図面 (/)

技術 化粧料組成物又は飲食品組成物

出願人 一丸ファルコス株式会社
発明者 池田隆木村嘉則塚脇健志
出願日 2017年5月30日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2017-106884
公開日 2018年12月27日 (11ヶ月経過) 公開番号 2018-203628
状態 未査定
技術分野 化粧料 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 成分系共重合体 キィー マスク類 黒色塊 オトガイ舌筋 有機系粉体 スムーザー 醸造粕
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年12月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

外用又は内用したときに皮膚や頭髪張りツヤを与え、保湿効果、美白効果毛髪櫛通りの改善等、皮膚や頭髪への感触使用感が非常に良好となる物質を含有する化粧料組成物又は飲食品組成物を提供。

解決手段

糖類又は糖類抽出物を、更には酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物を併用して、皮膚や頭髪に張りやツヤを与え、保湿効果、美白効果、毛髪の櫛通りを改善する化粧料組成物組成物又は飲食品組成物。

概要

背景

まず、糖質や糖類は古くから用いられ、例えば、マルトースと少量のソルビトールを配合して成る糖質輸液剤(特許文献1)、又、中鎖脂肪酸や糖質、動植物性油脂ミルクカゼイン全脂粉乳アミノ酸等を含有してなる栄養食品組成物(特許文献2)が知られており、又、酒粕粉砕物を有効成分とする消臭・脱臭剤(特許文献3)として用いることや米糠糖化液および酒粕の混合物アルコール発酵させて得られる発酵液栄養液(特許文献4)として各種食品原料浴剤に用いることが記載されている。

特開昭56−30910
特開昭57−110176
特開昭60−126161
特開昭61−187777

概要

外用又は内用したときに皮膚や頭髪張りツヤを与え、保湿効果、美白効果毛髪櫛通りの改善等、皮膚や頭髪への感触使用感が非常に良好となる物質を含有する化粧料組成物又は飲食品組成物を提供。糖類又は糖類抽出物を、更には酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物を併用して、皮膚や頭髪に張りやツヤを与え、保湿効果、美白効果、毛髪の櫛通りを改善する化粧料組成物組成物又は飲食品組成物。なし

目的

本発明は、外用又は内用したときに皮膚や頭髪に張りやツヤを与え、保湿効果、美白効果、毛髪の櫛通りの改善等、皮膚や頭髪への感触や使用感が非常に良好となる物質を含有する化粧料組成物又は飲食品組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

糖類又は糖類抽出物を1種以上含有することを特徴とする化粧料組成物

請求項2

糖類又は糖類抽出物を1種以上含有することを特徴とする飲食品組成物

請求項3

糖類又は糖類抽出物がブドウ糖果糖ガラクトースショ糖砂糖黒砂糖糖蜜廃糖蜜粗糖乳糖麦芽糖である、請求項1の化粧料組成物。

請求項4

糖類又は糖類抽出物がブドウ糖、果糖、ガラクトース、ショ糖、砂糖、黒砂糖、糖蜜、廃糖蜜、粗糖、乳糖、麦芽糖である、請求項2の飲食品組成物。

請求項5

請求項1記載の糖類又は糖類抽出物に、更に、酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物の1種以上を含有することを特徴とする化粧料組成物。

請求項6

請求項2記載の糖類又は糖類抽出物に、更に、酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物の1種以上を含有することを特徴とする飲食品組成物。

請求項7

請求項5記載の酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物が、清酒、合成清酒、粉末酒雑酒料理酒焼酎、味醂、果実酒類ウイスキー類、スピリッツ類、リキュール類ビール発泡酒類の醸造粕である、化粧料組成物。

請求項8

請求項6記載の酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物が、清酒、合成清酒、粉末酒、雑酒、料理酒、焼酎、味醂、果実酒類、ウイスキー類、スピリッツ類、リキュール類、ビール、発泡酒類の醸造粕である、飲食品組成物。

請求項9

請求項1から8に記載の化粧料組成物又は飲食品組成物に、更に、有機高分子油脂類ロウ類鉱物油類無機物質酵素類、植物・動物微生物又はその抽出物又はその代謝物水溶性粒子水不溶性の粒子、結合剤コーティング剤油剤保湿剤感触向上剤界面活性剤高分子・増粘・ゲル化剤溶剤噴射剤酸化防止剤還元剤酸化剤、防腐剤抗菌剤キレート剤pH調整剤・酸・アルカリ粉体無機塩紫外線吸収剤美白剤ビタミン類及びその誘導体類消炎剤抗炎症剤育毛薬剤血行促進剤刺激剤ホルモン類、抗しわ剤抗老化剤、ひきしめ剤、冷感剤温感剤創傷治癒促進剤刺激緩和剤鎮痛剤細胞賦活剤鎮痒剤、角質剥離剤角質溶解剤制汗剤清涼剤収れん剤酵素核酸香料色素着色剤染料顔料、水から選ばれる1種又は2種以上を含有することを特徴とする化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項10

有機高分子が、セルロース結晶性セルロース粉末セルロースカチオン化セルロース酢酸セルロースエチルセルロースニトロセルロースメチルセルロースカルボキシメチルセルロースヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロースセチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレートヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネートポリエチレンイミンポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体ポリエチレングリコール高重合ポリエチレングリコールポリビニルアルコールポリビニルメチルエーテルポリアクリル酸ポリアクリルアミドカルボキシビニルポリマーアラビアゴムアラビノガラクタンカラギーナンカラヤガムベンゾインゴムダンマルゴム、アグヤク脂、アイルランドカラヤゴムカードラングアーガムカチオン化グアーガムトラガカントゴムファーセレランキャロブゴム、クインスシード、キサンタンガムタマリンドガムタラガムジャランガム、ローストビーンガムマンナンガラクトマンナンコンニャクマンナン寒天デキストリンゼラチンペクチンペクチン酸ナトリウムアルギン酸アルギン酸ナトリウムシクロデキストリンデンプン小豆デンプン、烏麦デンプン、小麦デンプントウモロコシデンプン米デンプンタピオカデンプン、馬鈴薯デンプンコンスタ−チ)、ケラチングリコーゲンアガロースキチンキトサンコラーゲンヒアルロン酸ムチンプロテオグリカンキシログルカンリグニンシルクセラミックポリリジンアルブミンカゼイングロブリンデキストランプルランポリエチレンポリスチレンポリ塩化ビニルポリエステルポリプロピレンポリカーボネートポリアミドナイロンシリコーンシリコン)、ポリフッ化ビニルデンポリウレタンポリシロキサン分子量1万以上の蛋白質天然型セラミド(タイプ1、2、3、4、5、6)、ヒドロキシセラミド疑似セラミドスフィンゴ糖脂質、セラミド及び糖セラミド含有エキス等のセラミド類、核酸、デオキシリボ核酸リボ核酸炭類木炭活性炭薬用炭備長炭)、シェラック樹脂アクリル樹脂ポリスチレン樹脂、(メタアクリル酸エステルスチレン共重合樹脂ポリオレフィン樹脂酢酸ビニル樹脂エチレン酢酸ビニル共重合樹脂ポリカーボネート樹脂ABS樹脂ポリアミド樹脂ポリビニルブチレート樹脂塩化ビニル樹脂シリコーン樹脂セルロース樹脂フェノール樹脂尿素樹脂メラミン樹脂又はこれらの誘導体であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項11

油脂類が、アボガド油アマニ油アーモンド油、ウイキョウ油エゴマ油オリーブ油オレンジ油、オレンジラファー油、カカオ脂カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、キョウニン油、ククイナッツ油、クルミ油コムギ胚芽油、ゴマ油、コメ油、コメ糠油サザンカ油、サフラワー油サラダ油シア脂大豆油茶油月見草油ツバキ油トウモロコシ油菜種油、パーシック油、ベニバナ油ヒマシ油ヒマワリ油ブドウ種子油ヘーゼルナッツ油マカデミアナッツ油綿実油メドウフォーム油落花生油ローズヒップ油タートル油、ミンク油、卵黄油、カカオ脂、パーム油パーム核油モクロウヤシ油魚油鯨油、鮫油、肝油牛脂豚脂、鶏油、兎脂、羊脂脂又はこれら油脂類の水素添加物又はその誘導体であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項12

ロウ類が、ミツロウカルナバロウ、鯨ロウラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウライスワックススクワレンスクワランプリスタン米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ羊毛ロウ、セレシンオゾケライト、モンタンロウ又はこれらロウ類の水素添加物又はその誘導体であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項13

鉱物油類が、パラフィンパラフィンワックス)、流動パラフィンワセリン、パラフィンパラフィンワセリン、ワックス、オゾケライド、セレシン、マイクロクリスタンワックスミネラルオイル又はこれら鉱物油類又は水素添加物又はその誘導体であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項14

請求項15

酵素類が、加水分解酵素プロテアーゼアミラーゼジアスターゼデキストラナーゼリパーゼセルラーゼリゾチーム)、酸化還元酵素ラッカーゼパーオキシダーゼカタラーゼラクテートオキシダーゼグルコースオキシダーゼ、ガラクトースオキシダーゼ、ピルビン酸オキシダーゼアルデヒドオキシダーゼ、モノアミンオキシダーゼ、ウレートオキシダーゼ)であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項16

植物・動物・微生物又はその抽出物又はその代謝物が、アーモンド(へん)、アイ(藍葉)、アオカズラ(清風)、アオキ(青木)、アオギリ又はケナシアオギリ(梧)、アオツヅラフジ(木防巳)、アオテンマ、アカシアアカショウマ(赤升)、アカスグリ果実」、アカツメクサアカブドウ、アカミノキ(ログウッド)、アカメガシワ(赤柏)、アカミノアカネ又はセイヨウアカネ又はアカネ(草根)、アカヤジオウ又はジオウ(地黄)、アギ(阿魏)、アキカラマツ、アキニレ(榔皮)、アグアイー・グァスー、アグアヘ(オオミテングヤシ)、アケビ(木通)、アサ(麻子)、マルアサガオ又はアサガオ(牽牛子)、アジサイ(紫陽花)、アシタバ(明日葉)、アズキ(赤小豆)、アスナロアセロラアセンヤク(阿仙薬)、アチラ(ショクヨウカンナ)、アニスアビウ、アビウラーナ、アブラナ、アベマキ「果実」、アボカド、アマ、アマチャ(甘茶)、アマチャヅルアマドコロ(玉竹)、アマナ(光慈姑)、アマランサス(ヒユ、ハゲイトウ、ヒモゲイトウ、センニンコクスギモリゲイトウ、ホソアオゲイトウ、アオゲイトウ、ハリビユ、アオスズラン、アマラントウス・ヒポコンドリアクス)、アミガサユリ又はバイモ(母)、アリストロメリア(ユリズイセン)、アルカナ(アルカンナ)、アルガローボ(キャベ)、アルテアアルニカアルピニア又はカツマダイ(ソウズク)、アロエ(蘆薈)、アロエベラアンジェリカアンズ又はホンアンズ(杏仁)、アンソッコウ(安息香)、イエローサポテ、イガコウゾリナ(地胆頭)、イカリソウ又はヤチマタイカリソウ(インヨウカク)、イグサ(灯心草)、イタドリ(虎杖根)、イチイ(一位)、イチゴイチジク(無花果「果実、葉」)、イチハツ(一初)、イチビ(葵子)、イチヤクソウ(一薬草)、イチョウ(銀杏「種子、葉」)、イトヒメハギ(遠志)、イナゴマメイヌナズナ(テイレキシ)、イヌビユ(ホナガイヌビユ)、イネ「種子、種皮」、イノンド「種子」、イブキジャコウソウイラクサ、イランイラン、イワタバコ(岩萵苣)、イワヒバ又はイワマツ(巻柏)、インゲンマメウーロン茶ウイキョウ(茴香)、ウィート(チブサノキ)、ウキガラ(三)、ウグイスカグラ「果実」、ヒメウイキョウウコン(鬱金)、ウキクサ(浮萍)、ウスバサイシン又はケイリンサイシン又はオウシュウサイシン(細辛)、ウスベニアオイ、ウスベニタチアオイ、ウチョウラン、ウツボグサ(枯草)、ウド又はシシウド(羌活、独活、唐独活)、ウニャデガト(ウンカリアキャッツクロー)、ウバウメ(烏梅「種子、果肉」)、ウラジロガシウワウルシ(クサコケモモ)、ウンシュウミカン(陳皮)、ウンボク、エストラゴン、エゾウコギ(蝦夷五加)、エゾスズラン、エチナシ(ホソバムラサキバレンギク)、エニシダエノキタケ(榎茸)、エビスグサ又はカッシア・トーラ(決明子)、エルカンプレエルダーベリー「果実」、エレミエリンギィ又はプレロータスリンジ、エンジュ(槐花、槐花米)、エンドウオウギ又はキバナオウギ(黄耆)、ナルコユリ又はカギルマバナルコユリ(黄精)、オウヒササノユキ又はササノユキ、オウレン(黄連)、オオガホウケン、オオカラスウリ(カロコン)、オオグルマ(土木香)、オオツヅラフジ(防己)、オオバコ(車前子、車前草)、オオバアザミ(祁州漏芦、白頭翁)、オオハシバミ(榛子)、オオハシラサボテン、オオバナオケラ又はオケラ(白朮)、オオバナサルスベリバナバ)、オオバヤシャブシ「果実」、オオヒラタケ、オオホシグサ(穀精草)、オオミアカテツ、オオミサンザシ又はサンザシ(山査子)、オオミヤシ、オオムギ(大麦)、オカ、オカゼリ(蛇床子)、オクラ「果実」、オグルマ(旋覆)、オクルリヒゴタイ(禹州漏芦、藍刺頭)、オタネニンジン又はトチバニンジン(人参)、オトギリソウ又はコゴメバオトギリソウ又はセイヨウオトギリソウ(弟切草)、オドリコソウ(続断)、オナモミ(蒼子)、オニグルミ、オニドコロ又はトコロ又はナガドコロ(ヒカイ)、オニノヤガラ(天麻)、オニユリ又はササユリ又はハカタユリ(百合)、オノエラン、オノニスオヒョウ(裂葉楡)、オミナエシ(敗醤)、オユーコ、オランダカラシ(クレソン)、オランダゼリ、オランダビユ、オランダミツバオリーブ「果実、種子、葉」、オレガノ、オレンジ「果実、果皮」、カイケイジオウ(熟地黄)、カカオ「果実、果皮、種子」、カキ(蒂「葉」)、カギカズラ(釣藤)、カキドオシ又はカントリソウ(蓮銭草)、カキラン、ガクアジサイ、カシアカジノキ(実「果実」)、ガジュツ(莪朮)、カシワ(槲樹、槲葉)、カスカリラ、カスカラサグラダ、カスミソウ、カセンソウ、カニクサ(金沙藤)、カニーワ、カーネーションカノコソウ(吉草根)、カバカバアナタケカバノキ又はシダレカンバ(白樺)、ガーベラカボチャカポックノキ「種子」、カホクサンショウ(蜀椒)、ガマ(蒲黄)、カミツレ又はローマカミツレカミヤツデ(通草)、カムカム(カモカモ)、カラグワ又はヤマグワ()、カラー、カラクサケマンカラスウリ又はシナカラスウリ(王瓜)、カラスビシャク(半夏)、カラスムギガラナ「種子」、カラホオ(厚朴)、カラヤ、ガリュウ、カリン(木瓜)、ガルシニアカワミドリカワラサイコ(委菜、翻白草)、カワシャカワラタケカワラナデシコ(石)又はエゾカワラナデシコ(瞿麦、瞿麦子)、カワラニンジン(青蒿)、カワラヨモギ(茵?蒿)、カンスイ(甘遂)、カンゾウ(甘草)、カンタラアサ、カンデリラ、カントウ、カンナ、カンランキイチゴ(エゾイチゴ、オランダイチゴエビガライチゴ、ナワシロイチゴ、モミジイチゴ、ヨーロッパキイチゴ)、キウイ「果実、葉」、キカラスウリ(瓜呂根)、キキョウ(桔梗、桔梗根)、キク(菊花、シマカンギク、チョウセンノギク)、キクタニギク、キササゲ(梓実)、ギシギシ(根)、キジツ(枳実)、キズタ、キダチアロエキダチハッカキナ、キナノキ(シンコーナ、アカキナノキ)、キヌア(キノア)、キハダ(黄柏)、キマメギムネマシルベスタキメンカク、キャベツ、キャベブ「未熟果」、キャラウェーキュウリ、ギョリュウ(西、てい柳)、キラジャ・サポナリアキラヤ、キランソウ(金瘡小草)、キンカン「果実」、キンキジュ、ギンセカイ、キンブセン、キンマキンミズヒキ(仙鶴草)、キンラン、ギンラン、キンリョウヘン、グァペーバ・ヴェルメーリャ、グアバ「果実」、グアユーレ、クェルクスインフェクトリア(没食子)、ククイナッツ、クゲヌマラン、クコ(枸杞、枸杞子、枸杞葉、地骨皮)、クサスギカズラ(天門冬)、クズ(葛根)、クスノキグースベリー「果実」、クソニンジン(黄花蒿)、クテティリバークチナシ(山梔子)、クヌギ(樸ソウ)、クプアスクベバクマザサクマツヅラ(馬鞭草)、クララ(苦参)、クランベリー「果実」、クリ「種子、果実、渋皮」、クルクリゴ・ラチフォリア「果実」、グレーフルーツ「果実・葉」、クロウメモドキクロガネモチ(救必応)、カメヒキオコシ又はクロバナヒキオコシ又はヒキオコシ(延命草)、クローブ(丁子丁香)、グンバイナズナ(セキメイ、セキメイシ)、ケイガイ(荊芥、荊芥)、ケイトウ(鶏冠花、鶏冠子)、ゲッカビジンゲッケイジュ(月桂樹)、ケナシサルトリイバラ(土茯苓山帰来)、ゲンチアナゲンノショウコ(老鸛草)、ケンポナシ(キグシ)、コウキセッコク、キシュウミカン(コウジ、タチバナ、オオベニミカン、フクレミカン、サガミコウジ、ポンカン、サンタラ(橘皮))、コウシバラ(月季花)、コウスイハッカ、コウゾ「果実」、コウチャ(紅茶)、コウホネ(川骨)、コウホン(藁本、唐藁本)、コウリャンコウリョウキョウ(高良姜)、コエンドロ「果実」、コオウレン(胡黄連)、コガネバナ(黄ゴン)、コケモモ(越橘)、ココヤシ「果実」、ゴシュユ(呉茱萸)、ゴショイチゴ(覆盆子)、コショウ(胡椒)、コスモスコパイババルサムコーヒー「種子、葉」、コフキサルノコシカケ(梅寄生)、コブシ又はモクレン(辛夷)、ゴボウ(牛蒡、牛蒡子)、コボタンヅル、ゴマ(胡麻)、ゴマノハグサ(玄参)、ゴミシ(五味子)、サネカズラ又はビナンカズラ又はマツブサ、コムギ(小麦)、米又は米糠「赤糠、白」、コメ油、コーラアクナタ「種子」、コーラ・ベラ「種子」、コレウスフォルスコリコロニーリャ、コロハ「果実」、コロンボコンズランゴコンブコンニャクコンフリー(張草)、サイザル(サイザルアサ)、サイハイランサカネラン(エゾサカネラン)、サキシマボタンヅル又はシナボタンヅル又はシナセンニンソウ(威仙)、サクラ(オオシマザクラ、ヤマザクラオオヤマザクラ、エドヒガシ、マメザクラ、ミヤマザクラ、ソメイヨシノタカネザクラ、カスミザクラ、コヒガン、サトザクラ、カンザクラ「葉、花、果実、樹皮(桜皮)」)、サクランボザクロ、ササ、ササバギンラン、サザンカ、サジオモダカ(沢瀉)、サツマイモ、サトウキビ、サトウダイコンサネブトナツメ(酸棗仁)、サフラン(番紅花、西紅花)、サポジラ、サポテアマリヨ、ザボン「果実」、サボンソウ、サーモンベリー「果実」、サラシナショウマ(升麻)、サランシトウ(砂藍刺頭)、サルビア(セージ)、サワギキョウ(山梗菜)、サワグルミ(山胡桃)、サンカクサボテン、サングレデグラード(クロトン)、サンシクヨウソウ、サンシチニンジン(三七人参)、サンシュユ(山茱萸)、サンショウ(山椒)、サンズコン(山豆根)、シア(カリテ)、シアノキ「果実」、シイタケ(椎茸)、シオン(紫苑)、シカクマメ、ジキタリス、シクンシ(使君子)、シソ又はアオジソ又はチリメンジソ又はカタメンジソ(紫蘇葉、紫蘇子)、シタンシナノキ、シナホオノキ、シナレンギョウ(連翹)、シメジ(ヒンシメジ、シャカシメジハタケシメジオシロイシメジ、ブナシメジ、ホンジメシ、シロタモギタケ)、シモクレン(辛夷)、シモツケソウジャガイモシャクヤク(芍薬)、シャジン(沙参)、ジャスミンマツリカ)、ジャノヒゲ(麦門冬)、ジュウロササゲ、シュクコンカスミソウ、シュクシャミツ(砂仁、縮砂)、ジュズダマ、シュロ「果実」、シュンラン、ジョウオウヤシ、ショウガ(生姜)、ジョウザンアジサイ(常山)、ショウブ(菖蒲、菖蒲根)、ショズク「果実」、シラカシ「種子」、シラン(ビャッキュウ)、シロゴチョウ「種子」、シロツメクサ(クローバー)、シロトウアズキ(鶏骨草)、シロバナイリス(ニオイイリス)、シロバナツタ「花」、シロバナルピン、シロミナンテン(南天実)、シンコナサクシルブラ、ジンチョウゲ(瑞香、瑞香花、沈丁花)、シンナモン、シンナモムム・カッシア(桂皮)、スイカ(西瓜)、スイカズラ(金銀花忍冬)、スイバ(酸模)、スイムベリー「果実」、スターアップルステビアストロベリー「果実」、スズサイコ(徐長卿)、スギナ(問荊)、スベリヒユ(馬歯けん、馬歯けん子)、スモモ「果実」、スルガラン(オラン)、セイヨウアカマツ球果」、セイヨウカラマツ、セイヨウキズタ、セイヨウグルミ、セイヨウサンザシ、セイヨウスノキ、セイヨウタンポポセイヨウトチノキ(マロニエ)、セイヨウナシ「果実」、セイヨウナツユキソウセイヨウニワトコ(エルダー)、セイヨウネズ(ジュニパー、杜)、セイヨウノコギリソウ(ミルフォイル)、セイヨウバラ、セイヨウフウチョウボク、セイヨウヤドリギセイヨウハッカ又はセイヨウヤマハッカセイヨウワサビセキショウ(石菖根)、セッコク(サクラセッコク、コウキセッコク、オオバナセッコク、オキナワセッコク、ホンセッコク、コチョウセッコク、シカクセッコク、キバナノセッコク)(デンドロビウム、石斛)、セドロン(ボウシュウボク)、ゼニアオイ、ヒロハセネガ、セネガ、セリセロリセンキュウ(川キュウ)、センシンレン(穿心連)、センダン、センニンサボテン、センナ「果実、葉」、センニンソウ(大蓼)、センブリ(当薬)、センボク、ソウカ(草果)、ゾウチュウ、ソシンロウバイ、ソバ「種実」、ソメモノイモ、ソラマメダイオウ(大黄)、大根大豆ダイダイ(橙皮、枳実)、タカサゴルリヒゴタイ(東藍刺頭)、タカサブロウ(旱蓮草)、タカトウダイ(大戟)、タカワラビ(狗脊)、ダークスィートチェリー「果実」、タチアオイ、タチジャコウソウ(タイム、百里香)、タチドコロ(ヒカイ)、タチヤナギタマリンド「種子」、タマネギ、タムシバ(辛夷)、タラノキ「果実、葉、根皮」、タラヨウ(大葉冬青、一葉茶、苦丁茶、苦灯茶)、ダリア(テンジクボタン)、タルウィ、タンキリマメ、タンシウチワタンジン(丹参)、タンポポ(蒲公英)又はシロバナタンポポ又はモウコタンポポ、ダンマル、チェリー「果実」、チガヤ「果実、根、芽」、チクセツニンジン(竹節人参)、チコリチャンカピエドラ(キダチコミカンソウ)、チューリップチョコノステイチョウセンアザミ(アーティチョーク)、チョウセンダイオウ(大黄)、チョウセンニレ(蕪夷)、チョウセンヨモギ(艾葉)、チョレイマイタケ(猪苓)、チョロギ、ツキミソウ、ツクシサカネラン、ツクリタケ(マッシュルーム)、ツチアケビ、ツバキツボクサツメクサ(姑草)、ツユクサ(鴨跖草)、ツルアズキ(赤小豆)、ツルツチアケビ、ツルドクダミ(何首烏)、ツルナ(蕃杏)、ツルニンジン(四葉参)、ツルマメツワブキ、デイコ、テウチグルミ、デュベリー「果実」、テングサテンチャ(甜茶)、テンダイウヤク(烏薬)、トウガ(冬瓜子)、トウカギカズラ、トウガラシ(番椒)、トウキ(当帰)、トウキンセンカ(マリーゴールド)、トウサイカチ、トウナベナ(川断)、トウモロコシ又はトウモロコシ毛(南蛮毛)、トウネズミモチ(貞子)、トウリンドウ又はチョウセンリンドウ(竜胆)、トクサ(木賊)、ドクダミ(十薬)、トコン(吐根)、トシシ又はマメダオシ又はネナシカズラ、トチュウ(杜仲「樹皮、葉、根」)、トネリコ(秦皮)、トマトトラガントトリアカンソス「種子」、トリュフ(セイヨウショウロタケ)、トルコキキョウトルメンチラ、ドロノキ、トロロアオイトンカマメ、ナイゼリアベリー「果実」、ナガイモ又はヤマノイモ(山薬)、ナギイカダ(ブッチャーブルーム)、ナギナタコウジュ、ナズナ、ナタネナタマメ又はタテハキ(刀豆)、ナツミカン、ナツメ(大棗)、ナニワイバラ(金子)、ナベナ(続断)、ナメコ、ナンキンマメ(落花生)、ナンテン(南天実)、ナンバカラムシ(苧麻)、ニオイスミレニガキ(苦木)、ニガヨモギ(苦艾)、ニクズク、ケイ又はニッケイ又はセイロンニッケイ又はヤブニッケイ(桂皮)又はケイシ(枝)、ニョホウチドリニラ(韮子)、ニワトコ(接骨木「果実、花、、葉」)、ニンニク(大蒜)、ヌルデ(五倍子)、ネギネムノキ又はネブ又はネビ又はネムリノキ又はジゴクバナ(合歓)、ノアザミ(大薊)、ノイバラ(営実)、ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノゲイトウ、ノコギリソウ、ノダケ(前胡)、ノバラ、ノモモパイナップル「果実」、ハイビスカス(ブッソウゲ、フウリンブッソウゲ、ローゼル)、ハイリンドウ、ハウチワ、パウ・ドーセ、ハカマウラボシ(骨砕補)、ハクカユマトウ、ハクサンチドリ、ハクセン(白癬皮)、ハクルベリー「果実」、ハコベ(繁縷)、ハシバミ(榛子)、ハシリドコロ(ロート根)、バジルハス(蓮、蓮肉蓮子)、パセリ(オランダゼリ)、ハダカムギ、バタタ、ハチク又はマダケ(竹茹)、パチョリー、ハッカ(薄荷、薄荷葉)、ハッショウマメハトムギ(ヨクイニン)、ハナスゲ(知母)、バナナ、ハナハッカ、ハナビシ(シツリシ、シシツリ)、バニラビンズ、パパイヤ、ハハコグサ(鼠麹草)、パハロボボ、ハブ「全草、茎、葉」、パプリカハマカキラン、ハマゴウ又はミツバハマゴウ(蔓荊子)、ハマスゲ(香附子)、ハマビシ(シツ莉子)、ハマナス(マイカイ花)、ハマボウフウ(防風)、ハマメリス、パーム、バラ(薔薇)、バラータ、バラタゴムノキ、ハラタケ(ハラタケ、シロオオハラタケ、ウスキモリノカサ)、ハラン、パリウルス(セイヨウハマナツメ)、パリエタリア、ハルカンラン、バルサミーナ(ツルレイシニガウリ)、ハルニレ(楡皮、楡白皮、楡葉)、バルバスコ、ハルリンドウ、ハンダイカイ(胖大海)、パンノキヒオウギ(射干)、ヒカゲツルニンジン(党参)、ピーカンナッツ、ヒガンバナ(石蒜、蔓珠沙華)、ヒグルマダリア、ヒゴタイ、ヒシ(菱実)、ピスチオビートヒトツバ(石葦)、ヒトツバエニシダ、ヒナギク(デージー)、ヒナイノコズチ(牛膝)、ヒナチヨドリ、ヒノキヒバ、ヒマシヒマワリピーマンヒメウズ(天葵)、ヒメガマ(香蒲)、ヒメマツタケ(カワリハラタケ、ヒロマツタケ)、ヒメムヨウラン、ピメンタ「果実」、ビャクシ、ビャッキュウ、ヒユ「果実」、ヒヨコマメヒラマメビロウドアオイ、ヒロハオキナグサ(白頭翁)、ビワ「果実、葉、茎」、ビンロウ(大服皮、檳榔子)、プーアル茶(普?茶)、フウトウカズラ(南籐)、フキフキタンポポ(款冬花、款冬葉)、フジバカマ(蘭草)、フジマメ(扁豆)、フジモドキ(チョウジザクラ、芫花)、ブドウ「果実、果皮、種子、葉」、ブナ、フユムシナツクサタケ(冬虫夏草)、ブラジルカンゾウ、ブラジルニンジン、ブラジルヤシ、ブラジルゾウゲヤシ、ブラックカーラント「果実」、ブラックベリーブラーニェン、プラム「果実」、フルセラリア、ブルーベリー(セイヨウヒメスノキ)、プルーンフローラルブランカブロンドサイリウムブンドウ(緑豆)、ヘーゼルナッツヘチマ、ヘツカランベニバナ(紅花)、ヘネケンベラドンナ、ベリー「果実」、ペルセアペルビアンバーグ、ペレスキア・グランディフォリア、ベンケイソウ又はイキクサ(景天)、ボイセンベリー「果実」、ホウキギ又はニワクサ又はネンドウ又はハハキギ・コキア(地膚子)、ホウサイラン、ホウセンカ(鳳仙、急性子、透骨草)、ポウテリア・サポタ、ポウテリア・ルクマ、ホウノキ、ホウレンソウホオズキ(登呂根)、ホオノキ(和厚朴、朴)、ボケ(木瓜)、ホソバアブラギク(苦ヨク)、ホソバオグルマ、ホソバナオケラ(蒼朮)、ホソバノキリンソウ(景天三七)、ホソババレンギクボダイジュ(菩醍樹)、ボタン(牡丹「花、葉、茎、樹皮」)、ボタンピ(牡丹皮)、ホップホホバ、ボリジ(ルリチシャ)、ボルドー、ホワートルベリー「果実」、ホンオニク(肉じゅ蓉、大芸)、ホンセッコク(鉄皮石斛、雀山石斛)、マイルテンナンショウ(天南星)、マイタケ(舞茸)、マオウ(麻黄)、マカ、マカデミアナッツ、マーガレット(モクシュンギク)、マクリ(海人草)、マグワ(桑白皮「樹皮、葉」)、マグノリアスプレンゲリ、マサランヅーバ、マサランズーバ・ド・セアラー、マシェイラ・デ・ボイ、マシュア(タマノウゼンハレン、キュウコンキンレンカ)、マタタビ(木天蓼)、マツカサ、松「葉、樹皮、根」、マッタ・オーリョ、マツタケ(松茸)、マツホド(茯苓)、マティコ(コルドンシージョ)、マヨラム(ハナハッカ)、マルバノジャジン(苦参)、マルベリー「果実」、マルメロマレイン(ビロウドモウズイカ)、マンゴーマンゴスチン、マンサーニャ(アンデスカミツレ)、マンシュウグルミ、マンダリン「果実」、マンネンタケ(霊芝)、キジツ(枳実「果実」)、ミシマサイコ(柴胡)、ミズオオバコ又はミズアサガオ(竜草)、ミゾカクシ(半辺蓮)、ミソハギ(千屈菜)、ミチヤナギ又はニワヤナギ(篇蓄)、ミツガシワ、ミツバ、ミドリサポテ、ミドリハッカ、ミモザ、ミョウガミラクルフルーツ「果実」、ミルラミロバラン、ムギワラギク、ムクゲ(木槿)、ムクノキ、ムクロジ(延命皮)、ムニャ、ムラサキ(紫根)、ムラサキシキブ又はオオムラサキシキブ(紫珠)、ムラサキトウモロコシ、ムラサキナツフジ(昆明鶏血藤)、メガカンサ・オプンティカ、メシマコブ(桑黄)、メハジキ(益母草)、メボウギ、メマツヨイグサ(月見草)、メラロイカ、メリッサメリロートメロン「果実」、モウコヨモギ、モウソウチク、モクキリン、モジェ(コショウボク)、モチノキモッコウ(木香)、モミジバダイオウ、モモ(桃「葉、種子、花、果実」)、モヤシ、モレロチェリー「果実」、モロヘイヤ(黄麻)、ヤカワムラサキイモ、ヤクチ(益智)、ヤクヨウガレーガヤグルマソウ(ヤグルマギク)、ヤグルマハッカ、ヤーコンヤーバサンタ、ヤシャブシ(矢車)又はヒメヤシャブシ又はオオバヤシャブシ「果実、果皮、果穂」、ヤチヤナギ、ヤツデ(八角金盤)、ヤドリギ(柳寄生)、ヤナギ(カワヤナギ、タチヤナギ、シダレヤナギ、アカメヤナギ、ネコヤナギ、イヌコリヤナギ、キヌヤナギ、コリヤナギ、ウンリュウヤナギ、ミヤマヤナギ、ヤシ、ヤマヤナギ、オオバヤナギ、タイリクキヌヤナギ、キツネヤナギ、ドロノキ)、ヤナギタデ「葉、茎」、ヤーバサンタ、ヤブガラシ、ヤブコウジ(紫金)、ヤブタバコ(鶴虱、天名精)、ヤマゴボウ(商)、ヤマドリタケ(ポルチーニセップ、シュタインピルツ)、ヤマハンノキ(山榛)、ヤマモモ(楊梅皮)、ヤマヨモギ、ユーカリユキノシタ(虎耳草)、ユッカ又はフレビフォリア、ユズ「果実」、ユリ、ヨロイグサ、ヨモギ(艾葉)、ライガン(丸)、ライム「果実」、ライムギラカンカ「果実」、ラズベリー「葉、果実」、ラタニア(クラメリア)、ラッキョウ又はエシャロット(薤白)、ラベンダーリュウガン(竜眼肉)、リュウゼツラン(アオノリュウゼツラン、フクリンリュウゼツラン)、リョクチャ(緑茶)、リンゴ「果実、種子、葉、根」、リンドウ、ルバス又はスアビシムス(甜涼)、ルリタマアザミ(ウラジロヒゴタイ、新彊藍刺頭)、レイシ(茘枝、茘枝核)、レタス(チシャ)、レッドカーラント「果実」、レッドピタヤ、レモン「果実」、レモングラス、レンギョウ又はシナレンギョウ(連翹)、レンゲソウ、ロウバイ(梅)、ロウヤシ、ロコン(ヨシ、蘆根)、ローガンベリー「果実」、ローズマリー(マンネンロウ)、ローズヒップ(ノバラ)、ワサビ、ワタフジウツギ(密蒙花)、ワレモコウ(地楡)であり、各々の植物体の各種部位(花、花頭花穂、果穂、穂軸、果皮、内果皮、果実、果肉、さく果、球果、核、、茎、塊茎、葉、枝、枝葉、樹皮、根、根茎、根皮、種子、、柄、子実体菌糸体菌核、全草)、又、パルプ各種植物(モミ、マツ、ユーカリ、ポプラ、コウゾ、ミツマタ、コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバク、稲、サトウキビ、ヨシ、ケフナ、トウモロコシ、ワタ、綿実クワ)、又、海藻類としては、海藻緑藻類クロレラブルガリス,クロレラ・ピレノイドサ,クロレラ・エリプソイデイア,アオノリ(ウスバアオノリ,スジアオノリ,ヒラアオノリ,ボウアオノリ,ホソエダアオノリ)]、海藻[褐藻類:コンブ(マコンブ,リシリコンブ,ホソメコンブ,ミツイシコンブ),ワカメ,ヒロメ,アオワカメ,ジャイアントケルプマクロスティス・ピリフェラ,マクロシスティス・インテグリフォリア,ネオシティス・ルエトケアーナ),ヒジキヒバマタ]、海藻[紅藻類ヒジリメン,マクサ(テングサ),ヒラクサ,オニクサ,オバクサ,カタオバクサ,ヤタベグサ,ユイキリ,シマテングサ,トサカノリトゲキリンサイ,アマクサキリンサイ,キリンサイ,ビャクシンキリンサイ,ツノマタ,オオバツノマタ,トチャカ(ヤハズツノマタ),エゾツノマタ,トゲツノマタ,ヒラコトジ,コトジツノマタ,スギノリシキンノリ,カイノリイボツノマタ,ヤレウスバノリ,カギウスバノリ,スジウスバノリ,ハイウスバノリ,アカモミジノリ]、又、その他の藻類、緑藻類(クラミドモナス属クラミドモナス,アカユキモ,ドゥナリエラ属:ドゥナリエラ,クロロコッカス属:クロロコッカス,クワノミモ属:クワノミモ,ボルボックス属:オオヒゲマワリ,ボルボックス,パルメラ属,ヨツメモ属,アオミドロ属:ヒザオリ,アオミドロ,ツルギミドロ属,ヒビミドロ属:ヒビミドロ,アオサ属アナアオサアミアオサ,ナガアオサ,カワノリ属:カワノリ,フリッチエラ属,シオグサ属:オオシオグサ,アサミドリシオグサ,カワシオグサ,マリモ,バロニア属:タマゴバロニア,タマバロニア,マガタマモ属:マガタマモ,イワヅタ属:フサイワヅタ,スリコギヅタ,ヘライワヅタ,クロキヅタ,ハネモ属,ミル属:ミル,クロミル,サキブチミル,ナガミル,ヒラミル,カサノリ属:カサノリ,ジュズモ属:フトジュズモ,タマジュズモ,ミゾジュズモ,ミカヅキモ属,コレカエテ属,ツヅミモ属,キッコウグサ属:キッコウグサ,ヒトエグサ属:ヒトエグサ,ヒロハノヒトエグサ,ウスヒトエグサ,モツキヒトエ,サヤミドロ属,クンショウモ属,スミレモ属:スミレモ,ホシミドロ属,フシナシミドロ属等)、藍藻類スイゼンジノリ属:スイゼンジノリ,アオコ属,ネンジュモ属:カワタケ,イシクラゲ,ハッサイ,ユレモ属,ラセンモ(スピルリナ)属:スピルリナ,トリコデスミウム(アイアカシオ)属等)、褐藻類(ピラエラ属:ピラエラ,シオミドロ属:ナガミシオミドロ,イソブドウ属:イソブドウ,イソガワラ属:イソガワラ,クロガシラ属:グンセンクロガシラ,カシラザキ属:カシラザキ,ムチモ属:ムチモ,ヒラムチモ,ケベリグサ,アミジグサ属:アミジグサ,サキビロアミジ,サナダグサ属:サナダグサ,フクリンアミジ,コモングサ属:コモングサ, ヤハズグサ属:エゾヤハズ,ヤハズグサ,ウラボシヤハズ,ジガミグサ属:ジガミグサ,ウミウチワ属:ウミウチワ,コナウミウチワ,アカバウミウチワ,ナミマクラ属:ヒルナミマクラ,ソメワケグサ属:ソメワケグサ, ナバリモ属:ナバリモ,チャソウメン属:モツキチャソウメン,マツモ属:マツモ,ナガマツモ属:ナガマツモ,オキナワモズク属:オキナワモズク,ニセフトモズク属:ニセフトモズク,フトモズク属:フトモズク,イシモズク属:イシモズク,クロモ属:クロモ,ニセモズク属:ニセモズク,モズク属:モズク,イシゲ属:イシゲ,イロロ,イチメガサ属:イチメガサ,ケヤリ属:ケヤリ,ウミボッス属:ウミボッス,ウルシグサ属:ウルシグサ,ケウルシグサ,タバコグサ,コンブモドキ属:コンブモドキ,ハバモドキ属:ハバモドキ,ハバノリ属:ハバノリ,セイヨウハバノリ属:セイヨウハバノリ,コモンブクロ属:コモンブクロ,エゾブクロ属:エゾブクロ,フクロノリ属:フクロノリ,ワタモ,チシマフクロノリ属:チシマフクロノリ,カゴメノリ属:カゴメノリ,ムラリドリ属:ムラチドリ,サメズグサ属:サメズグサ,イワヒゲ属:イワヒゲ,ヨコジマノリ属:ヨコジマノリ,カヤモノリ属:カヤモノリ,ウイキョウモ属:ウイキョウモ,ツルモ属:ツルモ,アナメ属:アナメ,スジメ属:スジメ,ミスコンブ属:ミスジコンブ,アツバミスジコンブ,コンブ属:ガツガラコンブ,カキジマコンブ,オニコンブ,ゴヘイコンブ,ナガコンブ,エンドウコンブ,オオチヂミコンブ,トロロコンブ属:トロロコンブ,アントクメ属:アントクメ,カジメ属:カジメ,ツルアラメクロメ,キクイシコンブ属:キクイシコンブ,ネジレコンブ属:ネジレコンブ,クロシオメ属:クロシオメ,ネコアシコンブ属:ネコアシコンブ,アラメ属:アラメ,アイヌワカメ属:アイヌワカメ,チガイソ,オニワカメエゾイシゲ属:エゾイシゲ,ヤバネモク属:ヤバネモク,ラッパモク属:ラッパモク,ジョロモク属:ウガノモク,ジョロモク,ヒエモク,ホンダワラ属:タマナシモク,イソモク,ナガシマモク,アカモク,シダモク,ホンダワラネジモク,ナラサモ,マメタワラ,タツクリ,ヤツマタモク,ウミトラノオ,オオバモク,フシズシモク,ハハキモク,トゲモク,ヨレモク,ノコギリモク,オオバノコギリモク,スギモク属:スギモク,ウキモ属:オオウキモ,ブルウキモ属:ブルウキモ,カヤモノリ属:カヤモノリ等)、紅藻類(ウシケノリ属:ウシケノリ,フノリノウシケ,アマノリ属アサクサノリスサビノリ,ウップルイノリ,オニアマノリ,タサ,フイリタサ,ベニタサ,ロドコルトン属:ミルノベニ, アケボノモズク属:アケボノモズク, コナハダ属:ハイコナハダ,ヨゴレコナハダ,アオコナハダ, ウミゾウメン属:ウミゾウメン,ツクモノリ,カモガシラノリ,ベニモズク属:ベニモズク,ホソベニモズク,カサマツ属:カサマツ, フサノリ属:フサノリ,ニセフサノリ属:ニセフサノリ,ソデガラミ属:ソデガラミ, ガラガラ属:ガラガラ,ヒラガラガラ, ヒロハタマイタダキ属:ヒロハタマイタダキ, タマイタダキ属:タマイタダキ, カギケノリ属:カギノリ,カギケノリ,テングサ属:ヒメテングサ,ハイテングサ,オオブサ,ナンブグサ,コヒラ,ヨヒラ,キヌクサ,ヒビロウド属:ヒビロウド,ヒメヒビロウド, イソムメモドキ属:イソムメモドキ, ミチガエソウ属:ミチガエソウ, リュウモンソウ属:リュウモンソウ,ヘラリュウモン, ニセカレキグサ属:ニセカレキグサ, オキツバラ属:オオバオキツバラ, アカバ属:アカバ,マルバアカバ, ナミノハナ属:ホソバナミノハナ,ナミノハナ,サンゴモドキ属:ガラガラモドキ, シオグサゴロモ属:シオグサゴロモ, イワノカワ属:エツキイワノカワ,カイノカワ属:カイノカワ, カニノテ属:カニノテ,サンゴモ属:サンゴモ,ムカデノリ属:ムカデノリ,スジムカデ,カタノリ,ヒラムカデ,キョウノヒモ,サクラノリ,ニクムカデ,タンバノリ,ツルツル,イソノハナ属:ヌラクサ,クロヌラクサ,オオムカデノリ, ヒラキントキ属:ヒラキントキ, マタボウ属:マタボウ,キントキ属:チャボキントキ,キントキ,マツノリ,コメノリ,トサカマツ,ヒトツマツ,カクレイト属:オオバキントキ,イトフノリ属:イトフノリ,ナガオバネ属:ナガオバネ,フノリ属:ハナフノリ,フクロフノリ,マフノリ,カレキグサ属:カレキグサ,トサカモドキ属:ホソバノトサカモドキ,ヒロハノトサカモドキ,ヤツデガタトサカモドキ,クロトサカモドキ,ネザシノトサカモドキ,キヌハダ属:キヌハダ,エゾトサカ属:エゾトサカ,ツカサノリ属:エナシカリメニア,オオツカサノリ,ハナガタカリメニア, ホウノオ属:ホウノオ, ヒカゲノイト属:ヒカゲノイト,ウスギヌ,ニクホウノオ属:ニクホウノオ,ベニスナゴ属:ベニスナゴ,ススカケベニ属:ススカケベニ,オカムラグサ属:ヤマダグサ,ミリン属:ミリン,ホソバミリン,トサカノリ属:キクトサカ,エゾナメシ属:エゾナメシ, イソモッカ属:イソモッカ,ユカリ属:ユカリ,ホソユカリ,イバラノリ属:イバラノリ,サイダイバラ,タチイバラ,カギイバラノリ,キジノオ属:キジノオ,イソダンツウ属:イソダンツウ,アツバノリ属:アツバノリ,オゴノリ属オゴノリ,ツルシラモ,シラモ,オオオゴノリ,ミゾオコノリ,カバノリ,テングサモドキ属:ハチジョウテングサモドキ, フシクレノリ属:フシクレノリ,ナミイワタケ属:ナミイワタケ,カイメンソウ属:カイメンソウ, オキツノリ属:オキツノリ,サイミ属:イタニグサ,サイミ,ハリガネ, ハスジグサ属:ハスジグサ,スギノリ属:イカノアシ,ホソイボノリ,ノボノリ,クロハギンナンソウ属:クロハギンナンソウ,アカバギンナンソウ属:アカバギンナンソウ, ヒシブクロ属:ヒシブクロ,マダラグサ属:トゲマダラ,エツキマダラ,タオヤギソウ属:タオヤギソウ,ハナサクラ, フクロツナギ属:フクロツナギ,スジコノリ,ハナノエダ属:ハナノエダ,ヒラタオヤギ属:ヒラタオヤギダルス属:ダルス,マサゴシバリ,アナダルス,ウエバグサ属:ウエバグサ,ベニフクロノリ属:ベニフクロノリ,フシツナギ属:フシツナギ,ヒメフシツナギ,ヒロハフシツナギ,ワツナギソウ属:ヒラワツナギソウ,ウスバワツナギソウ,イギス属:イギス,ケイギス,ハリイギス,ハネイギス,アミクサ,エゴノリ属:エゴノリ,フトイギス,サエダ属:サエダ,チリモミジ属:チリモミジ, コノハノリ科:ハブタエノリ,コノハノリ,スズシロノリ,ウスベニ属:ウスベニ, ハスジギヌ属:ハスジギヌ, ナガコノハノリ属:ナガコノハノリ,スジギヌ属:スジギヌ,アツバスジギヌ,ハイウスバノリ属:カギウスバノリ,ヤレウスバノリ,スジウスバノリ,ハイウスバノリ,ウスバノリモドキ属:ウスバノリモドキ,アヤニシキ属:アヤニシキ,アヤギヌ属:アヤギヌ,ダジア属:エナシダジア,シマダジア属:イソハギ,シマダジア,ダジモドキ属:ダジモモドキ,イトグサ属:モロイトグサ,フトイグサ, マクリ属:マクリ,ヤナギノリ属:ハナヤナギ,ユナ,ヤナギノリ,モツレユナ,ベニヤナギコリ,モサヤナギ,ササバヤナギノリ,ソゾ属:クロソゾ,コブソゾ,ハネソゾ,ソゾノハナ,ハネグサ属:ハネグサ,ケハネグサ,コザネモ属:コザネモ,イソムラサキ,ホソコザネモ,ヒメゴケ属:ヒメゴケ,クロヒメゴケ, ヒオドシグ属:キクヒオドシ,ヒオドシグサ,ウスバヒオドシ,アイソメグサ属:アイソメグサ,スジナシグサ属:スジナシグサ,イソバショウ属:イソバショウ,フジマツモ属:フジマツモ,ノコギリヒバ属:ハケキノコギリヒバ, カワモズク属:カワモズク,アオカワモズク,ヒメカワモズク,イデユコゴメ属:イデユコゴメ,オキチモズク属:オキチモズク,イトグサ属,チノリモ属:チノリモ,チスジノリ属:チスジノリ等)、車軸藻類(シャジクモ属,シラタマモ属,ホシツリモ属:ホシツリモ,リクノタムヌス属,フラスコモ属:ヒメフラスコモ,チャボフラスコモ,トリペラ属)、黄色藻類(ヒカリモ属:ヒカリモ)等の海藻類の全ての部位、又は、人、、牛、馬、羊、山羊、鶏、鴨、駝、家鴨、鶉、、兎、マウスラットハムスター魚類鳥類軟体動物等であり、各々の動物体の各種部位「胎盤、皮膚、、腸(小腸大腸十二指腸等)、肝臓胆嚢膵臓脾臓腎臓、胆嚢、泌尿器生殖器消化器、骨、筋肉、血液、爪、頭部・頚部頭皮頭蓋冠上矢状静脈洞前頭洞蝶形骨洞大脳脳梁透明中隔脳弓、第三脳質の脈絡叢視床前交連視神経交叉下垂体松果体後交連小脳、第三脳質、第四脳質、中脳、橋、延髄脊髄環椎軸椎鼻骨鼻腔上鼻甲介中鼻甲介下鼻甲介耳管開口部、咽頭扁桃硬口蓋、柔口蓋口蓋扁桃、舌、オトガイ舌筋オトガイ舌骨筋顎舌骨筋舌骨舌顎骨喉頭蓋甲状軟骨輪状軟骨喉頭前庭、喉頭前庭ひだ、声帯ひだ声門舌腔、鼻咽頭中咽頭喉頭咽頭)等」、又は、微生物「真正細菌古細菌原生生物真菌類等(乳酸菌酵母菌納豆菌コウジ菌キノコ類菌体等)」であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項17

水溶性の粒子が、有機酸又は無機酸又はその塩類ギ酸酢酸クエン酸シュウ酸クエン酸ナトリウム炭酸ナトリウム酢酸ナトリウム塩化ナトリウム塩化カリウム塩化マグネシウム塩化アンモニウム硫酸アンモニウム硝酸アンモニウム硝酸カリウム硝酸ナトリウム硝酸カルシウム、硫酸アンモニウム、硫酸マグネシウム硫酸カリウムリン酸アンモニウム酢酸アンモニウム炭酸水素ナトリウム炭酸水素カリウム炭酸水素アンモニウム安息香酸ナトリウム塩化スズ硝酸鉛硝酸銀硫酸銅塩化鉄塩化ニッケル塩化白金塩化パラジウム塩化白金酸カリウムステアリン酸カルシウムステアリン酸マグネシウム)、水溶性高分子物質(メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、ポリエチレンイミン、ポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体、ポリエチレングリコール、高重合ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、ポリビニルメチルエーテル、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、カルボキシビニルポリマー、アラビアゴム、アラビノガラクタン、カラギーナン、カラヤガム、ベンゾインゴム、ダンマルゴム、アグヤク脂、アイルランド苔、カラヤゴム、カードラン、グアーガム、カチオン化グアーガム、トラガカントゴム、ファーセレラン、キャロブゴム、クインスシード、キサンタンガム、タマリンドガム、タラガム、ジャランガム、ローストビーンガム、マンナン、ガラクトマンナン、コンニャクマンナン、寒天、デキストリン、ゼラチン、ペクチン、ペクチン酸ナトリウム、アルギン酸、アルギン酸ナトリウム、シクロデキストリン)、単糖類(ブドウ糖、乳糖、トレオースアラビノースキシロース、ガラクトース、リボースグルコースソルボースフルクトースマンノース)、二糖類スクロース(ショ糖)、ラクトース(乳糖)、マルトース(麦芽糖)、トレハロースセロビオースイソマルトース、イソトレハロース、ネオトレハロース、ネオラクトース、ツラノースパラチノース)、その他の多糖類三糖類ラフィノースメレジトースマルトトリオース四糖類アカルボーススタキオース、グリコーゲン、可溶化デンプン、アミロース、デキストリン、グルカンβ1,3-グルカン、フルクタンN-アセチルグルコサミン、キチン、キトサン)、糖アルコール類キシリトールソルビトールエリスリトールマンニトールマルチトール)、オリゴ糖類(ラフィノース、パノース、マルトトリオース、メレジトース、ゲンチアノース、スタキオース、シクロデキストリン、キシロオリゴ糖、セルロースオリゴ糖ラクトオリゴ糖フラクトオリゴ糖ガラクトオリゴ糖マンナンオリゴ糖)、ムコ多糖類又はその硫酸塩(ヒアルロン酸、コンドロイチンコンドロイチン硫酸デルマタン硫酸ケラタン硫酸ヘパリンヘパラン硫酸)、糖蛋白質(ムチン、プロテオグリカン)、アミノ糖グルコサミン、N-アセチルグルコサミン、シアル酸、)アミノ酸又はその塩(トリプトファンリシンメチオニンフェニルアラニントレオニンバリンロイシンイソロイシンヒスチジンアラニンアルギニンアスパラギンセリンアスパラギン酸システイングルタミングリシンプロリンチロシンシスチンヒドロキシプロリンヒドロキシリジンサイロキシンホスホセリンデスモシンβ-アラニンサルコシンオルニチンクレアチン、γーアミノ酪酸オパインテアニン、トリコロミン酸カイニン酸ドウモイ酸イボテン酸アクロメリン酸)、水溶性ビタミン類ビタミンB群チアミンリボフラビンナイアシンパントテン酸ビオチン葉酸シアノコバラミンビタミンC群:アスコルビン酸デヒドロアスコルビン酸)、その他の水溶性粒子(キチン、キトサン又はその塩、グルタミン酸ナトリウムトリメチルグリシン尿素アラントインレゾルシン)であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項18

水不溶性の粒子が、無機物質(シリカ、水和シリカ、無水ケイ酸、ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸ジルコニム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、モンモリナイト、ヘクトライト、ベントナイト、ゼオライト、バーミキュライト、第二リン酸カルシウム、炭酸亜鉛、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、アルミナ、タルク、酸化チタン、二酸化チタン、チタン酸リチウムコバルト、雲母、マイカ、雲母チタン、カオリン、ベンガラ、グンジョウ、酸化亜鉛、酸化ジルコニウム、酸化鉄、黄酸化鉄、黒酸化鉄、酸化クロム、水酸化クロム、カーボンブラック、カラミン、石英、オキシ塩化ビスマス、リン酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、無水リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、重質炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、重質炭酸マグネシウム、イオウ、長石、燐灰石、ガラス、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、セラミック又はこれらの無機塩類、又はこれらの結晶若しくは非結晶物質)、非水溶性高分子物質(セルロース、結晶性セルロース、粉末セルロース、カチオン化セルロース、酢酸セルロース、エチルセルロース、ニトロセルロース、ポリエチレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリカーボネート、ポリアミド、ナイロン、シリコーン(シリコン)、ポリフッ化ビニルデン、ポリウレタン、ポリシロキサン、分子量1万以上の蛋白質、ツエインゼイン)、核酸、デオキシリボ核酸、リボ核酸、シェラック樹脂、アクリル樹脂、ポリスチレン樹脂、(メタ)アクリル酸エステル・スチレン共重合樹脂、ポリオレフィン樹脂、酢酸ビニル樹脂、エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂、ポリカーボネート樹脂、ABS樹脂、ポリアミド樹脂、ポリビニルブチレート樹脂、塩化ビニル樹脂、シリコーン樹脂、セルロース樹脂、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂又はその誘導体、その他の水不溶性の粒子であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項19

結合剤が、アラビアゴム、ベンゾインゴム、ダンマルゴム、グアヤク脂、アイルランド苔、カラヤゴム、トラガントゴム、キャロブゴム、クインシード、寒天、カゼイン、デキストリン、ゼラチン、ペクチン、ペクチン酸ナトリウム、デンプン、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン、キサンタンガム等の天然有機系高分子化合物。又、ポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、ポリビニルメチルエーテル、ポリアクリル酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリエチレンイミンやメチルセルロース、エチルセルロース、アセチルセルロース、ニトロセルロース、酢酸ビニル樹脂、結晶セルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、セルロースアセテートフタレートセルロースプロピオネートフタレート、セルロースアセテートマレエート、ポリビニルアルコールフタレート、スチレンアクリル酸共重合物メチルアクリレートメタクリル酸共重合物ビニルピリジン又はアルキルビニルピリジンその他のビニル系単量体との重合体、セルロースアセテートジエチルアミノアセテートポリビニルアセテートジエチルアミノアセテート、ポリビニルアミノアセタールジメチルアミノメタクリレートメチルメタクリレート共重合体、ビニルピリジン又はアルキルビニルピリジンとアクリル酸との共重合体、又は、他のビニル単量体との3成分系共重合体等の半合成合成高分子化合物、又、モンモリナイト、カオリン、水和シリカ、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、炭酸カルシウム、ヘクトライト等の無機系化合物、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、ロウ類(ミツロウ、カルナバロウ、鯨ロウ、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウ、ライスワックス、スクワレン、スクワラン、プリスタン、米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ、羊毛ロウ、セレシン、オゾケライト、モンタンロウ又は水素添加物又はその誘導体)、油脂類(アボガド油、アマニ油、アーモンド油、ウイキョウ油、エゴマ油、オリーブ油、オレンジ油、オレンジラファー油、カカオ脂、カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、キョウニン油、ククイナッツ油、クルミ油、コムギ胚芽油、ゴマ油、コメ油、コメ糠油、サザンカ油、サフラワー油、サラダ油、シア脂、大豆油、茶油、月見草油、ツバキ油、トウモロコシ油、菜種油、パーシック油、ベニバナ油、ヒマシ油、ヒマワリ油、ブドウ種子油、ヘーゼルナッツ油、マカデミアナッツ油、綿実油、メドウフォーム油、落花生油、ローズヒップ油、タートル油、ミンク油、卵黄油、カカオ脂、パーム油、パーム核油、モクロウ、ヤシ油、魚油、鯨油、鮫油、肝油、牛脂、豚脂、鶏油、兎脂、羊脂、馬脂又はこれら油脂類の水素添加物又はその誘導体)等であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項20

コーティング剤が、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシブチルセルロースヒドロキシペンチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルブチルセルロース、ヒドロキシプロピルペンチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、メチルセルロース、エチルセルロース、セルロース、結晶性セルロース、粉末セルロース、アミノアルキルメタアクリレートポリマーメタクリル酸コポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、カルボキシメチルエチルセルロース、ポリビニルピロリドン、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、ポリビニルピロリドン/酢酸ビニル、ポリビニルアルコール、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール-ポリエチレングリコール共重合体、カルボキシビニルポリマー、カルボキシビニルポリマー等の各種アクリル樹脂、シェラックカルナウバロウ、プルラン、ゼラチン、ショ糖、ショ糖脂肪酸エステル、エリスリトール、マンニトール、トレハロース、雲母、雲母チタン、オキシ塩化ビスマス、魚鱗箔グアニン)、アルミ粉、シリカ、ジメチルシリル化シリカ、タルク、硬化油真珠、ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、シリコーン、ステアリン酸、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、フマル酸ステアリルナトリウムミリスチン酸、ミリスチン酸マグネシウム、ミリスチン酸亜鉛パルミチン酸、パルミチン酸マグネシウム、月見草油、水添月見草油、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、油脂類(アボガド油、アマニ油、アーモンド油、ウイキョウ油、エゴマ油、オリーブ油、オレンジ油、オレンジラファー油、カカオ脂、カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、キョウニン油、ククイナッツ油、クルミ油、コムギ胚芽油、ゴマ油、コメ油、コメ糠油、サザンカ油、サフラワー油、サラダ油、シア脂、大豆油、茶油、月見草油、ツバキ油、トウモロコシ油、菜種油、パーシック油、ベニバナ油、ヒマシ油、ヒマワリ油、ブドウ種子油、ヘーゼルナッツ油、マカデミアナッツ油、綿実油、メドウフォーム油、落花生油、ローズヒップ油、タートル油、ミンク油、卵黄油、カカオ脂、パーム油、パーム核油、モクロウ、ヤシ油、魚油、鯨油、鮫油、肝油、牛脂、豚脂、鶏油、兎脂、羊脂、馬脂又はこれら油脂類の水素添加物又はその誘導体)、ロウ類(ミツロウ、カルナバロウ、鯨ロウ、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウ、ライスワックス、スクワレン、スクワラン、プリスタン、米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ、羊毛ロウ、セレシン、オゾケライト、モンタンロウ又はこれらロウ類の水素添加物又はその誘導体)等であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項21

油剤が、セタノールミリスチルアルコールオレイルアルコールラウリルアルコールセトステアリルアルコールステアリルアルコール、アラキルアルコールベヘニルアルコールホホバアルコールキミルアルコールセラキルアルコールバチルアルコールヘキシルデカノールイソステアリルアルコール、2−オクチルドデカノールダイマージオール等の高級アルコール類;ベンジルアルコール等のアラルキルアルコール及び誘導体;ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸ベヘン酸ウンデシレン酸、12−ヒドロキシステアリン酸パルミトオレイン酸オレイン酸リノール酸リノレイン酸エルカ酸ドコサヘキサエン酸エイコサペンタエン酸イソヘキサデカン酸、アンテイヘンイコサン酸、18-メチルエイコサン酸長鎖分岐脂肪酸ダイマー酸水素添加ダイマー酸等の高級脂肪酸類及びそのアルミニウム塩カルシウム塩マグネシウム塩亜鉛塩カリウム塩等の金属石けん類、及びアミド等の含窒素誘導体類;流動パラフィン(ミネラルオイル)、重質流動イソパラフィン軽質流動イソパラフィンα−オレフィンオリゴマーポリイソブテン水添ポリイソブテンポリブテン、スクワラン、オリーブ由来スクワラン、スクワレン、ワセリン、固型パラフィン等の炭化素類;キャンデリラワックスカルナウバワックス、ライスワックス、木ろうみつろうモンタンワックス、オゾケライト、セレシン、パラフィンワックス、マイクロクリスタリンワックスペトロラタムフィッシャートロプシュワックスポリエチレンワックス、エチレン・プロピレンコポリマー等のワックス類;ヤシ油、パーム油、パーム核油、サフラワー油、オリーブ油、ヒマシ油、アボカド油、ゴマ油、茶油、月見草油、小麦胚芽油、マカデミアナッツ油、ヘーゼルナッツ油、ククイナッツ油、ローズヒップ油、メドウフォーム油、パーシック油、ティートリー油ハッカ油、トウモロコシ油、ナタネ油、ヒマワリ油、小麦胚芽油、アマニ油、綿実油、大豆油、落花生油、コメヌカ油、カカオ脂、シア脂、水素添加ヤシ油、水素添加ヒマシ油ホホバ油水素添加ホホバ油等の植物油脂類;牛脂、乳脂、馬脂、卵黄油、ミンク油、タートル油等の動物性油脂類;鯨ロウ、ラノリン、オレンジラッフィー油等の動物性ロウ類;液状ラノリン、還元ラノリン、吸着精製ラノリン、酢酸ラノリン、酢酸液状ラノリン、ヒドロキシラノリンポリオキシエチレンラノリンラノリン脂肪酸硬質ラノリン脂肪酸ラノリンアルコール、酢酸ラノリンアルコール、酢酸(セチル・ラノリルエステル等のラノリン類;レシチンホスファチジルコリンホスファチジルエタノールアミンホスファチジルセリンホスファチジルグリセロールホスファチジルイノシトールスフィンゴミエリン等のスフィンゴリン脂質ホスファチジン酸リゾレシチン等のリン脂質類水素添加大豆リン脂質部分水素添加大豆リン脂質、水素添加卵黄リン脂質、部分水素添加卵黄リン脂質等のリン脂質誘導体類;コレステロールジヒドロコレステロールラノステロールジヒドロラノステロール、フィトステロールコール酸等のステロール類サポゲニン類;サポニン類;酢酸コレステリルノナン酸コレステリル、ステアリン酸コレステリル、イソステアリン酸コレステリル、オレイン酸コレステリル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニルオクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、N−ラウロイルサルコシンイソプロピル等のアシルサルコシンアルキルエステル、12−ヒドロキシステアリン酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリルイソステアリン酸フィトステリル軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、硬質ラノリン脂肪酸コレステリル、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等のステロールエステル類リン脂質・コレステロール複合体、リン脂質・フィトステロール複合体等の脂質複合体ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸ヘキシルデシルイソステアリン酸オクチルドデシル、パリミチン酸セチル、パルミチン酸オクチルドデシルオクタン酸セチル、オクタン酸ヘキシルデシル、イソノナン酸イソトリデシルイソノナン酸イソノニルイソノナン酸オクチル、イソノナン酸イソトリデシル、ネオペンタン酸イソデシルネオペンタン酸イソトリデシルネオペンタン酸イソステアリルネオデカン酸オクチルドデシル、オレイン酸オレイル、オレイン酸オクチルドデシル、リシノレイン酸オクチルドデシル、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、エルカ酸オクチルドデシル、イソステアリン酸硬化ヒマシ油オレイン酸エチル、アボカド油脂肪酸エチルミリスチン酸イソプロピルパルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸オクチル、イソステアリン酸イソプロピル、ラノリン脂肪酸イソプロピル、セバチン酸ジエチル、セバチン酸ジイソプロピルセバチン酸ジオクチルアジピン酸ジイソプロピル、セバチン酸ジブチルオクチル、アジピン酸ジイソブチルコハク酸ジオクチルクエン酸トリエチル等のモノアルコールカルボン酸エステル類乳酸セチルリンゴ酸ジイソステアリル、モノイソステアリン酸水添ヒマシ油等のオキシ酸エステル類トリオクタン酸グリセリルトリオレイン酸グリセリル、トリイソステアリン酸グリセリルジイソステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸カプリン酸)グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、水添ロジントリグリセリド(水素添加エステルガム)、ロジントリグリセリド(エステルガム)、ベヘン酸エイコサン二酸グリセリル、トリオクタン酸トリメチロールプロパン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ジオクタン酸ネオペンチルグリコールジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジオクタン酸2−ブチル−2−エチル−1,3−プロパンジオール、ジオレインプロピレングリコールテトラオクタン酸ペンタエリスリチル水素添加ロジンペンタエリスリチル、トリエチルヘキサン酸ジトリメチロールプロパン、(イソステアリン酸/セバシン酸ジトリメチロールプロパントリエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸ジペンタエリスリチルジイソステアリン酸ジグリセリル、テトライソステアリン酸ポリグリセリルノナイソステアリン酸ポリグリセリル−10、デカ(エルカ酸/イソステアリン酸/リシノレイン酸)ポリグリセリル−8、(ヘキシルデカン酸/セバシン酸)ジグリセリルオリゴエステルジステアリン酸グリコールジステアリン酸エチレングリコール)等の多価アルコール脂肪酸エステル類;ダイマージリノール酸ジイソプロピル、ダイマージリノール酸ジイソステアリル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ジイソステアリン酸ダイマージリノレイル、ダイマージリノレイル水添ロジン縮合物、ダイマージリノール酸硬化ヒマシ油ヒドロキシアルキルダイマージリノレイルエーテル等のダイマー酸若しくはダイマージオールの誘導体;ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドコカミドMEA)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)、ラウリン酸モノエタノールアミド(ラウラミドMEA)、ラウリン酸ジエタノールアミド(ラウラミドDEA)、ラウリン酸モノイソプロパノールアミド(ラウラミドMIPA)、パルミチン酸モノエタノールアミド(パルタミドMEA)、パルミチン酸ジエタノールアミド(パルタミドDEA)、ヤシ油脂肪酸メチルエタノールアミド(コカミドメチルMEA)等の脂肪酸アルカノールアミド類ジメチコンジメチルポリシロキサン)、高重合ジメチコン(高重合ジメチルポリシロキサン)、シクロメチコン環状ジメチルシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサン)、フェニルトリメチコンジフェニルジメチコンフェニルジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマージメチコノール、ジメチコノールクロスポリマー、シリコーン樹脂、シリコーンゴムアミノプロピルジメチコン及びアモジメチコン等のアミノ変性シリコーンカチオン変性シリコーンジメチコンコポリオール等のポリエーテル変性シリコーンポリグリセリン変性シリコーン糖変性シリコーンカルボン酸変性シリコーンリン酸変性シリコーン、硫酸変性シリコーン、アルキル変性シリコーン脂肪酸変性シリコーン、アルキルエーテル変性シリコーン、アミノ酸変性シリコーン、ペプチド変性シリコーン、フッ素変性シリコーンカチオン変性及びポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性及びポリエーテル変性シリコーン、アルキル変性及びポリエーテル変性シリコーン、ポリシロキサン・オキシアルキレン共重合体等のシリコーン類パーフルオロデカンパーフルオロオクタンパーフルオロポリエーテル等のフッ素系油剤類であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項22

保湿剤・感触向上剤が、水(水としては、常水精製水の他、硬水軟水天然水海洋深層水温泉水電解アルカリイオン水電解酸性イオン水イオン水クラスター水を含む)、グリセリン、1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール、3−メチル−1,3−ブタンジオール、1,3−プロパンジオール、2−メチル−1,3−プロパンジオール、トリメチロールプロパン、ペンタエリスリトールヘキシレングリコールジグリセリンポリグリセリンジエチレングリコール、ポリエチレングリコール、ジプロピレングリコールポリプロピレングリコールエチレングリコール・プロピレングリコール共重合体等のポリオール類及びその重合体;ジエチレングリコールモノエチルエーテルエトキシジグリコール)、エチレングリコールモノエチルエーテルエチレングリコールモノブチルエーテルジエチレングリコールジブチルエーテル等のグリコールアルキルエーテル類;ソルビトール、キシリトール、エリスリトール、マンニトール、マルチトール等の糖アルコール類;グルコース、フルクトース、ガラクトース、マンノース、トレオース、キシロース、アラビノース、フコース、リボース、デオキシリボース、マルトース、トレハロース、ラクトース、ラフィノース、グルコン酸グルクロン酸シクロデキストリン類(α−、β−、γ−シクロデキストリン、又は/及び、マルトシル化、ヒドロキシアルキル化等の修飾シクロデキストリン)、β−グルカン、キチン、キトサン、ヘパリン及び誘導体、ペクチン、アラビノガラクタン、デキストリン、デキストラン、グリコーゲン、エチルグルコシドメタクリル酸グルコシルエチル重合物若しくは共重合物等の糖類及びその誘導体類;ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウムコンドロイチン硫酸ナトリウムムコイチン硫酸、カロニン硫酸、ケラト硫酸、デルマタン硫酸;シロキクラゲ抽出物シロキクラゲ多糖体フコイダンチューベロー多糖体天然由来多糖体;クエン酸、酒石酸乳酸等の有機酸及びその塩;尿素;2−ピロリドン−5−カルボン酸及びそのナトリウム等の塩;ベタイン(トリメチルグリシン)、プロリン、ヒドロキシプロリン、アルギニン、リジン、セリン、グリシン、アラニン、フェニルアラニン、チロシン、β−アラニン、スレオニングルタミン酸、グルタミン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、シスチン、メチオニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、トリプトファン、ヒスチジン、タウリン等のアミノ酸類及びその塩;コラーゲン、魚由来コラーゲンアテロコラーゲン、ゼラチン、エラスチンコラーゲン分解ペプチド加水分解コラーゲン塩化ヒドロキシプロピルアンモニウム加水分解コラーゲン、エラスチン分解ペプチド、ケラチン分解ペプチド加水分解ケラチンコンキオリン分解ペプチド、加水分解コンキオリンシルク蛋白分解ペプチド、加水分解シルク、ラウロイル加水分解シルクナトリウム、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、大豆蛋白分解ペプチド、小麦蛋白分解ペプチド、加水分解小麦蛋白、加水分解卵殻膜カゼイン分解ペプチドアシル化ペプチド等の蛋白ペプチド類及びその誘導体;パルミトイルオリゴペプチドパルミトイルペンタペプチド、パルミトイルテトラペプチド等のアシル化ペプチド類;シリル化ペプチド類;乳酸菌培養液酵母抽出液卵殻膜タンパク、牛顎下腺ムチン、ヒポタウリンゴマリグナン配糖体グルタチオン、アルブミン、乳清塩化コリンホスホリルコリン;胎盤抽出液、エラスチン、コラーゲン、ラクトフェリンアロエ抽出物、ハマメリス水、ヘチマ水、カモミラエキス、カンゾウエキス、コンフリーエキス、シルクエキスイザヨイバラエキス、セイヨウノコギリソウエキスユーカリエキスメリロートエキス等の動物・植物抽出成分、天然型セラミド(タイプ1、2、3、4、5、6)、ヒドロキシセラミド、疑似セラミド、スフィンゴ糖脂質、セラミド及び糖セラミド含有エキス等のセラミド類であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項23

界面活性剤が、ラウリン酸カリウムミリスチン酸カリウム等の脂肪酸塩ラウリル硫酸ナトリウムラウリル硫酸トリエタノールアミン、ラウリル硫酸アンモニウム等のアルキル硫酸エステル塩ラウレス硫酸ナトリウムラウレス硫酸トリエタノールアミン等のポリオキシエチレンアルキル硫酸塩;ココイルメチルタウリンナトリウム、ココイルメチルタウリンカリウム、ラウロイルメチルタウリンナトリウム、ミリストイルメチルタウリンナトリウム、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、ラウロイルサルコシンナトリウムラウロイルサルコシントリエタノールアミン、ラウロイルグルタミン酸メチルアラニンナトリウム等のアシルN−メチルアミノ酸塩;ココイルグルタミン酸ナトリウム、ココイルグルタミン酸トリエタノールアミン、ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ミリストイルグルタミン酸ナトリウムステアロイルグルタミン酸ナトリウム、パルミトイルアスパラギン酸ジトリエタノールアミン、ココイルアラニントリエタノールアミン等のアシルアミノ酸塩;ラウレス酢酸ナトリウム等のポリオキシエチレンアルキルエーテル酢酸塩;ラウロイルモノエタノールアミドコハク酸ナトリウム等のコハク酸エステル塩;脂肪酸アルカノールアミドエーテルカルボン酸塩アシル乳酸塩ポリオキシエチレン脂肪アミン硫酸塩;脂肪酸アルカノールアミド硫酸塩;硬化ヤシ油脂肪酸グリセリン硫酸ナトリウム等の脂肪酸グリセリド硫酸塩;アルキルベンゼンポリオキシエチレン硫酸塩;α−オレフィンスルホン酸ナトリウム等のオレフィンスルホン酸塩スルホコハク酸ラウリル2ナトリウム、スルホコハク酸ジオクチルナトリウム等のアルキルスルホコハク酸塩;スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム、モノラウロイルモノエタノールアミドポリオキシエチレンスルホコハク酸ナトリウム、ラウリルポリプロピレングリコールスルホコハク酸ナトリウム等のアルキルエーテルスルホコハク酸塩;テトラデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム、テトラデシルベンゼンスルホン酸トリエタノールアミン等のアルキルベンゼンスルホン酸塩アルキルナフタレンスルホン酸塩アルカンスルホン酸塩;α−スルホ脂肪酸メチルエステル塩;アシルイセチオン酸塩アルキルグリシジルエーテルスルホン酸塩アルキルスルホ酢酸塩;ラウレスリン酸ナトリウム、ジラウレスリン酸ナトリウム、トリラウレスリン酸ナトリウム、モノオレスリン酸ナトリウム等のアルキルエーテルリン酸エステル塩;ラウリルリン酸カリウム等のアルキルリン酸エステル塩;カゼインナトリウムアルキルアリールエーテルリン酸塩脂肪酸アミドエーテルリン酸塩;ホスファチジルグリセロール、ホスファチジルイノシトール、ホスファチジン酸等のリン脂質類;カルボン酸変性シリコーン、リン酸変性シリコーン、硫酸変性シリコーン等のシリコーン系陰イオン性界面活性剤等の陰イオン界面活性剤;ラウレス(ポリオキシエチレンラウリルエーテル)類、セテス(ポリオキシエチレンセチルエーテル)類、ステアレス(ポリオキシエチレンステアリルエーテル)類、ベヘネス類(ポリオキシエチレンベヘニルエーテル)、イソステアレス(ポリオキシエチレンイソステアリルエーテル)類、オクチルドデセス(ポリオキシエチレンオクチルドデシルエーテル)類等の種々のポリオキシエチレン付加数ポリオキシエチレンアルキルエーテル類;ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルポリオキシエチレン硬化ヒマシ油ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油モノイソステアレート、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油トリイソステアレート、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油モノピログルタミン酸モノイソステアリン酸ジエステル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油マレイン酸等のヒマシ油及び硬化ヒマシ油誘導体ポリオキシエチレンフィトステロール;ポリオキシエチレンコレステロール;ポリオキシエチレンコレスタノール;ポリオキシエチレンラノリン;ポリオキシエチレン還元ラノリン;ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンセチルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン2−デシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンモノブチルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン水添ラノリン、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレングリセリンエーテル等のポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンアルキルエーテル;ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレングリコール;PPG−9ジグリセリル等の(ポリ)グリセリンポリオキシプロピレングリコール;ステアリン酸グリセリルイソステアリン酸グリセリル、パルミチン酸グリセリル、ミリスチン酸グリセリル、オレイン酸グリセリル、ヤシ油脂肪酸グリセリル、モノ綿実油脂肪酸グリセリン、モノエルカ酸グリセリン、セスキオレイン酸グリセリン、α,α’−オレイン酸ピログルタミン酸グリセリン、モノステアリン酸グリセリンリンゴ酸等のグリセリン脂肪酸部分エステル類;ステアリン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジステアリン酸ポリグリセリル−6、同10、トリステアリン酸ポリグリセリル−2、デカステアリン酸ポリグリセリル−10、イソステアリン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−2(ジイソステアリン酸ジグリセリル)、同3、同10、トリイソステアリン酸ポリグリセリル−2、テトライソステアリン酸ポリグリセリル−2、デカイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オレイン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジオレイン酸ポリグリセリル−6、トリオレイン酸ポリグリセリル−2、デカオレイン酸ポリグリセリル−10等のポリグリセリン脂肪酸エステル;モノステアリン酸エチレングリコール等のエチレングリコールモノ脂肪酸エステル;モノステアリン酸プロピレングリコール等のプロピレングリコールモノ脂肪酸エステル;ペンタエリスリトール部分脂肪酸エステル;ソルビトール部分脂肪酸エステル;マルチトール部分脂肪酸エステル;マルチトールエーテル;ソルビタンモノオレエートソルビタンモノイソステアレート、ソルビタンモノラウレートソルビタンモノパルミテートソルビタンモノステアレート、ソルビタンセスキオレエートソルビタントリオレエートペンタ−2−エチルヘキシルジグリセロールソルビタン、テトラ−2−エチルヘキシル酸ジグリセロールソルビタン等のソルビタン脂肪酸エステル;ショ糖脂肪酸エステル、メチルグルコシド脂肪酸エステル、ウンデシレン酸トレハロース等の糖誘導体部分エステル;カプリリルグルコシド等のアルキルグルコシドアルキルポリグリコシド;ラノリンアルコール;還元ラノリン;ポリオキシエチレンジステアレート、ポリチレングリコールジイソステアレート、ポリオキシエチレンモノオレエート、ポリオキシエチレンジオレエート等のポリオキシエチレン脂肪酸モノ及びジエステル;ポリオキシエチレン・プロピレングリコール脂肪酸エステルポリオキシエチレングリセリンモノステアレート、ポリオキシエチレングリセリンモノイソステアレート、ポリオキシエチレングリセリントリイソステアレート等のポリオキシエチレンモノオレエート等のポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアレートポリオキシエチレンソルビタンモノオレート、ポリオキシエチレンソルビタンテトラオレエート等のポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビトールモノラウレート、ポリオキシエチレンソルビトールモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビトールペンタオレエート、ポリオキシエチレンソルビトールモノステアレート等のポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸エステルポリオキシエチレンメチルグルコシド脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンアルキルエーテル脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビトールミツロウ等のポリオキシエチレン動植物油脂類;イソステアリルグリセリルエーテル、キミルアルコール、セラキルアルコール、バチルアルコール等のアルキルグリセリルエーテル類多価アルコールアルキルエーテルポリオキシエチレンアルキルアミン;テトラポリオキシエチレン・テトラポリオキシプロピレン−エチレンジアミン縮合物類;サポニンソホロリピッド等の天然系界面活性剤;ポリオキシエチレン脂肪酸アミド;ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド(コカミドMEA)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)、ラウリン酸モノエタノールアミド(ラウラミドMEA)、ラウリン酸ジエタノールアミド(ラウラミドDEA)、ラウリン酸モノイソプロパノールアミド(ラウラミドMIPA)、パルミチン酸モノエタノールアミド(パルタミドMEA)、パルミチン酸ジエタノールアミド(パルタミドDEA)、ヤシ油脂肪酸メチルエタノールアミド(コカミドメチルMEA)等の脂肪酸アルカノールアミド類;ラウラミンオキシドコカミンオキシド、ステアラミンオキシド、ベヘナミンオキシド等のアルキルジメチルアミンオキシド;アルキルエトキシジメチルアミンオキシド;ポリオキシエチレンアルキルメルカプタン;ジメチコンコポリオール等のポリエーテル変性シリコーン、ポリシロキサン・オキシアルキレン共重合体、ポリグリセリン変性シリコーン、糖変性シリコーン等のシリコーン系非イオン性界面活性剤等の非イオン界面活性剤陽イオン性界面活性剤では、ベヘントリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、ラウリルトリモニウムクロリド等のアルキルトリメチルアンモニウムクロリドステアリルトリモニウムブロミド等のアルキルトリメチルアンモニウムブロミドジステアリルジモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド等のジアルキルジメチルアンモニウムクロリドステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアラミドエチルジエチルアミン等の脂肪酸アミドアミン及びその塩;ステアロキシプロピルジメチルアミン等のアルキルエーテルアミン及びその塩又は四級塩;エチル硫酸長鎖分岐脂肪酸(12〜31)アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム等の脂肪酸アミド型四級アンモニウム塩;ポリオキシエチレンアルキルアミン及びその塩又は四級塩;アルキルアミン塩;脂肪酸アミドグアニジウム塩;アルキルエーテルアミンモニウム塩;アルキルトリアルキレングリコールアンモニウム塩ベンザルコニウム塩;ベンゼトニウム塩塩化セチルピリジニウム等のピリジニウム塩イミダゾリニウム塩;アルキルイソキノリニウム塩;ジアルキルモリホニウム塩;ポリアミン脂肪酸誘導体;アミノプロピルジメチコン及びアモジメチコン等のアミノ変性シリコーン、カチオン変性シリコーン、カチオン変性及びポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性及びポリエーテル変性シリコーン等のシリコーン系陽イオン性界面活性剤等;ラウリルベタインラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン)等のN−アルキル−N,N−ジメチルアミノ酸ベタイン;コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン等の脂肪酸アミドアルキル−N,N−ジメチルアミノ酸ベタイン;ココアンホ酢酸ナトリウム、ラウロアンホ酢酸ナトリウム等のイミダゾリン型ベタイン;アルキルジメチルタウリン等のアルキルスルホベタイン;アルキルジメチルアミノエタノール硫酸エステル等の硫酸型ベタイン;アルキルジメチルアミノエタノールリン酸エステル等のリン酸型ベタイン;ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルセリン、スフィンゴミエリン等のスフィンゴリン脂質、リゾレシチン、水素添加大豆リン脂質、部分水素添加大豆リン脂質、水素添加卵黄リン脂質、部分水素添加卵黄リン脂質、水酸化レシチン等のリン脂質類;シリコーン系両性界面活性剤等の両性界面活性剤;ポリビニルアルコール、アルギン酸ナトリウム、デンプン誘導体トラガントガム、アクリル酸・メタアクリル酸アルキル共重合体;シリコーン系各種界面活性剤等の高分子界面活性剤であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項24

高分子・増粘・ゲル化剤が、グアーガム、ローカストビーンガム、クィーンスシード、カラギーナン、ガラクタンアラビアガム、タラガム、タマリンド、ファーセレラン、カラヤガム、トロロアオイ、キャラガム、トラガントガム、ペクチン、ペクチン酸及びナトリウム塩等の塩、アルギン酸酸及びナトリウム塩等の塩、マンナン;コメ、トウモロコシ、バレイショ、コムギ等のデンプン;キサンタンガム、デキストラン、サクシノグルカン、カードラン、ヒアルロン酸及びその塩、ザンサンガム、プルラン、ジェランガム、キチン、キトサン、寒天、カッソウエキスコンドロイチン硫酸塩、カゼイン、コラーゲン、ゼラチン、アルブミン;メチルセルロース、エチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、セチルヒドロキシエチルセルロース、カルボキシメチルセルロース及びそのナトリウム等の塩、メチルヒドロキシプロピルセルロース、セルロース硫酸ナトリウム、ジアルキルジメチルアンモニウム硫酸セルロース、結晶セルロース、セルロース末等のセルロース及びその誘導体;可溶性デンプンカルボキシメチルデンプンメチルヒドロキシプロピルデンプン、メチルデンプン等のデンプン系高分子、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンアルミニウム等のデンプン誘導体;アルギン酸ナトリウム、アルギン酸プロピレングリコールエステルアルギン酸誘導体;ポリビニルピドリドンPVP)、ポリビニルアルコール(PVA)、ビニルピドリドン・ビニルアルコール共重合体、ポリビニルメチルエーテル;ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン共重合体;(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタインメタクリル酸アルキル)コポリマー、(アクリレーツアクリル酸ステアリルメタクリル酸エチルアミンオキシド)コポリマー等の両性メタクリル酸エステル共重合体;(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(アクリル酸アルキルジアセトンアクリルアミド)コポリマー、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPポリ酢酸ビニル部分けん化物マレイン酸共重合体ビニルピロリドン・メタクリル酸ジアルキルアミノアルキル共重合体;アクリル樹脂アルカノールアミン;ポリエステル、水分散性ポリエステル;ポリアクリルアミド;ポリアクリル酸エチル等のポリアクリル酸エステル共重合体、カルボキシビニルポリマー、ポリアクリル酸及びそのナトリウム塩等の塩、アクリル酸・メタアクリル酸エステル共重合体;アクリル酸・メタアクリル酸アルキル共重合体;ポリクオタニウム−10等のカチオン化セルロース、ポリクオタニウム−7等のジアリルジメチルアンモニウムクロリドアクリルアミド共重合体、ポリクオタニウム−22等のアクリル酸・ジアリルジメチルアンモニウムクロリド共重合体、ポリクオタニウム−39等のアクリル酸・ジアリルジメチルアンモニウムクロリド・アクリルアミド共重合体、アクリル酸・カチオン化メタアクリル酸エステル共重合体、アクリル酸・カチオン化メタアクリル酸アミド共重合体、ポリクオタニウム−47等のアクリル酸・アクリル酸メチル・塩化メタクリルアミドプロピルトリメチルアンモニウム共重合体、塩化メタクリル酸コリンエステル重合体カチオン化オリゴ糖、カチオン化デキストラン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド等のカチオン化多糖類;ポリエチレンイミン;カチオンポリマー;ポリクオタニウム−51等の2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンの重合体及びメタクリル酸ブチル共重合体等との共重合体;アクリル樹脂エマルジョン、ポリアクリル酸エチルエマルジョンポリアクリルアルキルエステルエマルジョン、ポリ酢酸ビニル樹脂エマルジョン、天然ゴムラテックス合成ラテックス等の高分子エマルジョン;ニトロセルロース;ポリウレタン類及び各種共重合体;各種シリコーン類;アクリルシリコーングラフト共重合体等のシリコーン系各種共重合体;各種フッ素系高分子;12−ヒドロキシステアリン酸及びその塩;パルミチン酸デキストリンミリスチン酸デキストリン等のデキストリン脂肪酸エステル;無水ケイ酸、煙霧状シリカ超微粒子無水ケイ酸)、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸ナトリウムマグネシウム、金属石鹸ジアルキルリン酸金属塩、ベントナイト、ヘクトライト、有機変性粘土鉱物、ショ糖脂肪酸エステル、フラクトオリゴ糖脂肪酸エステルであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項25

溶剤・噴射剤が、エタノール、2−プロパノールイソプロピルアルコール)、ブタノールイソブチルアルコール、グリセリン等の低級アルコール類;プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、イソペンチルジオール等のグリコール類;ジエチレングリコールモノエチルエーテル(エトキシジグリコール)、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテルジエチレングリコールジエチルエーテル、ジエチレングリコールジブチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテルジプロピレングリコールモノエチルエーテル等のグリコールエーテル類エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートジエチレングリコールモノエチルエーテルアセテートプロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート等のグリコールエーテルエステル類;コハク酸ジエトキシエチル、エチレングリコールジサクシネート等のグリコールエステル類;ベンジルアルコール、ベンジルオキシエタノール炭酸プロピレン炭酸ジアルキルアセトン酢酸エチル、N−メチルピロリドントルエンフルオロカーボン、次世代フロンLPGジメチルエーテル炭酸ガスであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項26

酸化防止剤・還元剤・酸化剤が、トコフェロールビタミンE)、酢酸トコフェロール等のトコフェロール誘導体;BHT、BHA没食子酸プロピル等の没食子酸誘導体;ビタミンC(アスコルビン酸)及び/又はその誘導体;エリソルビン酸及びその誘導体;亜硫酸ナトリウム等の亜硫酸塩亜硫酸水素ナトリウム等の亜硫酸水素塩チオ硫酸ナトリウム等のチオ硫酸塩;メタ亜硫酸水素塩;チオタウリン、ヒポタウリン;チオグリセロールチオ尿素チオグリコール酸システイン塩酸塩、チオグリコール酸、システイン、システアミン過酸化水素水過硫酸アンモニウム臭素酸ナトリウム、過炭酸であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項27

防腐剤・抗菌剤・キレート剤が、メチルパラベンエチルパラベンプロピルパラベン、ブチルパラベン等のヒドロキシ安息香酸及びその塩若しくはそのエステル;サリチル酸;安息香酸ナトリウム;フェノキシエタノール;1,2−ペンタンジオール、1,2−ヘキサンジオール等の1,2−ジオール;メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン等のイソチアゾリンオン誘導体イミダゾリニウムウレアデヒドロ酢酸及びその塩;フェノール類トリクロサン等のハロゲン化ビスフェノール類、酸アミド類、四級アンモニウム塩類;トリクロロカルバニド、ジンクピリチオン塩化ベンザルコニウム塩化ベンゼトニウムソルビン酸クロルヘキシジングルコン酸クロルヘキシジン、ハロカルバン、ヘキサクロロフェンヒノキチオールフェノールイソプロピルフェノールクレゾールチモールパラクロロフェノールフェニルフェノール、フェニルフェノールナトリウム等のその他フェノール類;フェニルエチルアルコール感光素類、抗菌性ゼオライト銀イオンEDTA、EDTA2Na、EDTA3Na、EDTA4Na等のエデト酸塩エチレンジアミン四酢酸塩);HEDTA3Na等のヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸塩ペンテト酸塩(ジエチレントリアミン五酢酸塩);フィチン酸エチドロン酸等のホスホン酸及びそのナトリウム塩等の塩類;シュウ酸ナトリウムポリアスパラギン酸ポリグルタミン酸等のポリポリアミノ酸類;ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウム、リン酸;クエン酸ナトリウム、クエン酸、アラニン、ジヒドロキシエチルグリシン、グルコン酸、アスコルビン酸、コハク酸、酒石酸であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項28

pH調整剤・酸・アルカリが、水酸化ナトリウム水酸化カリウム水酸化カルシウム水酸化マグネシウム、2−アミノ−2−メチル−1,3ープロパンジオール、2−アミノ−2−ヒドロキシメチル−1,3ープロパンジオール、炭酸グアニジン炭酸アンモニウムアンモニアアンモニア水、トリエタノールアミン、ジメチルアミン、ジエチルアミントリメチルアミントリエチルアミントリイソプロパノールアミンリン酸三ナトリウムリン酸水素二ナトリウムリン酸水素二カリウムモノエタノールアミンジエタノールアミン、トリエタノールアミン、トリイソプロパノールアミン、イソプロパノールアミンジイソプロパノールアミン、ポリエタノールアミン等のアルカリ金属水酸化物アルカリ土類金属水酸化物、第1級、第2級もしくは第3級のアルキルアミン、又は第1級、第2級、第3級のアルカノールアミン等のアルカリ、クエン酸、酒石酸、乳酸、グリコール酸塩酸硝酸、クエン酸ナトリウム、乳酸ナトリウム、コハク酸、酢酸、酢酸ナトリウム、フマル酸、硫酸、リンゴ酸、リン酸等の酸、アルギン酸、ポリグルタミン酸、ポリアスパラギン酸、デンプン−アクリル酸グラフト重合体、ポリアクリル酸、ポリビニルアセテート−クロトン酸共重合体、酢酸ビニル−(メタ)アクリル酸共重合体、酢酸ビニル−クロトン酸共重合体、ポリビニルスルホン酸ポリイタコン酸、スチレン−マレイン酸無水物共重合体、アクリルアミド−アクリル酸共重合体等の酸性又はアルカリ性を示す高分子であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項29

粉体・無機塩が、マイカ、タルク、カオリン、セリサイトモンモリロナイトカオリナイト、雲母、白雲母、金雲母、合成雲母、紅雲母、黒雲母、パーミキュライト、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸ストロンチウムタングステン酸金属塩、マグネシウム、ゼオライト、硫酸バリウム焼成硫酸カルシウム、リン酸カルシウム、弗素アパタイトヒドロキシアパタイトセラミックパウダー、ベントナイト、スメクタイト粘土、金属石鹸(例えば、ミリスチン酸亜鉛、パルミチン酸カルシウムステアリン酸アルミニウム)、炭酸カルシウム、ベンガラ、黄酸化鉄、黒酸化鉄、群青紺青、カーボンブラック、酸化チタン、微粒子及び超微粒子酸化チタン、酸化亜鉛、微粒子及び超微粒子酸化亜鉛、アルミナ、シリカ、煙霧状シリカ(超微粒子無水ケイ酸)、雲母チタン、魚鱗箔、窒化ホウ素ホトクロミック顔料、合成フッ素金雲母、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、微粒子複合粉体、金、アルミニウム等の各種の大きさ・形状の無機粉体、又はこれら無機粉体の着色剤(酸化鉄被覆雲母チタン、酸化クロム被覆雲母チタン、コンジョウ被覆雲母チタン、カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン、グンジョウ被覆雲母チタン等)及び、これらをハイドロジェンシリコーン、環状ハイドロジェンシリコーン等のシリコーン若しくはその他のシラン若しくはチタンカップリング剤等の各種表面処理剤で処理を行って疎水化若しくは親水化した粉体等の無機粉体;デンプン、セルロース、ナイロンパウダー、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチル末、ポリスチレン末、スチレンとアクリル酸の共重合体樹脂粉末、ポリエステル末、ベンゾグアナミン樹脂粉末、ポリエチレンテレフタレートポリメチルメタクリレート積層末、ポリエチレンテレフタレート・アルミニウム・エポキシ積層末等、ウレタン粉末シリコーン粉末テフロン登録商標)粉末等の各種の大きさ・形状の有機系粉体及び表面処理粉体有機無機複合粉体食塩、並塩、岩塩海塩天然塩等の塩化ナトリウム含有塩類;塩化カリウム、塩化アルミニウム塩化カルシウム、塩化マグネシウム、にがり塩化亜鉛、塩化アンモニウム;硫酸ナトリウム、硫酸アルミニウム、硫酸アルミニウム・カリウム(ミョウバン)、硫酸アルミニウム・アンモニウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸カリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛硫酸鉄、硫酸銅;リン酸1Na・2Na・3Na等のリン酸ナトリウム類、リン酸カリウム類、リン酸カルシウム類リン酸マグネシウム類であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項30

紫外線吸収剤が、パラアミノ安息香酸、パラアミノ安息香酸モノグリセリンエステル、N,N−ジプロポキシパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジエトキシパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸ブチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸エチルエステル等の安息香酸系紫外線吸収剤;ホモメンチル−N−アセチルアントラニレート等のアントラニル酸系紫外線吸収剤;サリチル酸及びそのナトリウム塩、アミルサリシレート、メンチルサリシレート、ホモメンチルサリシレート、オクチルサリシレート、フェニルサリシレート、ベンジルサリシレート、p−イソプロパノールフェニルサリシレート等のサリチル酸系紫外線吸収剤;オクチルシンナメート、エチル−4−イソプロピルシンナメート、メチル−2,5−ジイソプロピルシンナメート、エチル−2,4−ジイソプロピルシンナメート、メチル−2,4−ジイソプロピルシンナメート、プロピル−p−メトキシシンナメート、イソプロピル−p−メトキシシンナメート、イソアミル−p−メトキシシンナメート、2−エチルヘキシルp−メトキシシンナメート(パラメトキシケイヒ酸オクチル)、2−エトキシエチル−p−メトキシシンナメート(シノキサート)、シクロヘキシル-p-メトキシシンナメート、エチル−α−シアノ−β−フェニルシンナメート、2−エチルヘキシルα−シアノ−β−フェニルシンナメート(オクトクリン)、グリセリルモノ−2−エチルヘキサノイル−ジパラメトキシシンナメート、フェルラ酸及びその誘導体等の桂皮酸系紫外線吸収剤;2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2’−ジヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2,2’−ジヒドロキシ−4,4’−ジメトキシベンゾフェノン、2,2’,4,4’−テトラヒドロキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4− メトキシベンゾフェノン(オキシベンゾン−3)、2−ヒドロキシ−4−メトキシ−4’−メチルベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−スルホン酸塩、4−フェニルベンゾフェノン、2−エチルヘキシル−4’−フェニル−ベンゾフェノン−2−カルボキシレート、2−ヒドロキシ−4−n−オクトキシベンゾフェノン、4−ヒドロキシ−3−カルボキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系紫外線吸収剤;3−(4’−メチルベンジリデン)−d,l−カンファー、3−ベンジリデン−d,l−カンファー;2−フェニル−5−メチルベンゾキサゾール;2,2’−ヒドロキシ−5−メチルフェニルベンゾトリアゾール;2−(2’−ヒドロキシ−5’−t−オクチルフェニル)ベンゾトリアゾール;2−(2’−ヒドロキシ−5’−メチルフェニルベンゾトリアゾール;ジベンザラジン;ジアニイルメタン;5−(3,3−ジメチル−2−ノルボルニリデン)−3−ペンタン−2−オン;4−t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン等のジベンゾイルメタン誘導体オクチルトリアゾンウロカニン酸及びウロカニン酸エチル等のウロカニン酸誘導体;2−(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、1−(3,4−ジメトキシフェニル)−4,4−ジメチル−1,3−ペンタンジオンジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸2−エチルヘキシル等のヒダントイン誘導体、フェニルベンズイミダソゾールスルホン酸テレフタリリデンカンフルスルホン酸、ドロメトリゾールトリシロキサンアントラニル酸メチルルチン及びその誘導体、オリザノール及びその誘導体ト、モンモリロナイト、カオリナイト、雲母、白雲母、金雲母、合成雲母、紅雲母、黒雲母、パーミキュライト、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸ストロンチウム、タングステン酸金属塩、マグネシウム、ゼオライト、硫酸バリウム、焼成硫酸カルシウム、リン酸カルシウム、弗素アパタイト、ヒドロキシアパタイト、セラミックパウダー、ベントナイト、スメクタイト、粘土、泥、金属石鹸(例えば、ミリスチン酸亜鉛、パルミチン酸カルシウム、ステアリン酸アルミニウム)、炭酸カルシウム、ベンガラ、黄酸化鉄、黒酸化鉄、群青、紺青、カーボンブラック、酸化チタン、微粒子及び超微粒子酸化チタン、酸化亜鉛、微粒子及び超微粒子酸化亜鉛、アルミナ、シリカ、煙霧状シリカ(超微粒子無水ケイ酸)、雲母チタン、魚鱗箔、窒化ホウ素、ホトクロミック顔料、合成フッ素金雲母、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、微粒子複合粉体、金、アルミニウム等の各種の大きさ・形状の無機粉体、及び、これらをハイドロジェンシリコーン、環状ハイドロジェンシリコーン等のシリコーン若しくはその他のシラン若しくはチタンカップリング剤等の各種表面処理剤で処理を行って疎水化若しくは親水化した粉体等の無機粉体;デンプン、セルロース、ナイロンパウダー、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチル末、ポリスチレン末、スチレンとアクリル酸の共重合体樹脂粉末、ポリエステル末、ベンゾグアナミン樹脂粉末、ポリエチレンテレフタレート・ポリメチルメタクリレート積層末、ポリエチレンテレフタレート・アルミニウム・エポキシ積層末等、ウレタン粉末、シリコーン粉末、テフロン(登録商標)粉末等の各種の大きさ・形状の有機系粉体及び表面処理粉体、有機無機複合粉体;食塩、並塩、岩塩、海塩、天然塩等の塩化ナトリウム含有塩類;塩化カリウム、塩化アルミニウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、にがり、塩化亜鉛、塩化アンモニウム;硫酸ナトリウム、硫酸アルミニウム、硫酸アルミニウム・カリウム(ミョウバン)、硫酸アルミニウム・アンモニウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸カリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅;リン酸1Na・2Na・3Na等のリン酸ナトリウム類、リン酸カリウム類、リン酸カルシウム類、リン酸マグネシウム類、グアイアズレンシコニンバイカリンバイカレインベルベリンオウゴンオウバク、セイヨウノコギリソウ、アロエ、ビロウドアオイ、ゴボウ、サルビア、セイヨウトチノキ、ベニバナ、コメ糠等の植物エキスであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項31

美白剤が、アルブチン、α−アルブチン等のヒドロキノン配糖体及びそのエステル類;アスコルビン酸、アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム塩及びアスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム塩等のアスコルビン酸リン酸エステル塩、アスコルビン酸テトライソパルミチン酸エステル等のアスコルビン酸脂肪酸エステルアスコルビン酸エチルエーテル等のアスコルビン酸アルキルエーテル、アスコルビン酸−2−グルコシド等のアスコルビン酸グルコシド及びその脂肪酸エステル類アスコルビン酸硫酸エステルリン酸トコフェリルアスコルビル等のアスコルビン酸誘導体コウジ酸エラグ酸トラネキサム酸及びその誘導体、フェルラ酸及びその誘導体、プラセンタエキス、グルタチオン、オリザノール、ブチルレゾルシノール油溶性カモミラ、油溶性カンゾウ、オウレン、オウゴン、オトギリソウ、オドリコソウ、葛根、カミツレ、カモミラ、甘草、ゲンノショウ、コメ糠、西河柳、サイシン、シャクヤク、チョウセンアザミ、トウキンセンカ、ノイバラ果実、ハマメリス、牡丹皮、ユキノシタ、ワイルドタイム等の植物エキス、ローヤルゼリーローヤルゼリーエキスであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項32

ビタミン類及びその誘導体類が、レチノール酢酸レチノールパルミチン酸レチノール等のビタミンA類チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩、リボフラビン、酢酸リボフラビン、塩酸ピリドキシンピリドキシンジオクタノエート、ピリドキシンジパルミテートフラビンアデニンジヌクレオチド、シアノコバラミン、葉酸類、ニコチン酸アミドニコチン酸ベンジル等のニコチン酸類コリン類等のビタミンB群類;アスコルビン酸及びそのナトリウム等の塩等のビタミンC類;ビタミンD;α、β、γ、δ−トコフェロール等のビタミンE類;パントテン酸、ビオチン等のその他ビタミン類;アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム塩及びアスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム塩等のアスコルビン酸リン酸エステル塩、アスコルビン酸テトライソパルミチン酸エステル・ステアリン酸アスコルビル・パルミチン酸アスコルビル・ジパルミチン酸アスコルビル等のアスコルビン酸脂肪酸エステル、アスコルビン酸エチルエーテル等のアスコルビン酸アルキルエーテル、アスコルビン酸−2−グルコシド等のアスコルビン酸グルコシド及びその脂肪酸エステル、リン酸トコフェリルアスコルビル等のアスコルビン酸誘導体;ニコチン酸トコフェロール、酢酸トコフェロール、リノール酸トコフェロール、フェルラ酸トコフェロール、トコフェロールリン酸エステル等のトコフェロール誘導体等のビタミン誘導体トコトリエノールであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項33

消炎剤、抗炎症剤、育毛用薬剤、血行促進剤、刺激剤、ホルモン類、抗しわ剤、抗老化剤、ひきしめ剤、冷感剤、温感剤、創傷治癒促進剤、刺激緩和剤、鎮痛剤、細胞賦活剤が、グリチルリチン酸及びその誘導体、グリチルレチン酸誘導体サリチル酸誘導体、ヒノキチオール、グアイアズレン、アラントイン、カラミン、インドメタシン、酸化亜鉛、塩化アルミニウム、酢酸ヒドロコーチゾンプレドニゾン、塩酸ジフドラミン、マレイン酸クロルフェニラミン;桃葉、蓬葉、シラカバ、センブリ、トウガラシチンキショウキョウチンキショウキョウエキスカンタリスチンキ等の植物エキス・チンキ類;カプサイシンノニルワレニルアミド、ジンゲロンイクタモールタンニン酸ボルネオールシクランデレートシンナリジントラゾリンアセチルコリンベラパミルセファランチン、γ−オリザノール、セファランチン、ビタミンE及びニコチン酸トコフェロール・酢酸トコフェロール等の誘導体、γ−オリザノール、ニコチン酸及びニコチン酸アミド・ニコチン酸ベンジルエステルイノシトールヘキサニコチネートニコチンアルコール等の誘導体、アラントイン、感光素301、感光素401、塩化カプロニウム、ペンタデカンモノグリセリドフラバノノール誘導体スチグマステロール又はスチグマスタノール及びその配糖体、ミノキシジルエストラジオールエストロンエチニルエストラジオールコルチゾンヒドロコルチゾン、プレドニゾン;レチノール類レチノイン酸類、レチノイン酸トコフェリル;乳酸、グリコール酸、グルコン酸、フルーツ酸、サリチル酸及びその配糖体・エステル化物等の誘導体、ヒドロキシカプリン酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等のα−又はβ−ヒドロキシ酸類及びその誘導体類;γ−アミノ酪酸、γ−アミノ−β−ヒドロキシ酪酸カルニチン;クレアチン;セラミド類、スフィンゴシン類カフェインキサンチン等及びその誘導体;コエンザイムQ10、カロチンリコピンアスタキサンチン等の抗酸化活性酸素消去剤カテキン類ケルセチン等のフラボン類イソフラボン類没食子酸及びエステル糖誘導体;タンニンセサミンプロトアントシアニジンクロロゲン酸リンゴポリフェノール等のポリフェノール類;ルチン及び配糖体等の誘導体;ヘスペリジン及び配糖体等の誘導体;リグナン配糖体グラブリジングラブレンリクイリチン、イソリクイリチン等のカンゾウエキス関連物質;ラクトフェリン;ショウガオールジンゲロールメントール、カンファー、セドロール等の香料物質及びその誘導体;カプサイシン、バニリン等及び誘導体;ジエチルトルアミド等の昆虫忌避剤生理活性物質とシクロデキストリン類との複合体であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項34

鎮痒剤、角質剥離剤、角質溶解剤、制汗剤、清涼剤、収れん剤、酵素、核酸が、塩酸ジフェンヒドラミン、マレイン酸クロルフェニラミン、カンファー、サブスタンス−P阻害剤;サリチル酸、イオウ、レゾルシン、硫化セレン、ピリドキシン;クロルヒドロキシアルミニウム、塩化アルミニウム、酸化亜鉛、パラフェノールスルホン酸亜鉛;メントール、サリチル酸メチル等;クエン酸、酒石酸、乳酸、硫酸アルミニウム・カリウム、タンニン酸;スーパーオキサイドディスムターゼ、カタラーゼ、塩化リゾチーム、リパーゼ、パパインパンクレアチン、プロテアーゼ;リボ核酸及びその塩、デオキシリボ核酸及びその塩、アデノシン三リン酸二ナトリウムであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項35

香料が、アセチルセドレン、アミルシンナムアルデヒドアリルアミルグリコレート、β−イオノン、イソイースーパーイソブチルキノリン、イリス油、イロンインドールイランイラン油ウンデカナールウンデセナールγ−ウンデカラクトン、エストラゴールオイゲノールオークモス、オポポナックスレジノイド、オレンジ油、オイゲノール、オーラチオール、ガラクソリッドカルバクロール、L−カルボン、カンファー、キャノンキャロットシード油、クローブ油、ケイヒ酸メチル、ゲラニオールゲラニルニトリル酢酸イソボルニル酢酸ゲラニル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、酢酸スチラリル、酢酸セドリル、酢酸テレネル、酢酸p-t-ブチルシクロヘキシル、酢酸ベチベリル、酢酸ベンジル酢酸リナリル、サリチル酸イソペンチル、サリチル酸ベンジルサンダルウッド油、サンタロールシクラメンアルデヒド、シクロペンタデカノリドジヒドロジャスモン酸メチルジヒドロミルセノール、ジャスミンアブソリュート、ジャスミンラクトン、cis-ジャスモンシトラール、シトロネノール、シトロネラールシナモンバーク油、1,8-シネオール、シンナムアルデヒド、スチラックスレジノイド、セダーウッド油、セドレン、セドロール、セロリシード油、タイム油ダマスコンダマセノン、チモール、チュベローズアブソリュート、デカナールデカラクトンテルピネオール、γ−テルピネントリプラール、ネロールノナナール、2,6-ノナジエノールノナラクトンパチョリアルコールバニラアブソリュート、バニリン、バジル油パチョリ油ヒドロキシシトロネラール、α−ピネン、ピペリトン、フェネチルアルコールフェニルアセトアルデヒドプチグレン油、ヘキシルシンナムアルデヒド、cis-3-ヘキセノールペルーバルサムベチバー油ベチベロールペパーミント油、ペパー油、ヘリオトロピンベルガモット油ベンジルベンゾエート、ボルネオール、ミルレジノイド、ムスクケトン、メチルノニルアセトアルデヒド、γ−メチルヨノン、メントール、L−メントール、L−メントンユーカリ油、β−ヨノン、ライム油ラベンダー油、D−リモネンリナロール、リラール、リリアール、レモン油ローズアブソリュート、ローズオキシドローズ油ローズマリー油、各種精油等の合成香料及び天然香料並びに各種調合香料であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項36

色素・着色剤・染料・顔料が、褐色201号、黒色401号、紫色201号、紫色401号、青色1号、青色2号、青色201号、青色202号、青色203号、青色204号、青色205号、青色403号、青色404号、緑色201号、緑色202号、緑色204号、緑色205号、緑色3号、緑色401号、緑色402号、赤色102号、赤色104−1号、赤色105−1号、赤色106号、赤色2号、赤色201号、赤色202号、赤色203号、赤色204号、赤色205号、赤色206号、赤色207号、赤色208号、赤色213号、赤色214号、赤色215号、赤色218号、赤色219号、赤色220号、赤色221号、赤色223号、赤色225号、赤色226号、赤色227号、赤色228号、赤色230−1号、赤色230−2号、赤色231号、赤色232号、赤色3号、赤色401号、赤色404号、赤色405号、赤色501号、赤色502号、赤色503号、赤色504号、赤色505号、赤色506号、橙色201号、橙色203号、橙色204号、橙色205号、橙色206号、橙色207号、橙色401号、橙色402号、橙色403号、黄色201号、黄色202−1号、黄色202−2号、黄色203号、黄色204号、黄色205号、黄色4号、黄色401号、黄色402号、黄色403−1号、黄色404号、黄色405号、黄色406号、黄色407号、黄色5号等の法定色素;Acid Red 14等のその他酸性染料;Arianor Sienna Brown、Arianor Madder Red、Arianor Steel Blue、Arianor Straw Yellow等の塩基染料;HC Yellow 2、HC Yellow 5、HC Red 3、4-hydoxypropylamino-3-nitrophenol、N,N'-bis(2-hydroxyethyl)-2-nitro-p- phenylenediamine、HC Blue 2、Basic Blue 26等のニトロ染料分散染料;二酸化チタン、酸化亜鉛等の無機白色顔料;酸化鉄(ベンガラ)、チタン酸鉄等の無機赤色系顔料;γ−酸化鉄等の無機褐色系顔料;黄酸化鉄、黄土等の無機黄色系顔料;黒酸化鉄、低次酸化チタン等の無機黒色系顔料マンゴバイオレットコバルトバイオレット等の無機紫色系顔料;酸化クロム、水酸化クロム、チタン酸コバルト等の無機緑色系顔料;群青、紺青等の無機青色系顔料;酸化チタンコーテッドマイカ、酸化チタンコーテッドオキシ塩化ビスマス、酸化チタンコーテッドタルク、着色酸化チタンコーテッドマイカ、オキシ塩化ビスマス、魚鱗箔等のパール顔料;アルミニウムパウダーカッパーパウダー、金等の金属粉末顔料表面処理無機及び金属粉末顔料;赤色201号、赤色202号、赤色204号、赤色205号、赤色220号、赤色226号、赤色228号、赤色405号、橙色203号、橙色204号、黄色205号、黄色401号、青色404号、赤色3号、赤色104号、赤色106号、赤色227号、赤色230号、赤色401号、赤色505号、橙色205号、黄色4号、黄色5号、黄色202号、黄色203号、緑色3号、青色1号等のジルコニウム、バリウム又はアルミニウムレーキ等の有機顔料表面処理有機顔料;アスタキサンチン、アリザリン等のアントラキノン類、アントシアニジン、β−カロチン、カテナール、カプサンチンカルコンカルサミン、クエルセチンクロシンクロロフィルクルクミンコチニール、シコニン等のナフトキノン類ビキシン、フラボン類、ベタシアニジン、ヘナ、ヘモグロビン、リコピン、リボフラビン、ルチン等の天然色素・染料;p−フェニレンジアミン、トルエン−2,5−ジアミン、o−,m−,若しくはp−アミノフェノールm−フェニレンジアミン、5−アミノ−2−メチルフェノール、レゾルシン、1−ナフトール、2,6−ジアミノピリジン等及びその塩等の酸化染料中間体及びカップラーインドリン等の自動酸化型染料;ジヒドロキシアセトンであることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

請求項37

水が、常水、精製水の他、硬水、軟水、天然水、海洋深層水、温泉水、電解アルカリイオン水、電解酸性イオン水、イオン水、クラスター水であることを特徴とする、請求項9記載の化粧料組成物又は飲食品組成物。

技術分野

0001

本発明は有用性のある糖類(ブドウ糖果糖ガラクトースショ糖砂糖黒砂糖糖蜜廃糖蜜粗糖乳糖麦芽糖)又は糖類からの抽出物を1種以上含有する化粧料組成物又は飲食品組成物、又、その糖類又は糖類からの抽出物に対して、更に酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物(清酒、合成清酒、粉末酒雑酒料理酒焼酎、味醂、果実酒類ウイスキー類、スピリッツ類、リキュール類ビール発泡酒類の醸造粕)を含有してなる化粧料組成物又は飲食品組成物に関するものである。

背景技術

0002

まず、糖質や糖類は古くから用いられ、例えば、マルトースと少量のソルビトールを配合して成る糖質輸液剤(特許文献1)、又、中鎖脂肪酸や糖質、動植物性油脂ミルクカゼイン全脂粉乳アミノ酸等を含有してなる栄養食品組成物(特許文献2)が知られており、又、酒粕粉砕物を有効成分とする消臭・脱臭剤(特許文献3)として用いることや米糠糖化液および酒粕の混合物アルコール発酵させて得られる発酵液栄養液(特許文献4)として各種食品原料浴剤に用いることが記載されている。

0003

特開昭56−30910
特開昭57−110176
特開昭60−126161
特開昭61−187777

発明が解決しようとする課題

0004

そこで、本発明は、外用又は内用したときに皮膚や頭髪張りツヤを与え、保湿効果、美白効果毛髪櫛通りの改善等、皮膚や頭髪への感触使用感が非常に良好となる物質を含有する化粧料組成物又は飲食品組成物を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

以上の知見より、本発明者は、様々な各種成分を調査し、外用又は内用したときに皮膚や頭髪に張りやツヤを与え、更には保湿効果、美白効果、毛の櫛通りの改善等、皮膚や頭髪への感触や使用感が非常に良好となる天然物質テーマとし、鋭意検討を重ねた。

発明の効果

0006

その結果、本発明者らは、各種の天然物質より検討を重ねた結果、糖類又は糖類抽出物を見出し、更にその糖類又は糖類抽出物に酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物を併用して含有することが、皮膚や頭髪に張りやツヤを与え、保湿効果、美白効果、毛髪の櫛通りを改善する効果を有することなどを見い出し、化粧料組成物組成物又は飲食品組成物を提供することをもって、本発明を完成するに至った。

0007

本発明の糖類とは、ブドウ糖、果糖、ガラクトース、ショ糖、砂糖、黒砂糖、糖蜜、廃糖蜜、粗糖、乳糖、麦芽糖を用いることができる。

0008

尚、黒砂糖とは、黒糖ともいわれる含密糖の一種で、粗製の黒色塊状の砂糖であり、鉄分、カルシウム、その他の無機質豊富に含む。

0009

糖蜜とは、原料サトウキビてん菜)から砂糖を精製するときに出る副産物で、糖分やミネラルなどが含まれている黒褐色で粘度の高い液体で、廃糖蜜・モラセス(molasses)とも言われている。又、粗糖(そとう)とは、加工段階にある砂糖の一種である。製法は途中まで黒砂糖と同じであるが、サトウキビ又はてん菜の絞りを下処理した後に結晶させ、遠心分離機を用いて糖蜜(=廃糖蜜)をある程度分離し、残った結晶が粗糖となる。

0010

更に、砂糖を熱した得られたカラメルや砂糖に水を加えて煮たガムシロップや、又は、高級砂糖と言われる白下糖や和三盆(原料となるサトウキビは、地元産の在来品種糖(ちくとう・たけとう)」という品種が用いられる。地元では細黍(ほそきび)と呼ばれる温帯での生育に適した竹糖は、イネ科「シネンセ種(S.sinense)」に属し、晩収穫したを搾って汁を出した後、石灰中和を行い、ある程度まで精製濾過したのち結晶化させる。この結晶化させた原料糖は白下糖といい、その白下糖を盆の上で適量の水を加えて練り上げて、砂糖の粒子を細かくする「研ぎ」という作業を行った後、研いだ砂糖をの布に詰め「押し」という箱の中に入れて重石をかけ圧搾し、黒い糖蜜を抜いていく。この作業を数度繰り返し、最後に1週間ほどかけて乾燥させたものをいう)を用いることもできる。

0011

本発明の酒類醸造粕とは、清酒、合成清酒、粉末酒、雑酒、焼酎、料理酒、味醂、果実酒類、ウイスキー類、スピリッツ類、リキュール類、ビール、発泡酒類の醸造粕を用いることができる。

0012

尚、酒類醸造粕とは、酒法に規定する酒類、即ち、清酒、合成清酒、焼酎、味蔀、ビール、果実酒類、ウィスキー類、スピリソッ類、リキュール類及び雑酒の醸造粕で、糖類、デンプン質を含む種々の可食原料微生物によりアルコール醗酵せしめたものの濾過残渣をいう。又、様々な原料(米、麦、サツマイモ、とうもろこし、こうりやん、ばれいしよ、麦芽ホップ葡萄や各種果実、各種穀物等)を微生物等で糖化後、アルコール醗酵を行った後の残渣であればいずれを用いても良い。

0013

その結果、本発明者らは、各種の天然物質より糖類又は糖類抽出物の化粧料組成物又は飲食品組成物、又更にその糖類又は糖類抽出物に酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物を併用して含有するものが、保湿効果、美白効果、毛髪の櫛通りを改善することを見い出し、化粧料組成物組成物又は飲食品組成物を提供することをもって、本発明を完成するに至った。

0014

本発明の化粧料組成物又は飲食品組成物を製造する上で、使用する本発明で用いる糖類又は糖類抽出物、酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物の形状としては、液状、固形状、粉末状、ペースト状等いずれの形状でも良く、本発明を実施する上で最適な形状を任意に選択することができる。

0015

本発明の化粧料組成物又は飲食品組成物における本発明で用いる糖類又は糖類抽出物、酒類醸造粕又は酒類醸造粕抽出物の配合量としては、効果を有することが確認できる範囲であれば特に制限はないが、例えば、外用するときは、0.01mg/gから400mg/g(分母は製剤の重量を示す)の範囲で良く、又、例えば、経口するときは、固形分換算して0.1mgから5g/日の範囲が好ましい。

0016

又、更に、上記の本発明の化粧料組成物又は飲食品組成物に、有機高分子油脂類ロウ類鉱物油類無機物質酵素類、植物・動物・微生物又はその抽出物又はその代謝物水溶性の粒子、水不溶性の粒子、結合剤コーティング剤油剤保湿剤感触向上剤界面活性剤高分子・増粘・ゲル化剤溶剤噴射剤酸化防止剤還元剤酸化剤、防腐剤抗菌剤キレート剤pH調整剤・酸・アルカリ粉体無機塩紫外線吸収剤美白剤ビタミン類及びその誘導体類消炎剤抗炎症剤育毛薬剤血行促進剤刺激剤ホルモン類、抗しわ剤抗老化剤、ひきしめ剤、冷感剤温感剤創傷治癒促進剤刺激緩和剤鎮痛剤細胞賦活剤鎮痒剤、角質剥離剤角質溶解剤制汗剤清涼剤収れん剤酵素核酸香料色素着色剤染料顔料、水から選ばれる1種又は2種以上を含有して化粧料組成物又は飲食品組成物とすることもできる。

0017

尚、有機高分子としては、セルロース結晶性セルロース粉末セルロースカチオン化セルロース酢酸セルロースエチルセルロースニトロセルロースメチルセルロースカルボキシメチルセルロースヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロースセチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレートヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネートポリエチレンイミンポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体ポリエチレングリコール高重合ポリエチレングリコールポリビニルアルコールポリビニルメチルエーテルポリアクリル酸ポリアクリルアミドカルボキシビニルポリマーアラビアゴムアラビノガラクタンカラギーナンカラヤガムベンゾインゴムダンマルゴム、アグヤク脂、アイルランドカラヤゴムカードラングアーガムカチオン化グアーガムトラガカントゴムファーセレランキャロブゴム、クインスシード、キサンタンガムタマリンドガムタラガムジャランガム、ローストビーンガムマンナンガラクトマンナンコンニャクマンナン寒天デキストリンゼラチンペクチンペクチン酸ナトリウムアルギン酸アルギン酸ナトリウムシクロデキストリンデンプン小豆デンプン、烏麦デンプン、小麦デンプントウモロコシデンプン米デンプンタピオカデンプン、馬鈴薯デンプンコンスタ−チ)、ケラチングリコーゲンアガロースキチンキトサンコラーゲンヒアルロン酸ムチンプロテオグリカンキシログルカンリグニンシルクセラミックポリリジンアルブミンカゼイングロブリンデキストランプルランポリエチレンポリスチレンポリ塩化ビニルポリエステルポリプロピレンポリカーボネートポリアミドナイロンシリコーンシリコン)、ポリフッ化ビニルデンポリウレタンポリシロキサン分子量1万以上の蛋白質天然型セラミド(タイプ1、2、3、4、5、6)、ヒドロキシセラミド疑似セラミドスフィンゴ糖脂質、セラミド及び糖セラミド含有エキス等のセラミド類、核酸、デオキシリボ核酸リボ核酸炭類木炭活性炭薬用炭備長炭)、シェラック樹脂アクリル樹脂ポリスチレン樹脂、(メタアクリル酸エステルスチレン共重合樹脂ポリオレフィン樹脂酢酸ビニル樹脂エチレン酢酸ビニル共重合樹脂ポリカーボネート樹脂ABS樹脂ポリアミド樹脂ポリビニルブチレート樹脂塩化ビニル樹脂シリコーン樹脂セルロース樹脂フェノール樹脂尿素樹脂メラミン樹脂又はこれらの誘導体等が挙げられる。

0019

ロウ類としては、ミツロウカルナバロウ、鯨ロウラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウライスワックススクワレンスクワランプリスタン米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ羊毛ロウ、セレシンオゾケライト、モンタンロウ又はこれらロウ類の水素添加物又はその誘導体等が挙げられる。

0020

鉱物油類としては、パラフィンパラフィンワックス)、流動パラフィンワセリン、パラフィンパラフィンワセリン、ワックス、オゾケライド、セレシン、マイクロクリスタンワックスミネラルオイル又はこれら鉱物油類又は水素添加物又はその誘導体等が挙げられる。

0023

植物・動物・微生物又はその抽出物又はその代謝物としては、アーモンド(へん)、アイ(藍葉)、アオカズラ(清風)、アオキ(青木)、アオギリ又はケナシアオギリ(梧)、アオツヅラフジ(木防巳)、アオテンマ、アカシアアカショウマ(赤升麻)、アカスグリ「果実」、アカツメクサアカブドウ、アカミノキ(ログウッド)、アカメガシワ(赤柏)、アカミノアカネ又はセイヨウアカネ又はアカネ(草根)、アカヤジオウ又はジオウ(地黄)、アギ(阿魏)、アキカラマツ、アキニレ(榔皮)、アグアイー・グァスー、アグアヘ(オオミテングヤシ)、アケビ(木通)、アサ(麻子)、マルアサガオ又はアサガオ(牽牛子)、アジサイ(紫陽花)、アシタバ(明日葉)、アズキ(赤小豆)、アスナロアセロラアセンヤク(阿仙薬)、アチラ(ショクヨウカンナ)、アニスアビウ、アビウラーナ、アブラナ、アベマキ「果実」、アボカド、アマ、アマチャ(甘茶)、アマチャヅルアマドコロ(玉竹)、アマナ(光慈姑)、アマランサス(ヒユ、ハゲイトウ、ヒモゲイトウ、センニンコクスギモリゲイトウ、ホソアオゲイトウ、アオゲイトウ、ハリビユ、アオスズラン、アマラントウス・ヒポコンドリアクス)、アミガサユリ又はバイモ(母)、アリストロメリア(ユリズイセン)、アルカナ(アルカンナ)、アルガローボ(キャベ)、アルテアアルニカアルピニア又はカツマダイ(ソウズク)、アロエ(蘆薈)、アロエベラアンジェリカアンズ又はホンアンズ(杏仁)、アンソッコウ(安息香)、イエローサポテ、イガコウゾリナ(地胆頭)、イカリソウ又はヤチマタイカリソウ(インヨウカク)、イグサ(灯心草)、イタドリ(虎杖根)、イチイ(一位)、イチゴイチジク(無花果「果実、葉」)、イチハツ(一初)、イチビ(葵子)、イチヤクソウ(一薬草)、イチョウ(銀杏「種子、葉」)、イトヒメハギ(遠志)、イナゴマメイヌナズナ(テイレキシ)、イヌビユ(ホナガイヌビユ)、イネ「種子、種皮」、イノンド「種子」、イブキジャコウソウイラクサ、イランイラン、イワタバコ(岩萵苣)、イワヒバ又はイワマツ(巻柏)、インゲンマメウーロン茶ウイキョウ(茴香)、ウィート(チブサノキ)、ウキガラ(三)、ウグイスカグラ「果実」、ヒメウイキョウウコン(鬱金)、ウキクサ(浮萍)、ウスバサイシン又はケイリンサイシン又はオウシュウサイシン(細辛)、ウスベニアオイ、ウスベニタチアオイ、ウチョウラン、ウツボグサ(枯草)、ウド又はシシウド(羌活、独活、唐独活)、ウニャデガト(ウンカリアキャッツクロー)、ウバウメ(烏梅「種子、果肉」)、ウラジロガシウワウルシ(クサコケモモ)、ウンシュウミカン(陳皮)、ウンボク、エストラゴン、エゾウコギ(蝦夷五加)、エゾスズラン、エチナシ(ホソバムラサキバレンギク)、エニシダエノキタケ(榎茸)、エビスグサ又はカッシア・トーラ(決明子)、エルカンプレエルダーベリー「果実」、エレミエリンギィ又はプレロータスリンジ、エンジュ(槐花、槐花米)、エンドウオウギ又はキバナオウギ(黄耆)、ナルコユリ又はカギルマバナルコユリ(黄精)、オウヒササノユキ又はササノユキ、オウレン(黄連)、オオガホウケン、オオカラスウリ(カロコン)、オオグルマ(土木香)、オオツヅラフジ(防己)、オオバコ(車前子、車前草)、オオバアザミ(祁州漏芦、白頭翁)、オオハシバミ(榛子)、オオハシラサボテン、オオバナオケラ又はオケラ(白朮)、オオバナサルスベリバナバ)、オオバヤシャブシ「果実」、オオヒラタケ、オオホシグサ(穀精草)、オオミアカテツ、オオミサンザシ又はサンザシ(山査子)、オオミヤシ、オオムギ(大麦)、オカ、オカゼリ(蛇床子)、オクラ「果実」、オグルマ(旋覆)、オクルリヒゴタイ(禹州漏芦、藍刺頭)、オタネニンジン又はトチバニンジン(人参)、オトギリソウ又はコゴメバオトギリソウ又はセイヨウオトギリソウ(弟切草)、オドリコソウ(続断)、オナモミ(蒼子)、オニグルミ、オニドコロ又はトコロ又はナガドコロ(ヒカイ)、オニノヤガラ(天麻)、オニユリ又はササユリ又はハカタユリ(百合)、オノエラン、オノニスオヒョウ(裂葉楡)、オミナエシ(敗醤)、オユーコ、オランダカラシ(クレソン)、オランダゼリ、オランダビユ、オランダミツバオリーブ「果実、種子、葉」、オレガノ、オレンジ「果実、果皮」、カイケイジオウ(熟地黄)、カカオ「果実、果皮、種子」、カキ(蒂「葉」)、カギカズラ(釣藤)、カキドオシ又はカントリソウ(蓮銭草)、カキラン、ガクアジサイ、カシアカジノキ(実「果実」)、ガジュツ(莪朮)、カシワ(槲樹、槲葉)、カスカリラ、カスカラサグラダ、カスミソウ、カセンソウ、カニクサ(金沙藤)、カニーワ、カーネーションカノコソウ(吉草根)、カバカバアナタケカバノキ又はシダレカンバ(白樺)、ガーベラカボチャカポックノキ「種子」、カホクサンショウ(蜀椒)、ガマ(蒲黄)、カミツレ又はローマカミツレカミヤツデ(通草)、カムカム(カモカモ)、カラグワ又はヤマグワ()、カラー、カラクサケマンカラスウリ又はシナカラスウリ(王瓜)、カラスビシャク(半夏)、カラスムギガラナ「種子」、カラホオ(厚朴)、カラヤ、ガリュウ、カリン(木瓜)、ガルシニアカワミドリカワラサイコ(委菜、翻白草)、カワシャカワラタケカワラナデシコ(石竹)又はエゾカワラナデシコ(瞿麦、瞿麦子)、カワラニンジン(青蒿)、カワラヨモギ(茵?蒿)、カンスイ(甘遂)、カンゾウ(甘草)、カンタラアサ、カンデリラ、カントウ、カンナ、カンランキイチゴ(エゾイチゴ、オランダイチゴエビガライチゴ、ナワシロイチゴ、モミジイチゴ、ヨーロッパキイチゴ)、キウイ「果実、葉」、キカラスウリ(瓜呂根)、キキョウ(桔梗、桔梗根)、キク(菊花、シマカンギク、チョウセンノギク)、キクタニギク、キササゲ(梓実)、ギシギシ(根)、キジツ(枳実)、キズタ、キダチアロエキダチハッカキナ、キナノキ(シンコーナ、アカキナノキ)、キヌア(キノア)、キハダ(黄柏)、キマメギムネマシルベスタキメンカク、キャベツ、キャベブ「未熟果」、キャラウェーキュウリ、ギョリュウ(西、てい柳)、キラジャ・サポナリアキラヤ、キランソウ(金瘡小草)、キンカン「果実」、キンキジュ、ギンセカイ、キンブセン、キンマキンミズヒキ(仙鶴草)、キンラン、ギンラン、キンリョウヘン、グァペーバ・ヴェルメーリャ、グアバ「果実」、グアユーレ、クェルクスインフェクトリア(没食子)、ククイナッツ、クゲヌマラン、クコ(枸杞、枸杞子、枸杞葉、地骨皮)、クサスギカズラ(天門冬)、クズ(葛根)、クスノキグースベリー「果実」、クソニンジン(黄花蒿)、クテティリバークチナシ(山梔子)、クヌギ(樸ソウ)、クプアスクベバクマザサクマツヅラ(馬鞭草)、クララ(苦参)、クランベリー「果実」、クリ「種子、果実、渋皮」、クルクリゴ・ラチフォリア「果実」、グレーフルーツ「果実・葉」、クロウメモドキクロガネモチ(救必応)、カメヒキオコシ又はクロバナヒキオコシ又はヒキオコシ(延命草)、クローブ(丁子丁香)、グンバイナズナ(セキメイ、セキメイシ)、ケイガイ(荊芥、荊芥)、ケイトウ(鶏冠花、鶏冠子)、ゲッカビジンゲッケイジュ(月桂樹)、ケナシサルトリイバラ(土茯苓山帰来)、ゲンチアナゲンノショウコ(老鸛草)、ケンポナシ(キグシ)、コウキセッコク、キシュウミカン(コウジ、タチバナ、オオベニミカン、フクレミカン、サガミコウジ、ポンカン、サンタラ(橘皮))、コウシバラ(月季花)、コウスイハッカ、コウゾ「果実」、コウチャ(紅茶)、コウホネ(川骨)、コウホン(藁本、唐藁本)、コウリャンコウリョウキョウ(高良姜)、コエンドロ「果実」、コオウレン(胡黄連)、コガネバナ(黄ゴン)、コケモモ(越橘)、ココヤシ「果実」、ゴシュユ(呉茱萸)、ゴショイチゴ(覆盆子)、コショウ(胡椒)、コスモスコパイババルサムコーヒー「種子、葉」、コフキサルノコシカケ(梅寄生)、コブシ又はモクレン(辛夷)、ゴボウ(牛蒡、牛蒡子)、コボタンヅル、ゴマ(胡麻)、ゴマノハグサ(玄参)、ゴミシ(五味子)、サネカズラ又はビナンカズラ又はマツブサ、コムギ(小麦)、米又は米糠「赤糠、白」、コメ油、コーラアクナタ「種子」、コーラ・ベラ「種子」、コレウスフォルスコリコロニーリャ、コロハ「果実」、コロンボコンズランゴコンブコンニャクコンフリー(張草)、サイザル(サイザルアサ)、サイハイランサカネラン(エゾサカネラン)、サキシマボタンヅル又はシナボタンヅル又はシナセンニンソウ(威仙)、サクラ(オオシマザクラ、ヤマザクラオオヤマザクラ、エドヒガシ、マメザクラ、ミヤマザクラ、ソメイヨシノタカネザクラ、カスミザクラ、コヒガン、サトザクラ、カンザクラ「葉、花、果実、樹皮(桜皮)」)、サクランボザクロ、ササ、ササバギンラン、サザンカ、サジオモダカ(沢瀉)、サツマイモ、サトウキビ、サトウダイコンサネブトナツメ(酸棗仁)、サフラン(番紅花、西紅花)、サポジラ、サポテアマリヨ、ザボン「果実」、サボンソウ、サーモンベリー「果実」、サラシナショウマ(升麻)、サランシトウ(砂藍刺頭)、サルビア(セージ)、サワギキョウ(山梗菜)、サワグルミ(山胡桃)、サンカクサボテン、サングレデグラード(クロトン)、サンシクヨウソウ、サンシチニンジン(三七人参)、サンシュユ(山茱萸)、サンショウ(山椒)、サンズコン(山豆根)、シア(カリテ)、シアノキ「果実」、シイタケ(椎茸)、シオン(紫苑)、シカクマメ、ジキタリス、シクンシ(使君子)、シソ又はアオジソ又はチリメンジソ又はカタメンジソ(紫蘇葉、紫蘇子)、シタンシナノキ、シナホオノキ、シナレンギョウ(連翹)、シメジ(ヒンシメジ、シャカシメジハタケシメジオシロイシメジ、ブナシメジ、ホンジメシ、シロタモギタケ)、シモクレン(辛夷)、シモツケソウジャガイモシャクヤク(芍薬)、シャジン(沙参)、ジャスミンマツリカ)、ジャノヒゲ(麦門冬)、ジュウロササゲ、シュクコンカスミソウ、シュクシャミツ(砂仁、縮砂)、ジュズダマ、シュロ「果実」、シュンラン、ジョウオウヤシ、ショウガ(生姜)、ジョウザンアジサイ(常山)、ショウブ(菖蒲、菖蒲根)、ショズク「果実」、シラカシ「種子」、シラン(ビャッキュウ)、シロゴチョウ「種子」、シロツメクサ(クローバー)、シロトウアズキ(鶏骨草)、シロバナイリス(ニオイイリス)、シロバナツタ「花」、シロバナルピン、シロミナンテン(南天実)、シンコナサクシルブラ、ジンチョウゲ(瑞香、瑞香花、沈丁花)、シンナモン、シンナモムム・カッシア(桂皮)、スイカ(西瓜)、スイカズラ(金銀花忍冬)、スイバ(酸模)、スイムベリー「果実」、スターアップルステビアストロベリー「果実」、スズサイコ(徐長卿)、スギナ(問荊)、スベリヒユ(馬歯けん、馬歯けん子)、スモモ「果実」、スルガラン(オラン)、セイヨウアカマツ球果」、セイヨウカラマツ、セイヨウキズタ、セイヨウグルミ、セイヨウサンザシ、セイヨウスノキ、セイヨウタンポポセイヨウトチノキ(マロニエ)、セイヨウナシ「果実」、セイヨウナツユキソウセイヨウニワトコ(エルダー)、セイヨウネズ(ジュニパー、杜)、セイヨウノコギリソウ(ミルフォイル)、セイヨウバラ、セイヨウフウチョウボク、セイヨウヤドリギセイヨウハッカ又はセイヨウヤマハッカセイヨウワサビセキショウ(石菖根)、セッコク(サクラセッコク、コウキセッコク、オオバナセッコク、オキナワセッコク、ホンセッコク、コチョウセッコク、シカクセッコク、キバナノセッコク)(デンドロビウム、石斛)、セドロン(ボウシュウボク)、ゼニアオイ、ヒロハセネガ、セネガ、セリセロリセンキュウ(川キュウ)、センシンレン(穿心連)、センダン、センニンサボテン、センナ「果実、葉」、センニンソウ(大蓼)、センブリ(当薬)、センボク、ソウカ(草果)、ゾウチュウ、ソシンロウバイ、ソバ「種実」、ソメモノイモ、ソラマメダイオウ(大黄)、大根大豆ダイダイ(橙皮、枳実)、タカサゴルリヒゴタイ(東藍刺頭)、タカサブロウ(旱蓮草)、タカトウダイ(大戟)、タカワラビ(狗脊)、ダークスィートチェリー「果実」、タチアオイ、タチジャコウソウ(タイム、百里香)、タチドコロ(ヒカイ)、タチヤナギタマリンド「種子」、タマネギ、タムシバ(辛夷)、タラノキ「果実、葉、根皮」、タラヨウ(大葉冬青、一葉茶、苦丁茶、苦灯茶)、ダリア(テンジクボタン)、タルウィ、タンキリマメ、タンシウチワタンジン(丹参)、タンポポ(蒲公英)又はシロ
バナタンポポ又はモウコタンポポ、ダンマル、チェリー「果実」、チガヤ「果実、根、芽」、チクセツニンジン(竹節人参)、チコリチャンカピエドラ(キダチコミカンソウ)、チューリップチョコノステイチョウセンアザミ(アーティチョーク)、チョウセンダイオウ(大黄)、チョウセンニレ(蕪夷)、チョウセンヨモギ(艾葉)、チョレイマイタケ(猪苓)、チョロギ、ツキミソウ、ツクシサカネラン、ツクリタケ(マッシュルーム)、ツチアケビ、ツバキツボクサツメクサ(姑草)、ツユクサ(鴨跖草)、ツルアズキ(赤小豆)、ツルツチアケビ、ツルドクダミ(何首烏)、ツルナ(蕃杏)、ツルニンジン(四葉参)、ツルマメツワブキ、デイコ、テウチグルミ、デュベリー「果実」、テングサテンチャ(甜茶)、テンダイウヤク(烏薬)、トウガ(冬瓜子)、トウカギカズラ、トウガラシ(番椒)、トウキ(当帰)、トウキンセンカ(マリーゴールド)、トウサイカチ、トウナベナ(川断)、トウモロコシ又はトウモロコシ毛(南蛮毛)、トウネズミモチ(貞子)、トウリンドウ又はチョウセンリンドウ(竜胆)、トクサ(木賊)、ドクダミ(十薬)、トコン(吐根)、トシシ又はマメダオシ又はネナシカズラ、トチュウ(杜仲「樹皮、葉、根」)、トネリコ(秦皮)、トマトトラガントトリアカンソス「種子」、トリュフ(セイヨウショウロタケ)、トルコキキョウトルメンチラ、ドロノキ、トロロアオイトンカマメ、ナイゼリアベリー「果実」、ナガイモ又はヤマノイモ(山薬)、ナギイカダ(ブッチャーブルーム)、ナギナタコウジュ、ナズナ、ナタネナタマメ又はタテハキ(刀豆)、ナツミカン、ナツメ(大棗)、ナニワイバラ(金子)、ナベナ(続断)、ナメコ、ナンキンマメ(落花生)、ナンテン(南天実)、ナンバカラムシ(苧麻)、ニオイスミレニガキ(苦木)、ニガヨモギ(苦艾)、ニクズク、ケイ又はニッケイ又はセイロンニッケイ又はヤブニッケイ(桂皮)又はケイシ(枝)、ニョホウチドリニラ(韮子)、ニワトコ(接骨木「果実、花、茎、葉」)、ニンニク(大蒜)、ヌルデ(五倍子)、ネギネムノキ又はネブ又はネビ又はネムリノキ又はジゴクバナ(合歓)、ノアザミ(大薊)、ノイバラ(営実)、ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノゲイトウ、ノコギリソウ、ノダケ(前胡)、ノバラ、ノモモパイナップル「果実」、ハイビスカス(ブッソウゲ、フウリンブッソウゲ、ローゼル)、ハイリンドウ、ハウチワ、パウ・ドーセ、ハカマウラボシ(骨砕補)、ハクカユマトウ、ハクサンチドリ、ハクセン(白癬皮)、ハクルベリー「果実」、ハコベ(繁縷)、ハシバミ(榛子)、ハシリドコロ(ロート根)、バジルハス(蓮、蓮肉蓮子)、パセリ(オランダゼリ)、ハダカムギ、バタタ、ハチク又はマダケ(竹茹)、パチョリー、ハッカ(薄荷、薄荷葉)、ハッショウマメハトムギ(ヨクイニン)、ハナスゲ(知母)、バナナ、ハナハッカ、ハナビシ(シツリシ、シシツリ)、バニラビンズ、パパイヤ、ハハコグサ(鼠麹草)、パハロボボ、ハブ「全草、茎、葉」、パプリカハマカキラン、ハマゴウ又はミツバハマゴウ(蔓荊子)、ハマスゲ(香附子)、ハマビシ(シツ莉子)、ハマナス(マイカイ花)、ハマボウフウ(防風)、ハマメリス、パーム、バラ(薔薇)、バラータ、バラタゴムノキ、ハラタケ(ハラタケ、シロオオハラタケ、ウスキモリノカサ)、ハラン、パリウルス(セイヨウハマナツメ)、パリエタリア、ハルカンラン、バルサミーナ(ツルレイシニガウリ)、ハルニレ(楡皮、楡白皮、楡葉)、バルバスコ、ハルリンドウ、ハンダイカイ(胖大海)、パンノキヒオウギ(射干)、ヒカゲツルニンジン(党参)、ピーカンナッツ、ヒガンバナ(石蒜、蔓珠沙華)、ヒグルマダリア、ヒゴタイ、ヒシ(菱実)、ピスチオビートヒトツバ(石葦)、ヒトツバエニシダ、ヒナギク(デージー)、ヒナイノコズチ(牛膝)、ヒナチヨドリ、ヒノキヒバ、ヒマシヒマワリピーマンヒメウズ(天葵)、ヒメガマ(香蒲)、ヒメマツタケ(カワリハラタケ、ヒロマツタケ)、ヒメムヨウラン、ピメンタ「果実」、ビャクシ、ビャッキュウ、ヒユ「果実」、ヒヨコマメヒラマメビロウドアオイ、ヒロハオキナグサ(白頭翁)、ビワ「果実、葉、茎」、ビンロウ(大服皮、檳榔子)、プーアル茶(普?茶)、フウトウカズラ(南籐)、フキフキタンポポ(款冬花、款冬葉)、フジバカマ(蘭草)、フジマメ(扁豆)、フジモドキ(チョウジザクラ、芫花)、ブドウ「果実、果皮、種子、葉」、ブナ、フユムシナツクサタケ(冬虫夏草)、ブラジルカンゾウ、ブラジルニンジン、ブラジルヤシ、ブラジルゾウゲヤシ、ブラックカーラント「果実」、ブラックベリーブラーニェン、プラム「果実」、フルセラリア、ブルーベリー(セイヨウヒメスノキ)、プルーンフローラルブランカブロンドサイリウムブンドウ(緑豆)、ヘーゼルナッツヘチマ、ヘツカランベニバナ(紅花)、ヘネケンベラドンナ、ベリー「果実」、ペルセアペルビアンバーグ、ペレスキア・グランディフォリア、ベンケイソウ又はイキクサ(景天)、ボイセンベリー「果実」、ホウキギ又はニワクサ又はネンドウ又はハハキギ・コキア(地膚子)、ホウサイラン、ホウセンカ(鳳仙、急性子、透骨草)、ポウテリア・サポタ、ポウテリア・ルクマ、ホウノキ、ホウレンソウホオズキ(登呂根)、ホオノキ(和厚朴、朴)、ボケ(木瓜)、ホソバアブラギク(苦ヨク)、ホソバオグルマ、ホソバナオケラ(蒼朮)、ホソバノキリンソウ(景天三七)、ホソババレンギクボダイジュ(菩醍樹)、ボタン(牡丹「花、葉、茎、樹皮」)、ボタンピ(牡丹皮)、ホップ、ホホバ、ボリジ(ルリチシャ)、ボルドー、ホワートルベリー「果実」、ホンオニク(肉じゅ蓉、大芸)、ホンセッコク(鉄皮石斛、雀山石斛)、マイルテンナンショウ(天南星)、マイタケ(舞茸)、マオウ(麻黄)、マカ、マカデミアナッツ、マーガレット(モクシュンギク)、マクリ(海人草)、マグワ(桑白皮「樹皮、葉」)、マグノリアスプレンゲリ、マサランヅーバ、マサランズーバ・ド・セアラー、マシェイラ・デ・ボイ、マシュア(タマノウゼンハレン、キュウコンキンレンカ)、マタタビ(木天蓼)、マツカサ、松「葉、樹皮、根」、マッタ・オーリョ、マツタケ(松茸)、マツホド(茯苓)、マティコ(コルドンシージョ)、マヨラム(ハナハッカ)、マルバノジャジン(苦参)、マルベリー「果実」、マルメロマレイン(ビロウドモウズイカ)、マンゴーマンゴスチン、マンサーニャ(アンデスカミツレ)、マンシュウグルミ、マンダリン「果実」、マンネンタケ(霊芝)、キジツ(枳実「果実」)、ミシマサイコ(柴胡)、ミズオオバコ又はミズアサガオ(竜草)、ミゾカクシ(半辺蓮)、ミソハギ(千屈菜)、ミチヤナギ又はニワヤナギ(篇蓄)、ミツガシワ、ミツバ、ミドリサポテ、ミドリハッカ、ミモザ、ミョウガミラクルフルーツ「果実」、ミルラミロバラン、ムギワラギク、ムクゲ(木槿)、ムクノキ、ムクロジ(延命皮)、ムニャ、ムラサキ(紫根)、ムラサキシキブ又はオオムラサキシキブ(紫珠)、ムラサキトウモロコシ、ムラサキナツフジ(昆明鶏血藤)、メガカンサ・オプンティカ、メシマコブ(桑黄)、メハジキ(益母草)、メボウギ、メマツヨイグサ(月見草)、メラロイカ、メリッサメリロートメロン「果実」、モウコヨモギ、モウソウチク、モクキリン、モジェ(コショウボク)、モチノキモッコウ(木香)、モミジバダイオウ、モモ(桃「葉、種子、花、果実」)、モヤシ、モレロチェリー「果実」、モロヘイヤ(黄麻)、ヤカワムラサキイモ、ヤクチ(益智)、ヤクヨウガレーガヤグルマソウ(ヤグルマギク)、ヤグルマハッカ、ヤーコンヤーバサンタ、ヤシャブシ(矢車)又はヒメヤシャブシ又はオオバヤシャブシ「果実、果皮、果穂」、ヤチヤナギ、ヤツデ(八角金盤)、ヤドリギ(柳寄生)、ヤナギ(カワヤナギ、タチヤナギ、シダレヤナギ、アカメヤナギ、ネコヤナギ、イヌコリヤナギ、キヌヤナギ、コリヤナギ、ウンリュウヤナギ、ミヤマヤナギ、ヤシ、ヤマヤナギ、オオバヤナギ、タイリクキヌヤナギ、キツネヤナギ、ドロノキ)、ヤナギタデ「葉、茎」、ヤーバサンタ、ヤブガラシ、ヤブコウジ(紫金)、ヤブタバコ(鶴虱、天名精)、ヤマゴボウ(商)、ヤマドリタケ(ポルチーニセップ、シュタインピルツ)、ヤマハンノキ(山榛)、ヤマモモ(楊梅皮)、ヤマヨモギ、ユーカリユキノシタ(虎耳草)、ユッカ又はフレビフォリア、ユズ「果実」、ユリ、ヨロイグサ、ヨモギ(艾葉)、ライガン(丸)、ライム「果実」、ライムギラカンカ「果実」、ラズベリー「葉、果実」、ラタニア(クラメリア)、ラッキョウ又はエシャロット(薤白)、ラベンダーリュウガン(竜眼肉)、リュウゼツラン(アオノリュウゼツラン、フクリンリュウゼツラン)、リョクチャ(緑茶)、リンゴ「果実、種子、葉、根」、リンドウ、ルバス又はスアビシムス(甜涼)、ルリタマアザミ(ウラジロヒゴタイ、新彊藍刺頭)、レイシ(茘枝、茘枝核)、レタス(チシャ)、レッドカーラント「果実」、レッドピタヤ、レモン「果実」、レモングラス、レンギョウ又はシナレンギョウ(連翹)、レンゲソウ、ロウバイ(梅)、ロウヤシ、ロコン(ヨシ、蘆根)、ローガンベリー「果実」、ローズマリー(マンネンロウ)、ローズヒップ(ノバラ)、ワサビ、ワタフジウツギ(密蒙花)、ワレモコウ(地楡)であり、各々の植物体の各種部位(花、花頭花穂、果穂、穂軸、果皮、内果皮、果実、果肉、さく果、球果、核、、茎、塊茎、葉、枝、枝葉、樹皮、根、根茎、根皮、種子、、柄、子実体菌糸体菌核、全草)、又、パルプ各種植物(モミ、マツ、ユーカリ、ポプラ、コウゾ、ミツマタ、コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバク、稲、サトウキビ、ヨシ、ケフナ、トウモロコシ、ワタ、綿実クワ)、又、海藻類としては、海藻緑藻類クロレラブルガリス,クロレラ・ピレノイドサ,クロレラ・エリプソイデイア,アオノリ(ウスバアオノリ,スジアオノリ,ヒラアオノリ,ボウアオノリ,ホソエダアオノリ)]、海藻[褐藻類:コンブ(マコンブ,リシリコンブ,ホソメコンブ,ミツイシコンブ),ワカメ,ヒロメ,アオワカメ,ジャイアントケルプマクロスティス・ピリフェラ,マクロシスティス・インテグリフォリア,ネオシティス・ルエトケアーナ),ヒジキヒバマタ]、海藻[紅藻類ヒジリメン,マクサ(テングサ),ヒラクサ,オニクサ,オバクサ,カタオバクサ,ヤタベグサ,ユイキリ,シマテングサ,トサカノリトゲキリンサイ,アマクサキリンサイ,キリンサイ,ビャクシンキリンサイ,ツノマタ,オオバツノマタ,トチャカ(ヤハズツノマタ),エゾツノマタ,トゲツノマタ,ヒラコトジ,コトジツノマタ,スギノリシキンノリ,カイノリイボツノマタ,ヤレウスバノリ,カギウスバノリ,スジウスバノリ,ハイウスバノリ,アカモミジノリ]、又、その他の藻類、緑藻類(クラミドモナス属クラミドモナス,アカユキモ,ドゥナリエラ属:ドゥナリエラ,クロロコッカス属:クロロコッカス,クワノミモ属:クワノミモ,ボルボックス属:オオヒゲマワリ,ボルボックス,パルメラ属,ヨツメモ属,アオミドロ属:ヒザオリ,アオミドロ,ツルギミドロ属,ヒビミドロ属:ヒビミドロ,アオサ属アナアオサアミアオサ,ナガアオサ,カワノリ属:カワノリ,フリッチエラ属,シオグサ属:オオシオグサ,アサミドリシオグサ,カワシオグサ,マリモ,バロニア属:タマゴバロニア,タマバロニア,マガタマモ属:マガタマモ,イワヅタ属:フサイワヅタ,スリコギヅタ,ヘライワヅタ,クロキヅタ,ハネモ属,ミル属:ミル,クロミル,サキブチミル,ナガミル,ヒラミル,カサノリ属:カサノリ,ジュズモ属:フトジュズモ,タマジュズモ,ミゾジュズモ,ミカヅキモ属,コレカエテ属,ツヅミモ属,キッコウグサ属:キッコウグサ,ヒトエグサ属:ヒトエグサ,ヒロハノヒトエグサ,ウスヒトエグサ,モツキヒトエ,サヤミドロ属,クンショウモ属,スミレモ属:スミレモ,ホシミドロ属,フシナシミドロ属等)、藍藻類スイゼンジノリ属:スイゼンジノリ,アオコ属,ネンジュモ属:カワタケ,イシクラゲ,ハッサイ,ユレモ属,ラセンモ(スピルリナ)属:スピルリナ,トリコデスミウム(アイアカシオ)属等)、褐藻類(ピラエラ属:ピラエラ,シオミドロ属:ナガミシオミドロ,イソブドウ属:イソブドウ,イソガワラ属:イソガワラ,クロガシラ属:グンセンクロガシラ,カシラザキ属:カシラザキ,ムチモ属:ムチモ,ヒラムチモ,ケベリグサ,アミジグサ属:アミジグサ,サキビロアミジ,サナダグサ属:サナダグサ,フ
クリンアミジ,コモングサ属:コモングサ, ヤハズグサ属:エゾヤハズ,ヤハズグサ,ウラボシヤハズ,ジガミグサ属:ジガミグサ,ウミウチワ属:ウミウチワ,コナウミウチワ,アカバウミウチワ,ナミマクラ属:ヒルナミマクラ,ソメワケグサ属:ソメワケグサ, ナバリモ属:ナバリモ,チャソウメン属:モツキチャソウメン,マツモ属:マツモ,ナガマツモ属:ナガマツモ,オキナワモズク属:オキナワモズク,ニセフトモズク属:ニセフトモズク,フトモズク属:フトモズク,イシモズク属:イシモズク,クロモ属:クロモ,ニセモズク属:ニセモズク,モズク属:モズク,イシゲ属:イシゲ,イロロ,イチメガサ属:イチメガサ,ケヤリ属:ケヤリ,ウミボッス属:ウミボッス,ウルシグサ属:ウルシグサ,ケウルシグサ,タバコグサ,コンブモドキ属:コンブモドキ,ハバモドキ属:ハバモドキ,ハバノリ属:ハバノリ,セイヨウハバノリ属:セイヨウハバノリ,コモンブクロ属:コモンブクロ,エゾブクロ属:エゾブクロ,フクロノリ属:フクロノリ,ワタモ,チシマフクロノリ属:チシマフクロノリ,カゴメノリ属:カゴメノリ,ムラリドリ属:ムラチドリ,サメズグサ属:サメズグサ,イワヒゲ属:イワヒゲ,ヨコジマノリ属:ヨコジマノリ,カヤモノリ属:カヤモノリ,ウイキョウモ属:ウイキョウモ,ツルモ属:ツルモ,アナメ属:アナメ,スジメ属:スジメ,ミスコンブ属:ミスジコンブ,アツバミスジコンブ,コンブ属:ガツガラコンブ,カキジマコンブ,オニコンブ,ゴヘイコンブ,ナガコンブ,エンドウコンブ,オオチヂミコンブ,トロロコンブ属:トロロコンブ,アントクメ属:アントクメ,カジメ属:カジメ,ツルアラメクロメ,キクイシコンブ属:キクイシコンブ,ネジレコンブ属:ネジレコンブ,クロシオメ属:クロシオメ,ネコアシコンブ属:ネコアシコンブ,アラメ属:アラメ,アイヌワカメ属:アイヌワカメ,チガイソ,オニワカメエゾイシゲ属:エゾイシゲ,ヤバネモク属:ヤバネモク,ラッパモク属:ラッパモク,ジョロモク属:ウガノモク,ジョロモク,ヒエモク,ホンダワラ属:タマナシモク,イソモク,ナガシマモク,アカモク,シダモク,ホンダワラネジモク,ナラサモ,マメタワラ,タツクリ,ヤツマタモク,ウミトラノオ,オオバモク,フシズシモク,ハハキモク,トゲモク,ヨレモク,ノコギリモク,オオバノコギリモク,スギモク属:スギモク,ウキモ属:オオウキモ,ブルウキモ属:ブルウキモ,カヤモノリ属:カヤモノリ等)、紅藻類(ウシケノリ属:ウシケノリ,フノリノウシケ,アマノリ属アサクサノリスサビノリ,ウップルイノリ,オニアマノリ,タサ,フイリタサ,ベニタサ,ロドコルトン属:ミルノベニ, アケボノモズク属:アケボノモズク, コナハダ属:ハイコナハダ,ヨゴレコナハダ,アオコナハダ, ウミゾウメン属:ウミゾウメン,ツクモノリ,カモガシラノリ,ベニモズク属:ベニモズク,ホソベニモズク,カサマツ属:カサマツ, フサノリ属:フサノリ,ニセフサノリ属:ニセフサノリ,ソデガラミ属:ソデガラミ, ガラガラ属:ガラガラ,ヒラガラガラ, ヒロハタマイタダキ属:ヒロハタマイタダキ, タマイタダキ属:タマイタダキ, カギケノリ属:カギノリ,カギケノリ,テングサ属:ヒメテングサ,ハイテングサ,オオブサ,ナンブグサ,コヒラ,ヨヒラ,キヌクサ,ヒビロウド属:ヒビロウド,ヒメヒビロウド, イソムメモドキ属:イソムメモドキ, ミチガエソウ属:ミチガエソウ, リュウモンソウ属:リュウモンソウ,ヘラリュウモン, ニセカレキグサ属:ニセカレキグサ, オキツバラ属:オオバオキツバラ, アカバ属:アカバ,マルバアカバ, ナミノハナ属:ホソバナミノハナ,ナミノハナ,サンゴモドキ属:ガラガラモドキ, シオグサゴロモ属:シオグサゴロモ, イワノカワ属:エツキイワノカワ,カイノカワ属:カイノカワ, カニノテ属:カニノテ,サンゴモ属:サンゴモ,ムカデノリ属:ムカデノリ,スジムカデ,カタノリ,ヒラムカデ,キョウノヒモ,サクラノリ,ニクムカデ,タンバノリ,ツルツル,イソノハナ属:ヌラクサ,クロヌラクサ,オオムカデノリ, ヒラキントキ属:ヒラキントキ, マタボウ属:マタボウ,キントキ属:チャボキントキ,キントキ,マツノリ,コメノリ,トサカマツ,ヒトツマツ,カクレイト属:オオバキントキ,イトフノリ属:イトフノリ,ナガオバネ属:ナガオバネ,フノリ属:ハナフノリ,フクロフノリ,マフノリ,カレキグサ属:カレキグサ,トサカモドキ属:ホソバノトサカモドキ,ヒロハノトサカモドキ,ヤツデガタトサカモドキ,クロトサカモドキ,ネザシノトサカモドキ,キヌハダ属:キヌハダ,エゾトサカ属:エゾトサカ,ツカサノリ属:エナシカリメニア,オオツカサノリ,ハナガタカリメニア, ホウノオ属:ホウノオ, ヒカゲノイト属:ヒカゲノイト,ウスギヌ,ニクホウノオ属:ニクホウノオ,ベニスナゴ属:ベニスナゴ,ススカケベニ属:ススカケベニ,オカムラグサ属:ヤマダグサ,ミリン属:ミリン,ホソバミリン,トサカノリ属:キクトサカ,エゾナメシ属:エゾナメシ, イソモッカ属:イソモッカ,ユカリ属:ユカリ,ホソユカリ,イバラノリ属:イバラノリ,サイダイバラ,タチイバラ,カギイバラノリ,キジノオ属:キジノオ,イソダンツウ属:イソダンツウ,アツバノリ属:アツバノリ,オゴノリ属オゴノリ,ツルシラモ,シラモ,オオオゴノリ,ミゾオコノリ,カバノリ,テングサモドキ属:ハチジョウテングサモドキ, フシクレノリ属:フシクレノリ,ナミイワタケ属:ナミイワタケ,カイメンソウ属:カイメンソウ, オキツノリ属:オキツノリ,サイミ属:イタニグサ,サイミ,ハリガネ, ハスジグサ属:ハスジグサ,スギノリ属:イカノアシ,ホソイボノリ,ノボノリ,クロハギンナンソウ属:クロハギンナンソウ,アカバギンナンソウ属:アカバギンナンソウ, ヒシブクロ属:ヒシブクロ,マダラグサ属:トゲマダラ,エツキマダラ,タオヤギソウ属:タオヤギソウ,ハナサクラ, フクロツナギ属:フクロツナギ,スジコノリ,ハナノエダ属:ハナノエダ,ヒラタオヤギ属:ヒラタオヤギダルス属:ダルス,マサゴシバリ,アナダルス,ウエバグサ属:ウエバグサ,ベニフクロノリ属:ベニフクロノリ,フシツナギ属:フシツナギ,ヒメフシツナギ,ヒロハフシツナギ,ワツナギソウ属:ヒラワツナギソウ,ウスバワツナギソウ,イギス属:イギス,ケイギス,ハリイギス,ハネイギス,アミクサ,エゴノリ属:エゴノリ,フトイギス,サエダ属:サエダ,チリモミジ属:チリモミジ, コノハノリ科:ハブタエノリ,コノハノリ,スズシロノリ,ウスベニ属:ウスベニ, ハスジギヌ属:ハスジギヌ, ナガコノハノリ属:ナガコノハノリ,スジギヌ属:スジギヌ,アツバスジギヌ,ハイウスバノリ属:カギウスバノリ,ヤレウスバノリ,スジウスバノリ,ハイウスバノリ,ウスバノリモドキ属:ウスバノリモドキ,アヤニシキ属:アヤニシキ,アヤギヌ属:アヤギヌ,ダジア属:エナシダジア,シマダジア属:イソハギ,シマダジア,ダジモドキ属:ダジモモドキ,イトグサ属:モロイトグサ,フトイグサ, マクリ属:マクリ,ヤナギノリ属:ハナヤナギ,ユナ,ヤナギノリ,モツレユナ,ベニヤナギコリ,モサヤナギ,ササバヤナギノリ,ソゾ属:クロソゾ,コブソゾ,ハネソゾ,ソゾノハナ,ハネグサ属:ハネグサ,ケハネグサ,コザネモ属:コザネモ,イソムラサキ,ホソコザネモ,ヒメゴケ属:ヒメゴケ,クロヒメゴケ, ヒオドシグ属:キクヒオドシ,ヒオドシグサ,ウスバヒオドシ,アイソメグサ属:アイソメグサ,スジナシグサ属:スジナシグサ,イソバショウ属:イソバショウ,フジマツモ属:フジマツモ,ノコギリヒバ属:ハケキノコギリヒバ, カワモズク属:カワモズク,アオカワモズク,ヒメカワモズク,イデユコゴメ属:イデユコゴメ,オキチモズク属:オキチモズク,イトグサ属,チノリモ属:チノリモ,チスジノリ属:チスジノリ等)、車軸藻類(シャジクモ属,シラタマモ属,ホシツリモ属:ホシツリモ,リクノタムヌス属,フラスコモ属:ヒメフラスコモ,チャボフラスコモ,トリペラ属)、黄色藻類(ヒカリモ属:ヒカリモ)等の海藻類の全ての部位、又は、人、、牛、馬、羊、山羊、鶏、鴨、駝、家鴨、鶉、、兎、マウスラットハムスター魚類鳥類軟体動物等であり、各々の動物体の各種部位「胎盤、皮膚、、腸(小腸大腸十二指腸等)、肝臓胆嚢膵臓脾臓腎臓、胆嚢、泌尿器生殖器消化器、骨、筋肉、血液、爪、頭部・頚部頭皮頭蓋冠上矢状静脈洞前頭洞蝶形骨洞大脳脳梁透明中隔脳弓、第三脳質の脈絡叢視床前交連視神経交叉下垂体松果体後交連小脳、第三脳質、第四脳質、中脳、橋、延髄脊髄環椎軸椎鼻骨鼻腔上鼻甲介中鼻甲介下鼻甲介耳管開口部、咽頭扁桃硬口蓋、柔口蓋口蓋扁桃、舌、オトガイ舌筋オトガイ舌骨筋顎舌骨筋舌骨舌顎骨喉頭蓋甲状軟骨輪状軟骨喉頭前庭、喉頭前庭ひだ、声帯ひだ声門舌腔、鼻咽頭中咽頭喉頭咽頭)等」、又は、微生物「真正細菌古細菌原生生物真菌類等(乳酸菌酵母菌納豆菌コウジ菌キノコ類菌体等)」等が挙げられる。

0024

水溶性の粒子としては、有機酸又は無機酸又はその塩類ギ酸酢酸クエン酸シュウ酸クエン酸ナトリウム炭酸ナトリウム酢酸ナトリウム塩化ナトリウム塩化カリウム塩化マグネシウム塩化アンモニウム硫酸アンモニウム硝酸アンモニウム硝酸カリウム硝酸ナトリウム硝酸カルシウム、硫酸アンモニウム、硫酸マグネシウム硫酸カリウムリン酸アンモニウム酢酸アンモニウム炭酸水素ナトリウム炭酸水素カリウム炭酸水素アンモニウム安息香酸ナトリウム塩化スズ硝酸鉛硝酸銀硫酸銅塩化鉄塩化ニッケル塩化白金塩化パラジウム塩化白金酸カリウムステアリン酸カルシウムステアリン酸マグネシウム)、水溶性高分子物質(メチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、ポリエチレンイミン、ポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体、ポリエチレングリコール、高重合ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、ポリビニルメチルエーテル、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、カルボキシビニルポリマー、アラビアゴム、アラビノガラクタン、カラギーナン、カラヤガム、ベンゾインゴム、ダンマルゴム、アグヤク脂、アイルランド苔、カラヤゴム、カードラン、グアーガム、カチオン化グアーガム、トラガカントゴム、ファーセレラン、キャロブゴム、クインスシード、キサンタンガム、タマリンドガム、タラガム、ジャランガム、ローストビーンガム、マンナン、ガラクトマンナン、コンニャクマンナン、寒天、デキストリン、ゼラチン、ペクチン、ペクチン酸ナトリウム、アルギン酸、アルギン酸ナトリウム、シクロデキストリン)、単糖類(ブドウ糖、乳糖、トレオースアラビノースキシロース、ガラクトース、リボースグルコースソルボースフルクトースマンノース)、二糖類スクロース(ショ糖)、ラクトース(乳糖)、マルトース(麦芽糖)、トレハロースセロビオースイソマルトース、イソトレハロース、ネオトレハロース、ネオラクトース、ツラノースパラチノース)、その他の多糖類三糖類ラフィノースメレジトースマルトトリオース四糖類アカルボーススタキオース、グリコーゲン、可溶化デンプン、アミロース、デキストリン、グルカンβ1,3-グルカン、フルクタンN-アセチルグルコサミン、キチン、キトサン)、糖アルコール類キシリトール、ソルビトール、エリスリトールマンニトールマルチトール)、オリゴ糖類(ラフィノース、パノース、マルトトリオース、メレジトース、ゲンチアノース、スタキオース、シクロデキストリン、キシロオリゴ糖、セルロースオリゴ糖ラクトオリゴ糖フラクトオリゴ糖ガラクトオリゴ糖マンナンオリゴ糖)、ムコ多糖類又はその硫酸塩(ヒアルロン酸、コンドロイチンコンドロイチン硫酸デルマタン硫酸ケラタン硫酸ヘパリンヘパラン硫酸)、糖蛋白質(ムチン、プロテオグリカン)、アミノ糖グルコサミン、N-アセチルグルコサミン、シアル酸、)アミノ酸又はその塩(トリプトファンリシンメチオニンフェニルアラニントレオニンバリンロイシンイソロイシンヒスチジンアラニンアルギニンアスパラギンセリンアスパラギン酸システイングルタミングリシンプロリンチロシンシスチンヒドロキシプロリンヒドロキシリジンサイロキシンホスホセリンデスモシンβ-アラニンサルコシンオルニチンクレアチン、γーアミノ酪酸オパインテアニン、トリコロミン酸カイニン酸ドウモイ酸イボテン酸アクロメリン酸)、水溶性ビタミン類ビタミンB群チアミンリボフラビンナイアシンパントテン酸ビオチン葉酸シアノコバラミンビタミンC群:アスコルビン酸デヒドロアスコルビン酸)、その他の水溶性粒子(キチン、キトサン又はその塩、グルタミン酸ナトリウムトリメチルグリシン尿素アラントインレゾルシン)等が挙げられる。

0025

水不溶性の粒子としては、無機物質(シリカ、水和シリカ、無水ケイ酸、ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸ジルコニム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、モンモリナイト、ヘクトライト、ベントナイト、ゼオライト、バーミキュライト、第二リン酸カルシウム、炭酸亜鉛、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、アルミナ、タルク、酸化チタン、二酸化チタン、チタン酸リチウムコバルト、雲母、マイカ、雲母チタン、カオリン、ベンガラ、グンジョウ、酸化亜鉛、酸化ジルコニウム、酸化鉄、黄酸化鉄、黒酸化鉄、酸化クロム、水酸化クロム、カーボンブラック、カラミン、石英、オキシ塩化ビスマス、リン酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、無水リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、重質炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、重質炭酸マグネシウム、イオウ、長石、燐灰石、ガラス、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、セラミック又はこれらの無機塩類、又はこれらの結晶若しくは非結晶物質)、非水溶性高分子物質(セルロース、結晶性セルロース、粉末セルロース、カチオン化セルロース、酢酸セルロース、エチルセルロース、ニトロセルロース、ポリエチレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリカーボネート、ポリアミド、ナイロン、シリコーン(シリコン)、ポリフッ化ビニルデン、ポリウレタン、ポリシロキサン、分子量1万以上の蛋白質、ツエインゼイン)、核酸、デオキシリボ核酸、リボ核酸、シェラック樹脂、アクリル樹脂、ポリスチレン樹脂、(メタ)アクリル酸エステル・スチレン共重合樹脂、ポリオレフィン樹脂、酢酸ビニル樹脂、エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂、ポリカーボネート樹脂、ABS樹脂、ポリアミド樹脂、ポリビニルブチレート樹脂、塩化ビニル樹脂、シリコーン樹脂、セルロース樹脂、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂又はその誘導体、その他の水不溶性の粒子等が挙げられる。

0026

結合剤としては、アラビアゴム、ベンゾインゴム、ダンマルゴム、グアヤク脂、アイルランド苔、カラヤゴム、トラガントゴム、キャロブゴム、クインシード、寒天、カゼイン、デキストリン、ゼラチン、ペクチン、ペクチン酸ナトリウム、デンプン、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン、キサンタンガム等の天然有機系高分子化合物。又、ポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン−ビニルアセテート共重合体、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、ポリビニルメチルエーテル、ポリアクリル酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリエチレンイミンやメチルセルロース、エチルセルロース、アセチルセルロース、ニトロセルロース、酢酸ビニル樹脂、結晶セルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、セルロースアセテートフタレートセルロースプロピオネートフタレート、セルロースアセテートマレエート、ポリビニルアルコールフタレート、スチレンアクリル酸共重合物メチルアクリレートメタクリル酸共重合物ビニルピリジン又はアルキルビニルピリジンその他のビニル系単量体との重合体、セルロースアセテートジエチルアミノアセテートポリビニルアセテートジエチルアミノアセテート、ポリビニルアミノアセタールジメチルアミノメタクリレートメチルメタクリレート共重合体、ビニルピリジン又はアルキルビニルピリジンとアクリル酸との共重合体、又は、他のビニル単量体との3成分系共重合体等の半合成合成高分子化合物、又、モンモリナイト、カオリン、水和シリカ、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、炭酸カルシウム、ヘクトライト等の無機系化合物、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、ロウ類(ミツロウ、カルナバロウ、鯨ロウ、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウ、ライスワックス、スクワレン、スクワラン、プリスタン、米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ、羊毛ロウ、セレシン、オゾケライト、モンタンロウ又は水素添加物又はその誘導体)、油脂類(アボガド油、アマニ油、アーモンド油、ウイキョウ油、エゴマ油、オリーブ油、オレンジ油、オレンジラファー油、カカオ脂、カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、キョウニン油、ククイナッツ油、クルミ油、コムギ胚芽油、ゴマ油、コメ油、コメ糠油、サザンカ油、サフラワー油、サラダ油、シア脂、大豆油、茶油、月見草油、ツバキ油、トウモロコシ油、菜種油、パーシック油、ベニバナ油、ヒマシ油、ヒマワリ油、ブドウ種子油、ヘーゼルナッツ油、マカデミアナッツ油、綿実油、メドウフォーム油、落花生油、ローズヒップ油、タートル油、ミンク油、卵黄油、カカオ脂、パーム油、パーム核油、モクロウ、ヤシ油、魚油、鯨油、鮫油、肝油、牛脂、豚脂、鶏油、兎脂、羊脂、馬脂又はこれら油脂類の水素添加物又はその誘導体)等が挙げられる。

0027

コーティング剤としては、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシブチルセルロースヒドロキシペンチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルブチルセルロース、ヒドロキシプロピルペンチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セチルヒドロキシエチルセルロース、メチルセルロース、エチルセルロース、セルロース、結晶性セルロース、粉末セルロース、アミノアルキルメタアクリレートポリマーメタクリル酸コポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、カルボキシメチルエチルセルロース、ポリビニルピロリドン、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、ポリビニルピロリドン/酢酸ビニル、ポリビニルアルコール、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール-ポリエチレングリコール共重合体、カルボキシビニルポリマー、カルボキシビニルポリマー等の各種アクリル樹脂、シェラックカルナウバロウ、プルラン、ゼラチン、ショ糖、ショ糖脂肪酸エステル、エリスリトール、マンニトール、トレハロース、雲母、雲母チタン、オキシ塩化ビスマス、魚鱗箔グアニン)、アルミ粉、シリカ、ジメチルシリル化シリカ、タルク、硬化油真珠、ケイ酸、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、シリコーン、ステアリン酸、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、フマル酸ステアリルナトリウムミリスチン酸、ミリスチン酸マグネシウム、ミリスチン酸亜鉛パルミチン酸、パルミチン酸マグネシウム、月見草油、水添月見草油、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、油脂類(アボガド油、アマニ油、アーモンド油、ウイキョウ油、エゴマ油、オリーブ油、オレンジ油、オレンジラファー油、カカオ脂、カミツレ油、カロット油、キューカンバー油、キョウニン油、ククイナッツ油、クルミ油、コムギ胚芽油、ゴマ油、コメ油、コメ糠油、サザンカ油、サフラワー油、サラダ油、シア脂、大豆油、茶油、月見草油、ツバキ油、トウモロコシ油、菜種油、パーシック油、ベニバナ油、ヒマシ油、ヒマワリ油、ブドウ種子油、ヘーゼルナッツ油、マカデミアナッツ油、綿実油、メドウフォーム油、落花生油、ローズヒップ油、タートル油、ミンク油、卵黄油、カカオ脂、パーム油、パーム核油、モクロウ、ヤシ油、魚油、鯨油、鮫油、肝油、牛脂、豚脂、鶏油、兎脂、羊脂、馬脂又はこれら油脂類の水素添加物又はその誘導体)、ロウ類(ミツロウ、カルナバロウ、鯨ロウ、ラノリン、液状ラノリン、還元ラノリン、硬質ラノリン、カンデリラロウ、セラックロウ、ライスワックス、スクワレン、スクワラン、プリスタン、米糠ロウ、サトウキビロウ、パームロウ、イボタロウ、羊毛ロウ、セレシン、オゾケライト、モンタンロウ又はこれらロウ類の水素添加物又はその誘導体)等が挙げられる。

0028

油剤としては、セタノールミリスチルアルコールオレイルアルコールラウリルアルコールセトステアリルアルコールステアリルアルコール、アラキルアルコールベヘニルアルコールホホバアルコールキミルアルコールセラキルアルコールバチルアルコールヘキシルデカノールイソステアリルアルコール、2−オクチルドデカノールダイマージオール等の高級アルコール類;ベンジルアルコール等のアラルキルアルコール及び誘導体;ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、イソステアリン酸ベヘン酸ウンデシレン酸、12−ヒドロキシステアリン酸パルミトオレイン酸オレイン酸リノール酸リノレイン酸エルカ酸ドコサヘキサエン酸エイコサペンタエン酸イソヘキサデカン酸、アンテイヘンイコサン酸、18-メチルエイコサン酸長鎖分岐脂肪酸ダイマー酸水素添加ダイマー酸等の高級脂肪酸類及びそのアルミニウム塩カルシウム塩マグネシウム塩亜鉛塩カリウム塩等の金属石けん類、及びアミド等の含窒素誘導体類;流動パラフィン(ミネラルオイル)、重質流動イソパラフィン軽質流動イソパラフィンα−オレフィンオリゴマーポリイソブテン水添ポリイソブテンポリブテン、スクワラン、オリーブ由来スクワラン、スクワレン、ワセリン、固型パラフィン等の炭化素類;キャンデリラワックスカルナウバワックス、ライスワックス、木ろうみつろうモンタンワックス、オゾケライト、セレシン、パラフィンワックス、マイクロクリスタリンワックスペトロラタムフィッシャートロプシュワックスポリエチレンワックス、エチレン・プロピレンコポリマー等のワックス類;ヤシ油、パーム油、パーム核油、サフラワー油、オリーブ油、ヒマシ油、アボカド油、ゴマ油、茶油、月見草油、小麦胚芽油、マカデミアナッツ油、ヘーゼルナッツ油、ククイナッツ油、ローズヒップ油、メドウフォーム油、パーシック油、ティートリー油ハッカ油、トウモロコシ油、ナタネ油、ヒマワリ油、小麦胚芽油、アマニ油、綿実油、大豆油、落花生油、コメヌカ油、カカオ脂、シア脂、水素添加ヤシ油、水素添加ヒマシ油ホホバ油水素添加ホホバ油等の植物油脂類;牛脂、乳脂、馬脂、卵黄油、ミンク油、タートル油等の動物性油脂類;鯨ロウ、ラノリン、オレンジラッフィー油等の動物性ロウ類;液状ラノリン、還元ラノリン、吸着精製ラノリン、酢酸ラノリン、酢酸液状ラノリン、ヒドロキシラノリンポリオキシエチレンラノリンラノリン脂肪酸硬質ラノリン脂肪酸ラノリンアルコール、酢酸ラノリンアルコール、酢酸(セチル・ラノリルエステル等のラノリン類;レシチンホスファチジルコリンホスファチジルエタノールアミンホスファチジルセリンホスファチジルグリセロールホスファチジルイノシトールスフィンゴミエリン等のスフィンゴリン脂質ホスファチジン酸リゾレシチン等のリン脂質類水素添加大豆リン脂質部分水素添加大豆リン脂質、水素添加卵黄リン脂質、部分水素添加卵黄リン脂質等のリン脂質誘導体類;コレステロールジヒドロコレステロールラノステロールジヒドロラノステロール、フィトステロールコール酸等のステロール類サポゲニン類;サポニン類;酢酸コレステリルノナン酸コレステリル、ステアリン酸コレステリル、イソステアリン酸コレステリル、オレイン酸コレステリル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニルオクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、N−ラウロイルサルコシンイソプロピル等のアシルサルコシンアルキルエステル、12−ヒドロキシステアリン酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリルイソステアリン酸フィトステリル軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、硬質ラノリン脂肪酸コレステリル、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等のステロールエステル類リン脂質・コレステロール複合体、リン脂質・フィトステロール複合体等の脂質複合体ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸ヘキシルデシルイソステアリン酸オクチルドデシル、パリミチン酸セチル、パルミチン酸オクチルドデシルオクタン酸セチル、オクタン酸ヘキシルデシル、イソノナン酸イソトリデシルイソノナン酸イソノニルイソノナン酸オクチル、イソノナン酸イソトリデシル、ネオペンタン酸イソデシルネオペンタン酸イソトリデシルネオペンタン酸イソステアリルネオデカン酸オクチルドデシル、オレイン酸オレイル、オレイン酸オクチルドデシル、リシノレイン酸オクチルドデシル、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、エルカ酸オクチルドデシル、イソステアリン酸硬化ヒマシ油オレイン酸エチル、アボカド油脂肪酸エチルミリスチン酸イソプロピルパルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸オクチル、イソステアリン酸イソプロピル、ラノリン脂肪酸イソプロピル、セバチン酸ジエチル、セバチン酸ジイソプロピルセバチン酸ジオクチルアジピン酸ジイソプロピル、セバチン酸ジブチルオクチル、アジピン酸ジイソブチルコハク酸ジオクチルクエン酸トリエチル等のモノアルコールカルボン酸エステル類乳酸セチルリンゴ酸ジイソステアリル、モノイソステアリン酸水添ヒマシ油等のオキシ酸エステル類トリオクタン酸グリセリルトリオレイン酸グリセリル、トリイソステアリン酸グリセリルジイソステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸カプリン酸)グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、水添ロジントリグリセリド(水素添加エステルガム)、ロジントリグリセリド(エステルガム)、ベヘン酸エイコサン二酸グリセリル、トリオクタン酸トリメチロールプロパン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ジオクタン酸ネオペンチルグリコールジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジオクタン酸2−ブチル−2−エチル−1,3−プロパンジオール、ジオレインプロピレングリコールテトラオクタン酸ペンタエリスリチル水素添加ロジンペンタエリスリチル、トリエチルヘキサン酸ジトリメチロールプロパン、(イソステアリン酸/セバシン酸ジトリメチロールプロパントリエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸ジペンタエリスリチルジイソステアリン酸ジグリセリル、テトライソステアリン酸ポリグリセリルノナイソステアリン酸ポリグリセリル−10、デカ(エルカ酸/イソステアリン酸/リシノレイン酸)ポリグリセリル−8、(ヘキシルデカン酸/セバシン酸)ジグリセリルオリゴエステルジステアリン酸グリコールジステアリン酸エチレングリコール)等の多価アルコール脂肪酸エステル類;ダイマージリノール酸ジイソプロピル、ダイマージリノール酸ジイソステアリル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ジイソステアリン酸ダイマージリノレイル、ダイマージリノレイル水添ロジン縮合物、ダイマージリノール酸硬化ヒマシ油ヒドロキシアルキルダイマージリノレイルエーテル等のダイマー酸若しくはダイマージオールの誘導体;ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドコカミドMEA)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)、ラウリン酸モノエタノールアミド(ラウラミドMEA)、ラウリン酸ジエタノールアミド(ラウラミドDEA)、ラウリン酸モノイソプロパノールアミド(ラウラミドMIPA)、パルミチン酸モノエタノールアミド(パルタミドMEA)、パルミチン酸ジエタノールアミド(パルタミドDEA)、ヤシ油脂肪酸メチルエタノールアミド(コカミドメチルMEA)等の脂肪酸アルカノールアミド類ジメチコンジメチルポリシロキサン)、高重合ジメチコン(高重合ジメチルポリシロキサン)、シクロメチコン環状ジメチルシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサン)、フェニルトリメチコンジフェニルジメチコンフェニルジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマージメチコノール、ジメチコノールクロスポリマー、シリコーン樹脂、シリコーンゴムアミノプロピルジメチコン及びアモジメチコン等のアミノ変性シリコーンカチオン変性シリコーンジメチコンコポリオール等のポリエーテル変性シリコーンポリグリセリン変性シリコーン糖変性シリコーンカルボン酸変性シリコーンリン酸変性シリコーン、硫酸変性シリコーン、アルキル変性シリコーン脂肪酸変性シリコーン、アルキルエーテル変性シリコーン、アミノ酸変性シリコーン、ペプチド変性シリコーン、フッ素変性シリコーンカチオン変性及びポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性及びポリエーテル変性シリコーン、アルキル変性及びポリエーテル変性シリコーン、ポリシロキサン・オキシアルキレン共重合体等のシリコーン類パーフルオロデカンパーフルオロオクタンパーフルオロポリエーテル等のフッ素系油剤類等が挙げられる。

0029

保湿剤・感触向上剤としては、水(水としては、常水精製水の他、硬水軟水天然水海洋深層水温泉水電解アルカリイオン水電解酸性イオン水イオン水クラスター水を含む)、グリセリン、1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール、3−メチル−1,3−ブタンジオール、1,3−プロパンジオール、2−メチル−1,3−プロパンジオール、トリメチロールプロパン、ペンタエリスリトールヘキシレングリコールジグリセリンポリグリセリンジエチレングリコール、ポリエチレングリコール、ジプロピレングリコールポリプロピレングリコールエチレングリコール・プロピレングリコール共重合体等のポリオール類及びその重合体;ジエチレングリコールモノエチルエーテルエトキシジグリコール)、エチレングリコールモノエチルエーテルエチレングリコールモノブチルエーテルジエチレングリコールジブチルエーテル等のグリコールアルキルエーテル類;ソルビトール、キシリトール、エリスリトール、マンニトール、マルチトール等の糖アルコール類;グルコース、フルクトース、ガラクトース、マンノース、トレオース、キシロース、アラビノース、フコース、リボース、デオキシリボース、マルトース、トレハロース、ラクトース、ラフィノース、グルコン酸グルクロン酸シクロデキストリン類(α−、β−、γ−シクロデキストリン、又は/及び、マルトシル化、ヒドロキシアルキル化等の修飾シクロデキストリン)、β−グルカン、キチン、キトサン、ヘパリン及び誘導体、ペクチン、アラビノガラクタン、デキストリン、デキストラン、グリコーゲン、エチルグルコシドメタクリル酸グルコシルエチル重合物若しくは共重合物等の糖類及びその誘導体類;ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウムコンドロイチン硫酸ナトリウムムコイチン硫酸、カロニン硫酸、ケラト硫酸、デルマタン硫酸;シロキクラゲ抽出物シロキクラゲ多糖体フコイダンチューベロー多糖体天然由来多糖体;クエン酸、酒石酸乳酸等の有機酸及びその塩;尿素;2−ピロリドン−5−カルボン酸及びそのナトリウム等の塩;ベタイン(トリメチルグリシン)、プロリン、ヒドロキシプロリン、アルギニン、リジン、セリン、グリシン、アラニン、フェニルアラニン、チロシン、β−アラニン、スレオニングルタミン酸、グルタミン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、シスチン、メチオニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、トリプトファン、ヒスチジン、タウリン等のアミノ酸類及びその塩;コラーゲン、魚由来コラーゲンアテロコラーゲン、ゼラチン、エラスチンコラーゲン分解ペプチド加水分解コラーゲン塩化ヒドロキシプロピルアンモニウム加水分解コラーゲン、エラスチン分解ペプチド、ケラチン分解ペプチド加水分解ケラチンコンキオリン分解ペプチド、加水分解コンキオリンシルク蛋白分解ペプチド、加水分解シルク、ラウロイル加水分解シルクナトリウム、各種蛋白質(ツエイン(ゼイン)等)、大豆蛋白分解ペプチド、小麦蛋白分解ペプチド、加水分解小麦蛋白、加水分解卵殻膜カゼイン分解ペプチドアシル化ペプチド等の蛋白ペプチド類及びその誘導体;パルミトイルオリゴペプチドパルミトイルペンタペプチド、パルミトイルテトラペプチド等のアシル化ペプチド類;シリル化ペプチド類;乳酸菌培養液酵母抽出液卵殻膜タンパク、牛顎下腺ムチン、ヒポタウリンゴマリグナン配糖体グルタチオン、アルブミン、乳清塩化コリンホスホリルコリン;胎盤抽出液、エラスチン、コラーゲン、ラクトフェリンアロエ抽出物、ハマメリス水、ヘチマ水、カモミラエキス、カンゾウエキス、コンフリーエキス、シルクエキスイザヨイバラエキス、セイヨウノコギリソウエキスユーカリエキスメリロートエキス等の動物・植物抽出成分、天然型セラミド(タイプ1、2、3、4、5、6)、ヒドロキシセラミド、疑似セラミド、スフィンゴ糖脂質、セラミド及び糖セラミド含有エキス等のセラミド類等が挙げられる。

0030

界面活性剤としては、ラウリン酸カリウムミリスチン酸カリウム等の脂肪酸塩ラウリル硫酸ナトリウムラウリル硫酸トリエタノールアミン、ラウリル硫酸アンモニウム等のアルキル硫酸エステル塩ラウレス硫酸ナトリウムラウレス硫酸トリエタノールアミン等のポリオキシエチレンアルキル硫酸塩;ココイルメチルタウリンナトリウム、ココイルメチルタウリンカリウム、ラウロイルメチルタウリンナトリウム、ミリストイルメチルタウリンナトリウム、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、ラウロイルサルコシンナトリウムラウロイルサルコシントリエタノールアミン、ラウロイルグルタミン酸メチルアラニンナトリウム等のアシルN−メチルアミノ酸塩;ココイルグルタミン酸ナトリウム、ココイルグルタミン酸トリエタノールアミン、ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ミリストイルグルタミン酸ナトリウムステアロイルグルタミン酸ナトリウム、パルミトイルアスパラギン酸ジトリエタノールアミン、ココイルアラニントリエタノールアミン等のアシルアミノ酸塩;ラウレス酢酸ナトリウム等のポリオキシエチレンアルキルエーテル酢酸塩;ラウロイルモノエタノールアミドコハク酸ナトリウム等のコハク酸エステル塩;脂肪酸アルカノールアミドエーテルカルボン酸塩アシル乳酸塩ポリオキシエチレン脂肪アミン硫酸塩;脂肪酸アルカノールアミド硫酸塩;硬化ヤシ油脂肪酸グリセリン硫酸ナトリウム等の脂肪酸グリセリド硫酸塩;アルキルベンゼンポリオキシエチレン硫酸塩;α−オレフィンスルホン酸ナトリウム等のオレフィンスルホン酸塩スルホコハク酸ラウリル2ナトリウム、スルホコハク酸ジオクチルナトリウム等のアルキルスルホコハク酸塩;スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム、モノラウロイルモノエタノールアミドポリオキシエチレンスルホコハク酸ナトリウム、ラウリルポリプロピレングリコールスルホコハク酸ナトリウム等のアルキルエーテルスルホコハク酸塩;テトラデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム、テトラデシルベンゼンスルホン酸トリエタノールアミン等のアルキルベンゼンスルホン酸塩アルキルナフタレンスルホン酸塩アルカンスルホン酸塩;α−スルホ脂肪酸メチルエステル塩;アシルイセチオン酸塩アルキルグリシジルエーテルスルホン酸塩アルキルスルホ酢酸塩;ラウレスリン酸ナトリウム、ジラウレスリン酸ナトリウム、トリラウレスリン酸ナトリウム、モノオレスリン酸ナトリウム等のアルキルエーテルリン酸エステル塩;ラウリルリン酸カリウム等のアルキルリン酸エステル塩;カゼインナトリウムアルキルアリールエーテルリン酸塩脂肪酸アミドエーテルリン酸塩;ホスファチジルグリセロール、ホスファチジルイノシトール、ホスファチジン酸等のリン脂質類;カルボン酸変性シリコーン、リン酸変性シリコーン、硫酸変性シリコーン等のシリコーン系陰イオン性界面活性剤等の陰イオン界面活性剤;ラウレス(ポリオキシエチレンラウリルエーテル)類、セテス(ポリオキシエチレンセチルエーテル)類、ステアレス(ポリオキシエチレンステアリルエーテル)類、ベヘネス類(ポリオキシエチレンベヘニルエーテル)、イソステアレス(ポリオキシエチレンイソステアリルエーテル)類、オクチルドデセス(ポリオキシエチレンオクチルドデシルエーテル)類等の種々のポリオキシエチレン付加数ポリオキシエチレンアルキルエーテル類;ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルポリオキシエチレン硬化ヒマシ油ポリオキシエチレンヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油モノイソステアレート、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油トリイソステアレート、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油モノピログルタミン酸モノイソステアリン酸ジエステル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油マレイン酸等のヒマシ油及び硬化ヒマシ油誘導体ポリオキシエチレンフィトステロール;ポリオキシエチレンコレステロール;ポリオキシエチレンコレスタノール;ポリオキシエチレンラノリン;ポリオキシエチレン還元ラノリン;ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンセチルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン2−デシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンモノブチルエーテル、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン水添ラノリン、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレングリセリンエーテル等のポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンアルキルエーテル;ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレングリコール;PPG−9ジグリセリル等の(ポリ)グリセリンポリオキシプロピレングリコール;ステアリン酸グリセリルイソステアリン酸グリセリル、パルミチン酸グリセリル、ミリスチン酸グリセリル、オレイン酸グリセリル、ヤシ油脂肪酸グリセリル、モノ綿実油脂肪酸グリセリン、モノエルカ酸グリセリン、セスキオレイン酸グリセリン、α,α’−オレイン酸ピログルタミン酸グリセリン、モノステアリン酸グリセリンリンゴ酸等のグリセリン脂肪酸部分エステル類;ステアリン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジステアリン酸ポリグリセリル−6、同10、トリステアリン酸ポリグリセリル−2、デカステアリン酸ポリグリセリル−10、イソステアリン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−2(ジイソステアリン酸ジグリセリル)、同3、同10、トリイソステアリン酸ポリグリセリル−2、テトライソステアリン酸ポリグリセリル−2、デカイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オレイン酸ポリグリセリル−2、同3、同4、同5、同6、同8、同10、ジオレイン酸ポリグリセリル−6、トリオレイン酸ポリグリセリル−2、デカオレイン酸ポリグリセリル−10等のポリグリセリン脂肪酸エステル;モノステアリン酸エチレングリコール等のエチレングリコールモノ脂肪酸エステル;モノステアリン酸プロピレングリコール等のプロピレングリコールモノ脂肪酸エステル;ペンタエリスリトール部分脂肪酸エステル;ソルビトール部分脂肪酸エステル;マルチトール部分脂肪酸エステル;マルチトールエーテル;ソルビタンモノオレエートソルビタンモノイソステアレート、ソルビタンモノラウレートソルビタンモノパルミテートソルビタンモノステアレート、ソルビタンセスキオレエートソルビタントリオレエートペンタ−2−エチルヘキシルジグリセロールソルビタン、テトラ−2−エチルヘキシル酸ジグリセロールソルビタン等のソルビタン脂肪酸エステル;ショ糖脂肪酸エステル、メチルグルコシド脂肪酸エステル、ウンデシレン酸トレハロース等の糖誘導体部分エステル;カプリリルグルコシド等のアルキルグルコシドアルキルポリグリコシド;ラノリンアルコール;還元ラノリン;ポリオキシエチレンジステアレート、ポリチレングリコールジイソステアレート、ポリオキシエチレンモノオレエート、ポリオキシエチレンジオレエート等のポリオキシエチレン脂肪酸モノ及びジエステル;ポリオキシエチレン・プロピレングリコール脂肪酸エステルポリオキシエチレングリセリンモノステアレート、ポリオキシエチレングリセリンモノイソステアレート、ポリオキシエチレングリセリントリイソステアレート等のポリオキシエチレンモノオレエート等のポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアレートポリオキシエチレンソルビタンモノオレート、ポリオキシエチレンソルビタンテトラオレエート等のポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビトールモノラウレート、ポリオキシエチレンソルビトールモノオレエート、ポリオキシエチレンソルビトールペンタオレエート、ポリオキシエチレンソルビトールモノステアレート等のポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸エステルポリオキシエチレンメチルグルコシド脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンアルキルエーテル脂肪酸エステル;ポリオキシエチレンソルビトールミツロウ等のポリオキシエチレン動植物油脂類;イソステアリルグリセリルエーテル、キミルアルコール、セラキルアルコール、バチルアルコール等のアルキルグリセリルエーテル類多価アルコールアルキルエーテルポリオキシエチレンアルキルアミン;テトラポリオキシエチレン・テトラポリオキシプロピレン−エチレンジアミン縮合物類;サポニンソホロリピッド等の天然系界面活性剤;ポリオキシエチレン脂肪酸アミド;ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド(コカミドMEA)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド(コカミドDEA)、ラウリン酸モノエタノールアミド(ラウラミドMEA)、ラウリン酸ジエタノールアミド(ラウラミドDEA)、ラウリン酸モノイソプロパノールアミド(ラウラミドMIPA)、パルミチン酸モノエタノールアミド(パルタミドMEA)、パルミチン酸ジエタノールアミド(パルタミドDEA)、ヤシ油脂肪酸メチルエタノールアミド(コカミドメチルMEA)等の脂肪酸アルカノールアミド類;ラウラミンオキシドコカミンオキシド、ステアラミンオキシド、ベヘナミンオキシド等のアルキルジメチルアミンオキシド;アルキルエトキシジメチルアミンオキシド;ポリオキシエチレンアルキルメルカプタン;ジメチコンコポリオール等のポリエーテル変性シリコーン、ポリシロキサン・オキシアルキレン共重合体、ポリグリセリン変性シリコーン、糖変性シリコーン等のシリコーン系非イオン性界面活性剤等の非イオン界面活性剤陽イオン性界面活性剤では、ベヘントリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、ラウリルトリモニウムクロリド等のアルキルトリメチルアンモニウムクロリドステアリルトリモニウムブロミド等のアルキルトリメチルアンモニウムブロミドジステアリルジモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド等のジアルキルジメチルアンモニウムクロリドステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアラミドエチルジエチルアミン等の脂肪酸アミドアミン及びその塩;ステアロキシプロピルジメチルアミン等のアルキルエーテルアミン及びその塩又は四級塩;エチル硫酸長鎖分岐脂肪酸(12〜31)アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム等の脂肪酸アミド型四級アンモニウム塩;ポリオキシエチレンアルキルアミン及びその塩又は四級塩;アルキルアミン塩;脂肪酸アミドグアニジウム塩;アルキルエーテルアミンモニウム塩;アルキルトリアルキレングリコールアンモニウム塩ベンザルコニウム塩;ベンゼトニウム塩塩化セチルピリジニウム等のピリジニウム塩イミダゾリニウム塩;アルキルイソキノリニウム塩;ジアルキルモリホニウム塩;ポリアミン脂肪酸誘導体;アミノプロピルジメチコン及びアモジメチコン等のアミノ変性シリコーン、カチオン変性シリコーン、カチオン変性及びポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性及びポリエーテル変性シリコーン等のシリコーン系陽イオン性界面活性剤等;ラウリルベタインラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン)等のN−アルキル−N,N−ジメチルアミノ酸ベタイン;コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン等の脂肪酸アミドアルキル−N,N−ジメチルアミノ酸ベタイン;ココアンホ酢酸ナトリウム、ラウロアンホ酢酸ナトリウム等のイミダゾリン型ベタイン;アルキルジメチルタウリン等のアルキルスルホベタイン;アルキルジメチルアミノエタノール硫酸エステル等の硫酸型ベタイン;アルキルジメチルアミノエタノールリン酸エステル等のリン酸型ベタイン;ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルセリン、スフィンゴミエリン等のスフィンゴリン脂質、リゾレシチン、水素添加大豆リン脂質、部分水素添加大豆リン脂質、水素添加卵黄リン脂質、部分水素添加卵黄リン脂質、水酸化レシチン等のリン脂質類;シリコーン系両性界面活性剤等の両性界面活性剤;ポリビニルアルコール、アルギン酸ナトリウム、デンプン誘導体トラガントガム、アクリル酸・メタアクリル酸アルキル共重合体;シリコーン系各種界面活性剤等の高分子界
活性剤等が挙げられる。

0031

高分子・増粘・ゲル化剤としては、グアーガム、ローカストビーンガム、クィーンスシード、カラギーナン、ガラクタンアラビアガム、タラガム、タマリンド、ファーセレラン、カラヤガム、トロロアオイ、キャラガム、トラガントガム、ペクチン、ペクチン酸及びナトリウム塩等の塩、アルギン酸酸及びナトリウム塩等の塩、マンナン;コメ、トウモロコシ、バレイショ、コムギ等のデンプン;キサンタンガム、デキストラン、サクシノグルカン、カードラン、ヒアルロン酸及びその塩、ザンサンガム、プルラン、ジェランガム、キチン、キトサン、寒天、カッソウエキスコンドロイチン硫酸塩、カゼイン、コラーゲン、ゼラチン、アルブミン;メチルセルロース、エチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、ヒドロキシプロピルメチルセルロースアセテートサクシネート、セチルヒドロキシエチルセルロース、カルボキシメチルセルロース及びそのナトリウム等の塩、メチルヒドロキシプロピルセルロース、セルロース硫酸ナトリウム、ジアルキルジメチルアンモニウム硫酸セルロース、結晶セルロース、セルロース末等のセルロース及びその誘導体;可溶性デンプンカルボキシメチルデンプンメチルヒドロキシプロピルデンプン、メチルデンプン等のデンプン系高分子、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンアルミニウム等のデンプン誘導体;アルギン酸ナトリウム、アルギン酸プロピレングリコールエステルアルギン酸誘導体;ポリビニルピドリドンPVP)、ポリビニルアルコール(PVA)、ビニルピドリドン・ビニルアルコール共重合体、ポリビニルメチルエーテル;ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレン共重合体;(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタインメタクリル酸アルキル)コポリマー、(アクリレーツアクリル酸ステアリルメタクリル酸エチルアミンオキシド)コポリマー等の両性メタクリル酸エステル共重合体;(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(アクリル酸アルキルジアセトンアクリルアミド)コポリマー、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPポリ酢酸ビニル部分けん化物マレイン酸共重合体ビニルピロリドン・メタクリル酸ジアルキルアミノアルキル共重合体;アクリル樹脂アルカノールアミン;ポリエステル、水分散性ポリエステル;ポリアクリルアミド;ポリアクリル酸エチル等のポリアクリル酸エステル共重合体、カルボキシビニルポリマー、ポリアクリル酸及びそのナトリウム塩等の塩、アクリル酸・メタアクリル酸エステル共重合体;アクリル酸・メタアクリル酸アルキル共重合体;ポリクオタニウム−10等のカチオン化セルロース、ポリクオタニウム−7等のジアリルジメチルアンモニウムクロリドアクリルアミド共重合体、ポリクオタニウム−22等のアクリル酸・ジアリルジメチルアンモニウムクロリド共重合体、ポリクオタニウム−39等のアクリル酸・ジアリルジメチルアンモニウムクロリド・アクリルアミド共重合体、アクリル酸・カチオン化メタアクリル酸エステル共重合体、アクリル酸・カチオン化メタアクリル酸アミド共重合体、ポリクオタニウム−47等のアクリル酸・アクリル酸メチル・塩化メタクリルアミドプロピルトリメチルアンモニウム共重合体、塩化メタクリル酸コリンエステル重合体カチオン化オリゴ糖、カチオン化デキストラン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド等のカチオン化多糖類;ポリエチレンイミン;カチオンポリマー;ポリクオタニウム−51等の2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンの重合体及びメタクリル酸ブチル共重合体等との共重合体;アクリル樹脂エマルジョン、ポリアクリル酸エチルエマルジョンポリアクリルアルキルエステルエマルジョン、ポリ酢酸ビニル樹脂エマルジョン、天然ゴムラテックス合成ラテックス等の高分子エマルジョン;ニトロセルロース;ポリウレタン類及び各種共重合体;各種シリコーン類;アクリルシリコーングラフト共重合体等のシリコーン系各種共重合体;各種フッ素系高分子;12−ヒドロキシステアリン酸及びその塩;パルミチン酸デキストリンミリスチン酸デキストリン等のデキストリン脂肪酸エステル;無水ケイ酸、煙霧状シリカ超微粒子無水ケイ酸)、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、ケイ酸ナトリウムマグネシウム、金属石鹸ジアルキルリン酸金属塩、ベントナイト、ヘクトライト、有機変性粘土鉱物、ショ糖脂肪酸エステル、フラクトオリゴ糖脂肪酸エステル等が挙げられる。

0032

溶剤・噴射剤としては、エタノール、2−プロパノールイソプロピルアルコール)、ブタノールイソブチルアルコール、グリセリン等の低級アルコール類;プロピレングリコール、1,3−ブチレングリコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、イソペンチルジオール等のグリコール類;ジエチレングリコールモノエチルエーテル(エトキシジグリコール)、エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテルジエチレングリコールジエチルエーテル、ジエチレングリコールジブチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテルジプロピレングリコールモノエチルエーテル等のグリコールエーテル類エチレングリコールモノエチルエーテルアセテートジエチレングリコールモノエチルエーテルアセテートプロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート等のグリコールエーテルエステル類;コハク酸ジエトキシエチル、エチレングリコールジサクシネート等のグリコールエステル類;ベンジルアルコール、ベンジルオキシエタノール炭酸プロピレン炭酸ジアルキルアセトン酢酸エチル、N−メチルピロリドントルエンフルオロカーボン、次世代フロンLPGジメチルエーテル炭酸ガスで等が挙げられる。

0033

酸化防止剤・還元剤・酸化剤としては、トコフェロールビタミンE)、酢酸トコフェロール等のトコフェロール誘導体;BHT、BHA没食子酸プロピル等の没食子酸誘導体;ビタミンC(アスコルビン酸)及び/又はその誘導体;エリソルビン酸及びその誘導体;亜硫酸ナトリウム等の亜硫酸塩亜硫酸水素ナトリウム等の亜硫酸水素塩チオ硫酸ナトリウム等のチオ硫酸塩;メタ亜硫酸水素塩;チオタウリン、ヒポタウリン;チオグリセロールチオ尿素チオグリコール酸システイン塩酸塩、チオグリコール酸、システイン、システアミン過酸化水素水過硫酸アンモニウム臭素酸ナトリウム、過炭酸等が挙げられる。

0034

防腐剤・抗菌剤・キレート剤としては、メチルパラベンエチルパラベンプロピルパラベン、ブチルパラベン等のヒドロキシ安息香酸及びその塩若しくはそのエステル;サリチル酸;安息香酸ナトリウム;フェノキシエタノール;1,2−ペンタンジオール、1,2−ヘキサンジオール等の1,2−ジオール;メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン等のイソチアゾリンオン誘導体イミダゾリニウムウレアデヒドロ酢酸及びその塩;フェノール類トリクロサン等のハロゲン化ビスフェノール類、酸アミド類、四級アンモニウム塩類;トリクロロカルバニド、ジンクピリチオン塩化ベンザルコニウム塩化ベンゼトニウムソルビン酸クロルヘキシジングルコン酸クロルヘキシジン、ハロカルバン、ヘキサクロロフェンヒノキチオールフェノールイソプロピルフェノールクレゾールチモールパラクロロフェノールフェニルフェノール、フェニルフェノールナトリウム等のその他フェノール類;フェニルエチルアルコール感光素類、抗菌性ゼオライト銀イオンEDTA、EDTA2Na、EDTA3Na、EDTA4Na等のエデト酸塩エチレンジアミン四酢酸塩);HEDTA3Na等のヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸塩ペンテト酸塩(ジエチレントリアミン五酢酸塩);フィチン酸エチドロン酸等のホスホン酸及びそのナトリウム塩等の塩類;シュウ酸ナトリウムポリアスパラギン酸ポリグルタミン酸等のポリポリアミノ酸類;ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウム、リン酸;クエン酸ナトリウム、クエン酸、アラニン、ジヒドロキシエチルグリシン、グルコン酸、アスコルビン酸、コハク酸、酒石酸等が挙げられる。

0035

pH調整剤・酸・アルカリとしては、水酸化ナトリウム水酸化カリウム水酸化カルシウム水酸化マグネシウム、2−アミノ−2−メチル−1,3ープロパンジオール、2−アミノ−2−ヒドロキシメチル−1,3ープロパンジオール、炭酸グアニジン炭酸アンモニウムアンモニアアンモニア水、トリエタノールアミン、ジメチルアミン、ジエチルアミントリメチルアミントリエチルアミントリイソプロパノールアミンリン酸三ナトリウムリン酸水素二ナトリウムリン酸水素二カリウムモノエタノールアミンジエタノールアミン、トリエタノールアミン、トリイソプロパノールアミン、イソプロパノールアミンジイソプロパノールアミン、ポリエタノールアミン等のアルカリ金属水酸化物アルカリ土類金属水酸化物、第1級、第2級もしくは第3級のアルキルアミン、又は第1級、第2級、第3級のアルカノールアミン等のアルカリ、クエン酸、酒石酸、乳酸、グリコール酸塩酸硝酸、クエン酸ナトリウム、乳酸ナトリウム、コハク酸、酢酸、酢酸ナトリウム、フマル酸、硫酸、リンゴ酸、リン酸等の酸、アルギン酸、ポリグルタミン酸、ポリアスパラギン酸、デンプン−アクリル酸グラフト重合体、ポリアクリル酸、ポリビニルアセテート−クロトン酸共重合体、酢酸ビニル−(メタ)アクリル酸共重合体、酢酸ビニル−クロトン酸共重合体、ポリビニルスルホン酸ポリイタコン酸、スチレン−マレイン酸無水物共重合体、アクリルアミド−アクリル酸共重合体等の酸性又はアルカリ性を示す高分子等が挙げられる。

0036

粉体・無機塩としては、マイカ、タルク、カオリン、セリサイトモンモリロナイトカオリナイト、雲母、白雲母、金雲母、合成雲母、紅雲母、黒雲母、パーミキュライト、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸ストロンチウムタングステン酸金属塩、マグネシウム、ゼオライト、硫酸バリウム焼成硫酸カルシウム、リン酸カルシウム、弗素アパタイトヒドロキシアパタイトセラミックパウダー、ベントナイト、スメクタイト粘土、金属石鹸(例えば、ミリスチン酸亜鉛、パルミチン酸カルシウムステアリン酸アルミニウム)、炭酸カルシウム、ベンガラ、黄酸化鉄、黒酸化鉄、群青紺青、カーボンブラック、酸化チタン、微粒子及び超微粒子酸化チタン、酸化亜鉛、微粒子及び超微粒子酸化亜鉛、アルミナ、シリカ、煙霧状シリカ(超微粒子無水ケイ酸)、雲母チタン、魚鱗箔、窒化ホウ素ホトクロミック顔料、合成フッ素金雲母、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、微粒子複合粉体、金、アルミニウム等の各種の大きさ・形状の無機粉体、又はこれら無機粉体の着色剤(酸化鉄被覆雲母チタン、酸化クロム被覆雲母チタン、コンジョウ被覆雲母チタン、カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン、グンジョウ被覆雲母チタン等)及び、これらをハイドロジェンシリコーン、環状ハイドロジェンシリコーン等のシリコーン若しくはその他のシラン若しくはチタンカップリング剤等の各種表面処理剤で処理を行って疎水化若しくは親水化した粉体等の無機粉体;デンプン、セルロース、ナイロンパウダー、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチル末、ポリスチレン末、スチレンとアクリル酸の共重合体樹脂粉末、ポリエステル末、ベンゾグアナミン樹脂粉末、ポリエチレンテレフタレートポリメチルメタクリレート積層末、ポリエチレンテレフタレート・アルミニウム・エポキシ積層末等、ウレタン粉末シリコーン粉末テフロン登録商標)粉末等の各種の大きさ・形状の有機系粉体及び表面処理粉体有機無機複合粉体食塩、並塩、岩塩海塩天然塩等の塩化ナトリウム含有塩類;塩化カリウム、塩化アルミニウム塩化カルシウム、塩化マグネシウム、にがり塩化亜鉛、塩化アンモニウム;硫酸ナトリウム、硫酸アルミニウム、硫酸アルミニウム・カリウム(ミョウバン)、硫酸アルミニウム・アンモニウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸カリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛硫酸鉄、硫酸銅;リン酸1Na・2Na・3Na等のリン酸ナトリウム類、リン酸カリウム類、リン酸カルシウム類リン酸マグネシウム類等が挙げられる。

0037

紫外線吸収剤としては、パラアミノ安息香酸、パラアミノ安息香酸モノグリセリンエステル、N,N−ジプロポキシパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジエトキシパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸エチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸ブチルエステル、N,N−ジメチルパラアミノ安息香酸エチルエステル等の安息香酸系紫外線吸収剤;ホモメンチル−N−アセチルアントラニレート等のアントラニル酸系紫外線吸収剤;サリチル酸及びそのナトリウム塩、アミルサリシレート、メンチルサリシレート、ホモメンチルサリシレート、オクチルサリシレート、フェニルサリシレート、ベンジルサリシレート、p−イソプロパノールフェニルサリシレート等のサリチル酸系紫外線吸収剤;オクチルシンナメート、エチル−4−イソプロピルシンナメート、メチル−2,5−ジイソプロピルシンナメート、エチル−2,4−ジイソプロピルシンナメート、メチル−2,4−ジイソプロピルシンナメート、プロピル−p−メトキシシンナメート、イソプロピル−p−メトキシシンナメート、イソアミル−p−メトキシシンナメート、2−エチルヘキシルp−メトキシシンナメート(パラメトキシケイヒ酸オクチル)、2−エトキシエチル−p−メトキシシンナメート(シノキサート)、シクロヘキシル-p-メトキシシンナメート、エチル−α−シアノ−β−フェニルシンナメート、2−エチルヘキシルα−シアノ−β−フェニルシンナメート(オクトクリン)、グリセリルモノ−2−エチルヘキサノイル−ジパラメトキシシンナメート、フェルラ酸及びその誘導体等の桂皮酸系紫外線吸収剤;2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2’−ジヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、2,2’−ジヒドロキシ−4,4’−ジメトキシベンゾフェノン、2,2’,4,4’−テトラヒドロキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4− メトキシベンゾフェノン(オキシベンゾン−3)、2−ヒドロキシ−4−メトキシ−4’−メチルベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン−5−スルホン酸塩、4−フェニルベンゾフェノン、2−エチルヘキシル−4’−フェニル−ベンゾフェノン−2−カルボキシレート、2−ヒドロキシ−4−n−オクトキシベンゾフェノン、4−ヒドロキシ−3−カルボキシベンゾフェノン等のベンゾフェノン系紫外線吸収剤;3−(4’−メチルベンジリデン)−d,l−カンファー、3−ベンジリデン−d,l−カンファー;2−フェニル−5−メチルベンゾキサゾール;2,2’−ヒドロキシ−5−メチルフェニルベンゾトリアゾール;2−(2’−ヒドロキシ−5’−t−オクチルフェニル)ベンゾトリアゾール;2−(2’−ヒドロキシ−5’−メチルフェニルベンゾトリアゾール;ジベンザラジン;ジアニイルメタン;5−(3,3−ジメチル−2−ノルボルニリデン)−3−ペンタン−2−オン;4−t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン等のジベンゾイルメタン誘導体オクチルトリアゾンウロカニン酸及びウロカニン酸エチル等のウロカニン酸誘導体;2−(2'−ヒドロキシ−5'−メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、1−(3,4−ジメトキシフェニル)−4,4−ジメチル−1,3−ペンタンジオンジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸2−エチルヘキシル等のヒダントイン誘導体、フェニルベンズイミダソゾールスルホン酸テレフタリリデンカンフルスルホン酸、ドロメトリゾールトリシロキサンアントラニル酸メチルルチン及びその誘導体、オリザノール及びその誘導体ト、モンモリロナイト、カオリナイト、雲母、白雲母、金雲母、合成雲母、紅雲母、黒雲母、パーミキュライト、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸バリウム、ケイ酸カルシウム、ケイ酸マグネシウム、ケイ酸ストロンチウム、タングステン酸金属塩、マグネシウム、ゼオライト、硫酸バリウム、焼成硫酸カルシウム、リン酸カルシウム、弗素アパタイト、ヒドロキシアパタイト、セラミックパウダー、ベントナイト、スメクタイト、粘土、泥、金属石鹸(例えば、ミリスチン酸亜鉛、パルミチン酸カルシウム、ステアリン酸アルミニウム)、炭酸カルシウム、ベンガラ、黄酸化鉄、黒酸化鉄、群青、紺青、カーボンブラック、酸化チタン、微粒子及び超微粒子酸化チタン、酸化亜鉛、微粒子及び超微粒子酸化亜鉛、アルミナ、シリカ、煙霧状シリカ(超微粒子無水ケイ酸)、雲母チタン、魚鱗箔、窒化ホウ素、ホトクロミック顔料、合成フッ素金雲母、炭類(木炭、活性炭、薬用炭、備長炭)、微粒子複合粉体、金、アルミニウム等の各種の大きさ・形状の無機粉体、及び、これらをハイドロジェンシリコーン、環状ハイドロジェンシリコーン等のシリコーン若しくはその他のシラン若しくはチタンカップリング剤等の各種表面処理剤で処理を行って疎水化若しくは親水化した粉体等の無機粉体;デンプン、セルロース、ナイロンパウダー、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチル末、ポリスチレン末、スチレンとアクリル酸の共重合体樹脂粉末、ポリエステル末、ベンゾグアナミン樹脂粉末、ポリエチレンテレフタレート・ポリメチルメタクリレート積層末、ポリエチレンテレフタレート・アルミニウム・エポキシ積層末等、ウレタン粉末、シリコーン粉末、テフロン(登録商標)粉末等の各種の大きさ・形状の有機系粉体及び表面処理粉体、有機無機複合粉体;食塩、並塩、岩塩、海塩、天然塩等の塩化ナトリウム含有塩類;塩化カリウム、塩化アルミニウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、にがり、塩化亜鉛、塩化アンモニウム;硫酸ナトリウム、硫酸アルミニウム、硫酸アルミニウム・カリウム(ミョウバン)、硫酸アルミニウム・アンモニウム、硫酸バリウム、硫酸カルシウム、硫酸カリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅;リン酸1Na・2Na・3Na等のリン酸ナトリウム類、リン酸カリウム類、リン酸カルシウム類、リン酸マグネシウム類、グアイアズレンシコニンバイカリンバイカレインベルベリンオウゴンオウバク、セイヨウノコギリソウ、アロエ、ビロウドアオイ、ゴボウ、サルビア、セイヨウトチノキ、ベニバナ、コメ糠等の植物エキス等が挙げられる。

0038

美白剤としては、アルブチン、α−アルブチン等のヒドロキノン配糖体及びそのエステル類;アスコルビン酸、アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム塩及びアスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム塩等のアスコルビン酸リン酸エステル塩、アスコルビン酸テトライソパルミチン酸エステル等のアスコルビン酸脂肪酸エステルアスコルビン酸エチルエーテル等のアスコルビン酸アルキルエーテル、アスコルビン酸−2−グルコシド等のアスコルビン酸グルコシド及びその脂肪酸エステル類アスコルビン酸硫酸エステルリン酸トコフェリルアスコルビル等のアスコルビン酸誘導体コウジ酸エラグ酸トラネキサム酸及びその誘導体、フェルラ酸及びその誘導体、プラセンタエキス、グルタチオン、オリザノール、ブチルレゾルシノール油溶性カモミラ、油溶性カンゾウ、オウレン、オウゴン、オトギリソウ、オドリコソウ、葛根、カミツレ、カモミラ、甘草、ゲンノショウ、コメ糠、西河柳、サイシン、シャクヤク、チョウセンアザミ、トウキンセンカ、ノイバラ果実、ハマメリス、牡丹皮、ユキノシタ、ワイルドタイム等の植物エキス、ローヤルゼリーローヤルゼリーエキス等が挙げられる。

0039

ビタミン類及びその誘導体類としては、レチノール酢酸レチノールパルミチン酸レチノール等のビタミンA類チアミン塩酸塩、チアミン硫酸塩、リボフラビン、酢酸リボフラビン、塩酸ピリドキシンピリドキシンジオクタノエート、ピリドキシンジパルミテートフラビンアデニンジヌクレオチド、シアノコバラミン、葉酸類、ニコチン酸アミドニコチン酸ベンジル等のニコチン酸類コリン類等のビタミンB群類;アスコルビン酸及びそのナトリウム等の塩等のビタミンC類;ビタミンD;α、β、γ、δ−トコフェロール等のビタミンE類;パントテン酸、ビオチン等のその他ビタミン類;アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム塩及びアスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム塩等のアスコルビン酸リン酸エステル塩、アスコルビン酸テトライソパルミチン酸エステル・ステアリン酸アスコルビル・パルミチン酸アスコルビル・ジパルミチン酸アスコルビル等のアスコルビン酸脂肪酸エステル、アスコルビン酸エチルエーテル等のアスコルビン酸アルキルエーテル、アスコルビン酸−2−グルコシド等のアスコルビン酸グルコシド及びその脂肪酸エステル、リン酸トコフェリルアスコルビル等のアスコルビン酸誘導体;ニコチン酸トコフェロール、酢酸トコフェロール、リノール酸トコフェロール、フェルラ酸トコフェロール、トコフェロールリン酸エステル等のトコフェロール誘導体等のビタミン誘導体トコトリエノール等が挙げられる。

0040

消炎剤、抗炎症剤、育毛用薬剤、血行促進剤、刺激剤、ホルモン類、抗しわ剤、抗老化剤、ひきしめ剤、冷感剤、温感剤、創傷治癒促進剤、刺激緩和剤、鎮痛剤、細胞賦活剤としては、グリチルリチン酸及びその誘導体、グリチルレチン酸誘導体サリチル酸誘導体、ヒノキチオール、グアイアズレン、アラントイン、カラミン、インドメタシン、酸化亜鉛、塩化アルミニウム、酢酸ヒドロコーチゾンプレドニゾン、塩酸ジフドラミン、マレイン酸クロルフェニラミン;桃葉、蓬葉、シラカバ、センブリ、トウガラシチンキショウキョウチンキショウキョウエキスカンタリスチンキ等の植物エキス・チンキ類;カプサイシンノニルワレニルアミド、ジンゲロンイクタモールタンニン酸ボルネオールシクランデレートシンナリジントラゾリンアセチルコリンベラパミルセファランチン、γ−オリザノール、セファランチン、ビタミンE及びニコチン酸トコフェロール・酢酸トコフェロール等の誘導体、γ−オリザノール、ニコチン酸及びニコチン酸アミド・ニコチン酸ベンジルエステルイノシトールヘキサニコチネートニコチンアルコール等の誘導体、アラントイン、感光素301、感光素401、塩化カプロニウム、ペンタデカンモノグリセリドフラバノノール誘導体スチグマステロール又はスチグマスタノール及びその配糖体、ミノキシジルエストラジオールエストロンエチニルエストラジオールコルチゾンヒドロコルチゾン、プレドニゾン;レチノール類レチノイン酸類、レチノイン酸トコフェリル;乳酸、グリコール酸、グルコン酸、フルーツ酸、サリチル酸及びその配糖体・エステル化物等の誘導体、ヒドロキシカプリン酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸、長鎖α−ヒドロキシ脂肪酸コレステリル等のα−又はβ−ヒドロキシ酸類及びその誘導体類;γ−アミノ酪酸、γ−アミノ−β−ヒドロキシ酪酸カルニチン;クレアチン;セラミド類、スフィンゴシン類カフェインキサンチン等及びその誘導体;コエンザイムQ10、カロチンリコピンアスタキサンチン等の抗酸化活性酸素消去剤カテキン類ケルセチン等のフラボン類イソフラボン類没食子酸及びエステル糖誘導体;タンニンセサミンプロトアントシアニジンクロロゲン酸リンゴポリフェノール等のポリフェノール類;ルチン及び配糖体等の誘導体;ヘスペリジン及び配糖体等の誘導体;リグナン配糖体グラブリジングラブレンリクイリチン、イソリクイリチン等のカンゾウエキス関連物質;ラクトフェリン;ショウガオールジンゲロールメントール、カンファー、セドロール等の香料物質及びその誘導体;カプサイシン、バニリン等及び誘導体;ジエチルトルアミド等の昆虫忌避剤生理活性物質とシクロデキストリン類との複合体等が挙げられる。

0041

鎮痒剤、角質剥離剤、角質溶解剤、制汗剤、清涼剤、収れん剤、酵素、核酸としては、塩酸ジフェンヒドラミン、マレイン酸クロルフェニラミン、カンファー、サブスタンス−P阻害剤;サリチル酸、イオウ、レゾルシン、硫化セレン、ピリドキシン;クロルヒドロキシアルミニウム、塩化アルミニウム、酸化亜鉛、パラフェノールスルホン酸亜鉛;メントール、サリチル酸メチル等;クエン酸、酒石酸、乳酸、硫酸アルミニウム・カリウム、タンニン酸;スーパーオキサイドディスムターゼ、カタラーゼ、塩化リゾチーム、リパーゼ、パパインパンクレアチン、プロテアーゼ;リボ核酸及びその塩、デオキシリボ核酸及びその塩、アデノシン三リン酸二ナトリウムが挙げられる。

0042

香料としては、アセチルセドレン、アミルシンナムアルデヒドアリルアミルグリコレート、β−イオノン、イソイースーパーイソブチルキノリン、イリス油、イロンインドールイランイラン油ウンデカナールウンデセナールγ−ウンデカラクトン、エストラゴールオイゲノールオークモス、オポポナックスレジノイド、オレンジ油、オイゲノール、オーラチオール、ガラクソリッドカルバクロール、L−カルボン、カンファー、キャノンキャロットシード油、クローブ油、ケイヒ酸メチル、ゲラニオールゲラニルニトリル酢酸イソボルニル酢酸ゲラニル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル、酢酸スチラリル、酢酸セドリル、酢酸テレネル、酢酸p-t-ブチルシクロヘキシル、酢酸ベチベリル、酢酸ベンジル酢酸リナリル、サリチル酸イソペンチル、サリチル酸ベンジルサンダルウッド油、サンタロールシクラメンアルデヒド、シクロペンタデカノリドジヒドロジャスモン酸メチルジヒドロミルセノール、ジャスミンアブソリュート、ジャスミンラクトン、cis-ジャスモンシトラール、シトロネノール、シトロネラールシナモンバーク油、1,8-シネオール、シンナムアルデヒド、スチラックスレジノイド、セダーウッド油、セドレン、セドロール、セロリシード油、タイム油ダマスコンダマセノン、チモール、チュベローズアブソリュート、デカナールデカラクトンテルピネオール、γ−テルピネントリプラール、ネロールノナナール、2,6-ノナジエノールノナラクトンパチョリアルコールバニラアブソリュート、バニリン、バジル油パチョリ油ヒドロキシシトロネラール、α−ピネン、ピペリトン、フェネチルアルコールフェニルアセトアルデヒドプチグレン油、ヘキシルシンナムアルデヒド、cis-3-ヘキセノールペルーバルサムベチバー油ベチベロールペパーミント油、ペパー油、ヘリオトロピンベルガモット油ベンジルベンゾエート、ボルネオール、ミルレジノイド、ムスクケトン、メチルノニルアセトアルデヒド、γ−メチルヨノン、メントール、L−メントール、L−メントンユーカリ油、β−ヨノン、ライム油ラベンダー油、D−リモネンリナロール、リラール、リリアール、レモン油ローズアブソリュート、ローズオキシドローズ油ローズマリー油、各種精油等の合成香料及び天然香料並びに各種調合香料等が挙げられる。

0043

色素・着色剤・染料・顔料としては、褐色201号、黒色401号、紫色201号、紫色401号、青色1号、青色2号、青色201号、青色202号、青色203号、青色204号、青色205号、青色403号、青色404号、緑色201号、緑色202号、緑色204号、緑色205号、緑色3号、緑色401号、緑色402号、赤色102号、赤色104−1号、赤色105−1号、赤色106号、赤色2号、赤色201号、赤色202号、赤色203号、赤色204号、赤色205号、赤色206号、赤色207号、赤色208号、赤色213号、赤色214号、赤色215号、赤色218号、赤色219号、赤色220号、赤色221号、赤色223号、赤色225号、赤色226号、赤色227号、赤色228号、赤色230−1号、赤色230−2号、赤色231号、赤色232号、赤色3号、赤色401号、赤色404号、赤色405号、赤色501号、赤色502号、赤色503号、赤色504号、赤色505号、赤色506号、橙色201号、橙色203号、橙色204号、橙色205号、橙色206号、橙色207号、橙色401号、橙色402号、橙色403号、黄色201号、黄色202−1号、黄色202−2号、黄色203号、黄色204号、黄色205号、黄色4号、黄色401号、黄色402号、黄色403−1号、黄色404号、黄色405号、黄色406号、黄色407号、黄色5号等の法定色素;Acid Red 14等のその他酸性染料;Arianor Sienna Brown、Arianor Madder Red、Arianor Steel Blue、Arianor Straw Yellow等の塩基染料;HC Yellow 2、HC Yellow 5、HC Red 3、4-hydoxypropylamino-3-nitrophenol、N,N'-bis(2-hydroxyethyl)-2-nitro-p- phenylenediamine、HC Blue 2、Basic Blue 26等のニトロ染料分散染料;二酸化チタン、酸化亜鉛等の無機白色顔料;酸化鉄(ベンガラ)、チタン酸鉄等の無機赤色系顔料;γ−酸化鉄等の無機褐色系顔料;黄酸化鉄、黄土等の無機黄色系顔料;黒酸化鉄、低次酸化チタン等の無機黒色系顔料マンゴバイオレットコバルトバイオレット等の無機紫色系顔料;酸化クロム、水酸化クロム、チタン酸コバルト等の無機緑色系顔料;群青、紺青等の無機青色系顔料;酸化チタンコーテッドマイカ、酸化チタンコーテッドオキシ塩化ビスマス、酸化チタンコーテッドタルク、着色酸化チタンコーテッドマイカ、オキシ塩化ビスマス、魚鱗箔等のパール顔料;アルミニウムパウダーカッパーパウダー、金等の金属粉末顔料表面処理無機及び金属粉末顔料;赤色201号、赤色202号、赤色204号、赤色205号、赤色220号、赤色226号、赤色228号、赤色405号、橙色203号、橙色204号、黄色205号、黄色401号、青色404号、赤色3号、赤色104号、赤色106号、赤色227号、赤色230号、赤色401号、赤色505号、橙色205号、黄色4号、黄色5号、黄色202号、黄色203号、緑色3号、青色1号等のジルコニウム、バリウム又はアルミニウムレーキ等の有機顔料表面処理有機顔料;アスタキサンチン、アリザリン等のアントラキノン類、アントシアニジン、β−カロチン、カテナール、カプサンチンカルコンカルサミン、クエルセチンクロシンクロロフィルクルクミンコチニール、シコニン等のナフトキノン類ビキシン、フラボン類、ベタシアニジン、ヘナ、ヘモグロビン、リコピン、リボフラビン、ルチン等の天然色素・染料;p−フェニレンジアミン、トルエン−2,5−ジアミン、o−,m−,若しくはp−アミノフェノールm−フェニレンジアミン、5−アミノ−2−メチルフェノール、レゾルシン、1−ナフトール、2,6−ジアミノピリジン等及びその塩等の酸化染料中間体及びカップラーインドリン等の自動酸化型染料;ジヒドロキシアセトン等が挙げられる。

0044

水としては、常水、精製水の他、硬水、軟水、天然水、海洋深層水、温泉水、電解アルカリイオン水、電解酸性イオン水、イオン水、クラスター水等が挙げられる。

0045

尚、本発明で使用する植物・動物・微生物の抽出物は、抽出溶媒として、水、メタノール、エタノール、プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、ブタノール、イソブタノール等の低級アルコール或いは含水低級アルコール、プロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、1,2-ブチレングリコール、1,4-ブチレングリコール、1,5-ペンタンジオール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ペンタンジオール、1,4-ペンタンジオール、1,3,5-ペンタントリオール、グリセリン、ポリエチレングリコール(分子量100〜10万)等の多価アルコール或いは含水多価アルコール、アセトン、酢酸エチル、ジエチルエーテル、ジメチルエーテル、エチルメチルエーテルジオキサンアセトニトリルキシレンベンゼンクロロホルム四塩化炭素、フェノール、トルエン等の各種有機溶媒や、適宜規定度を調製した酸(塩酸、硫酸、硝酸、リン酸、ギ酸、酢酸等)やアルカリ(水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、水酸化カルシウム、アンモニア等)の中から選ばれる1種もしくは2種以上の混液が挙げられ、特に水、エタノール及び1,3-ブチレングリコールから選ばれる1種又は2種以上を選択することが好ましい。但し、用途により溶媒の含有が好ましくない場合においては、水のみを使用するか、或いは抽出後に溶媒を除去しやすい、揮発性の高い溶媒を用いて抽出を行い、溶媒除去後水等に溶解させるといった方法も可能である。

0046

又、その抽出方法については、その溶媒の温度や原料に対する溶媒の重量比率、又は抽出時間についても、種々の原料及び使用する溶媒に対しそれぞれを任意に設定することができる。溶媒の温度としては−4℃から100℃の範囲で任意に設定できる。又、原料に対する溶媒の重量比率も、例えば原料:溶媒が、4:1〜1:100の範囲内で任意に設定することができ、特に1:1〜1:20の重量比率が好ましい。

0047

更に、溶媒抽出後、更に適宜精製操作を施すことも可能であり、精製操作としては、酸(塩酸、硫酸、硝酸、リン酸、有機酸等)又はアルカリ(水酸化ナトリウム、水酸化カルシウム、アンモニア等)添加による分解、微生物による醗酵又は代謝変換イオン交換樹脂や活性炭、ケイ藻土等による成分吸着、種々の分離モードイオン交換親水性吸着、疎水性吸着、サイズ排除、配位子交換アフィニティー等)を有するクロマトグラフィーを用いた分画濾紙メンブランフィルター限外濾過膜等を用いた濾過、加圧又は減圧、加温又は冷却、乾燥、pH調整、脱臭、脱色、長時間の静置保管等が例示でき、これらを任意に選択し組合わせた処理を行うことが可能である。

0048

同様に、本発明で使用する植物・動物・微生物の代謝物は、一般的に使用される微生物「真正細菌、古細菌、原生生物、真菌類等(乳酸菌、酵母菌、納豆菌、コウジ菌、キノコ類の菌体等)」による醗酵又は代謝変換したもので良く、任意に形態に応じて常法的に行われる加工(例えば、粉砕製粉洗浄、加水分解、精製、圧搾、抽出、分画、濾過、乾燥、滅菌、pH調整、脱臭、脱色等を選択、組合わせた処理)を行うことができる。

0049

本発明の化粧料組成物の種類としては、特に制限は無いが、毛髪用化粧料基礎化粧料メーキャップ化粧料芳香化粧料、ボディ化粧料等の外用剤が好ましいものとして挙げられ、又、口腔内化粧料、更に衛生用品、衛生綿類、ウエットティシュ等としても用いることができ、本発明の化粧料組成物は、通常の方法に従って製造することができる。又、外用形態の医薬品、医薬部外品等としても用いることも出来る。

0050

本発明の化粧料組成物の種類を更に詳細に説明すると、毛髪用化粧料としては、オイルシャンプークリームシャンプー、コンディショニングシャンプー、ふけ用シャンプー、ヘアカラー用シャンプー、リンス一体型シャンプー等のシャンプー;リンス、トリートメントヘアパックヘアフォームヘアムースヘアスプレーヘアミストヘアワックスヘアジェルウォーターグリース、セットローション、カラーローションヘアトニックヘアリキッドポマードチックヘアクリーム、ヘアブロー枝毛コート、ヘアオイルパーマネントウェーブ用剤ストレートパーマ剤酸化染毛剤、ヘアブリーチヘアカラープレトリートメント、ヘアカラーアフタートリートメントパーマプレトリートメント、パーマアフタートリートメント、ヘアマニキュア育毛剤が好ましいものとして挙げられる。

0051

基礎化粧料としては、クレンジングフォーム、洗粉、洗顔パウダークレンジングクリームクレンジングミルク、クレンジングローション、クレンジングジェルクレンジングオイル、クレンジングマスク等の洗顔料;柔軟化粧水、収れん化粧水洗浄用化粧水、多層式化粧水等の化粧水;エモリエントローション、モイスチャーローション、ミルキィーローション、ナリシングローション、ナリシングミルク、スキンモイスチャー、モイスャーエマルションマッサージローション、クレンジングローション、プロテクトエマルション、サンプロテクトサンプテクター、UVケアミルク、サンスクリーンメーキャップローション、角質スムーザーエルボーローション、ハンドローションボディローション等の乳液エモリエントクリーム栄養クリーム、ナリシングクリーム、バニシングクリームモイスチャークリーム、ナイトクリーム、マッサージクリーム、クレンジングクリーム、メーキャップクリーム、ベースクリーム、プレメーキャップクリーム、サンスクリーンクリームサンタンクリーム、除毛クリームデオドラントクリーム、シェービングクリーム、角質軟化クリーム等のクリーム;クレンジングジェル、モイスチャージェル等のジェル:化粧石鹸、透明石鹸薬用石鹸液状石鹸ひげそり石鹸、合成化粧石鹸等の石鹸;ピールオフパック、粉末パックウォッシングパック、オイルパック、クレンジングマスク等のパック・マスク類;保湿エッセンス美白エッセンス、紫外線防止エッセンス等のエッセンス;リポソーム美容液リポソーム化粧水が好ましいものとして挙げられる。

0052

メーキャップ化粧料としては、白粉打粉類、ファンデーション類、口紅類リップグロス頬紅類、アイライナーマスカラアイシャドー眉墨、アイブロー、ネイルエナメルエナメルリムーバーネイルトリートメントが好ましいものとして挙げられる。

0053

芳香化粧料としては、香水パフューム、パルファム、オードパルファム、オードトワレオーデコロン、練香水、芳香パウダー、香水石鹸、ボディローション、バスオイルが好ましいものとして挙げられる。

0054

ボディ化粧料としては、ボディシャンプー等のボディ洗浄料デオドラントローション、デオドラントパウダー、デオドラントスプレー、デオドラントスティック等の防臭化粧料脱色剤脱毛除毛剤浴用剤;虫よけスプレー等のインセクトリペラーが好ましいものとして挙げられる。

0055

又、外用の化粧料(外用剤)としては、軟膏剤貼付剤ローション剤リニメント剤液状塗布剤パップ剤プラスター剤テープ剤シート剤、貼付剤、エアゾール剤等の剤型でとしても用いることができる。又、歯磨き、マウスウォッシュ等の口腔内化粧料、又、衛生用品、衛生綿類、ウエットティシュ等としても用いることが出来る。

0056

本発明の化粧料組成物の剤型としては、水中油(O/W)型、油中水(W/O)型、W/O/W型、O/W/O型等の乳化型化粧料油性化粧料固形化粧料液状化粧料、練状化粧料、スティック状化粧料揮発性油型化粧料粉状化粧料ゼリー状化粧料ジェル状化粧料、ペースト状化粧料、乳化高分子型化粧料、シート状化粧料ミスト状化粧料、スプレー型化粧料等の剤型が好ましいものとして挙げられる。

0057

本発明の飲食品組成物の種類としては、特に制限は無いが、種々の栄養補給滋養強壮疲労回復体質改善等を加えて、飲食品中に含有せしめて、栄養補助食品、健康補助食品栄養調整食品保健機能食品特定保健用食品栄養機能食品、機能性表示食品サプリメント食品素材として食される。本発明の飲食品組成物は、通常の方法に従って製造することができる。

0058

飲食品組成物としては、そのまま又は種々の栄養補給、滋養強壮、疲労回復、体質改善等を加えて、飲食品中に含有せしめて、栄養補助食品、健康補助食品、栄養調整食品、保健機能食品、特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品、サプリメント、食品素材として食される。例えば、上述した適当な助剤を添加した後、慣用の手段を用いて、食用に適した形態、例えば、顆粒状、粒状、錠剤カプセル、ペースト等に成形して食用に供しても良く、又、種々の食品、例えば、かまぼこ、ちくわ等の加工水ねり製品ソーセージハム等の畜産製品洋菓子類和菓子類、生めん、中華めん、ゆでめん、ソバ等のめん類、ソース醤油タレ、砂糖、ハチミツ、粉末あめ、水あめ等の調味料カレー粉、からし粉、コショウ粉等の香辛料ジャムマーマレードチョコレートスプレッド漬物、そう菜、ふりかけ、又は各種野菜・果実の缶詰瓶詰等の加工野菜果実類チーズバターヨーグルト等の乳製品、みそ汁、スープ果実ジュース野菜ジュース、乳清飲料、清涼飲料、酒類等の飲料、流動食等の一般嗜好性飲食品に添加して使用することができ、又、ペットフード動植物飼料等にも使用することができる。又、経口形態の医薬品、医薬部外品等としても用いることもできる。

0059

又、飲食品組成物においては、栄養補給、疲労回復、強壮細胞賦活細胞老化防止)等の健身等の効果をはじめ、味覚の改善、色調や芳香、光沢の付与、安定化、増粘等の目的で使用することができる。さらに、この他にも、これまでに知られている核原料素材の様々な薬剤的効果を期待し、これらを組合わせることによって、本発明の目的とする効果の増進を図ったり、多機能的な効果を期待した製品とすることも可能である。

0060

これらの他、化粧品原料基準化粧品種別配合成分規格、日本化粧品工業連合成分表示名称リスト、INC辞書(The International Cosmetic Ingredient Dictionary and Handbook)、医薬部外品原料規格、日本薬局方医薬品添加物規格、食品添加物公定書等に記載されている成分、及び、国際特許分類IPCがA61C、A61K、A61P、A61Qの分類に属する日本国及び諸外国特許公報及び特許公開公報(公表公報・再公表を含む)に記載されている成分等、公知の化粧料成分医薬品成分食品成分等を、公知の国際特許分類組み合わせ及び配合比・配合量で含有させることが可能である。

0061

以下に実施例を挙げて本発明を更に詳細に説明するが、本発明はこれらになんら制約されるものではない。

0062

(製造例1)
糖蜜(ばいこう堂株式会社)100gを250gの精製水(約30℃)に混合・撹拌分散した後、濾過して、糖蜜エキス約300gを得た。

0063

(製造例2)
清酒の酒粕(中野BC株式会社)100gを150gの精製水(約30℃)に混合・撹拌分散した後、濾過して、酒粕エキスを約200g得た。

0064

(製造例3)
製造例1の糖蜜エキス100gと製造例2の酒粕エキス100gを混合・撹拌分散した後、濾過して、糖蜜酒粕混合エキス約150gを得た。

0065

(製造例4)
糖蜜(ばいこう堂株式会社)100gと清酒の酒粕(中野BC株式会社)25gを混合・撹拌分散した後、濾過して、糖蜜酒粕混合エキス約100gを得た。

0066

試験1)使用効果試験1
本発明の乳液を実際に使用した場合の効果について検討を行った。使用テストは普段から肌の張りや肌のツヤで悩む成人女性20〜60の各20名をパネラーとし、毎日と夜の2回、洗顔後に処方例1の乳液、又は、処方例2の乳液を適量とり、顔の右半面に1ヶ月に渡って塗布することにより行った。尚、対照には、処方例1から製造例1の糖蜜エキスを除いたものを比較例1、又、処方例1の製造例1の糖蜜エキスに変えて、市販のフラクトオリゴ糖(日本オリゴ株式会社)を用い、製造例1と同条件で製造したフラクトオリゴ糖エキスを比較例2とし、顔の左半面に1ヶ月に渡って塗布してもらい、同様な方法にて行った。又、評価方法は下記の基準にて目視により行い、結果は表1の通りで表中の数値は人数を表す。尚、使用期間中に皮膚の異常を訴えた者はなかった。

0067

(処方例1)乳液質量%
1.スクワラン5.0
2.セタノール1.5
3.ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノオレート2.0
4.1,3−ブチレングリコール1.0
5.リンゴ酸ナトリウム1.0
6.本発明の製造例1の糖蜜エキス5.0
7.精製水100とする残余

0068

(処方例2)乳液質量%
1.スクワラン5.0
2.セタノール1.5
3.ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノオレート2.0
4.1,3−ブチレングリコール1.0
5.リンゴ酸ナトリウム1.0
6.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス5.0
7.精製水100とする残余

0069

「肌の張り改善効果
有 効:肌の張りが改善された。
やや有効:肌の張りがやや改善された。
無 効:使用前と変化なし。

0070

「肌のツヤ改善効果
有 効:肌のツヤが良くなった。
やや有効:肌のくすみがややが良くなった。
無 効:使用前と変化なし。

0071

0072

(試験結果)
表1の通り、本発明の糖蜜エキス、又、本発明の糖蜜酒粕混合エキスを含有した乳液は、肌の張り、又は肌のツヤを改善する効果を有することが確認された。又、比較例1、比較例2は肌の張り、又は、肌のツヤを改善する効果はほとんど得られなかった。

0073

(試験2)使用効果試験2
本発明の乳液を実際に使用した場合の効果について検討を行った。使用テストは普段から乾燥肌や肌のシミ・ソバカス・色黒で悩む成人女性20〜60歳の各20名をパネラーとし、毎日、朝と夜の2回、洗顔後に上記した処方例1の乳液、又は、処方例2の乳液を適量とり、顔の右半面に1ヶ月に渡って塗布することにより行った。尚、対照には、処方例1から製造例1の糖蜜エキスを除いたものを比較例1、又、処方例1の製造例1の糖蜜エキスに変えて、市販のフラクトオリゴ糖(日本オリゴ株式会社)を用い、製造例1と同条件で製造したフラクトオリゴ糖エキスを比較例2とし、顔の左半面に1ヶ月に渡って塗布してもらい、同様な方法にて行った。又、評価方法は下記の基準にて目視により行い、結果は表2の通りで表中の数値は人数を表す。尚、使用期間中に皮膚の異常を訴えた者はなかった。

0074

「乾燥肌の改善効果(保湿効果)」
有 効:乾燥肌が改善された。
やや有効:乾燥肌がやや改善された。
無 効:使用前と変化なし。

0075

「肌のシミ・ソバカス・色黒改善効果」
有 効:肌のシミ・ソバカス・色黒が軽減された。
やや有効:肌のシミ・ソバカス・色黒がやや軽減された。
無 効:使用前と変化なし。

0076

0077

(試験結果)
表2の通り、本発明の糖蜜エキス、又、本発明の糖蜜酒粕混合エキスを含有した乳液は、乾燥肌の改善効果(保湿効果)、又は、肌のシミ・ソバカス・色黒を改善する効果を有することが確認された。又、比較例1、比較例2は乾燥肌の改善効果(保湿効果)、又は、肌のシミ・ソバカス・色黒を改善する効果はほとんど得られなかった。

0078

(試験3)使用効果試験3
ヘアローションを毛髪に適用したときの張り、コシ、ツヤ、潤い櫛通り性を評価した。
試験方法
人毛(重さ2.5gで長さ20cmの人毛束)を3%ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムと3%ラウリル硫酸ナトリウムを含有した水溶液で洗浄し、水道水流水中で洗い流し風乾させた後、この人毛に下記の処方例3のヘアーローション、又は、処方例4ヘアーローションを各々1gずつ塗布して乾燥させ、乾燥後の毛髪のハリ、コシ、、潤い、櫛通り性について、女性10人のパネラーに最も良いものを〔3点〕、2番目に良いものを〔2点〕、3番目のものを〔1点〕、4番目のものを〔0点〕として選択してもらい評価を行った。尚、対照には、処方例3から製造例1の糖蜜エキスを除いたものを比較例1とし、又、処方例3の製造例1の糖蜜エキスに変えて、市販のフラクトオリゴ糖(日本オリゴ株式会社)を用い、製造例1と同条件で製造したフラクトオリゴ糖エキスを比較例2とし、同様に行った。尚、結果は表3に10人の平均値で表した。

0079

(処方例3)ヘアーローション質量%
1.エタノール50.0
2.ポリオキシエチレン(50EO)硬化ヒマシ油3.0
3.1,3-ブチレングリコール5.0
4.本発明の製造例1の糖蜜エキス5.0
5.精製水100とする残余

0080

(処方例4)ヘアーローション質量%
1.エタノール50.0
2.ポリオキシエチレン(50EO)硬化ヒマシ油3.0
3.1,3-ブチレングリコール5.0
4.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス5.0
5.精製水100とする残余

0081

0082

(試験結果)
表3の通り、本発明の糖蜜エキス、又、本発明の糖蜜酒粕混合エキスを含有したヘアローションは、いずれも評価値が高く、毛髪に適用したときは、毛髪の張り、毛髪のコシ、毛髪のツヤ、毛髪の潤い、毛髪の櫛通り性も良かった。尚、比較例1、比較例2は良い評価ではなかった。

0083

(試験4)使用効果試験4
本発明のサプリメント(ソフトカプセル)実際に使用した場合の効果について検討を行った。使用テストは普段から乾燥肌や肌のシミ・ソバカス・色黒で悩む成人女性20〜60歳の各20名をパネラーとし、毎日、朝と夜の食後の2回、処方例5のサプリメント(ソフトカプセル)、又は、処方例6のサプリメント(ソフトカプセル)を2粒を取り、水にて飲用し、2ヶ月に渡って行った。尚、対照には、処方例5のサプリメント(ソフトカプセル)から製造例1の糖蜜エキスを除いたものを比較例1、又、処方例5の製造例1の糖蜜エキスに変えて、市販のフラクトオリゴ糖(日本オリゴ株式会社)を用い、製造例1と同条件で製造したフラクトオリゴ糖エキスを比較例2とし、同様な方法にて行った。又、評価方法は下記の基準にて目視により行い、結果は表4の通りで表中の数値は人数を表す。尚、使用期間中、異常を訴えた者はなかった。

0084

(処方例5)サプリメント(ソフトカプセル)
下記成分からなるソフトカプセル剤皮の中に製造例1の糖蜜エキスを常法により充填し、1粒300mgのソフトカプセルを得た。
内容物
本発明の製造例1の糖蜜エキス 40mg
食用油脂130mg
剤皮
ゼラチン100mg
グリセリン30mg

0085

(処方例6)サプリメント(ソフトカプセル)
下記成分からなるソフトカプセル剤皮の中に製造例3の糖蜜酒粕混合エキスを常法により充填し、1粒300mgのソフトカプセルを得た。
内容物
本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス 40mg
食用油脂130mg
剤皮
ゼラチン100mg
グリセリン30mg

0086

「乾燥肌の改善効果(保湿効果)」
有 効:乾燥肌が改善された。
やや有効:乾燥肌がやや改善された。
無 効:使用前と変化なし。

0087

「肌のシミ・ソバカス・色黒改善効果」
有 効:肌のシミ・ソバカス・色黒が軽減された。
やや有効:肌のシミ・ソバカス・色黒がやや軽減された。
無 効:使用前と変化なし。

0088

0089

(試験結果)
表4の通り、本発明の糖蜜エキス、又、本発明の糖蜜酒粕混合エキスを含有したサプリメント(ソフトカプセル)については、乾燥肌の改善効果(保湿効果)、又は、肌のシミ・ソバカス・色黒を改善する効果を有することが確認された。しかしながら、比較例1、比較例2は乾燥肌の改善効果(保湿効果)、又は、肌のシミ・ソバカス・色黒を改善する効果はほとんど得られなかった。

0090

(処方例)化粧料組成物又は飲食品組成物の製造
本発明による様々な剤形の製剤を製造した。以下にその処方例を示すが、各処方例は各製品の製造における常法により製造したもので良く、配合量のみを示した。本発明はこれらに限定されるわけではない。

0091

(処方例7)乳液質量%
1.スクワラン5.0
2.オリーブ油5.0
3.ホホバ油5.0
4.セタノール1.5
5.グリセリンモノステアレート2.0
6.ポリオキシエチレン(20)セチルエーテル3.0
7.ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノオレート2.0
8.1,3−ブチレングリコール1.0
9.グリセリン2.0
10.リンゴ酸ナトリウム1.0
11.本発明の製造例1の糖蜜エキス5.0
12.防腐剤(パラオキシ安息香酸エステル) 適量
13.香料適量
14.精製水100とする残余

0092

(処方例8)美白用乳液質量%
1.スクワラン8.0
2.ホホバ油7.0
3.セチルアルコール2.0
4.グリセリンモノステアレート2.0
5.ポリオキシエチレン(20)セチルエーテル3.0
6.1,3-ブチレングリコール1.0
7.グリセリン1.0
8.本発明の製造例1の糖蜜エキス3.0
9.本発明の製造例2の酒粕エキス3.0
10.防腐剤(パラオキシ安息香酸メチル) 適量
11.精製水100とする残余

0093

(処方例9)コールドクリーム質量%
1.サラシミツロウ11.0
2.流動パラフィン22.0
3.ラノリン10.0
4.オリーブ油5.0
5.カミツレ油 5.0
6.パーム油5.0
7.ホウ砂0.5
8.レモングラス葉又は茎抽出液2.0
(エタノール:1,3-ブチレングリコール=1:1抽出溶媒)
9.セイヨウノコギリソウ全草抽出液 2.0
(エタノール:1,3-ブチレングリコール=1:1抽出溶媒)
10.本発明の粗糖清酒粕混合エキス3.0
11.グリチルリチン酸ジカリウム0.1
12.防腐剤(アクリノール) 0.1
13.香料(ラベンダー水) 適量
14.精製水100とする残余

0094

(処方例10)エモリエントクリーム質量%
1.ステアリン酸2.0
2.ステアリルアルコール7.0
3.還元ラノリン2.0
4.スクワラン5.0
5.オクチルドデカノール6.0
6.ポリオキシエチレンセチルエーテル(25E.O.) 3.0
7.親油性モノステアリン酸グリセリン2.0
8.プロピレングリコール2.0
9.1,2-ペンタンジオール2.0
10.紫蘇葉50%プロピレングリコール抽出液2.0
11.豚プラセンタ酵素分解溶液1.0
12.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス1.0
13.抗菌ラクトフェリン溶液) 0.5
14.抗菌・防腐剤(ジンクピジオン) 適量
15.香料(ウンシュウミカン果皮) 適量
16.精製水100とする残余

0095

(処方例11)保湿美容液質量%
1.キサンタンガム0.4
2.ヒドロキシエチルセルロース0.2
3.カルポキシビニルポリマー0.2
4.水酸化カリウム0.02
5.1,3-ブチレングリコール5.0
6.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス5.0
7.オレンジ50%グリセリン抽出液1.0
8.グリチルリチン酸ジカリウム0.2
9.防腐剤(イソプロピルメチルフェノール) 適量
10.香料(ヨモギ水) 適量
11.精製水100とする残余

0096

(処方例12)柔軟性化粧水質量%
1.グリセリン5.0
2.1,3-ブチレングリコール5.0
3.モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O) 1.0
4.エタノール15.0
5.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス5.0
6.チョウセンアザミ50%エタノール抽出液1.0
7.クロレラ30%エタノール抽出液 1.0
8.抗菌・防腐剤(チアミンラウリル硫酸塩) 適量
9.香料(アンバーグリス) 適量
10.精製水100とする残余

0097

(処方例13)収れん化粧水質量%
1.ソルビット2.0
2.POE(20)オレイルアルコール1.0
3.エタノール15.0
4.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス5.0
5.アルピニアカツマダイ種子50%1,2-ペンタンジオール抽出液2.0
6.緑茶50%エタノール抽出液1.0
7.アラントイン0.2
8.収れん剤(スルホ石炭酸亜鉛) 0.2
9.防腐剤(感光素201号) 適量
10.香料(セージ水) 適量
11.精製水100とする残余

0098

(処方例14)ボディローション質量%
1.ポリビニルアルコール15.0
2.カルボキシメチルセルロースナトリウム5.0
3.グリセリン3.0
4.エタノール10.0
5.ヤグルマギク30%1,2-ブチレングリコール抽出液5.0
6.オクラ50%プロピレングリコール抽出液1.0
7.本発明の黒砂糖焼酎粕混合エキス1.0
8.アラントイン0.1
9.防腐剤(パラオキシ安息香酸ブチル) 適量
10.香料(セイヨウハッカ油) 適量

0099

(処方例15)パック質量%
1.ポリビニルアルコール15.0
2.カルボキシメチルセルロースナトリウム5.0
3.プロピレングリコール3.0
4.エタノール10.0
5.ヤグルマギク30%1,2-ブチレングリコール抽出液5.0
6.オクラ50%プロピレングリコール抽出液1.0
7.本発明の乳糖水エキス1.0
8.本発明の焼酎粕エキス1.0
9.防腐剤(イソプロピルメチルフェノール) 適量
10.香料(オレンジ果皮油) 適量

0100

(処方例16)マッサージクリーム(W/O型) 質量%
1.マイクロクリスタリンワックス9.0
2.固形パラフィン2.0
3.ミツロウ3.0
4.ワセリン5.0
5.スクワラン34.0
6.プロピレングリコール5.0
7.モノオレイン酸グリセリン3.5
8.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス2.0
9.防腐剤(パラオキシ安息香酸エチル) 適量
10.精製水100とする残余

0101

(処方例17)クレンジングクリーム(O/W型) 質量%
1.スクワラン85.0
2.ソルビタンモノオレート5.0
3.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス3.0
4.クルミ内果皮2.0
5.防腐剤(パラオキシ安息香酸ブチル) 適量
6.精製水100とする残余

0102

(処方例18)洗顔クリーム質量%
1.ミリスチン酸25.0
2.ステアリン酸5.0
3.プロピレングリコール10.0
4.水酸化カリウム6.0
5.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス2.0
6.ゴボウ根50%1,3-ブチレングリコール抽出液1.0
7.グリチルリチン酸1.0
8.クルミ殻粒 0.1
9.抗菌・防腐剤(2-フェノキシエタノール) 0.1
10.精製水100とする残余

0103

(処方例19)ボディーソープ質量%
1.ラウリン酸カリウム15.0
2.ミリスチン酸カリウム5.0
3.プロピレングリコール5.0
4.サイザルアサ果実又は花70%2,3-ブチレングリコール抽出液1.0
5.ツリガネニンジン果実又は花70%2,3-ブチレングリコール抽出液 1.0
6.当帰根茎70%2,3-ブチレングリコール抽出液 0.5
7.葛根70%1,3-ブチレングリコール抽出液 0.5
8.セイヨウナツユキソウ花又は果実50%エタノール抽出液0.5
9.イラクサ全草70%1,3-ブチレングリコール抽出液 0.5
10.オオバコ全草50%エタノール抽出液 0.5
11.(鮭又はヒラメ、鯛)由来加水分解コラーゲン溶液0.5
12.本発明の製造例3の糖蜜酒粕混合エキス0.5
13.アミノ酸(グルタミン、プロリン、リジン等) 0.5
14.グリチルリチン酸モノアンモニウム0.1
15.抗菌・防腐剤(ウンデシレン酸、フェノキシエタノール) 適量
16.pH調整剤適量
17.香料(オレンジ水) 適量
18.精製水100とする残余

0104

(処方例20)クリームファンデーション(O/W型) 質量%
1.ステアリン酸4.0
2.モノステアリン酸グリセリン3.0
3.セタノール1.5
4.ミリスチン酸イソプロピル7.0
5.流動パラフィン10.0
6.サラシミツロウ3.0
7.トリエタノールアミン1.5
8.グリセリン3.0
9.ベントナイト1.0
10.酸化チタン8.0
11.2,4-ジヒドロキシベンゾフェノン8.0
12.カオリン3.0
13.タルク3.0
14.着色顔料(黄酸化鉄) 1.0
16.温州蜜柑果皮及び果実熱水抽出液乾燥粉末0.2
17.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス乾燥粉末 0.2
18.防腐剤(フェノキシエタノール) 0.1
19.香料(ローズ水蒸気蒸留水) 適量
20.精製水100とする残余

0105

(処方例21)サンスクリーン化粧品(オイルタイプ) 質量%
1.流動パラフィン70.0
2.テトラヒドロキシベンゾフェノン1.0
3.セチルオクタノエート24.0
4.レモングラス葉又は茎30%1,3-ブチレングリコール抽出液1.0
5.ローマカミツレ花10%1,3-ブチレングリコール抽出液 1.0
6.ハトムギ種子50%1,3-ブチレングリコール抽出液 0.5
7.茴香果実30%ブタノール抽出液0.5
8.芍薬根又は葉熱水抽出液0.5
9.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス0.2
10.パラアミノ安息香酸エチル0.2
11.酸化防止剤(ブチルヒドロキシトルエン) 適量
12.香料(ヤグルマギク水) 適量

0106

(処方例22)日焼け止めクリーム質量%
1.疎水化処理酸化亜鉛20.0
2.疎水化処理酸化チタン2.0
3.メトキシケイ皮酸エチルヘキシル7.0
4.デカメチルシクロペンタシロキサン10.0
5.ミリスチン酸イソプロピル5.0
6.ローマカミツレ花10%1,3-ブチレングリコール抽出液1.0
7.本発明の製造例1の糖蜜エキス0.2
8.グリセリン2.5
9.1,3-ブチレングリコール5.0
10.エタノール5.0
11.フェノキシエタノール0.5
12.香料(ラベンダー水) 適量

0107

(処方例23)クリームファンデーション質量%
1.ステアリン酸4.0
2.モノステアリン酸グリセリン3.0
3.セタノール1.5
4.ミリスチン酸イソプロピル7.0
5.流動パラフィン10.0
6.サラシミツロウ3.0
7.ベントナイト1.0
8.酸化チタン8.0
9.タルク3.0
10.着色顔料(黄酸化鉄) 1.0
11.本発明の乳糖乾燥粉末0.5
12.オウゴン70%エチレングリコール抽出乾燥粉末0.5
13.防腐剤(パラオキシ安息香酸エチル) 適量
14.香料(ユーカリ油) 適量
15.精製水100とする残余

0108

(処方例24)スタイリングジェル質量%
1.カルボキシビニルポリマー0.1
2.アクリル酸/メタクリル酸アルキル共重合体0.1
3.水酸化ナトリウム0.08
4.ビニルピロリドン・酢酸ビニル共重合体液 10.0
5.水酸化ナトリウム 0.05
6.ピロリドンカルボン酸ナトリウム0.1
7.本発明の製造例4の糖蜜酒粕混合エキス2.0
8.防腐剤(パラオキシ安息香酸ブチル) 適量
9.精製水100とする残余

0109

(処方例25)アイシャドウ質量%
1.マイカ10.0
2.チタン10.0
3.タルク5.0
4.ジメチルポリシロキサン3.0
5.ステアリン酸マグネシウム2.0
6.ラウリン酸亜鉛3.0
7.流動パラフィン10.0
8.本発明の麦芽糖味醂粕混合エキス2.0
9.防腐剤(プロピルパラベン、イソブチルパラベン) 適量
10.精製水100とする残余

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ