図面 (/)

技術 家具転倒防止免震金具

出願人 株式会社人財育成コンサルティング
発明者 太田祐子
出願日 2017年4月6日 (3年8ヶ月経過) 出願番号 2017-085691
公開日 2018年5月24日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2018-079290
状態 特許登録済
技術分野 家具の細部
主要キーワード 金属性素材 家具天板 ネジ取付け 粘着性素材 遊び空間 前後揺れ 係止点 木工用ドリル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年5月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

従来の転倒防止用具では、激しい地震動が発生すると、壁面に貼付する材質ザラツキがある場合は、壁面への粘着力が低下し、特に、壁面下地材石膏ボードが使用されている場合は、石膏ボードの表装紙とともに剥離したり、転倒防止用具自体が破損して家具転倒防止が難しいという課題がある。

解決手段

家具転倒防止金具を防止するためには、木ネジ壁用金具を壁面に固定し、家具用金具の裏面に粘着性素材を装着した家具用金具を天板後部に貼付し、更に、木ネジで家具天板後部に固定し、壁面用金具と家具用金具をジョイント部材で連結することで、より確実に家具の転倒を防止することができる。

概要

背景

従来の家具転倒防止金具は、壁面に固定した壁用金具と、家具に固定した家具用金具と、ジョイント部材で連結させたものがある(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1は次のような構成となっている。壁用金具は木ネジを用いて壁面に縦方向に固定し、家具用金具は木ネジを用いて家具天板背部に横方向に固定され、壁用金具及び家具用金具にはジョイント部材を挿通するための挿通孔と、壁面及び家具天板後部に木ネジで固定する取付けネジ孔が設けられている。

ジョイント部材は輪状の略中央部で一部が重なり合うステンレスバネ鋼であり、壁用金具と家具用金具の挿通部を跨ぐようにして挿通し、壁用金具と家具用金具を連結させる構成としている。

概要

従来の転倒防止用具では、激しい地震動が発生すると、壁面に貼付する材質ザラツキがある場合は、壁面への粘着力が低下し、特に、壁面下地材石膏ボードが使用されている場合は、石膏ボードの表装紙とともに剥離したり、転倒防止用具自体が破損して家具の転倒防止が難しいという課題がある。家具転倒防止金具を防止するためには、木ネジで壁用金具を壁面に固定し、家具用金具の裏面に粘着性素材を装着した家具用金具を天板後部に貼付し、更に、木ネジで家具天板後部に固定し、壁面用金具と家具用金具をジョイント部材で連結することで、より確実に家具の転倒を防止することができる。

目的

以上に述べた家具転倒防止金具は、ジョイント部材の取り付けは簡単であるが、取り外しに手間と時間が掛かるという課題を解決するため、ジョイント部材の取り付けと取り外しが簡単にできる家具転倒防止免震金具を実現することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

家具転倒を防止するために取り付ける家具転倒防止免震金具であって、一方を長くした略逆U字形状で金属性素材からなるジョイント部材と、板状金属性素材からなり、壁と接合させる木ネジを挿入する木ネジ取付け孔と、ジョイント部材を挿通させる挿通孔を有する壁用金具と、板状金属性素材からなり、家具の上部と接合するための接合部と、前記ジョイント部材を挿通させる挿通部が形成された家具用金具と、を有し、前記家具用金具は、上面が下面より長く、断面形状が略逆コの字形状で、前記家具用金具の挿通部は、略逆コの字形状の上面と下面の対向する位置にそれぞれ形成された挿通部端孔の間の空間に設けられ、前記家具用金具は、前記略逆コの字形状の上面の裏面に粘着性素材が装着され、家具天板部の上面の接合部に粘着されることにより接合され、前記ジョイント部材は、前記壁用金具の挿通孔及び前記家具用金具の挿通部に跨ぐように挿通されることにより、家具の転倒を防止することを特徴とする家具転倒防止免震金具。

技術分野

0001

本発明は、家具転倒を防止するために、壁用金具家具用金具とを連結するジョイント部材を構成とした家具転倒防止免震金具に関する。

背景技術

0002

従来の家具転倒防止金具は、壁面に固定した壁用金具と、家具に固定した家具用金具と、ジョイント部材で連結させたものがある(例えば、特許文献1参照)。

0003

特許文献1は次のような構成となっている。壁用金具は木ネジを用いて壁面に縦方向に固定し、家具用金具は木ネジを用いて家具天板背部に横方向に固定され、壁用金具及び家具用金具にはジョイント部材を挿通するための挿通孔と、壁面及び家具天板後部に木ネジで固定する取付けネジ孔が設けられている。

0004

ジョイント部材は輪状の略中央部で一部が重なり合うステンレスバネ鋼であり、壁用金具と家具用金具の挿通部を跨ぐようにして挿通し、壁用金具と家具用金具を連結させる構成としている。

先行技術

0005

特開2016−123701号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、ジョイント部材は弾性金属性素材(ステンレスバネ鋼)からなり、装着は容易であるが、住宅リフォーム引っ越し等で家具を移動する際は、ジョイント部材を脱離する必要がある。壁用金具と家具用金具をジョイント部材で連結すると、壁面と家具背面との隙間間隔数センチメートルしかなく、狭いスペースでジョイント部材が重なり合う部分にドライバー等の道具を用いて隙間を作り、ペンチ等で掴んで、壁用金具と家具用金具の下端を通過させて引き抜く必要があり、ジョイント部材を脱離するために手間と時間が掛かるという課題があった。

0007

以上に述べた家具転倒防止金具は、ジョイント部材の取り付けは簡単であるが、取り外しに手間と時間が掛かるという課題を解決するため、ジョイント部材の取り付けと取り外しが簡単にできる家具転倒防止免震金具を実現することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0008

そして、本発明は上記目的を達成するために、
第1の課題解決の手段は、家具の転倒を防止するために取り付ける家具転倒防止免震金具であって、
一方を長くした略逆U字形状で金属性素材からなるジョイント部材と、
板状金属性素材からなり、壁と接合させる木ネジを挿入する木ネジ取付け孔と、ジョイント部材を挿通させる挿通孔を有する壁用金具と、
板状金属性素材からなり、家具の上部と接合するための接合部と、ジョイント部材を挿通させる挿通部が形成された家具用金具と、を有し、
家具用金具は、上面が下面より長く、断面形状が略逆コの字形状で、
家具用金具の挿通部は、略逆コの字形状の上面と下面の対向する位置にそれぞれ形成された挿通部端孔の間の空間に設けられ、
家具用金具は、略逆コの字形状の上面の裏面に粘着性素材が装着され、家具天板部の上面の接合部に粘着されることにより接合され、
ジョイント部材は、壁用金具の挿通孔及び家具用金具の挿通部に跨ぐように挿通されることにより、家具の転倒を防止することを特徴とするものである。

発明の効果

0009

第1の解決手段によれば、一方を長くした略逆U字形状で金属性素材からなるジョイント部材と、板状金属性素材からなる壁と接合させる木ネジを挿入する木ネジ取付け孔とジョイント部材を挿通させる挿通孔を有する壁用金具と、板状金属性素材からなる家具の上部と接合するための接合部と、ジョイント部材を挿通させる挿通部が形成された家具用金具で構成され、ジョイント部材が、壁用金具の挿通孔及び家具用金具の挿通部に跨ぐように挿通されることにより、家具の転倒を防止することができる。また、家具用金具は、上面が下面より長く、断面形状が略逆コの字形状で、家具用金具の挿通部は、略逆コの字形状の上面と下面の対向する位置にそれぞれ形成された挿通部端孔の間の空間に設けられ、家具用金具は、略逆コの字形状の上面の裏面に粘着性素材が装着され、家具天板部の上面の接合部に粘着されることにより接合され、家具の迫り上がりを抑止し、家具の転倒を防止することができる。

図面の簡単な説明

0010

本発明の第1の実施形態における家具転倒防止免震金具を装着した側面図。同家具転倒防止免震金具の平面図。(A)同家具転倒防止免震金具の壁用金具の正面図。(B)同家具転倒防止免震金具の壁用金具の平面図。(C)同家具転倒防止免震金具の壁用金具の側面図。(A)同家具転倒防止免震金具のジョイント部材の正面図。(B)同家具転倒防止免震金具のジョイント部材の平面図。(C)同家具転倒防止免震金具のジョイント部材の側面図。同家具転倒防止壁用免震金具の壁用金具を壁面内部の柱(間柱含む)に木ネジを取り付ける状態を示す斜視図。(A)同家具転倒防止免震金具の壁用金具を木ネジで装着した状態を示す正面図。(B)同家具転倒防止免震金具の壁用金具を木ネジで装着した状態を示す平面図。(C)同家具転倒防止免震金具の壁用金具を木ネジで装着した状態を示す側面図。同家具転倒防止免震金具の家具用金具を家具天板背部に木ネジで取り付ける状態を示す斜視図。(A)同家具転倒防止免震金具の家具用金具を家具天板背部の左側に装着した状態を示す正面図。(B)同家具転倒防止免震金具の家具用金具を家具天板背部の左側に装着した状態を示す平面図。(C)同家具転倒防止免震金具の家具用金具を家具天板背部の左側に装着した状態を示す側面図。(A)同家具転倒防止免震金具のジョイント部材を壁用金具の挿通孔と家具用金具の挿通部に挿通する状態を示す側面図。(B)同家具転倒防止免震金具のジョイント部材を壁用金具の挿通孔と家具用金具の挿通部に挿通し、連結した状態を示す側面図。同家具転倒防止免震金具を装着し、家具の前倒れ状態を示す側面図。(★印は家具転倒防止のための係止点を示す。)同家具転倒防止免震金具おいて、直下型地震による上下動発生時の家具の飛び上がり制止する状態を示す側面図。(★印は家具の飛び上がりを制止する係止点を示す。)(A)本発明の第2実施形態における家具転倒防止免震金具の家具用金具の平面図。(B)同家具転倒防止免震金具の家具用金具の正面図。(C)同家具転倒防止免震金具の家具用金具の側面図。(A)同家具転倒防止免震金具の家具用粘着金具を家具天板上面の接合部に接合した状態を示す平面図。(B)同家具転倒防止免震金具の家具用粘着金具を家具天板上面の接合部に装着した状態を示す側面図。

0011

以下、本発明の実施の形態を図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。

0012

本発明の第1の実施形態について、図1図11に基づいて説明する。
図1は、本発明の第1の実施形態を示す構成図である。

0013

図1に示すように、本発明の家具転倒防止免震金具は、壁用金具1と家具用金具2とジョイント部材3とからなる。そして、壁用金具1は木ネジ5で柱(間柱含む)13に固定され、家具用金具2は木ネジ5で家具18の上部に位置する家具天板背部14に固定される。

0014

さらに、ジョイント部材3は、壁用金具1の壁用金具挿通孔8aと家具用金具2を家具天板背部14に固定することにより形成される挿通部9とを跨ぐように挿入される構成である。なお、前述の柱(間柱含む)13の表面には壁下地材石膏ボード等)12と壁紙11を備えている。

0015

図2は、図1の平面図であり、図1同符号の部分は同一構成であり、壁用金具1と家具用金具2とジョイント部材3で構成された3種類の金具間には遊び空間が生じていることを示し、図2に示された符号は同一であり説明は省略する。

0016

図3(A)は、上記壁用金具1の形状を示す正面図であり、4は上記壁用金具1を柱(間柱含む)13に装着するネジ取付け孔4であり、木ネジ5を取り付ける際、上記木ネジ5の頭部が金具の表面から突出することを回避するため、木ネジ取付け孔4の周囲を削り取った部分が座刳り6であり、7は木ネジ5を取り付ける際にドライバーを挿入するドライバービット挿入孔で、柱(間柱含む)13のひび割れや損傷を回避するため、木ネジ取付け孔4の位置を縦・横方向ともに、一列に並ばないようにランダムに配置していることを示している。
図3(B)は、上記壁用金具1の平面図であり、壁用金具1の壁用金具挿通孔8aの形 状は楕円形状であることを示している。
図3(C)は、上記壁用金具1の側面図であり、8aは上記ジョイント部材を挿入する 壁用金具挿通孔で、9はジョイント部材3を挿入する挿通部である。

0017

図4(A)は、上記壁用金具1と上記家具用金具2を連結する上記ジョイント部材3の正面図である。一方を長くした板状の金具であり、該ジョイント部材3は、壁用金具1の壁用金具挿通孔8aと家具用金具2の挿通部内を自在に動き地震による衝撃を吸収・緩和する機能を発揮する。
図4(B)は、ジョイント部材3の平面図である。
図4(C)は、ジョイント部材3の側面図であり、上部の形状は略逆U字形の楕円状であることを示し、該ジョイント部材3の長さが長い方の下部は、略逆U字形の内側に向かって曲がった略L字形状であることを示している。

0018

図5は、上記壁用金具1を壁面内に存する柱(間柱含む)13に木ネジ5で固定する状態を示す左下方から見た斜視図であり、ドライバービット挿入孔7からドライバーを挿入し、木ネジ5を木ネジ取付け孔4に装着し、6は木ネジの頭部が金具から突出することを回避する座繰りであり、木ネジ5は壁紙11と壁下地材(石膏ボード等)12を貫通して木ネジ5をねじ込んで柱(間柱含む)13に固定される。

0019

図6(A)は、上記壁用金具1を木ネジ5で壁面に固定した状態を示す正面図であり、木ネジ5で柱(間柱含む)13に固定する状態を示している。
図6(B)は、上記 壁用金具1を木ネジ5で柱(間柱含む)13に固定した状態を示す平面図であり、8aは壁用金具1に開孔された挿通孔である。
図6(C)は、上記壁用金具1を柱(間柱含む)13に固定した状態を示す側面図であり、8aは壁用金具挿通孔であり、9は壁用金具1を固定することにより生じる挿通部である。

0020

図7は、上記家具用金具2を家具天板背部14に固定する状態を示す左上方から見た斜視図であり、ドライバービット挿入孔7からドライバーを挿入し、木ネジ5は、木ネジ取付け孔4から壁紙11と壁下地材(石膏ボード等)12を貫通させて柱(間柱含む)13に固定される。

0021

図8(A)は、壁用金具1と同形状の金具を、左右何れかの方向に略90度回転して併用する家具用金具2を、木ネジ5を用いて家具天板背部14に固定した状態を示す正面図であり、家具用金具2を固定する位置は、壁用金具1が壁面に固定された縦方向の高さと家具天板背部14の横方向の位置が一致し、相対面する位置に固定される。
図8(B)は、上記家具用金具2を家具天板背部14に固定した状態を示す平面図であり、9は家具用金具2を家具天板背部14に固定することにより生じる挿通部であり、ジョイント部材3は該挿通部に挿入され、壁用金具1と家具用金具2が連結される。

0022

図9(A)は、上記ジョイント部材3を指先で摘まみ、上記壁用金具1の壁用金具挿通孔8a及び家具用金具2の挿通部9に上方から挿入する状態を示したものであり、ジョイント部材3の長さが長い方を家具用金具2の挿通部9へ挿入し、長さが短い方は壁用金具1に挿入される。ジョイント部材3で壁用金具1と家具用金具2が連結される状態を示す側面図である。
図9(B)は、ジョイント部材3が壁用金具1の壁用金具挿通孔8aと家具用金具2の挿通部9に完全に挿通されて壁用金具1と家具用金具2が連結され、家具転倒防止免震金具の機能が発揮できる状況を示した側面図であり、ジョイント部材3の一方の長さが長い方は家具用金具2の底部を通過し、完全に貫通している状況を示している。なお、当該図に示すべき符号は上記図9(A)と同一であり表示及び説明は省略する。

0023

図10は、地震動による前後揺れが発生した場合の家具18が前倒れを防止する状態を示す側面図であり、家具18が前倒れする際の家具天板背部14の迫り上がりと連動して家具天板背部14に固定された家具用金具2の上部はジョイント部材3と共に上方に引き上げられ、ジョイント部材3の下部先端の略L字形状部が壁用金具1の底部に係止し、家具18の前倒れによる転倒を防止する状態を示すものである。(★印は家具18の転倒を防止するための係止点を示す。)

0024

図11は、地震による上下動が発生した場合の家具転倒防止免震金具の動きとジョイント部材3の作用を示すものである。上下動により家具18の飛び上がりが発生すると、家具用金具2はジョイント部材3と共に上方に移動し、ジョイント部材3の先端の略L字形状部が壁用金具1の下部に係止して家具18の飛び上がりを制止し、家具18の移動や転倒を防止する。(★印は家具18の転倒を防止するための係止点を示す。)
本発明の第2の実施形態について、図12図13に基づいて説明する。

0025

図12(A)は、家具用金具2を家具18の上部に装着する際、家具天板背部14が脆弱で木ネジ5で固定することが困難な場合において、家具天板上面15に固定する家具用粘着金具16の平面図であり、家具用粘着金具16にはジョイント部材3を挿入する家具用金具挿通孔8bと家具天板上面15に木ネジ5で固定する木ネジ取付け孔4を有している。
図12(B)は、家具用粘着金具16の正面図である。
図12(C)は、家具用粘着金具16を家具天板上面15に固定する状態を示す側面図であり、4は木ネジ5を装着する木ネジ取付け孔であり、6は木ネジ5を装着した際に木ネジ5の頭部の突出を回避する座刳りであり、8bはジョイント部材3を挿入する家具用金具挿通孔である。

0026

図13(A)は、家具用粘着金具16を家具天板上面15に木ネジ5で固定した状態を示す平面図であり、家具用粘着金具16の家具用金具挿通孔8bは、壁用金具1の壁用金具挿通孔8aにジョイント部材3を挿通して連結するための挿通孔である。
図13(B)は、家具用粘着金具16の裏面に粘着度の高い粘着性素材17を装着し、家具天板上面15に固定した状態を示す側面図である。尚、家具天板背部14が特に脆弱な場合は、木ネジ5ないしで家具天板上面15に固定し、家具18の家具用粘着金具16からの脱離を防止することを示している。

0027

本発明は、主に居室内での家具転倒防止免震金具であり、マンション及びオフィスビルコンクリート製壁面にアンカーを装着することにより、家具、書庫ロッカー等の転倒防止免震金具としての利用が可能であり、さらに、アンカーボルト等を用いて壁面と金属製保管庫の上部背面とを固定することにより、生産工場等での重量が重い部品サンプル、工具の保管庫等の転倒防止免震金具として利用・実施が可能である。

0028

本発明は、医療介護施設等において、医薬品、介護用品ファイルカルテ医療機器・用品等の保管庫の転倒防止免震金具としての利用・実施が可能である。

0029

本発明は、地方行政機関自治会等での地震災害発生時救急救助用品、非常用備品、非常食等の保管庫の転倒防止免震金具としての利用・実施が可能である。

実施例

0030

本発明は、高層ビル、マンション等の震災発生時の救急・救助用品、非常・避難用備品、非常食等の保管庫の転倒防止免震金具としての利用・実施が可能である。

0031

本発明は、既存の金属性素材、機械・装置等を活用し、既存技術による加工が可能であり、新たな設備投資を要せず、製造コストの低減を図り、廉価で社会に提供することができる。また、家具転倒防止免震金具の装着に要する道具は、壁下地センサー巻き尺電動ドライバー木工用ドリルビット等であり、装着に要する費用と時間を最低限に抑えることができる。

0032

1壁用金具
2家具用金具
3ジョイント部材
4木ネジ取付け孔
5 木ネジ
6 座刳り
7ドライバービット挿入孔
8a 壁用金具挿通孔
8b 家具用金具挿通孔
9挿通部
10接合部
11 壁紙
12壁下地材(石膏ボード等)
13 柱(間柱含む)
14家具天板背部
15 家具天板上面
16家具用粘着金具
17粘着性素材
18 家具
19 床

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 義烏市玉剛箱包有限公司の「 図案を変更できるテーブルクロス」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は図案を変更できるテーブルクロスを開示した。【解決手段】テーブルクロス主体を含み、前記テーブルクロス主体の一端には上下に伸びている第一空きチャンバが設置され、前記第一空きチャンバと前記テ... 詳細

  • 厦門てき湾電脳有限公司の「 防塵コンピュータデスク」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は防塵コンピュータデスクを開示した。【解決手段】デスクトップを含み、前記デスクトップの中には第一スライド溝が設置され、前記第一スライド溝の中には本棚がスライドできるように設置され、前記本... 詳細

  • 株式会社オカムラの「 什器システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】天板付き什器がベンチテーブルであっても、電子機器を安全に管理しながら配線に接続できるようにする。【解決手段】什器システムSysは、互いに第一方向に離間して床面F上に立設された一対の支持脚体と、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ