図面 (/)

技術 粘着剤組成物、及び粘着フィルム

出願人 荒川化学工業株式会社
発明者 伊藤良樹東本徹
出願日 2017年9月5日 (2年9ヶ月経過) 出願番号 2017-170488
公開日 2019年3月22日 (1年3ヶ月経過) 公開番号 2019-044114
状態 未査定
技術分野 接着剤、接着方法 接着テープ
主要キーワード ポリエーテルエステル化合物 切断くず ブチセロ 芳香族エステル化合物 鉄系化合物 単官能イソシアネート 化粧用フィルム 微粘着性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

微粘着性を有し、かつ、粘着フィルムに使用した場合に、切断等の加工の際に切断くずが発生しない、粘着剤組成物を提供すること。

解決手段

官能ポリエーテルポリオール(x1)を含むポリオール(x)、ポリイソシアネート(y)、及び単官能化合物(z)を含む成分の反応物であるウレタンポリオール(X)、並びにポリイソシアネート(Y)を含み、前記単官能化合物(z)が、単官能アルコール単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である、粘着剤組成物。

概要

背景

偏向板位相差板ディスプレイ用のレンズフィルム等の電子部材及び光学部材の表面の汚れや傷付きを防止する目的で、表面保護用フィルムなどの粘着フィルムが広く利用されている。

前記粘着フィルムは、使用後は剥離することが前提のため、剥離時に電子部材及び光学部材等を破損させないように低い粘着力微粘着性)が必要であった。また、製造工程後において粘着フィルムを剥離した際に、電子部材及び光学部材等を汚染し難い性質も必要であった。

前記粘着フィルムの粘着層に用いられる粘着剤としては、主に、アクリル系粘着剤ウレタン系粘着剤とがある。アクリル系粘着剤は被着体への密着性凹凸追随性に優れているが、貼付後の時間の経過に伴って、著しく粘着力が増加したり、剥離後に糊残りが起こることがあった。これに対してウレタン系粘着剤は、被着体への密着性、凹凸追随性に優れ、さらに貼付後の粘着力変化も少なく、剥離後の糊残りも抑制されているため、表面保護用フィルムに用いられる粘着剤として好適である(特許文献1、2)。

概要

微粘着性を有し、かつ、粘着フィルムに使用した場合に、切断等の加工の際に切断くずが発生しない、粘着剤組成物を提供すること。3官能ポリエーテルポリオール(x1)を含むポリオール(x)、ポリイソシアネート(y)、及び単官能化合物(z)を含む成分の反応物であるウレタンポリオール(X)、並びにポリイソシアネート(Y)を含み、前記単官能化合物(z)が、単官能アルコール単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である、粘着剤組成物。なし

目的

本発明は、微粘着性を有し、且つ、粘着フィルムに使用した場合において、切断等の加工の際に切断くずが発生しない、粘着剤組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

官能ポリエーテルポリオール(x1)を含むポリオール(x)、ポリイソシアネート(y)、及び単官能化合物(z)を含む成分の反応物であるウレタンポリオール(X)、並びにポリイソシアネート(Y)を含み、前記単官能化合物(z)が、単官能アルコール単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である、粘着剤組成物

請求項2

(x)成分における(x1)成分の含有量が60〜100重量%である、請求項1に記載の粘着剤組成物。

請求項3

(x1)成分の数平均分子量が1,000〜5,000である、請求項1又は2に記載の粘着剤組成物。

請求項4

(z)成分が、(x)成分及び(y)成分の合計量に対して0.5〜10重量%である、請求項1〜3のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項5

(z)成分の分子量が50〜1,000である、請求項1〜4のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項6

(z)成分が単官能アルコールである、請求項1〜5のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項7

(X)成分の数平均分子量が5,000〜30,000である、請求項1〜6のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項8

さらに劣化防止剤(O)を含む、請求項1〜7のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項9

さらに可塑剤(P)を含む、請求項1〜8のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項10

さらに帯電防止剤(Q)を含む、請求項1〜9のいずれかに記載の粘着剤組成物。

請求項11

基材と、請求項1〜10のいずれかに記載の粘着剤組成物の硬化物からなる粘着層とを含む、粘着フィルム

技術分野

0001

本発明は、粘着剤組成物、及び粘着フィルムに関するものである。

背景技術

0002

偏向板位相差板ディスプレイ用のレンズフィルム等の電子部材及び光学部材の表面の汚れや傷付きを防止する目的で、表面保護用フィルムなどの粘着フィルムが広く利用されている。

0003

前記粘着フィルムは、使用後は剥離することが前提のため、剥離時に電子部材及び光学部材等を破損させないように低い粘着力微粘着性)が必要であった。また、製造工程後において粘着フィルムを剥離した際に、電子部材及び光学部材等を汚染し難い性質も必要であった。

0004

前記粘着フィルムの粘着層に用いられる粘着剤としては、主に、アクリル系粘着剤ウレタン系粘着剤とがある。アクリル系粘着剤は被着体への密着性凹凸追随性に優れているが、貼付後の時間の経過に伴って、著しく粘着力が増加したり、剥離後に糊残りが起こることがあった。これに対してウレタン系粘着剤は、被着体への密着性、凹凸追随性に優れ、さらに貼付後の粘着力変化も少なく、剥離後の糊残りも抑制されているため、表面保護用フィルムに用いられる粘着剤として好適である(特許文献1、2)。

先行技術

0005

特開2006−182795号公報
特開2015−7226号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかし、近年、前記粘着フィルムを切断等で加工する際に、前記粘着層に由来する糊カス等の切断くずによる汚染が起こることがあり、作業性や生産性の低下を招き大きな問題となっている。特に、粘着層にウレタン系粘着剤が使われた場合に、該粘着層を含む粘着フィルムは切断くずの発生が多く、加工性が悪いことが知られていた。そのため、粘着フィルムにおいて、切断くずを生じない、加工性に優れたウレタン系粘着剤の開発が種々検討されているが、完全に防止するまでには至っていない。

0007

本発明は、微粘着性を有し、且つ、粘着フィルムに使用した場合において、切断等の加工の際に切断くずが発生しない、粘着剤組成物を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、鋭意検討した結果、所定のウレタンポリオール、及び所定のイソシアネートを含む粘着剤組成物によって、前記課題が解決できることを見出し、本発明を完成させた。即ち本発明は、以下の粘着剤組成物、及び粘着フィルムに関する。

0009

1.3官能ポリエーテルポリオール(x1)を含むポリオール(x)、ポリイソシアネート(y)、及び単官能化合物(z)を含む成分の反応物であるウレタンポリオール(X)、並びにポリイソシアネート(Y)を含み、
前記単官能化合物(z)が、単官能アルコール単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である、粘着剤組成物。

0010

2.(x)成分における(x1)成分の含有量が60〜100重量%である、前記項1に記載の粘着剤組成物。

0011

3.(x1)成分の数平均分子量が1,000〜5,000である、前記項1又は2に記載の粘着剤組成物。

0012

4.(z)成分が、(x)成分及び(y)成分の合計量に対して0.5〜10重量%である、請求項1〜3のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0013

5.(z)成分の分子量が50〜1,000である、前記項1〜4のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0014

6.(z)成分が単官能アルコールである、前記項1〜5のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0015

7.(X)成分の数平均分子量が5,000〜30,000である、前記項1〜6のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0016

8.さらに劣化防止剤(O)を含む、前記項1〜7のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0017

9.さらに可塑剤(P)を含む、前記項1〜8のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0018

10.さらに帯電防止剤(Q)を含む、前記項1〜9のいずれかに記載の粘着剤組成物。

0019

11.基材と、前記項1〜10のいずれかに記載の粘着剤組成物の硬化物からなる粘着層とを含む、粘着フィルム。

発明の効果

0020

本発明の粘着剤組成物は、粘着フィルムに使用した場合において、切断等の加工の際に切断くずが発生せず、加工性に優れているため、作業性や生産性よく、粘着フィルムを得ることができる。

0021

本発明の粘着剤組成物は、粘着フィルムに使用した場合において、微粘着性を有するため、被着体から容易に剥離でき、剥離時に破損しやすい電子部材及び光学部材の表面を汚れや傷から保護する表面保護用フィルムとして好適である。

0022

本発明の粘着剤組成物(以下、粘着剤)は、3官能ポリエーテルポリオール(x1)(以下、(x1)成分)を含むポリオール(x)(以下、(x)成分)、ポリイソシアネート(y)(以下、(y)成分)、及び単官能化合物(z)(以下、(z)成分)を含む成分の反応物であるウレタンポリオール(X)(以下、(X)成分)、並びにポリイソシアネート(Y)(以下、(Y)成分)を含み、前記(z)成分が、単官能アルコール、単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である、ことを特徴とする。以降の説明において、「微粘着性」は粘着剤及び後述の粘着フィルムにおける微粘着性を示し、「加工性」は後述の粘着フィルムにおける加工性を示す。

0023

(x)成分は、(x1)成分を含むポリオールである。(x1)成分は、3官能ポリエーテルポリオールであれば、特に限定されず各種公知のものを用いることができる。具体的には、例えば活性水素基を3つ有する活性水素含有化合物開始剤として用い、エチレンオキサイドプロピレンオキサイドオキセタンブチレンオキサイドテトラヒドロフラン等の含酸素環状化合物開環重合させて得られる化合物が挙げられる。該活性水素含有化合物としては、グリセリントリメチロールプロパントリエタノールアミン等が挙げられる。該含酸素環状化合物を開環重合させて得られる化合物としては、例えば、該活性水素含有化合物から得られる3官能のポリエチレングリコールポリプロピレングリコールポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物ポリテトラメチレングリコール等が挙げられる。これらは一種を単独で又は二種以上を併用できる。これらの中でも、(y)成分との反応性が高い点で、3官能のポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物、及びポリテトラメチレングリコールが好ましく、微粘着性が得られる点から、3官能のポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物がより好ましい。(x1)成分の数平均分子量は、微粘着性が得られる点から、1,000〜5,000程度(ゲルパーメーションクロマトグラフ法によるポリスチレン換算値、以下、数平均分子量という場合は同様である)のものが好ましく、同様の点から2,000〜4,000程度がより好ましい。(x)成分における(x1)成分の含有量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点で、好ましくは60〜100重量%程度、より好ましくは70〜100重量%程度であればよい。

0024

(x)成分には、必要に応じて(x1)成分以外のポリオール(x2)(以下、(x2)成分とする)を含めてもよい。(x2)成分は、特に限定されず各種公知のポリオールを用いることができる。具体的には、例えば、ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオールポリカーボネートポリオールポリブタジエンポリオールアクリルポリオール等が挙げられる。これらの中で、(x1)成分との相溶性に優れ、微粘着性が得られる点で、ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオールが好ましい。(x)成分における(x2)成分の含有量は、特に限定されないが、微粘着性が得られる点で、好ましくは0〜40重量%程度、より好ましくは0〜30重量%程度であればよい。

0025

(x2)成分のポリエーテルポリオールは、(x1)成分以外のポリエーテルポリオールであり、2官能又は4官能以上のポリエーテルポリオールである。具体的には、例えば活性水素基を2つ又は4つ以上有する活性水素含有化合物を開始剤として用い、エチレンオキサイド、プロピレンオキサイド、オキセタン、ブチレンオキサイド、テトラヒドロフラン等の含酸素環状化合物を開環重合させて得られる化合物が挙げられる。該活性水素基を2つ有する活性水素含有化合物としては、エチレングリコールプロピレングリコール、1,4−ブタンジオールビスフェノールA等が挙げられ、該活性水素基を4つ以上有する活性水素含有化合物としては、ペンタエリスリトールジグリセリンエチレンジアミンソルビトール等が挙げられる。該含酸素環状化合物を開環重合させて得られる化合物としては、該活性水素含有化合物から得られる2官能又は4官能以上のポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物、ポリテトラメチレングリコール等が挙げられる。これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。これらの中でも、加工性に優れる点で、2官能のポリエーテルポリオールが好ましく、また(y)成分との反応性が優れる点から、第1級水酸基を有するものがより好ましく、2官能のポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物、ポリテトラメチレングリコールなどが特に好ましい。該ポリエーテルポリオールの数平均分子量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点から、数平均分子量が700〜5,000程度のものが好ましく、同様の点から1,000〜4,000程度がより好ましい。

0026

(x2)成分のポリエステルポリオールとしては、2官能以上のポリエステルポリオールであれば、各種公知のものを用いることができる。酸成分としてアジピン酸アゼライン酸、セバチン酸、無水フタル酸イソフタル酸テレフタル酸トリメリット酸等が挙げられ、アルコール成分としてエチレングリコール、ジエチレングリコール、1,4−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、2−メチル1,3−プロパンジオール、3−メチル−1,5−ペンタンジオールネオペンチルグリコールブチルエチルプロパンジオール、グリセリン、トリメチロールプロパン、ペンタエリスリトール等が挙げられる。その他、ポリカプロラクトンポリ(β−メチル−γ−バレロラクトン)、ポリバレロラクトン等のラクトン類を開環重合して得られるポリエステルポリオール等も挙げられる。これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。該ポリエステルポリオールの数平均分子量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点から、700〜5,000程度のものが好ましく、同様の点で1,000〜4,000程度がより好ましい。

0027

(y)成分は、ポリイソシアネートであれば、特に限定されず各種公知のものを用いることができる。具体的には、例えば、キシリレンジイソシアネートフェニレンジイソシアネート、トリレンジイソシアネートジフェニルメタンジイソシアネートナフタレンジイソシアネート等の芳香族ジイソシアネートヘキサメチレンジイソシアネートリジンジイソシアネートシクロヘキサンジイソシアネート、イソホロンジイソシアネート、4,4’−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート、1,3−ビスイシアナトメチルシクロヘキサンテトラメチルキシリレンジイソシアネート等の脂肪族又は脂環式ジイソシアネートなどが挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。これらの中でも、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点から、脂肪族又は脂環式ジイソシアネートを用いることが好ましい。また、(y)成分には、前記ジイソシアネートのアロファネート体、アダクト体ビュレット体、イソシアヌレート体等も併用することができる。(y)成分の使用量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点で、(x)成分100重量部に対して3〜10重量部程度であることが好ましい。

0028

(z)成分は、単官能アルコール、単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の単官能化合物である。(X)成分に(z)成分を導入することで、粘着剤を後述の粘着フィルムに使用した場合において、微粘着性を維持したまま良好な加工性の粘着フィルムを得ることができる。(z)成分によって加工性が良好になる理由は不明だが、(z)成分が導入されることで(X)成分を含む粘着層と基材フィルムとの密着性が向上し、切断等の加工の際に粘着層から糊カス等が発生しないためと推定される。さらに、(z)成分を導入することで、(X)成分の合成時のゲル化も抑制できることが判明した。

0029

(z)成分としては、単官能アルコール、単官能イソシアネート及び単官能アミンからなる群より選択される少なくとも1種の単官能化合物であれば、特に限定されず各種公知のものを用いることができる。(z)成分は、(x)成分又は(y)成分との反応性が優れる点から、第1級又は第2級の水酸基イソシアネート基アミノ基を有するものが好ましい。単官能アルコールとしては脂肪族アルコール脂環式アルコール芳香族アルコールアルキレングリコールモノアルキルエーテルアルキレングリコールモノ脂肪酸エステル等が、単官能イソシアネートとしては脂肪族イソシアネート脂環式イソシアネート芳香族イソシアネート等が、単官能アミンとしては脂肪族アミン脂環式アミン芳香族アミン等が挙げられる。これらの中でも、(X)成分の合成が容易になる点から、(z)成分は単官能アルコール又は単官能イソシアネートが好ましく、入手が容易である点から、単官能アルコールがより好ましい。(z)成分の使用量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点から、(x)成分及び(y)成分の合計量に対して0.5〜10重量%程度が好ましく、同様の点から1〜6重量%程度がより好ましい。また(z)成分の分子量は、特に限定されないが、(X)成分の合成が容易になる点から分子量は50以上、加工性が良好になる点から分子量は1,000以下が好ましく、同様の点から100〜500程度がより好ましい。なお、(z)成分の分子量は、式量又は数平均分子量であり、化学式の式量で分子量を特定できる場合は式量をいう。数平均分子量は、前記同様にゲルパーメーションクロマトグラフ法によるポリスチレン換算の値である。

0030

前記単官能アルコールの具体例としては、例えば、メタノールエタノールプロパノールブタノールヘキサノールヘプタノールオクタノールノナノールデカノールラウリルアルコールミリスチルアルコールセチルアルコールステアリルアルコールアラキジルアルコールオレイルアルコール等の脂肪族アルコール、エチレングリコールモノメチルエーテルエチレングリコールモノプロピルエーテルエチレングリコールモノブチルエーテルエチレングリコールモノペンチルエーテル、エチレングリコールモノヘキシルエーテル、エチレングリコールモノヘプチルエーテルエチレングリコールモノオクチルエーテルジエチレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールモノプロピルエーテル、ジエチレングリコールモノブチルエーテルトリエチレングリコールモノメチルエーテルトリエチレングリコールモノブチルエーテルポリエチレングリコールモノメチルエーテル、ポリエチレングリコールモノプロピルエーテル、ポリエチレングリコールモノブチルエーテル、ポリエチレングリコールモノペンチルエーテル、ポリエチレングリコールモノヘキシルエーテル、ポリエチレングリコールモノヘプチルエーテル、ポリエチレングリコールモノオクチルエーテル、プロピレングリコールモノメチルエーテルプロピレングリコールモノブチルエーテルジプロピレングリコールモノメチルエーテルジプロピレングリコールモノブチルエーテル、ポリプロピレングリコールモノメチルエーテル、ポリプロピレングリコールモノブチルエーテル等のアルキレングリコールモノアルキルエーテル、エチレングリコールモノアセチレート、エチレングリコールモノラウリレート、エチレングリコールモノステアレート、エチレングリコールモノオレートプロピレングリコールモノラウリレート、プロピレングリコールモノステアレート、プロピレングリコールモノオレート、グリセリンジステアレート等のアルキレングリコールモノ脂肪酸エステルが挙げられる。その他、乳酸、2−ヒドロキシ酪酸3−ヒドロキシ酪酸、4−ヒドロキシ酪酸、3−ヒドロキシプロピオン酸、12−ヒドロキシステアリン酸等の分子内に一個の水酸基を有する脂肪酸を用いてもよい。これらの中でも、加工性が良好になる点から、アルキレングリコールモノアルキルエーテル、アルキレングリコールモノ脂肪酸エステルが好ましい。

0031

前記単官能イソシアネートの具体例としては、例えば、エチルイソシアネート、プロピルイソシアネート、ブチルイソシアネート、オクタデシルイソシアネート等の脂肪族イソシアネート、シクロヘキシルイソシアネート等の脂環式イソシアネート、フェニルイソシアネートベンジルイソシアネート等の芳香族イソシアネートが挙げられる。前記単官能アミンの具体例としては、例えば、エチルアミンジエチルアミンプロピルアミンジプロピルアミンブチルアミンジブチルアミンペンチルアミン、ジペンチルアミン、ヘキシルアミンジヘキシルアミン、ヘプチルアミンジヘプチルアミン、オクチルアミンジオクチルアミン、ノニルアミン、デシルアミン、ドデシルアミンテトラデシルアミンヘキサデシルアミンオクタデシルアミン等の脂肪族アミン、シクロヘキシルアミン等の脂環式アミン、ベンジルアミンフェネチルアミン等の芳香族アミンが挙げられる。これらの中でも、加工性が良好になる点から脂肪族イソシアネート、脂肪族アミンが好ましい。

0032

(X)成分には、前記(x)〜(z)成分と反応し得るその他成分を含めても良い。その他成分としては、例えば、エチレングリコール、1,4−ブタンジオール、2−メチル1,3−プロパンジオール、3−メチル−1,5−ペンタンジオール、ネオペンチルグリコール、ブチルエチルプロパンジオール、グリセリン、トリメチロールプロパン、ペンタエリスリトール、ダイマージオールヒマシ油ポリオール等の低分子ポリオール、エチレンジアミン、N−アミノエチルエタノールアミンイソホロンジアミンキシリレンジアミン等の多価アミンが挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用できる。

0033

(X)成分は、前記(x)成分〜(z)成分を含む成分を配合して、重合反応することで製造できる。前記成分の配合方法は、特に限定されず、いずれかの成分から混合するか全成分を同時に入れても良い。また、必要に応じ、合成触媒(a)(以下(a)成分)を用いることができ、重合反応時に一種以上の溶剤(b)(以下(b)成分)も用いることができる。重合温度は、重合反応の制御の点から40〜100℃が好ましく、同様の点で60〜85℃がより好ましい。また、重合時間は1時間〜8時間程度が好ましい。

0034

(a)成分としては、各種公知のウレタン化触媒を用いることができる。具体的には、トリエチルアミントリエチレンジアミン、1,8−ジアザビシクロ(5,4,0)−ウンデセン−7(DBU)等の3級アミン系化合物ジブチル錫ジクロライド、ジブチル錫オキサイド、ジブチル錫ジブマイド、ジブチル錫ジマレエートジブチル錫ジラウレートジブチル錫ジアセテート、ジブチル錫スルファイドトリブチル錫スルファイド、トリブチル錫オキサイド、トリブチル錫アセテートトリエチルエトサイド、トリブチル錫エトキサイド、ジオクチル錫オキサイド、ジオクチル錫ジラウレート、ジオクチル錫ジバーサテート、トリブチル錫クロライド、トリブチル錫トリクロロアセテート、2−エチルヘキサン酸錫等の錫系化合物チタンテトラアセチルアセトネートチタンジイソプロポキシビス(アセチルアセトネート)、チタンジイソプロポキシビス(エチルアセトアセテート)、チタニウムジ−2−エチルヘキソシビス(2−エチル−3−ヒドロキシヘキソキシド)、テトラブチルチタネートなどのチタン系化合物、2−エチルヘキサン酸鉄、鉄アセチルアセトネートなどの鉄系化合物ナフテン酸亜鉛、2−エチルヘキサン酸亜鉛などの亜鉛系化合物ジルコニウムテトラアセチルアセトネートジルコニウムトリブトキシモノアセチルアセトネート、ナフテン酸ジルコニウムなどのジルコニウム系化合物が挙げられる。(a)成分の使用量は特に限定されないが、通常、反応の制御が容易な点で(x)、(y)、(z)成分の合計量に対して0.001〜1.0重量%程度である。

0035

(b)成分としては、各種公知のものを使用できる。具体的には、アセトンメチルエチルケトンメチルイソブチルケトン酢酸エチル酢酸ブチルトルエンキシレンアセチルアセトン等が挙げられる。(b)成分の使用量は特に限定されないが、(X)成分の合成が容易になる点で、(x)、(y)、(z)成分の合計量に対して20〜200重量%程度が好ましく、同様の点から50〜100重量%程度がより好ましい。

0036

(X)成分の数平均分子量(Mn)(ゲルパーメーションクロマトグラフ法によるポリスチレン換算値、以下、数平均分子量という場合は同様である)は、特に限定されないが、好ましくは5,000〜30,000程度、より好ましくは8,000〜25,000程度、特に好ましくは10,000〜20,000程度である。該数平均分子量(Mn)が適切な範囲にあることで、微粘着性及び良好な加工性が両立できる。また、(X)成分の水酸基価(JIS K0070。以下、水酸基価というときは同様。)は、特に限定されないが、微粘着性が得られる点から、10〜40mgKOH/gが好ましく、同様の点から15〜30mgKOH/gがより好ましい。

0037

(Y)成分としては、前記(y)成分のポリイソシアネート、及び該ポリイソシアネート化合物のアロファネート体、アダクト体、ビュウレット体、又はイソシアヌレート体等が挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。これらの中で、粘着剤の硬化性の点から3官能以上が好ましく、中でもアダクト体、イソシアヌレート、ビュウレット体が好ましい。(Y)成分の配合量は、特に限定されないが、微粘着性及び良好な加工性が両立できる点から、(X)成分の水酸基と(Y)成分のイソシアネート基とのモル比NCO/OH)が、0.8〜2.0程度が好ましく、同様の点から1.0〜1.5程度がより好ましい。

0038

本発明の粘着剤には、必要に応じて、熱、又は光による劣化を抑制することを目的に、劣化防止剤(O)(以下、(O)成分)を含んでもよい。(O)成分としては、特に限定されないが、酸化防止剤紫外線吸収剤光安定剤などが挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。

0039

前記酸化防止剤としては、フェノール系酸化防止剤及びアミン系酸化防止剤等のラジカル連鎖禁止剤硫黄系酸化防止剤及びリン系酸化防止剤等の過酸化物分解剤等が挙げられる。市販品としては、アデカスタブAO−20、AO−30、AO−40,AO−50、AO−60、AO−80、AO−330、PEP−8、PEP−36、HP−10、AO−412S,AO−503((株)ADEKA製)等が挙げられる。

0040

前記紫外線吸収剤としては、ベンゾフェノン系紫外線吸収剤ベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤サリチル酸系紫外線吸収剤、シュウ酸アニリド系紫外線吸収剤シアノアクリレート系紫外線吸収剤、及びトリアジン系紫外線吸収剤等が挙げられる。市販品としては、アデカスタブLA−24、LA−29、LA−31G、LA−32、LA−36、LA−46、LA−F70((株)ADEKA製)等が挙げられる。

0041

前記光安定剤としては、ヒンダードアミン系光安定剤等が挙げられる。市販品としては、アデカスタブLA−52、LA−57、LA−63P、LA−68、LA−72、LA−77Y、LA−77G、LA−81((株)ADEKA製)等が挙げられる。

0042

前記(O)成分の配合量は、(X)成分の劣化を抑制でき、被着体への(O)成分の移行を抑制できる点から、粘着剤中の(X)成分に対して0.1〜5重量%程度であることが好ましく、同様の点で0.2〜2重量%程度がより好ましい。

0043

また、本発明の粘着剤には、微粘着性及び被着体への濡れ性を得ることを目的に、可塑剤(P)(以下、(P)成分)を含んでもよい。(P)成分としては、特に限定されないが、エポキシ化脂肪酸エステル化合物、ポリエーテルエステル化合物リン酸エステル化合物脂肪酸エステル化合物脂環式エステル化合物芳香族エステル化合物などが挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。その中でも、(X)成分及び(Y)成分との相溶性が高い点から、エポキシ化脂肪酸エステル化合物、ポリエーテルエステル化合物、リン酸エステル化合物が好ましい。

0044

前記エポキシ化脂肪酸エステル化合物としては、エポキシ化菜種脂肪酸ブチル、エポキシ化菜種脂肪酸オクチル、エポキシ化大豆油エポキシ化亜麻仁油エポキシヘキサヒドロフタル酸オクチル、エポキシヘキサヒドロフタル酸ジエポキシステアリル等を挙げることができる。

0045

前記ポリエーテルエステル化合物としては、ポリアルキレングリコール末端エステル変性化合物等が挙げられる。該ポリアルキレングリコールとしては、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリ(エチレンオキサイド・プロピレンオキサイド)ブロックおよび/又はランダム共重合体、ポリテトラメチレングリコール、ビスフェノール類エチレンオキシド付加重合体、ビスフェノール類のプロピレンオキシド付加重合体、ビスフェノール類のテトラヒドロフラン付加重合体等を挙げることができる。

0046

前記リン酸エステル化合物としては、リン酸トリブチルリン酸トリオクチルリン酸トリフェニルリン酸オクチルジフェニルおよびリン酸トリクレシルなどを挙げることができる。

0047

前記(P)成分の配合量は、微粘着性が得られて、被着体への(P)成分の移行を抑制できる点から、粘着剤中の(X)成分に対して10〜100重量%程度であることが好ましく、同様の点で20〜50重量%程度がより好ましい。

0048

さらに、本発明の粘着剤には、帯電防止性を付与する目的で、帯電防止剤(Q)(以下(Q)成分)を含んでもよい。(Q)成分としては、特に限定されないが、アルカリ金属塩イオン液体導電性高分子金属酸化物微粒子フィラー)、界面活性剤などが挙げられ、これらは一種を単独で又は二種以上を併用してもよい。その中でも、(X)成分及び(Y)成分との相溶性が高い点から、アルカリ金属塩、及びイオン液体が好ましい。

0049

前記アルカリ金属塩としては、塩化リチウム臭化リチウムヨウ化リチウム過塩素酸リチウムホウフッ化リチウム、六フッ化リン酸リチウムリチウムチオシアナートメタンスルホン酸リチウム、トリフルオロメタンスルホン酸リチウム、パーフルオロブチルスルホン酸リチウム、リチウムビストリフルオロメタンスルホニルイミド、リチウムビス(ペンタフルオロエタンスルホニル)イミド、リチウムトリス(トリフルオロメタンスルホニル)メチド、リチウムビス(フルオロスルホニル)イミド等が挙げられる。これらの中でも、(X)成分との相溶性が良好な点から、リチウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミドが好ましい。

0050

前記イオン液体としては、1−エチル−3−メチルイミダゾリウムビストリフルオロメチルスルホニル)イミド、1,3−ジメチルイミダゾリウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミドおよび1−ブチル−3−メチルイミダゾリウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド等のイミダゾリウムイオン、1−メチルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−ブチルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−ヘキシルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−オクチルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−ヘキシル−4−メチルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−ヘキシル−4−メチルピリジニウムヘキサフルオロリン酸塩、1−オクチル−4−メチルピリジニウムビス(トリフルオロメチルスルホニル)イミド、1−オクチル−4−メチルピリジニウムビス(フルオロスルホニル)イミド、1−メチルピリジニウムビス(パーフルオロエチルスルホニル)イミドおよび1−メチルピリジニウムビス(パーフルオロブチルスルホニル)イミドなどピリジニウムイオントリメチルヘプチルアンモニウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミド、N,N−ジエチル−N−メチル−N−プロピルアンモニウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミド、N,N−ジエチル−N−メチル−N−ペンチルアンモニウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミド、N,N−ジエチル−N−メチル−N−ヘプチルアンモニウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミド、トリ-n-ブチルメチルアンモニウムビストリフルオロメタンスルホンイミド等のアンモニウムイオンが挙げられる。その他、ピロリジニウム塩ホスホニウム塩スルホニウム塩等が挙げられる。

0051

前記(Q)成分の配合量は、帯電防止性が得られて、被着体への(Q)成分の移行を抑制できる点から、粘着剤中の(X)成分100重量部に対して0.01〜5重量部程度であることが好ましく、同様の点で0.05〜3重量部程度がより好ましい。

0052

本発明の粘着剤には、その他、粘着剤の硬化を損なわない範囲で、必要に応じて一種以上の他の任意成分を含めることが出来る。他の任意成分としては、触媒、ウレタンポリオール以外の樹脂、溶剤、充填剤着色剤消泡剤防錆剤レベリング剤等の添加剤を配合しても良い。

0053

本発明の粘着フィルムは、基材と、前記粘着剤の硬化物からなる粘着層を含む。基材としては特に制限されず、プラスチックフィルムプラスチックシート、紙、合成紙、金属箔等が挙げられる。粘着層は、例えば、基材となるフィルムの片面又は両面に積層することができる。また、基材は、これら基材の少なくとも一方の面に任意の1つ以上の層が積層された積層フィルムであってもよい。基材の粘着層を形成する側の面には、必要に応じて、コロナ放電処理及びアンカーコート剤塗布等の易接着処理が施されていてもよい。

0054

前記プラスチックフィルム、プラスチックシートの構成樹脂としては特に制限されず、ポリエチレンテレフタレート(PET)等のエステル系樹脂ポリエチレン(PE)及びポリプロピレン(PP)等のオレフィン系樹脂ポリ塩化ビニル等のビニル系樹脂ナイロン66等のアミド系樹脂ウレタン系樹脂発泡体を含む);これらの組合せ等が挙げられる。該プラスチックフィルムの厚みは特に制限されず、好ましくは15〜300μmである。 前記紙としては特に制限されず、普通紙、コート紙、及びアート紙等が挙げられる。前記金属箔の構成金属としては特に制限されず、アルミニウム、銅、及びこれらの組合せ等が挙げられる。

0055

本発明の粘着フィルムは、公知方法にて製造することができる。はじめに、基材の表面に本発明の粘着剤を塗工して、本発明の粘着剤からなる塗工層を形成する。塗布方法は公知方法を適用でき、ロールコーター法コンマコーター法、ダイコーター法、リバースコーター法、シルクスクリーン法、及びグラビアコーター法等が挙げられる。 次に、塗工層を乾燥及び硬化して、本発明の粘着剤の硬化物からなる粘着層を形成する。加熱乾燥温度は特に制限されず、60〜150℃程度が好ましい。粘着層の厚み(乾燥後の厚み)は用途によって異なるが、好ましくは1〜200μmである。

0056

本発明の粘着フィルムは、テープ、ラベルシール、及び両面テープ等の形態で、使用することができる。本発明の粘着フィルムは、微粘着性を有しており、加工性に優れるため、表面保護用フィルム、化粧用フィルム、及び滑り止めフィルム等として好適に使用される。 本発明の粘着フィルムは、透明性にも優れるため、フラットパネルディスプレイ及びタッチパネルディスプレイ、並びに、これらの製造工程で製造又は使用される基板及び電子部材及び光学部材等に対する表面保護用フィルムとして好適に用いられる。

0057

以下に実施例及び比較例をあげて本発明をさらに具体的に説明するが、本発明はこれら実施例に限定されるものではない。各例中、特記しない限り、部及び%は重量基準である。

0058

数平均分子量(Mn)は、ゲルパーメーションクロマトグラフ(GPC)法により測定した。測定条件は以下の通りとした。なお、Mnはいずれも、ポリスチレン換算値である。
(GPC測定条件)
機種製品名「HLC−8220」(東ソー(株)製)
カラム:製品名「PLgelMIXED−C」(Agilent Technology製)×2本
展開溶媒、流量:テトラヒドロフラン、1.0mL/分
測定温度:40℃
検出器RI
標準:単分散ポリスチレン

0059

<ウレタンポリオール(X)の合成>
合成例1
撹拌器還流冷却管窒素導入管温度計滴下漏斗備え付けた4口フラスコに、アデカポリエーテルAM−302(3官能のポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物、数平均分子量3000、(株)ADEKA製)99.5部とHDI(ヘキサメチレンジイソシアネート東ソー(株)製)5.1部、ブチセロ(エチレングリコールモノブチルエーテル、三協化学(株)製)0.5部、ネオスタンU−830(ジオクチルスズジバーサテート 日東化成(株)製)0.01部、トルエン46.7部とメチルエチルケトン23.3部を仕込み、75℃まで徐々に昇温し、4時間反応を行った。赤外吸収(IR)スペクトルにてイソシアネート基由来のピーク消滅を確認してから冷却し、ウレタンポリオールを含む透明溶液(X−1)(固形分 60重量%)を得た。該ウレタンポリオールの数平均分子量は14,000、水酸基価は23mgKOH/gであった。

0060

合成例2〜13
組成を表1のものに変更した以外は、合成例1と同様の手順で製造した。(z)成分を含まない合成例12では、合成時にゲル化した。

0061

表1の仕込み量の単位は重量部であり、表1中の略語及び注釈は、以下の通りである。
アデカポリエーテルAM−302:3官能のポリプロピレングリコールエチレンオキサイド付加物、数平均分子量3,000、(株)ADEKA製
クラレポリオールP−1010:2官能のポリエステルポリオール、数平均分子量1,000、(株)クラレ製
HDI:ヘキサメチレンジイソシアネート東ソー(株)製
タケネート600:1,3−ビスイソシアナトメチルシクロヘキサン三井化学(株)製
ブチセロ:エチレングリコールモノブチルエーテル、分子量118、三協化学(株)製
ユニオックスM400:ポリエチレングリコールモノメチルエーテル、分子量400、日油(株)製
リケマールPS−100:プロピレングリコールモノステアレート、分子量343、理研ビタミン(株)製
ブタノール:分子量74、三菱ケミカル(株)製
リオネートO:オクタデシルイソシアネート、分子量211、保土谷化学工業(株)製
ジブチルアミン:分子量129、(株)ダイセル
ネオスタンU−830:ジオクチルスズジバーサテート、日東化成(株)製
ナーセム第二鉄:鉄アセチルアセトネート、日本化学産業(株)製

0062

<粘着剤組成物の調製>
実施例1
合成例1で得られた(X−1)167部(固形換算で100部)、ポリイソシアネートとしてコロネートHX(ヘキサメチレンジイソシアネートのイソシアヌレート体東ソー(株)製)9.0部、酸化防止剤としてアデカスタブAO−60(フェノール系酸化防止剤(株)ADEKA製)0.5部、アデカスタブAO−503(硫黄系酸化防止剤(株)ADEKA製)0.5部、及びメチルエチルケトン94部、アセチルアセトン4部を配合し、粘着剤組成物(固形分40重量%)を得た。なお、溶剤を除く各材料の使用量は、固形分換算値を示す。

0063

実施例2〜14、比較例1〜2
組成を表2のものに変更した以外は、実施例1と同様の手順で製造した。

0064

<粘着フィルムの作成>
バーコーターを用いて、基材フィルム(ポリエチレンテレフタレートフィルム膜厚50μm 「ルミラーT−60」東レ(株)製)の片面に、実施例及び比較例の粘着剤組成物を、乾燥後厚みが10μmになるように塗工し、120℃で1分間乾燥して、粘着層を形成した。該粘着層の上に、厚さ38μmの剥離フィルム(「スーパーステックSP−PET38」リンテック(株)製)を貼着して、粘着フィルムを得た。該粘着フィルムを40℃の恒温槽内で1週間養生した後、剥離フィルムを剥がして粘着力及び加工性の評価に供した。実施例14の粘着剤組成物から得られた粘着フィルムは、前記評価に加えて、粘着層の表面抵抗率の評価にも供した。

0065

<粘着力>
25mm×80mmの試験片を準備する。23℃−50%RHの環境下で、粘着層をガラス板に貼着し、2kgのローラーを1往復させる方式で圧着した。1時間後に300mm/minの引張速度で180°方向に引き剥がし、粘着力(単位:N/25mm)を測定した。電子部材及び光学部材に用いられる表面保護用フィルムにおいては、微粘着性が要求されることから、該粘着力は低いものが好ましく、0.01〜0.04N/25mm程度がより好ましく、0.01〜0.02N/25mm程度が特に好ましい。
<加工性>
粘着層の表面を指で擦った時、粘着層から剥がれた凝集物(糊カス)が出るかどうか目視で判定することで加工性を評価した。目視は蛍光灯下にて行った。加工性が良好であれば、擦っても凝集物は発生しにくい。評価は下記の基準にて行った。
◎:20回以上擦っても凝集物が発生しない。
○:10〜19回擦った時点で凝集物が発生する。
△:5〜9回擦った時点で凝集物が発生する。
×:1〜4回擦った時点で凝集物が発生する。
<表面抵抗率>
粘着層の表面抵抗率(Ω/□)を、ハイレスターUPMCPHT450((株)三菱化学アナリテック製)を用いて、温度23℃−50%RHの環境下で測定した。

実施例

0066

表2の配合量の単位は重量部であり、表2中の略語及び注釈は、以下の通りである。
コロネートHX:ヘキサメチレンジイソシアネートのイソシアヌレート体東ソー(株)製
アデカスタブAO−60:フェノール系酸化防止剤、(株)ADEKA製
アデカスタブAO−503:イオウ系酸化防止剤、(株)ADEKA製
デカサイザーRS−700:ポリエーテルエステル、(株)ADEKA製
アデカサイザーD−55:エポキシ化脂肪酸アルキルエステル、(株)ADEKA製
Li(CF3SO2)2N:リチウムビス(トリフルオロメタンスルホニル)イミド、三菱マテリアル電子化成(株)製

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ