図面 (/)

技術 ライセンスされていないスペクトルを含むスタンドアロン競合ベースの通信のための拡張PRACH

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 リウ、ジェンウェイジャン、シャオシャチェン、ワンシマリック、シッダールタダムンジャノビック、アレクサンダーダビーア、オンカー・ジャヤント
出願日 2016年2月23日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2017-544602
公開日 2018年3月1日 (2年8ヶ月経過) 公開番号 2018-506240
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード D動作 誤認警報 WiFiデバイス ベース機器 参照ラベル パラメータε 最小持続 地理的カバレージエリア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題・解決手段

ライセンスされていない周波数帯域を含む競合ベース共有スペクトルを有する通信ステムに対する、拡張物理ランダムアクセスチャネル(ePRACH)手順の設計に対する追加の改善が開示される。追加の改善は、リッスンビフォアトーク(LBTベースの通信における送信と、同じ周波数スペクトルに対して競合する他の無線アクセス技術との協働との不確実性対処する。複数のサブフレームにわたる拡張クリアチャネルアセスメントがUEによって実行され、その間に、特に、CUBSなどのチャネル予約信号の存在が監視される。eCCA/CCAが成功する場合、実際のタイプ2ランダムアクセスプリアンブルは、サブフレーム再同期境界の前で、またはそれ以上適合しない場合は次のサブフレーム上で送信される。

概要

背景

分野
[0002]本開示の態様は、一般にワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、ライセンスされていないスペクトルを含むスタンドアロン競合ベース通信のための拡張物理ランダムアクセスチャネル(ePRACH)に関する。

背景技術
[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することにより、複数のユーザとの通信をサポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムを含む。

[0004]例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、場合によってはユーザ機器(UE)として知られる、複数の通信デバイスのための通信を各々が同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、(たとえば、基地局からUEへの送信のために)ダウンリンクチャネル上で、および(たとえば、UEから基地局への送信のために)アップリンクチャネル上で、UEと通信し得る。

[0005]いくつかの通信モードは、セルラーネットワークの競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域上での、または異なる無線周波数スペクトル帯域(たとえば、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域)上での基地局とUEとの間の通信を可能にし得る。ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域を使用するセルラーネットワークにおいて増加しているデータトラフィックとともに、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域への少なくとも一部のデータトラフィックのオフローディング(offloading)が、拡張されたデータ伝送容量のための機会(opportunities)をセルラー事業者(operator)に提供し得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域はまた、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域へのアクセスが利用可能でないエリアにおいてサービスを提供し得る。

[0006]競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを獲得し(gaining)、その帯域上で通信するより前に、基地局またはUEは、共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを求めて競合するために、リッスンビフォアトーク(LBT:listen before talk)手順を実行し得る。LBT手順は、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であるかどうかを決定するために、クリアチャネルアセスメント(CCA:clear channel assessment)手順を実行することを含み得る。競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であると決定されたとき、チャネルを予約するためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS:channel usage beacon signal)など、チャネル予約信号が送信され得る。

概要

ライセンスされていない周波数帯域を含む競合ベースの共有スペクトルを有する通信システムに対する、拡張物理ランダムアクセスチャネル(ePRACH)手順の設計に対する追加の改善が開示される。追加の改善は、リッスンビフォアトーク(LBT)ベースの通信における送信と、同じ周波数スペクトルに対して競合する他の無線アクセス技術との協働との不確実性対処する。複数のサブフレームにわたる拡張クリアチャネルアセスメントがUEによって実行され、その間に、特に、CUBSなどのチャネル予約信号の存在が監視される。eCCA/CCAが成功する場合、実際のタイプ2ランダムアクセスプリアンブルは、サブフレーム再同期境界の前で、またはそれ以上適合しない場合は次のサブフレーム上で送信される。

目的

背景技術
[0003]ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信の方法であって、ダウンリンクアクティビティ信号を監視することと、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定することと、前記次のランダムアクセス機会の前に成功したクリアチャネルアセスメント(CCA)を検出することと、前記成功したクリアチャネルアセスメントに応答して前記次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信することと、を備える、方法。

請求項2

前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、サブフレームn−Mとn−Nとの間に前記ダウンリンクアクティビティ信号が検出されず、Mが(N+1)≦M≦(リッスンビフォアトーク(LBTフレーム長さ+N)の関係を満足し、Nが前記次のランダムアクセス機会の前に前記ダウンリンクアクティビティ信号がないと決定するためのサブフレームの最小数であり、前記成功したCCAが、サブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出される、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−1と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項2に記載の方法。

請求項4

サブフレームn−1において前記成功したCCAを検出することに失敗したことに応答して、構成されたウインドウの中の後続のサブフレームn+1において前記ランダムアクセス信号を送信することをさらに含む、請求項2に記載の方法。

請求項5

サブフレームn−2においてダウンリンクアクティビティ信号を検出したことに応答して、前記次のランダムアクセス機会の後の後続のランダムアクセス機会において前記ランダムアクセス信号を送信することをさらに含む、請求項2に記載の方法。

請求項6

ダウンリンクアクティビティ信号を前記監視することが、サブフレームn−Mとn−3との間に実行され、Mが関係4≦M≦10を満足し、前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、前記成功したCCAがサブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出され、前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−2と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項1に記載の方法。

請求項7

前記ダウンリンクアクティビティ信号が、フレームフォーマットインジケータと、ダウンリンクチャネル予約信号と、のうちの1つまたは複数を含む、請求項1に記載の方法。

請求項8

ワイヤレス通信用に構成された装置であって、ダウンリンクアクティビティ信号を監視するための手段と、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定するための手段と、前記次のランダムアクセス機会の前に成功したクリアチャネルアセスメント(CCA)を検出するための手段と、前記成功したクリアチャネルアセスメントに応答して前記次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信するための手段と、を備える、装置。

請求項9

前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、サブフレームn−Mとn−Nとの間に前記ダウンリンクアクティビティ信号が検出されず、Mが(N+1)≦M≦(リッスンビフォアトーク(LBT)フレーム長さ+N)の関係を満足し、Nが前記次のランダムアクセス機会の前に前記ダウンリンクアクティビティ信号がないと決定するためのサブフレームの最小数であり、前記成功したCCAが、サブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出される、請求項8に記載の装置。

請求項10

サブフレームn−1において前記成功したCCAを検出することに失敗したことに応答して、構成されたウインドウの中の後続のサブフレームn+1において前記ランダムアクセス信号を送信するための手段をさらに含む、請求項9に記載の装置。

請求項11

前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−1と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項9に記載の装置。

請求項12

サブフレームn−2においてダウンリンクアクティビティ信号を検出したことに応答して、前記次のランダムアクセス機会の後の後続のランダムアクセス機会において前記ランダムアクセス信号を送信するための手段をさらに含む、請求項9に記載の装置。

請求項13

ダウンリンクアクティビティ信号を監視するための前記手段が、サブフレームn−Mとn−3との間に実行され、Mが関係4≦M≦10を満足し、前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、前記成功したCCAがサブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出され、前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−2と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項8に記載の装置。

請求項14

前記ダウンリンクアクティビティ信号が、フレームフォーマットインジケータと、ダウンリンクチャネル予約信号と、のうちの1つまたは複数を含む、請求項8に記載の装置。

請求項15

プログラムコードを記録した非一時的コンピュータ可読媒体であって、コンピュータに、ダウンリンクアクティビティ信号を監視させるためのプログラムコードと、前記コンピュータに、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定させるためのプログラムコードと、前記コンピュータに、前記次のランダムアクセス機会の前に成功したクリアチャネルアセスメント(CCA)を検出させるためのプログラムコードと、前記コンピュータに、前記成功したクリアチャネルアセスメントに応答して前記次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信させるためのプログラムコードと、を備える、非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項16

前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、サブフレームn−Mとn−Nとの間に前記ダウンリンクアクティビティ信号が検出されず、Mが(N+1)≦M≦(リッスンビフォアトーク(LBT)フレーム長さ+N)の関係を満足し、Nが前記次のランダムアクセス機会の前に前記ダウンリンクアクティビティ信号がないと決定するためのサブフレームの最小数であり、前記成功したCCAが、サブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出される、請求項15に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項17

前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−1と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項16に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項18

前記コンピュータに、サブフレームn−1において前記成功したCCAを検出することに失敗したことに応答して、構成されたウインドウの中の後続のサブフレームn+1において前記ランダムアクセス信号を送信させるためのプログラムコードをさらに含む、請求項16に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項19

前記コンピュータに、サブフレームn−2においてダウンリンクアクティビティ信号を検出したことに応答して、前記次のランダムアクセス機会の後の後続のランダムアクセス機会において前記ランダムアクセス信号を送信させるためのプログラムコードをさらに含む、請求項16に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項20

ダウンリンクアクティビティ信号を前記コンピュータに監視させるための前記プログラムコードが、サブフレームn−Mとn−3との間に実行され、Mが関係4≦M≦10を満足し、前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、前記成功したCCAがサブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出され、前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−2と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項15に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項21

前記ダウンリンクアクティビティ信号が、フレームフォーマットインジケータと、ダウンリンクチャネル予約信号と、のうちの1つまたは複数を含む、請求項15に記載の非一時的コンピュータ可読媒体。

請求項22

ワイヤレス通信用に構成された装置であって、前記装置が、少なくとも1つのプロセッサと、前記少なくとも1つのプロセッサに結合されたメモリと、を備え、前記少なくとも1つのプロセッサが、ダウンリンクアクティビティ信号を監視することと、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定することと、前記次のランダムアクセス機会の前に成功したクリアチャネルアセスメント(CCA)を検出することと、前記成功したクリアチャネルアセスメントに応答して前記次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信することと、を行うように構成される、装置。

請求項23

前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、サブフレームn−Mとn−Nとの間に前記ダウンリンクアクティビティ信号が検出されず、Mが(N+1)≦M≦(リッスンビフォアトーク(LBT)フレーム長さ+N)の関係を満足し、Nが前記次のランダムアクセス機会の前に前記ダウンリンクアクティビティ信号がないと決定するためのサブフレームの最小数であり、前記成功したCCAが、サブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出される、請求項22に記載の装置。

請求項24

前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−1と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項23に記載の装置。

請求項25

サブフレームn−1において前記成功したCCAを検出することに失敗したことに応答して、構成されたウインドウの中の後続のサブフレームn+1において前記ランダムアクセス信号を送信するための、前記少なくとも1つのプロセッサの構成をさらに含む、請求項23に記載の装置。

請求項26

サブフレームn−2においてダウンリンクアクティビティ信号を検出したことに応答して、前記次のランダムアクセス機会の後の後続のランダムアクセス機会において前記ランダムアクセス信号を送信するための、前記少なくとも1つのプロセッサの構成をさらに含む、請求項23に記載の装置。

請求項27

ダウンリンクアクティビティ信号を監視するための、前記少なくとも1つのプロセッサの前記構成が、サブフレームn−Mとn−3との間に実行され、Mが関係4≦M≦10を満足し、前記次のランダムアクセス機会がサブフレームnにおいて発生し、前記成功したCCAがサブフレームnに対するランダムアクセス再同期境界の上または前で検出され、前記ランダムアクセス再同期境界がサブフレームn−2と保証されたチャネル予約信号境界との間に発生し、前記保証されたチャネル予約信号境界が、次のアップリンクサブフレーム上のアップリンク送信の前に送信される1つまたは複数のチャネル予約信号の最小持続時間を含む、請求項22に記載の装置。

請求項28

前記ダウンリンクアクティビティ信号が、フレームフォーマットインジケータと、ダウンリンクチャネル予約信号と、のうちの1つまたは複数を含む、請求項22に記載の装置。

関連出願の相互参照

0001

[0001]本出願は、その開示が参照により本明細書に組み込まれている、2015年2月24日に出願された「ENHANCED PRACH FOR STANDALONE CONTENTION−BASED COMMUNICATIONS INCLUDING UNLICENSEDSPECTRUM」と題する米国仮特許出願第62/120,205号、および2016年2月22日に出願された「ENHANCED PRACH FOR STANDALONE CONTENTION−BASED COMMUNICATIONS INCLUDING UNLICENSED SPECTRUM」と題する米国特許出願第15/050,404号の利益を主張する。

背景技術

0002

分野
[0002]本開示の態様は、一般にワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、ライセンスされていないスペクトルを含むスタンドアロン競合ベース通信のための拡張物理ランダムアクセスチャネル(ePRACH)に関する。

0003

背景技術
[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することにより、複数のユーザとの通信をサポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムを含む。

0004

[0004]例として、ワイヤレス多元接続通信システムは、場合によってはユーザ機器(UE)として知られる、複数の通信デバイスのための通信を各々が同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、(たとえば、基地局からUEへの送信のために)ダウンリンクチャネル上で、および(たとえば、UEから基地局への送信のために)アップリンクチャネル上で、UEと通信し得る。

0005

[0005]いくつかの通信モードは、セルラーネットワークの競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域上での、または異なる無線周波数スペクトル帯域(たとえば、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域)上での基地局とUEとの間の通信を可能にし得る。ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域を使用するセルラーネットワークにおいて増加しているデータトラフィックとともに、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域への少なくとも一部のデータトラフィックのオフローディング(offloading)が、拡張されたデータ伝送容量のための機会(opportunities)をセルラー事業者(operator)に提供し得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域はまた、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域へのアクセスが利用可能でないエリアにおいてサービスを提供し得る。

0006

[0006]競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを獲得し(gaining)、その帯域上で通信するより前に、基地局またはUEは、共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを求めて競合するために、リッスンビフォアトーク(LBT:listen before talk)手順を実行し得る。LBT手順は、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であるかどうかを決定するために、クリアチャネルアセスメント(CCA:clear channel assessment)手順を実行することを含み得る。競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であると決定されたとき、チャネルを予約するためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS:channel usage beacon signal)など、チャネル予約信号が送信され得る。

0007

[0007]本開示の様々な態様は、データが競合ベースの送信帯域上の通信のために利用可能であると決定することと、競合ベースの送信帯域上で成功した(successful)拡張クリアチャネルアセスメント(ECCA)を検出することと、成功したECCAの検出時に再同期境界(a resynchronization boundary)が到達されたかどうかを決定することとを含むワイヤレス通信の方法を対象とし、ここにおいて、再同期境界は、基地局によってサービスされる(served)1つまたは複数のユーザ機器(UE)に対するアップリンク送信を同期させる。成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して、方法は、再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して再同期境界までアイドル状態にとどまることと、再同期境界が到達されたときにクリアチャネルアセスメント(CCA)検査を実行することと、CCA検査が成功したと検出されたことに応答して、チャネル予約信号を送信することとをさらに含む。

0008

[0008]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、ダウンリンクアクティビティ信号を監視することと、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会(occasion)を決定することと、次のランダムアクセス機会の前に成功したCCAを検出することと、成功したCCAに応答して次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信することとを含む。

0009

[0009]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、リッスンビフォアトーク(LBT)フレームを監視することと、LBTフレームを検出しなかったことに応答して次のアップリンクCCA免除送信(CET:CCA-exempt transmission)を決定することと、次のアップリンクCETの間にランダムアクセス信号を送信することとを含む。

0010

[0010]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、LBTフレームを監視することと、LBTフレームを検出したことに応答してLBTフレーム内の次のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたは次のアップリンクCETのいずれかのより早い機会を決定することとを含む。方法は、より早い機会が次のスケジュールされたランダムアクセス機会であることに応答して、成功したCCA検査の後でランダムアクセス信号を送信することと、より早い機会が次のアップリンクCETであることに応答してランダムアクセス信号を送信することとをさらに含む。

0011

[0011]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、ランダムアクセス手順トリガするUEステータスを決定することと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの1つの固定ペイロードサイズを使用して第1のランダムアクセスメッセージを生成することと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズ総数より少なく、第1のランダムアクセスメッセージを基地局に送信することとを含む。

0012

[0012]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、次のスケジュールされたランダムアクセス機会を決定することと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの第1の固定ペイロードサイズを使用して次のスケジュールされたランダムアクセス機会の間に受信された信号をブラインド復号することと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1の固定ペイロードサイズを使用して受信された信号からのランダムアクセス信号を適切に復号することに失敗したことに応答して、ランダムアクセス信号が復号されるまで、所定の数の固定ペイロードサイズの残りの固定ペイロードサイズのうちの別の1つを使用して受信された信号をブラインドで復号することとを含む。

0013

[0013]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、複数のUEからランダムアクセス信号を受信するために使用される時間周波数リソースに基づいてランダムアクセス一時識別子を決定することと、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含むランダムアクセス応答を生成することと、ランダムアクセス一時識別子に少なくとも部分的に基づいてアドレス指定された(addressed)ランダムアクセス応答を送信することとを含み、ここにおいて、ランダムアクセス応答は、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含む単一のダウンリンク共有チャネルかまたは複数のダウンリンク共有チャネルのいずれかの中で送信され、複数のダウンリンク共有チャネルの各々は複数のUEのうちの関連する各UEに対するアップリンク許可を含む。

0014

[0014]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信の方法は、ランダムアクセス機会の間にランダムアクセス信号を送る前に成功したCCA検査を検出することと、ここにおいて、ランダムアクセス機会は、検出されたLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたはLBTフレームを検出しなかったことに応答して選択されたランダムアクセス機会のいずれかであり、成功したCCAに応答して広帯域チャネル予約信号を生成することとを含み、ここにおいて、広帯域チャネル予約信号は、ランダムアクセス信号の推定された持続時間を1つのアップリンクサブフレームとして識別する持続時間識別子を含む。

0015

[0015]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、データが競合ベースの送信帯域上の通信のために利用可能であると決定するための手段と、競合ベースの送信帯域上で成功したECCAを検出するための手段と、成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されたかどうかを決定するための手段とを含み、ここにおいて、再同期境界は、基地局によってサービスされる1つまたは複数のUEに対するアップリンク送信を同期させる。成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して、装置は、再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して再同期境界までアイドル状態にとどまるための手段と、再同期境界が到達されたときにCCA検査を実行するための手段と、CCA検査が成功したと検出されたことに応答してチャネル予約信号を送信するための手段とをさらに含む。

0016

[0016]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、ダウンリンクアクティビティ信号を監視するための手段と、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定するための手段と、次のランダムアクセス機会の前に成功したCCAを検出するための手段と、成功したCCAに応答して次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信するための手段とを含む。

0017

[0017]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、LBTフレームを監視するための手段と、LBTフレームを検出しなかったことに応答して次のアップリンクCETを決定するための手段と、次のアップリンクCETの間にランダムアクセス信号を送信するための手段とを含む。

0018

[0018]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、LBTフレームを監視するための手段と、LBTフレームを検出したことに応答してLBTフレーム内の次のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたは次のアップリンクCETのいずれかのより早い機会を決定するための手段とを含む。装置は、より早い機会が次のスケジュールされたランダムアクセス機会であることに応答して、成功したCCA検査の後でランダムアクセス信号を送信するための手段と、より早い機会が次のアップリンクCETであることに応答してランダムアクセス信号を送信するための手段とをさらに含む。

0019

[0019]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、ランダムアクセス手順をトリガするUEステータスを決定するための手段と、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの1つの固定ペイロードサイズを使用して第1のランダムアクセスメッセージを生成するための手段と、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1のランダムアクセスメッセージを基地局に送信するための手段とを含む。

0020

[0020]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、次のスケジュールされたランダムアクセス機会を決定するための手段と、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの第1の固定ペイロードサイズを使用して次のスケジュールされたランダムアクセス機会の間に受信された信号をブラインドで復号するための手段と、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1の固定ペイロードサイズを使用して受信された信号からのランダムアクセス信号を適切に復号することに失敗したことに応答して、ランダムアクセス信号が復号されるまで、所定の数の固定ペイロードサイズの残りの固定ペイロードサイズのうちの別の1つを使用して受信された信号をブラインドで復号するための手段とを含む。

0021

[0021]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、複数のUEからランダムアクセス信号を受信するために使用される時間周波数リソースに基づいてランダムアクセス一時識別子を決定するための手段と、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含むランダムアクセス応答を生成するための手段と、ランダムアクセス一時識別子に少なくとも部分的に基づいてアドレス指定されたランダムアクセス応答を送信するための手段とを含み、ここにおいて、ランダムアクセス応答は、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含む単一のダウンリンク共有チャネルかまたは複数のダウンリンク共有チャネルのいずれかの中で送信され、複数のダウンリンク共有チャネルの各々は複数のUEのうちの関連する各UEに対するアップリンク許可を含む。

0022

[0022]本開示の追加の態様では、ワイヤレス通信用に構成された装置は、ランダムアクセス機会の間にランダムアクセス信号を送る前に成功したCCA検査を検出するための手段と、ここにおいて、ランダムアクセス機会は、検出されたLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたはLBTフレームを検出しなかったことに応答して選択されたランダムアクセス機会のいずれかであり、成功したCCAに応答して広帯域チャネル予約信号を生成するための手段とを含み、ここにおいて、広帯域チャネル予約信号は、ランダムアクセス信号の推定された持続時間を1つのアップリンクサブフレームとして識別する持続時間識別子を含む。

0023

[0023]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、データが競合ベースの送信帯域上の通信のために利用可能であると決定するためのコードと、競合ベースの送信帯域上で成功したECCAを検出するためのコードと、成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されたかどうかを決定するためのコードとを含み、ここにおいて、再同期境界は、基地局によってサービスされる1つまたは複数のUEに対するアップリンク送信を同期させる。成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して、プログラムコードは、再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して再同期境界までアイドル状態にとどまるためのコードと、再同期境界が到達されたときにCCA検査を実行するためのコードと、CCA検査が成功したと検出されたことに応答してチャネル予約信号を送信するためのコードとをさらに含む。

0024

[0024]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、ダウンリンクアクティビティ信号を監視するためのコードと、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定するためのコードと、次のランダムアクセス機会の前に成功したCCAを検出するためのコードと、成功したCCAに応答して次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信するためのコードとを含む。

0025

[0025]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、LBTフレームを監視するためのコードと、LBTフレームを検出しなかったことに応答して次のアップリンクCETを決定するためのコードと、次のアップリンクCETの間にランダムアクセス信号を送信するためのコードとを含む。

0026

[0026]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、LBTフレームを監視するためのコードと、LBTフレームを検出したことに応答してLBTフレーム内の次のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたは次のアップリンクCETのいずれかのより早い機会を決定するためのコードとを含む。プログラムコードは、より早い機会が次のスケジュールされたランダムアクセス機会であることに応答して成功したCCA検査の後でランダムアクセス信号を送信するためのコードと、より早い機会が次のアップリンクCETであることに応答してランダムアクセス信号を送信するためのコードとをさらに含む。

0027

[0027]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、ランダムアクセス手順をトリガするUEステータスを決定するためのコードと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの1つの固定ペイロードサイズを使用して第1のランダムアクセスメッセージを生成するためのコードと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1のランダムアクセスメッセージを基地局に送信するためのコードとを含む。

0028

[0028]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、次のスケジュールされたランダムアクセス機会を決定するためのコードと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの第1の固定ペイロードサイズを使用して次のスケジュールされたランダムアクセス機会の間に受信された信号をブラインドで復号するためのコードと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1の固定ペイロードサイズを使用して受信された信号からのランダムアクセス信号を適切に復号することに失敗したことに応答してランダムアクセス信号が復号されるまで所定の数の固定ペイロードサイズの残りの固定ペイロードサイズのうちの別の1つを使用して受信された信号をブラインドで復号するためのコードとを含む。

0029

[0029]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、複数のUEからランダムアクセス信号を受信するために使用される時間周波数リソースに基づいてランダムアクセス一時識別子を決定するためのコードと、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含むランダムアクセス応答を生成するためのコードと、ランダムアクセス一時識別子に少なくとも部分的に基づいてアドレス指定されたランダムアクセス応答を送信するためのコードとを含み、ここにおいて、ランダムアクセス応答は、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含む単一のダウンリンク共有チャネルかまたは複数のダウンリンク共有チャネルのいずれかの中で送信され、複数のダウンリンク共有チャネルの各々は複数のUEのうちの関連する各UEに対するアップリンク許可を含む。

0030

[0030]本開示の追加の態様では、プログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体。このプログラムコードは、ランダムアクセス機会の間にランダムアクセス信号を送る前に成功したCCA検査を検出するためのコードと、ここにおいて、ランダムアクセス機会は、検出されたLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたはLBTフレームを検出しなかったことに応答して選択されたランダムアクセス機会のいずれかであり、成功したCCAに応答して広帯域チャネル予約信号を生成するためのコードとを含み、ここにおいて、広帯域チャネル予約信号は、ランダムアクセス信号の推定された持続時間を1つのアップリンクサブフレームとして識別する持続時間識別子を含む。

0031

[0031]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。このプロセッサは、データが競合ベースの送信帯域上で通信のために利用可能であると決定することと、競合ベースの送信帯域上で成功したECCAを検出することと、成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されたかどうかを決定することとを行うように構成され、ここにおいて、再同期境界は、基地局によってサービスされる1つまたは複数のUEに対するアップリンク送信を同期させる。成功したECCAの検出時に再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して、プログラムは、再同期境界が到達されていないと決定したことに応答して再同期境界までアイドル状態にとどまることと、再同期境界が到達されたときにCCA検査を実行することと、CCA検査が成功したと検出されたことに応答してチャネル予約信号を送信することとをさらに含む。

0032

[0032]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、ダウンリンクアクティビティ信号を監視することと、ダウンリンクアクティビティ信号を検出しなかったことに応答して次のランダムアクセス機会を決定することと、次のランダムアクセス機会の前に成功したCCAを検出することと、成功したCCAに応答して次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信することとを行うように構成される。

0033

[0033]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、LBTフレームを監視することと、LBTフレームを検出しなかったことに応答して次のアップリンクCETを決定することと、次のアップリンクCETの間にランダムアクセス信号を送信することとを行うように構成される。

0034

[0034]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、LBTフレームを監視することと、LBTフレームを検出したことに応答してLBTフレーム内の次のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたは次のアップリンクCETのいずれかのより早い機会を決定することとを行うように構成される。プログラムは、より早い機会が次のスケジュールされたランダムアクセス機会であることに応答して成功したCCA検査の後でランダムアクセス信号を送信することと、より早い機会が次のアップリンクCETであることに応答してランダムアクセス信号を送信することとをさらに含む。

0035

[0035]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、ランダムアクセス手順をトリガするUEステータスを決定することと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの1つの固定ペイロードサイズを使用して第1のランダムアクセスメッセージを生成することと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1のランダムアクセスメッセージを基地局に送信することとを行うように構成される。

0036

[0036]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、次のスケジュールされたランダムアクセス機会を決定することと、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの第1の固定ペイロードサイズを使用して次のスケジュールされたランダムアクセス機会の間に受信された信号をブラインドで復号することと、ここにおいて、固定ペイロードサイズの所定の数は、利用可能なペイロードサイズの総数より少なく、第1の固定ペイロードサイズを使用して受信された信号からのランダムアクセス信号を適切に復号することに失敗したことに応答してランダムアクセス信号が復号されるまで所定の数の固定ペイロードサイズの残りの固定ペイロードサイズのうちの別の1つを使用して受信された信号をブラインドで復号することとを行うように構成される。

0037

[0037]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、複数のUEからランダムアクセス信号を受信するために使用される時間周波数リソースに基づいてランダムアクセス一時識別子を決定することと、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含むランダムアクセス応答を生成することと、ランダムアクセス一時識別子に少なくとも部分的に基づいてアドレス指定されたランダムアクセス応答を送信することとを行うように構成され、ここにおいて、ランダムアクセス応答は、複数のUEの各々に対するアップリンク許可を含む単一のダウンリンク共有チャネルかまたは複数のダウンリンク共有チャネルのいずれかの中で送信され、複数のダウンリンク共有チャネルの各々は複数のUEのうちの関連する各UEに対するアップリンク許可を含む。

0038

[0038]本開示の追加の態様では、装置は、少なくとも1つのプロセッサと、プロセッサに結合されたメモリとを含む。プロセッサは、ランダムアクセス機会の間にランダムアクセス信号を送る前に成功したCCA検査を検出することと、ここにおいて、ランダムアクセス機会は、検出されたLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内のスケジュールされたランダムアクセス機会かまたはLBTフレームを検出しなかったことに応答して選択されたランダムアクセス機会のいずれかであり、成功したCCAに応答して広帯域チャネル予約信号を生成することとを行うように構成され、ここにおいて、広帯域チャネル予約信号は、ランダムアクセス信号の推定された持続時間を1つのアップリンクサブフレームとして識別する持続時間識別子を含む。

0039

[0039]上記は、以下の詳細な説明がより良く理解され得るように、本開示による例の特徴および技術的利点についてやや広く概説した。以下で、追加の特徴および利点が説明される。開示される概念および具体例は、本開示の同じ目的を実行するための他の構造を変更または設計するための基礎として容易に利用され得る。そのような等価な構成は、添付の特許請求の範囲から逸脱しない。本明細書で開示される概念の特性、それらの編成動作方法の両方は、関連する利点とともに、添付の図に関連して以下の説明を検討するとより良く理解されよう。図の各々は、例示および説明のために提供されるものであり、特許請求の範囲の限定の定義として提供されるものではない。

0040

[0040]以下の図面を参照することにより、本開示の本質および利点のより一層の理解が実現され得る。添付の図では、同様の構成要素または特徴は、同じ参照ラベルを有する場合がある。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、参照ラベルの後に、ダッシュと、同様の構成要素の間を区別する第2のラベルとを続けることによって区別される場合がある。第1の参照ラベルだけが本明細書において使用される場合、その説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様の構成要素のうちのいずれにも適用可能である。

図面の簡単な説明

0041

[0041]様々な実施形態による、ワイヤレス通信システムの一例を示す図。
[0042]様々な実施形態による、ライセンスされていないスペクトルの中でLTE登録商標)を使用するための展開シナリオの例を示す図。
[0043]様々な実施形態による、ライセンスされていないスペクトルの中でLTEを使用するための展開シナリオの別の例を示す図。
[0044]様々な実施形態による、ライセンスされているおよびライセンスされていないスペクトル中でLTEをコンカレントに(concurrently)使用するときのキャリアアグリゲーションの一例を示す図。
[0045]本開示の一態様に従って構成される、基地局/eNBおよびUEの設計を概念的に示すブロック図。
[0046]本開示の様々な態様による、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域にアクセスするために競合するとき、送信装置によって実行される拡張CCA(ECCA)手順の一例を示す図。
[0047]図1の複数の基地局/eNBのうちの1つであり得る基地局/eNBおよび複数のUEのうちの1つであり得るUEの設計のブロック図。
[0048]本開示の一態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。

[0049]本開示の一態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
[0050]本開示の一態様に従って構成されたUEを伴う通信ストリームを示すブロック図。
[0051]本開示の一態様に従って構成されたUEを伴う通信ストリームを示すブロック図。
[0052]本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。
本開示の態様を実装するために実行される例示的なブロックを示すブロック図。

詳細な説明

0042

[0053]添付の図面に関して以下に記載する詳細な説明は、様々な構成の説明として意図されたものであり、本開示の範囲を限定することを意図されたものではない。むしろ、詳細な説明は、本発明の主題の完全な理解を与えるための具体的な詳細を含む。これらの具体的な詳細は、あらゆる場合において必要とされるとは限らないこと、および場合によっては、よく知られている構造および構成要素は、提示明快にするためにブロック図の形式で示されることが、当業者には明らかであろう。

0043

[0054]ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域がワイヤレス通信システム上での競合ベースの通信の少なくとも一部分のために使用される技法が説明される。いくつかの例では、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域は、ロングタームエボリューション(LTE)通信またはLTEアドバンスト(LTE−A)通信のために使用され得る。競合ベースの無線周波数スペクトル帯域は、非競合のライセンスされている無線周波数スペクトル帯域と組み合わせて、またはそれとは無関係に使用され得る。いくつかの例では、競合ベースの無線周波数スペクトル帯域は、無線周波数スペクトル帯域が、少なくとも部分的に、WiFi(登録商標)使用などのライセンスされていない使用のために利用可能であるので、デバイスもまたアクセスを求めて競合する必要があることがある無線周波数スペクトル帯域であり得る。

0044

[0055]ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域を使用するセルラーネットワークにおけるデータトラフィックの増加とともに、ライセンスされていない帯域内などの競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域への少なくとも一部のデータトラフィックのオフローディングは、セルラー事業者(たとえば、公衆陸上移動体ネットワークPLMN)またはLTE/LTE−Aネットワークなどのセルラーネットワークを定義する基地局の協調させられたセットの事業者)に増強されたデータ送信容量のための機会を与え得る。上述のように、ライセンスされていないスペクトルなどの競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域上で通信する前に、デバイスは、共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを獲得するためにLBT手順を実行し得る。そのようなLBT手順は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であるかどうかを決定するために、CCA手順(または拡張CCA手順)を実行することを含み得る。競合ベースの無線周波数スペクトル帯域のチャネルが利用可能であると決定されたとき、チャネル予約信号(たとえば、CUBS)が、チャネルを予約するために送信され得る。チャネルが利用可能ではないと決定されたとき、CCA手順(または、拡張CCA手順)が、もっと後の時間においてチャネルに対して再び実行され得る。

0045

[0056]基地局および/またはUEが競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域上で送信可能な複数のアンテナポートを含むとき、異なるアンテナポートからの送信は、送信された信号間の相関によって互いに干渉する場合がある。競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルを予約するために使用されるチャネル予約信号の場合、送信された信号間の相関による干渉の低減は、チャネルを予約するために良好な検出能力を与えるため、ならびにチャネルを不用意に予約することになる誤検出を防止するため、および他のデバイスがそのチャネルを使用するのを防止するために重要であり得る。異なるアンテナからの信号の相互相関または単一のアンテナからの信号の自己相関によるそのような干渉を低減するために、基地局またはUEは、チャネル予約信号のシーケンスを送信するアンテナポートと関連付けられたアンテナポート識別子に少なくとも部分的に基づいてシーケンスを生成し得る。このようにして、チャネル予約信号の相関が低減され、それによって信号送信の検出能力を改善し、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルのより効果的でより正確な予約をもたらすことができる。

0046

[0057]言い換えれば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のチャネルを予約するために使用されるチャネル予約信号の場合、チャネル予約信号は、チャネル予約が、共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを試行している他のデバイスによって容易に検出され得るように、誤認警報(false alarms)を低減するために良好な検出性を伴って構成されるべきである。したがって、チャネル予約信号シーケンスは良好な自己相関特性と、近隣基地局からのシーケンスとの良好な相互相関特性とを有するべきである。たとえば、1次同期信号(PSS)、2次同期信号(SSS)および/またはチャネル状態情報基準信号(CSI−RS)は、良好な自己相関特性または競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域内の異なる基地局間の良好な相互相関特性を有さない場合がある。したがって、チャネル予約信号シーケンスは、良好な自己相関および相互相関の特性を与えるために、アンテナポート識別子に少なくとも部分的に基づいて構成されるべきである。

0047

[0058]以下の説明は、例を与えるものであり、特許請求の範囲に記載される範囲、適用性、または例を限定するものではない。本開示の範囲から逸脱することなく、説明される要素の機能および構成において変更が行われ得る。様々な例は、適宜に、様々な手順または構成要素を、省略、置換、または追加し得る。たとえば、説明される方法は、説明される順序とは異なる順序で実行され得、様々なステップが追加され、省略され、または組み合わされ得る。また、いくつかの例に関して説明される特徴は、他の例では組み合わされ得る。

0048

[0059]図1は、本開示の様々な態様による、例示的なワイヤレス通信システム100の図である。ワイヤレス通信システム100は、基地局105と、UE115と、コアネットワーク130とを含み得る。コアネットワーク130は、ユーザ認証アクセス許可トラッキングインターネットプロトコル(IP)接続性、および他のアクセス機能ルーティング機能、またはモビリティ機能を提供し得る。基地局105は、バックホールリンク132(たとえば、S1など)を通してコアネットワーク130とインターフェースし得、UE115との通信のための無線構成およびスケジューリングを実行し得るか、または基地局コントローラ(図示されず)の制御下で動作し得る。様々な例では、基地局105は、ワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134(たとえば、X2など)を介して他の基地局105と直接または間接的に(たとえば、コアネットワーク130を通じて)通信し得る。

0049

[0060]基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介してUE115とワイヤレスに通信することができる。基地局105サイトのそれぞれは、それぞれの地理的カバレージエリア110の通信カバレージを提供することができる。いくつかの例では、基地局105は、基地トランシーバ局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバ、NodeB、eNodeB(eNB)、Home NodeB、Home eNodeB、または何らかの他の好適な用語で呼ばれることがある。基地局105のための地理的カバレージエリア110は、カバレージエリアの一部分を構成するセクタ(図示せず)に分割され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプの基地局105(たとえば、マクロ基地局またはスモールセル基地局)を含み得る。異なる技術のための重複する地理的カバレージエリア110があり得る。

0050

[0061]いくつかの例では、ワイヤレス通信システム100はLTE/LTE−Aネットワークを含み得る。LTE/LTE−Aネットワークでは、発展型ノードB(eNB)という用語は、基地局105を表すために使用され得、UEという用語は、UE115を表すために使用され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域にカバレージを提供する異種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。たとえば、各eNBまたは基地局105は、マクロセル、スモールセル、または他のタイプのセルに通信カバレージを提供し得る。「セル」という用語は、コンテキストに応じて、基地局、基地局に関連付けられたキャリアもしくはコンポーネントキャリア、またはキャリアもしくは基地局のカバレージエリア(たとえば、セクタなど)を記述するために使用され得る3GPP(登録商標)用語である。

0051

[0062]マクロセルは、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーし得、ネットワーク事業者のサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。スモールセルは、マクロセルと比較して、同じまたは異なる(たとえば、ライセンスされている、ライセンスされていないなどの)無線周波数スペクトル帯域内でマクロセルとして動作し得るより低い電力の基地局であり得る。スモールセルは、様々な例によると、ピコセルフェムトセルマイクロセルとを含み得る。ピコセルは、比較的より小さい地理的エリアをカバーし得、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。フェムトセルも、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーし得、フェムトセルとの関連付けを有するUE(たとえば、限定加入者グループCSG:closed subscriber group)の中のUE、自宅の中のユーザ向けのUEなど)による制限付きアクセスを提供し得る。マクロセル用のeNBは、マクロeNBと呼ばれることがある。スモールセル用のeNBは、スモールセルeNB、ピコeNB、フェムトeNB、またはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数(たとえば、2つ、3つ、4つなど)のセル(たとえば、コンポーネントキャリア)をサポートし得る。

0052

[0063]ワイヤレス通信システム100は、同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、基地局は同様のフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は時間的にほぼアラインされ(aligned)得る。非同期動作の場合、基地局は、異なるフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は、時間的にアラインされない場合がある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使われ得る。

0053

[0064]様々な開示される例のうちのいくつかに適応し得る通信ネットワークは、階層化プロトコルスタックに従って動作するパケットベースネットワークであり得る。ユーザプレーンでは、ベアラまたはパケットデータコバージェンスプトコル(PDCP)レイヤにおける通信はIPベースであり得る。無線リンク制御(RLC)レイヤが、論理チャネルを介して通信するためにパケットセグメンテーションおよびリアセンブリを実行し得る。媒体アクセス制御(MAC)レイヤが、優先度ハンドリングと、トランスポートチャネルへの論理チャネルの多重化とを実行し得る。MACレイヤはまた、MACレイヤにおける再送信を行ってリンク効率を改善するために、ハイブリッドRQ(HARQ)を使用し得る。制御プレーンでは、無線リソース制御(RRC)プロトコルレイヤは、ユーザプレーンデータのために無線ベアラをサポートする、UE115と基地局105またはコアネットワーク130との間のRRC接続確立と、構成と、保守とを提供し得る。物理(PHY)レイヤにおいて、トランスポートチャネルは、物理チャネルマッピングされ得る。

0054

[0065]UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散され得、各UE115は、固定式または移動式であり得る。UE115はまた、移動局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニットリモートユニットモバイルデバイスワイヤレスデバイスワイヤレス通信デバイスリモートデバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末リモート端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の適切な用語を含み得るか、あるいは当業者によってそのように呼ばれることがある。UE115は、セルラーフォン携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局などであり得る。UEは、マクロeNB、スモールセルeNB、リレー基地局などを含む、様々なタイプの基地局およびネットワーク機器と通信することが可能であり得る。

0055

[0066]ワイヤレス通信システム100に示された通信リンク125は、基地局105からUE115へのダウンリンク(DL)送信、またはUE115から基地局105へのアップリンク(UL)送信を含み得る。ダウンリンク送信順方向リンク送信と呼ばれることもあり、アップリンク送信は逆方向リンク送信と呼ばれることもある。いくつかの例では、UL送信はアップリンク制御情報の送信を含み得、アップリンク制御情報はアップリンク制御チャネル(たとえば、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH:physical uplink control channel)または拡張PUCCH(ePUCCH))を介して送信され得る。アップリンク制御情報は、たとえば、ダウンリンク送信の肯定応答もしくは否定応答、またはチャネル状態情報を含み得る。アップリンク送信はデータの送信をも含み得、データは、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)または拡張PUSCH(ePUSCH)を介して送信され得る。アップリンク送信はまた、サウンディング基準信号SRS:sounding reference signal)または拡張SRS(eSRS)、(たとえば、デュアル接続性モード、または図2Aおよび図2Bを参照しながら説明されるスタンドアロンモードでの)物理ランダムアクセスチャネル(PRACH:physical random access channel)または拡張PRACH(ePRACH)、あるいは(たとえば、図2Aおよび図2Bを参照しながら説明されるスタンドアロンモードでの)スケジューリング要求(SR:scheduling request)または拡張SR(eSR)の送信を含み得る。PUCCH、PUSCH、PRACH、SRS、またはSRへの本開示における言及は、それぞれのePUCCH、ePUSCH、ePRACH、eSRS、またはeSRへの言及を本質的に含むと推定される。

0056

[0067]いくつかの例では、各通信リンク125は1つまたは複数のキャリアを含み得、ここで、各キャリアは、上記で説明された様々な無線技術に従って変調された複数のサブキャリア(たとえば、異なる周波数の波形信号)からなる信号であり得る。各被変調信号は、異なるサブキャリア上で送られ得、制御情報(たとえば、基準信号、制御チャネルなど)、オーバーヘッド情報、ユーザデータなどを搬送し得る。通信リンク125は、周波数領域複信FDD)動作を使用して(たとえば、対スペクトルリソース(paired spectrum resources)を使用して)、または時間領域複信(TDD)動作を使用して(たとえば、不対スペクトルリソース(unpaired spectrum resources)を使用して)双方向通信を送信し得る。FDD動作用のフレーム構造(たとえば、フレーム構造タイプ1)およびTDD動作用のフレーム構造(たとえば、フレーム構造タイプ2)が定義され得る。

0057

[0068]ワイヤレス通信システム100のいくつかの態様では、基地局105またはUE115は、基地局105とUE115との間の通信品質信頼性とを改善するために、アンテナダイバーシティ方式を採用するために複数のアンテナを含み得る。追加または代替として、基地局105またはUE115は、同じまたは異なるコード化データを搬送する複数の空間レイヤを送信するために、マルチパス環境を利用し得る多入力多出力MIMO)技法を採用し得る。

0058

[0069]ワイヤレス通信システム100は、複数のセルまたはキャリア上での動作、すなわち、キャリアアグリゲーション(CA:carrier aggregation)またはマルチキャリア動作と呼ばれることがある特徴をサポートし得る。キャリアは、コンポーネントキャリア(CC)、レイヤ、チャネルなどと呼ばれることもある。「キャリア」、「コンポーネントキャリア」、「セル」、および「チャネル」という用語は、本明細書で互換的に使用され得る。UE115は、キャリアアグリゲーションのために、複数のダウンリンクCCおよび1つまたは複数のアップリンクCCを用いて構成され得る。キャリアアグリゲーションは、FDDコンポーネントキャリアとTDDコンポーネントキャリアの両方を用いて使用され得る。

0059

[0070]ワイヤレス通信システム100は、同じくまたは代替的に、非競合のライセンスされている無線周波数スペクトル帯域(たとえば、LTE/LTE−A通信のために使用可能なライセンスされている無線周波数スペクトル帯域など、無線周波数スペクトル帯域が、特定の使用のために特定のユーザにライセンスされているので、送信装置がそれのためにアクセスを求めて競合しないことがある、無線周波数スペクトル帯域)または競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域(たとえば、無線周波数スペクトル帯域が、WiFi使用など、ライセンスされていない使用のために利用可能であるので、送信装置がそれのためにアクセスを求めて競合する必要があり得る、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域)上での動作をサポートし得る。競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域へのアクセスの競合に勝つと、送信装置(たとえば、基地局105またはUE115)は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で1つまたは複数のチャネル予約信号(たとえば、1つまたは複数のCUBS)を送信し得る。チャネル予約信号は、検出可能なエネルギーをライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で供給することによって、ライセンスされていない無線周波数スペクトルを予約するように働き得る。チャネル予約信号はまた、送信装置および/または送信アンテナを識別するように働き、あるいは送信装置と受信装置とを同期させるように働き得る。いくつかの例では、チャネル予約信号送信は、シンボル期間境界(たとえば、OFDMシンボル期間境界)において開始し得る。他の例では、CUBS送信はシンボル期間境界の間に開始し得る。

0060

[0071]図1に示されている構成要素の数および構成は、一例として与えられている。実際には、ワイヤレス通信システム100は、図1に示されているもの以外に、追加のデバイス、より少数のデバイス、異なるデバイス、または別様に構成されたデバイスを含み得る。追加または代替として、ワイヤレス通信システム100のデバイスのセット(たとえば、1つまたは複数のデバイス)は、ワイヤレス通信システム100のデバイスの別のセットによって実行されるものとして説明される1つまたは複数の機能を実行し得る。

0061

[0072]次に図2Aを参照すると、図200は、補足(supplemental)ダウンリンクモード(たとえば、ライセンス補助アクセス(LAA)モード)の例と、競合ベースの共有スペクトルに拡張されたLTE/LTE−AをサポートするLTEネットワークのためのキャリアアグリゲーションモードの例とを示している。図200は、図1のシステム100の部分の一例とすることができる。その上、基地局105−aは図1の基地局105の一例であり得、UE115−aは図1のUE115の例であり得る。

0062

[0073]図200中の補足ダウンリンクモード(たとえば、LAAモード)の例では、基地局105−aは、ダウンリンク205を使用してUE115−aにOFDMA通信信号を送信し得る。ダウンリンク205はライセンスされていないスペクトル中の周波数F1に関連付けられる。基地局105−aは、OFDMA通信信号を同じUE115−aに双方向リンク210を使用して送信し得、SC−FDMA通信信号をそのUE115−aから双方向リンク210を使用して受信し得る。双方向リンク210はライセンスされているスペクトル中の周波数F4に関連付けられる。ライセンスされていないスペクトル中のダウンリンク205およびライセンスされているスペクトル中の双方向リンク210は、コンカレントに動作し得る。ダウンリンク205は、基地局105−aに対してダウンリンク容量オフロードを提供し得る。いくつかの実施形態では、ダウンリンク205は、ユニキャストサービス(たとえば、1つのUEにアドレス指定される)サービスまたはマルチキャストサービス(たとえば、いくつかのUEにアドレス指定される)に使用され得る。このシナリオは、ライセンスされているスペクトルを使用しトラフィックおよび/またはシグナリング混雑(congestion)のうちの一部を緩和する必要がある、任意のサービスプロバイダ(たとえば、従来のモバイルネットワーク事業者すなわちMNO)に対して生じ得る。

0063

[0074]図200におけるキャリアアグリゲーションモードの1つの例では、基地局105−aは、OFDMA通信信号をUE115−aへ双方向リンク215を使用して送信し得、SC−FDMA通信信号を同じUE115−aから双方向リンク215を使用して受信し得る。双方向リンク215はライセンスされていないスペクトル中の周波数F1に関連付けられる。基地局105−aはまた、双方向リンク220を使用して同じUE115−aにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク220を使用して同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク220はライセンスされているスペクトル中の周波数F2に関連付けられる。双方向リンク215は、基地局105−aに対してダウンリンクおよびアップリンクの容量オフロードを提供し得る。上記で説明した補足ダウンリンク(たとえば、LAAモード)のように、このシナリオは、ライセンスされているスペクトルを使用しトラフィックおよび/またはシグナリングの混雑のうちの一部を緩和する必要がある、任意のサービスプロバイダ(たとえば、MNO)に対して生じる場合がある。

0064

[0075]図200中のキャリアアグリゲーションモードの別の例では、基地局105−aは、双方向リンク225を使用してUE115−aにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク225を使用して同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク225はライセンスされていないスペクトル中の周波数F3に関連付けられる。基地局105−aはまた、双方向リンク230を使用して同じUE115−aにOFDMA通信信号を送信し得、双方向リンク230を使用して同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信し得る。双方向リンク230はライセンスされているスペクトル中の周波数F2に関連付けられる。双方向リンク225は、基地局105−aに対してダウンリンクおよびアップリンクの容量オフロードを提供し得る。本例および上記で提供された例は、例示を目的として提示されており、容量オフロードのために競合ベースの共有スペクトルを用いるLTE/LTE−Aと用いないLTE/LTE−Aとを組み合わせる他の同様のモードの動作または展開のシナリオがあり得る。

0065

[0076]上記で説明されたように、競合ベースのスペクトルに拡張されたLTE/LTE−Aを使用することによって提供される容量オフロードから恩恵を受け得る一般的なサービスプロバイダは、LTEスペクトルを用いる従来のMNOである。これらのサービスプロバイダの場合、動作構成は、非競合スペクトル上のLTE1次コンポーネントキャリア(PCC)と競合ベースのスペクトル上のLTE2次コンポーネントキャリア(SCC)とを使用するブートストラップモード(a bootstrapped mode)(たとえば、補足ダウンリンク(たとえば、LAAモード)、キャリアアグリゲーション)を含み得る。

0066

[0077]補足ダウンリンクモードにおいて、競合ベースのスペクトルに拡張されたLTE/LTE−Aに対する制御は、LTEアップリンク(たとえば、双方向リンク210のアップリンク部)を介してトランスポートされ得る。ダウンリンク容量オフロードを提供する理由の1つは、ダウンリンク消費によってデータ需要が大幅に高められるからである。その上、このモードでは、UEはライセンスされていないスペクトルの中で送信していないので、規制影響(regulatory impact)がない場合がある。UE上で送信リッスンビフォアトーク(LBT:listen-before-talk)またはキャリアセンス多元接続(CSMA:carrier sense multiple access)要件インプリメントする(implement)必要はない。しかしながら、LBTは、たとえば、周期的(たとえば、10ミリ秒ごと)なクリアチャネルアセスメント(CCA)および/または無線フレーム境界にアラインされたgrab−and−relinquishメカニズムを使用することによって、基地局(たとえば、eNB)上でインプリメントされ得る。

0067

[0078]キャリアアグリゲーションモードでは、LTE(たとえば、双方向リンク210、220、および230)においてデータおよび制御が通信され得、一方で、競合ベースの共有スペクトルに拡張されたLTE/LTE−A(たとえば、双方向リンク215および225)においてデータが通信され得る。競合ベースの共有スペクトルに拡張されたLTE/LTE−Aを使用するときにサポートされるキャリアアグリゲーションメカニズムは、ハイブリッド周波数分割複信−時分割複信(FDD−TDD)キャリアアグリゲーション、または複数のコンポーネントキャリアにわたって異なる対称性を伴うTDD−TDDキャリアアグリゲーションに該当し得る。

0068

[0079]図2Bは、競合ベースの共有スペクトルに拡張されたLTE/LTE−Aに対するスタンドアロンモードの一例を示す図200−aを示す。図200−aは図1のシステム100の部分の一例であり得る。その上、基地局105−bは、図1の基地局105および図2Aの基地局105−aの一例であり得、一方、UE115−bは、図1のUE115および図2AのUE115−aの一例であり得る。

0069

[0080]図200−aにおけるスタンドアロンモードの一例では、基地局105−bは、OFDMA通信信号をUE115−bへ双方向リンク240を使用して送信し得、SC−FDMA通信信号をUE115−bから双方向リンク240を使用して受信し得る。双方向リンク240は、図2Aに関して上記で説明された競合ベースの共有スペクトル中の周波数F3に関連付けられる。スタンドアロンモードは、スタジアム内アクセス(たとえば、ユニキャストマルチキャスト)などの、非従来型のワイヤレスアクセスシナリオにおいて使用され得る。この動作モードの典型的なサービスプロバイダの一例は、スタジアムの所有者ケーブル会社、イベント主催者ホテル、企業、およびライセンスされているスペクトルを有しない大企業であり得る。これらのサービスプロバイダの場合、スタンドアロンモードのための動作構成は競合ベースのスペクトル上でPCCを使用し得る。その上、LBTは、基地局とUEの両方でインプリメントされ得る。

0070

[0081]いくつかの例では、図1図2Aもしくは図2Bを参照しながら説明された基地局105、205、もしくは205−aのうちの1つ、または図1図2Aもしくは図2Bを参照しながら説明されたUE115、215、215−a、215−b、もしくは215−cのうちの1つのような送信装置は、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルへの(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域の物理チャネルへの)アクセスを獲得するためにゲーティング間隔(a gating interval)を使用し得る。いくつかの例では、ゲーティング間隔は周期的であり得る。たとえば、周期的ゲーティング間隔は、LTE/LTE−A無線間隔の少なくとも1つの境界と同期し得る。ゲーティング間隔は、欧州電気通信標準化機構((ETSI:European Telecommunications StandardsInstitute)(EN301 893)において指定されているLBTプロトコルに少なくとも部分的に基づくLBTプロトコルなど、競合ベースプロトコルの適用を定義し得る。LBTプロトコルの適用を定義するゲーティング間隔を使用するとき、ゲーティング間隔は、送信装置がクリアチャネルアセスメント(CCA)手順などの競合手順(たとえば、LBT手順)をいつ実行する必要があるかを示し得る。CCA手順の結果は、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルが(LBT無線フレームとも呼ばれる)ゲーティング間隔のために利用可能であるか使用中であるかを送信装置に示し得る。チャネルが、対応するLBT無線フレームに利用可能である(たとえば、使用のために「クリア」)ことをCCA手順が示すとき、送信装置は、LBT無線フレームの一部または全部の間に競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルを予約または使用し得る。チャネルが利用可能ではないこと(たとえば、チャネルが別の送信装置によって使用中であるか、または予約されていること)をCCA手順が示すとき、送信装置は、LBT無線フレームの間にチャネルを使用することを妨げられ得る。

0071

[0082]図2Aおよび図2Bに示されているコンポーネントの数および構成は、例として与えられている。実際には、ワイヤレス通信システム200は、追加のデバイス、より少数のデバイス、異なるデバイス、または図2Aおよび図2Bに示されているものとは別様に構成されたデバイスを含み得る。

0072

[0083]図3は、本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を介したワイヤレス通信310の例300の一例である。いくつかの例では、LBT無線フレーム315は、10ミリ秒の持続時間を有し得、いくつかのダウンリンク(D)サブフレーム320、いくつかのアップリンク(U)サブフレーム325、ならびに2つのタイプの特殊サブフレーム、すなわち、Sサブフレーム330、およびS’サブフレーム335を含み得る。Sサブフレーム330は、ダウンリンクサブフレーム320とアップリンクサブフレーム325との間の遷移を提供し得、S’サブフレーム335は、アップリンクサブフレーム325とダウンリンクサブフレーム320との間の遷移と、いくつかの例では、複数のLBT無線フレーム間の遷移とを提供し得る。

0073

[0084]S’サブフレーム335の間に、図1または図2を参照しながら説明された基地局105、205、または205−aのうちの1つまたは複数のような、1つまたは複数の基地局によって、ワイヤレス通信310が生じる競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルをある時間期間の間予約するために、ダウンリンククリアチャネルアセスメント(CCA)手順345が実行され得る。基地局による成功したダウンリンクCCA手順345の後、基地局は、基地局がチャネルを予約したというインジケーションを他の基地局または装置(たとえば、UE、WiFiアクセスポイントなど)に提供するために、チャネル使用ビーコン信号(CUBS)(たとえば、ダウンリンクCUBS(D−CUBS350))などのプリアンブルを送信し得る。いくつかの例では、D−CUBS350は、インターリーブされた複数のリソースブロックを使用して送信され得る。この方式でD−CUBS350を送信することは、D−CUBS350が、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域の利用可能な周波数帯域幅の少なくともある割合を占有し、1つまたは複数の規制上の要件(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上での送信が利用可能な周波数帯域幅の少なくとも80%を占有するという要件)を満たすことを可能にし得る。D−CUBS350は、いくつかの例では、LTE/LTE−Aセル固有基準信号(CRS)またはチャネル状態情報基準信号(CSI−RS)の形態と同様の形態をとり得る。ダウンリンクCCA手順345が失敗するとき、D−CUBS350が送信されないことがある。

0074

[0085]S’サブフレーム335は、複数のOFDMシンボル期間(たとえば、14個のOFDMシンボル期間)を含み得る。S’サブフレーム335の第1の部分は、短縮されたアップリンク(U)期間340として、いくつかのUEによって使用され得る。S’サブフレーム335の第2の部分は、ダウンリンクCCA手順345のために使われ得る。S’サブフレーム335の第3の部分は、D−CUBS350を送信するために競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域のチャネルへのアクセスに対して成功裏に競合する1つまたは複数の基地局によって使用され得る。

0075

[0086]Sサブフレーム330中に、アップリンクCCA手順365が、ある時間期間の間、ワイヤレス通信310が発生するチャネルを予約するために、図1図2Aまたは図2Bを参照しながら上記で説明したUE115、215、215−a、215−b、または215−cのうちの1つまたは複数など、1つまたは複数のUEによって実行され得る。UEによる成功したアップリンクCCA手順365の後、UEは、UEがチャネルを予約したというインジケーションを他のUEまたは装置(たとえば、基地局、WiFiアクセスポイントなど)に提供するために、アップリンクCUBS(U−CUBS370)などのプリアンブルを送信し得る。いくつかの例では、U−CUBS370は、インターリーブされた複数のリソースブロックを使用して送信され得る。この方式でU−CUBS370を送信することは、U−CUBS370が、競合ベースの無線周波数スペクトル帯域の利用可能な周波数帯域幅の少なくともある割合を占有し、1つまたは複数の規制上の要件(たとえば、競合ベースの無線周波数スペクトル帯域上での送信が利用可能な周波数帯域幅の少なくとも80%を占有するという要件)を満たすことを可能にし得る。U−CUBS370は、いくつかの例では、LTE/LTE−A CRSまたはCSI−RSの形態と同様の形態をとり得る。アップリンクCCA手順365が失敗するとき、U−CUBS370が送信されないことがある。

0076

[0087]Sサブフレーム330は、複数のOFDMシンボル期間(たとえば、14個のOFDMシンボル期間)を含み得る。Sサブフレーム330の第1の部分は、短縮されたダウンリンク(D)期間355としていくつかの基地局によって使用され得る。Sサブフレーム330の第2の部分は、ガード期間(GP)360として使用され得る。Sサブフレーム330の第3の部分は、アップリンクCCA手順365のために使用され得る。Sサブフレーム330の第4の部分は、アップリンクパイロットタイムスロット(UpPTS)としてまたはU−CUBS370を送信するために競合ベースの無線周波数スペクトル帯域のチャネルへのアクセスに対して成功裏に競合する1つまたは複数のUEによって使用され得る。

0077

[0088]いくつかの例では、ダウンリンクCCA手順345またはアップリンクCCA手順365は、単一のCCA手順の実行(performance)を含み得る。他の例では、ダウンリンクCCA手順345またはアップリンクCCA手順365は、拡張されたCCA手順の実行を含み得る。拡張CCA手順は、ランダムな数のCCA手順を含み得、いくつかの例では、複数のCCA手順を含み得る。

0078

[0089]上で示されたように、図3は例として提供される。他の例が可能であり、他の例は図3に関連して説明されたものとは異なることがある。

0079

[0090]図4は、本開示の様々な態様による、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域にアクセスするために競合するとき、送信装置によって実行されるCCA手順415の一例400の図である。いくつかの例では、CCA手順415は、図3を参照しながら説明したダウンリンクCCA手順345またはアップリンクCCA手順365の一例であり得る。CCA手順415は固定持続時間を有し得る。いくつかの例では、CCA手順415は、LBTフレームベース機器(LBT−FBE)プロトコル(たとえば、EN301 893によって説明されるLBT−FBEプロトコル)に従って実行され得る。CCA手順415に続いて、CUBS420などのチャネル予約信号が送信され得、データ送信(たとえば、アップリンク送信またはダウンリンク送信)が後続し得る。例として、データ送信は、3つのサブフレームの意図された持続時間405と、3つのサブフレームの実際の持続時間410とを有し得る。

0080

[0091]上で示されたように、図4は例として提供される。他の例が可能であり、他の例は図4に関連して説明されたものとは異なることがある。

0081

[0092]図5は、本開示の様々な態様による、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域にアクセスするために競合するとき、送信装置によって実行される拡張CCA(ECCA)手順515の一例500の図である。いくつかの例では、ECCA手順515は、図3を参照しながら説明したダウンリンクCCA手順345またはアップリンクCCA手順365の一例であり得る。ECCA手順515は、ランダムな数のCCA手順を含み得、いくつかの例では、複数のCCA手順を含み得る。したがって、ECCA手順515は、可変の持続時間を有し得る。いくつかの例では、ECCA手順515は、LBT負荷ベース機器(LBT−LBE)プロトコル(たとえば、EN301 893によって説明されるLBT−LBEプロトコル)に従って実行され得る。ECCA手順515は、競合ベースの共有無線周波数スペクトル帯域にアクセスするための競合に勝つことのより高い可能性をもたらし得るが、より短いデータ伝送の潜在的なコストをもたらし得る。ECCA手順515に続いて、CUBS520など、チャネル予約信号が送信され、その後にデータ送信が続き得る。例として、データ送信は、3つのサブフレームの意図された持続時間505と、2つのサブフレームの実際の持続時間510とを有し得る。

0082

[0093]上で示されたように、図5は例として提供される。他の例が可能であり、他の例は図5に関連して説明されたものとは異なることがある。

0083

[0094]図6は、図1の基地局/eNBのうちの1つであり得る基地局/eNB105および図1のUEのうちの1つであり得るUE115の設計のブロック図を示す。eNB105はアンテナ634a〜634tを装備し得、UE115はアンテナ652a〜652rを装備し得る。eNB105において、送信プロセッサ620は、データソース612からデータを受信し、コントローラ/プロセッサ640から制御情報を受信することができる。制御情報は、物理ブロードキャストチャネル(PBCH:physical broadcast channel)、物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH:physical control format indicator channel)、物理ハイブリッド自動再送要求インジケータチャネル(PHICH:physical hybrid automatic repeat request indicator channel)、物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH:physical downlink control channel)などに対するものであり得る。データは、物理ダウンリンク共有チャネルPDSCH:physical downlink shared channel)などのためのものであり得る。送信プロセッサ620は、データシンボル制御シンボルとを取得するために、それぞれデータと制御情報とを処理(たとえば、符号化およびシンボルマッピング)し得る。送信プロセッサ620はまた、たとえば、1次同期信号(PSS)、2次同期信号(SSS)、およびセル固有基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信(TX)多入力多出力(MIMO)プロセッサ630は、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実行し得、出力シンボルストリーム変調器(MOD)632a〜632tに与え得る。各変調器632は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、OFDMなどのための)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各変調器632はさらに、ダウンリンク信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(たとえば、アナログへの変換、増幅フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。変調器632a〜632tからのダウンリンク信号は、それぞれアンテナ634a〜634tを介して送信され得る。

0084

[0095]UE115において、アンテナ652a〜652rは、eNB105からダウンリンク信号を受信し得、受信信号をそれぞれ復調器(DEMOD)654a〜654rに与え得る。各復調器654は、入力サンプルを取得するために、それぞれの受信信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各復調器654は、受信シンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルをさらに処理し得る。MIMO検出器656は、すべての復調器654a〜654rから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実行し、検出シンボルを与え得る。受信プロセッサ658は、検出されたシンボルを処理(たとえば、復調デインターリーブ、および復号)し、UE115のための復号されたデータをデータシンク660に与え、復号された制御情報をコントローラ/プロセッサ680に与え得る。

0085

[0096]アップリンク上では、UE115において、送信プロセッサ664が、データソース662から(たとえば、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH:physical uplink shared channel)のための)データを受信し、処理し得、コントローラ/プロセッサ680から(たとえば、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH:physical uplink control channel)のための)制御情報を受信し、処理し得る。送信プロセッサ664はまた、基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信プロセッサ664からのシンボルは、適用可能な場合はTXMIMOプロセッサ666によってプリコーディングされ、さらに(たとえば、SC−FDMなどのために)復調器654a〜654rによって処理され、eNB105に送信され得る。eNB105において、UE115からのアップリンク信号は、アンテナ634によって受信され、変調器632によって処理され、適用可能な場合はMIMO検出器636によって検出され、UE115によって送られた復号されたデータおよび制御情報が取得するために、さらに受信プロセッサ638によって処理され得る。プロセッサ638は、復号されたデータをデータシンク639に与え、復号された制御情報をコントローラ/プロセッサ640に与え得る。

0086

[0097]コントローラ/プロセッサ640および680は、それぞれeNB105における動作およびUE115における動作を指示し得る。eNB105におけるコントローラ/プロセッサ640および/または他のプロセッサおよびモジュールは、本明細書で説明する技法のための様々なプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。UE115におけるコントローラ/プロセッサ680ならびに/または他のプロセッサおよびモジュールはまた、図7図9および図12図17に示されている機能ブロック、および/または本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。メモリ642および682は、それぞれ、eNB105およびUE115のためのデータおよびプログラムコードを記憶し得る。スケジューラ644は、ダウンリンクおよび/またはアップリンク上でのデータ送信のためにUEをスケジューリングし得る。

0087

[0098]UEなどのデバイスは、信号の受信および/または送信に使用するために複数のアンテナ(N)を有し得る。デバイスは、LTE、WiFiなどの特定の無線アクセス技術(RAT)のため、特定のキャリア周波数のため、またはその両方のために使用するために、アンテナの使用と割り当てとを分割する場合がある。たとえば、デバイスは、CAの場合に1つのキャリアに対して固定数のアンテナを使用し得、またはデバイスがWiFiとLTEなどの他の技術の両方をサポートするときにWiFiに対して固定数のアンテナを使用し得る。一例では、UEは4つのアンテナを有し、WiFi通信のためにアンテナのうちの2つを割り当て、LTE通信のために2つのアンテナを割り当て得る。UEなどのデバイスはまた、1つの技術または1つのキャリアのためのアンテナの数を動的にまたは半静的に(semi-statically)選択し得る(アンテナ選択)。そのような動的なまたは半静的な方式では、共有または選択は、チャネル品質インジケータ(CQI)、基準信号受信電力(RSRP)など、特定の測定結果によってトリガされ得る。

0088

[0099]LTEなどの通信ネットワークは、周波数分割多重化(FDM)インプリメンテーション(implementations)および時分割多重化TDM)インプリメンテーションを有し得る。FDMインプリメンテーションにおける共有オプションは、異なるアンテナを実際に共有しているのではなく、アンテナを介して受信された周波数スペクトルを共有するのである。たとえば、UEは、異なるエアインターフェースに対してすべてのアンテナを同時に使用するためにダイプレクサ/スイッチを使用し得る。ダイプレクサ/スイッチは、不要な周波数をフィルタリングで除去することによってフィルタとして働く。しかしながら、そのようなFDM共有方式では、一般的に、信号がフィルタリングされるときに信号強度においてかなりの損失が存在する。そのような損失はまた、周波数帯域が高くなるにつれて増加し得る。TDMインプリメンテーションは、実際には、各エアインターフェース/技術に対して別個のアンテナを使用するかまたは割り当てることができる。したがって、そのようなエアインターフェース/技術を介する通信が使用されないとき、使用されない通信に対して割り当てられたかまたは指定されたそのようなアンテナが、他のエアインターフェース/技術と共有され得る。本開示の様々な態様は、TDMインプリメンテーションを使用する通信システムを対象とする。

0089

[00100]UEがまったく初めて、またはかなりの期間の間オフであった後に最初にオン切り替えられたとき、UEは、ネットワークの探索を開始することになる。UE(ユーザ機器)が接続し得る、無線で利用可能な異なる事業者からの、多くのネットワークが存在する、または言い換えれば多くの周波数が存在する、多くの可能なネットワークが存在する。したがって、UEは各周波数と同期をとり、これが、UEが接続を欲している正しい事業者からの周波数であるかどうかを検査する。UEは、まったく初期同期プロセスを調べること(going through)によってこれを行う。同期されると、UEは、これが正しいPLMNであるかどうかを検査するために、マスタ情報ブロックとシステム情報ブロックとを読み取る。PLMN値が正しいとして示されると、UEは、システム情報ブロック1およびシステム情報ブロック2を読み取ることを続行する。次のステップは、ランダムアクセス手順として知られ、そこにおいて、ネットワークは初めて、いくつかのUEがアクセスを得ようとしていることを知る。

0090

[00101]この段階において、UEは、ネットワークに接続したいというUEの要望についてネットワークに知らせるために利用可能なリソースまたはチャネルを持たず、それゆえUEは、UEの要求を共有媒体を介して送ることになる。ここで、2つの可能性がこの段階において存在し、いずれも、同じエリア(同じセル)内で同じ要求を送っている多くの他のUEが存在し、そこにおいて同じく、様々な他のUEから到来する要求の間に衝突する可能性が存在する。そのようなランダムアクセス手順は、競合ベースのランダムアクセス手順と呼ばれる。第2のシナリオでは、ネットワークは、UEの要求が他のUEから到来する要求と衝突することを防止するために、何らかの一意識別情報(identity)を使用することをUEに通知することができる。第2のシナリオは、フリーの(free)、または非競合ベースのランダムアクセス手順と呼ばれる。

0091

[00102]LTERel.8ランダムアクセス(RA)手順は、一般に、4つのメッセージ送信(UEから2つおよびeNBから2つ)を含む。4つのメッセージは、一般に、メッセージ1、メッセージ2、メッセージ3およびメッセージ4と呼ばれる。スタンドアロン(SA)モードで構成された競合ベースのスペクトルを有するLTE/LTE−Aでは、4メッセージ手順は、4つまでのCCAクリアランスを伴い、したがってメッセージの数を低減することが望ましい。したがって、競合ベースのスペクトルを有するLTE/LTE−Aでは、2メッセージ手順が採用される。競合ベースのスペクトルを含むそのようなLTE/LTE−A通信システムにおける小さいセルサイズによって、ePRACHはTA(タイミングアドバンス)のために使用されないことがある。なぜならば、タイミングオフセットは、一般的にサイクリックプレフィックス範囲内にあるからである。しかしながら、ePRACHは、呼設定(call setup)、HO(ハンドオフ)またはRLF無線リンク障害)を実行するためにレガシーメッセージ1および3の組み合わされた情報を搬送するために使用され得る。また、それは、さらなるアップリンクメッセージ統合(consolidation)のためにBSR(バッファステータス報告)を通してULスケジューリング要求を実行し得る。

0092

[00103]スタンドアロンモードにおける間に競合ベースの共有スペクトルによって拡張されたLTE/LTE−A通信システムに対する新しいePRACH設計は、ePRACH手順への変更をプロンプトし得る。たとえば、ePRACHリソースの場合、ePRACHは、十分な帯域幅占有要件(たとえば、利用可能な周波数帯域幅の少なくとも80%を占有すること)を満たすために、ePUSCHおよびePUCCHにおいて使用されるのと同じ方法でアップリンク周波数領域リソースインターレースを使用する。したがって、各ePRACHは、一般に、10RBからなり、1msの持続時間を占有する1つのインターレースを使用する。各ePRACHは、RB当たり単一のサイクリックシフトを割り振られる。

0093

[00104]ePRACH機会は、UEが、ePRACHを送信することを許可される特定のサブフレームを定義する。最も一般的に使用されるタイプ1 ePRACH機会は、D−CUBS/PFFICHが検出されたときのバーチャルLBTフレームのアップリンクサブフレームである。タイプ1 ePRACH機会は、eNBならびにUEにおいてCCAクリアランスに左右される。第1のアップリンクサブフレームは、一般にタイプ1 ePRACHに対して選択される。ePRACHに対する新しい設計では、物理チャネルはまた、単一のテールバイティング(tailbiting)畳込みコードTBCC)エンコーダを用いるePUCCHに基づくPUCCHフォーマット2物理チャネルと同様の方法で再設計され得る。この再設計された物理チャネルは、複数のユーザがePRACHリソースならびに搬送するかなりのペイロードサイズを共有することを可能にする。したがって、ePRACHペイロード長さおよびコンテンツは、最大ペイロードサイズを増大させるように修正され得る。たとえば、ePRACHペイロードのサイズまたは長さは、200コード化ビット(たとえば、20(RB当たりPUCCHフォーマット2)×10(インターレース当たりRB)=200)までの新しい最大値を含み得る。そのようなコーディングレートは、多様なTBCC符号化または他の様々なコーディングレートを使用して達成され得る。

0094

[00105]ePRACH信号は多様な異なる理由またはUEステータスに対して開始され得るので、第1のメッセージの実際のペイロード長さは変化する。たとえば、可変メッセージ1に対するePRACHペイロード長さは、以下のうちのいずれかを含み得る。呼設定に対して:媒体アクセス制御(MAC)ヘッダ(1バイト)+無線リソース制御(RRC)接続要求メッセージ(6バイト)=7バイト、無線リンク障害(RLF)に対して:MACヘッダ(1バイト)+RRC接続再確立要求メッセージ(6バイト)=7バイト、ハンドオーバに対して:MACヘッダ(2バイト)+MAC制御要素(CE)セル無線ネットワーク一時識別子(CRNTI)(2バイト)+RRC接続再構成完了メッセージ(2バイト)=6バイト、アップリンクスケジューリング要求(SR)に対して:MACヘッダ(2バイト)+MAC CE(CRNTI)(2)+BSR(1または3バイト)=5または7バイト。16ビットサイクリック冗長検査CRC)を追加した後、一般に、最も低いコーディングレートは、ほぼ(approximately)、72/200=0.36のレートという結果となる。

0095

[00106]UEは、ランダムアクセス手順の前に、まだ、基地局との第1の接続を確立しなければならないので、どのUEがランダムアクセスを実行しているのかを識別するために、一時識別子が使用され得る。ランダムアクセスを実行しているUEは、メッセージ1を通してランダムアクセス手順を開始するとき、ランダムアクセス(RA)−RNTIを使用することになる。しかしながら、RA−RNTIは、UEによって選択および送信された値ではなく、代わりに、UEによって使用される時間周波数リソースに基づいてeNBがランダムアクセスメッセージを受信することによって決定される。時間周波数リソースは、ランダムアクセスプリアンブルが送られるタイムスロット番号(time slot number)(たとえば、サブフレーム番号(subframe number))と周波数インターレース(たとえば、TDDモードにおける6つの可能な周波数インターレースおよびFDDにおける1つだけの可能な周波数インターレース)とを含み得る。一般に、RA−RNTIは、下式に従って決定される。
RA−RNTI=1+tid+10*fid (1)
ここでtidは、一般的に0と9との間の範囲内のサブフレーム番号であり、fidは、TDDモードで使用されるとき、一般的に0と5との間の範囲内のインターレース選択であり、またはFDDモードで使用されるとき、0のインターレース選択である。UEは、64個の利用可能なプリアンブルのうちの1つのプリアンブルを取り上げ、そのプリアンブルを特定のサブフレームtidおよびインターレースfidにおいてメッセージ1内で送ることができる。基地局は、受信されたメッセージ1のプリアンブルを検出すると、基地局は、UEからのプリアンブルの受信を肯定応答するために、RA−RNTIを計算し、RA−RNTIを使用してメッセージ2内のそれのランダムアクセス応答メッセージコーディングすることになる。

0096

[00107]64までのランダムアクセスプリアンブルがある。プリアンブルインデックスは、ランダムアクセス応答(RAR)のために6ビットのMACペイロードを使用して送られ得る。また、複数のプリアンブルが、同じメッセージ2内のRARに対して、応答する基地局から送られ得る。UEが同じRA−RNTIを使用してメッセージ2を受信するとき、プリアンブルが一致すれば、UEは、競合解消のためにランダムアクセス手順のメッセージ3に進むことになる。UEがメッセージ1を送ると、UEは、所定のRARウインドウの中でメッセージ2を受信しなければならない。例示的なインプリメンテーションでは、RARウインドウは、ネットワークの構成に依存して、10ms未満であり得、40msまでであり得る。

0097

[00108]競合ベースの共有周波数スペクトルに拡張されたLTE/LTE−A通信システムでは、利用可能なスペクトルに対する競合は、しばしば、レガシーWiFiデバイスに対して発生することになる。レガシーWiFiデバイスとの共存を円滑にするために、そのような拡張LTE/LTE−A通信システムのUEおよび基地局によって送信されるチャネル予約信号は、デュアルWiFi−LTE/LTE−A復号に対して特別に構成された広帯域CUBS(W−CUBS)を含み得る。W−CUBSフォーマットは、IEEE802.11準拠CTS−to−Selfパケットに対応するように選択され得る。802.11準拠CTS−to−Self信号は、ブロードキャストタイプのメカニズムにおいて、WiFiデバイスが送信可(CTS)メッセージをそれ自体に送ることを可能にする。それは、異なるWiFi技術が存在する混合モード環境における保護メカニズムである。また、CTS−to−Selfメッセージは、ネットワークがCTS−to−Selfデバイスの送信側によって占有される時間についての情報を含む。したがって、他のWiFiデバイスは、ネットワーク使用についてのこの情報を受信できることになる。したがって、W−CUBSの構成は、競合ベースの共有周波数上で動作するLTE/LTE−Aデバイスが、LTE/LTE−AとWiFi受信機とを含む共有リソースに対して競合するすべての準拠デバイスによって消費され得る、ネットワークが占有する時間の量についての情報を送ることを可能にする。W−CUBS発信元(originator)の識別情報に基づいて、異なるアクションが受信側において企図され得る。

0098

[00109]再び図3を参照すると、複数のUEが同じ基地局によってサービスされるシナリオでは、1つのUEがECCA/CCAを最初にクリアし、他のUEのうちのいずれかがECCA/CCAをクリアする前にSサブフレーム330においてU−CUBSの送信を開始する場合、第1のUEがU−CUBSを送信している間、それらのECCA/CCAはパス(pass)しないので、他のUEは、アップリンク送信をブロックされることになる。この状況を回避するために、本開示の態様は、同じカバレージエリア内でサービスされる複数のUEからのU−CUBS送信を同期させるように動作する。

0099

[00110]図7は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック700において、UE115などのUEは、それが、競合ベースの送信帯域上の通信に対して利用可能なデータを有していると決定する。なぜならば、UEは、通信されるべきデータを検出または生成するからである。UEは、競合ベースのチャネルを予約するためにECCAプロセスの一部としてランダムな数のCCA検査を実行し得る。

0100

[00111]ブロック701において、UEは、競合ベースのチャネル上で成功したECCAを検出する。成功したECCAが検出されると、ブロック702において、UEは、成功したECCAの検出時にアップリンク再同期境界が到達されたかどうかを決定する。アップリンク再同期境界は、アップリンク送信を適時に同期させ、FDMスケジューリングが適用され得るように他の共同でスケジューリングされた(co-scheduled)UEにおけるECCA手順を、1つのUEのアップリンク送信がブロックするのを防止するために使用される。一般的な再同期境界は、以下の式に従って設定され得る。
N(r,s)+ε (2)
ここでN(r,s)は1とQとの間の擬似乱数であり、ECCA手順を遂行するために実行されるCCA検査の数に対応する。Qは、両端を含む4と32との間の選択された数であるパラメータqの選択された値である。パラメータqは、最大チャネル占有時間(13/32×q ms)の決定に使用される。Qに対する値は、ライセンスされていない周波数帯域を含む競合ベースの共有スペクトルに対して構成されたシステム内で最小チャネル占有要件を満足するために選択され得る。そのような競合ベースのシステムの企図された動作では、各CCA検査は20μsかかる。Qが25であるように選択することは、成功したECCA手順に対して0.5ms(25×20μs)のチャネル占有時間をもたらす。最大LBTフレーム長さが10msであることを考慮すると、0.5/10ms=5%の占有となり、これは、ライセンスされていないスペクトルのチャネルアイドル時間要件を満足する。1とQとの間のN(r,s)の擬似ランダム選択は、システムフレーム数(SFN:system frame number)に対応する無線フレーム数rと、サブフレーム数sとの関数に基づく。追加のパラメータεは、送信されるべきWiFi肯定応答パケットをすべてウッドする追加の事前構成されたオーバーヘッド時間を表す。ε≧0。

0101

[00112]再同期境界位置は、保証されたCUBS境界と等しいかまたはそれより前のいずれかの境界に配置する式(2)に従って計算され得る。保証されたCUBS境界は、任意のアップリンクチャネル(たとえば、ePRACH、ePUCCH、ePUSCH、など)が次のアップリンクサブフレーム上で送信される前に、サブフレーム上で送信され得るU−CUBSの最小持続時間である。一般的な再同期境界は、U−CUBSが次のアップリンクチャネルの復調基準信号DM−RS)を使用し、復号を助けるために使用され場合、UEが、最近接シンボル境界+1つのU−CUBS(1シンボル)でアラインする(align with)ために、W−CUBS(xμs、たとえば、x=44μs)+最小数の特別なU−CUBS(SU−CUBS)を送信することができるように決定され得る。代替として、再同期境界は、U−CUBSが基地局によって使用されない場合、UEが、最近接(closest)シンボル境界でアラインするために、W−CUBS(xμs、たとえば、x=40μs)+最小数のSU−CUBSを送信することができるように決定され得る。

0102

[00113]ブロック703において、成功したECCAが検出されたときに再同期境界が到達されていないとUEが決定した場合、UEは、再同期境界までアイドル状態にとどまることになる。UEは、ブロック704において、再同期境界が到達されたときにCCA検査を実行し、ブロック705において、クリアな(clear)CCA検査を検出したことに応答してチャネル予約信号を送信する。

0103

[00114]ブロック702において、成功したECCAが再同期境界の後で検出されたことをUEが検出した場合、ブロック703において、UEは、成功したECCAが保証されたCUBS境界の上またはその前で検出されたかどうかの決定を実行する。成功したECCAが保証されたCUBS境界の後で検出された場合、ブロック707において、UEは、次のアップリンクサブフレームの間、アップリンク送信を控えることになる。そうでない場合、ECCAが、再同期境界の後で成功したが、保証されたCUBS境界の上または前で成功した場合、ブロック708において、UEは、成功したECCAが検出されるとすぐにチャネル予約信号を送信することになる。ブロック705および708において送信されるチャネル予約信号は、上述のように、1つのタイプのCUBS、またはW−CUBS+SU−CUBS+U−CUBS、またはW−CUBS+SU−CUBSなど、異なるCUBSのシーケンスであり得る。

0104

[00115]図8は、本開示の態様に従って構成されたUE800〜802を示すブロック図である。UE800〜802は、同じ基地局(図示されていないが、基地局105と同様に構成され得る)によってサービスされ、それぞれ、競合ベースの共有周波数スペクトルにおいて通信に関与する。UE800〜802は、それぞれ、アップリンク送信に対するデータを識別し、ECCAプロセスに関与する。基地局とUE800〜802との間の通信の送信フレーム内のサブフレームS80は、ダウンリンク部DwPTS81と、ガード期間GP82と、アップリンク部UpPTS83とを含む。アップリンク再同期境界803はUpPTS83内で設定されているが、保証されたCUBS境界は804において存在するように決定される。

0105

[00116]UE800は、GP82の間に成功したECCAプロセスを検出する。再同期境界803はまだ発生されていないので、UE800は、再同期境界803に到達するまでアイドル状態にとどまる。次いで、UE800は、Sサブフレーム80のUpPTS83の残りに対してCUBSを送信する前にCCA検査を実行することになる。UE800は、それがクリアなCCA検査を検出した場合、CUBSだけを送信することになる。

0106

[00117]UE801は、UpPTS83の間に成功したECCAプロセスを検出する。UE801は、成功したECCAが、再同期境界803の後であるが、保証されたCUBS境界804の前に発生したと決定する。このポジショニングのため、UE801は、成功したECCAプロセスを検出した後すぐに、UpPTS83内でCUBSの送信を開始する。

0107

[00118]また、UE802は、UpPTS83の間に成功したECCAプロセスを検出する。しかしながら、UE801は、成功したECCAが、再同期境界803の後および保証されたCUBS境界804の後の両方に発生したと決定する。保証されたCUBS境界804後に成功したCUBSを送信するために十分な時間はないので、UE801は、次のアップリンクサブフレーム内でのアップリンク送信することを控えることになる。

0108

[00119]再同期境界803は、式(2)に従って決定され得る。しかしながら、上述のように、再同期境界803の一般的な配置は、保証されたCUBS境界804の上または前にある再同期境界ウインドウ805内で発生し得る。様々なインプリメンテーションおよび例示的なインスタンスは、ネットワークの構成および送信フレーム(たとえば、現在の送信のSFNおよびサブフレーム数)内の送信のロケーションに依存して再同期境界ウインドウ805内の任意のポイントに再同期境界803を配置することができる。

0109

[00120]競合ベースの共有周波数スペクトル内でePRACH手順を実施するとき、LBTフレーム内のePRACH機会は、基地局のアクティビティならびに基地局とUEの両方におけるCCAクリアランスに依存する。基地局がダウンリンク/アップリンクトラフィック欠乏によってアイドル状態である場合、LBTフレームがない時間期間が存在し得る。その上、CCAクリアランス時間が、基地局またはUEのいずれかにおいて問題となる場合、LBTフレーム内の一般的なスケジュールされたePRACH機会もまた使用され得ず、そのことが、ランダムアクセスまたはアップリンクスケジューリングにおける遅延を生じさせる場合がある。

0110

[00121]本開示の様々な追加の態様は、2つの新しいePRACH機会タイプを提供する。LBTフレームの間にスケジュールされ得る既存のePRACH機会は、タイプ1 ePRACH機会と呼ばれる。第1の新しいタイプ、タイプ2 ePRACH機会は、LBTフレームがUEによって検出され得ないときにePRACH機会として構成され得る。ePRACH機会は、何らかの周期性を伴ってスケジュールされ得る。しかしながら、UEによる送信は、クリアなCCA検査に依存することになる。したがって、そのようなランダムアクセス信号が送信される周波数は、厳密な周期性より柔軟であり得る。すなわち、eNBは、LBTフレームがUEによって検出され得ないときに、UEがタイプ2 ePRACHを送信するために、周期性と持続時間とを構成することができる。各周期において、構成された持続時間内で、UEがダウンリンクアクティビティを検出しない場合、UEは、それがePRACHを送ることになっている場合、ウインドウの中のePRACHを送ることを開始し得る。しかしながら、UEが、ウインドウの中の第1のサブフレーム上でCCA検査を成功裏に実施することに失敗した場合、UEは、UEがウインドウの中のすべてのサブフレームを試行するまで、ウインドウの中の後続のサブフレームについて再び試行し得る。タイプ2 ePRACH機会は、関与する(participating)UEにおいてのみ、CCAクリアランスに左右される。他の新しいタイプ、タイプ3 ePRACH機会は、CCA免除送信(CET)周期性(たとえば、CET周期性は現在80msにおいて定義されている)においてアップリンクCET(U−CET)期間の間の送信に対して構成される。タイプ3 ePRACH機会はU−CET期間の間に構成されるので、それはCCA免除である。

0111

[00122]図9は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック900において、UE115などのUEは、ダウンリンクアクティビティ信号を監視する。タイプ2 ePRACH機会は、フレームまたは任意の他のダウンリンクアクティビティ信号に対するダウンリンクCUBS(D−CUBS)または物理フレームフォーマットインジケータチャネル(PFFICH)が検出されない場合だけに発生する場合がある。この検出されないダウンリンクアクティビティ信号は、基地局がアイドル状態であること、またはフレームに対して基地局によって送信されたダウンリンクアクティビティ信号の成功していない検出の試みに起因する場合がある。したがって、ランダムアクセス手順がUEにおいて考慮されるとき、UEは、少なくともD−CUBSおよび/またはPFFICHを含む任意のダウンリンクアクティビティ信号を最初にリッスンし得る。

0112

[00123]ブロック901において、UEは、任意のダウンリンクアクティビティ信号の検出に失敗したこと、またはUEが前の機会にCCA検査を成功裏に実施することに失敗したことに応答して、次のランダムアクセス機会を決定する。タイプ2 ePRACH機会は、アイドル基地局の場合に遅延を軽減するために、UEがD−CUBS/PFFICHを検出することまたは正確に復号することに失敗したときに使用され得る。タイプ2 ePRACH機会は、物理サブフレームのセット内に周期的に構成され得る。たとえば、タイプ2 ePRACH機会は、以下の条件
Mod(sfi+10*Nf,MePRACH,Type2)=OePRACH,Type2 (3)
を満足するサブフレームのセットに対して構成され得、
ここでNfは物理システムフレーム数(SFN)を表し、sfiは物理サブフレームインデックスを表し、MePRACH,Type2は、eSIB1内でブロードキャストされ得るタイプ2 ePRACH機会の周期性を表す。タイプ2 ePRACH機会の周期性に対する値の例示的な範囲は、1、2、5、10、20、40msなどを含み得る。OePRACH,Type2は、サブフレームオフセットを表す。周期的なタイプ2 ePRACH機会の周期性はSIBメッセージ内でブロードキャストされ得るので、UEは、タイプ2 ePRACH機会を決定することができる。

0113

[00124]ブロック902において、UEは、CCA検査を実行し、次のランダムアクセス機会の前に成功したCCAを検出する。クリアなCCA検査に応答して、ブロック903において、UEは、次のランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信する。

0114

[00125]図10は、本開示の一態様に従って構成されたUE1001を伴う通信ストリーム1000を示すブロック図である。サブフレームn(n=sfi+10*sfn)内のタイプ2 ePRACH機会は、さらに、サブフレームn−2、n−3、...、およびn−10内のD−CUBS/PFFICHの検出にUE1001が失敗することに左右される。その上、UEは、式(3)を満足するサブフレームnに対してタイプ2 ePRACH再同期境界1002においてまたはその前に成功したECCA/CCAを検出すべきである。これらの条件がいずれも満足されない場合、対応するタイプ2 ePRACH機会は満了する。

0115

[00126]UE1001などのUEは、ダウンリンクおよびアップリンクの送信を同時に処理することはできない。したがって、UE1001がサブフレームn内のタイプ2 ePRACH送信を送信しようと試行する場合、UE1001は、サブフレームn−1またはnの中のD−CUBSまたは他のダウンリンク送信を失う(miss)ことがある。UE1001のU−CUBSおよびePRACH送信は、基地局のD−CUBSおよび/または基地局105などからの他のダウンリンク送信と衝突することがある。しかしながら、そのような衝突の可能性は非常に低いことに留意されたい。加えて、UE1001は、次のLBTフレーム内で回復する可能性がある。UE1001がサブフレームn−2内でD−CUBSを検出する場合、サブフレームnにおけるタイプ2 ePRACH機会はまた、基地局からのダウンリンク送信との衝突を回避するために満了することになる。そのような事例では、D−CUBSの検出が、基地局のアクティビティを示すとき、したがってLBTフレームを示すとき、UE1001は、LBTフレーム内の次のスケジュールされたePRACH機会を使用する。

0116

[00127]本開示の様々な態様では、UEが高速ターンアラウンドタイムラインを有する場合、UEは、サブフレームn−1においてダウンリンク信号を検出し、サブフレームnがePRACH送信に使用され得るかどうかを決定することを試行することさえもできることに留意されたい。

0117

[00128]図10に示すように、サブフレームnはタイプ2 ePRACH機会である。再同期境界1002はサブフレームn−1に位置する。いくつかの例示的な態様では、タイプ2 ePRACH機会に対する再同期境界1002は、アップリンクとダウンリンクとの間の衝突が発生する場合、基地局がチャネルを予約することに対してより高い優先度を可能にするために、保証されたCUBS境界において設定され得る。保証されたCUBS境界において再同期境界を設定することに起因する、再同期境界1002に対する追加の時間は、サブフレームn−1内でD−CUBS/PFFICH検出に関与する処理時間が完了されることを可能にする。したがって、UEがePRACHプロセスを通してチャネルを予約する前に、D−CUBSを実際に検出するより多くの機会が存在する。しかしながら、基地局がチャネルを予約するための優先度を増大させることの副作用(a side effect)は、WiFiがチャネルを予約するための優先度が同様に増大されることである。

0118

[00129]UE1001がチャネルを予約する機会を増大させるための1つの代替案は、タイプ2機会周期性Mに対してより小さい値を設定することであることを留意されたい。増大された周期性は、UE1001が選択するためにより多くのタイプ2 ePRACH機会を提供する。別の代替態様では、タイプ2 ePRACH再同期境界は、UEに対して他のものよりアグレッシブになり得る。なぜならば、それは、データの前方にあり得る制御チャネルであるからである。そのような場合、UEは、n−2とn−1の両方に対してD−CUBS/PFFICH復号タスクスキップすることができる。次いで、再同期境界をできるだけ早く設定し、N(r,s)は制御のためであるのでN(r,s)を無視する。

0119

[00130]アイドルとして検出されたチャネルがアイドルであるのは、単に基地局がチャネルを成功裏に予約できなかったためでなく、基地局が実際にアイドルであるためであることを確実にするために、ダウンリンクアクティビティ信号が検出され得るサブフレームの範囲の提供が、選択され得る。そのような態様では、UEがダウンリンクアクティビティ信号を検出するために試行し得るフレームの範囲は、n−Mとn−2との間の範囲として選択され得、ここでMは、N≦M≦(最大LBTフレーム長さ+N)の関係を満足する所定の定数であり、NはUE処理タイムラインに依存する。Mの選択は、UEがチャネルを予約し得る前に、UEがECCA/CCAを維持することになるサブフレームの数の統計に基づき得る。ターンアラウンドタイムがNであると仮定すると、N個のサブフレーム内で、UEは、サブフレームn−Nまではダウンリンク送信はないと決定し、CCA検査を実行し、PRACH信号生成を準備し、それに応じて送信を開始することができる。UEは、N個のサブフレームの中で開始するダウンリンクアクティビティを検出することはできない。したがって、UEが検出し得る最新のダウンリンクアクティビティは、サブフレームn−(N+1)上のアクティビティである。eNBが、それらのN個のサブフレームの間にダウンリンク信号を実際に送ることは可能である。これは、eNBがチャネルまたは媒体を成功裏に確保することができないときの事例であり、そのような場合、eNBは、チャネルを予約してあらゆるサブフレームを送信することを試行する。その結果、UEは、ダウンリンク送信を失う場合があるかまたはアップリンク送信とダウンリンク送信との間の衝突が存在する場合がある。このために、UEは、サブフレームn−Kからサブフレームn−Nまでのダウンリンクアクティビティを監視し、次いで、サブフレームn−(N+1)上のダウンリンクアクティビティのみに基づいて単に決定を下すのではなく、サブフレームn−Kからサブフレームn−Nまでのすべてのサブフレーム内にダウンリンクアクティビティが存在しない場合に送信することができる。一方、はるかに大きいMは、送信できる前に比較的長時間の間占有されなかったチャネルまたは送信媒体を、UEが観察しようとしていることを示唆しており、それは、UEのPRACH送信確率を引き下げる。Mが(最大LBTフレーム長さ+N)に等しく選択される場合、それは、UEがPRACH送信を準備し始める前に、eNBが最大LBT持続時間全体に対してダウンリンク信号を送信しなかったことをUEが観察したことを意味する。最大LBT持続時間全体の間にeNBがチャネルを予約できない可能性ははるかに小さく、したがって、最大LBT持続時間は、Mに対する上限として使用され得る。最大LBTフレーム長さは、一般的に、eNBが媒体にアクセスするために使用される最大乱数に基づく。代替として、それは、3GPP(たとえば、8ms)またはETSI(たとえば、6ms)など、異なる規格によって指定され得る。

0120

[00131]図11は、本開示の一態様に従って構成されたUE1001を伴う通信ストリーム1100を示すブロック図である。図11に示される例示的なインスタンスでは、UE1001のCCA試行は、再同期境界1002の直前で失敗する。UE1001は、再同期境界1002の前に成功したCCA試行を持たないので、サブフレームnにおけるタイプ2 ePRACH機会は満了する。

0121

[00132]図12は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1200において、UE115などのUEは、LBTフレームを示す基地局105など、サービング基地局からの任意のダウンリンクアクティビティ信号を監視する。上述のように、使用のためのePRACH機会のタイプは、サービング基地局のアクティビティによって、したがってLBTフレームが存在するかまたはUEによって検出され得るかどうかによって、影響を受ける。したがって、UEは、LBTフレームを示すダウンリンクアクティビティ信号を監視する。

0122

[00133]ブロック1201において、LBTフレームが検出されるかどうかの決定が行われる。LBTフレームが検出された場合、ブロック1202において、UEは、LBTフレームの間にスケジュールされたようにタイプ1 ePRACH機会を使用し得る。しかしながら、LBTフレームがUEによって検出されない場合、UEは、ブロック1203において次のスケジュールされたU−CETを決定する。次のU−CETが発生すると、ブロック1204において、UEはランダムアクセス信号を送信する。UEはU−CETの間にこのランダムアクセス信号を送信しているので、CCA検査は、ランダムアクセス信号を送信する前にUEによって実行される必要はない。

0123

[00134]また、ePRACHに対するランダムアクセスメッセージを送信するためのU−CET機会は、タイプ3 ePRACH機会と呼ばれることがある。それは、ランダムアクセス手順とスケジューリング要求ベースのePRACH手順の両方に対してU−CET機会上のePRACH送信を保証する。U−CETスケジュールは、eSIB1などのシステムブロードキャスト信号内で基地局によって広告され得、現在、80ms周期性を有するように構成される。U−CETの長い周期性のため、タイプ3 ePRACH手順は、しばしば、著しい遅延を経験することになる。その上、U−CET機会は様々な他のノードからの送信を含む場合があるので、タイプ1 ePRACH機会およびタイプ2 ePRACH機会よりはるかに強い干渉が存在する場合がある。したがって、送信がタイプ3 ePRACH U−CET送信機会の間に保証され得る間、潜在的干渉のために、ePRACH送信の成功した受信は保証され得ない。加えて、U−CETの間の他の送信と同様に、この機会に対する電力制御は信頼できない場合がある。

0124

[00135]LBTフレームでは、アップリンクサブフレームは、一般に、ダウンリンクサブフレームより先のオフセット(たとえば、N_TA_OFFSET〜20μs)であることに留意されるべきである。したがって、U−CETは、ダウンリンクまたはSサブフレーム(Sサブフレームはダウンリンクからアップリンクに遷移する)と重複すべきではない。しかしながら、U−CETは、アップリンクまたはS’サブフレーム(S’サブフレームはアップリンクからダウンリンクに遷移する)と重複し得る。基地局は、一般に、U−CETの監視を継続することになり、それがLBTアップリンクサブフレーム内にある場合、おそらく、他のUEのアップリンクチャネルを一緒に監視する。LBTフレームがない場合、U−CETは、任意のサブフレームと重複することができる。

0125

[00136]UEによって要求されるランダムアクセスまたはスケジューリング要求がないとき、UEは、U−CETにおいてタイプ3 ePRACH機会をスキップし得ることを、さらに留意されるべきである。バーチャルLBTフレームが検出されないとき、およびUEがU−CETの間にタイプ3 ePRACH機会内のePRACHを送るときの例示的な動作では、UEは、フレームに対するS’サブフレームに対する探索をスキップし得る。

0126

[00137]図13は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1300において、UE115などのUEは、LBTフレームを示すダウンリンクアクティビティ信号を監視する。上述のように、使用のためのePRACH機会のタイプは、サービング基地局のアクティビティによって、したがってLBTフレームが存在するかまたはUEによって検出され得るかどうかによって、影響を受ける。したがって、UEは、LBTフレームを示すダウンリンクアクティビティ信号を監視する。

0127

[00138]ブロック1301において、LBTフレームがダウンリンクアクティビティ信号の検出を通してUEによって検出されているかどうかについて、決定がなされる。LBTフレームが検出されている場合、ブロック1302において、次のスケジュールされたランダムアクセス機会(たとえば、タイプ1 ePRACH機会)かまたは次のU−CET機会(たとえば、タイプ3 ePRACH機会)のどちらがより早いかについて、決定がなされる。説明された態様では、UEポリシーは、最近接ePRACH機会を選択することである。次のスケジュールされたランダムアクセス機会がより早い場合、ブロック1303において、UEは、クリアなCCA検査を検出したことに応答して、次のスケジュールされたランダムアクセス機会においてランダムアクセス信号を送信する。UEは、タイプ1機会がより早いと決定すると、CCA検査を実行する。CCA検査がクリアである場合、ランダムアクセス信号が送信される。次のU−CETがより早い機会である場合、ブロック1304において、UEは、U−CETの間にランダムアクセス信号を送信する。送信はU−CETの間に発生するので、UEによるCCA検査は不要である。

0128

[00139]ブロック1301における決定に応答して、LBTフレームが検出されない場合、ブロック1305において、次のランダムアクセス機会(たとえば、タイプ2 ePRACH機会)かまたは次のU−CET機会(たとえば、タイプ3 ePRACH機会)のどちらがより早いかについての決定が、UEによってなされる。次のU−CET機会がより早い場合、ブロック1304において、UEは、CCA検査を必要とすることなく、U−CETの間にランダムアクセス信号を送信する。そうでなく、次のランダムアクセス機会がより早い場合、ブロック1306において、UEは、成功したCCAを検出したことに応答して、次のランダムアクセス機会の間にランダムアクセス信号を送信することになる。タイプ2 ePRACH機会がより早いとUEが決定するとき、UEは、CCA検査を実行する。ランダムアクセス信号は、CCA検査がクリアであると検出された場合に送信される。

0129

[00140]バーチャルLBTフレーム内でスケジュールされたタイプ1 ePRACH機会とバーチャルLBTフレームが検出されないときにスケジュールされたタイプ2 ePRACH機会とは、相互排他的である。UEがバーチャルLBTフレームを検出した場合、それは、タイプ1 ePRACH機会またはタイプ3 ePRACH機会のいずれかから、どちらが最初に発生したかに応じて選択することになる。タイプ1機会とタイプ3機会とが衝突する場合、UEは、ECCA/CCAの結果にかかわらず、ePRACHを送ることになる。UEがバーチャルLBTフレームを検出しない場合、それは、タイプ2 ePRACH機会またはタイプ3 ePRACH機会のいずれかから、どちらが最初に発生したかに応じて選択することになる。タイプ2機会とタイプ3機会とが衝突する場合、UEは同じく、ECCA/CCAなしにePRACHを送ることになる。

0130

[00141]ePRACH手順では、メッセージ1は、呼設定、ハンドオーバ、無線リンク障害(RLF)、アップリンクスケジューリング要求など、様々なUEステータスに対して使用され得る。したがって、メッセージ1は、一般に、ePRACHをトリガするUEステータスに応じて可変ペイロードサイズを有する。基地局側において、UEからのメッセージはランダムアクセスプロセスにおいて受信されているので、基地局は、ePRACH機会におけるメッセージ1を探索して受信された信号をブラインドで復号することを試行することになる。メッセージ1の潜在的可変サイズを考慮すると、基地局は、メッセージ1を適切に復号するために、可能なサイクリックシフトと可能なメッセージサイズの各々を使用してブラインド復号を実行する。この繰り返されるブラインド復号は、しばしば、基地局の処理タイムラインに影響を及ぼす。

0131

[00142]単一のアップリンクインターレースがePRACHに割り当てられることによって、ターゲットコーディングレートが1/3である場合、追加の50のサイクリック冗長検査(CRC)ビットが可能にされる。しかしながら、ペイロードサイズがその量を越えて増加するとき、エッジユーザは、基地局における過度のブラインド復号のため、性能低下を経験する場合がある。本開示の様々な態様は、メッセージ1に対して所定の数の固定サイズペイロードを定義することを提供する。固定サイズペイロードの所定の数がペイロードサイズの可能な総数より少ないとき、基地局に対して可能なブラインド復号の数は低減され得る。

0132

[00143]図14は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1400において、UE115などのUEは、ランダムアクセス手順をトリガするUEのステータスを決定する。様々なUEステータスは、上述のようにそのような手順をトリガし得る。たとえば、呼設定、ハンドオーバ、RLF、アップリンクスケジューリング要求などは、ランダムアクセス手順を開始するためにUEをトリガする。

0133

[00144]ブロック1401において、UEは、所定の数の固定ペイロードサイズから1つの固定ペイロードサイズを使用して第1のランダムアクセスメッセージ(たとえば、メッセージ1)を生成する。制限された所定の数の固定ペイロードサイズは、ePRACHメッセージ1に対して利用可能であるように定義される。UEは、ePRACH手順をトリガしている特定のUEステータスに基づいて利用可能なこれらの制限された数の所定の固定サイズのうちの1つを選択する。ブロック1402において、UEは、選択された固定サイズペイロードを使用して第1のランダムアクセスメッセージを基地局に送信する。

0134

[00145]いくつかのメッセージ1sペイロードサイズがクラスタ化される場合、ペイロードサイズは、各それぞれのクラスタの最大のメッセージサイズにおいて固定され得る。たとえば、3、4、6および7バイトの利用可能なメッセージ1ペイロードサイズの総数の場合、本開示の様々な態様は、所定の数のペイロードサイズを4バイトおよび7バイトにおいて定義し得る。したがって、ePRACHをトリガする特定のUEステータスに依存する実際のコンテンツにかかわらず、第1のメッセージのペイロードサイズは、2つの所定の固定サイズのうちの1つとなる。実際のペイロードサイズが選択された固定サイズより小さい場合、ゼロパディングが残りの利用可能なペイロードを埋めるために追加される。たとえば、4バイトおよび7バイトの2つの所定のペイロードサイズが定義される態様では、3バイトのメッセージサイズは固定の4バイトサイズメッセージにゼロパディングされる一方で、6バイトのメッセージサイズは固定の7バイトサイズにゼロパディングされることになる。ターゲットコーディングレートが許容レベルにとどまる限り、所定の数の固定ペイロードサイズを提供することは、UEステータスによって基地局側においてブラインド復号に関連するペイロードサイズを低減し得る。上記で提供した例によれば、ターゲットコーディングレートは72/200=0.36となり、これは許容可能であると見なされる。

0135

[00146]図15は、本開示の一態様を示すために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1500において、基地局105などの基地局は、次のスケジュールされたランダムアクセス機会を決定する。基地局は、スケジュールされたePRACH機会の間、受信された信号を調べることを継続する。したがって、ブロック1501において、基地局は、所定の数の固定ペイロードサイズのうちの第1の固定ペイロードサイズを使用して次のスケジュールされたランダムアクセス機会の間、受信された信号をブラインドで復号する。この所定の数は、ePRACHメッセージ1に対して可能なペイロードサイズの総数より少ない。

0136

[00147]ブロック1502において、受信された信号が第1の選択された固定ペイロードサイズを使用して適切に復号されたかどうかについて、決定がなされる。適切に復号された場合、ブロック1507において、基地局はランダムアクセスメッセージ1を処理する。そうではなく、受信された信号が第1の選択された固定ペイロードサイズを使用して適切に復号されなかった場合、ブロック1503において、基地局は、所定のセットのうちの次の固定ペイロードサイズを選択する。ブロック1504において、基地局は、次の選択された固定ペイロードサイズを使用して受信された信号を復号することを試行する。ブロック1505において、基地局が、次の選択された固定ペイロードサイズを使用して受信された信号を適切に復号できたかどうかについて、決定がなされる。基地局が、選択された次の固定ペイロードサイズを使用して受信された信号をランダムアクセス信号に適切に復号できた場合、ブロック1508において、基地局は、ランダムアクセスメッセージを処理する。

0137

[00148]そうではなく、基地局は受信された信号を適切に復号できなかった場合、ブロック1506において、基地局は、所定の数のペイロードサイズの中に任意の追加の固定ペイロードサイズが存在するかどうかを決定し、ブロック1503における次の固定サイズの選択とブロック1504における復号の試みとをそれぞれ繰り返す。そうではなく、基地局に対して利用可能な固定ペイロードサイズがこれ以上はない場合、ブロック1507において、基地局はRACH処理を停止する。

0138

[00149]本開示の様々な追加の態様では、ランダムアクセスメッセージの実際のペイロードサイズが大きすぎて単一のアップリンクインターレースに収まらない機会が存在する場合がある。そのような状況では、ePRACH手順は、依然として、固定ペイロードサイズの所定のセットを定義し得るが、ランダムアクセスメッセージが送信され得る2つ以上のインターレースをUEが選択することを可能にし得る。たとえば、4バイトの固定ペイロードサイズによって、UEは、7ビットの総ペイロードを有するランダムアクセスメッセージを、各々が固定の4バイトペイロードサイズで構成される2つのアップリンクインターレースに分割することを選択し得、UEは、3バイトまでのメッセージペイロードを1つのインターレースに入れ、4バイトのメッセージペイロードを他のインターレースに入れることができる。ゼロパディングが、メッセージの任意の残りの利用可能なサイズを埋めるために使用され得る。

0139

[00150]複数のインターレースの使用は、単一のインターレース内でより大きいペイロードサイズを送信するよりも、パワースペクトル密度PSD)要件と最大電力制限を満足させることにおいて、より好ましい結果をもたらし得る。加えて、複数のインターレースにわたってランダムアクセスメッセージを分割するとき、UEは、基地局が複数の送信を単一のランダムアクセスメッセージに再統合し戻し得るように、断片化情報(fragmentation information)をメッセージに追加する。

0140

[00151]ePRACHに対して定義された手順は、PRACHに対する手順とは異なる。たとえば、ePRACHに関わるプリアンブルはないが、PRACHに伴うプリアンブルはある。しかしながら、ePRACHアップリンクインターレース、サイクリックシフト、異なるePRACH機会、およびECCA/CCA手順による潜在的により大きいRARウインドウサイズのため、RA−RNTIを再定義することが有利であり得る。第1の例示的な態様では、RA−RNTIは、fidおよびtidの関数を決定され得るが、サイクリックシフトの数NCSの関数を決定されることはない。たとえば、RA−RNTIは、以下の式
RA−RNTI=1+tid+10*fid (4)
に従って定義され得、
ここにおいて、tidはサブフレーム番号(たとえば、一般的に0と9との間の範囲内)を表し、fidはePRACHアップリンクインターレースインデックス(たとえば、一般的に、TDDインプリメンテーションに対して0と5との間の範囲内)を表す。

0141

[00152]図16は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1600において、基地局105などの基地局は、UE115など、1つまたは複数のUEからランダムアクセス信号を受信するために使用される時間周波数リソースに基づいて、ランダムアクセス一時識別子(たとえば、RA−RNTI)を決定する。ランダムアクセス一時識別子は、特定のUEがランダムアクセスメッセージ1を送信するために使用した時間周波数リソース(たとえば、tidおよびfid)を使用して、ランダムアクセス手順のコンテキスト内で基地局によって決定される。

0142

[00153]ブロック1601において、基地局は、UEの各々に対するアップリンク許可を含むランダムアクセス応答を生成する。ランダムアクセス応答は、ランダムアクセス一時識別子を使用してコーディングされる。ブロック1602において、基地局は、異なるUEに対する複数のアップリンク許可が単一のダウンリンク共有チャネル内に含まれることになる単一のダウンリンク共有チャネル内か、または別個のダウンリンク共有チャネルが特定のUEに対する対応するアップリンク許可とともに各UEに送信されることになる複数の個別のダウンリンク共有チャネル内のいずれかで、アップリンク許可を有するランダムアクセス応答を送信することになる。述べたように、ダウンリンク共有チャネルは、ランダムアクセス一時識別子に少なくとも部分的に基づいてアドレス指定される。

0143

[00154]本開示の例示的な態様では、単一のPDSCHは、同じリソースブロックの異なるサイクリックシフトに対応する複数のアップリンク許可を搬送し得る。異なるUEに対するアップリンク許可を搬送する単一のPDSCHによって、PRACH内のプリアンブルがアップリンク許可へのマッピングを許可するのと同様に、PDSCHは、NCSから特定のアップリンク許可へのマッピングを含む。一般的なネットワーク構成による動作では、リソースブロック当たり高々12個のNCSが存在する。したがって、4ビットマッピングで十分であり、そこで、ePRACHが40msの最大RARウインドウを可能にするために、2ビットがRAR応答SFNに割り振られる。この構成は、基地局からのPRACHメッセージ2の現在のPRACHハンドリングと同様である。

0144

[00155]本開示の代替態様では、ブロック1602において述べたように、基地局は複数のPDSCHを生成し得、各PDSCHは特定のUEに対する単一のアップリンク許可を搬送する。この代替態様は、NCSから特定のアップリンク許可にマッピングを行う必要性を軽減するが、多くのPDSCHの生成および送信は、かなりの基地局リソースにコストをかけることになる。

0145

[00156]本開示のさらなる代替態様では、RA−RNTIは、NCSの関数としてではなく、fidおよびtidの関数として規定され得る。UEは、ePRACH信号を送信するために利用可能なもののプールからNCSを選択する。基地局は、すべての可能なNCS値を使用してePRACHに対するブラインド探索を実行する。基地局がePRACHを適切に復号すると、それは、適切な復号に使用されたNCSをMAC制御要素内に含め、RARを送信するために、受信されたePRACHの時間周波数リソースから示唆されたRA−RNTIを使用する。そのような代替態様は、さらに、RARウインドウサイズに従うRA−RNTIを、下式
RA−RNTI=1+tid+PARWindowSize*fid (5)
に従って定義し得、
ここでtidは、一般的に0とRARウインドウサイズ−1との間に及ぶRARウインドウ内の蓄積されたサブフレーム番号を表し、fidは、一般的に0と5との間に及ぶePRACHアップリンクインターレースインデックスを表す。例示的な一動作では、RARウインドウサイズは40msに設定され得る。そのような例示的な動作では、式(5)は、
RA−RNTI=1+tid+40*fid (5a)
となり、
ここでtidは0と39との間に及ぶ。UEは、UEがePRACHを送ったRA−RNTIを監視し続ける。RARが同じRA−RNTI上で検出された場合、UEは、基地局がePRACHを受信したことを知る。

0146

[00157]さらなる代替態様では、RA−RNTIは、fid、tidおよびNCSの関数として定義され得、そこにおいて、NCSを伝達するためにMAC制御要素は不要である。この代替態様によれば、式(5)からRA−RNTIに対する式は、
RA−RNTI=1+tid+PARWindowSize*(NCS+NCSRange*fid) (6)
となる。
fid、tidおよびNCSの各々はRA−RNTIを定義するのに使用されるので、ePRACHメッセージ1に対してUEによって使用されるリソースと、基地局からのメッセージ2をコーディングするのに使用される対応するRA−RNTIとの間に1対1のマッピングが存在することになる。RA−RNTIを定義することにおけるNCSの追加によって、RA−RNTIは、増加した潜在的な値のセットを含むが、より柔軟な競合解消マネージメントの利益を伴うことになる。説明する本態様の例示的な動作では、RARウインドウは10msであり、12のサイクリックシフトがあり、NCS=12である。この例示的な動作では、RA−RNTIに対する式(6)は、
RA−RNTI=1+tid+10(NCS+12*fid) (6a)
となり、
ここでtidは0と9との間に及び、NCSは0と11との間に及び、fidは0と5との間に及ぶ。

0147

[00158]ePRACH手順は、競合ベースの共有周波数スペクトルを含む通信ネットワーク内の動作に対して構成される。この周波数スペクトルは、WiFiネットワークおよびデバイスと共有され得る。したがって、WiFiデバイスはブラインドで検知することを要求されるときに増加する遅延と低減される性能を経験することがあり、本開示の様々な態様に起因する送信との衝突が検出されるときに共有チャネルバックオフする。しかしながら、本開示の追加の態様は、隣接するWiFiデバイスがWiFi通信を知的にスケジュールすることを可能にするために、送信持続時間情報をそのようなWiFiデバイスに提供するように構成される。

0148

[00159]図17は、本開示の一態様をインプリメントするために実行される例示的なブロックを示すブロック図である。ブロック1700において、UE115などのUEは、検出されたLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内のスケジュールされたランダムアクセス機会、またはLBTフレームが検出されなかったときに発生するランダムアクセス機会のいずれかの間にランダムアクセス信号を送る前に成功したCCA検査を検出する。ブロック1701において、UEは、1つのアップリンクサブフレームのランダムアクセス信号の推定された持続時間を示す持続時間インジケータを含む広帯域チャネル予約信号を生成する。

0149

[00160]図示のように、LBTフレームの間にスケジュールされたタイプ1 ePRACH機会に対する持続時間識別子は、タイプ1 ePRACH機会がLBTフレームの第1のアップリンクサブフレーム内に存在するとき、1つのアップリンクサブフレームに基づく。ePRACH手順は呼設定、ハンドオーバ、RLFなどに対してトリガされるので、他のダウンリンク許可またはアップリンク許可は存在すべきではない。したがって、同じく、対応するePUCCH/ePUSCHも存在すべきではない。LBTフレームの検出を伴わないタイプ2 ePRACH機会に対する持続時間は、ePRACH機会が位置する特定のサブフレームにかかわらず、1つのアップリンクサブフレームに基づくことになる。

0150

[00161]情報および信号は、多種多様な技術および技法のうちのいずれかを使用して表され得ることを、当業者は理解されよう。たとえば、上記の説明全体にわたって参照され得るデータ、命令コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧電流電磁波、磁場もしくは磁性粒子光場もしくは光粒子、またはそれらの任意の組合せによって表現され得る。

0151

[00162]図7図9および図12図17中の機能ブロックおよびモジュールは、プロセッサ、電子デバイスハードウェアデバイス電子構成要素論理回路、メモリ、ソフトウェアコードファームウェアコードなど、またはそれらの任意の組合せを備え得る。

0152

[00163]さらに、本明細書の開示に関して説明された様々な例示的な論理ブロック、モジュール、回路、およびアルゴリズムステップは、電子ハードウェアコンピュータソフトウェア、または両方の組合せとしてインプリメントされ得ることを、当業者は諒解されよう。ハードウェアとソフトウェアのこの互換性を明確に示すために、様々な例示的な構成要素、ブロック、モジュール、回路、およびステップが、上では概してそれらの機能に関して説明された。そのような機能がハードウェアとしてインプリメントされるか、ソフトウェアとしてインプリメントされるかは、特定の適用例および全体的なシステムに課された設計制約に依存する。当業者は、説明された機能を特定の適用例ごとに様々な方法でインプリメントし得るが、そのようなインプリメンテーションの決定は、本開示の範囲からの逸脱を生じるものと解釈されるべきではない。当業者はまた、本明細書で説明された構成要素、方法、または相互作用の順序あるいは組合せは例にすぎないこと、および本開示の様々な態様の構成要素、方法、または相互作用は、本明細書で例示し、説明されたもの以外の方法で組み合わせられるかまたは実行され得ることを容易に認識されよう。

0153

[00164]本明細書の開示に関して説明された様々な例示的な論理ブロック、モジュール、および回路は、汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)または他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートまたはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、あるいは本明細書で説明された機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いてインプリメントまたは実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替として、プロセッサは、任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、またはステートマシンであり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコア連携する1つもしくは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成としてインプリメントされることもある。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ