図面 (/)

技術 平版印刷用インキ、平版インキ用ワニスおよびそれを用いた印刷物の製造方法

出願人 東レ株式会社
発明者 井上武治郎辻祐一村瀬清一郎定国広宣
出願日 2018年8月28日 (10ヶ月経過) 出願番号 2018-159424
公開日 2018年11月29日 (7ヶ月経過) 公開番号 2018-188671
状態 未査定
技術分野 インキ、鉛筆の芯、クレヨン 印刷方法
主要キーワード ローラーギャップ 塩基性洗剤 VOC排出量 圧縮試料 ポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸エステル 損失正接tanδ 親水性骨格 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年11月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

高感度活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の地汚れ耐性および硬化膜耐水性にも優れる平版印刷用インキ平版インキワニス、および印刷物の製造方法を提供する。

解決手段

平版印刷用インキは、(a)顔料、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を含み、高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備え、さらに印刷時の地汚れ耐性および硬化膜の耐水性にも優れる。

概要

背景

近年の環境問題の対応、作業環境保全の観点から、各種印刷分野において揮発性石油系溶剤の使用を大幅に低減する低VOC(Volatile Organic Compounds)化への取り組みが進行している。

平版印刷オフセット印刷)は、高速、大量、安価に印刷物を供給するシステムとして広く普及している印刷方式であり、水あり平版印刷と水なし平版印刷がある。

水あり平版印刷では、画像形成のために大量に使用する湿し水が、揮発性溶剤を多く含んでおり、作業面、環境面で問題となっている。

一方、水なし平版印刷では、非画線部にシリコーンゴムフッ素樹脂を使用し、湿し水が不要である。

また、平版印刷を含む、フレキソ印刷グラビア印刷インクジェット印刷等一般的な印刷用インキには大量の石油系溶剤が使用されていることから、インキの水性化や無溶媒化が望まれている。紫外線などの活性エネルギー線照射することで、瞬時に硬化させることができる印刷用インキの利用が、設備面、安全面、環境面、生産性の高さから多くの分野で広がっている。また、印刷工程で用いるインキの洗浄剤としても、大量の石油系溶剤が使用されていることから、揮発性溶剤を含まない水を主成分とする洗浄剤が利用できる印刷用インキの開発が進められている。

特許文献1には、水なし平版を用いて印刷できる、水洗浄可能な活性エネルギー線硬化性オフセット印刷インキが開示されている。また、特許文献2には、アルカリ可溶性紫外線硬化型レジストグラビアインキ組成物が開示されている。

概要

高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の地汚れ耐性および硬化膜耐水性にも優れる平版印刷用インキ平版インキワニス、および印刷物の製造方法を提供する。平版印刷用インキは、(a)顔料、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を含み、高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備え、さらに印刷時の地汚れ耐性および硬化膜の耐水性にも優れる。なし

目的

また、平版印刷を含む、フレキソ印刷、グラビア印刷、インクジェット印刷等一般的な印刷用のインキには大量の石油系溶剤が使用されていることから、インキの水性化や無溶媒化が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(a)顔料、並びに(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂、を含むことを特徴とする平版印刷用インキ

請求項2

活性エネルギー線硬化性を有する、請求項1に記載の平版印刷用インキ。

請求項3

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の親水性基が、カルボキシル基スルホ基リン酸基水酸基、およびアミノ基から選ばれる少なくとも1つの官能基を含む、請求項1または2に記載の平版印刷用インキ。

請求項4

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の親水性基が、カルボキシル基を含む、請求項1または2に記載の平版印刷用インキ。

請求項5

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の親水性基が、カルボキシル基、および水酸基を含む、請求項1または2に記載の平版印刷用インキ。

請求項6

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の親水性基の酸価が、30mgKOH/g以上250mgKOH/g以下である、請求項1〜5のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項7

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂のヨウ素価が、0.5mol/kg以上3.0mol/kg以下である、請求項1〜6のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項8

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂が、アクリル樹脂スチレンアクリル樹脂、およびスチレンマレイン酸樹脂から選ばれる少なくとも1つの樹脂を含む、請求項1〜7のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項9

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の重量平均分子量が、20,000以上100,000以下である、請求項1〜8のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項10

さらに、(c)反応性希釈剤を含む、請求項1〜9のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項11

前記(c)反応性希釈剤が、親水性の多官能メタアクリレートである、請求項10に記載の平版印刷用インキ。

請求項12

前記(c)反応性希釈剤が、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートである請求項10または11に記載の平版印刷用インキ。

請求項13

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの水酸基価が、50mgKOH/g以上200mgKOH/g以下である、請求項12に記載の平版印刷用インキ。

請求項14

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの分子量が、100以上1000以下である、請求項12または13に記載の平版印刷用インキ。

請求項15

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートが、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ジグリセリントリ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレートから選ばれる少なくとも1つを含む、請求項12〜14のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項16

さらに、(e)光重合開始剤を含む、請求項1〜15のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項17

さらに、(g)顔料分散剤を含む、請求項1〜16のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項18

前記(g)顔料分散剤が酸性基を有する、請求項17に記載の平版印刷用インキ。

請求項19

前記(g)顔料分散剤が、カルボキシル基、スルホ基、リン酸基の少なくとも1つの官能基を有する、請求項17または18に記載の平版印刷用インキ。

請求項20

前記(g)顔料分散剤の酸価が5〜200mgKOH/gである、請求項18または19に記載の平版印刷用インキ。

請求項21

前記(g)顔料分散剤が、さらに塩基性基を有する、請求項18〜20のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項22

前記(g)顔料分散剤がアミノ基を有する、請求項18〜21のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項23

前記(g)顔料分散剤のアミン価が5〜50mgKOH/gである、請求項21または22に記載の平版印刷用インキ。

請求項24

前記(g)顔料分散剤の含有量が、前記(a)顔料100質量%に対して5〜50質量%である、請求項17〜23のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項25

前記(a)顔料が水不溶性の塩である、請求項1〜24のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項26

前記(a)顔料がアゾレーキ顔料である、請求項1〜25のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項27

前記(a)顔料が金属錯体である、請求項1〜25のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項28

前記(a)顔料がカーボンブラックである、請求項1〜24のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項29

前記カーボンブラックが酸性基を有する、請求項28に記載の平版印刷用インキ。

請求項30

前記カーボンブラックの平均粒子径が10〜50nmである、請求項28または29に記載の平版印刷用インキ。

請求項31

前記カーボンブラック100gあたりのジブチルフタレート吸収量が、40〜80cm3/100gである、請求項28〜30のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項32

さらに、(f)乳化剤を含む、請求項1〜31のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項33

前記(f)乳化剤のHLB値が、10以上18以下である、請求項32に記載の平版印刷用インキ。

請求項34

さらに、(d)シリコーン液体アルキルアクリレート炭化水素系溶媒、およびフルオロカーボンから選ばれる1種類以上の化合物を含む、請求項1〜33のいずれかに記載の平版印刷用インキ。

請求項35

請求項1〜34の何れかに記載の平版印刷用インキを構成する平版インキワニスであって、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート、および親水性基を有する樹脂を含む、平版インキ用ワニス。

請求項36

前記平版インキ用ワニス中のヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量が40質量%以上90質量%以下である請求項35に記載の平版インキ用ワニス。

請求項37

請求項1〜34のいずれかに記載の平版印刷用インキを用いる印刷物の製造方法。

請求項38

請求項1〜34のいずれかに記載の平版印刷用インキを基材上に塗布し、活性エネルギー線照射する工程を含む、印刷物の製造方法。

請求項39

請求項1〜34のいずれかに記載の平版印刷用インキを、水なし平版印刷版を用いて基材に印刷する工程を含む印刷物の製造方法。

請求項40

請求項1〜34のいずれかに記載の平版印刷用インキを、水あり平版印刷版を用いて基材に印刷する工程を含む印刷物の製造方法。

請求項41

さらに、活性エネルギー線を照射する工程を含む、請求項39または40に記載の印刷物の製造方法。

請求項42

前記基材がプラスチックフィルム、プラスチックフィルムラミネート紙、金属、金属蒸着紙金属蒸着プラスチックフィルムから選ばれる少なくとも1つを含む請求項38〜41のいずれかに記載の印刷物の製造方法。

請求項43

前記活性エネルギー線が、電子線、またはLED−UVである請求項38,41または42に記載の印刷物の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、高感度活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の耐地汚れ性および硬化膜耐水性にも優れる平版印刷用インキ平版インキワニス、および印刷物の製造方法に関する。

背景技術

0002

近年の環境問題の対応、作業環境保全の観点から、各種印刷分野において揮発性石油系溶剤の使用を大幅に低減する低VOC(Volatile Organic Compounds)化への取り組みが進行している。

0003

平版印刷オフセット印刷)は、高速、大量、安価に印刷物を供給するシステムとして広く普及している印刷方式であり、水あり平版印刷と水なし平版印刷がある。

0004

水あり平版印刷では、画像形成のために大量に使用する湿し水が、揮発性溶剤を多く含んでおり、作業面、環境面で問題となっている。

0005

一方、水なし平版印刷では、非画線部にシリコーンゴムフッ素樹脂を使用し、湿し水が不要である。

0006

また、平版印刷を含む、フレキソ印刷グラビア印刷インクジェット印刷等一般的な印刷用インキには大量の石油系溶剤が使用されていることから、インキの水性化や無溶媒化が望まれている。紫外線などの活性エネルギー線照射することで、瞬時に硬化させることができる印刷用インキの利用が、設備面、安全面、環境面、生産性の高さから多くの分野で広がっている。また、印刷工程で用いるインキの洗浄剤としても、大量の石油系溶剤が使用されていることから、揮発性溶剤を含まない水を主成分とする洗浄剤が利用できる印刷用インキの開発が進められている。

0007

特許文献1には、水なし平版を用いて印刷できる、水洗浄可能な活性エネルギー線硬化性オフセット印刷インキが開示されている。また、特許文献2には、アルカリ可溶性紫外線硬化型レジストグラビアインキ組成物が開示されている。

先行技術

0008

日本国特開2008−143993号公報(特許請求の範囲)
日本国特許第4830224号公報(特許請求の範囲)

発明が解決しようとする課題

0009

しかしながら、特許文献1および2に挙げられた、従来の活性エネルギー線硬化性オフセット型印刷用インキでは、実際のUV印刷機における印刷速度や、省電力UVによる露光量では、十分な硬化が得られず、硬化膜の耐水性が不足する。加えてインキに必要な印刷適性を付与するためにチキソトロピック剤の添加が必要になる場合がある(特許文献2)。またインキの硬化が十分であったとしても、インキを基材上に塗布後、直ちに活性エネルギー線によって硬化するため、インキのレベリング不足による凹凸が発生し、印刷物の光沢値が通常の印刷物よりも低下する事があった。すなわち印刷時の耐地汚れ性を向上させるために、平版印刷用インキ中の樹脂濃度を高くして、インキ粘度を高めていた。しかしながら、平版印刷用インキが高粘度化すると、その流動性は低下する。このため活性エネルギー線によって、インキが瞬時に硬化する活性エネルギー線硬化型の印刷では、インキがレベリングする前に硬化する。これにより、平版印刷用インキの皮膜表面に凹凸が生じやすく、油性平版印刷用インキに比べて印刷物の光沢に劣ることが課題となっていた。

0010

そこで、本発明ではかかる従来技術の課題を克服し、高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の耐地汚れ性および硬化膜の耐水性、光沢性にも優れる平版印刷用インキ、それを構成する平版インキ用ワニス、ならびにそれを用いた印刷物の製造方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0011

すなわち本発明の平版印刷用インキは、(a)顔料、並びに(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂、を含むことを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の耐地汚れ性および硬化膜の耐水性にも優れる平版印刷用インキを提供し、それを用いることで光沢性にも優れた印刷物を得ることができる。

0013

以下、本発明について具体的に説明する。
本発明の平版印刷用インキは、(a)顔料、およびワニス成分からなる。ワニス成分は、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を含む。またワニス成分として、任意に(c)反応性希釈剤、(d)インキ付着抑制成分、(e)光重合開始剤、(f)乳化剤、(g)顔料分散剤、等を含むことができる。本明細書において、上記ワニス成分を「平版インキ用ワニス」と言うことがある。

0014

本発明の平版印刷用インキは、高感度な活性エネルギー線硬化性を有する。活性エネルギー線は、紫外線(UV)、電子線(EB)、可視光線X線粒子線などが挙げられるが、線源の扱いやすさなどの点から紫外線が好ましい。平版印刷用インキは、活性エネルギー線を照射すると硬化する特性を有し、その感度が優れている。

0015

本発明の平版印刷用インキは、(a)顔料を含む。本発明に含まれる顔料としては、印刷用インキで一般的に用いられる無機顔料有機顔料から選ばれる少なくとも1種を用いることができる。特に平版印刷用インキに用いられる無機顔料および/または有機顔料を用いることができる。

0017

有機顔料としては、フタロシアニン系顔料溶性アゾ系顔料不溶性アゾ系顔料、レーキ顔料キナクリドン系顔料イソインドリン系顔料スレ系顔料金属錯体系顔料等が挙げられ、その具体例としてはフタロシアニンブルーフタロシアニングリーン、アゾレッドモノアゾレッド、モノアゾイエロー、ジスアゾレッド、ジスアゾイエロー、キナクリドンレッド、キナクリドンマゼンダイソインドリンイエロー等が挙げられる。

0018

本発明の(a)顔料は、カーボンブラックが好適に用いられる。なかでも酸性基を有するカーボンブラックが、インキの流動性を向上させる効果が高い点から、より好適に用いられる。

0019

本発明で用いられるカーボンブラックの平均粒子径は、インキ組成物の粘度の上昇を抑制するために、10nm以上が好ましく、15nm以上がより好ましい。また、印刷物の光沢を得るために、50nm以下が好ましく、40nm以下がより好ましい。

0020

なお、ここでいう平均粒子径とは、以下の方法で求められる粒子径平均値である。走査型電子顕微鏡(SEM)で粒子を観察して得られる2次元画像から、粒子の外縁と2点で交わる直線の当該2つの交点間の距離が最大になるものを算出し、それを粒子径と定義する。さらに任意の20個の異なる粒子に対して同様の測定を行い、得られた粒子径の平均値を平均粒子径とする。

0021

本発明のカーボンブラックのジブチルフタレート吸収量は、カーボンブラック100gあたり40〜80cm3の範囲内であること、つまり40〜80cm3/100gの範囲内であることが好ましい。カーボンブラックのジブチルフタレート吸収量の測定方法は、JIS K 6217−4:2008「ゴム用カーボンブラック基本特性− 第4部:オイル吸収量の求め方(圧縮試料を含む)」に示されるもので、前記吸収量から、カーボンブラックの2次凝集体ストラクチャー)の大きさを推定できるものであり、前記吸収量の値が大きいほど、ストラクチャーが大きいと推定できる。カーボンブラックのジブチルフタレート吸収量が40cm3/100g以上であると、ストラクチャーが小さすぎるときに発生するインキ組成物の粘度上昇を抑制することができ好ましい。また、カーボンブラックのジブチルフタレート吸収量が80cm3/100g以下であると、インキのレベリングが十分であっても、印刷物の表面粗さが大きくなることで印刷物の光沢が低下してしまう現象の発生を抑制することができ好ましい。

0022

本発明に好適に用いられる、酸性基を有するカーボンブラックは、通常、表面が酸化処理されており、表面にカルボキシル基キノン基ラクトン基ヒドロキシル基等の酸素含有基を有するものである。前記の中でも、カルボキシル基を有するものが、コストが安いことから好適に用いられる。

0023

本発明の(a)顔料は、鮮明な色調と着色、および良好な耐溶剤性を有する点で、水不溶性の塩であるものが好適に用いられる。その中でもアゾレーキ顔料は、安価にもかかわらずより鮮明な色調と着色、および良好な耐溶剤性を有することから、より好適に用いられる。

0025

また、本発明の(a)顔料は、その鮮明な色と高い耐久性から、金属錯体顔料も好適に用いられる。その中でも特にフタロシアニン銅錯体である銅フタロシアニンは、色合いに優れ鮮明で、耐光性が高く、堅牢なことからより好適に用いられる。

0026

金属錯体顔料としては、銅フタロシアニン、高塩素化銅フタロシアニン臭素化塩素化銅フタロシアニンのような銅フタロシアニンの他に、フタロシアニンのコバルト錯体であるフタロシアニンコバルトや、シッフ塩基ニッケルとの錯体であるピグメントイエロー150やピグメントイエロー153などが挙げられる。
これらの顔料は、単独又は2種以上を混合して使用することができる。

0027

本発明の平版印刷用インキ中に含まれる顔料濃度は、印刷紙面濃度を得るために5質量%以上が好ましく、10質量%以上がより好ましく、15質量%以上がさらに好ましい。また、インキの流動性を向上し、良好なローラー転移性を得るためには40質量%以下が好ましく、30質量%以下がより好ましく、25質量%以下がさらに好ましい。

0028

本発明の平版印刷用インキは、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を含む。前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂からなるワニス成分を含む平版印刷用インキは、高感度な活性エネルギー線硬化性および水洗浄性を兼ね備えることに加え、印刷時の耐地汚れ性および硬化膜の耐水性にも優れる。

0029

ここでいう地汚れとは、本来インキが付着しない平版印刷版の非画線部にインキが付着することである。平版印刷版の非画線部にインキが付着した結果、印刷物上にもそのインキが転写されることとなる。

0030

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂は、特に、側鎖にエチレン性不飽和基を有することで、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂自身が活性エネルギー線による硬化性を有する。また(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂は、その分子量が高いことが好ましく、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂自身が活性エネルギー線による硬化性を有すると、高分子量である樹脂間のラジカル反応によりインキが硬化するため、硬化に必要な活性エネルギー線の照射量が少なくて済み、その結果、高感度な活性エネルギー線の硬化性を有する。

0031

例えば活性エネルギー線として紫外線を照射することでインキを瞬時に硬化させるUV印刷においても、少ない紫外線照射量でも十分なインキの硬化性を得ることができることとなり、印刷スピードの向上による生産性の大幅向上や、省電力UV光源(例えば、メタハロランプLED)適用による低コスト化などが可能となる。

0032

一方、一般的な活性エネルギー線硬化型インキにおいては、エチレン性不飽和基を有する低分子量化合物のラジカル反応によりインキを硬化させるため、硬化に必要な活性エネルギー線の照射量は多く必要となる。

0033

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂は、特に、側鎖に親水性基を有することで、水を主成分とする水系洗浄液へ可溶となり、非石油系洗浄剤の適用が可能である。さらに、前記親水性基は、インキ中で顔料の表面官能基相互作用するため良好な顔料の分散性も兼ね備えることができる。

0034

また、前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂は、親水性基間の水素結合によって、インキの粘度特性を向上させることから、インキの粘度が上昇する。インキが高粘度であると、印刷時の高剪断下におけるインキの凝集力が高まり、非画線部に対するインキ反発性が向上、すなわち、シリコーンゴムへのインキの付着性が低下することから、平版印刷時の耐地汚れ性の向上にも寄与している。

0035

従来技術においては、樹脂を水溶性化することで、水洗浄可能な活性エネルギー線硬化性のオフセット印刷インキを実現することも検討されているが(例えば特許文献1)、樹脂の水溶性化によって、例えば実際のUV印刷機における省電力UVを用いた露光量では十分な膜の硬化が得られず、硬化膜の耐水性が不足する場合があった。

0036

一方、本発明の平版印刷用インキは、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂により、エチレン性不飽和基および親水性基の両方を供え、これらの含有量を制御することで、活性エネルギー線による膜の硬化の感度を高め、例えば省電力UVを用いた露光でも良好な硬化膜の耐水性を実現することができる。

0037

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の親水性基の具体例としては、水への溶解性の観点から、カルボキシル基、スルホ基リン酸基水酸基(ヒドロキシル基)、アミノ基から選ばれる少なくとも1つの官能基であることが例示される。親水性基として、好ましくは酸性基がよく、顔料の良好な分散性の観点から、カルボキシル基がより好ましい。また、水への溶解性と顔料の良好な分散性を両立するためには、当該親水基がカルボキシル基および水酸基を含むことが特に好ましい。

0038

本発明において前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂中の親水性基の酸価は、30mgKOH/g以上250mgKOH/g以下であることが好ましい。前記親水性基の酸価は、樹脂の水系洗浄液への良好な溶解性、顔料の分散性、耐地汚れ性を得るため、30mgKOH/g以上であることが好ましく、60mgKOH/g以上であることがより好ましく、75mgKOH/g以上であることがさらに好ましい。また、硬化膜の耐水性を得るため250mgKOH/g以下であることが好ましく、200mgKOH/g以下がより好ましく、150mgKOH/g以下がさらに好ましい。

0039

前記親水性基の酸価は、JIS K 0070:1992「化学製品の酸価,けん化価エステル価よう素価水酸基価及び不けん化物試験方法」の試験方法「第3.1項の中和滴定法」に準拠して求めることができる。

0040

本発明の(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の水に対する溶解度は、0.1g/(100g−H2O)以上であることが好ましい。前記溶解度が上記であることによって、水系洗浄液による洗浄が容易となる。(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の水に対する溶解度は、0.3g/(100g−H2O)以上であることがより好ましく、0.5g/(100g−H2O)以上であることがさらに好ましい。水に対する溶解度が高いほど、水洗浄性が良好になるが、溶解度が高過ぎるとインキ硬化膜の耐水性が落ちる可能性があることから、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の水に対する溶解度は、100g/(100g−H2O)以下が好ましく、50g/(100g−H2O)以下がより好ましく、10g/(100g−H2O)以下がさらに好ましい。なお、前記溶解度は25℃の水に対する溶解度である。

0041

また、本発明において前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂中のエチレン性不飽和基におけるヨウ素価は、0.5mol/kg以上3.0mol/kg以下であることが好ましい。前記ヨウ素価は、活性エネルギー線に対する良好な感度が得られることから、0.5mol/kg以上であることが好ましく、1.0mol/kg以上であることがより好ましい。また、良好なインキ保存安定性が得られることから、3.0mol/kg以下であることが好ましく、2.5mol/kg以下であることがより好ましく、2.0mol/kg以下であることがさらに好ましい。

0042

エチレン性不飽和基のヨウ素価はJIS K 0070:1992「化学製品の酸価,けん化価,エステル価,よう素価,水酸基価及び不けん化物の試験方法」の試験方法「第6.0項よう素価」に記載の方法により求めることができる。

0043

(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を構成するベース樹脂として具体的には、アクリル樹脂スチレンアクリル樹脂スチレンマレイン酸樹脂ロジン変性マレイン酸樹脂ロジン変性アクリル樹脂エポキシ樹脂ポリエステル樹脂ポリウレタン樹脂フェノール樹脂等が挙げられるが、特に限定されるものではない。

0044

上記に挙げた樹脂のうち、モノマー入手容易性低コスト、合成の容易性、インキに含まれる他成分との相溶性、顔料の分散性等の点から、アクリル樹脂、スチレンアクリル樹脂、スチレンマレイン酸樹脂が、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂のベースとして好ましく用いられる。

0045

したがって、本発明においては、前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂が、アクリル樹脂、スチレンアクリル樹脂、スチレンマレイン酸樹脂からなる群より選ばれる1種類以上の樹脂を含むことが好ましい。

0046

本発明において、アクリル樹脂、スチレンアクリル酸樹脂、スチレンマレイン酸樹脂から選ばれる樹脂を含む(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂は、次の方法により作製できる。すなわち、アクリル酸メタクリル酸イタコン酸クロトン酸マレイン酸フマル酸酢酸ビニルまたはこれらの酸無水物などのカルボキシル基含有モノマー、2−ヒドロキシエチルアクリレートなどの水酸基含有モノマージメチルアミノエチルメタクリレートなどのアミノ基含有モノマー、アクリル酸2−(メルカプトアセトキシエチルなどのメルカプト基含有モノマー、アクリルアミドt−ブチルスルホン酸などのスルホ基含有モノマー、2−メタクロイロキシエチルアシッドホスフェートなどのリン酸基含有モノマーメタクリル酸エステルアクリル酸エステルスチレンアクリロニトリル、酢酸ビニル等の中から選択された化合物を、ラジカル重合開始剤を用いて重合または共重合させたのち、ポリマー中活性水素含有基であるメルカプト基、アミノ基、水酸基やカルボキシル基に対して、グリシジル基イソシアネート基を有するエチレン性不飽和化合物アクリル酸クロライドメタクリル酸クロライドまたはアリルクロライド付加反応させることにより得られる。ただし、これらの方法に限定されるものではない。

0047

また、グリシジル基を有するエチレン性不飽和化合物の具体例としては、アクリル酸グリシジルメタクリル酸グリシジルアリルグリシジルエーテル、クロトン酸グリシジルイソクロトン酸グリシジルなどが挙げられる。

0048

また、イソシアネート基を有するエチレン性不飽和化合物の具体例としては、アクリロイルイソシアネート、メタアクリロイルイソシアネート、アクリロイルエチルイソシアネート、メタアクリロイルエチルイソシアネートなどが挙げられる。

0049

(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂を構成するベース樹脂の具体例としては、(メタ)アクリル酸共重合体、(メタ)アクリル酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体、スチレン−(メタ)アクリル酸共重合体、スチレン−(メタ)アクリル酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体、スチレン−マレイン酸共重合体、スチレン−マレイン酸−(メタ)アクリル酸共重合体、スチレン−マレイン酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体などが挙げられる。

0050

前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の重量平均分子量は、硬化膜の耐水性を得るため5,000以上であることが好ましく、15,000以上であることがより好ましく、20,000以上であることがさらに好ましく、25,000以上であることが特に好ましい。また、樹脂の水溶性を得るため100,000以下であることが好ましく、75,000以下であることがより好ましく、50,000以下であることがさらに好ましい。

0051

重量平均分子量はゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)を用い、ポリスチレン換算で測定を行い、得ることができる。

0052

本発明の平版印刷用インキ中に含まれる、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の含有量は、印刷に必要なインキの粘度と硬化に必要な感度を得るため5質量%以上であることが好ましく、10質量%以上がより好ましい。また、印刷に必要なインキの流動性とローラー間の転移性を得るため60質量%以下であることが好ましく、50質量%以下がより好ましく、40質量%以下がさらに好ましい。

0053

また、本発明の平版印刷用インキは、ワニス成分として、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂、ならびに(c)反応性希釈剤を含むことが好ましい。ここで、(c)反応性希釈剤は、活性エネルギー線を照射することにより硬化する特性を有するとよい。(c)反応性希釈剤として、エチレン性不飽和基を有する化合物、所謂モノマーを例示することができる。また親水性基を有する樹脂として、(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂以外に、親水性基を有しエチレン性不飽和基を有しない樹脂を含むことができる。(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂、並びに親水性基を有しエチレン性不飽和基を有しない樹脂を「親水性基を有する樹脂」と言うことがある。本発明において、平版印刷用インキを構成する平版インキ用ワニスは、親水性基を有する樹脂および反応性希釈剤を含むことが好ましい。

0054

(c)反応性希釈剤を含むことで平版印刷に必要な粘性レベリング性などのインキ物性を調整することができる。また、活性エネルギー線の照射により(c)反応性希釈剤が硬化するため、硬化膜の耐水性を向上することができるため好ましい。

0055

(c)反応性希釈剤としては、水に対する溶解性、樹脂との相溶性、エチレン性不飽和基を有する化合物であればいずれも用いることができる。エチレンオキサイド変性などの親水性骨格、カルボキシル基、水酸基、アミノ基などの親水性基を有し、重量平均分子量が100〜1,000の(c)反応性希釈剤は、水に対する溶解性と樹脂との相溶性を備えており、好ましく用いられる。

0056

また、(c)反応性希釈剤は、一分子中にエチレン性不飽和基を3〜4つ有することが好ましく、平版印刷に必要なインキ物性と十分な耐水性を有する硬化膜を得ることができる。すなわち、(c)反応性希釈剤としては、親水性を有する多官能(メタ)アクリレートが好ましく用いられる。なかでもヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートがより好ましい。

0057

(c)反応性希釈剤の好ましい具体例としては、トリメチロールプロパントリアクリレートのエチレンオキサイド変性物、ペンタエリスリトールトリアクリレートペンタエリスリトールテトラアクリレートのエチレンオキサイド変性物などが挙げられるが、これらに限定されるものではない。

0058

平版印刷用インキ中、(c)反応性希釈剤の添加量は、平版印刷に適したインキ粘度が得られるため10質量%以上が好ましく、20質量%以上がより好ましく、30質量%以上がさらに好ましい。また、良好な感度と十分な耐水性を有する硬化膜が得られるため90質量%以下が好ましく、80質量%以下がより好ましく、70質量%以下がさらに好ましい。

0059

前記(c)反応性希釈剤として、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートを含むことで、高粘度かつ、流動性および顔料分散性に優れる平版インキ用ワニスを提供できるため好ましい。また、平版インキ用ワニスおよび顔料を含む平版印刷用インキを用いた印刷物は、高い光沢を示すため好ましい。

0060

本発明において、平版印刷用インキを構成する平版インキ用ワニスは、上述したヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート、および親水性基を有する樹脂を含むとよい。前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート、及び親水性基を有する樹脂は相溶性が高く、得られる平版インキ用ワニスは高粘度となる。これは前記平版インキ用ワニス中で前記ヒドロキシル基と前記親水性基が、水素結合等で相互作用するためである。前記平版インキ用ワニスが高粘度であると、本発明の平版印刷用インキも高粘度化し、印刷時の高剪断下におけるインキの凝集力が高まり、結果として耐地汚れ性が向上する。

0061

本発明において、平版インキ用ワニスは、前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートを含むため、流動性が良好である。加えて、前記平版インキ用ワニスは顔料分散性に優れる。前記平版インキ用ワニスに含まれる極性基が、顔料を分散安定化するため、前記平版インキ用ワニスを含む平版印刷用インキは流動性が良好である。

0062

本発明において、平版インキ用ワニス中の前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量は、20質量%以上であることが好ましく、30質量%以上がより好ましく、40質量%以上がさらに好ましい。前記含有量が20質量%以上であれば、前記ワニスの流動性、顔料分散性が十分に得られる。これにより、平版印刷用インキ中に含まれる顔料が凝集構造体を形成し、インキの流動性を低下させることを防ぐことができる。その結果、光沢性の高い印刷物を得ることができる。

0063

また、本発明における平版インキ用ワニス中の前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量は、90質量%以下であることが好ましく、80質量%以下がより好ましく、70質量%以下がさらに好ましい。前記含有量が90質量%以下であれば、前記ワニスにおいて、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートにおけるヒドロキシル基と、親水性基を有する樹脂における親水性基の、水素結合等による相互作用が十分に得られ、前記ワニスの粘度が向上する。前記ワニスの粘度が向上する結果、この平版インキ用ワニスを含むインキは、印刷時の高剪断下においてもインキの凝集力を維持することができ、耐地汚れ性を向上することができる。

0064

本発明の平版印刷用インキは、前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートを20質量%以上含むと、インキの顔料分散性が向上するため、好ましい。より好ましくは30質量%以上、さらに好ましくは40質量%以上である。また、インキの流動性を良好に保つことが出来るため、70質量%以下が好ましい。より好ましくは60質量%以下、さらに好ましくは50質量%以下である。

0065

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの水酸基価は、50mgKOH/g以上200mgKOH/g以下であることが好ましい。前記平版インキ用ワニスの顔料分散性が良好なことから、前記水酸基価は50mgKOH/g以上が好ましく、75mgKOH/g以上がより好ましく、100mgKOH/g以上がさらに好ましい。前記平版インキ用ワニスの流動性が良好であることから、前記水酸基価は200mgKOH/g以下が好ましく、180mgKOH/g以下がより好ましく、160mgKOH/g以下がさらに好ましい。

0066

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの分子量は、100以上1000以下であることが好ましい。前記平版インキ用ワニスが高粘度となることから、前記分子量は100以上が好ましく、200以上がより好ましく、250以上がさらに好ましい。前記平版インキ用ワニスの流動性が良好であることから、前記分子量は1000以下が好ましく、700以下がより好ましく、500以下がさらに好ましい。

0067

前記ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの好ましい具体例としては、はトリメチロールプロパングリセリンペンタエリスリトールジグリセリンジトリメチロールプロパン及びジペンタエリスリトール等の多価アルコールポリ(メタ)アクリレート、及びこれらのアルキレンオキシド変性物が挙げられる。より具体的には、トリメチロールプロパンのジ(メタ)アクリレート、グリセリンのジ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールのジ又はトリ(メタ)アクリレート、ジグリセリンのジ又はトリ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパンのジ又はトリ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールのジ、トリ、テトラ又はペンタ(メタ)アクリレート、及びこれらのエチレンオキシド変性物プロピレンオキシド変性物、テトラエチレンオキシド変性物等が挙げられる。上記の中でも、前記平版インキ用ワニスが流動性、及び顔料分散性に優れ、前記平版インキ用ワニスが高粘度となることから、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ジグリセリントリ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレートが特に好ましく、これらから選ばれる少なくとも1つを含むとよい。

0068

本発明において、平版インキ用ワニスは、粘度調節を目的として、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート以外の(メタ)アクリレート化合物をさらに含むことができる。前記(メタ)アクリレート化合物を適宜使用することで、前記平版インキ用ワニスの流動性が向上する。

0069

前記(メタ)アクリレート化合物の(メタ)アクリレート基の数は、高感度であることから、2官能以上が好ましく、3官能以上がより好ましい。

0070

このような(メタ)アクリレート化合物として、単官能では炭素数数が1〜18の(メタ)アクリレート、例えばメチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、ブチル(メタ)アクリレート、ヘキシル(メタ)アクリレート、オクチル(メタ)アクリレート、ドデシル(メタ)アクリレート、ステアリル(メタ)アクリレート、イソステアリル(メタ)アクリレートや、これらのエチレンオキシド変性物、プロピレンオキシド変性物等があり、さらにベンジル(メタ)アクリレート、イソボルニル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、トリシクロデカンモノメチロール(メタ)アクリレート等が挙げられる。2官能では二価アルコールグリコール類原料とした(メタ)アクリレート化合物が使用でき、より具体的には、エチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ポリエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、1,3ブチレングリコールジ(メタ)アクリレート、1,6ヘキサンジオールジ(メタ)アクリレート、1,9ノナンジオールジ(メタ)アクリレート、ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート等が挙げられる。3官能では、三価アルコール、グリコール類を原料とした(メタ)アクリレート化合物が使用でき、より具体的には、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、グリセリントリ(メタ)アクリレート、イソシアヌル酸トリ(メタ)アクリレートや、これらのエチレンオキシド変性物、プロピレンオキシド変性物が挙げられる。4官能では四価アルコール、グリコール類を原料とした(メタ)アクリレート化合物が使用でき、より具体的には、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラ(メタ)アクリレート、ジグリセリンテトラ(メタ)アクリレートや、これらのエチレンオキシド変性物、プロピレンオキシド変性物が挙げられる。5官能以上では五価以上のアルコール、グリコール類を原料とした(メタ)アクリレート化合物が使用でき、より具体的には、ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレート、これらのエチレンオキシド変性物、プロピレンオキシド変性物が挙げられる。上記の中でも、低粘度で、高い感度を有するトリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレートのエチレンオキシド変性物、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレートのエチレンオキシド変性物、ジグリセリンテトラ(メタ)アクリレートのエチレンオキシド変性物、ジトリメチロールプロパンテトラ(メタ)アクリレートのエチレンオキシド変性物が特に好ましい。

0071

前記(メタ)アクリレート化合物の含有量は、前記平版インキ用ワニスの流動性が向上することから、5質量%以上が好ましく、10質量%以上がより好ましく、15質量%以上がさらに好ましい。また、前記平版インキ用ワニスの粘度が過度に低下しないことから、前記含有量は40質量%以下が好ましく、35質量%以下がより好ましく、30質量%以下がさらに好ましい。

0072

前記平版インキ用ワニスに含まれる親水性基を有する樹脂の親水性基としては、ポリエチレンオキシド基ポリププレオキシド基、ヒドロキシル基、カルボキシル基、スルホ基、リン酸基などが挙げられる。中でも顔料の分散性が良好な、カルボキシル基が特に好ましい。

0073

前記親水性基を有する樹脂の酸価は、30mgKOH/g以上250mgKOH/g以下であることが好ましい。前記平版インキ用ワニスの顔料分散性が良好で、前記平版インキ用ワニスが高粘度となることから、前記酸価は30mgKOH/g以上が好ましく、60mgKOH/g以上がより好ましく、75mgKOH/g以上がさらに好ましい。前記平版インキ用ワニスの流動性が良好なことから、前記酸価は250mgKOH/g以下が好ましく、200mgKOH/g以下がより好ましく、150mgKOH/g以下がさらに好ましい。

0074

前記親水性基を有する樹脂の酸価は、JIS K 0070:1992の試験方法第3.1項の中和滴定法に準拠して求めることができる。

0075

前記親水性基を有する樹脂の重量平均分子量は、5,000以上100,000以下であることが好ましい。前記平版インキ用ワニスが高粘度となることから、前記重量平均分子量は5,000以上が好ましく、15,000以上がより好ましく、20,000以上がさらに好ましい。前記平版インキ用ワニスの流動性が良好なことから、前記重量平均分子量は100,000以下が好ましく、75,000以下がより好ましく、50,000以下がさらに好ましい。

0076

重量平均分子量はゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)を用い、ポリスチレン換算で測定を行い、得ることができる。

0077

前記親水性基を有する樹脂として具体的には、アクリル樹脂、スチレンアクリル樹脂、スチレンマレイン酸樹脂、ロジン変性マレイン酸樹脂、ロジン変性アクリル樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、ポリウレタン樹脂、フェノール樹脂等が挙げられるが、特に限定されるものではない。

0078

上記に挙げた樹脂のうち、モノマー入手の容易性、低コスト、合成の容易性、インキ他成分との相溶性、顔料の分散性等の点から、アクリル樹脂、スチレンアクリル樹脂、スチレンマレイン酸樹脂が、親水性基を有する樹脂として好ましく用いられる。

0079

上記に挙げた樹脂のうち、アクリル樹脂、スチレンアクリル酸樹脂、スチレンマレイン酸樹脂は、次の方法により作成できる。すなわち、アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、マレイン酸、フマル酸、酢酸ビニルまたはこれらの酸無水物などのカルボキシル基含有モノマー、2−ヒドロキシエチルアクリレートなどの水酸基含有モノマー、ジメチルアミノエチルメタクリレートなどのアミノ基含有モノマー、アクリル酸2−(メルカプトアセトキシ)エチルなどのメルカプト基含有モノマー、アクリルアミドt−ブチルスルホン酸などのスルホ基含有モノマー、2−メタクロイロキシエチルアシッドホスフェートなどのリン酸基含有モノマー、メタクリル酸エステル、アクリル酸エステル、スチレン、アクリロニトリル、酢酸ビニル等の中から選択された化合物を、ラジカル重合開始剤を用いて重合または共重合させることで得られる。

0080

前記親水性基を有する樹脂の具体例としては、(メタ)アクリル酸共重合体、(メタ)アクリル酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体、スチレン−(メタ)アクリル酸共重合体、スチレン−(メタ)アクリル酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体、スチレン−マレイン酸共重合体、スチレン−マレイン酸−(メタ)アクリル酸共重合体、スチレン−マレイン酸−(メタ)アクリル酸エステル共重合体などが挙げられる。

0081

また、本発明において、親水性基を有する樹脂は、活性エネルギー線への硬化感度が良好となることから、エチレン性不飽和基を有することが好ましい。すなわち、親水性基を有する樹脂は、前記(b)エチレン性不飽和基および新水性基を有する樹脂であることが好ましい。

0082

本発明において、平版インキ用ワニスの流動性は、25℃、1rad/sにおいて動的粘弾性測定装置を用いて正弦波振動法により測定される貯蔵弾性率G’と損失弾性率G”の比である正接損失tanδ(=G”/G’)にて評価される。前記正接損失tanδの値は、前記ワニスが粘性挙動をとり、高い流動性が得られることから、1.5以上であることが好ましく、2以上がより好ましく、3以上がさらに好ましい。一方、前記ワニスの粘度を向上し、前記ワニスを有するインキの耐地汚れ性を向上できるため、前記ワニスのtanδの値は30以下が好ましく、10以下がより好ましく、5以下がさらに好ましい。

0083

平版インキ用ワニスの粘度は、B型粘度計を用い、25℃、0.5rpmにおいて測定される。前記平版印刷用インキの耐地汚れ性が良好となることから、ワニス粘度は10Pa・s以上が好ましく、50Pa・s以上がより好ましく、100Pa・s以上がさらに好ましい。また、前記平版印刷用インキの流動性が良好であることから、ワニス粘度は400Pa・s以下が好ましく、300Pa・s以下がより好ましく、250Pa・s以下がさらに好ましい。

0084

平版インキ用ワニスの製造方法を次に述べる。
平版インキ用ワニスは、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートと親水性基を有する樹脂、その他成分を、必要に応じて50〜95℃で加温溶解した後、室温に冷却することで得られる。

0085

本発明の平版印刷用インキは、平版インキ用ワニス、及び顔料を含む。前記平版印刷用インキは、高粘度でありながら、流動性に優れる。前記平版印刷用インキは高粘度であるため、耐地汚れ性に優れる。また、前記平版印刷用インキを用いた印刷物は高い光沢を示す。

0086

前記平版印刷用インキ中の前記平版インキ用ワニスを50質量%以上90質量%以下含むことが好ましい。前記平版印刷用インキが顔料分散性に優れ、印刷時の耐地汚れ性が良好なことから、前記含有量は50質量%以上が好ましく、55質量%以上がより好ましく、60質量%以上がさらに好ましい。前記平版印刷用インキの流動性が得られることから、前記含有量は90質量%以下が好ましく、85質量%以下がより好ましく、80質量%以下がさらに好ましい。

0087

さらに本発明の平版印刷用インキは、(d)シリコーン液体アルキルアクリレート炭化水素系溶媒、およびフルオロカーボンからなる群より選ばれる1種類以上の成分を含むことが好ましい。また、植物油または植物油由来脂肪酸エステルを含んでも良い。

0088

前記(d)成分は、水なし平版印刷版の非画線部であるシリコーンゴムへのインキ付着性を低下させる効果がある。シリコーンゴムへのインキ付着性を低下させる理由は以下のように推測される。すなわち、インキに含まれる前記の(d)成分は、シリコーンゴム表面との接触によりインキ中から拡散し、シリコーンゴム表面を薄膜状に覆う。このようにして形成された薄膜がシリコーンゴム表面へのインキの付着を阻止し、シリコーン表面の地汚れを防止すると推測される。

0089

前記(d)成分のうち、アルキルアクリレートは、活性エネルギー線照射時に硬化することから、インキの硬化膜の耐水性を向上させると同時に活性エネルギー線に対する感度が向上するため好ましい。

0090

前記(d)成分の具体的な化合物は次のとおりである。
シリコーン液体としては、ジメチルシリコーンメチルフェニルシリコーンアルキル変性シリコーンポリエーテル変性シリコーンアラルキル変性シリコーン、脂肪酸アミド変性シリコーン、脂肪酸エステル変性シリコーンフルオロアルキル変性シリコーンメチルハイドロジェンシリコーンシラノール変性シリコーン、アルコール変性シリコーン、アミノ変性シリコーン、エポキシ変性シリコーンエポキシポリエーテル変性シリコーン、フェノール変性シリコーンカルボキシ変性シリコーン、メルカプト変性シリコーン等が挙げられる。

0091

アルキルアクリレートとしては、ノニルアクリレート、デシルアクリレートウンデシルアクリレート、ドデシルアクリレート、トリデシルアクリレートテトラデシルアクリレート、ペンタデシルアクリレート、ヘキサデシルアクリレート、ヘプタデシルアクリレート、オクタデシルアクリレート、イソオクタデシルアクリレート等が挙げられる。またアルキルメタクリレートとしては、ノニルメタクリレートデシルメタクリレート、ウンデシルメタクリレート、ドデシルメタクリレート、トリデシルメタクリレート、テトラデシルメタクリレート、ペンタデシルメタクリレート、ヘキサデシルメタクリレート、ヘプタデシルメタクリレート、オクタデシルメタクリレート等挙げられる。

0092

炭化水素系溶媒としては、ポリオレフィンオイルナフテンオイルパラフィンオイル等が挙げられる。

0093

フルオロカーボンとしては、1,1,1,2,2−ペンタフルオロエタン、1,1,1,2,2,3,3,4,4−ノナフルオロブタン、1,1,1,2,2,3,3,4,4,5,5,6,6−トリデカフルオロヘキサン、1,1,1,2,2,3,3,4,4,5,5,6,6,7,7,8,8−ヘプタデカフルオロオクタン、1,1,1,2,3,3,3−ヘプタフルオロプロパン、1,1,1,2,3,3,4,4−オクタフルオロー2—トリフルオロメチルブタン、1,1,1,2,3,3,4,4,5,5,6,6−ドデカフルオロ−2−トリフルオロメチルヘキサン、1,1,2,2−テトラフルオロエタン、1,1,2,2,3,3,4,4−オクタフルオロブタン、1,1,2,2,3,3,4,4,5,5,6,6−ドデカフルオロヘキサン等が挙げられる。

0094

植物油としては、大豆油アマニ油サフラワー油桐油トール油脱水ヒマシ油等が挙げられる。

0095

植物油由来の脂肪酸エステルとしてはステアリン酸イソステアリン酸ヒドロキシステアリン酸オレイン酸リノール酸リノレン酸エレオステアリン酸等炭素数15〜20程度のアルキル主鎖を有する脂肪酸の、メチル、エチル、プロピルイソプロピル、ブチル、イソブチル、tert−ブチル、2−エチルヘキシル等の炭素数1〜10程度のアルキルエステル等が挙げられる。

0096

(d)成分の平版印刷用インキ全量に対する含有量としては、前記平版印刷用インキの耐地汚れ性が良好であることから、0.5質量%以上が好ましい。より好ましくは、1質量%以上であり、さらに好ましくは、2質量%以上である。また、前記平版印刷用インキの保存安定性が良好なことから、10質量%以下が好ましい。より好ましくは、8質量%以下であり、さらに好ましくは5質量%以下である。

0097

本発明の平版印刷用インキは、界面活性剤を含むことが好ましい。前記界面活性剤は、水あり平版印刷の非画線部である湿し水を、前記平版印刷用インキに取り込み、W/O型エマルジョンを形成する。すなわち、前記界面活性剤は(f)乳化剤を意味する。前記平版印刷用インキが適切な量(一般にインキ全量の10〜20質量%と言われる)の湿し水を取り込み乳化することで、非画線部の湿し水に対する反発性増し、インキの耐地汚れ性が向上する。また、画線部においても良好な着肉性を維持することができる。

0098

前記界面活性剤、すなわち(f)乳化剤の親水性基と疎水性基比率HLB値により表される。ここで言うHLB値とは界面活性剤、すなわち(f)乳化剤の水と油への親和性の程度を表す値であり、HLB値は0から20までの値を取り、0に近いほど親油性が高く20に近いほど親水性が高いことを意味する。前記界面活性剤、すなわち(f)乳化剤のHLB値としては、水を溶解することから10以上であることが好ましい。また、前記平版印刷用インキに溶解することから、18以下であることが好ましい。

0099

前記界面活性剤、すなわち(f)乳化剤の具体例としては、ポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシエチレンラウリルエーテルポリオキシエチレンオレイルエーテル、ポリオキシエチレンステアリルエーテルポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンパルミチンエーテル、ポリオキシプロピレンアルキルエーテルポリオキシプロピレンラウリルエーテル、ポリオキシプロピレンオレイルエーテル、ポリオキシプロピレンステアリルエーテル、ポリオキシプロピレンセチルエーテル、ポリオキシプロピレンパルミチンエーテル、ポリオキシアルキレンアルキルエーテルポリオキシアルキレンラウリルエーテルポリオキシアルキレンオレイルエーテル、ポリオキシアルキレンステアリルエーテル、ポリオキシアルキレンセチルエーテル、ポリオキシアルキレンパルミチンエーテルや、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリアルキルエーテル、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリラウリルエーテル、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリオレイルエーテル、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリステアリルエーテル、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリセチルエーテル、ソルビタン酸のモノ、ジ、トリパルミチンエーテルや、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリアルキルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリラウリルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリオレイルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリステアリルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリセチルエーテル、ポリオキシエチレンソルビタン酸のモノ、ジ、トリパルミチンエーテルや、ポリエーテル変性シリコーンオイなどが挙げられ、HLB値が10以上18以下にあるものが好ましく用いられる。

0100

本発明の平版印刷用インキは、印刷中に湿し水を取り込み乳化状態が安定することから、前記界面活性剤、すなわち(f)乳化剤を0.01質量%以上含むことが好ましい。より好ましくは0.05質量%以上であり、さらに好ましくは0.1質量%以上である。また、前記平版印刷用インキが、印刷中に湿し水を過剰に取り込み、湿し水と相溶しない、5質量%以下が好ましい。より好ましくは、3質量%以下であり、さらに好ましくは1質量%以下である。

0101

本発明の平版印刷用インキは、インキ硬化性を向上させるために、(e)光重合開始剤を含むことが好ましい。また、(e)光重合開始剤の効果を補助するために増感剤を含んでも良い。このような(e)光重合開始剤には1分子系直接開裂型、イオン対電子移動型水素引き抜き型、2分子複合系など機構的に異なる種類があり、それらから選択して用いることができる。

0102

本発明に用いられる(e)光重合開始剤としては、活性ラジカル種を発生するものが好ましく、その具体例としては、ベンゾフェノン、o−ベンゾイル安息香酸メチル、4,4−ビスジメチルアミン)ベンゾフェノン、4,4−ビス(ジエチルアミノ)ベンゾフェノン、4,4−ジクロロベンゾフェノン、4−ベンゾイル−4−メチルジフェニルケトンジベンジルケトンフルオレノン、2,2−ジエトキシアセトフェノン、2,2−ジメトキシ−2−フェニル−2−フェニルアセトフェノン、2−ヒドロキシ−2−メチルプロピオフェノン、p−t−ブチルジクロロアセトフェノン、チオキサントン、2−メチルチオキサントン、2−クロロチオキサントン、2−イソプロピルチオキサントンジエチルチオキサントン、ベンジル、ベンジルジメチルケタノール、ベンジルメトキシエチルアセタールベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインブチルエーテルアントラキノン、2−t−ブチルアントラキノン、2−アミルアントラキノン、β−クロルアントラキノン、アントロンベンズアントロンジベンゾスベロンメチレンアントロン、4−アジドベンザルアセトフェノン、2,6−ビス(p−アジドベンジリデンシクロヘキサノン、2,6−ビス(p−アジドベンジリデン)−4−メチルシクロヘキサノン、2−フェニル−1,2−ブタジオン−2−(o−メトキシカルボニルオキシム、1−フェニル−プロパンジオン−2−(o−エトキシカルボニル)オキシム、1,3−ジフェニルプロパントリオン−2−(o−エトキシカルボニル)オキシム、1−フェニル−3−エトキシ−プロパントリオン−2−(o−ベンゾイル)オキシム、ミヒラーケトン、2−メチル−[4−(メチルチオ)フェニル]−2−モルフォリノ−1−プロパノンナフタレンスルホニルクロライドキノリンスルホニルクロライド、N−フェニルチオアクリドン、4,4−アゾビスイソブチロニトリルジフェニルジスルフィドベンズチアゾールジスルフィドトリフェニルホスフィンカンファーキノン、四臭素化炭素、トリブロモフェニルスルホン、過酸化ベンゾインおよびエオシンメチレンブルーなどの光還元性の色素アスコルビン酸トリエタノールアミンなどの還元剤の組み合わせなどが挙げられる。

0103

増感剤の具体例としては、2,4−ジエチルチオキサントン、イソプロピルチオキサントン、2,3−ビス(4−ジエチルアミノベンザル)シクロペンタノン、2,6−ビス(4−ジメチルアミノベンザル)シクロヘキサノン、2,6−ビス(4−ジメチルアミノベンザル)−4−メチルシクロヘキサノン、ミヒラーケトン、4,4−ビス(ジエチルアミノ)−ベンゾフェノン、4,4−ビス(ジメチルアミノ)カルコン、4,4−ビス(ジエチルアミノ)カルコン、p−ジメチルアミノシンナミリデンインダノン、p−ジメチルアミノベンジリデンインダノン、2−(p−ジメチルアミノフェニルビニレン)−イソナフトチアゾール、1,3−ビス(4−ジメチルアミノベンザル)アセトン、1,3−カルボニル−ビス(4−ジエチルアミノベンザル)アセトン、3,3−カルボニル−ビス(7−ジエチルアミノクマリン)、N−フェニル−N−エチルエタノールアミンN−フェニルエタノールアミン、N−トリルジエタノールアミンジメチルアミノ安息香酸イソアミル、ジエチルアミノ安息香酸イソアミル、3−フェニル−5−ベンゾイルチオテトラゾール、1−フェニル−5−エトキシカルボニルチオテトラゾールなどが挙げられる。
本発明において、(e)光重合開始剤や増感剤は1種または2種以上使用することができる。

0104

平版印刷用インキ中の(e)光重合開始剤の添加量は、0.1〜20質量%が好ましい。(e)光重合開始剤の添加量をこの範囲内とすることにより、良好な感度と硬化性を得ることができる。(e)光重合開始剤の添加量は、平版印刷用インキが良好な感度を得られることから、0.1質量%以上が好ましく、1質量%以上がより好ましく、3質量%以上がさらに好ましい。また平版印刷用インキの保存安定性が向上することから、前記添加量は20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましく、10質量%以下がさらに好ましい。

0105

また、増感剤を添加する場合、増感剤の添加量は平版印刷用インキに対し、0.1〜20質量%が好ましい。増感剤の添加量をこの範囲内にすることで、(e)光重合開始剤の効果を補助することができる。増感剤の添加量は、平版印刷用インキが良好な感度を得られることから、0.1質量%以上が好ましく、1質量%以上がより好ましく、3質量%以上がさらに好ましい。前記平版印刷用インキの保存安定性が向上することから、前記添加量は20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましく、10質量%以下がさらに好ましい。

0106

さらに、重合禁止剤を添加することが好ましい。重合禁止剤の具体的な例としては、ヒドロキノン、ヒドロキノンのモノエステル化物、N−ニトロソジフェニルアミンフェノチアジン、p−t−ブチルカテコール、N−フェニルナフチルアミン、2,6−ジ−t−ブチル−p−メチルフェノール、クロラニール、ピロガロールなどが挙げられる。重合禁止剤を添加する場合、その添加量は、平版印刷用インキに対し、0.001〜5質量%が好ましい。重合禁止剤の添加量をこの範囲にすることで、インキの保存安定性を得ることができる。

0107

さらに、本発明の平版印刷用インキには、必要に応じて顔料分散剤、ワックス消泡剤、転移性向上剤レベリング剤等の添加剤を使用することが可能である。

0108

本発明の平版印刷用インキは、さらに他の界面活性剤を含むことが好ましい。他の界面活性剤を含有することで、顔料の凝集を抑制し、インキの流動性を向上させることができる。すなわち、前記他の界面活性剤は(g)顔料分散剤を意味する。

0109

本発明の(g)顔料分散剤は、陰イオン、すなわち酸性基を含むことが好ましい。酸性基を含む(g)顔料分散剤としては、カルボキシル基を有する界面活性剤、スルホ基を有する界面活性剤、リン酸基を有する界面活性剤などがより好ましく、リン酸基を有する界面活性剤が最も好適に用いられる。

0110

また、本発明において好ましく用いられるアゾレーキ顔料や金属錯体顔料は、成分中にCa2+やBa2+、Cu2+、Co2+などの陽イオンを含有しており、これらが(g)顔料分散剤の酸性基と作用するため、(g)顔料分散剤が顔料表面に吸着される。(g)顔料分散剤の酸価が高ければ、それに比例して(g)顔料分散剤の酸性基の量が増えるため、より顔料表面に吸着されやすくなる。その結果、(g)顔料分散剤が顔料表面を覆うために、顔料の凝集が抑制されると考えられる。

0111

(g)顔料分散剤は、酸価が好ましくは5〜200mgKOH/gであるとよい。(g)顔料分散剤の酸価を5mgKOH/g以上とすることで、顔料の凝集抑制効果を向上させることができ、200mgKOH/g以下とすることにより、顔料の凝集抑制効果の低下を防ぐことができる。(g)顔料分散剤の酸価は、50mgKOH/g以上がより好ましく、100mgKOH/g以上がさらに好ましい。また、150mgKOH/g以下であることがより好ましい。

0112

酸価は、JISK0070:1992「化学製品の酸価,けん化価,エステル価,よう素価,水酸基価及び不けん化物の試験方法」の「第3.1項中和滴定法」により求めることができる。

0113

(g)顔料分散剤の酸価が上記の範囲であることによって、顔料の凝集が抑制され、インキの流動性を向上させることが可能になる。その結果、インキのレベリング性が向上し、それを用いて印刷した印刷物の光沢性を向上させることができる。

0115

(g)顔料分散剤に好適なスルホ基を有する界面活性剤の例としては、1−ヘキサンスルホン酸ナトリウム、1−オクタンスルホン酸ナトリウム、1−デカンスルホン酸ナトリウム、1−ドデカンスルホン酸ナトリウム、ペルフルオロブタンスルホン酸直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムトルエンスルホン酸ナトリウムクメンスルホン酸ナトリウム、オクチルベンゼンスルホン酸ナトリウムナフタレンスルホン酸ナトリウムナフタレンジスルホン酸二ナトリウムナフタレントリスルホン酸三ナトリウム、ブチルナフタレンスルホン酸ナトリウムなどが挙げられる。

0116

(g)顔料分散剤に好適なリン酸基を有する界面活性剤の例としては、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステルポリオキシエチレントリデシルエーテルリン酸エステルポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸エステルポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルリン酸エステルなどが挙げられる。上記の中で、ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステル、ポリオキシエチレントリデシルエーテルリン酸エステル、ポリオキシエチレンラウリルエーテルリン酸エステルが好適に用いられる。

0117

前記(g)顔料分散剤は、酸性基に加えて、さらに塩基性基を有することが好ましい。塩基性基を有すると、顔料の凝集抑制効果を向上させることができるため、好ましい。前記(g)顔料分散剤の塩基性基としては、アミノ基、アミド基アゾ基シアノ基など窒素元素を含む官能基が挙げられるが、アミノ基を有する顔料分散剤が特に好ましく用いられる。

0118

前記(g)顔料分散剤のアミン価は、5〜50mgKOH/gであることが好ましい前記(g)顔料分散剤のアミン価を5mgKOH/g以上とすることで、酸性基を有する顔料に対して吸着されやすくなるため、顔料の凝集抑制効果を向上させることができ、50mgKOH/g以下とすることにより、酸性基を有するエチレン性不飽和基含有樹脂との相互作用による粘度上昇を防ぐことができる。アミン価の範囲が上記の範囲であることによって、顔料の凝集が抑制され、インキの流動性を向上させることが可能になる。その結果、インキのレベリング性が向上し、それを用いて印刷した印刷物の光沢性を向上させることができる。

0119

前記(g)顔料分散剤のアミン価は、JIS K 7237:1995「エポキシ樹脂のアミン系硬化剤の全アミン価試験方法」の「4.1電位差滴定法」に記載の方法により求めることができる。

0120

本発明の(g)顔料分散剤の含有量は、(a)顔料100質量%に対して5〜50質量%であることが好ましい。(g)顔料分散剤の含有量が5質量%以上であれば、顔料抑制効果が向上する点で、好ましく、50質量%以下であれば、顔料の凝集抑制効果の低下を防ぐことが出来るため、好ましい。(g)顔料分散剤の含有量が上記の範囲であることによって、顔料の凝集抑制効果が高くなる。

0121

本発明の平版印刷用インキは、水を含むことが好ましい。前記インキが水を含むことで、インキの粘度調整が容易となることや、印刷時のVOC排出量が低減され、環境に大きな負荷を与えることなく印刷物を得ることができる。加えて、本発明の平版印刷用インキの製造コスト低減が可能となる。

0122

本発明の平版印刷用インキに含まれる水の含有量としては、5質量%以上が好ましい。水の含有量をかかる数値範囲内にせしめることによって、前記インキが良好な水洗浄性を示し、かつ、VOC排出量も低減される。より好ましくは、10質量%以上である。前記水の含有量はインキが良好な感度を得られることから、60質量%以下であることが好ましい。より好ましくは50質量%以下である。

0123

本発明の平版印刷用インキは、アミン化合物を含むことが好ましい。前記アミン化合物を含むことで、前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の水溶性が向上し、前記印刷用インキの洗浄性が良好となる。

0124

前記アミン化合物としては、モノアミン化合物や二官能以上のポリアミン化合物を用いることができる。中でも、前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂と架橋反応を起こさず、インキの増粘が小さいため、モノアミン化合物が好ましく用いられる。

0125

また、印刷中にアミン化合物が揮発しないように、前記アミン化合物の分子量は、100以上が好ましい。一方で、印刷後の乾燥工程においてアミン化合物の除去を容易とするために、前記アミン化合物の分子量は200以下であることが好ましい。

0126

本発明の平版印刷用インキに含まれるアミン化合物の含有量としては、前記(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂の水溶性が向上する0.01質量%以上が好ましく、0.1質量%以上がより好ましい。硬化膜の耐水性を得るため、アミン化合物の含有量は5質量%以下が好ましく、より好ましくは1質量%以下である。

0127

前記アミン化合物の好ましい具体例としては、トリエチルアミンモノエタノールアミン、ジエタノールアミン、ジメチルモノエタノールアミン、トリエタノールアミン、モルホリン等が挙げられる。

0128

本発明の平版印刷用インキは、25℃、回転数0.5rpmにおいて測定される粘度が、好ましくは10Pa・s以上100Pa・s以下である。粘度がこの範囲内であれば、前記平版印刷用インキは、流動性が良好であり、良好な転移性を示す。

0129

一般に印刷用インキの最適な粘度は印刷方式により異なるため、印刷用インキは各印刷方式に適した粘度および濃度に調整して使用することが好ましい。各印刷方式に適した粘度領域としては、平版印刷用途であれば、10Pa・s以上100Pa・s以下が好ましく、インクジェット印刷用途であれば、1mPa・s以上50mPa・s以下が好ましく、グラビア印刷用途であれば、50mPa・s以上1000mPa・s以下が好ましく、フレキソ印刷用途であれば、200mPa・s以上3000mPa・s以下が好ましい。前記粘度は、Brookfield型回転式粘度計や、コーンプレート型回転式粘度計等を用いて測定される。

0130

本発明の平版印刷用インキの製造方法を次に述べる。本発明の平版印刷用インキは、(a)顔料ならびに(b)エチレン性不飽和基および親水性基を有する樹脂、その他成分を、必要に応じて5〜100℃で加温溶解した後、ニーダー三本ロールミルボールミル遊星式ボールミルビーズミルロールミルアトライター、サンドミルゲートミキサーペイントシェーカーホモジナイザー、自公転攪拌機等の撹拌混練機均質混合分散することで得られる。混合分散後、もしくは混合分散の過程で、真空もしくは減圧条件下脱泡することも好ましく行われる。

0131

また、本発明の平版印刷用インキを用いた印刷物の製造方法は次のとおりである。まず、本発明の平版印刷用インキを基材上に塗布し、次いで活性エネルギー線を照射して硬化させることによりインキ硬化膜を有する印刷物を得る。基材としては、アート紙、コート紙、キャスト紙、合成紙、新聞用紙アルミ蒸着紙、金属、ポリプロピレンポリエチレンテレフタラートフィルムなどが挙げられるが、これらに限定されない。特に、ポリエチレンテレフタレートポリエチレンポリエステルポリアミドポリイミドポリスチレン、ポリプロピレン、ポリカーボネートポリビニルアセタールなどのプラスチックフィルム、前記プラスチックフィルムが紙上にラミネートされたプラスチックフィルムラミネート紙、アルミニウム、亜鉛、銅などの金属、前記金属が紙上またプラスチック上に蒸着された金属蒸着紙または金属蒸着プラスチックフィルムは、インキを吸収しないことから基材上にインキを固着できないため、活性エネルギー線を照射することで瞬時にインキを硬化、固着できる本発明の平版印刷用インキが好ましく用いられる。

0132

本発明の平版印刷用インキの基材上へ塗布する方法としては、オフセット印刷(平版印刷)、フレキソ印刷、グラビア印刷、スクリーン印刷バーコーター等の周知の方法により、基材上に塗布することができる。特に、平版印刷は、本発明の平版印刷用インキを高速、かつ安価に大量印刷可能であることから、好ましく用いられる。平版印刷には、水なし平版印刷版を用いる方式と、水あり平版印刷版を用いる方式がある。

0133

水なし平版印刷版は、基板と、前記基板上に設けられた少なくともインキ反発層感熱層を含有する。基板の近くに感熱層およびインキ反発層のいずれがあってもいいが、基板、感熱層およびインキ反発層の順にあることが好ましい。

0134

前記基板としては、特に限定されず、従来印刷版の基板として用いられてきた寸法的に安定な公知の紙、金属、ガラス、フィルムなどを使用することができる。これら基板のうち、アルミニウム板は寸法的に安定であり、しかも安価であるので特に好ましい。また、軽印刷用の柔軟な基板としては、ポリエチレンテレフタレートフィルムが特に好ましい。

0135

水なし平版印刷版の感熱層としては、画像の描き込みに使用される赤外線などのレーザー光を効率よく吸収して熱に変換(光熱変換)する機能を有し、その熱によって感熱層の少なくとも表面が分解し、もしくは現像液への溶解性が高まる、またはインキ反発層との接着力が低下するものであることか好ましい。このような感熱層は例えば活性水素を有するポリマー有機錯化合物、および光熱変換物質を含む組成物を含有することができる。

0136

インキ反発層は、本発明の平版印刷用インキを反発し、該インキ反発層上に付着しないようにするために、疎水性を有することが望ましい。ここで言う疎水性とは、水との接触角が60°以上であることを言う。このためインキ反発層には、疎水性の物質を含むことが好ましい。具体的には、シリコーンゴム、フッ素樹脂、ポリエステル樹脂、スチレンブタジエンゴムナイロン樹脂ニトリルゴムポリ酢酸ビニルウレタン樹脂エチレン酢酸ビニル共重合体ポリブタジエンポリイソプレン、ポリプロピレン、ポリエチレン等を含むものが挙げられる。中でも、シリコーンゴムを用いることが特に好ましい。

0137

水あり平版印刷版は、基板と、前記基板上に設けられた感光層と、前記基板と前記感光層との間に任意に設けられてもよい親水性層を含む。

0138

基板としては、特に限定されず、寸法的に安定な親水性の基板を用いることができる。このような基板のうち、アルミニウム板は寸法的に安定であり、しかも安価であるので特に好ましい。アルミニウム板は、粗面化処理陽極酸化処理等の表面処理を施すことが好ましい。アルミニウム板表面の粗面化処理の方法としては、例えば、機械的、電気化学的、化学的粗面化処理など公知の方法が挙げられる。

0139

水あり平版印刷版の感光層としては、画像の描き込みに使用される赤外線などのレーザー光を吸収することで、感光層の露光部が硬化して疎水性領域を形成し、未露光部分が印刷時または現像により基板上から取り除かれる機能を有することが好ましい。このような感光層は、赤外線吸収剤重合開始剤、エチレン性不飽和基を有する重合性化合物を含むことが好ましい。

0140

前記赤外線吸収剤は、吸収した赤外線を熱に変換する機能(光熱変換)、ならびに赤外線により励起されて重合開始剤にエネルギー移動することでラジカルを発生させる機能を有する。前記重合開始剤は、光、あるいは熱によりラジカルを発生することができる。また、発生したラジカルがエチレン性不飽和基を有する重合性化合物の硬化を促進することができる。

0141

印刷物上のインキ硬化膜の厚みは0.1〜50μmであることが好ましい。活性エネルギー線を照射することで、印刷物上のインキ塗膜を硬化させる。活性エネルギー線としては、硬化反応に必要な励起エネルギーを有するものであればいずれも用いることができるが、例えば紫外線や電子線などが好ましく用いられる。電子線により硬化させる場合は、100〜500eVのエネルギー線を有する電子線装置が好ましく用いられる。紫外線により硬化させる場合は、高圧水銀灯キセノンランプメタルハライドランプ、LED等の紫外線照射装置が好ましく用いられるが、例えばメタルハライドランプを用いる場合、80〜150W/cmの照度を有するランプによって、コンベアーによる搬送速度が50〜150m/minで硬化させることが生産性の面から好ましい。特に、基材としてプラスチックフィルムや金属を含む基材を用いる場合、活性エネルギー線による発熱によって基材が伸縮しやすくなるため、発熱の少ない電子線、またはLEDを用いた紫外線照射装置(LED−UV)が好ましく用いることができる。

0142

さらに、本発明の平版印刷用インキを用いた印刷物の製造方法は、本発明の平版印刷用インキが基材上に塗布された後、加熱乾燥する工程を含むことが好ましい。基材上のインキを加熱し、インキ中の揮発性成分を除去することで基材上にインキ塗膜を固着させることができる。加熱乾燥の方法としては、熱エネルギーを発生するものであればいずれも用いることができる。例えば、熱風乾燥機やIR乾燥機などが好ましく用いられ、50〜250℃の温度で、5秒〜30分で乾燥させることが生産性の面から好ましい。

0143

また、本発明の平版印刷用インキを用いた印刷物の製造方法は、本発明の平版印刷用インキは基材上に塗布された後、印刷機上の余剰インキ洗浄水により除去される工程を含むことが好ましい。洗浄水により余剰インキを除去することで、作業時に発生するVOCの量が大幅に低減され、作業者の健康被害を低減できるので、安全性が高まる。

0144

前記洗浄水としては、水を全重量の90質量%以上含むことが好ましい。水を90質量%以上含むことで、作業者の健康被害をより低減でき、安全性もより高まる。

0145

前記洗浄水のpHとしては、8以上13以下であることが好ましい。本発明の平版印刷用インキが弱酸性であるため、pHをかかる数値範囲内にせしめることによって、塩基性水溶液に対する平版印刷用インキの溶解性が良好となる。洗浄水のpHが8以上であることで、前記インキが溶解しやすくなり、洗浄することが可能となる。より好ましくは洗浄水のpHが9以上である。また、前記洗浄水のpHが13以下であることで、印刷機や印刷版など印刷機材へのダメージが低減されるため好ましい。より好ましくは洗浄水のpHが11以下である。

0146

以下、本発明を実施例により具体的に説明する。ただし、本発明はこれらに限定されるものではない。

0147

<インキ原料>
顔料I:セイカシアニンブルー(大日精化(株)社製)。
樹脂I:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.6当量グリシジルメタクリレートGMA)を付加反応させて、エチレン性不飽和基と親水性基を有する樹脂Iを得た。得られた樹脂Iは重量平均分子量34,000、酸価102mgKOH/g、ヨウ素価2.0mol/kgであった。

0148

樹脂II:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.95当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂IIを得た。得られた樹脂IIは重量平均分子量39,000、酸価10mgKOH/g、ヨウ素価3.1mol/kgであった。

0149

樹脂III:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.9当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂IIIを得た。得られた樹脂IIIは重量平均分子量38,000、酸価35mgKOH/g、ヨウ素価2.9mol/kgであった。

0150

樹脂IV:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.8当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂IVを得た。得られた樹脂IVは重量平均分子量37,000、酸価62mgKOH/g、ヨウ素価2.5mol/kgであった。

0151

樹脂V:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.4当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂Vを得た。得られた樹脂Vは重量平均分子量32,000、酸価190mgKOH/g、ヨウ素価1.0mol/kgであった。

0152

樹脂VI:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.2当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂VIを得た。得られた樹脂VIは重量平均分子量31,000、酸価240mgKOH/g、ヨウ素価0.5mol/kgであった。

0153

樹脂VII:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.1当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて樹脂VIIを得た。得られた樹脂VIIは重量平均分子量30,000、酸価259mgKOH/g、ヨウ素価0.25mol/kgであった。

0154

樹脂VIII:25質量%のアクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体を得た。得られた樹脂VIIIの重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kgであった。

0155

樹脂IX:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対し、1.0当量のグリシジルメタクリレート(GMA)を付加反応させた。得られた樹脂IXの重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kgであった。

0156

反応性希釈剤I:“Miramer”(登録商標)M340(MIWON社製)
反応性希釈剤II:“Miramer”(登録商標)M4004(MIWON社製)
光重合開始剤I:“イルガキュア”(登録商標)907(BASF社製)
増感剤I:ジエチルアミノベンゾフェノン(東京化成(株)社製)
重合禁止剤I:p−メトキシフェノール和光純薬工業(株)社製)
添加剤I:ラウリルアクリレート(和光純薬工業(株)社製)
アミン化合物I:ジエタノールアミン(東京化成(株)社製)。

0157

<重量平均分子量の測定>
樹脂の重量平均分子量はテトラヒドロフラン移動相としたゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)により測定した値である。カラムはShodex KF−803を用い、重量平均分子量はポリスチレン換算により計算した。

0158

<平版印刷適性試験
水なし平版印刷版(TAN−E、東レ(株)社製)をオフセット印刷機オリバー266EPZ、グラフィックシステム社製)に装着し、実施例1〜8および比較例1〜2に示す組成の各インキを用いて、コート紙10000枚に印刷を行い、印刷適性および印刷物を評価した。

0159

フレキソ印刷適性試験
感光性樹脂版(“トレリーフ(登録商標)”DWF95DIII、東レ(株)社製)をフレキソ印刷試験機フレキプルーフ100、PrintCoat Instruments社製)に装着し、アニロックスロール線数は400線を使用し、実施例9〜11および比較例3〜4の各インキを用いて、PET(ポリエチレンテレフタレート)フィルム(三菱化学(株)社製、“ノバクリアー(登録商標)”、厚み:100μm)に印刷した。

0160

グラビア印刷適性試験>
実施例12〜14、比較例5〜6の印刷用インキを、ヘリ彫刻版(175線/インチ)を備えたグラビア印刷試験機GP−10(クラボウ社製)を用いて、PETフィルム(三菱化学(株)社製、“ノバクリアー(登録商標)”、厚み:100μm)に印刷し、ドライヤーで乾燥させた。

0161

インクジェット印刷適性試験>
実施例15〜17、比較例7〜8の印刷用インキを、インクジェットプリンターキャノン(株)社製)を改造したものを使用して、PETフィルム(三菱化学(株)社製、“ノバクリアー(登録商標)”、厚み:100μm)に印刷した。
評価方法は以下の通りである。

0162

(1)感度
前記印刷物を、USHIO(株)社製紫外線照射装置(120W/cm、超高圧メタハラランプ1灯)を用いて、ベルトコンベアースピードを0〜150m/minの条件で紫外線を照射した。印刷物上のインキが十分に硬化して、セロハン粘着テープ(“セロテープ”(登録商標)No.405)を接着させて剥離しても、コート紙上から剥がれなくなるときのベルトコンベアースピードを求めた。ここで、ベルトコンベアースピードが速いほど少ない露光量で硬化できることから高感度である。ベルトコンベアースピードが100m/min未満であると感度が不十分であり、100m/min以上120m/min未満であると感度が良好であり、120m/min以上であると省電力UV印刷機にも対応できるため、感度が極めて良好と判断した。

0163

(2)水洗浄性
洗浄方法A:実施例1〜8および比較例1〜2に示す組成の各インキを用いた平版印刷適正試験終了後の印刷機で、ローラー上に残ったインキを水洗浄し、インキの水洗浄性の可否について3段階で評価した。
3:一度の水洗浄ですべてのインキが洗い流せた。
2:二度の水洗浄ですべてのインキが洗い流せた。
1:三度の水洗浄でインキ残渣が残った。

0164

洗浄方法B:未硬化あるいは未乾燥の印刷物上の印刷用インキを、市販の塩基性洗剤マジックリン、花王(株)社製)1質量%水溶液(pH=10.5)を含ませたウェスで拭くことにより、インキの水洗浄性の可否について3段階で評価した。
3:一回の拭き取りですべてのインキが洗い流せた。
2:二回の拭き取りですべてのインキが洗い流せた。
1:三回以上拭き取りを行ってもインキ残渣が残った。

0165

(3)膜の耐水性
印刷物上のインキ硬化膜を、25℃の水中に保持したときに、印刷物の耐水性を3段階で評価した。水中へのインキの溶出は、目視により確認した。
3:24時間までインキの溶出が見られなかった。
2:12時間までインキの溶出が見られなかったが、24時間ではインキの一部溶出が見られる。
1:12時間までにインキの溶出が見られた。

0166

(4)耐地汚れ性
印刷物のベタ藍色濃度が2.0であるときの、非画線部における藍色濃度を反射濃度計(GretagMacbeth社製、SpectroEye)を用いて評価した。反射濃度が0.5以下であると耐地汚れ性が良好であり、0.3以下であると耐地汚れ性が極めて良好である。

0167

(5)粘度
アントンパール(Anton Paar)社製レオメーターMCR301にコーンプレート(コーン角1°、φ=40mm)を装着し、0.15mlのインキの25℃、5rpmにおける粘度を測定した。

0168

[実施例1]
表1に示すインキ組成量し、三本ロールミル“EXAKT”(登録商標)M−80S(EXAKT社製)を用いて、ギャップ1で3回通すことで平版印刷用インキを得た。

0169

得られた平版印刷用インキについて、上記の通り平版印刷適性試験を実施し、感度、水洗浄性、膜の耐水性および耐地汚れ性を評価した。結果を表1に示した。

0170

作製した平版印刷用インキの粘度は、51Pa・sと適切であった。感度は、ベルトコンベアースピードで130m/minであり、非常に良好であった。水洗浄性は、一度の水洗浄でローラー上に残ったすべてのインキが洗浄可能であった。膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.2であり、極めて良好であった。

0171

[実施例2〜7]
樹脂Iの代わりに樹脂II〜VIIを配合しエチレン性不飽和基濃度(ヨウ素価)と親水性基濃度(酸価)を表1のとおりにする以外は実施例1と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、膜の耐水性および耐地汚れ性の評価を行った。エチレン性不飽和基濃度が大きくなるほど感度と膜の耐水性が良化する傾向にあり、親水性基濃度が大きくなるほど粘度が増大し、水洗浄性と耐地汚れ性が良化する傾向にあった。感度、水洗浄性、膜の耐水性、および耐地汚れ性を備えた平版印刷用インキとして、実施例3〜6においてより好ましい結果を、実施例4および5において特に好ましい結果を得られた。

0172

[実施例8]
添加剤としてラウリルアクリレートを添加したこと以外は実施例1と同様の操作を行い、感度、水洗浄性、膜の耐水性および耐地汚れ性の評価を行った。作製した平版印刷用インキの粘度は、47Pa・sと適切であった。感度は、ベルトコンベアースピードで125m/minであり、極めて良好であった。水洗浄性は、一度の水洗浄でローラー上に残ったすべてのインキが洗浄可能であった。膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.1であり、極めて良好であった。

0173

[比較例1]
樹脂Iの代わりに樹脂VIIIを配合し、樹脂の重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kgとする以外は実施例1と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、膜の耐水性および耐地汚れ性の評価を行った。作製した印刷用インキの粘度は、114Pa・sと高粘度で、平版印刷に不適当であった。水洗浄性は、一度の水洗浄でローラー上に残ったすべてのインキが洗浄可能であった。さらに耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.2であり、極めて良好であった。しかしながら感度は、ベルトコンベアースピードで75m/minであり、不十分であった。また、膜の耐水性についても、25℃の水中で12時間までにインキ硬化膜からインキの溶出が見られた。

0174

[比較例2]
樹脂Iの代わりに樹脂IXを配合し、樹脂の重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kgとする以外は実施例1と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、膜の耐水性および耐地汚れ性の評価を行った。作製した印刷用インキの粘度は、9Pa・sと低粘度で、平版印刷に不適当であった。感度は、ベルトコンベアースピードで150m/minであり、極めて良好であった。さらに膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。しかしながら水洗浄性は、三度の水洗浄でもローラー上にインキ残渣が残った。また耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.8であり、不十分であった。

0175

[実施例9]
表2−1に示すインキ組成を秤量し、ペイントコンディショナーを用いて混合分散し、印刷用インキを得た。

0176

得られたインキについて、フレキソ印刷適性試験を実施し、感度、水洗浄性、および膜の耐水性を評価した。結果を表2−1に示した。

0177

作製した印刷用インキの粘度は1420mPa・sと適切であった。感度は、ベルトコンベアースピードで120m/minであり、非常に良好であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。

0178

[実施例10および11]
樹脂Iの代わりに樹脂IIIまたはIVを配合しエチレン性不飽和基濃度(ヨウ素価)と親水性基濃度(酸価)を表2−1のとおりにする以外は実施例9と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。エチレン性不飽和基濃度が大きくなるほど感度と膜の耐水性が良化する傾向にあり、親水性基濃度が大きくなるほど水洗浄性が良化する傾向にあった。

0179

[比較例3]
樹脂Iの代わりに樹脂VIIIを配合し、樹脂の重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kgとする以外は実施例9と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は4090mPa・sと高粘度で、フレキソ印刷に不適当であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。しかしながら感度は、ベルトコンベアースピードで40m/minであり、不十分であった。膜の耐水性は、25℃の水中で12時間までにインキ硬化膜からインキの溶出が見られた。

0180

[比較例4]
樹脂Iの代わりに樹脂IXを配合し、樹脂の重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kgとする以外は実施例9と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は170mPa・sと低粘度で、フレキソ印刷に不適当であった。感度は、ベルトコンベアースピードで140m/minであり、極めて良好であった。さらに膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。しかしながら水洗浄性は、複数回の洗浄を行ってもインキ残渣が見られた。

0181

[実施例12]
表2−1に示したインキ組成とし、フレキソ印刷適性評価をグラビア印刷適性評価にする以外は実施例9と同様の操作でインキを作成し、感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作製した印刷用インキの粘度は570mPa・sと適切であった。感度は、ベルトコンベアースピードで120m/minであり、非常に良好であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。

0182

[実施例13、14]
表2−1に示したインキ組成とし、エチレン性不飽和基濃度(ヨウ素価)と親水性基濃度(酸価)を表2−1のとおりにする以外は実施例12と同様の操作でインキを作成し、感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。エチレン性不飽和基濃度が大きくなるほど感度と膜の耐水性が良化する傾向にあり、親水性基濃度が大きくなるほど水洗浄性が良化する傾向にあった。

0183

[比較例5]
表2−2に示したインキ組成とし、樹脂の重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kgとする以外は実施例12と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は1280mPa・sと高粘度で、グラビア印刷に不適当であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。しかしながら感度は、ベルトコンベアースピードで50m/minであり、不十分であった。膜の耐水性は、25℃の水中で12時間までにインキ硬化膜からインキの溶出が見られた。

0184

[比較例6]
表2−2に示したインキ組成とし、樹脂の重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kgとする以外は実施例12と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は41mPa・sと低粘度で、グラビア印刷に不適当であった。感度は、ベルトコンベアースピードで140m/minであり、極めて良好であった。さらに膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。しかしながら水洗浄性は、複数回の洗浄を行ってもインキ残渣が見られた。

0185

[実施例15]
表2−1に示したインキ組成とし、フレキソ印刷適性評価をインクジェット印刷適性評価にする以外は実施例9と同様の操作でインキを作成し、感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。感度は、ベルトコンベアースピードで120m/minであり、非常に良好であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。

0186

[実施例16、17]
表2−1に示したインキ組成とし、エチレン性不飽和基濃度(ヨウ素価)と親水性基濃度(酸価)を表2−1のとおりにする以外は実施例15と同様の操作インキを作成し、感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。エチレン性不飽和基濃度が大きくなるほど感度と膜の耐水性が良化する傾向にあり、親水性基濃度が大きくなるほど水洗浄性が良化する傾向にあった。

0187

[比較例7]
表2−2に示したインキ組成とし、樹脂の重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kgとする以外は実施例15と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は235mPa・sと高粘度で、インクジェット印刷に不適当であった。水洗浄性は、一度の洗浄で印刷物上のインキが除去可能であった。しかしながら感度は、ベルトコンベアースピードで40m/minであり、不十分であった。膜の耐水性は、25℃の水中で12時間までにインキ硬化膜からインキの溶出が見られた。

0188

[比較例8]
表2−2に示したインキ組成とし、樹脂の重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kgとする以外は実施例15と同様の操作ならびに感度、水洗浄性、および膜の耐水性の評価を行った。作成したインキの粘度は0.7mPa・sと低粘度で、インクジェット印刷に不適当あった。感度は、ベルトコンベアースピードで130m/minであり、極めて良好であった。さらに膜の耐水性は、25℃の水中でも24時間までインキ硬化膜からインキの溶出が見られなかった。しかしながら水洗浄性は、複数回の洗浄を行ってもインキ残渣が見られた。
各実施例および各比較例において用いられた各成分の組成と評価の結果を表に示す。

0189

0190

0191

0192

<ワニス原料>
多官能(メタ)アクリレート1:ペンタエリスリトールトリアクリレートとペンタエリスリトールテトラアクリレートの混合物“Miramer”(登録商標)M340(MIWON社製)ヒドロキシル基あり、水酸基価115mgKOH/g、分子量298

0193

多官能(メタ)アクリレート2:ペンタエリスリトールトリアクリレートとペンタエリスリトールテトラアクリレートの混合物“アロニックス”(登録商標)M−306(東亜合成社製)ヒドロキシル基あり、水酸基価171mgKOH/g、分子量298

0194

多官能(メタ)アクリレート3:ジペンタエリスリトールペンタアクリレートとジペンタエリスリトールヘキサアクリレートの混合物“アロニックス”(登録商標)M−403(東亜合成社製)ヒドロキシル基あり、水酸基価53mgKOH/g、分子量524

0195

多官能(メタ)アクリレート4:ジペンタエリスリトールペンタアクリレートとジペンタエリスリトールヘキサアクリレートの混合物“アロニックス”(登録商標)M−402(東亜合成社製)ヒドロキシル基あり、水酸基価28mgKOH/g、分子量524

0196

多官能(メタ)アクリレート5:グリセリンジメタクリレート“NKエステル”(登録商標)701(新中化学社製)ヒドロキシル基あり、水酸基価240mgKOH/g、分子量228

0197

多官能(メタ)アクリレート6:ペンタエリスリトールテトラアクリレートエチレンオキシド変性物“Miramer”(登録商標)M4004(MIWON社製)ヒドロキシル基なし、分子量571

0198

樹脂1:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.55当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて、エチレン性不飽和基と親水性基を有する樹脂1を得た。得られた樹脂1は重量平均分子量34,000、酸価105mgKOH/g、ヨウ素価2.0mol/kgであった。

0199

樹脂2:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.5当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させて、エチレン性不飽和基と親水性基を有する樹脂2を得た。得られた樹脂2は重量平均分子量53,000、酸価114mgKOH/g、ヨウ素価1.8mol/kgであった。

0200

樹脂3:25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる親水性基を有する樹脂3を得た。得られた樹脂3は重量平均分子量24,000、酸価210mgKOH/gであった。

0201

樹脂4:VS−1057(星光PMC社製、アクリル樹脂、親水性基あり、重量平均分子量:18000、酸価40mgKOH/g)

0202

樹脂5:25質量%のメタクリル酸メチル、20質量%のスチレン、55質量%のメタクリル酸からなる親水性基を有する樹脂5を得た。得られた樹脂5は重量平均分子量9,000、酸価262mgKOH/gであった。

0203

樹脂6:イソダップ(ダイソー化学社製、ジアリルフタレート樹脂、親水性基なし、重量平均分子量30,000、酸価0mgKOH/g)
重合禁止剤1:p−メトキシフェノール(和光純薬工業(株)社製)

0204

<重量平均分子量の測定>
樹脂の重量平均分子量はテトラヒドロフランを移動相としたゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)により測定した値である。カラムはShodex KF−803を用い、重量平均分子量はポリスチレン換算により計算した。

0205

<ワニスの評価方法>
(1)流動性
アントン・パール(Anton Paar)社製レオメーターMCR301にパラレルプレート(ギャップ0.1mm、φ=25mm)を装着し、インキピペットで秤量した0.05mlの平版インキ用ワニスの、25℃、ひずみ1%、角速度1rad/sにおける正接損失tanδを測定した。tanδの値が3〜5で流動性が良好であり、5〜10で流動性がより良好であり、10以上で流動性が極めて良好である。

0206

(2)粘度
ブルックフィールド(BROOKFIELD)社製B型粘度計DV−IIにシリンダースピンドルNo4を装着し、平版インキ用ワニスの25℃、0.5rpmにおける粘度を測定した。前記粘度は、平版印刷用インキの耐地汚れ性と流動性の両方が良好となる、10〜400Pa・sが好ましく、50〜300Pa・sがより好ましく、100〜250Pa・sがさらに好ましい。

0207

<インキ原料>
顔料1:セイカシアニンブルー4920(大日精化(株)社製)
光重合開始剤1:“イルガキュア”(登録商標)907(BASF社製)
光重合開始剤2“イルガキュア”(登録商標)TPO−L(BASF社製)
増感剤1:ジエチルアミノベンゾフェノン(東京化成(株)社製)
添加剤1:ラウリルアクリレート(和光純薬工業(株)社製)
乳化剤1:“レオドール”(登録商標)スーパーTW−L120(花王(株)社製)HLB値16.7
ワックス1:PTFEワックス、KTL−4N(喜多村(株)社製)

0208

<水なし平版印刷試験>
水なし平版印刷版(TAN−E、東レ(株)社製)をオフセット印刷機(オリバー266EPZ、桜井グラフィックシステム社製)に装着し、実施例18〜26、参照例1〜3および比較例9〜11に示す組成の各インキを用いて、コート紙5000枚に印刷、USHIO(株)社製紫外線照射装置(120W/cm、超高圧メタハラランプ1灯)を用いて、ベルトコンベアースピードを80m/minにて紫外線を照射し、インキを硬化させ、印刷物を得た。各評価方法は以下の通りである。

0209

<水あり平版印刷試験>
水あり平版印刷版(XP−F、富士フィルム(株)社製)をオフセット印刷機(オリバー266EPZ、桜井グラフィックシステム社製)に装着し、湿し水にエッチ液(SOLAIA−505、T&K TOKA社製)を3重量%混合した水道水を用い、実施例27〜29、参照例4および比較例12,13の各インキを用いて、コート紙5000枚に印刷、USHIO(株)社製紫外線照射装置(120W/cm、超高圧メタハラランプ1灯)を用いて、ベルトコンベアースピードを80m/minにて紫外線を照射し、インキを硬化させ、印刷物を得た。

0210

<インキの評価方法>
(1)粘度
アントン・パール(Anton Paar)社製レオメーターMCR301にコーンプレート(コーン角1°、φ=40mm)を装着し、インキピペットで秤量した0.15mlのインキの25℃、0.5rpmを測定した。

0211

(2)地汚れ濃度
印刷物のベタ部藍色濃度が2.0であるときの、印刷物の非画線部における藍色濃度を反射濃度計(GretagMacbeth製、SpectroEye)を用いて評価した。反射濃度が0.15を超えると耐地汚れ性が不良であり、0.10以下であると耐地汚れ性が良好、0.05以下であると耐地汚れ性が極めて良好である。

0212

(3)光沢
印刷物上のインキ硬化膜を、精密光沢計GM−26D((株)村上色彩技術研究所社製)を用いて光沢値を測定した。光沢値は30以上あれば良好であり、35以上あれば極めて良好である。

0213

<ワニスの作成>
樹脂1、多官能(メタ)アクリレート1、重合禁止剤1を表3に示す割合で秤量し、樹脂1、及び重合禁止剤1を多官能(メタ)アクリレート1に90℃で加え、撹拌溶解後室温に冷却することで、平版インキ用ワニス1を得た。

0214

作成した平版インキ用ワニス1は、tanδ=3.2と、良好な流動性を示し、粘度も154Pa・sと極めて良好であった。

0215

ワニス2〜5に関しては、表3に示すようにヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの種類を多官能(メタ)アクリレート2〜5に変更した以外は、ワニス1と同様の操作を行うことで作成した。ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの水酸基価が高いほど、ワニス粘度、およびtanδの値が増大し、ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート分子量が大きいほど、ワニス粘度が大きくなり、tanδの値が低下する傾向にあった。

0216

ワニス6〜8は、表3に示すようにヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレート1の含有量を変更する以外は、ワニス1と同様の操作を行うことで作成した。ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量が高いほど、ワニス粘度が大きくなり、tanδの値が低下する傾向にあった。

0217

ワニス9〜13は、表3に示すように樹脂の種類を樹脂2〜6に変更した以外は、ワニス1と同様の操作を行うことで作成した。樹脂の酸価が高いほど、ワニス粘度、およびtanδの値が増大し、樹脂の分子量が大きいほど、ワニス粘度が大きくなり、tanδの値が低下する傾向にあった。樹脂の酸価が0であるワニス13では、ワニス粘度が10Pa・s未満であった。

0218

0219

[実施例18]<水なし平版印刷用インキの作成>
表4に示す組成で、ワニス1、顔料1、光重合開始剤1及び2、増感剤1、添加剤1ならびにワックス1を秤量し、三本ロールミル“EXAKT”(登録商標)M−80S(EXAKT社製)を用いて、ローラーギャップ1で2度500rpmの速度で通すことで平版印刷用インキを得た。
得られたインキについて、水なし印刷試験を行い、性能を評価した。結果を表4に示す。

0220

作成した平版印刷用インキは0.5rpmにおける粘度が58Pa・sであった。非画線部における反射濃度が0.04であり、耐地汚れ性は極めて良好であった。得られた印刷物はベタ部分の光沢値が38であり、極めて良好であった。

0221

[実施例19〜22]<ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの種類>
表4に示す組成で、ワニス1をワニス2〜5に変更する以外は実施例18と同様の操作を行い、実施例19〜22の平版印刷用インキを作成した。ワニス2〜5を組成するヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの水酸基価、分子量が高いほどインキは高粘度化し、耐地汚れ性が向上する傾向にあった。一方で、印刷物のベタ部分における光沢値は低下する傾向にあった。

0222

[実施例23〜25]<ヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量>
表4に示す組成で、ワニス1をワニス6〜8に変更する以外は実施例18と同様の操作を行い、実施例23〜25の平版印刷用インキを作成した。作成した平版印刷用インキは、ワニス6〜8を組成するヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの含有量が高いほど、高粘度化する傾向にあり、耐地汚れ性は向上する傾向にあった。一方で、印刷物のベタ部分における光沢値は低下する傾向にあった。

0223

[実施例26、参照例1〜3、および比較例9]<親水性基を有する樹脂の種類>
表4に示す組成で、ワニス1をワニス9〜13に変更する以外は実施例18と同様の操作を行い、実施例26、参照例1〜3、および比較例9の平版印刷用インキを作成した。作成した平版印刷用インキは、ワニス9〜13を組成する樹脂の酸価、分子量が大きいほど、高粘度化する傾向にあり、耐地汚れ性も向上する傾向にあった。しかしながら、得られる印刷物のベタ部分における光沢は低下する傾向にあった。特に比較例9の酸性基を持たない樹脂では、インキの粘度が低く、耐地汚れ性が不十分であった。

0224

0225

[実施例27]<水あり平版印刷用インキの作成>
表5に示す組成とし、乳化剤1を添加すること以外は実施例18と同様の操作を行い、実施例27の平版印刷用インキを作成した。作成した平版印刷用インキは、0.5rpmにおける粘度が66Pa・sであった。非画線部における反射濃度が0.02であり、耐地汚れ性は極めて良好であった。得られた印刷物はベタ部分の光沢値が36であり、極めて良好であった。

0226

[実施例28〜29、参照例4、および比較例10]<ワニス変更した水あり平版印刷用インキの作成>
表5に示す組成で、ワニスを変更する以外は実施例27と同様の操作を行い、実施例28〜29、参照例4、および比較例10の平版印刷用インキを作成した。作成した平版印刷用インキは、ワニスを組成する樹脂の酸価が増大すると湿し水を取り込みにくくなり、耐地汚れ性が低下する傾向にあった(参照例4)。また、ワニスを組成するヒドロキシル基を有する多官能(メタ)アクリレートの水酸基価が減少し、インキが適度な疎水性となることで、耐地汚れ性が向上した(実施例28、29)。比較例10にインキは粘度が低く、耐地汚れ性が不十分であった。

0227

0228

<インキ原料>
顔料A:(アゾレーキ顔料)“レーキレッド”(登録商標) C #405(F)(大日精化工業(株)社製)
顔料B:(アゾレーキ顔料)“セイカファースト”(登録商標)カーミン1476T−7 (大日精化工業(株)社製)
顔料C:(アゾレーキ顔料)430ブリリアントボルドー 10B(大日精化工業(株)社製)
顔料D:(アゾレーキ顔料)“LIONOL”(登録商標) RED TT−4801G(東洋インキ(株)社製)
顔料E:(フタロシアニン銅錯体)“クロモファイン”(登録商標) β型ブルーPB−15:3(大日精化工業(株)社製)
顔料F:(フタロシアニン銅錯体)“クロモファイン”(登録商標)グリーンPG−7(大日精化工業(株)社製)
顔料G:(フタロシアニンコバルト錯体)“クロモファイン”(登録商標)コバルトフタロシアニンブルー PB−75(大日精化工業(株)社製)
顔料H:カーボンブラックMA8(三菱化学(株)社製)粒子径24nm、ジブチルフタレート吸収量57cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料I:“カーボンブラックMA77(三菱化学(株)社製) 粒子径23nm、ジブチルフタレート吸収量68cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料J:カーボンブラックMA11(三菱化学(株)社製) 粒子径29nm、ジブチルフタレート吸収量64cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料K:カーボンブラックMA14(三菱化学(株)社製) 粒子径40nm、ジブチルフタレート吸収量73cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料L:“カーボンブラックMA100(三菱化学(株)社製) 粒子径24nm、ジブチルフタレート吸収量100cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料M:カーボンブラックMA220(三菱化学(株)社製) 粒子径55nm、ジブチルフタレート吸収量93cm3/100g、酸性基(カルボキシル基)を有する
顔料N:カーボンブラック#45(三菱化学(株)社製) 粒子径24nm、ジブチルフタレート吸収量53cm3/100g、酸性基を有しない

0229

顔料分散剤A:“DISPERBYK”(登録商標)−111酸価:129mgKOH/gリン酸基含有アニオン性界面活性剤(ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤B:“プライサーフ”(登録商標)A212C 酸価:110mgKOH/g リン酸基含有アニオン性界面活性剤 (第一工業製薬(株)社製)
顔料分散剤C:“ディスパロン”(登録商標)1850 酸価:73mgKOH/g リン酸基含有アニオン性界面活性剤 (楠木化成(株)社製)
顔料分散剤D:“プライサーフ”(登録商標)A208N 酸価:145mgKOH/g リン酸基含有アニオン性界面活性剤 (第一工業製薬(株)社製)
顔料分散剤E:“プライサーフ”(登録商標)A219B 酸価:51mgKOH/g リン酸基含有アニオン性界面活性剤 (第一工業製薬(株)社製)
顔料分散剤F:“DISPERBYK”(登録商標)−2015 酸価:10mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤G:“プライサーフ”(登録商標)A208F 酸価:180mgKOH/g リン酸基含有アニオン性界面活性剤 (第一工業製薬(株)社製)
顔料分散剤H:“DISPERBYK”(登録商標)−2155 酸価:0mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤I:“ディスパロン”(登録商標)DA−325アミン価:20mgKOH/g (楠木化成(株)社製)
顔料分散剤J:“BYK”(登録商標)−9076 アミン価:44mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤K:“DISPERBYK”(登録商標)−191 アミン価:20mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤L:“DISPERBYK”(登録商標)−2155 アミン価:48mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤M:“DISPERBYK”(登録商標)−2022 アミン価:61mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)
顔料分散剤N:“DISPERBYK”(登録商標)−2000 アミン価:4mgKOH/g (ビックケミージャパン(株)社製)

0230

樹脂A(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸の共重合体のカルボキシル基に対して0.6当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。(75℃に保った溶媒中にメタクリル酸メチル、スチレン、メタクリル酸、アゾイソブチロニトリルを溶解したものをゆっくり滴下、5時間反応後、グリシジルメタクリレート、テトラブチルアンモニウムクロライド、p−メトキシフェノールを溶解したものをゆっくり滴下、3時間反応して得られる。)重量平均分子量34,000、酸価102mgKOH/g、ヨウ素価2.0mol/kg。

0231

樹脂B(エチレン性不飽和基、親水性(酸性基)基含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.95当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量39,000、酸価10mgKOH/g、ヨウ素価3.1mol/kg。

0232

樹脂C(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.9当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量38,000、酸価35mgKOH/g、ヨウ素価2.9mol/kg。

0233

樹脂D(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.8当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量37,000、酸価62mgKOH/g、ヨウ素価2.5mol/kg。

0234

樹脂E(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.4当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量32,000、酸価190mgKOH/g、ヨウ素価1.0mol/kg。

0235

樹脂F(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.2当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量31,000、酸価240mgKOH/g、ヨウ素価0.5mol/kg。

0236

樹脂G(エチレン性不飽和基、親水性基(酸性基)含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対して0.1当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量30,000、酸価259mgKOH/g、ヨウ素価0.25mol/kg。

0237

樹脂H(親水性基(酸性基)のみ含有):25質量%のアクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体。重量平均分子量29,000、酸価282mgKOH/g、ヨウ素価0mol/kg。

0238

樹脂I(エチレン性不飽和基のみ含有):25質量%のメタクリル酸メチル、25質量%のスチレン、50質量%のメタクリル酸からなる共重合体のカルボキシル基に対し、1.0当量のグリシジルメタクリレートを付加反応させたもの。重量平均分子量40,000、酸価0mgKOH/g、ヨウ素価3.2mol/kg。

0239

反応性希釈剤A(エチレン性不飽和基、親水性基含有):“Miramer”(登録商標)M340ペンタエリスリトールトリアクリレート(MIWON社製)
反応性希釈剤B(エチレン性不飽和基のみ含有):“Miramer”(登録商標)M280ポリエチレングリコールジアクリレート(MIWON社製)
反応性希釈剤C(エチレン性不飽和基のみ含有):“Miramer”(登録商標)M300トリメチロールプロパントリアクリレート(MIWON社製)
光重合開始剤A:“イルガキュア”(登録商標)907(BASF社製)
増感剤A:ジエチルアミノベンゾフェノン(東京化成(株)社製)
重合禁止剤A:ヒドロキノンモノメチルエーテル(東京化成(株)社製)
添加剤A:ラウリルアクリレート(和光純薬工業(株)社製)

0240

<流動性の測定>
アントン・パール(Anton Paar)社製レオメーターMCR301にパラレルプレート(φ=25、ギャップ0.1mm)を装着し、25℃、角速度100rad/s、ひずみ1%以下における損失弾性率(粘性)と貯蔵弾性率(弾性)を測定し、損失弾性率と貯蔵弾性率の比で表される損失正接tanδの値を計算した。tanδが1以上で流動性があり、2.0以上で流動性が良好で、3.0以上で流動性が極めて良好である。

0241

<印刷試験>
水なし平版印刷版(TAN−E、東レ(株)社製)をオフセット印刷機(オリバー266EPZ、桜井グラフィックシステム社製)に装着し、表6〜14に示す組成の各インキを用いて、コート紙10000枚に印刷を行い、印刷適性および印刷物を評価した。各評価方法は以下の通りである。

0242

(1)感度
前記印刷物を、USHIO(株)社製紫外線照射装置(120W/cm、超高圧メタハラランプ1灯)を用いて、ベルトコンベアースピードを0〜150m/minの条件で紫外線を照射した。印刷物上のインキが十分に硬化して、セロハン粘着テープ(“セロテープ” (登録商標)No.405)を接着させて剥離しても、コート紙上から剥がれなくなるときのベルトコンベアースピードを求めた。ここで、ベルトコンベアースピードが速いほど少ない露光量で硬化できることから高感度である。ベルトコンベアースピードが100m/min未満であると感度が不十分であり、100m/min以上120m/min未満であると感度が良好であり、120m/min以上であると省電力UV印刷機にも対応できるため、感度が極めて良好と判断した。

0243

(2)水洗浄性
印刷終了後の印刷機で、1Lの水を印刷機に流水することでローラー上に残ったインキを水洗浄し、インキの水洗浄性の可否について3段階で評価した。
A:一度の水洗浄ですべてのインキが洗い流せた。
B:二度の水洗浄ですべてのインキが洗い流せた。
C:三度の水洗浄でもインキ残渣が残った。

0244

(3)膜の耐水性
印刷物上のインキ硬化膜を、25℃の水中に保持したときに、印刷物の耐水性を3段階で評価した。水中へのインキの溶出は、目視により確認した。
A:24時間までインキの溶出が見られなかった。
B:12時間までインキの溶出が見られなかったが、24時間ではインキの一部溶出が見られる。
C:12時間までにインキの溶出が見られた。

0245

(4)光沢性
印刷物上のインキ硬化膜を、精密光沢計GM−26D((株)村上色彩技術研究所社製)を用いて測定角度60度で光沢値を測定した。光沢値は30未満では不良であり、光沢値は30以上あれば良好であり、35以上あれば極めて良好である。

0246

(5)耐地汚れ性
印刷物のベタ部紅色濃度が2.0であるときの、印刷物の非画線部における紅色濃度を反射濃度計(GretagMacbeth製、SpectroEye)を用いて評価した。反射濃度が0.5を超えると耐地汚れ性が不良であり、0.3を超えると耐地汚れ性がやや不良であり、0.3以下であると耐地汚れ性が良好であり、0.1以下であると耐地汚れ性が極めて良好である。

0247

[実施例30]
表6に示すインキ組成を秤量し、三本ロールミル“EXAKT” (登録商標)M−80S(EXAKT社製)を用いて、10μmのギャップで3回通すことで平版印刷用インキを得た。

0248

得られた平版印刷用インキについて、上記の通り流動性試験、印刷試験を実施し、インキ流動性、感度、水洗浄性、光沢性および耐地汚れ性を評価した。結果を表6に示した。

0249

作製した平版印刷用インキの流動性は、損失正接tanδの値が3.67であり、極めて良好であった。感度は、ベルトコンベアースピードで130m/minであり、極めて良好であった。水洗浄性は、一度の水洗浄でローラー上に残ったすべてのインキが洗浄可能であった。耐水性は、24時間までインキの溶出が見られなかった。光沢値は、40と極めて良好であった。耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.05であり、極めて良好であった。

0250

[実施例31〜36]<顔料の種類>
顔料の種類を表6のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。実施例31〜36のいずれの平版印刷用インキにおいても、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について極めて良好な結果であった。

0251

[実施例37〜42]<顔料分散剤の種類>
顔料分散剤の種類を表7のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。実施例37〜42のいずれの平版印刷用インキにおいても、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について総じて良好な結果であったが、顔料分散剤の酸価が110mgKOH/g,145mgKOH/gである実施例37および39については、インキの流動性や光沢性の結果が極めて良好であり、顔料分散剤の酸価がそれぞれ10mgKOH/g、180mgKOH/gである実施例41および42については、比較的インキの流動性が低下したため、光沢性は良好という結果だった。

0252

[実施例43〜47]<顔料分散剤の含有量>
顔料分散剤の含有量を表8のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。実施例43〜47のいずれの平版印刷用インキにおいても、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について総じて良好な結果であったが、顔料分散剤の含有量が顔料に対して30%である実施例45の流動性試験、光沢性の結果が極めて良好であり、顔料分散剤の含有量がそれぞれ顔料に対して3%および60%である実施例46および471については、比較的インキの流動性が低下したため、光沢性は良好という結果だった。

0253

[実施例48〜53]<樹脂の種類>
樹脂の種類を表9のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。樹脂の酸価が10mgKOH/gである実施例48においては、比較的インキの流動性が低下したため、光沢性は良好という結果であり、さらに樹脂の酸価が低いために、水洗浄性がBとなり、耐地汚れ性もやや不良だった。樹脂のヨウ素価が0.25mol/kgである実施例53においては、インキの硬化が低く、感度は良好という結果にとどまり、耐水性もBであった。実施例49〜52については、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について総じて極めて良好な結果であった。

0254

[実施例54]
顔料分散剤の種類を表10のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。作製したインキの流動性を測定した結果、損失正接tanδは0.95となり、流動性が低下した。感度、水洗浄性、耐水性、耐地汚れ性は極めて良好だったが、光沢値が24と大きく低下し、光沢性は不良だった。

0255

[実施例55]
顔料分散剤の含有量を表10のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。作製したインキの流動性を測定した結果、損失正接tanδは0.88となり、流動性が低下した。感度、水洗浄性、耐水性、耐地汚れ性は良好だったが、光沢値が21と大きく低下し、光沢性は不良だった。

0256

[比較例11]
樹脂・反応性希釈剤の種類、顔料分散剤の含有量を表10のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。作製したインキの水洗浄性、耐地汚れ性は良好だったが、流動性を測定した結果、損失正接tanδは0.84となり、流動性が低下した。また感度を測定した結果、ベルトコンベアースピードで75m/minであり、感度は不十分だった。また耐水性を測定した結果、6時間でインキの溶出が見られ、耐水性はCだった。さらに、光沢値が19と大きく低下し、光沢性は不良だった。

0257

[比較例12]
樹脂・反応性希釈剤の種類を、表10のとおりにする以外は実施例30と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。作製したインキの流動性を測定した結果、損失正接tanδは1.24となり、流動性が低下した。感度は良好だったが、水洗浄性については、3度の水洗浄でもインキ残渣が残り、Cだった。光沢性については、光沢値は27となり、不良だった。耐地汚れ性は非画線部における反射濃度が0.75となり、不良だった。

0258

0259

0260

0261

0262

0263

[実施例56]
表11に示すインキ組成を秤量し、三本ロールミル“EXAKT”(登録商標)M−80S(EXAKT社製)を用いて、10μmのギャップで3回通すことで平版印刷用インキを得た。

0264

得られた平版印刷用インキについて、上記の通り流動性試験、印刷試験を実施し、インキ流動性、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性を評価した。結果を表11に示した。

0265

作製した平版印刷用インキの流動性は、損失正接tanδの値が3.27であり、極めて良好であった。感度は、ベルトコンベアースピードで130m/minであり、極めて良好であった。水洗浄性は、一度の水洗浄でローラー上に残ったすべてのインキが洗浄可能であった。耐水性は、24時間までインキの溶出が見られなかった。光沢値は、42と極めて良好であった。耐地汚れ性は、非画線部における反射濃度が0.05であり、極めて良好であった。

0266

[実施例57〜61]<顔料の種類>
顔料の種類を表11のとおりにする以外は実施例56と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。カーボンブラックのジブチルフタレート吸収量が100、93である実施例60,61については、比較的印刷物の表面粗さが大きくなったために、光沢性は良好という結果だった。実施例57〜59については、いずれの平版印刷用インキにおいても、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について極めて良好な結果であった。

0267

[実施例62〜67]<樹脂の種類>
樹脂の種類を表12のとおりにする以外は実施例56と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。樹脂Bの酸価が10mgKOH/gである実施例62においては、比較的インキの流動性が低下したため、光沢性は良好という結果であり、さらに樹脂の酸価が低いために、水洗浄性がBとなり、耐地汚れ性もやや不良だった。樹脂Gのヨウ素価が0.25mol/kgである実施例67においては、インキの硬化が低く、感度は良好という結果にとどまり、耐水性もBであった。実施例63〜66については、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について総じて極めて良好な結果であった。

0268

[実施例68〜72]<顔料分散剤の種類>
顔料分散剤の種類を表13のとおりにする以外は実施例56と同様の操作を行い、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性および耐地汚れ性の評価を行った。顔料分散剤のアミン価が61mgKOH/g,4mgKOH/gである実施例71,72については、比較的インキの流動性が低下したため、光沢性は良好という結果だった。実施例68〜70については、いずれの平版印刷用インキにおいても、流動性試験、感度、水洗浄性、耐水性、光沢性、および耐地汚れ性について総じて良好な結果であった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社秀峰の「 印刷用ブランケット及び印刷方法」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題・解決手段】縁に曲面を有する被印刷体に印刷ができる印刷用ブランケット及び印刷方法を提供する。本発明に係る印刷用ブランケットは、中央部に凹部又は穴部と、凹部又は穴部とを囲む稜線とを有する立体形状の... 詳細

  • 花王株式会社の「 微細有機顔料の製造方法」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題・解決手段】〔1〕工程1:原料有機顔料と、水溶性無機塩と、水溶性有機溶媒とを配合し、得られる混合物を、混練する工程と、工程2:工程1で得られた混合物を、水性溶媒で洗浄し、濾過する工程と、を有し、... 詳細

  • 日本化薬株式会社の「 アゾ化合物又はその塩、及びインク」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】 耐光性に優れる記録画像が得られる水溶性の化合物、及びそれを含有する各種の記録用、特にインクジェット記録用のイエローインクの提供。【解決手段】 下記式(101)で表される化合物又はその塩。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ