図面 (/)

技術 喫食用具

出願人 山口昌彦
発明者 山口昌彦
出願日 2016年11月5日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2016-216814
公開日 2018年5月10日 (6ヶ月経過) 公開番号 2018-068990
状態 特許登録済
技術分野 食卓用器具 容器の蓋 剛性または準剛性容器の細部 看護設備、治療台
主要キーワード シリンダー容器 作業軽減 円筒状ノズル スプーン状 ノズル基端 置用突起 上下二層 押圧棒
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年5月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

病院食や離乳食などの流動食容器から少量ずつ掬って食べさせる作業は負担が大きい。そこで本願では、筒状柄部の先端部に設けたスプーン状の皿部に流動食を均一且つスムーズに供給して摂食作業を容易にするとともに、食感や味の変化が認識できる喫食用具を提供することを目的とする。

解決手段

上記課題を解決するために本願では、円筒部先端に皿状凹部を延設し、円筒部内部の長尺方向に二以上の仕切りを設け、食物充填した袋の供給口に螺合させるネジ溝を円筒部の接続側端部内側面に形成するのである。また、食物がスムーズに皿上に滞留するように皿状凹部周縁状溝を設けて食物を誘導するのである。さらに、皿状凹部がテーブルなどの天板に接触しないように円筒部底面に載置用突起部を設ける。また、一端が皿状凹部への供給口となる、二以上の筒状体を円筒部内部に収納し、他端を食物充填袋に連結する。

概要

背景

従来から、高齢者病人乳幼児等が飲食する際に使用するスプーン状喫食用具の提案がなされている。

摂食嚥下機能衰えた場合、症状に応じた粘度に形成された食事が提供される。また、手術前後の入院患者等を対象とした病院食は消化しやすいように粒状あるいはペースト状さらに粘度の低い流動食などが提供される。また、乳幼児には月齢に応じた状態の離乳食が与えられる。

このとき使用されるのが先端部がスプーン状になった喫食用具である。

概要

病院食や離乳食などの流動食を容器から少量ずつ掬って食べさせる作業は負担が大きい。そこで本願では、筒状柄部の先端部に設けたスプーン状の皿部に流動食を均一且つスムーズに供給して摂食作業を容易にするとともに、食感や味の変化が認識できる喫食用具を提供することを目的とする。 上記課題を解決するために本願では、円筒部先端に皿状凹部を延設し、円筒部内部の長尺方向に二以上の仕切りを設け、食物充填した袋の供給口に螺合させるネジ溝を円筒部の接続側端部内側面に形成するのである。また、食物がスムーズに皿上に滞留するように皿状凹部周縁状溝を設けて食物を誘導するのである。さらに、皿状凹部がテーブルなどの天板に接触しないように円筒部底面に載置用突起部を設ける。また、一端が皿状凹部への供給口となる、二以上の筒状体を円筒部内部に収納し、他端を食物充填袋に連結する。

目的

そこで本願ではスプーン状の皿に流動食を均一にスムーズに供給して摂食作業を容易にするとともに、食感や味の変化が認識できる喫食用具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

長尺方向に二以上に仕切られたノズル先端に皿状凹部を延設したことを特徴とする喫食用具

請求項2

ノズル基端部内側にネジ溝を設けたことを特徴とする請求項1記載の喫食用具。

請求項3

皿状凹部の周縁状溝を設けたことを特徴とする請求項1又は2記載の喫食用具。

請求項4

ノズル先端に皿状凹部を延設した喫食用具であって、二以上の筒状体ノズル内部に収納したことを特徴とする喫食用具。

請求項5

皿状凹部の周縁に樋状溝を設けたことを特徴とする請求項4記載の喫食用具。

請求項6

ノズル外周面に載置用突起を設けたことを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれかに記載の喫食用具。

技術分野

0001

本発明は、喫食用具の改良に関する発明であって、より詳しくは、高齢者病人幼児等に食事をさせるときに適した先端部がスプーン状になった喫食用具に関するものである。

背景技術

0002

従来から、高齢者や病人、乳幼児等が飲食する際に使用するスプーン状の喫食用具の提案がなされている。

0003

摂食嚥下機能衰えた場合、症状に応じた粘度に形成された食事が提供される。また、手術前後の入院患者等を対象とした病院食は消化しやすいように粒状あるいはペースト状さらに粘度の低い流動食などが提供される。また、乳幼児には月齢に応じた状態の離乳食が与えられる。

0004

このとき使用されるのが先端部がスプーン状になった喫食用具である。

先行技術

0005

特開2002-114257号公報
特開2004-99163号公報
実用新案登録第3186696号公報
実開平07-24339号公報

発明が解決しようとする課題

0006

従来、流動性食物やペースト状の食物を摂食する場合にはスプーンが使用されている。自らスプーンを把持して食事する場合であっても介助者が食事をさせる場合であっても器に入れられた食物をスプーンですくって口元まで運ぶ動作が必要となる。この行為がうまくできなくて食物をこぼしたり、介助者にとっても負担が大きい。また、一度口に入れたスプーンを何度も器に入れるために食物が残っても衛生面から廃棄されることが多い。そこで、食物の入った器と口との往復動作を省くことを目的とした喫食用具が種々考案されている。

0007

特許文献1のスプーン付きチューブチュープに入った食品チューブ先端部に取り付けたスプーンの上に絞り出して食するものであるが、チューブの吐出口はスプーンの上方に位置するため、吐出口から押し出された食品がスプーン上に落下しその場所で滞留するためスプーン全体に均一に広がらない。

0008

特許文献2の発明は、離乳食が入ったシリンダー容器やチューブ先端に穴あきスプーン型キャップを取り付けたものだが、キャップには吐出口が設けられているだけなので離乳食がスプーン上にスムーズに供給されにくい。

0009

特許文献3の飲食用スプーンは手でつかむための柄に空洞部を形成し当該空洞部に収容した液状体押圧棒で、柄と供給穴で連結した皿上部へ押し出して乳幼児に飲食させるものであるが、押圧棒を必要とするうえ、供給口が小さいため収容物が液状体に限られる。特許文献4の発明は押し出し機構を有する容器の先端に凹部を形成し、凹部の上位に一以上の吐出口を設けた離乳食用容器であるが、容器内の食物の供給口からスムーズに食物が
押し出されにくい。

0010

通常の食事ができない高齢者や病人などには流動食やペースト状の食事が供給されるが、食品の入った器からスプーンで食品を掬っては口へと運ぶ往復作業軽減のために上述のような喫食用具が開発されている。しかしながら、いずれの発明においてもスプーンの上にスムーズに食品を供給する工夫がなされていない。さらに、非介助者にとってほとんど唯一の楽しみである食事で満足感を与える工夫については全くなされていないのが現状である。

0011

食事は単に必要な栄養を摂取する儀式ではなく、誰にとっても楽しみであるべきであり、食事をしているという実感を脳が認識して初めて消化酵素分泌される等健康維持のためにも食事の質の向上が望ましい。

0012

そこで本願ではスプーン状の皿に流動食を均一にスムーズに供給して摂食作業を容易にするとともに、食感や味の変化が認識できる喫食用具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

上記課題を解決するために本願では、ノズル先端に皿状凹部を延設し、ノズル内部の長尺方向に二以上の仕切りを設けるのである。また、食物を充填した袋の供給口に螺合させるネジ溝ノズル基端部内側面に形成するのである。

0014

また、食物がスムーズに皿上に滞留するように皿状凹部周縁状溝を設けて食物を誘導するのである。

0015

ノズル底面に載置用突起部を設け、皿状凹部がテーブルなどの天板に接触しないようにするのである。

0016

二以上の筒状体をノズル内部に収納し、一端は皿状凹部への供給口とし、各他端それぞれを食物充填袋に連結するのである。

発明の効果

0017

本願発明の喫食用具を食物が充填された袋に取り付けるだけで、高齢者や病人が容易に食事を食べる事ができると共に、介助者や母親などの労力を軽減することができる。
スプーン上に食物をスムーズに均一に供給できる。しかも皿上に形成した樋状の溝が物理的な障壁となって流動食がそれ以上先へ溢れることを防ぐのである。

0018

器の食物に何度もスプーンを差し込み、掬い取るという行為がなくなるため衛生的且つ、残った食物を保存可能である。食材を充填した透明な袋に容量の目盛りを付しておくと摂取した食事の量が認識容易である。

0019

ポリプロピレン等の耐久性耐熱性に優れた素材で形成すると洗浄消毒が可能で常に衛生的な状態を保つことができる。低コストで製造ができるため使い捨て可能で廃棄も容易である。

0020

喫食用具の底面に突起を形成したため、口をつける皿状凹部をテーブルに非接触状態で載置できる。

0021

ノズル内に筒状体を複数収納して、縦方向二層構造、又は横方向の二層三層構造とすると、異なる食材、異なる状態(ペースト状、液状、粒状)の食材を同時に皿状凹部に押し出すことができる。例えば上方の筒状体からペースト状の刺身、下方の筒状体から粒
状の酢飯を押し出し、皿上で二層に合体させることで、柔らかい寿司状の食物を食することができ、口に含んだときに食材本来の味や食感を楽しむことができ、食事の質の向上に資する。

0022

食事の質が向上すると、食欲わくとともに脳内ホルモンも分泌されるので回復を早め、健康に資することができる、何よりも食事によって人間らしい幸福感を得ることができる。

0023

取り付け部とノズル、皿状凹部から構成されるため、取り付け容易且つ軽量コンパクトであるため、保管持ち運びに便利である。長期保存食品充填袋と共に保管すると災害時の非常食として有用である。

図面の簡単な説明

0024

本願の喫食用具の一の実施例を示した説明図である。
食品を充填した袋に本願の喫食用具を取り付けた状態を示した説明図である。
本願の喫食用具を横方向から見た説明図である。
本願の喫食用具の他の実施例を示した説明図である。

実施例

0025

次に本願発明の最適な実施形態について図を参照しながら詳説する。

0026

図1は本発明の第一の実施形態に係る喫食用具1の斜視図であって、喫食用具1の一端はその外観において一般的なスプーン状凹部となっており、絞り出された食材が滞留する皿部2となる。皿部2は使用目的、すなわち大人用幼児用、あるいは液状体、粒状体等食材の粘度等によってその大きさや深さが調整される。一方、皿部2から延設された円筒部3は食材が通過するノズル3であって、この実施形態においてノズル3内部は三つに仕切られている。ノズル3の皿部2側端部は上方に向けて略楕円形状に斜めに切欠されており、供給口を広く設けてよりスムーズな食物の押し出しを可能とする。

0027

ノズル3の基端部3aの内側面にはネジ溝が切られており、食材を充填した合成樹脂製の袋6の絞り出し口7に螺合させて取り付けることができる(図3)。
ノズル内部の仕切りは筒状であって、中央の筒状体5の左右に筒状体5の半分程度の径の筒状体4−4が形成されている。

0028

図3の食材を充填した袋6の絞り出し口7のキャップを外して開封後、本願の喫食用具1を取り付け、袋6を押圧して流動食を絞り出すと、流動食はノズル内の仕切りに導かれて皿上に絞り出されてくる。大きな径の筒状体5から多めに絞り出された食材が左右の筒状体4-4から絞り出された食材に周囲を取り囲まれるようにして皿上に押し出されてくるため、一か所に滞ることなく所望量が均一且つスムーズに皿上に供給されるのである。

0029

さらに、図1のように皿部2の外周面に添って樋状の凹部2aを設けることでこれがガイド溝となってそれぞれの筒状仕切りから押し出された食材が皿の上にスムーズに供給されるのである。

0030

図2に示すように喫食用具1の底面に突起8を形成すると、口腔内に入れる皿部2をテーブルなどの天面に非接触状態に保持することができ衛生的である。この突起形状については図示した形状に限定されるものではなく、図のように皿部2を清潔に保てることが実現できれば良い。

0031

この実施形態ではノズル内に筒状仕切りを設けているが、設けない場合であってもノズルがガイドとなりまた、供給口を斜めに切り欠くことで食物を皿部にスムーズに押し出し滞留させることができるのである。

0032

ここで、喫食用具1の素材であるが、柔軟性を有するシリコンゴム製ポリプロピレン製などが考えられるが耐熱性を有するほうが好ましい。洗浄容易且つ高温消毒が可能で常に衛生的に保つことができるからである。また、一回限りの使用で使い捨てとしても良い。この場合は適度な強度、剛性が有れば十分であると考えられるため、低コストでの製造が可能である。

0033

喫食用具の素材や、ノズルの大きさや皿部の大きさ、深さなど他の構成においても本願の趣旨を逸脱しない範囲で種々の変更が可能である。

0034

続いて、本願発明の第2の実施形態について図4を参照しながら説明する。

0035

喫食用具9は円筒状ノズル10の一端にスプーン状の皿部11を延設し、円筒状ノズル10内に二本の筒状体12、13を収納して成る。
円筒状ノズル10では二本の筒状体12、13が上下二層に連結されており、筒状体12、13の皿部側端部12a、13aは密接した状態にある。一方、ノズル10から突出した各端部12b、13bは離間した状態にある。他端部12b、13bの内側面にはネジ溝が切られており、12bを食物を充填した袋14の供給口14aに、13bを袋15の供給口15aに螺合して取り付ける。

0036

すなわち、この実施例においては完全に分離した状態の二本の筒状体が円筒状ノズル10で連結した構成となっているのである。

0037

喫食用具10は上述の構成を有するために使用者に質の高い食事を提供することができる。例えば、二層構造の上の層を形成する筒状体12を連結する袋14にはペースト状のマグロの刺身が充填されており、一方、下の層を形成する筒状体13を連結する袋15には柔らかく炊かれ、粒状となった酢飯が充填されている。両方の袋から絞り出された食材は別々の筒状体を通って皿上で二層になって押し出されてくる。

0038

このように、異なる粘度の異なる食材が食べる直前に皿上で合体することで、使用者は、上の歯でマグロの刺身を噛み切るような食感と味を楽しみ、下の歯や下で酢飯の味や食感を楽しみ、あたかもマグロの寿司を食しているような感覚を楽しむことができるのである。あらかじめ、食器の中で混ぜられ味も食感も認識できないような状態だった流動食では得られなかった深い満足感を得ることができるのである。

0039

人間が受ける情報の80%が視覚によるものとされており、食事の際の料理見た目の重要さについては論を待たない。本願では味覚や口腔内の触感は勿論視覚への刺激が脳への刺激を促し、満足感や幸福感を得ることができるのである。

0040

寿司以外には、カスタードプリンカラメルソースカレーのルーと米などの料理が考えられる。

0041

二層構造以外には例えば三層構造として、ペースト状のパンの間にハムトマトなどを挟んだサンドイッチ状の食事を提供することができ、個々の食材の味や食感を認識できる、通常の料理に極めて近い状態の食事が楽しめるのである。

0042

一方で病院食を提供する側や介助者は二層構造の料理を一つ一つ作る手間や、何度も食
材を掬って非介助者の口元へと運ぶ手間が省けるのである。

0043

筒状体と食材充填袋等との連結方法は、ネジ溝による螺合に限定されるものではなく、例えば二分割されたリング締め付け具を使用することも可能である。

0044

また、食品を充填した袋にメモリを付しておくと、摂食した量が一目瞭然となりまた、筒状体を外して元のキャップで蓋をすることで残りの食材を衛生的に保存しておくことができるのである。

0045

複数の筒状体のノズルへの装填はねじ込み式でもよいし、円筒形ノズルをヒンジなどを使用して軸方向に開閉自在に形成すると、装填作業が迅速かつ容易となるのである。

0046

本願発明は、病人、高齢者、乳幼児等通常の食事ができない者や一人で食事が困難な者へ食事を提供する際の喫食用具として利用することができるのである。

0047

1、9、喫食用具
2、皿部
2a、樋状溝
3、ノズル
4、5、筒状体
6、食材充填袋
7、供給口
8、突起

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 三菱瓦斯化学株式会社の「 容器用キャップ及びその製造方法」が 公開されました。( 2018/10/11)

    【課題・解決手段】本発明は、ポリオレフィン(A)70〜94質量%、酸変性ポリオレフィン(B)3〜15質量%、及びメタキシリレン基含有ポリアミド(C)3〜15質量%を含有する樹脂組成物から形成される成形... 詳細

  • ジャパンポーレックス株式会社の「 蓋体」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題・解決手段】本発明を適用したキャップ2は、ガス抜きを要する収容物である挽き豆を貯溜する容器本体3の開口3aに係止される蓋支持部5と、この蓋支持部5に連設されると共に、開口3aに挿入されて、この開... 詳細

  • 堀口智哉の「 巻紐用ディスペンサ」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】簡単な操作で巻回された任意の紐体の所望長さの供給を可能とし、かつ、紐体を取扱い易い状態で供給可能なこと。【解決手段】巻紐用ディスペンサ1は、紐体tが円筒状または球状に巻回されてなる紐巻体Tを収... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ