図面 (/)

技術 マッチングシステム、マッチング方法及び結婚情報提供システム

出願人 三井住友カード株式会社
発明者 酒巻夏美
出願日 2016年10月12日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2016-200964
公開日 2018年4月19日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2018-063535
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 主観的要素 結婚相談所 性格検査 マッチングポイント 紹介対象 データマッチング マッチング要求 結婚相手
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年4月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

異性間におけるマッチングにおいて、クレジットカード利用履歴情報を用いることにより、入会希望者主観的要素相応に排除し、分析対象とするデータに客観性を担保させ、異性間におけるマッチングの精度を向上させることである。

解決手段

本発明に係るマッチングシステムは、マッチング希望者マッチング対象者の各々に関して、所定の期間内におけるクレジットカードの利用履歴情報を取得するカード利用履歴情報得手段と、マッチング希望者のクレジットカードの利用履歴情報と、マッチング対象者のクレジットカードの利用履歴情報とを照合し、マッチング対象者の各々に関して、マッチング希望者との相性を評価するマッチング処理手段と、マッチング希望者との相性の良い順序に従って、マッチング対象者を紹介対象者として選択する紹介対象者選択手段とを備える。

概要

背景

従来、独身のを対象に、条件に適合する異性との出会いの機会を提供等することで、結婚又は結婚を前提とした交際に導く、結婚相談所が数多く存在している。そのような結婚相談所には、予め登録した自身のプロフィール情報及び条件に基づいて、異性との関係で所定のデータマッチングを実行し、適合する異性(候補者)に関する情報を提供するものもある。

例えば、特許文献1には、入会希望者により入力された自身のプロフィール情報(例えば、「生年月日」、「血液型」、「職業」、「趣味」、「嗜好性」、「価値観」等)、異性に求める条件(例えば、「年収」、「趣味」、「身長」、「年齢」等)、及び性格検査に対する回答等を多角的に分析し、最適な候補者を供給する、結婚情報の供給システムが開示されている。

概要

異性間におけるマッチングにおいて、クレジットカード利用履歴情報を用いることにより、入会希望者の主観的要素相応に排除し、分析対象とするデータに客観性を担保させ、異性間におけるマッチングの精度を向上させることである。本発明に係るマッチングシステムは、マッチング希望者マッチング対象者の各々に関して、所定の期間内におけるクレジットカードの利用履歴情報を取得するカード利用履歴情報得手段と、マッチング希望者のクレジットカードの利用履歴情報と、マッチング対象者のクレジットカードの利用履歴情報とを照合し、マッチング対象者の各々に関して、マッチング希望者との相性を評価するマッチング処理手段と、マッチング希望者との相性の良い順序に従って、マッチング対象者を紹介対象者として選択する紹介対象者選択手段とを備える。

目的

そのような結婚相談所には、予め登録した自身のプロフィール情報及び条件に基づいて、異性との関係で所定のデータマッチングを実行し、適合する異性(候補者)に関する情報を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

マッチング希望者マッチング対象者の各々に関して、所定の期間内におけるクレジットカード利用履歴情報を取得するカード利用履歴情報得手段と、前記マッチング希望者の前記クレジットカードの利用履歴情報と、前記マッチング対象者の前記クレジットカードの利用履歴情報とを照合し、前記マッチング対象者の各々に関して、前記マッチング希望者との相性を評価するマッチング処理手段と、前記マッチング希望者との相性の良い順序に従って、前記マッチング対象者を紹介対象者として選択する紹介対象者選択手段とを備えることを特徴とするマッチングシステム

請求項2

前記マッチング処理手段は、さらに前記マッチング希望者の前記クレジットカードの利用履歴情報と、前記マッチング対象者の前記クレジットカードの利用履歴情報の各々から、利用額の高い業種を抽出する業種抽出手段と、前記業種抽出手段により抽出された、前記マッチング希望者の利用額の高い業種と、前記マッチング対象者の利用額の高い業種とが適合するか否かを判定する業種マッチング手段とを備えることを特徴とする請求項1に記載のマッチングシステム。

請求項3

前記業種マッチング手段により、前記マッチング希望者の利用額の高い業種と、前記マッチング対象者の利用額の高い業種とが適合したことを前提に、前記適合した業種に設定されるマッチングポイントから、前記マッチング希望者と前記マッチング対象者との相性を評価することを特徴とする請求項2に記載のマッチングシステム。

請求項4

請求項1から請求項3のいずれか1項に記載のマッチングシステムと、前記紹介対象者選択手段により選択された紹介対象者に関する情報を結婚情報として、前記マッチング希望者に提供する紹介対象者提供手段とを備えることを特徴とする結婚情報提供システム

請求項5

前記所定の期間が、成婚に至ったケースから、成婚率を向上させる適切な期間として逆算することにより算定されることを特徴とする請求項4に記載の結婚情報提供システム。

請求項6

カード利用履歴情報取得手段により、マッチング希望者とマッチング対象者の各々に関して、所定の期間内におけるクレジットカードの利用履歴情報を取得するカード利用履歴情報取得ステップと、マッチング処理手段により、前記マッチング希望者の前記クレジットカードの利用履歴情報と、前記マッチング対象者の前記クレジットカードの利用履歴情報とを照合し、前記マッチング対象者の各々に関して、前記マッチング希望者との相性を評価するマッチング処理ステップと、紹介対象者選択手段により、前記マッチング希望者との相性の良い順序に従って、前記マッチング対象者を紹介対象者として選択する紹介対象者選択ステップとを備えることを特徴とするマッチング方法

技術分野

背景技術

0002

従来、独身のを対象に、条件に適合する異性との出会いの機会を提供等することで、結婚又は結婚を前提とした交際に導く、結婚相談所が数多く存在している。そのような結婚相談所には、予め登録した自身のプロフィール情報及び条件に基づいて、異性との関係で所定のデータマッチングを実行し、適合する異性(候補者)に関する情報を提供するものもある。

0003

例えば、特許文献1には、入会希望者により入力された自身のプロフィール情報(例えば、「生年月日」、「血液型」、「職業」、「趣味」、「嗜好性」、「価値観」等)、異性に求める条件(例えば、「年収」、「趣味」、「身長」、「年齢」等)、及び性格検査に対する回答等を多角的に分析し、最適な候補者を供給する、結婚情報の供給システムが開示されている。

先行技術

0004

特開2002−203034号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ただし、ここで、分析対象とするデータのうち、少なくとも「趣味」、「嗜好性」等に関しては、「年齢」、「身長」、「血液型」等とは異なり、入会希望者の主観的要素が多く介在することになる。そのため、入会希望者によっては、入力(設定)した「趣味」、「嗜好性」と、実際の「趣味」、「嗜好性」が相違することもあり、結果、供給する候補者の情報に関して、適合性担保することができないことも想定され、成婚率を向上させることができず、延いては、候補者の情報を不服として、解約返金等のトラブル発展する可能性もある。

0006

本発明は、上記従来の問題に鑑みてなされたものであって、その目的は、異性間におけるマッチングにおいて、クレジットカード利用履歴情報を用いることにより、入会希望者の主観的要素を相応に排除し、分析対象とするデータに客観性を担保させ、異性間におけるマッチングの精度を向上させることである。

課題を解決するための手段

0007

本発明に係るマッチングシステムは、マッチング希望者マッチング対象者の各々に関して、所定の期間内におけるクレジットカードの利用履歴情報を取得するカード利用履歴情報得手段と、前記マッチング希望者の前記クレジットカードの利用履歴情報と、前記マッチング対象者の前記クレジットカードの利用履歴情報とを照合し、前記マッチング対象者の各々に関して、前記マッチング希望者との相性を評価するマッチング処理手段と、前記マッチング希望者との相性の良い順序に従って、前記マッチング対象者を紹介対象者として選択する紹介対象者選択手段とを備えることを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明によれば、異性間におけるマッチングにおいて、クレジットカードの利用履歴情報を用いることにより、入会希望者の主観的要素を相応に排除し、分析対象とするデータに客観性を担保させ、異性間におけるマッチングの精度を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0009

本明細書において開示される実施形態の詳細な理解は、添付図面に関連して例示される以下の説明から得ることができる。
本発明の実施形態に係る結婚情報提供システムの概略を説明するための図である。
本発明の実施形態に係る結婚情報提供システムを構成するカード会社システム機能ブロック図である。
結婚情報提供希望者のクレジットカードの利用履歴を示す図である。
業種マッチング部における処理を示す図である。
業種を細分化し、その段階に応じて設定されるマッチングポイントを示した図である。
結婚情報提供希望者の会員端末に提供される紹介対象者に関する情報を示す図である。
結婚情報を提供する処理の手順を示すフローチャートである。
マッチング処理部における処理の手順を示すフローチャートである。

実施例

0010

以下、本発明の実施の形態について、詳細に説明する。図1は、本発明の実施形態に係る結婚情報提供システムの概略を説明するための図である。カード会社システム10は、結婚情報提供システムを構成し、ブロードバンド回線等の所定の公衆通信ネットワークを介して、会員端末20と接続される。なお、本発明の実施形態に係るマッチングシステムは、結婚情報提供システムの一部として構成される。

0011

カード会社システム10は、会員端末20から結婚相手の情報の提供を希望する会員からのマッチング要求受け付けると、その会員の設定した検索条件充足する結婚相手を抽出し、さらにクレジットカードの利用履歴から相性の合う結婚相手を選択し、会員端末20に提供する。会員端末20は、会員が結婚相手の情報の提供を要求、結婚相手を検索する条件を設定、また結婚相手の情報を受け取るための端末であり、例えば、PC(Personal Computer)、タブレットスマートフォン等である。

0012

図2は、本発明の実施形態に係る結婚情報提供システムを構成するカード会社システム10の機能ブロック図である。カード会社システム10は、会員情報記憶部102、マッチング要求受付部104、検索条件取得部106、マッチング対象者抽出部108、カード利用履歴情報取得部110、マッチング処理部112、ソート処理部114、紹介対象者選択部116、紹介対象者提供部118を備える。なお、マッチング処理部112は、業種抽出部120、業種マッチング部122、マッチングポイント算出部124を備える。また、結婚情報提供システムの一部である、カード利用履歴情報取得部110、マッチング処理部112、紹介対象者選択部116は、本発明のマッチングシステムを構成する。さらに、以上の各部のうち、マッチング要求受付部104、検索条件取得部106、マッチング対象者抽出部108、カード利用履歴情報取得部110、マッチング処理部112、ソート処理部114、紹介対象者選択部116、紹介対象者提供部118は、カード会社システム10のコンピュータプログラムを読み取らせることにより生成される機能実現手段である。

0013

会員情報記憶部102は、クレジットカード会員であって、結婚情報提供サービス入会している会員の情報を記憶する。会員は、結婚情報提供サービスに入会するにあたり、クレジットカードの入会時に登録した情報以外に、「身長」、「体重」、「血液型」、「続柄」、「学歴」、「婚姻歴」、「写真」、「家族構成」等の個人情報、「趣味」及び「自己PR」を併せて登録する。なお、ここで、会員が登録する「趣味」に関する情報は、結婚情報の一部として、会員端末20に提供されるものであり、マッチング処理において用いられるものではない。

0014

マッチング要求受付部104は、会員端末20より、結婚情報、即ち、条件及び相性の合う結婚相手の情報の提供を希望する会員(以下、結婚情報提供希望者という)からのマッチング要求を受け付ける。検索条件取得部106は、結婚情報提供希望者の設定した検索条件を取得する。検索条件は、結婚相手を検索するための条件のことであり、例えば、「年齢」、「地域」、「職業」、「年収」、「身長」、「体重」、「血液型」、「続柄」、「学歴」、「婚姻歴」等である。なお、結婚情報提供希望者の設定した検索条件は、カード会社システム10において、その結婚情報提供希望者毎に記憶させることができる。

0015

マッチング対象者抽出部108は、検索条件取得部106において取得された検索条件に基づいて、会員情報記憶部102から検索条件に適合する会員、即ち、マッチングの対象とする会員(以下、マッチング対象者という)を抽出する。カード利用履歴情報取得部110は、結婚情報提供希望者、及びマッチング対象者抽出部108により抽出されたマッチング対象者の各々に関して、過去半年以内のクレジットカードの利用履歴情報を取得する。なお、クレジットカードの利用履歴として取得する期間は、過去半年に限定されることはない。したがって、例えば、マッチングの精度を向上させるために、成婚に至ったケースから、成婚率を向上させる適切な期間を算定逆算)し、その算定された期間をクレジットカードの利用履歴情報を取得する期間として設定することもできる。

0016

マッチング処理部112は、クレジットカードの利用履歴に基づいて、結婚情報提供希望者とマッチング対象者とを照合し、マッチング対象者の各々に関して、結婚情報提供希望者との相性を評価する処理部であり、業種抽出部120、業種マッチング部122、マッチングポイント算出部124を備える。

0017

業種抽出部120は、結婚情報提供希望者及びマッチング対象者の各々に関して、クレジットカードの利用履歴から、利用額の高い業種を抽出する。業種マッチング部122は、業種抽出部120により抽出した、結婚情報提供希望者の業種とマッチング対象者の業種とを照合し、業種が適合するか否か判定する。マッチングポイント算出部124は、業種マッチング部122において、結婚情報提供希望者の業種とマッチング対象者の業種とが適合したことを前提に、その業種に関して細分化した、各々の段階に応じて設定されるマッチングポイント(即ち、適合する度合いに応じて設定されるポイント)を付与し、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との関係で、マッチングポイントの合計を算出する。なお、マッチング処理部112の具体的な処理に関しては、後述の図4図5等を用いて後述する。

0018

ソート処理部114は、マッチングポイント算出部124において算出されたマッチングポイントの総計に従って、マッチング対象者をマッチングポイントの高い順に並び替える。即ち、マッチング対象者を、結婚情報提供希望者と相性が合う順に並び替える(結婚情報提供希望者と相性が合う順に優先度を設定する)。

0019

紹介対象者選択部116は、カード会社のコーディネータ又は結婚情報提供希望者により予め設定された紹介人数に従って、マッチングポイントの総計の高い順に紹介対象者を選択する。なお、本実施形態において、紹介人数は2名に設定されているものとする。また、紹介人数が設定されていない場合には、紹介対象者をマッチングポイントの高い順に(即ち、相性の良い順序に従って)、結婚情報提供希望者に紹介することもできる。紹介対象者提供部118は、紹介対象者選択部116により選択された紹介対象者を、結婚情報提供希望者に提供する。具体的には、紹介対象者提供部118は、結婚情報提供希望者の会員端末20に、紹介対象者に関する情報を提供する。

0020

図3は、結婚情報提供希望者のクレジットカードの利用履歴を示している。業種抽出部120は、図3に示すクレジットカードの利用履歴から、利用額の高い業種を抽出する。ここで、抽出する業種の数は、カード会社のコーディネータ又は結婚情報提供希望者により予め設定され、本実施形態では3つに設定されているものとする。また、業種抽出部120は、趣味・嗜好と関係のない業種(即ち、マッチング処理を実行する上で有用とならない業種)、例えば、電気料金携帯電話料金等を除外した上で、業種を抽出することができる。

0021

図3に示す例では、利用額の高い業種から順に「旅行」、「飲食」、「携帯電話料金」、「電気料金」、「映画演劇」、「オンラインショッピング」、「ガス料金」となっている。この場合において、業種抽出部120は、結婚情報提供希望者の趣味・嗜好に関係する業種として「旅行」、「飲食」、「映画・演劇」を抽出する。業種抽出部120は、マッチング対象者の各々に対しても、結婚情報提供希望者と同様に、クレジットカードの利用履歴から、趣味・嗜好に関係する業種を抽出する。

0022

図4は、業種マッチング部122における処理を示す図である。図4では、業種抽出部120により、結婚情報提供希望者のクレジットカードの利用履歴から抽出した業種「旅行」、「飲食」、「映画・演劇」のうち、業種「旅行」に関して、マッチング対象者のクレジットカードの利用履歴から抽出した業種と照合する例を示している。

0023

図4において、マッチング対象者として、マッチング対象者A、B、C、Dの4名が示されており、各々に関して、業種抽出部120により、マッチング対象者Aは業種「旅行」、「家電製品」、「高速道路料金」、マッチング対象者Bは業種「飲食」、「旅行」、「スポーツ施設」、マッチング対象者Cは業種「高速道路料金」、「旅行」、「理容」、マッチング対象者Dは業種「家電製品」、「ファッション衣服)」、「映画・演劇」が、利用額の高い業種として抽出されている。

0024

業種マッチング部122は、結婚情報提供希望者の業種「旅行」とマッチング対象者A、B、C、Dの業種とをマッチング対象者の各々に関して照合し、業種が適合するか否か判定する。図4に示す例において、マッチング対象者A、B、Cに関して、業種抽出部120により業種「旅行」が抽出されていることから、業種マッチング部122は、結婚情報提供希望者の業種「旅行」とマッチング対象者A、B、Cの業種「旅行」は適合するものと判定する。他方、業種マッチング部122は、マッチング対象者Dに関して、業種抽出部120により業種「旅行」が抽出されていないことから、結婚情報提供希望者の業種「旅行」とマッチング対象者Dの業種は適合しないものと判定する。

0025

業種マッチング部122は、結婚情報提供希望者の業種「飲食」、「映画・演劇」に関しても、業種「旅行」と同様に、マッチング対象者A、B、C、Dの業種と照合し、適合する否かを判定する。図4に示す例において、結婚情報提供希望者の業種「飲食」はマッチング対象者Bの業種と適合するものとして、また結婚情報提供希望者の業種「映画・演劇」はマッチング対象者Dの業種と適合するものとして判定される。

0026

業種マッチング部122において、結婚情報提供希望者の業種とマッチング対象者の業種とが適合すると、マッチングポイント算出部124は、その業種に関して細分化した、各々の段階に応じて設定されるマッチングポイントを付与し、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との関係で、マッチングポイントの総計を算出する。図5は、業種を細分化し、その段階に応じて設定されるマッチングポイントを示した図であり、業種として「旅行」をその例として示している。

0027

図5において、業種「旅行」は、「国内」/「海外」、「北海道」・・・「東京都」・・・「縄県」/「北米」・・・「アジア」・・・「オセアニア」、さらに「市」「旭川市」・・・「函市」/「カナダ」「アメリカ」・・・「ニュージーランド」というように細分化され、さらに、その段階に応じて、マッチングポイントが設定されている。具体的には、「旅行」にはマッチングポイントとして「+1」、「国内」/「海外」にはマッチングポイントとして「+2」、「北海道」・・・「沖縄県」/「北米」・・・「オセアニア」にはマッチングポイントとして「+3」、「札幌市」・・・「函館市」/「カナダ」・・・「ニュージーランド」にはマッチングポイントして「+4」が設定されている。

0028

また、ここで、結婚情報提供希望者は「フランス」に旅行した際にクレジットカードを利用したものとし、さらに、マッチング対象者Aは「フランス」に、マッチング対象者Bは「アメリカ」に、マッチング対象者Cは「北海道(札幌市)」に旅行した際にクレジットカードを利用したものとする。なお、マッチング対象者Dに関して、業種「旅行」にクレジットカードを利用しておらず、前述のように、業種抽出部120により業種「旅行」が抽出されていないものとする。

0029

マッチングポイント算出部124は、結婚情報提供希望者とマッチング対象者Aとの関係で、「旅行」、「海外」、「ヨーロッパ」「フランス」と一致することから、マッチングポイントをその段階に応じて、「+1」、「+2」、「+3」、「+4」と付与し、マッチングポイントを「10」として算出する。同様に、マッチングポイント算出部124は、マッチング対象者Bとの関係で、マッチングポイントを「+1」、「+2」と付与し、マッチングポイントを「3」として算出し、マッチング対象者Cとの関係で、マッチングポイントを「+1」と付与し、マッチングポイントを「1」として算出する。

0030

マッチングポイント算出部124は、結婚情報提供希望者に関して、業種抽出部120により抽出された業種「飲食」、「映画・演劇」に関しても、業種「旅行」と同様に、マッチング対象者A、B、C、Dとの関係でマッチングポイントを算出する。マッチングポイント算出部124は、さらに、各業種(即ち、「旅行」、「飲食」、「映画・演劇」)に関して、マッチングポイントを算出すると、マッチング対象者A、B、C、Dとの関係で、マッチングポイントの総計を算出する。ここで、結婚情報提供希望者との関係で、マッチングポイントの総計が、マッチング対象者Aに関して「10」、マッチング対象者Bに関して「13」、マッチング対象者Cに関して「1」、マッチング対象者Dに関して「6」と算出されたものとする。

0031

ソート処理部114は、マッチングポイント算出部124において算出されたマッチングポイントの総計に従って、マッチング対象者A、B、C、Dをマッチングポイントの高い順に並び替える。この場合、ソート処理部114は、マッチング対象者A、B、C、Dを、マッチングポイントの総計が「13」であるマッチング対象者B、マッチングポイントの総計が「10」であるマッチング対象者A、マッチングポイントの総計が「6」であるマッチング対象者D、マッチングポイントの総計が「1」であるマッチング対象者Cの順に、結婚情報提供希望者と相性が合う順に並び替える。

0032

紹介対象者選択部116は、予め設定された紹介人数である2名に従って、マッチングポイントの総計の高い順に、マッチング対象者B、マッチング対象者Aを紹介対象者として選択する。紹介対象者提供部118は、マッチング対象者B、マッチング対象者Aを、結婚情報提供希望者の会員端末20に提供する。

0033

図6は、結婚情報提供希望者の会員端末20に提供される紹介対象者に関する情報を示す図である。図6に示すように、紹介対象者提供部118は、結婚情報提供希望者の会員端末20の表示画面において、結婚情報提供希望者と相性が合う順(即ち、マッチングポイントの総計の高い順)に従って、表示画面の上から、マッチング対象者B、マッチング対象者Aを表示させるように、紹介対象者に関する情報を提供する。

0034

なお、図6に示す例では、結婚情報提供希望者の会員端末20に、紹介対象者に関する情報として、「写真」、「年齢」、「地域」、「身長」、「体重」、「続柄」、「血液型」、「学歴」、「年収」、「職業」、「婚姻歴」、「趣味」、「自己PR」、「家族構成」等を提供している。また、この場合において、結婚情報提供希望者は、「趣味」として、紹介対象者が登録している「趣味」とは別に、業種抽出部120により抽出された、趣味・嗜好に関係する業種を「趣味」に準ずるものとして、表示させることもできる。したがって、図6に示す例において、結婚情報提供希望者は、「趣味」として、マッチング対象者Bに関して「飲食」、「旅行」、「スポーツ施設」、マッチング対象者Aに関して「旅行」、「家電製品」、「高速道路料金」を表示させることもできる。

0035

図7は、結婚情報を提供する処理の手順を示すフローチャートである。カード会社システム10は、マッチング要求受付部104により、結婚情報提供希望者からのマッチング要求を受け付けると(S101)、図7に示す処理を開始する。カード会社システム10は、検索条件取得部106により、結婚情報提供希望者の設定した検索条件を取得する(S102)。

0036

カード会社システム10は、マッチング対象者抽出部108により、検索条件取得部106において取得された検索条件に基づいて、会員情報記憶部102からマッチング対象者を抽出する(S103)。カード会社システム10は、カード利用履歴情報取得部110により、結婚情報提供希望者、及びマッチング対象者抽出部108により抽出されたマッチング対象者の各々に関して、過去半年以内のクレジットカードの利用履歴情報を取得する(S104)。

0037

カード会社システム10は、マッチング処理部112により、クレジットカードの利用履歴に基づいて、結婚情報提供希望者とマッチング対象者とを照合し、マッチング対象者の各々に関して、結婚情報提供希望者との相性を評価する。即ち、マッチング処理を実行する(S105)。なお、マッチング処理部112における処理の手順は、図8を用いて後述する。

0038

カード会社システム10は、ソート処理部114により、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との照合結果に基づいて、マッチング対象者を結婚情報提供希望者と相性が合う順に並び替える(S106)。カード会社システム10は、紹介対象者選択部116により、予め設定された紹介人数に従って、結婚情報提供希望者と相性が合う順に、マッチング対象者を紹介対象者として選択する(S107)。カード会社システム10は、紹介対象者提供部118により、結婚情報提供希望者の会員端末20に、紹介対象者に関する情報を提供する(S108)。

0039

図8は、マッチング処理部112における処理の手順を示すフローチャートであり、図7のステップS105における処理を詳細に示したものである。カード会社システム10は、結婚情報提供希望者、及びマッチング対象者の各々に関して、クレジットカードの利用履歴から、利用額の高い業種を抽出する(S201)。

0040

カード会社システム10は、業種マッチング部122により、ステップS201において抽出した、結婚情報提供希望者の業種とマッチング対象者の業種とを照合し、業種が適合するか否か判定する(S202)。カード会社システム10は、ステップS202において、結婚情報提供希望者の業種とマッチング対象者の業種とが適合したことを前提に、その業種に関して細分化した、各々の段階に応じて設定されるマッチングポイントを付与し、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との関係で、マッチングポイントの合計を算出する(S203)。

0041

以上、本発明の一実施形態について説明したが、本発明は上述の実施形態に限定されず、その技術的思想の範囲内において種々異なる形態にて実施されてよいことは言うまでもない。したがって、上述の実施形態では、クレジットカードの利用履歴のみに基づいて、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との相性を評価する例を示しているが、個人情報とクレジットカードの利用履歴に基づいて、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との相性を評価することもできる。例えば、血液型に関して、男性の血液型の各々と女性の血液型の各々との関係でマッチングポイントを設定し(一例として、A型の女性との関係で、A型の男性、B型の男性、O型の男性、AB型の男性の各々に対してマッチングポイントを設定し)、血液型におけるマッチングポイントを特定し、その特定されたマッチングポイントと、クレジットカードの利用履歴から算出されたマッチングポイントとを加算し(組み合わせて)、その総計に基づいて、結婚情報提供希望者とマッチング対象者との相性を評価することもできる。

0042

また、本実施形態において、上述のように、結婚又は結婚を前提とした交際に導くマッチングシステムとして説明したが、本発明のマッチングシステムは、例えば、大学生等の未だ結婚を意識しない世代においても当然に適用することができ、マッチング希望者としての大学生等からのマッチング要求に基づいて、条件及び相性の合う相手を選択し、その選択した相手をマッチング希望者に提供することもできる。即ち、上述の結婚情報提供希望者を、マッチング希望者に読み替えることができる。

0043

なお、本発明の範囲は、図示され、記載された例示的な実施形態に限定されるものではなく、本発明が目的とするものと均等な効果をもたらす、すべての実施形態をも含む。さらに、本発明の範囲は、各請求項により画される発明の特徴の組み合わせに限定されるものではなく、すべての開示されたそれぞれの特徴のうち特定の特徴のあらゆる所望する組み合わせによって画され得る。

0044

10カード会社システム
20会員端末
102会員情報記憶部
104マッチング要求受付部
106検索条件取得部
108マッチング対象者抽出部
110カード利用履歴情報取得部
112マッチング処理部
114ソート処理部
116紹介対象者選択部
118 紹介対象者提供部
120業種抽出部
122 業種マッチング部
124マッチングポイント算出部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 凸版印刷株式会社の「 情報登録判定システム」が 公開されました。( 2021/04/22)

    【課題】実物の識別コード画像と該識別コードを携帯端末のカメラで撮像して得られた複製画像とを判別することによって、実物の識別コードを直接撮像した場合に限って来場の証明が行われるシステムを提供する。【解決... 詳細

  • 神田智一の「 機材管理システム」が 公開されました。( 2021/02/15)

    【課題・解決手段】異なる場所に設置された多数のコーティング液生成装置(1)をそれぞれ個別に管理することができ、各コーティング液生成装置(1)の稼働状況を離れた場所で一元管理することが可能なシステムを提... 詳細

  • 株式会社村田製作所の「 ハンガーラック用リーダ装置、ハンガーラック、及び衣料品の商品管理システム」が 公開されました。( 2019/12/05)

    【課題】ハンガーパイプに吊り下げられた複数の衣料品のRFIDタグをより確実に読み取ることができるハンガーパイプ用リーダ装置を提供する。【解決手段】本発明に係るハンガーパイプ用リーダ装置は、複数のハンガ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ