図面 (/)

技術 情報出力装置、情報出力システム及び情報出力プログラム

出願人 株式会社FuraRepiCorporation
発明者 長田安広
出願日 2017年8月31日 (2年1ヶ月経過) 出願番号 2017-167220
公開日 2019年3月22日 (6ヶ月経過) 公開番号 2019-046054
状態 未査定
技術分野
  • -
主要キーワード 活動場所 生け花 展示場所 資材メーカ 本願記載 レシピデータベース 飾り付け 情報出力プログラム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

植物を用いた装飾物作成方法を容易に得ることが可能な情報出力装置情報出力システム及び情報出力プログラムを提供する。

解決手段

情報出力装置1は、複数の検索項目を含み、それぞれの検索項目から検索条件を指定することが可能な条件要求情報端末装置2へ送信(出力)する(S1)。端末装置2は、受信した条件要求情報を表示し(S3)、操作者から検索条件の入力を受け付け(S4)、受け付けた検索条件を情報出力装置1へ送信する(S5)。情報出力装置1は、検索条件に基づいて、レシピデータベース11bに記録している装飾物情報を抽出し(S7)、抽出した装飾物情報を端末装置2へ送信(出力)する(S8)。端末装置2は、受信した装飾物情報を表示し(S10)、所定の操作を受け付け(S11)、装飾物情報に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す動画を表示する(S12)。

概要

背景

生け花」、「フラワーデザイン」等と称呼される植物を用いた装飾物が、国内及び海外において、冠婚葬祭、各種パーティ等の様々なシーンで用いられている(例えば、特許文献1参照。)。また、各地で生け花教室開催されている。

概要

植物を用いた装飾物の作成方法を容易に得ることが可能な情報出力装置情報出力システム及び情報出力プログラムを提供する。情報出力装置1は、複数の検索項目を含み、それぞれの検索項目から検索条件を指定することが可能な条件要求情報端末装置2へ送信(出力)する(S1)。端末装置2は、受信した条件要求情報を表示し(S3)、操作者から検索条件の入力を受け付け(S4)、受け付けた検索条件を情報出力装置1へ送信する(S5)。情報出力装置1は、検索条件に基づいて、レシピデータベース11bに記録している装飾物情報を抽出し(S7)、抽出した装飾物情報を端末装置2へ送信(出力)する(S8)。端末装置2は、受信した装飾物情報を表示し(S10)、所定の操作を受け付け(S11)、装飾物情報に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す動画を表示する(S12)。

目的

本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、検索条件に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を出力することにより、状況に応じた作成方法を容易に得ることが可能な情報出力装置の提供を主たる目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

検索条件対応付けて、植物を用いた装飾物作成方法を示す装飾物情報を記録している記録部と、検索条件の入力を受け付ける手段と、受け付けた検索条件に基づいて、前記記録部に記録している装飾物情報を抽出する手段と、抽出した装飾物情報を出力する手段とを備えることを特徴とする情報出力装置

請求項2

請求項1に記載の情報出力装置であって、前記検索条件は、時期、花材展示場所催事、価格、花器、創作者、花言葉及び花風水項目のうちから選択された一又は複数の項目に対して指定される条件であることを特徴とする情報出力装置。

請求項3

請求項1又は請求項2に記載の情報出力装置であって、前記装飾物情報は、装飾物の作成方法を示す動画情報を含むことを特徴とする情報出力装置。

請求項4

請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の情報出力装置と、前記情報出力装置と通信網を介して通信可能な端末装置とを備え、前記端末装置は、検索条件を入力する操作を受け付ける手段と、受け付けた検索条件を、通信網を介して前記情報出力装置へ送信する手段と、送信した検索条件に対して出力される装飾物情報を、通信網を介して前記情報出力装置から受信する手段と、受信した装飾物情報を出力する手段とを備えることを特徴とする情報出力システム

請求項5

コンピュータに、検索条件の入力を受け付けるステップと、検索条件に対応付けて装飾物の作成方法を示す装飾物情報を記録している記録部から、入力を受け付けた検索条件に基づいて、前記記録部に記録している装飾物情報を抽出するステップと、抽出した装飾物情報を出力するステップとをコンピュータに実行させることを特徴とする情報出力プログラム

技術分野

0001

本発明は、植物を用いた装飾物作成方法を示す装飾物情報を出力する情報出力装置、そのような情報出力装置を用いた情報出力システム、及びそのような情報出力装置を実現するための情報出力プログラムに関する。

背景技術

0002

生け花」、「フラワーデザイン」等と称呼される植物を用いた装飾物が、国内及び海外において、冠婚葬祭、各種パーティ等の様々なシーンで用いられている(例えば、特許文献1参照。)。また、各地で生け花教室開催されている。

先行技術

0003

特開平05−123235号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、生け花、フラワーデザイン等と呼ばれる装飾物は、専門的な技能が必要となるため、素人が簡単に行えないという問題がある。また、このような技能を習得すべく生け花教室等の講義受講する場合、受講料、花材代等の費用が高額になりがちという問題がある。これら例示したような事情により、生け花を生ける等の行為は一般家庭には十分に浸透していないという状況である。

0005

本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、検索条件に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を出力することにより、状況に応じた作成方法を容易に得ることが可能な情報出力装置の提供を主たる目的とする。

0006

また、本発明は、本発明に係る情報出力装置を用いた情報出力システム、及び本発明に係る情報出力装置を実現するための情報出力プログラムの提供を他の目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するために、情報出力装置は、検索条件に対応付けて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す装飾物情報を記録している記録部と、検索条件の入力を受け付ける手段と、受け付けた検索条件に基づいて、前記記録部に記録している装飾物情報を抽出する手段と、抽出した装飾物情報を出力する手段とを備えることを特徴とする。

0008

また、本願記載の情報出力装置において、前記検索条件は、時期、花材、展示場所催事、価格、花器、創作者、花言葉及び花風水項目のうちから選択された一又は複数の項目に対して指定される条件であることを特徴とする。

0009

また、本願記載の情報出力装置において、前記装飾物情報は、装飾物の作成方法を示す動画情報を含むことを特徴とする。

0010

更に、本願記載の情報出力システムは、前記情報出力装置と、前記情報出力装置と通信網を介して通信可能な端末装置とを備え、前記端末装置は、検索条件を入力する操作を受け付ける手段と、受け付けた検索条件を、通信網を介して前記情報出力装置へ送信する手段と、送信した検索条件に対して出力される装飾物情報を、通信網を介して前記情報出力装置から受信する手段と、受信した装飾物情報を出力する手段とを備えることを特徴とする。

0011

更に、本願記載の情報出力プログラムは、コンピュータに、検索条件の入力を受け付けるステップと、検索条件に対応付けて装飾物の作成方法を示す装飾物情報を記録している記録部から、入力を受け付けた検索条件に基づいて、前記記録部に記録している装飾物情報を抽出するステップと、抽出した装飾物情報を出力するステップとをコンピュータに実行させることを特徴とする。

0012

したがって、本願記載の情報出力装置、情報出力システム及び情報出力プログラムは、条件に適合する植物を用いた装飾物の作成方法を出力することができる。

発明の効果

0013

本発明に係る情報出力装置、情報出力システム及び情報出力プログラムは、植物を用いた装飾物の作成方法を示す装飾物情報を、検索条件に基づいて抽出して出力する。これにより、条件に適合した装飾物の作成方法を得ることが容易である等の優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

0014

本願記載の情報出力システムの構成例を模式的に示す概略図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置及び端末装置の構成例を示すブロック図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置のレシピデータベース記録内容の一例を概念的に示す説明図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置及び端末装置の情報出力処理の一例をシーケンス図の形式で示すフローチャートである。
本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置から出力される画面例を示す説明図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置から出力される画面例を示す説明図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置から出力される画面例を示す説明図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置から出力される画面例を示す説明図である。
本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置から出力される画面例を示す説明図である。

実施例

0015

以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら説明する。なお、以下の実施形態は、本発明を具現化した一例であって、本発明の技術的範囲を限定する性格のものではない。

0016

[情報出力システムの全体構成]
図1は、本願記載の情報出力システムの構成例を模式的に示す概略図である。本願記載の情報出力システムは、生け花、フラワーデザイン等の植物を飾り付ける装飾物の作成方法を提供する。これにより、例えば、生け花教室に通ったことが無いような初心者であっても、お花の飾り付けを行い、楽しむことが可能となる等の様々な効果を得ることができる。このような効果を見込める本願記載の情報出力システムは、例えば、サーバコンピュータ等のコンピュータを用いて植物の装飾物の作成方法を示す装飾物情報を出力する情報出力装置1にて提供される。情報出力装置1は、インターネット等の通信網に接続されており、通信網に接続される高機能型携帯電話(所謂スマートフォン)、パーソナルコンピュータ等の端末装置2と通信することが可能である。端末装置2を操作する操作者は、端末装置2を操作して、情報出力装置1にアクセスする。端末装置2は、情報出力装置1にて管理されるウェブページにアクセスし、情報出力装置1から出力される装飾物情報を受信し、ウェブページとして出力する。このようにして出力される装飾物情報を、本願発明者は、生け花のレシピに例えて、「フラワーレシピ」と称している。

0017

[各装置のハードウェア構成
次に、本願記載の情報出力システムにて用いられる各装置のハードウェア構成について説明する。図2は、本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置1及び端末装置2の構成例を示すブロック図である。情報出力装置1は、サーバコンピュータ等のコンピュータを用いて構成され、制御部10、記録部11、記憶部12、通信部(出力部)13等の各種回路を備えている。

0018

制御部10は、情報処理回路計時回路レジスタ回路等の各種回路を備え、装置内の各部を制御する処理を実行するCPU(Central Processing Unit )等のプロセッサである。

0019

記録部11は、ハードディスクドライブ、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks )、フラッシュメモリ(Flash Memory)等の不揮発性メモリを用いて構成される回路であり、各種プログラム及びデータとの様々な情報を記録している。

0020

記録部11には、基本プログラム(OS:Operating System)、基本プログラム上で動作する応用プログラムアプリケーションプログラム)等のプログラムが記録されている。応用プログラムとしては、本願記載の情報出力装置1を実現する情報出力プログラム11a等の各種プログラムが記録されている。また、記録部11の記録領域の一部は、植物を用いた装飾物の作成方法を示す装飾物情報を記録するレシピデータベース11b等の各種データベースとして用いられる。なお、レシピデータベース11b等の各種データベースは、情報出力装置1に接続されたデータベースサーバ等の他の装置に記録し、情報出力装置1から必要に応じてアクセスするように構成することも可能である。即ち、データベースサーバ等の他の装置をも含めて複数の装置により、情報出力装置1を構成するようにしても良い。

0021

記憶部12は、各種RAM(Random Access Memory)等の揮発性メモリを用いて構成される回路であり、各種プログラムの実行に際して発生するデータを一時的に記憶する。なお、便宜上、記録部11及び記憶部12を異なる回路として示しているが、一の回路で構成しても良く、また相互にその機能を補完することも可能である。

0022

通信部13は、LANポート及び制御回路並びに各種ソフトウェアにて構成される回路であり、通信網を介して端末装置2等の各種装置と通信可能に接続されている。

0023

以上のように構成された情報出力装置1は、制御部10の制御により、記録部11に記録されている情報出力プログラム11a等の各種プログラムを読み取り、一時的に発生する情報を記憶部12に記憶して情報出力プログラム11a等の各種プログラムを実行する。これにより、コンピュータは、本願記載の情報出力装置1として機能する。

0024

図3は、本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置1のレシピデータベース11bの記録内容の一例を概念的に示す説明図である。レシピデータベース11bには、検索条件に対応付けて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す装飾物情報が記録されている。検索条件としては、時期、花材、展示場所、催事、価格、花器、創作者、地域、花言葉、花風水等の各種項目が設定されており、それぞれの装飾物情報に対応付けて、検索条件となる全て又は一部の項目に情報が記録されている。装飾物情報は、生け花の作成方法等の装飾物の作成方法を動画として出力する動画情報を含んでいる。なお、装飾物情報に含まれる動画情報そのものをレシピデータベース11bに記録するのではなく、動画情報を記録しているURL(Uniform Resource Locator)を、動画情報を指示する情報として、動画情報に代替して記録していても良い。図3の例において、作図都合上、各項目に示した情報は、それぞれの項目に設定される情報の一例をそれぞれの項目毎に例示したものであり、対応関係等はこの通りではない。また、図3の例において、花風水及び動画情報を示す情報は省略して示している。

0025

時期の項目には、動画情報として示される装飾物の作成に適した時期、例えば、材料となる花の旬の時期を示す月、季節等の情報が記録される。花材の項目には、装飾物の材料となる一又は複数種の植物の名称を示す情報が記録される。展示場所の項目には、装飾物を展示する(飾り付ける)玄関リビングキッチン等の場所を示す情報が記録される。催事の項目には、お誕生日会、記念日子会等の催し事(シーン)を示す情報が記録される。価格の項目には、装飾物の作成に必要な費用を示す情報が記録される。花器の項目には、3ボトルベースシリンダーグラス等の装飾物に適した花器を示す情報が記録される。創作者の項目には、装飾物を創作した人物、団体等の創作者を示す情報が記録されている。地域の項目には、創作者の出身地国籍、主な活動場所等の地域、国名等の場所を示す情報が記録されている。花言葉の項目には、装飾物に用いられる花材の花言葉を示す情報が記録されている。花風水の項目には、装飾物に用いられる花材の花風水を示す情報が記録されている。なお、これらの項目は一例であり、例えば、特に注目を得たい動画情報に対しては、特集、注目等の項目を設定し、装飾物情報を対応付けて記録することも可能である。

0026

図2戻り、端末装置2の構成例について説明する。図2に例示する端末装置2は、高機能型携帯電話を用いて構成されている。端末装置2は、制御部20、記録部21、記憶部22、通信部23、表示部(出力部)24、入力部25、音声出力部26、音声入力部27、操作部等の各種構成を備えている。

0027

制御部20は、装置内の各部を制御する処理を実行するプロセッサである。記録部21は、不揮発性メモリ及び揮発性メモリを用いて構成される回路である。記憶部22は、揮発性メモリを用いて構成される回路である。

0028

通信部23は、アンテナ及び制御回路を用いて構成される回路であり、通信網を介して、情報出力装置1との通信を実現し、また、図示しない携帯電話網を介して電話通信を実現する。

0029

表示部24は、画像を表示する液晶ディスプレイ等の回路である。入力部25は、操作者からの入力を受け付けるタッチパネル等の回路である。端末装置2は、表示部24及び入力部25を、例えば、薄板状をなす液晶ディスプレイとタッチパネルとを積層した液晶タッチパネルとして備えている。

0030

音声出力部26は、音を出力するスピーカ等の回路であり、例えば、制御部20からデジタル信号として受け付けた信号を音として出力する。音声入力部27は、音の入力を受け付けるマイク等の回路であり、受音した音をデジタル信号に変換し、例えば、制御部20へ出力する。

0031

[各装置のソフトウェア処理
次に、本願記載の情報出力システムにて用いられる各装置のソフトウェア処理について説明する。図4は、本願記載の情報出力システムにて用いられる情報出力装置1及び端末装置2の情報出力処理の一例をシーケンス図の形式で示すフローチャートである。端末装置2を操作する操作者は、端末装置2を操作し、情報出力装置1から提供されているウェブページにアクセスする。通信網を介して端末装置2からアクセスされた情報出力装置1は、制御部10の制御により、記録部11に記録された情報出力プログラム11a等の各種プログラムを実行することにより、情報出力処理を実行する。

0032

情報出力装置1の制御部10は、複数の検索項目を含み、それぞれの検索項目から検索条件を指定することが可能なウェブページを出力させる条件要求情報を通信部13から通信網を介して端末装置2へ送信(出力)する(ステップS1)。ステップS1にて送信される条件要求情報は、レシピデータベース11bに記録されている各種項目に基づいて作成される。

0033

端末装置2の制御部20は、通信部23にて条件要求情報を受信し(ステップS2)、受信した条件要求情報をウェブページとして表示部24に表示(出力)する(ステップS3)。

0034

図5は、本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置2から出力される画面例を示す説明図である。図5は、情報出力処理のステップS3にて表示される画面の一例を示している。図5に示すように、条件要求情報に基づく画面では、時期(季節)、花材、花器、創作者(フロリスト)、展示場所(場所)、催事(シーン)、地域(国)、価格、花言葉、花風水等の検索項目が示されている。端末装置2を操作する操作者は、当該画面から、一又は複数の項目を選択し、更に項目毎に示される複数の選択肢から一又は複数の検索条件を指定する。例えば、項目として催事(シーン)を選択した場合、「お誕生日会」、「記念日」、「女子会」等の選択肢が表示され、操作者は、その選択肢の中から一又は複数の検索条件を指定する入力を行う。

0035

図4のフローチャートに戻り、端末装置2は、制御部20の制御により、入力部25から検索条件を指定する入力を受け付け(ステップS4)、入力された検索条件を示す検索条件情報を通信部23から通信網を介して情報出力装置1へ送信する(ステップS5)。

0036

情報出力装置1の制御部10は、検索条件情報を通信部13が受信することにより、検索条件の入力を受け付け(ステップS6)、受け付けた検索条件に基づいて、記録部11のレシピデータベース11bに記録している装飾物情報を抽出し(ステップS7)、抽出した装飾物情報を通信部13から通信網を介して端末装置2へ送信(出力)する(ステップS8)。ステップS8にて送信される装飾物情報には、装飾物の作成方法を示す動画情報又は動画情報に代替して動画情報が格納されているURLを示す情報が含まれている。

0037

端末装置2は、制御部20の制御により、装飾物情報を受信し(ステップS9)、受信した装飾物情報に基づくウェブページを表示部24に表示(出力)する(ステップS10)。ステップS10にて表示部24に表示されるウェブページには、操作者が入力した検索条件に合致した装飾物情報に関する情報が表示されている。

0038

図6A及び図6Bは、本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置2から出力される画面例を示す説明図である。図6Aは、情報出力処理のステップS10にて表示される画面の一例を示している。画面内の左側には、装飾物情報に関する動画を表示させるための開始画面が示されており、画面内の右側には装飾物情報に関する情報が示されている。装飾物情報に関する情報として、画面内の右上側には、当該装飾物(生け花)の名称が示され、当該装飾物の紹介文等の情報が記載されている。また、画面内の右下側には、当該装飾物に必要な花材及び花器が示され、更に示された花器及び/又は花器を購入するためのウェブリンクが示されている。

0039

図6Bは、情報出力処理のステップS10にて表示される画面の他の例を示している。図6Bに示す例では、画面内の右下側に、当該装飾物に必要な花材及び花器を購入可能な店舗を示す情報が示されている。

0040

図6A又は図6Bに示す画面から左側に表示された動画を指示する所定の操作を行うことにより、装飾物情報に含まれている装飾物の作成方法を示す動画が表示される。

0041

図4のフローチャートに戻り、端末装置2の制御部20は、入力部25から所定の操作を受け付け(ステップS11)、装飾物情報に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す動画を表示部24に表示(出力)する(ステップS12)。

0042

図7及び図8は、本願記載の情報出力システムにて用いられる端末装置2から出力される画面例を示す説明図である。図7(a),(b),(c),(d),図8(a),(b),(c),(d)は、情報出力処理のステップS12において、動画として表示される装飾物の作成方法の一部を順に示している。端末装置2は、入力部25から動画を表示させる操作を受け付けると以下の順で表示部24に動画を表示する。先ず、図7(a)に示すように、生け花の完成画像及び生け花の名称を表示し、図7(b)に示すように、花材及び花材の名称並びに創作者を表示し、更に、図7(c)に示すように花器及び花器の名称を表示する。そして、植物を用いた装飾物の作成方法として、図7(d)、図8(a)として、作成の順にアレンジポイント字幕等の方法で強調しながら詳細な作業を表示し、図8(b)に示すように完成した装飾物を表示する。例えば、図7(d)では、「オクラレルカを柔らかくして生けます。」との字幕を表示し、図8(a)では、「Vの字を意識して生けます。」との字幕を表示する。そして、図8(c)に示すように、資材メーカ生産者等の公告等の情報を表示し、最後に図8(d)に示すように創作者のプロフィールを表示する。

0043

本願記載の情報出力装置1は、図7及び図8に示すように、装飾物を作成する上で、重要な特徴となるアレンジポイント等の箇所では、字幕等の強調表示を含ませながら、装飾物の作成方法を示す動画を表示する。これにより、端末装置2を操作する操作者は、装飾物の作成手順を容易に習得することが可能となる。

0044

また、本願記載の情報出力装置1は、時期、花材、展示場所、催事、価格、花器、創作者、花言葉、花風水等の様々な項目を選択肢として提供する。したがって、例えば、季節に応じて、また、バレンタイン、母の日、節等のイベントを考慮して、更には、飾る場所、花言葉、風水等の項目をも考慮して、操作者の好みに応じた作成手順、即ち、フラワーレシピを提供することが可能となる。

0045

また、花材の項目における選択肢を適宜設定することにより、1種類又は5種類以下の比較的少ない種類の花材を用いたフラワーレシピを提供することができるので、操作者は、限られた時間、予算等の条件を考慮して手軽に生け花を自ら行うことを試みることができる。同様に、価格の項目における選択肢を適宜設定することにより、300〜500円、1000円以下、10000円以上等の予算に応じたフラワーレシピを提供することが可能となる。更に、創作者を選択する選択肢が設けられているため、操作者は、自身の好みに応じた作風のフラワーレシピを選択することが可能となる。更に、装飾物情報として表示される画面から、通信網を介した花材等の購入が可能であり、また、花材を販売している店舗の情報が表示されるので、気に入ったフラワーレシピを実現するために必要な材料を入手する際の利便性が向上する。

0046

そしてビジネス展開としては、情報出力装置1に記録されている動画を表示させるURLを記載したカードレシート等の媒体を、花の販売時に、購入者に提供するようにしても良く、これにより、購入者は、購入した花に応じたフラワーレシピを容易に入手することが可能となり、販売者側にとっては新たなビジネスにつなげることも可能である。更には、動画を表示した後に、その動画にて示されたフラワーレシピの花材として用いられた花材の購入先のウェブページを表示するように展開することも可能である。

0047

本発明は、以上説明した実施形態に限定されるものではなく、他のいろいろな形態で実施することが可能である。そのため、上述した実施形態はあらゆる点で単なる例示にすぎず、限定的に解釈してはならない。本発明の範囲は請求の範囲によって示すものであって、明細書本文には、なんら拘束されない。更に、請求の範囲の均等範囲に属する変形や変更は、全て本発明の範囲内のものである。

0048

例えば、前記実施形態では、サーバコンピュータを用いた情報出力装置と、高機能型携帯電話、所謂スマートフォンを用いた端末装置とにより構成する情報出力システムの例を示したが、本発明の装置構成はこれに限るものではなく、適宜設計することが可能である。例えば、端末装置として、パーソナルコンピュータを用いても良く、また、高機能型携帯電話に応用プログラム、所謂アプリとして情報出力プログラムをダウンロードし、高機能型携帯電話を情報出力装置として用いてもよい。その場合、高機能型携帯電話を用いた情報出力装置は、制御部の制御により、記録部のレシピデータベースに記録されている各種項目に基づいて作成される条件要求情報を表示部(出力部)に表示(出力)し、入力部から検索条件を指定する入力を受け付け、受け付けた検索条件に基づいて、記録部のレシピデータベースに記録している装飾物情報を抽出し、抽出した装飾物情報に基づくウェブページを表示部(出力部)に表示(出力)し、更に、入力部から所定の操作を受け付け、装飾物情報に基づいて、植物を用いた装飾物の作成方法を示す動画を表示部(出力部)に表示(出力)するという処理を実行する。

0049

また、提供する植物を用いた装飾物情報とは、花を有する生け花に限らず、葉のみの装飾物、更には、盆栽等の様々な装飾物に関する情報を用いることが可能である。

0050

1情報出力装置
10 制御部
11 記録部
11a情報出力プログラム
11bレシピデータベース
12 記憶部
13通信部(出力部)
2端末装置
20 制御部
21 記録部
22 記憶部
23 通信部
24 表示部(出力部)
25 入力部
26音声出力部
27音声入力部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ