図面 (/)

技術 原子炉、特には小型の液体金属冷却原子炉

出願人 ハイドロミンニュクレアルエネルジーソシエテアレスポンサビリテリミティー
発明者 ルチャーノチノッティ
出願日 2016年3月17日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2017-549286
公開日 2018年3月29日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2018-508788
状態 特許登録済
技術分野 原子炉、減速部及び炉心部の構造
主要キーワード 取っ手付き ブランケットガス 垂直ダクト 内部輪郭 残留出力 一体型ユニット 高温配管 一次流体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題・解決手段

本発明は、原子炉、特に液体金属冷却原子炉に関し、該原子炉は、高温ヘッダー(6)と低温ヘッダー(7)との間に、燃料集合体のヘッダーの収容のために上側部分(16)が狭くなり、炉心アクティブ部(4)において下側部分が広くなる分離構造(5)と、下側部分(14)と上側部分(16)との間に種々の形状の接続部分(15)と、前記分離構造(5)の上側部分(16)と原子炉の容器(2)との間に位置し、コア(4)を出る高温一次流体を供給するための垂直ダクト(20)を介して接続部分(15)に係合する熱交換器(11)とを備える。

概要

背景

特許文献1及び特許文献2は、この型式原子炉を示しており、実質的に円筒形分離構造が、中央の高温ヘッダーと高温ヘッダーを取り囲む環状の低温ヘッダーとを区切っており、低温ヘッダーは、ポンプと1つ又は2つの熱交換器とをそれぞれ備える複数の一体型熱交換ユニットを収容しており、一体型ユニットはそれぞれ、一次流体用に特別に設けられたダクトを介して高温ヘッダーに接続する入口を有する。

しかしながら、これらの解決手段は、異なる構成の熱交換器に一般的に類似する他のものと同様に、特に一次流体の導管系の複雑さ及び空間の不十分な利用のために、とりわけ寸法の点において欠点がないわけではない。ポンプ−交換器ユニットは、高温ヘッダーと低温ヘッダーとの間の分離構造の外側に収容される必要があるが、しかし該分離構造は、炉心と、通常は分離構造の中性子遮蔽構成部分とを含むので、比較的大きな直径を有する。従って、ポンプ−交換器ユニットは、原子炉の中心に対して周辺を取り巻く位置に設置されており、その結果として、一次系の全ての構成部分を含む原子炉容器の直径を増大させる。

特許文献3、特許文献4及び特許文献5は、上部では、より小さな直径の分離構造を、下部では、より大きな直径の分離構造を有効に備えている。これらの解決手段において、炉心から出る冷媒流体は、分離構造の内部においてその上端部まで上昇しており、前記上端部において、その方向は、熱交換器ユニットに下向きに供給するように逆転する。同様に、これらの解決手段は、例えば、流体方向反転領域の構造的複雑さ、及び、冷媒流体が液体金属である場合に、炉心内において偶然の正の反応度投入(accidental positive reactivity insertions)を引き起こす可能性があるブランケットガス(blanket gas)を伴う危険性等、欠点がないわけではない。

概要

本発明は、原子炉、特に液体金属冷却原子炉に関し、該原子炉は、高温ヘッダー(6)と低温ヘッダー(7)との間に、燃料集合体のヘッダーの収容のために上側部分(16)が狭くなり、炉心のアクティブ部(4)において下側部分が広くなる分離構造(5)と、下側部分(14)と上側部分(16)との間に種々の形状の接続部分(15)と、前記分離構造(5)の上側部分(16)と原子炉の容器(2)との間に位置し、コア(4)を出る高温一次流体を供給するための垂直ダクト(20)を介して接続部分(15)に係合する熱交換器(11)とを備える。

目的

本発明の目的は、既知の解決手段に対して指摘された欠点を克服するとともに、構造上及び安全上の両方の利点を有する原子炉、特に液体金属冷却原子炉を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

炉心(4)の上に高温ヘッダー(6)と、該高温ヘッダー(6)を取り囲む低温ヘッダー(7)とを有し、分離構造(5)によって分離され、前記炉心を冷却するために一次流体(8)が内部を循環する、原子炉(1)、特に液体金属冷却原子炉であって、前記原子炉は、二次流体を介して前記一次流体から熱を除去するように、少なくとも1つの熱交換器(11)、特に蒸気発生器を備え、前記分離構造(5)は、前記炉心(4)の周りに設置された下側部分(14)と、前記炉心(4)の上方に位置する上側部分(16)と、を備え、前記上側部分(16)は、前記下側部分(14)に対して減少した半径方向の範囲を有し、接続部分(15)により前記下側部分(14)に結合されており、前記接続部分(15)は、前記炉心(4)を出る高温一次流体を前記熱交換器に供給するために貫通部(28)を備え、前記分離構造(5)の前記上側部分(16)と前記原子炉の容器(2)との間に配置される1つ以上の熱交換器(11)に接続するように垂直ダクト(20)が該貫通部(28)から延びている、原子炉において、前記分離構造(5)の前記接続部分(15)及び前記上側部分(16)は、前記炉心(4)の、特に燃料アセンブリ(13)の不活性な上部(17)の、半径方向の拘束を構成する、ことを特徴とする原子炉。

請求項2

前記分離構造(5)の前記下側部分(14)と前記上側部分(16)との間の前記接続部分(15)は、板である、請求項1に記載の原子炉。

請求項3

前記熱交換器(11)に供給するための垂直ダクト(20)は、前記分離構造(5)の前記接続部分(15)及び前記下側部分(14)の局所的な半径方向の拡張部により形成されるローブ(22)において形成された貫通部(28)において係合する、請求項1に記載の原子炉。

請求項4

前記分離構造(5)の前記接続部分(15)及び前記下側部分(14)の前記ローブの突出形状部は、前記原子炉の補助構成部分(25)の設置のために、前記容器(2)に対して、前記下側部分(14)及び前記接続部分(15)の半径方向への拡張がより小さい部分(23)の間において、自由な容積(24)を残す、請求項3に記載の原子炉。

請求項5

前記分離構造(5)の前記上側部分(16)内に含まれる前記一次流体は、実質的に停滞している、請求項1に記載の原子炉。

請求項6

前記一次流体(8)は液体金属、特に重い液体金属、例えば鉛であり、前記二次流体は前記熱交換器(11)において水蒸気になる水であって、前記熱交換器(11)は蒸気発生器である、請求項1から5のいずれか1項に記載の原子炉。

請求項7

前記下側部分(14)は、前記炉心(4)の液圧的な封じ込めの構成部分として作用するとともに、半径方向に離間している、即ち、前記炉心(4)の活性部分から所定の半径方向距離に設置される、請求項1から6のいずれか1項に記載の原子炉。

技術分野

0001

本発明は、原子炉に関し、特に1つ以上の一次熱交換器を備える、小型の液体金属冷却原子炉(compact liquid-metal-cooled nuclear reactor)に関する。

0002

具体的には、本発明は、炉心内において生成された熱が一次流体液体金属)から二次流体(水)に伝達される一次熱交換器が主反応炉容器内に設置される、原子炉に関するものである。主反応炉容器はまた、収容される原子炉の構成部分とともに「一次系」(primary system)と呼ばれるいわゆる容積(volume)において炉心を収容する。炉心を含む液圧分離構造は、高温ヘッダー(hot header,高温配管集合管寄せ))と呼ばれる容積と、低温ヘッダー(cold header)と呼ばれる外部の容積とを内部的に区切る。

背景技術

0003

特許文献1及び特許文献2は、この型式の原子炉を示しており、実質的に円筒形の分離構造が、中央の高温ヘッダーと高温ヘッダーを取り囲む環状の低温ヘッダーとを区切っており、低温ヘッダーは、ポンプと1つ又は2つの熱交換器とをそれぞれ備える複数の一体型熱交換ユニットを収容しており、一体型ユニットはそれぞれ、一次流体用に特別に設けられたダクトを介して高温ヘッダーに接続する入口を有する。

0004

しかしながら、これらの解決手段は、異なる構成の熱交換器に一般的に類似する他のものと同様に、特に一次流体の導管系の複雑さ及び空間の不十分な利用のために、とりわけ寸法の点において欠点がないわけではない。ポンプ−交換器ユニットは、高温ヘッダーと低温ヘッダーとの間の分離構造の外側に収容される必要があるが、しかし該分離構造は、炉心と、通常は分離構造の中性子遮蔽構成部分とを含むので、比較的大きな直径を有する。従って、ポンプ−交換器ユニットは、原子炉の中心に対して周辺を取り巻く位置に設置されており、その結果として、一次系の全ての構成部分を含む原子炉容器の直径を増大させる。

0005

特許文献3、特許文献4及び特許文献5は、上部では、より小さな直径の分離構造を、下部では、より大きな直径の分離構造を有効に備えている。これらの解決手段において、炉心から出る冷媒流体は、分離構造の内部においてその上端部まで上昇しており、前記上端部において、その方向は、熱交換器ユニットに下向きに供給するように逆転する。同様に、これらの解決手段は、例えば、流体方向反転領域の構造的複雑さ、及び、冷媒流体が液体金属である場合に、炉心内において偶然の正の反応度投入(accidental positive reactivity insertions)を引き起こす可能性があるブランケットガス(blanket gas)を伴う危険性等、欠点がないわけではない。

先行技術

0006

タリア国特許出願公開MI2005001752号公報
イタリア国特許出願公開第MI2007001685号公報
米国特許出願公開第2013/266111号明細書
欧州特許出願公開第308691号明細書
特開平06−174871号公報

発明が解決しようとする課題

0007

本発明の目的は、既知の解決手段に対して指摘された欠点を克服するとともに、構造上及び安全上の両方の利点を有する原子炉、特に液体金属冷却原子炉を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

本発明は従って、添付の請求項1において定義され、また本発明の補助的な特徴及びプラント構成に関して従属請求項において定義される原子炉、特に液体金属冷却原子炉に関する。

0009

本発明は、以下の非限定的な実施の形態の例において、添付図面における図を参照して説明される。

図面の簡単な説明

0010

図1は、複数のポンプ及び熱交換器を備えた本発明による原子炉の概略縦断面図である。
図2は、図1において、面II−IIにおける原子炉の概略部分断面図である。
図3は、図1の原子炉の部分平面図である。

実施例

0011

図1−2−3を参照すると、原子炉1は、屋根3で覆われた主反応炉容器2を備えており、主反応炉容器2は、炉心4と、実質的にアンフォラ(amphora,両取っ手付きつぼ)様の形状を有し且つ高温ヘッダー6及び低温ヘッダー7を区切る、液圧分離構造5とを内部に収容しており、低温ヘッダー7内を炉心4の一次冷却流体8が循環する。低温ヘッダー7は、原子炉容器2と分離構造5との間に含まれる領域9により画定され、従って、高温ヘッダー6の周囲に配置される。

0012

原子炉容器2は、ポンプ10と熱交換器11とを収容し、該熱交換器11を通って一次流体8が流れるとともに、該熱交換器11は、炉心4において生成された出力を外部の二次回路(既知であり、図示せず)内において循環する二次流体に伝達する。好ましくは、一次流体8は液体金属であり、特に例えば、鉛又は鉛−ビスマス共晶合金等の重い液体金属である。一方、第2の流体は水(一次流体との熱交換の間において気化する)であるから、従って、熱交換器11は蒸気発生器である。ブランケットガスは、原子炉容器2内の一次流体8の上に存在する。

0013

様々な補助装置は、計装及び制御棒のための支持構造を含めて、分離構造5の内部に収容されるが、これらの補助装置は既知であり且つ本発明に関係しないので、簡略化のため説明しない。

0014

分離構造5は、既知の設計であって且つ燃料構成部分13を支持するグリッド(grid,格子)12と、適切な形状とされ且つ炉心4の液圧的な封じ込めのための下側部分14であって、且つ該分離構造の中性子損傷を許容可能な限界まで低減するように炉心の活性部分から所定の半径方向距離において始まる下側部分14と、下側部分14と上側部分16との間において、例えば円錐形又は板状等の別の可能な形状を有する、接続部分15とを備える。

0015

この解決手段において、中性子遮蔽機能は、部分14と燃料構成部分13の外側リングとの間に介在する液体金属により達成される。一方、既知の解決手段において、炉心と分離構造との間において通常配置される遮蔽構成部分のリングは、数が削減されるか又は完全に除去される。

0016

部分16は、外側において実質的に円筒形であり、可変の厚さを有している。該部分16は、(数が削減された)残りの遮蔽構成部分を、又は(遮蔽構成部分が完全に除去される場合には)不活性な上部17内の燃料構成部分の外側リングを、収容し且つ半径方向に拘束(radially constrain)するように形成された内部輪郭(internal profile)を有する。これにより、部分16は、部分14に対して、より小さい半径方向の拡張部を有することになる。

0017

熱交換器11は、低温ヘッダー7内に完全に配置されており、分離構造5の円筒状の上側部分16の周り円周方向に離間する。各ポンプ−交換器ユニット21は、接続部分15に係合しており、適切な封止装置(sealing devices)18(既知であり、簡略化のために図示せず)は、接続部分15と熱交換器11に一体の円筒状部分19との間に設けられており、更に封止装置18は、ポンプ−交換器ユニット21に、炉心から出た高温の一次流体8を供給するダクト20の範囲を定める。結果として、部分16の内部の容積は実質的に停滞(substantially stagnant)しており、内部に収容される炉心計装制御システムに対して流体が引き起す振動の危険性はない。

0018

円筒状部分19の係合のために穿孔された部分を除いて、部分14及び部分15は、軸対称であり得るか、又は図1ないし2に示すように、ダクト20の近くで半径方向への拡張がより大きい部分22と、半径方向への拡張がより小さい部分23とを有することが有利である。本発明の一部を形成しない既知の解決手段であるため図示しないが、残留出力排出システムの熱交換器および液体金属のための浄化および予熱装置(purging and pre-heating systems)の構成部分などの、一般的には25a、25bおよび25cとして示される他の構成部分の設置のために、該部分23は、該部分23と原子炉容器2との間の低温ヘッダー7に対して、より広い容積24を残すことができる。接続部分15において、該半径方向への拡張がより大きい部分22は、互いに所定の距離で円周方向に離間するローブ(lobe,丸い突起部)として平面図(図2)に示される。

0019

分離構造5は、既知の解決手段によって、原子炉容器の下部又は原子炉の屋根の上部において適切に支持することができる。

0020

解決手段は図1及び図3に示されており、分離構造5は原子炉の屋根3からカバー26により支持される。ポンプ−交換器ユニットもまた、カバー26に戴置される。別のカバー27は高温ヘッダー6を覆っており、燃料交換作業を実施するために取り外し可能である。

0021

本発明の利点は、前述の説明から明らかとなる。
原子炉の一次回路は、小型のシステムである。
分離構造5の遮蔽構成部分のリングは、数が減少するか又は完全に除去されるので、炉心の半径方向の拘束に関して経済性及び機械的強度の点において利点が存在する。
遮蔽構成部分のリングの除去は、交換するべき構成部分の数を減少させ、実施されるべき保守作業を簡単にし、原子炉の停止時間を短縮する。
熱交換器の半径方向の位置決めは、分離構造5の最大寸法により制限されるのではなく、より小さい直径を有する、分離構造5の部分16によってのみ制限される。
熱交換器への供給は、分離構造から半径方向に離れるダクトを必要とせず、既知の解決手段において考えられているように、部分16の上方から行われるのではなく、ポンプ−交換器ユニット21に供給するダクト20の円筒状部分19と接続部分15との間において封止装置18を介して垂直方向において行なわれる。
分離構造5の下側部分14及び接続部分15のローブ形状(lobed shape,丸い突出形状)は、より多くの補助構成部分25が原子炉に設置できるように、原子炉容器2に対して、半径方向への拡張がより小さい下側部分14の部分23と接続部分15との間の幅広い自由な容積24を残す。
分離構造5の下側部分14及び接続部分15のローブ形状と、カバー26の対応するローブ形状とは、原子炉の補助構成部分25を除去することなく、分離構造5を交換することを可能にする。

0022

最後に、添付の特許請求の範囲から逸脱することなく、多数の改変及び変形が、本明細書に記載され及び図示された原子炉に関して実施され得ることが理解される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 学校法人五島育英会の「 核変換集合体」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】容易に入手できる材料によって構成され、LLFP集合体中で核変換に関与しない中性子がLLFP集合体から漏洩し、隣接燃料棒に出力ピークを生じることを抑制できる核変換集合体を提供する。【解決手段】本... 詳細

  • 白川利久の「 核的フィズル核燃料集合体及びダブルフィズル原子炉。」が 公開されました。( 2021/09/16)

    【課題】低レベル廃棄物や超ウラン元素やウラン238を極力埋設処分しないようにして、使用済み核燃料の減質量をしたい。【解決手段】従来の休止中BWRを再稼働させる。その後、使用済み核燃料を酸化物のまま核燃... 詳細

  • 日立GEニュークリア・エナジー株式会社の「 軽水炉の炉心及び燃料集合体の装荷方法」が 公開されました。( 2021/09/13)

    【課題】燃焼度0GWd/tのMOX燃料集合体の供給不足時においても、MOX燃料集合体が装荷された軽水炉の運転継続を可能にする軽水炉の炉心を提供する。【解決手段】軽水炉の平衡状態にあるその炉心は、或る運... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ