図面 (/)

技術 高省エネを特徴とし、流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置の上流側と、ノズルあるいは閉回路の下流側との間に設置される毛管近接ヒーター

出願人 トルキーノ,ジョルジョベリンヴィア,シルビオ
発明者 トルキーノ,ジョルジョベリンヴィア,シルビオテスタ,フランコ
出願日 2015年2月5日 (6年7ヶ月経過) 出願番号 2017-541861
公開日 2018年2月15日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2018-504574
状態 特許登録済
技術分野 蒸気発生一般 瞬間湯沸器・持ち運び用給湯器とその制御
主要キーワード ヒーターシステム ボイラーユニット 中央暖房 安全規則 水管ボイラー 総合エネルギー 省エネ率 重力エネルギー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年2月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題・解決手段

省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)あるいはコネクターまたは閉回路(図3)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターを製造するためには、高いまたは非常に高い熱透過率を有するスチールまたはグラフェンが使用され、また本発明は人の飲食物に使用する場合には、食物相応しい材料をもって本発明を加工処理する必要がある。この材料は当業者によく知られているものである。本発明の好適実施形態(これに限らないが)では、高いまたは非常に高い熱透過率を有する管(1)が使用されるが、必要に応じてでもよく、飲食物に使用される場合にセラミック材料複合材料、あるいはプラスチック被覆された状態でもよい。下記に示すよう(図3)に束状(8)に構造この毛管(1)には、毛管(1)に電圧を供給するための電気接続部(2)が固定されているが、電流がそこを通ると、ジュール効果で毛管が過熱することになる。本発明は現在の国際安全規則、およびIPX8の技術仕様に従って適切かつ適当に保護されている。本発明は、また、電子的な遠隔制御装置(4)からのコマンドを受信するようになっており、お湯などの熱い流体(12)を供給する(5)リクエストの有無によって油圧微細ゲート(3)が開閉するようになっている。毛管の反対側(図2)には、お湯などの熱い流体の出口として、あるいは閉回路や熱交換器への接続部としてノズル(7)が配置されており、遠隔制御装置(4)に温度検出器(6)が接続されている。過熱と供給の全プロセスが従来技術の電子カード(4)によって制御されるが、このカードは、水が、所定の流量、またポンプ(10)によって大気圧引き上げられた圧力に応じて、毛管に流入するように適当かつ適切に構築されている。水を希望の温度に加熱するのに必要な電力はその他既知ヒーターシステムに比べて95%以上の削減が実現された。例えば、本発明は次の表(摂氏度)に示すように1℃から蒸気への処理を始める:圧力 [バール] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 温度 [℃] 100 120 134 144 152 159 165 171 175 180 184 188 192 195 198 201 204 208 精密な計算によると、コーヒーなどに必要な水を89度に加熱するのに必要な電力をミリワットで表すと3ワットとなり、家庭用または専門用コーヒー器に比べて電力の95%以上の削減となる。油圧微細ゲート(3)の上流側に、精密濾過のための高性能濾過装置(9)(濾過測定が望ましく20ミクロンだが、15と50の間でも作用する)が、95%を超える程度(水の硬度によって差がある)のイオン交換のために石灰岩の屠畜にかけて配置されており、特定の用途分野において、95%以上の空気中浮遊粒子と石灰岩のを回収し、毛管(1)の清潔状態を常に確保するべきである。管の公称内径のサイズは0.13mm(インスリン注射針)から1000.00mmまで変動するものである。管はまた、家庭用または工業のためにより大量の水などの流体を加熱できるように多少大きい束状(8)に集約することもできる(例えば、3/4、1インチ、あるいはそれより大きい)。このような場合では、既知の物理法則の効果により本来から外部より高温ビーム内の各毛管を走る電気流量を継続的に変動することによって、電子的制御盤(4)が希望の温度を実現できるように適当に調整される。高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターの好適実施形態では、電子的制御盤(4)の下の毛管束(8)は洗濯機稼働のために水を60℃に加熱することができる。この場合でも、普通の電気抵抗に比べると、エネルギー節約は60%以上となる。別の好適実施形態では、適切な数の近接ボイラーシャワーシステム低電力消費のため、バッテリー電動可能)に利用できる。これで、冷水と混合する必要なく、毛管を加熱するだけで、希望の温度の水を供給できる。さらに別の好適実施形態では、ヒーターは近接発熱体を利用する。コーヒーメーカー内のお湯を実現するためには、コーヒーなどの熱い飲み物のためのお湯をフィルター(11)から抽出できるように一つあるいはそれ以上の毛管を加熱する必要がある。この場合も、必要な電力がほんの少しなので、グリッドからの電流を利用することなく、3,7ボルトによる8アンペアのバッテリーで全プロセスを達成できることになる。エネルギー節約をさらに引き上げる好適実施形態の例として、車の座席コックピット暖房燃焼あるいは電気エンジンを利用する例が挙げられる(図3)。システム先端技術の業界では、充電式バッテリー蓄電された電力で駆動される電気エンジンに熱機関が存在しないことがこの手の車両の座席とコックピットの暖房に深刻な課題をもたらしていることがよく知られている。近接ヒーターは閉回路でも作用し、著しいエネルギー節約を達成できる。毛管束(8)を床材天井材に、あるいは座席の中、あるいは希望の部分に蛇行するように適切に敷設することによって車室を暖房することができる。適切に調節された電子カード(4)は間もなく車室を希望の温度に暖める。同近接ヒーターはまた、熱風を通して出口ノズルを加熱するヒーターとして利用することもできる。この三つの系統を組み合わせると、手軽な暖房・加熱と共に既存の技術に比べて60%のエネルギー節約を実現することもできる。

概要

背景

概要

省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)あるいはコネクターまたは閉回路(3)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターを製造するためには、高いまたは非常に高い熱透過率を有するスチールまたはグラフェンが使用され、また本発明は人の飲食物に使用する場合には、食物相応しい材料をもって本発明を加工処理する必要がある。この材料は当業者によく知られているものである。本発明の好適実施形態(これに限らないが)では、高いまたは非常に高い熱透過率を有する管(1)が使用されるが、必要に応じてでもよく、飲食物に使用される場合にセラミック材料複合材料、あるいはプラスチック被覆された状態でもよい。下記に示すよう(3)に束状(8)に構造この毛管(1)には、毛管(1)に電圧を供給するための電気接続部(2)が固定されているが、電流がそこを通ると、ジュール効果で毛管が過熱することになる。本発明は現在の国際安全規則、およびIPX8の技術仕様に従って適切かつ適当に保護されている。本発明は、また、電子的な遠隔制御装置(4)からのコマンドを受信するようになっており、お湯などの熱い流体(12)を供給する(5)リクエストの有無によって油圧微細ゲート(3)が開閉するようになっている。毛管の反対側(2)には、お湯などの熱い流体の出口として、あるいは閉回路や熱交換器への接続部としてノズル(7)が配置されており、遠隔制御装置(4)に温度検出器(6)が接続されている。過熱と供給の全プロセスが従来技術の電子カード(4)によって制御されるが、このカードは、水が、所定の流量、またポンプ(10)によって大気圧引き上げられた圧力に応じて、毛管に流入するように適当かつ適切に構築されている。水を希望の温度に加熱するのに必要な電力はその他既知ヒーターシステムに比べて95%以上の削減が実現された。例えば、本発明は次の表(摂氏度)に示すように1℃から蒸気への処理を始める:圧力 [バール] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 温度 [℃] 100 120 134 144 152 159 165 171 175 180 184 188 192 195 198 201 204 208 精密な計算によると、コーヒーなどに必要な水を89度に加熱するのに必要な電力をミリワットで表すと3ワットとなり、家庭用または専門用コーヒー器に比べて電力の95%以上の削減となる。油圧微細ゲート(3)の上流側に、精密濾過のための高性能濾過装置(9)(濾過測定が望ましく20ミクロンだが、15と50の間でも作用する)が、95%を超える程度(水の硬度によって差がある)のイオン交換のために石灰岩の屠畜にかけて配置されており、特定の用途分野において、95%以上の空気中浮遊粒子と石灰岩のを回収し、毛管(1)の清潔状態を常に確保するべきである。管の公称内径のサイズは0.13mm(インスリン注射針)から1000.00mmまで変動するものである。管はまた、家庭用または工業のためにより大量の水などの流体を加熱できるように多少大きい束状(8)に集約することもできる(例えば、3/4、1インチ、あるいはそれより大きい)。このような場合では、既知の物理法則の効果により本来から外部より高温ビーム内の各毛管を走る電気流量を継続的に変動することによって、電子的制御盤(4)が希望の温度を実現できるように適当に調整される。高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターの好適実施形態では、電子的制御盤(4)の下の毛管束(8)は洗濯機稼働のために水を60℃に加熱することができる。この場合でも、普通の電気抵抗に比べると、エネルギー節約は60%以上となる。別の好適実施形態では、適切な数の近接ボイラーシャワーシステム低電力消費のため、バッテリー電動可能)に利用できる。これで、冷水と混合する必要なく、毛管を加熱するだけで、希望の温度の水を供給できる。さらに別の好適実施形態では、ヒーターは近接発熱体を利用する。コーヒーメーカー内のお湯を実現するためには、コーヒーなどの熱い飲み物のためのお湯をフィルター(11)から抽出できるように一つあるいはそれ以上の毛管を加熱する必要がある。この場合も、必要な電力がほんの少しなので、グリッドからの電流を利用することなく、3,7ボルトによる8アンペアのバッテリーで全プロセスを達成できることになる。エネルギー節約をさらに引き上げる好適実施形態の例として、車の座席コックピット暖房燃焼あるいは電気エンジンを利用する例が挙げられる(3)。システム先端技術の業界では、充電式バッテリー蓄電された電力で駆動される電気エンジンに熱機関が存在しないことがこの手の車両の座席とコックピットの暖房に深刻な課題をもたらしていることがよく知られている。近接ヒーターは閉回路でも作用し、著しいエネルギー節約を達成できる。毛管束(8)を床材天井材に、あるいは座席の中、あるいは希望の部分に蛇行するように適切に敷設することによって車室を暖房することができる。適切に調節された電子カード(4)は間もなく車室を希望の温度に暖める。同近接ヒーターはまた、熱風を通して出口ノズルを加熱するヒーターとして利用することもできる。この三つの系統を組み合わせると、手軽な暖房・加熱と共に既存の技術に比べて60%のエネルギー節約を実現することもできる。

目的

本発明の一つの目的は、高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置の上流側と、ノズルあるいは閉回路の下流側との間に設置されており、また次の部分から構成される毛管近接ヒーターを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、電子的に制御され、そして流体残留石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)あるいは閉回路(図3)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーター。

請求項2

請求項1に基づいて、高省エネ率を特徴とし、電子的(4)に制御され、また電気的に接続(2)される流体加熱用の毛管(1)から構成される毛管近接ヒーター。

請求項3

請求項1〜2に基づいて、高省エネ率を特徴とし、電子的(4)に制御され、また電気的接続(2)によって流体加熱用の毛管束に集合された複数の毛管(8)から構成される毛管近接ヒーター。

請求項4

請求項1〜3に基づいて、高省エネ率を特徴とし、また電子的(4)に、すなわち必要に応じて調整される電子カード(4)によって制御され、また監視や制御のためにカードが別の器具にも接続できることを特徴とする毛管近接ヒーター。

請求項5

請求項1〜4に基づいて、高省エネ率を特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、また電子的に制御(4)され、また精密濾過装置(9)の上流側に配置される毛管近接ヒーター。

請求項6

請求項1〜5に基づいて、高省エネ率を特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、また電子的に制御(4)され、また流出のためにノズル(7)の下流側に配置される毛管近接ヒーター。

請求項7

請求項1〜6に基づいて、高省エネ率を特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、また電子的に制御(4)され、また閉回路(3)への接続の下流側に配置される毛管近接ヒーター。

請求項8

請求項1〜7に基づいて、高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、電子的に制御(4)され、また流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)あるいは閉回路(図3)の下流側との間に設置され、またその加熱部分が高い熱透過率スチールまたはグラフェン製であることを特徴とする毛管近接ヒーター。

請求項9

請求項1〜8に基づいて、高省エネ率を特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、また電子的に制御(4)され、また石炭粒子を含み流体残留の不要な粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側に配置される毛管近接ヒーター。

請求項10

請求項1〜9に基づいて、突き出るノズル(7)あるいは閉回路の他の装置への接続によって毛管ヒーターを使って後利用のために水を加熱しておくという毛管ヒーターの利用方法

請求項11

請求項1〜10に基づいて、突き出るノズル(7)あるいは閉回路の他の装置への接続によって毛管ヒーターを使って後利用のために流体を加熱しておくという毛管ヒーターの利用方法。

請求項12

請求項1〜11に基づいて、毛管ヒーターを活用した蒸気生成方法

発明の詳細な説明

0001

本発明は流体加熱の分野に関するものであり、主に水を対象とし、電流エネルギー源とする。具体的には、「流体」という電子制御装置を利用して高省エネ率を実現しながら、流体を加熱する装置である。対象の流体は精密濾過された後、一つあるいは複数の毛細寸法の管の中で加圧され、そしてその後、ノズルを通して希望の温度と噴出力で装置から供給される。
[発明の背景
家庭用、また板などと同様に洗濯サイクル器具、熱い飲み物(例えば、おコーヒーなど)の準備、あるいはその他のありふれ家事に使われる温水を生成する必要性がよく見られる。

0002

しかし、既存の技術では、使用される電気抵抗器はサイズが多少大きく、しかも近年の改善した技術を利用しているにも関わらず電力消費が依然大きくなっており、環境や使用者経済などに悪影響を与えている。

0003

流体を加温することは、古代に、例えば火や燃えさしで行われていた(例えば水)プロセスだったが、固体状態)と気体状態蒸気)の間の温度を制御する方法がなかった。

0004

そして、ローマ人が温浴システム発展加熱システム概念を覆したのである。

0005

古代に動作に不可欠な熱素子には、プール水槽のための安定した水源、および多数の環境を温度調節するための熱源があった。その結果、こうした環境に居心地がよく、長くいればいるほどメリットもあった言える。これらの要素は自然に地下(陸地)から産出されるもので、史上初の地熱エネルギー活用例だった。

0006

ローマ人の工学頂点に達していた。大規模施設を継続的に稼働させるために給水と加熱のシステムを開発することができた。

0007

々のスパ、プール、および噴水基盤には、ローマ人が作った水道があった。これらの水道は重力を活かしてから大量の水を都心部の方に引き、そしてアーク機構に通して目的のプラントまで誘導していた。

0008

ローマで初めて造られた水道は“Agrippa”が紀元前一世紀に“Aqua Virgo”所在のスパに水を供給するためのものだった。本来の目的は“Campus Martius”にあった自らの浴場への給水を確保することだったが、その後あらゆる入浴施設が水道に接続されるようになった。

0009

水が近くに建設された大規模の水槽にチャネルによって誘導され、そして鉛製または粘土製パイプによって目的のプラントまで引かれていた。だけど、スパの基盤は温水と冷水の供給と切り替えの役目のみしていたのでまだ水を加熱する必要があった。加熱は浴場において内蔵されていたオーブン用の専用ボイラーによって行われていたが、これらは大量の木材を要した。プールの水を希望の温度に維持するためには、いわゆる“testudo alvei”の得策で実現された。これは独特な亀形のボイラーだったが、直接加熱炉から継続的に加熱され、水槽下部の壁に内蔵されていたことが特徴だった。

0010

水の加熱技術が数世紀の経過にわたって発展し、そして1689年イギリス鉱山においてSaveryが創った蒸気ボイラーを水の汲み上げに利用する試みがあり、蒸気ボイラーの産業応用の初めての試みとなった。しかし、Wattの蒸気機械出現まで、蒸気圧がわずかに大気圧を超えたレベルにしか引き上げられなかった。19世紀長い間、蒸気ボイラー技術がケトル定着していた。これらに、圧力を4気圧未満に保つWattのゲージ圧力ゲージが内蔵されていた。ボイラー爆発の多発のため、「安全なボイラー」の発明に拍車がかかったが、その発明国は米国であるらしい。水管ボイラーの導入と金属構造進捗と応用熱力学おかげで、蒸気ボイラーの発展が一層速くなり、普通は10〜12気圧、また特別な場合には16〜18気圧で蒸気を生成できるようになった。

0011

近年では、高圧と非常に高圧力(50〜100気圧)、また224気圧(臨界圧力)のボイラーも製造されてきた。

0012

現代では、蒸気ボイラーは複雑なシステムの機器の重要な部分となっている。それは、燃料で生成される熱エネルギーエネルギーに変換される、蒸気発生器のシステムである。

0013

現代のほとんどの家電製品は水の加熱のために抵抗器を利用している。抵抗器は水などの流体を加熱する要素であり、普通は銅製のコイルでできている。

0014

加熱は一般的に電気エネルギーがこれを通過し、銅製の部分を加熱し、そしてその熱が水に伝わるプロセスによって行われる。水との接触のため電気エネルギーがショートを引き起こすのを防ぐためには、電気エネルギーからの熱の伝達を可能にする銅製部分と電流との間のフィラメントの中にセラミック絶縁が施されている。

0015

電気エネルギーが電気フィラメントを通ると熱が発生する法則ジュール効果と言い、近代的な加熱技術の基本中の基本となっており、また電気のいかなるエネルギー形態への変換を支配する法則である。ジュール効果に基づいて、電流が走っている材料に伝達される電力は次の式によって計算される:P=VI。ここでは、(P) で表された電力が (V) で表された電位正比例しており、また回路自体を流れ、(I) で表された電界強度にも正比例している。

0016

Jouleの発明のおかげで、熱とはただのエネルギー形態、具体的に言えば“劣化した”エネルギーにすぎないことが分かった。別のエネルギー形態に容易に変換できる運動エネルギー重力エネルギーに比べて、この種のエネルギーを別のエネルギー形態に変換するのがとても困難である。

0017

熱とは、元々、物体原子分子の運動エネルギーを加算した総合エネルギーのことであり、そして各素粒子の運動エネルギーの指数は温度に当たる。同様に、電流とは、電界に促されて運動エネルギーを有する電子順序に沿って移動する現象にすぎないのである。電荷が抵抗器に沿って流れると、その電荷(電子)の運動エネルギーの一部または全部が同電流が流れる材料に消費される。

0018

巨視的なスケールで、オーム法則を適用すれば、ジュール効果の式は次の方程式で表すこともできる:P=RI2。ここでは、V=RIとなっている。

0019

従って、電力は経路抵抗力(R)、また電流強度(I) の二乗値にも正比例している。
家電製品の場合は、抵抗器に電極という二つの端末があり、家電製品自体の電源ケーブルがここに接続されるようになっている。

0020

家電電源が供給される。流動加熱の分野において多数の特許が登録されているが、調査によると、本発明に特に類似するものがないとされる。参考として、本発明とは明らかに異なってもいくつかの技術の応用例を挙げよう。

0021

IMETECによるUS6067403では、ボイラー内水位が電子作用および/または空気圧作用によって維持されることを特徴とする電気蒸気発生器が紹介される。電子作用の場合は、本体における一般的な絶縁済み抵抗素子の通常の位置に配置された温度センサー水位低下によって作動し、補充マイクロポンプを作動させ、そして冷水が水槽から汲み取られ、ボイラーに導かれるような働きをする。空気圧作用の場合は、浮きバルブが、ボイラーの冷却中に空気を通すことによって、ボイラーが停止状態のマイクロポンプの本体を通って水を水槽から汲み取るのを防ぐような働きをする。上記の発明はどう見ても本発明と類似点がない。

0022

GB2485162“モジュール型加熱システム”では、ボイラーユニットは、第一流体熱交換媒体(例えば蒸気)の第一回路と第二流体熱交換媒体の第二回路を含む筺体から構成されている。このシステムは特に中央暖房システムおよび/または家庭用温水供給システムに向いている。第一回路は、第一媒体を加熱する装置、熱交換器、バルブ、および第一マニホールドから構成されている。第二回路は、ボイラーユニットの流れ/戻りポート、第二マニホールド、およびバルブが開いているときに第一と第二の熱交換器の媒体間熱交換を行う熱交換器から構成されている。筺体内専用スペースには、第一流体熱交換器に駆動される補助ユニットが嵌合するが、これに発電機が装備された有機ランキンサイクル(ORC)の方が望ましい。加熱装置の動作を制御するために、ボイラー制御ユニットが接続されている。そして、接続されているときに、補助ユニットとは関係なく、熱需要に応じるのである。実用では、ボイラーと補助ユニットは統合してCHPシステムを構成するのである。その他、制御ユニットフレームから構成されたORCモジュール、またフレーム上に振動ユニット向けの取り付け台公開されている。上記の発明はどう見ても本発明と類似点がない。

0023

SAMSUNG ElectronicsによるUS20120132643 A1では、マイクロヒーターマイクロヒーターアレイが装備されている。マイクロヒーターは基板、基板に配置された柱、そして柱によって支持されたブリッジから構成されている。柱に形成されたブリッジ一部の幅は柱に接触しないブリッジ一部の幅より小さくなっている。ブリッジはバネを含む場合もある。上記の発明はどう見ても本発明と類似点がない。
[発明の概要。]
本発明は、流量が変動しても水の加熱を可能にし、またエネルギー消費量を大幅に削減する新たなシステムを導入して、上記の技術的な問題を解決している。この発明は、極めて微細流体通過の部分で構成されており、流量によって動作する。一本の管だけは毛管寸法である。通常の家庭用あるいは産業用のサイズ(3/4あるいは1インチ以上〜394インチまで)に必要な流量は、毛管束での乗算によって実現、または、別々で熱い流体(例えばお湯)の希望の流量に必要な本数を集合することによって実現できる。そして、熱い流体はノズルあるいは希望のサイズの接続要素閉回路の場合)によって供給される。本体から出流する、あるいは循環する流体はその圧力と温度が、期待される結果に応じて調整された、既知の技術による電子システムを利用して制御される。

0024

本発明を利用すれば、流体(例えば水)を対象とする従来の加熱システムに比べてエネルギー消費量を大幅に削減できるのである。数字で表すと、60%以上の節約となる。この節約は、非常に高い熱伝導率鋼鉄と、適切に位置した電極によって生成された熱との相互作用、および電子カードでこれらを管理することによって安定した熱供給を実現できたおかげである。

0025

本発明はまた、その他の技術的な問題も解決するが、具体的には、熱分散を大幅に減らすこと、希望の温度への調節に混合器を要しないことも特徴である。調節動作は、ディスプレーを介して管理される電子カード、または温度が調節でき、流動が継続的であることを特徴とする、既知の技術による多機能調節器によって行われる。

0026

毛管束での集約の場合では、ビーム外部から毛管束の中心部への熱平衡も電子的に制御されているのである。本システムでは、加熱された毛管が隣り合って配列しているが、電子カードがそこを自動的に制御しており、各管に一定かつ即時の電力伝送を判定しているので、より優れたエネルギー節約が可能である。ビームの中央に近いほどエネルギー消費量が段々低減する。その理由は、熱伝達対流放射より発生)が外部の毛管から内部の方へと進むからであるが、あるいは管が互いに接触していれば伝導での伝達も可能である。

0027

また、本発明では、パイプやジョイント付近石灰岩蓄積することに関連した問題も解決される。このためには、毛管あるいは管ビームの上流側において、水(あるいは流体)の精密濾過(濾過測定が望ましくは20ミクロンだが、15と50の間でも作用する)が、95%を超える程度のイオン交換のために石灰岩の屠畜にかけて行われている。また、本発明では、多くの家電製品やヒーターでよく見られる長期間の熱慣性の問題も解決される。具体的には、95%以上短縮し、そして当然に省エネ率の向上に繋がる。

0028

本発明は流体を希望の温度に早速加熱できるのを、またノズル漏れ近接(あるいは閉回路)と合わせて考慮すると、これらの要因のおかげで、省エネ率がさらに60%向上する。その結果、環境やグローバルな経済サイクルに大きな利益がもたらされる。

0029

家庭用コーヒーメーカーが例えばエクスプレスコーヒーを作るのに必要な水量を加熱するのに必要なジュールは、加熱時間、スタンドバイ時間、および差し出し時間を考慮した上、普通は50.000〜90.000ジュールである。

0030

本発明では、同動作は8000ジュールで済み、87%以上のエネルギー効率向上になる。
[発明の説明。]
[用語の定義]
本発明については、ヒーターとは、様々な化石燃料、あるいは多様なエネルギー形態、および様々な技術を利用した加熱装置のことを指す。ヒーターは、産業用、家庭用の両方の分野においてシャワー洗濯機皿洗い機フラットアイロンホットドリンク機(コーヒー、お茶など)、ラジエータなどに使用される流体(例えば水)を加熱する役目を果たす。本発明の他の用途には、車のコックピットや車室を暖房することもある。

0031

本発明については、「高省エネを特徴とし、流体残留石炭粒子の除去用精密濾過装置の上流側と、ノズルあるいは閉回路の下流側との間に設置される毛管近接ヒーター」とは、電気、バッテリー、あるいは電気消費量が少ないおかげで発電機(燃料電池)でも駆動できるヒーターのことを指す。本発明については、精密濾過装置とは、15マイクロン以上の不純物と95%以上の石灰岩を取り除くことのできる濾過装置のことを言う。
[発明の目的]
本発明の一つの目的は、高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置の上流側と、ノズルあるいは閉回路の下流側との間に設置されており、また次の部分から構成される毛管近接ヒーターを提供することである:
a) 高い熱透過率を有する一つあるいは複数のスチール製またはグラフェン製の毛管、
b)二極電気接続
c) 毛管への流動の開閉をするための一つあるいは複数の油圧装置
d) 熱い流体の出流のための一つあるいは複数のノズル、または閉回路あるいは熱交換器へのリンク
e) 流体の流量と温度を必要に応じて制御するための、多機能ディスプレー付きの電子ボードカードは当該の機械(例えば電化製品)の電子構造を統合するためにも利用できる。本発明の一つの目的は、高省エネ率を特徴とし、流体(例えば水)を希望の温度まで継続的(調節しない場合)に加熱する毛管近接ヒーターを提供することである。

0032

本発明を直接利用(蛇口、シャワー、ラジエーターなど)することも、また別の機械、例えば洗濯機、皿洗い機、アイロン、ホットドリンク器(例えばコーヒー、お茶など)、蒸気生成器、あるいは自動車分野において車室や座席を加熱・暖房する補助装置として利用することも本発明の目的となる。

0033

これらの目的を含み、本発明のその他の目的は下記図や例によって説明される。
[図]
図1:温水(流体)を供給することを特徴とする、水(あるいは一般的な流体)を対象とする従来のヒーターの例。
図2:本発明の実施形態の図例。
図3:自動車業界においての車の座席を加熱するという、本発明の産業用の実施形態の図例。
図4:家電製品の家庭用ホットドリンク器(お茶、コーヒー、チョコレート、お茶など)においての本発明の実用の回路図。
図5:家電製品の家庭用ホットドリンク器(お茶、コーヒー、チョコレート、お茶など)においての本発明の実用の図例。
[要約]
高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)あるいはコネクターまたは閉回路(図3)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターを製造するためには、高いまたは非常に高い熱透過率を有するスチールまたはグラフェンが使用され、また本発明は人の飲食物に使用する場合には、食物相応しい材料をもって本発明を加工処理する必要がある。この材料は当業者によく知られているものである。

0034

本発明の好適実施形態(これに限らないが)では、高いまたは非常に高い熱透過率を有する管(1)が使用されるが、必要に応じてでもよく、飲食物に使用される場合にセラミック材料複合材料、あるいはプラスチック被覆された状態でもよい。

0035

下記に示すよう(図3)に束状(8)に構造この毛管(1)には、毛管(1)に電圧を供給するための電気接続部(2)が固定されているが、電流がそこを通ると、ジュール効果で毛管が過熱することになる。

0036

本発明は現在の国際安全規則、およびIPX8の技術仕様に従って適切かつ適当に保護されている。本発明は、また、電子的な遠隔制御装置(4)からのコマンドを受信するようになっており、お湯などの熱い流体(12)を供給する(5)リクエストの有無によって油圧微細ゲート(3)が開閉するようになっている。

0037

毛管の反対側(図2)には、お湯などの熱い流体の出口として、あるいは閉回路や熱交換器への接続部としてノズル(7)が配置されており、遠隔制御装置(4)に温度検出器(6)が接続されている。

0038

過熱と供給の全プロセスが従来技術の電子カード(4)によって制御されるが、このカードは、水が、所定の流量、またポンプ(10)によって大気圧に引き上げられた圧力に応じて、毛管に流入するように適当かつ適切に構築されている。水を希望の温度に加熱するのに必要な電力はその他既知のヒーターシステムに比べて95%以上の削減が実現された。例えば、本発明は次の表(摂氏度)に示すように1℃から蒸気への処理を始める:

0039

0040

精密な計算によると、コーヒーなどに必要な水を89度に加熱するのに必要な電力をミリワットで表すと3ワットとなり、家庭用または専門用コーヒーメーカーに比べて電力の95%以上の削減となる。

0041

油圧微細ゲート(3)の上流側に、精密濾過のための高性能濾過装置(9)(濾過測定が望ましく20ミクロンだが、15と50の間でも作用する)が、95%を超える程度(水の硬度によって差がある)のイオン交換のために石灰岩の屠畜にかけて配置されており、特定の用途分野において、95%以上の空気中浮遊粒子と石灰岩のを回収し、毛管(1)の清潔状態を常に確保するべきである。

0042

管の公称内径のサイズは0.13mm(インスリン注射針)から1000.00mmまで変動するものである。管はまた、家庭用または工業のためにより大量の水などの流体を加熱できるように多少大きい束状(8)に集約することもできる(例えば、3/4、1インチ、あるいはそれより大きい)。このような場合では、既知の物理法則の効果により本来から外部より高温ビーム内の各毛管を走る電気流量を継続的に変動することによって、電子的制御盤(4)が希望の温度を実現できるように適当に調整される。

0043

高省エネを特徴とし、適切な電圧(2)を要件とし、そして流体残留の石炭粒子の除去用精密濾過装置(9)の上流側と、ノズル(7)の下流側との間に設置される毛管近接ヒーターの好適実施形態では、電子的制御盤(4)の下の毛管束(8)は洗濯機の稼働のために水を60℃に加熱することができる。この場合でも、普通の電気抵抗に比べると、エネルギー節約は60%以上となる。

0044

別の好適実施形態では、適切な数の近接ボイラーがシャワーシステム低電力消費のため、バッテリーで電動可能)に利用できる。これで、冷水と混合する必要なく、毛管を加熱するだけで、希望の温度の水を供給できる。

0045

さらに別の好適実施形態では、ヒーターは近接発熱体を利用する。コーヒーメーカー内のお湯を実現するためには、コーヒーなどの熱い飲み物のためのお湯をフィルター(11)から抽出できるように一つあるいはそれ以上の毛管を加熱する必要がある。この場合も、必要な電力がほんの少しなので、グリッドからの電流を利用することなく、3,7ボルトによる8アンペアのバッテリーで全プロセスを達成できることになる。エネルギー節約をさらに引き上げる好適実施形態の例として、車の座席とコックピットの暖房に燃焼あるいは電気エンジンを利用する例が挙げられる(図3)。システムと先端技術の業界では、充電式バッテリー蓄電された電力で駆動される電気エンジンに熱機関が存在しないことがこの手の車両の座席とコックピットの暖房に深刻な課題をもたらしていることがよく知られている。近接ヒーターは閉回路でも作用し、著しいエネルギー節約を達成できる。毛管束(8)を床材天井材に、あるいは座席の中、あるいは希望の部分に蛇行するように適切に敷設することによって車室を暖房することができる。

0046

適切に調節された電子カード(4)は間もなく車室を希望の温度に暖める。同近接ヒーターはまた、熱風を通して出口ノズルを加熱するヒーターとして利用することもできる。この三つの系統を組み合わせると、手軽な暖房・加熱と共に既存の技術に比べて60%のエネルギー節約を実現することもできる。

図面の簡単な説明

0047

温水(流体)を供給することを特徴とする、水(あるいは一般的な流体)を対象とする従来のヒーターの例。
本発明の実施形態の図例。
自動車業界においての車の座席を加熱するという、本発明の産業用の実施形態の図例。
家電製品の家庭用ホットドリンク器(お茶、コーヒー、チョコレート、お茶など)においての本発明の実用の回路図。
家電製品の家庭用ホットドリンク器(お茶、コーヒー、チョコレート、お茶など)においての本発明の実用の図例。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ノーリツの「 熱交換器及び温水装置」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】燃焼ガスとの熱交換効率を改善することができる熱交換器を提供する。【解決手段】熱交換器は、燃焼ガスを流入させるガス入口30cと、燃焼ガスを流出させるガス出口30dとを有する熱交換器である。熱交換... 詳細

  • 株式会社ノーリツの「 熱交換器及び温水装置」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】熱交換効率が改善された熱交換器を提供する。【解決手段】熱交換器は、第1方向に交差している第1面内において蛇行している第1伝熱管と、第1方向に交差している第2面内において蛇行している第2伝熱管と... 詳細

  • 株式会社パロマの「 風呂給湯器」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】浴槽につかる際のヒートショックのおそれを低減する。【解決手段】風呂給湯器のコントローラは、S41の判別で、室温サーミスタから検出される室温が、ヒートショック対策が必要な温度(例えば15℃以下)... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ