図面 (/)

技術 切り替え方法、IP再送信システム、IP再送信装置および制御装置

出願人 住友電気工業株式会社
発明者 鈴木富博岩本昌也山田正寿海野光晴菊田和樹
出願日 2017年8月28日 (3年4ヶ月経過) 出願番号 2017-163086
公開日 2019年1月17日 (1年11ヶ月経過) 公開番号 2019-009756
状態 未査定
技術分野 放送分配方式 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード タイミング情報生成 タイミング整合 保守交換 待機指示 多重タイミング 切り替え命令 タイムスタンプカウンタ 送出周期
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年1月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

コンテンツ送信装置切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現する。

解決手段

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップとを含む。

概要

背景

近年のデジタル技術の向上に伴い、テレビ放送等にデジタル技術を応用し、より多くの番組を提供するサービスが提供されている。限られた伝送帯域を使ってより多くの番組を高画質かつ高音質で提供するために、高能率圧縮および多重化技術が用いられている。

このようなデジタル放送のシステムの一例として、たとえば、特開2010−171799号公報(特許文献1)には、以下のような構成が開示されている。すなわち、再多重システムは、デジタル放送波を受信し復調してMPEG−2TS(Transport Stream)を出力する復調装置と、前記復調装置からMPEG−2 TSが入力され、複数チャネルのMPEG−2映像を対象にトランスコードを各々実行し、トランスコード後の映像とデジタル放送信号中の音声字幕と、PCR(Program Clock Reference)とをMPEG−2TS形式多重して出力する複数の映像トランスコーダと、前記複数の映像トランスコーダのトランスコーダ出力信号と、前記復調装置のMPEG−2 TS出力とを再多重する再多重装置とを備える。前記再多重装置は、前記複数の映像トランスコーダからのトランスコーダ出力信号を各々受信し、該受信信号中のMPEG−2 TSのTSパケットを抽出して、信号記憶手段の信号バッファ領域に書き込む複数のトランスコーダ出力信号受信手段と、前記復調装置からのMPEG−2 TS出力を受信し、該受信信号中のMPEG−2 TSのTSパケットを抽出して、信号記憶手段の信号バッファ領域に書き込む放送信号受信手段と、前記複数のトランスコーダ出力信号受信手段により信号記憶手段に書き込まれたMPEG−2 TSのTSパケット中のPCR、前記放送信号受信手段により信号記憶手段に書き込まれたMPEG−2 TSのTSパケット中のPCRに基づいて、前記映像トランスコーダから受信したMPEG−2 TSのTSパケットと前記復調装置から受信したMPEG−2 TSのTSパケットとの多重タイミングを決定するためのタイムスタンプ値を各TSパケット毎に求め、該タイムスタンプ値を各TSパケットと合わせて前記信号記憶手段に書き込む多重タイミング制御手段と、前記信号記憶手段に格納されているタイムスタンプ値の大きさに従って定められる多重タイミングで、該信号記憶手段内のTSパケットを読み出して、前記トランスコーダ出力信号とデジタル放送信号を再多重して出力する多重手段とを備える。

概要

コンテンツ送信装置切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現する。放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップとを含む。

目的

近年のデジタル技術の向上に伴い、テレビ放送等にデジタル技術を応用し、より多くの番組を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替え切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップとを含む、切り替え方法。

請求項2

前記放送波に含まれる基準タイミングの情報が各前記IP再送信装置において取得され、前記IP再送信装置は、前記基準タイミングの情報を前記IPパケットに含めて再送信し、前記内部状態は、前記基準タイミングの情報の前記IP再送信装置からの出力タイミングである、請求項1に記載の切り替え方法。

請求項3

前記IP再送信装置は、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信し、前記内部状態は、前記処理タイミングのカウント値である、請求項1または請求項2に記載の切り替え方法。

請求項4

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与えるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップと、切り替え先の前記IP再送信装置が、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信するステップとを含む、切り替え方法。

請求項5

前記放送波に含まれる基準タイミングの情報が各前記IP再送信装置において取得され、前記タイミング情報は、前記基準タイミングに基づいて前記運用系のIP再送信装置において生成される、請求項4に記載の切り替え方法。

請求項6

分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムであって、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記IP再送信システムは、さらに、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる整合部と、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させる切り替え部とを備える、IP再送信システム。

請求項7

分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置と、制御装置とを備え、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記待機系のIP再送信装置は、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記制御装置を介して取得し、前記制御装置は、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させ、切り替え先の前記IP再送信装置は、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信する、IP再送信システム。

請求項8

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける前記IP再送信装置であって、運用系の前記IP再送信装置および待機系の前記IP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う処理部と、前記IPパケットを出力する出力部とを備える、IP再送信装置。

請求項9

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信するIP再送信システムにおけるIP再送信装置であって、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を生成するタイミング情報生成部と、前記タイミング情報生成部によって生成された前記タイミング情報を他の前記IP再送信装置に通知する通知部と、他の前記IP再送信装置から通知された前記タイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを含む前記IPパケットを生成して送信するパケット処理部とを備える、IP再送信装置。

請求項10

放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける制御装置であって、待機系の前記IP再送信装置に対して、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせる命令を通知する放送波命令部と、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与える情報付与部と、所定のタイミングにおいて前記運用系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて前記待機系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を開始する命令を通知する切り替え命令部とを備える、制御装置。

技術分野

0001

本発明は、切り替え方法、IP再送信システム、IP再送信装置および制御装置に関する。

背景技術

0002

近年のデジタル技術の向上に伴い、テレビ放送等にデジタル技術を応用し、より多くの番組を提供するサービスが提供されている。限られた伝送帯域を使ってより多くの番組を高画質かつ高音質で提供するために、高能率圧縮および多重化技術が用いられている。

0003

このようなデジタル放送のシステムの一例として、たとえば、特開2010−171799号公報(特許文献1)には、以下のような構成が開示されている。すなわち、再多重システムは、デジタル放送波を受信し復調してMPEG−2TS(Transport Stream)を出力する復調装置と、前記復調装置からMPEG−2 TSが入力され、複数チャネルのMPEG−2映像を対象にトランスコードを各々実行し、トランスコード後の映像とデジタル放送信号中の音声字幕と、PCR(Program Clock Reference)とをMPEG−2TS形式多重して出力する複数の映像トランスコーダと、前記複数の映像トランスコーダのトランスコーダ出力信号と、前記復調装置のMPEG−2 TS出力とを再多重する再多重装置とを備える。前記再多重装置は、前記複数の映像トランスコーダからのトランスコーダ出力信号を各々受信し、該受信信号中のMPEG−2 TSのTSパケットを抽出して、信号記憶手段の信号バッファ領域に書き込む複数のトランスコーダ出力信号受信手段と、前記復調装置からのMPEG−2 TS出力を受信し、該受信信号中のMPEG−2 TSのTSパケットを抽出して、信号記憶手段の信号バッファ領域に書き込む放送信号受信手段と、前記複数のトランスコーダ出力信号受信手段により信号記憶手段に書き込まれたMPEG−2 TSのTSパケット中のPCR、前記放送信号受信手段により信号記憶手段に書き込まれたMPEG−2 TSのTSパケット中のPCRに基づいて、前記映像トランスコーダから受信したMPEG−2 TSのTSパケットと前記復調装置から受信したMPEG−2 TSのTSパケットとの多重タイミングを決定するためのタイムスタンプ値を各TSパケット毎に求め、該タイムスタンプ値を各TSパケットと合わせて前記信号記憶手段に書き込む多重タイミング制御手段と、前記信号記憶手段に格納されているタイムスタンプ値の大きさに従って定められる多重タイミングで、該信号記憶手段内のTSパケットを読み出して、前記トランスコーダ出力信号とデジタル放送信号を再多重して出力する多重手段とを備える。

先行技術

0004

特開2010−171799号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ケーブルテレビ等のデジタル放送の配信事業者局舎では、運用系および予備系の複数の配信装置が設けられる場合が多い。

0006

ここで、運用系の配信装置の保守交換等のために当該配信装置の出力を停止し、予備系の配信装置へ配信を切り替える場合において、コンテンツを良好に再生することが望まれる。

0007

この発明は、上述の課題を解決するためになされたもので、その目的は、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することが可能な切り替え方法、IP再送信システム、IP再送信装置および制御装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

(1)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わる切り替え方法は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップとを含む。

0009

(4)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わる切り替え方法は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与えるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップと、切り替え先の前記IP再送信装置が、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信するステップとを含む。

0010

(6)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わるIP再送信システムは、分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムであって、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記IP再送信システムは、さらに、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる整合部と、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させる切り替え部とを備える。

0011

(7)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わるIP再送信システムは、分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置と、制御装置とを備え、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記待機系のIP再送信装置は、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記制御装置を介して取得し、前記制御装置は、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させ、切り替え先の前記IP再送信装置は、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信する。

0012

(8)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わるIP再送信装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける前記IP再送信装置であって、運用系の前記IP再送信装置および待機系の前記IP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う処理部と、前記IPパケットを出力する出力部とを備える。

0013

(9)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わるIP再送信装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信するIP再送信システムにおけるIP再送信装置であって、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を生成するタイミング情報生成部と、前記タイミング情報生成部によって生成された前記タイミング情報を他の前記IP再送信装置に通知する通知部と、他の前記IP再送信装置から通知された前記タイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを含む前記IPパケットを生成して送信するパケット処理部とを備える。

0014

(10)上記課題を解決するために、この発明のある局面に係わる制御装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける制御装置であって、待機系の前記IP再送信装置に対して、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせる命令を通知する放送波命令部と、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与える情報付与部と、所定のタイミングにおいて前記運用系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて前記待機系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を開始する命令を通知する切り替え命令部とを備える。

0015

本発明は、このような特徴的な処理部を備えるIP再送信システムとして実現できるだけでなく、IP再送信システムの一部または全部を実現する半導体集積回路として実現することができる。

0016

本発明は、このような特徴的な処理部を備えるIP再送信装置として実現できるだけでなく、かかる特徴的な処理をステップとする方法として実現することができる。また、本発明は、このような特徴的な処理部を備えるIP再送信装置として実現できるだけでなく、IP再送信装置の一部または全部を実現する半導体集積回路として実現することができる。

0017

本発明は、このような特徴的な処理部を備える制御装置として実現できるだけでなく、かかる特徴的な処理をステップとする方法として実現することができる。また、本発明は、このような特徴的な処理部を備える制御装置として実現できるだけでなく、制御装置の一部または全部を実現する半導体集積回路として実現することができる。

発明の効果

0018

本発明によれば、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

図面の簡単な説明

0019

図1は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムの構成を示す図である。
図2は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の構成を示す図である。
図3は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムによるIP再送信装置の切り替え時の処理を示す図である。
図4は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムによるIP再送信装置の切り替え処理シーケンスの一例を示す図である。
図5は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおける制御装置の構成を示す図である。
図6は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の変形例の構成を示す図である。
図7は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムの構成を示す図である。
図8は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるパケット伝送の一例を示す図である。
図9は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の他の例の構成を示す図である。
図10は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるパケットの伝送の他の例を示す図である。

実施例

0020

最初に、本発明の実施形態の内容を列記して説明する。

0021

(1)本発明の実施の形態に係る切り替え方法は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップとを含む。

0022

このような方法により、運用系のIP再送信装置および待機系のIP再送信装置の個体差を吸収し、各装置からの出力の元となる内部状態を整合させることができるため、たとえば、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生したり、切り替えに伴う他の装置による異常の誤検知を防いだりすることが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0023

(2)好ましくは、前記放送波に含まれる基準タイミングの情報が各前記IP再送信装置において取得され、前記IP再送信装置は、前記基準タイミングの情報を前記IPパケットに含めて再送信し、前記内部状態は、前記基準タイミングの情報の前記IP再送信装置からの出力タイミングである。

0024

このように、内部状態として基準タイミングの送出タイミングを各IP再送信装置間で整合させることにより、たとえば、切り替えに伴う他の装置による異常の誤検知を防ぐことができる。

0025

(3)好ましくは、前記IP再送信装置は、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信し、前記内部状態は、前記処理タイミングのカウント値である。

0026

このように、内部状態として再生装置における処理タイミングのカウント値を各IP再送信装置間で整合させることにより、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0027

(4)本発明の実施の形態に係る切り替え方法は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおいて、前記コンテンツの再送信を運用系の前記IP再送信装置から待機系の前記IP再送信装置へ切り替える切り替え方法であって、前記運用系のIP再送信装置が受信している放送波の周波数に前記待機系のIP再送信装置が受信する放送波の周波数を合わせるステップと、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与えるステップと、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置から前記待機系のIP再送信装置へ前記コンテンツの再送信を切り替えるステップと、切り替え先の前記IP再送信装置が、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信するステップとを含む。

0028

このような方法により、運用系のIP再送信装置の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0029

(5)好ましくは、前記放送波に含まれる基準タイミングの情報が各前記IP再送信装置において取得され、前記タイミング情報は、前記基準タイミングに基づいて前記運用系のIP再送信装置において生成される。

0030

このように、放送波に含まれ、各IP再送信装置において取得される基準タイミングに基づくタイミング情報を算出する方法により、運用系のIP再送信装置の時刻情報および待機系のIP再送信装置の時刻情報を容易に合わせることができる。また、運用系のIP再送信装置から待機系のIP再送信装置へのタイミング情報の伝送遅延による影響を回避することができる。

0031

(6)本発明の実施の形態に係るIP再送信システムは、分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムであって、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記IP再送信システムは、さらに、前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる整合部と、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させる切り替え部とを備える。

0032

このような構成により、運用系のIP再送信装置および待機系のIP再送信装置の個体差を吸収し、各装置からの出力の元となる内部状態を整合させることができるため、たとえば、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生したり、切り替えに伴う他の装置による異常の誤検知を防いだりすることが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0033

(7)本発明の実施の形態に係るIP再送信システムは、分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置と、制御装置とを備え、各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、前記待機系のIP再送信装置は、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記制御装置を介して取得し、前記制御装置は、前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させ、切り替え先の前記IP再送信装置は、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信する。

0034

このような構成により、運用系のIP再送信装置の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0035

(8)本発明の実施の形態に係るIP再送信装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける前記IP再送信装置であって、運用系の前記IP再送信装置および待機系の前記IP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う処理部と、前記IPパケットを出力する出力部とを備える。

0036

このような構成により、運用系のIP再送信装置および待機系のIP再送信装置の個体差を吸収し、各装置からの出力の元となる内部状態を整合させることができるため、たとえば、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生したり、切り替えに伴う他の装置による異常の誤検知を防いだりすることが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0037

(9)本発明の実施の形態に係るIP再送信装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信するIP再送信システムにおけるIP再送信装置であって、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を生成するタイミング情報生成部と、前記タイミング情報生成部によって生成された前記タイミング情報を他の前記IP再送信装置に通知する通知部と、他の前記IP再送信装置から通知された前記タイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを含む前記IPパケットを生成して送信するパケット処理部とを備える。

0038

このような構成により、運用系のIP再送信装置の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0039

(10)本発明の実施の形態に係る制御装置は、放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける制御装置であって、待機系の前記IP再送信装置に対して、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせる命令を通知する放送波命令部と、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を取得する取得部と、前記取得部によって取得された前記タイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与える情報付与部と、所定のタイミングにおいて前記運用系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて前記待機系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を開始する命令を通知する切り替え命令部とを備える。

0040

このような構成により、運用系のIP再送信装置の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、再生装置において、切り替え先のIP再送信装置から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。したがって、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0041

以下、本発明の実施の形態について図面を用いて説明する。なお、図中同一または相当部分には同一符号を付してその説明は繰り返さない。また、以下に記載する実施の形態の少なくとも一部を任意に組み合わせてもよい。

0042

<第1の実施の形態>
[構成]
図1は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムの構成を示す図である。

0043

図1を参照して、IP再送信システム301は、たとえばMPEG2−TS(Moving Picture Experts Group 2 Transport Stream)およびH.264規格に従うIP再送信システムであり、複数のIP再送信装置101と、1または複数の制御装置151と、分配器152と、L2スイッチ153,154,155とを備える。なお、IP再送信システム301は、他の規格に従うIP再送信システムであってもよい。

0044

図1では、一例として、運用系として15台のIP再送信装置101と、予備系として2台のIP再送信装置101と、運用系および予備系として2台の制御装置151とが設けられている。なお、L2スイッチ153,154,155は、1つの装置または複数の装置で実現される。

0045

IP再送信装置101は、放送波を受信し、受信した放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する。より詳細には、分配器152は、アンテナにおいて受信された放送信号を各IP再送信装置101へ分配する。

0046

IP再送信装置101は、分配器152から受けた放送信号からコンテンツ情報を抽出し、抽出したコンテンツ情報をたとえば分割して含む複数のIPパケットを、L2スイッチ155およびIP網401経由で各IP−STB171へマルチキャストする。すなわち、各IP再送信装置101から出力されるIPパケットは、中継装置の一例であるL2スイッチ155によって中継されてIP網401へ送信される。たとえば、IP再送信装置101は、コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数のIPパケットに含めて再送信する。

0047

IP−STB171は、コンテンツの再生装置の一例であり、IP網401から受信したIPパケットからコンテンツ情報を抽出し、テレビジョン装置(TV)172において再生する。

0048

IP再送信装置101は、対応の局のSI情報をL2スイッチ153経由で全局SI(Service Information)サーバ161へ送信する。

0049

また、IP再送信装置101は、分配器152から受けた放送信号から緊急警報等の緊急情報を抽出し、L2スイッチ153経由で緊急警報サーバ162へ送信する。

0050

制御装置151は、L2スイッチ153経由でIP再送信装置101と情報を送受信することにより、IP再送信装置101の設定および監視等を行う。

0051

制御装置151は、L2スイッチ154経由で鍵サーバ163から鍵情報を取得し、L2スイッチ153経由で各IP再送信装置101に与える。

0052

図2は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の構成を示す図である。

0053

図2を参照して、IP再送信装置101は、チューナ11と、デスクランブル部12と、トランスコード部13と、多重化部14と、TTS(Timestamped TS)処理部(パケット処理部)15と、スクランブル部16と、IP変換部(出力部)17と、制御部(タイミング情報生成部、通知部および取得部)18と、カウンタ19と、スイッチ回路20とを備える。

0054

制御部18は、IP再送信装置101における各ユニットの設定および監視等を行い、また、制御装置151と各種情報の送受信を行う。

0055

チューナ11は、分配器152から受けた放送信号のうち、制御部18から指定された周波数の放送信号に対してOFDM復調処理等の所定の信号処理を行って映像データおよび音声データを含むTSパケットの多重化信号を抽出し、抽出した多重化信号をデスクランブル部12へ出力する。

0056

デスクランブル部12は、チューナ11から受けた多重化信号にデスクランブル処理を行い、処理後の映像データを含むTSパケットをトランスコード部13へ出力し、また、処理後の音声データまたはその他のデータを含むTSパケットを多重化部14へ出力する。

0057

トランスコード部13は、デスクランブル部12から受けたTSパケットに含まれるMPEG2規格に従う映像データをH.264規格に従う映像データにトランスコードし、トランスコード後の映像データを含むTSパケットを多重化部14へ出力する。

0058

多重化部14は、トランスコード部13およびデスクランブル部12から受けた各TSパケットを時間軸方向に多重化して出力する。

0059

TTS処理部15は、多重化部14から受けた各TSパケットにタイムスタンプを含むヘッダを付加することによりTTSパケットを作成してスクランブル部16へ出力する。

0060

ここで、タイムスタンプは、コンテンツの再生装置における処理タイミングの一例である。たとえば、IP再送信装置101は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を処理タイミングとする。この処理タイミングは、IP−STB171におけるTSパケットの処理タイミングである。

0061

具体的には、タイムスタンプは、IP−STB171においてTSパケットをデコーダ投入すべきタイミングであり、たとえばIP再送信装置101における27MHzのクロックのタイミングに従って動作するカウンタ19のカウント値である。当該クロックは、各IP再送信装置101間で非同期である。

0062

タイムスタンプを用いることにより、IP−STB171は、ネットワークにおける各IPパケットの伝送時間の揺らぎを吸収して、適切なタイミングでTSパケットを処理し、コンテンツ情報を良好に再生することができる。

0063

スクランブル部16は、制御部18経由で制御装置151から取得した鍵情報を用いて、TTS処理部15から受けた各TTSパケットに含まれる各種情報にスクランブル処理を行い、スクランブル処理後のTTSパケットをIP変換部17へ出力する。

0064

IP変換部17は、スクランブル部16から受けた1または複数のTTSパケットをIPパケットに含め、スイッチ回路20経由でL2スイッチ155へ出力する。

0065

図3は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムによるIP再送信装置の切り替え時の処理を示す図である。

0066

IP再送信システム301において、整合部は、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる。この整合部は、たとえば、IP再送信装置101における制御部18およびTTS処理部15、ならびに制御装置151における後述する取得部32および情報付与部33に相当する。

0067

また、切り替え部は、コンテンツの再送信の切り替えとして、運用系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を停止させ、待機系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を開始させる。この切り替え部は、たとえば、制御装置151における後述する切り替え命令部34に相当する。

0068

IP再送信装置101において、処理部は、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う。この処理部は、たとえば、IP再送信装置101における制御部18およびTTS処理部15に相当する。

0069

たとえば、上記内部状態は、コンテンツの再生装置における処理タイミングのカウント値、具体的にはIP−STB171におけるTSパケットの処理タイミングのカウント値である。

0070

より詳細には、図2および図3を参照して、放送信号には、PCR(Program Clock Reference)パケットが含まれる。PCRパケットは、基準タイミングの一例であるPCRを含むTSパケットである。PCRは、放送波の送信装置における27MHzのクロックのタイミングに従うカウント値であり、IP再送信装置101およびIP−STB171のクロックを、放送波の送信装置におけるクロックと同期させるために用いられる。PCRは、各IP再送信装置101において取得される。

0071

IP再送信装置101における制御部18は、IP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報を生成し、他のIP再送信装置101に通知することができる。たとえば、タイミング情報は、基準タイミングに基づいて運用系のIP再送信装置101において生成される。より詳細には、制御部18は、自己のIP再送信装置101における基準タイミングと処理タイミングとの差分を示すタイミング情報を生成する。

0072

具体的には、制御部18は、たとえば、基準タイミングとしてPCR、および処理タイミングとしてタイムスタンプをTTS処理部15から取得し、両者の差分Δtを算出する。この場合、タイミング情報は、処理タイミングであるタイムスタンプに関する差分Δtである。

0073

たとえば、制御部18は、差分Δtを継続して出力する論理回路を有する。制御部18は、算出した差分Δtを制御装置151へ送信する。なお、制御部18は、放送波に複数種類のPCRが含まれる場合、PCRごとに差分Δtを算出する。

0074

制御装置151は、運用系のIP再送信装置101から受信した差分Δtを待機系のIP再送信装置101へ送信する。

0075

待機系のIP再送信装置101において、制御部18は、運用系のIP再送信装置101から通知されたタイミング情報を取得する。

0076

TTS処理部15は、制御部18によって取得されたタイミング情報に基づく処理タイミングを含むIPパケットを生成して送信する。たとえば、制御部18は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を処理タイミングとし、タイミング情報に基づいて処理タイミングを補正する。

0077

より詳細には、制御部18は、制御装置151から受信した差分Δtを用いて、たとえばカウンタ19のカウント値を補正する。具体的には、制御部18は、PCRに差分Δtを加算した値を、プリセット値としてカウンタ19に設定する。

0078

これにより、TTS処理部15は、多重化部14から受けたPCRパケットに含まれるPCRと同じ速度のクロックのタイミングに従ってカウントアップするカウント値に、制御部18から通知された差分Δtを加算した値をタイムスタンプとして用いて、TTSパケットを作成する。すなわち、運用系のIP再送信装置101におけるタイムスタンプ値と待機系のIP再送信装置101におけるタイムスタンプ値とを合わせることができる。

0079

ここで、IP−STB171は、受信したTTSパケットを蓄積するバッファを備えており、IP網401等におけるIPパケットの伝送遅延の揺らぎを吸収可能である。そして、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の両者のタイムスタンプカウンタ値がほぼ同じ値で推移することより、IP−STB171は、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるTTSパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0080

また、分配器152によって分配された放送信号に含まれるPCRに差分Δtを加算する構成により、制御装置151を経由する運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101への差分Δtの伝送遅延による影響を回避することができる。

0081

[動作の流れ]
次に、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の切り替え動作の流れについて説明する。

0082

IP再送信システム301における各装置は、コンピュータを備え、当該コンピュータにおけるCPU等の演算処理部は、以下のフローチャートの各ステップの一部または全部を含むプログラムを図示しないメモリから読み出して実行する。これら複数の装置のプログラムは、それぞれ、外部からインストールすることができる。これら複数の装置のプログラムは、それぞれ、記録媒体に格納された状態で流通する。

0083

図4は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムによるIP再送信装置の切り替え処理のシーケンスの一例を示す図である。

0084

図4を参照して、IP再送信装置101であるIP再送信装置101AおよびIP再送信装置101Bがそれぞれ運用系および待機系である状況において、まず、制御装置151は、IP再送信装置101Aのエラーを検知し(ステップS1)、待機指示をIP再送信装置101Aへ送信する(ステップS2)。

0085

IP再送信装置101Aは、制御装置151から待機指示を受信して、たとえばスイッチ回路20をオフすることによりIPパケット、SI情報および緊急警報の送信を停止し、待機系となる(ステップS3)。

0086

次に、制御装置151は、運用指示をIP再送信装置101Bへ送信する(ステップS4)。

0087

次に、IP再送信装置101Bは、制御装置151から運用指示を受信して、受信する放送波の周波数を、IP再送信装置101Aが受信している放送波の周波数に合わせる。そして、IP再送信装置101Bは、たとえばスイッチ回路20をオンすることによりIPパケット、SI情報および緊急警報の送信を開始し、運用系となる(ステップS5)。

0088

次に、IP再送信装置101Aの交換または修理等が完了すると、制御装置151は、たとえば作業者の操作による切り替え指示受け付ける(ステップS6)。

0089

次に、IP再送信システム301は、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる。

0090

すなわち、まず、制御装置151は、タイミング情報要求をIP再送信装置101Bへ送信する。ここで、放送波に複数種類のPCRが含まれる場合、制御装置151は、対象のPCRに対応するPID(Packet Identification)をタイミング情報要求に含める(ステップS7)。

0091

次に、IP再送信装置101Bは、制御装置151からタイミング情報要求を受信して、タイミング情報すなわち最新の差分Δtを取得し、制御装置151へ送信する(ステップS8)。

0092

次に、制御装置151は、IP再送信装置101Bから受信したタイミング情報をIP再送信装置101Aへ送信する。ここで、放送波に複数種類のPCRが含まれる場合、制御装置151は、対象のPCRに対応するPIDをタイミング情報とともにIP再送信装置101Aへ送信する(ステップS9)。

0093

次に、待機系のIP再送信装置101Aは、運用系のIP再送信装置101Bにおいて生成される、IP−STB171における処理タイミングに関する情報を制御装置151を介して取得する。より詳細には、IP再送信装置101Aは、制御装置151からタイミング情報を受信し、受信したタイミング情報に基づいて調整処理、たとえば上述のようなカウンタ19のカウント値の補正を行い(ステップS10)、ACKを制御装置151へ送信する(ステップS11)。

0094

次に、制御装置151は、運用系のIP再送信装置101Bから待機系のIP再送信装置101Aへコンテンツの再送信を切り替える。すなわち、制御装置151は、IP再送信装置101AからACKを受信して、所定の切り替えタイミングをIP再送信装置101AおよびIP再送信装置101Bに通知する。具体的には、制御装置151は、切り替えタイミングを示すタイムスタンプ値をIP再送信装置101AおよびIP再送信装置101Bに通知する。ここで、制御装置151は、IP再送信装置101Aの送信停止タイミングとIP再送信装置101Bの送信開始タイミングとの間で時間調整が必要な場合、各IP再送信装置101へ送信するタイムスタンプ値を調整して異なるタイムスタンプ値を通知してもよい。すなわち、上記所定タイミングは、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101で異なってもよい(ステップS12およびS14)。

0095

次に、IP再送信装置101AおよびIP再送信装置101Bは、制御装置151からタイムスタンプ値の通知を受けると、ACKを制御装置151へ送信する(ステップS13およびS15)。

0096

次に、所定のタイミングすなわち制御装置151から通知されたタイムスタンプ値のタイミングにおいて、IP再送信装置101Bは、IPパケット、SI情報および緊急警報の送信を停止し、待機系となる(ステップS16)。

0097

また、所定のタイミングすなわち制御装置151から通知されたタイムスタンプ値のタイミングにおいて、IP再送信装置101Aは、IPパケット、SI情報および緊急警報の送信を開始し、運用系となる。すなわち、IP再送信装置101Aは、制御装置151から通知されたタイミング情報に基づく処理タイミングをIPパケットに含めて送信する。より詳細には、IP再送信装置101Aは、制御装置151から通知された差分Δt、およびPCRに基づくタイムスタンプをTTSパケットに含めて送信する(ステップS17)。

0098

なお、ここでは、IP再送信システム301が、IP再送信装置101AからIP再送信装置101Bへの切り替えが行われ、IP再送信装置101Aの交換または修理等が完了した後、運用系のIP再送信装置101Bから待機系のIP再送信装置101Aへの切り替えが行われる際に差分Δtの伝達およびタイムスタンプの調整等のタイミング整合処理を行う例を示したが、これに限定するものではない。

0099

IP再送信システム301は、所定のタイミングにおいて運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101への切り替えが行われる際に上記タイミング整合処理を行う構成であればよく、たとえば、エラーが検知された運用系のIP再送信装置101Aから待機系のIP再送信装置101Bへの切り替えが所定のタイミングにおいて行われる際に上記タイミング整合処理を行う構成であってもよい。

0100

また、制御装置151は、切り替えタイミングをタイムスタンプ値を用いて指定する構成に限らず、PCRを用いて指定してもよい。ただし、制御装置151が、切り替えタイミングをタイムスタンプを用いて指定する構成により、放送波により伝送されるPCRを用いる構成と比べて、IP再送信装置101においてタイミングをより確実に把握し、より安定した切り替えを行うことができる。

0101

図5は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおける制御装置の構成を示す図である。

0102

図5を参照して、制御装置151は、放送波命令部31と、取得部32と、情報付与部33と、切り替え命令部34とを備える。

0103

放送波命令部31は、待機系のIP再送信装置101に対して、受信する放送波の周波数を、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に合わせる命令たとえば上述の運用指示を通知する。

0104

取得部32は、たとえば上述のタイミング情報要求を送信することにより、運用系のIP再送信装置101において生成される、コンテンツの再生装置たとえばIP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報たとえばタイムスタンプに関する差分Δtを取得する。

0105

情報付与部33は、取得部32によって取得されたタイミング情報を待機系のIP再送信装置101に与える。

0106

切り替え命令部34は、所定のタイミングにおいて運用系のIP再送信装置101がコンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて待機系のIP再送信装置101がコンテンツの再送信を開始する命令たとえば上述の切り替えタイミングを通知する。当該所定のタイミングは、たとえば上述のように処理タイミングを用いて指定されるタイミングである。

0107

図6は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の変形例の構成を示す図である。

0108

IP再送信装置101の変形例は、放送波に含まれる基準タイミングたとえばPCRの情報をIPパケットに含めて再送信する。

0109

より詳細には、図6を参照して、IP再送信装置101の変形例は、図2に示すIP再送信装置101と比べて、さらに、カウンタ21を備える。

0110

多重化部14は、デスクランブル部12から受けたPCRパケットに含まれるPCRを、たとえば映像データを含むTSパケットに所定周期で含めてTTS処理部15へ出力する。これにより、PCRパケットを別個に出力する構成と比べて、パケットの伝送量を低減することができる。

0111

より詳細には、カウンタ21は、たとえば、カウンタ19と同様に、IP再送信装置101における自走クロックである27MHzのクロックのタイミングに従って動作する。カウンタ21は、所定周期でパルスを生成して多重化部14へ出力する。

0112

多重化部14は、カウンタ21からパルスを受けると、TSパケットに最新のPCRを含めてTTS処理部15へ出力する。

0113

なお、多重化部14は、PCRを、たとえば音声データを含むTSパケットに含めて所定周期で出力してもよいし、PCRパケット自体を所定周期で出力してもよい。

0114

ところで、運用系および予備系の複数の配信装置が設けられる放送システムにおいて、配信装置は、パケットを処理すべきタイミングの情報を当該パケットに含めて送信する場合がある。運用系の配信装置の保守交換を行う状況において、たとえば、24時間放送が行われる場合、放送出力を停止することは困難である。このため、運用系の配信装置の保守交換等のために当該配信装置の出力を停止し、予備系の配信装置へ配信を切り替える必要があり、再生装置が受信するパケットに含まれる上記情報が乱れると、コンテンツを良好に再生することが困難となる。

0115

これに対して、本発明の第1の実施の形態に係る切り替え方法は、コンテンツの再送信を運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101へ切り替える切り替え方法である。まず、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に待機系のIP再送信装置101が受信する放送波の周波数を合わせる。次に、運用系のIP再送信装置101において生成される、コンテンツの再生装置たとえばIP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報たとえばタイムスタンプに関する差分Δtを待機系のIP再送信装置101に与える。次に、所定のタイミングにおいて、運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101へコンテンツの再送信を切り替える。次に、切り替え先のIP再送信装置101が、与えられたタイミング情報に基づく当該処理タイミングをIPパケットに含めて送信する。

0116

このような方法により、運用系のIP再送信装置101の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置101の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるTTSパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0117

したがって、本発明の第1の実施の形態に係る切り替え方法では、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0118

また、本発明の第1の実施の形態に係る切り替え方法では、放送波に含まれる基準タイミングたとえばPCRの情報が各IP再送信装置101において取得される。差分Δtは、PCRに基づいて運用系のIP再送信装置101において生成される。

0119

このように、分配器152によって分配された放送信号に含まれるPCRに基づく差分Δtを算出する方法により、運用系のIP再送信装置101のタイムスタンプ値および待機系のIP再送信装置101のタイムスタンプ値を容易に合わせることができる。また、制御装置151を経由する運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101への差分Δtの伝送遅延による影響を回避することができる。

0120

また、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムでは、IP再送信装置101は、分配器152から同じ放送波を受信し、放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する。各IP再送信装置101から出力されるIPパケットは、中継装置たとえばL2スイッチ155によって中継されてネットワークへ送信される。待機系のIP再送信装置101は、受信する放送波の周波数を、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に合わせる。待機系のIP再送信装置101は、運用系のIP再送信装置101において生成される、コンテンツの再生装置たとえばIP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報たとえばタイムスタンプに関する差分Δtを制御装置151を介して取得する。制御装置151は、コンテンツの再送信の切り替えとして、運用系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を停止させ、待機系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を開始させる。切り替え先のIP再送信装置101は、与えられたタイミング情報に基づく処理タイミングをIPパケットに含めて送信する。

0121

すなわち、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信装置では、制御部18は、コンテンツの再生装置たとえばIP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報たとえばタイムスタンプに関する差分Δtを生成する。制御部18は、生成したタイミング情報を他のIP再送信装置101に通知する。制御部18は、他のIP再送信装置101から通知されたタイミング情報を取得する。TTS処理部15は、制御部18によって取得されたタイミング情報に基づく処理タイミングを含むIPパケットを生成して送信する。

0122

このような構成により、運用系のIP再送信装置101の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置101の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるTTSパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0123

したがって、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムおよびIP再送信装置では、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0124

また、本発明の第1の実施の形態に係る制御装置では、放送波命令部31は、待機系のIP再送信装置101に対して、受信する放送波の周波数を、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に合わせる命令を通知する。取得部32は、運用系のIP再送信装置101において生成される、コンテンツの再生装置たとえばIP−STB171における処理タイミングに関するタイミング情報たとえばタイムスタンプに関する差分Δtを取得する。情報付与部33は、取得部32によって取得されたタイミング情報を待機系のIP再送信装置101に与える。そして、切り替え命令部34は、所定のタイミングにおいて運用系のIP再送信装置101がコンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて待機系のIP再送信装置101がコンテンツの再送信を開始する命令を通知する。

0125

このような構成により、運用系のIP再送信装置101の出力停止のタイミングおよび待機系のIP再送信装置101の出力開始のタイミングを単に合わせて切り替える場合と比べて、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるTTSパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0126

したがって、本発明の第1の実施の形態に係る制御装置では、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0127

また、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムでは、IP再送信装置101は、分配器152から同じ放送波を受信し、放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する。各IP再送信装置101から出力されるIPパケットは、中継装置たとえばL2スイッチ155によって中継されてネットワークへ送信される。待機系のIP再送信装置101は、受信する放送波の周波数を、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に合わせる。整合部は、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる。切り替え部は、コンテンツの再送信の切り替えとして、運用系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を停止させ、待機系のIP再送信装置101に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を開始させる。

0128

また、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信装置では、処理部は、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う。そして、IP変換部17は、出力部として当該IPパケットを出力する。

0129

このような構成により、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の個体差を吸収し、各装置からの出力の元となる内部状態を整合させることができるため、たとえば、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0130

したがって、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムおよびIP再送信装置では、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0131

また、本発明の第1の実施の形態に係る切り替え方法は、コンテンツの再送信を運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101へ切り替える切り替え方法である。まず、運用系のIP再送信装置101が受信している放送波の周波数に待機系のIP再送信装置101が受信する放送波の周波数を合わせる。次に、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる。次に、所定のタイミングにおいて、運用系のIP再送信装置101から待機系のIP再送信装置101へコンテンツの再送信を切り替える。

0132

このような方法により、運用系のIP再送信装置101および待機系のIP再送信装置101の個体差を吸収し、各装置からの出力の元となる内部状態を整合させることができるため、たとえば、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるIPパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0133

したがって、本発明の第1の実施の形態に係る切り替え方法では、コンテンツの送信装置を切り替え可能な構成において、再生装置における安定したコンテンツ再生を実現することができる。

0134

また、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システム、IP再送信装置および切り替え方法では、IP再送信装置101は、コンテンツの再生装置における処理タイミング、たとえばIP−STB171におけるTSパケットの処理タイミングであるタイムスタンプをIPパケットに含めて送信する。上記内部状態は、タイムスタンプのカウント値である。

0135

このように、内部状態としてタイムスタンプ値を各IP再送信装置101間で整合させることにより、IP−STB171において、切り替え先のIP再送信装置101から伝送されるTSパケットを安定して処理し、コンテンツを良好に再生することが可能となる。

0136

次に、本発明の他の実施の形態について図面を用いて説明する。なお、図中同一または相当部分には同一符号を付してその説明は繰り返さない。

0137

<第2の実施の形態>
本実施の形態は、第1の実施の形態に係るIP再送信システムと比べて監視機能を追加したIP再送信システムに関する。以下で説明する内容以外は第1の実施の形態に係るIP再送信システムと同様である。

0138

図7は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムの構成を示す図である。

0139

図7を参照して、IP再送信システム302は、本発明の第1の実施の形態に係るIP再送信システムと比べて、さらに、監視装置164を備える。

0140

監視装置164は、L2スイッチ155経由でIP再送信装置101の出力を監視し、異常を検知する。

0141

図8は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるパケットの伝送の一例を示す図である。

0142

図8を参照して、映像データを含むTSパケットである映像パケット、音声データを含むTSパケットである音声パケット、およびPCRパケットが放送信号により各IP再送信装置101へ伝送される。

0143

また、映像データを含むTTSパケットである映像パケット、音声データを含むTTSパケットである音声パケット、ならびに映像データおよびPCRを含むTTSパケットである映像PCRパケットが、IPパケットにより運用系のIP再送信装置101からL2スイッチ155へ伝送される。

0144

たとえば、放送信号により伝送されるPCRパケットの送出周期は100msであり、IP再送信装置101からの映像PCRパケットの送出周期は80msである。

0145

前述のように、IP再送信装置101の変形例では、映像PCRパケットは自走クロックで動作するカウンタ21のタイミングに従って所定周期で送出される。このため、経時変化、あるいは装置の起動タイミング相違により、各IP再送信装置101からの映像PCRパケットの送出周期は一定である一方で位相が異なる場合が多い。

0146

このため、図8に示すように、運用系のIP再送信装置101Bから待機系のIP再送信装置101Aへの切り替えタイミングにおいて、映像PCRパケットの送出周期に乱れが生じる。監視装置164がたとえばIP再送信装置101からの映像PCRパケットの送出周期を監視している場合、監視装置164が異常を誤検知してしまう可能性がある。

0147

そこで、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムでは、以下のような構成および動作により、このような課題を解決する。

0148

すなわち、IP再送信システム302において、整合部は、運用系のIP再送信装置111および待機系のIP再送信装置111の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる。この整合部は、たとえば、IP再送信装置111における制御部18、TTS処理部15および多重化部14、ならびに制御装置151における取得部32および情報付与部33に相当する。

0149

切り替え部は、コンテンツの再送信の切り替えとして、運用系のIP再送信装置111に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を停止させ、待機系のIP再送信装置111に所定のタイミングにおいてコンテンツの再送信を開始させる。この処理部は、たとえば、制御装置151における切り替え命令部34に相当する。

0150

IP再送信装置111において、処理部は、運用系のIP再送信装置111および待機系のIP再送信装置111の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う。この処理部は、たとえば、IP再送信装置111における制御部18、TTS処理部15および多重化部14に相当する。

0151

たとえば、上記内部状態は、基準タイミングたとえばPCRの情報のIP再送信装置101からの出力タイミングである。

0152

図9は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるIP再送信装置の他の例の構成を示す図である。

0153

図9を参照して、IP再送信装置111は、図6に示すIP再送信装置101の変形例と比べて、カウンタ21を備えない構成である。

0154

多重化部14は、カウンタ19のカウント値を参照することにより、映像PCRパケットを所定周期でTTS処理部15へ出力する。より詳細には、多重化部14は、一定間隔の当該カウント値で映像PCRパケットを出力する。

0155

IP再送信装置101と同様に、運用系のIP再送信装置111におけるカウンタ19のカウント値、および待機系のIP再送信装置111におけるカウンタ19のカウント値は、ほぼ同じ値で推移する。このため、各IP再送信装置111からの映像PCRパケットの送出タイミングを合わせることができ、映像PCRパケットの送出周期の位相を合わせることができる。

0156

図10は、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システムにおけるパケットの伝送の他の例を示す図である。

0157

図10を参照して、多重化部14は、カウンタ19のカウント値が、たとえば、0x200000(「0x」は16進数表記)、0x400000、0x600000、および0x800000になるタイミングにおいて映像PCRパケットをTTS処理部15へ出力する。カウンタ19が27MHzのクロックのタイミングに従って動作する場合、映像PCRパケットは77.6ms周期で送出される。

0158

これにより、図10に示すように、運用系のIP再送信装置111Bから待機系のIP再送信装置111Aへの切り替えタイミングにおいて、映像PCRパケットの送出周期に乱れが生じず、監視装置164は、切り替えタイミングの前後においても所定周期の映像PCRパケットが送出されている状態を確認することができる。

0159

その他の構成および動作は第1の実施の形態に係るIP再送信システムと同様であるため、ここでは詳細な説明を繰り返さない。

0160

また、本発明の第2の実施の形態に係るIP再送信システム、IP再送信装置および切り替え方法では、放送波に含まれる基準タイミングたとえばPCRの情報が各IP再送信装置101において取得される。IP再送信装置101は、PCRの情報をIPパケットに含めて再送信する。上記内部状態は、PCRの情報のIP再送信装置101からの出力タイミングである。

0161

このように、内部状態としてPCRの送出タイミングを各IP再送信装置111間で整合させることにより、たとえば、切り替えに伴う監視装置164による異常の誤検知を防ぐことができる。

0162

なお、本発明の第1の実施の形態および第2の実施の形態に係るIP再送信システムでは、運用系のIP再送信装置および待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態として、それぞれ、タイムスタンプ値およびPCRの出力タイミングを各IP再送信装置間で整合させる構成であるとしたが、これに限定するものではない。本発明の実施の形態に係るIP再送信システムは、時間の経過とともに変化するか、あるいは起動タイミング等により変動することにより、各IP再送信装置間で個体差の生じる他の内部状態を整合させる構成であってもよい。

0163

上記実施の形態は、すべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は、上記説明ではなく特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

0164

以上の説明は、以下に付記する特徴を含む。
[付記1]
分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置と、
制御装置とを備え、
各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、
待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、
前記待機系のIP再送信装置は、前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を前記制御装置を介して取得し、
前記制御装置は、所定のタイミングにおいて、前記運用系のIP再送信装置に前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に前記コンテンツの再送信を開始させ、
前記待機系のIP再送信装置は、与えられた前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを前記IPパケットに含めて送信し、
前記所定のタイミングは、前記処理タイミングを用いて指定されるタイミングであり、
前記運用系のIP再送信装置は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を前記処理タイミングとし、
前記タイミング情報は、前記運用系のIP再送信装置における前記放送波に含まれる基準タイミングと前記処理タイミングとの差分を示し、
前記待機系のIP再送信装置は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を前記処理タイミングとし、前記タイミング情報に基づいて前記処理タイミングを補正し、
前記IP再送信装置は、前記コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数の前記IPパケットに含めて再送信し、
前記処理タイミングは、前記再生装置における前記TSパケットの処理タイミングである、IP再送信システム。

0165

[付記2]
放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信するIP再送信システムにおけるIP再送信装置であって、
前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を生成するタイミング情報生成部と、
前記タイミング情報生成部によって生成された前記タイミング情報を他の前記IP再送信装置に通知する通知部と、
他の前記IP再送信装置から通知された前記タイミング情報を取得する取得部と、
前記取得部によって取得された前記タイミング情報に基づく前記処理タイミングを含む前記IPパケットを生成して送信するパケット処理部とを備え、
前記所定のタイミングは、前記処理タイミングを用いて指定されるタイミングであり、
前記IP再送信装置は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を前記処理タイミングとし、
前記タイミング情報は、前記IP再送信装置における前記放送波に含まれる基準タイミングと前記処理タイミングとの差分を示し、
前記IP再送信装置は、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値を前記処理タイミングとし、前記タイミング情報に基づいて前記処理タイミングを補正し、
前記パケット処理部は、前記コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数の前記IPパケットに含めて再送信し、
前記処理タイミングは、前記再生装置における前記TSパケットの処理タイミングである、IP再送信装置。

0166

[付記3]
放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける制御装置であって、
待機系の前記IP再送信装置に対して、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせる命令を通知する放送波命令部と、
前記運用系のIP再送信装置において生成される、前記コンテンツの再生装置における処理タイミングに関するタイミング情報を取得する取得部と、
前記取得部によって取得された前記タイミング情報を前記待機系のIP再送信装置に与える情報付与部と、
所定のタイミングにおいて前記運用系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を停止し、かつ所定のタイミングにおいて前記待機系のIP再送信装置が前記コンテンツの再送信を開始する命令を通知する切り替え命令部とを備え、
前記所定のタイミングは、前記処理タイミングを用いて指定されるタイミングである、
前記処理タイミングは、前記運用系のIP再送信装置における、自走クロックのタイミングに従って動作するカウンタのカウント値であり、
前記タイミング情報は、前記運用系のIP再送信装置における前記基準タイミングと前記処理タイミングとの差分を示し、
前記IP再送信装置は、前記コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数の前記IPパケットに含めて再送信し、
前記処理タイミングは、前記再生装置における前記TSパケットの処理タイミングである、制御装置。

0167

[付記4]
分配器から同じ放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムであって、
各前記IP再送信装置から出力される前記IPパケットは、中継装置によって中継されてネットワークへ送信され、
待機系の前記IP再送信装置は、受信する放送波の周波数を、運用系の前記IP再送信装置が受信している放送波の周波数に合わせ、
前記IP再送信システムは、さらに、
前記運用系のIP再送信装置および前記待機系のIP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させる整合部と、
前記コンテンツの再送信の切り替えとして、前記運用系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を停止させ、前記待機系のIP再送信装置に所定のタイミングにおいて前記コンテンツの再送信を開始させる切り替え部とを備え、
前記IP再送信装置は、前記コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数の前記IPパケットに含めて再送信し、
前記内部状態は、PCRの情報を含む前記IPパケットの前記IP再送信装置からの出力タイミングであるか、または前記IPパケットに含められるタイムスタンプのカウント値である、IP再送信システム。

0168

[付記5]
放送波を受信し、前記放送波に含まれるコンテンツをIPパケットに含めて再送信する複数のIP再送信装置を備えるIP再送信システムにおける前記IP再送信装置であって、
運用系の前記IP再送信装置および待機系の前記IP再送信装置の各々からの出力の元となる内部状態であって個体差の生じる内部状態を整合させるための処理を行う処理部と、
前記IPパケットを出力する出力部とを備え、
前記IP再送信装置は、前記コンテンツが複数に分割された情報を含む複数のTSパケットを1または複数の前記IPパケットに含めて再送信し、
前記内部状態は、PCRの情報を含む前記IPパケットの前記IP再送信装置からの出力タイミングであるか、または前記IPパケットに含められるタイムスタンプのカウント値である、IP再送信装置。

0169

11チューナ
12デスクランブル部
13トランスコード部
14多重化部
15 TTS処理部(パケット処理部)
16スクランブル部
17IP変換部
18 制御部(タイミング情報生成部、通知部および取得部)
19,21カウンタ
20スイッチ回路
31放送波命令部
32 取得部
33 情報付与部
34切り替え命令部
101,111 IP再送信装置
151制御装置
152分配器
153,154,155 L2スイッチ
161 全局SIサーバ
162緊急警報サーバ
163鍵サーバ
164監視装置
301 IP再送信システム
401IP網
171 IP−STB
301,302 IP再送信システム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ