図面 (/)

技術 ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信を管理するための技法

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 イェッラマッリ、スリニバスジャン、シャオシャルオ、タオマラディ、ダーガ・プラサドウェイ、ヨンビン
出願日 2015年12月8日 (4年11ヶ月経過) 出願番号 2017-531188
公開日 2018年1月18日 (2年10ヶ月経過) 公開番号 2018-501722
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム 交流方式デジタル伝送
主要キーワード D動作 参照ラベル 地理的カバレージエリア ワイヤレスユニット スタンドアロンモード 規制要件 アクセスシナリオ 制限付きアクセス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年1月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題・解決手段

ワイヤレス通信のための第1の方法は、ユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することと、ペイロードのサイズに基づいて、UEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定することと、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、コードまたはサイクリックシフトをUEに割り振ることと、を備え得る。ワイヤレス通信のための第2の方法は、リソースのインターレースを使用して第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定することと、第2の送信のために第2のコードまたは第2のサイクリックシフトをUEに割り振ることと、を備え得、ここで、第2の送信は、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。ワイヤレス通信のための第3の方法は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域占有するための第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、第2の送信のために、基地局によって占有されるリソースの第2のインターレースを割り振ることと、を備え得る。

概要

背景

開示の分野
[0002]本開示は、たとえば、ワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信を管理するための技法に関する。

関連技術の説明
[0003]ワイヤレスデバイスは、ロングタームエボリューション無線アクセス技術、Wi−Fi(登録商標)無線アクセス技術など、1つまたは複数の無線アクセス技術を使用して、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で通信し得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、無線周波数スペクトル帯域を介して通信するための規制機関ルール準拠する任意のデバイスによる共用のためにオープンである無線周波数スペクトル帯域を指すことがある。たいていのライセンスされている無線周波数スペクトル帯域使用とは対照的に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のユーザは、たとえば、他のユーザのデバイスからの無線干渉に対する規制保護を有しない。言い換えれば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用するデバイスは、たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用する他のデバイスによって引き起こされる何らかの無線干渉を許容しなければならない。

概要

ワイヤレス通信のための第1の方法は、ユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することと、ペイロードのサイズに基づいて、UEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定することと、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、コードまたはサイクリックシフトをUEに割り振ることと、を備え得る。ワイヤレス通信のための第2の方法は、リソースのインターレースを使用して第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定することと、第2の送信のために第2のコードまたは第2のサイクリックシフトをUEに割り振ることと、を備え得、ここで、第2の送信は、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。ワイヤレス通信のための第3の方法は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するための第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、第2の送信のために、基地局によって占有されるリソースの第2のインターレースを割り振ることと、を備え得る。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することと、前記ペイロードの前記サイズに基づいて、前記1つまたは複数のUEの前記ペイロードを多重化すべきかどうかを決定することと、前記1つまたは複数のUEの前記ペイロードを多重化するという前記決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上で前記ペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振ることと、を備える、ワイヤレス通信のための方法。

請求項2

前記ペイロードの前記サイズに基づいて、前記ペイロードを多重化すべきかどうかを決定することは、前記ペイロードの前記サイズが、ペイロードサイズしきい値を満たすかどうかを決定することを含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振ることが、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを使用して、対応するペイロードを送信するために、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを前記1つまたは複数のUEのうちの単一のUEに割り振ることを含む、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記ペイロードが、前記1つまたは複数のコードのうちの少なくとも2つのコードを使用して、リソースの前記単一のインターレース上で符号分割多重化される、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記ペイロードが、前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも2つのサイクリックシフトを使用して、リソースの前記単一のインターレース上で多重化される、請求項1に記載の方法。

請求項6

リソースの前記単一のインターレースは、前記1つまたは複数のUEのうちの各UEが、前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つを使用して、リソースの前記単一のインターレース中でビットを送信することを可能にするように構造化された複数のアップリンクリソースを備える、請求項1に記載の方法。

請求項7

前記1つまたは複数のコードが、1つまたは複数のウォルシュコードである、請求項1に記載の方法。

請求項8

変調およびコーディング方式(MCS)と、前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つの総量とに基づいて、トランスポートブロックサイズ(TBS)を決定することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項9

リソースの前記単一のインターレースが、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)フォーマット2を使用して構造化された複数のアップリンクリソースを備える、請求項1に記載の方法。

請求項10

リソースの前記単一のインターレースが、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)フォーマット3を使用して構造化された複数のアップリンクリソースを備える、請求項1に記載の方法。

請求項11

前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振ることが、前記1つまたは複数のUEに、無線リソース制御(RRC)信号を使用して、リソースの前記単一のインターレース上で前記ペイロードを送信するように命令することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項12

前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振ることが、前記1つまたは複数のUEに、ダウンリンク許可を使用して、リソースの前記単一のインターレース上で前記ペイロードを送信するように命令することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項13

前記ペイロードのうちのあるペイロードを送信することに関連する巡回冗長検査CRC)情報が、24ビットよりも少ないビットの量を含む、請求項1に記載の方法。

請求項14

リソースの前記単一のインターレースが、ライセンスされていないスペクトルチャネル中に含まれる、請求項1に記載の方法。

請求項15

第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定することと、ここにおいて、前記第1の送信が、リソースのインターレースを使用して送信され、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のユーザ機器(UE)に割り振ることと、ここにおいて、前記第2の送信が、リソースの前記インターレース上で前記第1の送信と多重化され、を備える、ワイヤレス通信のための方法。

請求項16

前記第2の送信のために、前記複数の第2のコードまたは前記複数の第2のサイクリックシフトを前記1つまたは複数のUEに割り振ることが、前記1つまたは複数のUEのうちのUEに、リソースの前記インターレース中に含まれるアップリンクリソース上で、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)情報を送信するように、または物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)を送信するように命令することを備える、請求項15に記載の方法。

請求項17

リソースの前記インターレース上でのチャネル占有情報の送信のために、前記第1のコードまたは前記第1のサイクリックシフトを割り振ることと、前記1つまたは複数のUEに、前記第1のコードまたは前記第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの前記インターレース上で前記チャネル占有情報を送信するように命令することとをさらに備える、請求項15に記載の方法。

請求項18

前記1つまたは複数のUEのうちのUEに、リソースの前記インターレースのうちのアップリンクリソースの第1のサブセット上でチャネル占有情報を送信するように命令することと、情報の送信のために、リソースの前記インターレースのうちのアップリンクリソースの第2のサブセットを前記UEに割り振ることと、をさらに備え、アップリンクリソースの前記第1のサブセットが、アップリンクリソースの前記第2のサブセットとは異なる、請求項15に記載の方法。

請求項19

前記UEに、アップリンクリソースの前記第1のサブセット上で前記チャネル占有情報を送信するように命令することが、前記UEに、前記第1のコードまたは前記第1のサイクリックシフトを使用して、アップリンクリソースの前記第1のサブセット上で前記チャネル占有情報を送信するように命令することを備える、請求項18に記載の方法。

請求項20

前記UEに、アップリンクリソースの前記第1のサブセット上で前記チャネル占有情報を送信するように命令することは、リソースの前記インターレースを含むチャネルに関連する帯域幅要件が満たされることを引き起こす、請求項18に記載の方法。

請求項21

リソースの前記インターレースのうちのアップリンクリソースが、PUCCHフォーマット2を使用して構造化される、請求項15に記載の方法。

請求項22

リソースの前記インターレースのうちのアップリンクリソースが、PUCCHフォーマット3を使用して構造化される、請求項15に記載の方法。

請求項23

リソースの前記インターレースが、ライセンスされていないスペクトルのチャネル中に、またはロングタームエボリューションLTEネットワークに関連するチャネル中に含まれる、請求項15に記載の方法。

請求項24

ワイヤレス通信のための方法であって、前記方法は、第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、ここにおいて、前記第1の送信が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域占有するためのものであり、第2の送信のために、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振ることと、ここにおいて、リソースの前記少なくとも第2のインターレースが、複数の基地局のうちの基地局によって占有され、を備える、方法。

請求項25

リソースの前記少なくとも第2のインターレースを割り振ることは、リソースのインターレースが、前記複数の基地局のうちの第1の基地局に割り振られたと決定することと、リソースの別のインターレースを前記複数の基地局のうちの第2の基地局に割り振ることと、リソースの前記別のインターレースが、リソースの前記インターレースとは異なる、を備える、請求項24に記載の方法。

請求項26

ワイヤレス通信のための基地局であって、前記基地局が、1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することと、前記ペイロードの前記サイズに基づいて、前記1つまたは複数のUEの前記ペイロードを多重化すべきかどうかを決定することと、前記1つまたは複数のUEの前記ペイロードを多重化するという前記決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上で前記ペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振ることと、を行うための1つまたは複数のプロセッサを備える、基地局。

請求項27

前記1つまたは複数のプロセッサは、前記ペイロードの前記サイズに基づいて、前記ペイロードを多重化すべきかどうかを決定するとき、前記ペイロードの前記サイズが、ペイロードサイズしきい値を満たすかどうかに基づいて、前記ペイロードを多重化すべきかどうかを決定することをさらに行うためのものである、請求項26に記載の基地局。

請求項28

前記1つまたは複数のプロセッサが、前記1つまたは複数のコードあるいは前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの前記少なくとも1つを前記1つまたは複数のUEに割り振るとき、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトにおいてを使用して、対応するペイロードを送信するために、前記少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを前記1つまたは複数のUEのうちの単一のUEに割り振ることをさらに行うためのものである、請求項26に記載の基地局。

請求項29

前記ペイロードが、前記1つまたは複数のコードのうちの少なくとも2つのコードを使用して、リソースの前記単一のインターレース上で符号分割多重化される、請求項26に記載の基地局。

請求項30

前記ペイロードが、前記1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも2つのサイクリックシフトを使用して、リソースの前記単一のインターレース上で多重化される、請求項26に記載の基地局。

相互参照

0001

[0001]本特許出願は、各々が本出願の譲受人に譲渡された、2015年12月4日に出願された、「Techniques for Managing Transmissions in an Unlicensed Radio Frequency Spectrum Band」と題する、Yerramalliらによる米国特許出願第14/959,659号、2014年12月12日に出願された、「Techniques for Managing Transmissions in an Unlicensed Radio Frequency Spectrum Band」と題する、Yerramalliらによる米国仮特許出願第62/091,345号に対する優先権を主張する。

背景技術

0002

開示の分野
[0002]本開示は、たとえば、ワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信を管理するための技法に関する。

0003

関連技術の説明
[0003]ワイヤレスデバイスは、ロングタームエボリューション無線アクセス技術、Wi−Fi(登録商標)無線アクセス技術など、1つまたは複数の無線アクセス技術を使用して、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で通信し得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、無線周波数スペクトル帯域を介して通信するための規制機関ルール準拠する任意のデバイスによる共用のためにオープンである無線周波数スペクトル帯域を指すことがある。たいていのライセンスされている無線周波数スペクトル帯域使用とは対照的に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のユーザは、たとえば、他のユーザのデバイスからの無線干渉に対する規制保護を有しない。言い換えれば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用するデバイスは、たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用する他のデバイスによって引き起こされる何らかの無線干渉を許容しなければならない。

0004

[0004]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための方法は、1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することを含み得る。本方法は、ペイロードのサイズに基づいて、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定することを含み得る。本方法は、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化するという決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振ることを含み得る。

0005

[0005]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための基地局は、1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定し得る。本基地局は、ペイロードのサイズに基づいて、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定し得る。本基地局は、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化するという決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振り得る。

0006

[0006]一例では、ペイロードのサイズに基づく、ペイロードを多重化すべきかどうかに関する決定は、ペイロードのサイズが、ペイロードサイズしきい値を満たすかどうかを決定することを含み得る。

0007

[0007]一態様では、1つまたは複数のプロセッサが、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振るとき、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを使用して、対応するペイロードを送信するために、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEのうちの単一のUEに割り振り得る。

0008

[0008]一態様では、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振ることが、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを使用して、対応するペイロードを送信するために、少なくとも2つのコードまたはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEのうちの単一のUEに割り振ることを含み得る。ペイロードは、1つまたは複数のコードのうちの少なくとも2つのコードを使用して、リソースの単一のインターレース上で符号分割多重化され得るか、あるいはペイロードは、1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも2つのサイクリックシフトを使用して、リソースの単一のインターレース上で多重化され得るか、あるいはそれらの組合せである。

0009

[0009]いくつかの態様では、リソースの単一のインターレースは、1つまたは複数のUEのうちの各UEが、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを使用して、リソースの単一のインターレース中でビットを送信することを可能にするように構造化された複数のアップリンクリソースを備え得る。1つまたは複数のコードは、1つまたは複数のウォルシュコードであり得る。

0010

[0010]一例では、変調およびコーディング方式(MCS)と、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つの総量とに基づく、トランスポートブロックサイズ(TBS)が決定され得る。

0011

[0011]いくつかの態様では、リソースの単一のインターレースは、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)フォーマット2、または物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)フォーマット3、またはそれらの組合せを使用して構造化された複数のアップリンクリソースを備え得る。一例では、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振ることが、1つまたは複数のUEに、ダウンリンク許可を使用して、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するように命令することを備え得る。一例では、ペイロードのうちのあるペイロードを送信することに関連する巡回冗長検査CRC)情報が、24ビットよりも少ないビットの量を含み得る。

0012

[0012]いくつかの態様では、リソースの単一のインターレースは、ライセンスされていないスペクトルチャネル中に含まれ得る。

0013

[0013]いくつかの態様では、非一時的コンピュータ可読媒体は、基地局の1つまたは複数のプロセッサによって実行されたとき、1つまたは複数のプロセッサに、1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定することを行わせるワイヤレス通信のための1つまたは複数の命令を含み得る。1つまたは複数の命令は、1つまたは複数のプロセッサに、ペイロードのサイズに基づいて、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定することを行わせ得る。1つまたは複数の命令は、1つまたは複数のプロセッサに、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化するという決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振ることを行わせ得る。

0014

[0014]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための装置は、1つまたは複数のユーザ機器(UE)のペイロードのサイズを決定するための手段を含み得る。本装置は、ペイロードのサイズに基づいて、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化すべきかどうかを決定するための手段を含み得る。本装置は、1つまたは複数のUEのペイロードを多重化するという決定に基づいて、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、1つまたは複数のコードあるいは1つまたは複数のサイクリックシフトのうちの少なくとも1つを1つまたは複数のUEに割り振るための手段を含み得る。

0015

[0015]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための方法は、第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定することを含み得、ここにおいて、第1の送信が、リソースのインターレースを使用して送信され得る。本方法は、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のユーザ機器(UE)に割り振ることを含み得、ここにおいて、第2の送信が、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。

0016

[0016]いくつかの態様では、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振ることが、1つまたは複数のUEのうちのUEに、リソースのインターレース中に含まれるアップリンクリソース上で、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)情報を送信するように、または物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)を送信するように命令することを備え得る。

0017

[0017]一例では、リソースのインターレース上でのチャネル占有情報の送信のために、第1のコードまたは第1のサイクリックシフトが割り振られ得、1つまたは複数のUEが、第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを使用して、リソースのインターレース上でチャネル占有情報を送信するように命令され得る。別の例では、1つまたは複数のUEのうちのUEが、リソースのインターレースのうちのアップリンクリソースの第1のサブセット上でチャネル占有情報を送信するように命令され得、リソースのインターレースのうちの(アップリンクリソースの第1のサブセットとは異なる)アップリンクリソースの第2のサブセットが、情報の送信のためにUEに割り振られ得る。

0018

[0018]一態様では、UEに、アップリンクリソースの第1のサブセット上でチャネル占有情報を送信するように命令することが、UEに、第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを使用して、アップリンクリソースの第1のサブセット上でチャネル占有情報を送信するように命令することを備え得る。別の態様では、UEに、アップリンクリソースの第1のサブセット上でチャネル占有情報を送信するように命令することは、リソースのインターレースを含むチャネルに関連する帯域幅要件が満たされることを引き起こし得る。

0019

[0019]一例では、リソースのインターレースのうちのアップリンクリソースは、PUCCHフォーマット2、またはPUCCHフォーマット3、またはそれらの組合せを使用して構造化され得る。

0020

[0020]いくつかの態様では、リソースのインターレースは、ライセンスされていないスペクトルのチャネル中に、またはロングタームエボリューション(LTE(登録商標))ネットワークに関連するチャネル中に含まれ得る。

0021

[0021]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための基地局は、第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定し得、ここにおいて、第1の送信が、リソースのインターレースを使用して送信され得る。本基地局は、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のユーザ機器(UE)に割り振り得、ここにおいて、第2の送信が、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。

0022

[0022]いくつかの態様では、非一時的コンピュータ可読媒体は、基地局の1つまたは複数のプロセッサによって実行されたとき、1つまたは複数のプロセッサに、第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定することを行わせるワイヤレス通信のための1つまたは複数の命令を含み得、ここにおいて、第1の送信が、リソースのインターレースを使用して送信され得る。1つまたは複数の命令は、1つまたは複数のプロセッサに、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のユーザ機器(UE)に割り振ることを行わせ得、ここにおいて、第2の送信が、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。

0023

[0023]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための装置は、第1の送信のために使用される第1のコードまたは第1のサイクリックシフトを決定するための手段を含み得、ここにおいて、第1の送信が、リソースのインターレースを使用して送信され得る。本装置は、第2の送信のために、複数の第2のコードまたは複数の第2のサイクリックシフトを1つまたは複数のユーザ機器(UE)に割り振るための手段を含み得、ここにおいて、第2の送信が、リソースのインターレース上で第1の送信と多重化され得る。

0024

[0024]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための方法は、第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることを含み得、ここにおいて、第1の送信が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するためのものであり得る。本方法は、第2の送信のために、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振ることを含み得、ここにおいて、リソースの少なくとも第2のインターレースが、複数の基地局のうちの基地局によって占有され得る。

0025

[0025]いくつかの態様では、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振ることは、リソースのインターレースが、複数の基地局のうちの第1の基地局に割り振られたと決定することと、リソースの別のインターレースを複数の基地局のうちの第2の基地局に割り振ることとを備え得、リソースのインターレースとは異なり得るリソースの別のインターレース。

0026

[0026]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための基地局は、第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振り得、ここにおいて、第1の送信が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するためのものであり得る。本基地局は、第2の送信のために、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振り得、ここにおいて、リソースの少なくとも第2のインターレースが、複数の基地局のうちの基地局によって占有され得る。

0027

[0027]いくつかの態様では、非一時的コンピュータ可読媒体は、1つまたは複数の基地局の1つまたは複数のプロセッサによって実行されたとき、1つまたは複数のプロセッサに、第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることを行わせるワイヤレス通信のための1つまたは複数の命令を含み得、ここにおいて、第1の送信が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するためのものであり得る。1つまたは複数の命令は、1つまたは複数のプロセッサに、第2の送信のために、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振ることを行わせ得、ここにおいて、リソースの少なくとも第2のインターレースが、複数の基地局のうちの基地局によって占有され得る。

0028

[0028]いくつかの態様では、ワイヤレス通信のための装置は、第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振るための手段を含み得、ここにおいて、第1の送信が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するためのものであり得る。本装置は、第2の送信のために、リソースの少なくとも第2のインターレースを割り振るための手段を含み得、ここにおいて、リソースの少なくとも第2のインターレースが、複数の基地局のうちの基地局によって占有される。

0029

[0029]上記では、以下の発明を実施するための形態がより良く理解され得るように、本開示による例の特徴および技術的利点についてやや広く概説した。以下で、追加の特徴および利点について説明する。開示する概念および具体例は、本開示の同じ目的を実行するための他の構造を変更または設計するための基礎として容易に利用され得る。そのような等価な構成は、添付の特許請求の範囲から逸脱しない。本明細書で開示する概念の特性、それらの編成動作方法の両方は、関連する利点とともに、添付の図に関連して以下の説明を検討するとより良く理解されよう。図の各々は、例示および説明の目的で与えられるものであり、特許請求の範囲の制限の定義として与えられるものではない。

0030

[0030]本開示の性質および利点のさらなる理解は、以下の図面を参照して実現され得る。添付の図において、同様のコンポーネントまたは特徴は同じ参照ラベルを有し得る。さらに、同じタイプの様々なコンポーネントは、参照ラベルの後に、ダッシュと、それらの同様のコンポーネント同士を区別する第2のラベルとを続けることによって区別され得る。第1の参照ラベルのみが本明細書において使用される場合、説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様のコンポーネントのいずれにも適用可能である。

図面の簡単な説明

0031

[0031]本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システムのブロック図。
[0032]本開示の様々な態様による、ロングタームエボリューション(LTE)および/またはLTEアドバンスト(LTE−A)が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用して異なるシナリオの下で展開され得るワイヤレス通信システムを示す図。
[0033]本開示の様々な態様による、基地局およびUEを示すブロック図。
[0034]本開示の様々な態様による、リソースのインターレース上での(たとえば、データのビットの)送信のために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振ることの一例を示す図。
[0035]本開示の様々な態様による、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを割り振ることと、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUEに割り振ることとの一例を示す図。
[0036]本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、1つまたは複数の基地局による第2の送信のために、リソースの第2のインターレースを割り振ることとの一例を示す図。
[0037]本開示の様々な態様による、リソースのインターレース上での送信のために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振るための方法の一例を示すフローチャート
[0038]本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信のために使用されるリソースの複数インターレースを含み得るアップリンク構造の一例を示す図。
[0039]本開示の様々な態様による、図5Aに示されている方法の例に関係する一例を示す図。
本開示の様々な態様による、図5Aに示されている方法の例に関係する一例を示す図。
[0040]本開示の様々な態様による、リソースのインターレースを使用する送信のために、異なるコードおよび/または異なるサイクリックシフトを複数のUEに割り振るための方法の一例を示すフローチャート。
[0041]本開示の様々な態様による、図7に示されている方法の例に関係する一例を示す図。
本開示の様々な態様による、図7に示されている方法の例に関係する一例を示す図。
[0042]本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信と、基地局による送信とのために、リソースの異なるインターレースを割り振るための方法の一例を示すフローチャート。
[0043]本開示の様々な態様による、図9に示されている方法の例に関係する一例を示す図。
本開示の様々な態様による、図9に示されている方法の例に関係する一例を示す図。

実施例

0032

[0044]例示的な態様の以下の詳細な説明は、添付の図面を参照する。異なる図面中の同じ参照番号は、同じまたは同様の要素を識別し得る。

0033

[0045]ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域がワイヤレス通信システム上での通信の少なくとも一部分のために使用される技法について説明する。いくつかの例では、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、ロングタームエボリューション(LTE)通信および/またはLTEアドバンスト(LTE−A)通信のためのセルラーネットワークの基地局およびユーザ機器(UE)によって、ならびにWi−Fi通信のためのWi−FiネットワークのWi−FiアクセスポイントおよびWi−Fi局によって使用され得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域と組み合わせて、またはそれとは無関係にセルラーネットワークによって使用され得る。いくつかの例では、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、無線周波数スペクトル帯域が、少なくとも部分的に、Wi−Fi使用など、ライセンスされていない使用のために、利用可能であるので、デバイスがそれのためにアクセスを求めて競合する必要があり得る、無線周波数スペクトル帯域であり得る。

0034

[0046]ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域(たとえば、5ギガヘルツGHz)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域)における送信は、(たとえば、UEから基地局への)アップリンク方向と(たとえば、基地局からUEへの)ダウンリンク方向の両方における帯域幅の最小しきい値量(たとえば、総帯域幅の80%)を占有することが必要とされ得る。

0035

[0047]アップリンク方向における送信に関して、アップリンク送信は、帯域幅要件の最小しきい値量を満たすために、リソースの複数インターレースを使用し得る(たとえば、リソースの各インターレースは、ライセンスされていない無線周波数帯域幅にわたって分散され得る複数のアップリンクリソース(たとえば、リソースブロック(RB))を含み得る)。たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域の帯域幅は20メガヘルツMHz)であり得、20MHz帯域は、ある時間期間(たとえば、1ミリ秒(ms)サブフレーム)の間、100個のアップリンクリソース(たとえば、RB)に分割され得る。したがって、この例では、100個のアップリンクリソースが、その時間期間中にアップリンク送信のために利用可能であり得る。アップリンクリソース(たとえば、100個のアップリンクリソース)は、リソースの10個のインターレースに分割され得る。したがって、リソースの各インターレースは、帯域幅にわたって分散された10個のアップリンクリソースを含み得る(たとえば、リソースの1番目のインターレースは、1番目のリソースブロック、11番目のリソースブロック、21番目のリソースブロック、31番目のリソースブロック、41番目のリソースブロック、51番目のリソースブロック、61番目のリソースブロック、71番目のリソースブロック、81番目のリソースブロック、および91番目のリソースブロックを含み得、リソースの10番目のインターレースは、10番目のリソースブロック、20番目のリソースブロック、30番目のリソースブロック、40番目のリソースブロック、50番目のリソースブロック、60番目のリソースブロック、70番目のリソースブロック、80番目のリソースブロック、90番目のリソースブロック、および100番目のリソースブロックを含み得る、などである)。

0036

[0048]UEは、アップリンク方向における少量の情報の送信のために、リソースのインターレースを割り振られ得る。したがって、上記の例を続けると、UEは、アップリンク送信のために、10個のアップリンクリソース(たとえば、RB)を含み得るリソースのインターレースを割り振られ得る。しかしながら、そのような割振りは、UEが少量の情報を送信しているとき、(たとえば、UE電力消費に関して、アップリンクリソースの効率的な使用に関してなど)非効率的であり、および/または望ましくないことがある。たとえば、10個のアップリンクリソースを含み得るリソースのインターレース(たとえば、インターレース全体)をUEに割り振ることは、UEが、少量の情報(たとえば、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)上の少量の情報および/または物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)上の少量の情報)を含む送信のために、数個のアップリンクリソース(たとえば、1つのアップリンクリソースまたは2つのアップリンクリソース)を必要とし得るとき、非効率的であり、および/または望ましくないことがある。

0037

[0049]本明細書で説明する本開示の態様は、複数のUEの少量の情報の送信が、リソースのインターレース(たとえば、リソースの単一のインターレース)上で(たとえば、割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して)多重化され得るように、コードおよび/またはサイクリックシフトを複数のUEに割り振ることによって、複数のUEが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域においてリソースのインターレースのうちのアップリンクリソースを効率的に使用することを可能にし得る。このようにして、複数のUEの電力消費も低減され得る。

0038

[0050]同様に、本開示の態様はまた、チャネル占有情報(たとえば、廃棄、無視、および/または削除などされ得る情報)の送信のために、リソースのインターレースの第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを割り振ることによって、ならびに複数のUEのデータの送信のために、リソースのインターレースの他のコードおよび/または他のサイクリックシフトを割り振ることによって、複数のUEが、リソースのインターレースのうちのアップリンクリソースを効率的に使用することを可能にし得る。その上、複数のUEの各UEは、リソースのインターレースのうちのリソースのサブセット(たとえば、リソースブロックのセット)を割り振られ得る。たとえば、UEは、UEに割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して、リソースのインターレースのうちのリソースの割り振られたサブセット中でデータを送信し、チャネル占有情報の送信のために割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して、リソースのインターレースのうちの他のリソース中でチャネル占有情報を送信し得る。

0039

[0051]ダウンリンク方向における送信に関して、基地局は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のための帯域幅占有要件を満たすために、および/またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するために、(たとえば、アップリンク方向における送信に関して上記で説明したものと同様の様式で)リソースのインターレース上で送信するように構成され得る。(たとえば、パブリックランドモバイルネットワークPLMN)事業者によって実装された)複数の基地局は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のための帯域幅占有要件を満たすために、および/またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するために、ダウンリンクリソースのリソースの第1のインターレースの割振りを調整し(coordinate)得る。複数の基地局は、セル間干渉緩和するために、互いの間でダウンリンクリソースのリソースの残りのインターレースを割り振り得る。たとえば、ダウンリンクリソースのリソースの残りのインターレースの各々は、複数の基地局の各々に割り振られ得る。複数の基地局間の調整(coordination)の1つの可能な技法は、セル間干渉調整(ICIC)技法を実装することであり得る。本明細書で説明する本開示の態様は、同時に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有し、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のための帯域幅占有要件を満たすために、複数の基地局に、リソースのインターレース中でチャネル占有情報を送信させることによって、および複数の基地局の間でリソースの他のインターレースの割振りを調整させることによって、(たとえば、セル間干渉を緩和するために)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のダウンリンクリソースが、複数の基地局によって効率的に使用されることを可能にし得る。

0040

[0052]図1に、本開示の様々な態様による、ワイヤレス通信システム100のブロック図を示す。ワイヤレス通信システム100は、セルラーネットワークとWi−Fiネットワークとを含み得る。セルラーネットワークは、1つまたは複数の基地局105、105−aと、1つまたは複数のUE115、115−aと、コアネットワーク130とを含み得る。Wi−Fiネットワークは、1つまたは複数のWi−Fiアクセスポイント135、135−aと、1つまたは複数のWi−Fi局140、140−aとを含み得る。

0041

[0053]ワイヤレス通信システム100のセルラーネットワークに関して、コアネットワーク130は、ユーザ認証と、アクセス許可と、トラッキングと、インターネットプロトコル(IP)接続性と、他のアクセス、ルーティング、またはモビリティ機能とを与え得る。基地局105、105−aは、バックホールリンク132(たとえば、S1など)を通してコアネットワーク130とインターフェースし得、UE115、115−aとの通信のための無線構成およびスケジューリングを実行し得るか、または基地局コントローラ(図示せず)の制御下で動作し得る。様々な例では、基地局105、105−aは、ワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134(たとえば、X2など)を介して、直接的または間接的のいずれかで(たとえば、コアネットワーク130を通して)、互いと通信し得る。

0042

[0054]基地局105、105−aは、1つまたは複数の基地局アンテナを介してUE115、115−aとワイヤレス通信し得る。基地局105、105−aのサイトの各々は、それぞれの地理的カバレージエリア110に通信カバレージを与え得る。いくつかの例では、基地局105、105−aは、基地トランシーバ局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバノードB、eノードB(eNB)、ホームノードB、ホームeノードB、または何らかの他の好適な用語で呼ばれることがある。基地局105、105−aのための地理的カバレージエリア110は、カバレージエリアの一部分を構成するセクタに分割され得る(図示せず)。セルラーネットワークは、異なるタイプの基地局105、105−a(たとえば、マクロセル基地局および/またはスモールセル基地局)を含み得る。異なる技術のための重複する地理的カバレージエリア110があり得る。

0043

[0055]いくつかの例では、セルラーネットワークはLTE/LTE−Aネットワークを含み得る。LTE/LTE−Aネットワークでは、発展型ノードB(eNB)という用語は、基地局105、105−aを表すために使用され得、UEという用語は、UE115、115−aを表すために使用され得る。セルラーネットワークは、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域にカバレージを与える、異種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。たとえば、各eNBまたは基地局105、105−aは、マクロセル、スモールセル、および/または他のタイプのセルに通信カバレージを与え得る。「セル」という用語は、コンテキストに応じて、基地局、基地局に関連するキャリアまたはコンポーネントキャリア、あるいはキャリアまたは基地局のカバレージエリア(たとえば、セクタなど)を表すために使用され得る3GPP(登録商標)用語である。

0044

[0056]マクロセルは、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーし得、ネットワークプロバイダサービス加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。スモールセルは、マクロセルと比較して、同じまたは異なる(たとえば、ライセンスされている、ライセンスされていないなどの)無線周波数スペクトル帯域においてマクロセルとして動作し得る低電力基地局であり得る。スモールセルは、様々な例によれば、ピコセルフェムトセル、およびマイクロセルを含み得る。ピコセルは、比較的より小さい地理的エリアをカバーし得、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にし得る。フェムトセルは、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)を同じくカバーし得、フェムトセルとの関連を有するUE(たとえば、限定加入者グループCSG:closed subscriber group)中のUE、自宅内のユーザのためのUEなど)による制限付きアクセスを与え得る。マクロセルのためのeNBはマクロeNBと呼ばれることがある。スモールセルのためのeNBは、スモールセルeNB、ピコeNB、フェムトeNB、またはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数の(たとえば、2つ、3つ、4つなどの)セル(たとえば、コンポーネントキャリア)をサポートし得る。

0045

[0057]セルラーネットワークは同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、基地局は同様のフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は近似的に時間的にアラインされ(aligned)得る。非同期動作の場合、基地局は異なるフレームタイミングを有し得、異なる基地局からの送信は時間的にアラインされないことがある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使用され得る。

0046

[0058]セルラーネットワークは、いくつかの例では、階層化プロトコルスタックに従って動作するパケットベースネットワークを含み得る。ユーザプレーンでは、ベアラまたはパケットデータコバージェンスプトコル(PDCP:Packet Data Convergence Protocol)レイヤにおける通信はIPベースであり得る。無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)レイヤが、論理チャネル上で通信するためにパケットセグメンテーションおよびリアセンブリを実行し得る。MACレイヤが、優先度処理と、トランスポートチャネルへの論理チャネルの多重化とを実行し得る。MACレイヤはまた、リンク効率を改善するためにMACレイヤにおいて再送信を行うためにハイブリッドRQHARQ:Hybrid ARQ)を使用し得る。制御プレーンでは、無線リソース制御(RRC:Radio Resource Control)プロトコルレイヤが、ユーザプレーンデータのための無線ベアラをサポートする、UE115、115−aと基地局105、105−aまたはコアネットワーク130との間のRRC接続確立と構成と維持とを行い得る。物理(PHY)レイヤにおいて、トランスポートチャネルは物理チャネルマッピングされ得る。

0047

[0059]UE115、115−aは、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散され得、各UE115、115−aは固定または移動であり得る。UE115、115−aは、移動局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニットリモートユニットモバイルデバイス、ワイヤレスデバイス、ワイヤレス通信デバイスリモートデバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末リモート端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の好適な用語を含むか、またはそのように当業者によって呼ばれることもある。UE115、115−aは、セルラーフォン携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局などであり得る。UEは、マクロeNB、スモールセルeNB、リレー基地局などを含む、様々なタイプの基地局105、105−aおよびネットワーク機器と通信することが可能であり得る。

0048

[0060]ワイヤレス通信システム100に示されている通信リンク125は、基地局105、105−aからUE115、115−aへのダウンリンク(DL)送信、および/またはUE115、115−aから基地局105、105−aへのアップリンク(UL)送信を搬送し得る。ダウンリンク送信順方向リンク送信と呼ばれることもあり、アップリンク送信は逆方向リンク送信と呼ばれることもある。

0049

[0061]いくつかの例では、各通信リンク125は1つまたは複数のキャリアを含み得、ここで、各キャリアは、上記で説明した様々な無線技術に従って変調された複数のサブキャリア(たとえば、異なる周波数波形信号)からなる信号であり得る。各被変調信号は、異なるサブキャリア上で送られ得、制御情報(たとえば、基準信号制御チャネルなど)、オーバーヘッド情報、ユーザデータなどを搬送し得る。通信リンク125は、周波数領域複信FDD:frequency domain duplexing)動作を使用して(たとえば、対(paired)スペクトルリソースを使用して)、または時間領域複信(TDD:time domain duplexing)動作を使用して(たとえば、不対(unpaired)スペクトルリソースを使用して)双方向通信を送信し得る。FDD動作のためのフレーム構造(たとえば、フレーム構造タイプ1)とTDD動作のためのフレーム構造(たとえば、フレーム構造タイプ2)とが定義され得る。

0050

[0062]ワイヤレス通信システム100のいくつかの例では、基地局105、105−aおよび/またはUE115、115−aは、基地局105、105−aとUE115、115−aとの間の通信品質信頼性とを改善するために、アンテナダイバーシティ方式を採用するために複数のアンテナを含み得る。追加または代替として、基地局105、105−aおよび/またはUE115、115−aは、同じまたは異なるコード化データを搬送する複数の空間レイヤを送信するために、マルチパス環境を利用し得る多入力多出力MIMO)技法を採用し得る。

0051

[0063]ワイヤレス通信システム100は、複数のセルまたはキャリア上での動作、すなわち、キャリアアグリゲーション(CA:carrier aggregation)またはマルチキャリア動作と呼ばれることがある特徴をサポートし得る。キャリアは、コンポーネントキャリア(CC)、レイヤ、チャネルなどと呼ばれることもある。「キャリア」、「コンポーネントキャリア」、「セル」、および「チャネル」という用語は、本明細書では互換的に使用されることがある。UE115、115−aは、キャリアアグリゲーションのために、複数のダウンリンクCCと1つまたは複数のアップリンクCCとで構成され得る。キャリアアグリゲーションは、FDDコンポーネントキャリアとTDDコンポーネントキャリアの両方とともに使用され得る。

0052

[0064]ワイヤレス通信システム100のWi−Fiネットワークに関して、Wi−Fiアクセスポイント135、135−aは、1つまたは複数の通信リンク145上で、1つまたは複数のWi−Fiアクセスポイントアンテナを介してWi−Fi局140、140−aとワイヤレス通信し得る。いくつかの例では、Wi−Fiアクセスポイント135、135−aは、米国電気電子協会(IEEE)規格802.11(たとえば、IEEE規格802.11a、IEEE規格802.11n、またはIEEE規格802.11ac)など、1つまたは複数のWi−Fi通信規格を使用して、Wi−Fi局140、140−aと通信し得る。

0053

[0065]いくつかの例では、Wi−Fi局140、140−aは、セルラーフォン、携帯情報端末(PDA)、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイス、タブレットコンピュータ、ラップトップコンピュータなどであり得る。いくつかの例では、装置は、UE115、115−aとWi−Fi局140、140−aの両方の態様を含み得、そのような装置は、第1の無線アクセス技術(RAT)(たとえば、セルラーRAT、または複数のセルラーRAT)を使用して、1つまたは複数の基地局105、105−aと通信し、第2のRAT(たとえば、Wi−Fi RAT、または複数のWi−Fi RAT)を使用して、1つまたは複数のWi−Fiアクセスポイント135、135−aと通信し得る。

0054

[0066]いくつかの例では、基地局105、105−aおよびUE115、115−aは、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域および/またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で通信し得るが、Wi−Fiアクセスポイント135、135−aおよびWi−Fi局140、140−aは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で通信し得る。したがって、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、基地局105、105−a、UE115、115−a、Wi−Fiアクセスポイント135、135−a、および/またはWi−Fi局140、140−aによって共有され得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、異なるプロトコル(たとえば、異なるRAT)の下で動作する装置によって共有され得るので、送信装置は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを求めて競合し得る。

0055

[0067]一例として、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、無線スペクトル(たとえば、無線周波数に対応する電磁スペクトルの部分、または約300GHzよりも低い周波数)中に含まれる1つまたは複数の無線周波数(たとえば、1つまたは複数の無線周波数スペクトル帯域)を含み得る。いくつかの態様では、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、1つまたは複数の無線周波数スペクトル帯域を介して通信するための(たとえば、特定の国に関連する)規制機関ルールに準拠する任意のデバイスによる共用のためにオープンである1つまたは複数の無線周波数スペクトル帯域を含み得る。たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、約5GHzと約6GHzとの間の1つまたは複数の無線周波数を含み得る。より具体的な例として、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、約5.15GHzと約5.825GHzとの間の1つまたは複数の無線周波数を含み得る。

0056

[0068]別の例として、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、ライセンスされていない国内情報インフラストラクチャ(U−NII:Unlicensed National Information Infrastructure)無線帯域として米国連邦通信委員会FCC)によって定義された1つまたは複数の無線周波数スペクトル帯域を含み得る。U−NII無線帯域は、たとえば、約5.15GHzと約5.25GHzとの間の第1の無線周波数スペクトル帯域(たとえば、U−NII低帯域)、約5.25GHzと約5.35GHzとの間の第2の無線周波数スペクトル帯域(たとえば、U−NII中帯域)、約5.47GHzと約5.725GHzとの間の第3の無線周波数スペクトル帯域(たとえば、U−NIIワールドワイド帯域)、および/または約5.725GHzと約5.825GHzとの間の第4の無線周波数スペクトル帯域(たとえば、U−NII上側帯域)を含み得る。

0057

[0069]ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、RF通信がそれを介して送信され得るRFチャネルに分割され得る。たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、約20MHz帯域幅の1つまたは複数のチャネルを含み得る。ワイヤレスデバイス(たとえば、UE115、Wi−Fiアクセスポイント135、基地局105など)は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域中に含まれるRFチャネルを介して通信し得る。たとえば、ワイヤレスデバイスは、Wi−Fi無線アクセス技術、LTE無線アクセス技術などを使用して、RFチャネルを介して通信し得る。いくつかの態様では、ワイヤレスデバイスは、本明細書の他の場所でより詳細に説明するように、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を介して送信を送る前に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを求めて競合し得る。

0058

[0070]図2に、本開示の様々な態様による、LTEおよび/またはLTE−Aが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用して異なるシナリオの下で展開され得るワイヤレス通信システム200を示す。より詳細には、図2は、LTE/LTE−Aがライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用して展開される、補足ダウンリンクモード(たとえば、ライセンスされている支援アクセスモード)と、キャリアアグリゲーションモードと、スタンドアロンモードとの例を示す。ワイヤレス通信システム200は、図1を参照しながら説明したワイヤレス通信システム100の部分の一例であり得る。その上、第1の基地局205および第2の基地局205−aは、図1を参照しながら説明した基地局105、105−aのうちの1つまたは複数の態様の例であり得、第1のUE215、第2のUE215−a、第3のUE215−b、および第4のUE215−cは、図1を参照しながら説明したUE115、115−aのうちの1つまたは複数の態様の例であり得る。

0059

[0071]ワイヤレス通信システム200における補足ダウンリンクモード(たとえば、ライセンスされている支援アクセス)の例では、第1の基地局205は、ダウンリンクチャネル220を使用して第1のUE215に直交周波数分割多元接続(OFDMA波形を送信し得る。ダウンリンクチャネル220は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における周波数F1に関連し得る。第1の基地局205は、第1の双方向リンク225を使用して第1のUE215にOFDMA波形を送信し得、第1の双方向リンク225を使用して第1のUE215からシングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)波形を受信し得る。第1の双方向リンク225は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域における周波数F4に関連し得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるダウンリンクチャネル220およびライセンスされている無線周波数スペクトル帯域における第1の双方向リンク225は、同時に動作し得る。ダウンリンクチャネル220はダウンリンク容量オフロードを第1の基地局205に与え得る。いくつかの例では、ダウンリンクチャネル220は、(たとえば、1つのUEに宛てられた)ユニキャストサービスのために、または(たとえば、いくつかのUEに宛てられた)マルチキャストサービスのために使用され得る。このシナリオは、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域を使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳の一部を軽減する必要がある、任意のサービスプロバイダ(たとえば、モバイルネットワーク事業者(MNO))に関して発生し得る。

0060

[0072]ワイヤレス通信システム200におけるキャリアアグリゲーションモードの一例では、第1の基地局205は、第2の双方向リンク230を使用して第2のUE215−aにOFDMA波形を送信し得、第2の双方向リンク230を使用して第2のUE215−aからOFDMA波形、SC−FDMA波形、および/またはリソースブロックインターリーブ周波数分割多元接続(FDMA)波形を受信し得る。第2の双方向リンク230は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における周波数F1に関連し得る。第1の基地局205はまた、第3の双方向リンク235を使用して第2のUE215−aにOFDMA波形を送信し得、第3の双方向リンク235を使用して第2のUE215−aからSC−FDMA波形を受信し得る。第3の双方向リンク235は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域における周波数F2に関連し得る。第2の双方向リンク230は、第1の基地局205にダウンリンクおよびアップリンク容量オフロードを与え得る。上記で説明した補足ダウンリンクモード(たとえば、ライセンスされている支援アクセスモード)のように、このシナリオは、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域を使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳の一部を軽減する必要がある、サービスプロバイダ(たとえば、MNO)に関して発生し得る。

0061

[0073]ワイヤレス通信システム200におけるキャリアアグリゲーションモードの別の例では、第1の基地局205は、第4の双方向リンク240を使用して第3のUE215−bにOFDMA波形を送信し得、第4の双方向リンク240を使用して第3のUE215−bからOFDMA波形、SC−FDMA波形、および/またはリソースブロックインターリーブ波形を受信し得る。第4の双方向リンク240は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における周波数F3に関連し得る。第1の基地局205はまた、第5の双方向リンク245を使用して第3のUE215−bにOFDMA波形を送信し得、第5の双方向リンク245を使用して第3のUE215−bからSC−FDMA波形を受信し得る。第5の双方向リンク245は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域における周波数F2に関連し得る。第4の双方向リンク240は、第1の基地局205にダウンリンクおよびアップリンク容量オフロードを与え得る。この例および上記で与えた例は説明の目的で提示され、容量オフロードのために、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域においてLTE/LTE−Aを組み合わせ、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用する他の同様の動作モードまたは展開シナリオがあり得る。

0062

[0074]上記で説明したように、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるLTE/LTE−Aを使用することによって提供される容量オフロードから恩恵を受け得る1つのタイプのサービスプロバイダは、LTE/LTE−Aライセンスされている無線周波数スペクトル帯域へのアクセス権利を有する旧来のMNOである。これらのサービスプロバイダの場合、動作例は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域上のLTE/LTE−A1次コンポーネントキャリア(PCC)とライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上の少なくとも1つの2次コンポーネントキャリア(SCC)とを使用するブートストラップモード(たとえば、補足ダウンリンク(またはライセンスされている支援アクセス)、キャリアアグリゲーション)を含み得る。

0063

[0075]キャリアアグリゲーションモードでは、データおよび制御は、たとえば、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域において(たとえば、第1の双方向リンク225、第3の双方向リンク235、および第5の双方向リンク245を介して)通信され得るが、データは、たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域において(たとえば、第2の双方向リンク230および第4の双方向リンク240を介して)通信され得る。ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用するときにサポートされるキャリアアグリゲーション機構は、ハイブリッド周波数分割複信−時分割複信(FDD−TDD)キャリアアグリゲーション、またはコンポーネントキャリアにわたる異なる対称性を伴うTDD−TDDキャリアアグリゲーションに入り得る。

0064

[0076]ワイヤレス通信システム200におけるスタンドアロンモードの一例では、第2の基地局205−aは、双方向リンク250を使用して第4のUE215−cにOFDMA波形を送信し得、双方向リンク250を使用して第4のUE215−cからOFDMA波形、SC−FDMA波形、および/またはリソースブロックインターリーブFDMA波形を受信し得る。双方向リンク250は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における周波数F3に関連し得る。スタンドアロンモードは、スタジアム内アクセス(たとえば、ユニキャストマルチキャスト)など、非旧来型ワイヤレスアクセスシナリオにおいて使用され得る。この動作モードのためのサービスプロバイダのタイプの一例は、ライセンスされている無線周波数スペクトル帯域へのアクセスを有しない、スタジアム所有者ケーブル会社、イベント主催者ホテル、企業、または大企業であり得る。

0065

[0077]いくつかの例では、図1および/または図2を参照しながら説明した基地局105、105−a、205、および/または205−aのうちの1つ、ならびに/あるいは図1および/または図2を参照しながら説明したUE115、115−a、215、215−a、215−b、および/または215−cのうちの1つなどの送信装置は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のチャネルへの(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域の物理チャネルへの)アクセスを獲得するためにゲーティング間隔を使用し得る。いくつかの例では、ゲーティング間隔は周期的であり得る。たとえば、周期的ゲーティング間隔は、LTE/LTE−A無線間隔の少なくとも1つの境界と同期され得る。ゲーティング間隔は、欧州通信規格協会(ETSI:European Telecommunications StandardsInstitute)(EN301 893)において指定されているLBTプロトコルに基づくLBTプロトコルなど、競合ベースプロトコルの適用を定義し得る。LBTプロトコルの適用を定義するゲーティング間隔を使用するとき、ゲーティング間隔は、送信装置が、クリアチャネルアセスメント(CCA)プロシージャなどの競合プロシージャ(たとえば、LBTプロシージャ)をいつ実行する必要があるかを示し得る。CCAプロシージャの結果は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のチャネルが(LBT無線フレームとも呼ばれる)ゲーティング間隔のために利用可能であるのか使用中であるのかを送信装置に示し得る。対応するLBT無線フレームのためにチャネルが利用可能(たとえば、使用のために「クリア」)であることをCCAプロシージャが示すとき、送信装置は、LBT無線フレームの一部または全部の間にライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のチャネルを予約および/または使用し得る。チャネルが利用可能でないこと(たとえば、チャネルが別の送信装置によって使用中または予約済みであること)をCCAプロシージャが示すとき、送信装置は、LBT無線フレームの間にチャネルを使用することを妨げられ得る。

0066

[0078]図3に、本開示の様々な態様による、基地局310およびUE315を示すブロック図を示す。たとえば、図3に示されている基地局310およびUE315は、それぞれ、図1および/または図2を参照しながら説明した、基地局105および/または205ならびにUE115および/または215に対応し得る。基地局310はアンテナ3341〜334tを装備し得、UE315はアンテナ3521〜352rを装備し得、ここにおいて、tおよびrは1以上の整数である。

0067

[0079]基地局310において、基地局送信プロセッサ320は、基地局データソース312からデータを受信し、基地局コントローラ/プロセッサ340から制御情報を受信し得る。制御情報は、物理ブロードキャストチャネル(PBCH:Physical Broadcast Channel)、物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH:Physical Control Format Indicator Channel)、物理ハイブリッドARQインジケータチャネル(PHICH:Physical Hybrid-ARQIndicator Channel)、物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH:Physical Downlink Control Channel)などの上で搬送され得る。データは、たとえば、物理ダウンリンク共有チャネルPDSCH:physical downlink shared channel)の上で搬送され得る。基地局送信プロセッサ320は、データシンボルおよび制御シンボルを取得するために、それぞれデータおよび制御情報を処理(たとえば、符号化およびシンボルマッピング)し得る。基地局送信プロセッサ320はまた、たとえば、PSSSSS、およびセル固有基準信号(RS:reference signal)のための基準シンボルを生成し得る。基地局送信(TX)多入力多出力(MIMO)プロセッサ330は、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実行し得、出力シンボルストリームを基地局変調器復調器(MOD/DEMOD)3321〜332tに与え得る。各基地局変調器/復調器332は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、直交周波数分割多重(OFDM)などのための)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各基地局変調器/復調器332はさらに、ダウンリンク信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(たとえば、アナログへの変換、増幅フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。変調器/復調器3321〜332tからのダウンリンク信号は、それぞれアンテナ3341〜334tを介して送信され得る。

0068

[0080]UE315において、UEアンテナ3521〜352rは、基地局310からダウンリンク信号を受信し得、受信信号をそれぞれUE変調器/復調器(MOD/DEMOD)3541〜354rに与え得る。各UE変調器/復調器354は、入力サンプルを取得するために、それぞれの受信信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各UE変調器/復調器354はさらに、受信シンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルを処理し得る。UEMIMO検出器356が、すべてのUE変調器/復調器3541〜354rから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実行し、検出シンボルを与え得る。UE受信プロセッサ358は、検出シンボルを処理(たとえば、復調デインターリーブ、および復号)し、UE315のための復号されたデータをUEデータシンク360に与え、復号された制御情報をUEコントローラ/プロセッサ380に与え得る。

0069

[0081]アップリンク上では、UE315において、UE送信プロセッサ364が、UEデータソース362から(たとえば、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH:physical uplink shared channel)のための)データを受信し、処理し得、UEコントローラ/プロセッサ380から(たとえば、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH:physical uplink control channel)のための)制御情報を受信し、処理し得る。UE送信プロセッサ364はまた、基準信号のための基準シンボルを生成し得る。UE送信プロセッサ364からのシンボルは、適用可能な場合はUE TXMIMOプロセッサ366によってプリコードされ得、(たとえば、SC−FDMなどのために)UE変調器/復調器3541〜354rによってさらに処理され得、基地局310に送信され得る。基地局310において、UE315からのアップリンク信号は、基地局アンテナ334によって受信され、基地局変調器/復調器332によって処理され、適用可能な場合は基地局MIMO検出器336によって検出され、UE315によって送られた復号されたデータと制御情報とを取得するために、基地局受信プロセッサ338によってさらに処理され得る。基地局受信プロセッサ338は、復号されたデータを基地局データシンク346に与え、復号された制御情報を基地局コントローラ/プロセッサ340に与え得る。

0070

[0082]基地局コントローラ/プロセッサ340およびUEコントローラ/プロセッサ380は、それぞれ基地局310およびUE315における動作を指示し得る。基地局310における基地局コントローラ/プロセッサ340および/または他のプロセッサおよびモジュールは、たとえば、本明細書で説明する技法のための様々なプロセスを実施するか、またはその実行を指示し得る。UE315におけるUEコントローラ/プロセッサ380および/または他のプロセッサとモジュールはまた、たとえば、図3に示されている1つまたは複数のブロック、および/または本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実施するか、またはその実行を指示し得る。基地局メモリ342およびUEメモリ382は、それぞれ基地局310およびUE315のためのデータおよびプログラムコードを記憶し得る。スケジューラ344は、ダウンリンクおよび/またはアップリンク上でのデータ送信のためにUE315をスケジュールし得る。

0071

[0083]一例では、基地局310は、アップリンク(UL)送信またはダウンリンク(DL)送信のうちの少なくとも1つのためのコンパクトダウンリンク制御情報(DCI)を生成するための1つまたは複数のコンポーネントを含み得、ここにおいて、コンパクトなDCIは、いくつかの標準DCIフォーマットと比較して低減された数のビットと、DCIを送信するための1つまたは複数のコンポーネントとを備え得る。一態様では、上述の1つまたは複数のコンポーネントは、上述の1つまたは複数のコンポーネントによって具陳された機能を実行するように構成された、基地局コントローラ/プロセッサ340、基地局メモリ342、基地局送信プロセッサ320、基地局変調器/復調器332、および/または基地局アンテナ334であり得る。別の態様では、上述の1つまたは複数のコンポーネントは、上述の1つまたは複数のコンポーネントによって具陳された機能を実行するように構成されたモジュールまたは任意の装置であり得る。一例では、UE315は、アップリンク(UL)送信またはダウンリンク(DL)送信のうちの少なくとも1つのためのコンパクトなダウンリンク制御情報(DCI)を受信するための1つまたは複数のコンポーネントを含み得、ここにおいて、DCIは、低減されたビット数の標準DCIフォーマットと、DCIを処理するための1つまたは複数のコンポーネントとを備える。一態様では、上述の1つまたは複数のコンポーネントは、上述の1つまたは複数のコンポーネントによって具陳された機能を実行するように構成された、UEコントローラ/プロセッサ380、UEメモリ382、UE受信プロセッサ358、UEMIMO検出器356、UE変調器/復調器354、および/またはUEアンテナ352であり得る。別の態様では、上述の1つまたは複数のコンポーネントは、上述の1つまたは複数のコンポーネントによって具陳された機能を実行するように構成されたモジュールまたは任意の装置であり得る。

0072

[0084]図4Aに、本開示の様々な態様による、リソースのインターレース上での(たとえば、データのビットの)送信のために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振ることの一例を示す図400を示す。図4Aでは、複数のUE(たとえば、その各々が図1のUE115に対応し得るUE1〜UEN)が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を使用して、基地局(たとえば、図1の基地局105に対応し得るeノードB1)にペイロードを送信するように構成され得る。

0073

[0085]図4Aに、および参照番号402によって示されているように、UE1は、eノードB1に、UE1による送信(たとえば、少量のデータを有する送信)のためにUE1に割り振られるべきアップリンクリソース(たとえば、1つまたは複数のRB)についての要求を与え得る。同様に、参照番号404によって示されているように、UENは、eノードB1に、UENによる送信(たとえば、少量のデータを有する送信)のためにUENに割り振られるべきアップリンクリソース(たとえば、1つまたは複数のRB)についての要求を与え得る。

0074

[0086]図4Aでは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるアップリンク送信に関連するサブフレーム(たとえば、1msサブフレーム)のためのアップリンク構造は、リソースの複数のインターレースの間で分散された複数のアップリンクリソースを含み得る。さらに、eノードB1は、(本明細書では、リソースの多重化インターレース(a multiplexed interlace of resources)と呼ぶ)複数のUEの送信を多重化するためのリソースのインターレースを割り振るように構成され得る。

0075

[0087]参照番号406によって示されているように、eノードB1は、(たとえば、少量のデータを有するUE1送信のサイズに基づいて)、UE1が、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUE1送信を送信すべきであると決定し得、UE1に、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUE1送信を送信するように命令する情報をUE1に与え得る。同様に、参照番号408によって示されているように、eノードB1は、(たとえば、少量のデータを有するUEN送信のサイズに基づいて)、UENが、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUEN送信を送信すべきであると決定し得、UENに、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUEN送信を送信するように命令する情報をUENに与え得る。

0076

[0088]参照番号410によって示されているように、UE1は、UE1送信に第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを適用し得、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUE1送信を送信し得る。同様に、参照番号412によって示されているように、UENは、UEN送信に第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを適用し得、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でUEN送信を送信し得る。言い換えれば、UE1およびUENはそれぞれ、割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して、(たとえば、同じサブフレーム中に)リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソース上でそれらのそれぞれの送信を送信し得る。このようにして、リソースのインターレースは、(たとえば、アップリンクリソースを効率的に使用するために、複数のUEによる電力消費を低減するためになど)複数のUEによる少量の情報の送信のために多重化され得る。

0077

[0089]図4Bに、本開示の様々な態様による、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを割り振ることと、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUEに割り振ることとの一例を示す図450を示す。図4Bでは、複数のUE(たとえば、図1のUE115に対応し得るUE1〜UEN)が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のアップリンクリソースを使用して、基地局(たとえば、図1の基地局105に対応し得るeノードB1)に情報を送信するように構成され得る。

0078

[0090]図4Bに、および参照番号416によって示されているように、eノードB1は、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを、(本明細書では、リソースの多重化インターレースと呼ぶ)複数のUEの送信を多重化するためのリソースのインターレースのうちのアップリンクリソース中のチャネル占有情報(たとえば、図4B中のチャネル使用ビーコン信号「CUBS」)の送信に割り振り得る。いくつかの態様では、チャネル占有情報は、無視、廃棄、削除などされ得る情報を含み得る。参照番号418によって示されているように、UE1は、eノードB1に、UE1による送信(たとえば、UE1送信)のためにUE1に割り振られるべきアップリンクリソースについての要求を与え得る。同様に、参照番号420によって示されているように、UENは、eノードB1に、UENによる送信(たとえば、UEN送信)のためにUENに割り振られるべきアップリンクリソースについての要求を与え得る。

0079

[0091]図4Bでは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるアップリンク送信に関連するサブフレーム(たとえば、1msサブフレーム)のためのアップリンク構造は、リソースの複数のインターレースの間で分散された複数のアップリンクリソースを含み得る。参照番号422によって示されているように、eノードB1は、UE1が、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソースの第1のサブセット上でUE1送信を送信すべきであり、UE1が、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちの他のアップリンクリソース上でCUBSを送信すべきであると決定し得、それに応じて、UE1に割振り情報を与え得る。同様に、参照番号424によって示されているように、eノードB1は、UENが、第3のコードおよび/または第3のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソースの第2のサブセット上でUEN送信を送信すべきであり、UENが、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちの他のアップリンクリソース上でCUBSを送信すべきであると決定し得、それに応じて、UENに割振り情報を与え得る。

0080

[0092]参照番号426によって示されているように、UE1は、UE1送信に第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを適用し得、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソースの第1のサブセット中でUE1送信を送信し得る。参照番号428によって示されているように、UE1はまた、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちの他のアップリンクリソース中でCUBSを送信し得る。同様に、参照番号430によって示されているように、UENは、UEN送信に第3のコードおよび/または第3のサイクリックシフトを適用し得、リソースの多重化インターレースのうちのアップリンクリソースの第2のサブセット中でUEN送信を送信し得る。参照番号432によって示されているように、UENはまた、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの多重化インターレースのうちの他のアップリンクリソース中でCUBSを送信し得る。

0081

[0093]言い換えれば、UE1は、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用して、リソースの第1のサブセット中でUE1送信を送信し得、UENは、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの第1のサブセット中でCUBSを送信し得る。同様に、UE1は、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して、リソースの第2のサブセット中でCUBSを送信し得、UENは、第3のコードおよび/または第3のサイクリックシフトを使用して、リソースの第2のサブセット中でUEN送信を送信し得る。このようにして、多重化は、(たとえば、アップリンクリソースを効率的に使用するために)複数のUEによる情報の送信のために、リソースのインターレースのうちのアップリンクリソースに適用され得る。

0082

[0094]図4Cに、本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、1つまたは複数の基地局による第2の送信のために、リソースの第2のインターレースを割り振ることとの一例を示す図490を示す。図4Cでは、第1の複数のUE(たとえば、UE1.1〜UE1.X)は、地理的エリア中にある第1の基地局(たとえば、eノードB1)を介して通信していることがあり、第2の複数のUE(たとえば、UE2.1〜UE2.Y)は、地理的エリア中にある第2の基地局(たとえば、eノードB2)を介して通信していることがあり、第3の複数のUE(たとえば、UE3.1〜UE3.Z)は、地理的エリア中にある第3の基地局(たとえば、eノードB3)を介して通信していることがある。さらに、基地局は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のダウンリンクリソースを使用して、それぞれのUEに情報を送信するように構成され得る。いくつかの態様では、図4CのUEはUE115に対応し得、図4CのeノードBは図1を参照しながら説明した基地局105に対応し得る。

0083

[0095]参照番号434によって示されているように、複数の基地局は、(本明細書では、リソースの占有インターレースと呼ぶ)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のためのリソースのインターレースの割振りを調整させるために通信し得る。参照番号438、440、および442によって示されているように、複数の基地局の間でリソースの占有インターレースを割り振ることに基づいて、基地局の各々は、リソースの占有インターレースのうちのダウンリンクリソース上でチャネル占有情報(たとえば、CUBS)を送信し得る。いくつかの態様では、基地局は、チャネルに関連する帯域幅要件を満たすために、および/またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するために、リソースの占有インターレースのうちのダウンリンクリソース上でCUBSを送信し得る。さらに、基地局は、基地局がリソースの占有インターレースのうちのダウンリンクリソース上でCUBSを送信するとき、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有し得る。

0084

[0096]参照番号436によって示されているように、基地局は、次いで、基地局による他の送信(たとえば、UEへの送信)のためのリソースの他のインターレースの割振りを調整させるために通信し得る。たとえば、複数の基地局は、リソースのインターレースの第1のセットがeノードB1による送信のために割り振られ、リソースのインターレースの第2のセットがeノードB2による送信のために割り振られ、リソースのインターレースの第3のセットがeノードB3による送信のために割り振られるように通信し得る。いくつかの態様では、リソースの単一のインターレースは、単一の基地局に割り振られ得る。追加または代替として、リソースの単一のインターレースは、2つまたはそれより多い基地局に割り振られ得る。追加または代替として、リソースのインターレースは、どの基地局にも割り振られないことがある。追加または代替として、リソースの複数のインターレースは、単一の基地局に割り振られ得る。

0085

[0097]このようにして、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のダウンリンクリソースは、複数の基地局に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のリソースのインターレース中でチャネル占有情報を送信させることと、複数の基地局の間でリソースの他のインターレースを割り振ることとによって、(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有する)複数の基地局によって効率的に使用され得る。

0086

[0098]図5Aに、本開示の様々な態様による、リソースのインターレース上での送信のために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振るための方法500の一例を示すフローチャートを示す。いくつかの態様では、図5Aの1つまたは複数のブロックは、図1および/または図2を参照しながら説明した基地局105および/または基地局205によって実行され得る。いくつかの態様では、図5Aの1つまたは複数のブロックは、図1を参照しながら説明したUE115など、別のデバイス、あるいは基地局105とは別個のまたはそれを含む複数のデバイスによって実行され得る。

0087

[0099]図5Aに示されているように、方法500は、1つまたは複数のUEのペイロードの送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信することを含み得る(ブロック510)。たとえば、基地局105は、1つまたは複数のUE115のペイロードの送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信し得る。いくつかの態様では、基地局105は、1つまたは複数のUE115が要求を与えた後、要求を受信し得る。

0088

[0100]いくつかの態様では、基地局105は、1つまたは複数のUE115から要求を受信し得る。たとえば、1つまたは複数のUE115のうちの各UE115は、基地局105に、UE115によるペイロードの送信のためのリソースの要求についてのバッファステータス報告(BSR)を送り得る。いくつかの態様では、BSRは、UE115によって送信されるべきペイロードのサイズを示す情報を含み得る。いくつかの態様では、基地局105は、1つまたは複数のUE115に対応する1つまたは複数の要求を受信し得る。

0089

[0101]図5Aに示されているように、方法500は、1つまたは複数のUEのペイロードのサイズを決定することを含み得る(ブロック520)。たとえば、基地局105は、1つまたは複数のUE115のペイロードのサイズを決定し得る。いくつかの態様では、基地局105は、基地局105が、1つまたは複数のUE115のペイロードの送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信したとき、ペイロードのサイズを決定し得る。

0090

[0102]いくつかの態様では、基地局105は、UE115によって与えられた情報に基づいて、ペイロードのサイズを決定し得る。たとえば、上記で説明したように、UE115は、ペイロード(たとえば、RRCシグナリングメッセージアップリンク制御情報(UCI)、アプリケーションデータなど、PUSCH情報を含むペイロード)を基地局105に送信することに関連するBSRを与え得る。この例では、BSRは、ペイロードを送信するために必要とされるビットの量を示す情報など、ペイロードのサイズを識別する情報を含み得る。いくつかの態様では、基地局105は、以下で説明するように、ペイロードがアップリンクリソースの単一のインターレース中で多重化されるべきであるかどうかを決定するために、複数のペイロードのサイズを決定し得る。

0091

[0103]図5Aにさらに示されているように、方法500は、リソースのインターレース上でペイロードを多重化することに関連するペイロードサイズしきい値を識別することを含み得る(ブロック530)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレース上でペイロードを多重化することに関連するペイロードサイズしきい値を識別し得る。

0092

[0104]リソースのインターレースは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域にわたって分散された複数のリソース(たとえば、リソースブロック)を含み得る。図5Bに、本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信のために使用されるリソースの複数のインターレースを含み得るアップリンク構造560の一例を示す図を示す。図5Bに示されているように、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域の帯域幅は、20MHzであり得る。ここで、20MHz帯域は、サブフレームごとに(たとえば、1msサブフレームごとに)100個のリソース(たとえば、リソースブロックRB0〜RB99)に分割され得る。図示のように、この例では、アップリンク構造は、リソースの10個のインターレース(たとえば、I0〜I9)を含み得、リソースの各インターレースは、20MHz帯域幅にわたって分散された10個のアップリンクリソースを含み得る(たとえば、I0は、RB0、RB10、RB90などを含み得、I9は、RB9、RB19、RB99などを含み得る)。図5Bに、本明細書で説明する態様に関連するアップリンク構造の一例を示す。いくつかの態様では、別のおよび/または異なるアップリンク構造が、本明細書で説明する態様に適用され得る(たとえば、リソースの10個よりも少ないインターレースをもつアップリンク構造、リソースの10個よりも多いインターレースをもつアップリンク構造、100個よりも少ないリソースをもつアップリンク構造、100個よりも多いリソースをもつアップリンク構造、異なる帯域幅のためのアップリンク構造など)。

0093

[0105]図5Aに戻ると、ペイロードサイズしきい値は、リソースの単一のインターレース上でペイロードを多重化することに関連する最大ペイロードサイズ(たとえば、ビットの量)を識別する情報を含み得る。いくつかの態様では、基地局105は、基地局105によって記憶されたまたはアクセス可能な情報に基づいて、ペイロードサイズしきい値を識別し得る。いくつかの態様では、基地局105は、以下で説明するように、ペイロードサイズしきい値とペイロードのサイズとを比較することに基づいて、ペイロードがインターレースまたはリソース上で多重化されるべきであるかどうかを決定し得る。

0094

[0106]いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードがその上で多重化され得るリソースのインターレースを識別し得る。たとえば、基地局105は、リソースのインターレースがペイロードを多重化するために使用されるべきであることを示す情報を記憶するか、またはその情報へのアクセスを有し得、記憶またはアクセスされた情報に基づいて、リソースのインターレースを識別し得る。別の例として、基地局105は、リソースのインターレースが(たとえば、サブフレーム中に)別の送信のために割り振られなかったと決定し得、リソースのインターレースとしてリソースのインターレースを識別し得る。

0095

[0107]いくつかの態様では、基地局105は、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために使用されるべきであるフォーマット構造を決定し得る。たとえば、ペイロードの送信は、PUCCHフォーマット2を使用してフォーマットされ得る。いくつかの態様では、ペイロードを送信するためのPUCCHフォーマット2の使用は、ペイロードの約100個のビットが、ペイロードを多重化(すなわち、符号分割多重化)するための複数のコードを使用して、6つのUE115の各々によってリソースのインターレース上で送信されることを可能にし得る。別の例として、ペイロードの送信は、PUCCHフォーマット3を使用してフォーマットされ得る。いくつかの態様では、ペイロードを送信するためのPUCCHフォーマット3の使用は、ペイロードの約210個のビットが、ペイロードを多重化するための複数のサイクリックシフトを使用して、4つのUE115の各々(またはサウンディング基準信号SRS)が使用されないときは5つのUE115の各々)によってリソースの単一のインターレース上で送信されることを可能にし得る。

0096

[0108]図5Aにさらに示されているように、方法500は、ペイロードのサイズとペイロードサイズしきい値とに基づいて、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定することを含み得る(ブロック540)。たとえば、基地局105は、ペイロードのサイズとペイロードサイズしきい値とに基づいて、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。いくつかの態様では、基地局105は、基地局105がペイロードのサイズを決定した後、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。追加または代替として、基地局105は、基地局105がペイロードサイズしきい値を識別した後、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。

0097

[0109]いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードサイズしきい値に基づいて、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。たとえば、基地局105は、他のペイロードと多重化され得る最大ペイロードサイズを識別するペイロードサイズしきい値を識別する情報を記憶するか、またはその情報へのアクセスを有し得る。さらに、基地局105は、第1のUE115によって送信されるべき第1のペイロードの第1のサイズ、第2のUE115によって送信されるべき第2のペイロードの第2のサイズ、第3のUE115によって送信されるべき第3のペイロードの第3のサイズなどを決定し得る。ここで、基地局105は、第1のサイズとペイロードサイズしきい値とを比較し得、ペイロードサイズしきい値が満たされない(たとえば、第1のペイロードのサイズが、リソースのインターレース上でペイロードを多重化するための最大ペイロードサイズよりも小さいかまたはそれに等しい)と決定し得る。同様に、基地局105は、第2のサイズとペイロードサイズしきい値とを比較し得、ペイロードサイズしきい値が第2のペイロードサイズによって満たされないと決定し得る。しかしながら、基地局105は、第3のサイズとペイロードサイズしきい値とを比較し得、ペイロードサイズしきい値が満たされる(たとえば、第3のペイロードのサイズが、リソースのインターレース上でペイロードを多重化するための最大ペイロードサイズよりも大きい)と決定し得る。ここで、基地局105は、第1のペイロードおよび第2のペイロード(たとえば、およびペイロードサイズしきい値を満たさないサイズをもつ他のペイロード)が、リソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。さらに、基地局105は、第3のペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきでないと決定し得る。いくつかの態様では、基地局105は、(たとえば、ペイロードが、リソースの他のインターレース上で送信されるペイロードのみであるように)リソースのインターレース上で多重化されるべきでないペイロードに、リソースの別のインターレースを割り振り得る。

0098

[0110]いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードがリソースの複数のインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。たとえば、基地局105は、ペイロードの複数のサイズのうちの各サイズが、ペイロードしきい値を満たさない、およびペイロードの総サイズが、最大総ペイロードサイズ(たとえば、リソースのインターレース上で多重化され得る最大総ペイロードサイズ)よりも大きいと決定し得る。この例では、基地局105は、ペイロードがその上で多重化されるべきであるリソースの2つのより多くのインターレースを識別し得る。別の例として、基地局105は、(たとえば、基地局105が、7つのUE115のためのペイロードのサイズを決定し、6つのコードおよび/またはサイクリックシフトのみが、ペイロードを多重化するために利用可能であるとき)ペイロードがそれのために多重化され得るUE115の最大量を超える量のUEを含む複数のUE115のためのペイロードサイズを決定し得る。この例では、基地局105は、ペイロードがその上で多重化されるべきであるリソースの2つのより多くのインターレースを識別し得る。

0099

[0111]図5Aにさらに示されているように、方法500は、リソースのインターレース上でペイロードを送信するために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振ることを含み得る(ブロック550)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレース上でペイロードを送信するために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUE115に割り振り得る。いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードがリソースのインターレース上で多重化されるべきであると基地局105が決定した後、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUE115に割り振り得る。

0100

[0112]いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードの送信のために、異なるコードおよび/または異なるサイクリックシフトを各UE115に割り振り得る。たとえば、基地局105は、第1のUE115のための第1のペイロードと、第2のUE115のための第2のペイロードと、第3のUE115のための第3のペイロードとが、リソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る。この例では、基地局105は、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを第1のUE115に割り振り、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを第2のUE115に割り振り、第3のコードおよび/または第3のサイクリックシフトを第3のUE115に割り振り得る。このようにして、各UE115は、リソースのインターレース上でペイロードを多重化するために、異なるコードおよび/または異なるサイクリックシフトを割り振られ得る。

0101

[0113]いくつかの態様では、基地局105は、ペイロードの送信のために、コードをUE115に割り振り得る。たとえば、基地局105は、リソースの単一のインターレースのうちのリソースが、PUCCHフォーマット3を使用してフォーマットされるべきであるとき、(たとえば、符号分割多重化のために)複数のウォルシュコードなど、複数のコードをUE115に割り振り得る。追加または代替として、基地局105は、ペイロードの送信のために、サイクリックシフトをUE115に割り振り得る。たとえば、基地局105は、リソースの単一のインターレースのうちのリソースが、PUCCHフォーマット2を使用してフォーマットされるべきであるとき、複数のサイクリックシフトをUE115に割り振り得る。

0102

[0114]いくつかの態様では、基地局105は、複数のコードおよび/または複数のサイクリックシフトを単一のUE115に割り振り得る。たとえば、基地局105は、第1のUE115によって送信されるべき第1のペイロードの第1のサイズに基づいて、基地局105が2つのコードを第1のUE115に割り振るべきであると決定し得、基地局105は、第1のコードと第2のコードとを第1のUE115に割り振り得る(たとえば、一方、基地局105は、第2のサイズの第2のペイロードの送信のために、ただ1つのコードを第2のUE115に割り振り得る)。

0103

[0115]いくつかの態様では、基地局105は、UE115に、割り振られたコードおよび/または割り振られたサイクリックシフトに関連する情報を与え得る。たとえば、基地局105は、UE115に、リソースのインターレースを識別する情報、アップリンクリソース中でペイロードを送信するために使用されるべきフォーマット(たとえば、PUCCHフォーマット2、PUCCHフォーマット3など)を識別する情報、UE115に割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを識別する情報、ならびに/あるいは別のタイプの情報を含む、アップリンク許可のためのダウンリンク制御情報を与え得る。いくつかの態様では、基地局105は、RRCメッセージを使用して、リソースのインターレースを識別する情報、リソース中でペイロードを送信するために使用されるべきフォーマットを識別する情報、ならびに/あるいはUE115に割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを識別する情報を与え得る。このようにして、基地局105は、リソースのインターレース上でのペイロードの多重化のために、1つまたは複数のコードおよび/またはサイクリックシフトを各UE115に割り振り得る。

0104

[0116]いくつかの態様では、UE115によって送信されているペイロードのサイズにより、低減された量の巡回冗長検査(CRC)ビットがペイロードにアタッチされ得る。たとえば、いくつかの態様では、UE115は、24ビットよりも少ない量のCRCビットをアタッチし得る。いくつかの態様では、ペイロードを送信することに関連するトランスポートブロックサイズ(TBS)が、変調およびコーディング方式(MCS)と、UE115に割り振られた、コードの総量および/またはサイクリックシフトの総量とに基づいて決定され得る。たとえば、PUCCHフォーマット3の場合、ペイロードを送信するためのTBSは、MCS、リソースのインターレース中のリソースの量、コードおよび/またはサイクリックシフトの総量、ならびに/あるいはUE115の量に基づいて決定され得る。

0105

[0117]図5Aは方法500の例示的なブロックを示しているが、いくつかの態様では、方法500は、追加のブロック、より少ないブロック、異なるブロック、または図5Aに示されているものとは別様に構成されたブロックを含み得る。追加または代替として、方法500のブロックのうちの2つまたはそれより多くが並列に実行され得る。

0106

[0118]図6Aおよび図6Bに、本開示の様々な態様による、図5Aに示されている方法の例に関係する一例を示す図600を示す。図6Aおよび図6Bは、リソースの単一のインターレース上でペイロードを送信するために、コードおよび/またはサイクリックシフトを1つまたは複数のUEに割り振ることの一例を示す。例600では、複数のUE115(たとえば、UE1およびUE2)は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のアップリンクリソースを使用して、基地局105(たとえば、eNB1)にペイロード(たとえば、PUSCHペイロード)を送信するように構成され得る。

0107

[0119]図6Aに、および参照番号602によって示されているように、UE1は、eNB1に、UE1PUSCHペイロードの送信のためにUE1に割り振られるべきアップリンクリソースについてのスケジューリング要求を与え得る。図示のように、UE1スケジューリング要求は、UE1PUSCHペイロードのサイズが30ビットであることを示す情報を含み得る。同様に、参照番号604によって示されているように、UE2は、eNB1に、UE2PUSCHペイロードの送信のためにUE2に割り振られるべきアップリンクリソースについてのスケジューリング要求を与え得る。図示のように、UE2スケジューリング要求は、UE2ペイロードのサイズが45ビットであることを示す情報を含み得る。

0108

[0120]例600では、(たとえば、20MHzの帯域幅をもつ)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるアップリンク送信に関連するサブフレーム(たとえば、1msサブフレーム)のためのアップリンク構造は、リソースの複数のインターレース(たとえば、I0〜I9)の間で分散された複数のアップリンクリソースを含み得る。

0109

[0121]参照番号606によって示されているように、eNB1は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のリソースの単一のインターレース上でペイロードを多重化することに関連するペイロードサイズしきい値(たとえば、50ビット)を決定し得る。参照番号608によって示されているように、eNB1は、UE1PUSCHペイロードのサイズとペイロードサイズしきい値とを比較し得、(たとえば、30ビットは50ビット以下であるので)UE1PUSCHペイロードが、I2として識別されたリソースのインターレース上で多重化されるべきであると決定し得る(たとえば、eNB1は、I2がPUSCHペイロードの多重化のために使用されるべきであることを示す情報を記憶するか、またはその情報へのアクセスを有し得る)。参照番号610によって示されているように、UE1PUSCHペイロードがI2上で多重化されるべきであると決定することに基づいて、eNB1は、UE1PUSCHペイロードの送信のために、第1のコード(たとえば、ウォルシュ(1))をUE1に割り振り得る(たとえば、eNB1は、PUCCHフォーマット3がI2上での多重化のために使用されるべきであると決定し得る)。

0110

[0122]参照番号612によって示されているように、eNB1は、UE2PUSCHペイロードのサイズとペイロードサイズしきい値とを比較し得、(たとえば、45ビットは50ビット以下であるので)UE2PUSCHペイロードがI2上で多重化されるべきであると決定し得る。参照番号614によって示されているように、UE2PUSCHペイロードがI2上で多重化されるべきであると決定することに基づいて、eNB1は、UE2PUSCHペイロードの送信のために、第2のコード(たとえば、ウォルシュ(2))をUE2に割り振り得る。

0111

[0123]参照番号616によって示されているように、eNB1は、UE1に、UE1が、ウォルシュ(1)を使用してPUCCHフォーマット3でI2上でUE1PUSCHペイロードを送信すべきであることを示す情報を与え得る。参照番号618によって示されているように、eNB1は、UE2に、UE2が、ウォルシュ(2)を使用してPUCCHフォーマット3でI2上でUE2PUSCHペイロードを送信すべきであることを示す情報を与え得る。

0112

[0124]図6Bの上側部分に、および参照番号620によって示されているように、UE1は、UE1PUSCHペイロードにウォルシュ(1)を適用し得、PUCCHフォーマット3でI2のアップリンクリソース上でコード化UE1PUSCHペイロードを送信し得る。同様に、参照番号622によって示されているように、UE2は、UE2PUSCHペイロードにウォルシュ(2)を適用し得、PUCCHフォーマット3でI2のアップリンクリソース上でコード化UE2PUSCHペイロードを送信し得る。

0113

[0125]このようにして、図6Bの下側部分によって、および参照番号624によって示されているように、UE1およびUE2はそれぞれ、(たとえば、リソースブロック2、リソースブロック12、リソースブロック92など中で)I2のアップリンクリソース上でそれぞれのコード化PUSCHペイロードを送信し得る。このようにして、多重化は、複数のUEによる小さいペイロードの送信のために、リソースのインターレースのうちのアップリンクリソースに適用され得る。

0114

[0126]上記のように、図6Aおよび図6Bは、一例として与えられているにすぎない。他の例が、可能であり、図6Aおよび図6Bに関して説明したものとは異なり得る。

0115

[0127]図7に、本開示の様々な態様による、リソースのインターレースを使用する送信のために、異なるコードおよび/または異なるサイクリックシフトを複数のUEに割り振るための方法700の一例を示すフローチャートを示す。いくつかの態様では、図7の1つまたは複数のブロックは、図1を参照しながら説明した基地局105によって実行され得る。いくつかの態様では、図7の1つまたは複数のブロックは、図1を参照しながら説明したUE115など、別のデバイス、あるいは基地局105とは別個のまたはそれを含む複数のデバイスによって実行され得る。

0116

[0128]図7に示されているように、方法700は、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを決定することを含み得る(ブロック710)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを決定し得る。いくつかの態様では、基地局105は、基地局105が、第1の送信のために第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを決定するための指示を受信したとき、第1の送信のために第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを決定し得る。

0117

[0129]いくつかの態様では、第1の送信はチャネル占有送信であり得る。チャネル占有送信は、(本明細書では、チャネル占有情報と呼ぶ)情報を受信する装置によって無視、廃棄、削除などされ得る情報を含む送信を含み得る。いくつかの態様では、UE115は、リソースのインターレースを含むライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する帯域幅要件を満たすために、リソースのインターレースを使用して、チャネル占有情報を送信し得る。

0118

[0130]いくつかの態様では、基地局105は、基地局105によって記憶されたまたはアクセス可能な情報に基づいて、第1の送信(たとえば、チャネル占有送信)のために第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを割り振り得る。たとえば、基地局105は、UE115による制御情報(たとえば、PUCCHフォーマット2を使用するPUCCH情報)の送信を多重化するために利用可能であり得る複数のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0〜サイクリックシフト6)を識別する情報を記憶するか、またはその情報にアクセスし得る。ここで、基地局105は、UE115によるチャネル占有送信のために複数のサイクリックシフトのうちのサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0)を割り振り得る。この例では、以下で説明するように、複数のサイクリックシフトのうちの他のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト1〜サイクリックシフト6)が、リソースのインターレースを使用する送信のためにUE115に割り振られ得る。いくつかの態様では、基地局105は、(たとえば、リソースのインターレースのうちのリソースが、上記で説明したように、PUCCHフォーマット2を使用してフォーマットされるべきであるとき)第1の送信のためにサイクリックシフトを割り振り得る。追加または代替として、基地局105は、(たとえば、リソースのインターレースのうちのリソースが、上記で説明したように、PUCCHフォーマット3を使用してフォーマットされるべきであるとき)第1の送信のためにコードを割り振り得る。

0119

[0131]図7にさらに示されているように、方法700は、リソースのインターレースを使用するUEによる第2の送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信することを含み得る(ブロック720)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレースを使用するUE115による第2の送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信し得る。いくつかの態様では、基地局105は、UE115が要求を与えた後、要求を受信し得る。

0120

[0132]いくつかの態様では、基地局は、UE115から要求を受信し得る。たとえば、UE115は、基地局105に、UE115による情報の送信のためのリソースの要求についてのBSRを送り得る。いくつかの態様では、BSRは、UE115によって送信されるべきペイロードのサイズを示す情報を含み得る。いくつかの態様では、基地局105は、1つまたは複数のUE115に対応する1つまたは複数の要求を受信し得る。

0121

[0133]図7にさらに示されているように、方法700は、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUEに割り振ることを含み得る(ブロック730)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUE115に割り振り得る。いくつかの態様では、基地局105は、基地局105が、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを割り振った後、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUE115に割り振り得る。追加または代替として、基地局105は、基地局105が、UE115による第2の送信のために割り振られるべきリソースについての要求を受信したとき(たとえば、UE115が、制御情報の送信のために割り振られるべきリソースを要求したとき)、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUE115に割り振り得る。

0122

[0134]いくつかの態様では、基地局105は、基地局105によって記憶されたまたはアクセス可能な情報に基づいて、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを割り振り得る。たとえば、基地局105は、UE115による(たとえば、PUCCHフォーマット2を使用する)制御情報の送信を多重化するために利用可能であり得る複数のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0〜サイクリックシフト6)を識別する情報を記憶するか、またはその情報にアクセスし得る。基地局105はまた、UE115による第1の送信(たとえば、チャネル占有送信)のために割り振られた、複数のサイクリックシフトのうちの第1のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0)を識別する情報を記憶するか、またはその情報にアクセスし得る。ここで、基地局105は、UE115による制御情報の送信のために複数のサイクリックシフトのうちの第2のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト1)を割り振り得る。

0123

[0135]図7にさらに示されているように、プロセス700は、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、リソースのインターレースのうちのリソースのサブセットを割り振ることを含み得る(ブロック740)。たとえば、基地局105は、リソースのインターレースを使用する第2の送信のために、リソースのインターレースのうちのリソースのサブセットを割り振り得る。

0124

[0136]いくつかの態様では、基地局105は、リソースのインターレースを使用する複数の第2の送信のために、リソースのインターレースのうちのリソースの複数のサブセットを複数のUE115に割り振り得る。たとえば、リソースのインターレースは、10個のリソース(たとえば、RB0〜RB9として識別される10個のリソースブロック)を含み得、基地局105は、リソースのインターレース上でのUE115による(たとえば、チャネル占有情報の)第1の送信のために、第1のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0)を割り振り得、基地局105は、リソースのインターレース上での制御情報の送信のために、第2のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト1)を第1のUE115に割り振り得、基地局105は、リソースのインターレース上での制御情報の送信のために、第3のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト2)を第2のUEに割り振り得る。

0125

[0137]この例では、基地局105は、制御情報の送信のために、リソースのインターレースのうちのリソースの第1のサブセット(たとえば、RB0およびRB1)を第1のUEに割り振り得、制御情報の送信のために、リソースのインターレースのうちのリソースの第2のサブセット(たとえば、RB2、RB3、およびRB4)を第2のUEに割り振り得る。いくつかの態様では、リソースのサブセットの割振りは、(たとえば、UE115が基地局105によってリソースの異なるサブセットを割り当てられるまで、UE115が、割り当てられたリソース上で制御情報を送信し得るような)半静的であり得る。

0126

[0138]いくつかの態様では、基地局105は、(たとえば、PUCCH情報などの制御情報ではなく)PUSCHペイロードなど、ペイロードの送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトおよび/またはリソースのサブセットを割り振り得る。たとえば、基地局105は、UE115がペイロードを送信すべきであるという指示を受信し得、複数のコードおよび/またはサイクリックシフトのうちのコードおよび/またはサイクリックシフトは、複数のUE115による制御情報の送信のために割り振られないことがある。ここで、基地局105は、ペイロードの送信のために、コードおよび/またはサイクリックシフトをUE115に割り振り得る。基地局105は、アップリンク許可においてUE115に、UEがリソースのインターレース中でペイロードを送信すべきであることを示す情報(たとえば、UE115がリソースのインターレース中でペイロードを送信すべきであることを示す情報、ペイロードの送信のために使用されるべきコードおよび/またはサイクリックシフトを識別する情報など)を与え得る。このようにして、いくつかの態様では、ペイロードの送信は、制御情報の送信と多重化され得る。

0127

[0139]図7にさらに示されているように、方法700は、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用してリソースのサブセット中で第2の送信を与え、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して他のリソース中で第1の送信を与えるようにUEに命令することを含み得る(ブロック750)。たとえば、基地局105は、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトを使用してリソースのサブセット中で第2の送信を与え、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフトを使用して他のリソース中で第1の送信を与えるようにUE115に命令し得る。

0128

[0140]いくつかの態様では、基地局105は、第1のコードおよび/または第1のサイクリックシフト、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトに関連する情報、ならびに/あるいはリソースの割り振られたサブセットに関連する情報をUE115に与えることによって、UE115に命令し得る。上記の例を続けると、および基地局105からそのような情報を受信したことに基づいて、第1のUE115は、第2のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト1)を使用してリソースの第1のサブセット(たとえば、RB0およびRB1)中で制御情報を送信し得、第1のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0)を使用してリソースのインターレースのうちの他のリソース(たとえば、RB2〜RB9)中でチャネル占有情報を送信し得る。同様に、第2のUE115は、第3のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト2)を使用してリソースの第2のサブセット(たとえば、RB2、RB3、およびRB4)中で制御情報を送信し得、第1のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト0)を使用してリソースのインターレースのうちの他のリソース(たとえば、RB0、RB1、およびRB5〜RB9)中でチャネル占有情報を送信し得る。したがって、いくつかの態様では、周波数分割多重化が、制御情報の送信のために割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して、割り当てられたリソース中のみで制御情報を送信することによって、UE115間で達成され得る。その上、いくつかの態様では、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する帯域幅要件が、チャネル占有送信のために割り振られたコードおよび/またはサイクリックシフトを使用して、リソースのインターレースのうちの割り振られていないリソース中でチャネル占有情報を送信することによって満たされ得る。

0129

[0141]図7は方法700の例示的なブロックを示しているが、いくつかの態様では、方法700は、追加のブロック、より少ないブロック、異なるブロック、または図7に示されているものとは別様に構成されたブロックを含み得る。追加または代替として、方法700のブロックのうちの2つまたはそれより多くが並列に実行され得る。

0130

[0142]図8Aおよび図8Bに、本開示の様々な態様による、図7に示されている方法の例に関係する一例を示す図800を示す。図8Aおよび図8Bは、リソースのインターレースを使用する第1の送信のために、第1のコードおよび/またはサイクリックシフトを決定することと、リソースのインターレースを使用する別の送信のために、第2のコードおよび/または第2のサイクリックシフトをUE115に割り振ることとの一例を示す。例800では、複数のUE(たとえば、UE1およびUE2)は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のアップリンクリソースを使用して、基地局(たとえば、eNB1)にPUCCH情報を送信するように構成され得る。

0131

[0143]図8Aに、および参照番号802によって示されているように、UE1は、eNB1に、UE1PUCCH情報の送信のためにUE1に割り振られるべきアップリンクリソースについてのスケジューリング要求を与え得る。同様に、参照番号804によって示されているように、UE2は、eNB1に、UE2PUCCH情報の送信のためにUE2に割り振られるべきアップリンクリソースについてのスケジューリング要求を与え得る。

0132

[0144]例800では、(たとえば、20MHzの帯域幅をもつ)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるアップリンク送信に関連するサブフレーム(たとえば、1msサブフレーム)のためのアップリンク構造は、リソースの複数のインターレース(たとえば、I0〜I9)の間で分散された複数のアップリンクリソースを含み得る。さらに、eNB1は、リソースのインターレースI1が、複数のUEによるPUCCH情報の送信のために使用されるべきである、およびPUCCHフォーマット2が、I1上での多重化のために使用されるべきであると決定し得る。

0133

[0145]参照番号806によって示されているように、eNB1は、(たとえば、UE1スケジューリング要求とUE2スケジューリング要求とを受信したことに基づいて)I1上でのチャネル占有情報(たとえば、図8Aおよび図8B中のCUBS)の送信のために、第1のサイクリックシフト(PUCCHフォーマット2がI1上で使用されるべきであるので、サイクリックシフト0)を割り振り得る。いくつかの態様では、eNB1は、複数のUEが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域に関連する帯域幅要件を満たすことを可能にするために、CUBSの送信のためにサイクリックシフト0を割り振り得る。

0134

[0146]参照番号808によって示されているように、eNB1は、UE1によるUE1PUCCH情報の送信のために、第2のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト1)を割り振り得る。さらに示されているように、eNB1はまた、(たとえば、UE1PUCCH情報のサイズに基づいて、UE1に関連する情報に基づいてなど)I1上でのUE1PUCCH情報の送信のために、I1のリソースの第1のサブセット(たとえば、RB1、RB11、およびRB21)をUE1に割り当て得る。参照番号810によって示されているように、eNB1は、UE2PUCCH情報の送信のために、第3のサイクリックシフト(たとえば、サイクリックシフト2)を割り振り得る。さらに示されているように、eNB1はまた、(たとえば、UE2PUCCH情報のサイズに基づいて、UE2に関連する情報に基づいてなど)I1上でのUE2PUCCH情報の送信のために、I1のリソースの第2のサブセット(たとえば、RB31およびRB41)をUE2に割り当て得る。

0135

[0147]参照番号812によって示されているように、eNB1は、UE1に、UE1が、サイクリックシフト1を使用してPUCCHフォーマット2でI1のRB1、RB11、およびRB21上でUE1PUCCH情報を送信すべきであることを示す情報と、UE1が、サイクリックシフト0を使用してI1の他のRB上でCUBSを送信すべきであることを示す情報とを与え得る。参照番号814によって示されているように、eNB1は、UE2に、UE2が、サイクリックシフト2使用してPUCCHフォーマット2でI1のRB31およびRB41上でUE2PUCCH情報を送信すべきであることを示す情報と、UE2が、サイクリックシフト0を使用してI1の他のRB上でCUBSを送信すべきであることを示す情報とを与え得る。

0136

[0148]図8Bに、および参照番号816によって示されているように、UE1は、UE1PUCCH情報にサイクリックシフト1を適用し得、I1のRB1、RB11、およびRB21中で、シフトされたUE1PUCCH情報を送信し得、サイクリックシフト0を使用してI1の他のRB(たとえば、RB31、RB41、RB51、RB61、RB71、RB81、およびRB91)上でCUBSを送信し得る。同様に、参照番号818によって示されているように、UE2は、UE2PUCCH情報にサイクリックシフト2を適用し得、I1のRB31およびRB41中で、シフトされたUE2PUCCH情報を送信し得、サイクリックシフト0を使用してI1の他のRB(たとえば、RB1、RB11、RB21、RB51、RB61、RB71、RB81、およびRB91)上でCUBSを送信し得る。

0137

[0149]このようにして、図8Bの下側部分によって、ならびに参照番号820、822、および824によって示されているように、UE1は、(たとえば、サイクリックシフト1を使用して)I1のRB1、RB11、およびRB21上でUE1PUCCH情報を送信し得、UE2は、(たとえば、サイクリックシフト0を使用して)I1のRB1、RB11、およびRB21上でCUBSを送信し得る。参照番号826および参照番号828によって示されているように、UE1は、(たとえば、サイクリックシフト0を使用して)I1のRB31およびRB41上でCUBSを送信し得、UE2は、(たとえば、サイクリックシフト2を使用して)I1のRB31およびRB41上でUE2PUCCH情報を送信し得る。図8Bに示されているように、UE1とUE2の両方は、(たとえば、サイクリックシフト0を使用して)I1の他のRB(たとえば、RB51、RB61、RB71、RB81、およびRB91)上でCUBSを送信し得る。このようにして、UE1およびUE2は両方とも、I1の対応する割り当てられたアップリンクリソース上でそれぞれのPUCCH情報を送信し得、I1の対応する割り当てられていないアップリンクリソース中でCUBSを送信し得る。したがって、リソースのインターレースは、各UEが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する帯域幅要件を満たすことを可能にしながら、複数のUEによるPUCCH情報の送信のために多重化され得る。

0138

[0150]上記のように、図8Aおよび図8Bは、一例として与えられているにすぎない。他の例が、可能であり、図8Aおよび図8Bに関して説明したものとは異なり得る。

0139

[0151]図9は、本開示の様々な態様による、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信と、基地局による送信とのために、リソースの異なるインターレースを割り振るための方法900の一例を示すフローチャートである。いくつかの態様では、図9の1つまたは複数のブロックは、図1を参照しながら説明した1つまたは複数の基地局105によって実行され得る。いくつかの態様では、図9の1つまたは複数のブロックは、図1を参照しながら説明したUE115など、別のデバイス、あるいは1つまたは複数の基地局105とは別個のまたはそれを含む複数のデバイスによって実行され得る。

0140

[0152]図9に示されているように、方法900は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースを割り振ることを含み得る(ブロック910)。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースを割り振り得る。いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、以下で説明するように、1つまたは複数の基地局105が互いと通信するとき、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースを割り振り得る。

0141

[0153]いくつかの態様では、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信は、チャネル使用ビーコン信号(CUBS)の形態のチャネル占有情報であり得る。いくつかの態様では、CUBSは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上で検出可能なエネルギーを与えることによって、基地局105による使用のために、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を予約し得る。追加または代替として、CUBSはまた、送信装置(たとえば、基地局105)を識別するように働き、および/または送信装置と受信装置(たとえば、UE115)とを同期させるように働き得る。追加または代替として、CUBSは、他の装置(たとえば、基地局105、UE115、Wi−Fiアクセスポイント135、Wi−Fi局140など)に、基地局105がチャネルを予約したという指示を与えるように働き得る。いくつかの態様では、CUBSは、LTE/LTE−Aセル固有基準信号(CRS)またはチャネル状態情報基準信号(CSI−RS)の形態と同様の形態であり得る。いくつかの態様では、CUBS送信は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域の利用可能な周波数帯域幅の少なくともある割合を占有するように、および/または規制要件(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域上での送信が帯域幅の少なくとも80%を占有するという要件)を満たすように働き得る。

0142

[0154]いくつかの態様では、基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースを割り振るために、(たとえば、基地局105に地理的に近接している)1つまたは複数の他の基地局105と通信し得る。たとえば、第1の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースとして、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域におけるリソースの複数のインターレースのうちのリソースのインターレースを割り振るために、(たとえば、ワイヤレスネットワークバックホール部分を介して)第2の基地局105、第3の基地局105などと通信し得る。ここで、1つまたは複数の基地局105は、各基地局105に、リソースの割り振られたインターレースを識別する情報を与えるために通信し得る。

0143

[0155]図9にさらに示されているように、方法900は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレースを使用して送信することを含み得る(ブロック920)。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレースを使用して送信し得る。いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、1つまたは複数の基地局105が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレースを割り振った後、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレースを使用して送信し得る。

0144

[0156]いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレース上でチャネル占有情報を送信し得る。たとえば、各基地局105は、リソースのインターレース上で、チャネル占有情報(たとえば、UE115および/または他の基地局115によって無視、廃棄、削除などされ得る情報)を含むCUBSを送信し得る。このようにして、1つまたは複数の基地局105は、リソースの同じインターレースを使用して、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有し得る。

0145

[0157]図9にさらに示されているように、方法900は、基地局による他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振ることを含み得る(ブロック930)。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、1つまたは複数の基地局105による他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振り得る。いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、1つまたは複数の基地局105が、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースのインターレースを割り振るとき(たとえば、それの後に、それの前に、それと同時になど)、リソースの他のインターレースを割り振り得る。追加または代替として、1つまたは複数の基地局105は、1つまたは複数の基地局105が、他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振るべきであるという指示を1つまたは複数の基地局105が受信したとき、他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振り得る。

0146

[0158]いくつかの態様では、別の送信は、1つまたは複数の基地局105のうちの基地局105から1つまたは複数のUE115への送信であり得る。いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、リソースの他のインターレースを基地局115に割り振り得る。たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域は、リソースの複数のインターレースを含み得、1つまたは複数の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振り得る。この例では、1つまたは複数の基地局105は、リソースの複数のインターレースのうちのリソースの第2のインターレースを、1つまたは複数の基地局105のうちの第1の基地局105に割り振り、リソースの複数のインターレースのうちのリソースの第3のインターレースを、1つまたは複数の基地局105のうちの第2の基地局105に割り振るために通信し得る。

0147

[0159]この例では、1つまたは複数の基地局105は、リソースの第1のインターレースが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために割り振られたと決定し得、リソースの第2のインターレースが、どの基地局105にも割り振られなかったと決定し得、リソースの第2のインターレースを第1の基地局105に割り振り得る。同様に、1つまたは複数の基地局105は、リソースの第1のインターレースが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する送信のために割り振られたと決定し得、リソースの第2のインターレースが、第1の基地局105に割り振られたと決定し得、リソースの第3のインターレースが、どの基地局105にも割り振られなかったと決定し得、リソースの第3のインターレースを第2の基地局105に割り振り得る。いくつかの態様では、上記の例において説明したように、地理的に近接している基地局105によるUE115への送信間で、周波数分割多重化が達成され得る。

0148

[0160]追加または代替として、地理的に近接している基地局105によるUE115への送信間で、時分割多重化が達成され得る。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、(たとえば、第1のサブフレームに関連する)ある時間期間中の第1の基地局105による送信のために、リソースの他のインターレースを割り振り得、(たとえば、第2のサブフレームに関連する)別の時間期間中の第2の基地局105による送信のために、リソースの他のインターレースを割り振り得る。

0149

[0161]いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、上記の例において説明したように、リソースのインターレースを基地局105に割り振り得る。追加または代替として、1つまたは複数の基地局105は、リソースのインターレースを複数の基地局105に割り振り得る。追加または代替として、1つまたは複数の基地局105は、リソースの複数の他のインターレースを基地局105に割り振り得る。

0150

[0162]いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、他の送信のために、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域に関連する複数のリソースを割り振り得る。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、基地局105による別の送信のために、サブフレームに関連する複数のリソース(たとえば、複数のリソースブロック)を割り振り得る。言い換えれば、いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、別の送信のために、リソースのインターレース全体を割り振るのではなく、別の送信のために、複数のリソースを割り振り得る。

0151

[0163]図9にさらに示されているように、方法900は、リソースの割り振られたインターレースを使用して、他の送信を送信することを含み得る(ブロック940)。たとえば、1つまたは複数の基地局105は、リソースの割り振られたインターレースを使用してそれぞれの他の送信を使用して送信し得る。いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、1つまたは複数の基地局105が、他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振った後、割り振られたインターレースを使用して送信し得る。

0152

[0164]いくつかの態様では、1つまたは複数の基地局105は、リソースの割り振られたインターレースのうちのダウンリンクリソース上で、および/またはリソースの割り振られたインターレース中に含まれるダウンリンクリソースのサブセット上で送信し得る(たとえば、ここで、ダウンリンクリソースのサブセット中のリソースの量は、基地局105によって送信されるべき情報のサイズに依存する)。

0153

[0165]いくつかの態様では、基地局105は、(たとえば、1つまたは複数の基地局105が、他の送信のために、リソースの他のインターレースを割り振った後)ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレース上でチャネル占有情報を送信することと同時に、リソースの他のインターレース上で送信し得る。このようにして、1つまたは複数の基地局105は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有し得、UE115への送信間で干渉を生じることなしに、(たとえば、リソースの割り振られた他のインターレース上で)UE115に送信し得る。

0154

[0166]図9は方法900の例示的なブロックを示しているが、いくつかの態様では、方法900は、追加のブロック、より少ないブロック、異なるブロック、または図9に示されているものとは別様に構成されたブロックを含み得る。追加または代替として、方法900のブロックのうちの2つまたはそれより多くが並列に実行され得る。

0155

[0167]図10Aおよび図10Bに、本開示の様々な態様による、図9に示されている方法の例に関係する例を示す図1000および図1050を示す。図10Aおよび図10Bは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連する第1の送信のために、リソースの第1のインターレースを割り振ることと、図1を参照しながら説明した基地局105による第2の送信のために、リソースの第2のインターレースを割り振ることとの一例を示す。

0156

[0168]図10Aおよび図10Bでは、(たとえば、UE1.1およびUE1.2を含む)第1の複数のUE115は、地理的エリア中にある第1の基地局105(たとえば、eNB1)を介して通信していることがあり、(たとえば、UE2.1を含む)第2の複数のUE115は、地理的エリア中にある第2の基地局105(たとえば、eNB2)を介して通信していることがあり、第3の複数のUE115(たとえば、UE3.1およびUE3.2)は、地理的エリア中にある第3の基地局105(たとえば、eNB3)を介して通信していることがある。さらに、eNB1、eNB2、およびeNB3は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域中に含まれるダウンリンクリソースを使用して、それぞれのUEに情報を送信するように構成され得る。

0157

[0169]参照番号1002によって示されているように、eNB1、eNB2、およびeNB3は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するチャネル占有情報(たとえば、CUBS)の送信のために、リソースのインターレース(たとえば、I3)(本明細書では、リソースのCUBSインターレースと呼ぶ)を割り振るために通信し得る。リソースのCUBSインターレースとしてI3を割り振ることに基づいて、eNBの各々は、I3のダウンリンクリソース上でチャネル占有情報を送信し得る。いくつかの態様では、eNBは、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域に関連する帯域幅要件を満たすために、および/またはライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有するために、リソースのCUBSインターレースのうちのダウンリンクリソース上でチャネル占有情報を送信し得る。さらに、eNBは、eNBがI3のダウンリンクリソース上でチャネル占有情報を送信するとき、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有し得る。

0158

[0170]参照番号1004によって示されているように、eNBは、次いで、eNBによる他の情報の送信のために、リソースの他のインターレース(たとえば、I0、I1、I2、およびI4〜I9)を割り振るために通信し得る。たとえば、図示のように、eNBは、リソースの第1の複数のインターレース(たとえば、I0およびI7)がeNB1による送信のために割り振られ、リソースの第2の複数のインターレース(たとえば、I4)がeNB2による送信のために割り振られ、リソースの第3の複数のインターレース(たとえば、I2およびI6)がeNB3による送信のために割り振られるように通信し得る。(もしあれば)リソースの各インターレースの割振りが、参照番号1006によって示されている。図示のように、リソースの1つまたは複数のインターレース(たとえば、I1、I5、I8、およびI9)が、どのeNBにもまだ割り振られていないことがある。

0159

[0171]図10Bに、および参照番号1008によって示されているように、eNB1は、リソースのインターレースの割振りに基づいて、それぞれ、I0およびI7上でUE1.1およびUE1.2に情報を送信し得、I3上でCUBSを送信し得る。参照番号1010によって示されているように、eNB2は、リソースのインターレースの割振りに基づいて、I4上でUE2.1に情報を送信し得、I3上でCUBSを送信し得る。参照番号1012によって示されているように、eNB3は、リソースのインターレースの割振りに基づいて、それぞれ、I2およびI6上でUE3.1およびUE3.2に情報を送信し得、I3上でCUBSを送信し得る。このようにして、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のダウンリンクリソースは、複数の基地局に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のリソースのインターレース中でチャネル占有情報を送信させることと、複数の基地局の間でリソースの他のインターレースを割り振ることとによって、(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有する)複数の基地局によって効率的に使用され得る。

0160

[0172]上記のように、図10Aおよび図10Bは、一例として与えられているにすぎない。他の例が、可能であり、図10Aおよび図10Bに関して説明したものとは異なり得る。

0161

[0173]本明細書で説明する本開示の態様は、複数のUEが、リソースの単一のインターレースのうちのアップリンクリソース中で情報を同時に送信し得るように、リソースの単一のインターレース上での情報の多重化を可能にすることによって、複数のUEが、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のリソースの単一のインターレース中に含まれるリソースを効率的に使用することを可能にし得る。このようにして、複数のUEの電力消費も低減され得る。

0162

[0174]本明細書で説明する本開示の態様は、同じく、または代替的に、複数の基地局に、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を占有することに関連するリソースのインターレース中でチャネル占有情報を送信させることと、複数の基地局の間でリソースの他のインターレースを割り振ることとによって、(たとえば、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域を同時に占有する)複数の基地局によってライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域のリソースが効率的に使用されることを可能にし得る。

0163

[0175]いくつかの態様では、方法500、700、および/または900に関連する技法は、ライセンスされていない無線周波数スペクトル帯域における送信(たとえば、アップリンクおよび/またはダウンリンク送信)を管理するために組み合わせられ得る。さらに、いくつかの態様が、タイプ情報の送信(たとえば、方法500のコンテキストにおけるペイロードの送信、方法700のコンテキストにおける制御情報の送信など)のコンテキストにおいて説明され得るが、そのような態様は、1つまたは複数の他のタイプの情報の送信(たとえば、方法500のコンテキストにおける制御情報の送信、方法700のコンテキストにおけるペイロードの送信など)にも適用され得る。

0164

[0176]上記の開示は、例示および説明を与えるが、網羅的なものでもなく、開示された厳密な形態に態様を限定するものでもない。修正および変形が、上記の開示に照らして可能であるか、または態様の実施から得られ得る。

0165

[0177]本明細書で使用するコンポーネントという用語は、ハードウェアファームウェア、および/またはハードウェアとソフトウェアの組合せとして広く解釈されるものとする。本明細書で使用するプロセッサという用語は、プロセッサ(たとえば、中央処理ユニット(CPU)、グラフィックス処理ユニット(GPU)、アクセラレーテッド処理ユニットAPU)など)、マイクロプロセッサ、ならびに/あるいは命令を解釈および/または実行する任意の処理コンポーネント(たとえば、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、特定用途向け集積回路ASIC)など)を含み得る。いくつかの態様では、そのようなプロセッサは、ハードウェア、ファームウェア、またはハードウェアとソフトウェアの組合せで実装され得る。

0166

[0178]本細書では、いくつかの態様についてしきい値に関して説明した。本明細書で使用するしきい値を満たすことは、値が、しきい値よりも大きいこと、しきい値よりも多いこと、しきい値よりも高いこと、しきい値よりも大きいかまたはそれに等しいこと、しきい値よりも小さいこと、しきい値よりも少ないこと、しきい値よりも低いこと、しきい値よりも小さいかまたはそれに等しいこと、しきい値に等しいことなどを指すことがある。

0167

[0179]本明細書で説明する技法は、ハードウェア、ファームウェア、またはハードウェアとソフトウェアの組合せの異なる形態で実装され得ることが明らかであろう。これらの技法を実装するために使用される実際の専用制御ハードウェアまたはソフトウェアコードは、態様の限定ではない。したがって、本明細書では、技法の動作および挙動について、特定のソフトウェアコードと無関係に説明しており、ソフトウェアおよびハードウェアは、本明細書での説明に基づいて技法を実装するように設計され得ることが理解される。

0168

[0180]特徴の組合せが特許請求の範囲において具陳されおよび/または本明細書で開示されたが、これらの組合せは、可能な態様の開示を限定するものではない。実際、これらの特徴の多くは、詳細には、特許請求の範囲において具陳されずおよび/または本明細書で開示されない方法で、組み合わせられ得る。以下に記載される各従属請求項は、ただ1つの請求項に直接従属し得るが、可能な態様の開示は、特許請求の範囲中のあらゆる他の請求項と組み合わせた各従属請求項を含む。

0169

[0181]本明細書で使用するいかなる要素、行為、または命令も、明示的にそのように説明されない限り、重要または必須と解釈されるべきではない。また、本明細書で使用する詞「a」および「an」は、1つまたは複数の項目を含むものであり、「1つまたは複数」と互換的に使用され得る。さらに、本明細書で使用する「セット」という用語は、1つまたは複数の項目(たとえば、関係する項目、無関係の項目、関係する項目と無関係の項目の組合せなど)を含むものであり、「1つまたは複数」と互換的に使用され得る。ただ1つの項目が意図される場合、「1つ(one)」という用語または同様の言い回しが使用される。また、本明細書で使用する「有する(has)」、「有する(have)」「有する(having)」などという用語は、オープンエンド用語であるものとする。さらに、「に基づく」というは、別段に明記されていない限り、「に少なくとも部分的に基づく」を意味するものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ