図面 (/)

技術 衛生用紙収納具

出願人 株式会社無有
発明者 伊藤博
出願日 2018年10月3日 (2年1ヶ月経過) 出願番号 2018-187852
公開日 2018年12月27日 (1年10ヶ月経過) 公開番号 2018-202211
状態 特許登録済
技術分野 トイレットペーパー・同用具 内容物取出用特殊手段をもつ容器・包装体
主要キーワード 切り抜き部分 折曲げ角 山折線 谷折線 先端辺 引き出し口 収納具 侵入経路
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年12月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具を提供する。

解決手段

衛生用紙収納具1は、ロール状の衛生用紙90を収納する箱体6からなる組立式の衛生用紙収納具である。衛生用紙収納具1は、所定の折り線に沿って折り曲げられることにより箱体6となる紙製板状部材60を備えている。板状部材60は、外板部10及び内板部20を有している。外板部10は、箱体6における衛生用紙90の取出口が形成される面である主面S1を構成する。内板部20は、外板部10の裏面に重なるように設けられており、外板部10と共に主面S1を構成する。外板部10は、外板部10の表面側に折り曲げられることにより取出口となる開口14を外板部10に生じさせる折曲部12を有している。内板部20は、内板部20の表面側に折り曲げられることにより箱体6において開口14を通過して折曲部12と向かい合わせになる折曲部22を有している。

概要

背景

従来の衛生用紙収納具としては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載された衛生用紙収納具は、ロール状の衛生用紙(ロールペーパー)を収納する紙製箱体からなる。衛生用紙収納具の1つの面には、使用時に衛生用紙を引き出すための開口(引き出し口)が設けられている。

概要

内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具を提供する。衛生用紙収納具1は、ロール状の衛生用紙90を収納する箱体6からなる組立式の衛生用紙収納具である。衛生用紙収納具1は、所定の折り線に沿って折り曲げられることにより箱体6となる紙製の板状部材60を備えている。板状部材60は、外板部10及び内板部20を有している。外板部10は、箱体6における衛生用紙90の取出口が形成される面である主面S1を構成する。内板部20は、外板部10の裏面に重なるように設けられており、外板部10と共に主面S1を構成する。外板部10は、外板部10の表面側に折り曲げられることにより取出口となる開口14を外板部10に生じさせる折曲部12を有している。内板部20は、内板部20の表面側に折り曲げられることにより箱体6において開口14を通過して折曲部12と向かい合わせになる折曲部22を有している。

目的

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ロール状の衛生用紙収納する箱体からなる組立式の衛生用紙収納具であって、所定の折り線に沿って折り曲げられることにより、前記箱体となる紙製板状部材を備え、前記板状部材は、前記箱体における前記衛生用紙の取出口が形成される面である主面を構成する外板部と、前記箱体において前記外板部の裏面に重なるように設けられ、当該外板部と共に前記主面を構成する内板部と、を有し、前記外板部は、当該外板部の表面側に折り曲げられることにより前記取出口となる第1の開口を当該外板部に生じさせる第1の折曲部を有し、前記内板部は、当該内板部の表面側に折り曲げられることにより、前記箱体において前記第1の開口を通過して前記第1の折曲部と向かい合わせになる第2の折曲部を有することを特徴とする衛生用紙収納具。

請求項2

請求項1に記載の衛生用紙収納具において、前記第1の折曲部と前記第1の開口とは、形状及び大きさが互いに等しい衛生用紙収納具。

請求項3

請求項1又は2に記載の衛生用紙収納具において、前記箱体において前記衛生用紙の中心軸に平行な方向を横方向としたとき、前記第1及び第2の折曲部は、横長の形状をしている衛生用紙収納具。

請求項4

請求項3に記載の衛生用紙収納具において、前記第1の折曲部の横方向の長さは、前記外板部の横方向の長さの60%以上80%以下である衛生用紙収納具。

請求項5

請求項3又は4に記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部の横方向の長さは、前記第1の折曲部の横方向の長さに等しい衛生用紙収納具。

請求項6

請求項3乃至5の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部の縦方向の長さは、前記第1の折曲部の縦方向の長さよりも大きい衛生用紙収納具。

請求項7

請求項6に記載の衛生用紙収納具において、前記第1及び第2の折曲部の縦方向の長さの差は、5mm以上10mm以下である衛生用紙収納具。

請求項8

請求項3乃至7の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第1の折曲部の縦方向の長さは、7mm以上15mm以下である衛生用紙収納具。

請求項9

請求項3乃至8の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部の縦方向の長さは、12mm以上25mm以下である衛生用紙収納具。

請求項10

請求項1乃至9の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部の先端辺は、複数の凸部を有する衛生用紙収納具。

請求項11

請求項10に記載の衛生用紙収納具において、前記先端辺が有する前記複数の凸部は、先端が角張った凸部である角凸部を含む衛生用紙収納具。

請求項12

請求項11に記載の衛生用紙収納具において、前記先端辺が有する前記複数の凸部は、先端が丸みを帯びた凸部である丸凸部を含む衛生用紙収納具。

請求項13

請求項12に記載の衛生用紙収納具において、前記先端辺において最端に位置する前記凸部は、前記丸凸部である衛生用紙収納具。

請求項14

請求項10乃至13の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記先端辺において最端に位置する前記凸部は、当該先端辺において最端以外に位置する前記凸部よりも出っ張っている衛生用紙収納具。

請求項15

請求項1乃至14の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部の先端辺は、凹部を有し、前記凹部は、当該凹部を通じて前記衛生用紙を摘めるように構成されている衛生用紙収納具。

請求項16

請求項15に記載の衛生用紙収納具において、前記凹部は、前記先端辺の中央に設けられている衛生用紙収納具。

請求項17

請求項1乃至16の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記箱体において前記第2の折曲部の折目は、平面視で、前記第1の開口の外側に存在する衛生用紙収納具。

請求項18

請求項1乃至17の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部は、前記内板部の表面側に折り曲げられることにより前記第1の開口に重なる第2の開口を前記内板部に生じさせる衛生用紙収納具。

請求項19

請求項1乃至18の何れかに記載の衛生用紙収納具において、当該衛生用紙収納具の使用時、前記第1の折曲部は、前記主面の斜め上方に折り曲げられた状態にある衛生用紙収納具。

請求項20

請求項19に記載の衛生用紙収納具において、前記第1の折曲部は、前記主面の斜め上方に折り曲げられた状態で前記第2の折曲部に接する衛生用紙収納具。

請求項21

請求項1乃至20の何れかに記載の衛生用紙収納具において、当該衛生用紙収納具の使用時、前記第2の折曲部は、前記主面の斜め上方に折り曲げられた状態にある衛生用紙収納具。

請求項22

請求項21に記載の衛生用紙収納具において、前記第2の折曲部は、前記主面の斜め上方に折り曲げられた状態で前記第1の折曲部に接する衛生用紙収納具。

請求項23

請求項1乃至22の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記板状部材は、前記箱体における前記主面と対向する面である底面を構成する底板部と、前記箱体における前記主面と交わる面である4つの側面を構成する4つの側板部と、を有する衛生用紙収納具。

請求項24

請求項23に記載の衛生用紙収納具において、前記底板部は、矩形状をしており、前記4つの側板部は、前記底板部の各辺に連設されている衛生用紙収納具。

請求項25

請求項23に記載の衛生用紙収納具において、前記板状部材において前記4つの側板部は、一連に設けられている衛生用紙収納具。

請求項26

請求項23乃至25の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記4つの側板部のうち少なくとも1つには、前記箱体において他の側板部に重なるように設けられた糊代部が連設されている衛生用紙収納具。

請求項27

請求項23乃至26の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記板状部材は、前記外板部に連設された第1の補助部を有し、前記外板部と前記第1の補助部との境界に沿って第1のスリットが設けられており、前記4つの側板部の何れか1つには、前記第1のスリットに挿入される第1の爪部が連設されている衛生用紙収納具。

請求項28

請求項23乃至27の何れかに記載の衛生用紙収納具において、前記板状部材は、前記内板部に連設された第2の補助部を有し、前記内板部と前記第2の補助部との境界に沿って第2のスリットが設けられており、前記4つの側板部の何れか1つには、前記第2のスリットに挿入される第2の爪部が連設されている衛生用紙収納具。

技術分野

0001

本発明は、ロール状の衛生用紙収納する組立式の衛生用紙収納具に関する。

背景技術

0002

従来の衛生用紙収納具としては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載された衛生用紙収納具は、ロール状の衛生用紙(ロールペーパー)を収納する紙製箱体からなる。衛生用紙収納具の1つの面には、使用時に衛生用紙を引き出すための開口(引き出し口)が設けられている。

先行技術

0003

特開2015−208502号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上述の衛生用紙収納具においては、開口を通じて衛生用紙の一端を引っ張ることにより、所望の長さの衛生用紙を引き出すことができる。しかしながら、開口が常に開放された状態にあるため、当該開口を通じて衛生用紙収納具の内部に埃が侵入しやすいという問題がある。

0005

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明による衛生用紙収納具は、ロール状の衛生用紙を収納する箱体からなる組立式の衛生用紙収納具であって、所定の折り線に沿って折り曲げられることにより、上記箱体となる紙製の板状部材を備え、上記板状部材は、上記箱体における上記衛生用紙の取出口が形成される面である主面を構成する外板部と、上記箱体において上記外板部の裏面に重なるように設けられ、当該外板部と共に上記主面を構成する内板部と、を有し、上記外板部は、当該外板部の表面側に折り曲げられることにより上記取出口となる第1の開口を当該外板部に生じさせる第1の折曲部を有し、上記内板部は、当該内板部の表面側に折り曲げられることにより、上記箱体において上記第1の開口を通過して上記第1の折曲部と向かい合わせになる第2の折曲部を有することを特徴とする。

0007

この衛生用紙収納具においては、折り線に沿って板状部材を折り曲げることにより、箱体が得られる。板状部材は、箱体における取出口の形成面(主面)を構成する外板部及び内板部を有している。外板部及び内板部には、それぞれ、主面の上方(外板部及び内板部の表面側)に折り曲げられる第1及び第2の折曲部が設けられている。第1の折曲部は、折り曲げられることにより、取出口となる第1の開口を外板部に生じさせる。第2の折曲部は、折り曲げられることにより、第1の開口を通過して第1の折曲部と向かい合わせになる。このため、折り曲げられた第1及び第2の折曲部は、取出口(第1の開口)の上方において互いに向かい合わせとなる。これにより、かかる折曲部が存在しない場合に比して、取出口を通じて箱体(衛生用紙収納具)の内部に埃が侵入しにくくなる。

発明の効果

0008

本発明によれば、内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具が実現される。

図面の簡単な説明

0009

本発明による衛生用紙収納具の一実施形態を示す斜視図である。
図1のII−II線に沿った端面図である。
組立前の衛生用紙収納具1を示す平面図(展開図)である。
外板部10を示す平面図である。
内板部20を示す平面図である。
箱体6から衛生用紙90を引き出す様子を示す端面図である。
衛生用紙収納具1の効果を説明するための平面図である。
図7のVIII−VIII線に沿った端面図である。
衛生用紙収納具1の効果を説明するための端面図である。
一変形例に係る折曲部22を示す平面図である。
他の変形例に係る折曲部22を示す平面図である。
他の変形例に係る折曲部22を示す平面図である。
他の変形例に係る折曲部22を示す平面図である。
図13の凹部54の機能について説明するための平面図である。
他の変形例に係る折曲部22を示す平面図である。
一変形例に係る板状部材60を示す平面図である。
一変形例に係る側板部64を示す平面図である。

実施例

0010

以下、図面を参照しつつ、本発明の実施形態について詳細に説明する。なお、図面の説明においては、同一要素には同一符号を付し、重複する説明を省略する。

0011

図1は、本発明による衛生用紙収納具の一実施形態を示す斜視図である。また、図2は、図1のII−II線に沿った端面図である。衛生用紙収納具1は、ロール状の衛生用紙90を収納する箱体6からなる組立式の衛生用紙収納具である。図1及び図2は、組立後の衛生用紙収納具1を示している。本実施形態において箱体6は、全体が厚紙からなる。箱体6は、直方体状をしている。

0012

衛生用紙90としては、例えば、ティッシュペーパートイレットペーパーペーパータオル等が挙げられる。ここで、ロール状の衛生用紙90とは、帯状の衛生用紙90がその短手方向に平行な軸周り巻回されたものをいう。衛生用紙90の中心部には、円筒状の芯が設けられていてもよいし、かかる芯が設けられていなくてもよい。

0013

衛生用紙収納具1は、外板部10及び内板部20を備えている。外板部10は、箱体6の主面S1を構成している。主面S1は、衛生用紙90の取出口が形成される面である。衛生用紙収納具1は、主面S1を上向きにして使用されてもよいし、主面S1を横向きにして使用されてもよい。

0014

内板部20は、外板部10の裏面に重なるように設けられており、外板部10と共に主面S1を構成している。このように、主面S1は、外板部10及び内板部20からなる二重構造をしている。

0015

図3は、組立前の衛生用紙収納具1を示す平面図(展開図)である。衛生用紙収納具1は、板状部材60を備えている。同図は、板状部材60の表面側を示している。板状部材60は、紙製である。本実施形態において板状部材60は、厚紙製である。板状部材60は、平坦シート状をしており、1枚の厚紙から形成されている。板状部材60は、所定の折り線(後述する山折線及び谷折線)に沿って折り曲げられることにより、上述の箱体6となる。折り線には、当該折り線に沿って板状部材60を折り曲げやすいように、折り筋が予め形成されていることが好ましい。ただし、折り線は、ユーザに折目となる位置を知らせるための、板状部材60に印刷された線のみからなっていてもよい。本実施形態において箱体6は、1枚の板状部材60のみによって構成される。

0016

板状部材60は、上述の外板部10及び内板部20に加えて、底板部61、及び4つの側板部62,63,64,65を有している。外板部10、内板部20、底板部61及び各側板部62,63,64,65は、矩形状をしている。これらの各部の1辺の長さは、例えば、110mm〜125mm程度である。底板部61は、箱体6における主面S1と対向する面である底面を構成する。側板部62,63,64,65は、箱体6における主面S1と交わる面である4つの側面を構成する。

0017

底板部61の各辺には、側板部62,63,64,65が連設されている。底板部61と各側板部62,63,64,65との境界上には、山折線が設けられている。4つの側板部62,63,64,65の少なくとも1つには、糊代部72が連設されている。糊代部72は、箱体6において他の側板部62,63,64,65の裏面に重なるように設けられている。衛生用紙収納具1の組立時、糊代部72の表面には、等の接着剤が必要に応じて塗布される。本実施形態において糊代部72は、側板部62及び側板部64に連設されている。詳細には、側板部62の両端に糊代部72が連設されるとともに、側板部64の両端に糊代部72が連設されている。側板部62と各糊代部72との境界上には、山折線が設けられている。同様に、側板部64と各糊代部72との境界上にも、山折線が設けられている。

0018

側板部62には、外板部10が連設されている。側板部62と外板部10との境界上には、山折線が設けられている。外板部10には、補助部74(第1の補助部)が連設されている。外板部10と補助部74との境界上には、山折線が設けられている。また、外板部10と補助部74との境界に沿って、スリット75(第1のスリット)が設けられている。

0019

4つの側板部62,63,64,65の何れか1つには、スリット75に挿入される爪部76(第1の爪部)が連設されている。本実施形態において爪部76は、側板部64に連設されている。側板部64と爪部76との境界上には、山折線が設けられている。

0020

側板部65には、内板部20が連設されている。側板部65と内板部20との境界上には、山折線が設けられている。内板部20には、補助部77(第2の補助部)が連設されている。内板部20と補助部77との境界上には、山折線が設けられている。また、内板部20と補助部77との境界に沿って、スリット78(第2のスリット)が設けられている。

0021

4つの側板部62,63,64,65の何れか1つには、スリット78に挿入される爪部79(第2の爪部)が連設されている。本実施形態において爪部79は、側板部63に連設されている。側板部63と爪部79との境界上には、山折線が設けられている。

0022

図4は、外板部10を示す平面図である。同図は、図3に示す外板部10を上下及び左右に反転させて示している。外板部10は、折曲部12(第1の折曲部)を有している。折曲部12は、外板部10の表面側に折り曲げられることにより、取出口となる開口14(第1の開口)を外板部10に生じさせる(図1及び図2参照)。折曲部12と開口14とは、形状及び大きさが互いに等しい。

0023

箱体6において衛生用紙90の中心軸に平行な方向を横方向(図3及び図4の上下方向)としたとき、折曲部12は、横長の形状をしている。ここで、衛生用紙90の中心軸とは、ロール状の衛生用紙90を円柱又は円筒と見た場合における当該円柱又は円筒の中心軸に相当する仮想的な軸をいう。本実施形態において折曲部12は、長方形状をしている。折曲部12の横方向の長さd1は、外板部10の横方向の長さd2の60%以上80%以下であることが好ましい。折曲部12の縦方向図3及び図4の左右方向)の長さd3は、例えば、7mm以上15mm以下である。

0024

外板部10には、切込線として、ミシン目32、ミシン目34及びミシン目36が形成されている。また、外板部10には、谷折線38が形成されている。これらのミシン目32,34,36と谷折線38とで囲まれた部分が、折曲部12である。ミシン目32及び谷折線38は、横方向に延在する直線に沿って形成されている。ミシン目34及びミシン目36は、縦方向に延在する直線に沿って形成されている。ミシン目34は、ミシン目32の一端と谷折線38の一端とを結んでいる。ミシン目36は、ミシン目32の他端と谷折線38の他端とを結んでいる。ミシン目32,34,36に沿って外板部10に切目を入れることにより、谷折線38を折目として折曲部12を外板部10の表面側に折り曲げられるようになる。

0025

図5は、内板部20を示す平面図である。内板部20は、折曲部22(第2の折曲部)を有している。折曲部22は、内板部20の表面側に折り曲げられることにより、箱体6において開口14に重なる開口24(第2の開口)を内板部20に生じさせる(図2参照)。折曲部22と開口24とは、形状及び大きさが互いに等しい。また、折曲部22は、内板部20の表面側に折り曲げられることにより、箱体6において開口14を通過して折曲部12と向かい合わせになる。ここで、折曲部12と折曲部22とが向かい合わせになるとは、折曲部12の裏面と折曲部22の裏面とが対向するということである。

0026

折曲部22は、横長の形状をしている。本実施形態において折曲部22は、長方形状をしている。折曲部22の横方向の長さd4は、折曲部12の横方向の長さd1に等しい。折曲部22の縦方向の長さd5は、折曲部12の縦方向の長さd3よりも大きい。折曲部12及び折曲部22の縦方向の長さの差(d5−d3)は、5mm以上10mm以下であることが好ましい。折曲部22の縦方向の長さd5は、例えば、12mm以上25mm以下である。

0027

内板部20には、切込線として、ミシン目42、ミシン目44及びミシン目46が形成されている。また、内板部20には、、谷折線48が形成されている。これらのミシン目42,44,46と谷折線48とで囲まれた部分が、折曲部22である。ミシン目42及び谷折線48は、横方向に延在する直線に沿って形成されている。ミシン目44及びミシン目46は、縦方向に延在する直線に沿って形成されている。ミシン目44は、ミシン目42の一端と谷折線48の一端とを結んでいる。ミシン目46は、ミシン目42の他端と谷折線48の他端とを結んでいる。

0028

外板部10及び内板部20が重ね合わされた状態のとき、ミシン目42は、平面視で、谷折線38よりも外側(図4及び図5の左側)に位置する。同様の状態のとき、ミシン目44、ミシン目46及び谷折線48は、平面視で、それぞれミシン目34、ミシン目36及びミシン目32に略一致する。ただし、谷折線48は、平面視で、ミシン目32よりも外側(図4及び図5の右側)に位置してもよい。その場合、折曲部12,22が折り曲げられた後、折曲部22の折目は、平面視で、開口14の外側に存在することになる。ミシン目42,44,46に沿って内板部20に切目を入れることにより、谷折線48を折目として折曲部22を内板部20の表面側に折り曲げられるようになる。

0029

図3に戻って、衛生用紙収納具1の組立方法の一例を説明する。まず、折曲部12及び折曲部22をそれぞれ外板部10及び内板部20の表面側に折り曲げる。次に、糊代部72を側板部62及び側板部64に対して略直角になるように山折りする。続いて、側板部62,63,64,65を底板部61に対して略直角になるように山折りする。このとき、糊代部72が側板部63及び側板部65の裏面に重なるようにする。これにより、箱体6の底面と4つの側面とが得られる。

0030

その後、補助部77を内板部20に対して略直角になるように山折りするとともに、内板部20を側板部65に対して略直角になるように山折りすることにより、内板部20を底板部61に対向させる。このとき、補助部77が側板部63の裏面に重なるようにしつつ、爪部79を山折りしてスリット78に挿入する。次に、補助部74を外板部10に対して略直角になるように山折りするとともに、外板部10を側板部62に対して略直角になるように山折りすることにより、折曲部22が開口14を通過するようにしながら外板部10を内板部20上に重ねる。このとき、補助部74が側板部64の裏面に重なるようにしつつ、爪部76を山折りしてスリット75に挿入する。以上により、図1に示す衛生用紙収納具1が得られる。

0031

組立後の衛生用紙収納具1は、折曲部12及び折曲部22が主面S1の上方(外板部10及び内板部20の表面側)に折り曲げられた状態で使用される。本実施形態においては、折曲部12が折曲部22に向かって主面S1の斜め上方に折り曲げられるとともに、折曲部22が折曲部12に向かって主面S1の斜め上方に折り曲げられる。すなわち、衛生用紙収納具1の使用時、折曲部12及び折曲部22は、主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態にある。折曲部12及び折曲部22は、主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態(かつ折曲部12と折曲部22との間に衛生用紙90が介在しない状態)で、互いに接することが好ましい。折曲部22の先端を構成する辺である先端辺22aの主面S1からの高さh2(図2参照)は、折曲部12の先端を構成する辺である先端辺12aの主面S1からの高さh1よりも大きい。

0032

図6に示すように、取出口(開口14)を通じて衛生用紙90の一端を引っ張ることにより、所望の長さの衛生用紙90を衛生用紙収納具1(箱体6)から引き出すことができる。

0033

衛生用紙収納具1の効果を説明する。衛生用紙収納具1においては、折り線に沿って板状部材60を折り曲げることにより、箱体6が得られる。板状部材60は、箱体6における取出口の形成面(主面S1)を構成する外板部10及び内板部20を有している。外板部10及び内板部20には、それぞれ、主面S1の上方(外板部10及び内板部20の表面側)に折り曲げられる折曲部12及び折曲部22が設けられている。折曲部12は、折り曲げられることにより、取出口となる開口14を外板部10に生じさせる。折曲部22は、折り曲げられることにより、開口14を通過して折曲部22と向かい合わせになる。このため、折り曲げられた折曲部12及び折曲部22は、取出口(開口14)の上方において互いに向かい合わせとなる。これにより、かかる折曲部が存在しない場合に比して、取出口を通じて箱体6(衛生用紙収納具1)の内部に埃が侵入しにくくなる。したがって、内部に埃が侵入しにくい構造の衛生用紙収納具1が実現されている。

0034

また、折り曲げられた折曲部12,22が取出口の上方で互いに向かい合わせとなるため、取出口から引き出された衛生用紙90が折曲部12,22によって保持され、箱体6の中に落ち込みにくいという利点もある。

0035

衛生用紙収納具1において箱体6は、板状部材60を組み立てることにより得られる。それゆえ、組立前の衛生用紙収納具1は、平面的な形状をしている。このため、衛生用紙収納具1は、収納時や運搬時に嵩張りにくい。

0036

衛生用紙収納具1の使用時、折曲部12は、主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態にある。この場合、平面視で、すなわち主面S1に垂直な方向から見たとき、折り曲げられた折曲部12が取出口の一部に重なる。このため、折曲部12が主面S1の垂直上方に折り曲げられた場合に比して、埃が一層侵入しにくくなる。

0037

折曲部12が主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態で折曲部22に接する場合、折曲部12が折曲部22から離間している場合に比して、埃の侵入経路が狭くなるため、埃が一層侵入しにくくなる。また、折曲部12の衛生用紙90に対する保持力を高めるのに有利である。

0038

折曲部12と開口14とは、形状及び大きさが互いに等しい。この場合、外板部10に切り抜き部分を設ける必要がないため、外板部10の形成が容易となる。

0039

衛生用紙収納具1の使用時、折曲部22は、主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態にある。この場合、平面視で、折り曲げられた折曲部22が取出口の少なくとも一部に重なる。このため、折曲部22が主面S1の垂直上方に折り曲げられた場合に比して、埃が一層侵入しにくくなる。

0040

折曲部22が主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態で折曲部12に接する場合、折曲部22が折曲部12から離間している場合に比して、埃の侵入経路が狭くなるため、埃が一層侵入しにくくなる。また、折曲部22の衛生用紙90に対する保持力を高めるのに有利である。

0041

主面S1は、外板部10及び内板部20からなる二重構造をしている。これにより、主面S1の強度を高めることができる。また、この場合、縦方向について、折曲部12の長さd3と折曲部22の長さd5との和を、開口14の長さ(折曲部12の長さd3に等しい。)よりも大きくすることができる。このことは、埃の侵入を防ぐのに有利である。

0042

これに対し、主面S1が図7に示す1枚の厚紙100のみからなる場合を考える。図8は、図7のVIII−VIII線に沿った端面図である。厚紙100には、主面S1の上方に折り曲げられることにより互いに向かい合わせとなる折曲部102,104が設けられている。なお、図7は折曲部102,104が折り曲げられる前の状態を示し、図8は折曲部102,104が折り曲げられた後の状態を示している。折曲部102,104が折り曲げられることにより、厚紙100に取出口となる開口106が生じる。このように主面S1を1枚の厚紙で構成した場合であっても、2つの折曲部102,104が取出口(開口106)の上方で互いに向かい合わせとなる構造を実現することが可能である。

0043

しかしながら、この場合、縦方向(図7及び図8の左右方向)について、折曲部102の長さと折曲部104の長さとの和を、開口106の長さよりも大きくすることができないという問題がある。また、折曲部102,104を折り曲げると、両者の間には必ず隙間が生じることになる。そのため、折曲部102,104が折り曲げられた状態で両者が互いに接する構造を実現できないという問題もある。

0044

折曲部12及び折曲部22は、横長の形状をしている。この場合、取出口の形状も横長になるため、衛生用紙90を取り出しやすくなる。

0045

折曲部12の横方向の長さd1が大きすぎると、横方向について取出口から外板部10の端までの距離が小さくなり、外板部10ひいては主面S1の強度が不充分になるおそれがある。かかる観点から、長さd1は、外板部10の横方向の長さd2の80%以下であることが好ましい。他方、長さd1が小さすぎると、取出口の横方向の長さも小さくなり、衛生用紙90を取り出しにくくなるおそれがある。かかる観点から、長さd1は、長さd2の60%以上であることが好ましい。

0046

折曲部22の横方向の長さd4は、折曲部12の横方向の長さd1に等しい。この場合、横方向について取出口の全体に折曲部22が延在することになるため、埃の侵入を防ぐのに有利である。ただし、長さd4を長さd1より僅かに(例えば0.1mm〜3mm程度)小さくしてもよい。そうすることにより、折曲部22が開口14を通過しやすくなり、衛生用紙収納具1の組立てが容易になる。

0047

折曲部22の縦方向の長さd5は、折曲部12の縦方向の長さd3よりも大きい。この場合、折曲部12,22が折り曲げられた状態で、折曲部22の先端辺22aの高さh2を、折曲部12の先端辺12aの高さh1よりも大きくしやすくなる。このように高さh2を高さh1よりも大きくすることにより、図9に示すように、折曲部22の先端辺22aの位置で衛生用紙90を切断したときに、先端辺12aと先端辺22aとの間に衛生用紙90を残すことができる。これにより、衛生用紙90を再び引き出す際に、衛生用紙90の一端を摘みやすくなる。

0048

折曲部22の折目が平面視で開口14の外側に存在する場合、折曲部22を折り曲げる際、折曲部22に開口14の縁が干渉する。このため、折曲部22の折曲げ角度が大きくなりすぎるのを規制することができる。これにより、折曲部22が主面S1の斜め上方に折り曲げられた状態を維持しやすくなる。かかる観点から、折曲部12,22が折り曲げられる前の状態における谷折線48とミシン目32との平面視での間隔は、0.1mm〜0.5mm程度とすることが好ましい。

0049

折曲部22は、内板部20の表面側に折り曲げられることにより、開口14に重なる開口24を内板部20に生じさせる。この場合、取出口の周囲全体を包囲するように内板部20が外板部10の裏面を覆うため、主面S1の強度を高めるのに有利である。

0050

板状部材60は、底板部61の各辺に連設された側板部62,63,64,65を有している。かかる構成により、底板部61の各辺に沿って側板部62,63,64,65を折り曲げるだけで、箱体6の底面及び側面を容易に形成することができる。

0051

側板部62,63,64,65の少なくとも1つには、糊代部72が連設されている。これにより、当該糊代部72が連設された側板部と他の側板部とを接着剤によって確実に固定することができる。

0052

板状部材60は、外板部10に連設された補助部74を有している。そして、外板部10と補助部74との境界に沿ってスリット75が設けられるとともに、側板部62,63,64,65の1つに爪部76が連設されている。これにより、接着剤を用いなくても、外板部10を側板部に固定することができる。また、組立後の衛生用紙収納具1において外板部10が開閉自在となるため、箱体6に対して衛生用紙90を出し入れしやすくなる。

0053

板状部材60は、内板部20に連設された補助部77を有している。そして、内板部20と補助部77との境界に沿ってスリット78が設けられるとともに、側板部62,63,64,65の1つに爪部79が連設されている。これにより、接着剤を用いなくても、内板部20を側板部に固定することができる。また、組立後の衛生用紙収納具1において内板部20が開閉自在となるため、箱体6に対して衛生用紙90を出し入れしやすくなる。

0054

本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、様々な変形が可能である。上記実施形態においては、折曲部22の先端辺22aが直線状をしている場合を例示した。しかし、先端辺22aは、図10に示すように、複数の凸部52を有していてもよい。同図において、先端辺22aが有する複数の凸部52は、先端が角張った凸部である角凸部と、先端が丸みを帯びた凸部である丸凸部とを含んでいる。先端辺22aにおいて最端に位置する凸部52aは、先端辺22aにおいて最端以外に位置する凸部52bよりも出っ張っている。凸部52aは丸凸部であり、凸部52bは角凸部である。なお、本例におけるように折曲部22の縦方向の寸法が一定でない場合、当該寸法の最大値をもって折曲部22の縦方向の長さd5とする。

0055

このように本例においては、先端辺22aに複数の凸部52が設けられている。これにより、折曲部22の衛生用紙に対する保持力を強化することができる。複数の凸部52は、角凸部を含んでいる。かかる角凸部を用いることにより、折曲部22の先端辺22aで衛生用紙90を切断しやすくなる。先端辺22aにおいて最端に位置する凸部52aは、最端以外に位置する凸部52bよりも出っ張っている。丸凸部である凸部52aを出っ張らせることにより、ユーザ(特に子供)が角凸部である凸部52bに触れて怪我をするリスクを低減することができる。

0056

ただし、凸部52aを凸部52bよりも出っ張らせることは、必須でない。すなわち、先端辺22aが有する全ての凸部52の先端が揃っていてもよい。また、図11に示すように先端辺22aが有する全ての凸部52を角凸部としてもよいし、図12に示すように先端辺22aが有する全ての凸部52を丸凸部としてもよい。

0057

上記実施形態において先端辺22aは、図13に示すように、凹部54を有していてもよい。同図において凹部54は、凹部54を通じて衛生用紙90を摘めるように構成されている。すなわち、凹部54は、図14に示すように、衛生用紙90における凹部54に重なる部分(斜線部分)を2本の指(通常、親指人差指)で摘むのに充分な大きさを有している。本例において凹部54は、半円状をしている。また、凹部54は、先端辺22aの中央に設けられている。なお、先端辺22aにおける凹部54が設けられていない領域には、図15に示すように、上述の凸部52(角凸部及び/又は丸凸部)を設けてもよい。

0058

このように本例においては、先端辺22aに凹部54が設けられている。これにより、先端辺22aの位置で衛生用紙90を切断した後、衛生用紙90を再び引き出す際に、衛生用紙90の一端を摘みやすくなる。凹部54は、先端辺22aの中央に設けられている。これにより、凹部54を通じて衛生用紙90の中央付近を摘めるため、衛生用紙90をバランスよく引き出すことができる。

0059

上記実施形態においては、各切込線がミシン目(ミシン目32,34,36,42,44,46)である場合を例示した。すなわち、切込線の両側に力を加えたときに初めて当該切込線に沿って切目が入るように構成されている場合を例示した。しかし、切込線には、予め切目が入っていてもよい。

0060

上記実施形態においては、4つの側板部62,63,64,65が底板部61の各辺に連設された場合を例示した。しかし、板状部材60において4つの側板部62,63,64,65は、図16に示すように、一連に設けられていてもよい。同図において底板部61は、4つの紙片61a,61b,61c,61dに分かれている。これらの紙片61a,61b,61c,61dは、それぞれ側板部62,63,64,65に連設されている。衛生用紙収納具1の組立時、紙片61a上に紙片61b,61dを重ねるとともに、紙片61cの凸部を紙片61aの凹部に差し込みながら紙片61b,61d上に61cを重ねることにより、箱体6の底面を得ることができる。かかる構成の場合、側板部62,63,64,65どうしの間に継目が1か所(側板部63と側板部64との間)しか生じないため、組立後の衛生用紙収納具1において側面からの埃の侵入を防ぐのに有利となる。

0061

上記実施形態において側板部64には、図17に示すように、爪部76に連続する切込線64aが設けられていてもよい。同図において切込線64aは、爪部76の両端から側板部64の内部に向かって延在している。かかる切込線64aを設けることにより、爪部76の可動域が広がるため、組立時に爪部76をスリット75に挿入しやすくなる。同様に、側板部63にも、爪部79に連続する切込線を設けてもよい。

0062

1衛生用紙収納具
6箱体
10外板部
12折曲部(第1の折曲部)
12a先端辺
14 開口(第1の開口)
20内板部
22 折曲部(第2の折曲部)
22a 先端辺
24 開口(第2の開口)
32ミシン目
34 ミシン目
36 ミシン目
38谷折線
42 ミシン目
44 ミシン目
46 ミシン目
48 谷折線
52 凸部
54 凹部
60板状部材
61底板部
62側板部
63 側板部
64 側板部
65 側板部
72糊代部
74補助部(第1の補助部)
75スリット(第1のスリット)
76 爪部(第1の爪部)
77 補助部(第2の補助部)
78 スリット(第2のスリット)
79 爪部(第2の爪部)
90 衛生用紙

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ