図面 (/)

技術 検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法及び装置

出願人 バイドゥオンラインネットワークテクノロジー(ベイジン)カンパニーリミテッド
発明者 ドンチャンヤンツァンツェンピンツゥイヤンツァンツェンツォウチータンチン
出願日 2015年9月25日 (3年9ヶ月経過) 出願番号 2017-528100
公開日 2018年1月25日 (1年5ヶ月経過) 公開番号 2018-502372
状態 特許登録済
技術分野 検索装置 計算機におけるファイル管理
主要キーワード インターフェースパラメータ インターネットコンテンツプロバイダ キー値対 コンピュータクラスタ フィルタ処理ユニット ポート番 ウェブサイト中 技術的解決策
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

本開示は、検索エンジンウェブサイト認証データを提供するための方法及び装置を提供し、前記方法は、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップと、ウェブサイト認証データを記憶するステップと、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するステップとを含む。前記方法によって、検索エンジンは、完全なウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

概要

背景

ユーザが入力した検索キーワードを使用して検索を実施するとき、検索エンジンは、検索結果の信憑性を確保するように、対応する検索結果にリンクされる認証データを取得する必要がある。図6に示されるように、「V2」に対応するボックス中の内容は、検索結果についてのウェブサイト認証データのほんの一部である。現在では、それぞれのウェブサイト認証データは、異なるトラフィック(例えば、Baidu Statistics、Baidu Koubei(口コミ)、Baidu Baike(百科事典)など)に分散されるので、検索エンジンは、ウェブサイト認証データを検索するとき、検索結果のURL(ユニフォームリソースロケータ、uniform resource locators)に基づいた異なるトラフィック内で検索しなければならない。例えば、検索エンジンは、口コミの認証トラフィック内で、ウェブサイトのネットワーク市民コメントデータを検索する必要があり、一方、電話認証トラフィック内で、ウェブサイトの電話認証データを検索する必要がある。異なるトラフィック内の検索から取得される認証データは、反復される可能性があり、又は更新されない可能性がある。したがって、検索エンジンがウェブサイト認証データを検索する既存の手法は、やや非効率であり、これは、検索エンジンに、その検索速度及び認証データの正確さにおいて影響を及ぼす。

概要

本開示は、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法及び装置を提供し、前記方法は、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップと、ウェブサイト認証データを記憶するステップと、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するステップとを含む。前記方法によって、検索エンジンは、完全なウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

目的

本開示は、コンピュータの分野に関し、より詳細には、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

検索エンジンウェブサイト認証データを提供するための方法であって、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップと、前記ウェブサイト認証データを記憶するステップと、前記ウェブサイト認証データを取り出すための前記検索エンジンからの要求を受信したとき、前記記憶されたウェブサイト認証データを前記検索エンジンに送信するステップとを含む、前記方法。

請求項2

ウェブサイト認証データを記憶するステップが、受信したウェブサイト認証データを直接記憶するステップ、又は前記ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成して、前記再編成したウェブサイト認証データを記憶するステップを含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するステップが、関連するウェブサイト認証データを取り出すために、前記ウェブサイト認証データを、ユニフォームリソースロケータ及び/又はユーザ識別子によってインデックスされるものへと再編成するステップを特に含む、請求項2に記載の方法。

請求項4

ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するステップが、ユニフォームリソースロケータによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザ識別子によってインデックスされたデータから分離し、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされた前記データをマージするステップと、同じユーザ識別子によってインデックスされた前記データをマージするステップとを特に含む、請求項3に記載の方法。

請求項5

受信したウェブサイト認証データから重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去するステップをさらに含む、請求項1〜4のいずれかに記載の方法。

請求項6

ウェブサイト認証データを記憶するステップが、前記ウェブサイト認証データの更新時間を記憶するステップをさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項7

検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置であって、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するように構成される受信ユニットと、前記ウェブサイト認証データを記憶するように構成される記憶ユニットと、前記ウェブサイト認証データを取り出すための前記検索エンジンからの要求を受信したとき、前記記憶されたウェブサイト認証データを前記検索エンジンに送信するように構成される送信ユニットとを備える、前記装置。

請求項8

記憶ユニットが、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するように構成される再編成サブユニットと、前記再編成したウェブサイト認証データを記憶するように構成される記憶サブユニットとを備える、請求項7に記載の装置。

請求項9

再編成サブユニットが、関連するウェブサイト認証データを取り出すために、ウェブサイト認証データを、ユニフォームリソースロケータ及び/又はユーザ識別子によってインデックスされるものへと再編成するように特に構成される、請求項8に記載の装置。

請求項10

再編成サブユニットが、ユニフォームリソースロケータによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザ識別子によってインデックスされたデータから分離して、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされた前記データをマージし、同じユーザ識別子によってインデックスされた前記データをマージするように特に構成される、請求項9に記載の装置。

請求項11

受信したウェブサイト認証データから重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去するように構成されるフィルタ処理ユニットをさらに備える、請求項7〜10のいずれかに記載の装置。

請求項12

記憶ユニットが、ウェブサイト認証データの更新時間を記憶するようにさらに構成される、請求項7に記載の装置。

請求項13

実行されると、請求項1〜6のいずれかに記載の方法を実施させるコンピュータ命令を記憶する、コンピュータ可読記憶媒体

請求項14

実行されると、請求項1〜6のいずれかに記載の方法を実施させる、コンピュータプログラム製品

請求項15

メモリプロセッサとを備えるコンピュータデバイスであって、前記メモリがコンピュータコードを記憶し、前記プロセッサが、前記コンピュータコードを実行することによって、請求項1〜6のいずれかに記載の方法を実施するように構成される、前記コンピュータデバイス。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本出願は、参照によりその内容が本明細書に組み込まれる、2014年11月27日に出願され、「Method and Apparatus for Providing Website Authentication Data for Search Engine」という名称の中国特許出願第201410706699.3号の優先権を主張する。

0002

本開示は、コンピュータの分野に関し、より詳細には、検索エンジンウェブサイト認証データを提供するための方法及び装置に関する。

背景技術

0003

ユーザが入力した検索キーワードを使用して検索を実施するとき、検索エンジンは、検索結果の信憑性を確保するように、対応する検索結果にリンクされる認証データを取得する必要がある。図6に示されるように、「V2」に対応するボックス中の内容は、検索結果についてのウェブサイト認証データのほんの一部である。現在では、それぞれのウェブサイト認証データは、異なるトラフィック(例えば、Baidu Statistics、Baidu Koubei(口コミ)、Baidu Baike(百科事典)など)に分散されるので、検索エンジンは、ウェブサイト認証データを検索するとき、検索結果のURL(ユニフォームリソースロケータ、uniform resource locators)に基づいた異なるトラフィック内で検索しなければならない。例えば、検索エンジンは、口コミの認証トラフィック内で、ウェブサイトのネットワーク市民コメントデータを検索する必要があり、一方、電話認証トラフィック内で、ウェブサイトの電話認証データを検索する必要がある。異なるトラフィック内の検索から取得される認証データは、反復される可能性があり、又は更新されない可能性がある。したがって、検索エンジンがウェブサイト認証データを検索する既存の手法は、やや非効率であり、これは、検索エンジンに、その検索速度及び認証データの正確さにおいて影響を及ぼす。

発明が解決しようとする課題

0004

本開示によって解決される技術的問題のうちの1つは、検索エンジンの検索速度を向上させるように、検索エンジンに複数の認証データソースに分散されたウェブサイト認証データを迅速に提供することである。

課題を解決するための手段

0005

本発明の一態様による実施形態は、
複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップと、
ウェブサイト認証データを記憶するステップと、
ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するステップと
を含む、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法を提供する。

0006

ウェブサイト認証データを記憶するステップが、
受信したウェブサイト認証データを直接記憶するステップ、又は
ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成して、再編成したウェブサイト認証データを記憶するステップ
を含んでもよい。

0007

ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するステップが、
関連するウェブサイト認証データを取り出すために、ウェブサイト認証データを、ユニフォームリソースロケータ及び/又はユーザ識別子によってインデックスされるものへと再編成するステップ
を特に含んでもよい。

0008

ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するステップが、
ユニフォームリソースロケータによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザ識別子によってインデックスされたデータから分離し、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされたデータをマージするステップと、
同じユーザ識別子によってインデックスされたデータをマージするステップと
を特に含んでもよい。

0009

方法は、
受信したウェブサイト認証データから重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去するステップ
をさらに含んでもよい。

0010

ウェブサイト認証データを記憶するステップが、
ウェブサイト認証データの更新時間を記憶するステップ
をさらに含んでもよい。

0011

本開示の別の態様による実施形態は、
複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するように構成される受信ユニットと、
ウェブサイト認証データを記憶するように構成される記憶ユニットと、
ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するように構成される送信ユニット
を備える、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置を提供する。

0012

記憶ユニットが、
ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するように構成される再編成サブユニットと、
再編成したウェブサイト認証データを記憶するように構成される記憶サブユニットと
を備えてもよい。

0013

再編成サブユニットが、
関連するウェブサイト認証データを取り出すために、ウェブサイト認証データを、ユニフォームリソースロケータ及び/又はユーザ識別子によってインデックスされるものへと再編成する
ように特に構成されてもよい。

0014

再編成サブユニットが、
ユニフォームリソースロケータによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザ識別子によってインデックスされたデータから分離して、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされたデータをマージし、
同じユーザ識別子によってインデックスされたデータをマージする
ように特に構成されてもよい。

0015

装置が、
受信したウェブサイト認証データから重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去するように構成されるフィルタ処理ユニット
をさらに備えてもよい。

0016

記憶ユニットが、
ウェブサイト認証データの更新時間を記憶する
ようにさらに構成されてもよい。

0017

この実施形態では、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信できるように、複数の認証データソースからのウェブサイト認証データを受信して一緒に記憶することができる。この方法によって、検索エンジンは、複数の認証データソースに分散されたウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

0018

下の詳細な説明は例示的な実施形態及び添付図面に言及するが、本発明はそれらの実施形態に限定されないことを当業者なら理解されよう。その代わりに、本開示の範囲は、広範であり、添付の特許請求の範囲によってのみ限定されることが意図される。

図面の簡単な説明

0019

他の特徴、目的、及び利点は、添付図面を参照して、非限定的な実施形態の詳細な説明を読むことによってより明らかとなろう。
本開示の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法の流れ図である。
本開示の別の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法の流れ図である。
本開示の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置の構造図である。
本開示の実施形態による、記憶ユニットの構造図である。
本開示の別の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置の構造図である。
背景技術中の、ウェブサイト認証データの、検索エンジン検索及び表示部の概略図である。

実施例

0020

図面中の同じ又は同様の参照番号は、同じ又は同様の部分を表す。

0021

以降で、本発明は、添付図面を参照してさらに詳細に記載されることになる。

0022

図1は、本開示の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法の流れ図である。本発明中の方法は、主に、コンピュータデバイス中のオペレーティングシステム又は処理コントローラを通して実装される。オペレーティングシステム又は処理コントローラとは、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置を言う。コンピュータデバイスは、限定するものではないが、ユーザ機器ネットワークデバイスのうちの少なくとも1つを含む。ユーザ機器は、限定するものではないが、コンピュータ、スマートフォン、PDAなどを含む。ネットワークデバイスは、限定するものではないが、単一のネットワークサーバ、複数のネットワークサーバからなるサーバグループ、又はクラウドコンピューティングに基づく多数のコンピュータ若しくはネットワークサーバからなるクラウドを含み、クラウドコンピューティングは、ある種の分散コンピューティングであり、疎結合コンピュータクラスタグループからなる超仮想コンピュータである。

0023

図1に図示されるように、この実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法は、主に、以下のステップを含む。すなわち、
S100:複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップ
S110:ウェブサイト認証データを記憶するステップ
S130:ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するステップ

0024

以降では、ステップが、それぞれさらに詳述されることになる。

0025

ステップS100で、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信することとは、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされるウェブサイト認証データを受信すること、又はそれぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得することを指すことがある。

0026

特に、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式について、特定の実施形態では、ウェブサイト認証データは、それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることによって受信することができる。それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることとは、それぞれのウェブサイトへのインターフェースのインターフェース情報公開することを指す。インターフェース情報は、インターフェースのIPアドレスポート番号、ポートファイル名、及びそれぞれのウェブサイトに公開されるインターフェースパラメータのうちの少なくとも1つを含む。インターフェースは、そのインターフェースを介して、それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを受信できる、HTTPハイパーテキスト転送プロトコル、Hypertext Transfer Protocol)に基づいたインターフェースを起動するリモートプロセスであってよい。それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式によれば、ウェブサイトが、ウェブサイトのウェブサイト認証データを更新するとき、更新されたウェブサイト認証データを適時に受信することができる。

0027

それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得する方式について、獲得時間期間を設定することができ、獲得時間期間は、実時間獲得又は周期的獲得であってよい。

0028

特に、受信したウェブサイト認証データは、任意のウェブサイトの、異なる種類のウェブサイト認証データを含む場合があり、当然、受信したウェブサイト認証データがウェブサイトの全ての認証データを含む場合がある。例えば、受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイトが属する企業の関連情報の中でも、とりわけ、名前ビジネスの範囲、産業、ウェブサイトのICP(インターネットコンテンツプロバイダ、Internet Content Provider)登録番号を含むことができる。受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイト上のネットワーク市民のコメントなどの口コミ情報をも含むことができる。受信される異なる種類のウェブサイト認証データは、例えば、ウェブサイト認証、公的ウェブサイト認証、電話認証、又は口コミ認証など、認証ウェブサイトの異なるトラフィックから来る場合がある。

0029

この実施形態では、受信されるウェブサイト認証データは主に2つの種類へと分けられる。例えば、受信されるウェブサイト認証データは、以下の2つの種類を含むことができる。

0030

自発的認証データ
一般的に、ユーザが、アカウントを認証ウェブサイトに登録し、それによって、ユーザIDが生成される。この種類のウェブサイト認証データとは、以下すなわち、ウェブサイトアドレス、ウェブサイトのICP登録番号、並びに名前、ビジネスの範囲、及びウェブサイトが属する企業の産業などのうちの少なくとも1つを含むユーザIDに基づいて記入される認証データのことを指し、したがって、この種類のウェブサイト認証データの編成形態は、1つのユーザIDが複数の認証データに対応するものである。複数のウェブサイトが1つのユーザIDを共有する、すなわち、複数のウェブサイトのユーザIDが同一である状況が存在するため、異なるウェブサイトから取得された異なるウェブサイト認証データが同じユーザIDに対応することが起こり得る。

0031

受動的認証データ
この種類のウェブサイト認証データとは、コメント内容、コメントの数、「いいね」比率などを含む、ウェブサイトに関するネットワーク市民のコメントデータのことを指す。

0032

複数の認証データソースは、ウェブサイト認証データを提供できる異なるトラフィックであり得ることに留意されたい。例えば、ウェブサイトの電話認証データを提供できる電話認証サービス、又は口コミ関連データを提供できる口コミ認証サービスがある。これらの異なるサービスは、同じウェブサイト中に配置される、又は異なるウェブサイト中に配置される場合がある。

0033

ステップS110で、ウェブサイト認証データを記憶する目的とは、検索エンジンがウェブサイト認証データを取り出すときに、それぞれのトラフィックを別個ルックアップする必要なしに、完全なウェブサイト認証データを記憶デバイス(例えば、リレーショナルデータベース)から迅速に獲得することができ、このことによって、ウェブサイト認証データを取り出す際の検索エンジンの速度を促進することである。

0034

ウェブサイト認証データを記憶するとき、更新時間を保存することができる。例えば、ウェブサイト認証データの更新時間をタイムスタンプに基づいて識別できるように、対応するウェブサイト認証データの認証内容欄にタイムスタンプを追加することができる。

0035

加えて、同じウェブサイトの同じ内容を備えるウェブサイト認証データを繰り返し受信するのを回避するために、ウェブサイト認証データを受信した後、重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去することができる。言い換えると、この実施形態は、ネットワークパケットフィルタ処理メカニズムを提供し、ネットワークパケットフィルタ処理メカニズムは、同じウェブサイトの2つの隣接するウェブサイト認証パケット中の内容が同一であるかどうかを比較することによって、それらが重複するウェブサイト認証データであるかどうかを決定する。特に、フィルタ処理動作は、ウェブサイト認証データを記憶する前、ウェブサイト認証データを受信した後に実施することができる。

0036

例えば、同じウェブサイトからのウェブサイト認証データについて、毎回受信するウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5(メッセージダイジェストアルゴリズム5、Message Digest Algorithm 5th Edition)値が計算されて記録される。現在受信したウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5値は、前回記録されたMD5値と比較される。同一である場合、2回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データが重複するデータであることを示す。次いで、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データをフィルタ除去する、例えば、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データを破棄することができる。異なる場合、後続の処理を実施することができる。

0037

ステップS120で、ウェブサイト認証データを取り出すための、検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信する。言い換えると、検索エンジンが取り出し動作を実施すると、検索エンジンは、取り出されるウェブサイトのURL及び/又はユーザIDを検索キーワードとして使用して、ウェブサイトに対応するウェブサイト認証データを取り出すことになる。次いで、検索キーワードに基づいて、ウェブサイトに対応する完全なウェブサイト認証データを、現在記憶されているウェブサイト認証データの中から迅速に見いだすことができる。

0038

この実施形態における、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供する方法によれば、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信できるように、任意のウェブサイト中の複数の認証データソースからのウェブサイト認証データを一緒に記憶することができる。この方法によって、検索エンジンは、複数の認証データソースに分散されたウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

0039

図2は、本開示の別の実施形態による、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための方法の流れ図である。方法は、主に、以下のステップを含む。すなわち、
S200:複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するステップ
S210:ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成して、再編成したウェブサイト認証データを取得するステップ
S220:再編成したウェブサイト認証データを記憶するステップ
S230:ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶し再編成したウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するステップ

0040

以降では、ステップが、それぞれさらに詳述されることになる。

0041

ステップS200で、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信することとは、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされるウェブサイト認証データを受信すること、又はそれぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得することを指す。

0042

特に、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式について、特定の実施形態では、ウェブサイト認証データは、それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることによって受信することができる。それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることとは、それぞれのウェブサイトへのインターフェースのインターフェース情報を公開することを指す。インターフェース情報は、インターフェースのIPアドレス、ポート番号、ポートファイル名、及びそれぞれのウェブサイトに公開されるインターフェースパラメータのうちの少なくとも1つを含む。インターフェースは、そのインターフェースを介して、それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを受信できる、HTTP(ハイパーテキスト転送プロトコル)に基づいたインターフェースを起動するリモートプロセスであってよい。それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式によれば、ウェブサイトが、ウェブサイトのウェブサイト認証データを更新するとき、更新されたウェブサイト認証データを適時に受信することができる。

0043

それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得する方式について、獲得時間期間を設定することができ、獲得時間期間は、実時間獲得又は周期的獲得であってよい。

0044

特に、受信したウェブサイト認証データは、任意のウェブサイトの、異なる種類のウェブサイト認証データを含む場合があり、当然、受信したウェブサイト認証データがウェブサイトの全ての認証データを含む場合がある。例えば、受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイトが属する企業の関連情報の中でも、とりわけ、名前、ビジネスの範囲、産業、ウェブサイトのICP(インターネットコンテンツプロバイダ)登録番号を含むことができる。受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイト上のネットワーク市民のコメントなどの口コミ情報をも含むことができる。受信される異なる種類のウェブサイト認証データは、例えば、ウェブサイト認証、公的ウェブサイト認証、電話認証、又は口コミ認証など、認証ウェブサイトの異なるトラフィックから来る場合がある。

0045

この実施形態では、受信されるウェブサイト認証データは主に2つの種類へと分けられる。例えば、受信されるウェブサイト認証データは、以下の2つの種類を含むことができる。

0046

自発的認証データ
一般的に、ユーザが、アカウントを認証ウェブサイトに登録し、それによって、ユーザIDが生成される。この種類のウェブサイト認証データとは、以下すなわち、ウェブサイトアドレス、ウェブサイトのICP登録番号、並びに名前、ビジネスの範囲、及びウェブサイトが属する企業の産業などのうちの少なくとも1つを含むユーザIDに基づいて記入される認証データのことを指し、したがって、この種類のウェブサイト認証データの編成形態は、1つのユーザIDが複数の認証データに対応するものである。複数のウェブサイトが1つのユーザIDを共有する、すなわち、複数のウェブサイトのユーザIDが同一である状況が存在するため、異なるウェブサイトから取得された異なるウェブサイト認証データが同じユーザIDに対応することが起こり得る。

0047

受動的認証データ
この種類のウェブサイト認証データとは、コメント内容、コメントの数、「いいね」比率などを含む、ウェブサイトに関するネットワーク市民のコメントデータのことを指す。

0048

複数の認証データソースは、ウェブサイト認証データを提供できる異なるトラフィックであり得ることに留意されたい。例えば、ウェブサイトの電話認証データを提供できる電話認証サービス、又は口コミ関連データを提供できる口コミ認証サービスがある。これらの異なるサービスは、同じウェブサイト中に配置される、又は異なるウェブサイト中に配置される場合がある。

0049

加えて、同じウェブサイトの同じ内容を備えるウェブサイト認証データを繰り返し受信するのを回避するために、ウェブサイト認証データを受信した後、重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去することができる。言い換えると、この実施形態は、ネットワークパケットフィルタ処理メカニズムを提供し、ネットワークパケットフィルタ処理メカニズムは、同じウェブサイトの2つの隣接するウェブサイト認証パケット中の内容が同一であるかどうかを比較することによって、それらが重複するウェブサイト認証データであるかどうかを判定する。

0050

例えば、同じウェブサイトからのウェブサイト認証データについて、毎回受信するウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5(メッセージダイジェストアルゴリズム5)値が計算されて記録される。現在受信したウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5値は、前回記録されたMD5値と比較される。同一である場合、2回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データが重複するデータであることを示す。次いで、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データをフィルタ除去する、例えば、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データを破棄することができる。異なる場合、後続の処理を実施することができる。

0051

ステップS210で、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成して、再編成したウェブサイト認証データを取得する。検索エンジンが取り出すことを容易にすることとは、複数の認証データをルックアップし、次いで獲得する必要なしに、検索エンジンが、複数の認証データソース中に分散されたウェブサイト認証データを迅速に見いだすのを容易にすることを指す。

0052

具体的には、それによって関連するウェブサイト認証データを取り出すために、ウェブサイト認証データを、URL(ユニフォームリソースロケータ)及び/又はユーザIDによってインデックスされるものへと再編成すること、例えば、キーワードとしてURL及び/又はユーザIDを備えるキー値対のデータ構造へと再編成することができる。言い換えると、ウェブサイト認証データ及び対応する認証内容中のユーザIDとURLとがキー値対を形成して、検索エンジンが、URL及び/又はユーザIDにしたがってウェブサイトの完全なウェブサイト認証データを取り出すことを容易にすることができる。

0053

特に、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するステップが、以下の処理ステップ、すなわち、
最初に、URLによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザIDによってインデックスされたデータから分離し、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされたデータをマージするステップ
を特に含むことができる。
例えば、上述された2種類のウェブサイト認証データについて、形成されるキー値対は、それぞれ下記であってよい。
ユーザID−>{(URL1/URL2/URL3…)、企業関連情報}、及び
URL−>{口コミ関連情報}

0054

その中の企業関連情報は、限定するものではないが、企業名、ウェブサイトのICP登録番号、公的なウェブサイト認証クエリ、企業のビジネス範囲、企業が属する産業、などを含む。その中の口コミ関連情報は、限定するものではないが、コメント内容、コメントの数、及び「いいね」比率などを含む。

0055

URLによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザIDによってインデックスされたデータから分離することとは、URL1/URL2/URL3…でインデックスされたウェブサイト認証データをキー値対ユーザID−>{(URL1/URL2/URL3…)、企業関連情報}から分離することを指す。分離するステップの結果は以下で提供される。
URL1−>{ユーザID、企業関連情報}、URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…

0056

URLがURL1と同一であると仮定すると、同じURLによってインデックスされたデータがマージされる。すなわち、URL及びURL1に対応するウェブサイト認証データをマージすることになる。マージするステップの結果は以下である。
URL−>{口コミ関連情報、企業関連情報}、及び
URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、
URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…

0057

その後、同じユーザIDでインデックスされたデータがマージされる。

0058

上述したように、異なるウェブサイトから獲得された異なるウェブサイト認証データが同じユーザIDに対応する状況が存在するため、同じユーザIDによってインデックスされたウェブサイト認証データをマージすることができる。マージされた結果は、ユーザID−>{企業関連情報}である。

0059

2つのキー値対を再編成することから得られるウェブサイト認証データは以下である。
URL−>{口コミ関連情報、企業関連情報}、及び
URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、
URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…
ユーザID−>{企業関連情報}

0060

ウェブサイト認証データは、場合によっては、任意のときに更新されるので、再編成されるキー値は、内容の部分を追加すること、例えば電話認証若しくは公的ウェブサイトを追加すること、又は内容の部分を削除すること、例えば公的ウェブサイト若しくは電話認証を削除すること、又は内容の部分を変更すること、例えば口コミ関連情報を変更することなどを含む、更新されるウェブサイト認証データによる対応する変更を受ける場合があることが理解できる。

0061

ステップS220で、再編成されたウェブサイト認証データを記憶する目的とは、検索エンジンがウェブサイト認証データを取り出すときに、それぞれのトラフィックから認証ウェブサイトのウェブサイト認証データをルックアップする必要なしに、それぞれ完全なウェブサイト認証データを記憶デバイス(例えば、リレーショナルデータベース)から迅速に獲得することができ、このことによって、ウェブサイト認証データを取り出す際の検索エンジンの速度を促進することである。

0062

再編成されたウェブサイト認証データが記憶されると、1つの実装方式は、再編成の後に得られるキー値対のために2つの表、すなわちユーザ情報及びURL情報確立することができ、ここで、ユーザID及びURLが主要キーであり、対応する認証内容が対応する項目である。

0063

加えて、再編成されたウェブサイト認証データを記憶するとき、更新時間を保存することができる。例えば、ウェブサイト認証データの更新時間をタイムスタンプに基づいて識別できるように、ユーザ情報及びURL情報の表の認証内容欄にタイムスタンプを追加することができる。

0064

ステップS230で、ウェブサイト認証データを取り出すための、検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶し再編成されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信する。言い換えると、検索エンジンが取り出し動作を実施すると、検索エンジンは、検索キーワードとして、取り出されるウェブサイトのURL及び/又はユーザIDを備えるウェブサイトに対応するウェブサイト認証データを取り出すことになる。次いで、検索キーワードに基づいて、ウェブサイトに対応する完全なウェブサイト認証データを、現在記憶されているウェブサイト認証データの中から迅速に見いだすことができる。

0065

この実施形態における、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供する方法によれば、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶し再編成したウェブサイト認証データを検索エンジンに送信できるように、複数の認証データソースからのウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成することができ、再編成したウェブサイト認証データを記憶する。この方法によって、検索エンジンは、完全な、再編成されたウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

0066

上で論じたのは、本願の実施形態により提供される、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供する方法である。上の方法と同じ考えにしたがって、本願の実施形態は、図3に示されるように、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供するための装置をも提供し、装置は、主に、受信ユニット300と、記憶ユニット310と、送信ユニット320とを備える。

0067

特に、受信ユニット300は、主に、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信するように構成される。

0068

具体的には、受信ユニット300によって、複数の認証データソースからウェブサイト認証データを受信することとは、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされるウェブサイト認証データを受信すること、又はそれぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得することを指す。

0069

特に、それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式について、具体的な実施形態では、ウェブサイト認証データは、それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることによって受信することができる。それぞれのウェブサイトに開かれたインターフェースを設けることとは、それぞれのウェブサイトへのインターフェースのインターフェース情報を公開することを指す。インターフェース情報は、インターフェースのIPアドレス、ポート番号、ポートファイル名、及びそれぞれのウェブサイトに公開されるインターフェースパラメータのうちの少なくとも1つを含む。インターフェースは、そのインターフェースを介して、それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを受信できる、HTTP(ハイパーテキスト転送プロトコル)に基づいたインターフェースを起動するリモートプロセスであってよい。それぞれのウェブサイトによって自発的にプッシュされたウェブサイト認証データを受信する方式によれば、ウェブサイトが、ウェブサイトのウェブサイト認証データを更新するとき、更新されたウェブサイト認証データを適時に受信することができる。

0070

それぞれのウェブサイトのウェブサイト認証データを自発的に獲得する方式について、獲得時間期間を設定することができ、獲得時間期間は、実時間獲得又は周期的獲得であってよい。

0071

特に、受信したウェブサイト認証データは、任意のウェブサイトの、異なる種類のウェブサイト認証データを含む場合があり、当然、受信したウェブサイト認証データがウェブサイトの全ての認証データを含む場合がある。例えば、受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイトが属する企業の関連情報の中でも、とりわけ、名前、ビジネスの範囲、産業、ウェブサイトのICP(インターネットコンテンツプロバイダ)登録番号を含むことができる。受信したウェブサイト認証データは、ウェブサイト上のネットワーク市民のコメントなどの口コミ情報をも含むことができる。受信される異なる種類のウェブサイト認証データは、例えば、ウェブサイト認証、公的ウェブサイト認証、電話認証、又は口コミ認証など、認証ウェブサイトの異なるトラフィックから来る場合がある。

0072

この実施形態では、受信されるウェブサイト認証データは主に2つの種類へと分けられる。例えば、受信されるウェブサイト認証データは、以下の2つの種類を含むことができる。

0073

自発的認証データ
一般的に、ユーザが、アカウントを認証ウェブサイトに登録し、それによって、ユーザIDが生成される。この種類のウェブサイト認証データとは、以下すなわち、ウェブサイトアドレス、ウェブサイトのICP登録番号、並びに名前、ビジネスの範囲、及びウェブサイトが属する企業の産業などのうちの少なくとも1つを含むユーザIDに基づいて記入される認証データのことを指し、したがって、この種類のウェブサイト認証データの編成形態は、1つのユーザIDが複数の認証データに対応するものである。複数のウェブサイトが1つのユーザIDを共有する、すなわち、複数のウェブサイトのユーザIDが同一である状況が存在するため、異なるウェブサイトから取得された異なるウェブサイト認証データが同じユーザIDに対応することが起こり得る。

0074

受動的認証データ
この種類のウェブサイト認証データとは、コメント内容、コメントの数、「いいね」比率などを含む、ウェブサイトに関するネットワーク市民のコメントデータのことを指す。

0075

複数の認証データソースは、ウェブサイト認証データを提供できる異なるトラフィックであり得ることに留意されたい。例えば、ウェブサイトの電話認証データを提供できる電話認証サービス、又は口コミ関連データを提供できる口コミ認証サービスがある。これらの異なるサービスは、同じウェブサイト中に配置される、又は異なるウェブサイト中に配置される場合がある。

0076

特に、記憶ユニット310は、主に、ウェブサイト認証データを記憶するように構成される。

0077

ウェブサイト認証データを記憶する目的とは、検索エンジンがウェブサイト認証データを取り出すときに、複数の認証データソースを別個にルックアップする必要なしに、元々複数の認証データソースに分散されたウェブサイト認証データを記憶デバイス(例えば、リレーショナルデータベース)から迅速に獲得することができ、このことによって、ウェブサイト認証データを取り出す際の検索エンジンの速度を促進することである。

0078

実施形態では、記憶ユニット310は、受信ユニット300によって受信されたウェブサイト認証データを直接記憶することができる。

0079

別の実施形態では、図4に示されるように、記憶ユニット310は、ウェブサイト認証データを記憶するために以下のサブユニットすなわち、再編成サブユニット3101及び記憶サブユニット3102をさらに備えることができる。

0080

再編成サブユニット3101は、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成するように構成される。

0081

再編成サブユニット3101は、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成し、再編成したウェブサイト認証データを取得する。検索エンジンが取り出すことを容易にすることとは、複数の認証データをルックアップし、次いで獲得する必要なしに、検索エンジンが、複数の認証データソース中に分散されたウェブサイト認証データを迅速に見いだすのを容易にすることを指す。

0082

具体的には、再編成サブユニット3101は、それによって関連するウェブサイト認証データを取り出すために、ウェブサイト認証データを、URL(ユニフォームリソースロケータ)及び/又はユーザIDによってインデックスされるものへと再編成すること、例えば、キーワードとしてURL及び/又はユーザIDを使用するキー値対のデータ構造へと再編成することができる。言い換えると、ウェブサイト認証データ及び対応する認証内容中のユーザIDとURLとがキー値対を形成して、検索エンジンが、URL及び/又はユーザIDにしたがってウェブサイトの完全なウェブサイト認証データを取り出すことを容易にすることができる。

0083

特に、再編成サブユニット3101が、ウェブサイト認証データを、検索エンジンが取り出すことを容易にするデータ構造へと再編成することが、以下の動作、すなわち、
最初に、URLによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザIDによってインデックスされたデータから分離し、同じユニフォームリソースロケータによってインデックスされたデータをマージすること
を特に含むことができる。
例えば、上述された2種類のウェブサイト認証データについて、形成されるキー値対は、それぞれ下記であってよい。
ユーザID−>{(URL1/URL2/URL3…)、企業関連情報}、及び
URL−>{口コミ関連情報}

0084

その中の企業関連情報は、限定するものではないが、企業名、ウェブサイトのICP登録番号、公的なウェブサイト認証クエリ、企業のビジネス範囲、企業が属する産業、などを含む。その中の口コミ関連情報は、限定するものではないが、コメント内容、コメントの数、及び「いいね」比率などを含む。

0085

URLによってインデックスされたウェブサイト認証データをユーザIDによってインデックスされたデータから分離することとは、URL1/URL2/URL3…でインデックスされたウェブサイト認証データをキー値対ユーザID−>{(URL1/URL2/URL3…)、企業関連情報}から分離することを指す。分離するステップの結果は以下で提供される。
URL1−>{ユーザID、企業関連情報}、URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…

0086

URLがURL1と同一であると仮定すると、同じURLによってインデックスされたデータがマージされる、すなわち、URL及びURL1に対応するウェブサイト認証データをマージすることになる。マージの結果は以下である。
URL−>{口コミ関連情報、企業関連情報}、及び
URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、
URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…

0087

その後、同じユーザIDでインデックスされたデータがマージされる。

0088

上述したように、異なるウェブサイトから獲得された異なるウェブサイト認証データが同じユーザIDに対応する状況が存在するため、同じユーザIDによってインデックスされたウェブサイト認証データをマージすることができる。マージされた結果は、ユーザID−>{企業関連情報}である。

0089

2つのキー値対を再編成することから得られるウェブサイト認証データは以下である。
URL−>{口コミ関連情報、企業関連情報}、及び
URL2−>{ユーザID、企業関連情報}、
URL3−>{ユーザID、企業関連情報}、…
ユーザID−>{企業関連情報}

0090

ウェブサイト認証データが、場合によっては、任意のときに更新されるので、内容の部分を追加すること、例えば電話認証若しくは公的ウェブサイトを追加すること、又は内容の部分を削除すること、例えば公的ウェブサイト若しくは電話認証を削除すること、又は内容の部分を変更すること、例えば口コミ関連情報を変更することなどを含む、更新されたウェブサイト認証データにしたがって、再編成されたウェブサイト認証データを再編成サブユニット3101が対応して変更できることが理解できる。

0091

特に、記憶サブユニット3102は、再編成されたウェブサイト認証データを記憶するように構成される。記憶サブユニット3102が再編成されたウェブサイト認証データを記憶すると、1つの実装方式は、再編成の後に得られるキー値対のために2つの表、すなわちユーザ情報及びURL情報を確立することができ、ここで、ユーザID及びURLが主要キーであり、対応する認証内容が対応する項目である。

0092

加えて、この実施形態中の記憶ユニット310は、ウェブサイト認証データを記憶するときに、更新時間を保存することができる。例えば、再編成されたウェブサイト認証データについて、ウェブサイト認証データの更新時間をタイムスタンプに基づいて識別できるように、ユーザ情報及びURL情報の表の認証内容欄にタイムスタンプを追加することができる。

0093

特に、送信ユニット320は、主に、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信するように構成される。言い換えると、検索エンジンが取り出し動作を実施すると、検索エンジンは、検索キーワードとして、取り出されるウェブサイトのURL及び/又はユーザIDを使用してウェブサイトに対応するウェブサイト認証データを取り出すことになる。次いで、検索キーワードに基づいて、ウェブサイトに対応する完全なウェブサイト認証データを、現在記憶されているウェブサイト認証データの中から迅速に見いだすことができる。

0094

図5に示されるように、この実施形態中の装置は、
主に、受信したウェブサイト認証データの中から重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去するように構成されるフィルタ処理ユニット330
をさらに備えてもよい。

0095

同じウェブサイトの同じ内容を備えるウェブサイト認証データを繰り返し受信するのを回避するために、フィルタ処理ユニット330は、受信ユニット330がウェブサイト認証データを受信した後、重複するウェブサイト認証データをフィルタ除去する。同じウェブサイトの2つの隣接するウェブサイト認証パケット中の内容が同一であるかどうかを比較することによって、それらが重複するウェブサイト認証データであるかどうかを決定することができる。

0096

例えば、同じウェブサイトからのウェブサイト認証データについて、毎回受信するウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5(メッセージダイジェストアルゴリズム5)値が計算されて記録される。現在受信したウェブサイト認証データパケット中の内容のMD5値は、前回記録されたMD5値と比較される。同一である場合、2回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データが重複するデータであることを示す。次いで、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データをフィルタ除去する、例えば、今回受信したウェブサイトのウェブサイト認証データを破棄することができる。異なる場合、後続の処理を実施することができる。

0097

この実施形態における、検索エンジンにウェブサイト認証データを提供する装置によれば、ウェブサイト認証データを取り出すための検索エンジンからの要求を受信したとき、記憶されたウェブサイト認証データを検索エンジンに送信できるように、任意のウェブサイト中の複数の認証データソースからのウェブサイト認証データを一緒に記憶することができる。この方法によって、検索エンジンは、複数の認証データソースに分散されたウェブサイト認証データを迅速に取り出すことができ、このことによって、検索エンジンの検索速度を促進することができる。

0098

本開示をソフトウェア及び/又はソフトウェアとハードウェア組合せで実装できることに留意されたい。例えば、本開示の各モジュールを、特定用途向け集積回路ASIC、application-specific integrated circuit)又は任意の他の同様のハードウェアデバイスで実装することができる。一実施形態では、本開示のソフトウェアプログラムは、上述したようなステップ又は機能を実装するために、プロセッサを介して実行することができる。同様に、本開示の(関連するデータ構造を含む)ソフトウェアプログラムは、例えば、RAMメモリ磁気的若しくは光学ドライバ又はソフトフロッピ若しくは同様のデバイスといった、コンピュータ可読記録媒体中に記憶することができる。加えて、本開示のいくつかのステップ又は機能は、様々なステップ又は機能を実装するように、ハードウェア、例えばプロセッサと協働する回路によって実装することができる。

0099

さらに、本開示の部分を、コンピュータプログラム製品、例えば、コンピュータによって実行されると、コンピュータの動作を介して本開示による方法及び/若しくは技術的解決策を起動又は実現するコンピュータプログラム命令として適用することができる。さらに、本開示の方法を起動するプログラム命令は、固定された若しくは移動体の記録媒体中に記憶すること、及び/又は、他の信号ベアラ媒体中のブロードキャスト若しくはデータフローを介して送信すること、及び/又はプログラム命令に基づいて動作するコンピュータデバイスのワーキングメモリ中に記憶することができる。ここで、本開示による実施形態では、装置は、コンピュータプログラム命令を記憶するためのメモリと、プログラム命令を実行するためのプロセッサとを備え、コンピュータプログラム命令がプロセッサによって実行されると、装置は、本開示の複数の実施形態による方法及び/又は技術的解決策を走らせるようにトリガされる。

0100

当業者には、本開示が上の例示的な実施形態の詳細に制限されないこと、及び本開示が、本開示の精神又は基本的特徴から逸脱することなく他の実施形態とともに実装できることが明らかである。したがって、形はどうあれ、実施形態は、限定的ではなく例示として考えるべきであり、本開示の範囲は、上の説明ではなく、添付される請求項によって限定される。したがって、請求項の等価な要素の意味及び範囲に入ることが意図される全ての変形形態は、本開示内でカバーされるべきである。請求項中の引用符号は、含まれる請求項を限定するものと考えるべきでない。その上、「備える(comprise)」という用語が、他のユニット又はステップを排除せず、単一形は、複数形を除外しないことは明らかである。システムクレーム中に述べられる複数のユニット又はモジュールは、ソフトウェア又はハードウェアを介して、単一のユニット又はモジュールによって実装することもできる。「第1の」及び「第2の」などの用語は、名前を示すために使用されるが、何らかの特定の順番を示さない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ