図面 (/)

技術 空気調和機

出願人 ダイキン工業株式会社
発明者 松原篤志木下顕倉守哲丈
出願日 2018年7月3日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2018-126908
公開日 2018年10月25日 (8ヶ月経過) 公開番号 2018-165612
状態 特許登録済
技術分野 空調制御装置
主要キーワード 待機ゾーン 温度調整ダイヤル 運転開始ボタン 運転停止操作 湿度検出センサ 運転開始操作 運転選択 高温ゾーン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年10月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

室内温度室内湿度が高い状態であるときに、運転停止時において、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転を自動的に開始できるようにする。

解決手段

空気調和機室内機には、室内温度センサ及び室内湿度センサが取り付けられている。運転停止時において、強制運転モードでは、室内温度センサで検出された室内温度及び室内湿度センサで検出された室内湿度が高温ゾーンにある場合に、冷房運転を自動的に開始する。

概要

背景

空気調和機は、冷房運転暖房運転等を行うものが一般的であって、ユーザがコントローラに対して冷房運転等を選択して運転開始操作を行った場合に、冷房運転等の運転が開始される。

概要

室内温度室内湿度が高い状態であるときに、運転停止時において、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転を自動的に開始できるようにする。空気調和機の室内機には、室内温度センサ及び室内湿度センサが取り付けられている。運転停止時において、強制運転モードでは、室内温度センサで検出された室内温度及び室内湿度センサで検出された室内湿度が高温ゾーンにある場合に、冷房運転を自動的に開始する。

目的

本発明は、運転停止時において、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転を自動的に開始できる空気調和機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

室内温度を検出する温度検出手段と、室内湿度を検出する湿度検出手段とを備えており、運転停止時において、前記温度検知手段で検出された室内温度及び/又は前記湿度検知手段で検出された室内湿度に基づいて、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転が自動的に開始される強制運転モードを有していることを特徴とする空気調和機

技術分野

0001

本発明は、冷房運転等を行う空気調和機に関する。

背景技術

0002

空気調和機は、冷房運転や暖房運転等を行うものが一般的であって、ユーザがコントローラに対して冷房運転等を選択して運転開始操作を行った場合に、冷房運転等の運転が開始される。

先行技術

0003

特開2009−168372号公報

発明が解決しようとする課題

0004

したがって、室内温度室内湿度が高い状態であっても、ユーザがコントローラに対して運転開始操作を行わない場合、空気調和機の運転が開始されない。そのため、ユーザが熱中症等になることがある。

0005

そこで、本発明は、運転停止時において、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転を自動的に開始できる空気調和機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

第1の発明に係る空気調和機は、室内温度を検出する温度検出手段と、室内湿度を検出する湿度検出手段とを備えており、運転停止時において、前記温度検知手段で検出された室内温度及び/又は前記湿度検知手段で検出された室内湿度に基づいて、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転が自動的に開始される強制運転モードを有している。

0007

この空気調和機では、室内が室内温度及び/又は室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び/又は室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0008

ここで、本発明には、室内温度及び室内湿度に基づいて強制運転が開始される場合と、室内温度に基づいて強制運転が開始される場合と、室内湿度に基づいて強制運転が開始される場合を含む。また、本発明の強制運転には、室内温度及び室内湿度を低下させる運転と、室内湿度を低下させる運転と、室内温度を低下させる運転とを含む。

0009

第2の発明に係る空気調和機は、第1の発明において、室内機の内部に配置された室内ファンをさらに備えており、室内温度及び/又は室内湿度が、前記室内ファンが駆動された状態での温度及び/又は湿度である。

0010

この空気調和機では、室内ファンが駆動されて室内機の内部に空気が流れた状態での室内温度及び/又は室内湿度に基づいて強制運転を開始するかを判定するので、室内温度検出手段や室内湿度検出手段が室内機の内部にあって運転停止時において室内機の内部に熱がこもった場合でも、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出できる。

0011

第3の発明に係る空気調和機は、第2の発明において、室内温度及び/又は室内湿度が所定の第1範囲にある場合に、前記室内ファンが駆動される。

0012

この空気調和機では、所定の第1範囲を、強制運転が開始される範囲の近くにすることによって、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲に近付いた場合に、室内ファンを駆動することができる。したがって、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0013

第4の発明に係る空気調和機は、第3の発明において、前記室内ファンが駆動された後に、室内温度及び/又は室内湿度が前記第1範囲にある場合に、室内ファンが継続して駆動される。

0014

この空気調和機では、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲の近くにある場合に、室内ファンの駆動を継続できる。したがって、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0015

第5の発明に係る空気調和機は、第2の発明において、強制運転モードにおいて、定期的に所定送風時間、前記室内ファンが駆動される。

0016

この空気調和機では、強制運転モードにおいて室内ファンが定期的に駆動されるので、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0017

第6の発明に係る空気調和機は、第2〜第5のいずれかの発明において、前記室内ファンが駆動された後に、室内温度及び/又は室内湿度が前記第1範囲にある状態が、所定時間継続した場合に、強制運転が自動的に開始される。

0018

この空気調和機では、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲の近くに所定時間ある場合に、強制運転が開始される。したがって、強制運転が必要となる前に強制運転を開始して、室内温度及び/又は室内湿度を低下させることができる。

0019

第7の発明に係る空気調和機は、第1〜第3及び第5のいずれかの発明において、前記室内ファンが駆動された後の室内温度及び室内湿度の少なくとも一方が、上昇傾向にある場合に、強制運転が自動的に開始される。

0020

この空気調和機では、室内ファンが駆動された後の室内温度及び室内湿度の少なくとも一方が上昇傾向にある場合に、強制運転が開始される。したがって、強制運転が必要となる前に強制運転を開始して、室内温度及び/又は室内湿度を低下させることができる。

0021

第8の発明に係る空気調和機は、第3〜第6のいずれかの発明において、室内温度及び/又は室内湿度が所定の第2範囲にある場合に、強制運転が自動的に開始される。

0022

この空気調和機では、所定の第2範囲を、室内温度及び/又は室内湿度を低下させる必要がある範囲にすることによって、室内温度及び/又は室内湿度が高い場合に、強制運転を開始できる。

0023

第9の発明に係る空気調和機は、第2〜第8のいずれかの発明において、前記室内ファンが駆動される場合に、前記室内ファンが低速で駆動される。

0024

この空気調和機では、室内ファンが駆動されるときの風量を冷房運転時よりも小さくすることによって、ユーザの負担を軽減できる。

0025

第10の発明に係る空気調和機は、第2〜第9のいずれかの発明において、室内機の吹出口において上下方向について吹き出し方向を変更する上下フラップを備えており、前記室内ファンが駆動される場合に、吹き出し方向が上方向に変更される。

0026

この空気調和機では、室内ファンが駆動されるときの吹き出し方向を上方向に変更することによって、室内機からの風がユーザに直接吹き出されないので、ユーザの負担を軽減できる。

0027

第11の発明に係る空気調和機は、第1〜第10のいずれかの発明において、強制運転モードにおいて、前記強制運転が自動的に開始される前に、強制運転を開始することが報知される。

0028

この空気調和機では、強制運転が開始される前にユーザに知らせることができる。

0029

第12の発明に係る空気調和機は、第1〜第11のいずれかの発明において、外気温度を検出する外気温度検出手段を備えており、前記外気温度検出手段によって検出された外気温度が所定の外気温度以下である場合は、強制運転が開始されない。

0030

この空気調和機では、外気温度が低く冷房運転が不要な場合に、冷房運転が開始されないようにすることができる。

0031

第13の発明に係る空気調和機は、第1〜第12のいずれかの発明において、冷房運転、暖房運転又は自動運転を選択して運転開始操作を行うコントローラを備え、強制運転モードでは、前記コントローラにおいて暖房運転を選択して運転開始操作を行うことができない。

0032

この空気調和機では、強制運転モードにおいて、誤って暖房運転が開始されるのを防止できる。

0033

第14の発明に係る空気調和機は、第13の発明において、強制運転モードでは、前記コントローラにおいて自動運転だけを選択して運転開始操作を行う。

0034

この空気調和機では、強制運転モードにおいて、外気温度が低いときに暖房運転が行われる。

0035

第15の発明に係る空気調和機は、第1〜第14のいずれかの発明において、室内温度が、室内機に取り付けられた温度検出センサにより検出された温度である。

0036

この空気調和機では、室内機周辺の温度を考慮して強制運転を開始できる。

0037

第16の発明に係る空気調和機は、第1〜第14のいずれかの発明において、室内温度が、コントローラに取り付けられた温度検出センサにより検出された温度である。

0038

この空気調和機では、コントローラ周辺の温度を考慮して強制運転を開始できる。

0039

第17の発明に係る空気調和機は、第1〜第16のいずれかの発明において、室内湿度が、室内機に取り付けられた湿度検出センサにより検出された湿度である。

0040

この空気調和機では、室内機周辺の湿度を考慮して強制運転を開始できる。

0041

第18の発明に係る空気調和機は、第1〜第16のいずれかの発明において、コントローラに取り付けられた湿度検出センサにより検出された湿度である。

0042

この空気調和機では、コントローラ周辺の温度を考慮して強制運転を開始できる。

発明の効果

0043

以上の説明に述べたように、本発明によれば、以下の効果が得られる。

0044

第1の発明では、室内が室内温度及び/又は室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び/又は室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0045

第2の発明では、室内ファンが駆動されて室内機の内部に空気が流れた状態での室内温度及び/又は室内湿度に基づいて強制運転を開始するかを判定するので、室内温度検出手段や室内湿度検出手段が室内機の内部にあって運転停止時において室内機の内部に熱がこもった場合でも、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出できる。

0046

第3の発明では、所定の第1範囲を、強制運転が開始される範囲の近くにすることによって、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲に近付いた場合に、室内ファンを駆動することができる。したがって、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0047

第4の発明では、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲の近くにある場合に、室内ファンの駆動を継続できる。したがって、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0048

第5の発明では、強制運転モードにおいて室内ファンが定期的に駆動されるので、室内温度及び/又は室内湿度を適正に検出して強制運転を開始するかを判定できる。

0049

第6の発明では、室内温度及び/又は室内湿度が、強制運転が開始される範囲の近くに所定時間ある場合に、強制運転が開始される。したがって、強制運転が必要となる前に強制運転を開始して、室内温度及び/又は室内湿度を低下させることができる。

0050

第7の発明では、室内ファンが駆動された後の室内温度及び室内湿度の少なくとも一方が上昇傾向にある場合に、強制運転が開始される。したがって、強制運転が必要となる前に強制運転を開始して、室内温度及び/又は室内湿度を低下させることができる。

0051

第8の発明では、所定の第2範囲を、室内温度及び/又は室内湿度を低下させる必要がある範囲にすることによって、室内温度及び/又は室内湿度が高い場合に、強制運転を開始できる。

0052

第9の発明では、室内ファンが駆動されるときの風量を冷房運転時よりも小さくすることによって、ユーザの負担を軽減できる。

0053

第10の発明では、室内ファンが駆動されるときの吹き出し方向を上方向に変更することによって、室内機からの風がユーザに直接吹き出されないので、ユーザの負担を軽減できる。

0054

第11の発明では、強制運転が開始される前に、ユーザに知らせることができる。

0055

第12の発明では、外気温度が低く冷房運転が不要な場合に、冷房運転が開始されないようにすることができる。

0056

第13の発明では、強制運転モードにおいて、誤って暖房運転が開始されるのを防止できる。

0057

第14の発明では、強制運転モードにおいて、外気温度が低いときに暖房運転が行われる。

0058

第15の発明では、室内機周辺の温度を考慮して強制運転を開始できる。

0059

第16の発明では、コントローラ周辺の温度を考慮して強制運転を開始できる。

0060

第17の発明では、室内機周辺の湿度を考慮して強制運転を開始できる。

0061

第18の発明では、コントローラ周辺の湿度を考慮して強制運転を開始できる。

図面の簡単な説明

0062

本発明の第1実施形態に係る空気調和機の冷媒回路を示す回路図である。
本発明の第1実施形態に係る空気調和機の制御部を説明する図である。
(a)はコントローラの表面を示す図であり、(b)はコントローラの裏面を示す図である。
第1実施形態の強制運転モードにおける判定図(室内湿度と室内温度との関係を示す図)である。
強制運転モードで運転される場合の制御を説明する図である。
第2実施形態における強制運転モードで運転される場合の制御を説明する図である。
第3実施形態における強制運転モードで運転される場合の制御を説明する図である。
第4実施形態の強制運転モードにおける判定図(室内湿度と室内温度との関係を示す図)である。
第4実施形態における強制運転モードで運転される場合の制御を説明する図である。
第5実施形態の強制運転モードにおける判定図(室内湿度と室内温度との関係を示す図)である。
第5実施形態における強制運転モードで運転される場合の制御を説明する図である。
変形例の強制運転モードにおける判定図(室内湿度と室内温度との関係を示す図)である。

実施例

0063

〔第1実施形態〕
以下、本発明の第1実施形態に係る空気調和機1について説明する。

0064

<空気調和機1の全体構成>
図1に示すように、本実施形態の空気調和機1は、室内に設置される室内機2と、室外に設置される室外機3とを備えている。そして、空気調和機1は、圧縮機10と、四方弁11、室外熱交換器12と、膨張弁減圧機構)13と、室内熱交換器14とを接続した冷媒回路を備えている。冷媒回路において、圧縮機10の吐出口に四方弁11を介して室外熱交換器12が接続され、その室外熱交換器12に膨張弁13が接続される。そして、膨張弁13に室内熱交換器14の一端が接続され、その室内熱交換器14の他端に四方弁11を介して圧縮機10の吸込口が接続される。

0065

空気調和機1は、自動運転、冷房運転、暖房運転、除湿運転及び送風運転のいずれかの運転が可能であって、コントローラによって、いずれかの運転を選択して運転開始操作を行ったり、運転切換操作運転停止操作を行ったりすることができる。また、コントローラでは、室内温度の設定温度を設定することができる。

0066

冷房運転および除湿運転では、図示実線矢印で示すように、圧縮機10から吐出された冷媒が四方弁11から室外熱交換器12、膨張弁13、室内熱交換器14へと順に流れ、室内熱交換器14を経た冷媒が四方弁11を通って圧縮機10に戻る冷房サイクルまたは除湿サイクルが形成される。すなわち、室外熱交換器12が凝縮器、室内熱交換器14が蒸発器として機能する。

0067

一方、暖房運転では、四方弁11が切換わることにより、図示破線矢印で示すように、圧縮機10から吐出される冷媒が四方弁11から室内熱交換器14、膨張弁13、室外熱交換器12へと順に流れ、室外熱交換器12を経た冷媒が四方弁11を通って圧縮機10に戻る暖房サイクルが形成される。すなわち、室内熱交換器14が凝縮器、室外熱交換器12が蒸発器として機能する。

0068

室内機2内には、室内熱交換器14に対向した室内ファン16が配置される。室内機2の吹出口には、上下方向について吹き出し方向を変更する上下フラップ17が配置される。そして、図1に示すように、室内機2に、室内温度を検出する室内温度センサ(室内温度検出手段)21と、室内湿度を検出する室内湿度センサ(室内湿度検出手段)22が取付けられる。

0069

図2に示すように、空気調和機1の制御部には、圧縮機10と、四方弁11、膨張弁13と、室内ファン16を駆動するモータ16aと、上下フラップ17を駆動するモータ17aと、室内温度センサ21と、室内湿度センサ22と、コントローラ30とが接続される。したがって、制御部は、コントローラ30からの指令(運転開始操作や室内温度の設定温度等)や、室内温度センサ21で検知される室内温度や、室内湿度センサ22で検知される室内湿度に基づいて、空気調和機1の運転を制御する。

0070

ここで、コントローラ30について、図3を参照しつつ説明する。図3(a)は、コントローラ30の上面の蓋部33を開いた状態を示している。

0071

コントローラ30の左部31には、表示部41と、表示部41の下方に配置された温度調整ダイヤル42と、温度調整ダイヤル42の内側に配置された運転開始ボタン43と、温度調整ダイヤル42の右下側に配置された停止ボタン44とが設けられている。また、コントローラ30の右部32には、運転選択ダイヤル45と、風量選択ダイヤル46と、風向選択ダイヤル47とが上から順に設けられている。

0072

表示部41には、運転表示部41aと、設定温度表示部41bと、運転モード表示部41cとが表示されている。運転表示部41aには、運転選択ダイヤル45で選択された運転(自動、冷房暖房、除湿及び送風のいずれかの運転)が表示される。また、設定温度表示部41bには、温度調整ダイヤル42を回転することで変更された温度が表示される。

0073

温度調整ダイヤル42は設定温度を変更するものであり、温度調整ダイヤル42を右回転することで設定温度を上げることができ、温度調整ダイヤル42を左回転することで設定温度を下げることができる。運転開始ボタン43を押すことにより運転選択ダイヤル45により選択した運転が開始され、運転中に停止ボタン44を押すことにより運転が停止される。

0074

コントローラ30の右部32の運転選択ダイヤル45により、自動、冷房、暖房、除湿及び送風のいずれかに切り換えて選択できる。風量選択ダイヤル46により、風量を自動、微(微量)、弱(少量)及び強(多量)のいずれかに切り換えて選択できる。風向選択ダイヤル47により、風向を自動、上(上方向)、中(水平方向)及び下(下方向)のいずれかに切り換えて選択できる。

0075

そして、コントローラ30の裏面には全体を覆う蓋部が設けられており、図3(b)では蓋部を外した状態を示している。図3(b)に示すように、コントローラ30の裏面には、蓋部を外すと、モード切換部50が設けられている。モード切換部50により、空気調和機1の高温防止モードを、強制運転モード、お知らせモード及び切のいずれかに切り換えることができる。

0076

強制運転モードでは、室内が高温状態高湿状態である場合に、室内温度及び室内湿度に基づいて、強制運転が自動的に開始される。したがって、強制運転モードに切り換えた場合、室内が高温状態や高湿状態になったときに、ユーザがコントローラ30に対して運転開始操作を行わなかった場合でも、強制運転が自動的に開始されて、室内温度及び室内湿度が低下する。

0077

そして、強制運転モードに切り換えた場合、ユーザは、コントローラ30で暖房(暖房運転)を選択して運転開始操作を行うことができず、自動(自動運転)を選択して、自動運転の運転開始操作だけを行うことができる。空気調和機1では、ユーザによって自動運転が開始された場合、冷房運転の風量よりも低風量にすると共に、上下フラップ17を可動範囲上端近くに配置して吹き出し方向を上方向に変更する。

0078

お知らせモードでは、室内が高温状態や高湿状態である場合に、室内温度及び室内湿度に基づいて、運転開始を促す報知が自動的に行われる。

0079

空気調和機1では、強制運転モードにおいて強制運転を開始するかを判定する場合や、お知らせモードにおいて報知を開始するかを判定する場合に、室内温度及び室内湿度についての判定図が使用される。判定図は、図4に示すように、縦軸は室内湿度(相対湿度)を示し、横軸は室内温度を示している。

0080

以下では、強制運転モードについて説明する。

0081

図4は、強制運転モードにおける判定図の一例であるが、この判定図には、高温ゾーンと、モニタリングゾーンと、待機ゾーンとが設定される。高温ゾーンは、室内が高温状態や高湿状態であって、室内温度や室内湿度を低下させる必要がある領域である。待機ゾーンは、高温ゾーンに遠い領域であり、室内温度や室内湿度を低下させる必要がない領域である。モニタリングゾーンは、高温ゾーンに近い領域であり、室内温度や室内湿度が高温ゾーンに変化しやすい領域である。

0082

図4の判定図において、A点〜F点は、下記の室内温度及び室内湿度である点を示す。
・A点:室内温度が27度であり、室内湿度が100%である点
B点:室内温度が27度であり、室内湿度が70〜80%の間のy1である点
・C点:室内温度が33度であり、室内湿度が30%である点
・D点:室内温度が28度であり、室内湿度が100%である点
・E点:室内温度が28度であり、室内湿度が70〜80%の間のy2である点
・F点:室内温度が34度であり、室内湿度が30〜40%の間のy3である点

0083

そして、A点とB点とC点を接続した線l1が、待機ゾーンとモニタリングゾーンの間の線であって、D点とE点とF点を接続した線l2が、モニタリングゾーンと高温ゾーンとの間の線である。したがって、図4の判定図に示すように、待機ゾーンは、線l1の左下の領域であって、高温ゾーンは、線l2の右上の領域(室内温度及び室内湿度が線l2上にある場合を含む)であって、モニタリングゾーンは、高温ゾーンと待機ゾーンとに挟まれた領域(室内温度及び室内湿度が線l1上にある場合を含む)である。

0084

よって、空気調和機1の運転停止時において、強制運転モードに切り換えた場合、室内温度及び室内湿度が、高温ゾーン、モニタリングゾーン及び待機ゾーンの各ゾーンにある場合で運転動作が異なる。そこで、強制運転モードに切り換えられた後の各ゾーンでの運転動作について説明する。

0085

室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度を低下させる必要があるため、冷房運転(強制運転)が開始される。空気調和機1において強制運転モードでの冷房運転は、設定温度28℃の冷房運転である。そして、室内温度が設定温度よりも1度以上低下したとき(室内温度が27度以下になったとき)に、冷房運転がサーモオフ状態となる。ここで、サーモオフ状態は、圧縮機が停止され、室内ファン16が駆動された状態である。空気調和機1では、冷房運転がサーモオフ状態である場合、冷房運転よりも低風量にすると共に、上下フラップ17を可動範囲の上端近くに配置して吹き出し方向を上方向に変更する。

0086

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度が高温ゾーンに変化しやすいため、室内温度や室内湿度を適正に検出する必要があるので、送風運転を行う。送風運転とは、圧縮機を停止し、室内機の室内ファン16が駆動される運転である。空気調和機1では、室内温度センサ21及び室内湿度センサ22は、室内機2の内部に取り付けられていることから、運転停止時において上下フラップ17が閉じて室内機の内部に熱がこもった場合に、室内温度及び室内湿度を適正に検出できない場合がある。したがって、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにある場合に送風運転を開始することで、室内機2の内部に空気が流れるので、室内温度及び室内湿度を適正に検出できる。ここで、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにある場合の送風運転では、冷房運転の風量よりも低風量にすると共に、上下フラップ17を可動範囲の上端近くに配置して吹き出し方向を上方向に変更する。

0087

そして、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合には、高温ゾーンに遠く、室内温度や室内湿度を低下させる必要がないので、冷房運転や送風運転を行わない。

0088

このように、本実施形態では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に、冷房運転(強制運転)が開始される。また、冷房運転を開始した後、サーモオフ状態が所定時間継続すると、冷房運転が停止される。

0089

次に、空気調和機1の強制運転モードにおける制御について、図5を参照しつつ説明する。

0090

まず、空気調和機1の運転停止時において、コントローラ30のモード切換部50(図3(b)参照)によって、強制運転モードに切り換えられる(ステップS1)。ここでは、強制運転モードに切り換えられたときの室内温度及び室内湿度が待機ゾーン(図4参照)にある場合について説明する。

0091

強制運転モードにおいて、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS2)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンから高温ゾーンに変化する場合には、待機ゾーンからモニタリングゾーンに変化した後で、高温ゾーンに変化すると考えられる。したがって、ステップS2では、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかに基づいて、室内温度及び室内湿度が、冷房運転を開始する必要のある高温ゾーンに近付いたかを判断する。

0092

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS2:YES)、室内ファン16を駆動して、送風運転を開始する(ステップS3)。室内温度及び室内湿度が高温ゾーンの近くのモニタリングゾーンにある場合、送風運転を開始することで、室内機2の内部に空気が流れるので、室内温度及び室内湿度が適正に検出できる。

0093

一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS2:NO)、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあるので、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかの判断を継続する(ステップS2)。

0094

そして、ステップS3で送風運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS4)。室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS4:YES)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンの近くのモニタリングゾーンにあるので、室内温度及び室内湿度が適正に検出できるように、送風運転を継続する(ステップS3)。

0095

一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS4:NO)、送風運転を開始した後で、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンまたは高温ゾーンに変化したと考えられる。したがって、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあるかを判断する(ステップS5)。そして、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあると判断した場合には(ステップS4:YES)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンに近いモニタリングゾーンから、待機ゾーンに変化したので、送風運転を停止する(ステップS6)。その後、ステップS2に移行して、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかを判断する。一方、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにないと判断した場合には(ステップS5:NO)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにあって、室内温度及び室内湿度を低下させる必要があるので、冷房運転を開始する(ステップS7)。

0096

冷房運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度と設定温度に基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する(ステップS8)。空気調和機1では、冷房運転が設定温度28℃であって、室内温度が27℃以下になったときにサーモオフ状態となる。したがって、ステップS8では、室内温度が27℃以下であるかに基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する。そして、サーモオフ状態でないと判断した場合には(ステップS8:NO)、室内温度が27℃より高いので、ステップS7に移行して、冷房運転を継続する。

0097

一方、冷房運転がサーモオフ状態であると判断した場合には(ステップS8:YES)、サーモオフ状態において、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する(ステップS9)。室内温度が設定温度より高い温度まで変化したと判断した場合には(ステップS9:YES)、ステップS7に移行して、冷房運転を開始する。室内温度が設定温度より高い温度まで変化してないと判断した場合には(ステップS9:NO)、サーモオフ状態が継続される。

0098

そして、サーモオフ状態が継続された場合、所定時間が経過したかを判断する(ステップS10)。サーモオフ状態で所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS10:YES)、冷房運転を停止する(ステップS11)。空気調和機1では、サーモオフ状態で所定時間が経過した後で冷房運転を停止するので、冷房運転を停止したときに、室内温度及び室内湿度が上昇した場合でも、直ぐに冷房運転が開始されるのを防止できる。

0099

一方、サーモオフ状態で所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS10:NO)、ステップS9に移行して、室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する。

0100

<本実施形態の空気調和機の特徴>
本実施形態の空気調和機1では、室内が室内温度及び室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度を低下させる冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0101

また、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動されて室内機2の内部に空気が流れた状態での室内温度及び室内湿度に基づいて冷房運転を開始するかを判定するので、室内温度センサ21や室内湿度センサ22が室内機2の内部にあって運転停止時において室内機2の内部に熱がこもった場合でも、室内温度及び室内湿度を適正に検出できる。

0102

さらに、本実施形態の空気調和機1では、モニタリングゾーンを、冷房運転が開始される高温ゾーンの近くにすることによって、室内温度及び室内湿度が、冷房運転が開始される範囲に近付いた場合に、室内ファン16を駆動することができる。したがって、室内温度及び室内湿度を適正に検出して冷房運転を開始するかを判定できる。

0103

加えて、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動された後に、室内温度及び室内湿度が、冷房運転が開始される高温ゾーンの近くのモニタリングゾーンにある場合に、室内ファン16の駆動を継続できる。したがって、室内温度及び室内湿度を適正に検出して冷房運転を開始するかを判定できる。

0104

また、本実施形態の空気調和機1では、高温ゾーンを、室内温度及び室内湿度を低下させる必要がある範囲にすることによって、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に、冷房運転を開始できる。

0105

さらに、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動されるときの風量を冷房運転時よりも小さくすることによって、ユーザの負担を軽減できる。

0106

加えて、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動されるときに、室内機2の上下フラップ17の向きを変えて吹き出し方向を上方向に変更することにより、室内機2からの風がユーザに直接吹き出されないので、ユーザの負担を軽減できる。

0107

また、本実施形態の空気調和機1では、強制運転モードでは、コントローラ30において暖房運転を選択して運転開始操作を行うことができないため、誤って暖房運転が開始されるのを防止できる。

0108

さらに、本実施形態の空気調和機1では、強制運転モードにおいて、自動運転だけを選択して運転開始操作を行うことができるため、外気温度が低いときに暖房運転が行われる。

0109

〔第2実施形態〕
次に、図6を参照しつつ、本発明の第2実施形態について説明する。第2実施形態の空気調和機は、第1実施形態の空気調和機と、強制運転モードで冷房運転が開始される時期が異なっている。なお、その他の構成は、上記第1実施形態と同様であるため、同じ符号を用いて適宜その説明を省略する。

0110

第2実施形態の空気調和機において、強制運転の開始を判定する判定図は、第1実施形態の空気調和機1における判定図(図4)と同一である。

0111

そして、第1実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されるのに対し、第2実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されると共に、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンに所定時間ある場合に冷房運転が開始される。

0112

また、第2実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機と同様に、強制運転モードにおいて、冷房運転のサーモオフ状態で所定時間が経過した場合に、冷房運転が停止される。

0113

次に、第2実施形態の空気調和機の強制運転モードにおける制御について説明する。

0114

まず、空気調和機の運転停止時において、コントローラのモード切換部50(図3(b)参照)によって、強制運転モードに切り換えられる(ステップS21)。ここでは、強制運転モードに切り換えられたときの室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合について説明する。

0115

強制運転モードにおいて、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS22)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンから高温ゾーンに変化する場合には、待機ゾーンからモニタリングゾーンに変化した後で、高温ゾーンに変化すると考えられる。したがって、ステップS22では、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかに基づいて、室内温度及び室内湿度が、冷房運転を開始する必要のある高温ゾーンに近付いたかを判断する。

0116

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS22:YES)、室内ファン16を駆動して、送風運転を開始する(ステップS23)。室内温度及び室内湿度が高温ゾーンの近くのモニタリングゾーンにある場合、送風運転を開始することで、室内機2の内部に空気が流れるので、室内温度及び室内湿度が適正に検出できる。

0117

一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS22:NO)、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあるので、ステップS22に移行して、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかの判断を継続する。

0118

そして、ステップS23で送風運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS24)。室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS24:NO)、送風運転を開始した後で、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンまたは高温ゾーンに変化したと考えられる。したがって、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあるかを判断する(ステップS25)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあると判断した場合には(ステップS25:YES)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンに近いモニタリングゾーンから待機ゾーンに変化したので、送風運転を停止し(ステップS26)、ステップS22に移行して、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかの判断を継続する。一方、ステップS25で、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにないと判断した場合には(ステップS25:NO)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにあって、室内温度及び室内湿度を低下させる必要があるので、冷房運転を開始する(ステップS27)。

0119

一方、ステップS23で送風運転を開始した後、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS24:YES)、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンになった後で所定時間が経過したかを判断する(ステップS28)。そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンで所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS28:YES)、高温ゾーンに近い状態で所定時間が経過したので、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンに変化することが考えられるので、冷房運転を開始する(ステップS27)。一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンで所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS28:NO)、ステップS23へ移行して、送風運転を継続する。

0120

ステップS27で冷房運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度と設定温度に基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する(ステップS29)。空気調和機では、冷房運転が設定温度28℃であって、室内温度が27℃以下になったときにサーモオフ状態となる。したがって、ステップS31では、室内温度が27℃以下であるかに基づいて、強制運転がサーモオフ状態かを判断する。そして、サーモオフ状態でないと判断した場合には(ステップS29:NO)、室内温度が27℃より高いので、ステップS27に移行して、冷房運転を継続する。

0121

一方、冷房運転がサーモオフ状態であると判断した場合には(ステップS29:YES)、サーモオフ状態において、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する(ステップS30)。室内温度が設定温度より高い温度まで変化したと判断した場合には(ステップS30:YES)、ステップS27に移行して、冷房運転を開始する。室内温度が設定温度より高い温度まで変化してないと判断した場合には(ステップS30:NO)、サーモオフ状態が継続される。

0122

そして、サーモオフ状態が継続された場合、所定時間が経過したかを判断する(ステップS31)。サーモオフ状態で所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS31:YES)、冷房運転を停止する(ステップS32)。空気調和機では、サーモオフ状態で所定時間が経過した後で冷房運転を停止するので、冷房運転を停止したときに、室内温度及び室内湿度が上昇した場合でも、直ぐに冷房運転が開始されるのを防止できる。

0123

一方、サーモオフ状態で所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS31:NO)、ステップS30に移行して、室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する。

0124

<本実施形態の空気調和機の特徴>
本実施形態の空気調和機1では、第1実施形態の空気調和機1と同様に、室内が室内温度及び室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度を低下させる冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0125

また、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動された後に、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンに所定時間ある場合に、冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が、冷房運転が必要となる前に冷房運転を開始して、室内温度及び室内湿度を低下させることができる。

0126

〔第3実施形態〕
次に、図7を参照しつつ、本発明の第3実施形態について説明する。第3実施形態の空気調和機は、第1実施形態の空気調和機と、強制運転モードにおいて冷房運転が開始される時期が異なっている。なお、その他の構成は、上記第1実施形態と同様であるため、同じ符号を用いて適宜その説明を省略する。

0127

第3実施形態の空気調和機において、強制運転の開始を判定する判定図は、第1実施形態の空気調和機1における判定図(図4)と同一である。

0128

そして、第1実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されるのに対して、第3実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内ファン16が駆動された後の室内温度又は室内湿度が、室内ファン16が駆動される前の室内温度又は室内湿度よりも上昇した場合に冷房運転が開始される。

0129

また、第3実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機と同様に、強制運転モードにおいて、冷房運転のサーモオフ状態で所定時間が経過した場合に、冷房運転が停止される。

0130

次に、空気調和機の強制運転モードにおける制御について説明する。

0131

まず、空気調和機の運転停止時において、コントローラのモード切換部50(図3(b)参照)によって、強制運転モードに切り換えられる(ステップS41)。ここでは、強制運転モードに切り換えられたときの室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合について説明する。

0132

強制運転モードにおいて、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS42)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンから高温ゾーンに変化する場合には、待機ゾーンからモニタリングゾーンに変化した後で、高温ゾーンに変化すると考えられる。したがって、ステップS42では、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかに基づいて、室内温度及び室内湿度が、冷房運転を開始する必要のある高温ゾーンに近付いたかを判断する。

0133

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS42:YES)、室内ファン16を駆動して、送風運転を開始する(ステップS43)。室内温度及び室内湿度が高温ゾーンの近くのモニタリングゾーンにある場合、送風運転を開始することで、室内機2の内部に空気が流れるので、室内温度及び室内湿度が適正に検出できる。

0134

一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS42:NO)、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあると考えられるので、ステップS2に移行して、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかの判断を継続する。

0135

そして、ステップS43で送風運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度又は室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、送風運転を開始する前よりも上昇したかを判断する(ステップS44)。室内温度及び室内湿度が送風運転を開始する前よりも上昇したと判断した場合には(ステップS44:YES)、室内温度及び室内湿度が冷房運転を開始する必要のある高温ゾーンに近付いたか又は室内温度及び室内湿度が高温ゾーンに変化したと考えられる。このため、室内温度及び室内湿度を低下させる必要があるので、冷房運転を開始する(ステップS45)。

0136

一方、室内温度及び室内湿度が送風運転を開始する前よりも上昇してないと判断した場合には(ステップS44:NO)、ステップS43に移行して、送風運転を継続する。

0137

ステップS45で冷房運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度と設定温度に基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する(ステップS46)。空気調和機では、冷房運転が設定温度28℃であって、室内温度が27℃以下になったときにサーモオフ状態となる。したがって、ステップS46では、室内温度が27℃以下であるかに基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する。そして、サーモオフ状態でないと判断した場合には(ステップS46:NO)、室内温度が27℃より高いので、ステップS45に移行して、冷房運転を継続する。

0138

一方、冷房運転がサーモオフ状態であると判断した場合には(ステップS46:YES)、サーモオフ状態において、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する(ステップS47)。室内温度が設定温度より高い温度まで変化したと判断した場合には(ステップS47:YES)、ステップS45に移行して、冷房運転を開始する。室内温度が設定温度より高い温度まで変化してないと判断した場合には(ステップS47:NO)、サーモオフ状態が継続される。

0139

そして、サーモオフ状態が継続された場合、所定時間が経過したかを判断する(ステップS48)。サーモオフ状態で所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS48:YES)、冷房運転を停止する(ステップS49)。空気調和機では、サーモオフ状態で所定時間が経過した後で冷房運転を停止するので、冷房運転を停止したときに、室内温度及び室内湿度が上昇した場合でも、直ぐに冷房運転が開始されるのを防止できる。

0140

一方、サーモオフ状態で所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS48:NO)、ステップS47に移行して、室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する。

0141

<本実施形態の空気調和機の特徴>
本実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機1と同様に、室内が室内温度及び室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度を低下させる冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0142

また、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動された後の室内温度又は室内湿度が、室内ファン16が駆動される前の室内温度又は室内湿度よりも上昇した場合に、冷房運転が開始される。したがって、冷房運転が必要となる前に冷房運転を開始して、室内温度及び/又は室内湿度を低下させることができる。

0143

〔第4実施形態〕
次に、図8,9を参照しつつ、本発明の第4実施形態について説明する。第4実施形態の空気調和機は、第1実施形態の空気調和機と比較して、強制運転モードで送風運転が開始される時期と冷房運転が開始される時期とが異なっている。なお、その他の構成は、上記第1実施形態と同様であるため、同じ符号を用いて適宜その説明を省略する。

0144

第4実施形態の空気調和機において、冷房運転の開始を判定する判定図には、図8に示す判定図が用いられる。判定図の縦軸は室内湿度(相対湿度)を示し、横軸は室内温度を示している。

0145

図8に示すように、判定図には、高温ゾーンと、待機ゾーンとが設定されている。図8に示す高温ゾーンは、室内温度や室内湿度を低下させる必要がある領域であり、待機ゾーンは、室内温度や室内湿度を低下させる必要がない領域である。そして、第4実施形態の空気調和機では、モニタリングゾーンが設定されてないので、強制運転モードに切り換えた後で、送風運転を定期的に開始する。そして、送風運転は、所定送風時間が経過したときに停止される。

0146

図8の判定図に示すように、待機ゾーンは、第1実施形態の図4と同一の線l2の左下の領域であって、高温ゾーンは、線l2の右上の領域(室内温度及び室内湿度が線l2上にある場合を含む)である。

0147

そして、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度を低下させる必要があるため、設定温度28℃の冷房運転が開始される。また、強制運転モードの冷房運転は、室内温度が27度以下なったときにサーモオフ状態となる。

0148

一方、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度を低下させる必要がない領域であるが、待機ゾーンは、高温ゾーンに遠い領域と、高温ゾーンに近い領域(室内温度や室内湿度が高温ゾーンに変化しやすい領域)とを有しているので、室内温度又は室内湿度が上昇傾向にあるときは、高温ゾーンに近付いているため、冷房運転を開始する。一方、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合であって、室内温度又は室内湿度が上昇傾向にないときは、冷房運転を開始しない。したがって、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合に、送風運転が開始された後、冷房運転が開始されない状態で、所定送風時間が経過したときは、送風運転が停止される。

0149

このように、第1実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されるのに対し、第4実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されると共に、送風運転を開始した後、室内温度又は室内湿度(室内温度及び室内湿度の少なくとも一方)が上昇傾向にある場合に冷房運転が開始される。

0150

また、第4実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機と同様に、強制運転モードにおいて、サーモオフ状態で所定時間が経過した場合に、冷房運転が停止される。

0151

次に、空気調和機の強制運転モードにおける制御について説明する。

0152

まず、空気調和機の運転停止時において、コントローラ30のモード切換部50(図3(b)参照)によって、強制運転モードに切り換えられる(ステップS51)。ここでは、強制運転モードに切り換えられたときの室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合について説明する。

0153

強制運転モードにおいて、所定時間が経過したかを判断する(ステップS52)。所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS52:NO)、所定時間が経過するまで判断を継続する。そして、所定時間が経過した場合には(ステップS52:YES)、送風運転を開始する(S53)。送風運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、高温ゾーンにあるかを判断する(ステップS54)。室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにあると判断した場合には(ステップS54:YES)、冷房運転を開始する(ステップS55)。

0154

一方、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにないと判断した場合には(ステップS54:NO)、送風運転を開始した後で所定送風時間が経過したかを判断する(ステップS56)。送風運転を開始した後、所定送風時間が経過したと判断した場合には(ステップS56:YES)、送風運転を停止する(ステップS57)。そして、ステップS52に移行して、ステップS53で送風運転を開始した後、所定送風時間が経過したかを判断する。

0155

一方、ステップS53で送風運転を開始した後、所定送風時間が経過してないと判断した場合には(ステップS56:NO)、送風運転を開始した後で、室内温度センサ21で検出された室内温度又は室内湿度センサ22で検出された室内湿度が上昇傾向であるかを判断する(ステップS58)。室内温度又は室内湿度が上昇傾向であると判断した場合には(ステップS58:YES)、室内温度又は室内湿度が高温ゾーンに近付いているので、冷房運転を開始する(ステップS55)。一方、室内温度又は室内湿度が上昇傾向でないと判断した場合には(ステップS58:NO)、ステップS56に移行して、送風運転を開始した後、所定送風時間が経過したかを判断する。

0156

ステップS55で冷房運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度と設定温度に基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する(ステップS59)。空気調和機では、冷房運転が設定温度28℃であって、室内温度が27℃以下になったときにサーモオフ状態となる。したがって、ステップS59では、室内温度が27℃以下であるかに基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する。そして、サーモオフ状態でないと判断した場合には(ステップS59:NO)、室内温度が27℃より高いので、ステップS55に移行して、冷房運転を継続する。

0157

一方、冷房運転がサーモオフ状態であると判断した場合には(ステップS59:YES)、サーモオフ状態において、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する(ステップS60)。室内温度が設定温度より高い温度まで変化したと判断した場合には(ステップS60:YES)、ステップS55に移行して、冷房運転を行う。室内温度が設定温度より高い温度まで変化してないと判断した場合には(ステップS60:NO)、サーモオフ状態が継続される。

0158

そして、サーモオフ状態が継続された場合、所定時間が経過したかを判断する(ステップS61)。サーモオフ状態で所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS61:YES)、冷房運転を停止する(ステップS62)。空気調和機では、サーモオフ状態で所定時間が経過した後で冷房運転を停止するので、冷房運転を停止したときに、室内温度及び室内湿度が上昇した場合でも、直ぐに冷房運転が開始されるのを防止できる。

0159

一方、サーモオフ状態で所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS61:NO)、ステップS60に移行して、室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する。

0160

<本実施形態の空気調和機の特徴>
本実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機1と同様に、室内が室内温度及び室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度を低下させる冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0161

また、本実施形態の空気調和機1では、強制運転モードにおいて室内ファン16が定期的に駆動されるので、室内温度及び室内湿度を適正に検出して冷房運転を開始するかを判定できる。

0162

さらに、本実施形態の空気調和機1では、室内ファン16が駆動された後に、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方が上昇傾向にある場合に、冷房運転が開始される。したがって、冷房運転が必要となる前に冷房運転を開始して、室内温度及び室内湿度を低下させることができる。

0163

〔第5実施形態〕
次に、図10,11を参照しつつ、本発明の第5実施形態について説明する。第5実施形態の空気調和機は、第1実施形態の空気調和機と強制運転が開始される時期が異なっている。なお、その他の構成は、上記第1実施形態と同様であるため、同じ符号を用いて適宜その説明を省略する。

0164

第5実施形態の空気調和機において、強制運転の開始を判定する判定図は、図10に示す判定図が用いられる。判定図の縦軸は室内湿度(相対湿度)を示し、横軸は室内温度を示している。

0165

図10に示すように、判定図には、高温ゾーンと、高湿ゾーンと、モニタリングゾーンと、待機ゾーンとが設定されている。図10に示す高温ゾーンは、室内温度や室内湿度を低下させる必要がある領域である。高湿ゾーンは、室内湿度を低下させる必要がある領域である。待機ゾーンは、高温ゾーン及び高湿ゾーンに遠い領域であり、室内温度や室内湿度を低下させる必要がない領域である。モニタリングゾーンは、高温ゾーン及び高湿ゾーンに近い領域であり、室内温度や室内湿度が高温ゾーン及び高湿ゾーンに変化しやすい領域である。

0166

図10の判定図において、A1点〜E1点は、下記の室内温度及び室内湿度である点を示す。
・A1点:室内温度が25度であり、室内湿度が80〜90%の間のy4である点
・B1点:室内温度が33度であり、室内湿度が30%である点
・C1点:室内温度が25度であり、室内湿度が100%である点
・D1点:室内温度が28度であり、室内湿度が70〜80%の間のy2である点
・E1点:室内温度が34度であり、室内湿度が30〜40%の間のy3である点
・F1点:室内温度が28度であり、室内湿度が100%である点

0167

そして、A1点とB1点を接続した線l11が、待機ゾーンとモニタリングゾーンの間の線であって、C1点とD1点を接続した線l12が、モニタリングゾーンと高湿ゾーンとの間の線であって、D1点とE1点を接続した線l13が、モニタリングゾーンと高温ゾーンとの間の線であって、D1点とF1点を接続した線l14が、高湿ゾーンと高温ゾーンとの間の線である。

0168

したがって、図10の判定図に示すように、待機ゾーンは、線l11の左下の領域であって、高温ゾーンは、線l13の右上で線l14の右の領域(室内温度及び室内湿度が線l13上及びl14上にある場合を含む)であって、高湿ゾーンは、線l12の右上で線l14の左の領域(室内温度及び室内湿度が線l12上にある場合を含む)であって、モニタリングゾーンは、高温ゾーン及び高湿ゾーンと待機ゾーンとに挟まれた領域(室内温度及び室内湿度が線l11上にある場合を含む)である。

0169

よって、空気調和機の運転停止時において、強制運転モードに切り換えられると、室内温度及び室内湿度が、高温ゾーン、高湿ゾーン、モニタリングゾーン及び待機ゾーンの各ゾーンにある場合で運転動作が異なる。そこで、強制運転モードに切り換えられた後の各ゾーンでの運転動作について説明する。

0170

本実施形態では、強制運転モードの強制運転は、除湿運転と、設定温度28℃の冷房運転とのいずれかの運転である。

0171

室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度を低下させる必要があるため、設定温度28℃の冷房運転が開始される。また、強制運転モードの冷房運転は、室内温度が27度以下になったときにサーモオフ状態となる。

0172

室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合には、室内温度が28℃より低いので室内温度を低下させる必要がないが、室内湿度を低下させる必要があるため、冷房運転を開始せずに、除湿運転が開始される。強制運転モードの除湿運転は、除湿運転を開始した後、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合は冷房運転に切り換えられ、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンからモニタリングゾーンに変化した場合は停止される。また、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合の除湿運転では、冷房運転の風量よりも低風量にすると共に、上下フラップ17を可動範囲の上端近くに配置して吹き出し方向を上方向に変更する。そして、除湿運転の後に冷房運転に切り換わると、除湿運転時の風量が冷房運転時の風量に増加され、冷房運転時において風量を徐々に増加させる。

0173

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度が高温ゾーン及び室内湿度に変化しやすいため、室内温度や室内湿度を適正に検出する必要があるので、送風運転を行う。

0174

また、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合には、室内温度や室内湿度を低下させる必要がないため、送風運転や冷房運転を行わない。

0175

このように、第1実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されるのに対し、第5実施形態の空気調和機では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにある場合に冷房運転が開始されると共に、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合に除湿運転が開始される。

0176

また、第5実施形態の空気調和機では、第1実施形態の空気調和機と同様に、強制運転モードでの冷房運転は、サーモオフ状態で所定時間が経過した場合に停止される。一方、強制運転モードでの除湿運転は、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンに変化した場合に冷房運転に切り換わると共に、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンに変化した場合に停止される。

0177

次に、空気調和機の強制運転モードにおける制御について、図11を参照しつつ説明する。

0178

まず、空気調和機の運転停止時において、コントローラ30のモード切換部50(図3(b)参照)によって、強制運転モードに切り換えられる(ステップS71)。ここでは、強制運転モードに切り換えられたときの室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにある場合について説明する。

0179

強制運転モードにおいて、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、モニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS72)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンから高温ゾーン又は高湿ゾーンに変化する場合には、待機ゾーンからモニタリングゾーンに変化した後で、高温ゾーン又は高湿ゾーンに変化すると考えられる。したがって、ステップS72では、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかに基づいて、室内温度及び室内湿度が、強制運転(冷房運転や除湿運転)を開始する必要のある高温ゾーン及び高湿ゾーンに近付いたかを判断する。

0180

そして、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合には(ステップS72:YES)、室内ファン16を駆動して、送風運転を開始する(ステップS73)。室内温度及び室内湿度が高温ゾーン及び高湿ゾーンの近くのモニタリングゾーンにある場合、送風運転を開始することで、室内機2の内部に空気が流れるので、室内温度及び室内湿度を適正に検出できる。

0181

一方、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合には(ステップS72:NO)、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあると考えられるため、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかの判断を継続する(ステップS72)。

0182

そして、ステップS73で送風運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が、高湿ゾーンにあるかを判断する(ステップS74)。室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにないと判断した場合には(ステップS74:NO)、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあるかを判断する(ステップS75)。室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにないと判断した場合は(ステップS75:NO)、室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあるかを判断する(ステップS76)。室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにないと判断した場合には(ステップS76:NO)、室内温度及び室内湿度が高温ゾーンにあると考えられるので、冷房運転を開始する(ステップS77)。

0183

また、ステップS74で室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにあると判断した場合は(ステップS74:YES)、除湿運転を開始する(ステップS78)。

0184

そして、除湿運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度及び室内湿度センサ22で検出された室内湿度が高湿ゾーンにあるかを判断する(ステップS79)。室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにあると判断した場合には(ステップS79:YES)、除湿運転によって湿度が低下してないので、冷房運転を開始する(ステップS77)。一方、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにないと判断した場合には(ステップS79:NO)、室内湿度が低下して、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンや待機ゾーンに変化しているため、除湿運転を停止し(ステップS80)、ステップS73に移行して、送風運転を継続する。

0185

一方、ステップS75で室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにあると判断した場合は(ステップS75:YES)、ステップS73へ移行して、送風運転を継続する。

0186

また、ステップS76で室内温度及び室内湿度が待機ゾーンにあると判断した場合には(ステップS76:YES)、送風運転を停止する(ステップS81)。

0187

そして、ステップS77で冷房運転を開始した後、室内温度センサ21で検出された室内温度と設定温度に基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する(ステップS82)。空気調和機では、冷房運転が設定温度28℃であって、室内温度が27℃以下になったときにサーモオフ状態となる。したがって、ステップS82では、室内温度が27℃以下であるかに基づいて、冷房運転がサーモオフ状態かを判断する。そして、サーモオフ状態でないと判断した場合には(ステップS82:NO)、室内温度が27℃より高いので、ステップS77に移行して、冷房運転を継続する。

0188

一方、冷房運転がサーモオフ状態であると判断した場合には(ステップS82:YES)、サーモオフ状態において、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する(ステップS83)。室内温度が設定温度より高い温度まで変化したと判断した場合には(ステップS83:YES)、ステップS77に移行して、冷房運転を開始する。室内温度が設定温度より高い温度まで変化してないと判断した場合には(ステップS83:NO)、サーモオフ状態が継続される。

0189

そして、サーモオフ状態が継続された場合、所定時間が経過したかを判断する(ステップS84)。サーモオフ状態で所定時間が経過したと判断した場合には(ステップS84:YES)、冷房運転を停止する(ステップS85)。空気調和機では、サーモオフ状態で所定時間が経過した後で冷房運転を停止するので、冷房運転を停止したときに、室内温度及び室内湿度が上昇した場合でも、直ぐに冷房運転が開始されるのを防止できる。

0190

一方、サーモオフ状態で所定時間が経過してないと判断した場合には(ステップS84:NO)、ステップS83に移行して、室内温度センサ21で検出された室内温度が設定温度より高い温度まで変化したかを判断する。

0191

<本実施形態の空気調和機の特徴>
本実施形態の空気調和機1では、第1実施形態の空気調和機1と同様に、室内が室内温度及び室内湿度を低下させる必要のある状態になった場合に、室内温度及び室内湿度を低下させる冷房運転が自動的に開始される。したがって、室内温度及び室内湿度が高い状態で長時間継続されるのを抑制できるので、ユーザが熱中症等になることを防止できる。

0192

また、本実施形態の空気調和機1では、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合に、除湿運転が開始されることにより、室内湿度を低下させることができる。

0193

以上、本発明の実施形態について図面に基づいて説明したが、具体的な構成は、これらの実施形態に限定されるものでないと考えられるべきである。本発明の範囲は、上記した実施形態の説明ではなく特許請求の範囲によって示され、さらに特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれる。

0194

例えば、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて室内温度及び室内湿度に基づいて強制運転が自動的に開始されるが、強制運転モードにおいて室内温度に基づいて強制運転が自動的に開始されてもよい。この場合、強制運転を開始する判定図に、図12に示す判定図を使用する。図12の判定図には、高温ゾーンと、モニタリングゾーンと、待機ゾーンとが設定される。高温ゾーンは、室内温度が28度以上の領域であり、待機ゾーンは、室内温度が27度未満の領域であり、モニタリングゾーンは室内温度が27度以上28度未満の領域である。室内温度が高温ゾーンにある場合には、冷房運転(強制運転)が開始される。室内温度がモニタリングゾーンにある場合には、送風運転を行う。室内温度が待機ゾーンにある場合には、冷房運転や送風運転を行わない。そして、空気調和機の強制運転モードにおける制御は、第1〜第5実施形態において室内温度及び室内湿度に基づいて行われるが、室内温度に基づいて行われる点で異なるが、その他は、第1〜第5実施形態の図5〜7、図9,11で示した制御と同様の方法で行われる。

0195

また、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて室内温度及び室内湿度に基づいて強制運転が自動的に開始されるが、強制運転モードにおいて室内湿度に基づいて強制運転が自動的に開始されてもよい。そして、空気調和機の強制運転モードにおける制御は、第1〜第5実施形態において室内温度及び室内湿度に基づいて行われるのが、室内湿度に基づいて行われる点で異なるが、その他は、第1〜第5実施形態の図5〜7、図9,11で示した制御と同様の方法で行われる。

0196

また、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて、強制運転が開始される前に、強制運転を開始することを報知してもよい。

0197

また、上述の第1〜第5実施形態では、空気調和機が外気温度を検出する外気温度検出手段を有しており、強制運転モードにおいて、外気温度検出手段によって検出された外気温度が所定の外気温度以下の場合に、強制運転を開始しないようにしてもよい。

0198

また、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて、室内機に取り付けられた室内温度センサ及び室内湿度センサで検出された室内温度及び室内湿度に基づいて強制運転が開始されるが、コントローラに取り付けられた室内温度センサ及び室内湿度センサで検出された室内温度及び室内湿度に基づいて強制運転が開始されてもよい。

0199

また、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて、室内温度及び室内湿度がモニタリングゾーンにある場合の送風運転、室内温度及び室内湿度が高湿ゾーンにある場合の除湿運転、ユーザがコントローラで自動運転を選択して運転開始操作を行った場合の自動運転では、冷房運転の風量よりも低風量にすると共に、上下フラップを可動範囲の上端近くに配置して吹き出し方向を上方向に変更するが、風量や吹き出し方向は変更可能である。

0200

また、上述の第1〜第5実施形態では、強制運転モードにおいて、ユーザは、コントローラ30で自動(自動運転)を選択して、自動運転の運転開始操作だけを行うことができるが、送風(送風運転)や除湿(除湿運転)等の運転開始操作を行うことができるようにしてもよい。

0201

本発明を利用すれば、室内温度や室内湿度が高い状態であるときに、運転停止時において、室内温度及び室内湿度の少なくとも一方を低下させる強制運転を自動的に開始できる。

0202

1空気調和機
2室内機
3室外機
16室内ファン
17上下フラップ
21室内温度センサ
22 室内湿度センサ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 空調システム、空調装置、制御装置及び空調方法」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】複数の部屋の空気状態を個別に精度よく調整する。【解決手段】空調システム1は、空調装置2と、風路切替部3a〜3cを備える。空調装置2は、リターン空気を吸い込み、吸い込んだリターン空気を空調し、空... 詳細

  • 株式会社コロナの「 温調システム」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】熱源機の効率低下の抑制と強制対流式端末機による快適性とを両立する。【解決手段】温調システム100では、ファンコイルユニット53の運転要求が発せられると、メインリモコン装置RMにおいてユーザによ... 詳細

  • パーティクルズプラスインコーポレイテッドの「 粒子状物質センサを備えた恒温装置」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】粒子状物質センサを備えた恒温装置を提供する。【解決手段】粒子状物質センサを備えた居住用建物と商業建物用恒温装置。少なくとも1つの温度センサ101と、少なくとも1つの、暖房又は冷房の少なくとも一... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ