図面 (/)

技術 水陸両用車

出願人 ニュージャパンマリン九州株式会社
発明者 山本茂
出願日 2016年12月19日 (4年2ヶ月経過) 出願番号 2016-244971
公開日 2018年6月28日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2018-099904
状態 拒絶査定
技術分野 船舶の推進 両用車両
主要キーワード 水上走行 水陸両用 陸上走行 水陸両用車 観光用 前進推力 プロペラー 観光目的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年6月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車を提供する。

解決手段

水陸両用車1は、車体2に陸上用自動車エンジン3と電気モーター4とを備えている。電気モーター4には、プロペラーシャフト5を介してプロペラー6が接続されて、車体2の左右に2基装備されており、水上で車体2を推進させる電動推進器7として機能する。車体2は蓄電池8を備えており、陸上走行時に陸上用自動車エンジン3での走行によりで発電した電力が蓄電池8に充電され、水上走行時における電気モーター4の電力として使用される。

概要

背景

現在使われている、主に観光目的水陸両用車は、運行用のエンジンと水上運行用のエンジンとを計2基備えており、陸上を走る時と水上を走る時とでエンジンを切り替えて使用されている。これは、排気ガスに関する自動車環境基準と水上を走る船舶としての環境基準とが異なることと、1基のエンジンで陸上用と水上用とを兼ねる場合の複雑な構造が嫌われることに起因している。
水陸両用車に関する技術の一例が、特許文献1に記載されている。

特開2016−175483号公報

概要

陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車を提供する。水陸両用車1は、車体2に陸上用自動車エンジン3と電気モーター4とを備えている。電気モーター4には、プロペラーシャフト5を介してプロペラー6が接続されて、車体2の左右に2基装備されており、水上で車体2を推進させる電動推進器7として機能する。車体2は蓄電池8を備えており、陸上走行時に陸上用自動車エンジン3での走行によりで発電した電力が蓄電池8に充電され、水上走行時における電気モーター4の電力として使用される。

目的

本発明は、このような事情を考慮してなされたもので、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車体に陸上走行用の上用自動車エンジンと、水上走行用の電気モーターと、蓄電池とを備え、電気モーターにはプロペラーシャフトを介してプロペラーが接続されて電動推進器が形成された水陸両用車であって、陸上走行時に陸上用自動車エンジンでの走行により発電した電力が蓄電池に充電され、水上走行時の電気モーターの電力として使用されることを特徴とする水陸両用車。

請求項2

前記電動推進器が車体の左右に2基装備されており、電動推進器の推力の大きさと推力の向きを制御することによって水上で旋回可能であることを特徴とする請求項1記載の水陸両用車。

技術分野

0001

本発明は、水陸両用車に関する。

背景技術

0002

現在使われている、主に観光目的の水陸両用車は、運行用のエンジンと水上運行用のエンジンとを計2基備えており、陸上を走る時と水上を走る時とでエンジンを切り替えて使用されている。これは、排気ガスに関する自動車環境基準と水上を走る船舶としての環境基準とが異なることと、1基のエンジンで陸上用と水上用とを兼ねる場合の複雑な構造が嫌われることに起因している。
水陸両用車に関する技術の一例が、特許文献1に記載されている。

0003

特開2016−175483号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、陸上運行用のエンジンと水上運行用のエンジンとを計2基備えていると、大きくて重いエンジンを2基備えることによって重量とコストが嵩むとともに、エンジンの切り替え操作が煩雑となるという問題点がある。また、水上では舵板を用いて旋回するが、その際の舵板の操作による操船の難しさや、水陸両用であることによる車両と船舶の認証登録手続き上の煩雑さも普及の妨げとなっている。

0005

本発明は、このような事情を考慮してなされたもので、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

以上の課題を解決するために、本発明の水陸両用車は、車体に陸上走行用の陸上用自動車エンジンと、水上走行用の電気モーターと、蓄電池とを備え、電気モーターにはプロペラーシャフトを介してプロペラーが接続されて電動推進器が形成された水陸両用車であって、陸上走行時に陸上用自動車エンジンでの走行により発電した電力が蓄電池に充電され、水上走行時の電気モーターの電力として使用されることを特徴とする。

0007

陸上においては、陸上用自動車エンジンの動力によって走行し、水上においては、電動推進器によって走行するため、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができる。また、水上での走行は電動推進器によってなされるため、水上では排気ガスを全く排出せず、水面を汚すことが無く、静かな走行が可能である。そのため、排出ガス規制の影響を受けることが無い。

0008

さらに、陸上走行時に陸上用自動車エンジンでの走行により発電した電力が蓄電池に充電され、水上走行時の電気モーターの電力として使用されるため、蓄電池の頻繁な充電作業を簡略化することができる。

0009

本発明の水陸両用車においては、前記電動推進器が車体の左右に2基装備されており、電動推進器の推力の大きさと推力の向きを制御することによって水上で旋回可能な構成とすることができる。

0010

2基装備されている電動推進器の推力の大きさと推力の向きをそれぞれ電気的に制御することによって、進行しながらの旋回やその場旋回を簡単な操作で正確に行うことができる。

発明の効果

0011

本発明によると、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車を実現することができる。

図面の簡単な説明

0012

本発明の実施形態に係る水陸両用車の構成を示す図である。
水陸両用車の使用状態を示す図である。
水上での旋回の状況を示す図である。
従来例としての舵板の操作による旋回の様子を示す図である。

実施例

0013

以下に、本発明の水陸両用車を、その実施形態に基づいて説明する。
図1に、本発明の実施形態に係る水陸両用車の構成を示す。
水陸両用車1は、車体2に陸上用自動車エンジン3と電気モーター4とを備えている。電気モーター4には、プロペラーシャフト5を介してプロペラー6が接続されている。プロペラーシャフト5を介してプロペラー6が接続された電気モーター4は、車体2の左右に2基装備されており、水上で車体2を推進させる電動推進器7として機能する。車体2は蓄電池8を備えており、陸上走行時に陸上用自動車エンジン3での走行によりで発電した電力が蓄電池8に充電され、水上走行時における電気モーター4の電力として使用される。

0014

図2に、水陸両用車1の使用状態を示す。
水陸両用車1は、陸上においては、陸上用自動車エンジン3の動力によって走行し、水上においては、電動推進器7によって走行する。水上での走行は電動推進器7によってなされるため、水上では排気ガスを全く排出しない。また、陸上でプラグイン充電することができる他、陸上走行時に陸上用自動車エンジン3で発電し、その電力を水上運行用の蓄電池8に充電することによって、蓄電池8の頻繁な充電作業を簡略化することができる。

0015

図3に、水上での旋回の状況を示す。
水陸両用車1の車体2の左右に、水上で車体2を推進させる電動推進器7が2基装備されており、図3(a)に示すように、左推進器7aの推力を右推進器7bの推力よりも大きくすると、前進しながら右旋回する。また、図3(b)に示すように、左推進器7aを前進推力とし、右推進器7bを後進推力とすることによって、その場で右旋回することができる。

0016

このように、本発明の水陸両用車1では、2基装備されている電動推進器7の推力の大きさと推力の向きをそれぞれ電気的に制御することによって、洋上で舵板の操作を必要とせずに操船が可能となる。

0017

図4に、これと対比するために、従来例としての舵板の操作による旋回の様子を示す。
図4(a)は前進時を示しており、エンジン51の動力がプロペラーシャフト52を介して伝達されて回転するプロペラー53によって水流が作られ、この強い水流が舵板54に当たり、これによって旋回する。

0018

図4(b)は後進時を示しており、プロペラー53によって水流が作られるが、水流は直接舵板54に当たらないため、艇体自体の後進速力がある程度以上ないと、後進での旋回はできない。特に、その場旋回は不可能である。一般的にプロペラー1基、舵板1枚のでは、後進旋回はほぼ不可能と言われているのはこの理由による。

0019

これに対し、本発明の水陸両用車1では、2基装備されている電動推進器7の推力の操作によって、後進での旋回も自由に行うことができるため、旋回操作の自由度が高い。

0020

以上説明したように、本発明の水陸両用車は、陸上においては、陸上用自動車エンジンの動力によって走行し、水上においては、電動推進器によって走行するため、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができるばかりではなく、陸上走行時に陸上用自動車エンジンでの走行により発電した電力が蓄電池に充電され、水上走行時の電気モーターの電力として使用されることに大きな特徴がある。このように蓄電池は、陸上用自動車エンジンと電動推進器とを結び付ける要素であり、これらの組み合わせによって、大きな技術的効果を奏するものである。

0021

本発明は、陸上運行時と水上運行時との切り替えを容易に行うことができ、水上運行時には旋回が容易で、水面を汚さず、静かな走行が可能であり、省エネルギーに寄与するとともに、排出ガス規制に関わらないため簡素な登録が可能な水陸両用車として、観光用等に広く利用することができる。

0022

1水陸両用車
2 車体
3陸上用自動車エンジン
4電気モーター
5プロペラーシャフト
6プロペラー
7電動推進器
7a 左推進器
7b 右推進器
8蓄電池
51エンジン
52 プロペラーシャフト
53 プロペラー
54 舵板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ