図面 (/)

技術 リアルタイムシミュレーション仮想現実溶接環境で向上したユーザーエキスペリエンスを提供するシステム及び方法

出願人 リンカーングローバル,インコーポレイテッド
発明者 ピーターズ,カールポストレスワイト,ディーナウォレス,マシュー,ウェイン
出願日 2018年5月2日 (2年9ヶ月経過) 出願番号 2018-088651
公開日 2018年8月9日 (2年6ヶ月経過) 公開番号 2018-124584
状態 特許登録済
技術分野 電気的に作動する教習具 アーク溶接一般 処理全般、補助装置、継手、開先形状 プラスチック等のその他の成形、複合成形(変更なし) イメージ処理・作成 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 向き検出器 変位レベル 円周寸法 進展具合 熱チャンネル 作業角度 溶接工場 凹状ビード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年8月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

シミュレーション仮想現実環境においてアーク溶接訓練を行うための方法を提供すること。

解決手段

リアルタイム仮想現実溶接システム(100、2000、2400)は、プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)に作動的に接続された空間追跡装置(120)と、前記空間追跡装置(120)が空間的に追跡可能な少なくとも1つの疑似溶接工具(160)と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)に作動的に接続された少なくとも1つのディスプレイ装置と、を含む。当該システム(100、2000、2400)は、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドル仮想現実空間シミュレートすることができる。当該システム(100、2000、2400)はさらに、シミュレートした溶接パドルをディスプレイ装置上でリアルタイムに表示することができる。

概要

背景

従来、アーク溶接を学習するには長時間にわたる指導訓練及び練習が必要である。学習可能な多くの様々な種類のアーク溶接及びアーク溶接プロセスがある。一般に、生徒は、実物溶接システム使い、実物の金属片溶接作業を行うことで溶接を学習する。そのような現実世界での訓練によって乏しい溶接資源占有され、限られた溶接材が使い果たされることがある。しかしながら、近年、溶接シミュレーションを使って訓練を行うという考え方がより広まってきた。一部の溶接シミュレーションはパーソナルコンピュータを使って及び/又はインターネットを通じたオンラインにより実施される。しかしながら、現在既知の溶接シミュレーションは訓練目標の点で限定されている傾向にある。例えば、一部の溶接シミュレーションでは、単に溶接工具の持ち方や設置の仕方について溶接学習者を訓練する「筋肉の記憶」のための訓練にのみ重点が置かれている。他の溶接シミュレーションは溶接プロセス視覚効果及び聴覚効果を示すことに重点を置いているものの、そのやり方は限られ且つ多くの場合非現実的であり、現実世界の溶接を大いに表す所望のフィードバックを生徒に提供しない。この実際のフィードバックによって、生徒は必要な調節を行って良好な溶接部を得ることができるようになる。溶接は筋肉の記憶によってではなくアーク及び/又はパドルを見ることにより学習するものである。

本願の残りの部分に記載の本発明の実施形態と、従来のアプローチ、既存のアプローチ及び既に提案されているアプローチとを図面を参照しながら比較することにより、それらのアプローチのさらなる限界デメリットが当業者に明らかになる。

概要

シミュレーション仮想現実環境においてアーク溶接訓練を行うための方法を提供すること。リアルタイム仮想現実溶接システム(100、2000、2400)は、プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)に作動的に接続された空間追跡装置(120)と、前記空間追跡装置(120)が空間的に追跡可能な少なくとも1つの疑似溶接工具(160)と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(110)に作動的に接続された少なくとも1つのディスプレイ装置と、を含む。当該システム(100、2000、2400)は、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドルを仮想現実空間シミュレートすることができる。当該システム(100、2000、2400)はさらに、シミュレートした溶接パドルをディスプレイ装置上でリアルタイムに表示することができる。

目的

より具体的には、特定の実施形態は、リアルタイムの溶接パドルフィードバックを使ってシミュレーション仮想現実環境(simulated virtual reality environment)又は拡張現実環境においてアーク溶接訓練を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

仮想現実溶接システムを用いて生成された仮想溶接ビードを有する仮想溶接継手の画像を該仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程と、前記仮想現実溶接システムのユーザーインターフェイスを用いて前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法を横切るようにスクロールする工程と、前記スクロールに対応して、前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの連続した位置における前記仮想溶接継手の断面領域の画像を前記仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程と、を含む方法。

請求項2

前記断面領域の表示画像に対応する前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置を示す断面インジケータを前記仮想現実溶接システムの表示装置上に表示する工程をさらに含む及び/又は前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置で前記スクロールを停止し、該位置における前記仮想溶接継手の断面領域の表示画像を観察する工程をさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置における前記仮想溶接継手の断面領域の表示画像は、前記仮想現実溶接システムによってシミュレートされた該位置における前記仮想溶接継手の溶接特性を示す、請求項1又は2に記載の方法。

請求項4

前記溶接特性は、前記仮想現実溶接システムによってシミュレートされた前記仮想溶接ビードの仮想溶接クーポンへの貫通並びに内部欠陥及び不連続を含む、請求項3に記載の方法。

請求項5

前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法を横切るように第1の位置と第2の位置との間を瞬時に自動的にループ移動し、ループ移動の間に前記第1の位置から前記第2の位置までの間の複数の規定位置のそれぞれにおける前記溶接継手の断面領域の画像を瞬時に連続して表示する工程をさらに含む、請求項1乃至4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

仮想現実溶接システムを用いて仮想溶接ビードを有する仮想溶接継手を生成する工程であって、該仮想溶接継手は該仮想現実溶接システム内で第1のデジタルデータセットとして表される、工程と、前記仮想現実溶接システム上で、前記第1のデジタルデータセットを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3Dデジタルモデルを生成する工程であって、該3Dデジタルモデルは3D印刷ステムと動作互換性がある、工程とを含む方法。

請求項7

前記3Dデジタルモデルを前記3D印刷システムに転送する工程と、前記3D印刷システム上で、前記3Dデジタルモデルを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3D物理モデルを印刷する工程と、をさらに含む、請求項3に記載の方法。

請求項8

前記仮想溶接継手は、前記仮想溶接ビードにより改変された仮想溶接クーポンを含む、請求項1乃至7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

前記3D印刷システムは前記仮想現実溶接システムと通信を行い、前記転送する工程は該作動的通信によって実現される、請求項7に記載の方法。

請求項10

前記通信は有線手段及び無線手段のうちの少なくとも1つにより行われる、請求項9に記載の方法。

請求項11

前記3D物理モデルは、プラスチック材料金属材料及びセラミック材料のうちの少なくとも1つでできている、請求項7に記載の方法。

請求項12

仮想現実溶接システム上でのユーザーの仮想現実溶接の進展具合を追跡する工程と、前記仮想現実溶接システム上での前記ユーザーの仮想現実溶接の進展具合を表すユーザー統計の電子ファイルを生成する工程と、外部通信インフラを通じて、前記仮想現実溶接システムからオンライン溶接ゲームを提供するサーバーコンピュータに前記電子ファイルを転送する工程と、を含む方法であって、前記オンライン溶接ゲームは前記電子ファイルを読み込み、前記電子ファイル内のユーザー統計に基づいて前記オンライン溶接ゲームに関する前記ユーザーのゲームプロファイル更新する、方法。

請求項13

前記ユーザー統計は、前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが成功裏に行えた溶接プロセスの種類を表すデータ、前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが成功裏に習得できた溶接スキルの種類を表すデータ及び前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが獲得した報酬ポイントであって、前記オンライン溶接ゲームを通じて交換される報酬ポイントを表すデータのうちの少なくとも1つを含み、前記ユーザーのゲームプロファイルは、前記オンライン溶接ゲームにおいて前記ユーザーが参加を認められている溶接プロジェクトの種類及び前記オンライン溶接ゲームにおいて前記ユーザーが行うことが認められている溶接プロセスの特定種類のうちの少なくとも1つを含む、請求項12に記載の方法。

技術分野

0001

本特許出願は、2008年8月21日に出願された米国仮特許出願第61/090794号の優先権及び便益を主張する、2009年7月10日に出願された係属中の米国特許出願第12/501257号の一部継続出願であり、該米国特許出願の優先権を主張する。該米国特許出願は、参照により本願に全体的に組み込まれる。

0002

本発明は、請求項1に記載の仮想現実溶接システム並びに請求項3、8及び14に記載の仮想現実溶接方法に関する。特定の実施形態は仮想現実シミュレーションに関する。より具体的には、特定の実施形態は、リアルタイム溶接パドルフィードバックを使ってシミュレーション仮想現実環境(simulated virtual reality environment)又は拡張現実環境においてアーク溶接訓練を提供するためのシステム及び方法に関する。

背景技術

0003

従来、アーク溶接を学習するには長時間にわたる指導、訓練及び練習が必要である。学習可能な多くの様々な種類のアーク溶接及びアーク溶接プロセスがある。一般に、生徒は、実物の溶接システムを使い、実物の金属片溶接作業を行うことで溶接を学習する。そのような現実世界での訓練によって乏しい溶接資源占有され、限られた溶接材が使い果たされることがある。しかしながら、近年、溶接シミュレーションを使って訓練を行うという考え方がより広まってきた。一部の溶接シミュレーションはパーソナルコンピュータを使って及び/又はインターネットを通じたオンラインにより実施される。しかしながら、現在既知の溶接シミュレーションは訓練目標の点で限定されている傾向にある。例えば、一部の溶接シミュレーションでは、単に溶接工具の持ち方や設置の仕方について溶接学習者を訓練する「筋肉の記憶」のための訓練にのみ重点が置かれている。他の溶接シミュレーションは溶接プロセス視覚効果及び聴覚効果を示すことに重点を置いているものの、そのやり方は限られ且つ多くの場合非現実的であり、現実世界の溶接を大いに表す所望のフィードバックを生徒に提供しない。この実際のフィードバックによって、生徒は必要な調節を行って良好な溶接部を得ることができるようになる。溶接は筋肉の記憶によってではなくアーク及び/又はパドルを見ることにより学習するものである。

0004

本願の残りの部分に記載の本発明の実施形態と、従来のアプローチ、既存のアプローチ及び既に提案されているアプローチとを図面を参照しながら比較することにより、それらのアプローチのさらなる限界デメリットが当業者に明らかになる。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、前述した限界やデメリットを解消することを目的とする。この課題は、請求項1に記載の仮想現実溶接システムによって、また請求項3、8及び14に記載の仮想現実溶接方法によって解決される。本発明のさらなる実施形態は従属項主題である。リアルタイムの溶融金属流動性並びに熱吸収特性及び熱放散特性を有する溶接パドルのシミュレーションを仮想現実空間で提供するアーク溶接シミュレーションが開発された。

0006

本発明の一実施形態では、仮想現実溶接システムは、プログラマブルプロセッサベースのサブシステムと、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された空間追跡装置と、前記空間追跡装置が空間的に追跡可能な少なくとも1つの疑似溶接工具と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された少なくとも1つのディスプレイ装置と、を含む。当該システムは、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドルを仮想現実空間でシミュレートすることができる。当該システムはさらに、現実世界の溶接部を描画するために、シミュレートした溶接パドルをディスプレイ装置上に表示することができる。好ましい実施形態によれば、当該システムは模擬溶接ケーブルを含む。模擬溶接ケーブルは少なくとも1つの疑似溶接工具に取り付けられ、実物の溶接ケーブルの少なくとも重さ及び剛性をシミュレートするように構成されている。

0007

一実施形態は仮想現実アーク溶接システムを提供する。当該システムは、プログラマブルプロセッサベースのサブシステムと、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された空間追跡装置と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び前記空間追跡装置と無線通信するように構成された少なくとも1つのワイヤレス疑似溶接工具と、前記プログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び前記空間追跡装置と無線通信するように構成された少なくとも1つのワイヤレスフェイスマウントディスプレイ装置と、を含む。当該システムは、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドルを仮想現実環境でシミュレートし、該シミュレートした溶接パドルを前記少なくとも1つのワイヤレスフェイスマウントディスプレイ装置上にリアルタイムで表示するように構成されている。

0008

他の実施形態は、仮想現実溶接システムの使用方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システムを用いて生成された仮想溶接ビードを有する仮想溶接継手の画像を該仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程を含む。当該方法は、前記仮想現実溶接システムのユーザーインターフェイスを用いて前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法を横切るようにスクロールする工程と、前記スクロールに対応して、前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの連続した位置における前記仮想溶接継手の断面領域の画像を前記仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程とを含む。

0009

さらなる実施形態は、仮想現実溶接システムの使用方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システムを用いて仮想溶接ビードを有する仮想溶接継手を生成する工程を含む。該仮想溶接継手は該仮想現実溶接システム内で第1のデジタルデータセットとして表される。当該方法は、前記仮想現実溶接システム上で、前記第1のデジタルデータセットを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3Dデジタルモデルを生成する工程であって、該3Dデジタルモデルは3D印刷システムと動作互換性がある工程をさらに含む。当該方法は、前記3Dデジタルモデルを前記3D印刷システムに転送する工程及び前記3D印刷システム上で、前記3Dデジタルモデルを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3D物理モデルを印刷する工程も含み得る。

0010

他の実施形態は、仮想現実溶接システムをオンライン溶接ゲームと結び付ける方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システム上でのユーザーの仮想現実溶接の進展具合を追跡する工程と、前記仮想現実溶接システム上での前記ユーザーの仮想現実溶接の進展具合を表すユーザー統計の電子ファイルを生成する工程とを含む。当該方法は、外部通信インフラを通じて、前記仮想現実溶接システムからオンライン溶接ゲームを提供するサーバーコンピュータに前記電子ファイルを転送する工程をさらに含む。当該方法は、前記電子ファイルを読み込み、前記電子ファイル内のユーザー統計に基づいて前記オンライン溶接ゲームに関する前記ユーザーのゲームプロファイル更新するオンライン溶接ゲームも含む。当該方法の好ましい実施形態によれば、前記ユーザーのユーザー統計を複数の他のユーザーと比較する工程と、該比較に基づいて前記ユーザー及び前記複数の他のユーザーを互いにランク付けする工程を含むことができる。

0011

本発明のこれらの特徴及び他の特徴に加え、本発明の例示的な実施形態の詳細は、下記の説明及び図面からより完全に理解することができる。

図面の簡単な説明

0012

図1は、リアルタイム仮想現実環境でアーク溶接訓練を提供するシステムのシステムブロック図の例示的な実施形態を示す。
図2は、図1のシステムの模擬溶接コンソール及び観察者用ディスプレイ装置(ODD)を組み合せたものの例示的な実施形態を示す。
図3は、図2の観察者用ディスプレイ装置(ODD)の例示的な実施形態を示す。
図4は、物理的溶接ユーザーインターフェイス(WUI)を示す図2の模擬溶接コンソールの正面部の例示的な実施形態を示す。
図5は、図1のシステムの疑似溶接工具(MWT)の例示的な実施形態を示す。
図6は、図1のシステムのテーブル/スタンド(T/S)の例示的な実施形態を示す。
図7Aは、図1のシステムのパイプ溶接クーポン(WC)の例示的な実施形態を示す。
図7Bは、図6のテーブル/スタンド(TS)のアームに取り付けられた図7AのパイプWCを示す。
図8は、図1の空間追跡装置(ST)の例示的な実施形態の様々な要素を示す。
図9Aは、図1のシステムのフェイスマウントディスプレイ装置(FMDD)の例示的な実施形態を示す。
図9Bは、図9AのFMDDをユーザーの頭にどのように固定するかを示す。
図9Cは、溶接ヘルメットに取り付けられた図9AのFMDDの例示的な実施形態を示す。
図10は、図1のシステムのプログラマブルプロセッサベースのサブシステム(PPS)のサブシステムブロック図の例示的な実施形態を示す。
図11は、図10のPPSのグラフィック処理装置(GPU)のブロック図の例示的な実施形態を示す。
図12は、図1のシステムの機能ブロック図の例示的な実施形態を示す。
図13は、図1の仮想現実訓練システムを用いた訓練方法の一実施形態のフローチャートである。
図14Aは、本発明の一実施形態に係る溶接要素(溶接ピクセル変位マップ概念を示す。
図14Bは、本発明の一実施形態に係る溶接要素(溶接ピクセル)変位マップの概念を示す。
図15は、図1のシステムにおいてシミュレートした下向き溶接クーポン(WC)のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。
図16は、図1のシステムにおいてシミュレートした角(T継手)溶接クーポン(WC)のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。
図17は、図1のシステムにおいてシミュレートしたパイプ溶接クーポン(WC)のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。
図18は、図17のパイプ溶接クーポン(WC)の例示的な実施形態を示す。
図19Aは、図1のシステムの二重変位パドルモデルの概念の例示的な実施形態を示す。
図19Bは、図1のシステムの二重変位パドルモデルの概念の例示的な実施形態を示す。
図19Cは、図1のシステムの二重変位パドルモデルの概念の例示的な実施形態を示す。
図20は、リアルタイム仮想現実空間においてアーク溶接訓練を提供するシステムのシステムブロック図の第2の例示的な実施形態を示す。
図21は、仮想溶接システムのディスプレイ装置に表示され得る、溶接ビードの外観を有する仮想溶接継手の表示画像を示す。
図22は、仮想溶接システムのディスプレイ装置に表示され得る、溶接ビードの外観を有する図21の仮想溶接継手の表示画像を示す。
図23は、3D印刷システムと作動的に通信する仮想現実溶接システムを示す。
図24は、仮想現実溶接システムの例示的な実施形態のシステムブロック図を示す。
図25は、外部通信インフラを通じてサーバーコンピュータと作動的に通信する図24の仮想現実溶接システムを示す例示的な実施形態を示す。

実施例

0013

本発明の一実施形態は、プログラマブルプロセッサベースのサブシステム(programmable processor-based subsystem)と、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された空間追跡装置(spatial tracker)と、該空間追跡装置が空間的に追跡可能な少なくとも1つの疑似溶接工具(mock welding tool)と、プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された少なくとも1つのディスプレイ装置とを含む仮想現実アーク溶接(VRAW)システムを含む。当該システムは、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドルを仮想現実空間でシミュレートすることができる。当該システムは、シミュレートした溶接パドルをディスプレイ装置上にリアルタイムで表示することもできる。シミュレートした溶接パドルのリアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性は、表示された場合に疑似溶接工具のユーザーにリアルタイムの視覚的フィードバックを提供するため、ユーザーは、そのリアルタイムの視覚的フィードバックに応じて溶接技術をリアルタイムに調節又は維持できる(即ち、ユーザーが正しく溶接を学ぶのを助ける)。表示された溶接パドルは、ユーザーの溶接技術や選択された溶接プロセス及びパラメータに基づいて現実世界で形成され得る溶接パドルを表すものである。パドルを見ることで(例えば、形状、色、スラグ、サイズ、積み重ね硬貨様のビード(stacked dimes))、ユーザーは良好な溶接部をつくるために自身のテクニックを変更し、行う溶接の種類を決定できる。パドルの形状はガン又はスティック動きに対応する。本明細書で用いる「リアルタイム」という用語は、現実世界での溶接シナリオでユーザーが認識及び経験し得るのと同様な形でシミュレーション環境で時間的に認識及び経験することを意味する。さらに、溶接パドルは重力を含む物理的環境の作用に対応するため、ユーザーは頭上溶接や様々なパイプ溶接角度(例えば、1G、2G、5G、6G)を含む様々な位置で溶接を現実的に練習できる。

0014

図1は、リアルタイム仮想現実環境でアーク溶接訓練を提供するシステム100のシステムブロック図の例示的な実施形態を示す。システム100はプログラマブルプロセッサベースのサブシステム(PPS)110を含む。システム100はPPS110に作動的に接続された空間追跡装置(ST)120をさらに含む。システム100は、PPS110に作動的に接続された物理的溶接ユーザーインターフェイス(WUI)130と、PPS110及びST120に作動的に接続されたフェイスマウントディスプレイ装置(FMDD)140とを含む。システム100は、PPS110に作動的に接続された観察者用ディスプレイ装置(ODD)150をさらに含む。システム100は、ST120及びPPS110に作動的に接続された少なくとも1つの疑似溶接工具(MWT)160も含む。システム100は、テーブル/スタンド(T/S)170及びT/S170に取り付け可能な少なくとも1つの溶接クーポン(welding coupon)(WC)180をさらに含む。本発明の代替的な実施形態によれば、シールドガス源を模倣し、調節可能な流量調整弁を有する模擬ガス容器(図示せず)が設けられる。

0015

図2は、図1のシステム100の模擬溶接コンソール135(溶接電源ユーザーインターフェイスを模倣)及び観察者用ディスプレイ装置(ODD)150を組み合せたものの例示的な実施形態を示す。物理的WUI130はコンソール135の前面部にあり、つまみ、ボタン並びに様々なモード及び機能をユーザーが選択するためのジョイスティックを提供する。ODD150はコンソール135の上部に取り付けられている。MWT160は、コンソール135の側部に取り付けられたホルダー内に置かれている。コンソール135は内部的にPPS110及びST120の一部を保持する。

0016

図3は、図2の観察者用ディスプレイ装置(ODD)150の例示的な実施形態を示す。本発明の一実施形態によれば、ODD150は液晶ディスプレイ(LCD)装置である。他のディスプレイ装置も可能である。例えば、本発明の他の実施形態によればODD150はタッチスクリーンディスプレイであり得る。ODD150はPPS110からビデオ(例えばSVGA形式)及びディスプレイ情報を受け取る。

0017

図3に示すように、ODD150は、位置、ノズル高さ(tip to work)、溶接角度、トラベル角(travel angle)及び移動速度を含む様々な溶接パラメータ151を示す第1のユーザーシーンを表示することができる。これらのパラメータは、グラフカルな形でリアルタイムに選択及び表示され得るものであり、適切な溶接技術を教えるのに用いられる。さらに、図3に示すように、ODD150は、例えば不適切溶接サイズ、悪いビード配置、凹状ビード、過剰な凸性、アンダーカットポロシティ不完全な融合、スラグの含有、過剰なスパッタ余盛及び焼け落ち溶け落ち)を含む模擬溶接不連続状態152を表示することができる。アンダーカットは、開先溶融して溶接部又は溶接ルートに隣接したベース金属一体化し、溶接金属充填されずに残ったものである。アンダーカットは往々にして誤った溶接角度に起因する。ポロシティは、アークをクーポンから離しすぎることによって往々にして生じる、固化の間のガス閉じ込めにより形成される空隙型の不連続部である。

0018

また、図3に示すように、ODD50はメニュー、アクション視覚キュー、新たなクーポン及びエンドパスを含むユーザー選択肢153を表示することができる。これらのユーザー選択肢はコンソール135のユーザーボタン連動している。ユーザーが例えばODD150のタッチスクリーンを通じて又は物理的WUI130を通じて様々な選択を行うと、表示される特徴が変更されて、選択された情報及び他の選択肢がユーザーに提供される。さらに、ODD150は、FMDD140を装着した溶接士が見ている視界を、溶接士と同じ視角で又は例えばインストラクターにより選択される様々な別の角度で表示し得る。インストラクター及び/又は生徒は、様々な訓練上の目的でODD150を見てもよい。例えば、完成した溶接部の周りで視界を回転させてインストラクターが視認できるようにしてもよい。本発明の代替的な実施形態によれば、システム100からのビデオは、遠隔地での視聴及び/又は批評のために、例えばインターネットを通じて遠隔地に送信され得る。さらに音声を提供して生徒と遠隔地のインストラクターとの間でリアルタイムな音声通信ができるようにしてもよい。

0019

図4は、物理的溶接ユーザーインターフェイス(WUI)130を示す、図2の模擬溶接コンソール135の前面部の例示的な実施形態を示す。WUI130は、ODD150に表示されるユーザー選択肢153に対応する一式のボタン131を含む。ボタン131は、ODD150に表示されるユーザー選択肢153の色に対応するよう色付されている。ボタン131のうちの1つが押圧されると、PPS110に信号が送信されて対応する機能が作動される。WUI130は、ODD150に表示される様々なパラメータ及び選択肢を選択するためにユーザーが使うことができるジョイスティック132も含む。WUI130はワイヤ給速度アンペアを調節するためのダイアル又はつまみ133と、ボルトトリムを調節するための別のダイアル又はつまみ134とをさらに含む。WUI130はアーク溶接プロセスを選択するためのダイアル又はつまみ136も含む。本発明の一実施形態によれば、ガスシールド及びセルフシールドプロセスを含むフラックスコアドアーク溶接(FCAW)と、ショートアーク、軸方向噴霧(axial spray)、STT及びパルスを含むガス金属アーク溶接GMAW)と、ガスタングステンアーク溶接GTAW)と、E6010及びE7010電極を含むシールド金属アーク溶接(SMAW)とを含む3つアーク溶接プロセスを選択することができる。WUI130は溶接の極性を選択するためのダイアル又はつまみ137をさらに含む。本発明の一実施形態によれば、交流(AC)、正の直流(DC+)及び負の直流(DC−)を含む3つのアーク溶接の極性を選択することができる。

0020

図5は、図1のシステム100の疑似溶接工具(MWT)160の例示的な実施形態を示す。図5のMWT160は、プレート溶接及びパイプ溶接用スティック型溶接工具を模倣し、ホルダー161及び模擬溶接棒162を含む。MWD160のトリガーを使って信号をPPS110に送信して選択した模擬溶接プロセスを作動させる。模擬溶接棒162は現実世界でのパイプ溶接におけるルートパス溶接工程の間に又はプレートを溶接する際に生じる抵抗フィードバック(resistive feedback)を模倣するために触覚抵抗性チップ(tacitly resistive tip)163を含む。ユーザーが模擬溶接棒162をルートから出し過ぎると、ユーザーは低抵抗感じるか又は感知することができるため、現在の溶接プロセスを調節するか又は維持するのに用いるフィードバックが得られる。

0021

スティック型溶接工具は、仮想溶接プロセスの間に模擬溶接棒162を引くアクチュエータ(図示せず)を含み得ることが考えられる。即ち、ユーザーが仮想溶接行為を行うのに伴って、ホルダー161と模擬溶接棒162の先端との間の距離を短くなり、溶接棒の消費を模倣する。消費速度、即ち、溶接棒162の回収はPPS110によって、より具体的にはPPS110により実行されるコード化された命令によって制御され得る。模擬消費速度はユーザーの技量に依存してもよい。なお、システム100は様々な種類の溶接棒を用いた仮想溶接を支援するため、溶接棒162の消費速度又は減少量を、使用する溶接工程及び/又はシステム100のセットアップに応じて変化させてもよいことを付言しておく。

0022

本発明の他の実施形態によれば、例えば、供給されるワイヤ電極を有する手持ち式半自動溶接ガンを模倣するMWDを含む他の疑似溶接工具も可能である。さらに、本発明の他の特定の実施形態によれば、ユーザーの手のなかで工具の実際の感触をより高度に模倣するためにMWT160として本物の溶接工具が使用され得るが、システム100においては該工具を用いて本物のアークが実際に生成されることはない。また、シミュレータ100の模擬研削モードで使用する模擬研削工具を設けてもよい。同様に、シミュレータ100の模擬切断モードで使用する模擬切断工具を設けてもよい。さらに、模擬ガスタングステンアーク溶接(GTAW)トーチ又はフィラー材料をシミュレータ100で用いるために設けてもよい。

0023

図6は、図1のシステム100のテーブル/スタンド(T/S)170の例示的な実施形態を示す。T/S170は調節可能なテーブル171、スタンド又はベース172、調節可能なアーム173及び垂直ポスト174を含む。テーブル171、スタンド172及びアーム173のそれぞれは垂直ポスト174に取り付けられている。テーブル171及びアーム173のそれぞれは垂直ポスト174に対して上方、下方及び回転的手動で調節することができる。アーム173は様々な溶接クーポン(例えば、溶接クーポン175)を保持するのに用いられ、ユーザーは訓練の際に自身の腕をテーブル171にのせることができる。アーム173及びテーブル171がポスト171のどの垂直位置にあるかをユーザーが厳密に知ることができるように垂直ポスト174には位置情報目盛りが付されている。ユーザーはWUI130及びODD150を使ってこの垂直位置情報をシステムに入力してもよい。

0024

本発明の代替的な実施形態によれば、テーブル171及びアーム173の位置が予めプログラムされた設定を通じて又はユーザーの命令によりWUI130及び/又はODD150を通じてPSS110によって自動的にセットされ得る。そのような代替的な実施形態では、T/S170は例えばモーター及び/又はサーボ機構を含み、PPS110からの信号命令がモーター及び/又はサーボ機構を作動させる。本発明のさらなる代替的な実施形態によれば、テーブル171及びアーム173の位置並びにクーポンの種類がシステム100によって検出される。このように、ユーザーはユーザーインターフェイスを通じて位置情報を手動で入力する必要がない。そのような代替的な実施形態では、T/S170は位置及び向き検出器を含み、信号命令をPPS110に送信して位置及び向き情報を提供し、WC175は位置検出センサを含む(例えば、磁界を検出するためのコイルセンサ)。本発明の一実施形態によれば、調節パラメータの変更に伴って、ユーザーはODD150上で調節されたT/S170のレンダリングを見ることができる。

0025

図7Aは、図1のシステム100のパイプ溶接クーポン(WC)175の例示的な実施形態を示す。WC175は、直径6インチの2つのパイプ175’及び175’’を模倣する。パイプ175’及び175’’は合わせて設置されて溶接すべきルート176を形成する。WC175は、WC175の一端に接続部177を含むため、WC175を正確且つ繰り返し可能にアーム173に取り付けることができる。図7Bは、図6のテーブル/スタンド(TS)170のアーム173に取り付けられた図7AのパイプWC175を示す。WC175をアーム173に正確且つ繰り返し可能に取り付けることができるため、WC175の空間較正(spatial calibration)を工場で一度行うだけよい。そして、現場においては、システム100にアーム173の位置が知らせてある限り、システム100はWC175に対してMWT160及びFMDD140を仮想環境において追跡することができる。WC175が取り付けられるアーム173の第1の部分は、図6に示すようにアーム173の第2の部分に対して傾けることができる。これにより、ユーザーはいくつかの異なる向き及び角度のうちの任意のものを有するパイプを使ってパイプ溶接を練習できる。

0026

図8は、図1の空間追跡装置(ST)120の例示的な実施形態の様々な要素を示す。ST120は、システム100のPPS110と作動的にインターフェイス可能な磁気追跡装置である。ST120は、磁気源121及び磁気源ケーブル、少なくとも1つのセンサ122及び関連するケーブル、ディスク123上のホストソフトウェア電源124及び関連するケーブル、USB及びRS−232ケーブル125並びにプロセッサトラッキングユニット126を含む。磁気源121はケーブルを通じてプロセッサトラッキングユニット126に作動的に接続可能である。センサ122はケーブルを通じてプロセッサトラッキングユニット126に作動的に接続可能である。電源124はケーブルを通じてプロセッサトラッキングユニット126に作動的に接続可能である。プロセッサトラッキングユニット126はUSB又はRS−232ケーブル125を通じてPPS110に作動的に接続可能である。ディスク123上のホストソフトウェアはPPS110に取り込み可能であり、ST120とPPS110との間での機能的通信を可能にする。

0027

図6を参照して、ST120の磁気源121はアーム173の第1の部分に取り付けられている。磁気源121は、アーム173に取り付けられたWC175の周囲の空間を含む磁気源121の周囲で磁界を生成して3D空間参照枠(3D spatial frame of reference)を確立する。磁気源121により生成される磁界を変形させないようにT/S170の大部分は非金属非鉄製で且つ非導電性)で構成されている。センサ122は、3つの空間方向に沿って直角に並んだ3つの誘導コイルを含む。センサ122の各誘導コイルは、3つの方向のそれぞれで磁界の強度を測定し、その情報をプロセッサトラッキングユニット126に提供する。その結果、システム100は、WC175がアーム173に取り付けられている場合に、磁界により確立された3D空間基準枠に対してWC175の任意の部分がどこにあるかを知ることができる。センサ122がMWT160又はFDMM140に取り付けられ、ST120はMWT160又はFMDD140を空間及び向きの双方の点で3D空間基準枠に対して追跡することができる。2つのセンサ122が設けられ、それらがプロセッサトラッキングユニット126に作動的に接続されている場合は、MWT160及びFMDD140の双方が追跡され得る。このように、システム100は仮想現実空間において仮想WC、仮想MWT及び仮想T/Sを生み出すことができ、3D空間参照枠に対してMWT160及びFMDD140が追跡されるため、仮想WC、仮想MWT及び仮想T/SをFMDD140及び/又はODD150上に表示することができる。

0028

本発明の代替的な実施形態によれば、センサ122はプロセッサトラッキングユニット126と無線連絡を行い、プロセッサトラッキングユニット126はPPS110と無線で連絡を行い得る。本発明の他の代替的な実施形態によれば、例えば加速度計ジャイロスコープベースの追跡装置、光学追跡装置(能動的又は受動的)、赤外線追跡装置、音響追跡装置、レーザー追跡装置、無線周波数追跡装置、慣性追跡装置及び拡張現実ベースのトラッキングシステムを含む他の種類の空間追跡装置120がシステム100で使用され得る。他の種類の追跡装置も可能であり得る。

0029

図9Aは、図1のシステム100のフェイスマウントディスプレイ装置140(FMDD)の例示的な実施形態を示す。図9Bは、図9AのFMDD140をどのようにユーザーの頭に固定するかを示す。図9Cは溶接ヘルメット900と一体化された図9AのFMDD140の例示的な実施形態を示す。FMDD140は、有線手段又は無線の何れかによりPPS110及びST120に作動的に接続されている。本発明の様々な実施形態によれば、ST120のセンサ122はFMDD140に又は溶接ヘルメット900に取り付けられ、ST120はFMDD140及び/又は溶接ヘルメット900を3D空間参照枠に対して追跡することができる。

0030

本発明の一実施形態によれば、FMDD140は2D及びフレームシーケンシャルビデオモード流体フルモーション動画を提供可能な2つの高コントラストSVGA 3D OLEDマイクロディスプレイを含む。仮想現実空間の動画がFMDD140に提供され表示される。ズーム(例えば2倍)モードを設けて、ユーザーが例えばチーターレンズを模倣できるようにしてもよい。

0031

FMDD140は2つのイヤホンスピーカー910をさらに含み、ユーザーはシステム100によって生成された模擬溶接関連音及び模擬環境音を聞くことができる。本発明の様々な実施形態によれば、FDMM140は有線又は無線手段を通じてPPS110と作動的に連絡を行う。本発明の一実施形態によれば、PPS110はFMDD140に立体動画を提供し、ユーザーに向上した奥行知覚を提供する。本発明の代替的な実施形態によれば、ユーザーはMWT160上のコントロールキー(例えばボタン又はスイッチ)を用いてメニュー及び表示オプションを呼び出し、それらをFMDD140上で選択することができる。これにより、例えば、ユーザーは失敗した場合に溶接を容易にリセットすること、特定のパラメータを変更すること又は溶接ビードの軌道の一部をやり直すために少し前に戻ることができる。

0032

図10は、図1のサブシステム100のプログラマブルプロセッサベースのサブシステム(PPS)110のサブシステムブロック図の例示的な実施形態を示す。本発明の一実施形態によれば、PPS110は中央処理装置(CPU)111及び2つのグラフィック処理装置(GPU)115を含む。本発明の一実施形態によれば、2つのGPU115は、リアルタイムの溶融金属流動性並びに熱吸収及び熱放散特性を有する溶接パドル(溶融池としても知られている)の仮想現実シミュレーションを提供するようにプログラムされている。

0033

図11は、図10のPPS110のグラフィック処理装置(GPU)115のブロック図の例示的な実施形態を示す。各GPU115はデータ並列アルゴリズムの実行をサポートする。本発明の一実施形態によれば、各GPU115は2つの仮想現実の視界を提供可能な2つのビデオ出力118及び119を提供する。ビデオ出力のうちの2つをFMDD140に送って溶接士の視点をレンダリングし、第3のビデオ出力をODD150に送って、例えば溶接士の視点又は他の視点のいずれかをレンダリングしてもよい。残りの第4のビデオ出力は、例えばプロジェクタに送られ得る。双方のGPU115は同じ溶接物演算(welding physics computations)を行うが、同じ又は異なる視点からの仮想現実環境をレンダリングし得る。GPU115はCUDA(compute unified device architecture)116及びシェーダー117を含む。CUDA116はGPU115の計算エンジンであり、業界標準プログラミング言語によりソフトウェア開発者利用可能である。CUDA116は並列コアを含み、本明細書に記載の溶接パドルシミュレーションの物理モデルを実行するのに用いられる。CPU111はGPU115のCUDA116にリアルタイムの溶接入力データを提供する。シェーダー117は、シミュレーションの視覚面(visuals)の全ての描画及び適用を担う。ビード及びパドルの視覚面は、本明細書において後で説明する溶接ピクセル変位マップ(wexel displacement map)の状態により決定される。本発明の一実施形態によれば、物理モデルは毎秒約30回の頻度で実行及び更新される。

0034

図12は、図1のシステム100の機能ブロック図の例示的な実施形態を示す。図12に示すシステム100の様々な機能ブロックの大部分はソフトウェア命令及びPPS110で動作するモジュールにより実行される。システム100の様々な機能ブロックは、物理的インターフェイス1201、トーチ及びクランプモデル1202、環境モデル1203、サウンドコンテンツ機能1204、溶接音1205、スタンド/テーブルモデル1206、内部アーキテクチャ機能1207、較正機能1208、クーポンモデル1210、溶接物理特性1211、内部物理特性調節ツールツイーカー)1212、グラフィカルユーザーインターフェイス機能1213、グラフ機能1214、生徒レポート機能1215、レンダラー1216、ビードレンダリング1217、3Dテクスチャ1218、視覚キュー機能1219、スコア及び許容値機能1220、許容値エディター1221及び特殊効果1222を含む。

0035

内部アーキテクチャ機能1207は、例えばファイルをロードすること、情報を保持すること、スレッドを管理すること、物理モデルをオンにすること及びメニューを提供することを含むシステム100のプロセスの高次ソフトウェアロジスティクスを提供する。本発明の一実施形態によれば、内部アーキテクチャ機能1207はCPU111上で動作する。PPS110への特定のリアルタイム入力は、アークの場所、ガンの位置、FMDD又はヘルメットの位置、ガンのオン/オフ状態及び接触状態(Y/N)を含む。

0036

グラフィカルユーザーインターフェイス機能1213は、ユーザーが物理的インターフェイス130のジョイスティック132を用いODD150を通じて溶接シナリオをセットアップできるようにする。本発明の一実施形態によれば、溶接シナリオのセットアップは、言語の選択、ユーザー名の入力、練習するプレート(即ち、溶接クーポン)の選択、溶接プロセス(例えば、FCAW、GMAW、SMAW)の選択及び関連する軸方向噴霧、パルス若しくはショートアーク法の選択、ガスの種類及び流速の選択、溶接棒の種類(例えば6010又は7018)の選択並びにフラックスコアードワイヤ(例えばセルフシールド、ガスシールド)の種類の選択を含む。溶接シナリオのセットアップは、T/S170のテーブルの高さ、アームの高さ、アームの位置及びアームの回転を選択することも含む。溶接シナリオのセットアップは、環境(例えば仮想現実空間における背景環境)を選択すること、ワイヤ送給速度を設定すること、電圧レベルを設定すること、アンペア数を設定すること、極性を選択すること及び特定の視覚キューをオン又はオフにすることをさらに含む。

0037

模擬溶接シナリオの間、グラフ機能1214はユーザーのパフォーマンスパラメータ収集し、そのユーザーのパフォーマンスパラメータを(例えばODD150上で)グラフィカルな形式で表示するためにグラフィカルユーザーインターフェイス1213に提供する。ST120からの追跡情報はグラフ機能1214に供給される。グラフ機能1214は簡易分析モジュール(SAM)及びホイップウィーブ(whip/weave)分析モジュール(WWAM)を含む。SAMは、溶接トラベル角、移動速度、溶接角度、位置及びノズル高さを含むユーザーの溶接パラメータをビードテーブルに格納されたデータと比較することによりユーザーの溶接パラメータを分析する。WWAMは、ビードの間隔、ホイップ時間及びパドル時間を含むユーザーのホイッピングパラメータを分析する。WWAMは、ウィーブの幅、ウィーブの間隔及びウィーブタイミングを含むユーザーのウィービングパラメータも分析する。SAM及びWWAMは生入力データ(例えば、位置及び向きデータ)をグラフ化のために機能的に使用可能なデータに変換する。SAM及びWWAMにより解析された各パラメータのために、許容値エディター1221を用いてビードテーブルに入力された最適な又は理想的な設定点の周囲のパラメータ制限値(parameter limits)により許容値ウィンドウが規定される。

0038

許容値エディター1221は材料の使用量、電気使用量及び溶接時間概算するウェルドメーター(weldometer)を含む。さらに、特定のパラメータが許容範囲外れると溶接不連続(即ち溶接欠陥)が生じ得る。溶接不連続の状態はグラフ機能1214によって処理され、グラフィカルユーザーインターフェイス機能1213によりグラフィカルな形式で提示される。そのような溶接不連続は、不適切な溶接サイズ、悪いビード配置、凹状ビード、過剰な凸性、アンダーカット、ポロシティ、不完全な融合、スラグの含有、余盛、焼け落ち及び過剰なスパッタを含む。本発明の一実施形態によれば、不連続のレベル又は量は特定のパラメータが最適又は理想の設定点からどれだけ離れているかに依存する。

0039

例えば、溶接初心者、溶接熟達者及び見本市の出席者等の様々なタイプのユーザーのために別のパラメータ制限値を予め規定してもよい。スコア及び許容値機能1220は、特定のパラメータについてユーザーがどれだけ最適(理想)に近いかに応じて、また溶接部が呈する不連続又は欠陥のレベルに応じて得点を提供する。最適値は現実世界のデータから得られる。スコア及び許容値機能1220からの情報及びグラフ機能1214からの情報が生徒レポート機能1215によって用いられてインストラクター及び/又は生徒のパフォーマンスレポートが作成され得る。

0040

システム100は、仮想溶接作業の結果を分析及び表示することができる。結果を分析するとは、システム100が、溶接パスの間の何時、そして溶接継手沿いの何処でユーザーが溶接プロセスの許容可限度から逸れたかを求めることができることを意味する。得点はユーザーのパフォーマンスに起因し得る。一実施形態では、そのような得点は、理想的な溶接パスから最低限又は許容不可な溶接作業に広がり得る許容値の範囲に亘る疑似溶接工具160の位置、向き及び速度の逸脱の関数であり得る。範囲の勾配をシステム100に組み込んでユーザーのパフォーマンスの採点のために選択してもよい。得点は数字又は英数字で表示され得る。それに加えて、ユーザーのパフォーマンスをグラフィカルに表示し、時間的に及び/又は溶接継手沿いの位置においてどれ位近く疑似溶接工具が溶接継手を横断できたかを示してもよい。トラベル角、作業角度、速度及び溶接継手からの距離等のパラメータは計測され得るものの例であり、採点目的のために任意のパラメータを分析してもよい。パラメータの許容値の範囲は現実世界の溶接データから採られているため、現実世界でのユーザーのパフォーマンスについての正確なフィードバックが提供される。他の実施形態では、ユーザーのパフォーマンスに対応する欠陥の分析も組み込まれ、ODD150に表示され得る。この実施形態では、仮想溶接活動の間に観察した様々なパラメータの測定により、どのような種類の不連続ができたかを示すグラフが描画される。ODD150上で閉塞見えないものの、ユーザーのパフォーマンスの結果として欠陥が起こることがあり、その結果が対応して表示され得る、即ちグラフ化され得る。

0041

視覚キュー機能1219は、FMDD140及び/又はODD150に重ね合わせた色及びインジケータを表示することでユーザーに即時フィードバックを提供する。位置、ノズル高さ、溶接角度、トラベル角、移動速度及びアークの長さ(例えばアーク溶接の場合)を含む溶接パラメータ151のそれぞれのために視覚キューが提供され、ユーザーの溶接テクニックのある点を予め規定された限度又は許容値に基づき調節すべき場合にユーザーに視覚的に示す。例えば、ホイップ/ウィーブテクニック及び溶接ビードの「ダイム」間隔のためにも視覚キューが提供され得る。視覚キューは独立して又は任意の所望の組み合せで設定してもよい。

0042

較正機能1208は、現実世界の空間(3D参照枠)における物理的コンポーネントを仮想現実空間におけるビジュアルコンポーネントと一致させる機能を提供する。様々な種類の溶接クーポン(WC)のそれぞれは、WCをT/S170のアーム173に取り付け、ST120に作動的に接続された較正用スタイラスでWCの所定の点(例えば、WC上に3つの窪みにより示される)を触ることにより工場で較正される。ST120は所定の点における磁界強度を測定し、PPS110に位置情報を提供する。そして、PPS110はその位置情報を用いて較正を行う(即ち、現実世界空間から仮想現実空間への変換)。

0043

どの特定種類のWCも非常に厳格な許容値の範囲内で同じように繰り返し可能にT/S170のアーム173に適合する。そのため、特定種類のWCを一度較正すれば、その種類のWCを再度較正する必要がない(即ち、特定種類のWCの較正は一度きりである)。同じ種類のWCは交換可能である。較正により、溶接プロセスの間にユーザーが知覚した物理的フィードバックが仮想現実空間においてユーザーに表示されているものと確かに一致し、シミュレーションをより本物のように感じさせる。例えば、ユーザーがMWT160の先端を実物のWC180の角部の周りでスライドさせると、ユーザーは実際の角部の周りで先端がスライドすることを感じるため、ユーザーは仮想WCの角部の周りで先端がスライドするのをFMDD140上で見る。本発明の一実施形態によれば、MWT160は事前に配置されたジグ内に設置され、既知のジグ位置に基づいて較正される。

0044

本発明の代替的な実施形態によれば、例えばクーポンの角部にセンサを有する「スマート」クーポンが設けられる。システム100が現実世界の3D空間のどこに「スマート」クーポンがあるかを継続的に知ることができるように、ST120は「スマート」クーポンの角部を追跡することができる。本発明のさらに代替的な実施形態によれば、溶接クーポンを「アンロック」するためにライセンスキーが提供される。特定のWCを購入した場合にライセンスキーが提供され、ユーザーはそのライセンスキーをシステム100に入力してそのWCに関連するソフトウェアをアンロックできる。本発明の他の実施形態によれば、現実世界のCAD部品図面に基づいて特別な非標準の溶接クーポンが提供され得る。ユーザーは、部品が現実世界で実際に作られるよりも前にCAD部品で溶接を訓練をすることができる。

0045

サウンドコンテンツ機能1204及び溶接音1205は、特定の溶接パラメータが許容範囲内にあるか又は範囲の外にあるかに応じて変化する特定種類の溶接音を提供する。音は様々な溶接プロセス及びパラメータに合わせられている。例えば、MIスプレーアーク溶接プロセスでは、ユーザーがMWT160を正しく配置していない場合にパチパチ音(crackling sound)が提供され、MWT160を正しく配置している場合にはスースー音(hissing sound)が提供される。ショートアーク溶接プロセスでは、溶接テクニックが適切である場合は一定のパチパチ音又はフライ音が提供され、アンダーカットが起きている場合はスースー音が提供され得る。これらの音は正しい溶接テクニック及び誤った溶接テクニックに対応する現実世界の音を模倣したものである。

0046

本発明の様々な実施形態によれば、様々な電気的及び機械的手段を使った実際の溶接の現実世界での録音から高忠実度のサウンドコンテンツを採ってもよい。本発明の一実施形態によれば、MWT160とWC180との間の模擬アークに対するユーザーの頭の位置、向き及び距離(ST120によって追跡されるFMDD140をユーザーが装着しているものと仮定する)に応じて知覚される音の音量及び指向性が変更される。音は、例えばFMDD140のイヤホン型スピーカー910を通じて又はコンソール135又はT/S170において構成されたスピーカーを通じてユーザーに提供され得る。

0047

環境モデル1203は、仮想現実空間において様々な背景シーン静止画及び動画シーン)を提供するために設けられている。そのような背景環境は、例えば室内溶接工場屋外レース場ガレージ等を含み、移動する車、人、及び様々な環境音を含み得る。本発明の一実施形態によれば、背景環境は双方向性であり得る。例えば、ユーザーは溶接を始める前に背景領域を調査してその環境が溶接に適していること(例えば安全であること)を確実にする必要があり得る。ガン、溶接棒を備えたホルダー等を含む様々なMWT160を仮想現実空間でモデル化するトーチ及びクランプモデル1202が設けられている。

0048

平板クーポン、T継手クーポン、突き合わせ継手クーポン、開先溶接クーポン及びパイプクーポン(例えば、直径2インチのパイプと直径6インチのパイプ)等を含む様々なWC180を仮想現実空間でモデル化するクーポンモデル1210が設けられている。調節可能なテーブル171、スタンド172、調節可能アーム173及び垂直ポスト174を含むT/S170の様々なパーツを仮想現実空間においてモデル化するスタンド/テーブルモデル1206が設けられている。溶接ユーザーインターフェイス130、コンソール135及びODD150の様々なパーツを仮想現実空間においてモデル化する物理的インターフェイスモデル1201が設けられている。

0049

本発明の一実施形態によれば、仮想現実空間における溶接パドル又は溶融池のシミュレーションが実現され、シミュレートされた溶融パドルはリアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する。溶融パドルのシミュレーションの中心は溶接物理特性機能1211(物理モデルとしても知られている)であり、本発明の一実施形態によればGPU115上で動作する。溶接物理特性機能は、動的な流動性粘性固体性熱勾配(熱吸収及び熱放散)、パドル跡(puddle wake)及びビードの形状を正確にモデル化するために二重変位層法(double displacement layer technique)を用い、該方法を図14A〜図14Cに関連して本明細書でより詳細に説明する。

0050

溶接物理特性機能1211はビードレンダリング機能1217と通信を行い、加熱溶融状態から冷却凝固状態までの全ての状態の溶接ビードをレンダリングする。ビードレンダリング機能1217は溶接物理特性機能1211からの情報(例えば、熱、流動性、変位、ビード間隔)を用いて、仮想空間において溶接ビードを正確且つ本物のようにリアルタイムでレンダリングする。3Dテクスチャ機能1218は、付加的なテクスチャ(例えば、焼け焦げ、スラグ、粒子)をシミュレートした溶接ビードに重ねるためにビードレンダリング機能1217にテクスチャマップを提供する。例えば、溶接プロセスの間及び溶接プロセスの直後に溶接ビード上にレンダリングされたスラグを表示し、その後にスラグの下の溶接ビードを示すために取り除かれる。レンダリング機能1216は、特殊効果モジュール1222からの情報を用いて火花、スパッタ、煙、アークの光、ヒューム及びガス並びに例えばアンダーカットやポロシティ等の特定の非連続を含む非パドルの様々な特定の特徴をレンダリングするのに用いられる。

0051

内部物理特性調節ツール1212は、様々な溶接プロセスのために様々な溶接物理パラメータを規定、更新及び変更することを可能にする調節ツールである。本発明の一実施形態によれば、内部物理溶接ツール1212はCPU111上で動作し、調節又は更新されたパラメータがGPU115にダウンロードされる。内部物理特性調節ツール1212により調節され得るパラメータの種類としては、溶接クーポンに関するパラメータ、溶接クーポンをリセットすることなくプロセスの変更を可能にするプロセスパラメータ(第2のパスを行うことを可能にする)、シミュレーション全体をリセットすることなく変更可能な様々な包括的パラメータ及び他の様々なパラメータが挙げられる。

0052

図13は、図1の仮想現実訓練システム100を用いた訓練方法1300の実施形態のフローチャートである。ステップ1310では、溶接技術に従って、溶接クーポンに対して疑似溶接工具を動かす。ステップ1320では、仮想現実システムを用いて3次元空間における疑似溶接工具の位置及び向きを追跡する。ステップ1330では、模擬疑似溶接工具が、該模擬疑似溶接工具から放出される模擬アークの近傍に模擬溶接パドルを形成することにより模擬溶接クーポンの少なくとも1つの模擬面に模擬溶接ビード材を溶着するときに仮想現実空間における疑似溶接工具及び溶接クーポンのリアルタイム仮想現実シミュレーションを示す仮想現実溶接システムの表示を見る。ステップ1340では、模擬溶接パドルのリアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性をディスプレイ上で見る。ステップ1350では、模擬溶接パドルのリアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を見たことに対応して溶接技術の少なくとも1つの側面をリアルタイムで変更する。

0053

方法1300は、どのようにしてユーザーは仮想現実空間において溶接パドルを見て、リアルタイムの溶融金属流動性(例えば粘性)及び熱放散を含むシミュレートされた溶接パドルの様々な特性を見たことに対応してユーザーの溶接技術を変更できるかを示す。ユーザーは、リアルタイムのパドル跡及びビード間隔を含む他の特性を見て、それらに対応してもよい。溶接パドルの特性を見ること及び反応することは、現実世界のほとんどの溶接作業で実際に行われる。GPU115上で動作する溶接物理特性機能1211の二重変位層モデリングは、そのようなリアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を正確にモデル化しユーザーに示すことを可能にする。例えば、熱放散は凝固時間を決定する(即ち、溶接要素が完全に凝固するのに要する時間)。

0054

さらに、ユーザーは、同じ又は異なる(例えば第2の)疑似溶接工具及び/又は溶接プロセスを用いて溶接ビード材の上に第2のパスを形成し得る。そのような第2のパスのシナリオでは、シミュレーションは、模擬疑似溶接工具、溶接クーポン及び元の模擬溶接ビード材を仮想現実環境において示し、模擬疑似溶接工具が、その模擬疑似溶接工具から放出される模擬アークの近傍に第2の模擬溶接パドルを形成することにより、第1の模擬溶接ビード材と合体する第2の模擬溶接ビードを溶着する。同様に、同じ若しくは異なる溶接工具又はプロセスを用いて追加の後続のパスを作ってよい。本発明の特定の実施形態によれば、第2の又は後続のパスでは、前の溶接ビード材、新たな溶接ビード材及び場合によってはその下のクーポン材料の組み合せから新たな溶接パドルが仮想現実空間において形成されるため、前の溶接ビード材が溶着される新たな溶接ビード材と合体する。そのような後続のパスは、例えば大きな隅肉を作るために又は開先溶接のために必要であり得るか、前のパスで形成された溶接ビードを修理するために行われ得るか又はパイプ溶接で行われるようにルートパス後にホットパス及び1つ以上のフィルパス及びキャップパスを含み得る。本発明の様々な実施形態によれば、溶接ビード及びベース材料軟鋼ステンレススチールアルミニウムニッケルベース合金又は他の材料を含み得る。

0055

図14A及び図14Bは、本発明の一実施形態に係る溶接要素(溶接ピクセル)変位マップ1420の概念を示す。図14A平らな上面1410を有する平らな溶接クーポン(WC)1400の側面図を示す。溶接クーポン1400は、現実世界では、例えば、プラスチック部品として存在し、また仮想現実空間ではシミュレートされた溶接クーポンとして存在する。図14Bは、溶接ピクセルマップ1420を形成する溶接要素(即ち、溶接ピクセル)のグリッド又はアレイに分割された模擬WC1400の上面1410の表示を示す。各溶接ピクセル(例えば、溶接ピクセル1421)は溶接クーポンの上面1410の小さい部分を規定する。溶接ピクセルマップは表面解像度を規定する。可変チャンネルパラメータ値が各溶接ピクセルに割り当てられ、各溶接ピクセルの値を、模擬溶接プロセスの間に仮想現実溶接空間において動的にリアルタイムに変化することができる。可変チャンネルパラメータ値は、パドル(Puddle)(溶融金属の流動性/粘性変位)、熱(Heat)(熱吸収/熱放散)、変位(Displacement)(固体変位)及びエキストラ(Extra)(例えば、スラグ、粒子、焼け焦げ、新地金等の様々なさらな凝固状態)というチャンネルに対応する。本明細書では、これらの可変チャンネルを、パドル、熱、エキストラ及び変位の頭文字をとってPHEDと呼ぶ。

0056

図15は、図1のシステム100でシミュレートした図14の平らな溶接クーポン(WC)1400のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。ポイントO、X、Y及びZは、ローカル3Dクーポン空間を定める。一般に、各クーポンの種類は、3Dクーポン空間から2D仮想現実溶接空間へのマッピングを定める。図14の溶接ピクセルマップ1420は、仮想現実の溶接空間にマッピングするための値の2次元のアレイである。ユーザーは、図15に示すようにポイントBからポイントEまで溶接するものとする。ポイントBからポイントEへの軌跡線は、図15の3Dクーポン空間及び2D溶接空間の両方に示される。

0057

クーポンの各種類は、溶接ピクセルマップにおける各場所の変位の方向を定める。図15の平らな溶接クーポンの場合、変位の方向は溶接ピクセルマップの全ての場所において同じである(即ちZ方向)。マッピングを明らかにするために、溶接ピクセルマップのテクスチャ座標を3Dクーポン空間及び2D溶接空間の両方でS、T(時々U、Vと呼ぶ)として示す。溶接ピクセルマップは、溶接クーポン1400の長方形面1410にマッピングされるとともに溶接クーポン1400の長方形面1410を示す。

0058

図16は、図1のシステム100でシミュレートした角(T継手)溶接クーポン(WC)1600のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。角WC1600は3Dクーポン空間に2つの面1610及び1620を有し、それらは図16に示すように2D溶接空間にマッピングされる。この場合もまた、ポイントO、X、Y及びZはローカル3Dクーポン空間を定める。マッピングを明らかにするために、溶接ピクセルマップのテクスチャ座標を3Dクーポン空間及び2D溶接空間の双方でS、Tとして示す。ユーザーは、図16に示すようにポイントBからポイントEに溶接することになる。ポイントBからポイントEへの軌跡線は、図16の3Dクーポン空間及び2D溶接空間の両方に示される。しかしながら、変位の方向は、3Dクーポン空間に示されるように線X’−O’に向かい、図16に示すように反対側の角を向かう。

0059

図17は、図1のシステム100でシミュレートしたパイプ溶接クーポン(WC)1700のクーポン空間及び溶接空間の例示的な実施形態を示す。パイプWC1700は3Dクーポン空間に曲面1710を有し、これは図17に示すように2D溶接空間にマッピングされる。この場合もまた、ポイントO、X、Y及びZは、ローカル3Dクーポン空間を定める。マッピングを明らかにするために、溶接ピクセルマップのテクスチャ座標を3Dクーポン空間及び2D溶接空間の双方でS、Tとして示す。ユーザーは、図17に示すように湾曲した軌跡に沿ってポイントBからポイントEまで溶接することになる。ポイントBからポイントEへの軌跡曲線及び線を、図17の3Dクーポン空間及び2D溶接空間のそれぞれに示す。変位の方向は、線Y−Oから遠ざかる(即ち、パイプの中心から遠ざかる)方向である。図18は、図17のパイプ溶接クーポン(WC)1700の例示的な実施形態を示す。パイプWC1700は、非鉄、非導電性のプラスチックで作られ、一体となってルート継手1703を形成する2つのパイプピース1701及び1702をシミュレートする。T/S170のアーム173に取り付けるためのアタッチメントピース1704も図示してある。

0060

幾何学形状の長方形の表面領域にテクスチャマップがマッピングされ得るのと同様の方法で、溶接可能な溶接ピクセルマップが、溶接クーポンの長方形表面にマッピングされ得る。溶接可能なマップの各要素は、ピクチャの各要素をピクセル(画素の短縮)と呼ぶのと同じ意味で溶接ピクセルと呼ぶ。ピクセルは、色(例えば、赤、緑、青、他)を定める情報のチャンネルを含む。溶接ピクセルは、仮想現実空間において溶接可能な面を定める情報のチャンネル(例えば、P、H、E、D)を含む。

0061

本発明の一実施形態によれば、溶接ピクセルのフォーマットは、4つの浮動小数点数を含むチャンネルPHED(パドル、熱、エキストラ、変位)として要約される。エキストラチャンネルは、例えば、溶接ピクセルの場所にスラグがあるかどうかといった溶接ピクセルに関する論理的情報を格納するビットのセットとして扱われる。パドルチャンネルは、溶接ピクセルの場所での任意の液状金属に関する変位値を格納する。変位チャンネルは、溶接ピクセルの場所での任意の凝固金属に関する変位値を格納する。熱チャンネルは、溶接ピクセルの場所での熱の大きさを与える値を格納する。このように、クーポンの溶接可能な部分は、溶接されたビードに起因する変位、液体金属に起因する揺らめく表面の「パドル」、熱に起因する色等、を示すことができる。これらの効果の全ては、溶接可能な表面に適用される頂点及びピクセルシェーダーによって実現される。

0062

本発明の一実施形態によれば、変位マップ及びパーティクルシステムが使用され、粒子は互いに相互作用し得るとともに変位マップと衝突し得る。粒子は仮想動的流体粒子であり、溶接パドルの液体挙動を提供するが、直接レンダリングされない(即ち、直接視覚的に見られない)。代わりに、変位マップに対する粒子の効果のみが視覚的に見られる。溶接ピクセルへの入熱は、近くの粒子の運動に影響を及ぼす。パドル及び変位を含む溶接パドルをシミュレートするのに関わる2つのタイプの変位がある。パドルは「一時的」であり、粒子及び熱が存在する間しか続かない。変位は「永久的」である。パドル変位は、急速に変化する(例えば、揺らめく)溶接の液体金属であり、変位の「上に」あると考えられ得る。粒子は、仮想表面変位マップ(即ち、溶接ピクセルマップ)の一部を重なる。変位は、最初のベース金属及び凝固した溶接ビードの両方を含む永久的な固体金属を表す。

0063

本発明の一実施形態によれば、仮想現実空間でシミュレートされた溶接プロセスは次のように動く:粒子が細い円錐エミッタ(シミュレートされたMWT160のエミッタ)から流れる。粒子は、溶接ピクセルマップによって定められる表面であるシミュレートされた溶接クーポンの表面と最初の接触をする。粒子は、互いに及び溶接ピクセルマップと相互作用し、リアルタイムで増大する。溶接ピクセルがエミッタに近いほど多くの熱が加えられる。熱は、アークポイントからの距離及びアークから入力される熱の時間の量に依存してモデル化される。いくつかのビジュアル(例えば、色等)が熱によって駆動される。溶接パドルが、十分な熱を有する溶接ピクセルに対して仮想現実空間で描画されるか又はレンダリングされる。十分熱いところはどこでも、溶接ピクセルマップが液体になり、パドル変位をこれらの溶接ピクセルの場所に対して「上げ」させる。パドル変位は、各溶接ピクセルの場所における「最高」の粒子をサンプリングすることによって決定される。エミッタが溶接軌跡に沿って動くとき、残された溶接ピクセルの場所は冷える。熱は特定の速度で溶接ピクセルの場所から除去される。冷却閾値に達すると、溶接ピクセルマップは凝固する。このように、パドル変位は、変位(即ち凝固したビード)に徐々に変換される。追加される変位は、全高が変化しないように除去されるパドルと等しい。粒子の寿命は、凝固が完了するまで存続するように微調整又は調節される。システム100でモデル化される幾つかの粒子の特性は、引力/斥力、速度(熱に関連する)、減衰放熱に関連する)、方向(重力に関連する)を含む。

0064

図19A図19Cは、図1のシステム100の二重変位(変位及び粒子)パドルモデルの概念の例示的な実施形態を示す。溶接クーポンは、少なくとも1つの面を有して仮想現実空間でシミュレートされる。溶接クーポンの面は、固体変位層及びパドル変位層を含む二重変位層として仮想現実空間でシミュレートされる。パドル変位層は、固体変位層を変更することができる。

0065

本明細書に記載の「パドル」は、パドル値が粒子の存在によって上げられている溶接ピクセルマップの領域によって定められる。サンプリングプロセスを図19A図19Cに表す。溶接ピクセルマップの部分が、7つの隣接する溶接ピクセルを有して示される。現在の変位値は、所定の高さ(即ち、各溶接ピクセルに対する所定の変位)の陰影のない長方形の棒1910によって表される。図19Aでは、粒子1920を、現在の変位レベルと衝突し積み重ねられた丸い陰影のない点として示される。図19Bでは、「最も高い」粒子高さ1930が各溶接ピクセルの場所でサンプリングされる。図19Cでは、陰影付き長方形1940が、どれくらいのパドルが粒子の結果として変位の上部に加えられたかを示す。溶接パドル高さは、パドルが熱に基づいて特定の液化速度で加えられるので、サンプリングされた値に即座に設定されない。図19A図19Cに図示していないが、パドル(陰影付き長方形)が徐々に縮むとともに変位(陰影のない長方形)が正確にパドルに代わるように下から徐々に伸びるので、凝固プロセス可視化することが可能である。このように、リアルタイムの溶融金属の流動性が正確にシミュレートされる。ユーザーが特定の溶接プロセスを練習するとき、ユーザーは仮想現実空間で溶接パドルの溶融金属の流動性及び熱放散特性をリアルタイムに観察できるとともに、この情報をユーザーの溶接技術の調節又は維持に用いることができる。

0066

溶接クーポンの面を表す溶接ピクセルの数は固定されている。さらに、流動性をモデル化するためにシミュレーションによって生成されるパドル粒子は本明細書で説明したように一時的である。従って、システム100を用いてシミュレートされた溶接プロセスの間に初期パドルが仮想現実空間に一度生成されると、溶接ピクセル及びパドル粒子の数は比較的一定のままの傾向がある。これは、処理されている溶接ピクセルの数が固定され、パドル粒子は同様の割合で作られるとともに「破壊される」(即ち、パドル粒子は一時的である)ため溶接プロセスの間に存在するとともに処理されているパドル粒子の数は比較的一定のままの傾向があるためである。従って、PPS110の処理負荷は、シミュレートされる溶接セッションの間比較的一定のままである。

0067

本発明の代替的な実施形態によれば、パドル粒子は溶接クーポンの表面内又は同表面の下で生成され得る。そのような実施形態では、変位は、未加工(即ち溶接されていない)クーポンの元の表面の変位に対して正又は負であるようにモデル化され得る。このように、パドル粒子は溶接クーポンの表面に蓄積し得るだけでなく、溶接クーポンを貫通もし得る。しかしながら、溶接ピクセルの数は依然として固定され、作られるとともに破壊されるパドル粒子は依然として比較的一定である。

0068

本発明の代替的な実施形態によれば、粒子をモデル化する代わりに、パドルの流動性をモデル化するためにより多くのチャンネルを有する、溶接ピクセル変位マップが提供され得る。あるいは、粒子をモデル化する代わりに、高密度ボクセルマップがモデル化され得る。あるいは、溶接ピクセルマップをモデル化する代わりに、サンプリングされるとともに決して消えない粒子のみがモデル化され得る。しかしながら、そのような代替的な実施形態はシステムに対して比較的一定の処理負荷を提供しない場合がある。

0069

さらに、本発明の一実施形態によれば、吹き抜け又はキーホールが材料を取り除くことによってシミュレートされる。例えば、ユーザーがアークを同じ場所であまりにも長い間保持すると、現実世界では材料が燃え尽きて穴ができる。このような現実世界での吹き抜けが溶接ピクセルデシメーションテクニックによってシステム100でシミュレートされる。溶接ピクセルによって吸収される熱の量が高過ぎるとシステム100が判断すると、その溶接ピクセルは、燃え尽きているとしてフラグが付されるか又は指定され得るとともに、そのようにレンダリングされる(例えば穴としてレンダリングされる)。しかしながら、その後に、ある溶接プロセス(例えばパイプ溶接)の場合には溶接ピクセル再構成が発生し、その場合は材料が最初に燃え尽きた後に追加されて戻される。一般に、システム100は、溶接ピクセルデシメーション(材料を取り除く)及び溶接ピクセル再構成(即ち、材料を追加して戻す)をシミュレートする。さらに、ルートパス溶接における材料の除去がシステム100において適切にシミュレートされる。

0070

さらに、ルートパス溶接における材料の除去がシステム100において適切にシミュレートされる。例えば、現実世界では、ルートパスの研磨がその後の溶接パスの前に実行され得る。同様に、システム100は、仮想溶接継手から材料を除去する研磨パスをシミュレートし得る。除去される材料は溶接ピクセルマップの負の変位としてモデル化され得ることが理解される。即ち、研磨パスは、システム100によってモデル化される材料を除去し、変更されたビード輪郭をもたらす。研磨パスのシミュレーションは自動的であり得る。即ち、システム100は材料の所定の厚さを除去し、これはルートパス溶接ビードの表面にあり得る。

0071

代替的な実施形態では、疑似溶接工具160又は他の入力装置の作動によりオン及びオフされる実際の研磨ツール又はグラインダがシミュレートされ得る。なお、研磨ツールは現実世界のグラインダに類似するようにシミュレートされ得る。この実施形態では、ユーザーはルートパスに沿って研磨ツールを操作し、その動きに応じて材料が除去される。ユーザーは過度に材料を除去することが許容され得ることが分かる。上述したのと同様の方法で、ユーザーが過度に材料を研磨すると穴又は(上述した)他の欠陥が生じ得る。それでも、ユーザーが過度に材料を除去することを防ぐために又は過度に材料が除去されるとそのことを示すためにハードリミット又はストップ実装、即ちプログラムされ得る。

0072

本発明の一実施形態によれば、本明細書で説明した不可視の「パドル」粒子に加えて、システム100はアーク、火炎及び火花効果を表現するために3つの他の種類の可視粒子も使用する。これらの種類の粒子はいずれの種類の他の粒子と相互に作用しないが、変位マップのみと相互に作用する。これらの粒子はシミュレートされた溶接面と衝突するが、それらは互いに相互に作用しない。本発明の一実施形態によれば、パドル粒子のみが互いに相互に作用する。火花粒子の物理特性は、火花粒子が飛び回るとともに仮想現実空間において輝く点としてレンダリングされるように設定される。

0073

アーク粒子の物理特性は、アーク粒子がシミュレートされたクーポン又は溶接ビードの表面に当たってしばらく留まるように設定される。アーク粒子は、仮想現実空間において薄暗く青白い大きなスポットとしてレンダリングされる。任意の種類の視覚映像を形成するには多くのそのようなスポットを重ね合わせる必要がある。最終結果は、青い端部を持つ白く輝く光輪である。

0074

火炎粒子の物理特性は上方にゆっくり上がるようにモデル化される。火炎粒子は、薄暗い黄赤色中間サイズのスポットとしてレンダリングされる。任意の種類の視覚映像を形成するには多くのそのようなスポットを重ね合わせる必要がある。最終結果は、赤色の端部が上方に上がるとともに次第に消えるぼんやりした橙赤色の炎である。本発明の一実施形態によれば、他の種類の非パドル粒子がシステム100に実装され得る。例えば、煙粒子が炎粒子と同様の方法でモデル化されるとともにシミュレートされ得る。

0075

シミュレートされた可視化の最終ステップは、GPU115のシェーダー117によって提供される頂点及びピクセルシェーダーによって扱われる。頂点及びピクセルシェーダーは、パドル及び変位、並びに熱に起因して変更される表面の色及び反射率等を適用する。本明細書で前に解説したPHED溶接ピクセルフォーマットのエキストラチャンネルは、溶接ピクセル毎に使用されるエキストラ情報の全てを含む。本発明の一実施形態によれば、エキストラ情報は非未加工ビット(真=ビード、=未加工スチール)、スラグビット、アンダーカット値(その溶接ピクセルにおけるアンダーカットの量であり、ゼロはアンダーカットが無いことに等しい)、ポロシティ値(その溶接ピクセルにおけるポロシティの量であり、ゼロはポロシティが無いことに等しい)及びビードが凝固する時間をエンコードするビード跡値を含む。未加工スチール、スラグ、ビード及びポロシティを含む様々なクーポン映像に関連する一連画像マップがある。これらの画像マップはバンプマッピング及びテクスチャマッピングの両方に使用される。これらの画像マップのブレンディングの量は、本明細書で説明した様々なフラグ及び値によって制御される。

0076

ビード跡効果は、1D画像マップ及び所定のビード片が凝固する時間をエンコードする溶接ピクセル毎のビード跡値を使用して実現される。熱いパドル溶接ピクセルの場所がもはや「パドル」と呼ぶには十分熱くなくなると、時間がその場所において保存され「ビード跡」と呼ばれる。最終結果は、シェーダーコードが1Dテクスチャマップを使ってビードが置かれた方向を表現する独特の外観をビードに与える「さざ波」を描くことができる。本発明の代替的な実施形態によれば、システム100は、シミュレートされた溶接パドルが溶接軌跡に沿って動かされることによるシミュレートされた溶接パドルのリアルタイムの流動状態から凝結への移行に起因するリアルタイム溶接ビード跡特性を有する溶接ビードを仮想現実空間でシミュレートすることができるとともに表示することができる。

0077

本発明の代替的な実施形態によれば、システム100は、ユーザーに溶接機故障修理法を教えることができる。例えば、システムのトラブルシューティングモードは、ユーザーが確かにシステムを正しくセットアップ(例えば、正しいガス流量、正しい電源コード接続、等)できるようにユーザーを訓練し得る。本発明の他の代替的な実施形態によれば、システム100は、溶接セッション(又は少なくとも溶接セッションの一部、例えば、Nフレーム)を記録及び再生することができる。ビデオのフレームをスクロールするためのトラックボールが設けられ、ユーザー又はインストラクターが溶接セッションを批評することができる。再生を選択可能な速度(例えば、フルスピード、半分の速度、1/4の速度)で提供することもできる。本発明の一実施形態によれば、分割スクリーン再生を提供することができ、2つの溶接セッションを、例えばODD150上で並べて見ることができる。例えば、「良い」溶接セッションが、比較目的で「悪い」溶接セッションの隣で見られ得る。

0078

要約すると、プログラマブルプロセッサベースのサブシステムと、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された空間追跡装置と、該空間追跡装置が空間的に追跡可能な少なくとも1つの疑似溶接工具と、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された少なくとも1つのディスプレイ装置とを含むリアルタイム仮想現実溶接システムを開示する。当該システムは、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散特性を有する溶接パドルを仮想現実空間でシミュレートすることができる。当該システムはさらに、シミュレートした溶接パドルをディスプレイ装置上にリアルタイムで表示することができる。

0079

向上したユーザーエキスペリエン
一実施形態は仮想現実アーク溶接システムを提供する。当該システムは、プログラマブルプロセッサベースのサブシステムと、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステムに作動的に接続された空間追跡装置と、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び該空間追跡装置と無線通信するように構成された少なくとも1つのワイヤレス疑似溶接工具と、該プログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び該空間追跡装置と無線通信するように構成された少なくとも1つのワイヤレスフェイスマウントディスプレイ装置とを含む。ワイヤレス疑似溶接工具及びワイヤレスフェイスマウントディスプレイは、シミュレートされた溶接プロセスの間にシステムのユーザーに対してさらなる可動性及び柔軟性を提供し得る。上記のシステムは、リアルタイムの溶融金属流動性及び熱放散性を有する溶接パドルを仮想現実環境でシミュレートし、そのシミュレートした溶接パドルを少なくとも1つのワイヤレスフェイスマウントディスプレイ装置上にリアルタイムで表示するように構成されている。上記のシステムは、プログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び空間追跡装置に通信可能に有線接続された無線ハブ装置も含み得る。少なくとも1つのワイヤレス疑似溶接工具及び少なくとも1つのワイヤレスフェイスマウントディスプレイ装置のそれぞれは、無線ハブ装置を通じてプログラマブルプロセッサベースのサブシステム及び空間追跡装置と無線通信する。システムは、少なくとも1つの疑似溶接工具に取り付けられ、本物の溶接ケーブルの少なくとも重さ及び剛性をシミュレートするように構成された模擬溶接ケーブルをさらに含み得る。

0080

図20は、リアルタイム仮想現実環境でアーク溶接訓練を提供するシステム2000のシステムブロック図の第2の例示的な実施形態を示す。システム2000は図1のシステム100と同様である。しかしながら、一実施形態によれば、システム2000は、PPS110及びST120のそれぞれと通信するためにそれらに作動的に有線接続された無線ハブ装置2010を含む。無線ハブ装置2010は、システム2000の任意の完全にワイヤレスなコンポーネントがPPS110及び/又はST120と通信できるようにする。

0081

一実施形態によれば、図20のシステム2000では疑似溶接工具(MWT)160はワイヤレスであり、フェイスマウントディスプレイ装置(FMDD)140もワイヤレスであり、それぞれは無線ハブ装置2010を通じてPPS110及びST120と通信する。例えば、ガスタングステンアーク溶接のシミュレーション用の模擬溶接電流を制御するためのフットペダル装置等の、システムの他の任意の要素がワイヤレスであってもよい。代替的な実施形態によれば、無線ハブ装置2010が存在せず、その代わりにPPS110及びST120のそれぞれがワイヤレスFMDD140及び/又はワイヤレスMWT160と直接無線通信するように構成されている。本明細書で解説する無線通信は、例えばWiFi又はBluetooth(登録商標)等の無線周波数技術を含む様々な種類の無線技術のうちの任意のものを通じて実現され得る。様々な実施形態によれば、例えば、赤外線技術又は音響技術等の他の無線技術が用いられ得る。

0082

一実施形態によれば、疑似溶接工具はワイヤレスであるため、システム2000の他の部分に有線接続する必要がないが、本物の溶接ケーブルの重さ及び剛性をシミュレートするために模擬溶接ケーブル2020をワイヤレス疑似溶接工具に取り付けてもよい。このように、溶接の生徒は、そのような溶接ケーブルがないワイヤレス溶接工具の使い易さによって考え違いを起こさない。

0083

他の実施形態は仮想現実溶接システムの使用方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システムを用いて生成された溶接ビードを有する仮想溶接継手の画像を該仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程を含む。当該方法は、前記仮想現実溶接システムのユーザーインターフェイスを用いて前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法を横切るようにスクロールする工程と、前記スクロールに対応して、前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの連続した位置における前記仮想溶接継手の断面領域の画像を前記仮想現実溶接システムのディスプレイ装置上に表示する工程とをさらに含む。当該方法は、表示された断面領域の画像に対応する前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置を示す断面インジケータを前記仮想現実溶接システムの表示装置上に表示する工程も含み得る。当該方法は、前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置で前記スクロールを停止し、該位置における前記仮想溶接継手の断面領域の表示画像を観察する工程をさらに含み得る。前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法沿いの位置における前記仮想溶接継手の断面領域の表示画像は、前記仮想現実溶接システムによってシミュレートされた該位置における前記仮想溶接継手の溶接特性を示し得る。前記溶接特性は、例えば前記仮想現実溶接システムによってシミュレートされた仮想溶接クーポンへの仮想貫通並びに内部欠陥及び不連続を含み得る。当該方法は、前記仮想溶接継手の画像の長さ寸法を横切るように第1の位置と第2の位置との間を瞬時に自動的にループ移動し(automatically loopingin time)、ループ移動の間に前記第1の位置から前記第2の位置までの間の複数の規定位置のそれぞれにおける前記溶接継手の断面領域の画像を瞬時に連続して表示する工程も含み得る。

0084

図21は、仮想現実溶接システム(例えばシステム100)のディスプレイ装置に表示され得る、溶接ビードの外観を有する仮想溶接継手2100の表示画像を示す。一実施形態によれば、仮想溶接継手2100は仮想現実溶接システムを用いて生成され、3次元の仮想溶接継手2100を表す保存データとして仮想現実溶接システム内で表される。従って、仮想現実溶接システム内では、仮想溶接継手2100は外部及び内部特性の双方を有するものとして表される。

0085

外部特性は、例えば形状、色、スラグ、サイズ及び積み重ねた硬貨様の外観を含み得る。内部特性は、例えば仮想溶接クーポンへの貫通の量並びに3次元で適切に表される内部欠陥及び不連続を含み得る。仮想溶接継手2100の内部及び外部特性は、仮想溶接継手2100を作った仮想溶接プロセスの結果によるものであり、ユーザーの技量及び仮想現実溶接システムにおいてリアルタイムでシミュレートされたモデル化物理特性及び冶金学的特性を含む。

0086

一実施形態によれば、ユーザーはユーザーインターフェイス130又は150の一部(例えば、トラックボール、つまみ、ボタン、ジョイスティック又はユーザーの指をタッチスクリーンディスプレイ装置を横切るようにドラッグする)を使って、断面インジケータ2110を仮想溶接継手の表示画像の長さ寸法2120を横切するように一方又は他方の方向にスクロールさせ得る。図21では、断面インジケータ2110を、表示された仮想溶接継手2100と特定の位置で交差する表示された破線として図示している。

0087

仮想溶接継手2100の画像の長さ沿いにある断面インジケータ2110の位置に基づいて、仮想現実溶接システムは、その位置における仮想溶接継手2100の断面領域2130の画像を表示し、該画像は仮想溶接継手の内部特性を示す。ユーザーが断面インジケータ2110の位置を仮想溶接継手2100の画像の長さに沿って動かすと、その新たな位置に対応する別の断面領域の別の画像が表示される。一実施形態によれば、仮想溶接継手2100の長さ寸法2120に亘って、断面領域の等間隔の画像が規定数仮想現実溶接システムによって生成される。断面画像は仮想溶接継手2100が形成されたときに自動的に生成されるか又は仮想溶接継手2100の形成後にユーザーの命令によって生成され得る。

0088

このように、ユーザーは仮想溶接継手の画像の長さを横切るようにスクロールし、様々な位置における仮想溶接継手の内部特性を選択的に表示させてそれを観察できる。一例として、ユーザーは、仮想溶接継手のある部分と仮想溶接継手の別の部分について、両方の部分の外部特性には問題がないように見えものの、該ある部分の内部特性の方が該別の部分の内部特性よりもはるかによいことに気付き得る。そして、ユーザーは、溶接継手全体の内部特性を向上させるために自身の溶接技量の1つ以上の側面をどう変更すべきか探究し得る。

0089

図22は、仮想現実溶接システムのディスプレイ装置に表示され得る、溶接ビードの外観を有する図21の仮想溶接継手2100の表示画像を示す。一実施形態によれば、ユーザーは仮想現実溶接システムのユーザーインターフェイスを用いて、仮想溶接継手2100の画像の長さ寸法2120沿いに第1の位置「A」及び第2の位置「B」を指定し、断面インジケータ2110がそれらの間をループ移動(loop)し得る。さらに、仮想現実溶接システムは、仮想現実溶接継手2100の画像の長さ寸法2120を横切るように第1の位置「A」と第2の位置「B」との間を自動的に瞬時にループ移動するよう命令され、ループ移動の間に第1の位置「A」から第2の位置「B」までの間の複数の規定位置のそれぞれにおける仮想溶接継手2100の断面領域2130の画像を瞬時に連続して表示する。

0090

位置「A」と位置「B」との間の断面領域の規定位置及び対応する画像の数は仮想溶接システムの解像度及びデータ処理能力に依存する。例えば、一実施形態によれば、第1の位置「A」から第2の位置「B」には等間隔の規定位置が64存在し得る。その結果、仮想現実溶接システムは、仮想溶接継手2100の対応する断面領域に固有の64個の画像をループ移動し得る。一実施形態によれば、ユーザーは同様な形で断面領域を見るためにパイプの仮想溶接継手の円周寸法に沿ってスクロール及びループ移動し得る。ここでも、断面画像は仮想溶接継手2100が形成されたときに自動的に生成されるか又は仮想溶接継手2100の形成後に、例えばユーザーの命令により生成され得る。

0091

さらなる実施形態は、仮想現実溶接システムの使用方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システムを用いて仮想溶接ビードを有する仮想溶接継手を生成する工程を含む。該仮想溶接継手は該仮想現実溶接システム内で第1のデジタルデータセットとして表される。当該方法は、前記仮想現実溶接システム上で、前記第1のデジタルデータセットを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3Dデジタルモデルを生成する工程であって、該3Dデジタルモデルは3D印刷システムと動作互換性がある、工程をさらに含む。当該方法は、前記3Dデジタルモデルを前記3D印刷システムに転送する工程及び前記3D印刷システム上で、前記3Dデジタルモデルを用いて前記仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3D物理モデルを印刷する工程も含み得る。前記3D物理モデルは、プラスチック材料金属材料又はセラミック材料のうちの少なくとも1つでできていてもよい。前記仮想溶接継手は、前記仮想溶接ビードにより改変された仮想溶接クーポンを含み得る。前記3D印刷システムは前記仮想現実溶接システムと作動的通信を行い、前記3Dデジタルモデルの転送は該作動的通信によって実現され得る。前記仮想現実溶接システムと前記3D印刷システムとの間の作動的通信は、有線手段により又は少なくとも部分的に無線手段により行われ得る。

0092

図23は、3D印刷システム2350と作動的に通信する(in operative communication with)仮想現実溶接システム2300を示す。仮想現実溶接システム2300は図1のシステム100と同様である。しかしながら、システム2300は、仮想溶接継手の少なくとも一部を表す3Dデジタルモデル2310を生成し、その3Dデジタルモデル2310を(例えば、デジタルファイルの形式で)3D印刷システムに伝達するように構成されている。仮想溶接継手は先ず仮想現実溶接システム2300を用いて生成され、仮想現実溶接システム内(例えばメモリに記憶される)で第1のデジタルデータセットとして表される。第1のデジタルデータセットは、仮想溶接継手を生成する際に図1のシステム100によって生成されるデータと同じ種類のものを含む。しかしながら、システム100とは異なり、仮想現実溶接システム2300はさらに、第1のデジタルデータセットを処理して3Dデジタルモデル2310を生成するように構成されている。

0093

一実施形態によれば、3Dデジタルモデル2310は、例えばコンピュータ援用デザインCAD)モデルである。様々な他の実施形態によれば、他の種類の3Dデザインモデルも可能であり得る。一実施形態によれば、仮想現実溶接システム2300のPPS110は、第1のデジタルデータセットを読み、第1のデジタルデータセットを3Dデジタルモデル2310に変換するよう具体的にプログラムされた変換ソフトウェアモジュールを用いる。本明細書で使用の「3Dデジタルモデル」という用語は、3D印刷システム2300等のコンピュータベースの又はプロセッサベースの装置によって読まれ得るデジタル形式(例えば、コンピュータ可読媒体上に保存されるデジタル電子形式)のデータ及び/又は命令を意味する。3Dデジタルモデル2310が生成されると、モデル2310は3D印刷システム2350と互換性がある限り、3D印刷のために3D印刷システム2350に転送され得る。

0094

一実施形態によれば、仮想現実溶接システム2300は通信装置2320を含む。通信装置2320は仮想現実溶接システム2300のプログラマブルプロセッサベースのサブシステム110に作動的に接続され、デジタル通信でデータを伝送するための回路及び/又はソフトウェアの全てを提供する。例えば、通信装置2320はイサーネットポート及びイサーネット対応伝送回路を含み得る。他の例としては、通信装置2320は無線Bluetooth(登録商標)通信接続を提供し得る。あるいは、通信装置2320は、例えばコンピュータディスク又はフラッシュドライブデータ記憶装置等の非一時的コンピュータ可読媒体を受け入れて書き込みを行う装置であり得る。さらに代替的な実施形態として、通信装置2320はインターネットへの接続を提供するモデム装置であり得る。様々な実施形態によれば、他の種類の通信装置も可能である。一実施形態によれば、3D印刷システム2350は通信装置2320と動作互換性(operatively compatible)がある。

0095

図23を参照して、一実施形態によれば、3D印刷システム2350は市販のシステムであり、仮想現実溶接システム2300は3D印刷システム2350と互換性を持つように構成されている。3D印刷システムは、複数の層の材料物質構成面に噴霧するか又は移送すること(底層から始める)により物理モデル2355を印刷する。3D印刷システム2350は、3Dデジタルモデル2310を複数の水平層に効果的にスライスするために該モデルを処理する。完全な物理モデル2355が出現するまで、3D印刷システムは水平層を積み重ねて印刷する。図23に示すように、物理モデル2355は、仮想現実溶接システム2300を用いて仮想的に接合された2つの仮想パイプを含む仮想溶接継手に対応する。

0096

3D物理モデル2355は、3D印刷システム2350に応じて、例えばプラスチック材料、金属材料又はセラミック材料を含む多種多彩な材料のうちの任意のものから作られ得る。3D印刷プロセスの1種は、物理モデルの各層のために粒状物質をレーザーで加熱すること及びその粒状物質を凝固させることを含む。他の3D印刷プロセスは、自動グルーガンと同様に物質の層を堆積し、層を硬化させる手段として紫外光を使用し得る。

0097

一実施形態によれば、仮想現実溶接システム2300は、3Dデジタルモデルの仮想溶接継手の内外の双方を正確にモデル化するように構成されている。そのため、対応する3D物理モデルを印刷した後、ユーザーは破壊的に物理モデルを切開して(又は非破壊的に物理モデルの内部を撮像して)溶接継手の内部特性を見る。代替的な実施形態によれば、仮想溶接継手の外側のみが3Dデジタルモデルにおいて正確にモデル化される。そのような外側のみのモデル化は、3Dデジタルモデルを構成する情報の量を低減し、その結果(3Dデジタルモデルを生成するための)仮想現実溶接システム及び(3D物理モデルを印刷するための)3D印刷システムの双方の処理時間が短縮され得る。

0098

このように、仮想現実溶接システムのユーザーは、仮想現実溶接システム上でユーザーが生成した仮想溶接継手を表す物理溶接継手を生成し得る。ユーザーは仮想現実溶接を経験したことの記念にその物理溶接継手を家に持って帰ってもよい。

0099

他の実施形態は仮想現実溶接システムをオンライン溶接ゲームと結び付ける方法を提供する。当該方法は、仮想現実溶接システム上でのユーザーの仮想現実溶接の進展具合を追跡する工程と、前記仮想現実溶接システム上での前記ユーザーの仮想現実溶接の進展具合を表すユーザー統計の電子ファイルを生成する工程とを含む。当該方法は、外部通信インフラを通じて、前記仮想現実溶接システムからオンライン溶接ゲームを提供するサーバーコンピュータに前記電子ファイルを転送する工程をさらに含む。当該方法は、前記電子ファイルを読み込み、前記電子ファイル内のユーザー統計に基づいて前記オンライン溶接ゲームに関する前記ユーザーのゲームプロファイルを更新する前記オンライン溶接ゲームも含む。前記ユーザー統計は、前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが成功裏に行えた溶接プロセスの種類を表すデータ、前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが成功裏に習得できた溶接スキルの種類を表すデータ及び前記仮想現実溶接システム上で前記ユーザーが獲得した報酬ポイントであって、前記オンライン溶接ゲームを通じて交換される報酬ポイントを表すデータのうちの少なくとも1つを含み得る。前記ユーザーのゲームプロファイルは、前記オンライン溶接ゲームにおいて前記ユーザーが参加を認められている溶接プロジェクトの種類及び前記オンライン溶接ゲームにおいて前記ユーザーが行うことが認められている溶接プロセスの特定種類のうちの少なくとも1つを含む。当該方法は、前記ユーザーのユーザー統計を複数の他のユーザーと比較する工程と、該比較に基づいて前記ユーザー及び前記複数の他のユーザーを互いにランク付けする工程をさらに含み得る。

0100

図24は、仮想現実溶接システム2400の一実施形態を示す。仮想現実溶接システム2400は図1のシステム100と同様である。しかしながら、システム2400はさらに、仮想現実溶接システム2400上でのユーザーの仮想現実溶接の進展具合(progress)を追跡し、ユーザーの進展具合を表すユーザー統計(user statistics)の電子ファイル2420(図25参照)を生成するように構成されている。一実施形態によれば、PPS110は仮想現実溶接システム2400上でのユーザーの仮想現実溶接の進展具合を追跡して、ユーザーの進展具合を表すユーザー統計の電子ファイル2420を生成する。

0101

一実施形態によれば、仮想現実溶接システム2400は通信装置2410を含む。通信装置2410は、仮想溶接システム2400のプログラマブルプロセッサベースのサブシステム110に作動的に接続され、デジタル通信でデータを外部に伝送するための回路及び/又はソフトウェアの全てを提供する。例えば、通信装置2410はインターネットへの接続を提供するモデム装置であり得る。

0102

図25は、外部通信インフラ2500を通じてサーバーコンピュータ2510と作動的に通信する仮想現実溶接システム2400を示す実施形態を示す。外部通信インフラ2500は、例えばインターネット、セルラー電話ネットワーク又は衛星通信ネットワークのうちの1つ以上を含み得る。サーバーコンピュータ2510はオンライン溶接ゲーム2520を提供する。一実施形態によれば、オンライン溶接ゲーム2520は、ユーザーが例えばパーソナルコンピュータ(例えばデスクトップコンピュータ)又はモバイルコンピュータ装置(例えばスマートフォン)を用いてオンライン上で遊び得るコンピュータベースのゲームであり得る。例えば、オンライン溶接ゲーム2520は、ゲームを遊ぶのに仮想現実溶接システム2400で習得した様々なユーザーの溶接スキルが要求される様々な溶接プロジェクトを提供し得る。オンライン溶接ゲーム2520のユーザーは、ゲームの溶接プロジェクトを成功裏に終えたことの一環として得点及び/又は報酬を獲得し得る。

0103

仮想現実溶接システム2400上でユーザーが行い得る溶接プロセスの種類としては、例えばシールド金属アーク溶接プロセス、ガス金属アーク溶接プロセス、フラックスコアードアーク溶接プロセス及びガスタングステンアーク溶接プロセスが挙げられる。仮想現実溶接システム2400を用いてユーザーが習得し得る溶接スキルの種類としては、例えば、特定の溶接プロセスのためにシステムをセットアップする方法、溶接のために金属を準備する方法、特定の溶接プロセスの間の溶接ガン/トーチの適切な持ち方、特定の溶接プロセスの開始時にアークを発生させる方法、特定の溶接プロセスの間に溶接棒を動かす方法、様々なプレート溶接スキル及び様々なパイプ溶接スキルが挙げられる。他の様々な実施形態によれば、他の種類の溶接プロセス及びスキルも可能である。ユーザーがそのようなプロセス及びスキルに関して十分習熟したことを証明すると、それらの溶接プロセス及びスキルがユーザーの仮想現実溶接統計2420のファイルに含められ得る。

0104

オンライン溶接ゲーム2520は、例えば橋プロジェクト、自動車プロジェクト及び高層ビルプロジェクト等の様々な溶接プロジェクトをゲームの一環として提供し得る。一般に、オンライン溶接ゲーム2520の一部である溶接プロジェクトを行う準備がユーザーにできていることを仮想現実溶接システム2400からのユーザーの電子ファイル内の統計(即ちデータ)が示すまで、ユーザーはその溶接プロジェクトを行うことができない。一実施形態によれば、サーバーコンピュータ2510のオンライン溶接ゲーム2520は、ユーザーの仮想現実溶接統計を有する電子ファイル2420を読み込み、そのユーザー統計に基づいてユーザーのゲームプロファイルを更新する。例えば、オンライン溶接ゲーム2520は、ユーザー用の電子ファイル内の統計を解釈してユーザーのゲームプロファイルを更新し、ユーザーがシールド金属アーク溶接(溶接棒)プロセスを用いて高層ビルプロジェクトを行うことができるようにし得る。

0105

さらに、仮想現実溶接システム2400上でユーザーが上達すると、ユーザーは、電子ファイルを通じてオンライン溶接ゲーム2520に移され得る報酬ポイントを獲得し得る。一実施形態によれば、ユーザーはオンライン溶接ゲーム2520を用いて報酬ポイントを交換する(redeem)ことができる。例えば、ユーザーはその報酬ポイントを使ってオンライン上で商品(例えば、オンライン溶接ゲームを宣伝するTシャツ)を購入し得る。あるいは、ユーザーがその報酬ポイントを使ってオンライン溶接ゲームのさらに高度な機能にアクセスできるようにしてもよい。

0106

一実施形態によれば、あるユーザーの統計がサーバーコンピュータ2510上の他のユーザーの統計と比較され、全てのユーザーが互いにランク付けされ得る。ランキングは、例えばオンライン溶接ゲームの一環としてユーザーに提示され得る。ランキングは、例えば州レベルのランキング、国レベルのランキング及び世界レベルのランキングを含むレベルの異なる場所単位のものであり得る。

0107

特定の実施形態を参照しながら本発明を説明してきたが、当業者であれば本発明の範囲から逸脱することなく様々な変更が加えられ、同等物に置き換えられ得ることが分かる。それに加えて、本発明の教示に特定の状況又は材料を適合させるために、本発明の範囲から逸脱することなく多くの変更が加えられ得る。従って、本発明は開示した特定の実施形態に限定されず、本発明は添付の請求項の範囲に含まれる全ての実施形態を含むことを意図している。

0108

100 システム
110プロセッサベースのサブシステム
111中央処理装置
115グラフィック処理装置
116 CUDA
117シェーダー
118ビデオ出力
119 ビデオ出力
120 空間追跡装置
121磁気源
122センサ
123ディスク
124電源
125ケーブル
126トラッキングユニット
130溶接ユーザーインターフェイス
131一式のボタン
132ジョイスティック
133 つまみ
134 つまみ
135コンソール
136 つまみ
137 つまみ
140フェイスマウントディスプレイ装置
150観察者用ディスプレイ装置
151溶接パラメータ
152 溶接不連続状態
153ユーザー選択肢
160疑似溶接工具
161ホルダー
162溶接棒
163触覚抵抗性チップ
170 テーブル/スタンド
171 テーブル
172 スタンド/ベース
173アーム
174垂直ポスト
175 溶接クーポン
175’パイプ
175’’ パイプ
180 溶接クーポン
900溶接ヘルメット
910イヤホン型スピーカー
1201物理的インターフェイス
1202クランプモデル
1203環境モデル
1204サウンドコンテンツ機能
1205 溶接音
1206 スタンド/テーブルモデル
1207 内部アーキテクチャ機能
1208較正機能
1210 クーポンモデル
1211溶接物理特性
1212 内部物理特性調節ツール/ツイーカー
1213グラフィカルユーザーインターフェイス機能
1214グラフ機能
1215生徒レポート機能
1216レンダラー
1217ビードレンダリング
1218 3Dテクスチャ
1219視覚キュー機能
1220スコア及び許容値機能
1221 許容値エディター
1222特殊効果
1300 方法
1310 ステップ
1320 ステップ
1330 ステップ
1340 ステップ
1350 ステップ
1400 溶接クーポン
1410 面
1420変位マップ
1421 溶接ピクセル
1600 溶接クーポン
1610 面
1620 面
1700 溶接クーポン
1701パイプピース
1702 パイプピース
1703 ルート継手
1704アタッチメントピース
1710 面
1910 棒
1920粒子
1930 高さ
1940長方形
2000 システム
2010無線ハブ装置
2020模擬溶接ケーブル
2100溶接継手
2110 断面インジケータ
2120 長さ寸法
2130断面領域
2300溶接システム
2310デジタルモデル
2320通信装置
2350印刷システム
2355物理モデル
2400 溶接システム
2410 通信装置
2420電子ファイル
2500通信インフラ
2510サーバーコンピュータ
2520 溶接ゲーム
A 位置
B 位置
Eポイント
O ポイント
テクチャ座標
T テクチャ座標
X ポイント
Y ポイント
Z ポイント

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ