図面 (/)

技術 インスタントメッセージングのためのポータブル電子装置

出願人 アップルインコーポレイテッド
発明者 ルメイスティーブンオーファンオスマルセルハーツスコットクリスティーグレッグ
出願日 2018年1月29日 (1年6ヶ月経過) 出願番号 2018-012846
公開日 2018年6月14日 (1年2ヶ月経過) 公開番号 2018-093521
状態 未査定
技術分野 電話機の機能 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 挿入バー 水滴音 隣接グラフ メモパッド セルホン 垂直方向上向き ワイヤレスLAN スライダースイッチ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年6月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

解決手段

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスGUI)500を含む。このGUIは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを有する。メッセージのセットは、時間順に表示される。タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示がスクロールされる。このスクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである。

概要

背景

ポータブル電子装置がよりコンパクトになり、所与の装置で遂行されるファンクションの数が増加するにつれて、ユーザがマルチファンクション装置と容易に対話できるようにするユーザインターフェイスを設計することが意義深い挑戦となっている。この挑戦は、デスクトップ及びラップトップコンピュータより非常に小さなスクリーンを有するハンドヘルドポータブル装置にとって特に意義深いものである。この状況は不利なものである。何故ならば、ユーザインターフェイスは、ユーザがコンテンツを受け取るだけでなく、装置の特徴、ツール及びファンクションにアクセスするユーザの試みを含むユーザのアクション又は振舞いに対する応答も受け取るゲートウェイだからである。

あるポータブル通信装置(例えば、モバイルホンセルホンセルラー電話等とも時々称される移動電話)は、ユーザがデータにアクセスし、それを記憶し、又、操作できるようにするため、より多くのプッシュタンを追加し、プッシュボタンの密度を高め、プッシュボタンのファンクションを過負荷状態にし、又は複雑なメニューシステムを使用することに頼っている。これらの従来のユーザインターフェイスは、ユーザが覚えねばならない複雑なキーシーケンス及びメニュハイアラーキーをしばしば招く。

又、物理的なプッシュボタンを含むような従来の多数のユーザインターフェイスは、融通性もない。これは、ユーザインターフェイスがポータブル装置で実行されるアプリケーション又はユーザのいずれかによって構成され及び/又は適応されるのを妨げることもあるので、不適切である。多数のキーシーケンス及びメニューハイアラーキーを覚えるための時間のかかる要求や、希望のプッシュボタンを操作する困難さと結び付いたときには、このような融通性のなさがほとんどのユーザにとってフラストレーションとなる。

ポータブル装置をベースとするインスタントメッセージングIMサービスが次第に普及してきている。しかし、ポータブル電子装置でのほとんどのIMサービスは、初歩的なユーザインターフェイスを有する。このような装置でインスタントメッセージを生成するのは厄介である。ユーザは、1つのキャラクタを選択するために電話キーパッドを繰り返し押すことがしばしば必要となる。又、以前のインスタントメッセージを探して見ることも困難である。例えば、ユーザが、特定のユーザとの一連の以前のメッセージを見ながら、そのユーザに対する新たなメッセージを形成することは、不便であり、又は不可能なこともある。

概要

インスタントメッセージングのためのポータブル電子装置を提供する。タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスGUI)500を含む。このGUIは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを有する。メッセージのセットは、時間順に表示される。タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示がスクロールされる。このスクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである。

目的

本発明は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置においてインスタントメッセージ会話を生成し、見、そして探すための透過的で且つ直感的なユーザインターフェイスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置でのコンピュータ実施方法において、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するステップと、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するステップであって、このスクロールジェスチャーの検出は、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるステップと、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項2

ユーザにより他の個人へ送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイの第1の側に、そして他の個人によりユーザへ送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイの反対側に表示するステップを更に備えた、請求項1に記載の方法。

請求項3

1つ以上のメッセージの付近に1つ以上のタイムスタンプを表示するステップを更に備えた、請求項1に記載の方法。

請求項4

ユーザにより他の個人へ送信されるメッセージを第1の色で表示するステップと、他の個人によりユーザへ送信されるメッセージを、前記第1の色とは異なる第2の色で表示するステップと、を更に備えた請求項1に記載の方法。

請求項5

ユーザ及び他の個人の一方により送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイ上で左に整えて表示するステップと、ユーザ及び他の個人の他方により送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイ上で右に整えて表示するステップと、を更に備えた請求項1に記載の方法。

請求項6

ユーザから他の個人へ新たに送信されるメッセージの、前記タッチスクリーンディスプレイのメッセージコンポーズ領域から、前記タッチスクリーンディスプレイのメッセージ表示領域への移動を視覚アニメ化するステップを更に備えた、請求項1に記載の方法。

請求項7

ユーザと他の個人との間で交換されるメッセージをメッセージ表示領域に表示するステップと、テキストボックス及び第1セットのキーをメッセージコンポーズ領域に表示するステップと、を更に備えた請求項1に記載の方法。

請求項8

前記第1セットのキーのうちの1つとのユーザ接触を検出した際にテキストボックスに記号を表示するステップを更に備えた、請求項7に記載の方法。

請求項9

前記第1セットのキーのうちの1つとのユーザ接触を検出した際に、前記第1セットのキーのうちの少なくともサブセットを第2セットのキーと置き換えるステップを更に備えた、請求項7に記載の方法。

請求項10

ユーザにより入力されたテキストに基づいて1つ以上のテキスト入力示唆を前記メッセージコンポーズ領域に表示するステップと、規定のユーザジェスチャーを検出した際に、ユーザが選択したテキスト入力示唆をテキストボックスに追加するステップと、を更に備えた請求項7に記載の方法。

請求項11

ユーザにより入力されたテキストに基づいて1つ以上のテキスト入力示唆を前記メッセージコンポーズ領域に表示するステップと、規定のユーザジェスチャーを検出した際に、テキストボックス内のテキストの少なくとも一部分をユーザが選択したテキスト入力示唆に置き換えるステップと、を更に備えた請求項7に記載の方法。

請求項12

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置でのコンピュータ実施方法において、会話リストを表示するステップであって、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであるステップと、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するステップと、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいて前記会話のリストをスクロールするステップであって、前記スクロールジェスチャーは、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるステップと、を備えたコンピュータ実施方法。

請求項13

編集アイコンを前記タッチスクリーンディスプレイに表示するステップと、編集アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話の付近に削除アイコンを表示し、編集アイコンを終了アイコンに置き換えるステップと、1つの削除アイコンのユーザ選択を検出した際に、そのユーザ選択された削除アイコンに隣接した会話を削除するステップと、終了アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話に隣接した削除アイコンを削除し、そして終了アイコンを編集アイコンに置き換えるステップと、を更に備えた請求項12に記載の方法。

請求項14

編集アイコンを前記タッチスクリーンディスプレイに表示するステップと、編集アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話の付近に削除アイコンを表示するステップと、1つの削除アイコンのユーザ選択を検出した際に、そのユーザ選択された削除アイコンに隣接した会話を削除するステップと、どの削除アイコンによっても占有されていないタッチスクリーンディスプレイの一部分のユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話に隣接した削除アイコンを削除するステップと、を更に備えた請求項12に記載の方法。

請求項15

編集アイコンを前記タッチスクリーンディスプレイに表示するステップと、編集アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話の付近に削除アイコンを表示し、そして編集アイコンを終了アイコンに置き換えるステップと、1つの削除アイコンのユーザ選択を検出した際に、そのユーザ選択された削除アイコンに隣接した会話の付近に確認アイコンを表示するステップと、その確認アイコンのユーザ選択を検出した際に、前記ユーザ選択された削除アイコンに隣接した会話を前記タッチスクリーンディスプレイから削除するステップと、を更に備えた請求項12に記載の方法。

請求項16

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、メモリに記憶され、そして1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記プログラムは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するためのインストラクションと、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するためのインストラクションであって、このスクロールジェスチャーの検出が、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるインストラクションと、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするためのインストラクションと、を含むものである、ポータブル電子装置。

請求項17

ユーザにより他の個人へ送信されるメッセージは、前記タッチスクリーンディスプレイの第1の側に表示され、そして他の個人によりユーザへ送信されるメッセージは、前記タッチスクリーンディスプレイの反対側に表示される、請求項16に記載の装置。

請求項18

1つ以上のメッセージの付近に1つ以上のタイムスタンプを表示するインストラクションを更に備えた、請求項16に記載の装置。

請求項19

ユーザにより他の個人へ送信されるメッセージを第1の色で表示するインストラクションと、他の個人によりユーザへ送信されるメッセージを、前記第1の色とは異なる第2の色で表示するインストラクションと、を更に備えた請求項16に記載の装置。

請求項20

ユーザ及び他の個人の一方により送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイ上で左に整えて表示するインストラクションと、ユーザ及び他の個人の他方により送信されるメッセージを前記タッチスクリーンディスプレイ上で右に整えて表示するインストラクションと、を更に備えた請求項16に記載の装置。

請求項21

ユーザから他の個人へ新たに送信されるメッセージの、前記タッチスクリーンディスプレイのメッセージコンポーズ領域から、前記タッチスクリーンディスプレイのメッセージ表示領域への移動を視覚上アニメ化するインストラクションを更に備えた、請求項16に記載の装置。

請求項22

ユーザと他の個人との間で交換されるメッセージをメッセージ表示領域に表示するインストラクションと、テキストボックス及び第1セットのキーをメッセージコンポーズ領域に表示するインストラクションと、を更に備えた請求項16に記載の装置。

請求項23

前記第1セットのキーのうちの1つとのユーザ接触を検出した際にテキストボックスに記号を表示するインストラクションを更に備えた、請求項22に記載の装置。

請求項24

前記第1セットのキーのうちの1つとのユーザ接触を検出した際に、前記第1セットのキーのうちの少なくともサブセットを第2セットのキーと置き換えるインストラクションを更に備えた、請求項22に記載の装置。

請求項25

ユーザにより入力されたテキストに基づいて1つ以上のテキスト入力示唆を前記メッセージコンポーズ領域に表示するインストラクションと、規定のユーザジェスチャーを検出した際に、ユーザが選択したテキスト入力示唆をテキストボックスに追加するインストラクションと、を更に備えた請求項22に記載の装置。

請求項26

ユーザにより入力されたテキストに基づいて1つ以上のテキスト入力示唆を前記メッセージコンポーズ領域に表示するインストラクションと、規定のユーザジェスチャーを検出した際に、テキストボックス内のテキストの少なくとも一部分をユーザが選択したテキスト入力示唆に置き換えるインストラクションと、を更に備えた請求項22に記載の装置。

請求項27

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、メモリに記憶され、そして1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記プログラムは、会話のリストを表示するためのインストラクションであって、各会話が装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであるインストラクションと、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するためのインストラクションと、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールするためのインストラクションであって、前記スクロールジェスチャーが前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるインストラクションと、を含むものである、ポータブル電子装置。

請求項28

編集アイコンを前記タッチスクリーンディスプレイに表示するインストラクションと、編集アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話の付近に削除アイコンを表示し、前記編集アイコンを終了アイコンに置き換えるインストラクションと、1つの削除アイコンのユーザ選択を検出した際に、そのユーザ選択された削除アイコンに関連した確認アイコンを表示するインストラクションと、前記確認アイコンのユーザ選択を検出した際に、前記ユーザ選択された削除アイコンに関連した会話を削除するインストラクションと、前記終了アイコンのユーザ選択を検出した際に、各々のリストされた会話に隣接した前記削除アイコンを削除し、そして前記終了アイコンを前記編集アイコンに置き換えるインストラクションと、を更に備えた請求項27に記載の装置。

請求項29

前記確認アイコン及び前記ユーザ選択された削除アイコンを前記タッチスクリーンディスプレイの互いに反対側に表示するインストラクションを更に備えた、請求項28に記載の装置。

請求項30

コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを備え、そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示し、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、このスクロールジェスチャーの検出は、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであり、更に、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールする、ようにさせるインストラクションを含むものである、コンピュータプログラム製品

請求項31

コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを備え、そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、会話のリストを表示し、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであり、更に、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、そして前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールする、ようにさせるインストラクションを含み、前記スクロールジェスチャーは、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである、コンピュータプログラム製品。

請求項32

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスにおいて、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを備え、前記メッセージのセットは、時間順に表示され、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールし、更に、前記スクロールジェスチャーの検出は、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立している、グラフィックユーザインターフェイス。

請求項33

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスにおいて、会話のリストを有し、各会話は、前記装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであり、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールし、更に、前記スクロールジェスチャーの検出は、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立している、グラフィックユーザインターフェイス。

請求項34

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するための手段と、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するための手段であって、このスクロールジェスチャーの検出は、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである手段と、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするための手段と、を備えたポータブル電子装置。

請求項35

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、会話のリストを表示するための手段であって、各会話は、前記装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものである手段と、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するための手段と、前記スクロールジェスチャーに応答して、前記スクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールするための手段であって、このスクロールジェスチャーは、前記タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである手段と、を備えたポータブル電子装置。

請求項36

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置でのコンピュータ実施方法において、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するステップを備え、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む、コンピュータ実施方法。

請求項37

前記第1アドレスは電話番号であり、前記第2アドレスはe−メールアドレスである、請求項36に記載の方法。

請求項38

前記第1及び第2のアドレスは、2つの異なる電話番号である、請求項36に記載の方法。

請求項39

前記第1及び第2のアドレスは、2つの異なるe−メールアドレスである、請求項36に記載の方法。

請求項40

タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成され、更に、前記プログラムは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するためのインストラクションを含み、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む、ポータブル電子装置。

請求項41

コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを備え、そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するようにさせるインストラクションを含み、更に、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む、コンピュータプログラム製品。

請求項42

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスにおいて、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に備え、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む、グラフィックユーザインターフェイス。

請求項43

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、前記装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するための手段を備え、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む、ポータブル電子装置。

技術分野

0001

ここに開示する実施形態は、一般に、ポータブル電子装置係り、より詳細には、インスタントメッセージング遂行するためのポータブル装置に係る。

背景技術

0002

ポータブル電子装置がよりコンパクトになり、所与の装置で遂行されるファンクションの数が増加するにつれて、ユーザがマルチファンクション装置と容易に対話できるようにするユーザインターフェイスを設計することが意義深い挑戦となっている。この挑戦は、デスクトップ及びラップトップコンピュータより非常に小さなスクリーンを有するハンドヘルドポータブル装置にとって特に意義深いものである。この状況は不利なものである。何故ならば、ユーザインターフェイスは、ユーザがコンテンツを受け取るだけでなく、装置の特徴、ツール及びファンクションにアクセスするユーザの試みを含むユーザのアクション又は振舞いに対する応答も受け取るゲートウェイだからである。

0003

あるポータブル通信装置(例えば、モバイルホンセルホンセルラー電話等とも時々称される移動電話)は、ユーザがデータにアクセスし、それを記憶し、又、操作できるようにするため、より多くのプッシュタンを追加し、プッシュボタンの密度を高め、プッシュボタンのファンクションを過負荷状態にし、又は複雑なメニューシステムを使用することに頼っている。これらの従来のユーザインターフェイスは、ユーザが覚えねばならない複雑なキーシーケンス及びメニュハイアラーキーをしばしば招く。

0004

又、物理的なプッシュボタンを含むような従来の多数のユーザインターフェイスは、融通性もない。これは、ユーザインターフェイスがポータブル装置で実行されるアプリケーション又はユーザのいずれかによって構成され及び/又は適応されるのを妨げることもあるので、不適切である。多数のキーシーケンス及びメニューハイアラーキーを覚えるための時間のかかる要求や、希望のプッシュボタンを操作する困難さと結び付いたときには、このような融通性のなさがほとんどのユーザにとってフラストレーションとなる。

0005

ポータブル装置をベースとするインスタントメッセージング(IMサービスが次第に普及してきている。しかし、ポータブル電子装置でのほとんどのIMサービスは、初歩的なユーザインターフェイスを有する。このような装置でインスタントメッセージを生成するのは厄介である。ユーザは、1つのキャラクタを選択するために電話キーパッドを繰り返し押すことがしばしば必要となる。又、以前のインスタントメッセージを探して見ることも困難である。例えば、ユーザが、特定のユーザとの一連の以前のメッセージを見ながら、そのユーザに対する新たなメッセージを形成することは、不便であり、又は不可能なこともある。

発明が解決しようとする課題

0006

そこで、使用、構成及び/又は適用することが容易なインスタントメッセージングのためのより透過的で且つ直感的なユーザインターフェイスを伴うポータブルマルチファンクション装置要望されている。

課題を解決するための手段

0007

ポータブル装置のためのユーザインターフェイスに関連した前記欠点及び他の問題は、ここに開示するポータブルマルチファンクション装置によって緩和され又は排除される。ある実施形態では、装置は、グラフィックユーザインターフェイスGUI)を伴うタッチ感知ディスプレイタッチスクリーン又はタッチスクリーンディスプレイとしても知られている)と、1つ以上のプロセッサと、メモリと、多数のファンクションを遂行するためにメモリに記憶された1つ以上のモジュールプログラム又はインストラクションセットとを有する。ある実施形態では、ユーザは、タッチ感知ディスプレイ上で主として指接触及びジェスチャーを通してGUIと対話する。インスタントメッセージング動作を遂行するためのインストラクションは、1つ以上のプロセッサで実行するように構成されたコンピュータプログラム製品に含まれてもよい。

0008

本発明の1つの態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置が、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示し、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、このスクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであり、更に、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするというコンピュータ実施方法包含する。

0009

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置が、会話リストを表示し、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであり、更に、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、そしてそのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールし、このスクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである、コンピュータ実施方法を包含する。

0010

本発明の別の態様は、ポータブル電子装置を包含する。この装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備えている。1つ以上のプログラムは、メモリに記憶され、そして1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するためのインストラクションと、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するためのインストラクションであって、このスクロールジェスチャーの検出が、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるインストラクションと、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするためのインストラクションと、を含む。

0011

本発明の別の態様は、ポータブル電子装置を包含する。この装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを備えている。1つ以上のプログラムは、メモリに記憶され、そして1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、会話のリストを表示するためのインストラクションであって、各会話が装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであるインストラクションと、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するためのインストラクションと、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールするためのインストラクションであって、スクロールジェスチャーがタッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであるインストラクションと、を含む。

0012

本発明の別の態様は、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを含むコンピュータプログラム製品を包含する。そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示し、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、このスクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものであり、更に、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールする、ようにさせるインストラクションを含む。

0013

本発明の別の態様は、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを含むコンピュータプログラム製品を包含する。そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置により実行されたときに、その装置が、会話のリストを表示し、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものであり、更に、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出し、そしてそのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールする、ようにさせるインストラクションを含み、前記スクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである。

0014

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)を包含する。このGUIは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを有する。このメッセージのセットは、時間順に表示される。タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、スクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールし、ここで、スクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである。

0015

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)を包含する。このGUIは、会話のリストを有し、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものである。タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するのに応答して、スクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールする。スクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである。

0016

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するための手段と、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するための手段であって、このスクロールジェスチャーの検出は、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである手段と、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいてメッセージの表示をスクロールするための手段と、を備えたポータブル電子装置を包含する。

0017

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置において、会話のリストを表示するための手段であって、各会話は、装置のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージのセットを含むものである手段と、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の実質的な垂直移動より成るスクロールジェスチャーを検出するための手段と、そのスクロールジェスチャーに応答して、そのスクロールジェスチャーの方向に基づいて会話のリストをスクロールするための手段であって、このスクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立したものである手段と、を備えたポータブル電子装置を包含する。

0018

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置が装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するコンピュータ実施方法を包含する。他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。

0019

本発明の別の態様は、ポータブル電子装置を包含する。この装置は、タッチスクリーンディスプレイと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムとを含む。1つ以上のプログラムは、メモリに記憶されて、1つ以上のプロセッサにより実行されるように構成される。1つ以上のプログラムは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するためのインストラクションを含む。他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。

0020

本発明の別の態様は、コンピュータ読み取り可能な記憶媒体と、そこに埋められたコンピュータプログラムメカニズムとを備えたコンピュータプログラム製品を包含する。そのコンピュータプログラムメカニズムは、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置によって実行されたときに、その装置が、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するようにさせるインストラクションを含む。他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。

0021

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)を包含する。このGUIは、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に有する。他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。

0022

本発明の別の態様は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置であって、装置のユーザと別の個人との間で交換されるメッセージのセットを時間順に表示するための手段を備えたポータブル電子装置を包含する。他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。

0023

従って、本発明は、タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置においてインスタントメッセージ会話を生成し、見、そして探すための透過的で且つ直感的なユーザインターフェイスを提供する。

0024

本発明の上述した実施形態及びその付加的な実施形態を良く理解するために、全図面にわたり対応する部分を同じ参照番号で示した添付図面を参照して、実施形態を詳細に説明する。

図面の簡単な説明

0025

ある実施形態に基づくタッチ感知ディスプレイを伴うポータブル電子装置を示すブロック図である。
ある実施形態に基づくタッチスクリーンを有するポータブル電子装置を示す図である。
ある実施形態に基づくポータブル電子装置をアンロックするためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づくポータブル電子装置におけるアプリケーションのメニューのためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきポータブル電子装置上にインスタントメッセージ会話をリストするためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージのためのテキストを入力するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージ会話を削除するユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づく連絡先リストのためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づく連絡先リストのためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージングの電話番号を入力するためのユーザインターフェイスを例示する図である。
ある実施形態に基づきポータブル電子装置のタッチスクリーン上にインスタントメッセージ会話のリストを表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきポータブル電子装置のタッチスクリーンとの規定のユーザ接触を検出する際に、ユーザが選択したインスタントメッセージ会話を表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づき、ユーザが入力したキャラクタ及びワード示唆がもしあれば、それを表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきキーボード選択アイコンとのユーザ接触を検出した際に各キーボードを表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきシフトキーとの特定のユーザ接触の意味を解釈するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づき各受信者へインスタントメッセージを送信するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づき編集のためにインスタントメッセージ会話のリストを表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきユーザが選択したインスタントメッセージ会話を編集するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきユーザが選択したインスタントメッセージ会話を除去するか又は会話編集モード退出するためのプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づきインスタントメッセージを送信するためにユーザが選択する連絡先のリストを表示するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づき新たな電話番号を使用して新たな会話を開始するプロセスを示すフローチャートである。
ある実施形態に基づき新たなインスタントメッセージに対してユーザにアラートするユーザインターフェイスを例示する図である。

実施例

0026

添付図面に示された実施形態を以下に詳細に説明する。以下の詳細な説明において、本発明を完全に理解するために多数の特定の細部について述べる。しかしながら、当業者であれば、本発明は、これらの特定の細部を伴わずに実施できることが明らかであろう。その他の点で、これら実施形態の観点を不必要に不明瞭にしないために、良く知られた方法、手順、コンポーネント回路及びネットワークは、詳細に説明しない。

0027

ポータブル電子装置、このような装置のためのユーザインターフェイス、及びこのような装置を使用するための関連プロセスの実施形態について説明する。ある実施形態では、装置は、PDA及び/又は音楽プレーヤファンクションのような他のファンクションも含む移動電話のようなポータブル通信装置である。

0028

ユーザインターフェイスは、タッチスクリーン、又はタッチスクリーン上に表示されるバーチャルクリックホイールに加えて、物理的なクリックホイールを含むことができる。クリックホイールとは、ホイール角度変位又は装置のユーザによるホイールとの接触点に基づいて、ナビゲーションコマンドを与えることのできるユーザインターフェイス装置である。又、クリックホイールは、例えば、装置のユーザがホイールの少なくとも一部分又はホイールの中心を押し下げたときに、1つ以上のアイテムの選択に対応するユーザコマンドを与えるように使用することもできる。或いは又、タッチスクリーン面上のクリックホイール映像との接触を遮断すると、選択に対応するユーザコマンドを指示することができる。簡単化のために、以下の説明において、タッチスクリーンを含むポータブルマルチファンクション装置は、一実施形態として使用される。しかしながら、ユーザインターフェイス及びそれに関連するプロセスの幾つかは、物理的クリックホイール、物理的キーボードマウス、及び/又はジョイスティックのような1つ以上の他の物理的ユーザインターフェイス装置を含む、パーソナルコンピュータ及びラップトップコンピュータのような他の装置にも適用できることを理解されたい。

0029

インスタントメッセージングに加えて、この装置は、種々の他のアプリケーション、例えば、電話アプリケーションビデオ会議アプリケーション、e−メールアプリケーションブログアプリケーション、デジタルカメラアプリケーションデジタルビデオカメラアプリケーション、ウェブブラウジングアプリケーション、デジタル音楽プレーヤアプリケーション、及び/又はデジタルビデオプレーヤアプリケーションをサポートする。

0030

装置において実行することのできる種々のアプリケーションは、少なくとも1つの共通の物理的ユーザインターフェイス装置、例えば、タッチスクリーンを使用することができる。タッチスクリーンの1つ以上のファンクション、及び装置に表示される対応する情報は、アプリケーションごとに及び/又は各アプリケーション内で調整し及び/又は変更することができる。このように、装置の共通の物理的アーキテクチャー(タッチスクリーンのような)は、直感的及び透過的なユーザインターフェイスで種々のアプリケーションをサポートすることができる。

0031

ユーザインターフェイスは、1つ以上のソフトキーボード実施形態を含むことができる。ソフトキーボード実施形態は、参考として内容をここに援用する2006年7月24日に出願された“KeyboardsFor Portable Electronic Devices”と題する米国特許出願第11/459,606号、及び2006年7月24日に出願された“Touch Screen Keyboards For Portable Electronic Devices”と題する第11/459,615号に説明されたように、キーボードの表示アイコン上に標準(QWERTY)及び/又は非標準構成の記号を含むことができる。キーボード実施形態は、タイプライターの場合のような既存の物理的キーボードにおけるキーの数に対して減少された数のアイコン(又はソフトキー)を含むことができる。これは、ユーザがキーボードにおいて1つ以上のアイコン、ひいては、1つ以上の対応する記号を容易に選択できるようにする。キーボードの実施形態は、適応式とすることができる。例えば、表示されるアイコンは、1つ以上のアイコン及び/又は1つ以上の対応する記号を選択する等のユーザのアクションに基づいて変更することができる。ポータブル電子装置における1つ以上のアプリケーションは、共通の及び/又は異なるキーボード実施形態を使用することができる。従って、使用するキーボード実施形態は、少なくとも幾つかのアプリケーションに対して仕立てることができる。ある実施形態では、1つ以上のキーボード実施形態を各ユーザに対して仕立てることができる。例えば、各ユーザのワード使用履歴辞書スラング、個々の使用)に基づく。キーボード実施形態の幾つかは、1つ以上のアイコン、従って、ソフトキーボード実施形態を使用するときには1つ以上の記号、を選択するときのユーザエラーの確率を減少するように調整できる。

0032

ここで、装置の実施形態に注意を向ける。図1は、ある実施形態に基づくタッチ感知ディスプレイ112を伴うポータブル電子装置100を示すブロック図である。タッチ感知ディスプレイ112は、便宜上「タッチスクリーン」とも称される。この装置100は、メモリ102(1つ以上のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を含む)と、メモリコントローラ122と、1つ以上の処理ユニット(CPU)120と、周辺インターフェイス118と、RF回路108と、オーディオ回路110と、スピーカ111と、マイクロホン113と、入力/出力(I/O)サブシステム106と、他の入力又は制御装置116と、外部ポート124と、を含むことができる。更に、装置100は、1つ以上の光学的センサ164を含むこともできる。これらのコンポーネントは、1つ以上の通信バス又は信号ライン103を経て通信することができる。

0033

装置100は、ポータブル電子装置100の一例に過ぎず、又、装置100は、図示された以上の又はそれ以下のコンポーネントを有してもよく、2つ以上のコンポーネントを組み合わせてもよく、或いは異なる構成又は配置のコンポーネントを有してもよいことが明らかである。図1に示す種々のコンポーネントは、1つ以上の信号処理及び/又は特定用途向け集積回路を含めて、ハードウェアソフトウェア、又はその両方の組合せで実施されてもよい。

0034

メモリ102は、高速ランダムアクセスメモリを含み、又、不揮発性メモリ、例えば、1つ以上の磁気ディスク記憶装置フラッシュメモリ装置、又は他の不揮発性ソリッドステートメモリ装置を含んでもよい。装置100の他のコンポーネント、例えば、CPU120及び周辺インターフェイス118によるメモリ102へのアクセスは、メモリコントローラ122によって制御することができる。

0035

周辺インターフェイス118は、装置の入力及び出力周辺機器をCPU120及びメモリ102に結合する。1つ以上のプロセッサ120は、メモリ102に記憶された種々のソフトウェアプログラム及び/又はインストラクションセットを走らせ或いは実行して、装置100の種々のファンクションを遂行し、データを処理する。

0036

ある実施形態では、周辺インターフェイス118、CPU120、及びメモリコントローラ122は、チップ104のような単一チップにおいて実施されてもよい。幾つかの他の実施形態では、それらは、個別のチップにおいて実施されてもよい。

0037

RF(高周波)回路108は、電磁信号とも称されるRF信号を受信し送信する。RF回路108は、電気信号と電磁信号との間で変換を行い、電磁信号を経て通信ネットワーク及び他の通信装置と通信する。RF回路108は、これらのファンクションを遂行するための良く知られた回路を含むことができ、アンテナシステムや、RFトランシーバーや、1つ以上の増幅器や、チューナや、1つ以上の発振器や、デジタル信号プロセッサや、CODECチップセットや、加入者アイデンティティモジュールSIMカードや、メモリ、等を含むが、これらに限定されない。RF回路108は、ネットワーク、例えば、ワールドワイドウェブ(WWW)とも称されるインターネットや、イントラネット及び/又はワイヤレスネットワーク、例えば、セルラー電話ネットワークワイヤレスローカルエリアネットワーク(LAN)及び/又はメトロポリタンエリアネットワークMAN)や、他の装置とワイヤレス通信により通信することができる。ワイヤレス通信は、複数の通信規格プロトコル、及びテクノロジーのいずれかを使用することができ、これらは、グローバルシステム・フォー・モバイルコミュニケーション(GSM登録商標))や、エンハンストデータGSM(登録商標)エンビロンメント(EDGE)や、高速ダウンリンクパケットアクセス(HSDPA)や、ワイドバンドコード分割多重アクセス(W−CDMA)や、コード分割多重アクセス(CDMA)や、時分割多重アクセス(TDMA)や、ブルーツースや、ワイヤレスフィデリティ(Wi−Fi)(例えば、IEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11g、及び/又はIEEE802.11n)や、ボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)や、Wi−MAXや、e−メール用のプロトコル(例えば、インターネットメッセージアクセスプロトコル(IMAP)及び/又はポストオフィスプロトコル(POP))や、インスタントメッセージング(例えば、エクステンシブル・メッセージングアンドプレゼンス・プロトコル(XMPP)、セッションイニシエーション・プロトコル・フォー・インスタントメッセージング・アンド・プレゼンス・レバレッジエクステンションズ(SIMPLE)、及び/又はインスタントメッセージング・アンド・プレゼンスサービス(IMPS))や、及び/又はショートメッセージングサービス(SMS)や、本願の出願日にはまだ開発されていない通信プロトコルを含む他の適当な通信プロトコルを含むが、これらに限定されない。

0038

オーディオ回路110、スピーカ111及びマイクロホン113は、ユーザと装置100との間のオーディオインターフェイスをなす。オーディオ回路110は、周辺インターフェイス118からオーディオデータ受け取り、そのオーディオデータを電気信号に変換し、そしてその電気信号をスピーカ111へ送出する。スピーカ111は、電気信号を人間が聞き取れる音波へ変換する。又、オーディオ回路110は、音波からマイクロホン113により変換された電気信号も受け取る。オーディオ回路110は、電気信号をオーディオデータへ変換し、そしてそのオーディオデータを処理のために周辺装置118へ送出する。オーディオデータは、周辺インターフェイス118により、メモリ102及び/又はRF回路108から検索され及び/又はそこに送出されてもよい。ある実施形態では、オーディオ回路110は、ヘッドセットジャック(図示せず)も含む。ヘッドセットジャックは、オーディオ回路110と、取り外し可能なオーディオ入力/出力周辺機器、例えば、出力専用ヘッドホン、或いは出力(例えば、片又は両耳用のヘッドホン)及び入力(例えば、マイクロホン)の両方を伴うヘッドセットとの間のインターフェイスをなす。

0039

I/Oサブシステム106は、装置100の入力/出力周辺機器、例えば、ディスプレイシステム112及び他の入力/制御装置116を周辺インターフェイス118に結合する。I/Oサブシステム106は、他の入力又は制御装置のためのディスプレイコントローラ156及び1つ以上の入力コントローラ160を含むことができる。1つ以上の入力コントローラ160は、他の入力又は制御装置116との間で電気信号を送信/受信する。他の入力/制御装置116は、物理的なボタン(例えば、プッシュボタン、ロッカーボタン、等)、ダイヤルスライダースイッチ、ジョイスティック、クリックホイール、等を含むことができる。幾つかの別の実施形態では、入力コントローラ160(1つ又は複数)は、次のうちのどれかに接続されてもよい(又はどれにも接続されなくてもよい)。即ち、キーボード、赤外線ポートUSBポート、及びマウスのようなポインタ装置。1つ以上のボタン(例えば、図2の208)は、スピーカ111及び/又はマイクロホン113の音量制御のためのアップダウンボタンを含んでもよい。1つ以上のボタンは、プッシュボタン(例えば、図2の206)を含んでもよい。プッシュボタンを素早く押すと、タッチスクリーン112のロックを外すことができるか、又はタッチスクリーン上のジェスチャーを使用して装置をアンロックするプロセスを開始することができ、これは、参考としてここに援用する(2005年12月23日に出願された“Unlocking a Device by Performing Gestures on an Unlock Image”と題する)米国特許出願第11/322,549号に説明されている。プッシュボタン(例えば、206)を長く押すと、装置100への電力オン又はオフにすることができる。ユーザは、1つ以上のボタンのファンクションをカスタマイズすることもできる。タッチスクリーン112は、バーチャル又はソフトボタン及び1つ以上のソフトキーボードを実施するのに使用される。

0040

タッチ感知タッチスクリーン112は、装置とユーザとの間の入力インターフェイス及び出力インターフェイスをなす。ディスプレイコントローラ156は、タッチスクリーン112との間で電気信号を送信及び/又は受信する。タッチスクリーン112は、ユーザに視覚出力を表示する。この視覚出力は、グラフィック、テキスト、アイコン、ビデオ、及びその組み合わせ(「グラフィック」と総称する)を含むことができる。ある実施形態では、視覚出力の幾つか又は全部が、ユーザインターフェイスオブジェクトに対応してもよく、その更なる詳細は、以下に述べる。

0041

タッチスクリーン112は、触覚及び/又は触感接触に基づくユーザからの入力を受け容れるタッチ感知面センサ、又はセンサのセットである。タッチスクリーン112及びディスプレイコントローラ156は(メモリ102における関連モジュール、及び/又はインストラクションのセットと共に)、タッチスクリーン112上の接触(及び接触の移動又は遮断)を検出し、そしてその検出された接触を、タッチスクリーン上に表示されるユーザインターフェイスオブジェクト(例えば、1つ以上のソフトキー、アイコン、ウェブページ又は映像)との相互作用へと変換する。ここに例示する実施形態では、タッチスクリーン112とユーザとの間の接触点は、ユーザの指に対応する。

0042

タッチスクリーン112は、LCD(液晶ディスプレイ)技術又はLPD(発光ポリマーディスプレイ)技術を使用できるが、他の実施形態では他のディスプレイ技術を使用してもよい。タッチスクリーン112及びディスプレイコントローラ156は、現在知られているか又は今後開発される複数のタッチ感知技術のいずれかを使用して、接触及びその移動又は遮断を検出することができ、このタッチ感知技術は、容量性抵抗性赤外線、及び表面音波技術、並びにタッチスクリーン112との1つ以上の接触点を決定するための他の接近センサアレー又は他の素子を含むが、これらに限定されない。タッチスクリーン112の幾つかの実施形態におけるタッチ感知ディスプレイは、参考として各々ここに援用する米国特許第6,323,846号(ウェスターマン氏等)、第6,570,557号(ウェスターマン氏等)、及び/又は第6,677,932号(ウェスターマン氏)、及び/又は米国特許公告第2002/0015024A1号に説明されたマルチタッチ感知タブレットと同様のものでよい。しかしながら、タッチスクリーン112は、ポータブル装置100からの視覚出力を表示するが、そのタッチ感知タブレットは、視覚出力を与えない。タッチスクリーン112は、100dpiを越える解像度をもつことができる。ここに例示する実施形態では、ディスプレイシステムのタッチスクリーンは、約168dpiの解像度を有する。ユーザは、適当なオブジェクト又は付属物、例えば、スタイラス、指、等を使用してタッチスクリーン112と接触することができる。ある実施形態では、ユーザインターフェイスは、主として指に基づく接触及びジェスチャーで機能するように設計され、これは、タッチスクリーンにおける指の接触面積が大きいために、スタイラスに基づく入力よりも精度がかなり低い。ある実施形態では、装置が、指に基づくおおよその入力を、ユーザが希望するアクションを遂行するための正確なポインタカーソル位置又はコマンドへと変換する。

0043

タッチスクリーン112のある実施形態におけるタッチ感知ディスプレイは、次の特許出願に説明されている。(1)2006年5月2日に出願された“Multipoint Touch Surface Controller”と題する米国特許出願第11/381,313号、(2)2004年5月6日に出願された“Multipoint Touch screen”と題する米国特許出願第10/840,862号、(3)2004年7月30日に出願された“Gestures For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第10/903,964号、(4)2005年1月31日に出願された“Gestures For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第11/048,264号、(5)2005年1月18日に出願された“Mode-Based Graphical User Interfaces For Touch Sensitive Input Devices”と題する米国特許出願第11/038,590号、(6)2005年9月16日に出願された“Virtual Input Device Placement On A Touch Screen User Interface”と題する米国特許出願第11/228,758号、(7)2005年9月16日に出願された“Operation Of A Computer With A Touch Screen Interface”と題する米国特許出願第11/228,700号、(8)2005年9月16日に出願された“Activating Virtual Keys Of A Touch-Screen Virtual Keyboard”と題する米国特許出願第11/228,737号、及び(9)2006年3月3日に出願された“Multi-Functional Hand-Held Device”と題する米国特許出願第11/367,749号。これらの出願は、全て、参考としてここに援用する。

0044

ある実施形態では、タッチスクリーンに加えて、装置100は、特定のファンクションをアクチベート又はデアクチベートするためのタッチパッド(図示せず)を含むことができる。ある実施形態では、タッチパッドは、タッチスクリーンとは異なり、視覚出力を表示しない装置のタッチ感知エリアである。タッチパッドは、タッチスクリーン112とは個別のタッチ感知面でもよいし、又はタッチスクリーンにより形成されたタッチ感知面の延長部でもよい。

0045

ある実施形態では、装置100は、入力制御装置116として物理的又はバーチャルクリックホイールを含むことができる。ユーザは、クリックホイールを回転することにより、又はクリックホイールとの接触点を移動することにより(例えば、接触点の移動量を、クリックホイールの中心点に対するその角度変位で測定する場合)、タッチスクリーン112に表示される1つ以上のグラフィックオブジェクト(以下、アイコンと称する)の中をナビゲートすることができ且つそれらと対話することができる。又、クリックホイールは、表示されたアイコンの1つ以上を選択するのに使用することもできる。例えば、ユーザは、クリックホイールの少なくとも一部分又はそれに関連したボタンを押し下げることができる。クリックホイールを経てユーザにより与えられるユーザコマンド及びナビゲーションコマンドは、入力コントローラ160、並びにメモリ102における1つ以上のモジュール及び/又はインストラクションセットにより処理することができる。バーチャルクリックホイールの場合、クリックホイール及びクリックホイールコントローラは、各々、タッチスクリーン112の一部分及びディスプレイコントローラ156でよい。又、バーチャルクリックホイールの場合、クリックホイールは、装置とのユーザ対話に応答してタッチスクリーンディスプレイ上に現れたり消えたりする不透明又は半透明なオブジェクトでよい。ある実施形態では、バーチャルクリックホイールは、ポータブルマルチファンクション装置のタッチスクリーン上に表示され、タッチスクリーンとのユーザ接触により動作される。

0046

又、装置100は、種々のコンポーネントに通電するための電源システム162も備えている。この電源システム162は、電力管理システムと、1つ以上の電源(例えば、バッテリ交流(AC))と、再充電システムと、停電検出回路と、電力コンバータ又はインバータと、電力状態インジケータ(例えば、発光ダイオードLED))と、ポータブル電子装置における電力の発生、管理及び配電に関連した他のコンポーネントとを含むことができる。

0047

又、装置100は、1つ以上の光学的センサ164も含むことができる。図1は、I/Oサブシステム106内の光学的センサコントローラ158に結合された光学的センサを示す。光学的センサ164は、電荷結合装置(CCD)又は相補的金属酸化物半導体(CMOS)ホトトランジスタを含むことができる。光学的センサ164は、周囲から1つ以上のレンズを通して投射された光を受け、そしてその光を、映像を表すデータへと変換する。像形成モジュール143に関連して、光学的センサ164は、静止映像又はビデオを捕獲することもできる。ある実施形態では、装置前面のタッチスクリーンディスプレイ112とは反対の装置100の背面に光学センサが配置され、タッチスクリーンディスプレイは、静止映像及び/又はビデオ映像取得のためのビューファインダとして使用することができる。ある実施形態では、装置の前面に光学的センサを配置して、ビデオ会議のためのユーザの映像を得る一方、ユーザは、他のビデオ会議参加者をタッチスクリーンディスプレイに見ることができる。ある実施形態では、光学的センサ164の位置をユーザが切り換え(例えば、装置ハウジング内でレンズ及びセンサを回転することにより)、単一の光学的センサ164を、タッチスクリーンディスプレイと共に、ビデオ会議と、静止映像及び/又はビデオ映像取得との両方に使用することができる。

0048

又、装置100は、1つ以上の接近センサ166を含むこともできる。図1は、周辺インターフェイス118に結合された接近センサ166を示している。或いは又、接近センサ166は、I/Oサブシステム106の入力コントローラ160に結合されてもよい。接近センサ166は、参考としてここに援用する2005年9月30日に出願された“Proximity Detector In Handheld Devices”と題する米国特許出願第11/241,839号、及び2005年9月30日に出願された“Proximity Detector In Handheld Devices”と題する米国特許出願第11/240,788号に説明されたように動作することができる。ある実施形態では、接近センサは、マルチファンクション装置がユーザの耳の付近に配置されたときに(例えば、ユーザが電話コールをなすときに)タッチスクリーン112をターンオフし、ディスエイブルする。ある実施形態では、装置がロック状態にあるときに不必要なバッテリの消耗を防止するために、接近センサは、装置がユーザのポケットハンドバック又は他の暗いエリアに入れられたときにスクリーンをオフに保持する。

0049

又、装置100は、1つ以上の加速度計168を含むこともできる。図1は、周辺インターフェイス118に結合された加速度計168を示す。或いは又、加速度計168は、I/Oサブシステム106の入力コントローラ160に結合することができる。加速度計168は、“Acceleration-based Theft Detection System for Portable Electronic Devices”と題する米国特許公告第20050190059号、及び“MethodsAnd Apparatus For Operating A Portable Device Based On An Accelerometer”と題する米国特許公告第20060017692号に説明されたように動作することができ、これらは、両方とも、参考としてここに援用する。ある実施形態では、1つ以上の加速度計から受け取ったデータの分析に基づいて情報がタッチスクリーンディスプレイに肖像ビュー又は風景ビューで表示される。

0050

ある実施形態では、メモリ102に記憶されるソフトウェアコンポーネントは、オペレーティングシステム126と、通信モジュール(又はインストラクションのセット)128と、接触/運動モジュール(又はインストラクションのセット)130と、グラフィックモジュール(又はインストラクションのセット)132と、テキスト入力モジュール(又はインストラクションのセット)134と、グローバルポジショニングシステム(GPS)モジュール(又はインストラクションのセット)135と、アプリケーション(又はインストラクションのセット)136と、を含むことができる。

0051

オペレーティングシステム126(例えば、ダーウイン(Darwin)、RTXC、LINUX(登録商標)、UNIX(登録商標)、OS
X、WINDOWS(登録商標)、又は埋め込まれたオペレーティングシステム、例えば、VxWorks)は、一般的なシステムタスク(例えば、メモリの管理、記憶装置の制御、電源の管理、等)を制御し及び管理するための種々のソフトウェアコンポーネント及び/又はドライバを備え、そして種々のハードウェアコンポーネントとソフトウェアコンポーネントとの間の通信を容易にする。

0052

通信モジュール128は、1つ以上の外部ポート124を経て他の装置との通信を容易にし、又、RF回路108及び/又は外部ポート124により受け取られたデータを取り扱うための種々のソフトウェアコンポーネントも備えている。外部ポート124(例えば、ユニバーサルシリアルバス(USB)、ファイアワイヤ(FIREWIRE)、等)は、他の装置へ直結するか、又はネットワーク(例えば、インターネット、ワイヤレスLAN、等)を経て間接的に結合するようにされる。ある実施形態では、外部ポートは、iPod(アップルコンピュータ社の商標)装置に使用される30ピンコネクタと同じであるか又は同様であるか及び/又はそれに適合できるマルチピン(例えば、30ピン)コネクタである。

0053

接触/運動モジュール130は、タッチスクリーン112(ディスプレイコントローラ156に関連した)及び他のタッチ感知装置(例えば、タッチパッド又は物理的なクリックホイール)との接触を検出することができる。接触/運動モジュール130は、接触の検出に関連した種々の動作、例えば、接触が生じたかどうか決定し、接触の移動があるかどうか決定すると共にタッチスクリーン112にわたって移動を追跡し、及び接触が遮断したかどうか(即ち、接触が止んだかどうか)決定する、等の動作を遂行するための種々のソフトウェアコンポーネントを備えている。接触点の移動を決定することは、接触点のスピード(大きさ)、速度(大きさ及び方向)、及び/又は加速度(大きさの変化及び/又は方向)を決定することを含む。これらの動作は、単一の接触(例えば、1本の指の接触)又は複数の同時接触(例えば、「マルチタッチ」/複数本の指の接触)に適用することができる。ある実施形態では、接触/運動モジュール130及びディスプレイコントローラ156は、タッチパッド上の接触も検出する。ある実施形態では、接触/運動モジュール130及びコントローラ160は、クリックホイール上の接触を検出する。

0054

グラフィックモジュール132は、表示されるグラフィックの強度を変化させるコンポーネントを含めて、タッチスクリーン112上にグラフィックをレンダリングし表示するための種々の既知のソフトウェアコンポーネントを備えている。ここで使用する「グラフィック」という語は、これに限定されないが、テキスト、ウェブページ、アイコン(ソフトキーを含むユーザインターフェイスオブジェクトのような)、デジタル映像、ビデオ、アニメーション、等を含めて、ユーザに表示できるいかなるオブジェクトも含む。

0055

グラフィックモジュール132のコンポーネントでよいテキスト入力モジュール134は、種々のアプリケーション(例えば、連絡先137、e−メール140、IM141、ブログ142、ブラウザ147、及びテキスト入力を必要とする他のアプリケーション)においてテキストを入力するためのソフトキーボードを与える。

0056

GPSモジュール135は、装置の位置を決定し、そしてこの情報を種々のアプリケーションに使用するべく与える(例えば、位置に基づくダイヤル動作に使用するために電話138へ、ピクチャービデオメタデータとしてカメラ143及び/又はブロガー142へ、そして天気ウィジェット地方イエローページウィジェット及びマップナビゲーションウィジェットのような位置に基づくサービスを提供するアプリケーションへ)。

0057

アプリケーション136は、次のモジュール(又はインストラクションのセット)或いはそのサブセット又はスーパーセットを含むことができる。
●連絡先モジュール137(時々アドレス帳又は連絡先リストとも称される)、
電話モジュール138、
●ビデオ会議モジュール139、
●e−メールクライアントモジュール140、
●インスタントメッセージング(IM)モジュール141、
ブログモジュール142、
●静止映像及び/又はビデオ映像のためのカメラモジュール143、
映像管理モジュール144、
ビデオプレーヤモジュール145、
●音楽プレーヤモジュール146、
ブラウザモジュール147、
カレンダーモジュール148、
●天気ウィジェット149−1、株ウィジェット149−2、計算器ウィジェット149−3、アラームクロックウィジェット149−4、辞書ウィジェット149−5、及びユーザにより得られる他のウィジェット、並びにユーザ生成ウィジェット149−6を含むことのできるウィジェットモジュール149、
●ユーザ生成ウィジェット149−6を形成するためのウィジェットクリエータモジュール150、及び/又は
サーチモジュール151。

0058

メモリ102に記憶できる他のアプリケーション136は、例えば、メモパッド及び他のワード処理アプリケーション、JAVA(登録商標)イネーブルアプリケーション、暗号化、デジタル権利の管理、音声認識、及び音声複製を含む。

0059

RF回路108、タッチスクリーン112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックモジュール132、及びテキスト入力モジュール134に関連して、インスタントメッセージングモジュール141は、インスタントメッセージに対応するキャラクタのシーケンスを入力し、既に入力されたキャラクタを変更し、各インスタントメッセージを送信し(例えば、電話ベースのインスタントメッセージのためのショートメッセージサービス(SMS)又はマルチメディアメッセージサービス(MMS)プロトコルを使用するか、或いはインターネットベースのインスタントメッセージのためのXMPP、SIMPLE又はIMPSを使用して)、インスタントメッセージを受信し、そしてポータブル装置100のユーザと他の各個人との間で交換されるメッセージを含むIM変換を見るために使用することができる。ある実施形態では、送信及び/又は受信されるインスタントメッセージは、MMS及び/又はエンハンスメッセージングサービスEMS)でサポートされるグラフィック、写真オーディオファイルビデオファイル及び/又は他のアタッチメントを含むことができる。ここで使用する「インスタントメッセージング」という語は、電話ベースのメッセージ(例えば、SMS又はMMSを使用して送信されるメッセージ)及びインターネットベースのメッセージ(例えば、XMPP、SIMPLE又はIMPSを使用して送信されるメッセージ)の両方を指す。インスタントメッセージングモジュール141を使用するユーザインターフェイス及び関連プロセスの実施形態を以下に詳細に説明する。

0060

上述したモジュール及びアプリケーション(インスタントメッセージングモジュール141を含む)は、上述した1つ以上のファンクションを遂行するためのインストラクションのセットに対応することに注意されたい。これらのモジュール(即ち、インストラクションのセット)は、個別のソフトウェアプログラム、手順又はモジュールとして実施される必要はなく、従って、種々の実施形態では、これらモジュールの種々のサブセットを組み合わせるか、さもなければ、アレンジし直すことができる。ある実施形態では、メモリ102は、上述したモジュール及びデータ構造体のサブセットを記憶することができる。更に、メモリ102は、上述されない付加的なモジュール及びデータ構造体を記憶することもできる。

0061

ある実施形態では、装置100は、装置におけるファンクションの規定のセットの動作がタッチスクリーン112及び/又はタッチパッドを通して排他的に実行される装置である。タッチスクリーン及び/又はタッチパッドを、装置100を動作するための一次入力/制御装置として使用することにより、装置100における物理的入力/制御装置(プッシュボタン、ダイヤル、等)の数を減少することができる。

0062

タッチスクリーン及び/又はタッチパッドを通して排他的に遂行できるファンクションの規定のセットは、ユーザインターフェイス間のナビゲーションを含む。ある実施形態では、タッチパッドは、ユーザがタッチすると、装置100を、装置100上に表示できるユーザインターフェイスからのメインホーム又はルートメニューへとナビゲートする。このような実施形態では、タッチパッドは、「メニューボタン」と称することができる。他の実施形態では、メニューボタンは、タッチパッドに代わって、物理的なプッシュボタン又は他の物理的な入力/制御装置でもよい。

0063

図2は、ある実施形態に基づくタッチスクリーン112を有するポータブル電子装置100を示す。タッチスクリーンは、1つ以上のグラフィックを表示することができる。この実施形態、及び以下に述べる他の実施形態では、ユーザは、例えば、1本以上の指202(図中には正しいスケールで描かれていない)又はスタイラス(図示せず)でグラフィックに接触又はタッチすることにより1つ以上のグラフィックを選択することができる。ある実施形態では、ユーザが1つ以上のグラフィックとの接触を遮断したときに1つ以上のグラフィックの選択が生じる。ある実施形態では、接触は、1回以上タップ(tap)すること、1回以上スワイプ(swipe)すること(左から右へ、右から左へ、上方及び/又は下方へ)、及び/又は装置100と接触させた指をローリング(rolling)すること(左から右へ、右から左へ、上方及び/又は下方へ)、等のジェスチャーを含むことができる。ある実施形態では、グラフィックとの偶発的な接触でグラフィックが選択されることはない。例えば、アプリケーションアイコン上を拭うスワイプジェスチャーは、選択に対応するジェスチャーがタップであるときには、対応するアプリケーションを選択できない。換言すれば、ポータブル電子装置100は、そのときどのアプリケーション又はモジュールが使用されるか考えた後に、ジェスチャーの意味を解釈し、それに応じて作用する。

0064

又、装置100は、「ホーム(home)」又はメニューボタン204のような1つ以上の物理的ボタンを含むこともできる。上述したように、メニューボタン204は、装置100において実行できるアプリケーションセット内の任意のアプリケーション136へナビゲートするのに使用できる。或いは又、ある実施形態では、メニューボタンは、タッチスクリーン112のGUIにおけるソフトキーとして実施される。

0065

一実施形態では、装置100は、タッチスクリーン112と、メニューボタン204と、装置を電源オン/オフすると共に装置をロックするためのプッシュボタン206と、音量調整ボタン(1つ又は複数)208とを備えている。プッシュボタン206は、このボタンを押して規定の時間インターバル中このボタンを押圧状態に保持することにより装置の電源をオン/オフにし、このボタンを押して規定の時間インターバルが経過する前にこのボタンを解除することにより装置をロックし、及び/又は装置をアンロックするか又はアンロックプロセスを開始するために、使用することができる。別の実施形態では、装置100は、マイクロホン113を通して幾つかのファンクションをアクチベート又はデアクチベートするために言葉による入力も受け容れることができる。

0066

ポータブル電子装置100において実施できるユーザインターフェイス(UI)及び関連プロセスの実施形態について以下に説明する。

0067

図3は、ある実施形態に基づきポータブル電子装置をアンロックするためのユーザインターフェイスを例示する。ある実施形態では、ユーザインターフェイス300は、次のエレメント、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●装置をアンロックするための指ジェスチャーで移動されるアンロック映像302、
●アンロックジェスチャーに対して視覚キューを与える矢印304、
●アンロックジェスチャーに対して付加的なキューを与えるチャンネル306、
時刻308、
曜日310、
●日付312、及び
●壁紙映像314。

0068

ある実施形態では、この装置は、それがユーザインターフェイスロック状態にある間にタッチ感知ディスプレイとの接触(例えば、ユーザの指がアンロック映像302又はその付近に接触する)を検出する。装置は、この接触に基づいてアンロック映像302を移動する。装置は、検出された接触が、チャンネル306を横切ってアンロック映像を移動するような規定のジェスチャーに対応する場合は、ユーザインターフェイスアンロック状態へと移行する。逆に、装置は、検出された接触が規定のジェスチャーに対応しない場合には、ユーザインターフェイスロック状態を維持する。上述したように、タッチスクリーン上でのジェスチャーを使用して装置をアンロックするプロセスは、参考としてここに援用する2005年12月23日に出願された“Unlocking a Device by Performing Gesture on an Unlock Image”と題する米国特許出願第11/322,549号に説明されている。

0069

図4は、ある実施形態に基づくポータブル電子装置におけるアプリケーションのメニューのためのユーザインターフェイスを例示する。ある実施形態では、ユーザインターフェイス400は、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●ワイヤレス通信のための信号強度インジケータ402、
●時刻404、
バッテリ状態インジケータ406、
●次のような頻繁に使用されるアプリケーションに対するアイコンを伴うトレー408、
○電話138、
○読まれないe−メールの数のインジケータ410を含んでもよいe−メールクライアント140、
○ブラウザ147、
○音楽プレーヤ146、及び
●次のような他のアプリケーションに対するアイコン、
○IM141、
○映像管理144、
○カメラ143、
○ビデオプレーヤ145、
天気149−1、
○株149−2、
○ブログ142、
○カレンダー148、
○計算器149−3、
○アラームクロック149−4、
○辞書149−5、及び
○ユーザ生成ウィジェット149−6。

0070

ある実施形態では、UI400は、全ての利用可能なアプリケーション136を1つのスクリーン上に表示し、アプリケーションのリストを(例えば、スクロールバーにより)スクロールする必要がないようにする。ある実施形態では、アプリケーションの数が増加するにつれて、アプリケーションに対応するアイコンのサイズを減少させて、全てのアプリケーションを、スクロールせずに、単一のスクリーン上に表示できるようにする。ある実施形態では、1つのスクリーン上に全てのアプリケーションをもたせると共に、メニューボタンをもたせることで、ユーザは、(例えば、アプリケーションに対応するアイコンにおけるタップ又は他の指ジェスチャーにより)メニューボタン204をアクチベートし、次いで、希望のアプリケーションをアクチベートするというせいぜい2つの入力で、希望のアプリケーションにアクセスすることができる。

0071

ある実施形態では、UI400は、ウィジェットベースのアプリケーション及び非ウィジェットベースのアプリケーションの両方への一体的なアクセスを与える。ある実施形態では、ユーザが生成したかどうかに関わらず、全てのウィジェットがUI400に表示される。他の実施形態では、ユーザ生成ウィジェット149−6のアイコンをアクチベートすると、そのユーザ生成ウィジェット又はそのユーザ生成ウィジェットに対応するアイコンを含む別のUI(図示せず)を導くことができる。

0072

ある実施形態では、ユーザは、例えば、参考としてここに援用する2006年7月24日に出願された“Portable Electronic Device With Interface Reconfiguration Mode”と題する米国特許出願第11/459,602号に説明されたプロセスを使用して、UI400においてアイコンをアレンジし直すことができる。例えば、ユーザは、指ジェスチャーを使用して、アプリケーションアイコンをトレー408へ及びトレー408から移動することができる。

0073

ある実施形態では、UI400は、参考としてここに援用する2005年12月23日に出願された“Account Information Display For Portable Communication Device”と題する米国特許出願第11/322,552号に説明されたように、装置の使用に関連したアカウント(例えば、セルラー電話アカウント)に対する更新されたアカウント使用メトリックを表示するゲージ(図示せず)を備えている。

0074

図5は、ある実施形態に基づきポータブル電子装置にインスタントメッセージ会話をリストするためのユーザインターフェイスを例示する図である。インスタントメッセージ会話は、ポータブル電子装置のユーザと、1人以上の他の個人との間で交換されるメッセージのセットを含む。ある実施形態では、ユーザインターフェイス500は、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●上述した402、404及び406、
●「インスタントメッセージ」又は他の同様のラベル502、
●ユーザがインスタントメッセージ会話をした個人の名前504(例えば、Jane Doe 504−1)、又は対応する個人の名前が得られない場合には電話番号(例えば、408-123-4567
504−3)、
●会話における最後のメッセージ又はその一部分のテキスト506(最後のメッセージとは、ユーザにより送信され又は受信された最後のものであることに注意されたい)、
●会話における最後のメッセージの日付508及び/又は時刻、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、それに対応する会話のためのUI(例えば、Jane Doe 504−1については図6A)への移行を開始する選択アイコン510、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、会話を削除するためのUI(例えば、図7)への移行を開始する編集アイコン512、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、ユーザ連絡先リスト(例えば、図8A)への移行を開始するメッセージ生成アイコン514、及び
●インスタントメッセージ会話のリストのどの部分が表示されるかユーザが理解するのを助ける垂直バー516。

0075

図10は、ある実施形態に基づきポータブル電子装置のタッチスクリーンにインスタントメッセージ会話のリストを表示するプロセスを示すフローチャートである。指ジェスチャーを検出すると(1002)(例えば、図4のIMアイコン141における指タップ412)、IMモジュール141は、IM会話のセットを識別し(1004)、そしてそれらをタッチスクリーン上に表示する(1006)。既存の会話を編集するか又は新たな会話を開始できるようにするために、ポータブル装置は、編集アイコン512及び生成メッセージアイコン514をタッチスクリーンに各々表示することができる(1008)。ポータブル装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触を監視し、それに応じてアクションを行う(1010)。

0076

図5に示すように、会話のリストは、時間順に表示することができる。“Jane Doe”との会話は、この例では、2006年1月29日と仮定される今日508−1発生された少なくとも1つのメッセージを含む唯一の会話であるために、最上部にある。ある実施形態では、会話は、各会話における最新のメッセージのタイムスタンプにより順序付けされる。ある実施形態では、ユーザによりチェックされていない少なくとも1つのメッセージを含む会話は、タッチスクリーンにおいてハイライト状態にされる。例えば、リストにおける第3の会話は、電話番号408-123-4567の個人により送信された最近のメッセージをユーザがチェックしていないことを示唆するために太字キャラクタを使用して表示される。

0077

ある実施形態では、インスタントメッセージ会話に関連した名前504は、そのインスタントメッセージ会話により使用される電話番号を含むユーザの連絡先リスト137内のエントリーを見つけることにより決定される。このようなエントリーが見つからない場合には、電話番号のみが表示される(例えば、504−3)。ある実施形態では、他の個人が2つ以上の異なる電話番号からメッセージを送信する場合に、使用する全ての電話番号がユーザの連絡先リスト137内の同じエントリー(即ち、他の個人に対するエントリー)において見つかる場合には個人の名前を含む同じ会話にメッセージが現れる。ある実施形態では、会話は、他の個人に関連した電話番号及び/又はe−メールアドレスから送信されたメッセージを含む。ある実施形態では、他の個人により送信されるメッセージは、他の個人に関連した第1アドレスから送信される第1メッセージと、その第1アドレスとは異なる他の個人に関連した第2アドレスから送信される第2メッセージとを含む。ある実施形態では、第1アドレスは電話番号であり、第2アドレスはe−メールアドレスである。ある実施形態では、第1及び第2アドレスが2つの異なる電話番号である。ある実施形態では、第1及び第2アドレスが2つの異なるe−メールアドレスである。

0078

他の実施形態では、他の個人が、2つ以上の異なる電話番号からメッセージを送信する場合に、メッセージが、異なる番号に対応する異なる会話に現れる。電話番号又は他の識別子は、これらの会話を互いに区別するために個人の名前の次に表示される。

0079

ある実施形態では、インスタントメッセージ会話の名前フィールドは、その会話にメッセージの受信者及び/又は送信者として参加する複数の当事者の名前又は他の識別子を含む。全ての名前を表示するための余地がない場合には、名前の選択されたサブセットが、終わりに“...”のような記号を伴って表示され、これは、より多くの当事者が会話に存在することを指示する。デフォールトにより、ポータブル電子装置のユーザによるメッセージは、会話の全当事者へ送信される。簡単化のために、ここに述べるIM会話の以下の実施形態は、ユーザ及び別の当事者の、2人の当事者しか含まない。しかし、当業者であれば、本発明について述べる方法は、3人以上の当事者を含むIM会話にも適用できることが明らかであろう。

0080

インスタントメッセージを「会話」(装置のユーザと各個人又は電話番号との間で交換されるインスタントメッセージ)へと自動的にビン処理(binning)することで、ユーザが複数の当事者とのインスタントメッセージ交換を実行し、追跡することが容易にされる。以下に述べるように、ユーザは、他の当事者により送信された最後のメッセージを見ることができるだけでなく、ユーザと他の当事者との間で交換された古いメッセージを参観することもできる。

0081

ある実施形態では、垂直バー516は、タッチスクリーンディスプレイ又はその付近でオブジェクトが検出された(例えば、インスタントメッセージ会話のリスト上のどこかで指タッチが検出された)後に、一時的に表示される。ある実施形態では、垂直バー516は、リストの表示部分の頂部の垂直位置が、リストの表示部分のリスト内垂直位置に対応している。ある実施形態では、垂直バー516は、垂直長さが、表示されるリストの部分に対応している。ある実施形態では、IM会話の全リストをタッチスクリーン112に同時に表示できる場合には、垂直バー516が表示されない。ある実施形態では、IM会話の全リストをタッチスクリーン112に同時に表示できる場合には、垂直バー516が、リスト表示エリアの長さに対応する長さで表示される(例えば、図5に示すように)。

0082

上述したように、ポータブル装置は、会話リストとのユーザ接触を監視する(1010)。ユーザがタッチスクリーン上で自分の指又はスタイラスを実質的に垂直方向にスワイプするときに(1012)、このユーザ接触をスクロールジェスチャーとして解釈することができる。ある実施形態では、スクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは独立している。ある実施形態では、スクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立している(例えば、タッチスクリーンディスプレイの1つ以上の側部領域は、他のファンクション、例えば、スクロールジェスチャーに利用できないアイコン、ソフトキー又はアプリケーションナビゲーションファンクションに対応するファンクションに予約されてもよい)。従って、ポータブル電子装置は、会話リストをスクロールし、会話リストの異なる部分を表示する(1020)。

0083

図5に示したように、会話リストは、スクロールジェスチャー516に一致する方向に移動する。スクロールジェスチャーが下方(又は上方)である場合には、会話リストも、下方(又は上方)に移動する。会話リストを下方にスクロールすると、典型的に、第1エントリー(例えば、Jane Doe504−1)に到達するまで、リストをリスト内のより早期のエントリーへとスクロールする。しかし、ユーザがIM会話をあまり多くもたない場合には、ポータブル電子装置は、会話リスト全体を表示することができ、スクロールジェスチャーは、効果がない。

0084

ユーザが自分の指又はスタイラスを使用して編集アイコン512をタップする場合には(1018)、ポータブル電子装置は、会話リストUIを、ユーザが会話を編集できるようにする新たなUIに置き換える。会話編集特徴の詳細な説明は、図7及び16を参照して以下に述べる。

0085

同様に、ユーザがメッセージ生成アイコン514をタップする場合には(1019)、ポータブル電子装置は、会話リストUIを、ユーザが新たなインスタントメッセージ、ひいては、新たな会話を生成できるようにする新たなUIに置き換える。この特徴のより詳細な説明は、図8A−8B、9及び19を参照して以下に述べる。

0086

ユーザがリスト内の特定の会話をタップする場合には(1014)、ポータブル電子装置は、そのタップを、ユーザがユーザ選択会話に関連したメッセージをチェックしようとすることを指示するジェスチャーとして解釈する。従って、ポータブル電子装置は、図5に示す会話リストUIを、図6Aに示す会話UIに置き換える。

0087

図6Aないし6Kは、ある実施形態に基づきインスタントメッセージのテキストを入力するためのユーザインターフェイスを例示する。

0088

ある実施形態では、ユーザインターフェイス600A(図6A)は、次のエレメント、或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●上述した402、404及び406、
●インスタントメッセージ会話に使用される電話番号に対応する名前504(又は名前が得られない場合には電話番号それ自体)、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、インスタントメッセージ会話をリストするUI(例えば、UI500)への移行を開始するインスタントメッセージアイコン602、
●典型的にUI600Aの片側に沿って整然とリストされた他の当事者からのインスタントメッセージ604、
●会話におけるメッセージの前後の相互作用を示すために典型的にUI600Aの反対側に沿って整然とリストされた他の当事者へのインスタントメッセージ606、
●インスタントメッセージの少なくとも幾つかに対するタイムスタンプ608、
テキストエントリボックス612、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、他の当事者(例えば、Jane Doe 504−1)へのテキストボックス612内のメッセージの送信を開始する送信アイコン614、
●ボックス612にテキストを入力するための文字キーボード616、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、異なるキーボード(例えば、624、図6C)の表示を開始する別のキーボードセレクタアイコン618、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、他の当事者(例えば、Jane Doe 504−1)へのテキストボックス612内のメッセージの送信を開始する送信アイコン620、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、文字キーボード616で選択された次の文字大文字にするシフトキー628、及び
●IM会話におけるインスタントメッセージのリストのどの部分が表示されるかユーザが理解するのを助ける垂直バー630。

0089

図11は、ある実施形態に基づきポータブル電子装置のタッチスクリーンとの規定のユーザ接触を検出する際にユーザ選択インスタントメッセージ会話を表示するためのプロセスを示すフローチャートである。この例では、Jane Doeとの会話における指ジェスチャー518(図5)に応答して、Jane Doeとの会話が表示される。

0090

Jane Doeとの会話のユーザ選択を検出すると(1102)、IMモジュール141は、会話に関連したインスタントメッセージ604及び606のセットを識別し(1104)、そしてタッチスクリーンのメッセージ表示領域にインスタントメッセージを時間順に表示する(1106)。既存の会話を見ているユーザは、他の個人への新たなインスタントメッセージをコンポーズしたくなることがあるので、ポータブル電子装置は、タッチスクリーン上にメッセージコンポーズ領域も表示する(1108)。ある実施形態では、メッセージコンポーズ領域は、ユーザにより入力されたキャラクタを表示するテキストボックス612と、送信メッセージアイコン614と、文字キーボード616と、キーボードセレクタアイコン618とを含む。ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触を監視し、そしてそれに応じて応答する(1110)。

0091

ある実施形態では、ポータブル電子装置は、装置のユーザが別のアプリケーションを使用し、例えば、ブラウザ147を使用してウェブページをブラウジングするか又は音楽プレーヤ146を使用して音楽を聴く間に、インスタントメッセージを受信する。この場合に、装置は、タッチスクリーン112において進行中のアプリケーションのユーザインターフェイスを新たなユーザインターフェイスに置き換えるか、又は進行中のアプリケーションに対するユーザインターフェイスの上に新たなユーザインターフェイスを重畳することができる。図21は、ある実施形態に基づき新たなインスタントメッセージに対してユーザにアラートするためのユーザインターフェイスを例示する。このユーザインターフェイスは、進行中のアプリケーションを中止又は終了してもよいし、しなくてもよい。例えば、ユーザは、この新たなユーザインターフェイスがタッチスクリーン112に現れたときに音楽をまだ聞くことができる。これは、ユーザがその後にIMモジュール141をアクチベートするように選択し、そして新たなメッセージに応答する場合でも、言えることである。

0092

ある実施形態では、新たなユーザインターフェイス(例えば、UI2100、図21)は、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
到来するインスタントメッセージの電話番号とユーザ連絡先137における電話番号との一致をとることで決定できるインスタントメッセージ送信者の名前(例えば、Jane Doe)2102、
●新たに受信されたインスタントメッセージ又はその一部分2104(例えば、“Do U want 2...”、
●第1のアクションアイコン2106、例えば、“Ignore(無視)”、及び
●第2のアクションアイコン2108、例えば、“View(ビュー)”。“Ignore”アイコン2106をユーザが選択すると、進行中アプリケーションのユーザインターフェイスを回復し、そしてユーザは、到来するメッセージにより中断されたオペレーション再開することができる。“View”アイコン2108をユーザが選択すると、ユーザインターフェイス500をバイパスし、新たなインスタントメッセージを含むユーザインターフェイス600Aへユーザを直接もっていく。次いで、ユーザは、以下に述べるように、メッセージに関連したオペレーションを遂行することができる。

0093

ある実施形態では、ポータブル電子装置は、それがロックモードにある間にインスタントメッセージを受信することができる。この場合に、装置は、ユーザインターフェイス300における新たなメッセージの到着を指示する視覚アラートを含み、及び/又は装置のスピーカ111を通して聴覚アラートを発生することができる。装置のユーザが視覚及び/又は聴覚アラートに応答して装置のタッチスクリーン112をアンロックする場合には、ユーザは、タッチスクリーン上でユーザインターフェイス600Aを見ることができる(ユーザインターフェイス400ではない)。

0094

図6Aに示すように、Jane Doeからのインスタントメッセージ604は、最も最近のメッセージ(例えば、604−2)を最下部に向けた状態で、メッセージ表示領域の左側に表示することができる。ユーザによってJane Doeに送信されるメッセージは、表示領域の反対側にある。メッセージの相対的な垂直位置は、それらのメッセージが装置のユーザとJane Doeとの間で交換された順序に対応する。選択されたタイムスタンプ608は、更に、これらのメッセージが交換されたときを指示する。ある実施形態では、タイムスタンプは、それに関連するメッセージの付近に表示される。メッセージ表示領域が、現在、各メッセージのタイムスタンプを表示するに充分な余地をメッセージ表示領域に有していない場合には、装置は、メッセージのサブセットに対するタイムスタンプ、例えば、メッセージ604−1に対応するタイムスタンプ608−1をメッセージ領域の最上部に表示すると共に、メッセージ606−2に対応するタイムスタンプ608−2をメッセージ領域の最下部に表示するように選択できる。ある実施形態では、装置は、例えば、2つのメッセージ間時間ギャップが規定のスレッシュホールドより高い場合には、メッセージに対するより多くのタイムスタンプを中間部に表示することができる。インスタントメッセージから、ユーザは、会話の話題を容易に捕獲することができる。もし必要であれば、ユーザは、メッセージ表示領域にスクロールジェスチャー610を適用することにより(1112)、ディスプレイ上に現在ない他の古いメッセージをブラウズすることができる。それに応答して、ポータブル電子装置は、メッセージ会話のセットをスクロールする(1124)。ある実施形態では、スクロールジェスチャーは、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは独立している。ある実施形態では、スクロールジェスチャーは、上述したように、タッチスクリーンディスプレイとのユーザ接触の水平位置とは実質的に独立している。

0095

ある実施形態では、装置は、例えば、アンダーライン、異なるフォントサイズ又はスタイル、及び/又はカラーを使用して、到来するメッセージ及び出て行くメッセージのある部分をハイライト状態にする。典型的に、ハイライト状態の部分は、電話番号、URL、株チッカー、又は連絡先名のような特殊な含蓄を有すると思われる。これらのハイライト状態のメッセージ部分は、ユーザ選択可能である。例えば、メッセージ604−2のハイライト状態の部分“apple.com”においてユーザが指でジェスチャーすると、ブラウザ147がアクチベートされ、ウェブサイトwww.apple.comのホームページへもっていく。同様に、電話番号においてユーザが指でジェスチャーすると、電話138がアクチベートされ、その電話番号へのコールを開始する。

0096

ある実施形態では、垂直方向下方のスクロールジェスチャーは、会話を下方にスクロールし、これにより、会話の、より古いメッセージを示す。ある実施形態では、垂直方向上方のスクロールジェスチャーは、会話を上方にスクロールし、これにより、会話の、より新しい、より最近のメッセージを示す。ある実施形態では、上述したように、会話における最後のメッセージ(例えば、606−2)が、インスタントメッセージ会話500のリストに表示される(例えば、506−1)。

0097

ある実施形態では、垂直バー630は、タッチスクリーンディスプレイ又はその付近でオブジェクトが検出された(例えば、インスタントメッセージのリストのどこかで指タッチが検出された)後に一時的に表示される。ある実施形態では、垂直バー630は、リストの表示部分の頂部の垂直位置が、リストの表示部分のリスト内垂直位置に対応している。ある実施形態では、垂直バー630は、垂直長さが、表示されるリストの部分に対応している。例えば、図6Aにおいて、垂直バー630の垂直位置は、メッセージのリストの底部(最新のメッセージに対応する)が表示されていることを指示し、又、垂直バー630の垂直長さは、会話におけるメッセージのほぼ半分が表示されていることを指示する。

0098

キーボードの異なる文字キーにおけるユーザの指ジェスチャーに応答して(1114)、新たなインスタントメッセージがテキストボックス612にコンポーズされる。このコンポーズプロセスの説明は、図12を参照して以下に述べる。ある実施形態では、図6Aのキーボード616は、タッチスクリーンのサイズが限定されているために、26個の英文字しか有していない。数字句読点及び他の特殊な記号のようなキャラクタを入力するために、ユーザは、キーボードセレクタアイコン618上でタップし(1120)及び/又はシフトキーアイコン628上でタップして(1116)、付加的なキーボードをもってくるか、又は既存のキーボードを異なる表示モードに切り換える(例えば、大文字/小文字から小文字/大文字へ)ことが必要になる。これらプロセスの詳細な説明は、図13及び14を参照して、各々、以下に述べる。新たなメッセージを完成した後に、ユーザは、送信メッセージアイコン614又は620をタップし、メッセージを会話の他の参加者へ送信する(1118)。送信プロセスの更に詳細な説明は、図15を参照して以下に述べる。

0099

図12は、ある実施形態に基づき、ユーザが入力したキャラクタ及びワード示唆がもしあれば、それを表示するためのプロセスを示すフローチャートである。文字キーのユーザ選択を検出すると(1202)、ポータブル電子装置は、ユーザが選択した文字をテキストボックス612に表示する(1204)。新たなメッセージをコンポーズするプロセスを促進するために、ポータブル電子装置は、ユーザ入力に基づいてワード示唆を提示できるかどうか決定する(1206)。これを行うために、ポータブル電子装置は、言語に基づくアルゴリズム(例えば、参考としてここに全体を援用する2006年10月13日に出願された“Method, System, and Graphical User Interface for Text Entry with Partial Word Display”と題する米国特許出願第11/549,624号に説明された)をユーザ入力に適用して、そのデータベースから1つ以上の関連ワードを表示することができる(1208)。

0100

図6Bに示すように、ユーザインターフェイス600Bは、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、602、604、606、608、612、614、616、618、620、及び
●テキストボックス612においてユーザによりタイプされているワード断片を完了させるために考えられるワードのリストを与えるワード示唆エリア622。

0101

この実施例では、ユーザ入力ストリング“vacat”に基づき、ポータブル電子装置は、3つの考えられるワード“vacant”、“vacate”及び“vacation”をエリア622に表示する。ユーザは、各ワードアイコンにおける指タップによりそれらのいずれかを選択することができる。或いは又、ユーザは、自分の入力に厳密に一致するものにおいてタップすることにより全てのコンピュータ示唆ワードを無視することができる。ある実施形態では、ポータブル電子装置は、ユーザ入力を新たなワードとしてそのデータベースにセーブする。その後、ユーザが同じストリング又はそのサブセットを入力すると、ポータブル電子装置は、この新たなワードをワード示唆の1つとして表示することができる。ある実施形態では、ワード示唆エリアは、テキストにおける規定の時間遅延(例えば、2−3秒)がユーザにより入力される後までUI600Bに現れない。ある実施形態では、ワード示唆エリアは、使用されないか、又はユーザによりターンオフすることができる。

0102

ポータブル電子装置によって何も示唆されないか、又はオプションがターンオフされる場合には、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触の監視を再開し、そしてそれに応じてアクションを行う(1210)。

0103

ワード示唆を与える付加的な説明は、参考としてここにその内容をそのまま援用する2007年1月5日に出願された“Method, System, and Graphical User Interface for Providing Word Recommendations”と題する米国特許出願第11/620,642号に見ることができる。

0104

上述したように、キーボード616は、ユーザが入力を希望する全てのキャラクタを含まないことがある。付加的なキャラクタを導入するために種々の解決策が存在する。例えば、図6Bに示すように、ユーザは、キーボード選択アイコン618をタップして、現在文字キーボード616を、数字及び/又は句読点のようなキャラクタの異なるセットを含む新たなキーボードに置き換えることができる。

0105

図13は、ある実施形態に基づきキーボード選択アイコンとのユーザ接触を検出する際に各キーボードを表示するためのプロセスを示すフローチャートである。キーボードセレクタ618のユーザ選択に応答して(1302)、ポータブル電子装置は、どんな形式のキーボードが要求されたかチェックする(1304)。要求されたキーボードの形式に基づいて、ポータブル電子装置は、文字キーボードを表示する(1308)か、非文字キーボードを表示する(1306)。ある実施形態では、キーボードセレクタアイコン618とのユーザ接触の意味は、キーボードの現在表示モードに依存する。要求されたキーボードの表示に続いて、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触の監視を再開する(1310)。

0106

図6Cに示すように、図6Bにおけるキーボードセレクタアイコン618に対するユーザ指ジェスチャーの後に、新たなユーザインターフェイス600Cが、タッチスクリーン上に次のエレメント或いはサブセット又はスーパーセットでレンダリングされる。
●上述した402、404、406、602、604、606、608、612、614、620、及び622、
●主として、数字と句読点で形成され、頻繁に使用される句読点キー(例えば、ピリオドキー631、コンマキー633、疑問符キー635、及び感嘆符キー637)が他のキーより大きく作られている別のキーボード624、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、文字キーボード(例えば、616、図6A)の表示を開始する文字キーボードセレクタアイコン626、及び
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、更に別のキーボード(例えば、639、図6D)の表示を開始するシフトキー628。

0107

図6Bの非文字キーボードセレクタ618は、ここで、図6Cの文字キーボードセレクタ626と置き換えられることに注意されたい。ある実施形態では、ピリオドキー631及びコンマキー633は、頻繁に使用されるピリオド及びコンマを入力するためにユーザの指を移動する必要のある距離を短縮するために、キーボードセレクタアイコン626の付近に位置される。

0108

しかし、別のキーボード624は、全てを含まなくてもよい。例えば、“+”、“−”、“*”又は“/”のような演算子はもたなくてもよい。キーボードセレクタ626に対する指ジェスチャーは、新たなキーボードではなく、文字キーボード616に戻す。ある実施形態では、ユーザは、別のマルチファンクションキー、例えば、シフトキー628をタップし、付加的なキーボードをもってくることができる。

0109

ある実施形態では、キーボードセレクタアイコン(618、626)と同様に、シフトキー628は、異なるコンテクストにおいて異なる意味を有する。図14は、ある実施形態に基づきシフトキー628との特定のユーザ接触の意味を解釈するプロセスを示すフローチャートである。ポータブル電子装置は、シフトキーのユーザ選択を検出する(1402)。ポータブル電子装置は、どんなキーボードがタッチスクリーンに現在表示されているかチェックする(1404)。現在のキーボードが文字キーボードである場合には、シフトキーに対する指ジェスチャーでポータブル電子装置をトリガーして、その後のユーザ入力文字の表示モードを大文字から小文字へ又はそれとは逆に切り換える(1406)。

0110

図6Bへ戻ると、ある実施形態では、ポータブル電子装置は、デフォールトにより、第1ワード“how”の第1文字“h”のみを大文字で表示する。ユーザは、同じ文章に別の大文字を入力したい場合には、シフトキー628をタップすることができる。その結果、シフトキー628は、指ジェスチャーの後に視覚的に異なる仕方で(例えば、異なる色又は陰影で)表示される。ある実施形態では、シフトキー628は、ユーザが次の文字を大文字で入力した後に、小文字モードへ戻る。ユーザは、一連の大文字を入力したい場合は、シフトキー628が新たな見掛けを有するまで、規定の延長時間中(例えば、1−3秒間)、シフトキー628との指接触を維持することができる。他の実施形態では、シフトキー628は、シフトキー628に対して別の指ジェスチャーが検出されるまで、その後の全てのユーザ入力文字に対して大文字モードに留まる。

0111

図14に戻ると、シフトキー628とのユーザ接触は、現在キーボードが非文字キーボード(例えば、図6Cにおける別のキーボード624)である場合に、異なる意味を有する。キーボード624は、いずれのキャラクタも、2つの異なる表示モードを有していないので、ポータブル電子装置は、キーボード624を別の非文字キーボード639に置き換え(1408)、次いで、タッチスクリーンとの次のユーザ接触を待機する(1410)。

0112

図6Dは、対応するユーザインターフェイス600Dのスクリーンショットで、これは、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、602、604、606、608、612、614、620、622、626、628、及び
●主として、記号と句読点で形成され、頻繁に使用される句読点キー(例えば、ピリオドキー631、コンマキー633、疑問符キー635、及び感嘆符キー637)が他のキーより大きく作られている更に別のキーボード639。

0113

キーボード624と同様に、キーボード639のいずれのキャラクタも、2つの異なる表示モードを有していない。ある実施形態では、ユーザは、シフトキー628を再びタップして、より多くの特殊なキャラクタ又は記号をもつより多くの別のキーボードをもってくることができる。ある実施形態では、ユーザは、シフトキー628を再びタップして、別のキーボード624へ戻ることができる。又、いつでも、ユーザは、キーボード選択アイコン626をタップすることにより、文字キーボードに戻るように切り換えることもできる。

0114

ソフトキーボードの選択についての付加的な説明は、参考としてここに内容をそのまま援用する2006年10月26日に出願された“Method, System, and Graphical User Interface for Selecting a Soft Keyboard”と題する米国特許出願第11/553,431号に見ることができる。

0115

新たなメッセージを完成した後に、ユーザは、送信メッセージアイコン614又は620を(例えば、指ジェスチャーで)アクチベートすることにより、メッセージを送信する。図6Eは、このようなユーザインターフェイス600Eを示しており、これは、次のエレメント或いはそのサブセット又はスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、602、604、606、608、612、614、616、618、620、及び
●他の当事者に送信される新たなインスタントメッセージ6006−3。

0116

ある実施形態では、ユーザのこの指ジェスチャーは、テキストボックス612からメッセージ表示領域の側へ移動して、装置のユーザにより送信されたメッセージを示す新たなメッセージのアニメーションをトリガーする。例えば、ユーザが送信キー(例えば、614又は620)をトリガーすると、テキストボックス612のテキストが、ボックスから「飛び出す(pop)」か、又は他の仕方で出て来て、他の当事者へのユーザメッセージ606のストリングの一部分となる。図6Eの黒い矢印は、引用吹き出し606−3のアニメ化形成を示す。ある実施形態では、引用吹き出しのサイズは、メッセージのサイズと共に増減する。ある実施形態では、メッセージが送信されるときに、ユーザに通知するために、水滴音のような音も作られる。

0117

図15は、ある実施形態に基づき各受信者へインスタントメッセージを送信するプロセスを示すフローチャートである。送信メッセージアイコンのユーザ選択に応答して(1502)、ポータブル電子装置は、テキストボックスにユーザ入力が存在するかどうかチェックする(1504)。存在しなければ、送信アイコンにおけるユーザの指のジェスチャーを単に無視するか、又はタッチスクリーンにエラーメッセージを表示することができる(1508)。ある実施形態では、テキストボックスにユーザ入力が存在しない場合には送信アイコン614の視覚的見掛けが変化される(例えば、薄暗くされる)。

0118

テキストボックスにユーザ入力が存在する場合には(1504、イエス)、ポータブル電子装置は、任意であるが、ユーザ入力のスペルチェックを行うことができる(1506)。スペルエラーがある場合には(1506、イエス)、ユーザが選択するためにタッチスクリーンにエラーメッセージ及び/又はワード示唆が表示される(1512)。スペルエラーがない場合には、ポータブル電子装置は、メッセージを送信すると共に、テキストボックスからメッセージ表示領域への新たなメッセージの移動をアニメ化することもできる(1514)。次いで、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触を監視する(1516)。

0119

ある実施形態では、キーボード616(図6A、6B、6E−6K)、624(図6C)、及び/又は639(図6D)のキーは、ユーザがタッチ/アクチベートしたときに、希望のキーをアクチベートしたことをユーザが学習する上で助けとなるように、形状、陰影及び/又は色を短時間変化させる。ある実施形態では、指のジェスチャーによるタッチスクリーン上でのキーのユーザ選択は、同じ目的で音を付随する。他の実施形態では、ユーザによりどのキーが「押された」のか指示するために、異なる形式のキーストロークに異なる音が関連付けられる。ある実施形態では、ユーザの指接触に対応する輪郭又は陰影付けエリアが、ユーザのトレーニングを助けるために、キーボード上に示される。

0120

ある実施形態では、ユーザは、メッセージ表示領域における対応する引用吹き出しを指でタップすることにより会話からインスタントメッセージを削除することができる。それに応答して、ポータブル電子装置は、吹き出しを灰色化し、タッチスクリーンに小さな窓を飛び出させる。この小さな窓は、“Yes”アイコン及び“No”アイコンを含むことができる。ユーザが“Yes”アイコンを指でタップすることによりメッセージ削除の判断を再確認した場合に、ポータブル電子装置は、メッセージ表示領域から吹き出しを除去する。しかし、ユーザが“No”アイコンを選択した場合には、引用吹き出しがその通常の見掛けを再開する。

0121

ある実施形態では、ユーザインターフェイス600F(図6F)は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、612、614、616、618、620、及び628、
●アクチベートされたときに(例えば、フィールドを指でタップすることにより)、インスタントメッセージの受信者の電話番号(又は受信者がユーザの連絡先リストに既にある場合には受信者の名前)を受け取って表示する受信者入力フィールド632、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、スクロール可能な連絡先リスト(例えば、638、図6G)の表示を開始する追加受信者アイコン634、及び
●アクチベートされたときに(例えば、アイコンを指でタップすることにより)、新たなインスタントメッセージをキャンセルするキャンセルアイコン636。

0122

ある実施形態では、ユーザインターフェイス600G(図6G)は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、612、614、616、618、620、628、632、634、及び636、
●受信者入力フィールド632の入力に一致する連絡先のスクロール可能なリスト638、及び
●受信者入力フィールド632の入力に一致する連絡先リスト内のどれほど多くのアイテムが表示されているかユーザが理解する上で助けとなる垂直バー640。

0123

ある実施形態では、リスト638は、受信者入力フィールド632の入力に一致する連絡先を含む。例えば、文字“v”が入力された場合は、名前又は名字のいずれかが“v”で始まる連絡先が示される。フィールド632に文字“va”が入力された場合は、連絡先のリストは、名前又は名字のいずれかが“va”で始まる連絡先へと狭められ、等々となって、表示された連絡先の1つが選択される(例えば、リスト638の連絡先をタップすることにより)まで行われる。

0124

ある実施形態では、ユーザは、リスト638を表示するエリアに垂直スワイプジェスチャー642を適用することによりリスト638をスクロールすることができる。ある実施形態では、垂直方向下向きのジェスチャーがリストを下方にスクロールし、又、垂直方向上向きのジェスチャーがリストを上方にスクロールする。

0125

ある実施形態では、垂直バー640は、タッチスクリーンディスプレイ又はその付近でオブジェクトが検出された(例えば、リスト638上のどこかで指タッチが検出された)後に、一時的に表示される。ある実施形態では、垂直バー640は、リストの表示部分の頂部の垂直位置が、リストの表示部分のリスト内垂直位置に対応している。ある実施形態では、垂直バー640は、垂直長さが、表示されるリストの部分に対応している。

0126

ある実施形態では、ユーザインターフェイス600H(図6H)及び600I(図6I)は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、612、614、616、618、620、628、632、634、及び636、
●入力されているワードに隣接する示唆されたワード644、
●キーボード616のスペースバーにおける示唆されたワード、及び/又は
挿入マーカー656(例えば、カーソル、挿入バー挿入点、又はポインタ)。

0127

ある実施形態では、示唆されたワード644をアクチベートすると(例えば、示唆されたワードを指でタップすることにより)、タイプされているワードがその示唆されたワード644に置き換わる。ある実施形態では、示唆されたワード646をアクチベートすると(例えば、スペースバーを指でタップすることにより)、タイプされているワードがその示唆されたワード646に置き換わる。ある実施形態では、ユーザは、示唆されたワード644及び/又は646が示されるかどうかセットすることができる(例えば、ユーザの好みをセットすることにより)。

0128

ある実施形態では、ユーザへフィードバックを与えるために、文字が選択されると、それが短時間拡大される(例えば、図6Hにおいて、“din”をタイプした後に“N”が短時間拡大される)。

0129

ある実施形態では、ユーザインターフェイス600J(図6J)及び600K(図6K)は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、612、614、616、618、620、628、632、634、636、及び656、
拡張挿入マーカー657(時々「挿入点拡大子」と称される)の位置をユーザが調整する上で助けとなるグラフィックの拡張部分650、
●拡張挿入マーカー657、及び
●テキストの複数の行を含むインスタントメッセージのどの部分が表示されているか指示する垂直バー658。

0130

ある実施形態では、挿入マーカー656又はその付近での指接触648−1は、挿入点拡大子650及び拡張挿入マーカー657−1の表示を開始する。ある実施形態では、指接触がタッチスクリーン上で移動されると(例えば、位置648−2へ)、拡張挿入マーカーが対応的に移動する(例えば、657−2へ)と共に、挿入点拡大子650も対応的に移動する。従って、挿入点拡大子650は、タッチスクリーン上の指入力を使用して、カーソル又は他の挿入マーカーを位置付けるための効率的な仕方を与える。ある実施形態では、拡大子650は、目に見える状態に留まり、タッチスクリーンとの連続的な接触が維持される限り、位置付けし直すことができる(例えば、648−1から648−2へ、更に、648−3へ)。

0131

ある実施形態では、ポータブル電子装置は、グラフィックを表示すると共に、挿入マーカー(例えば、マーカー656、図6I)を、タッチスクリーンディスプレイ(例えば、図6I)のグラフィックにおける第1の位置に表示する。ある実施形態では、挿入マーカー656は、カーソル、挿入バー、挿入点又はポインタである。ある実施形態では、グラフィックは、テキストを含む(例えば、ボックス612のテキスト、図6I)。

0132

指接触(例えば、接触648−1、図6I)がタッチスクリーンディスプレイで検出される。ある実施形態では、指接触の位置が挿入マーカーの位置に接近している。ある実施形態では、指接触の位置が、テキスト入力エリア内のどこかである(例えば、ボックス612、図6I)。

0133

検出された指接触に応答して、挿入マーカーがタッチスクリーンディスプレイ上で第1のサイズ(例えば、マーカー656、図6I)から第2のサイズ(例えば、マーカー657−1、図6J)へ拡張され、又、タッチスクリーンディスプレイ上のグラフィックの一部分(例えば、部分650−1、図6J)が元のサイズから拡張サイズへと拡張される。

0134

ある実施形態では、拡張されるグラフィックの一部分は、挿入マーカー及び隣接グラフィックを含む。ある実施形態では、挿入点及びグラフィックの一部分が拡張された後に、挿入マーカー及び隣接グラフィックを元のサイズ及び拡張サイズで含むグラフィックが表示される。

0135

指接触の移動(例えば、648−1から648−2へ、図6J)がタッチスクリーンディスプレイ上で検出される。

0136

拡張挿入マーカーは、グラフィックにおける第1の位置(例えば、657−1、図6J)から第2の位置(例えば、657−2、図6J)への指接触の検出された移動に基づいて移動される。

0137

ある実施形態では、拡張されるグラフィックの一部分は、挿入マーカーが第1の位置から第2の位置へ(例えば、650−1から650−2へ、図6J)移動するときに変化する。ある実施形態では、拡張されるグラフィックの一部分は、規定の形状で表示される。ある実施形態では、拡張されるグラフィックの一部分(例えば、650、図6J)は、円で表示される。ある実施形態では、拡張挿入マーカーが円内にある。

0138

ある実施形態では、指接触の検出された移動は、タッチスクリーンディスプレイ上の水平成分と、タッチスクリーンディスプレイ上の垂直成分とを有する。ある実施形態では、指接触の検出された移動に基づいて拡張挿入マーカー657を移動することは、指接触が接触を遮断せずにテキストエントリーエリアの外部へ移動する場合、指接触の移動の水平成分に基づいて拡張挿入マーカー及びグラフィックの拡張部分を移動することを含む。例えば、図6Iにおいて、指接触が648−2(テキストエントリーエリア612の内部)から648−3(キーボードエリア内)へ移動する場合は、拡張挿入点657及びグラフィックの拡張部分650が、648−2から648−3への移動の水平成分(図示せず)に基づいてテキストエントリーエリアの下部に沿って水平に移動し得る。

0139

ある実施形態では、指接触の検出された移動に基づいて拡張挿入マーカーを移動することは、ソフトキーボードを使用して入力されたキャラクタを含むタッチスクリーンの第1のエリア(例えば、テキストボックス612、図6J)において拡張挿入マーカーを移動することを含み、ここで、ソフトキーボードは、第1のエリアから離れたタッチスクリーンの第2のエリアに配置される(例えば、キーボード616、図6I)。

0140

ある実施形態では、拡張挿入マーカーは、タッチスクリーンディスプレイとの指接触が遮断された場合には、第2のサイズから第1のサイズへ収縮される(例えば、挿入マーカー656、図6K)。ある実施形態では、収縮することは、拡張挿入マーカー657のアニメーションが第2の位置おける挿入マーカー656へと収縮することを含む。

0141

ある実施形態では、グラフィックの拡張部分650は、タッチスクリーンディスプレイとの指接触が所定時間中もはや検出されない場合に収縮される。

0142

タッチスクリーンディスプレイを伴うポータブル電子装置のグラフィックユーザインターフェイスは、挿入マーカー及びグラフィックを含む。タッチスクリーンディスプレイとの指接触648を検出するのに応答して、挿入マーカーは、第1のサイズ656から第2のサイズ657へ拡張され、そしてグラフィックの一部分が拡張される。タッチスクリーンディスプレイ上での指接触の移動を検出するのに応答して、グラフィックにおける第1の位置657−1からグラフィックにおける第2の位置657−2への指接触の検出された移動に基づいて拡張挿入マーカーが移動される。

0143

図6Eを参照して上述したように、送信キー614をユーザが指で選択すると、テキストボックス612からメッセージ表示領域へ移動するメッセージのアニメーションをトリガーする。ある実施形態では、メッセージを送信する前に、テキストが入力されるときにテキストボックスのサイズが拡張する(例えば、図6Hにおけるテキストの1行から図6Iにおけるテキストの2行へ)。ある実施形態では、テキストボックス612は、あまり多くのテキスト行を有する場合には(短い垂直バー658で示される)、全メッセージを表示するに充分な余地をもたない。複数行のメッセージを含む引用吹き出しがテキストボックス612から出て来るときには、規定の条件を満足するまで(例えば、吹き出しが全メッセージを含むに充分な余地を有し、及び/又は吹き出しのサイズが、会話における既存のメッセージの数に基づいて装置により静的に又は動的に決定されたスレッシュホールドに到達する)、そのサイズを徐々に増大する。例えば、テキストボックスが、10行のインスタントメッセージのうちの3行を示す場合には、引用吹き出しは、テキストボックス612からメッセージ表示領域へとメッセージを移動するアニメーションの間に、3行の引用吹き出しから10行の引用吹き出しへと増大することができる。

0144

挿入マーカーの位置付けに関する更なる説明は、参考としてここに内容をそのまま援用する2006年10月26日に出願された“Method, System, And Graphical User Interface For Positioning An Insertion Marker In A Touch Screen Display”と題する米国特許出願第11/553,436号に見ることができる。

0145

会話から個々のメッセージを削除するのに加えて、図5の編集アイコン512を経て全会話を削除することができる。図7は、ある実施形態に基づきインスタントメッセージ会話を削除するためのユーザインターフェイスを例示する。ある実施形態では、ユーザインターフェイス700は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、504、506、508、510、
●削除アイコン702、
●除去アイコン704、及び
●終了アイコン706。

0146

図16は、ある実施形態に基づきインスタントメッセージ会話のリストを編集のために表示するプロセスを示すフローチャートである。編集アイコン512のユーザ選択を検出すると(1602)、ポータブル電子装置は、削除アイコン702を各会話に関連付ける(1604)(例えば、削除アイコン702が各会話の次に現れる)。更に、ポータブル電子装置は、編集アイコン512を終了アイコン706に置き換え(1606)、そしてタッチスクリーンとのユーザ接触を監視する(1608)。

0147

ユーザが自分の指又はスタイラスをタッチスクリーン上で実質的に垂直方向にスワイプする場合には(1610)、ポータブル電子装置は、会話リストをスクロールする(1616)。ユーザが(例えば、指ジェスチャーで)削除アイコンをアクチベートする場合には、ポータブル電子装置は、対応する会話に対する削除プロセス続行する。例示的な会話除去プロセスの詳細な説明は、図17及び18を参照して以下に述べる。しかし、ユーザが終了アイコンにタッチする場合には、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンから全ての削除アイコン702を除去し、そして図5に示すように会話リストUIに戻す。

0148

図17は、ある実施形態に基づきユーザが選択したインスタントメッセージ会話を編集するプロセスを示すフローチャートである。会話に関連した削除アイコンのユーザ選択を検出すると(1702)、ポータブル電子装置は、削除アイコンの見掛けを変化させる(例えば、選択された削除アイコン702−4、図7、を90度回転する)(1704)。ポータブル電子装置は、確認アイコン(例えば、除去アイコン704)を選択された会話に関連付ける(1706)。ある実施形態では、編集プロセス中に、せいぜい一度に1つの確認がタッチスクリーン上に表示される。タッチスクリーンとの次のユーザ接触に基づいて(1708)、ポータブル電子装置は、会話リストに対して異なるオペレーションを遂行することができる。例えば、装置は、ユーザによるスクロールジェスチャーに応答してリストをアップ/ダウンにスクロールすることができる(1710、1718)。装置は、終了アイコン上での指ジェスチャー(1714)に応答して会話リストUIに戻すことができる。

0149

図18は、ある実施形態に基づきユーザ選択インスタントメッセージ会話を除去するか又は会話編集モードを退出するプロセスを示すフローチャートである。ユーザが確認アイコンを選択した場合には(1712、1802)、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンから会話を除去する(1804)。除去された会話が、リスト内の最後の会話でない場合には、ポータブル電子装置は、除去された会話により残されたスペースを埋めるために他の会話を上方にシフトすることができる(1806)。確認アイコン704に加えて、変更された削除アイコン702−4上での、又はある実施形態では、タッチスクリーン上のどこかでの指ジェスチャー(1716、1803)は、ユーザが会話を削除しないと決定することを指示する。従って、ポータブル電子装置は、削除アイコンをその元の見掛けに戻すよう変更し(1805)、そしてタッチスクリーンから確認アイコンを除去する(1807)。

0150

オペレーション1806又は1807に続いて、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触の監視を再開する(1808)。例えば、ユーザは、IM会話の削除を終了したときに終了アイコン706を指でタップすることによりそれをアクチベートすることができ(1814)、そして装置は、UI500に復帰する。ユーザは、それに関連した削除アイコンをアクチベートすることにより別の会話を削除することができる(1812)。スクリーンエリア以上を埋める長い会話リストがある場合には、ユーザは、タッチスクリーン上での垂直方向上方及び/又は垂直方向下方のジェスチャー708を使用してリストをスクロールすることができる(1810、1816)。

0151

タッチスクリーンの異なる部分でユーザによる複数のジェスチャーを要求するこの会話除去プロセス(例えば、削除アイコン702−4及び確認アイコン704は、タッチスクリーンの互いに反対側にある)は、ユーザが偶発的に会話又は他の同様のアイテムを削除する機会を減少することができる。

0152

再び図5を参照すれば、ユーザは、メッセージ生成アイコン514を(例えば、指タップ又は他のジェスチャーで)アクチベートすることにより別の個人との新たな会話をスタートすることができる。図19は、ある実施形態に基づきインスタントメッセージを送信するためにユーザが選択する連絡先のリストを表示するプロセスを示すフローチャートである。メッセージ生成アイコンのユーザ選択を検出した後(1902)、ポータブル電子装置は、この新たな会話が誰に向けられるか知らないので、ユーザのアドレス帳又は同等のものから連絡先のセットを識別する(1904)。次いで、ポータブル電子装置は、識別された連絡先をタッチスクリーン上に表示する(1908)。ある実施形態では、ポータブル電子装置は、連絡先リストに加えて、複数のアイコン、例えば、グループ連絡先アイコン、名前及び名字アイコン、アルファベットリストアイコン、キャンセルアイコン、及び他の番号のアイコンをタッチスクリーン上に表示する。これらアイコンのより詳細な説明は、図8A及び8Bを参照して以下に述べる。連絡先リスト及び付加的なアイコンをレンダリングした後に、ポータブル電子装置は、タッチスクリーンとのユーザ接触を監視する(1910)。

0153

図8A及び8Bは、ある実施形態に基づく連絡先リストのためのユーザインターフェイスを例示する図である。ある実施形態では、ユーザインターフェイス800A及び800Bは、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、連絡先のグループの表示を開始するグループアイコン802、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、名前(first name)によるユーザの連絡先のアルファベット表示を開始する名前アイコン804(図8B)、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、名字(last name)によるユーザの連絡先のアルファベット表示を開始する名字アイコン806(図8A)、
●表示された連絡先リストにおける特定の第1文字に素早く到達するようにユーザがタッチできるアルファベットリストアイコン808、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、手前のUI(例えば、UI500)へ移行して戻るキャンセルアイコン810、及び
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、インスタントメッセージングのための電話番号、例えば、ユーザの連絡先リストにない電話番号を入力するためのUI(例えば、UI900、図9)への移行を開始する他の番号のアイコン812。

0154

参考としてここに全体を援用する2005年12月23日に出願された“Scrolling List With Floating Adjacent Index Symbols”と題する米国特許出願第11/322,547号に説明されたように、ユーザは、タッチスクリーン上での垂直方向上方及び/又は垂直方向下方のジェスチャー814を使用して連絡先リストをスクロールすることができる。

0155

次のユーザ接触が、このようなスクロールジェスチャー814であるか(1912)、又は名前アイコン804、名字アイコン806及びアルファベットリストアイコン808の1つにおける指ジェスチャーである(1914)場合には、ポータブル電子装置は、ディスプレイ上に現在ある連絡先を変更する(1920)。連絡先リストを、同じポータブル装置の複数のアプリケーション(例えば、e−メール、電話、及びインスタントメッセージング)によって共有できるが、この状況では連絡先リストにおける名前のユーザ選択がIMサービスに対して使用される。というのは、連絡先リストは、IMアプリケーション内から要求されるからである。ここでは、連絡先リストは、IMアプリケーション141におけるメッセージ生成アイコン514のユーザアクチベーションに関連して示されている。

0156

ポータブル電子装置は、これが連絡先リスト内の1つの個人の名前又は他の識別子における指ジェスチャーを検出すると(1916)、選択された連絡先へのメッセージに対するメッセージコンポーズ領域を表示し(1108、図11)、そして図6Aに示すように、会話UIを表示する。ある実施形態では、ユーザと選択された個人との間に既存の会話がある場合には、ポータブル電子装置は、既存の会話に関連したメッセージを表示することにより新たな会話を既存の会話に合併する。

0157

ポータブル電子装置は、これがキャンセルアイコン810上でのユーザジェスチャーを検出すると(1918)、新たな会話を生成するプロセスを中止し、図5に示す会話リストに戻す(1006、図10)。

0158

ポータブル電子装置が、他の番号のアイコン812上での指ジェスチャーを検出すると(1919)、典型的に、連絡先リストにない個人との新たな会話が開始される。従って、ポータブル電子装置は、ユーザが、新たな会話に使用されようとしている個人の連絡先情報を入力するための新たなユーザインターフェイスをレンダリングすることができる。

0159

図20は、ある実施形態に基づき新たな電話番号を使用して新たな会話を開始するプロセスを示すフローチャートである。他の番号のアイコンのユーザ選択を検出すると(2002)、ポータブル電子装置は、タッチスクリーン上に連絡先情報表示領域を与える(2004)と共に、連絡先情報コンポーズ領域を与える(2006)。連絡先情報は、電話番号でもよいし、又はIMサービスに対するe−メールアドレスでもよい。連絡先情報表示領域は、ユーザが入力する連絡先情報を表示するためのテキストボックス906を含む。連絡先情報コンポーズ領域は、ユーザがこのような連絡先情報を入力するためのキーボード624を含む。ユーザがキャンセルアイコンをアクチベートする場合には(2012)、ポータブル電子装置は、新たな会話を生成するプロセスを中止し、そして図5に示した会話リストUIへ戻る。ユーザ入力が文字又は数字である場合に(2010)、ポータブル電子装置は、それをテキストボックスに表示する(2014)。

0160

図9は、ある実施形態に基づきインスタントメッセージングの電話番号を入力するためのユーザインターフェイスを例示する。ある実施形態では、ユーザインターフェイス900は、次のエレメント或いはそのサブセット又はそのスーパーセットを含む。
●上述した402、404、406、602、及び624、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、手前のUI(例えば、UI800A又はUI800B)への移行を開始するキャンセルアイコン902、
●アクチベートされたときに(例えば、アイコン上での指ジェスチャーにより)、入力された電話番号をインスタントメッセージ会話リスト(例えば、UI500)にセーブし、そしてその入力された電話番号へ送信されるべきインスタントメッセージをコンポーズするためのUI(例えば、UI600A)を表示することを開始するセーブアイコン904、及び
●キーボード624を使用して電話番号を入力するための数字エントリーボックス906。

0161

表示されるキーボードは、アプリケーションコンテクストに依存することに注意されたい。例えば、UIは、数字入力が必要とされるか又は予想されるときには数字を伴うソフトキーボード(例えば、624)を表示する。又、UIは、文字入力が必要とされるか又は予想されるときには文字を伴うソフトキーボード(例えば、616)を表示する。

0162

以上、特定の実施形態を参照して本発明を詳細に述べた。しかしながら、前記説明は、余すところのないものではなく、本発明をその正確な形態に限定するものではない。以上の教示に鑑み、多数の変更や修正が考えられる。前記実施形態は、本発明の原理及びその実際の応用を最良に説明するために選択され説明されたもので、当業者であれば、意図された特定の用途に適するように種々の変更を加えて、本発明及び種々の実施形態を最良に利用することができよう。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • サン電子株式会社の「 ゲームプログラム」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】ゲームシステムのためのゲームプログラムであって、前記ゲームシステムは、プレイヤーの視界を覆うように前記プレイヤーの頭部に装着される頭部装着型ディスプレイと、前記プレイヤーの身体的な動... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 情報処理システム」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】3台の床ロボット(130)の各々は、3台の床ロボット(130)の各々から一つずつ選択された3つの頂点が対向している位置が中心点となるように、他の2台の床ロボット(130)と隣接し、情... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 検索装置および検索方法」が 公開されました。( 2019/06/27)

    【課題・解決手段】本発明は、データを検索する際に短時間で所望の検索対象を含む検索候補を挙げることが可能な検索装置および検索方法を提供することを目的とする。本発明による検索装置は、ユーザが入力した文字を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ