。より重要なことには、デクチン−1を介したシグナル伝達は、DCがCD8 T
細胞のMart−1ペプチドによる初回抗原刺激及び交差初回抗原刺激をすることを可能にする(図11b及びc)。これは、デクチン−1が、DC機能の増強に重要な役割を演じており、CD8 T細胞の抗原による初回刺激及び交差初回刺激を改善することを示し
ている。したがって、抗デクチン−1 mAb及び抗原融合タンパク質は、頑健で抗原特
異的なCD8 T細胞応答を誘発すると見込まれるため、抗デクチン−1 mAbからなる試薬が、癌及び感染症に対するワクチン開発にとって有用となることを示唆している。

0106

可溶型の抗デクチン−1 mAbは、DCを活性化して、健常ドナーからのMart−1
特異的なCD8 T細胞の初回抗原刺激を増強する。本発明者等は、可溶性抗デクチン−
1 mAbがDCを活性化できることを示したので、可溶性抗デクチン−1抗体で刺激し
たDCが、抗原特異的なCD8 T細胞応答を増強できるか否かを試験した。図12のデ
ータは、可溶性抗デクチン−1抗体で活性化したDCが、健常ドナーからのMart−1特異的なCD8 T細胞の初回抗原刺激を増強したことを示している。この試験で作製し
た抗CD40抗体の可溶型も、CD8 T細胞の初回抗原刺激を増強した。

0107

デクチン−1発現に基づいて2群に分割したヒト扁桃腺B細胞:ヒト扁桃腺の細胞を抗デクチン−1抗体及び他の抗体で染色した。図13に示すように、CD3+T細胞はデクチン−1を発現しない(左側パネル)。しかし、CD19+B細胞には2群があった。即ち、一方はデクチン−1を発現せず、CD19+B細胞の他方の群は、健常ドナーのPBMCからのCD19+B細胞と同様に、デクチン−1を発現する。このことは、癌及びワクチン用の新たな抗デクチン−1抗体系治療試薬の開発に関わりをもち得るものと思われる。

0108

人間の皮膚及びリンパ節における細胞はデクチン−1を発現する:デクチン−1を発現する細胞は、IHCにより人間の皮膚及びリンパ節で検出できる。組織切片を核染料DAP
I(青色)及び抗デクチン−1抗体(赤色)で染色した。図14は、人間の皮膚及びリンパ節は共に、有意量のデクチン−1を発現することを示している。これは、例えば、抗デクチン−1抗体による標的指向抗原の投与に好ましい部位と思われる、正にその箇所(皮膚)に、インビボの細胞がデクチン−1を発現することを明らかにしているので、重要な観察結果である。

0109

非ヒト霊長類におけるインビボDCはデクチン−1を発現する:非ヒト霊長類(カニクイザル)の血中DC、サルのPBMCを、抗デクチン−1 mAb、並びに他の細胞マーカ
ーCD3、CD14、CD11c、CD27、CD56及びCD16に対する抗体で染色した。図15のデータは、CD14及びCD11c+細胞が共に、抗ヒトデクチン−1
mAbで染色されたことを示す。CD14+及びCD11c+細胞と異なり、CD3+、CD16+、CD27+及びCD56+細胞はデクチン−1を発現しなかった(データは示していない)。このデータは、サル抗原提示細胞に対するある種の抗ヒトデクチン−1−1 mAbの交差反応性を実証している。サルは、想定される人間治療に関する有効性
、安全性双方の試験用妥当なモデルとして、使用できるので、これは、本明細書に記載の発明の実用化を大いに促進する。

0110

上に示した発見は、デクチン−1を介して作用する作用剤の治療用途の範囲を強化もし、広げもする。DCのデクチン−1活性化は、隣接するT細胞に影響し、増殖量を増加させるようにT細胞に指示する。更に、この相互作用中に抗原が存在する場合、デクチン−1活性化DCは、抗原特異的T細胞の増殖を強化する。これは、例えばワクチン環境におけるデクチン−1活性化が、抗原特異的なナイーブT細胞の選択的増殖を指示できることを示しており、したがって、これと、B細胞に対するデクチン−1活性化の上記直接及び間接効果とが相俟って、抗原特異的B細胞の増殖、そのため抗原特異的抗体の産生が明白に予測される。

0111

本明細書で考察した任意の実施形態は、本発明の任意の方法、キット、試薬又は組成物に関して実施することができ、その逆もできることを企図している。更に、本発明の組成物は、本発明の方法を実現するために使用することができる。

0112

本明細書に記載の特定の実施形態は、例示のために示しており、本発明の限定として示しているのでないことは理解されよう。本発明の主要な特徴は、本発明の範囲から逸脱せずに多様な実施形態で使用することができる。当業者であれば、本明細書に記載の特定の手順に等価な多数の手順を認識し、又は単なる日常実験を用いて確認することができよう。このような等価な手順は、本発明の範囲に入ると考えられ、特許請求の範囲で網羅されている。

0113

本明細書で言及した全ての刊行物及び特許出願は、本発明が関係する技術分野における技術者の技術水準を示している。全ての刊行物及び特許出願は、個々の刊行物又は特許出願の各々が、参照により組み込まれると明確に個別に示されている場合と同程度に、参照により本明細書に組み込まれる。

0114

特許請求の範囲及び/又は本明細書において、用語「含む(comprising)」と共に使用される場合の単語「a」又は「an」の使用は、「1」を意味し得るが、「1又は複数」、「少なくとも1つ」及び「1又は2以上」の意味とも合致する。特許請求の範囲における用語「又は」の使用は、代替物だけを指すことを明確に示していない限り、又は代替物が相互に排他的でない限り、「及び/又は」を意味するために使用されるが、本開示は、代替物だけ及び「及び/又は」を指す定義を支持する。本出願を通して、用語「約」は、ある値が、その値を決定するために使用されている装置、方法の固有誤差変化、又は試験対象の間に存在する変動を包含することを示すために、使用される。

0115

本明細書及び請求項(複数も)で使用する場合、単語「含む(comprising)」(及び「comprise」、「comprises」などのcomprisingの任意の形態)、「有する(having)」(及び「have」、「has」などのhavingの任意の形態)、「含む(including)」(及び「includes」、「include」などの
includingの任意の形態)、又は「含有する(containing)」(及び「contains」、「contain」などのcontainingの任意の形態)は、包括的又は非制限的であり、挙げられていない追加の要素又は方法ステップを排除しない。

0116

本明細書で使用する場合の用語「又はそれらの組合せ」は、その用語に先立つ列挙項目のあらゆる順列及び組合せを指す。例えば、「A、B、C又はそれらの組合せ」は、A、B、C、AB、AC、BC又はABCの少なくとも1つを含み、特定の文脈において順序が重要な場合、BA、CA、CB、CBA、BCA、ACB、BAC又はCABの少なくとも1つを含むことも意図している。この例を続ければ、1又は複数の項目又は用語の繰返しを含有する、BB、AAA、MB、BBC、AAABCCCC、CBBAAA、CABABBなどの組合せも、明らかに含まれる。当業者であれば、文脈からそうではないことが明らかでない限り、任意の組合せにおいて項目又は用語の数に制限が通常ないことは理解されよう。

0117

本明細書に開示し、主張する組成物及び/又は方法は全て、本開示に照らせば過度の実験をせずに作製し、実行することができる。本発明の組成物及び方法は、好ましい実施形態に関して説明してきたが、組成物及び/又は方法に対して、並びに本明細書に記載の方法のステップ又は一連のステップにおいて、本発明の概念、趣旨及び範囲から逸脱せずに変更を加え得ることは、当業者には明らかとなろう。当業者には明らかなそのような全ての類似した代用及び改変は、付随する特許請求の範囲に規定するような本発明の趣旨、範囲及び概念に入ると見なされる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ