図面 (/)

技術 照明システム制御装置

出願人 シグニファイホールディングビーヴィ
発明者 メイソンジョナサンデービッドアレクセイユズミトリーヴィクトロビッチシュライビサナエマギエルスレムコ
出願日 2016年1月19日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2017-541931
公開日 2018年2月22日 (2年9ヶ月経過) 公開番号 2018-505536
状態 特許登録済
技術分野
  • -
主要キーワード 監視検出器 小売業環境 位置照明 状態判定器 仕事環境 検出器情報 接近検出器 個人用装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題・解決手段

少なくとも1つの制御可能な照明設備43を制御するように構成された照明システム制御装置11であって、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義するように構成されたタスク定義器101と、照明システム制御装置11から物理的に分離した少なくとも1つの装置21から受信された検出器データに基づいて、少なくとも1つのタスクの状態を判定するように構成された状態判定器103と、状態判定器103に基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備43に少なくとも1つの照明システム信号を出力するように構成された制御信号制御装置107とを備える、照明システム制御装置である。

概要

背景

現代照明設備は、発光素子(例えば、LED列)を駆動するために必要な構成要素だけでなく、重要な別の機能を組み込むことが可能であり、例えばネットワーク接続機能をもつ。

さらに、現代の照明設備は、ネットワーク接続された照明システム制御装置を使用して制御されて、様々な照明効果を生み出し得る。典型的には、照明システム制御装置は、物理的スイッチ、又は、照明アプリケーション内のユーザーインターフェース要素などとして実装されたソフトウェア定義スイッチなどから照明入力を受信し得る。次に、照明システム制御装置は、照明入力に基づいて、適切な制御信号を生成し得る。次に、これらの制御信号は、ネットワークを介して照明システム照明設備に伝達される。

以前から、装置の状態、及び、装置が適正に使用されているか否かを示すために、インジケータ又はパネル発光体として実現された照明が使用されてきた。

例えば、米国特許出願公開第2008/0141478号は、推奨されるブラッシング手順を示すように順次照射され得る、点灯区域構成として配置されたLED光源を備える歯ブラシを記載する。この手順は、ブラッシング規則及びタスクルーチンの手順により表されることが可能である。

現代の世界は、これらのような規則及びタスクにより支配されている。これらの規則及びタスクは、歯をブラッシングするための規則と同程度に単純であり得る。他のタスク又は規則は、専門的な教授、並びに、長時間の練習及び学習の反復を必要とする。しかし、このようなタスクを学習することにより、それらは、ユーザーが情報を照合するのを手助けし、ユーザーの認知負荷を減らす。例えば、不慣れ乗り物に乗ったユーザーの場合、乗り物を運転することに関係したタスク又は規則は、運転者の気をそらせて、乗り物が運転されている環境に十分に注意を払えなくなる可能性がある。従って、タスクは、乗り物を始動すること(乗り物は、エンジンを始動する前に、変速機ニュートラルに配置されること、又はクラッチ係合することを要求する)、ギアを選択又は変更すること(「新しい」ギアを選択する前にクラッチが係合される必要があり、変速機はダブルクラッチ解除を要求する)、及び、出発すること(乗り物は、ドライブに十分に係合する前/クラッチを係合解除する前にハンドブレーキ解放されることを要求し、乗り物は、電子又は自動ハンドブレーキを含む)を含み得る。これらのタスク及び他のタスクが学習されると、それらのタスクは、ユーザーが大きな精神的ストレス感じずに複雑なタスク(乗り物を運転することなど)を実行することを可能にする。

さらにいくつかのルーチンは、誤りに対する余裕がほとんどなく実行される必要のあるタスクの設定又はリストを含み得る。多くの場合、このようなルーチンは、ユーザーがルーチンの進捗を記録できるように、チェックリスト又はタスクの状態をログに記録するためのデータベースシステムを必要とする。このようなルーチンの一例は、制御室などの安全を重視すべき環境における機械の動作であり得る。

さらに、タスク又はルーチンの実行の頻度は変化し得る。こうした非常に頻繁に実行されるタスクは、非常に頻繁に使用されるという理由で急速に学習され得る。しかし、より少ない頻度で要求及び実行されるタスクは、それ故に忘れられ、見逃されることがより多くなる。

これらのタスク又はルーチンを学習又は記憶することは、リスト又はチェックリストを生成してそれに従うことにより補助され得ることがある。

多くの場合、これらは紙ベースの、タスク又はルーチンのリスト又はチェックリストの形態である。しかし、これらの紙ベースのリストは、紛失したり、物に隠されたり、破損し得るか、又は、タスク若しくはルーチンが変更されたときに更新されない場合があり得る。タブレットコンピュータなどのスマート装置に記憶され得るデジタル形態のリスト又はチェックリストは、音声又は視覚フィードバックを搭載することが可能であるが、同様に紛失したり、又はバッグポケットに入れたまま忘れられ得る。さらに、ユーザーによっては、デジタル形態のリストを含む「別の電子装置」を持ち運ぶ必要性を不快に感じ得るか、又は、デジタル形態のリストは、使用するのが過度に複雑で不便なため事実上使い物にならないと感じ得る。

概要

少なくとも1つの制御可能な照明設備43を制御するように構成された照明システム制御装置11であって、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義するように構成されたタスク定義器101と、照明システム制御装置11から物理的に分離した少なくとも1つの装置21から受信された検出器データに基づいて、少なくとも1つのタスクの状態を判定するように構成された状態判定器103と、状態判定器103に基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備43に少なくとも1つの照明システム信号を出力するように構成された制御信号制御装置107とを備える、照明システム制御装置である。

目的

以下、制御可能な照明設備を介して適切な光ベースフィードバックを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも1つの制御可能な照明設備を制御する照明システム制御装置であって、前記照明システム制御装置は、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義するタスク定義器と、前記少なくとも1つのタスクの状態を判定する状態判定器と、受信された照明システム信号入力に基づいて、少なくとも1つの照明システム信号を生成する制御信号生成器と、前記状態判定器に基づいて、前記少なくとも1つの制御可能な照明設備に前記少なくとも1つの照明システム信号を出力する制御信号制御装置と、を備え、前記少なくとも1つのタスクの状態は、前記照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて判定され、前記制御信号制御装置は、前記少なくとも1つのタスクが履行されたことを前記状態判定器が示すことに基づいて、前記少なくとも1つの制御可能な照明設備に前記少なくとも1つの照明システム信号を出力する、照明システム制御装置。

請求項2

前記タスク定義器は、実行されるべき前記少なくとも1つのタスクに対するタスク順序を定義し、前記制御信号制御装置は、前記少なくとも1つのタスクが定義された前記タスク順序で実行されたことを前記状態判定器が示すことに基づいて、前記少なくとも1つの制御可能な照明設備に前記少なくとも1つの照明システム信号を出力する、請求項1に記載の照明システム制御装置。

請求項3

前記照明システム制御装置から物理的に分離した前記少なくとも1つの装置から前記検出器データを受信する無線受信器をさらに備える、請求項1又は2に記載の照明システム制御装置。

請求項4

前記少なくとも1つの制御可能な照明設備に前記少なくとも1つの照明システム信号を送信する無線送信器をさらに備える、請求項1乃至3の何れか一項に記載の照明システム制御装置。

請求項5

前記タスク定義器は、物理的に分離した装置から、実行されるべき前記少なくとも1つのタスクを受信する、請求項1乃至4の何れか一項に記載の照明システム制御装置。

請求項6

前記照明システム制御装置から物理的に分離した前記少なくとも1つの装置から受信された前記検出器データを分析して、少なくとも1つのタスクに関係した検出器データのパターンを判定することと、前記少なくとも1つのタスクに関係した検出器データの判定された前記パターンを含む前記少なくとも1つのタスクに対する定義を判定することとを行うタスク記録器をさらに備える、請求項1乃至5の何れか一項に記載の照明システム制御装置。

請求項7

前記タスク状態判定器からの状態出力データを分析して、前記少なくとも1つのタスクの実行分析を判定するタスク分析装置をさらに備える、請求項1乃至6の何れか一項に記載の照明システム制御装置。

請求項8

請求項1乃至7の何れか一項に記載の照明システム制御装置と、前記照明システム制御装置と通信する前記少なくとも1つの制御可能な照明設備と、前記照明システム制御装置と通信する前記少なくとも1つの装置とを備え、前記少なくとも1つの装置が、検出器データを生成するための少なくとも1つの検出器を備える、照明システム

請求項9

1つ又は複数のコンピュータ可読記憶媒体上に具現化されたコードを含む、及び/又は、1つ又は複数のコンピュータ可読記憶媒体からダウンロード可能な、コンピュータプログラムであって、照明システム制御装置において実行されると、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義し、前記照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて、前記少なくとも1つのタスクの状態を判定し、照明システム信号入力を受信し、受信された前記照明システム信号入力に基づいて、少なくとも1つの照明システム信号を生成し、判定された前記状態が前記少なくとも1つのタスクが履行されたことを示すことに基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備への、前記少なくとも1つのタスクに関係した前記少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御する、コンピュータプログラム。

請求項10

実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義することと、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて、前記少なくとも1つのタスクの状態を判定することと、照明システム信号入力を受信することと、受信された前記照明システム信号入力に基づいて、少なくとも1つの照明システム信号を生成することと、判定された前記状態が前記少なくとも1つのタスクが履行されたことを示すことに基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備への、前記少なくとも1つのタスクに関係した前記少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することと、を含む、制御可能な照明設備を制御する方法。

請求項11

実行されるべき前記少なくとも1つのタスクを定義することは、実行されるべき前記少なくとも1つのタスクの順序を定義することを含み、前記少なくとも1つの制御可能な照明設備への前記少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することは、前記少なくとも1つのタスクが定義された前記順序で実行されたことを示す状態に基づいて、前記少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することを含む、請求項10に記載の方法。

請求項12

前記照明システム制御装置から物理的に分離した前記少なくとも1つの装置から前記検出器データを受信することをさらに含む、請求項10又は11に記載の方法。

請求項13

前記少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明効果制御信号を送信することをさらに含む、請求項10乃至12の何れか一項に記載の方法。

技術分野

0001

本開示は、ユーザーによるタスクの実施に基づいて、照明ステム内の照明設備を制御するための照明システム制御装置及び方法に関する。特に、本開示は、照明システムのユーザーにより実行される監視タスクに基づいて、照明システム内の照明設備を制御するための照明システム制御装置及び方法に関する。

背景技術

0002

現代の照明設備は、発光素子(例えば、LED列)を駆動するために必要な構成要素だけでなく、重要な別の機能を組み込むことが可能であり、例えばネットワーク接続機能をもつ。

0003

さらに、現代の照明設備は、ネットワーク接続された照明システム制御装置を使用して制御されて、様々な照明効果を生み出し得る。典型的には、照明システム制御装置は、物理的スイッチ、又は、照明アプリケーション内のユーザーインターフェース要素などとして実装されたソフトウェア定義スイッチなどから照明入力を受信し得る。次に、照明システム制御装置は、照明入力に基づいて、適切な制御信号を生成し得る。次に、これらの制御信号は、ネットワークを介して照明システム照明設備に伝達される。

0004

以前から、装置の状態、及び、装置が適正に使用されているか否かを示すために、インジケータ又はパネル発光体として実現された照明が使用されてきた。

0005

例えば、米国特許出願公開第2008/0141478号は、推奨されるブラッシング手順を示すように順次照射され得る、点灯区域構成として配置されたLED光源を備える歯ブラシを記載する。この手順は、ブラッシング規則及びタスク/ルーチンの手順により表されることが可能である。

0006

現代の世界は、これらのような規則及びタスクにより支配されている。これらの規則及びタスクは、歯をブラッシングするための規則と同程度に単純であり得る。他のタスク又は規則は、専門的な教授、並びに、長時間の練習及び学習の反復を必要とする。しかし、このようなタスクを学習することにより、それらは、ユーザーが情報を照合するのを手助けし、ユーザーの認知負荷を減らす。例えば、不慣れ乗り物に乗ったユーザーの場合、乗り物を運転することに関係したタスク又は規則は、運転者の気をそらせて、乗り物が運転されている環境に十分に注意を払えなくなる可能性がある。従って、タスクは、乗り物を始動すること(乗り物は、エンジンを始動する前に、変速機ニュートラルに配置されること、又はクラッチ係合することを要求する)、ギアを選択又は変更すること(「新しい」ギアを選択する前にクラッチが係合される必要があり、変速機はダブルクラッチ解除を要求する)、及び、出発すること(乗り物は、ドライブに十分に係合する前/クラッチを係合解除する前にハンドブレーキ解放されることを要求し、乗り物は、電子又は自動ハンドブレーキを含む)を含み得る。これらのタスク及び他のタスクが学習されると、それらのタスクは、ユーザーが大きな精神的ストレス感じずに複雑なタスク(乗り物を運転することなど)を実行することを可能にする。

0007

さらにいくつかのルーチンは、誤りに対する余裕がほとんどなく実行される必要のあるタスクの設定又はリストを含み得る。多くの場合、このようなルーチンは、ユーザーがルーチンの進捗を記録できるように、チェックリスト又はタスクの状態をログに記録するためのデータベースシステムを必要とする。このようなルーチンの一例は、制御室などの安全を重視すべき環境における機械の動作であり得る。

0008

さらに、タスク又はルーチンの実行の頻度は変化し得る。こうした非常に頻繁に実行されるタスクは、非常に頻繁に使用されるという理由で急速に学習され得る。しかし、より少ない頻度で要求及び実行されるタスクは、それ故に忘れられ、見逃されることがより多くなる。

0009

これらのタスク又はルーチンを学習又は記憶することは、リスト又はチェックリストを生成してそれに従うことにより補助され得ることがある。

0010

多くの場合、これらは紙ベースの、タスク又はルーチンのリスト又はチェックリストの形態である。しかし、これらの紙ベースのリストは、紛失したり、物に隠されたり、破損し得るか、又は、タスク若しくはルーチンが変更されたときに更新されない場合があり得る。タブレットコンピュータなどのスマート装置に記憶され得るデジタル形態のリスト又はチェックリストは、音声又は視覚フィードバックを搭載することが可能であるが、同様に紛失したり、又はバッグポケットに入れたまま忘れられ得る。さらに、ユーザーによっては、デジタル形態のリストを含む「別の電子装置」を持ち運ぶ必要性を不快に感じ得るか、又は、デジタル形態のリストは、使用するのが過度に複雑で不便なため事実上使い物にならないと感じ得る。

発明が解決しようとする課題

0011

以下、制御可能な照明設備を介して適切な光ベースフィードバックを提供することにより、ユーザーがタスクを実行及び/又は記憶するのを手助けすることに適した制御可能な照明システムを提供するための技術を提供する。

課題を解決するための手段

0012

これは、照明制御装置において受信されて検出器により生成される信号のネットワークに関連した、タスクのルーチン、手順、又はリストを定義するのに役立つ、制御可能な照明システム内の照明システム制御装置を使用した原理に基づく。例えば、照明システム制御装置は、特定の手順のタスクが観測された場合に限り、特定の照明環境のための制御信号を有効化又は出力するように構成され得る。

0013

用途に応じて、特定の手順若しくは順序でタスクが履行されたときに照明環境が生成され得るか、又は、いずれかの順序でタスクが履行されたとき照明環境が生成され得る。

0014

本明細書において開示される一態様によると、少なくとも1つの制御可能な照明設備を制御するように構成された照明システム制御装置が提供され、照明システム制御装置が、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義するように構成されたタスク定義器と、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて、少なくとも1つのタスクの状態を判定するように構成された状態判定器と、状態判定器に基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明システム信号を出力するように構成された制御信号制御装置と、を備える。

0015

照明システム制御装置は、受信された照明システム信号入力に基づいて(又は、これに従って)、少なくとも1つの照明システム信号を生成するように構成された制御信号生成器をさらに備え、制御信号制御装置が、少なくとも1つのタスクが履行されたことを状態判定器が示すことに基づいて(又は、この状況において)、少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明システム信号を出力するように構成され得る。

0016

タスク定義器は、実行されるべき少なくとも1つのタスクに対するタスク順序を定義するようにさらに構成され得、制御信号制御装置は、少なくとも1つのタスクが定義された順序で実行されたことを状態判定器が示すことに基づいて(又は、この状況において)、少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明システム信号を出力するように構成される。

0017

照明システム制御装置は、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から検出器データを受信するように構成された無線受信器をさらに備え得る。

0018

照明システム制御装置は、少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明システム信号を送信するように構成された無線送信器をさらに備え得る。

0019

タスク定義器は、物理的に分離した装置から、実行されるべき少なくとも1つのタスクを受信するように構成され得る。

0020

照明システム制御装置は、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データを分析して、少なくとも1つのタスクに関係した検出器データのパターンを判定することと、少なくとも1つのタスクに関係した検出器データの判定されたパターンを含む少なくとも1つのタスクに対する定義を判定することとを行うように構成されたタスク記録器をさらに備え得る。

0021

照明システム制御装置は、タスク状態判定器からの状態出力データを分析して、少なくとも1つのタスクの実行分析を判定するように構成されたタスク分析装置をさらに備え得る。

0022

照明システムは、本明細書で説明される照明システム制御装置と、照明システム制御装置と通信する少なくとも1つの制御可能な照明設備と、照明システム制御装置と通信する少なくとも1つの装置とを備え得、少なくとも1つの装置が、検出器データを生成するための少なくとも1つの検出器を備える。

0023

第2の態様によると、1つ又は複数のコンピュータ可読記憶媒体上に具現化されたコードを含む、及び/又は、1つ又は複数のコンピュータ可読記憶媒体からダウンロード可能なコンピュータプログラム製品であって、照明システム制御装置において実行されると、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義し、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて、少なくとも1つのタスクの状態を判定し、照明システム信号入力を受信し、受信された照明システム信号入力に基づいて(又は、これに従って)、少なくとも1つの照明システム信号を生成し、判定された状態が少なくとも1つのタスクが履行されたことを示すことに基づいて(又は、この状況において)、少なくとも1つの制御可能な照明設備への、少なくとも1つのタスクに関係した少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御するように構成されたコンピュータプログラム製品が提供される。

0024

第3の態様によると、実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義することと、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から受信された検出器データに基づいて、少なくとも1つのタスクの状態を判定することと、照明システム信号入力を受信することと、受信された照明システム信号入力に基づいて(又は、これに従って)、少なくとも1つの照明システム信号を生成することと、判定された状態が少なくとも1つのタスクが履行されたことを示すことに基づいて(又は、この状況において)、少なくとも1つの制御可能な照明設備への、少なくとも1つのタスクに関係した少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することと、を含む、制御可能な照明設備を制御する方法が提供される。

0025

方法は、照明システム信号入力を受信することと、照明システム信号入力に基づいて、少なくとも1つの照明システム信号を生成することとを含み、少なくとも1つの制御可能な照明設備への少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することは、少なくとも1つのタスクが履行されたことを示す状態に基づいて、少なくとも1つの制御可能な照明設備への少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することを含み得る。

0026

実行されるべき少なくとも1つのタスクを定義することは、実行されるべき少なくとも1つのタスクの順序を定義することを含み得、少なくとも1つの制御可能な照明設備への少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することは、少なくとも1つのタスクが定義された順序で実行されたことを示す状態に基づいて、少なくとも1つの照明システム信号の出力を制御することを含み得る。

0027

方法は、照明システム制御装置から物理的に分離した少なくとも1つの装置から検出器データを受信することをさらに含み得る。

0028

方法は、少なくとも1つの制御可能な照明設備に少なくとも1つの照明効果制御信号を送信することをさらに含み得る。

0029

本開示の理解を助けるため、及び、実施形態がどのように効果を奏し得るかを示すために、例示として添付図面を参照する。

図面の簡単な説明

0030

いくつかの実施形態を実現するのに適した照明システムを含む環境の概略図である。
いくつかの実施形態による、例えば図1に示される照明システム制御装置の概略ブロック図である。
いくつかの実施形態による、タスク監視に基づく照明システム制御方法概要フロー図を示す図である。
いくつかの実施形態による、図3に示される照明システム制御方法のためのタスク定義方法のフロー図をさらに詳細に示す図である。
いくつかの実施形態による、図3に示される照明システム制御方法のフロー図をさらに詳細に示す図である。
いくつかの実施形態による、図3に示される照明システム制御方法のためのタスク分析方法のフロー図を示す図である。
いくつかの実施形態による、図3に示される別の照明システム制御方法のフロー図をさらに詳細に示す図である。

実施例

0031

本発明は、ユーザーがタスクのルーチン、手順、又はリストを実行する又は思い出すのを助けるように照明を使用する。これは、特定の手順の事象が発生した場合に限り、(他の場合には利用可能ではない)定義された照明環境又は特定の照明環境が有効化されるように実施され得る。

0032

図1を参照すると、タスクを監視し、タスクの監視に基づいて照明システムを制御することに適した例示的な照明システム制御装置11が示される。プロセッサ又はCPU13と、メモリ15と、ユーザーインターフェース17と、送受信器19とを備える照明システム制御装置11が示される。照明システム制御装置11は、照明システム41に無線結合されて示され、更にまた、少なくとも1つのタスク監視検出器21と、少なくとも1つの監視システムと、少なくとも1つのネットワーク41とに無線結合されて示される。

0033

プロセッサ13は、いくつかの実施形態において、様々なプログラムコードを実行するように構成され得る。実装されたプログラムコードは、いくつかの実施形態において、本明細書で説明されるタスク監視及び照明システム制御コードを含む。実装されたプログラムコードは、いくつかの実施形態において、必要に応じたプロセッサ13による取得のために、例えばメモリ15に記憶され得る。メモリ15は、例えば、本明細書で説明されるアプリケーションに従って、検出器又は照明システム制御信号データといった、データを記憶する部分をさらに提供し得る。

0034

実施形態におけるタスク定義、タスク監視、及び照明システム制御コードは、少なくとも部分的に、ハードウェア及び/又はファームウェアにおいて実装され得る。

0035

ユーザーインターフェース(UI)15は、例えば、ユーザーがキー操作部を介して照明システム制御装置11に対する指令を入力すること、及び/又は、ユーザーが例えば、表示装置を介して照明システム制御装置11から情報を取得することを可能にする。いくつかの実施形態において、タッチスクリーンは、ユーザーインターフェースのための入力機能出力機能との両方を提供し得る。

0036

照明システム制御装置11は、いくつかの実施形態において、例えば、無線通信ネットワークを介して他の装置との通信を可能にすることに適した送受信器(TX/RX)19を備える。送受信器19は、いずれかの適切な知られた通信プロトコルにより他の装置と通信し得、例えば、いくつかの実施形態において、送受信器19又は送受信器手段は、適切なユニバーサル移動体通信システム(UMTSプロトコル、例えば、IEEE 802.Xなどの無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)プロトコル、Bluetooth(登録商標)、ZigBee(登録商標)、又は赤外線データ通信経路IRDA)などの適切な短距離無線周波数通信プロトコルを使用し得る。

0037

この場合も、照明システム制御装置11の構造は、多くの点で補完及び変更され得ることが理解される。

0038

照明システム41は、あらゆる適切な制御可能な照明システムであり得る。図1に示される例において、照明システム41は、多くの制御可能な照明設備431及び43nを備える。照明設備は、いずれかの適切な制御可能な光生成技術を使用して実現され得る。いくつかの実施形態において、照明設備の各々は、例えば、照明システム制御装置11から制御信号を受信し、制御信号を処理して、所望の照明効果又は照明環境を生成するように構成された制御装置を備え得る。いくつかの実施形態において、各照明設備43は、個々にアドレス指定及び制御され得る。さらに、いくつかの実施形態において、各照明設備は、それぞれ異なる、個々に制御可能なカラー光源を備え、従って、所望のカラー照明効果又は照明環境を生成するように制御可能である。

0039

照明システム制御装置11は、図1では検出器21に無線結合されているものと示される。照明システム制御装置11は、いくつかの実施形態において、2つ以上の検出器21又は検出器として動作する装置に結合され得ることが理解される。検出器21は、いくつかの実施形態において、照明システム制御装置11から物理的に分離しているか、又は分離可能であり得る。検出器21又は装置は、いくつかの実施形態において、少なくとも1つの検出器エンティティ又は検出器23の配列を備える。さらに、検出器21又は装置は、照明システム制御装置11に検出器データの形態で、検出器23の配列の検出器エンティティの出力を送信するように構成された送受信器29(又は、1方向通信のみが要求される場合は送信器)を備え得る。

0040

検出器21又は装置は、単一の検出器を備える装置として示されるが、いくつかの実施形態において、検出器21は、検出器のシステムを備えるか、又は、利用し得る。例えば、検出器21は、照明システム41内に組み込まれた検出器エンティティを表し得る。

0041

検出器21及び検出器エンティティ又は検出器23の配列は、ユーザー、又は検出範囲内のユーザーにより相互作用される物体の状態を判定するための、いずれかの適切な種類の検出器及び/又は技術であり得る。例えば、検出器エンティティ23は、家庭用装置が有効であるか否かを判定する家庭用装置監視システムであり得る。例えば、領域内の照明がスイッチオンされているかスイッチオフされているか、オーブンがスイッチオンされているかスイッチオフされているか、暖房の火がオンであるかオフであるか、テレビがオンであるかオフであるかが挙げられる。さらに、検出器21は、監視される装置の1つに組み込まれ得る。

0042

照明システム制御装置11は、スマート装置又はコンピューティング装置31にさらに結合され得る。スマート装置又はコンピューティング装置31は、照明システム制御装置11と無線で通信し得る。スマート装置31は、いくつかの実施形態において、プロセッサ(又は、CPU)33と、メモリ35と、ユーザーインターフェース37と、送受信器(又は、送信器)39とを備え得る。プロセッサ33は、いくつかの実施形態において、様々なプログラムコードを実行するように構成され得る。実装されたプログラムコードは、いくつかの実施形態において、本明細書で説明されるタスク生成及び分析出力コードを含む。実装されたプログラムコードは、いくつかの実施形態において、必要に応じたプロセッサ33による取得のため、例えば、メモリ35に記憶され得る。メモリ35は、本明細書で説明されるアプリケーションに従って、例えば、検出器又は照明システム制御信号データといったデータを記憶する部分をさらに提供し得る。

0043

ユーザーインターフェース(UI)35は、ユーザーが例えばキー操作部を介してスマート装置31に指令を入力すること、及び/又は、ユーザーが例えば表示装置を介してスマート装置31から情報を取得することを可能にする。いくつかの実施形態において、タッチスクリーンは、ユーザーインターフェースのための入力機能と出力機能との両方を提供し得る。

0044

スマート装置は、いくつかの実施形態において、例えば、無線通信ネットワークを介して他の装置との通信を可能にすることに適した送受信器(TX/RX)19を備える。送受信器19は、いずれかの適切な知られた通信プロトコルにより他の装置と通信し得、例えば、いくつかの実施形態において、送受信器19又は送受信器手段は、適切なユニバーサル移動体通信システム(UMTS)プロトコル、例えば、IEEE 802.Xなどの無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)プロトコル、Bluetooth(登録商標)、ZigBee(登録商標)、又は赤外線データ通信経路(IRDA)などの適切な短距離無線周波数通信プロトコルを使用し得る。

0045

スマート装置31は、いくつかの実施形態において、検出装置を備えるか、又は検出装置として機能し得る。例えば、スマート装置31は、監視されるユーザーにより装着又は保持され得、ユーザーの位置情報及び他の動き情報を提供する手法で機能する。例えば、ユーザーが座っているか、立っているか、又は横たわっているかである。

0046

さらに、いくつかの実施形態において、スマート装置31は、監視されるタスクのリストの定義を補助するか、又は、何らかの未処理のタスクが存在するか否かと、実行されるべき「次の」タスクが存在するか否かに関する情報を受信するように構成され得る。従って、例えば、スマート装置31は、タスク定義(スマート装置31又はスマート装置のユーザーに結合される場合も、又は結合されない場合もある)を記憶し、照明システム制御装置11にこれらのタスク定義を供給するように構成され得る。いくつかの実施形態において、さらに、スマート装置31は、適切な照明システム入力を提供するために使用され得る。言い換えると、所望の照明出力の指示を照明システム制御装置に提供するためである。例えば、スマート装置31は、照明制御アプリケーションを実装し得、照明制御装置に表示される所望の照明環境を示すように構成され得る。

0047

照明システム制御装置は、例えば、図1に示されるようにネットワーク(インターネット)51との通信により、他の装置及び/又はネットワークにさらに接続又は結合され得る。これらの他の装置/ネットワークは、タスクの実行を監視するために必要とされる別の情報を提供し得る。

0048

図2を参照して、照明システム制御装置11のいくつかの実施形態において組み込まれた機能エンティティのいくつかがさらに詳細に示される。いくつかの実施形態において、照明システム制御装置は、タスク定義器101を備える。

0049

タスク定義器101は、いくつかの実施形態において、1つ又は複数のタスク入力を受信するように構成され得る。タスク入力は、例えば、タスクが記録、捕捉、又は定義される予定であることを示すために使用され得る。タスク入力は、いくつかの実施形態において、タスク定義の伝達をトリガーするための入力であり得るか、又は、タスク状態判定器103と同様であり得る。例えば、タスク入力は、タスク状態判定器103に伝達されるべきタスクの「シフト終わり」手順を開始する時間ベーストリガー入力であり得る。いくつかの他の実施形態において、タスク入力は、実行されるべきタスクの手順の監視を開始するユーザー入力であり得る。

0050

本明細書で説明されるユーザーによるタスクの有効化に加えて、他の入力は、自動化されたタスク監視、時間ベースのタスク、又は周辺環境におけるトリガーを介した他の有効化であるタスクリストにも関係し得る。

0051

いくつかの実施形態において、タスクリスト内の定義は、特定の人又はシステムのユーザーと関連付けられ得る。例えば、タスクリストは、家族内の子供、又は、特定の従業員及び従業員の役職と関連付けられ得る。ユーザーに関係した個人用装置が使用される場合、ユーザーが誰であるかが直接に発見又は判定され得るか、又は、共有された装置の場合、装着型装置などの個人用装置と共有された装置との間の近さに基づいて識別情報が判定され得る。

0052

いくつかの実施形態において、タスク定義、及び従ってタスクリストは、ユーザーの位置に依存する。このような実施形態において、若い家族が休暇中であるとき、又は祖母を訪問しているときなど、定義とタスクリストとが他の位置に伝達可能である必要があり得る。このような実施形態において照明システム制御装置は、追跡され得るスマート装置の自動検索を可能にするように構成され得る。

0053

タスク定義器101は、少なくとも1つのタスクを定義するか、又は、照明システムの制御機能に少なくとも1つのタスクを関連付けるように構成され得る。タスク定義器101により定義された関連付けは、いくつかの実施形態において、タスク状態判定器103に伝達され得る。

0054

いくつかの実施形態において、照明システム制御装置は、タスク状態判定器103を備える。タスク状態判定器103は、タスク定義器101から、定義されたタスク又はタスクリストを受信するように構成され、さらに、外部源から検出器データ又は他のデータを受信するように構成され得る。家庭内の検出器ネットワークも、タスク及びそれらの例示的な履行又は未履行の識別に寄与し得るので、検出器データは、いくつかの実施形態において、接続されたシステムからのものであり得る。

0055

検出器情報は、例えば、カメラ映像存在検出器磁気的な扉/窓検出器などの検出器からのものであり得る。さらに検出器データは、処理された検出器データをさらに含み得る。例えば、データは、カメラ映像分析又は音声処理から受信され得る。他のデータは、インターネット又はスマート装置ベースの入力からのデータをさらに含み得る。例えば、データは、位置情報(ジオフェンシング)、位置データ、通話データ通話記録)、カレンダー又は議題項目プログラム又はアプリケーション情報(開かれた又は閉じられたアプリ)であり得る。

0056

タスク状態判定器103は、いくつかの実施形態において、検出器データ及び/又は他のデータをタスク定義器101により提供された定義と比較して、タスクの現在の状態を判定するように構成され得る。従って、タスク状態判定器103は、タスクが実行されたか否かを判定するように構成され得る。さらに、タスク状態判定器103は、適正な順序でタスクが実行されたか否かを判定するように構成され得る。タスクの状態の判定は、例えば、検出器データ入力をタスクに関係した、既知の、又は記録された検出器データと比較することにより実行され得る。さらに、タスク状態判定器103は、判定された状態を照明システム信号制御装置107又は照明システム信号生成器105に出力するように構成され得る。

0057

いくつかの実施形態において、照明システム制御装置11は、照明システム信号生成器105を備え得る。照明システム信号生成器105は、適切な照明システム信号入力を受信するように構成され得る。照明システム信号入力は、例えば、照明システム制御装置に無線で(又は、別の方式で)送信された物理的スイッチからの信号であり得る。しかし、照明システム信号入力は、スマート装置又は他の適切なコンピューティング装置により生成された(及び、適切な照明アプリケーションを実施又は実行する)、及び、照明システム制御装置11に入力を送信するソフトウェア定義スイッチ又は制御入力であり得る。照明システム信号生成器105は、照明システム41に出力するための適切な照明信号又は照明制御信号を決定又は生成するように構成され得る。照明信号は、スイッチ又はソフトウェア定義スイッチ又は制御を操作するとき、及び、タスクが履行されたときに、ユーザーにより所望される適切な照明効果を生成するように構成された信号であり得る。生成される他の照明信号は、スイッチが操作されたとき、及び、タスクが履行されていないとき、警告照明効果を生成するように構成された信号であり得る。照明信号は、いくつかの実施形態において、照明システム制御装置11のメモリから取得され得るか、又は、別の装置から受信され得る。いくつかの実施形態において、照明システム信号生成器105は、タスク状態判定器103から現在の状態又は動作状態を受信して、照明システム信号を生成するためにその情報を使用するように構成され得る。例えば、「オフィス閉鎖」の例を使用すると、照明システム信号入力からの照明オフスイッチ信号を受信し、「警報器稼働中」であるが「窓xが開いている」という現在のタスク状態を受信した照明システム信号生成器105は、開いている窓に最も近いものを除くすべての照明をスイッチングする照明効果信号を生成するように構成され得る。照明システム信号生成器105は、適切な照明システム信号制御装置107にこの信号を出力するようにさらに構成され得る。

0058

照明システム制御装置11は、いくつかの実施形態において、照明システム信号制御装置107を備える。照明システム信号制御装置107は、照明システム信号生成器105とタスク状態判定器103との出力を受信するように構成され得る。照明システム信号制御装置107は、タスク状態判定器103の出力に基づいて、照明システムに照明システム信号を出力するようにさらに構成され得る。従って、例えば、タスクが履行された、又は適正な順序で履行されたとタスク状態判定器103が判定したとき、照明システム信号制御装置107は、所望の照明効果を生成するように照明システムを有効化する照明システム信号を出力するように構成され得る。さらに、タスクが履行されていない、又は、適正な順序で履行されていないとタスク状態判定器103が判定したとき、照明システム信号制御装置107は、「未履行」又は「エラー」効果を生成するように照明システムを有効化する照明システム信号を出力するように構成され得る。

0059

本明細書で説明される動作に対応するために、いくつかの実施形態において、照明システム制御装置11は、学習モジュール109をさらに備え得る。学習モジュール109は、検出器データ及び/又は他のデータ並びにタスク入力(又は、タスク手順定義値)を受信するように、及び、定義されて学習されたタスク又はタスクの手順を学習又は生成するように構成され得、これにより、タスク識別情報が検出器データ/他のデータに関連付けられる。従って、未来の時点にタスクが思い出されたときに、タスク状態判定器103が、タスクが履行されたか否かを判定するために、比較対象となる検出器データ及び/又は他のデータを備えているように、学習モジュールは、学習したタスクの関連付けをタスク定義器101に伝達するように構成され得る。いくつかの実施形態において、学習モジュール109は、既存の活動を自動的に「最適化」又は「更新」するためにも使用され得る。従って、例えば、タスク手順における検出された変化が存在する場合はいつでも、学習モジュールが自動的に、且つ、明示的なユーザーによりトリガーされた更新なしに、定義を変更するように構成される。

0060

さらに、いくつかの実施形態において、照明システム制御装置11は、タスク分析装置111を備え得る。タスク分析装置111は、タスク状態判定器103から出力を受信し、状態判定器の出力を既知のパターンの挙動と比較して、タスクに対する挙動に変化が存在するか否かを判定する、及び/又は、タスクの分析に基づいて、報告を生成及び出力するように構成され得る。例えば、タスク分析装置111は、タスクの手順内のタスクが正確に実行されているか否かを判定して、報告を生成するように構成され得る。報告は、例えば、後の時点で取得され得る実行されたタスクのログとして、例えば、記憶され得る。報告は、タスクが履行されたか否か、及び、タスクの実行が許容可能であるか否かを判定するために、管理者又は他の監督者にさらに伝達又は転送され得る。

0061

図3を参照すると、いくつかの実施形態によるタスク監視に基づく照明システム制御方法の概要が示される。照明システム制御方法は、さらに、いくつかの実施形態において、図2に示される機能構成要素内に組み込まれ得る。

0062

いくつかの実施形態において、照明システム制御装置、及びタスク定義器/タスク学習器は、監視されるべき少なくとも1つのタスクに対する定義を取得又は生成するように構成され得る。少なくとも1つのタスクは、いくつかの実施形態において、タスクのリストを含む。タスクのリストは、順序のないタスクのリストであり得る。このような実施形態において、タスクは、いずれの順序で実行されたときにも履行されるように定義される。タスクのリストは、さらに、順序付けられた又は部分的に順序付けられたタスクのリストであり得る。言い換えるとタスク(又は、タスクのサブグループ)は、定義された順序で実行された場合に限り、履行されるように定義される。

0063

いくつかの実施形態において、少なくとも1つのタスクを定義する動作は、少なくとも1つの検出器信号及び/又は少なくとも1つの装置信号及び/又は少なくとも1つの他の信号をタスクに関連付ける又は割り当てることをさらに含む。この割り当て動作は、タスク状態判定器が少なくとも1つのタスクが実行されたか否かを判定することを可能にするように実行され得る。

0064

さらに、いくつかの実施形態において、少なくとも1つのタスクを定義する動作は、少なくとも1つの照明システム出力を、タスクと、さらには少なくとも1つのタスクの状態とに関連付けることをさらに含む。例えば、いくつかの実施形態において、すべての照明をスイッチオフする第1の照明システム出力が、実行された少なくとも1つのタスクに関連付けられ、照明を点滅又はパルス発光させる別の照明システム出力が、実行されていない少なくとも1つのタスクに関連付けられる。

0065

タスクの定義を生成又は取得する動作が、図3のステップ201により示される。

0066

タスクを定義する動作は、照明システム制御装置により実行される学習又は事前監視処理の一部であるとみなされ得る。

0067

従って、照明システム制御装置とタスク状態判定器とは、検出器データ及び/又は他のデータとタスク定義とを受信するように構成され得る。このデータは、いくつかの実施形態において、状態判定器によってより簡単に処理されるデータを生成するように調整又は処理され得る。

0068

検出器データ及び/又は他のデータを受信する動作が、図3のステップ203により示される。

0069

照明システム制御装置とタスク状態判定器とは、検出器データ及び/又は他のデータに基づいて、タスク状態又はタスクのリストに関係した状態を判定するようにさらに構成され得る。

0070

例えば、タスクが履行されたことを示す既定の検出器データに、受信された検出器データが一致するときに、タスクが履行されたと判定されるように、判定は、検出器データ及び/又は他のデータを、記憶された、又はタスクに関係した所定の検出器データ/他のデータと比較することにより実行され得る。

0071

検出器データ及び/又は他のデータに基づいてタスクの状態を判定する動作が、図3のステップ205により示される。

0072

タスクの状態を判定したら、制御照明システムは、判定された状態に基づいて照明システム信号出力を制御するように構成され得る。例えば、照明システム制御装置と照明システム信号生成器105とは、生成されるべき所望の照明効果に対する照明システム入力を受信したことに基づいて、「成功」照明システム制御信号と「エラー」照明システム制御信号とを生成するように構成され得る。照明システム信号制御装置107は、タスクが履行されたか否かを判定して、履行されたタスクに対して「成功」照明システム制御信号を出力し、履行されていない、又は部分的にのみ履行されたタスクに対して「エラー」照明システム制御信号を出力するように構成され得る。

0073

状態に基づいて照明システム信号出力を制御する動作が、図3のステップ207により示される。

0074

いくつかの実施形態において、次に、別の検出器データ及び/又は他のデータが受信され、その結果タスクが連続的に監視されるように、動作がループバックし得る。

0075

動作ステップ203、205、及び207、言い換えると、検出器データ及び/又は他のデータを受信する動作と、検出器データ/他のデータに基づいてタスクの状態を判定する動作と、状態に基づいて照明システム信号出力を制御する動作とは、図3の符号253に示されるアクション又は監視動作において、合わせてグループ化され得る。

0076

図2及び図3に関連して示される例において、照明システム信号入力に基づいて、少なくとも1つの照明制御信号が生成される。例えば、1日の終わりにオフィスを閉鎖するときに照明をオフに切り替えようとするユーザーは、「成功」照明制御信号としての「オフ」照明制御信号と、「エラー」照明制御信号としての「点滅」照明制御信号とを照明システム信号生成器に生成させる「照明トグルスイッチ」(又は、タイマー又は特定のオフィス閉鎖時刻に受信される時刻信号)を有効化し得る。これらの制御信号は、照明システム信号制御装置に伝達され、「オフィス閉鎖」手順のタスクの状態の判定に基づいて、照明システムに伝達される。

0077

「照明トグルスイッチ」(又は、タイマー)の有効化は、さらに、タスク状態判定器に伝達されて監視される「オフィス閉鎖」タスクをタスク定義器に定義させ得る。例えば、「オフィス閉鎖」タスクは、「窓閉鎖」タスクと「セキュリティー警報器稼働」タスクとにより定義され得る。

0078

いくつかの実施形態において、照明システム信号生成器の機能は、タスク定義器内に組み込まれ得ることが理解される。例えば、タスク定義器は、照明スイッチ照明制御入力、ソフトウェア定義照明スイッチ又は制御入力、又は、少なくとも1つのタスクを示す他の入力などの入力と、タスクの状態に基づく、関係する照明システム制御信号とを受信する。次に、タスク定義器は入力に基づいて、監視されることを要求されたタスクと、さらには、タスクの取り得る状態に関係した照明システム制御信号とを定義し得る。タスク状態判定器は、次に、各タスクの現在の状態を判定して、照明システム制御信号を受信する照明システム信号制御装置を制御するための出力を生成し得る。

0079

図4は、図3に示される照明システム制御方法のための、タスク定義を生成する例示的な方法のフロー図をさらに詳細に示す。

0080

いくつかの実施形態において、照明システム制御装置は、定義/記録タスクインジケータを受信又は判定し得る。定義/記録タスクインジケータは、いくつかの実施形態において、タスク定義器に伝達されたタスク入力、及び、さらにはタスクの状態を少なくとも1つの特定の照明効果に関連付ける情報の形態であり得る。

0081

タスクを定義(又は、タスクを記録)する動作が、図4のステップ301により示される。

0082

いくつかの実施形態において、タスクに関係した検出器データが受信される。いくつかの実施形態において、この検出器データは「シミュレーションデータ」である。例えば、前述の「窓閉鎖」タスクにおいて、検出器データは、シミュレーションされた窓の磁気的接近検出器データ又はセキュリティーシステムからの予想される出力であり得る。いくつかの実施形態において、検出器データは、タスクが実行されたときの実際の検出器データである。例えば、誰かがオフィス内の窓を閉めているときの、窓検出器又はセキュリティーシステムからの出力である。

0083

(タスクが実行されているときに)検出器データを受信する動作が、図4のステップ303により示される。

0084

いくつかの実施形態において、この「リアルタイム」検出器データは、タスクに検出器データを関連付けるように構成された学習モジュール109に伝達され得る。このような実施形態において、タスクは、タスクインジケータと検出器データとの間の関連付けにより定義される。従って、同じインジケータをもつタスク入力が再度受信されたときに、タスク定義が取得され得、受信されたすべての検出器データが定義検出器データと比較され、実行されているタスクの状態を判定する。

0085

図5は、いくつかの実施形態による、図3に示される照明システム制御方法のフロー図をさらに詳細に示す。

0086

照明システム制御装置は、いくつかの実施形態において、照明システム信号入力を受信し得る。照明システム信号入力は、本明細書で説明されるように、照明スイッチ、照明制御入力、ソフトウェア定義照明スイッチ若しくは制御入力、又は少なくとも1つのタスクを示す他の入力(及び、タスクの状態に基づく、関係する照明システム制御信号)などの入力であり得る。照明システム信号入力は、監視されるべきタスク又はタスクの手順をさらに識別し得る。

0087

照明システム入力を受信する動作が、図5のステップ401により示される。

0088

照明システム制御装置及び、例えば、タスク定義器は、次に、照明システム信号入力により識別されたタスクに関係した定義を取得し得る。照明システム制御装置及び、例えば、照明システム信号生成器は、次に、受信された照明システム入力に基づいて、何らかの照明システム制御信号を生成し得る。

0089

例えば、1日の終わりにオフィスを閉鎖するときに照明をオフに切り替えようとするユーザーは、「オフィス閉鎖」手順のタスクに関係した定義をタスク定義器に取得させる「照明トグルスイッチ」(又は、タイマー又は特定のオフィス閉鎖時刻に受信される時刻信号)を有効化し得る。これらの定義は、「窓閉鎖」及び「セキュリティー警報器稼働」タスクと関連付けられ、さらに、(「窓閉鎖」タスクの場合は)窓検出器信号に基づいて、及び、(「セキュリティー警報器稼働」タスクの場合は)セキュリティー警報システム信号に基づいて定義され得る。

0090

さらに、入力に応答して、照明システム信号生成器は、「成功」照明制御信号としての「オフ」照明制御信号と、「エラー」照明制御信号としての「点滅」照明制御信号とを生成し得る。これらの制御信号は、照明システム信号制御装置に伝達され、「オフィス閉鎖」手順のタスクの状態の判定に基づいて、照明システムに伝達される。

0091

タスク定義を取得する動作と、入力に基づいて、照明システム制御信号を生成する動作とが、図5のステップ403により示される。

0092

次に、タスクの状態が確認され得る。これは、例えば、タスク定義を受信された検出器データ/他のデータと比較するタスク状態判定器の出力からのものであり得る。従って、例えば、すべての窓が閉鎖されたことを窓検出器が示すとき、「窓閉鎖」タスクの状態は、履行と判定され得る。同様に、セキュリティー警報は、警報が稼働されたことの提示を提供して、「警報稼働」タスクの状態が履行と判定されることを可能にし得る。

0093

タスクの状態を確認する動作、言い換えると、現在の状態がOKであるか否かを判定する動作が、図5のステップ405により示される。

0094

状態がOKではない場合、言い換えると、タスクが履行されていないこと、又は不正確な順序で履行されたことを現在の状態が示す場合、動作はそれ自身にループバックし得る。例えば、動作は、タスク定義を取得すること、照明システム制御信号を生成すること、及び別の状態確認動作を実行することにループバックし得る。

0095

いくつかの実施形態において、タスクの状態がOKではないとき、照明システム制御装置、例えば、照明システム信号制御装置は、OKではない状態に基づいて、定義された照明効果を出力するように構成され得る。例えば、「点滅」照明制御信号が、「エラー」照明制御信号として出力され得る。照明効果は、いくつかの実施形態において、照明システムのユーザーが「エラー」又は未履行タスクを識別する手助けとなり得ることが理解される。例えば、いくつかの実施形態において、照明システム制御装置は、不足しているタスク又は順序通りではないタスクを表すように定義された回数点滅する、照明効果の色を定義された色に変更する、又は、照明効果位置照明を有効化する照明効果を生成及び出力するように構成される。従って、例えば「オフィス閉鎖」の例では、開いた、又は未施錠の窓に最も近い照明設備が、まだ開いているいずれかの窓を示すように点滅され得る。

0096

状態がOKである場合、照明システム制御装置は、生成された照明システム制御信号を出力するように構成され得る。従って、照明システム信号制御装置は、「オフィス閉鎖」タスクが履行されたとき、「オフ」照明制御信号を出力し得る。

0097

OKである状態に基づいて照明システム制御信号を出力する動作が、図5のステップ407により示される。

0098

しかし、前述の例はオフィスタスクに関連する。本明細書で説明される実施形態は、「家庭」又は「住居」用途に適用され得ることが理解される。例えば、実施形態は、子供のための「就寝時」タスクを監視するように適用され得る。このような例において、「アンディー」が就寝の準備をしている。アンディーは、就寝前のお話しを読む前に、タスクをいくつか履行しなければならないとわかっている。アンディーは歯磨き粉がおいしいという理由で好きな歯みがきから始める。次に、アンディーは手と顔を洗ってから、寝室に入ってお話しの準備をすませる。照明スイッチに手を伸ばして切り替えようとするが、何も起こらない。穏やかに明滅するだけである。おや、何かやり忘れただろうか。アンディーは少し考えて、気がつく。今日着た服を洗濯かごに入れないといけなかったのだ。この作業を終えてから、アンディーが改めてスイッチをオンに切り替えると、きれいな夜用の照明が点灯する。寝る時間までの何分か、アンディーはこの照明の下で本を読む。このような実施形態において、タスクは、「歯磨き」、「寝る前の手洗いと洗顔」及び「部屋を片付けて、服をかごに入れる」と定義され得る。

0099

別の例は、介護施設であり得る。例えば、ジェニーは2週間後に85誕生パーティーを控え、週末の夕食で家族に会うのを楽しみにしている。ジェニーは一人暮らしを満喫しているが、ここ数年は、もの忘れが少し増えてきた。家族はジェニーを助けるために、便利なリマインダーシステムを設置した。例えば、昼食後、居間にある2つの照明が青く点灯して、ジェニーが履行する必要のあるタスクがあることを知らせるように構成される。次に、ジェニーは、それに誘発されて、やる必要のある事を思い出そうとする。ジェニーはリストを確認して、例えば、昼食後の薬を飲んでいないことに気がつく。薬を飲んだら、照明が元の設定に戻る。このような例において、タスクを履行するまで、どのような制御入力も照明を青から変えない。

0100

さらに、このような実施形態は、小売業環境において実施され得る。例えば、サイモンは小さな店を経営しており、ほとんどの時間にわたってサイモンか店員だけが店舗を管理している。現在、サイモンには幼い家族がいるため、常に店舗にいるよりも、家族と長く過ごしたいと考えているので、店員に1日の終わりの店じまいの仕方を教えて任せている。これは特定の組のタスクを履行することを必要とするが、まれに、いくつかのタスクが履行されていないことにサイモンが気付く場合がある。これに対処するために、照明リマインダーシステムが有効化される。すると、1日の終わりに店員が帰ろうとして、主照明をオフに切り替えようとしたとき、スイッチを動かしたときに何も起こらないか、又は、照明がある色を点滅して白色に戻るだけであれば、店員は何かをやり忘れていることに気付く。電話照明手順タスクリストを確認すると、やり残したことがわかる。それを処理すれば、照明がオフに切り替わり得る。

0101

照明を使用することの利点は、非常に視認しやすいことである。脳は、事象(すなわち、照明レベルの変化)が発生することを予測し、この事象が発生しなければパターンの顕著な崩壊となり、それにより人が立ち止まって考えるため、スイッチが指令に反応したか否かは容易に気付く。

0102

本明細書で説明される例は、特定の位置に関係した照明システムに結合した照明制御システムを特徴とする。しかし、いくつかの実施形態において、照明システムは乗り物内のものであり得る。従って、例えば、配送運転者は、配送運転者がいる位置に対応して、乗り物の後部に載せたすべての小包が配送又は処理された場合にのみ、オフに切り替えられ得る特徴的な照明システムを配送運転者の乗り物内に含み得るので、配送運転者が何かを配送し忘れたまま発車することを防止する。このような実施形態において、タスクリストは、乗り物及び乗り物の位置の内容に基づくタスク(配送物)の優先順位付けを使用して定義されたものであり得る。

0103

実施形態の例示的なあり得る実現例は、次のとおりであり得る。
−家庭において、タスクの組を履行することに関して、子供を訓練しやすくする、又は高齢者支援しやすくするため色相システムを使用すること。
仕事環境小売業など)において、職員建物を離れる前に特定のタスクを履行するように職員に通知することに役立つこと。
− 安全を重視すべき環境において、空港の地上勤務員などが、すべての主要確認項目が実行されたことを確認すること。これは、次に、それらの確認場所から離れて位置し得る他人、例えば、航空機内操縦士のための視覚的な手がかりを生成する。
モータースポーツにおいて、車をレース復帰させる前にすべてのタスクが履行されたことをピットに知らせること。

0104

本明細書で説明されるように、いくつかの実施形態において、タスク状態判定器の出力が分析され得る。図6を参照して、いくつかの実施形態による、照明システム制御方法のためのタスク分析方法のフロー図が示される。

0105

実行されるタスクに関係した状態が、タスク分析装置111により受信され得る。

0106

状態出力を受信する動作が、図6のステップ501により示される。

0107

次に、挙動のパターンが存在するか否か、又は、タスク又はタスクの手順が実行された最後の時点から挙動のパターンが変更されたか否かを判定するために、状態出力が分析され得る。これは、例えば、1つ又は複数のタスクが履行されたか否か、タスクの手順内におけるタスクの履行の順序、1つ又は複数のタスクの履行の速度、1つ又は複数のタスクの履行の正確さ、タスクの手順が不足しているか、又は定義のパラメータに従って実行されていないか否かを示し得る。

0108

状態出力を分析して挙動のパターン又は挙動のパターンの変化を判定する動作が、図6のステップ503により示される。

0109

さらに、いくつかの実施形態において、挙動のパターン又は挙動のパターンの変更の判定は、挙動又は挙動の変更の報告の生成をもたらし得る。

0110

例えば、タスクが今や正確に又は効果的に実行されたと判定されたとき、タスク分析装置111は、メッセージ(例えば、ショートメッセージサービスSMS)又は自動電子メール)を生成して、ユーザーの、又は指定された管理者モバイル機器にメッセージを送信するように構成され得る。

0111

同様に、タスク分析装置111は、タスクの手順内のタスクが正確に実行されているか否かを判定して、報告を生成するように構成され得る。報告は、例えば、後の時点で取得され得る実行されたタスクのログとして、例えば、記憶され得る。タスクが履行されたか否か、及び、タスクの実行が許容可能であるか否か判定するために、報告が管理者又は他の監督者にさらに伝達又は転送され得る。

0112

さらに、タスク分析装置111は、タスク状態のリアルタイム分析(例えば、リアルタイムでSMS又は電子メールメッセージを生成して、タスクが適切に又は不適正に実行されたときに別の提示を提供すること)であり得る。いくつかの実施形態において、タスク分析装置111は、過去の実施を分析すること、及び、タスク最適化又は評価目的(タスク挙動報告の生成など)に適したデータ分析ツールであり得る。

0113

挙動の報告を生成する動作が、図6のステップ505により示される。

0114

従って、タスクの実行の既知の/記録されたパターンに基づいて、照明システム制御装置は、実行のパターンを最適化する提案を提供することが可能であり得る。これは、例えば、時間が重要となる時間及び動き調査の一部として実行され得る。さらに、本明細書で説明されるように、報告は、タスクの実行のパターンからのずれを特定し得る。これは、例えば、ユーザーの忘れやすさ又は健康状態の悪化を特定し得るので、健康関係の場合に有用であり得る。

0115

図7は、中断条件動作が照明システム制御信号を生成する動作とタスクの状態を確認する動作との間に挿入されるという点で、図5を参照して示される実施形態とは異なる別の照明システム制御方法のフロー図を示す。

0116

中断条件はタスクの状態の確認のループ中断するように構成される。中断条件は、例えば、時間満了オーバーライド、又は他の適切な干渉であり得る。

0117

中断条件動作は、動作403と動作405との間における動作601の導入により図7に示され、405のループは、図5に示されるような動作405の開始ではなく、動作601に戻る。

0118

いくつかの実施形態において、中断条件動作は、ユーザー識別情報を必要とし、それによりすべての機能の完全な固定を防ぐオーバーライド機能であり得る。ユーザーが他の理由により照明を必要とする場合が存在し、すべてのタスクが履行されるまで永久に固定を維持することは危険であり得るので、安全のためにこのオーバーライド機能が含まれ得る。いくつかの実施形態において、ユーザーがオーバーライドを承認して、タスクリストが履行されていないことを他人に知らせるため、(例えば、本明細書で説明される適切な報告の生成により)タスクの未履行又はメッセージがその他人に送信されるように、オーバーライド機能は、明確なユーザー対話要素を含み得る。

0119

図面、開示、及び付属の請求項の考察に基づいて、請求項に記載された発明を実施する当業者により、開示される実施形態に対する他の変形例が理解及び実現され得る。請求項において、「備える(comprising)」という語は、他の構成要素もステップも排除せず、不定詞「1つ(a)」又は「1つ(an)」は、複数を排除しない。単一のプロセッサ又は他の装置が、請求項に記載されるいくつかの項目の機能を満たし得る。単に、相互に異なる従属請求項に特定の測定値が記載されているという事実は、利点を得るためにこれらの測定値の組合せが使用され得ないということを示すわけではない。コンピュータプログラムは、他のハードウェアと一体的に又は他のハードウェアの一部として供給される、光記憶媒体又は固体媒体などの適切な媒体に記憶及び/又は分散され得るが、インターネット又は他の有線又は無線電気通信システムを介するなどにより、他の形態でも分散され得る。請求項における参照符号はいずれも、範囲を限定するように解釈されてはならない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ