図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年2月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

後処理装置などの作業対象物を小型化しても十分な作業性を達成することができる画像形成装置を提供する。

解決手段

原稿から画像を読み取る画像読み取り部と、画像読み取り手段の下方に設けられ、用紙に画像を形成して排出する画像形成部と、を備えたMFPにおいて、画像読み取り部と画像形成部とに挟まれ、用紙が排出される排紙空間の内部へ向かって照明光照射する照明装置を設けて、排紙空間内に搭載された後処理装置にエラーが発生した場合には(S602:YES)、後処理装置がメンテナンス位置まで引き出されたカバー開状態になるのを待って(S605:YES)、エラー内容に応じて照明装置を点灯し(S606〜S611)、メンテナンス箇所照明する。

概要

背景

近年、広く普及しているデジタル複合機MFP: Multi-Function Peripheral)は、電子写真方式画像形成部と、画像形成部の上方に配設された画像読み取り部との間の排紙空間を設けて、コピープリントした用紙を排紙空間内に排出するのが一般的である。このようにすれば、複合機側方排紙トレイを設ける場合と比較して、複合機の設置面積を小さくすることができる。同じく、複合機の設置面積を抑えるために、ステープルパンチソート等を行うための後処理装置もまた排紙空間内に搭載される場合がある。

このような排紙空間は、上下を画像形成部と画像読み取り部とに挟まれる上に、画像読み取り部を支持する支持壁にも囲まれているため、外光入射し難い。
また、昨今では、操作性や視認性の良さから大画面タッチパネルLCD(Liquid Crystal Display)を用いた操作パネルをMFPのデザイン性を損なわないように搭載したいという要望が高まっている。MFPのLCDパネルは、従来、7インチから10インチ程度であるが、13インチなどの大画面のLCDパネルを従来通りの画像読み取り部の手前に配置すると、原稿のセット時に邪魔になる。また、別途ワーキングテーブルを設けて配置することも考えられるが、設置スペースが増大したりデザイン性が損なわれたりする。

このため、MFP前面の従来よりも低い位置に操作パネルを配置すれば、デザイン性、省設置スペース性を両立させることができる。しかしながら、かかる配置においては、操作パネルが排紙空間の前面の一部を覆い隠すようになって、外光が遮られてしまうので、排紙空間が更に暗くなる。
従って、排紙空間内に後処理装置を搭載すると、ステープルカートリッジ交換などのメンテナンス時においても外光が入り難いため、視認性が著しく低く作業性が劣悪になる、という問題がある。

このような問題に対して、例えば、図13に示すように、光源1301並びに遮光部材1302を搭載した後処理装置が提案されている(例えば、特許文献1を参照)。このようにすれば、排紙空間内においてステープルカートリッジ1303を照明すると共に照明光メンテナンス作業者の目に入射するのを防止することができるので、メンテナンス時における作業性を向上させることができる。

概要

後処理装置などの作業対象物を小型化しても十分な作業性を達成することができる画像形成装置を提供する。原稿から画像を読み取る画像読み取り部と、画像読み取り手段の下方に設けられ、用紙に画像を形成して排出する画像形成部と、を備えたMFPにおいて、画像読み取り部と画像形成部とに挟まれ、用紙が排出される排紙空間の内部へ向かって照明光を照射する照明装置を設けて、排紙空間内に搭載された後処理装置にエラーが発生した場合には(S602:YES)、後処理装置がメンテナンス位置まで引き出されたカバー開状態になるのを待って(S605:YES)、エラー内容に応じて照明装置を点灯し(S606〜S611)、メンテナンス箇所を照明する。

目的

本発明は、上述のような問題に鑑みて為されたものであって、後処理装置などの作業対象物を小型化しても十分な作業性を達成することができる画像形成装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像読み取り手段と画像形成手段との間に排紙空間を設けた胴内排紙型画像形成装置であって、前記排紙空間を仕切る壁面に設けられた照明手段と、前記排紙空間内で出退方向に移動することができる作業対象物の位置を検出する検出手段と、前記検出手段の検出位置に応じて、前記照明手段を点消灯制御する制御手段と、を備え、前記制御手段は、前記作業対象物が人的作業を行うための作業位置にあると検出された場合に、前記作業対象物の前記排紙空間内部に面し、前記人的作業の対象となる箇所を照明するように前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする画像形成装置。

請求項2

前記制御手段は、前記作業対象物が人的作業を行うための作業位置にないと検出された場合には、前記照明手段を消灯することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。

請求項3

前記制御手段は、前記作業対象箇所の照明を開始してから所定時間経過後に照明を終了することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像形成装置。

請求項4

前記照明手段は、互いに独立して点消灯制御される複数のランプであって、かつ前記作業対象物の互いに異なる作業対象箇所を照明する複数のランプを有し、前記制御手段は、作業対象箇所となった箇所のみが照明されるように前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする請求項1から3の何れかに記載の画像形成装置。

請求項5

前記制御手段は、前記複数のランプを作業対象箇所に応じた照度で照明させることを特徴とする請求項4に記載の画像形成装置。

請求項6

前記複数のランプは、作業対象箇所に応じた光色で照明することを特徴とする請求項4又は5に記載の画像形成装置。

請求項7

前記作業対象物に対して行うべき人的作業の内容を取得する内容取得手段を備え、前記制御手段は、前記内容取得手段が取得した作業内容に応じて前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする請求項1から6の何れかに記載の画像形成装置。

請求項8

前記作業対象物は、排出された用紙に後処理を施す後処理装置であり、前記人的作業は、前記後処理装置のメンテナンス作業であることを特徴とする請求項1から7の何れかに記載の画像形成装置。

請求項9

前記後処理装置にメンテナンス作業を行う必要の有無を判定する必要性判定手段を備え、前記制御手段は、前記必要性判定手段の判定が肯定的である場合に、前記後処理装置が前記後処理を施す収納位置から、前記メンテナンス作業を受ける引き出し位置まで移動する間、前記照明手段が点滅するように点消灯制御することを特徴とする請求項8に記載の画像形成装置。

請求項10

前記排紙空間内に後処理装置が搭載されているか否かを判定する搭載判定手段を備え、前記制御手段は、前記搭載判定手段の判定が否定的である場合に、前記排紙空間内に排出された用紙を照明するように、前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする請求項8又は9に記載の画像形成装置。

請求項11

前記制御手段は、前記搭載判定手段の判定が肯定的である場合に、前記排紙空間内に用紙が排出されても照明しないように、前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする請求項10に記載の画像形成装置。

技術分野

0001

本発明は、画像形成装置に関し、特に、排紙空間内に搭載した後処理装置メンテナンス性を向上させる技術に関する。

背景技術

0002

近年、広く普及しているデジタル複合機MFP: Multi-Function Peripheral)は、電子写真方式画像形成部と、画像形成部の上方に配設された画像読み取り部との間の排紙空間を設けて、コピープリントした用紙を排紙空間内に排出するのが一般的である。このようにすれば、複合機側方排紙トレイを設ける場合と比較して、複合機の設置面積を小さくすることができる。同じく、複合機の設置面積を抑えるために、ステープルパンチソート等を行うための後処理装置もまた排紙空間内に搭載される場合がある。

0003

このような排紙空間は、上下を画像形成部と画像読み取り部とに挟まれる上に、画像読み取り部を支持する支持壁にも囲まれているため、外光入射し難い。
また、昨今では、操作性や視認性の良さから大画面タッチパネルLCD(Liquid Crystal Display)を用いた操作パネルをMFPのデザイン性を損なわないように搭載したいという要望が高まっている。MFPのLCDパネルは、従来、7インチから10インチ程度であるが、13インチなどの大画面のLCDパネルを従来通りの画像読み取り部の手前に配置すると、原稿のセット時に邪魔になる。また、別途ワーキングテーブルを設けて配置することも考えられるが、設置スペースが増大したりデザイン性が損なわれたりする。

0004

このため、MFP前面の従来よりも低い位置に操作パネルを配置すれば、デザイン性、省設置スペース性を両立させることができる。しかしながら、かかる配置においては、操作パネルが排紙空間の前面の一部を覆い隠すようになって、外光が遮られてしまうので、排紙空間が更に暗くなる。
従って、排紙空間内に後処理装置を搭載すると、ステープルカートリッジ交換などのメンテナンス時においても外光が入り難いため、視認性が著しく低く作業性が劣悪になる、という問題がある。

0005

このような問題に対して、例えば、図13に示すように、光源1301並びに遮光部材1302を搭載した後処理装置が提案されている(例えば、特許文献1を参照)。このようにすれば、排紙空間内においてステープルカートリッジ1303を照明すると共に照明光メンテナンス作業者の目に入射するのを防止することができるので、メンテナンス時における作業性を向上させることができる。

先行技術

0006

特開2011−053298号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、複合機に対する小型化の要請は高まり続けており、この要請に応えるべく排紙空間の狭小化が進んでおり、排紙空間内に搭載される後処理装置の小型化も不可避である。後処理装置13に光源1301や遮光部材1302を搭載するのは小型化の要請に反しており望ましくない。また、仮に光源1301や遮光部材1302を搭載できたとしても、取り付け位置が制約されるので、必ずしも作業性を向上させるために好ましい位置に取り付けることができるとは限らず、必要な明るさを得ることができない可能性がある。

0008

また、ステープルカートリッジ1303を照明するために光源1301を後処理装置13から突出させると、後処理装置13のシート受け入れ口をMFP本体のシート排出口に近付ける妨げになったり、後処理装置13自体の大型化を招いたりする可能性があり好ましくない。一方、光源1301を後処理装置13から突出させない場合には、照明光をステープルカートリッジへ向けて出射するのが難しくなったり、十分な照明光量を得ることができなくなったりして、メンテナンス時の作業性を向上させることが難しくなる。

0009

このような問題は、後処理装置13のみならず、汎く排紙空間内に搭載された状態で何らかの作業の対象となる物すべてに当て嵌まる。
本発明は、上述のような問題に鑑みて為されたものであって、後処理装置などの作業対象物を小型化しても十分な作業性を達成することができる画像形成装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するため、本発明に係る画像形成装置は、画像読み取り手段と画像形成手段との間に排紙空間を設けた胴内排紙型の画像形成装置であって、前記排紙空間を仕切る壁面に設けられた照明手段と、前記排紙空間内で出退方向に移動することができる作業対象物の位置を検出する検出手段と、前記検出手段の検出位置に応じて、前記照明手段を点消灯制御する制御手段と、を備え、前記制御手段は、前記作業対象物が人的作業を行うための作業位置にあると検出された場合に、前記作業対象物の前記排紙空間内部に面し、前記人的作業の対象となる箇所を照明するように前記照明手段を点消灯制御することを特徴とする。

発明の効果

0011

このようにすれば、画像形成装置が照明手段を備えるので、後処理装置などの作業対象物が小型化されたり排紙空間が狭小化されたりしても作業対象物を照明することができ、かつ作業対象物へ向かって照明光を照射し易くなる。
この場合において、前記制御手段は、前記作業対象物が人的作業を行うための作業位置にないと検出された場合には、前記照明手段を消灯するのが望ましい。

0012

また、前記制御手段は、前記作業対象箇所の照明を開始してから所定時間経過後に照明を終了してもよい。
また、前記照明手段は、互いに独立して点消灯制御される複数のランプであって、かつ前記作業対象物の互いに異なる作業対象箇所を照明する複数のランプを有し、前記制御手段は、作業対象箇所となった箇所のみが照明されるように前記照明手段を点消灯制御してもよい。

0013

また、前記制御手段は、前記複数のランプを作業対象箇所に応じた照度で照明させてもよい。
また、前記複数のランプは、作業対象箇所に応じた光色で照明してもよい。
また、前記作業対象物に対して行うべき人的作業の内容を取得する内容取得手段を備え、前記制御手段は、前記内容取得手段が取得した作業内容に応じて前記照明手段を点消灯制御してもよい。

0014

また、前記作業対象物は、排出された用紙に後処理を施す後処理装置であり、前記人的作業は、前記後処理装置のメンテナンス作業であってもよい。
また、前記後処理装置にメンテナンス作業を行う必要の有無を判定する必要性判定手段を備え、前記制御手段は、前記必要性判定手段の判定が肯定的である場合に、前記後処理装置が前記後処理を施す収納位置から、前記メンテナンス作業を受ける引き出し位置まで移動する間、前記照明手段が点滅するように点消灯制御してもよい。

0015

また、前記排紙空間内に後処理装置が搭載されているか否かを判定する搭載判定手段を備え、前記制御手段は、前記搭載判定手段の判定が否定的である場合に、前記排紙空間内に排出された用紙を照明するように、前記照明手段を点消灯制御してもよい。
また、前記制御手段は、前記搭載判定手段の判定が肯定的である場合に、前記排紙空間内に用紙が排出されても照明しないように、前記照明手段を点消灯制御してもよい。

図面の簡単な説明

0016

本発明の実施の形態に係る画像形成装置の主要な構成を示す図である。
(a)は排紙空間100内における後処理装置110の収納位置を示し、(b)は引き出し位置を示す。
排紙空間100内における照明装置300の配置を示す図であって、(a)は側面図であり、(b)は平面図である。
制御部134の主要な構成を示すブロック図である。
後処理装置110の主要な構成を示す図である。
制御部134による照明装置300の制御動作を説明するフローチャートである。
(a)は、後処理装置110のシート受け入れ側端面112の構成を示す側メンズであり、(b)は照明装置300の主要な構成を示す平面図である。
(a)は、開閉センサー410を構成するサブセンサー410a、410bの配置を示し、(b)は、オフ時におけるサブセンサー410a、410bの状態を示し、(c)は、オン時におけるサブセンサー410a、410bの状態を示す。
本発明の変形例に係る制御部134のタイマー処理を説明するフローチャートである。
本発明の変形例に係る制御部134の点滅制御を説明するフローチャートである。
後処理装置110を排紙空間100内に搭載していない場合において、(a)は、シート排出口135の上方のLEDを排出されたシートの照明に兼用する場合を示し、(b)は、画像形成装置1の正面側上方のLEDを排出されたシートの照明に兼用する場合を示し、(c)は、排出されたシートを照明するために専用のLEDを設ける場合を示す。
後処理装置110が排紙空間100内に搭載されておらず、シート排出口135の上方のLEDを排出されたシートの照明に兼用する場合における、制御部134の制御動作を説明するフローチャートである。
従来技術に係る後処理装置の構成を説明する外観斜視図である。

実施例

0017

以下、本発明に係る画像形成装置の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。
[1]画像形成装置の構成
まず、本実施の形態に係る画像形成装置の構成について説明する。
図1に示すように、画像形成装置1は、所謂胴内排紙型のデジタル複合機であって、画像読み取り部120と画像形成部130との間の胴内部分に排紙空間100を有している。排紙空間100の内部には後処理装置110が収容されている。画像形成装置1の正面側(以下、単に「正面側」という。)から見て右側には排紙空間100の一部101を覆い隠すように操作パネル131が配設されている。

0018

排紙空間100は、正面側から見て右側にはシート排出口があり、背面側には壁面133があり、更に正面側には操作パネル131があるので、外光が入射し難くなっている。
操作パネル131はタッチパネル132を有しており、画像形成装置1のユーザーへ情報を提示したり、ユーザーから指示入力受け付けたりする。画像形成装置1は、操作パネル131にてユーザーから指示入力を受け付けて、例えば、シートスルー方式複写処理を実行する際には、自動原稿読み取り装置(ADF: Automatic Document Feeder)121の原稿トレイ122に載置されている原稿束から原稿を1枚ずつ繰り出して、画像読み取り部120の読み取り位置へ搬送する。画像読み取り部120は読み取り位置で原稿から画像を読み取って、デジタル画像データを生成して画像形成部130の制御部134に記憶させる。読み取り位置を通過した原稿は排紙トレイ123上に排出される。

0019

画像形成部130は、制御部134が記憶しているデジタル画像データに基づいてトナー像を形成し、当該トナー像を給紙カセット140から供給された記録シート上に転写し、熱定着して、排出する。後処理装置110は、画像形成部130が排出した記録シートを受け入れて、ステープルやパンチ、ソート等の後処理を施した後、排紙トレイ111上へ排出する。

0020

画像形成部130の上面のうち、排紙空間100に面する箇所にはガイドレール(図示省略)が設けられており、当該ガイドレールに沿って、後処理装置110は収納位置と引き出し位置とを間でスライド移動することができる。
収納位置においては、図2(a)に示すように、後処理装置110は画像形成部130のシート排出口に近接しており、画像形成部130が排出したシートを受け入れることができる。一方、破線で示す操作パネル130の背後に後処理装置110の一部が覆い隠されているので、後処理装置110が収納位置にある状態ではメンテナンス作業を実施することができない。

0021

ガイドレールに沿って後処理装置110を収納位置から引き出し位置へスライド移動させると、図2(b)に示すように、正面側から見て後処理装置110のシート受け入れ側端112が操作パネル130よりも左側になるので、メンテナンス作業員は、後処理装置110と操作パネル130との隙間200から後処理装置110のシート受け入れ側端112にアクセスできるようになる。

0022

しかしながら、排紙空間100の奥行きは深く、正面側から見て隙間200の左側には後処理装置110があるので、メンテナンス作業員が画像形成装置1の正面側に覆い被さるようにして後処理装置110のシート受け入れ側端110にアクセスしようとすると、シート受け入れ側端110にはほとんど外光が入射できなくなるので、シート受け入れ側端110の視認性が著しく悪化して作業性が低下する。

0023

このため、図3(a)、(b)に示すように、画像読み取り部120の下面には照明装置300が設置されている。照明装置300は、後処理装置110が引き出し位置にあるときの、画像形成部130のシート排出口135から後処理装置110のシート受け入れ側端110に至る間の正面側と、操作パネル130の裏面から壁面133に至るまでのシート排出口135の上部に設けられたLED(Light Emitting Diode)である。

0024

正面側に設けられた照明装置300は正面側から奥側に向かって照明光を照射し、シート排出口135の上部に設けられた照明装置300はシート排出口135側からシート受け入れ側端110に向かって照明光を照射する。従って、メンテナンス作業時に照明装置300の照明光が作業員の方へ向かって照射されないので、作業員は眩しさに妨げられることなくメンテナンスを実施することができる。
[2]制御部134の構成
次に、制御部134の構成について説明する。

0025

制御部134は、図4に示すように、CPU(Central Processing Unit)401やROM(Read Only Memory)402、RAM(Random Access Memory)403等を備えている。画像形成装置1に電源投入されると、CPU401はROM402からブートプログラム読み出してブートプログラムを実行する。CPU401は更にRAM403を作業用記憶領域として、HDD(Hard Disk Drive)404から読み出したOS(Operating System)や制御プログラム等を実行する。また、CPU401は、NIC(Network Interface Card)405を用いてLAN(Local Area Network)等の通信ネットワークにアクセスして、印刷ジョブを受け付ける等の通信処理を実行する。

0026

画像処理部406は、画像読み取り部120にて読み取った画像データや、NIC405を用いて他の装置から受け付けた画像データを補正したり、加工したりする。画像出力部407は、画像形成部130にて画像形成を行うために使用する画像データを、印刷ジョブにて指定された画像データから生成する。
照明制御部408は、CPU401からの指示信号に従って照明装置300の点消灯や光量を制御する。後述のように、照明装置300は複数のLEDを備えており、照明制御部408は、個々のLEDを個別に点消灯させたり、光量を制御したりすることができる。この点消灯には所定の期間ずつ点消灯を繰り返すLEDの点滅も含まれる。

0027

通信制御部409は、印刷ジョブにて指定された後処理の内容を後処理装置110に指示したり、後処理装置110を画像形成部130に連動して動作されるためのタイミングを管理したりするために、後処理装置110との間のシリアル通信処理を行う。また、CPU401は、通信制御部409を経由して、後処理装置110内の通紙部での搬送不良(ジャム)の発生や、ステープル機能を有する場合にはステープルカートリッジ内のステープル針が無くなったか否か、ステープル針の詰まりが生じたか否かといった状態情報を取得する。

0028

後処理装置110がパンチ処理を行った際に生じるパンチ屑(用紙を穿孔した際にできる紙屑)の詰まりが生じたか否かについても、CPU401は通信制御部409を経由して状態情報を取得する。後処理装置110はパンチ屑を収容するためのパンチ屑容器を備えており、パンチ屑容器に収容されたパンチ屑はメンテナンス作業の際に廃棄される。また、ステープルカートリッジの交換や針詰まりの解消もメンテナンス作業である。

0029

開閉センサー410は、後処理装置110が引き出し位置にあるか否かを検出する。後述のように、CPU401は、開閉センサー410の検出信号を参照して、後処理装置110が引き出し位置になければ、照明装置300を点灯させない。以下、後処理装置110が引き出し位置にあることを以下において「カバー開」というものとする。また、パンチ機能に関連してメンテナンス作業が必要となる事象を以下において「パンチエラー」といい、ステープル機能に関連してメンテナンス作業が必要となる事象を以下において「ステープルエラー」というものとする。

0030

この他、CPU401は、HDD404から画像データを読み出して、操作パネル131に表示させる画像データを生成したり、操作パネル131からユーザーの指示入力信号を受け付けたりすることによって、ユーザーへの情報提示やユーザーからの指示受け付けを行う。また、CPU401は、操作パネル131にて受け付けたユーザーからの指示に従って原稿から画像を読み取ることができるように、画像読み取り部120を制御する。ユーザーからの指示には、原稿画質解像度などを指定する読み込み設定や、原稿の種類や方向を指定する原稿設定などが含まれる。
[3]後処理装置110の構成
次に、後処理装置110の構成について説明する。

0031

後処理装置110は、図5に示すように、CPU501やROM502、RAM503等を備えている。画像形成装置1に電源が投入されることによって、後処理装置110が通電されると、CPU501はROM502からブートプログラムを読み出して起動し、RAM503を作業用記憶領域として、ROM502から読み出した制御プログラムを実行する。

0032

CPU501は、通信制御部409を経由して、制御部134から後処理内容の指定と後処理タイミングとを受け付けると、指定された後処理内容に応じて、ソート処理部504、パンチ処理部505及びステープル処理部506を制御し、後処理を実行する。ソート処理部504はシートを並べ替えるソート処理を実行し、パンチ理処理部505はシート束所定位置を穿孔する。ステープル処理部506はシート束の所定位置をステープル針で綴じる。

0033

また、後処理の実行中には、CPU501は、紙詰まりセンサー507を用いて紙詰まりの発生の有無を監視したり、パンチエラーセンサー508を用いて穿孔刃内にパンチ屑が詰まったか否かを監視したりする。更に、CPU501は、ステープルエラーセンサーを用いてステープル針の詰まりやステープルカートリッジのエンプティを監視する。
CPU501は、紙詰まりセンサー507、パンチエラーセンサー508及びステープルエラーセンサー509を用いてエラーの発生を検知したら、後処理を停止する。また、CPU501は、通信制御部409を経由して制御部134からエラーの発生の有無について問い合わせを受けた場合には現状を通知する。
[4]照明装置300の制御
次に、制御部134による照明装置300の制御動作について説明する。

0034

図6に示すように、制御部134は、後処理装置110が搭載されているか確認する。後処理装置110が搭載されているか否かは、例えば、通信制御部409を経由して後処理装置110にアクセスすることによって確認することができる。画像形成装置1に後処理装置110が搭載されている場合には(S601:YES)、後処理装置110からのエラーの発生通知を待つ。

0035

後処理装置110からエラーの発生を通知されたら(S602:YES)、制御部134は、後処理装置110から発生したエラーの内容を取得するとともに(S603)、操作パネル131にて画像形成装置1のユーザーに後処理装置110でエラーが発生した旨を報知して(S604)、開閉センサー410の検出信号を監視する。
開閉センサー410の検出信号によって、後処理装置110のカバー開が確認されたら(S605:YES)、後処理装置110のメンテナンス作業を開始できる状態になったと判断されるので、制御部134は、後処理装置110においてジャム発生を検知した場合には(S606:YES)、ジャム用LEDを点灯する(S607)。

0036

図7(b)に示すように、照明装置300は6つのLEDからなっており、画像形成装置1の正面側には、ジャム用LED301、302及び303が配設されている。ジャム用LED301は、後処理装置110のシート受け入れ側端112に設けられたシート受け入れ口701の正面側を含む範囲711を照明する(図7(a))。同様に、ジャム用LED302、303は、それぞれシート受け入れ口701の中央及び背面側を含む範囲712、713を照明する。このように、ジャム用LED301、302及び303によってシート受け入れ口701全体が照明される。

0037

また、パンチエラーの発生を検出した場合には(S608:YES)、パンチエラー用LEDを点灯する(S609)。図7(b)に示すように、シート排出口135の上方で、かつ画像形成装置1の正面側及び中央にはパンチエラー用LED311、312が配設されている。図7(a)に示すように、パンチ屑容器703は、シート受け入れ側端112から引き出すことができるようになっており、パンチエラー用LED311はパンチ屑容器703の正面側の部分を照明し、パンチエラー用LED312はパンチ屑容器703の背面側の部分を照明する。このようにして、パンチ屑容器703全体が照明される。

0038

更に、ステープルエラーの発生を検出した場合には(S610:YES)、ステープルエラー用LEDを点灯する(S611)。図7(b)に示すように、シート排出口135の上方で、かつ画像形成装置1の背面側にパンチエラー用LED313が配設されている。図7(a)に示すように、ステープルカートリッジ702は、シート受け入れ側端112から引き出すことができるようになっており、ステープルエラー用LED313はステープルカートリッジ702全体を照明する。

0039

その後、後処理装置110がカバー開状態である間は(S612:YES)、LEDの点灯状態を維持する。一方、後処理装置110がカバー開でなくなったら(S612:NO)、メンテナンス作業が完了し、後処理装置110が引き出し位置から収納位置へ戻されたと判断される。従って、LEDを点灯し続ける必要がないので、LEDをすべて消灯して(S613)、ステップS602へ進み、上記の処理を繰り返す。
[5]変形例
以上、本発明を実施の形態に基づいて説明してきたが、本発明が上述の実施の形態に限定されないのは勿論であり、以下のような変形例を実施することができる。
(5−1)上記実施の形態においては、照明装置300にLEDを適用する場合を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、LEDに代えて白熱電球を用いてもよい。また、これら以外の照明装置を用いてもよいが、画像形成装置1や後処理装置110に対する小型化の要請を考慮すれば、小型の照明装置であるのが望ましい。また、メンテナンス作業の内容に応じた箇所を選択的に照明するためには、指向性の高い照明光を出射することができる照明装置が好適である。
(5−2)上記実施の形態においては、照明装置300を画像形成装置1の正面側、並びにシート排出口135の上方に配設する場合を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、これに代えて他の位置に照明装置を配設してもよい。排紙空間100内のメンテナンス作業対象位置を照明することができれば、照明装置を配設する位置は上記に限定されない。
(5−3)上記実施の形態においては、後処理装置110のカバー開を検出する開閉センサー410が、後処理装置110が引き出し位置にあるか否かを検出する場合を例にとって説明した。これに対して、画像形成装置1の前扉などの開閉センサーは、通常、完全に閉じているか、少しでも開いているかを検出する。これを後処理装置110のメンテナンス作業に適用した場合、後処理装置110が収納位置から少しでも変位すると照明装置300が点灯してしまう。

0040

すると、後処理装置110が完全には開いておらず、メンテナンス作業を実施し難い状態で、作業員が無理にメンテナンス作業を行おうとしてしまう恐れがある。このため、上記実施の形態のようにすれば、後処理装置110が完全に開いてから照明装置300が点灯し、後処理装置110が完全に開いていない状態ではメンテナンス作業の対象位置が照明されないので、無理なメンテナンス作業を抑制することができる。

0041

開閉センサー410は、例えば、図8(a)に示すように、サブセンサー410a、410bから構成されていてもよい。サブセンサー410aは、後処理装置110が引き出し位置にあるときのシート受け入れ側端面112のシート排出方向における下流側に配設されており、サブセンサー410bは、後処理装置110が引き出し位置にあるときのシート受け入れ側端面112のすぐ上流側に配設されている。なお、後処理装置110が引き出し位置にある場合、後処理装置110のシート搬送方向における下流側の端部800は排紙空間100の外部に突出する。

0042

サブセンサー410aは、後処理装置110が収納位置(実線)にある場合にはオフし、後処理装置110が収納位置(実線)から離れて、後処理装置110のシート排出方向における下流側端800がサブセンサー410aに到達するとサブセンサー410aはオンし、後処理装置110が引き出し位置(破線)に到達するまでオンし続ける。また、後処理装置110が引き出し位置(破線)に到達した後もサブセンサー410aはオンし続ける。

0043

一方、サブセンサー410bもまた、後処理装置110が収納位置(実線)にある場合にはオフし、後処理装置110が収納位置(実線)から離れて、後処理装置110のシート排出方向における下流側端800がサブセンサー410bに到達するとサブセンサー410bはオンするが、その後、後処理装置110が引き出し位置(破線)に到達すると再びオフする。

0044

すなわち、サブセンサー410aがオンし、かつサブセンサー410bがオフしているか否かによって後処理装置110が引き出し位置にあるか否かを検出することができる。
サブセンサー410a、410bは共通の構成を備えている。図8(a)、(b)に示すように、検出部801と遮光部802とが一体形成されてなる。サブセンサー410a、410bは、重心よりも検出部801寄りの位置において揺動軸803に軸支されているため、後処理装置110が検出部801に当接していないオフ時には、遮光部802が垂下し、検出部801が上方になる。この状態で、検出部801の先端が後処理装置110の載置面820(排紙空間100の底部)よりも上方に突出する。

0045

サブセンサー410a、410bは更に不図示の発光部と受光部とを備えており、発光部が出射する検出光が受光部に入射するか否かによって後処理装置110が検出部801に当接しているか否かを検出する。
シート搬送方向におけるサブセンサー410a、410bの配設位置に後処理装置110がない場合には、図8(b)に示すように、発光部から受光部へ向かう検出光の光路を位置810において遮るので、検出光が受光部に入射せず、受光部はその旨の検出信号を出力する。すなわち、サブセンサー410a、410bがオフする。これによって、制御部134は、サブセンサー410a、410bによる検出位置に後処理装置110がないと判定する。

0046

一方、シート搬送方向におけるサブセンサー410a、410bの配設位置に後処理装置110がある場合には、図8(c)に示すように、後処理装置110が当接することによって、検出部801が後処理装置110の載置面820以下になるようにサブセンサー410a、410bが揺動する。これによって、遮光部802が、発光部から受光部へ向かう検出光の光路が通過する位置810から外れて、検出光を遮らないので、検出光が受光部に入射し、受光部がその旨の検出信号を出力する。

0047

すなわち、サブセンサー410a、410bがオンする。これによって、制御部134は、サブセンサー410a、410bによる検出位置に後処理装置110があると判定する。
なお、開閉センサー410の構成が上記に限定されないのは言うまでもなく、他の構成であっても、後処理装置110が引き出し位置にあるか否かを検出することができれば、本発明の効果を得ることができる。
(5−4)上記実施の形態においては、照明装置300が6つのLEDランプによって構成される場合を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、これに代えて6つ以外の個数のランプを用いてもよい。例えば、1つのランプで後処理装置110のシート受け入れ側端112全体を照明することができる場合には、ランプの個数は1つでもよい。

0048

ランプの個数が1つである場合、後処理装置110の構造によってはメンテナンス作業に必要な照明光量を得ることができないことも考えられる。このような場合には、複数のランプを搭載すれば、メンテナンス作業に必要な光量を得ることができる。
更に、照明すべき領域や光量がJAM処理とステープルカートリッジの交換作業とで異なる場合も考えられる。このような場合は、上記実施の形態のように、それぞれ必要な領域を照らすランプを個別に搭載すれば、照射領域ごとに必要な光量を得ることができる。
(5−5)上記実施の形態においては、後処理装置のカバー開が検出されなくなるまで(S612:NO)、LEDを点灯し続ける場合を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、これに代えて次のようにしてもよい。例えば、制御部134にタイマーを設けておき、図9に示すように、LEDを点灯した後、タイマーに所定の時間をセットしておく(S901)、その後、後処理装置110が引き出し位置に留まったままであっても(S610:NO)、タイムアウトが発生した場合には(S902:YES)、LEDを消灯してもよい(S613)。

0049

例えば、後処理装置110でジャム等が発生した後、メンテナンス作業者が後処理装置110をカバー開状態にしたまま、メンテナンス手順サービスセンターに確認するため等、何らかの事情でその場を離れる場合がある。このような場合、所定時間の経過後にランプを消灯すれば、無駄な消費電力を削減することができる。また、ランプが点灯したままだと、メンテナンス作業者以外の者が不要に装置内部に触れて更なる不具合を生じる恐れもあるが、所定時間経過後にランプを消灯すればこのような問題の発生を抑制することができる。
(5−6)上記実施の形態においては特に言及しなかったが、照明装置300を構成する複数のLEDランプは光色が互いに異なっていてもよい。例えば、後処理装置のメンテナンス作業にはジャム処理やステープルカートリッジ交換、パンチ屑除去、通紙部の掃除などがあるが、例えば、ジャム処理は青、ステープルカートリッジ交換は白などのように、メンテナンス内容に対応してランプの光色を異ならせてもよい。このようにすれば、メンテナンス作業者はランプの光で、実施すべきメンテナンス作業が判り易くなる。

0050

なお、互いに光色が異なる2つ以上のLEDをランプ毎に配設しておき、2つ以上のLEDの何れを点灯させるかによってランプの光色を制御してもよい。
更に、光色に代えて、或いは光色とともにランプの照度を異ならせてもよい。例えば、ジャム処理は、用紙を取り除くだけであるため照度は低くても良く、ステープルカートリッジ交換や通紙部の掃除などは比較的こまかい作業が必要であるため照度を上げれば、作業性を向上させることができる。

0051

また、後処理装置110が引き出し位置にも収納位置にもない場合にはランプを点滅させてもよい。具体的には、後処理装置110が収納位置にある「カバー閉」を検出するセンサーを配設しておき、図10に示すように、操作パネル131にてエラー発生を報知した後(S604)、カバー閉でなくなったことを検出したら(S1001:NO)、ジャムが発生していたら(S1002:YES)、ジャム用LED301、302及び303の点滅を開始させ(S1003)、パンチエラーが発生していたら(S1004:YES)、パンチエラー用LED311、312の点滅を開始させ(S1005)、ステープルエラーが発生していたら(S1006:YES)、ステープルエラー用LED313の点滅を開始させた後(S1007)、ステップS602へ進む。

0052

このように、カバーを開いているが全開ではない状態、すなわち、後処理装置110を収納位置から引き出し位置へ移動させている途中ではランプを点滅させ、引き出し位置に到達した後にはランプを点灯し続ければ、後処理装置110が引き出し位置に到達するのを待って、メンテナンス作業を実施するようにメンテナンス作業者に促すことができる。
(5−7)上記実施の形態においては、後処理装置110が搭載されている場合における照明装置300の点灯制御を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、これに加えて次のようにしてもよい。

0053

照明装置600は、画像形成装置1の本体側に配設されているため、後処理装置110が搭載されていない場合にもランプを点灯させることができる。後処理装置が搭載されていない状態では、画像形成を終えたシートが排紙空間100に排出される。上述のように、排紙空間100は、上下と平面視における3方向とを画像読み取り部120、画像形成部130及び操作パネル131に囲まれているため、外光が入射し難くなっており暗く、画像形成装置1のユーザーはシートが排出されていることに気づき難い。このような問題に対して、照明装置300を点灯させれば排出されたシートの視認性を向上させることができる。

0054

例えば、図11(a)に示すように、シート排出口135の上方において照明装置300にLEDを追加して、4つのLED1101、1102、1103及び1104としてもよい。この場合において、排出されるシートが小サイズシートならば、図11(a−1)に示すように、LED1101、1104を消灯する一方、LED1102、1103を点灯させて、小サイズシートの排出位置1131のみを照明することができる。

0055

このようにすれば、LED1101、1104を消灯させて消費電力の低減を図ることができるのみならず、小サイズシートの位置をユーザーに分かり易くすることができる。また、大サイズシートが排出される場合には、図11(a−2)に示すように、4つのLED1101、1102、1103及び1104すべてを点灯させる。このようにすれば、大サイズシート全体が照明される。

0056

本変形例に係る制御部134は、図12に示すように、画像形成装置1に後処理装置110が搭載されているか否かを確認して、後処理装置110が搭載されている場合には(S601:YES)、図6に示すような処理を実行する。この場合においては、LED1101、1102、1103及び1104の一部またはすべてが後処理装置110のメンテナンス位置を照明するために兼用される。

0057

後処理装置110が搭載されていない場合には(S601:NO)、シートを排出するタイミングになったら(S1201:YES)、タイマーに所定の時間をセットする(S1202)。そして、排出するシートが小サイズシートである場合には(S1203:YES)、LED1102、1103を点灯し(S1204)、小サイズシートでなければ(S1203:NO)、大サイズシート全体を照明できるようにすべてのLEDを点灯する(S1205)。

0058

その後、タイムアウトが発生したら(S1206:YES)、すべてのLEDを消灯して(S1207)、ステップS1201へ進み、上記の処理を繰り返す。なお、どのLEDでどの領域を照明するかについては上記に限定されず、適宜変更することができる。
また、図11(b)に示すように、照明装置300の正面側にLEDを追加して、排出シートの照明に兼用してもよい。この場合には、画像形成部130のシート排出口135に近いLED1113、1114を用いて小サイズシートを照明し(図11(b−1))、大サイズシートについては上記と同様に全LEDを用いて照明することができる(図11(b−2))。制御部134の動作は上記と概ね同様である。

0059

更に、照明装置300とは別に照明装置1120を配設して排出シートの照明に使用してもよい。図11(c)には、照明装置1120が4つのLED1121、1122、1123及び1124を備えており、小サイズシートを照明する際には2つのLED1121、1124のみを点灯させ(図11(c−1))、大サイズシートを照明する際にはすべてのLED1121、1122、1123及び1124を点灯させる場合が例示されている(図11(c−2))。

0060

しかしながら、照明装置1120が備えるLEDの個数は4つに限定されず、2つ以上のLEDを備え、シートサイズに合わせて点消灯の組み合わせを異ならせれば上記と同様の効果を得ることができる。また、LEDに代えて他のランプを用いてもよいことは言うまでもない。
(5−8)上記実施の形態においては、後処理装置110が、排紙空間内において移動することができ、メンテナンス作業の作業対象物として、画像形成装置1の排紙空間100内に配設される所謂インナーフィニッシャーである場合を例にとって説明したが、本発明がこれに限定されないのは言うまでもなく、後処理装置110が画像形成装置1の脇に配設されるサドルフィニッシャーである場合にも本発明を適用することができる。

0061

例えば、サドルフィニッシャーは画像形成装置1のシート排出口135から排出されるシートを受け入れるための搬送路を排紙空間100内に設ける必要があり、この搬送路において紙詰まり等の不具合が生じて、メンテナンス作業が必要になる場合がある。このような場合、搬送路が移動可能な作業対象物に該当し、照明装置300を用いてメンテナンス作業時に排紙空間内におけるメンテナンス作業者によるメンテナンス作業の対象となる搬送路内の紙詰まり箇所を照明すれば、メンテナンス作業を容易にすることができる。

0062

本発明に係る画像形成装置は、排紙空間内に搭載した後処理装置のメンテナンス性を向上させた装置として有用である。

0063

1……………………………画像形成装置
100………………………排紙空間
110………………………後処理装置
131………………………操作パネル
134………………………制御部
300………………………照明装置
301、302、303…ジャム用LED
311、312……………パンチエラー用LED
313………………………ステープルエラー用LED
701………………………シート受け入れ口
702………………………ステープルカートリッジ
703………………………パンチ屑容器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • セイコーエプソン株式会社の「 印刷装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】筐体部の内側に異物が侵入することを抑制する。【解決手段】印刷領域に位置する媒体に印刷を行う印刷部6と、印刷部6を収容し、印刷領域を覆う筐体部32と、媒体を支持可能であり、筐体部32の外側の位置... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】画像形成条件の調整用のテストパターンの読取画像に異常が生じた場合であっても、画像形成条件の調整を高精度に行うことができる画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置(プリンタ300)は、A... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 記録装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】記録媒体を透過したインクによって記録媒体が汚れてしまうことが抑制された記録装置を提供する。【解決手段】記録装置は、記録媒体を支持する支持面を有する支持部23と、支持面に支持される記録媒体にイン... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ