図面 (/)

技術 コーラ様無糖炭酸飲料

出願人 アサヒ飲料株式会社
発明者 佐藤弘明三木智恵
出願日 2016年12月15日 (3年11ヶ月経過) 出願番号 2016-242878
公開日 2018年6月21日 (2年5ヶ月経過) 公開番号 2018-093809
状態 特許登録済
技術分野 非アルコール性飲料
主要キーワード ガス内圧 プレミックス法 タイムフレ スニフ 柑橘系フレーバー さくら 濃縮状態 マチコ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年6月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

飲んだときにコーラフレーバー感じることができる、新規な無糖炭酸飲料炭酸水)を提供する。

解決手段

シンナムアルデヒドデカナールとを含み、シンナムアルデヒドの含有量が200〜900ppbであり、デカナールの含有量が40〜180ppbである容器詰めされたコーラ様無糖炭酸飲料。

概要

背景

近年、健康志向爽快感を求めるニーズの高まりから、炭酸水とも称される、糖類を実質的に非含有である無糖炭酸飲料(例えば特許文献1に記載されているような無糖炭酸飲料)の市場が拡大している。そして、当該拡大に伴い、レモン、オレンジなど、種々のフレーバー(口にしたときに得られる風味(特に味覚嗅覚として得られる感覚))が付与された無糖炭酸飲料が市場に存在するようになっている。

概要

飲んだときにコーラフレーバーを感じることができる、新規な無糖炭酸飲料(炭酸水)を提供する。シンナムアルデヒドデカナールとを含み、シンナムアルデヒドの含有量が200〜900ppbであり、デカナールの含有量が40〜180ppbである容器詰めされたコーラ様無糖炭酸飲料。 なし

目的

本発明は飲んだとき(口にしたとき)にコーラフレーバーを感じることができる、新規な無糖炭酸飲料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

シンナムアルデヒドデカナールとを含み、シンナムアルデヒドの含有量が200〜900ppbであり、 デカナールの含有量が40〜180ppbである容器詰めされたコーラ様無糖炭酸飲料

請求項2

シンナムアルデヒドの含有量が300〜800ppbであり、デカナールの含有量が40〜120ppbである請求項1に記載のコーラ様無糖炭酸飲料。

請求項3

そのガス圧が0.46MPa以下である、請求項1または2に記載のコーラ様無糖炭酸飲料。

請求項4

シンナムアルデヒドをその含有量を200〜900ppbとして飲料中に含有させ、且つデカナールをその含有量を40〜180ppbとして飲料中に含有させることを含む、コーラ様無糖炭酸飲料のフレーバー調整方法

技術分野

0001

本発明は飲料に関し、特に糖類非含有の炭酸飲料に関する。

背景技術

0002

近年、健康志向爽快感を求めるニーズの高まりから、炭酸水とも称される、糖類を実質的に非含有である無糖炭酸飲料(例えば特許文献1に記載されているような無糖炭酸飲料)の市場が拡大している。そして、当該拡大に伴い、レモン、オレンジなど、種々のフレーバー(口にしたときに得られる風味(特に味覚嗅覚として得られる感覚))が付与された無糖炭酸飲料が市場に存在するようになっている。

先行技術

0003

特開2014−103945号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は飲んだとき(口にしたとき)にコーラフレーバーを感じることができる、新規な無糖炭酸飲料を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

これまで、飲んだときにコーラフレーバーを感じることができる無糖炭酸飲料(コーラ様無糖炭酸飲料)は知られておらず、また、無糖炭酸飲料に適したコーラフレーバーの組成なども知られていなかった。
そこで本発明者は、コーラ様無糖炭酸飲料の開発を行った。
まず、本発明者は糖分を含む通常のコーラのフレーバー組成を分析したところ、分析を行った通常のコーラにおいても含まれていたシンナムアルデヒドを通常のコーラにおける含有量で無糖炭酸飲料に添加することで、強さや好ましさの点では十分でないものの、コーラフレーバーを付与できることがわかった。
しかしながら、シンナムアルデヒドを添加した上記無糖炭酸飲料については、その嗜好性が十分でなかった。その理由としては、通常のコーラでは糖分によりマスキングされているコーラフレーバーを付与する成分や炭酸ガス由来する苦味が、糖分を含まない無糖炭酸飲料ではより強く感じられることが挙げられる。
本発明者は、鋭意研究の結果、上記シンナムアルデヒドを所定の含有量で無糖炭酸飲料中に含有させ、さらにデカナールを所定の含有量で無糖炭酸飲料中に含有させることで苦味が抑えられることを見出し、本発明を完成させた。

0006

本発明の要旨は以下のとおりである。
[1]シンナムアルデヒドとデカナールとを含み、
シンナムアルデヒドの含有量が200〜900ppbであり、
デカナールの含有量が40〜180ppbである容器詰めされたコーラ様無糖炭酸飲料。
[2] シンナムアルデヒドの含有量が300〜800ppbであり、デカナールの含有量が40〜120ppbである[1]に記載のコーラ様無糖炭酸飲料。
[3] そのガス圧が0.46MPa以下である、[1]または[2]に記載のコーラ様無糖炭酸飲料。
[4] シンナムアルデヒドをその含有量を200〜900ppbとして飲料中に含有させ、且つ
デカナールをその含有量を40〜180ppbとして飲料中に含有させることを含む、コーラ様無糖炭酸飲料のフレーバー調整方法

発明の効果

0007

本発明によれば、飲んだときにコーラフレーバーを感じることができる、新規な無糖炭酸飲料を提供することができる。

図面の簡単な説明

0008

おいしさに係るシンナムアルデヒドの含有量とデカナールの含有量との関係を表すグラフである。
コーラ感の良さに係るシンナムアルデヒドの含有量とデカナールの含有量との関係を表すグラフである。
コーラ感の強さに係るシンナムアルデヒドの含有量とデカナールの含有量との関係を表すグラフである。
飲みやすさに係るシンナムアルデヒドの含有量とデカナールの含有量との関係を表すグラフである。

0009

以下、本発明の1つの実施形態について、詳細に説明する。
本実施形態は、コーラ様無糖炭酸飲料に関する。本実施形態のコーラ様無糖炭酸飲料はシンナムアルデヒドとデカナールとを含み、シンナムアルデヒドの含有量が200〜900ppbであり、デカナールの含有量が40〜180ppbである。

0010

本明細書において炭酸飲料とは、飲料中に溶存している二酸化炭素(炭酸ガス)を含有する飲料をいう。
本明細書において無糖炭酸飲料とは、糖類を実質的に含まない炭酸飲料をいう。無糖炭酸飲料は、炭酸水とも称されている。
健康増進法に基づく栄養表示基準においては、飲料100mlあたり0.5g未満であれば無糖と表示することができる。本明細書においても当該規定と同様に糖類の含有量が100mlあたり0.5g未満を無糖炭酸飲料といい、好ましくは飲料100mL中0.0gである。糖類とは、果糖ぶどう糖液糖砂糖などの単糖類および二糖類をいう。なお、特に限定されないが、糖類以外の甘味料、例えばアスパルテームなどの高甘味度甘味料についても含有しないことが好ましい。

0011

本明細書においてコーラ様無糖炭酸飲料とは、飲んだときにコーラフレーバーを感じることができる無糖炭酸飲料をいう。また、本明細書において、コーラフレーバーとはスパイス系フレーバーを少なくとも含んで構成されるフレーバーをいう。スパイス系フレーバーとしてはシナモンフレーバー、バニラフレーバーナツメグフレーバー、ジンジャーフレーバー、コリアンダーフレーバー、ハーブフレーバー、カッシャフレーバー、クローブフレーバーなどを挙げることができる。
また、コーラフレーバーは、スパイス系フレーバーに加えて、柑橘系フレーバーシトラスフレーバー)も含んで構成されることが、おいしさの観点から好ましい。したがって、コーラフレーバーを有する飲料としては、飲んだときにスパイス様および柑橘様の両方の風味が感じられることが好ましい。
柑橘系フレーバーとしてはライムフレーバー、オレンジフレーバー、レモンフレーバーグレープフルーツフレーバー、スウィティーフレーバー、みかんフレーバーなどを挙げることができる。

0012

なお、本実施形態のコーラ様無糖炭酸飲料においてスパイス様および柑橘様の両方のフレーバーが感じられる場合に、それぞれに含まれる2種以上が感じられるようにしてもよく、特に限定されない。例えば、柑橘系フレーバーであるライムフレーバーと、スパイス系フレーバーであるシナモンフレーバーおよびバニラフレーバーとが感じられるように飲料を構成してもよい。また、柑橘系フレーバーであるライムフレーバーおよびレモンフレーバーと、スパイス系フレーバーであるシナモンフレーバーとが感じられるように飲料を構成してもよい。
また、スパイス様、あるいはスパイス様および柑橘系フレーバーに加えてこれらフレーバーが感じられる限り他のフレーバーが感じられるようにしてもよく、例えばスパイス様および柑橘様のフレーバーに加えて、チェリーなどの他の果物のフレーバーが感じられるようにしてもよい。

0013

本実施形態のコーラ様無糖炭酸飲料においては、原料水にシンナムアルデヒドとデカナール、その他必要に応じて含まれる成分が含有されるとともに、二酸化炭素が溶解している状態にある。
原料水は無糖炭酸飲料の製造に用いられている水を用いることができ、特に限定されない。

0014

シンナムアルデヒドは分子式C6H5CHCHCHOで表される芳香族不飽和アルデヒドである。また、デカナールは分子式C10H20Oで表される脂肪族アルデヒドである。
本実施形態のコーラ様無糖炭酸飲料は、シンナムアルデヒドを200〜900ppbの含有量で含有するとともにデカナールを40〜180ppbの含有量で含有する。また、感じられる苦味がより抑えられて飲みやすくなる観点から、好ましくはシンナムアルデヒド:300〜800ppb、デカナール:40〜120ppb、より好ましくはシンナムアルデヒド:300〜500ppb、デカナール:70〜100ppbである。
シンナムアルデヒド:200〜900ppb、デカナール:40〜180ppbとの含有量を満足することで、範囲外にある場合と比較して、飲んだときに感じられる苦味が抑えられ、また、おいしさに関してより優れた飲料とすることができる。具体的には、シンナムアルデヒド、デカナールを上記含有量の範囲内で含有することで、範囲外にある場合と比較して、感じられる苦味が抑えられ、より飲みやすい飲料とすることができる。さらにシンナムアルデヒドとデカナールを上記含有量の範囲内で含有することの作用により、感じられるコーラフレーバーが強まり、また、好ましいものとなり、飲料のおいしさも改善される。
シンナムアルデヒド、デカナールはそれぞれ単独の形で原料水に添加されてもよく、また、例えば他のフレーバー等を付与できる成分との混合物の形で原料水に添加されてもよい。

0015

また、本実施形態の無糖炭酸飲料は、本発明の目的を達成することができる範囲内において他の成分を含んでもよく、特に限定されない。
例えば、シンナムアルデヒドおよびデカナールのみを上記含有量で飲料中に含有させることでもスパイス系およびカンキツ系の風味を想起させるコーラフレーバーを有する無糖炭酸飲料が得ることができる。一方で、上記のとおり、コーラフレーバーを有すると感じられる限り、他のフレーバーを付与できる成分(香料とも称される)が添加されて本実施形態の無糖炭酸飲料が製造されてもよい。
使用される香料として、例えば、レモンフレーバー、ライムフレーバー、グレープフルーツフレーバー、オレンジフレーバー、スウィーティーフレーバー、シークァーサーフレーバー、ゆずフレーバー、みかんフレーバー、スダチフレーバー、カリンフレーバー、シソフレーバー、アップルフレーバー、クリームフレーバー、トロピカルフルーツフレーバー、ミルク系フレーバー、メロンフレーバー、ミントフレーバー、ハニーフレーバー、ヨーグルトフレーバー、ベリーフレーバー、グレープフレーバーアセロラフレーバー、アボカドフレーバー、あんずフレーバー、イチゴフレーバー、いちじくフレーバー、フレーバー、キウイフレーバー、カシスフレーバー、クランベリーフレーバー、さくらんぼフレーバー、スイカフレーバー、すももフレーバー、ヤマモモフレーバー、ドリアンフレーバー、パイナップルフレーバーパパイヤフレーバー、バナナフレーバー、ブルーベリーフレーバー、マスカットフレーバー、マンゴーフレーバー、フレーバー、洋ナシフレーバー、ライチフレーバー、ラズベリーフレーバー、ストロベリーフレーバー、ウメフレーバー、緑茶フレーバーウーロン茶フレーバー、紅茶フレーバー、ココアフレーバー、チョコレートフレーバーコーヒーフレーバーカシアフレーバー、ローズマリーフレーバー、モミノキフレーバー、マツブサフレーバー、モロヘイヤフレーバー、ヤクチフレーバー、ユーカリフレーバー、シナモンフレーバー、ジンジャーフレーバー、タイムフレーバー、ナツメグフレーバー、ハッカフレーバー、マタタビフレーバー、マチコフレーバー、マツフレーバー、マツオウジフレーバー、マッシュルームフレーバー、マツタケフレーバー、マメフレーバー、マリーゴールドフレーバー、バニラフレーバー、スパイス系フレーバー、ナッツ系フレーバー、洋酒系フレーバー、フラワー系フレーバー、野菜系フレーバー等が挙げられる。

0016

さらに、本実施形態の無糖炭酸飲料は、その他の成分、例えば市販の飲料において用いられている飲料成分が含まれるようにしてもよい。このような成分としては、酸味料炭酸水素ナトリウムクエン酸ナトリウムリン酸ナトリウム塩化ナトリウムなどのナトリウム塩硫酸マグネシウムなどのマグネシウム塩リン酸カリウムなどのカリウム塩塩化カルシウムなどのカルシウム塩pH調整剤保存料抗酸化剤、甘味料、アミノ酸などを挙げることができる。

0017

本実施形態の無糖炭酸飲料は、例えば、原料水に、シンナムアルデヒド、デカナール、その他必要に応じて加えられるその他の成分を添加するとともに、飲料中に二酸化炭素を溶存させる処理を行うことで製造することができる。
飲料中に二酸化炭素を溶存させる処理は特に限定されず、例えば、濃縮状態にある原料混合液に二酸化炭素を溶存させた水を混合して炭酸飲料とする方法(ポストミックス法)や、原料水に原料を混合して得られた混合液に二酸化炭素を直接噴き込んで溶解させる方法(プレミックス法)が挙げられる。
本実施形態の無糖炭酸飲料におけるガス圧については、特に限定されないが、例えば0.46MPa以下が好ましく、より好ましくは0.40MPa以下である。0.46MPa以下とすることで、範囲外にある場合と比較して苦味が抑えられ、より飲みやすくなる。
また、ガス圧の下限値については炭酸飲料である限り特に限定されないが、飲んだときに得られる刺激や爽快感の観点から、0.19MPa以上が好ましい。
なお、本明細書において、ガス圧とは、1気圧、20℃における容器詰め飲料ガス内圧力をいう。その測定は、試料を20℃とした後、ガス内圧力計を取り付け、一度活栓を開いてガス抜き(スニフト)操作を行い、直ちに活栓を閉じてから激しく振とうし、圧力が一定の値になった時の値をMPaに換算することにより行うことができる。

0018

本実施形態の無糖炭酸飲料は、例えば容器封入された容器詰飲料とすることができる。
容器への封入方法などは特に限定されず、例えば常法に従って行うことができる。
容器も炭酸飲料に用いられる公知のものを適宜選択して用いることができ、素材や形状など特に限定されない。容器の具体例としては、例えば、透明又は半透明ビンPETボトル等の透明又は半透明のプラスチック容器スチール缶アルミニウム缶等の金属缶等が挙げられる。

0019

以上、本実施形態によれば、飲んだときにコーラフレーバーを感じることができる、新規な無糖炭酸飲料を提供することができる。
また、本実施形態によれば、シンナムアルデヒド:200〜900ppb、デカナール:40〜180ppbとの一定の範囲内で含有させることで、飲んだときの苦味が抑えられて飲みやすいコーラ様無糖炭酸飲料を提供することができる。さらに、シンナムアルデヒド、デカナールを上記範囲内とすることで飲料のおいしさも改善することができる。

0020

以下の実施例により本発明を更に具体的に説明するが、本発明はこれらに限定されない。

0021

デカナールとシンナムアルデヒドを表1に示す含有量となるように水に溶解させるとともに、ガス圧が0.32〜0.40Mpaとなるようにポストミックス法により炭酸ガスを含有させて無糖炭酸飲料を調製し、ペットボトル(500ml)に封入して容器詰め無糖炭酸飲料を製造した。なお、表1の値は上記のガス内圧力計を用いての方法に基づき得られた測定値である。

0022

0023

得られた飲料について、3名のパネラーにより、飲みやすさについて評価を行った(n=3)。
評価は表2に示す各7段階の評価尺度に基づいて行った。得られた評点平均値について、糖類を含有する通常のコーラの含有量でシンナムアルデヒドを添加した無糖炭酸飲料(比較例であるサンプルNo.1)よりも飲みやすい場合に、苦味が抑えられ、飲みやすさが改善されていると判断した。
また、併せて、飲料のおいしさ、感じられたコーラフレーバーの好ましさ(コーラ感の良さ)、感じられたコーラフレーバーの強さ(コーラ感の強さ)についても評価を行わった。
これらも表2に示す7段階の評価尺度に基づき、評価を行った。
結果を表3および図1〜4に示す。

0024

0025

実施例

0026

表1、図1〜4から理解できるとおり、シンナムアルデヒド:200〜900ppbおよびデカナール:40〜180ppbとの関係を満足することで、飲みやすさについて改善されたコーラ様無糖炭酸飲料が得られることがわかった。さらに、シンナムアルデヒド:200〜900ppbおよびデカナール:40〜180ppbとの関係を満足することで、飲料のおいしさ、コーラ感の良さ、コーラ感の強さについても改善が認められ、また、飲んだときにシナモンおよびシトラスの両方のフレーバーが感じられた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 味の素株式会社の「 タンパク質含有飲料の製造方法」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】加齢に伴う消化器官の衰えや咀嚼力及び嚥下機能が低下している高齢者でも容易に飲用できる、良好な風味を有する新規タンパク質含有飲料及びその製造方法の提供。【解決手段】グリシン及び/又はアスパルテー... 詳細

  • 株式会社ヴィガラスの「 黒ウコン含有組成物、その使用、および黒ウコン含有組成物混合食品」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】黒ウコンに添加物を配合した組成物、及びその含有量の最適化による著しい男性機能の向上が可能な組成物の提供。【解決手段】黒ウコンと、該黒ウコン成分に対して特定の比率の亜鉛、アルギニン、シトルリン、... 詳細

  • 会津天宝醸造株式会社の「 甘酒用米麹の製造方法」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題】保存によって米麹の品質を向上させることが可能な甘酒用米麹の製造方法を提供する。【解決手段】製麹後の米麹を0〜5℃の温度に冷却する出麹冷却段階と、出麹冷却段階の後、米麹を容器内に充填して密閉する... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ