図面 (/)

技術 太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法

出願人 君泰創新(北京)科技有限公司
発明者 郭政蔡セン王旭東黄同陽範慧斌
出願日 2018年8月13日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2018-152421
公開日 2019年3月7日 (5ヶ月経過) 公開番号 2019-034550
状態 未査定
技術分野 スクリーン印刷機 プリント配線の製造(2)
主要キーワード 電極スクリーン 位置決めステーション 作動原理図 位置決め結果 自動位置決め 加工機器 スクリーン印刷プロセス シリーズ溶接
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年3月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

位置決め精度を向上させ、生産能力及び品質を向上させる印刷ステム及び方法を提供する。

解決手段

太陽電池セル2が載置されるように構成される透明ガラス板1と、前記透明ガラス板の上に位置され、前記太陽電池セルに対して電極印刷を行うように構成される電極印刷装置3と、前記透明ガラス板の真下に位置され、前記太陽電池セルの位置情報収集するように構成される視認位置決めモジュール4と、前記視認位置決めモジュールから送信された位置情報に応じて、前記電極印刷装置の印刷位置を調整するように構成される制御モジュール5と、を備える太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法。

概要

背景

近年、太陽光発電は急速に進展するクリーンエネルギーとなっており、ヘテロ接合太陽電池について、その電極スクリーン印刷機器は非常に重要な加工機器である。スクリーン印刷機器における視認位置決めモジュールは、電極スクリーン印刷品質及び精度に対して非常に重要な役割を果たす。

関連技術において、視認位置決めモジュールは、電池セル位置決めステーションの上に設置され、電池セルが位置決められてから印刷ステーションに搬送され、印刷ヘッドは、視認位置決めモジュールの位置決め結果に応じて、自体の位置を調整して電極印刷を行う。

しかし、電池セルの印刷ステーションへの搬送中に、搬送機構自体の精度、重送精度の影響により、印刷ステーションに到達する際に、電池セルの位置がややずれる。しかしながら、印刷ヘッドは、視認位置決めモジュールの位置決め情報に応じて自体の位置を調整し、並びに電極印刷を行うため、電池セルをシリーズ溶接する際に白抜き、弱溶接等の不都合が現れ、電池ユニット加工効率及び加工品質に影響を及ばす。

概要

位置決め精度を向上させ、生産能力及び品質を向上させる印刷システム及び方法を提供する。太陽電池セル2が載置されるように構成される透明ガラス板1と、前記透明ガラス板の上に位置され、前記太陽電池セルに対して電極印刷を行うように構成される電極印刷装置3と、前記透明ガラス板の真下に位置され、前記太陽電池セルの位置情報収集するように構成される視認位置決めモジュール4と、前記視認位置決めモジュールから送信された位置情報に応じて、前記電極印刷装置の印刷位置を調整するように構成される制御モジュール5と、を備える太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法。

目的

本願は、関連技術における問題を解决し、電池セルの印刷位置決め精度を向上させ、さらに、電池ユニットの加工効率及び加工品質を向上させるような太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

太陽電池セルが載置されるように構成される透明ガラス板と、前記透明ガラス板の上に位置され、前記太陽電池セルに対して電極印刷を行うように構成される電極印刷装置と、前記透明ガラス板の真下に位置され、前記太陽電池セルの位置情報収集するように構成される視認位置決めモジュールと、前記視認位置決めモジュールから送信された位置情報に応じて、前記電極印刷装置の印刷位置を調整するように構成される制御モジュールと、を備える、太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム

請求項2

前記透明ガラス板に、前記太陽電池セルを吸着するように構成される真空チャックが設置される、請求項1に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項3

前記太陽電池セルを前記透明ガラス板に搬送するように構成される搬送機構を更に備える、請求項1に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項4

前記電極印刷装置は、スキージユニットスクレーパスクリーン枠及びスクリーンメッシュを備える、請求項1に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項5

前記視認位置決めモジュールは、CCDカメラを備える、請求項1に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項6

印刷が行われた太陽電池セルを乾燥するように構成される乾燥装置を更に備える、請求項1から5のいずれか1項に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項7

前記透明ガラス板に設置される光源を更に備える、請求項6に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム。

請求項8

太陽電池セルを透明ガラス板に搬送するステップと、太陽電池セルの位置情報を収集するステップと、前記位置情報に応じて電極印刷装置の印刷位置を調整するステップと、前記太陽電池セルに対して電極スクリーン印刷を行うステップと、を備える、太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法

請求項9

太陽電池セルを透明ガラス板に搬送することは、搬送機構によって太陽電池セルを透明ガラス板に搬送し、太陽電池セルを真空チャックに吸着させることを含む、請求項8に記載の太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法。

技術分野

0001

本願は、太陽電池製造機器に関し、例えば、太陽電池セル電極印刷用の自動位置決め印刷ステム及び方法に関する。

背景技術

0002

近年、太陽光発電は急速に進展するクリーンエネルギーとなっており、ヘテロ接合太陽電池について、その電極スクリーン印刷機器は非常に重要な加工機器である。スクリーン印刷機器における視認位置決めモジュールは、電極スクリーン印刷の品質及び精度に対して非常に重要な役割を果たす。

0003

関連技術において、視認位置決めモジュールは、電池セル位置決めステーションの上に設置され、電池セルが位置決められてから印刷ステーションに搬送され、印刷ヘッドは、視認位置決めモジュールの位置決め結果に応じて、自体の位置を調整して電極印刷を行う。

0004

しかし、電池セルの印刷ステーションへの搬送中に、搬送機構自体の精度、重送精度の影響により、印刷ステーションに到達する際に、電池セルの位置がややずれる。しかしながら、印刷ヘッドは、視認位置決めモジュールの位置決め情報に応じて自体の位置を調整し、並びに電極印刷を行うため、電池セルをシリーズ溶接する際に白抜き、弱溶接等の不都合が現れ、電池ユニット加工効率及び加工品質に影響を及ばす。

発明が解決しようとする課題

0005

本願は、関連技術における問題を解决し、電池セルの印刷位置決め精度を向上させ、さらに、電池ユニットの加工効率及び加工品質を向上させるような太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法を提供する。

課題を解決するための手段

0006

本願は、
太陽電池セルが載置されるように構成される透明ガラス板と、
前記透明ガラス板の上に位置され、前記太陽電池セルに対して電極印刷を行うように構成される電極印刷装置と、
前記透明ガラス板の真下に位置され、前記太陽電池セルの位置情報収集するように構成される視認位置決めモジュールと、
前記視認位置決めモジュールから送信された位置情報に応じて、前記電極印刷装置の印刷位置を調整するように構成される制御モジュールと、を備える太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムを提供する。

0007

一実施例において、前記透明ガラス板に、前記太陽電池セルを吸着するように構成される真空チャックが設置される。

0008

一実施例において、前記太陽電池セルを前記透明ガラス板に搬送するように構成される搬送機構を更に備える。

0009

一実施例において、前記電極印刷装置は、スキージユニットスクレーパスクリーン枠及びスクリーンメッシュを備える。

0010

一実施例において、前記視認位置決めモジュールは、CCDカメラを備える。

0011

一実施例において、印刷が行われた太陽電池セルを乾燥するように構成される乾燥装置を更に備える。

0012

一実施例において、前記透明ガラス板に設置される光源を更に備える。

0013

本願は、
太陽電池セルを透明ガラス板に搬送するステップと、
太陽電池セルの位置情報を収集するステップと、
前記位置情報に応じて電極印刷装置の印刷位置を調整するステップと、
前記太陽電池セルに対して電極スクリーン印刷を行うステップと、を含む太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法を更に提供する。

0014

一実施例において、太陽電池セルを透明ガラス板に搬送することは、搬送機構によって太陽電池セルを透明ガラス板に搬送し、太陽電池セルを真空チャックに吸着させることを含む。

発明の効果

0015

本願に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法は、透明ガラス板の真下に視認位置決めモジュールを設置することで、太陽電池セルの位置情報を収集し、この位置情報に基づいて電極印刷装置の位置を調整する。関連技術において位置決めステーションと印刷ステーションを別々にするような方式に比べて、位置決め精度を向上させ、さらに、電池ユニットの生産能力及び品質を向上させる。

図面の簡単な説明

0016

一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの作動原理図である。
一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの太陽電池セル搬送状態を示す図である。
一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの制御構造の概略図である。
一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法のフローチャートである。

実施例

0017

以下、本願の実施例を詳細に説明し、上記実施例を図面に例示す。ここで、全ての図面において同一又は類似の符号は、同一又は類似の素子、あるいは同一又は類似の機能を有す素子を示す。以下、図面を参照しながら説明する実施例は、例示的なものであり、本願を説明するのみに用いられ、本願を限定するものとして解釈することはできない。

0018

図1は、一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの作動原理図である。図2は、一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの太陽電池セル搬送状態を示す図である。図3は、一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムの制御構造の概略図である。図1図2及び図3に示すように、本願の実施例は、透明ガラス板1、電極印刷装置3、視認位置決めモジュール4及び制御モジュール5を備える太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムを提供する。

0019

ここで、透明ガラス板1は、太陽電池セル2が載置されるように構成され、電極印刷装置3は、透明ガラス板1の上に位置され、太陽電池セル2に対して電極印刷を行うように構成される。視認位置決めモジュール4は、透明ガラス板1の真下に位置され、太陽電池セル2の位置情報を収集するように構成される。制御モジュール5は、視認位置決めモジュール4から送信された位置情報に応じて、電極印刷装置3の印刷位置を調整するように構成される。

0020

センサーによって太陽電池セル2が透明ガラス板1に位置決められたことを検出すると、透明ガラス板1の真下に位置される視認位置決めモジュール4は、太陽電池セル2の位置を検出して位置情報を収集し、この位置情報を制御モジュール5に送信する。制御モジュール5は、この位置情報に応じて、電極印刷装置3の印刷位置を調整する。電極印刷装置3の調整が完了した後に、太陽電池セル2に対して電極スクリーン印刷を行い、印刷が完成した後に、搬送機構6によって太陽電池セルを搬送してもよい。

0021

本願の実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システムは、透明ガラス板1の真下に視認位置決めモジュール4を設置することで、太陽電池セル2の位置情報を収集し、この位置情報に基づいて電極印刷装置3の位置を調整する。関連技術において位置決めステーションと印刷ステーションを別々にするような方式に比べて、太陽電池セル2を位置決めステーションから印刷ステーションに搬送する加工を減少し、位置決め精度を向上させ、さらに、電池ユニットの生産能力及び品質を向上させる。

0022

一実施例において、透明ガラス板1に、太陽電池セル2を吸着させるように構成される真空チャック11が設置される。太陽電池セル2が透明ガラス板1に位置決められると、真空チャック11によって太陽電池セル2をより強固に固定することができ、太陽電池セル2の位置決め精度を更に向上させ、後続スクリーン印刷プロセスにおいて太陽電池セルの揺れも防止でき、太陽電池セルの加工品質を向上させる。

0023

一実施例において、透明ガラス板1に、視認位置決めモジュールに光源を提供するように構成される光源12が更に設置され、視認位置決めモジュールの位置決めをより精確にし、太陽電池セル2の位置決め精度を向上させる。

0024

図2を参照し、該システムは、太陽電池セル2を透明ガラス板1に搬送するように構成される搬送機構6を更に備えてもよい。該搬送機構6の構造は、複数種がある。本実施例において、搬送機構6は、搬送ベルト及びローラを備えてもよい。搬送ベルトとローラとの協働で、太陽電池セル2を透明ガラス板1に搬送する。太陽電池セル2が印刷位置に入ると、搬送機構6の作動が停止され、後続の位置決め、位置収集及び印刷が行なわれる。

0025

業者であれば理解するであろう、電極印刷装置3は、図1に示すように、スキージユニット31、スクレーパ32、スクリーン枠33及びスクリーンメッシュ34を備えてもよい。

0026

視認位置決めモジュール4は、CCD(Charge Coupled Device:電荷結合素子カメラ41を備えてもよい。図1を参照し、CCDカメラ41の視野範囲Lは、太陽電池セル2の位置を完全に覆うことができ、情報収集の精度が確保される。

0027

太陽電池セル2を印刷した後に、搬送機構6によって送出してもよい。一実施例において、該システムは、印刷が行われた太陽電池セル2を乾燥するように構成される乾燥装置7を更に備えてもよい。

0028

図4は、一実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法のフローチャートである。
本実施例は、太陽電池セル2を透明ガラス板1に搬送するステップ11と、
太陽電池セル2の位置情報を収集するステップ12と、
前記位置情報に応じて、電極印刷装置3の印刷位置を調整するステップ13と、
前記太陽電池セル2に対して電極スクリーン印刷を行うステップ14と、を含む太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法を提供する。

0029

一実施例において、ステップ11は、搬送機構6によって太陽電池セル2を透明ガラス板1に搬送し、太陽電池セル2を真空チャックに吸着させるステップを含んでもよい。

0030

本願の実施例に係る太陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷方法は、透明ガラス板の真下に設置される視認位置決めモジュールによって、太陽電池セルの位置情報を収集し、この位置情報に基づいて電極印刷装置の位置を調整する。関連技術において位置決めステーションと印刷ステーションを別々にするような方式に比べて、位置決め精度を向上させ、さらに、電池ユニットの生産能力及び品質を向上させる。

0031

本願に係る陽電池セルの電極印刷用の自動位置決め印刷システム及び方法は、位置決め精度、電池ユニットの生産能力及び品質を向上させる。

0032

1 透明ガラス板
2太陽電池セル
3電極印刷装置
31スキージユニット
32スクレーパ
33スクリーン枠
34スクリーンメッシュ
4視認位置決めモジュール
5制御モジュール
6搬送機構
L視野範囲
11真空チャック
12光源
7乾燥装置
41 CCDカメラ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ