図面 (/)

技術 撥水性基体保護材料および付着防止部材

出願人 星和電機株式会社
発明者 須田修平高宮祥太
出願日 2017年4月25日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2017-085805
公開日 2018年11月22日 (8ヶ月経過) 公開番号 2018-184506
状態 特許登録済
技術分野 対水表面処理用物質 塗料、除去剤
主要キーワード 付着防止部材 無機コーティング材 無機ハイブリット 汚れ粒子 付着防止性能 撥水性保護膜 屋外環境 シランカップリング剤水溶液
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年11月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

活性な状態を長期間保つことが可能であり、しかも基体への塗布時において安全に取り扱うことが可能な撥水性基体保護材料を提供する。

解決手段

撥水性基体保護材料を、水と非イオン性界面活性剤シランカップリング剤とを含む溶液とし、水の含有量を90重量%以上、非イオン性界面活性剤の含有量を0.01〜5重量%、シランカップリング剤の含有量を0.01〜5重量%としているので、シランカップリング剤の重合による白濁沈殿が起こりにくくなる。これにより、活性な状態を長期間保つことができる。しかも、撥水性基体保護材料は、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の溶液であるので、ガラス板などの基体に塗布する際に安全に取り扱うことができる。

概要

背景

ガラス板などの基体の表面への物質汚染物質等)の付着を低減する撥水性基体保護材料として、アルコールなどの有機溶剤を含むものが知られている(例えば特許文献1参照)。しかしながら、撥水性基体保護材料にアルコールなどの有機溶剤が含まれていると、環境への影響が懸念される。また、ガラス板などの基体表面に撥水性基体保護材料を塗布する作業を密閉空間で行う場合、作業者への影響が懸念される。

一方、アルコールなどの有機溶剤をほとんど含まない水分散系の撥水性基体保護材料として、特許文献2に記載されたもの(シランカップリング剤水溶液)が知られている。

概要

活性な状態を長期間保つことが可能であり、しかも基体への塗布時において安全に取り扱うことが可能な撥水性基体保護材料を提供する。撥水性基体保護材料を、水と非イオン性界面活性剤シランカップリング剤とを含む溶液とし、水の含有量を90重量%以上、非イオン性界面活性剤の含有量を0.01〜5重量%、シランカップリング剤の含有量を0.01〜5重量%としているので、シランカップリング剤の重合による白濁沈殿が起こりにくくなる。これにより、活性な状態を長期間保つことができる。しかも、撥水性基体保護材料は、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の溶液であるので、ガラス板などの基体に塗布する際に安全に取り扱うことができる。

目的

本発明はそのような実情を考慮してなされたもので、活性な状態を長期間保つことが可能であり、しかも基体への塗布時において安全に取り扱うことが可能な撥水性基体保護材料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

水分散系撥水性基体保護材料であって、水と、非イオン性界面活性剤と、シランカップリング剤とを含み、前記水の含有量が90重量%以上、前記非イオン性界面活性剤の含有量が0.01〜5重量%、前記シランカップリング剤の含有量が0.01〜5重量%であることを特徴としている。

請求項2

請求項1に記載の撥水性基体保護材料において、前記シランカップリング剤が、トリアルコキシシランアルコキシ基をもち、有機官能基が[−(CH2)n−CH3(nは0〜5の整数)]で表させるものであることを特徴とする撥水性基体保護材料。

請求項3

請求項1または2に記載の撥水性基体保護材料において、アルコール類が0.01〜5重量%含有されていることを特徴とする撥水性基体保護材料。

請求項4

基体の表面に、請求項1〜3のいずれか1つに記載の撥水性基体保護材料からなる撥水性保護膜が形成されていることを特徴とする付着防止部材

技術分野

0001

本発明は、基体(例えば、ガラス製、樹脂製もしくは金属製の基体)の表面への物質の付着を低減する撥水性基体保護材料、および、そのような撥水性基体保護材料が表面に形成された付着防止部材に関する。

背景技術

0002

ガラス板などの基体の表面への物質(汚染物質等)の付着を低減する撥水性基体保護材料として、アルコールなどの有機溶剤を含むものが知られている(例えば特許文献1参照)。しかしながら、撥水性基体保護材料にアルコールなどの有機溶剤が含まれていると、環境への影響が懸念される。また、ガラス板などの基体表面に撥水性基体保護材料を塗布する作業を密閉空間で行う場合、作業者への影響が懸念される。

0003

一方、アルコールなどの有機溶剤をほとんど含まない水分散系の撥水性基体保護材料として、特許文献2に記載されたもの(シランカップリング剤水溶液)が知られている。

先行技術

0004

特開2004−018722号公報
特開2017−031476号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の撥水性基体保護材料(溶液)にあっては、成分の沈殿(例えば、シランカップリング剤の沈殿)が生じやすいので、溶液の寿命が短いという問題がある。

0006

本発明はそのような実情を考慮してなされたもので、活性な状態を長期間保つことが可能であり、しかも基体への塗布時において安全に取り扱うことが可能な撥水性基体保護材料を提供すること、および、そのような撥水性基体保護材料が表面に形成された付着防止部材を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、水に非イオン性界面活性剤を溶解した溶液中にシランカップリング剤を添加すること、および、それら水と非イオン性界面活性剤とシランカップリング剤との割合を規定することで、シランカップリング剤の重合による沈殿や白濁を抑制することができることを見出した。

0008

本発明はこのような知見に基づいてなされたものであって、本発明の水分散系の撥水性基体保護材料は、水と、非イオン性界面活性剤と、シランカップリング剤とを含み、前記水の含有量が90重量%以上、前記非イオン性界面活性剤の含有量が0.01〜5重量%(0.01重量%以上で5重量%以下)、前記シランカップリング剤の含有量が0.01〜5重量%(0.01重量%以上で5重量%以下)であることを特徴としている。

0009

本発明の撥水性基体保護材料において、シランカップリング剤として、トリアルコキシシランアルコキシ基をもち、有機官能基が[−(CH2)n−CH3(nは0〜5の整数)]で表させるものを用いることが好ましい。

0010

本発明の撥水性基体保護材料によれば、水と非イオン性界面活性剤とシランカップリング剤とを上記割合で含む溶液としているので、シランカップリング剤の重合による白濁や沈殿が起こりにくくなる。これにより活性な状態を長期間保つことができる。しかも、本発明の撥水性基体保護材料は、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の溶液であるので、ガラス板などの基体に塗布する際に安全に取り扱うことができる。

0011

本発明の撥水性基体保護材料において、アルコール類が0.01〜5重量%(0.01重量%以上で5重量%以下)含有されていてもよい。

0012

ここで、本発明の撥水性基体保護材料は、市販の水分系の無機コーティング材料および/または有機無機ハイブリットコーティング材料と混合して使用してもよい。

0013

本発明の付着防止部材は、ガラス板などの基体の表面に、上記した特徴を有する撥水性基体保材料からなる撥水性保護膜が形成されていることを特徴としている。このような付着防止部材によれば、表面への物質(汚染物質等)の付着を効果的に低減することができる。

発明の効果

0014

本発明の撥水性基体保護材料によれば、活性な状態を長期間保つことが可能であり寿命が長い。しかも、本発明の撥水性基体保護材料は、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の溶液であるので、ガラス板などの基体に塗布する際に安全に取り扱うことができる。

0015

また、本発明の付着防止部材は、上記した特徴を有する撥水性基体保材料からなる撥水性保護膜が表面に形成されているので、表面への物質(汚染物質等)の付着を効果的に低減することができる。

図面の簡単な説明

0016

本発明の付着防止部材の一例を示す模式的に示す図である。
撥水性基体保護材料の作製工程を示す図である。
粒子付着試験装置の一例を示す概略構成図である。
透過率測定装置の一例を示す概略構成図である。

0017

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。

0018

[撥水性基体保護材料]
本実施形態の撥水性基体保護材料は、水と、非イオン性界面活性剤と、シランカップリング剤とを含む溶液(透明)であり、水の含有量が90重量%以上、非イオン性界面活性剤の含有量が0.01〜5重量%(0.01重量%以上で5重量%以下)、シランカップリング剤の含有量が0.01〜5重量%(0.01重量%以上で5重量%以下)であることを特徴としている。

0019

このように、撥水性基体保護材料を、水と非イオン性界面活性剤とシランカップリング剤とを上記割合で含む溶液とすることにより、その非イオン性界面活性剤による乳化作用等によってシランカップリング剤の重合が抑制されるので、白濁や沈殿が起こりにくくなる。これにより、活性な状態を長期間保つことができる。

0020

しかも、本実施形態の撥水性基体保護材料は、有機溶剤をほとんど含まない水分散系の溶液であるので、ガラス板などの基体に塗布する際に安全に取り扱うことができる。

0021

次に、本発明に用いる非イオン性界面活性剤およびシランカップリング剤について説明する。

0023

[シランカップリング剤]
シランカップリング剤としては、トリアルコキシシランのアルコキシ基をもち、有機官能基が[−(CH2)n−CH3(nは0〜5の整数)]で表させるものを挙げることができる。

0024

有機官能基が[−(CH2)n−CH3(nは0〜5の整数)]で表させるものとしては、メチルトリメトキシシラン(Methyltrimethoxysilane)、トリエトキシメチルシラン(Triethoxymethylsilane)、エチルトリメトキシシラン(Ethyltrimethoxysilane)、トリエトキシエチルシラン(Triethoxyethylsilane)、トリメトキシ(プロピル)シラン(Trimethoxy(propyl)silane)、トリエトキシ(プロピル)シラン(Triethoxy(propyl)silane)、ヘキシルトリメトキシシラン(Hexyltrimethoxysilane)、または、ヘキシルトリエトキシシラン(Hexyltriethoxysilane)などを挙げることができる。

0025

本実施形態の撥水性基体保護材料において、アルコール類が0.01〜5重量%含有されていてもよい。

0026

このように、撥水性基体保護材料にアルコール類を含有させておくと、材料(溶液)中に含まれる成分の凝集を抑制することができるので、沈殿・白濁を抑える効果がある。また、アルコール類を含有させておくと、撥水性基体保護材料をガラス板などの基体表面に塗布する際に、その塗布性塗りやすさ)が向上する。

0027

ただし、アルコール類の含有量を多くすると、基体表面への撥水性基体保護材料の塗布により、基体表面に撥水性保護膜を形成した際に、その撥水性保護膜にムラが生じやすくなる。こうした点を考慮して、本発明では、アルコール類の含有量は5重量%以下(0.01〜5重量%)としている。

0028

アルコールとしては、メタノールエタノール1-プロパノール2-プロパノールなどを挙げることができる。

0029

[付着防止部材]
図1に示すように、本実施形態の付着防止部材1は、基体2の表面に、上記特徴を有する撥水性基体保護材料からなる撥水性保護膜(塗布膜)3が形成されていることを特徴する。このような付着防止部材1によれば、表面への物質(汚染物質等)の付着を効果的に低減することができる。

0030

基体2の表面に、撥水性基体保護材料と塗布する方法としては、スプレーコート法ロールコート法スキージコート法、スピンコート法、またはディップコート法などを挙げることができる。

0031

本発明の実施例を比較例とともに説明する。

0032

[実施例1]
・撥水性基体保護材料の作製
図2に示す工程により、総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0033

具体的には、純水98.5g(98.5重量%)を容器内に入れ、その容器内に非イオン性界面活性剤を0.5g(0.5重量%)入れて、これらを混合した。非イオン性界面活性剤には、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(PP)を用いた。

0034

次に、上記した水と非イオン性界面活性剤とを混合した混合溶液に、シランカップリング剤を1g(1重量%)を加えて混合した。シランカップリング剤には、メチルトリメトキシシラン(Methyltrimethoxysilane:MTMS)を用いた。そして、シランカップリング剤が完全に混ざるまで静置することにより、撥水性基体保護材料(透明)を作製した。ここで、メチルトリメトキシシランは有機官能基が[−(CH2)n−CH3(n=0)]で表させる。

0035

なお、この[実施例1]における、水(純水)、非イオン性界面活性剤およびシランカップリング剤の各重量(g)を下記の表1に示す。

0036

・保護膜の形成
スプレーコート法により、100mm×100mmのガラス板の表面に、この[実施例1]で作製した撥水性基体保護材料(溶液)を0.05MPaの圧縮空気で塗布してガラス板の表面に撥水性保護膜を形成してサンプルを作製した。撥水性基体保護材料の塗布量は形成後の膜厚が60〜100nmとなるように調整した。

0037

[実施例2]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、水を92.5g(92.5重量%)、PPを2.5g(2.5重量%)、MTMSを5g(5重量%)とした以外は、[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0038

・保護膜の形成
この[実施例2]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0039

[実施例3]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、非イオン性界面活性剤として、ポリオキシエチレンオレイルエーテル(PO)0.5g(0.5重量%)を用いたこと以外は、[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0040

・保護膜の形成
この[実施例3]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0041

[実施例4]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、シランカップリング剤として、ヘキシルトリメトキシシラン(Hexyltrimethoxysilane:HTMS)1g(1重量%)を用いたこと以外は、[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。ここで、ヘキシルトリメトキシシランは有機官能基が[−(CH2)n−CH3(n=5)]で表させる。

0042

・保護膜の形成
この[実施例4]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0043

[実施例5]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、水を93.5g(93.5重量%)とし、アルコール類としてエタノール5g(5重量%)を加えたこと以外は[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0044

・保護膜の形成
この[実施例5]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0045

[比較例1]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、水を85g(85重量%)、PPを5g(5重量%)、MTMSを10g(10重量%)とした以外は[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0046

・保護膜の形成
この[比較例1]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0047

[比較例2]
・撥水性基体保護材料の作製
界面活性剤は使用せずに(下記の表1参照)、純水99g(99重量%)を容器内に入れ、その容器内に1g(1重量%)のMTMSを入れて、これらを混合した。そして、シランカップリング剤が完全に混ざるまで静置することにより、撥水性基体保護材料(総重量100g)を作製した。

0048

・保護膜の形成
この[比較例2]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0049

[比較例3]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、界面活性剤として、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS:陰イオン性界面活性剤)0.5g(0.5重量%)を用いたこと以外は、[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0050

・保護膜の形成
この[比較例3]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0051

[比較例4]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、シランカップリング剤として、オクタデシルトリメトキシシラン(Octadecyltrimethoxysilan:OTMS)1g(1重量%)を用いたこと以外は、[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。ここで、オクタデシルトリメトキシシランは有機官能基が[−(CH2)n−CH3(n=17)]で表させる。

0052

・保護膜の形成
この[比較例4]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0053

[比較例5]
・撥水性基体保護材料の作製
下記の表1に示すように、水を88.5g(88.5重量%)とし、アルコール類としてエタノール10g(10重量%)を加えたこと以外は[実施例1]と同じとして総重量100gの撥水性基体保護材料を作製した。

0054

・保護膜の形成
この[比較例5]で作製した撥水性基体保護材料を、[実施例1]と同じ方法により、ガラス板(100mm×100mm)の表面に塗布することによって、ガラス板の表面に撥水性保護膜(膜厚=60〜100nm)を形成してサンプルを作製した。

0055

0056

溶液状態の評価−
[実施例1]〜[実施例5]および[比較例1]〜[比較例5]で作製した各撥水性基体保護材料を、それぞれ溶液状態で1か月(作製時から1か月)保管した後、撥水性基体保護材料について沈殿・白濁を目視にて評価した。その評価結果を下記の表2に示す。

0057

表2に示すように、[実施例1]〜[実施例5]で作製した各撥水性基体保護材料、および[比較例3]〜[比較例5]で作製した各撥水性基体保護材料には、沈殿・白濁が観察されなかった。一方、[比較例1]で作製した撥水性基体保護材料(水の割合が90重量%未満のもの)、および[比較例2]で作製した各撥水性基体保護材料(界面活性剤を混合しないもの)については、沈殿・白濁が観察された。

0058

−膜状態の評価−
外観
[実施例1]〜[実施例5]および[比較例1]〜[比較例5]で作製した各サンプルの撥水性保護膜の外観を、それぞれ目視にて評価した。その結果を、下記の表2に示す。

0059

表2に示すように、[実施例1]〜[実施例4]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜、ならびに、[比較例1]、[比較例2]および[比較例4]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜は、ムラがなく良好な膜であった。一方、[比較例3]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜、つまり界面活性剤としてSDS(陰イオン性界面活性剤)を用いた撥水性基体保護材料によって形成した撥水性保護膜ではムラが見られた。

0060

また、[実施例5]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜(エタノール5gを加えた撥水性基体保護材料により形成した撥水性保護膜)は、ムラがなく良好な膜であった。これに対し、[比較例5]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜(エタノール10gを加えた撥水性基体保護材料により形成した撥水性保護膜)にはムラが見られた。

0061

接触角(撥水角)測定>
[実施例1]〜[実施例5]および[比較例1]〜[比較例5]で作製した各サンプル表面の撥水性保護膜に水(純水)を5μl滴下して、各撥水性保護膜の接触角(撥水角)を測定した。その結果を下記の表2に示す。接触角測定には、協和界面化学株式会社製、商品名「CAX−150」を用いた。

0062

なお、ガラス板単体(表面に撥水性保護膜を形成していないもの)について、上記と同様にして接触角(撥水角)を測定した。その結果も下記の表2に示す。

0063

表2に示すように、[実施例1]〜[実施例4]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜、ならびに、[比較例1]、[比較例2]および[比較例4]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜の接触角(撥水角)は88°以上の良好な値であった。一方、[比較例3]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜、つまり界面活性剤としてSDS(陰イオン性界面活性剤)を用いた撥水性基体保護材料によって形成した撥水性保護膜では、接触角(撥水角)は63.0°と低い値であった。

0064

また、[実施例5]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜(エタノール5gを加えた撥水性基体保護材料により形成した撥水性保護膜)の接触角(撥水角)は89.1°と高い値であった。これに対し、[比較例5]においてガラス板の表面に作製した撥水性保護膜(エタノール10gを加えた撥水性基体保護材料により形成した撥水性保護膜)の接触角(撥水角)は60.8°と低い値であった。なお、ガラス板単体の接触角(撥水角)は20〜60°であった。

0065

<粒子付着試験
粒子付着試験に用いる装置を図3に示す。この図3に示す試験装置は、内部にサンプルSが配置可能な構造の試験ボックス101、汚れ粒子屋外環境汚れを想定した粒子)を貯蔵するタンク102、および圧縮空気源(図示せず)からの圧縮空気の圧力を調整してタンク102に供給する圧力調整弁103などを備えている。

0066

そして、このような試験装置の試験ボックス101内に、[実施例1]〜[実施例5]および[比較例1]〜[比較例5]で作製した各サンプルSを配置した状態で、圧縮空気を圧力調整弁103を通じてタンク102に供給し、そのタンク102から汚れ粒子を試験ボックス101内に導入することで、サンプルSの表面(片面)に汚れ粒子を付着させる粒子付着試験を行った。

0067

透過率変化率測定>
透過率を測定する装置を図4に示す。この図4に示す測定装置は、ランプ201、このランプ201の出力光をサンプルSに集光する集光レンズ202、サンプルSを透過した透過光分光器204に導く光ファイバ203。この光ファイバ203にて導かれた透過光を検出する分光器204、および、分光器204の出力信号が入力される計測用PC(パーソナルコンピュータ)205などを備えている。

0068

計測用PC205は、分光器204の出力信号に基づいてサンプルSの光の透過率(サンプルSの透過光強度/サンプルSへの入射光強度)を求める。さらに、計測用PC205は、上記粒子付着試験を行う前のサンプルSの透過率と、粒子付着試験を行った後のサンプルSの透過率との差(透過率の変化率)を求める。

0069

そして、このような測定装置に、[実施例1]〜[実施例5]および[比較例1]〜[比較例5]で作製した各サンプル(粒子付着試験前のものと粒子付着試験後のもの)をそれぞれセットして、その各サンプルについて、上記粒子付着試験前後の透過率の変化率を測定した。その結果を下記の表2に示す。

0070

なお、ガラス板単体(表面に撥水性保護膜を形成していないもの)について、上記と同様にして粒子付着試験前後の透過率の変化率を測定した。その結果も下記の表2に示す。

0071

表2に示すように、[実施例1]〜[実施例4]で作製したサンプル、ならびに、[比較例1]〜[比較例3]および[比較例5]で作製したサンプルの透過率の変化率は8.6%以下の良好な値であった。一方、[比較例4]で作製したサンプル、つまり、シランカップリング剤としてOTMS(有機官能基[−(CH2)n−CH3]のnが17のもの)を用いた撥水性基体保護材料によって撥水性保護膜を形成したサンプルの透過率の変化率は、12.3%と低い値であった。なお、ガラス板単体の透過率の変化率は25〜30%であった。

0072

0073

総合評価
以上にように、[実施例1]〜[実施例4]については、溶液状態での評価(沈殿・白濁の評価)および膜状態での評価(外観、接触角(撥水角)、付着防止性能の評価)の全ての評価が良好であった。

0074

これに対し、[比較例1]のように、水の割合を90重量%未満とした場合、および、[比較例2]のように、非イオン性界面活性剤を混合しない場合では、沈殿・白濁が起こることが確認できた。

0075

また、[比較例3]のように、界面活性剤としてSDS(陰イオン性界面活性剤)を用いた撥水性基体保護材料によって撥水性保護膜を形成した場合、膜ムラが発生することが確認できた。

0076

また、[比較例4]のように、シランカップリング剤であっても、有機官能基[−(CH2)n−CH3]の「n」が高いもの(OTMS:n=17)を用いた撥水性基体保護材料によって撥水性保護膜を形成した場合、付着防止性能を満足できなくなることが確認できた。

0077

また、[実施例5]および[比較例5]の結果から、撥水性基体保護材料にアルコール類を加える場合、そのアルコール類の含有量を多くすると、膜ムラが生じやすこと、および接触角(撥水角)が低い値を示すことが確認できた。

0078

以上のことから、撥水性基体保護材料を、水と非イオン性界面活性剤とシランカップリング剤とを含む溶液とし、水の含有量を90重量%以上、非イオン性界面活性剤の含有量を0.01〜5重量%、シランカップリング剤の含有量を0.01〜5重量%とすることにより、シランカップリング剤の重合による白濁や沈殿を抑制できると言える。さらに、撥水性基体保護材料を基体表面に塗布して撥水性保護膜を形成する場合、膜ムラがなく、しかも接触角(撥水角)が高くて付着防止性能が良好な膜を得ることができると言える。

実施例

0079

また、撥水性基体保護材料にアルコール類を加える場合、その割合を5重量%以下(0.01〜5重量%)にすることがよいと言える。

0080

本発明は、基体の表面への物質の付着を低減する撥水性基体保護材料、および、そのような撥水性基体保護材料が表面に形成された付着防止部材に利用することができる。

0081

1付着防止部材
2基体
3撥水性保護膜(撥水性基体保護材料)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • AGC株式会社の「 撥水撥油層付き物品およびその製造方法」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】撥水撥油層の耐摩耗性に優れた撥水撥油層付き物品およびその製造方法の提供。基材(12)と、加水分解性シリル基を有する含フッ素化合物の加水分解縮合物からなる撥水撥油層(16)と、基材(1... 詳細

  • DIC株式会社の「 布帛用撥水処理剤及び布帛」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】炭素原子数が6〜24のアルキル基を有する(メタ)アクリル酸エステル(a1)及び(無水)マレイン酸(a2)を必須原料とするアクリル樹脂(A)と、塩基性化合物(B)と、水性媒体(C)とを... 詳細

  • DIC株式会社の「 水性樹脂組成物、水性塗料、及び物品」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】ヨウ素価が5〜25の範囲である水素化ポリブタジエン(a1)、酸基を有する単量体(a2)、及び水酸基を有する単量体(a3)を必須原料とする重合体(A)と、塩基性化合物(B)と、水性媒体... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ