図面 (/)

技術 WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置

出願人 華為技術有限公司
発明者 高為愛
出願日 2014年12月22日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2017-550971
公開日 2018年1月18日 (1年11ヶ月経過) 公開番号 2018-501749
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 機械的形態 物理的ユニット 統合ユニット 技術的解決策 拡張セット 設定規則 復号プロセッサ 信号処理能力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

本発明の実施形態は、通信技術の分野に関し、LTE動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉を最小限に抑え、ユーザ体験を改善するように、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する。本方法は、LTEネットワークが動作しているかどうか判定するステップと、LTEネットワークが動作している場合、LTEネットワークの動作状態を取得するステップであって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、ステップと、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップであって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、ステップと、を含む。

概要

背景

LTE(Long Term Evolution、ロングタームエボルーション)は、3GPP(The Third Generation Partnership Project、第3世代パートナーシッププロジェクト)団体によって作成されたUMTSの長期的進化としての技術規格である。LTEには、TDD(Time Division Duplexing、時分割複信)とFDD(Frequency Division Duplexing、周波数分割複信)の2つのモードが含まれている。TDD−LTEがサポートできる周波数帯域には、B38(2750MHz〜2620MHz)、B39(1880MHz〜1920MHz)、B40(2300MHz〜2400MHz)、B41(2490MHz〜2690MHz)などの周波数帯域が含まれ、FDD−LTEがサポートできる周波数帯域には、B7他の周波数帯域が含まれる。周波数帯域B7のアップリンク周波数帯域(uplink)は2500MHz〜2570MHzであり、周波数帯域B7のダウンリンク周波数帯域(downlink)は2620MHz〜2690MHzである。

WiFi(Wireless Fidelity、ワイヤレスフィデリティ)は、端末パーソナルコンピュータ携帯電話、Padなど)同士を無線相互接続することを可能にする技術であり、IEEE802.11規格に基づく無線ネットワーク製品間の相互運用性の向上に用いられる。WiFiの動作周波数範囲は2400MHz〜2483.5MHzであり、この動作周波数範囲は13のWiFiチャネル(Channel1〜Channel13)に分割されており、各WiFiチャネルは22MHzの帯域幅を有する。

図1は、LTEの動作周波数帯域およびWiFiの動作周波数帯域の概略図である。図から分かるように、WiFiの低周波数とLTE B40の高周波数との間には間隔がなく、WiFiの高周波数とLTE B41の低周波数との間の間隔は約13MHzである。先行技術では、端末のWiFiとLTEとが共存して動作する場合、その端末は、LTEによって基地局に接続され、次いで、WiFiホットスポット機能を有効化する。しかし、様々な端末製品によって、WiFiホットスポットが動作可能となるチャネルは固定されている。したがって、WiFiとLTEが共存する場合、WiFiとLTEの無線周波数信号間で干渉が容易に発生することになりうる。

概要

本発明の実施形態は、通信技術の分野に関し、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉を最小限に抑え、ユーザ体験を改善するように、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する。本方法は、LTEネットワークが動作しているかどうか判定するステップと、LTEネットワークが動作している場合、LTEネットワークの動作状態を取得するステップであって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、ステップと、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップであって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、ステップと、を含む。

目的

本発明の実施形態では、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉を最小限に抑え、ユーザ体験を改善するように、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法であって、LTEネットワークが動作しているかどうか判定するステップと、前記LTEネットワークが動作している場合、前記LTEネットワークの動作状態を取得するステップであって、前記LTEネットワークの前記動作状態は前記LTEネットワークの動作周波数を含む、ステップと、前記LTEネットワークの前記動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップであって、前記事設定規則は、前記LTEネットワークの前記動作状態と、前記LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、ステップと、を含む、方法。

請求項2

前記チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、前記LTEネットワークの前記動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定する前記ステップは、前記LTEネットワークの前記動作状態および前記事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定するステップであって、前記第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルである、ステップと、前記第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するステップと、を含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記チャネル干渉パラメータがスループットである場合、前記LTEネットワークの前記動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定する前記ステップは、前記LTEネットワークの前記動作状態および前記事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定するステップであって、前記第2のWiFiチャネルは第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルである、ステップと、前記第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するステップと、を含む、請求項1に記載の方法。

請求項4

LTEネットワークが動作しているかどうか判定する前記ステップの前に、前記方法は、WiFiホットスポット機能を有効化するステップ、をさらに含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の方法。

請求項5

前記方法は、前記LTEネットワークが動作していない場合、前記WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するステップ、をさらに含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置であって、LTEネットワークが動作しているかどうか判定するように構成された、第1の決定部と、前記第1の決定部が前記LTEネットワークは動作していると判定した場合、前記LTEネットワークの動作状態を取得するように構成された取得部であって、前記LTEネットワークの前記動作状態は前記LTEネットワークの動作周波数を含む、取得部と、前記取得部が取得した前記LTEネットワークの前記動作状態、および事前設定規則に従って、WiFi動作チャネルを決定するように構成された第2の決定部であって、前記事前設定規則は、前記LTEネットワークの前記動作状態と、前記LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、第2の決定部と、を含む、装置。

請求項7

前記第2の決定部は、決定サブユニットと選択サブユニットとを含み、前記決定サブユニットは、前記チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、前記LTEネットワークの前記動作状態および前記事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定する、ように構成されており、前記第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルであり、前記選択サブユニットは、前記第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するように構成されている、請求項6に記載の装置。

請求項8

前記決定サブユニットは、前記チャネル干渉パラメータがスループットである場合、前記LTEネットワークの前記動作状態および前記事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定するようにさらに構成されており、前記第2のWiFiチャネルは第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルであり、前記選択サブユニットは、前記第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている、請求項6または7に記載の装置。

請求項9

前記装置は、有効化部をさらに含み、前記有効化部は、前記LTEネットワークが動作しているかどうか前記第1の決定部が判定する前に、WiFiホットスポット機能を有効化する、ように構成されている、請求項6から8のいずれか一項に記載の装置。

請求項10

前記選択サブユニットは、前記LTEネットワークが動作していない場合、前記WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルを前記WiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている、請求項6から9のいずれか一項に記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、通信技術の分野に関し、詳細には、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置に関する。

背景技術

0002

LTE(Long Term Evolution、ロングタームエボルーション)は、3GPP(The Third Generation Partnership Project、第3世代パートナーシッププロジェクト)団体によって作成されたUMTSの長期的進化としての技術規格である。LTEには、TDD(Time Division Duplexing、時分割複信)とFDD(Frequency Division Duplexing、周波数分割複信)の2つのモードが含まれている。TDD−LTEがサポートできる周波数帯域には、B38(2750MHz〜2620MHz)、B39(1880MHz〜1920MHz)、B40(2300MHz〜2400MHz)、B41(2490MHz〜2690MHz)などの周波数帯域が含まれ、FDD−LTEがサポートできる周波数帯域には、B7他の周波数帯域が含まれる。周波数帯域B7のアップリンク周波数帯域(uplink)は2500MHz〜2570MHzであり、周波数帯域B7のダウンリンク周波数帯域(downlink)は2620MHz〜2690MHzである。

0003

WiFi(Wireless Fidelity、ワイヤレスフィデリティ)は、端末パーソナルコンピュータ携帯電話、Padなど)同士を無線相互接続することを可能にする技術であり、IEEE802.11規格に基づく無線ネットワーク製品間の相互運用性の向上に用いられる。WiFiの動作周波数範囲は2400MHz〜2483.5MHzであり、この動作周波数範囲は13のWiFiチャネル(Channel1〜Channel13)に分割されており、各WiFiチャネルは22MHzの帯域幅を有する。

0004

図1は、LTEの動作周波数帯域およびWiFiの動作周波数帯域の概略図である。図から分かるように、WiFiの低周波数とLTE B40の高周波数との間には間隔がなく、WiFiの高周波数とLTE B41の低周波数との間の間隔は約13MHzである。先行技術では、端末のWiFiとLTEとが共存して動作する場合、その端末は、LTEによって基地局に接続され、次いで、WiFiホットスポット機能を有効化する。しかし、様々な端末製品によって、WiFiホットスポットが動作可能となるチャネルは固定されている。したがって、WiFiとLTEが共存する場合、WiFiとLTEの無線周波数信号間で干渉が容易に発生することになりうる。

課題を解決するための手段

0005

本発明の実施形態では、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉を最小限に抑え、ユーザ体験を改善するように、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する。

0006

前述の目的を達成するために、本発明の実施形態においては以下の技術的解決策を用いる。

0007

第1の態様によれば、本発明の一実施形態は、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法を提供し、本方法は、
LTEネットワークが動作しているかどうか判定するステップと、
LTEネットワークが動作している場合、LTEネットワークの動作状態を取得するステップであって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、ステップと、
LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップであって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、ステップと、
を含む。

0008

第1の態様の第1の可能な実施態様において、チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップは、
LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定するステップであって、第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルである、ステップと、
第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するステップと、
を含む。

0009

第1の態様の第2の可能な実施態様において、チャネル干渉パラメータがスループットである場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップは、
LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定するステップであって、第2のWiFiチャネルは第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルである、ステップと、
第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するステップと、
を含む。

0010

第1の態様または第1の態様の第1および第2の可能な実施態様のいずれか1つにおいて、第1の態様の第3の可能な実施態様がさらに提供され、LTEネットワークが動作しているかどうか判定するステップの前に、本方法は、WiFiホットスポット機能を有効化するステップ、をさらに含む。

0011

第1の態様または第1の態様の第1、第2および第3の可能な実施態様のいずれか1つにおいて、第1の態様の第4の可能な実施態様がさらに提供され、本方法は、
LTEネットワークが動作していない場合、WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するステップ、
をさらに含む。

0012

第2の態様によれば、本発明の一実施形態は、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供し、本装置は、
LTEネットワークが動作しているかどうか判定するように構成された、第1の決定部と、
第1の決定部がLTEネットワークは動作していると判定した場合、LTEネットワークの動作状態を取得するように構成された取得部であって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、取得部と、
取得部が取得したLTEネットワークの動作状態、および事前設定規則に従って、WiFi動作チャネルを決定するように構成された第2の決定部であって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、第2の決定部と、
を含む。

0013

第2の態様の第1の可能な実施態様において、第2の決定部は、決定サブユニットと選択サブユニットとを含み、
決定サブユニットは、チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定するように構成されており、第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルであり、
選択サブユニットは、第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するように構成されている。

0014

第2の態様または第2の態様の第1の可能な実施態様において、第2の態様の第2の可能な実施態様がさらに提供され、決定サブユニットは、チャネル干渉パラメータがスループットである場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定するようにさらに構成されており、第2のWiFiチャネルは第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルであり、
選択サブユニットは、第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている。

0015

第2の態様または第2の態様の第1および第2の可能な実施態様のいずれか1つにおいて、第2の態様の第3の可能な実施態様がさらに提供され、本装置は、有効化部をさらに含み、有効化部は、LTEネットワークが動作しているかどうか第1の決定部が判定する前に、WiFiホットスポット機能を有効化する、ように構成されている。

0016

第2の態様または第2の態様の第1、第2および第3の可能な実施態様のいずれか1つにおいて、第2の態様の第4の可能な実施態様がさらに提供され、選択サブユニットは、LTEネットワークが動作していない場合、WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている。

0017

本発明の実施形態で提供する、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法およびWiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置によれば、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉が最小限に抑えられ、ユーザ体験が改善されるように、LTEネットワークの動作状態が検出され、LTEネットワークが動作状態にある場合、LTEネットワークの動作周波数が取得され、WiFi動作チャネルが、事前設定規則における、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFi動作チャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係に従って決定される。

0018

本発明の実施形態における技術的解決策をより明確に説明するために、以下で、それらの実施形態または先行技術を説明するのに必要な添付の図面について簡単に述べる。明らかに、以下の説明の添付の図面は本発明のいくつかの実施形態を示しているにすぎず、当業者はこれら添付の図面から難なく他の図面をさらに導出することができる。

図面の簡単な説明

0019

先行技術におけるLTEの周波数帯域およびWiFiの周波数帯域の概略図である。
本発明の一実施形態による、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法の概略図である。
本発明の一実施形態による、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための別の方法の概略図である。
本発明の一実施形態による、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置の概略図である。
本発明の一実施形態による、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための別の装置の概略図である。
本発明の一実施形態による、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための別の装置の概略図である。

実施例

0020

以下で、本発明の実施形態における添付の図面に関連して、本発明の実施形態における技術的解決策を明確かつ十分に説明する。明らかに、説明される実施形態は本発明の実施形態の全部ではなく一部であるにすぎない。本発明の実施形態に基づいて当業者によって難なく得られる他のすべての実施形態は、本発明の保護範囲内に含まれるものとする。

0021

実施形態1
本発明の本実施形態は、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法を提供する。図2に示すように、本方法は以下を含む。

0022

ステップ201:LTEネットワークが動作しているかどうか判定する。

0023

ステップ202:LTEネットワークが動作している場合、LTEネットワークの動作状態を取得する、LTEネットワークの動作状態は、LTEネットワークの動作周波数を含む。

0024

LTEは複数の異なる周波数帯域をサポートすることができるので、現在のLTEネットワークの動作状態、すなわち、現在のLTEネットワークの動作周波数を取得する必要がある。現在のLTEネットワークの動作周波数帯域は、動作周波数に従って決定することができる。例えば、LTEネットワークが動作している場合、取得される現在のLTEネットワークの動作周波数は2385MHzであり、動作周波数2385MHzに従って、現在のLTEネットワークの動作周波数帯域はB40であると判定することができる。任意選択で、現在のLTEネットワークの動作周波数帯域および動作周波数を直接取得してもよい。

0025

ステップ203:LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定する、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む。

0026

チャネル干渉パラメータは、それだけに限らないが、チャネル干渉値、スループットなどを含む。

0027

方法1:チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップは、以下を含む。

0028

(a1):LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定する。第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルである。

0029

0030

事前設定規則は、表1として示すことができる。第1行は、LTEネットワークの動作周波数帯域および動作周波数を表しており(表1では、LTEネットワークの動作周波数帯域がB40であり、LTEネットワークの帯域幅が20Mである例を用いて記述している)、第1列は、WiFiチャネル(全部で13あり、Chan1〜Chan13で示されている)を表しており、第2行は、第1行に示す動作周波数帯域内の各動作周波数を表している(表1では、動作周波数が2360MHz〜2390MHzの範囲に及び、2つの動作周波数ごとに5MHzの間隔を有する例を用いて記述している)。具体的には、LTEネットワークが2390MHzで動作している場合、WiFiチャネルChan1に対する周波数帯域LTEB40内の2390MHzチャネルの干渉は56dBであり、WiFiチャネルChan2に対する周波数帯域LTE B40内の2390MHzチャネルの干渉は32dBであり、類推から、WiFiチャネルChan13に対する周波数帯域LTE B40内の2390MHzチャネルの干渉は0dBである。一般に、行M列Nのチャネル干渉パラメータは、現在のLTEネットワークの動作周波数帯域および動作周波数の場合の所与のWiFiチャネルのチャネル干渉値を表している(チャネル干渉値はdBで表すことができる)。表1は、事前設定規則の1つの例示的記述にすぎず、事前設定規則を表すことができる他のいかなる方法もすべて本発明の保護範囲内に含まれることに留意すべきである。さらに、様々な端末機器について、表1の特定の値が実際の試験および測定に従って設定されてもよい。

0031

表1に示すように、LTEネットワークが周波数帯域LTEB40で動作しており、20Mの帯域幅および2390MHzの動作周波数を有する場合、WiFiチャネルのチャネル干渉値は、Chan1からChan13へと徐々に減少する。したがって、第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルを第1のWiFiチャネルとして用いることができる。この場合、第1のWiFiチャネルと現在のLTEネットワークの動作状態との間の干渉は比較的小さい。表1に示すように、第1の閾値が0dBであると仮定すると、第1のWiFiチャネルはChan7からChan13を含む。

0032

(a2):第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択する。

0033

(a1)の記述に従い、Chan7〜Chan13が第1のWiFiチャネルとして選択された場合、Chan7〜Chan13内の任意の空いているチャネルがWiFi動作チャネルとして選択される。例えば、Chan7がすでに使用されている場合、この時点でChan7が選択されれば、チャネル競合が発生することになる。したがって、Chan8〜Chan13内の任意の空いているWiFiチャネルをWiFi動作チャネルとして選択することができる。

0034

方法2:チャネル干渉パラメータがスループットである場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するステップは、以下を含む。

0035

(b1):LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定する、第2のWiFiチャネルは、第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルである。

0036

0037

事前設定規則は、表2として示すことができる。第1行は、LTEネットワークの動作周波数帯域および動作周波数を表しており(表2では、LTEネットワークの動作周波数帯域がB40であり、LTEネットワークの帯域幅が20Mである例を用いて記述している)、第1列は、WiFiチャネル(全部で13あり、Chan1〜Chan13で示されている)を表しており、第2行は、第1行に示す動作周波数帯域内の各動作周波数を表している(表2では、動作周波数が2360MHz〜2390MHzの範囲に及び、2つの動作周波数ごとに5MHzの間隔を有する例を用いて記述している)。具体的には、LTEネットワークが2390MHzで動作している場合、WiFiチャネルChan1のスループットは0Mbpsであり、WiFiチャネルChan2のスループットは0Mbpsであり、類推から、WiFiチャネルChan13のスループットは54Mbpsである。一般に、行M列Nのスループットは、現在のLTEネットワークの動作周波数帯域および動作周波数の場合の所与のWiFiチャネルのスループットを表している。表2は、事前設定規則の1つの例示的記述にすぎず、事前設定規則を表すことができる他のいかなる方法もすべて本発明の保護範囲内に含まれることに留意すべきである。さらに、様々な端末機器について、表2の特定の値が実際の試験および測定に従って設定されてもよい。

0038

表2に示すように、LTEネットワークが周波数帯域LTEB40で動作しており、20Mの帯域幅および2390MHzの動作周波数を有する場合、WiFiチャネルのスループットは、Chan1からChan13へと徐々に増加し、スループットの増加は、2つのチャネル間の干渉の減少を意味する。したがって、第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルを第2のWiFiチャネルとして用いることができる。この場合、第2のWiFiチャネルと現在のLTEネットワークの動作状態との間の干渉は比較的小さい。表2に示すように、第2の閾値が54dBであると仮定すると、第2のWiFiチャネルはChan7からChan13を含む。

0039

(b2):第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択する。

0040

b1の記述に従い、Chan7〜Chan13が第2のWiFiチャネルとして選択された場合、Chan7〜Chan13内の任意の空いているチャネルがWiFi動作チャネルとして選択される。例えば、Chan7がすでに使用されている場合、この時点でChan7が選択されれば、チャネル競合が発生することになる。したがって、Chan8〜Chan13内の任意の空いているWiFiチャネルをWiFi動作チャネルとして選択することができる。

0041

さらに、図3に示すように、ステップ201の前に、本方法は、以下をさらに含む。

0042

ステップ200:WiFiホットスポット機能を有効化する。

0043

図3に示すように、ステップ201の後に、方法は、以下をさらに含むことができる。

0044

ステップ204:LTEネットワークが動作していない場合、WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択する。

0045

具体的には、LTEネットワークはこの時点では動作していないので、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間に干渉の問題は生じず、よって、WiFiチャネル(すなわち、Chan1〜Chan13)内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択することができる。

0046

本発明の本実施形態で提供する、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法によれば、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉が最小限に抑えられ、ユーザ体験が改善されるように、LTEネットワークの動作状態が検出され、LTEネットワークが動作状態にある場合、LTEネットワークの動作周波数が取得され、WiFi動作チャネルが、事前設定規則における、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFi動作チャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係に従って決定される。

0047

実施形態2
本発明の本実施形態は、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する。本装置は、実施形態1に記載されている、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための方法に対応するものである。図4に示すように、本装置は、
LTEネットワークが動作しているかどうか判定するように構成された、第1の決定部401と、
第1の決定部401がLTEネットワークは動作していると判定した場合、LTEネットワークの動作状態を取得するように構成された取得部402であって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、取得部402と、
取得部402が取得したLTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定するように構成された第2の決定部403であって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、第2の決定部403と、
を含む。

0048

任意選択で、図5に示すように、第2の決定部403は、決定サブユニット4031と選択サブユニット4032とを含み、
決定サブユニット4031は、チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定するように構成されており、第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルであり、
選択サブユニット4032は、第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するように構成されている。

0049

任意選択で、図5に示すように、決定サブユニット4031は、チャネル干渉パラメータがスループットである場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第2のWiFiチャネルを決定するようにさらに構成されており、第2のWiFiチャネルは第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルであり、
選択サブユニット4032は、第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている。

0050

任意選択で、図5に示すように、本装置は、有効化部404をさらに含み、有効化部404は、LTEネットワークが動作しているかどうか第1の決定部401が判定する前に、WiFiホットスポット機能を有効化する、ように構成されている。

0051

任意選択で、図5に示すように、選択サブユニット4032は、LTEネットワークが動作していない場合、WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成されている。

0052

本発明の本実施形態で提供する、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置によれば、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉が最小限に抑えられ、ユーザ体験が改善されるように、第1の決定部はLTEネットワークの動作状態を判定し、LTEネットワークが動作状態にあると判定された場合、第2の決定部は、取得部が取得したLTEネットワークの動作周波数に従い、事前設定規則における、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFi動作チャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係に従って、WiFi動作チャネルを決定する。

0053

実施形態3
本発明の本実施形態は、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置を提供する。図6に示すように、装置60は、メモリ601と、プロセッサ602と、送信機603(任意選択)と、受信機604(任意選択)と、バスシステム605とを含む。

0054

メモリ601は、読取り専用メモリおよびランダムアクセス・メモリを含むことができ、プロセッサ602に命令およびデータを提供する。メモリ601の一部は、不揮発性ランダム・アクセス・メモリ(NVRAM)をさらに含んでいてよい。

0055

メモリ601は、以下の要素、実行可能モジュールもしくはデータ構造、またはそれらのサブセット、またはそれらの拡張セットを記憶する。
様々な動作命令を含み、様々な動作を実施するのに使用される、動作命令、および
様々なシステムプログラムを含み、様々な基本サービスを実施し、ハードウェアベースタスクを処理するのに使用される、オペレーティングシステム

0056

本発明の本実施形態では、プロセッサ602は、601に記憶された動作命令を呼び出して、LTEネットワークが動作しているかどうか判定する動作と、LTEネットワークが動作している場合、LTEネットワークの動作状態を取得する動作であって、LTEネットワークの動作状態はLTEネットワークの動作周波数を含む、動作と、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従ってWiFi動作チャネルを決定する動作であって、事前設定規則は、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFiチャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係を含む、動作とを実行する。

0057

任意選択で、プロセッサ602は、チャネル干渉パラメータがチャネル干渉値である場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って第1のWiFiチャネルを決定する、ようにさらに構成される。第1のWiFiチャネルは第1の閾値未満のチャネル干渉値を有するWiFiチャネルであり、第1のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択する。

0058

任意選択で、プロセッサ602は、チャネル干渉パラメータがスループットである場合、LTEネットワークの動作状態および事前設定規則に従って、第2の閾値以上のスループットを有するWiFiチャネルである第2のWiFiチャネルを決定し、第2のWiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択する、ようにさらに構成される。

0059

任意選択で、プロセッサ602は、LTEネットワークが動作しているかどうか判定する前に、WiFiホットスポット機能を有効化する、ように構成される。

0060

任意選択で、プロセッサ602は、LTEネットワークが動作していない場合、WiFiチャネル内の任意の空いているチャネルをWiFi動作チャネルとして選択するようにさらに構成される。

0061

プロセッサ602は、例えば、CPU(Central Processing Unit、中央処理装置)であってもよい。メモリ601は、読取り専用メモリおよびランダム・アクセス・メモリを含んでいてよく、プロセッサ602に命令およびデータを提供する。メモリ601の一部は、不揮発性ランダム・アクセス・メモリ(NVRAM)をさらに含んでいてよい。特定の用途では、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置の構成要素は、バスシステム605を用いて相互に結合されており、バスシステム605は、データバス以外に、電力バス制御バス状態信号バスなどをさらに含んでいてよい。しかし、説明を明確にするために、図では様々な種類のバスをバスシステム605として示している。

0062

本発明の前述の実施形態で開示した方法は、プロセッサ602に適用されてもよく、プロセッサ602によって実行されてもよい。プロセッサ602は、集積回路チップとすることができ、信号処理能力を有する。実行プロセスにおいて、前述の方法の各ステップは、プロセッサ602内のハードウェア集積論理回路によって、またはソフトウェア形式の命令によって実行されてよい。前述のプロセッサ602は、汎用プロセッサディジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、もしくは別のプログラマブル・ロジックデバイスディスクリートゲートもしくはトランジスタ・ロジック・デバイス、またはディスクリート・ハードウェア・コンポーネントとすることができる。本発明の実施形態で開示する方法、ステップ、および論理ブロック図を実装し、または実行することができる。汎用プロセッサはマイクロプロセッサとすることができ、プロセッサ602は、任意の従来のプロセッサなどとすることができる。本発明の実施形態に関連して開示した方法の各ステップは、ハードウェア復号プロセッサによって直接実行され、完了されてもよく、復号プロセッサにおいてハードウェアとソフトウェアモジュールとの組合せを用いて実行され、完了されてもよい。ソフトウェアモジュールは、ランダム・アクセス・メモリ、フラッシュメモリ、読取り専用メモリ、プログラマブル読取り専用メモリ、電気的消去書込み可能メモリ、レジスタといった、当分野の成熟した記憶媒体に配置されてもよい。記憶媒体はメモリ601に位置し、プロセッサ602はメモリ601内の情報を読み取り、プロセッサ602のハードウェアと組み合わさって前述の方法の各ステップを完了する。

0063

本発明の本実施形態で提供する、WiFiとLTEとの間の干渉を低減するための装置によれば、LTEの動作状態に従って端末のWiFi動作チャネルを調整することにより、WiFiとLTEとが共存する場合に、干渉が最小限に抑えられ、ユーザ体験が改善されるように、LTEネットワークの動作状態が判定され、LTEネットワークが動作状態にあると判定された場合、WiFi動作チャネルが、取得部が取得したLTEネットワークの動作周波数に従い、事前設定規則における、LTEネットワークの動作状態と、LTEネットワークとWiFi動作チャネルとの間のチャネル干渉パラメータとの対応関係に従って決定される。

0064

本出願において提供するいくつかの実施形態においては、開示のシステム、装置、および方法を他のやり方で実現することもできることを理解すべきである。例えば、説明されている装置実施形態は単なる例示にすぎない。例えば、ユニット分割は単なる論理的機能分割にすぎず、実際の実装に際しては他の分割とすることもできる。例えば、複数のユニットまたはコンポーネントを組み合わせ、または統合して別のシステムとする場合もあり、いくつかの特徴を無視し、または実行しない場合もある。加えて、図示の、または上述の相互結合または直接結合または通信接続を、いくつかのインターフェースを使用して実現することもできる。装置間またはユニット間の間接結合または通信接続は、電子的形態、機械的形態、または他の形態として実現することができる。

0065

別々の部品として記述されているユニットは物理的に分離している場合もそうでない場合もあり、ユニットとして図示されている部品は、物理的ユニットである場合もそうでない場合もあり、一箇所に位置する場合もあり、複数のネットワークユニット上に分散されている場合もある。ユニットの一部または全部を、各実施形態の解決策の目的を達成するための実際の必要に従って選択することもできる。

0066

加えて、本発明の各実施形態における機能ユニットを1つの処理ユニットに統合することもでき、ユニットの各々が物理的に独立して存在していてもよく、または2つ以上のユニットが1つのユニットへ統合される。統合ユニットはハードウェアの形態で実現することもでき、ソフトウェア機能ユニットにハードウェアを加えた形態で実現することもできる。

0067

前述の統合ユニットがソフトウェア機能ユニットの形態で実現される場合、その統合ユニットはコンピュータ可読記憶媒体に記憶することができる。ソフトウェア機能ユニットは記憶媒体に記憶されており、コンピュータデバイス(パーソナルコンピュータ、サーバ、またはネットワークデバイスとすることができる)に、本発明の各実施形態で記述されている方法のステップの一部を実行するよう命令するためのいくつかの命令を含む。前述の記憶媒体は、USBフラッシュドライブリムーバブルハードディスク、読取り専用メモリ(Read−Only Memory、略称ROM)、ランダム・アクセス・メモリ(Random Access Memory、略称RAM)、磁気ディスク光ディスクといった、プログラムコードを記憶することができる任意の媒体を含む。

0068

最後に、前述の実施形態は単に、本発明の技術的解決策を説明するためのものにすぎず、本発明を限定するためのものではないことに留意すべきである。本発明は前述の実施形態に関連して詳細に説明されているが、当業者は、本発明の実施形態の技術的解決策の趣旨および範囲を逸脱することなく、さらに、前述の実施形態で記述されている技術的解決策に改変を加え、あるいは、前述の実施形態の一部の技術的特徴に対する等価の置換を行うことができることを理解するはずである。

0069

60 装置
401 第1の決定部
402 取得部
403 第2の決定部
404 有効化部
601メモリ
602プロセッサ
603送信機
604受信機
605バスシステム
4031 決定サブユニット
4032 選択サブユニット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シャープ株式会社の「 端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】上りリンクにおける送信を効率的に実行する。【解決手段】端末装置であって、パラメータ(skipUplinkTxSPS)が含まれるRRCメッセージを受信し、セミパーシステントスケジューリングの活性... 詳細

  • 株式会社東芝の「 通信装置、通信方法およびプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】相互に異なる複数の制御方式による通信が混在する通信システムを効率的に構築可能な通信装置、通信方法およびプログラムを提供する。【解決手段】通信装置は、複数の通信制御部と、選択部と、を備える。複数... 詳細

  • 株式会社東芝の「 通信装置、通信方法およびプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】通信効率の低下を抑制できる通信装置、通信方法およびプログラムを提供する。【解決手段】実施形態の通信装置は、選択部と、通信制御部と、を備える。選択部は、時分割多重方式の通信に用いる、データの処理... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ