図面 (/)

技術 容器蓋

出願人 日本クロージャー株式会社
発明者 大久保雄祐下地俊平
出願日 2018年4月18日 (1年6ヶ月経過) 出願番号 2018-080102
公開日 2018年7月19日 (1年3ヶ月経過) 公開番号 2018-111537
状態 特許登録済
技術分野 容器の蓋
主要キーワード カシメ変形 形成工具 押圧工具 シールポイント 内圧値 環状ビード 天面壁 合成樹脂製ライナー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年7月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

容器内圧が著しく上昇した際に、内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止するとともに、所定以下の内圧値で内圧開放することがなく、かつ、使用者手指不快感を与えたり、使用者の手指を負傷させることのない安全な容器蓋を提供すること。

解決手段

容器蓋100のスカート壁110のネジ形成領域111より天面壁120側に、上方から第1環状ビード112及び第2環状ビード113が設けられ、第1環状ビード112と第2環状ビード113の間の溝部114に、円周方向に所定長さの少なくとも1つのスリット115が設けられ、第2環状ビード113には、円周方向に凹凸部を設けたナール116が形成され、ナール116が、第2環状ビード113のネジ形成領域側に設けられ、スリット115の切断縁がすべて内方を向いていること。

概要

背景

従来、容器口部に装着される容器蓋として、金属薄板で形成された容器蓋が広く実用に供されている。
一般的な容器蓋は、円形天面壁とこの天面壁から周縁に垂下する円筒形状のスカート壁とを有し、天面壁の内面には合成樹脂製ライナーが配設されており、上面が開放された円筒形状の口部を有する金属薄板、ガラスあるいは合成樹脂等で形成された容器に適用される。
容器の口部の外周面には雄ネジが形成されており、容器の口部に容器蓋を装着して口部を密封する際には、口部に容器蓋を被嵌し、スカート壁のネジ形成領域に口部の雄ネジに対応する雌ネジを形成するように構成されている(例えば、特許文献1等参照。)。

このような容器蓋を適用して密封した容器、あるいは、一旦開封した後に容器蓋を再度螺合して密封した容器は、例えば、高温に曝されたり内容物の発酵腐敗等が進行した場合や、内容物が炭酸飲料等で強い振動が加わった場合等に、密封した容器の内圧が著しく上昇する場合がある。
その際に、容器蓋が圧力に耐えられずに蓋飛びを引き起こし、周囲の人や物に損傷を与えたり、飛散した内容物で周囲を汚損したりする虞があった。
このような事故を防ぐために、スカート壁のネジ形成領域より天面壁側にスリットを設けた、いわゆる防爆機能付きキャップが公知である。
このスリットは、通常環境下での利用範囲役割は持たないが、上記のような予期しない条件下において内圧が異常に上昇した際に限り、天面壁の変形にともなって変形開放し、そのことで容器口部と密着するライナーシールポイントの一部を破壊して内圧を開放し、蓋飛び等の事故を防止する機能を持つ。(例えば、特許文献2、3等参照。)。

例えば、特許文献2で公知の容器蓋は、スカート壁のネジが形成されるネジ形成領域より天面壁側にナールが形成され、該ナールの凹部(ナール部6、7)の上端縁を切断面としてスリット(6a、7a)を形成している。
また、特許文献3で公知の容器蓋は、スカート壁(10)のネジが形成されるネジ形成領域(主部14)より天面壁(8)側にナール(凹凸形状部)が形成され、該ナールよりも上方にスリットを形成している。

概要

容器の内圧が著しく上昇した際に、内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止するとともに、所定以下の内圧値で内圧開放することがなく、かつ、使用者手指不快感を与えたり、使用者の手指を負傷させることのない安全な容器蓋を提供すること。容器蓋100のスカート壁110のネジ形成領域111より天面壁120側に、上方から第1環状ビード112及び第2環状ビード113が設けられ、第1環状ビード112と第2環状ビード113の間の溝部114に、円周方向に所定長さの少なくとも1つのスリット115が設けられ、第2環状ビード113には、円周方向に凹凸部を設けたナール116が形成され、ナール116が、第2環状ビード113のネジ形成領域側に設けられ、スリット115の切断縁がすべて内方を向いていること。

目的

本発明は、前述したような課題を解決するものであって、容器の内圧が著しく上昇した際に、内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止するとともに、所定以下の内圧値で内圧開放することがなく、かつ、使用者の手指に不快感を与えたり、使用者の手指を負傷させることのない安全な容器蓋を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

天面壁と、前記天面壁から周縁に垂下するスカート壁とを有する容器蓋であって、前記スカート壁のネジが形成されるネジ形成領域より天面壁側に、上方から第1環状ビード及び第2環状ビードが設けられ、前記第1環状ビードと第2環状ビードの間の溝部には、円周方向に所定長さの少なくとも1つの要求される内圧での内圧開放を行うスリットが設けられ、前記第2環状ビードには、円周方向に凹凸部を設けたナールが形成され、前記ナールが、前記第2環状ビードのネジ形成領域側に設けられ、前記スリットの切断縁が、すべて内方を向いていることを特徴とする容器蓋。

請求項2

前記スリットが、前記スリットの円周方向の中央から見て前記ナールが左右対称に配置されるように形成されていることを特徴とする請求項1に記載の容器蓋。

請求項3

前記第1環状ビードと第2環状ビードの最大外径が、同一径であることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の容器蓋。

請求項4

前記スリットの円周方向の長さが、容器蓋の直径の25乃至50%であることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の容器蓋。

技術分野

0001

本発明は、容器口部に装着される容器蓋に関し、特に、容器内圧が著しく上昇した際に、内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止する容器蓋に関する。

背景技術

0002

従来、容器口部に装着される容器蓋として、金属薄板で形成された容器蓋が広く実用に供されている。
一般的な容器蓋は、円形天面壁とこの天面壁から周縁に垂下する円筒形状のスカート壁とを有し、天面壁の内面には合成樹脂製ライナーが配設されており、上面が開放された円筒形状の口部を有する金属薄板、ガラスあるいは合成樹脂等で形成された容器に適用される。
容器の口部の外周面には雄ネジが形成されており、容器の口部に容器蓋を装着して口部を密封する際には、口部に容器蓋を被嵌し、スカート壁のネジ形成領域に口部の雄ネジに対応する雌ネジを形成するように構成されている(例えば、特許文献1等参照。)。

0003

このような容器蓋を適用して密封した容器、あるいは、一旦開封した後に容器蓋を再度螺合して密封した容器は、例えば、高温に曝されたり内容物の発酵腐敗等が進行した場合や、内容物が炭酸飲料等で強い振動が加わった場合等に、密封した容器の内圧が著しく上昇する場合がある。
その際に、容器蓋が圧力に耐えられずに蓋飛びを引き起こし、周囲の人や物に損傷を与えたり、飛散した内容物で周囲を汚損したりする虞があった。
このような事故を防ぐために、スカート壁のネジ形成領域より天面壁側にスリットを設けた、いわゆる防爆機能付きキャップが公知である。
このスリットは、通常環境下での利用範囲役割は持たないが、上記のような予期しない条件下において内圧が異常に上昇した際に限り、天面壁の変形にともなって変形開放し、そのことで容器口部と密着するライナーシールポイントの一部を破壊して内圧を開放し、蓋飛び等の事故を防止する機能を持つ。(例えば、特許文献2、3等参照。)。

0004

例えば、特許文献2で公知の容器蓋は、スカート壁のネジが形成されるネジ形成領域より天面壁側にナールが形成され、該ナールの凹部(ナール部6、7)の上端縁を切断面としてスリット(6a、7a)を形成している。
また、特許文献3で公知の容器蓋は、スカート壁(10)のネジが形成されるネジ形成領域(主部14)より天面壁(8)側にナール(凹凸形状部)が形成され、該ナールよりも上方にスリットを形成している。

先行技術

0005

実開平01−154146号公報
特開2003−155052号公報
特許第4727162号公報

発明が解決しようとする課題

0006

公知の内圧を開放するための防爆機能スリットを設けた容器蓋においては、スリットの切断縁の一部は、容器蓋を使用者把持した際に誤って触れる可能性がある外周位置に存在する。
このため、スリットの切断縁が使用者の手指不快感を与えたり、スリットの切断縁によって使用者の手指を負傷させる虞がある。
このような事態を抑制するために、スリットの切断縁を滑らかに加工したり、内方に変形させたりすることも考えられる。

0007

しかしながら、容器蓋は、容器口部に巻き締めする際の供給等のハンドリング時に、わずかな打痕や変形が生じることが多く、スリットの切断縁の近傍に打痕や変形が生じた場合、容器口部への巻き締めにともなってスリットの切断縁が外周側に突出することがあるため、切断縁のみの加工では前述の問題を解消することはできない。
さらに、容器内圧が所定の値を超えた際に限り、内圧の開放を確実にするための形状、寸法にスリットを形成する必要があるが、上記のような巻き締め時、あるいは、巻き締め後のスリットの変形によって、所定の値より低い内圧値で開放してしまい、適正な範囲での内圧開放ができないという問題があった。

0008

そこで本発明は、前述したような課題を解決するものであって、容器の内圧が著しく上昇した際に、内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止するとともに、所定以下の内圧値で内圧開放することがなく、かつ、使用者の手指に不快感を与えたり、使用者の手指を負傷させることのない安全な容器蓋を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

本発明に係る容器蓋は、天面壁と、天面壁から周縁に垂下するスカート壁とを有する容器蓋であって、スカート壁のネジが形成されるネジ形成領域より天面壁側に、上方から第1環状ビード及び第2環状ビードが設けられ、第1環状ビードと第2環状ビードの間の溝部には、円周方向に所定長さの少なくとも1つの要求される内圧での内圧開放を行うスリットが設けられ、前記第2環状ビードには、円周方向に凹凸部を設けたナールが形成され、前記ナールが、前記第2環状ビードのネジ形成領域側に設けられ、前記スリットの切断縁が、すべて内方を向いていることにより、前記課題を解決するものである。

発明の効果

0010

本請求項1に係る容器蓋によれば、スカート壁のネジが形成されるネジ形成領域より天面壁側に、上方から第1環状ビード及び第2環状ビードが設けられ、第1環状ビードと第2環状ビードの間の溝部に、円周方向に所定長さの少なくとも1つのスリットが設けられていることにより、スリットが内圧が異常に上昇した際の天面壁の変形にともなって変形開放し、そのことで容器口部と密着するライナーのシールポイントの一部を破壊して内圧を開放するため、蓋飛び等の事故を防止することができる。
また、スリットの切断縁が溝部に存在し、スリットの切断縁が、すべて内方を向いていることで、使用者が容器蓋を把持する際に第1環状ビードと第2環状ビードの外周部のみ手指がかかり、溝部に設けられたスリットの切断縁には手指に触れることがないため、使用者の手指に不快感を与えたり、使用者の手指を負傷させることを防止できる。
さらに、第1環状ビード及び第2環状ビードが溝部より突出していることで、容器蓋を容器口部に適用する際のハンドリング時に、第1環状ビード及び第2環状ビードに打痕や変形が発生しても溝部には打痕や変形は発生せず、巻き締めにともなって溝部に設けられたスリットの切断縁が外周側に突出することはなく、使用者に手指に触れることもない。
そして、巻き締めに伴い、あるいは、巻き締め後の外部からの力や衝撃等によってスリットの変形が発生し難くなり、所定の値でより確実に内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止することができる。

0011

また、第2環状ビードには、円周方向に凹凸部を設けたナールが形成されていることにより、使用者が把持した際の滑りを防止することが可能となる。
さらに、ナールが第2環状ビードのネジ形成領域側に設けられていることにより、ナールがスリットと離れた位置に形成されることとなり、巻き締めにともなってスリットの切断縁が外周側に突出することを防止できる。

0012

本請求項2に記載の構成によれば、巻締時等にスリットが円周方向で左右均等に力を受けることが可能となるため、巻き締め時や巻き締め後のスリットの変形をいっそう発生し難くし、確実に内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止することができる。
本請求項3に記載の構成によれば、第1環状ビードと第2環状ビードの最大外径が同一径であることにより、溝部の底部が第1環状ビードと第2環状ビードのいずれとも同等の深さとなり、容器蓋を使用者が把持した際にスリットの切断縁に手指に触れることをさらに確実に防止することができる。
本請求項4に記載の構成によれば、内圧が異常に上昇した際にスリットが確実に開放するに必要・充分な長さであり、かつ巻き締め時や巻き締め後のスリットの変形が発生し難い長さであるため、確実に密封しつつ、所定の内圧以上となった際に確実に内圧を開放して蓋飛び等の事故を防止することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の1実施形態である容器蓋の斜視図。
本発明の1実施形態である容器蓋の半断面側面図。
本発明の1実施形態である容器蓋の容器への巻締時の半断面側面図。
本発明の1実施形態である容器蓋の溝部の製造工程の説明図。
本発明の1実施形態である容器蓋のスリット及びナールの製造工程の説明図。

実施例

0014

以下に、本発明の1実施形態である容器蓋100の構成について、図面に基づいて説明する。
容器蓋100は、図1乃至図3に示すように、天面壁120と、天面壁120から周縁に垂下するスカート壁110とを有し、スカート壁110のネジが形成されるネジ形成領域111より天面壁120側に、上方から第1環状ビード112及び第2環状ビード113が設けられている。
第1環状ビード112と第2環状ビード113の最大外径は、図2、3に示すように、ほぼ同一径に形成され、第1環状ビード112と第2環状ビード113の間の溝部114には、円周方向に伸びるスリット115が3箇所設けられている。
第2環状ビード113のネジ形成領域111側には、所定間隔複数個の凹部を設け、円周方向に凹凸部をなすナール116が形成されている。

0015

天面壁120の裏面には、図3に示すように、容器口部と密着してシールするための合成樹脂製のライナー101が固着されている。
また、スカート壁110のネジ形成領域111の下方に、タンパエビデント部117が設けられている。
このタンパエビデント部117は、いかなる構造であってもよい。
図1図2に示すものは、容器口部に最初に装着する前の状態であり、ネジ形成領域111は容器口部に装着される際に、容器口部の雄ネジに対応する雌ネジを形成するよう外方から押圧変形される。
図3は、容器Cに巻締めた後の容器蓋100を示すものであり、ネジ形成領域111が容器Cの雄ネジ形状に形成されるとともに、タンパエビデント部117の最下端が容器C側にカシメ変形される。
また、第1環状ビード112が外側から押圧変形されることにより、内側のライナー101が容器Cの開口部に所定の圧力で密着して容器Cの密封性担保される。

0016

具体的な寸法を示すと、例えば、従来の容器蓋と同一の直径38mm規格のもので、上記の実施形態で、天面壁120からの距離2.6mmの位置に溝部114の底が来るように第1環状ビード112及び第2環状ビード113を設け、スリット115を円周方向の長さ11.9mmで溝部114の底に等間隔に3箇所設けた。
各スリット115は、ナール116の凹部3つ、凸部2つに対応する長さであり、スリット115の円周方向の中央から見てナール116の凹凸が左右対称に配置されるように形成されている。
このような容器蓋100を、従来の容器蓋と同一の条件で巻き締め、第1環状ビード112が外側から押圧してライナー101を密着させた場合、打痕等の影響はなく確実に容器Cを密封でき、要求される内圧(本実施形態では0.6MPaに設定)での内圧開放を行うことができ、かつ、スリット115の切断縁が使用者の手に触れることは一切ない容器蓋100とすることができた。
なお、スリットの長さが容器蓋の直径の25%未満では、所定の内圧で開放せず蓋飛びが生じるものが発生し、また、50%を超えると、巻き締め時、あるいは、巻き締め後のスリットの変形によって、所定の値より低い内圧値で開放してしまうものが発生した。

0017

以上のように構成される本発明の1実施形態である容器蓋100の製造方法について、図4図5に基づいて説明する。
容器蓋100は、金属薄板から単純円筒形状のスカート壁110を形成した後に、内方、外方から押圧工具によって押圧して、前述したような巻き締め前の最終形状に成形される。
まず、第1工程において、単純円筒形状のスカート壁110の内方に、天面壁120側から順に内方第1環状ビード形成工具141、内方第2環状ビード形成工具142、内方ナール形成工具143を有する内方の押圧工具が挿入され、容器蓋100を回転しつつ、外方から溝部形成工具131及び第2環状ビード形成工具134を内方の押圧工具側に押圧することで、図4に示すように、天面壁120側から、第1環状ビード112、環状の溝部114及び第2環状ビード113が形成される。

0018

次に、第2工程において、内方第1環状ビード形成工具141、内方第2環状ビード形成工具142、内方ナール形成工具143を有する内方の押圧工具が挿入されたまま、形成された溝部114の外方からスリット形成工具132を、形成された第2環状ビード113の下半分の外方からナール形成工具133を、第2環状ビード113より下方の外方から押え工具135を同時に押圧することで、図5に示すように、スリット115及びナール116が形成される。
スリット形成工具132、内方ナール形成工具143及びナール形成工具133は、必要とするスリット115の数及び長さ、ナール116の凹凸の間隔に応じて、それぞれ、適宜、容器蓋100の回転に対して断続的に押圧成形するように構成されている。
スリット形成工具132の先端部は、中心線から両側にそれぞれ角度15°の鋭角両刃カッター形状に形成されており、対向する工具と共同して剪断することなく、押し込みでスリットを形成可能に構成されている。

0019

なお、第2環状ビード113より下方(図4図5右方向)では、ネジ形成領域111が内外方から挟み込まれ、容器蓋100を成形加工するために回転させるガイドとして機能し、さらに下方(図示の範囲よりさらに右方向)では、タンパエビデント部117が前述の工程と並行して適宜の工具により成形加工される。
また、溝部形成工具133とスリット形成工具132、第2環状ビード形成工具134とナール形成工具133をそれぞれ一体化して、第1環状ビード112、溝部114、スリット115、第2環状ビード113及びナール116を1工程で同時に成形加工するようにしてもよい。

0020

100 ・・・容器蓋
101 ・・・ライナー
110 ・・・スカート壁
111 ・・・ネジ形成領域
112 ・・・第1環状ビード
113 ・・・第2環状ビード
114 ・・・溝部
115 ・・・スリット
116 ・・・ナール
117 ・・・タンパエビデント部
120 ・・・天面壁
131 ・・・溝部形成工具
132 ・・・スリット形成工具
133 ・・・ナール形成工具(外方)
134 ・・・第2環状ビード形成工具(外方)
135 ・・・押え工具(外方)
141 ・・・内方第1環状ビード形成工具
142 ・・・内方第2環状ビード形成工具
143 ・・・内方ナール形成工具
C ・・・容器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • パムテクコリアカンパニーリミテッドの「 テンション部が一体に形成されたコンパクト容器」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題・解決手段】本発明は、ボタンが備えられた外容器と、前記外容器の一側にヒンジ結合されて開閉される外容器蓋とを含むコンパクト容器であって、前記外容器の内側に中体を結合し、前記中体の一側にテンション部... 詳細

  • リスパック株式会社の「 多角形の蓋体」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】 本願発明は、段積み時の横ずれを防止しつつ、蓋体の天板のコーナー部付近が潰れるのを防止する多角形の蓋体を提供する。【解決手段】 段積時の横ずれ防止用凸部120を天板110の外周111に沿っ... 詳細

  • 株式会社吉野工業所の「 吐出器」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】吐出孔から内容液を吐出したときに、吐出孔に内容液が残留するのを抑制する。【解決手段】ピストン41は、シリンダ42に対して下方移動したステム12により押下される被押下部53と、ステム内に上下摺動... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ