図面 (/)

技術 ユーザインタフェース開発支援装置、ユーザインタフェース開発支援方法、および、ユーザインタフェース開発支援プログラム

出願人 オムロン株式会社
発明者 岩村慎太郎高橋大輔
出願日 2017年8月25日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2017-161708
公開日 2019年3月14日 (6ヶ月経過) 公開番号 2019-040380
状態 未査定
技術分野 ストアードプログラム デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 製造ライン毎 編集画面内 ファクトリーオートメーション 表示解除 プログラマブルロジックコントローラ ユーザインタフェースオブジェクト 表層側 開発支援プログラム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年3月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

重なっている複数のUIオブジェクトに対する編集ミスを抑制する。

解決手段

UI開発支援装置10は、UI編集部11、操作入力部12、および、表示部14を備える。UI編集部11は、UIの編集処理を実行し、UI編集画面140を生成する。表示部14は、UI編集画面140を表示する。操作入力部12は、UIの編集に対する操作を受け付ける。UI編集部11は、UI編集画面140において重なっている複数のUIオブジェクトがあると、操作入力部12による所定の操作に応じて、重なっている複数のUIオブジェクトの一覧をUI編集画面140内に表示させる。

概要

背景

現在、ファクトリーオートメーションFA)のシステムにおいては、一般的に、ユーザインタフェース(UI)を備えた表示器が用いられている。表示器は、FAシステム内の各装置の状態を表示する機能、各装置に対する設定データ命令データ等の操作入力受け付ける機能を有する。

このため、表示画像には、例えば、特許文献1に示すような、操作入力を受け付けるボタン、装置の状態を示すランプ、および、計測値等を表示する表示枠等のUIオブジェクトのうち、必要なものが表示されている。

これらのUIオブジェクトは、UI画面上での配置位置、大きさ、色等のプロパティが設定されている。

そして、このようなUIの開発では、プログラマは、UI編集画面上にUIオブジェクトを配置し、当該UIオブジェクトに対してプロパティを設定する。

概要

重なっている複数のUIオブジェクトに対する編集ミスを抑制する。UI開発支援装置10は、UI編集部11、操作入力部12、および、表示部14を備える。UI編集部11は、UIの編集処理を実行し、UI編集画面140を生成する。表示部14は、UI編集画面140を表示する。操作入力部12は、UIの編集に対する操作を受け付ける。UI編集部11は、UI編集画面140において重なっている複数のUIオブジェクトがあると、操作入力部12による所定の操作に応じて、重なっている複数のUIオブジェクトの一覧をUI編集画面140内に表示させる。

目的

本発明の目的は、重なっている複数のUIオブジェクトに対する編集ミスを抑制するUI開発支援技術を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ユーザインタフェース編集処理を実行し、生成した編集画面表示器に表示させるユーザインタフェース編集部と、前記ユーザインタフェースの編集に対する操作を受け付け操作入力部と、を備え、前記ユーザインタフェース編集部は、前記編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトがあると、前記操作入力部への一覧表示用の操作に応じて、前記重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの一覧を前記編集画面内に表示させる、ユーザインタフェース開発支援装置

請求項2

前記操作入力部は、前記編集画面内で位置を指示するポインタの操作を受け付け、前記ユーザインタフェース編集部は、前記ポインタの位置が前記最表層のユーザインタフェースオブジェクトに重なっていれば、前記一覧を表示させる、請求項1に記載のユーザインタフェース開発支援装置。

請求項3

前記ユーザインタフェース編集部は、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの1つを選択する操作入力を前記操作入力部から受け付けると、選択されたユーザインタフェースオブジェクトを、編集対象となる前記最表層のユーザインタフェースオブジェクトとして表示させる、請求項1または請求項2に記載のユーザインタフェース開発支援装置。

請求項4

前記ユーザインタフェース編集部は、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトに対して位置または形状の統一化の操作入力を前記操作入力部から受け付けると、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置または形状を統一する、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載のユーザインタフェース開発支援装置。

請求項5

前記ユーザインタフェース編集部は、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトに対して属性の統一化の操作入力を前記操作入力部から受け付けると、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの属性を統一する、請求項1乃至請求項4のいずれかに記載のユーザインタフェース開発支援装置。

請求項6

前記ユーザインタフェース編集部は、前記一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置関係を変化させる操作入力を前記操作入力部から受け付けると、前記一覧内での複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置関係を変化させるとともに、前記編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける前記最表層のユーザインタフェースオブジェクトをこの変化に応じて設定する、請求項1乃至請求項5のいずれかに記載のユーザインタフェース開発支援装置。

請求項7

ユーザインタフェースの編集処理を実行し、編集画面を生成するユーザインタフェース編集処理と、前記編集画面を表示する表示処理と、前記ユーザインタフェースの編集に対する操作を受け付ける操作入力処理と、を有し、前記ユーザインタフェース編集処理では、前記編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトがあると、前記操作入力部による所定の操作に応じて、前記重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの一覧を前記編集画面内に表示させる、ユーザインタフェース開発支援方法

請求項8

ユーザインタフェースの編集処理を実行し、編集画面を生成するユーザインタフェース編集処理と、前記編集画面を表示する表示処理と、前記ユーザインタフェースの編集に対する操作を受け付ける操作入力処理と、を、情報処理装置に実行させるユーザインタフェース開発支援プログラムであって、前記ユーザインタフェース編集処理において、前記編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトがあると、前記操作入力部による所定の操作に応じて、前記重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの一覧を前記編集画面内に表示させる処理を、前記情報処理装置に実行させる、ユーザインタフェース開発支援プログラム。

技術分野

0001

この発明は、プログラマによるユーザインタフェースの開発を支援する技術に関する。

背景技術

0002

現在、ファクトリーオートメーションFA)のシステムにおいては、一般的に、ユーザインタフェース(UI)を備えた表示器が用いられている。表示器は、FAシステム内の各装置の状態を表示する機能、各装置に対する設定データ命令データ等の操作入力受け付ける機能を有する。

0003

このため、表示画像には、例えば、特許文献1に示すような、操作入力を受け付けるボタン、装置の状態を示すランプ、および、計測値等を表示する表示枠等のUIオブジェクトのうち、必要なものが表示されている。

0004

これらのUIオブジェクトは、UI画面上での配置位置、大きさ、色等のプロパティが設定されている。

0005

そして、このようなUIの開発では、プログラマは、UI編集画面上にUIオブジェクトを配置し、当該UIオブジェクトに対してプロパティを設定する。

先行技術

0006

特開2015−153073号公報

発明が解決しようとする課題

0007

UI編集画面によっては、複数のUIオブジェクトが重なる場合がある。例えば、複数のUIオブジェクトの重なりは、次の場合に生じる。

0008

同じ工程を有する複数の製造ラインに対するUIを作成する場合、製造ライン毎にUIを作成するよりも、複数の製造ラインに対するUIを同時に作成する方が、作業が容易になる。また、同じ工程の製造ラインであれば、UIは類似するものである方が使い勝手がよい。したがって、プログラマは、UI編集画面において製造ライン毎のUIオブジェクトを重ねて編集することになる。

0009

そして、この場合、UI編集画面において、重なっている複数のUIオブジェクトの内、1つのUIオブジェクトによって、他のUIオブジェクトが隠れてしまう。このため、プログラマは、他のUIオブジェクトを容易に視認できない。

0010

一方で、製造ライン毎のUIオブジェクトの色が異なっていたり、それぞれに設定する制御が異なる等、製造ラインのUIオブジェクト毎に、プロパティが異なることがある。

0011

ここで、上述のように、隠れているUIオブジェクトが存在すると、隠れているUIオブジェクトのプロパティを編集し忘れる等の編集ミスが生じ、所望とするUIを作成できないことがある。

0012

したがって、本発明の目的は、重なっている複数のUIオブジェクトに対する編集ミスを抑制するUI開発支援技術を提供することにある。

課題を解決するための手段

0013

このユーザインタフェース開発支援装置は、ユーザインタフェース編集部、表示部、および、操作入力部を備える。ユーザインタフェース編集部は、ユーザインタフェースの編集処理を実行し、生成した編集画面を表示器に表示させる。操作入力部は、ユーザインタフェースの編集に対する操作を受け付ける。ユーザインタフェース編集部は、編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトがあると、操作入力部による一覧表示用の操作に応じて、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの一覧を編集画面内に表示させる。

0014

この構成では、複数のユーザインタフェースオブジェクトが画面上に重なり、最表層のユーザインタフェースオブジェクトしか視認できない場合であっても、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトが並べて表示される。

0015

また、このユーザインタフェース開発支援装置では、操作入力部は、編集画面内で位置を指示するポインタの操作を受け付ける。ユーザインタフェース編集部は、ポインタの位置が最表層のユーザインタフェースオブジェクトに重なっていれば、一覧を表示させる。

0016

この構成では、ユーザインタフェースオブジェクトにポインタを重ねるだけで、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトが並べて表示される。

0017

また、このユーザインタフェース開発支援装置では、ユーザインタフェース編集部は、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの1つを選択する操作入力を操作入力部から受け付けると、選択されたユーザインタフェースオブジェクトを、編集対象となる最表層のユーザインタフェースオブジェクトとして表示させる。

0018

この構成では、最表層ではないユーザインタフェースオブジェクトが最表層に表示され、編集可能になる。

0019

また、このユーザインタフェース開発支援装置では、ユーザインタフェース編集部は、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトに対して位置または形状の統一化の操作入力を操作入力部から受け付けると、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置または形状を統一する。

0020

この構成では、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置または形状の統一化が容易な操作で行われる。

0021

また、このユーザインタフェース開発支援装置では、ユーザインタフェース編集部は、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトに対して属性の統一化の操作入力を操作入力部から受け付けると、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの属性を統一する。

0022

この構成では、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの属性の統一化が容易な操作で行われる。

0023

また、このユーザインタフェース開発支援装置では、ユーザインタフェース編集部は、一覧内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置関係を変化させる操作入力を操作入力部から受け付けると、一覧内での複数のユーザインタフェースオブジェクトの位置関係を変化させるとともに、編集画面において重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける最表層のユーザインタフェースオブジェクトをこの変化に応じて設定する。

0024

この構成では、重なっている複数のユーザインタフェースオブジェクトの順番が容易に変更され、且つ、最表層のユーザインタフェースオブジェクトにもこの順番の変化が反映される。

発明の効果

0025

この発明によれば、複数のUIオブジェクトが重なっていても、編集ミスを抑制できる。

図面の簡単な説明

0026

本発明の実施形態に係るユーザインタフェース開発支援装置の機能ブロック図である。
本発明の実施形態に係るUI編集画面の一例を示す図である。
複数のUIオブジェクトの一覧の生成方法を示すフローチャートである。
複数のUIオブジェクトの一覧の第1表示態様を示す図である。
複数のUIオブジェクトの一覧の第2表示態様を示す図である。
複数のUIオブジェクトの一覧表示解除方法を示すフローチャートである。
複数のUIオブジェクトの一覧表示の解除時のUI編集画面の状態を示す図である。
本編集対象のUIオブジェクトの切り替え方法を示すフローチャートである。
編集対象のUIオブジェクトの切り替えの作業時のUI編集画面の状態を示す図である。
重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化の方法を示すフローチャートである。
重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化の作業時のUI編集画面の状態を示す図である。
重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更の方法を示すフローチャートである。
重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更の作業時のUI編集画面の状態を示す図である。
重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更後のUI編集画面の状態を示す図である。

実施例

0027

本発明の実施形態に係るユーザインタフェース開発支援技術について、図を参照して説明する。図1は、本発明の実施形態に係るユーザインタフェース開発支援装置の機能ブロック図である。

0028

図1に示すように、UI(ユーザインタフェース)開発支援装置10は、UI(ユーザインタフェース)編集部11、操作入力部12、通信制御部13、および、表示部14を備える。UI開発支援装置10は、パーソナルコンピュータ等の情報処理装置によって実現される。

0029

UI編集部11は、演算部111と記憶部112とを備える。演算部111は、CPU等によって実現され、記憶部112は、ハードディスク等の記憶媒体半導体メモリ等によって実現されている。記憶部112は、UI(ユーザインタフェース)編集プログラム210を記憶している。UI編集プログラム210は、操作入力部12からの操作入力に応じてUI(ユーザインタフェース)オブジェクトの作成、画面内での配置、属性の設定等を行うことで、UI画面を生成、編集するプログラムである。演算部111は、UI編集プログラム210を読み出して実行することによって、UI画面の生成、編集を実行する。UI編集部11は、編集中のUI画面すなわちUI編集画面140を、表示部14に表示させる。

0030

操作入力部12は、例えば、マウスキーボードからなり、プログラマ等のUI開発支援装置10の操作者から操作入力を受け付ける。操作入力部12は、受け付けた操作内容を、演算部111に出力する。

0031

通信制御部13は、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)等の制御装置との通信制御を実行する。

0032

表示部14は、例えば、液晶ディスプレイ等であり、UI編集部11で編集されたUI編集画面140を表示する。

0033

図2は、UI編集画面の一例を示す図である。図2に示すように、UI編集画面140は、メインウィンドウ141と属性表示ウィンドウ142とポインタ41とを含む。メインウィンドウ141と属性表示ウィンドウ142とは並んで表示されている。

0034

メインウィンドウ141は、画面編集領域1411とツールバー1412とを有する。画面編集領域1411は、メインウィンドウ141の中央の略全域を占めている。

0035

画面編集領域1411には、UIオブジェクト51、52等の作成したUIオブジェクトが配置されている。UIオブジェクトとは、ボタン、ランプ等を表す図形、数値を表示するための枠等である。

0036

ツールバー1412は、これらUIオブジェクトの作成に用いるツールが配置されており、例えば、プログラマは、ツールバー1412のツールを選択して、画面編集領域1411に所定の処理を実行することで、UIオブジェクトの作成を実現する。

0037

属性表示ウィンドウ142には、画面編集領域1411において、その時点で選択されているUIオブジェクトの各種の属性が配置されている。属性とは、UIオブジェクトの名称、種類、UIオブジェクトに設定された変数、図形の形、色、大きさ、配置位置等を含む。

0038

(一覧表示)
図3は、複数のUIオブジェクトの一覧の生成方法を示すフローチャートである。図4は、複数のUIオブジェクトの一覧の第1表示態様を示す図である。図5は、複数のUIオブジェクトの一覧の第2表示態様を示す図である。

0039

UI編集部11は、図3に示す処理を実行することによって、UI編集画面140の画面編集領域1411内に複数のUIオブジェクトが重なっている場合に、図4または図5に示すような複数のUIオブジェクトの一覧を生成し、UI編集画面140内に配置する。

0040

まず、UI編集部11は、UI編集画面140におけるポインタ41の位置(座標)を検出する(S101)。

0041

UI編集部11は、画面編集領域1411におけるポインタ41の位置がUIオブジェクトに重なっているか否かを検出する(S102)。これは、例えば、画面編集領域1411におけるUIオブジェクトの領域は、二次元の座標で記憶されている。UI編集部11は、ポインタ41の位置座標が当該二次元の座標で定義されるUIオブジェクトの領域内にあれば、ポインタとUIオブジェクトとが重なっていると判定する。このポインタ41をUIオブジェクトに重ねる操作が、一覧表示用の操作に対応する。

0042

UI編集部11は、ポインタ41がUIオブジェクトの領域内に無ければ(S102:NO)、次のポインタ41への操作入力まで待機する。

0043

図4に示すように、UI編集部11は、ポインタ41がUIオブジェクトに重なっていれば(S102:YES)、当該UIオブジェクトに対して、他のUIオブジェクトが重なっているか否かを検出する(S103)。例えば、UI編集部11は、新たなUIオブジェクトの編集、登録時に、既にあるUIオブジェクトとの重なりを検出する。そして、UI編集部11は、重なっている複数のUIオブジェクトを、そのZ方向の位置関係とともに記憶しておく。これにより、その後の編集では、UI編集部11は、UIオブジェクトの重なり、Z方向の位置関係、すなわち、最表層のUIオブジェクトから裏側に順次並ぶUIオブジェクトの位置関係を検出できる。

0044

UI編集部11は、画面編集領域1411においてポインタ41が重なるUIオブジェクトに対して、複数のUIオブジェクトが重なっていれば(S130:YES)、重なっているUIオブジェクトの一覧500を生成し(S104)、図4に示すように、UI編集画面140内に配置する。

0045

一覧500には、ポインタ41が重なるUIオブジェクト51と、このUIオブジェクト51に重なるUIオブジェクト52およびUIオブジェクト53とが含まれている。また、一覧500では、UIオブジェクト51、UIオブジェクト52、UIオブジェクト53は、UI編集プログラム210によって設定されている表層側から順に合わせて、配置される。

0046

このような処理によって、プログラマは、UI編集画面140においてUIオブジェクトにポインタを重ねるだけで、このUIオブジェクトによってUI編集画面140では隠れている他のUIオブジェクトを、容易に視認できる。これにより、プログラマは、隠れているUIオブジェクトの編集のし忘れ等の編集ミスを抑制できる。また、プログラマは、表層からの複数のUIオブジェクトの並び順を把握できる。

0047

この際、図4に示すように、UI編集部11は、UIオブジェクト52を、より表層側のUIオブジェクト51に部分的に重ね、UIオブジェクト52の一部を敢えて視認できないように配置する。同様に、UI編集部11は、UIオブジェクト53を、より表層側のUIオブジェクト52に部分的に重ね、UIオブジェクト53の一部を敢えて視認できないように配置する。これにより、プログラマは、UIオブジェクト51、52、53の表層からの順を、より分かり易く視認できる。

0048

さらに、図4に示すように、UI編集部11は、表層側から裏側に向けて、UIオブジェクトを徐々に小さく表示するように設定する。これにより、プログラマは、UIオブジェクト51、52、53の表層からの順を、より直感的に理解し易い。

0049

また、UI編集部11は、ポインタ41が重ねられたUIオブジェクト51に近接させて一覧500を配置する。これにより、プログラムは、UI編集画面140内のどのUIオブジェクトに他のUIオブジェクトが隠れているかを視認し易い。

0050

なお、UI編集部11は、図5に示すような一覧の設定を行うこともできる。図5は、複数のUIオブジェクトの一覧の第2表示態様を示す図である。

0051

図5に示す表示態様では、UI編集部11は、UIオブジェクト51、52、53をUI編集画面140の縦方向に順に並べる一覧500を生成して、UI編集画面140内に配置する。この設定であっても、図4と同様に、UIオブジェクトによってUI編集画面140では隠れている他のUIオブジェクトを、容易に視認できる。また、プログラマは、表層からの複数のUIオブジェクトの並び順を把握できる。さらに、図5の表示態様では、重なる複数のUIオブジェクトの大きさを変更することなく、表層側からの並びを分かり易く表示できる。

0052

なお、上述の説明では、ポインタ41がUIオブジェクト51に重なったことを検出して、一覧500を配置する態様を示した。しかしながら、操作入力部12としてキーボード等を備えており、当該キーボードにおいて所定のキー入力等が行われた時に、一覧500を配置することも可能である。この場合、所定のキー入力等が一覧表示用の操作となる。

0053

(一覧表示の解除)
UI編集部11は、一覧500の表示解除を次のように行う。

0054

図6は、複数のUIオブジェクトの一覧表示の解除方法を示すフローチャートである。図7は、複数のUIオブジェクトの一覧表示の解除時のUI編集画面の状態を示す図である。

0055

UI編集部11は、上述の状態においてUIオブジェクトの一覧500を表示させる(S201)。この間、UI編集部11は、ポインタ41の位置を検出している(S202)。UI編集部11は、ポインタ41がUIオブジェクト51に重なっているか否かを検出する(S203)。これは、上述の図3に示すフローチャートの方法によって実現できる。

0056

UI編集部11は、ポインタ41とUIオブジェクト51とが重なっていれば(S203:NO)、一覧500の配置を継続させる(S201)。

0057

UI編集部11は、ポインタ41とUIオブジェクト51とが重なっていなければ(S203:YES)、ポインタ41が解除用領域にあるか否かを検出する(S204)。

0058

解除用領域とは、例えば、図7に示すように、UIオブジェクト51の領域に対して所定距離で広げた領域ZCよりも外側の領域である。

0059

UI編集部11は、ポインタ41が解除用領域になければ(S204:NO)、一覧500の配置を継続させる(S201)。

0060

UI編集部11は、ポインタ41が解除用領域にあれば(S204:YES)、UI編集画面140から一覧500を削除し、一覧表示を解除する(S205)。

0061

このような処理によって、プログラマは、ポインタ41の移動だけで、一覧500の表示を解除でき、通常のUI編集画面140による編集を復帰できる。

0062

なお、上述の説明では、ポインタ41が解除用領域に入ることを条件として、一覧500の表示を解除したが、さらに、一覧500の表示の解除に遅延時間を設けてもよい。具体的には、UI編集部11は、ポインタ41が解除用領域内に入ることを検出し、遅延時間分に相当する時間に亘ってポインタ41が解除用領域から外れない場合に、一覧500の表示を解除する。

0063

(編集対象のUIオブジェクトの変更)
UI編集部11は、編集対象のUIオブジェクトを次のように切り替えする。

0064

図8は、本編集対象のUIオブジェクトの切り替え方法を示すフローチャートである。図9は、編集対象のUIオブジェクトの切り替えの作業時のUI編集画面の状態を示す図である。

0065

UI編集部11は、上述の状態においてUIオブジェクトの一覧500を表示させる(S301)。この間、UI編集部11は、ポインタ41の位置を検出している(S302)。

0066

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっているか否かを検出する(S303)。UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていなければ(S303:NO)、UIオブジェクトの一覧500の表示を継続する。

0067

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていれば(S303:YES)、ポインタ41が重なるUIオブジェクトに応じて、UI編集画面140の更新を行う(S304)。

0068

具体的には、UI編集部11は、ポインタ41が重なるUIオブジェクトを、UI編集画面140における最表層のUIオブジェクトに切り替える。これに伴い、属性表示ウィンドウ142の表示も、切り替え後の最表層のUIオブジェクトに対応する内容に切り替える。例えば、図9の例であれば、UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクト52に重なっていれば、UI編集画面140の最表層に表示されているUIオブジェクト51をUIオブジェクト52に切り替える。これに伴い、UI編集部11は、属性表示ウィンドウ142の表示を、UIオブジェクト51に対応する内容から、UIオブジェクト52に対応する内容に切り替える。そして、UI編集部11は、UIオブジェクト51に換えて、UIオブジェクト52の編集を可能にする。

0069

このような処理によって、プログラマは、重なっている複数のUIオブジェクトにおける編集対象のUIオブジェクトを容易に切り替えることができる。

0070

(編集対象のUIオブジェクトの変更)
UI編集部11は、重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化を次のように実行する。

0071

図10は、重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化の方法を示すフローチャートである。図11は、重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化の作業時のUI編集画面の状態を示す図である。

0072

UI編集部11は、上述の状態においてUIオブジェクトの一覧500を表示させる(S401)。この間、UI編集部11は、ポインタ41の位置を検出している(S402)。

0073

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっているか否かを検出する(S403)。UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていなければ(S403:NO)、UIオブジェクトの一覧500の表示を継続する。

0074

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていれば(S403:YES)、操作入力部12から統一化の操作を受け付けているか否かを検出する(S404)。UI編集部11は、統一化の操作を受け付けていなければ(S404:NO)、UIオブジェクトの一覧500の表示を継続する。

0075

UI編集部11は、統一化の操作を受け付けると(S404:YES)、操作内容に応じて、一覧500に含まれる複数のUIオブジェクト、すなわち、UI編集画面140において重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化を行う(S405)。そして、UI編集部11は、統一内容に応じて、UI編集画面140の構成を更新する(S406)。

0076

例えば、図11の例であれば、一覧500に含まれるUIオブジェクト51、UIオブジェクト52、および、UIオブジェクト53は、サイズと中心位置が異なる。

0077

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクト51に重なっており、統一化の操作(例えば、操作入力部12であるマウスの右クリック等)に応じて、統一化の項目が記載されたコンテキストメニューを配置する。UI編集部11は、さらに、コンテキストメニューにおいて、サイズと位置の統一の項目を選択する操作を受け付けると、UIオブジェクト51とともに一覧500に含まれる複数のUIオブジェクト52、53のサイズと位置を、UIオブジェクト51のサイズと位置に統一する。これにより、UIオブジェクト51、UIオブジェクト52、および、UIオブジェクト53のサイズと中心位置は、UIオブジェクト51のサイズと中心位置に統一される。

0078

なお、図11に示す例において、属性の統一が選択されれば、UI編集部11は、UIオブジェクト51、UIオブジェクト52、および、UIオブジェクト53における変更可能な属性を統一する。

0079

また、この統一化の処理に応じて、UI編集部11は、メインウィンドウ141のみでなく、属性表示ウィンドウ142の内容も変更する。

0080

これにより、プログラマは、重なっている複数のUIオブジェクトの属性の統一化を容易に行うことができる。

0081

(UIオブジェクトの順番の変更)
UI編集部11は、重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更を次のように実行する。

0082

図12は、重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更の方法を示すフローチャートである。図13は、重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更の作業時のUI編集画面の状態を示す図である。図14は、重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更後のUI編集画面の状態を示す図である。

0083

UI編集部11は、上述の状態においてUIオブジェクトの一覧500を表示させる(S501)。この間、UI編集部11は、ポインタ41の位置を検出している(S502)。

0084

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっているか否かを検出する(S503)。UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていなければ(S503:NO)、UIオブジェクトの一覧500の表示を継続する。

0085

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクトと重なっていれば(S503:YES)、操作入力部12からUIオブジェクトの順番変更の操作を受け付けているか否かを検出する(S504)。UI編集部11は、順番変更の操作を受け付けていなければ(S504:NO)、UIオブジェクトの一覧500の表示を継続する。

0086

UI編集部11は、順番変更の操作を受け付けると(S504:YES)、操作内容に応じて、一覧500に含まれる複数のUIオブジェクト、すなわち、UI編集画面140において重なっている複数のUIオブジェクトの表示順番を変更する(S505)。そして、UI編集部11は、変更内容に応じて、UI編集画面140の構成を更新する(S506)。

0087

例えば、図13の例であれば、一覧500では、UIオブジェクト51、UIオブジェクト52、および、UIオブジェクト53は、この順で並んでいる。

0088

UI編集部11は、ポインタ41が一覧500内のUIオブジェクト52に重なっており、図13に示すように、UIオブジェクト52をUIオブジェクト51よりも表層側に移動させる順番変更の操作(例えば、操作入力部12であるマウスのドラッグドロップ等)を受け付ける。この順番変更の操作の受付によって、UI編集部11は、図14に示すように、一覧500にて、表層側からUIオブジェクト52、UIオブジェクト51、UIオブジェクト53の順に並ぶように、UIオブジェクトの順番を変更する。さらに、UI編集部11は、画面編集領域1411において、図13に示すUIオブジェクト51を配置する構成から、図14に示すUIオブジェクト52を配置する構成に変更する。これと同時に、UI編集部11は、メインウィンドウ141のみでなく、属性表示ウィンドウ142の内容も、UIオブジェクト51の内容からUIオブジェクト52の内容に変更する。

0089

これにより、プログラマは、重なっている複数のUIオブジェクトの順番の変更を容易に行うことができる。

0090

なお、上述の説明では、重なっている複数のUIオブジェクトがグループ化されていない態様を示したが、重なっている複数のUIオブジェクトがグループ化されていても、上述の処理を適用することができる。すなわち、グループ化されている複数のUIオブジェクトが少なくとも部分的に互いに重なっている時に、上述の処理と同様に、一覧表示、一覧表示の解除、編集対象の変更等を行うことができる。

0091

また、UIオブジェクトは、操作入力の受け付けを行うものに限らず、単に表示されるものも含まれる。

0092

また、上述の複数の処理は、個別に実行されるものでなくてもよく、上述の複数の処理は、組み合わせて実行されてもよい。

0093

10:UI開発支援装置
11:UI編集部
12:操作入力部
13:通信制御部
14:表示部
41:ポインタ
51、52、53:UIオブジェクト
111:演算部
112:記憶部
140:UI編集画面
141:メインウィンドウ
142:属性表示ウィンドウ
210:UI編集プログラム
500:一覧
1411:画面編集領域
1412:ツールバー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ