図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年4月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

良好な吸気性能を備えつつ見栄えのよい車両用内装部品及び車両を提供する。

解決手段

ラゲッジサイドトリム10は、乗員が着席するシートシートバックと車体側部との間に配置され、当該車体側部を覆うトリム本体20と、トリム本体20に設けられ、車両室内側の空気を取り入れ吸気口30と、を有している。このトリム本体20は、車両室内側に向かって膨らんだ膨出部21を備えている。そして、吸気口30は、トリム本体20の一般面と、第2壁部21bとの両方に跨がるよう設けられている。

概要

背景

従来より、ドアパネル車両室内側に装着されて、装飾性或いはその他の機能性を付加する車両用内装部品が知られている。この類の車両用内装部品としては、ラゲッジルーム側壁を構成するラゲッジサイドトリムが挙げられる。

例えば特許文献1には、バッテリ冷却風取入構造が開示されている。具体的には、乗員が着座するシートシートバックの側部に連なるように、車体側部のトランクサイドライニングが配置されている。このトランクサイドライニングの前面には、車室内の空気を冷却風として取り入れてバッテリを冷却する吸気口が設けられている。そして、非使用状態シートベルトの少なくとも一部が、車体前後方向に見て吸気口と重なり、車幅方向に見て吸気口との間に所定の隙間を形成するように配置されている。

概要

良好な吸気性能を備えつつ見栄えのよい車両用内装部品及び車両を提供する。ラゲッジサイドトリム10は、乗員が着席するシートのシートバックと車体側部との間に配置され、当該車体側部を覆うトリム本体20と、トリム本体20に設けられ、車両室内側の空気を取り入れる吸気口30と、を有している。このトリム本体20は、車両室内側に向かって膨らんだ膨出部21を備えている。そして、吸気口30は、トリム本体20の一般面と、第2壁部21bとの両方に跨がるよう設けられている。

目的

本発明はかかる事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、良好な吸気性能を備えつつ見栄えのよい車両用内装部品及び車両を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

乗員が着席するシートシートバックと車体側部との間に配置され、当該車体側部を覆う内装部品本体と、前記内装部品本体に設けられ、車両室内側の空気を取り入れ吸気口と、を有し、前記内装部品本体は、前記吸気口における前記シートバック側の縁部に、車両室内側に向かって膨らんだ膨出部を備えており、前記膨出部は、前記シートバック側に臨む第1壁部と前記車体側部側に臨む第2壁部とが頂部を介して連なる山形状を有し、前記吸気口は、前記第2壁部を含む範囲に設けられている車両用内装部品

請求項2

前記第1壁部は、前記シートバックの側方に配置されるシートベルトが前記頂部を乗り越えて前記第2壁部側へと移動することを規制する規制手段である請求項1記載の車両用内装部品。

請求項3

前記吸気口は、上下に延びる縦長形状を備えており、前記膨出部は、前記頂部が上下方向に延在し、前記吸気口における前記シートバック側の縁部の全域にわたって設けられている請求項1又は2記載の車両用内装部品。

請求項4

前記吸気口は、上下に延びる縦長形状を備えており、前記膨出部は、前記吸気口における前記シートバック側の縁部に部分的に設けられている請求項1又は2記載の車両用内装部品。

請求項5

乗員が着席するシートと、前記シートのシートバックの側方に配置されるシートベルトと、車両に搭載された発熱体と、請求項1から4のいずれか記載の車両用内装部品と、を有する車両。

請求項6

前記発熱体は、車両に搭載された電気負荷電力を供給するバッテリである請求項5記載の車両。

技術分野

0001

本発明は、車両用内装部品及び車両に関する。

背景技術

0002

従来より、ドアパネル車両室内側に装着されて、装飾性或いはその他の機能性を付加する車両用内装部品が知られている。この類の車両用内装部品としては、ラゲッジルーム側壁を構成するラゲッジサイドトリムが挙げられる。

0003

例えば特許文献1には、バッテリ冷却風取入構造が開示されている。具体的には、乗員が着座するシートシートバックの側部に連なるように、車体側部のトランクサイドライニングが配置されている。このトランクサイドライニングの前面には、車室内の空気を冷却風として取り入れてバッテリを冷却する吸気口が設けられている。そして、非使用状態シートベルトの少なくとも一部が、車体前後方向に見て吸気口と重なり、車幅方向に見て吸気口との間に所定の隙間を形成するように配置されている。

先行技術

0004

特開2009−154599号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、特許文献1に開示された手法によれば、シートベルトとの隙間から空気が流入する構造となっているため、吸気量が不足したり、異音が発生したりするという不都合がある。また、シートベルトの使用時には、吸気口が露出してしまうため、乗員から丸見えとなり、見栄えが悪い。加えて、トランクサイドライニングの上方に吸気口が配置されているため、シートベルトの使用時、車両の外部から吸気口が見えてしまうという不都合がある。

0006

本発明はかかる事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、良好な吸気性能を備えつつ見栄えのよい車両用内装部品及び車両を提供する。

課題を解決するための手段

0007

かかる課題を解決するために、第1の発明は、乗員が着席するシートのシートバックと車体側部との間に配置され、当該車体側部を覆う内装部品本体と、内装部品本体に設けられ、車両室内側の空気を取り入れる吸気口と、を有する車両用内装部品を提供する。この場合、内装部品本体は、吸気口におけるシートバック側の縁部に、車両室内側に向かって膨らんだ膨出部を備えており、膨出部は、シートバック側に臨む第1壁部と車体側部側に臨む第2壁部とが頂部を介して連なる山形状を有し、吸気口は、第2壁部を含む範囲に設けられている。

0008

ここで、第1の発明において、第1壁部は、シートバックの側方に配置されるシートベルトが頂部を乗り越えて第2壁部側へと移動することを規制する規制手段であることが好ましい。

0009

また、第1の発明において、吸気口は、上下に延びる縦長形状を備えており、膨出部は、頂部が上下方向に延在し、吸気口におけるシートバック側の縁部の全域にわたって設けられていることが好ましい。

0010

また、第1の発明において、吸気口は、上下に延びる縦長形状を備えており、膨出部は、吸気口におけるシートバック側の縁部に部分的に設けられていることが好ましい。

0011

また、第2の発明は、乗員が着席するシートと、シートのシートバックの側方に配置されるシートベルトと、車両に搭載された発熱体と、第1の発明に係る車両用内装部品と、を有する車両を提供する。

0012

ここで、第2の発明において、発熱体は、車両に搭載された電気負荷電力を供給するバッテリであることが好ましい。

発明の効果

0013

本発明によれば、良好な吸気性能を備えつつ見栄えのよい車両用内装部品及び車両を提供することができる。

図面の簡単な説明

0014

リアシートを含む車両室内を模式的に示す斜視図
本実施形態に係るラゲッジサイドトリムを模式的に示す斜視図
ラゲッジサイドトリムの要部を拡大して示す上面図
ラゲッジサイドトリムを模式的に示す正面図
ラゲッジサイドトリムの要部を拡大して示す側面図
図4に示すラゲッジサイドトリムのAA断面を模式的に示す説明図

実施例

0015

以下、本実施形態に係る車両用内装部品をラゲッジサイドトリムに適用して説明する。ここで、図1は、リアシート1を含む車両室内を模式的に示す斜視図である。図2は、本実施形態に係るラゲッジサイドトリム10を模式的に示す斜視図であり、図3は、ラゲッジサイドトリム10の要部を拡大して示す上面図である。また、図4は、ラゲッジサイドトリム10を模式的に示す正面図である。図5は、ラゲッジサイドトリム10の要部を拡大して示す側面図であり、車両室内側からラゲッジサイドトリム10を眺めた状態が描かれている。さらに、図6は、図4に示すラゲッジサイドトリム10のAA断面を模式的に示す説明図であり、便宜上、非使用時のシートベルト2も描かれている。

0016

本実施形態において、車両Cは、エンジンモーターとで走行するハイブリッド自動車であり、モーターを含む電気負荷に電力を供給するためのバッテリが搭載されている。車両室内の後方には、乗員が着座するリアシート1が配置されている。リアシート1は、着座部となるシートクッション1aと、背もたれとなるシートバック1bと、シートバック1bの上部に取り付けられたヘッドレスト1cとから構成されている。

0017

リアシート1の側方には、シートベルト(ウエビング)2が配置されている。シートベルト2は、リトラクタにより引き込み力が付与されており、非使用状態にあっては、シートバック1bの側方、具体的には、ラゲッジサイドトリム10の前面に、上下に沿うように位置している。

0018

また、車体側部Sには、リアシート1への乗降を行うドア用開口部が設けられており、このドア用開口部にはリアサイドドア3が設けられている。リアサイドドア3は、ドア用開口部に対して開閉自在に取り付けられている。リアサイドドア3は、ドア本体3aと、ドア本体3aの上部に設けられ、ドアウインドウ4の昇降を案内するドアサッシュとを主体に構成されている。

0019

また、リアシート1後方には、荷物を収容するラゲッジルームが設けられている。ラゲッジルームは、床面となるフロアボードと、フロアボードの左右に立設されるラゲッジサイドトリム10とにより囲まれている。フロアボードは、車体を構成するフロアパネルに載置されている。このフロアパネルには、上述したバッテリが搭載される。

0020

ラゲッジサイドトリム10は、車体側部Sの車両室内側を覆い、ラゲッジルームの側壁を構成する内装部品である。本実施形態において、ラゲッジサイドトリム10は、トリムリア11と、トリムフロント12との前後二分割体から構成されている。トリムリア11は、車両Cの後方に位置し、ラゲッジルームの壁面を構成する。トリムリア11は、車体側部S(リアサイドパネル及びリアホイールハウス)の形状に応じた造形を備えている。トリムフロント12は、トリムリア11の前方に位置し、リアシート1のシートバック1bと車体側部Sとの間に配置される。

0021

ラゲッジサイドトリム10は、例えば適宜の合成樹脂材を用いた型成形によって形成されている。また、ラゲッジサイドトリム10の所要の部位においては(例えばトリムリア11)、樹脂製の芯材の表面に表皮材(例えば不織布)を貼着した構成とされている。

0022

つぎに、本実施形態の特徴の一つであるトリムフロント12の構造について説明する。このトリムフロント12は、トリム本体20と、吸気口30とで構成されている。

0023

トリム本体20は、ラゲッジサイドトリム10の車両前方側の一部を構成しており、リアシート1のシートバック1bと車体側部Sとの間に配設されている。トリム本体20は、上端から下端にかけて傾斜し、上端が車両後方側で下端が車両前方側となる傾斜形状を有している。そして、トリム本体20は、シートバック1bと車体側部Sとの間に形成される空間部に応じた所望の形状に構成されている。

0024

吸気口30は、トリム本体20に設けられている。吸気口30は、車両室内の空気を取り込むための開口部であり、トリム本体20を貫通している。吸気口30の背後には、ラゲッジサイドトリム10と車体側部Sとの間に配設されたダクト(図示せず)の端部が配設されている。吸気口30から取り込まれた車両室内の空気は、ダクトの内部を通り、バッテリへと至る。これにより、発熱体であるバッテリの冷却が行われる。

0025

吸気口30は、上下に延びる縦長形状を備えており、トリム本体20における上下方向の中央位置に設けられている。また、吸気口30は格子状の仕切り板31を備えており、細分化された複数の開口から吸気口30が構成されている。吸気口30及び仕切り板31は、押し切り加工により形成されている。

0026

本実施形態の特徴の一つとして、トリム本体20は、車両室内側に向かって膨らんだ膨出部21を備えている。膨出部21は、吸気口30におけるシートバック1b側の縁部30aに設けられている。

0027

膨出部21は、シートバック1b側に臨む第1壁部21aと車体側部S側に臨む第2壁部21bとが頂部21cを介して連なる山形状を備えている。本実施形態において、膨出部21は、頂部21cが上下方向に延在するように縦長に形成されており、シートバック1b側の縁部30aの全域にわたって設けられている。

0028

膨出部21の第1壁部21aは、シートバック1bからトリム本体20を眺めた場合、トリム本体20において縦壁状起立している。そのため、シートバック1bの側方に配置されるシートベルト2からすると、車体側部Sとの間に第1壁部21aが立ちはだかることとなる。したがって、第1壁部21aは、シートベルト2が頂部21cを乗り越えて第2壁部21b側へと移動することを規制する規制手段として機能する。

0029

また、本実施形態において、吸気口30は、車体側部S側に臨む第2壁部21bを含む範囲に設けられている。具体的には、吸気口30は、トリム本体20の一般面(膨出部21を除く造形面)と、第2壁部21bとの両方に跨がるよう設けられている。この結果、吸気口30におけるシートバック1b側の縁部30aは、膨出部21の頂部21cよりも第2壁部21b側へとずれた位置に存在している。

0030

このように本実施形態に係るトリムフロント12によれば、吸気口30におけるシートバック1b側の縁部30aに、山形状の膨出部21をなす第1壁部21aが縦壁状に設けられている。リトラクタの引き込み力により所定の張力が付与されたシートベルト2は、これが非使用状態の場合、シートバック1bの側方、すなわち、トリム本体20上に位置している。この際、シートベルト2が、膨出部21の頂部21cよりもシートバック1b側へと配置されることで、第1壁部21aが縦壁となり、非使用状態のシートベルト2の位置を保持することができる。併せて、第1壁部21aは、シートベルト2が頂部21cを乗り越えて第2壁部21b側へと移動することを規制する。

0031

このため、非使用状態のシートベルト2が吸気口30と重なり、吸気口30を塞いでしまうといった事態を抑制することができる。これにより、吸気口30から取り込まれる吸気量を適切に確保することができ、冷却効果を適切に得ることができる。また、シートベルト2が吸気口30を塞ぐ関係にないので、異音が発生するといったこともない。

0032

また、本実施形態の構成によれば、第1壁部21aが縦壁状に存在することで、車両室内側から吸気口30を視認した際には、第1壁部21aにより吸気口30が目隠しされる。これにより、シートベルト2の非使用時及び使用時に拘わらず、リアシート1に着席した乗員から吸気口30の全部が視認されるといった事態を抑制することができるので、見栄えを改善することができる。

0033

ところで、トリム本体20に、シートベルト2の位置規制を担う膨出部21を設定した場合、その一般面の面積は減少する。一般面だけに吸気口30を設定するとなると、吸気口30を狭小な範囲に設けなければならず、吸気口30の面積も減少し、必要な吸気量を賄えなくなる可能性もある。そこで、吸気口30を上下方向に延長させることで、吸気口30の面積を確保することも考えられる。しかしながら、この方法によれば、吸気口30の上端が、トリム本体20の上方まで到達してしまい、車両室外からドアウインドウ4越しに吸気口30が見えてしまい、見栄えがよくない。

0034

この点、本実施形態の構成によれば、吸気口30が、トリム本体20の一般面のみならず、第2壁部21bを含む範囲に設けられている。このため、トリム本体20の一般面から第2壁部21bへと跨がることで、広範囲な領域に吸気口30が設定されることとなる。これにより、吸気口30の面積を広く確保することができる。したがって、吸気口30から取り込まれる吸気量を適切に確保することができ、冷却効果を適切に得ることができる。また、シートベルト2の位置規制を担う膨出部21の一部(第2壁部21b)を用いて吸気口30の面積を確保しているので、トリム本体20の一般面の大型化を抑制することができる。その結果、シートバック1bと車体側部Sとの間の狭小な隙間であっても、トリム本体20の設計自由度を確保することができる。

0035

また、本実施形態において、膨出部21は、頂部21cが上下方向に延在し、吸気口30におけるシートバック1b側の縁部30aの全域にわたって設けられている。

0036

この構成によれば、第2壁部21bの設定範囲が拡大するため、吸気口30も広範囲に設定することができる。これにより、吸気口30から取り込まれる吸気量を適切に確保することができ、冷却効果を適切に得ることができる。さらに、吸気口30の全域が第1壁部21aによって遮蔽されることとなる。そのため、リアシート1に着席した乗員から吸気口30が視認されるといった事態を抑制することができるので、見栄えを改善することができる。

0037

もっとも、シートベルト2の位置規制及び吸気口30の面積確保の観点に立てば、膨出部21は、吸気口30におけるシートバック1b側の縁部30aに部分的に設けられているものであってもよい。

0038

以上、本実施形態に係る車両用内装部品についてラゲッジサイドトリムを例示して説明したが、本発明はこの実施形態に限定されることなく、その発明の範囲において種々の変更が可能である。

0039

また、車両用内装部品のみならず、当該車両用内装部品を備える車両それ自体も本発明の一部として機能する。すなわち、本発明に係る車両は、乗員が着席するシートと、シートのシートバックの側方に配置されるシートベルトと、車両に搭載された発熱体と、本発明に係る車両用内装部品と、を有する。

0040

この場合、発熱体は、車両に搭載された電気負荷に電力を供給するバッテリであるが、充電器発電機、変圧器DC−DCコンバータ)、インバータなどの電気負荷や、車両を構成する各種の部品であってもよい。また、車両は、ハイブリッド自動車に限らず、電気自動車などの自動車であってもよく、自動車以外の各種の車両についても適用可能である。

0041

1リアシート
1aシートクッション
1bシートバック
1cヘッドレスト
2シートベルト
3リアサイドドア
3aドア本体
4ドアウインドウ
10ラゲッジサイドトリム
11トリムリア
12 トリムフロント
20 トリム本体
21膨出部
21a 第1壁部
21b 第2壁部
21c 頂部
30吸気口
30a 縁部
31仕切り板
S 車体側部
C 車両

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • トヨタ紡織株式会社の「 把持部材」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】基材端面に樹脂部材が付着する事態を抑制する。【解決手段】乗物に設けられ、乗員が把持することが可能な把持部41を備えるドアグリップ40であって、板状の基材本体部52を備える基材51と、基材本体部... 詳細

  • トヨタ紡織株式会社の「 乗物用アームレスト」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】衝撃を好適に吸収できる乗物用アームレストを提供する。【解決手段】乗物のドアトリム1に設けられる乗物用アームレスト10であって、車両前後方向に延設し、車両室内側に膨出する膨出部12を備え、膨出部... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 電動装置及び電動装置モジュール」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】様々なレイアウトに対応できて、部品の共用化を図ることができる電動装置及び電動装置モジュールを提供する。【解決手段】燃料電池車両70に搭載される駆動制御装置14、14A(PDU)から電力供給を受... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ