図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2018年4月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

技術に合わせて拡張され、現代的なソーシャルネットワーキングの機会を提供する、ジュークボックス及びジュークボックスの操作方法を提供する。

解決手段

ジュークボックス16は、エンターテイメントシステムネットワークに接続され、ジュークボックスのローカルに保存されているか、エンターテイメントシステムネットワークから有料ダウンロードされるか、の少なくともいずれかに該当する複数のメディアインスタンス再生する。ジュークボックスとソーシャルネットワーキングシステムは、ソーシャルネットワーキングインターフェースを介してデータを共有する。ジュークボックスは、ジュークボックスとリモートで接続されたラップトップ26a等のジュークボックスでない装置が、ジュークボックス上で再生する複数のメディアインスタンスを選択すること及びジュークボックスにクレジット転送することを許可する。

概要

背景

ジュークボックスは、約数十年の間存在しており、ユーザが便利且つ好適な方法で再生したい所望の音楽を選択できるようにしている。ジュークボックスは、従来から、レストランやバーといった商業施設内に設けられており、これにより、顧客の所望する音楽を顧客に有料で提供してきた。最近数年では、新世代のジュークボックス装置利用可能になっている。新世代のジュークボックス装置は、すべての参加者に対して、操作上の大きな改善をもたらしている。より具体的には、従来のスタンドアロンレコード盤およびCDのジュークボックスは、中央サーバ通信を行い、中央サーバによって制御を受けるデジタルダウンロードジュークボックスに置き換えられてきている。この新世代のジュークボックスシステムの一例が特許文献1に示されており、特許文献1の全開示内容が参照により本明細書に組み込まれる。この新世代のジュークボックスシステムのリーディングプロバイダーが(公序良俗違反につき、不掲載)である。

図1は、デジタルダウンロードジュークボックスシステム10(以降、単に「ジュークボックスシステム」と呼称する)の典型的な実施形態の概要を示している。図1に示すように、ジュークボックスシステム10は、中央サーバ12を含んでいる。中央サーバ12は、オーディオコンテンツ(典型的には「音楽」)のマスターライブラリおよびオーディオビジュアルコンテンツ(典型的には「音楽および関連する映像もしくはグラフィック」)の少なくともいずれかのコンテンツを含んでおり、コンテンツは中央サーバ12からダウンロード可能になっている。ジュークボックスシステムは、さらに、一連リモートジュークボックス装置16、16a〜16fを含んでいる。これらのジュークボックス装置の各々は、一般的に、バーやレストラン、クラブ、その他の所望の店舗に設置されている。各ジュークボックス装置は、ユーザからコイン紙幣クレジットカードデビットカード等で支払いを受け、さらに、ユーザによって再生する楽曲が1曲または複数曲選択されたことに応答して、音楽を再生するように動作する。別の実施形態では、店舗によって音楽サービス代金会費ベースで支払われ、選択された音楽はエンドユーザ無料で提供される。リモートジュークボックス装置16は、スクリーン18とオーディオシステム20とを備えている。スクリーン18は、ユーザに情報を提示し、ユーザが音楽を選択できるようにする。オーディオシステム20は、選択された音楽を再生する。また、スクリーン18は、顧客を惹きつけるために、ジュークボックス自体の広告を表示するために使用されてもよく、他の種類の広告および/またはその他の所望の情報を表示するために使用されてもよい。

ジュークボックス装置16(本明細書では単に「ジュークボックス」と呼称することもある)は、例えばインターネットのような通信ネットワーク14を通じて、中央サーバ12と通信するように動作する。ジュークボックス装置16は、ジュークボックスで再生された具体的な楽曲の情報をサーバ12に提供するために、サーバ12と定期的な通信を行う。中央サーバは、この情報を用いて、各ジュークボックスで再生された楽曲に対して支払われるべき適切なロイヤリティおよび/またはその他の代金を決定する。このように、この新世代のジュークボックスには、音楽の再生および/または他の適用可能な音楽に関する権利が、より正確で信頼性のある方法によって守られ、それにより、適切なロイヤリティがアーティストや楽曲の所有者に支払われることが保証されるという利点がある。また、中央サーバ12は、店舗内の特定の顧客に応じた適切な、または、最も人気のある楽曲がジュークボックス内に維持されるように、新しい楽曲をジュークボックスに提供する。このように、店舗の各ジュークボックスで顧客が一般的にリクエストする楽曲および/または各種音楽を提供できるように、各ジュークボックスで利用可能な楽曲は中央サーバとの通信を通じてカスタマイズ可能である。上述の特許文献1に記載されているように、中央サーバは、好適には、例えば、ジュークボックスに新機能を提供したり、機能を改善したりする目的で、ジュークボックス上で動作するソフトウェア更新するために使用することもできる。したがって、この新世代のジュークボックスには、販売人等に直接ジュークボックスを保守してもらうことを必要とせずに、楽曲(または、その他のオーディオコンテンツ、ビジュアルコンテンツ、もしくはオーディオビジュアルコンテンツ)およびジュークボックス自体の動作を望むままにリモートから変更することができるという別の利点がある。代わりに、中央サーバ12を用いてそのような更新を行うことができる。

上述したように、各ジュークボックス装置16は、ハードドライブのようなマスストレージ装置を備えており、マスストレージ装置には、楽曲、および、関連する映像/グラフィックデータ(もしあれば)に加えて、ジュークボックスで再生する任意の所望するグラフィック情報が格納されている。ジュークボックスのマスストレージ装置は、一般的に、中央サーバ12のストレージ装置に比べて、記憶容量が限られている。そのため、一般的には、ジュークボックスのマスストレージ装置には、任意の時点において、中央サーバ12に格納されている楽曲群の一部分のみが記録されている。また、ジュークボックスの記憶容量を制限し、尚且つ/あるいは、ジュークボックスに格納される楽曲の数を制限するのには、データのセキュリティやジュークボックス自体の空間的な余裕が限られていること等といったさらなる理由がある。例えば、サイズが小さく設計されるべき壁掛けジュークボックスなどは、自立型モデルに比べて、物理的な空間が制限され得る。先に説明したように、ジュークボックスの楽曲は中央サーバとの通信を通じて変更可能であるが、一般的には、どのジュークボックスも、任意の時点において、中央サーバが保持している楽曲の完全なライブラリの比較的小さいサブセットだけを格納している。

概要

技術に合わせて拡張され、現代的なソーシャルネットワーキングの機会を提供する、ジュークボックス及びジュークボックスの操作方法を提供する。ジュークボックス16は、エンターテイメントシステムネットワークに接続され、ジュークボックスのローカルに保存されているか、エンターテイメントシステムネットワークから有料でダウンロードされるか、の少なくともいずれかに該当する複数のメディアインスタンスを再生する。ジュークボックスとソーシャルネットワーキングシステムは、ソーシャルネットワーキングインターフェースを介してデータを共有する。ジュークボックスは、ジュークボックスとリモートで接続されたラップトップ26a等のジュークボックスでない装置が、ジュークボックス上で再生する複数のメディアインスタンスを選択すること及びジュークボックスにクレジット転送することを許可する。

目的

本発明のある種の典型的な実施形態は、ユーザと情報のやり取りをすることでソーシャルネットワーキングおよび/またはその他のサービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

宅外店舗に設けられたジュークボックスであって、上記ジュークボックスは、エンターテイメントシステムネットワークに接続され、上記ジュークボックスのローカルに保存されているか、上記エンターテイメントシステムネットワークから有料ダウンロードされるか、の少なくともいずれかに該当する複数のメディアインスタンス再生するように構成されており、上記ジュークボックスとソーシャルネットワーキングシステムは、ソーシャルネットワーキングインターフェースを介してデータを共有するように構成され、上記ジュークボックスは、当該ジュークボックスとリモートで接続されたジュークボックスでない装置が、当該ジュークボックス上で再生する複数のメディアインスタンスを選択すること、および当該ジュークボックスにクレジット転送することを許可するための制御が可能である、ジュークボックス。

請求項2

上記ソーシャルネットワーキングシステムは、上記エンターテイメントシステムネットワークの一部でなく、外部にある、請求項1に記載のジュークボックス。

請求項3

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースは、上記エンターテイメントシステムネットワークの一部である、請求項1または2に記載のジュークボックス。

請求項4

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースは、上記ジュークボックスの外部にある、請求項1〜3の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項5

上記エンターテイメントシステムネットワークは、上記ジュークボックスに関連のあるソーシャルネットワーキングサイトへのジュークボックスソーシャルネットワーキングインターフェースをさらに含み、上記ジュークボックスに関連のあるソーシャルネットワーキングサイトは、上記ソーシャルネットワーキングシステムに関連しない、構成1〜3の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項6

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースは、上記宅外の店舗の外部に設けられている複数のコンピュータが、上記ジュークボックスと接続するように構成されている、請求項1〜5の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項7

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースは、さらに、上記ジュークボックスからフィード受け取り、上記ソーシャルネットワーキングシステムにフィードを提供するように構成されており、上記フィードは、ジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、複数の選択されたメディアインスタンス示すデータを提供する、請求項1〜6の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項8

上記宅外の店舗にあるジュークボックスまたはジュークボックスでない装置を介して上記ジュークボックスにログインする予め登録されたユーザを認証するように構成されているユーザ認証部を備えている、請求項1〜7の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項9

上記フィードが、上記ジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、上記複数のメディアインスタンスの各々を選択した認証済のユーザを示すデータをさらに含んでいる、請求項7に記載のジュークボックス。

請求項10

上記フィードが、上記ソーシャルネットワーキングシステムを介して認証済のユーザから、上記宅外の店舗にある電子機器を使用している、別のソーシャルネットワーキングシステムのユーザに送信されるメッセージ示すデータをさらに含んでいる、請求項7または8に記載のジュークボックス。

請求項11

外部ディスプレイへの出力を含む、請求項1〜10の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項12

上記ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、選択されたメディアインスタンスの一覧を、上記外部ディスプレイに出力するように制御可能である、請求項11に記載のジュークボックス。

請求項13

上記ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスを選択したユーザが認証されていれば、認証されたユーザを外部ディスプレイへの出力として提供するように制御可能である、請求項12に記載のジュークボックス。

請求項14

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースを介してメッセージを送信したジュークボックスで認証されたユーザから、ソーシャルネットワーキングシステムのユーザに送信されたメッセージを外部ディスプレイへの出力として制御可能である、請求項11〜13の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項15

上記ソーシャルネットワーキングシステムのユーザから宅外の店舗において認証されたユーザに送信されるメッセージを外部ディスプレイへの出力として制御可能である、請求項11〜14の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項16

上記ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスに関する雑学を外部ディスプレイへの出力として制御可能である、請求項11〜15の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項17

上記ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスに関するアーティストまたはレーベルからのメッセージを外部ディスプレイへの出力として制御可能である、請求項11〜16の何れか1項に記載のジュークボックス。

請求項18

宅外の店舗に設けられたジュークボックスの操作方法であって、上記ジュークボックスは、エンターテイメントシステムネットワークに接続され、上記ジュークボックスのローカルに保存されているか、上記エンターテイメントシステムネットワークから有料でダウンロードされるか、の少なくともいずれかに該当する複数のメディアインスタンスを再生することのユーザの要求を受付、応答するステップと、上記ジュークボックスとソーシャルネットワーキングシステムは、ソーシャルネットワーキングインターフェースを介してデータを共有するステップと、上記ジュークボックスとリモートで接続された宅外の店舗に設けられているジュークボックスでない装置から受け取った、ユーザの要求に応じてジュークボックスを選択的に制御するステップと、を含む、ジュークボックスの操作方法。

請求項19

上記ソーシャルネットワーキングシステムは、上記エンターテイメントシステムネットワークの一部でない、外部にある、請求項18に記載のジュークボックスの操作方法。

請求項20

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースは、上記エンターテイメントシステムネットワークの一部である、請求項18または19にに記載のジュークボックスの操作方法。

請求項21

上記エンターテイメントシステムネットワークが、ジュークボックスに関連のあるソーシャルネットワーキングサイトへのジュークボックスソーシャルネットワーキングインターフェースをさらに含み、上記ジュークボックスに関連のあるソーシャルネットワーキングサイトは、上記ソーシャルネットワーキングシステムに関連しない、請求項18〜20の何れか1項に記載のジュークボックスの操作方法。

請求項22

上記ソーシャルネットワーキングインターフェースを介して上記宅外の店舗の外部に設けられている複数のコンピュータから、そして、リモートでジュークボックスに接続された宅外の店舗に設けられているジュークボックスでない装置から受け取った、ユーザの要求に応じてジュークボックスを選択的に制御するステップをさらに含む、請求項18〜21の何れか1項に記載のジュークボックスの操作方法。

請求項23

上記ジュークボックスからソーシャルネットワーキングシステムにフィードを提供するステップを含み、上記フィードは、ジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、複数の選択されたメディアインスタンス、上記ジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、上記複数のメディアインスタンスの各々を選択した認証ずみユーザ、あるいは、ソーシャルネットワーキングサイトのユーザに送信されるメッセージ示すデータを含む、請求項18〜22の何れか1項に記載のジュークボックスの操作方法。

請求項24

外部ディスプレイ装置への出力を提供するステップを含む、請求項18〜23の何れか1項に記載のジュークボックスの操作方法。

請求項25

上記外部ディスプレイ装置への出力は、ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、選択されたメディアインスタンスを示すデータ、ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスを選択した認証済みのユーザを示すデータ、ソーシャルネットワーキングシステムのユーザから宅外の店舗において認証されたユーザに送信されるメッセージを示すデータ、ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスに関する雑学を示すデータ、あるいは、ジュークボックスで再生されているか、または再生されることになる、複数のメディアインスタンスに関するアーティストまたはレーベルからのメッセージを示すデータを含んでいる、請求項24に記載のジュークボックスの操作方法。

技術分野

0001

本発明のある種の典型的な実施形態は、エンターテイメントシステムに関する。とりわけ、本発明のある種の典型的な実施形態は、ユーザと情報のやり取りをすることでソーシャルネットワーキングおよび/またはその他のサービスを提供するエンターテイメントシステムに関する。例えば、ある種の典型的な実施形態では、宅外店舗におけるエンターテイメントシステムは、ジュークボックスに関連したサービスであって、エンターテイメントシステムを介在した、店舗の内外からアクセス可能なサービスを提供する一方で、店舗の内外における顧客間ソーシャルネットワーキングサービス統合し、広告の機会をも提供するように構成されている。ある種の典型的な実施形態では、店舗内のエンターテイメントシステムは、ジュークボックスとして機能し、尚且つ/または、ジュークボックスに接続されるシステムであってもよい。さらに、ある種の典型的な実施形態では、店舗内のエンターテイメントシステムは、1台以上のクライアント装置、1台以上のディスプレイ、1台以上のバートップ(bar-top)型のゲームデバイスまたはハンドヘルド型のゲームデバイス等に接続されてもよい。上述のエンターテイメントシステムを介在し、ジュークボックスに関連したサービスは、顧客の体験を高め、所有意識および/またはエンターテイメントシステムのユーザ間で結びつきのあるコミュニティへの帰属意識を生み出す。

背景技術

0002

ジュークボックスは、約数十年の間存在しており、ユーザが便利且つ好適な方法で再生したい所望の音楽を選択できるようにしている。ジュークボックスは、従来から、レストランやバーといった商業施設内に設けられており、これにより、顧客の所望する音楽を顧客に有料で提供してきた。最近数年では、新世代のジュークボックス装置利用可能になっている。新世代のジュークボックス装置は、すべての参加者に対して、操作上の大きな改善をもたらしている。より具体的には、従来のスタンドアロンレコード盤およびCDのジュークボックスは、中央サーバ通信を行い、中央サーバによって制御を受けるデジタルダウンロードジュークボックスに置き換えられてきている。この新世代のジュークボックスシステムの一例が特許文献1に示されており、特許文献1の全開示内容が参照により本明細書に組み込まれる。この新世代のジュークボックスシステムのリーディングプロバイダーが(公序良俗違反につき、不掲載)である。

0003

図1は、デジタルダウンロードジュークボックスシステム10(以降、単に「ジュークボックスシステム」と呼称する)の典型的な実施形態の概要を示している。図1に示すように、ジュークボックスシステム10は、中央サーバ12を含んでいる。中央サーバ12は、オーディオコンテンツ(典型的には「音楽」)のマスターライブラリおよびオーディオビジュアルコンテンツ(典型的には「音楽および関連する映像もしくはグラフィック」)の少なくともいずれかのコンテンツを含んでおり、コンテンツは中央サーバ12からダウンロード可能になっている。ジュークボックスシステムは、さらに、一連リモートジュークボックス装置16、16a〜16fを含んでいる。これらのジュークボックス装置の各々は、一般的に、バーやレストラン、クラブ、その他の所望の店舗に設置されている。各ジュークボックス装置は、ユーザからコイン紙幣クレジットカードデビットカード等で支払いを受け、さらに、ユーザによって再生する楽曲が1曲または複数曲選択されたことに応答して、音楽を再生するように動作する。別の実施形態では、店舗によって音楽サービス代金会費ベースで支払われ、選択された音楽はエンドユーザ無料で提供される。リモートジュークボックス装置16は、スクリーン18とオーディオシステム20とを備えている。スクリーン18は、ユーザに情報を提示し、ユーザが音楽を選択できるようにする。オーディオシステム20は、選択された音楽を再生する。また、スクリーン18は、顧客を惹きつけるために、ジュークボックス自体の広告を表示するために使用されてもよく、他の種類の広告および/またはその他の所望の情報を表示するために使用されてもよい。

0004

ジュークボックス装置16(本明細書では単に「ジュークボックス」と呼称することもある)は、例えばインターネットのような通信ネットワーク14を通じて、中央サーバ12と通信するように動作する。ジュークボックス装置16は、ジュークボックスで再生された具体的な楽曲の情報をサーバ12に提供するために、サーバ12と定期的な通信を行う。中央サーバは、この情報を用いて、各ジュークボックスで再生された楽曲に対して支払われるべき適切なロイヤリティおよび/またはその他の代金を決定する。このように、この新世代のジュークボックスには、音楽の再生および/または他の適用可能な音楽に関する権利が、より正確で信頼性のある方法によって守られ、それにより、適切なロイヤリティがアーティストや楽曲の所有者に支払われることが保証されるという利点がある。また、中央サーバ12は、店舗内の特定の顧客に応じた適切な、または、最も人気のある楽曲がジュークボックス内に維持されるように、新しい楽曲をジュークボックスに提供する。このように、店舗の各ジュークボックスで顧客が一般的にリクエストする楽曲および/または各種音楽を提供できるように、各ジュークボックスで利用可能な楽曲は中央サーバとの通信を通じてカスタマイズ可能である。上述の特許文献1に記載されているように、中央サーバは、好適には、例えば、ジュークボックスに新機能を提供したり、機能を改善したりする目的で、ジュークボックス上で動作するソフトウェア更新するために使用することもできる。したがって、この新世代のジュークボックスには、販売人等に直接ジュークボックスを保守してもらうことを必要とせずに、楽曲(または、その他のオーディオコンテンツ、ビジュアルコンテンツ、もしくはオーディオビジュアルコンテンツ)およびジュークボックス自体の動作を望むままにリモートから変更することができるという別の利点がある。代わりに、中央サーバ12を用いてそのような更新を行うことができる。

0005

上述したように、各ジュークボックス装置16は、ハードドライブのようなマスストレージ装置を備えており、マスストレージ装置には、楽曲、および、関連する映像/グラフィックデータ(もしあれば)に加えて、ジュークボックスで再生する任意の所望するグラフィック情報が格納されている。ジュークボックスのマスストレージ装置は、一般的に、中央サーバ12のストレージ装置に比べて、記憶容量が限られている。そのため、一般的には、ジュークボックスのマスストレージ装置には、任意の時点において、中央サーバ12に格納されている楽曲群の一部分のみが記録されている。また、ジュークボックスの記憶容量を制限し、尚且つ/あるいは、ジュークボックスに格納される楽曲の数を制限するのには、データのセキュリティやジュークボックス自体の空間的な余裕が限られていること等といったさらなる理由がある。例えば、サイズが小さく設計されるべき壁掛けジュークボックスなどは、自立型モデルに比べて、物理的な空間が制限され得る。先に説明したように、ジュークボックスの楽曲は中央サーバとの通信を通じて変更可能であるが、一般的には、どのジュークボックスも、任意の時点において、中央サーバが保持している楽曲の完全なライブラリの比較的小さいサブセットだけを格納している。

先行技術

0006

米国特許6308204号明細書

発明が解決しようとする課題

0007

ジュークボックスが生み出す収入最大化するためには、最も望まれる楽曲群をジュークボックス上で長い間利用可能にしておくことが重要である。顧客がジュークボックスで好みの楽曲を見つけることができないと、ジュークボックスの稼働率(およびこれによって生み出される利益)は著しく落ちてしまう。その一方で、特定の店舗において顧客がジュークボックスでどの楽曲の再生を所望するかを前もって正確に予測することは不可能である。実際、顧客がその時点でジュークボックスには存在しないが中央サーバには存在する楽曲を選択したような例が多くあるように見受けられる。そのため、ジュークボックスは、十分に満喫されず、使用されないかもしれない。この問題に対処してジュークボックスの収入を増やすために、従来のジュークボックスは、ユーザがジュークボックスから中央サーバの楽曲を検索すること、および、追加料金を払って中央サーバからジュークボックスに所望の楽曲を即時ダウンロードするようリクエストを出すことを可能にする機能を備えてきた。この機能により、ユーザは、中央サーバが保持している楽曲のマスターライブラリに含まれる任意の楽曲を、その楽曲がジュークボックス自体のマスストレージに格納されているか否かに関わらずジュークボックスで再生できる。したがって、ユーザは、最初にジュークボックスのローカルストレージから所望する楽曲を探し、望むのであれば、さらに中央サーバにおいて所望する楽曲を探すことになる。一般的に、ジュークボックスは、ジュークボックスのローカルストレージから直接通常の再生を行うのとは対照的に、中央サーバから楽曲を即時ダウンロードして再生することに対して追加料金(例えば1クレジットに代えて5クレジットのように)を課金する。

0008

しかしながら、即時ダウンロードの機能には、中央サーバとの間で高速な接続が即時に確立されることが求められるという問題がある。さらに、そのような機能が適切に働くためには、中央サーバおよびネットワークが、信頼性のある効率的な方法で上記リクエストを処理するための準備がされ、且つ、そのための処理能力を備えていないければならない。これらの要求は必ずしも満たすことができるものではなく、結果として、この機能の導入には限界がある。例えば、ジュークボックスを所有している多くの店舗は、(DSLといった)高速接続を備えておらず、代わりに、ダイアルアップモデム接続を使用している。一般的に、ダイアルアップ接続に依存するジュークボックスは、サーバとの間では定期的な通信だけを行うよう設計され、ユーザが楽曲を即時ダウンロードできないようになっている。上記ジュークボックスは、後でダイアルアップ接続が確立される時にダウンロードすべき楽曲に関するユーザ投票を可能にするが、これは、言うまでもなく、楽曲の即時ダウンロードを可能にすることほどユーザを満足させるものではない。ネットワークまたはサーバが、トラフィック故障等の原因でダウンロードに利用できない時は、ダウンロード機能に関するその他の問題が生じ得る。

0009

多くのユーザにとって、ジュークボックスとの関係は、再生すべき楽曲を選択する程度に留まっている。一時的なユーザは、特定の楽曲をすばやく探し出し、尚且つ/または、検索することが困難であるとわかるであろう。一方で、よく利用するユーザは、しばしば同じ楽曲を選択するので、毎回同じように選択しなければならないことにフラストレーション感じるかもしれない。威嚇(intimidation)、フラストレーション等から生じる2つの問題は、収入の損失をもたらす。

0010

これに関し、ジュークボックスユーザのコミュニティ全体との関係を作り出すことを考慮して、ジュークボックスと顧客達との関係を作り出すことが典型的な実施形態の特徴である。そのようなシステムによって、ジュークボックスと顧客達との信頼関係を築くことができる一方、顧客達に自身のサービスのカスタマイズ、および、友人とのコミュニケーションをさせることで、顧客の所有意識を作ることができる。そのような関係と所有感とが、ジュークボックスおよび関連するサービスを利用することの利便性を著しく増大させる一方、威嚇(intimidation)、フラストレーション等を減らすことになる。

0011

本明細書に記載されるある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスは、ユーザ体験および店舗マネージャの収入を高める他のサービスと同様に、音楽サービスの中心的存在となり得る。例えば、ジュークボックスが、ユーザがその友達に接触できる店舗での接点となり得る。例えば、ユーザ同士が、ジュークボックスを用いて会合を呼びかけたり、ジュークボックスシステムを通じて楽曲を共有したり、あるいは、混雑したクラブで離れ離れになった場合にジュークボックスで待ち合わせしてもよい。同様に、ジュークボックスは、店舗マネージャが顧客と接触できる店舗での接点となり得る。例えば、マネージャは、特売品を広告したり、常連客にスペシャルイベント通知したりすることができる。そのようなコミュニケーションが、ユーザ、店舗マネージャ、またはジュークボックス自身によって開始され得る。

0012

ジュークボックスのユーザが店舗を離れるときには、一般的に、楽曲、とりわけ、ジュークボックス自身に対する関係が失われる。ユーザは、例えばどのユーザが特定の種類の音楽や楽曲を好むか、いつ音楽を聴くか、どのくらいの頻度で音楽を聴くか等といった大量のデータをジュークボックスに提供する。従来のジュークボックスでは、この情報は、興味のあるユーザに対してさらなる機能および/またはサービスを提供するためには用いられていない。したがって、収集されるデータは通常無駄になり、ユーザはつかの間の所有感しか体験しない。例えば、ユーザは、特別な夜の外出の体験を再現できない。

0013

経営者も損をする。ジュークボックスのユーザとの関係は、ユーザが施設を去る時に失われるからである。したがって、経営者は、顧客が再度来るまでその顧客を失うことになり、伝統的な、しばしば無視されるバルク広告の方法に依存することを強いられる。一般的にこの形態の広告は、特異性を欠いており、ユーザのパーソナライズされた所属意識を反映しない。さらに、経営者は、例えば特に儲かった夜の特別なイベントを再現することもできない。

0014

例えばインターネットにおいて、オンラインコミュニティは、一般的に、仮想空間上の様々なユーザを結びつけようとして生み出されてきた。これらのコミュニティは、広範囲の機能および広範囲のユーザに対する継続的なアクセスを潜在的に提供する。しかしながら、従来のオンラインコミュニティはネットワーク上にのみ存在していた。すなわち、ユーザがコンピュータから離れる時に、その関係は文字通り終わっていた。したがって、ユーザがこの広範なホストの機能にアクセスし、自身の体験をカスタマイズし、例えば購買習慣閲覧習慣を備えたネット上の人格構築しても、その体験はつかの間のものである。

0015

しかしながら、オンラインコミュニティを通じてジュークボックスのユーザ同士を結びつけることで、ジュークボックスに提供される情報が、ユーザに様々な機能およびサービスを提供する目的で使用可能になる。そして、ジュークボックスは数多くの出会いの場所に存在するため、オンライン仮想コミュニティとは別に、数多くの物理的な場所でつながりが存在する。したがって、ジュークボックスで収集された情報データを使用し、ユーザをオンラインコミュニティに結びつけることによって、リアルバーチャルとが組み合わさったコミュニティが形成される。このようなコミュニティは、例えば、継続する所有意識を作り出し、潜在的に全てのユーザのサービスをパーソナライズし、ユーザ同士を結びつけ、音楽によって結びついたユーザ同士の活気があり、社会的活発なコミュニティを形成することになる。店舗の経営者も、同様に利益を享受できる。例えば、経営者は、店舗を離れている間にも顧客とつながりを持つことによってさらなるビジネスへのパイプラインを実現し、これによって顧客を店舗に引き寄せることができる。

0016

要するに、関連するリモートアプリケーションを備えたジュークボックスは、例えば、ユーザのジュークボックスに対する認識を変えることができる。ジュークボックスは、バーでのみアクセス可能なスタンドアロンの装置である必要はない。むしろ、本発明は、ユーザに、ジュークボックスがメディアセンター、出会いの場所、オンラインコミュニティへのポータル等であるとの認識させるものである。

0017

さらに、ウェブ対応の携帯デバイス(例えば、携帯電話、PDA(パーソナルデジタルアシスタント)等)の到来によって、ユーザは、どこに行くときでも仮想コミュニティを持ち歩くことさえできる。ユーザは、潜在的に、携帯デバイスを用いて、いつでも(例えば、家や、車の中、バー等で音楽を聴くときに)音楽を直接ダウンロードできる。

0018

ある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスでのユーザの行動、および/またはリモートインタフェースを介したユーザの行動は、ユーザに指定され、尚且つ/または、ユーザによってカスタマイズされたアバターで表されてもよい。ジュークボックスは、ユーザの代わりの行動を取る、および/または、ユーザの行動を表す、アバターの行動がプログラムされた論理回路(例えば、ハードウェア、ソフトウェア、その他の任意の組み合わせ)を備えてもよい。そのような行動には、音声および映像の少なくともいずれかで楽曲を紹介すること、音楽に合わせて踊りとの少なくともいずれかを行うこと、オンライン交流を行うこと(お知らせ、投稿ファイル転送等)等が含まれる。そのため、ユーザのアバターは、所有感および/または帰属感を増し、ユーザをジュークボックスに惹きつけることができる。加えて、アバターは、各ユーザ、常連客および/またはエリアへの新参客の楽しみをさらに増やすことができる。

0019

上述した、および/または、その他の態様、特徴、典型的な実施形態は、既存のジュークボックス関連の提供物に比べて有益であり、改善が際立っている。より広範で総合的なエンターテイメントシステムの異種の要素を統合し、拡充することが望ましい。例えば、現在接続されていないが広く普及している一群のジュークボックス、ジュークボックス特有のサービス、広告サーバ、独立して運営されるソーシャルネットワーキングサービス、および独立して制御されるクライアント装置を用いて、一見ばらばらなシステムの相互接続および統合の深化を可能にする体験を提供する。そのようなシステムを有利に提供するとで、エンターテイメントシステムの顧客を他の顧客および顧客以外の者とより十分に深く結びつけることが可能になるであろう。そして、これにより、時には、前者のグループがエンターテイメントシステムのコンポーネントをより多く使用する気になり、後者のグループがエンターテイメントシステムのコンポーネントを使い始める気になる。しかしながら、所有意識および/またはエンターテイメントシステムのユーザ同士が結びついているコミュニティへの帰属意識を作り出すために、顧客の体験をさらに高めることが望ましい。

0020

ユーザ、店舗オーナー、およびオペレーターの様々なニーズ(すべてのニーズは、顧客の所有意識および/または帰属意識を高める)に応えるようにジュークボックスシステムは改善される必要がある。ジュークボックスシステムは、技術に合わせて拡張され、現代的なソーシャルネットワーキングの機会を提供する。本発明は、これらの問題およびその他の問題に対応し、そのようなジュークボックスシステムの機能を高めるように設計されている。

課題を解決するための手段

0021

本発明のある種の典型的な実施形態では、オーディオビジュアルエンターテイメントシステムが提供される。上記エンターテイメントシステムネットワークが、複数のメディアインスタンス実体的に記憶されているデータベースと、上記エンターテイメントシステムと該エンターテイメントシステムの一部ではない外部のソーシャルネットワーキングシステムとの間の通信を仲介するように構成されているソーシャルネットワーキングインターフェースと、を含んでいる。1台以上のジュークボックスが、宅外の店舗に設けられる。上記1台以上のジュークボックスは、上記エンターテイメントシステムネットワークに接続され、上記ジュークボックスのローカルに保存されているか、上記エンターテイメントシステムネットワークから有料でダウンロードされるか、の少なくともいずれかに該当する複数のメディアインスタンスを再生するように構成される。上記1台以上のジュークボックスと、上記ソーシャルネットワーキングシステムと、は、上記エンターテイメントシステムネットワークを通じてデータを共有するように構成されている。

0022

ある種の典型的な実施形態では、上記エンターテイメントシステムネットワークが、ジュークボックスに関連のあるソーシャルネットワーキングサイトへのジュークボックスソーシャルネットワーキングインターフェースをさらに含んでいてもよい。

0023

ある種の典型的な実施形態では、上記宅外の店舗の外部に設けられている複数のコンピュータが、上記ジュークボックスソーシャルネットワーキングインターフェースを介して上記ジュークボックスと接続するように構成されているか、上記宅外の店舗以外に設けられているジュークボックスでない装置が、上記1台以上のジュークボックスで再生する複数のメディアインスタンスを選択し、クレジットを上記ジュークボックス装置に転送するために、リモートから上記1台以上のジュークボックスとインタフェースで接続するように構成されているか、の少なくともいずれかに該当してもよい。上記ジュークボックスでない装置は、スマートフォンカウンタートップ型のゲームデバイス、ハンドヘルドゲーム型のデバイス、またはコンピュータであってもよい。

0024

ある種の典型的な実施形態では、上記エンターテイメントシステムネットワークの上記ソーシャルネットワーキングインターフェースを介した上記1台以上のジュークボックスから上記ソーシャルネットワーキングシステムへの第1のフィードが備えられており、上記第1のフィードが、上記1台以上のジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、複数の選択されたメディアインスタンスについて、当該複数のメディアインスタンスを示すデータを提供してもよい。ある種の典型的な実施形態では、上記1台以上のジュークボックスが、上記宅外の店舗にあるジュークボックスまたはジュークボックスでない装置を介して上記ジュークボックスにログインする予め登録されたユーザを認証するように構成されているユーザ認証部を備えていてもよい。上記第1のフィードが、上記1台以上のジュークボックスで再生されているか、または、再生されることになる、上記複数の選択されたメディアインスタンスの各々を選択した登録済みユーザがいる場合には、当該登録済みユーザを示すデータをさらに含んでいてもよい。上記第1のフィードが、認証されたユーザから上記ソーシャルネットワーキングサイトに送信されるメッセージであって上記宅外の店舗にある上記ジュークボックスでない装置を用いて送信されるメッセージを示すデータをさらに含んでいてもよい。上記第1のフィードが、認証されたユーザから上記ソーシャルネットワーキングサイトに送信されるメッセージであって上記宅外の店舗にある上記1台以上のジュークボックスを用いて送信されるメッセージを示すデータをさらに含んでいてもよい。

0025

ある種の典型的な実施形態では、さらに、上記1台以上のジュークボックスの外部であって上記宅外の店舗内にディスプレイを備えていてもよい。上記ディスプレイが、上記1台以上のジュークボックスで再生中の上記複数の選択されたメディアインスタンスを一覧にするように構成されていてもよいし、再生中の上記選択されたメディアインスタンスの各々を選択したユーザが存在する場合に、認証された当該ユーザを一覧にするように構成されていてもよいし、認証されたユーザから上記宅外の店舗にある上記1台以上のジュークボックスを用いて直接的または間接的に上記ソーシャルネットワーキングサイトに送信されるメッセージを一覧にするように構成されていてもよいし、再生中のメディアインスタンスに関する雑学を一覧にするように構成されていてもよいし、再生中のメディアインスタンスに関するアーティストからのメッセージまたはラベル等を一覧にするように構成されていてもよい。ある種の典型的な実施形態では、上記ディスプレイは、例えば、上記ジュークボックスに内蔵されているディスプレイコントローラを用いて制御されてもよい。ある種の典型的な実施形態では、上記ディスプレイは、上記エンターテイメントシステムネットワークに設けられている1つ以上のプロセッサに制御されてもよい。雑学および/またはその他のメッセージは、それらのプロセッサのうちのひとつ、および/または、他のソース(同様に、メッセージをメディアインスタンスにマッピングする関連データベースを備えていてもよい)から供給されてもよい。

0026

ある種の典型的な実施形態では、上記エンターテイメントシステムネットワークの上記ソーシャルネットワーキングインターフェースを介した上記ソーシャルネットワーキングシステムから上記1台以上のジュークボックスへの第2のフィードが備えられており、上記第2のフィードは、上記ソーシャルネットワーキングサイトから上記宅外の店舗内の認証されたユーザおよび/または上記1台以上のジュークボックスに送信されるメッセージを示すデータを含んでいてもよい。上記ディスプレイが、上記第2のフィードを用いて上記ソーシャルネットワーキングサイトからのメッセージを一覧にするように構成されていてもよい。

0027

本発明のある種の典型的な実施形態では、本明細書で開示されている典型的な実施形態に従って、オーディオビジュアルエンターテイメントシステムを構築および/または使用する方法が提供される。

図面の簡単な説明

0028

本発明の上述およびその他の特徴、態様および利点は、添付の図面を読みながら次の「発明を実施するための形態」を参照することで、さらに理解されるであろう。
図1は、従来のダウンロードデジタルジュークボックスのブロック図である。
図2は、本発明の典型的な実施形態に係る、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスのブロック図である。
図3は、本発明の典型的な実施形態に係る初期選択画面を示す典型的なスクリーンショートである。
図4は、本発明の典型的な実施形態に従ってローカルサーバの楽曲を検索する際に使用される、典型的な検索画面を示す別のスクリーンショットである。
図4Aは、ユーザ指定プロファイルに適していると考えられる楽曲を検索するためにパーソナルミュージックアシスタント(Personal Music Assistant)を使用する典型的な処理を示している。
図4Bは、認識されたユーザプロファイルに適していると考えられる楽曲を検索するためにパーソナルミュージックアシスタント(Personal Music Assistant)を使用する典型的な処理を示している。
例示的な一実施形態に従って、ユーザが入手可能なジャンルおよびテーマに関する非限定的なリストを示す典型的なスクリーンショットである。
図5は、本発明の典型的な実施形態に従って、ローカルサーバでの検索結果を示し、尚且つ、ユーザに所望の楽曲を有料でジュークボックスにダウンロードするオプションを提示する別の典型的なスクリーンショットである。
図5Aは、人気のある楽曲のリストから検索する典型的な処理を示している。
図6は、ダウンロード機能へのアクセスを認める別の方法を示す別の典型的なスクリーンショットである。
図7は、典型的な実施形態に係るローカルサーバを示すブロック図である。
図8は、商用ジュークボックスおよび家庭用ジュークボックスとともに、ジュークボックスシステムによって管理される他のダウンロード装置および関連する通信を含んだ典型的な全体ネットワークのブロック図を示している。
図9は、マルチゾーンジュークボックスシステムの典型的な設置レイアウト俯瞰図を示している。
図10は、各ゾーン選択用端末を備えたマルチゾーンジュークボックスシステムの典型的な設置レイアウトの俯瞰図を示している。
図11は、マルチゾーンジュークボックスシステムのゾーン選択処理の典型的な実装を示すフローチャートである。
図12は、マルチゾーンジュークボックスシステムの再生順序の典型的な実装を示すフローチャートである。
図13は、優先キュー非優先キューとのマルチゾーンセットであって各ゾーンについてキューのサブセットを含むマルチゾーンセットの典型的な実装を示している。
図14は、形態変更機能を備えたジュークボックスの典型的な分配および開始スキームを示すフローチャートである。
図15は、トリガーイベントに応じた自動的なジュークボックスの形態変更開始処理の典型的な実装を示すフローチャートである。
図16は、ジュークボックスの形態変更処理の典型的な実装を示すフローチャートである。
図16Aは、典型的な実施形態においてジュークボックスの形態変更をどのように開始できるかを示す典型的なスクリーンショットである。
図16Bは、典型的な実施形態においてジュークボックスの形態変更の前にユーザが様々な基準を指定可能な方法を示す別の典型的なスクリーンショットである。
図17は、拡張されたメディアストレージを備えたジュークボックスと中央サーバとの関係を示している。
図18は、楽曲が「標準」で入手可能な再生楽曲リストに含まれていないときに行われる楽曲選択処理の典型的な処理を示すフローチャートである。
図19は、入札ベースの優先順位付け(prioritization-based-on-bidding)の機能を備えた優先再生キューの典型的な処理を示すフローチャートである。
図19Aは、ジュークボックスの投票処理の典型的な実装を示すフローチャートである。
図19B(1)は、投票キューの表示を示す典型的なスクリーンショットである。
図19B(2)は、投票キューの表示を示す別の典型的なスクリーンショットである。
図19Cは、所定の店舗内における投票メカニズムを示す典型的なブロック図である。
図19Dは、所定の店舗内における投票メカニズムを示す別の典型的なブロック図である。
図19Eは、複数の店舗で使用される投票メカニズムを示す典型的なブロック図である。
図19Fは、複数の店舗で使用される投票メカニズムを示す別の典型的なブロック図である。
図20は、典型的な一実施形態に従って、音楽や通信等を管理するためのユーザに合わせたシステムを使用する例示的な処理を示すフローチャートである。
図21Aは、典型的な一実施形態における、アカウントプロファイル情報編集するために利用可能な限定されない例示的なオプションを示している。
図21Bは、典型的な一実施形態における、楽曲を管理するために利用可能な限定されない例示的なオプションを示している。
図21Cは、典型的な一実施形態における、友達リストを管理するために利用可能な限定されない例示的なオプションを示している。
図21Dは、典型的な一実施形態における、他者とコミュニケーションをとるために利用可能な限定されない例示的なオプションを示している。
図21Eは、典型的な一実施形態における、付加価値のあるコンテンツにアクセスするために利用可能な限定されない例示的なオプションを示している。
図22は、典型的な一実施形態に係るログインページの典型的なスクリーンショットである。
図23は、典型的な一実施形態に従って認証されたユーザがログインした後に利用可能な機能を示す典型的なスクリーンショットである。
図24は、典型的な一実施形態に従ってリモートからシステムにアクセスするための典型的な処理を示すフローチャートである。
図25は、典型的な一実施形態に従って非限定的なリストされたシステム内のサービスおよび/または機能の中から1以上を選択する典型的な処理を示すフローチャートである。
図26Aは、典型的な一実施形態に従ってユーザがシステムにログインする前に利用可能な機能を示す典型的なスクリーンショットである。
図26Bは、典型的な一実施形態に従ってユーザがシステムにログインした後に利用可能な機能を示す典型的なスクリーンショットである。
図26Cは、ユーザがアカウント情報を更新する方法を示す典型的なスクリーンショットである。
図26Dは、ユーザがプレイリストを管理する方法を示す典型的なスクリーンショットである。
図26Eは、楽曲の例示的な選択の結果を示す典型的なスクリーンショットである。
図26Fは、ジュークボックス検索サービスでの検索結果を示す典型的なスクリーンショットである。
図27は、音楽を携帯デバイスにダウンロードするための典型的なシステムを示している。
図28は、音楽を検索するための典型的な処理を示すフローチャートである。
図29は、特定の店舗内からジュークボックスにアクセスするリモート装置を含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムのブロック図である。
図29Aは、特定の店舗内からジュークボックスにアクセスするリモート装置を含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムのブロック図である。
図29Bは、特定の店舗の外側にデジタルジュークボックスシステムにアクセスするリモート装置を含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムのブロック図である。
図29Cは、特定の店舗の外側にデジタルジュークボックスシステムにアクセスするリモート装置を含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムの別のブロック図である。
図29Dは、特定の店舗の外側に第1のデジタルジュークボックスシステムにアクセスする別のデジタルジュークボックスシステムを含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムのブロック図である。
図29Eは、特定の店舗の外側に第1のデジタルジュークボックスシステムにアクセスする別のデジタルジュークボックスシステムを含む、改良されたダウンロードデジタルジュークボックスシステムの別のブロック図である。
図30は、ユーザが「認証されたユーザ」になることで自身のステータスを変更する方法を示す典型的なフローチャートである。
図31は、登録されたユーザが潜在的なユーザを紹介するためのクレジットを受け取る方法を示す典型的なフローチャートである。
図32は、登録されたユーザが公開プレイリストを作成するためのクレジットを受け取る方法を示す典型的なフローチャートである。
図33は、登録されたユーザがアバターで表される「ローカルプレイリスト」画面の典型的なスクリーンショットを示している。
図34は、「再生中」画面の典型的なスクリーンショットである。
図35は、アラートプリファレンスを設定するための典型的なスクリーンショットである。
図36は、アラート閾値をを設定するための典型的なスクリーンショットである。
図37は、様々なテストのステータスを示す典型的なスクリーンショットである。
図38は、拡張されたスケジューリングモジュールと関連付けられている形態変更機能の典型的なスクリーンショットである。
図39は、スケジューリングカレンダーの典型的なスクリーンショットである。
図40Aは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステム内の主要なコンポーネントを示している。
図40Bは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムの物理アーキテクチャを示している。
図40Cは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムの論理アーキテクチャを示している。
図41Aは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムにログインするクライアント装置の典型的なスクリーンショットである。
図41Bは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムにログインするクライアント装置の典型的なスクリーンショットである。
図41Cは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムにログインするクライアント装置の典型的なスクリーンショットである。
図41Dは、典型的な実施形態に係るエンターテイメントシステムにログインするクライアント装置の典型的なスクリーンショットである。
図42Aは、ユーザが無線ネットワークにログインする方法を示す例示的なスクリーンショットである。
図42Bは、ユーザが無線ネットワークにログインする方法を示す例示的なスクリーンショットである。
図43Aは、典型的な実施形態に従ってユーザから支払いを受ける典型的な処理を示すフローチャートである。
図43Bは、典型的な実施形態に従ってユーザから支払いを受ける典型的な処理を示すフローチャートである。
図43Cは、典型的な実施形態に従ってユーザから支払いを受ける典型的な処理を示すフローチャートである。
図43Dは、典型的な実施形態に従ってユーザから支払いを受ける典型的な処理を示すフローチャートである。
図44Aは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図44Bは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図44Cは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図44Dは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図44Eは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図44Fは、典型的な実施形態に従って、クライアント装置に設けられているインタフェースを用いたジュークボックスでの音楽の検索、選択および再生を例示する例示的なスクリーンショットである。
図45は、典型的な実施形態に係る仮想店舗に関する「フィード」を含む表示例である。

実施例

0029

図面を参照する。図2は、改良されたジュークボックスシステム10’の典型的な実施形態のブロック図である。ジュークボックスシステム10’は、図1に示されている部材と同様の部材を備えている。ジュークボックスシステム10’は、上述したように、中央サーバ12、通信ネットワーク14、およびリモートジュークボックス装置16、16a〜16fを含んでいるが、さらに、ローカルサーバ22、22a〜22fを含んでいる。ローカルサーバ22、22a〜22fは、それぞれ、リモートジュークボックス装置16、16a〜16fと接続されている。中央サーバ12は、楽曲(および/または他のコンテンツ)のマスターライブラリを備えている。各ジュークボックス装置は、ジュークボックス装置のローカルストレージデバイスにマスターライブラリの一部を備えている。中央サーバは、楽曲の利用率が最大化するために各ジュークボックス装置の楽曲の利用率を監視して楽曲の一部を更新することにより、ジュークボックスのコンテンツを個別に管理するために使用されてもよい。中央サーバ12は、再生された楽曲のロイヤリティの計算および支払いのために、各ジュークボックスから定期的にデータを受信する。ジュークボックス装置は、ダイヤルアップモデムまたはブロードバンドモデム(例えば、DSL、ケーブル無線ブロードバンド、もしくは衛星)といった任意の適切な方法でネットワークに接続されていてもよい。通信ネットワーク14は、中央サーバ12からジュークボックス16にデータ(例えば、オーディオビジュアルデータ)を配信可能であって、ジュークボックス16から中央サーバ12にデータをアップロード可能な任意の適切なネットワークであってもよい。

0030

楽曲(および/またはデータ)は、ジュークボックスに送信される前に、セキュリティおよび帯域上の理由から中央サーバ12によって既知の技術を用いてデジタル化され、圧縮され、暗号化される。そして、楽曲は、ジュークボックスでの保存および再生のために、伸張され、復号される。このようにして、各ジュークボックスは、ジュークボックスで再生するデジタル化された楽曲のライブラリをデータベースに保持するが、ライブラリは中央サーバからの通信を通じて、変更または更新することができる。ジュークボックスは、ジュークボックス16のディスプレイ18に表示可能な画像(例えば静止画像および/または動画像および/またはグラフィック画像)を構成するデータを受信および保存してもよい。本発明の典型的な一実施形態に係るジュークボックス装置は、先に言及した米国特許6308204号明細書に記載されている構造と同様の構造を備え、米国特許6308204号明細書に記載されている動作と同様に動作する。したがって、ジュークボックス装置16は、それぞれ、メインCPUやオーディオDSPといった1つ以上のマイクロプロセッサハードディスクのような音楽および/またはその他のコンテンツを保存するための記憶装置ビジュアルアイテムを表示するためのディスプレイ、音声を供給するオーディオ装置20、通信ネットワーク14を通じてジュークボックスを中央サーバ12と通信できるようにする通信システム、および、ジュークボックスの動作を制御する操作用ソフトウェアであってマルチタスクオペレーティングシステムを含んだ操作用ソフトウェアを備えていてもよい。操作用ソフトウェアは、例えば、先に言及した米国特許6308204号明細書に記載されているように中央サーバ12との通信を通じて更新可能になっていてもよい。さらに、ジュークボックス16は、例えば、コイン、紙幣、および/またはクレジットカードの投入装置のような、顧客がジュークボックスの利用代金を便利な方法で支払えるようにする1台以上の出金装置を備えていてもよい。スクリーン18は、タッチすることでユーザが入力を選択すること可能にするタッチスクリーンであってもよい。

0031

一実施形態において、各ジュークボックスは、ジュークボックス装置がアクセス可能なローカルサーバ22を備えていてもよい。各ローカルサーバは、イーサネット(登録商標)または他の種類のローカル接続を用いて、ジュークボックス装置に接続されている。別の実施形態では、ローカルサーバは、別のハードウェア装置ではなく、単に、ジュークボックスのハードドライブの論理拡張(例えば、パーティションディレクトリ、または領域)であってもよい。各ローカルサーバ22は、中央サーバ12が保持する音楽レコードのマスターライブラリのミラーコピーを備えている。ローカルサーバおよびジュークボックス装置がジュークボックスのディストリビュータまたはオペレータに出荷される前に、ローカルサーバ22には、ジュークボックスのネットワークを所有および/または制御するエンティティによってマスターライブラリが搭載されてもよい。もちろん、中央サーバは追加の楽曲または新曲で継続的に更新されるという事実から、ローカルサーバは、時間が経過すると、もはや、中央サーバと完全に一致しなくなる。したがって、ローカルサーバ22も、中央サーバ12とライブラリが継続して一致するように、定期的に更新されてもよい。例えば、中央サーバ12が、例えばダイヤルアップモデムまたはブロードバンドモデムを用いてローカルサーバ22に接続されているジュークボックス装置との通信を通じて、この更新を行ってもよい。あるいは、販売人または他の人がローカルサーバのコンテンツを更新する目的でジュークボックスまたはローカルサーバに直接接続可能な更新ツールを用いて、更新を直接行うこともできる。携帯用のツールは、ハードドライブのような、将来の更新のためにジュークボックスシステムのオーナー返却可能であってオーナーが再利用可能なリムーバブルストレージメディアを含み得る。ジュークボックスシステムのオーナーから更新されたリムーバブルストレージメディアを受け取ったときに、使用される特定のジュークボックスの保守を担当するオペレータまたは他の人がツール自体を管理してもよい。

0032

セキュリティ上の理由から、ローカルサーバ22は、ローカルサーバ22に格納されている任意の楽曲についてその楽曲を構成するすべてのデジタルデータを含んでいるわけではない。さらに、ローカルサーバの楽曲の一部は暗号化されている。ジュークボックス装置16は、ローカルサーバの各楽曲の欠落部分を備えており、これにより、ジュークボックスは、ローカルサーバのコンテンツとジュークボックス装置の記憶装置のコンテンツとに基づいて完全な楽曲にできる。ジュークボックスにある欠落部分のデータは楽曲を復号するために必要である。例えば、各楽曲のデータの単一ブロック(または他のごく一部分)はローカルサーバには存在しないがジュークボックス装置に存在し、暗号化は、欠落部分のブロックに基づいて、ブロック毎に進行するかもしれない。したがって、前のブロックを取得および/または復号することなしには、どのブロックも復号することはできない。この特徴が、かなりの安全性を提供し、ローカルサーバの楽曲の窃盗、許可されていない他の種類の使用、またはコピーを妨げ、抑止する。したがって、本実施形態では、各ローカルサーバは、上述した復号が適切に行われるよう、特定のジュークボックス装置専用に割り当てられなければならない。

0033

典型的な一実施形態によれば、中央サーバが各ローカルサーバの管理および監視を個別に行えるように、各ローカルサーバは、中央サーバ12に個別に登録され、中央サーバ12に識別されてもよい。同じことがジュークボックス装置自身にも当てはまる。すなわち、中央サーバがジュークボックスの管理および監視を個別に行えるように、ジュークボックス装置は中央サーバに登録されてもよい。これまでの説明からわかるように、ジュークボックス自体では利用できないさらなるサービス(追加の楽曲の提供等)を提供するためにジュークボックスがローカルサーバのコンテンツにアクセスすることを許可することにより、ローカルサーバは、ジュークボックスシステムの重要で有益な部分となる。以下に説明するように、課金ベースの家庭用ジュークボックスおよび商用ジュークボックスといった他のジュークボックス、並びに/または、その他の課金ベースの装置にサービスを提供する目的で、中央サーバの楽曲ライブラリおよび/または記憶容量自体は有利的に使用することができる。ローカルサーバの使い方のひとつが、ジュークボックス装置に対して楽曲の即時ダウンロード機能を提供することであってもよく、これについて、図3図6の典型的なスクリーンショットを参照しながら以下に詳細に説明する。

0034

図3は、ジュークボックス装置のタッチディスプレイに表示される音楽選択画面の典型的なスクリーンショットを示している。図3を見るとわかるように、この選択画面、すなわち、顧客に提示される初期選択画面は、ジュークボックス装置の記憶装置に格納されている楽曲群の様々なアルバムカバーグラフィック表示32を含んでいる。アルバムカバーはアルファベット順に表示され、仮想スライドバー32を用いて利用可能なアルバムスクロールできる。また、上向き矢印および下向き矢印(34および35)は、利用可能なアルバムを段階的に進めるために使用される。また、“Now Playing”ボタン36は、ジュークボックスで現在再生している(もしあれば)楽曲の情報を表示するために設けられている。また、“Top Ten”ボタン38は、ジュークボックスで最も人気のある上記十曲のリストを表示するために設けられている。また、“Tune Central”(タッチチューンズミュージックコーポレーションの登録商標)ボタン39が設けられており、その機能について図4を参照しながら詳細に説明する。

0035

ユーザがアルバムカバーの表示中に興味のあるアルバムを見つけられず、ジュークボックス装置に存在しない利用可能な楽曲を検索することを何らかの理由で所望する場合、ユーザは、“Tune Central”ボタン39を選択してもよい。“Tune Central”ボタンが押されると、ジュークボックスの表示は、図3の表示から図4の表示に変わる。図4の典型的なスクリーンショットは、ジュークボックス装置に接続されているローカルサーバ22での検索を可能にする検索画面40を示している。この画面40には、検索リクエストを入力する際に使用される仮想キーボード42が設けられている。関連するボタン群47に基づいて、アルバム、アーティスト、楽曲、または、ジャンルもしくはテーマ(すなわち、人気に応じてカテゴリ分けされた、ユーザが特定の楽曲を探し出すことを容易にする楽曲リスト)で検索が可能である。検索が入力され、ユーザが“Search”ボタン44をタッチすると、ローカルサーバのコンテンツの検索が開始される。仮想キーボードからの入力は、“Clear”ボタン46を用いて消去できる。

0036

ジャンルには、例えば、「ポップ」「ロック」「カントリー」「ラップ」「R&B」
ブルース」等が含まれていてもよい。テーマには、例えば、「クリスマス」「アイリッシュ」「誕生日」等が含まれていてもよい。いくつかの典型的な実施形態ではこれらのリストをサーバから検索できる一方、他の典型的な実施形態では、リストは、例えば、特定のパラメータに基づいて動的に作成されてもよい。また別の実施形態では、サーバは、例えば店舗や音楽の種類等の基準に基づいて、どのリストを有効にするか、または、どのリストをジュークボックスに送信するかを選択してもよい。システムは、ダウンロードされる音楽のジャンルおよび/またはテーマだけを表示してもよいが、すべてのジャンルおよび/またはテーマを表示し、利用できないその他の楽曲をローカルのジュークボックスにダウンロード可能にしてもよい。以下に詳細に説明する図4Cは同じ画面にジャンルとテーマとを表示しているが、他の実施形態では別々に表示できることも理解できるであろう。

0037

図4Cは、例示的な一実施形態に従って、ユーザにジャンルおよびテーマの非限定的なリストを示す典型的なスクリーンショットである。スクリーンの左側に配置されているボタン群450はユーザが利用可能なテーマに対応し、スクリーンの右側に配置されているボタン群460はユーザが利用可能なジャンルに対応している。ボタン470は、この選択過程を終了させる。ボタン群の配置を変えてもよく、テーマおよびジャンルのリストは非制限的であり、例示的な目的だけで提示されていることは、理解できるであろう。

0038

ジャンルおよびテーマでの検索と同様、ユーザは、例えば、パーソナルミュージックアシスタント(Personal Music Assistant)を用いて楽曲を検索してもよい。その典型的な処理を図4Aに示す。パーソナルアシスタントボタンの押下後(ステップ402)、ユーザが認証されていない場合、ジュークボックスは、ユーザを識別するための特定の情報をねる(ステップ404)。そのような情報には、例えば、年齢(または生年月日)、好みのスタイルバックグラウンド生誕地、または、ユーザプロファイルを生成するために使用可能なその他の情報を含めることができる。そして、ジュークボックスは、そのプロファイル情報を、例えば特定のジュークボックス、特定の店舗、または国のデータベースで同様のプロファイルを持つ他のユーザによって成された選択と比較し(ステップ406)、楽曲をお勧めする。例えば、ジュークボックスは、1960年に生まれたカリフォルニア出身の男性ユーザには、“The Doors”の楽曲を提案する。ユーザは、リストから楽曲を選択するか、あるいは、新規の検索を開始できる(ステップ410)。

0039

さらに、識別子を入力する代わりに、パーソナルミュージックアシスタントは、図4Bに示すように、他の方法で(例えば、クレジットカードまたは前もってプログラムされたサイト独自の識別カードがジュークボックスにスワイプされた後に)ユーザを認証できる(ステップ422)。パーソナルミュージックアシスタントは、ユーザによって選択されたリストを保持する。ユーザが選択したリストは、例えば、ローカルのジュークボックス端末、サイトの中央ジュークボックスサーバ、リモートサーバ、識別カード等に保持される。パーソナルミュージックアシスタントがユーザを認証した後は、例えば、特定のユーザが楽しむアーティストの楽曲、ユーザに高頻度で再生される楽曲(428)、ユーザが最近聴かない楽曲(430)等に基づいて、楽曲をお奨めすることが可能である。

0040

さらに、例えば優良顧客またはクレジットを多く所有している顧客を認証したパーソナルミュージックアシスタントは、ジュークボックスに形態変更処理を施することで、ジュークボックスを特定のユーザをより楽しませるものにしてもよい。関連形態として、特定の顧客が例えば特定の行事のためにジュークボックスをレンタルしてもよい。したがって、顧客は、所定の料金を支払って、ジュークボックスの形態を変更して特殊なジュークボックスにしてもよい。例えば、特定の店舗でパーティ(例えば誕生パーティ)を行う顧客
は、ジュークボックスをレンタルして顧客が好きな楽曲だけを認めるジュークボックスにしてもよい。別の関連形態では、顧客は、独占的にジュークボックスをレンタルして、例えば、別の装置(例えば、ジュークボックスに操作可能に接続されているウェブまたはその他の通信ネットワーク)を通じてプレイリストを作成したり、パスワード等でジュークボックスへのアクセスを制限したりすることにより、他人が楽曲を選択できないようにしてもよい。クレジットは、例えば、ユーザによって購入されてもよいし、例えば、施設で飲料もしくはおみやげを購入したこと、または常連のリピート客であることに対する報酬として、ユーザに与えられてもよい。このようにして、楽曲の選択をより楽しく、生き生きとした、気の利いた処理にする一方、選択すべき楽曲を把握するためにユーザに差し迫るプレッシャーを取り除くような方法で、パーソナルミュージックアシスタントを実行できる。

0041

スクリーン40から検索が開始されると、スクリーンは、図5に示すような検索結果を示すスクリーンに変化する。図5に示すように、検索結果がリストされる。より具体的には、この例では、検索リクエストを満たす一連の楽曲群がリストされる。検索がアルバムベースである場合、アルバムごとにリストされてもよい。ユーザは、スライドバー53を用いて検索結果をスクロールできる。また、ユーザには、現在のクレジット数の表示55、および、ローカルサーバからジュークボックス装置に楽曲をダウンロードするのに必要なクレジット数の表示56が示される。ユーザは、“Back”ボタン57をタッチすることで前画面に戻ることができる。ジュークボックスは、ユーザが選択リストの中から楽曲を選択し、さらに、“Get It Now”ボタン54をタッチした場合、ジュークボックスでの再生のためにローカルサーバからジュークボックスに選択された楽曲を即時ダウンロードするよう動作する。ダウンロードされた楽曲は、選択されたがまだ再生されていない他の楽曲と一緒に(もしあれば)、ジュークボックスの再生キューに入れられる。この例では、ダウンロードには、ジュークボックス自身のストレージ選択対象とする標準的な選択の1クレジットに代えて、5クレジットがかかる。ダウンロードされた楽曲が再生されると、楽曲はジュークボックスから(楽曲ダウンロードに関連してローカルサーバからダウンロードされた、アルバムカバー画像のような任意のグラフィックデータとともに)削除される。ただし、楽曲は、楽曲を削除すべきか、および/または、楽曲をいつ削除すべきかを決定するために“スマートキャッシュ”に保持されていることが望ましい。例えば、楽曲は所定の期間(例えば、1日、1週間、2週間等)キャッシュされてもよく、一方で、ジュークボックスは、その楽曲の再生を監視する。上記所定の期間内に再生数が所定の閾値を超えた場合には、楽曲は保持されてもよい。再生数が当該閾値を下回った場合には、楽曲は削除されてもよい。本発明の実施形態に応じて、楽曲は、即時利用可能な楽曲のマスターリストに追加されても追加されなくてもよい。例えば、実際にはジュークボックスの例えばプロテクトエリアに格納されているにも関わらず、“スマートキャッシュ”内の楽曲はユーザには即時利用できないように見えてもよい。このように、ユーザは、“Tune Central”ボタンの利用を通じて、中央サーバ12にコンタクトせずにジュークボックス上で録音のマスターライブラリから任意の楽曲を一時的に取得するという選択肢を有する。その結果、ジュークボックスは、ユーザにより楽しい体験を提供する一方で、それにより得られる収入を増やすことになる。

0042

また、ユーザにより楽しい体験を提供するのは、ホットヒット(HOT HIT)を好ましくはリアルタイムで特定する中央サーバの性能である。マスターカタログ内で新曲が利用可能になることが望ましい。すなわち、ローカルサーバまたは拡張メディアストレージに新曲が存在する必要がないことが望ましい。そして、特定の地域(例えば、単一のサイトまたは一群のサイトから州、国、地球的関係までの様々な地域)において高頻度で再生される楽曲を人気のあると見なすことができる。これらの楽曲群、すなわち、ホットヒットは、各ジュークボックスによってダウンロードされ、各ジュークボックスに送信されることが望ましい。各ジュークボックスは、ホットヒットのリストをリアルタイムで保持し、ユーザが任意の時点で最も人気のある楽曲を検索できるようにすることが望ましい。あるいは、ジュークボックスは、人気のある楽曲群をダウンロードせずにホットヒットのリストを保持し、潜在的にダウンロードの時間およびリソースを節約するようにしてもよい。結果として、ジュークボックスは、最も人気のある楽曲へのアクセスを容易にすることで、ユーザに楽しい体験を提供することができる。このようにして、ジュークボックスは、オペレータによって指定された1台以上のジュークボックスによって生成され、自動的に、尚且つ/または、特に有効なジュークボックス向けに作成されたホットヒットのホットリストにアクセスしてもよい。このホットリストは、テーマおよび/またはジャンルの代わりとして働き、且つ/または、所定のテーマおよび/またはジャンルの中で最も人気のあるホットな楽曲を提供するためのテーマおよび/またはジャンルとともに機能してもよい。同様に、ユーザは、最近再生された楽曲群のリストから楽曲を選択してもよい。そのようなリストは、各ジュークボックスで保持(例えば、格納および更新)されてもよい。あるいは、そのようなリストは、任意の適切に設定されたジュークボックス装置からアクセスおよび/または更新が可能になるように、中心店舗で保持されてもよい。

0043

図5Aは、ブロードバンド接続を備えたジュークボックスでホットリストを保持するための典型的な処理を示している。なお、より低速な接続での楽曲ダウンロードにはより多くの時間およびリソースが使用されるものの、異なる種類の接続を備えたシステムにも同様の処理を適用できる。ステップ502にて、サイトの中央サーバがマスターカタログから楽曲を受信する。なお、楽曲をローカルジュークボックスのストレージメディアに格納できることは言うまでもない。ステップ504にて、ジュークボックス端末を使用中のユーザは、“Hot List”ボタンを選択する。“Hot List”が表示された後(ステップ506)、ユーザは特定の楽曲を選択するか、新たな検索を開始できる(508)。

0044

図6は、図3のスクリーン30でアルバムカバー画像をタッチすると表示される楽曲選択画面60の別の典型的なスクリーンショットを示している。この画面は、楽曲を選択する別の(または一般的な)方法を示している。楽曲は、(ローカルサーバではなく)ジュークボックス自体のストレージデバイスから直接利用可能な楽曲群のサブセットから、直接選択される。この例では、図3の画面から“Joe Cokcer’s Greatest Hits”が選択されている。図6に示すように、結果を示す画面表示60は、選択されたアルバム画像61、および、ジュークボックスでそのアルバムから利用可能な楽曲群62のリストを表示する。ジュークボックスは、特定のアルバムの全曲を備えていてもよいし、備えていなくてもよい。利用可能な楽曲群は、必要な場合にはスクロールバー63aおよび63bを用いてスクロールできる。ユーザは、“Play”ボタン65を通じて、ジュークボックスで再生する楽曲をリストから選択するオプションを有する。また、“Play Now”ボタンは、ユーザが優先的に再生する楽曲を選択できるように設けられており、その楽曲には“Play”ボタンを用いて選択された楽曲よりも高い優先度が与えられる。この優先度の機能は、通常の再生よりもより多くのプレイクレジットを必要とすることが望ましい。表示67は、ユーザが利用可能なクレジットの数を示している。ボタン64は、61で示されている同じアーティストの他のアルバムを示しており、ユーザは、特定のアーティストのアルバム群から所望する楽曲を簡単に探し出すことができる。

0045

図6にも示すように、“Tune Central”ボタン68は、図4に関連して説明したローカルサーバの同じアーティストによる楽曲を検索できるように、表示される。すなわち、ボタン68は、ローカルサーバを検索するための図4の検索画面40にユーザを移動させる。そして、ユーザは、所望する場合には、図4および図5に関連して述べたように、ローカルサーバの検索およびローカルサーバからの楽曲の選択に進むことができる。このようにして、上述したように、ユーザは、ジュークボックスの画面と対話中、ユーザの望むままに、様々な画面で、便利且つ効率的な方法でローカルサーバにアクセスできる。

0046

図3図6を見るとわかるように、ユーザには、ジュークボックス装置自体に存在する楽曲を再生するか、あるいは代わりに、ダウンロードする楽曲をローカルサーバから選択し、効率的且つ信頼性のある方法で再生する選択肢が与えられている。これにより、ジュークボックスシステム(とりわけ、中央サーバからオンデマンドで音楽を素早く、容易に、または、確実にダウンロードできないジュークボックスシステム)の動作が著しく改善する。なお、図3図6のスクリーンショットは典型的なものに過ぎず、ここで説明する機能を提供する任意の適切な画面構成を使用することができる。さらに、ジュークボックスのオペレータには、操作画面(図示せず)を通じて、ジャンルまたは音楽の種類でフィルタを設定する権限が与えられている。これにより、エンドユーザへのアクセスを制限し、特定の店舗で再生されている望まない音楽を避けることができる。例えば店舗マネージャがハードロックまたはヘビーメタルの音楽が午前11時前には再生されるのを防止できるように、例えば、これらの機能は、ジュークボックスのオペレータおよび/または店舗マネージャによって定められたスケジュールの間に利用可能になっていることが望ましい。例えば、オペレータまたは店舗マネージャは、同じ機能を利用して、プレイリストの設定、並びに/または、特定の日付および/もしくは時刻に利用可能な音楽の選択を行うことができる。例えば、オペレータまたは店舗マネージャは、聖パトリック祝日には音楽の選択をアイルランド音楽に制限したり、バレンタインデーには音楽の選択をラブソングに制限したり、ディナーの時間には音楽の選択をフランクシナトラの音楽に制限したりすること等を所望してもよい。

0047

さらに別の典型的な実施形態では、店舗は、仮想DJを提供してもよい。そのようなシステムでは、事前に用意されたプレイリストが店舗のジュークボックスに提供されるであろう。プレイリストは、店舗および/または実施されるイベントの詳細(例えば、言語、テーマ、ターゲットとなる聴衆等)に合わせたものにできることが好ましい。さらに、いくつかの例示的なプレイリストは、顧客を魅了する有名なDJによって作成されてもよい。DJは、店舗に居なくとも、自分の名前をプレイリストに付け、様々な店舗と連携することできる。プレイリストは、店舗の要望に応じて、数曲または数時間の長さであってもよい。スペシャルプレイリストを使用するサービスに対して特別料金が付随するので、そのような仮想DJイベントの最中にはコインを集める必要がないことがわかるであろう。また、DJは、一度だけの利用のためにスペシャルプレイリストを準備してもよいし、繰り返し使用可能なスペシャルプレイリストを作成してもよいことも理解できるであろう。繰り返し使用可能なスペシャルプレイリストは、例えば、ジュークボックスによってダウンロードされ、または、任意の適切な方法でジュークボックスに提供されてもよい。このように、有料で第3者のプレイリストをジュークボックスで利用可能にすることで、オペレータ、店舗オーナー、有名DJ等のプレイリスト作成者に全く新たな収入源が与えられる。プレイリストがアクティブになるときには、そのプレイリストの楽曲の再生中は、ジュークボックスの通常の機能が停止することが望ましい。

0048

図7は、典型的な実施形態に係るローカルサーバ22を規定する電子的要素のブロック図を示している。図7に示すように、ローカルサーバ22は、CPU72(例えば、AMD Elan 800MHz)、BIOSおよびOSを含むフラッシュメモリ(例えば8MB)、1対のマスター/スレーブハードドライブ(それぞれ82、84、86および88)、ハードドライブの各ペアのIDEコントローラ78および80、RAM76(例えば32MB)、ジュークボックス装置16との通信を制御するイーサネット(登録商標)コントローラ、および、様々な要素を相互接続する適切なバスを備えている。もちろん、ローカルサーバ22として他の構成または配置を使用可能である。ローカルサーバが一意に識別され、ジュークボックスおよび/または中央サーバによって登録されるように、ローカルサーバには一意な識別子が与えられていてもよい。識別子は、例えば、フラッシュメモリ74に配置されてもよい。

0049

上述した本発明の説明からわかるように、ローカルサーバを追加することで、ジュークボックスシステムの一部であるジュークボックス装置の動作は著しく向上するが、ローカルサーバは、これから説明する他の利点や機能をも提供する。

0050

中央サーバ12が、音楽サービスを他の装置に提供する関連するジュークボックス装置16を通じて制御可能な分散サーバのネットワークとして、一群のローカルサーバ22を使用してもよい。例えば、ローカルサーバと関連するジュークボックスとを使用して、接続および割り当てがされている特定のジュークボックスに楽曲サービスを提供するのに加え、リクエストされた楽曲を専用の家庭用ジュークボックス装置または商用ジュークボックス装置(またはその他の適切なジュークボックス装置)に送ることができる。このように、分散サーバのネットワークは、適切な料金で家庭または店舗で再生および/または保存をする楽曲のダウンロードをユーザに許可するこの種の家庭用ジュークボックスおよび商用ジュークボックスを実現するためのサポートネットワークを提供できる。結果として、ジュークボックスシステムのオペレータは、ジュークボックスシステムを通じて商用ジュークボックスと家庭用ジュークボックスとを提供し、制御することができる。本実施形態では、ジュークボックス装置および/またはローカルサーバは、ブロードバンドモデムを用いてインターネット(またはその他の適切なネットワーク)に接続されており、中央サーバの制御の下で楽曲ファイルを任意の専用の(同様にインターネットに接続可能な)家庭用ジュークボックスに選択的に送信可能なソフトウェアが与えられている。中央サーバは、家庭用ジュークボックスからのリクエストを受信し、ネットワークのトラフィックを解析することで選択されたジュークボックス装置に対して、支払金額または該家庭用ジュークボックスの加入プランを考慮した上で、リクエストされた楽曲ファイルを(自身の記憶装置またはローカルサーバから)該家庭用ジュークボックスにダウンロードするよう指示を与える。ある種の典型的な実施形態では、リクエストされた楽曲は、ジュークボックスにストリーミング配信されてもよい。ストリーミングされるメディアは、専用サーバストリーミングサーバのネットワーク、(ピアツーピアダウンロードまたはマルチピアダウンロードのような)1台以上のジュークボックス等から発生することは理解できるであろう。

0051

本発明の別の典型的な一態様によれば、ローカルサーバおよびジュークボックス装置を中央サーバの制御下で用いることで、コインで動作する、すなわち、支払いをトリガとして作動する他の種類の装置(例えば、ジュークボックスと同じ(または近い)店舗に設置されるゲーム機器)用に管理サービスを提供する。すなわち、ジュークボックスは、同じ店舗内における他のダウンロード装置の機能更新および/または管理に使用されることが望ましい。結果として、ジュークボックスは、店舗内におけるすべてのダウンロード装置の中央ハブ(central hub)になる。一実施形態においては、単一の店舗内におけるすべてのダウンロード装置をジュークボックスおよびローカルファイルサーバとともにネットワークで結ぶことによって、この機能が実現される。中央サーバは、どの装置がどのデータおよび/またはソフトウェアで更新されるべきかに関するジュークボックスに対する指示と一緒に情報をローカルサーバにダウンロードできる。ジュークボックス装置および中央サーバは、管理している他のダウンロード装置から情報を収集するために使用することもできるし、レポート決済の目的で中央サーバに情報をアップロードするために使用することもできる。このように、ジュークボックスシステムのオーナー/オペレータは、他のコイン式ゲーム会社の装置を管理および/または更新するサードパーティサービスプロバイダとしての役割を担うことができる。

0052

ローカルサーバに設けられている大容量記憶装置、および、ローカルサーバが多数の店舗に備えられ、適切に制御されたネットワークを介してアクセス可能であるという事実によって、ジュークボックスシステムは、コイン式ゲームの業界において様々な機能を実現するために使用可能な強力なツールとなる。コイン式ゲームのメーカーは、ますます、内蔵ハードドライブを用いてソフトウェア更新が可能なゲームに注力している。更新は定期的に行われるが、このような装置が増えるにつれて、信頼性が高く効率の良い更新が遠隔から可能なシステムに対する要求が非常に高まるであろう。本明細書で説明しているジュークボックスシステムは、ジュークボックスの店舗にあるすべての適切な電子ゲーム機器が中央サーバによって店舗のジュークボックスおよびローカルサーバを用いて管理されるようにすることで、この要求を満している。中央サーバは、ソフトウェアまたはデータ更新をダウンロードしてローカルサーバに格納し、施設内の目的の装置ユニットに更新を送信する。このようにして、ジュークボックスシステムは、コイン式ゲームビジネスの他の会社に対するサードパーティとしての役割を果たすことになり、これにより、その機能性が著しく向上することになる。

0053

一例として、米国には現在およそ140000台のコイン式のカウンタートップ型のデバイス(counter top devices)が存在し、各デバイスによって、ユーザは、有料でゲーム等をプレイできる。これらのデバイスの多くは、新規のソフトウェアをアップグレード可能なハードドライブで動作する。各店舗に車で向かい、マニュアルで各マシンを更新する必要のあるオペレータにCD−ROMを出荷することにより、これがメリットとなる。しかしながら、本発明では、店舗内のすべての適切なコイン式機器がローカルジュークボックスおよび割り当てられているローカルサーバに(直接的または間接的に)接続されている。これにより、中央サーバは、どの装置をどのソフトウェアでアップグレードすべきかを特定する情報とともに、任意の装置を対象とするソフトウェア更新を受信することができる。更新サービスは課金ベースとなっていることが好ましく、ジュークボックスシステムのさらなる収益源となる。中央サーバは、アップグレード命令とともにソフトウェアをローカルサーバにダウンロードし、さらに、アップグレード版を適切な装置(群)にダウンロードする。

0054

上述したように、ローカルサーバにより、楽曲は、中央サーバの制御の下で、ローカルサーバが割り当てられている商用ジュークボックスまたは家庭用ジュークボックスにダウンロード可能になる。さらに、ローカルサーバは、他のコイン式装置を管理する商用ネットワーク化されたアプリケーション用に使用できる。本発明のこれらの様々な機能について図8で説明する。

0055

図8は、典型的な実施形態で予期される完全なジュークボックスシステムネットワークのブロック図を示している。上述したように、システムは、通信ネットワーク14に接続されている中央サーバ12、対応する音楽ファイルサーバ22a、22bおよび22cを備えた一連の商用ジュークボックス16a、16bおよび16c、ブロードバンド装置102a、102bおよび102cを介して上記ネットワークに接続されている一連の家庭用ジュークボックス100a、100bおよび100c、および図8の右側に示した商用ネットワークを備えている。この商用ネットワークは、ルーターまたはネットワークハブ110を介してローカルファイルサーバ22dに接続されているジュークボックス装置16d、ダーツゲーム104、ゴルフゲーム106、カウンタートップ型ビデオゲーム108のようなさらなる多数のコイン式ゲーム機器、このローカルネットワークを通信ネットワーク14に接続しているブロードバンドモデム112を備えている。図8に示す典型的な実施形態により、ここで説明しているすべての機能を本発明のジュークボックスシステムを通じて実現できる。

0056

図9は、本発明の一実施形態に係るマルチゾーンジュークボックスシステムの典型的な施設のレイアウトの俯瞰図を示している。本実施形態では、施設は3つのゾーン121、123および125を備えている。各ゾーンには、自ゾーンスピーカー127、129および131が備え付けており、ジュークボックス133に操作可能に接続されている。異なる音楽が3つのゾーン全てで同時に再生されてもよいし、すべての音楽が単一のジュークボックス133から再生されてもよい。ジュークボックス133には、必要に応じて、このような実装が可能な追加のハードウェアが設けられてもよい。

0057

あるいは、ユーザは、3つのゾーンのうちの1つ以上のゾーンで、同時に、または、異なる時刻に音楽を再生することを選択してもよいし、ユーザは、これらの機能のいずれかを実現するために、追加のクレジットを支払わなければならないようにしてもよい。マルチゾーンシステムの一実施形態は、出願第11/023390号明細書に記載されているシステムを用いて様々なゾーンで高品質の音楽を再生できる。出願第11/023390号は、2004年12月29日に出願され、そのタイトルが「ラウドスピーカの無線デジタル伝送システム」であり、1998年9月28日に出願された出願第09/161584号の一部継続出願である。両出願の全内容は参照により本明細書に組み込まれている。例えば、本システムを用いると、ジュークボックスは、音声データを圧縮し、AC電源線mを通じて、アドレス指定できる店舗に伝送できる。そして、その店舗では、音声データが受信され、伸張され、変換され、再生される。実際、本明細書におけるジュークボックスのどの要素も、動作用の通信ネットワークとしてAC電源線を使用する方法で実現可能である。

0058

無線デジタル伝送システムは、他の実施形態では2台以上の装置間でデータが送信されう必要がある他の目的で使用可能であることを理解されたい。例えば、本システムは、ダミー端末を設定するために使用可能である。そのような実施形態では、無線デジタル伝送システムは、楽曲をスピーカシステムに送信するのに加え、例えば、形態変更をすべきか、ジュークボックスの所定の形態変更についてどの曲が適切であるか、選択された音楽が再生されるべきゾーン、最大音量レベル等といった情報を送信するために使用できる。

0059

オペレータは、所定のゾーンで利用可能な音楽の種類を、そのゾーンにおけるアクティビィティの種類、時間帯、またはその他の適切な選択基準に基づいて制限してもよい。例えば、図9において、ゾーン3(125)はレストランである。レストランの顧客は、図9のバーの部屋であるゾーン1(121)またはビリヤード部屋であるゾーン2(123)の顧客と同じ種類の音楽を聴くことを好まないかもしれない。オペレータは、このことを認識し、ゾーン3(125)で再生可能な音楽の種類を制限してもよい。あるいは、オペレータは、特定のゾーンにおける音楽のボリュームを制限してもよい。例えば、ビリヤード部屋123またはレストランセクション125の顧客は、バーの部屋121で望まれるほどは低音の音楽を望まないかもしれない。そして、レストランセクション125は、ビリヤード部屋123よりもずっと静かに保たれるべきであろう。オーナーは、適切な基準に基づいて顧客にやさしい最も多様な環境を各ゾーンに提供するのに適切なすべての設定を調整および制御を行うことができる。

0060

図10は、各ゾーンに選択用端末を備えたマルチゾーンジュークボックスシステムの典型的な施設レイアウトの俯瞰図を示している。典型的な実施形態では、バーは3つのゾーン121、123、125を有している。各ゾーンには、自ゾーンのスピーカー127、129、131が備え付けられており、ジュークボックス133に操作可能に接続されている。異なる音楽が3つのゾーン全てで同時に再生されてもよいし、すべての音楽が単一のジュークボックス133から再生されてもよい。ジュークボックス133には、このような実装が可能な追加のハードウェアが設けられてもよい。

0061

図10の実施形態では、1台以上のダミー端末137、139が施設の至る所に存在する。典型的で例示的なダミー端末は、Xサーバ技術を使用できる。これらの端末137、139は、単体の装置であってもよいし、ゲーム機器、またはデジタルディスプレイを備えた他の適切な装置のインターフェースの一部として設けられていてもよい。これらの端末137、139は、端末が配置されているゾーン(あるいは他のゾーン)のジュークボックス133から楽曲を選択することを可能にする。これらの端末137、139は、メインのジュークボックスインターフェースに課せられているゾーン制限、および選択基準を複製する。端末137、139は、各端末が配置されているゾーンだけで再生する音楽の選択を許可してもよいし、1つ以上の異なるゾーンで再生する音楽の選択を許可してもよい。

0062

さらに、端末137、139のグラフィックインターフェースは、バーのテーマや各端末が配置されている部屋のテーマ等といった利用可能な選択またはその他の適切な基準に応じて変更されてもよい。

0063

図11は、マルチゾーンジュークボックスシステムにおけるゾーン選択処理の典型的な実装を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、最初にジュークボックスは、ユーザとの取引(141)を開始する。ユーザは、楽曲の選択(143)および楽曲を再生すべき1以上のゾーンの選択(145)を行うよう指示される。そして、ジュークボックスは、選択されたゾーンの数に基づいて料金を決定する(147)。ジュークボックスは、ユーザから支払いを受け(149)、選択された1以上のゾーン151で再生する楽曲をキューに入れる(151)。次に、ジュークボックスは、ユーザが別の楽曲153の選択を所望しているかを確認する(153)。ユーザが別の楽曲を所望している場合、処理は、楽曲選択ステップ153に戻って繰り返される。ユーザが選択を完了すると、処理は終了する(155)。

0064

図12は、マルチゾーンジュークボックスシステムのゾーン選択処理による優先再生の典型的な実装を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、特定のジュークボックスシステムには、1つ以上のゾーンに対応する1つ以上の優先キューが設けられている。1つ以上のゾーンに対して優先再生が準備されると、ジュークボックスは、ユーザが選択した楽曲の優先再生の選択を所望しているかを確認する(161)。優先再生が選択されると、ジュークボックスは、優先再生を行うべき1以上のゾーンをユーザが選択するためのオプションを提供する(163)。優先再生が選択されたゾーンの数に基づいて、ジュークボックスは料金を決定し(165)、ユーザから料金の支払いを受け付ける(167)。そして、ジュークボックスは、選択された各ゾーンについて、楽曲を優先再生キューに置く(169)。

0065

図13は、優先キューおよび非優先キューからなるマルチゾーンセットであって各ゾーンについてキューのサブセットを含むマルチゾーンセットの典型的な実装を示している。典型的な実施形態では、N個のゾーン171の各々には、優先キュー175および非優先キュー173を含む自ゾーンのキューセットが設けられていてもよい。再生用に選択された楽曲のリストは各キュー173、175に保持される。各キューの楽曲には、楽曲、および/またはキュー内における楽曲の位置、および/またはその他の適切なファクターを識別する識別子177、179が設けられていてもよい。

0066

ある種の典型的な実施形態では、キュー内の楽曲は、他の理由で並べ替えられてもよい。例えば、楽曲間の遷移をスムーズにし、楽曲の終わりから始まりにかけての再生(end-to-beginning playback)をより良好にするために(例えば、より聴覚的に心地良くなるように、急に終了しないように、または、よりスムーズになるように)並び替えられてもよい。このように、ある種の典型的な実施形態では、再生する楽曲の順序を変更する方法が提供される。そのような処理において、プレイリスト中の2曲以上について楽曲の「音色」が判定されてもよい。楽曲の音色は、例えば、楽曲のボリューム、リズムビートテンポ等の楽曲の特性に関連している。音色判定の後、音色が比較され、好きな(嫌いな)楽曲をグルーピングするために楽曲が並び替えられてもよい。あるいは、楽曲の音色が判定されてもよく、例えば、よりインタラクティブな体験をもたらすために、楽曲の音色を使用して、照明、表示等を制御してもよい。

0067

図14は、形態変更機能を備えたジュークボックスの典型的な分配および開始スキームを示すフローチャートである。典型的な実施形態では、ファクトリドライブ(factory drive)の内容が製造時に規定される(181)。これと同じ(あるいは記憶容量が拡張された)ドライブは、すべてのジュークボックスとともに出荷されてもよく(183)、例えば、中央サーバで利用可能な全楽曲の一部だけを含んでいてもよい。この機能は、同一のドライブをすべてのジュークボックスとともに出荷するのを可能にすることで、製造プロセスを単純化する。ドライブを備えたジュークボックスが目的地到着すると、オペレータは、基本再生リストとしてドライブの楽曲の一部を選択してもよい(185)。この選択は、施設の種類、施設の顧客が一般的に好む音楽の種類、その他の適切な基準に基づいて選択を行うことができる。オペレータは、中央サーバが基本再生リストを推奨するのを許可してもよい。ドライブは、基本リストにはないがファクトリドライブにはある楽曲の選択を追加料金で許可してもよい(187)。ただし、「代替の」楽曲のリストにはすべての楽曲が含まれなくともよい。これは、オペレータが、施設のテーマに合わない楽曲へのアクセスの制限を希望するかもしれないからである。例えば、カントリーバーのオーナーは、ジュークボックスでラップまたはヒップホップの音楽が選択されるのを許可したくないかもしれない。ある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスは、例えばハードドライブ、フラッシュメディア等のような非常に大きなストレージメディアに多数の楽曲(例えば25000曲)が格納された状態で出荷される。この実施形態に係るジュークボックスは、オペレータおよび/またはオーナーが全楽曲の中から顧客に利用させる一部の楽曲を選択するまで「パーソナリティ」がないであろう。このようにして、オペレータおよび/またはオーナーは、基本再生リストの規定を通じて、ジュークボックスの「パーソナリティ」を定めることができる。

0068

ドライブ内の楽曲群が適切にカテゴライズされると(すなわち、基本再生リストが規定されると)、ジュークボックスは動作を開始する(189)。新規の基本再生リストが所望されない限り(191)、ジュークボックスは、現在選択されている基本再生リストで動作を継続する(189)。新規の基本再生リストが所望されると(191)、ジュークボックスは、ベーシックセレクションとして再生可能な楽曲の別の一部を選択し、好ましくはさらに、ジュークボックスの付加的な特性(例えば、グラフィック、広告、ロックアンドフィール等)を形態変更の指示に従って変更することにより、その形態を新しいジュークボックスに変形する(193)。ジュークボックスの形態を変更できることで、オーナーおよび/またはオペレータは、自動的に、所定のイベントが発生したとき/所定の時刻に、手動的に、またはその他方法で切り替え可能な複数のトリガー可能な(triggable)パーソナリティを有する単一のジュークボックスを維持することが可能になる。

0069

図15は、トリガーイベントに基づいた自動的なジュークボックスの形態変更開始処理の典型的な実装を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、ユーザは、例えば、夜をテーマとしたイベント、時刻等のイベントを、ジュークボックスの形態変更を引き起こすトリガーイベントとして規定できる(201)。そして、ジュークボックスは、トリガーイベントが発生したかを定期的に確認しながら、通常の動作を行う(203)。トリガーイベントが発生していない場合、ジュークボックスは単純に動作を継続するが(203)、トリガーイベントが発生すると(205)、ジュークボックスはその形態を新しいジュークボックスに変更する。トリガーイベントは、一度だけのイベントであってもよいし、毎週毎日、毎月、または、その他の適切な基準でスケジューリングされて、発生するようになっていてもよい。なお、マルチゾーンの構成においては、様々なゾーンの形態が変更してもよいが、残りのゾーンの形態は変更されなくてもよい。例示的な実施形態におけるこの機能は、例えば、所定の1以上のゾーンを特定種類の音楽専用のゾーンとする一方で、残りのゾーンは、例えば、時刻、音楽を変更したいというオーナーの欲求、ユーザのリクエストのような様々なファクターに応じて異なっていてもよい。

0070

図16は、ジュークボックスの形態変更処理の典型的な実装を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、ジュークボックスが形態変更を開始するときに(211)、基本再生リストとなる新しい楽曲のサブセットを選択する(213)。そして、ジュークボックスは、ジュークボックス内における残りの楽曲群の全楽曲または一部の楽曲を追加料金で選択可能にする(215)。残りの楽曲群の一部の楽曲は、何が形態変更のトリガーになったかに応じて制限されてもよい。ジュークボックスのその他の特性も変更されてもよい(217)。例えば、ジュークボックスの形態変更の引き金となった観衆の興味の予測に対応するように、ユーザインターフェースが変更され、さらに、異なる広告が表示されてもよい。他に適切な変更がなされてもよい。典型的な実施形態では、クラブのオーナーが水曜日の夜の午後9時0分から午前4時0分までヒップホップナイトを開催する。水曜日の午後9時0分に、ジュークボックスは、その形態を、適切な音楽をベーシックセレクションとして有するヒップホップジュークボックスに変更する。形態変更に従って、ジュークボックスは、カントリーミュージック、クラシックロック、ブルースオールディーズといったジャンルの音楽に対するすべてのアクセスをブロックし、ハードロックの追加曲としてヒップホップ風のハードロックの楽曲だけを選択可能にする。ジュークボックスのグラフィックは、先端的で都会的なグラフィックに変更され、広告はそれに伴って変化して、ヒップホップの観衆を魅了するようなアパレル、飲料、およびグッズといった製品を表示する。午前4時0分には、ジュークボックスの形態は、クラブの標準的なジュークボックスに戻るか、または、その他の適切なジュークボックスに変更される。あるいは、ジュークボックスは、次のトリガーイベントが発生するまで、ヒップホップモードの設定のままであってもよい。繰り返すが、マルチゾーン構成においては、様々なゾーンの形態変更を行う一方で残りのゾーンについては変更しなくともよい。上述の典型的で限定されない実施形態において、システムは、その夜の間は1つのゾーンの形態をヒップホップに変更しつつ、他のエリアではクラブの標準的な音楽がそのまま再生されていてもよい。

0071

図16Aは、一実施形態においてジュークボックスの形態変更をどのように開始できるかを示す典型的なスクリーンショットである。領域160は、何も選択されていないことを示すブランクとなっている。この典型的な実施形態において、ユーザは、例えば、“TouchTunes Master”ボタン162、“Dynamic Master”ボタン164、および“Clone a Location”ボタン166のいずれかを選択することで、形態変更オプションを選択する。他の実施形態では、上述のボタンに代えて、または、上述のボタンとともに、別の形態変更オプションを設けてもよいことを理解されたい。本実施形態では、“TouchTunes Master”ボタン162を押すと、領域160には、TouchTunesの音楽部門によって予め選択されているマスターセレクションリストが表示される。マスターセレクションリストは、例えば、特定の楽曲のコレクション(英国バンドのすべての曲、特定のアーティストのすべての曲等)、特定のテーマまたはジャンルの比率(例えば、ヒップホップが75パーセント、ポップが10パーセント、ロックが10パーセント、特定のダンスクラブ風のテクノが5パーセント等)等を含んでいる。ユーザは、スライドバー170を用いてリストを精読してもよい。ユーザが満足し、“Morph It”ボタン168を押すと、ジュークボックスの形態が変化する。なお、“Morph It”ボタン168を押すことによって、すぐに形態の変化が開始してもよいし、即座に形態変更を行わず、所定のトリガー時間に形態変更を開始してもよいことを理解されたい。また選択対象となったジュークボックスまたは接続されている何台ものジュークボックス端末の形態を変更するために、形態変更用データが格納されていてもよいことも理解されたい。

0072

“Dynamic Master”ボタン164の押下は、形態変更のユーザによる制御を強化するための典型的で限定されないひとつの方法である。図16Bは、典型的な実施形態においてジュークボックスの形態変更の前にユーザが様々な基準を指定可能な方法を示す別の典型的なスクリーンショットである。図16A図16Bとで同一の番号を持つボタンについての説明は省略する。例えばラップラベル172のような音楽のジャンルおよび/またはテーマが指定される。ユーザは、“増やす”ボタン174または“減らす”ボタン176を押すことによって、再生すべき音楽の割合を指定することができる。特定のジャンルまたはテーマについて選択された音楽の曲数がテーマ音楽曲数エリア178に現れる一方で、選択された音楽の全曲数の詳細が、トータル音楽曲数エリア180に現れる。一実施形態では、ユーザが、再生すべきジャンルおよび/またはテーマの割合を指定してもよい。例えば、ユーザは、カントリーの夜には、100パーセントカントリーミュージックを選択してもよい。あるいは別の限定されない例として、インターナシナル雰囲気を出すために、ワールドミュージックおよびラテン音楽が混在して選択してもよい。典型的な実施形態は割合を使用するが、他の実施形態は、例えば、特定のカテゴリの楽曲数や特定のジャンルおよび/またはテーマの再生時間といった、どの種類の音楽をどのぐらいの曲数再生すべきかを指定するために別の基準を用いてもよいことを理解されたい。別の実施形態では、ユーザはボタンを用いて音楽の曲数を増減させる必要がないことを理解されたい。すなわち、他の実施形態では、ユーザは、入力機構を介して音楽の曲数を直接入力してもよい。このように、ジュークボックスに操作可能に接続されたリモート装置が、形態変更の規定および/または始動をしてもよいことを理解されたい。

0073

ユーザが(例えば図16Aまたは図16Bから)“Clone a Location”ボタン166を押下すると、ジュークボックスは、好ましくは各ジュークボックスについてその識別子を含んだ形で、ジュークボックス装置のリストを表示する。しかしながら、他の実施形態では、リストは、例えば、ある店舗のオーナーが所有する他の店舗等を含んでいてもよい。ジュークボックス端末の選択後、本ジュークボックスの形態をそのジュークボックスに変更できる。あるいは、選択されたジュークボックスの形態を本ジュークボックスに変更でき、これにより、例えば、リモートからの形態変更が可能となる。また、あるいは、典型的な実施形態のジュークボックスとともに存在する非デジタル式のジュークボックスに関する情報がリストに含まれていてもよい。この形態変更機能により、ユーザは、新規のジュークボックスの形態を置き換えられるべき古いジュークボックス(例えば、従来のレコードジュークボックス、CDジュークボックス、またはデジタルジュークボックス)に変化させることで、既存のジュークボックスを素早く、且つ、容易に置き換えることができる。さらに、多数のジュークボックスを維持するオペレータは、例えば、ルートベースのクローニング(route-based cloning)および/または形態変更処理を適用して、例えば、カスタマイズされた、または、型にはまった楽曲群を提供してもよい。

0074

さらに、ユーザは、例えば、特定の日における店舗のデータ、または既知の最新のデータに基づいて店舗の形態を変更できる。これにより、ユーザは、例えば、特定の形態変更の人気度に基づいてジュークボックスの形態を変更できる。例えば、ユーザは、その夕時の楽しみを再現させようとして、成功した形態変更に戻すことを選択してもよい。また、この機能により、ユーザは、ハードドライブのクラッシュおよび/または他のジュークボックスの故障から回復できる。例えば、以前のクラッシュの後にハードドライブが取り替えられていた場合、ユーザは、クラッシュ前の特定の日付および/または時刻における既存の店舗の形態変更(または複製)を行うことで、クラッシュ前に利用可能であって楽曲を取り戻すことができる。これは、好ましくは、サーバが、この機能に関する十分な情報を保持しているからである。このように、形態変更機能を使用することにより、ユーザによる制御が強化される一方、バックアップ機能および回復機能が提供されることになる。

0075

図17は、拡張されたメディアストレージを備えたジュークボックスと中央サーバとの間の関係を示している。典型的な実施形態では、中央サーバ221は、マスターライブラリ(例えば、現在ダウンロード可能な全楽曲および現在ジュークボックスのハードドライブに置かれている全楽曲を含むライブラリ)を備えている。中央サーバは、ローカルハードドライブ223を含むリモートジュークボックス225と通信222を行ってもよい。ジュークボックスのハードドライブ223は、ダウンロード227に利用可能な空間、予めロードされている楽曲によって占有される空間、並びに、ソフトウェアおよびオペレーティングシステム229の空間を含む複数のセクションを備えてもよい。さらなる適切なセクション(例えば、GUIを変更するための様々な画像を含むセクション)が追加されてもよい。ジュークボックス225は、中央サーバ221と通信することで、楽曲のダウンロード、使用情報のアップロード、ソフトウェアの更新、およびその他の適切な機能の実行を行ってもよい。

0076

図18は、楽曲が「標準」で入手可能な再生楽曲リストに含まれていないときに行われる楽曲選択処理の典型的な処理を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、ユーザは、最初に楽曲を選択する(231)。ジュークボックスは、ローカルハードドライブの楽曲が「非標準」選択として利用可能であるかを確認する(233)。ローカルハードドライブの楽曲が利用可能である場合に、ジュークボックスは、非標準の楽曲の取得および再生に設定された金額を顧客に課金する(235)。そして、ジュークボックスは、楽曲を再生するか(237)、あるいは、適切な場合には楽曲をプレイリストに追加する。

0077

ローカルハードドライブの楽曲が利用可能でない場合、ジュークボックスは、中央サーバへの高速接続が可能であるかを確認する(239)。高速接続が可能でない場合、ジュークボックスは、楽曲が一時的に利用できない旨をユーザに通知し(241)、ダウンロード用の楽曲をオーダーする(243)。ジュークボックスは、楽曲のオーダーの追加料金を課金してもよいし、課金しなくてもよい。一方で、中央サーバへの高速接続が可能である場合、ジュークボックスは、即座に楽曲をオーダーし、高速接続を利用して楽曲をすぐにダウンロードし、その楽曲を再生キューに入れる(245)。そして、ジュークボックスは、非標準選択の料金を顧客に課金する(247)。ある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスは、店舗が閉店した後、または、店舗が開店する前に、楽曲をオフラインで検索してもよい。ある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスは、ダイアルアップ接続で専用線を通じて楽曲を即時ダウンロードしてもよい。ある種の典型的な実施形態では、楽曲は、ネットワーク負荷を減らすために、中央データベースまたは制限データベースからではなく、別のジュークボックス(または他のジュークボックス群)からダウンロードされてもよい。ある種の典型的な実施形態では、ジュークボックスは、特定にの楽曲の一部分を複数のソースからダウンロードされ、ターゲットのジュークボックスで再構成される分散メディアサービスを介して、楽曲をダウンロードしてもよい。そのようなピアツーピア(ジュークボックスツージュークボックス)またはマルチピア(ジュークボックス群ツージュークボックス)のデジタルダウンロードネットワークでは、楽曲のライセンス情報が追跡される必要がある。ある種の典型的な実施形態では、楽曲がジュークボックスで利用可能ではないが、他のバージョンの楽曲またはカバー曲が利用可能である場合、ジュークボックスは、これらの他の楽曲を検索しているユーザにお奨めしてもよい。例えば、利用できないトリーシャイヤウッド版の“How Do I Live”を検索しているユーザに対して、利用可能なドリーパートン版および/またはリアライムス版がお奨めされてもよい。お奨めは、例えば、エバリーブラザーズの“Oh Pretty Woman”とモトリークルーの“Pretty Woman”とのように、曲名が似ているが全く違う楽曲が無視される程度に十分賢いものであることが望ましい。

0078

先に説明したファクトリドライブは、形態変更機能と組み合わされて、先に説明したローカルサーバの必要性を減らす。ファクトリドライブは、別のハードウェア装置を必要することなく、ローカルサーバと同じサービスを証明できるからである。すなわち、本実施形態に係るファクトリドライブによって、ジュークボックスは、任意の技術を用いた単一のマスストレージデバイス(または複数の技術を用いた単一のマスストレージデバイスおよび/または単一のマスストレージデバイスとしてふるまう複数の装置)を内蔵した状態で出荷できる。その一方で、ファクトリドライブは、基本再生リストの規定、規定すべき拡張再生リスト、形態変更機能、ローカルサーバーサービスの提供、および、ここで説明した他の全ての機能を実現する。出荷状態におけるファクトリドライブの中身は、顧客の好みに関する歴史的、統計的な情報を用いて決められていることが望ましい。

0079

図19は、入札ベースの優先順位付け(prioritization-based-on-bidding)の機能を備えた優先再生キューの典型的な処理を示すフローチャートである。典型的な実施形態では、ユーザは、最初に、優先再生を行いたい旨を知らせる(251)。ジュークボックスは、優先再生キューの現在の状態を表示する(253)。この表示には、キューに入っている曲数、トップ入札、各曲の入札金額確定(lock in)した楽曲、および優先再生に関するその他の適切な情報が含まれていてもよい。そして、ジュークボックスは、ユーザに、楽曲を優先リスト中の特別なスポットに置くために追加料金をいくら支払うかを選択させ、選択された料金の支払いを受け付ける(255)。支払いを受けた後(255)、ジュークボックスは、楽曲の地位を優先リスト中のユーザから受け付けた追加料金に応じた地位にする(257)。

0080

あるいは、別の例示的な実施形態の典型的な様態では、ユーザは、これまでに優先再生が選択された他の楽曲が再生されるよりも前に楽曲を再生する権利に入札できる。一実施形態では、優先再生で支払われた最高金額がユーザに示され、ユーザは、最高の優先度を取得するためにそれ以上の金額を支払うことができる。

0081

例示的な実施形態の別の典型的な様態は、他に何人が優先再生の料金を支払ったかがユーザに示されないようにする。ユーザは、優先度を獲得するために支払うことを所望する金額をいくらでも支払うことができ、支払い額に応じた優先度を獲得できる。

0082

例示的な実施形態のさらに別の典型的な様態では、ユーザは、前の典型的な様態に従って優先度を取得するために支払うことを所望する金額をいくらでも支払うことができる。そして、ユーザには、支払い額に応じて獲得した優先スポットが示される。スポットがユーザにとって満足行くものでなかった場合、ユーザは、楽曲の優先度を上げるために追加料金を支払うことができる。そして、ユーザには、追加で支払った額に応じて獲得した新たな優先度が示される。ユーザは、所望する優先度を獲得するまでこの処理を繰り返すことができる。また、ユーザは、他のユーザがリスト中の選択された優先スポットを入札型で先取りするのが困難な状況にするために、追加料金を支払うこともできる。市支払い額が増えるほど優先度が上がるような他の適切な方法も実行できる。

0083

確定機能を提供する例示的な実施形態のさらなる典型的な様態では、ユーザは、予め選択された金額を支払うことで、優先度を確定することができる。例えば、ユーザが15クレジットを支払って3位の優先度を獲得し、3位が補償されることを所望する場合、ユーザは、順位を確定するために、例えばさらに4クレジットを支払ってもよい。

0084

順位の確定には、さらに、ユーザより上位にあるすべての順位が確定している必要があるので、ユーザは、選択した楽曲よりも上位にあるすべての楽曲の順位を確定させるためにある程度の金額を支払う必要がある。そのような状況において、ユーザは、「確定」の指値を支払うか、将来高値をつけるのを避けるため、または、ユーザの楽曲を優先リストのさらに上位にあげるために、同一または異なる数のクレジットを支払うかを選択してもよい。

0085

例示的な実施形態の典型的な様態では、上述した取引戦略のいずれもが実行されてもよく、ユーザには、皆が特定の順位にいくら支払ったかが示されても良い。これにより、ユーザは、特定の優先度を獲得するためにいくら支払わなければならないかを正確に知ることができる。「確定」機能が実装された場合、それにより、ユーザは、楽曲を確定させるために料金を支払うのと、優先度を上げるために料金を支払うのとでどちらが安いかを知ることもできる。これらのすべてのオプションにより、オペレーターの収入が増えることになる。

0086

なお、上述した実施形態では、メディアを移動不可能なジュークボックスに配布するシステムについて記載したが、同様のシステムを用いた別の実施形態はメディアをポータブルジュークボックスに分配することができる。本発明は、そのようなシステムも想定しており、そのようなシステムも本発明の範囲および趣旨から逸脱しないものである。ポータブルジュークボックスは、例えば、PDA、携帯電話、音楽の受信および再生が可能なその他の可動装置であってもよい。さらに、メディアは、先に説明した方法を用いて(例えば、ブロードバンド接続、無線接続等を通じて)ポータブルジュークボックスに配布されてもよいし、その他の適切で、特定のポータブルデバイスにより合った方法を用いて(例えば、Bluetooth(登録商標)技術を用いて)配布されてもよい。さらに、上述したジュークボックスは、一般的に、商用目的で使用されるが、本発明は、他の用途向けの(例えば、家庭用のメディアを再生するための)ジュークボックスも想定しており、そのよう なシステムも本発明の範囲および趣旨から逸脱しないものである。

0087

他の典型的な実施形態では、ジュークボックスを備えた店舗の従業員は、顧客達のジュークボックスでの有料再生の回数に応じた報酬を受けることができてもよい。そのような典型的な実施形態では、システムは、顧客達による有料再生の回数を継続してカウントする。有料再生が一定回数に達するたびに、バーの従業員は、1回の無料再生を受取る。いくつかの実施形態では、個別のカウンターが維持されてもよいし、別の実施形態では、利用可能な無料再生の回数を計算するためにただ1つのカウンターのみが必要であってもよい。このように、ある種の典型的な実施形態は、従業員に無料再生を補償することで、従業員を、ジュークボックスをプロモートする気にさせる。これによっても、1日を通じて同じような楽曲が選択されるということが少なくなり、異なるシフトの従業員にも無料再生が維持される。

0088

同様に、ジュークボックスのユーザは、特定のメディアインスタンスに投票することにより、プレイリスト中におけるその優先度を変更してもよい。このように、ジュークボックスのユーザは、例えば、あるゾーン、または、店舗内の、もしくは、店舗をまたがる複数のゾーンにおいて、再生する音楽を制御するために、「競争する」ことができる。この投票/競争モードは、例えば、動的キュー、優先キュー、マルチキュー等を用いて実装可能であることを理解されたい。また、ジュークボックスは、自動的に(例えば、特定の時刻および/または特定の曜日に)投票モードに入ってもよいし、手動により投票モードに入ってもよい。図19Aは、ジュークボックスの投票処理の典型的な実装を示すフローチャートである。従来のジュークボックスまたはジュークボックスの入札モードとは異なり、ステップS1902において、ジュークボックスのキュー内の楽曲リストはユーザに示される。このリストは自動的に生成されてもよいし、オペレーターやバーの管理人、バーの顧客等によって作成されてもよい。このリストは、例えば、ジュークボックスに表示できるが、1台以上の単体のモニターに表示することが望ましい。さらに、ある種の例示的な実施形態では、このリストは、複数の携帯デバイスおよび/または携帯端末で閲覧可能である。表示される情報には、少なくとも次以降の曲のアーティストおよび曲名、並びに、それらの曲の優先度に対応する番号が含まれることが好ましい。最も投票の多い楽曲が「次に」再生される楽曲として表示され、その次に投票の多い楽曲が続くように、リストはこの番号でソートされるべきである。ステップS1904にて、現在再生している曲が終わったか否かを判定する。曲が終わると、ステップS1906にて、その曲をキューから取り除き、ステップS1908にて次の曲を再生する。別の実施形態では、ユーザは、現在再生中の曲(またはメディアインスタンス)の停止またはスキップを投票で決定でき、そのためには、例えばジュークボックスが再生を開始する前にその楽曲が獲得していた投票数を上回ればよい。

0089

ユーザは、楽曲を次々に見るにつれて、自身が好きな楽曲を押し上げたくなり、尚且つ/または、自身が好きではない楽曲を押し下げたくなる。一般に、投票するユーザが多ければ多いほど、良い楽曲の雰囲気はより良くなる。このように、ステップS1908の後に、または、楽曲が終わっていない場合に、ジュークボックスがステップS1910にて特定の楽曲へのユーザの投票を受け付ける。投票は、(ユーザがクレジットを購入するので)クレジットに基づいて、または、ユーザアカウントに関連して行われ得る。所定の実施形態例において、ユーザは限られた回数だけ投票し得る。ユーザは、1つの店舗内の少なくとも2つの異なる場所から投票することが好ましい。列は、ステップS1912におけるこの投票に基づいてアップデートされ、プロセスはステップS1902に戻り表示リストは更新される。

0090

所定の実施形態例において、列は、特定の楽曲への投票総数に基づいていてもよい。他の所定の実施形態例において、ユーザは、所定の楽曲に賛成票および/または反対票を投じてもよく、賛成数および反対数、または単に結果を示している「全」情報が表示されてもよい。反対票数が賛成票数を上回る場合、システムは1つ以上の以下の機能を実行する。例えば、ジュークボックスは、投票数が負の数である列にある楽曲を単に続けてもよい。また、ジュークボックスは、投票数が0または投票数が負の数である列にある楽曲を続けてもよいが、例えば、楽曲を再生する前に全投票数が少なくとも1に到達するまでは、常に待機する。また、ジュークボックスは、投票数が0であるまたは投票数が負の数である任意の楽曲を停止してもよい。

0091

図19B(1)は、投票数の列の表示を示している典型的なスクリーンショットである。ディスプレイ1900aは、現在再生している楽曲1902およびその進行1904を示している。現在再生している楽曲1902の進行1904は、例えば、残り時間を表す数値、スライドバー等のような如何なる態様で表示されてもよい。アーティストおよび楽曲のリスト1906は、それぞれの投票数に基づいて投票数エリア1908aに表示されるのが好ましい。あるいは、ユーザエリア1910は、例えば、楽曲をリストに掲載しているユーザ、最後に楽曲に投票したユーザ、楽曲を再生させようと「対戦している」グループ名等のような、楽曲に投票しているユーザについての情報を表示してもよい。

0092

図19B(2)は、投票数の列の表示を示している他の典型的なスクリーンショットである。図19B(2)は図19B(1)と同様であるが、投票数エリア1908bがユーザの「全」投票数を反映している。これは、例えば、図19B(1)において、ディスプレイは、全投票結果だけでなく特定の楽曲への賛成票数および反対票数も表示する。

0093

図19Cは、任意の店舗内の投票メカニズムを示している典型的なブロック図である。ディスプレイ1900aは図19B(1)に対応しているが、代わりに図19B(2)に対応するディスプレイでもよく、同一のまたは同様の情報を示す他のディスプレイでもよい。リストは、ジュークボックス16によりアップデートされることが好ましい。ユーザは、リストをアップデートさせる(例えば、楽曲への賛成票および/または反対票を投ずる)ためにジュークボックス16により投票する。または、例えば、他のジュークボックス1912a、リモート端末1912b、ノートパソコン1912c、PDA1912d、携帯電話1912e、他の携帯デバイス1912f等のような、ジュークボックス16に任意に接続される任意のデバイスにより投票する。

0094

図19Dは、任意の店舗内の投票メカニズムを示している他の典型的なブロック図である。図19Dは、ジュークボックス16と連動せず、任意に接続されるデバイス1912a〜fから投票するユーザが、投票リストに直接影響を与える点において図19Cとは異なる。

0095

他の適用例は、複数の店舗(例えば、バー、レストラン、会場等)が、例えばインターネットにより、互いにネットワーク構築されている投票メカニズムを含んでいる。これらのリンクされた店舗により、より多くの常連客を互いに「対戦」させられる。本実施形態において、ネットワーク構築されたジュークボックスは同一の楽曲を再生し、選択的に全ての店舗からの全てのユーザが、投票システムまたは同様のものを用いて再生順を決定する。このように、図19Eは、複数の店舗と共に用いる投票メカニズムを示している典型的なブロック図である。第1の複数の携帯デバイス1912a(1)〜f(1)を伴い、それらをもって通信する、第1の店舗内にある第1のジュークボックス16(1)、および、第2の複数の携帯デバイス1912a(2)〜f(2)を伴い、それらをもって通信する、第2の店舗内にある第2のジュークボックス16(2)は、ジュークボックス16(1)および16(2)によりアクセス可能なプレイリストに影響を与える。

0096

この投票の機能の他の適用例は、ジュークボックスの「停止」モードの向上に関する。停止モードでは、ジュークボックスは典型的にユーザにジュークボックスから音楽を選択させない。例えば、店舗において特別なイベント(例えば、フットボール試合)が存在する場合、および、店舗のオーディオシステムが試合またはイベントを放送している場合、バーテンダーは停止モードを使用する。特別なイベントが終わった後、どの楽曲が再生されるかを選択するために、この投票の機能が用いられてもよい。試合をよく見ている常連客は試合が終わるとその店舗を立ち去るという光景が広く見られている。再生楽曲を選択するこの他の方法により、常連客は店舗に長居したく、および/または、ジュークボックス等を使用し続けたくなりそうである。

0097

1つの典型的な実施形態によれば、図20は、音楽の管理、通信等のためのユーザ順応型システムを用いるためのプロセスを説明的に示しているフローチャートである。パーソナルミュージックアシスタント(Personal Music Assistant)が、この典型的な実施形態に係るシステムの相補システム、構成要素等として機能してもよいことは当然である。ステップS2000では、ユーザはこのユーザ順応型システムにアクセスし、この場合はマイタッチチューンズ(MyTouchTunes)を録音する。例えば、インターネットのフロントエンドを介した多くの店舗、ジュークボックス端末等にて、ユーザがこのシステムにアクセスするのは当然である。例えば、ユーザ名とパスワードとの組み合わせをインターネットフロントエンドまたはジュークボックス端末に入力することによって、ジュークボックス端末にてクレジットカードを通すことによって、サイト限定の「スマートカード」またはフラッシュカードスキャンすることによって、等の如何なる態様で、ユーザがこのシステムにアクセスするのは更に当然である。所定の実施形態例において、例えば、指紋網膜スキャン等のような生物測定データを通じて、ユーザは認識される。生物測定立証法は、独立して機能したり、例えば、ユーザ名/パスワードの組み合わせ、スマートカード等のようなより従来的なユーザ識別形式と共に機能したりしてよいことは当然である。このシステムは、ステップS2002にてユーザを認識するか否かを決定する。ユーザが認識されない場合、ステップS2004のように、ユーザはアカウント/プロフィイル情報を作成するように促されてもよい。アカウント/プロフィイル情報は図21Aを参照しながら以下により詳細に記述されている。

0098

ステップS2002にてユーザが認識される場合、ステップS2006にてマイタッチチューンズのメインメニューがユーザに表示される。この典型的な実施形態に係るシステムを使用しているユーザは、例えば、ステップS2010にてマイタッチチューンズのメインメニューからアカウント/プロフィイル情報を編集したり、ステップS2020にて音楽を管理したり、ステップS2030にて友達を管理したり、ステップS2040にて他人と通信したり、ステップS2050にてこのシステムにより提供される価値のある様々なコンテンツにアクセスしたりしてもよい。これらのおよび他の機能は、図21Aおよび21Bを参照しながら以下により詳細に記述されている。

0099

図21Aは、1つの典型的な実施形態におけるアカウント/プロフィイル情報を編集するために利用できる選択肢を説明的に示している。上述のように、図21Aに示されている典型的なステップが、初期のアカウント/プロフィイル設定に必要なステップに対応するのは当然である。しかしながら、そのような初期設定において、典型的なシステムは、ユーザにメインメニューへのアクセスを許可する前に、ユーザに必要な情報を1度に全て登録させることを要求する(図20におけるステップS2006)。そのようなアカウント/プロフィイル情報は、例えば、中央部またはデータベースに、特定の店舗のサーバに、所定のジュークボックス端末に、および/または、ジュークボックスに挿入される際にユーザおよびユーザ情報を識別する抜き差し可能なカードに保存されるように、任意の実行に必要不可欠な様々な場所に保存され得ることは当然である。

0100

ユーザは、ステップS2012にて個人データをまず入力する。そのような個人データは、例えば、ユーザの電子メールアドレス電話(好ましくは携帯電話)番号、および/または、名前を含んでいてもよい。本システムが後々のユーザおよび他の店舗からのユーザを識別できるように、本システムはユーザに唯一のユーザ名およびパスワードの作成を促す。また、本システムは、ユーザの電子メールアドレスをユーザ名として使用し、パスワードの要求のみを行ってもよい。また、例えば、住宅向けのジュークボックスの場合、典型的なシステムは、パスワードの要求を全く行わなくてもよい。個人データに基づいて、典型的なシステムは、ユーザに電子メールおよびテキストメッセージを送るだけでなく、ログイン時にユーザ認証するために十分な情報(例えば、オンラインアクセス、好適な店舗、任意の領域内の他の店舗等)を集めてもよい。これらの典型的な機能は、以下において更に詳細に記述されている。

0101

ステップS2014では、ユーザは自身がよく訪れる様々な店舗を特定する。この機能により、様々な店舗、広告主等によりユーザ追跡を可能にしてもよい。エスタブリッシュメントは、特定の領域内の常連客または他人を訪問させるために、例えば、スペシャルオファーを彼らに提供してもよい。アドバタイザは、例えば、コンサートチケット、CDに同封された特別なオファー、Tシャツ、および/または、ユーザの好みに基づいた魅力的な他の商品を提供するために、個人情報店舗情報、プレイリストをモニタしてもよい。また、そのようなアカウント/プロフィイル情報が様々な端末に局所的に保存されている場合、本システムはユーザ訪問の準備としてプレイリストを提供するためにこれらの他の端末と通信してもよい。ステップS2016では、ユーザは、クレジットを追加し、および/または、支払い情報を特定する。例えば、ユーザは、店舗に入る前または店舗に居る間に、当該ユーザのクレジットカードを使用して、当該ユーザが所有するクレジットの数を増加させてもよい。また、ユーザは、例えば、クレジットカード情報を提供しつつ、後にクレジットを購入する際、ジュークボックスに自動的にクレジットカードに請求を立てさせること等により、「認証」されてもよい。ステップS2016が、ユーザ自身のため、または、例えば、ユーザの友達、店舗の住人等のような誰かのためにクレジットを購入するために使用されることは当然である。ユーザが、例えば、ペイパル(Pay-Pal)の口座のような口座からジュークボックスに特異性の口座にお金を送金してもよいこと、または、ユーザが音楽および/または他のサービスを直接購入するために、そのような口座を使用してもよいことは当然である。

0102

ある種の典型的な実施形態において、ユーザは、ジュークボックスにてアカウントを作成すること、および、例えば、携帯電話番号および/または電子メールアドレスのような照合連絡メカニズムを提供することにより登録してもよい。ユーザがアカウントを作成し立証連絡メカニズムを入力した後、メッセージがその店舗に送付されてもよい。例えば、ユーザは、テキストメッセージを受信してもよい。一旦、そのメッセージが受信されると、ユーザは、全てを登録させるために、および/または、例えば、本明細書に開示された1つ以上の機能のような所定の他の拡張機能を使用するために、ジュークボックスにコードを入力したり、返信電子メールまたはテキストメッセージを送信したりすること等を促されてもよい。

0103

図21Bは、1つの典型的な実施形態における、音楽を管理するために利用できる選択肢を説明的に示している。ステップS2022では、ユーザは、既存のプレイリストを作成または編集してもよい。好ましくは、ユーザが上述の方法を用いて楽曲を検索し得る、および/または、ユーザがプレイリストを作り上げるためにシステムの発案を使用し得る。好ましくは、ユーザがプレイリストに、例えば、「お気に入りの再生」、「80年代の夜」、「心地よいラブソング」等のような説明的なタイトルを付けてもよい。更に、ユーザは、他のユーザがプレイリストを閲覧することを許可または制限するために、プレイリストを「共用の」または「私用の」と呼称してもよい。ステップS2024では、ユーザは、ピックリスト機能を通して楽曲および/またはプレイリストを格付けしてもよい。
また、ピックリストは、ユーザが任意の時点までに最も高く格付けした楽曲を含んでいるカスタムプレイリストを作成してもよい。また、ピックリストは、上述されたホットヒットリストに基づいたリストを含んでいてもよい。ステップS2026では、ユーザは、プレイリストを使用してもしなくても、例えば、上述の方法の何れかを用いて、ジュークボックスに音楽を再生させてもよい。通常、ジュークボックスに再生させるためのプレイリストを選択することにより、通常の列にそれらの楽曲を追加する。しかしながら、上述のように、ユーザは、追加料金を支払ってもよく、および/または、即座に音楽を再生させるために上述の入札メカニズムを使用してもよい。更に、ジュークボックスに再生させるためのプレイリストを選択することにより、通常、その(または、それらの)特定のプレイリスト中の全楽曲が再生される。しかしながら、ユーザは、特定の楽曲が再生されないように、それらを選択しなくてもよい。これにより、ユーザは、音楽を聞く際にプレイリストを劇的に更にカスタマイズすることができるようになる。

0104

これに加えて、または、これに代えて、他のプレイリストが外部ソースからインポートされてもよい。例えば、ソフトウェアおよび/またはハードウェアデバイスは、ユーザが規定したおよび/または顧客が作成した(例えば、頻繁に再生される、最近加えられた等)プレイリストを保存することが多い。例としては、プレイリストはiPod(登録商標)、携帯MP3プレーヤー、および/または、他のハードデバイスから引き出されてもよく、特に制限はない。これは、ジュークボックスに提供された適切なハードウェアコネクタを使用しながら、ジュークボックスにて為されてもよく、および/または、適切なハードウェアコネクタ(例えば、専用のドッキングポートUSB接続等)が既に配置されているような、ジュークボックスから離れたデバイスにて(例えば、家庭用コンピュータにて)為されてもよい。一方または両方の場合、プレイリストがローカルのデバイスからインポートされた後、プレイリストが中央オーディオビジュアル配信サーバにアップロードされてもよい。同様に、例としては、プレイリストはiTunes、Windows(登録商標) Media Player、および/または、他のソフトウェアアプリケーションから引き出されてもよく、特に制限はない。多くの場合、そのようなデバイスおよび/またはソフトウェアアプリケーションは、プレイリストが平坦テキストファイルと同様の態様にて読み取られるように、暗号化されないおよび/または符号化されない態様にてプレイリストを保存する。この態様および/または他の態様にて、インポートされたプレイリストは、オーディオビジュアル配信ネットワークに接続された1つ以上のジュークボックスにて利用可能に作成されてもよい。もちろん、所定の他のケースにおいては、現在読み取り可能なプレイリストを、例えば、ジュークボックスにおける使用またはジュークボックス関連のサービスに接続した使用に適したものにするための処理に先立ち、他のハードウェアデバイスおよび/またはソフトウェアアプリケーションのプレイリストを解読したり、当該プレイリストを符号化しなかったり、および/または、当該プレイリストに他の処理を実行したりすることが必要不可欠であってもよい。

0105

少なくとも単一のプレイリストが大量の再入力、再選択、および/または同様の情報の再グループ化をすることなくデバイスにて規定され、続いてジュークボックスにて後に使用されてもよいという範囲において、この機能は、既存のプレイリストを作成する、および、続いて既存のプレイリストを再作成する必要性が減少するという点で、ユーザにとって有益である。また、このような技術は、ジュークボックスと相互作用するための他の手段、および、例えば、デバイス、および/または、用いることによりユーザがより快適になったり、より多くの経験をしたり、異なるインタフェースを有するようなソフトウェアアプリケーションを用いてプレイリストのカスタマイズを可能にすることにより、ジュークボックスをユーザの嗜好に合わせてカスタマイズするための他の手段を提供する。

0106

これにより、プレイリストをオーディオビジュアル配信ネットワークに接続された1つ以上のデジタルジュークボックスに配信するためのシステムおよび/または方法が、所定の実施形態例において提供されている。周辺機器コンピュータ読み取り可能な記憶媒体に保存されている周辺機器用のプレイリストを有している当該周辺機器は、コネクタを介してデジタルジュークボックスに接続されている。周辺機器用のプレイリストは、ジュークボックスのために回復される。これは、ジュークボックスに提供されたプログラムされた論理回路要素(例えば、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、および/または同様のものの任意の適切な組み合わせ)により実現されてもよい。周辺機器用のプレイリストは、ジュークボックスプレイリストに変換される。ジュークボックスプレイリストは、少なくともジュークボックスにて公開される。同様に、コンピュータデバイス(例えば、コンピュータ、ノートパソコン、PDAまたは他の同様な携帯型コンピュータデバイス)にて実行されているソフトウェアアプリケーションは、コンピュータにより読み取られたり、オーディオビジュアル配信ネットワーク上のサーバに公開されたりしてもよい。

0107

周辺機器用のプレイリストは、デジタルジュークボックスのコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に少なくとも一時的に保存されてもよい。ジュークボックスプレイリストが共用のジュークボックスプレイリストと呼称されるのか私用のジュークボックスプレイリストと呼称されるのかが決定される。決定に基づいて、ジュークボックスプレイリストは、共用可能に作成されてもよく、プレイリストをインポートする特定の登録ユーザに対して私用のままであってもよい。

0108

ジュークボックスプレイリストは、オーディオビジュアル配信ネットワークのサーバに送信されてもよく、ジュークボックスプレイリストは、オーディオビジュアル配信ネットワークに接続されたジュークボックスおよび/またはオーディオビジュアル配信ネットワークに接続されたリモートデバイスにて利用可能に作成されてもよい。プレイリストをインポートするユーザは、プレイリストのインポートが許可される前にジュークボックスまたはジュークボックスのポータルにログインしなければならない。

0109

また、同一のおよび/または同様の機能性を実現するためのジュークボックスデバイスが提供される。ここで、少なくとも幾つかの機能性は、ジュークボックスに提供されたプロセッサを用いることにより可能である。

0110

ある種の典型的な実施形態において、ジュークボックスにてジュークボックスインタフェース自身を用いることにより直接プレイリストを作成することをユーザが控えることは有益である。例えば、これにより、ジュークボックス周辺群衆、単一のユーザまたは複数のユーザによる独占等が減少する。また、または、更に、ジュークボックスにてユーザが直接プレイリストを作成するため機能が減少される。例えば、ユーザは、楽曲の所定の組み合わせからプレイリストを作成できる。その楽曲の所定の組み合わせは、その特別な店舗におけるジュークボックス、オーディオビジュアル配信ネットワークに接続された任意のジュークボックス等にて、その特別な夜にユーザにより流された楽曲のみを含んでいてもよい。この態様により、ユーザは、本明細書に記載されているジュークボックスにてプレイリストを直接カスタマイズする技術からの恩恵に与ることができ、カスタマイズするために必要な時間を低減することができる。更に、ユーザは、再生された楽曲および再度再生されそうな楽曲のプレイリストを作成するように促されてもよい。

0111

これにより、ある種の典型的な実施形態において、デジタルダウンロードジュークボックスにてメディアを再生させるシステムおよび/または方法が提供される。ユーザはジュークボックスへログインする必要がある。複数の選択可能なメディアが、ジュークボックスでの再生用に提供されている。複数の選択可能なメディアからのメディア例のユーザセレクションは、ユーザインタフェースを介しジュークボックスに対して利用可能である。ユーザセレクションの各々に対して、メディアは、ジュークボックスのコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に保存されているプレイリストに追加される。プレイリスト中のメディアは順番に再生される。複数の選択可能なメディアは、直前のメディアの再生に依存した、メディア例のマスタグループからユーザにより選択される。

0112

ある種の典型的な実施形態において、複数の選択可能なメディアは、所定の時間の間ユーザにより直前に再生されたメディアから、および/または、所定の店舗においてユーザにより直前に再生されたメディアから形成されている。ある種の典型的な実施形態において、複数の選択可能なメディアは、ユーザに関連した、最近再生されたメディアのリストに保存されているメディアから形成されている。

0113

楽曲がプレイリストに追加されると、プレイリストは全体に亘りまたは一部に亘り再生されてもよい。例えば、ユーザが多くのクレジットを所有している場合、プレイリストは全体に亘り再生されてもよい。しかしながら、ユーザがそれほど多くのクレジットを所有していない場合、ユーザはプレイリストを全体に亘り再生させるために十分な数のクレジットを購入するために追加料金を支払ってもよく、または、楽曲を一部に亘り再生してもよい。後者の場合、ユーザは、プレイリストから再生する楽曲のサブセットを選択するよう促されてもよい。また、プレイリストからの楽曲は、クレジットが使い切られるまで順番に再生されてもよい。あるいは、プレイリスト全体を再生させるための追加料金をユーザに挿入させるためのプロンプトが適切な時に表示されてもよく、十分な料金が挿入されるとプロンプトがディスプレイから消去されてもよい。

0114

再生するためにユーザに課せられる料金に関して、ある種の典型的な実施形態において、登録ユーザおよび/または認証ユーザには、「低価格」での再生が提供されてもよい。例えば、ユーザは、通常、ジュークボックスでは現在利用できない(例えば、AV配信ネットワークまたは他のソースからのダウンロードを必要とする)楽曲を選択するための手数料が課せられてもよい。ある種の典型的な実施形態において、楽曲のソースがどのようなものであれ、ある種の好適なユーザのみに、減少されたクレジット数または最少のクレジット数(例えば、たった1クレジット)が課せられる。ある種の他の典型的な実施形態において、楽曲が特定のユーザによって最近再生された場合、好適なユーザのみに、最少のクレジット数が課せられる。また、他の典型的な実施形態において、楽曲が当該ユーザに関連したプレイリスト(例えば、当該ユーザが作成したプレイリスト、当該ユーザが全部または一部を再生した、他のユーザによって作成されたプレイリスト等)に存在する場合、好適なユーザのみに、減少されたクレジット数または最少のクレジット数が課せられる。このようにして、ある種の典型的な実施形態において、上記ユーザのプレイリストに関連したある種のメディアに対して課せられるクレジット数を減少させることによって、認証ユーザを報奨することが可能であってもよい。

0115

ある種の典型的な実施形態において、デジタルダウンロードジュークボックスにてメディアを再生させるシステムおよび/または方法が、そのように提供される。ジュークボックスに複数のメディアが提供される。ジュークボックスにて再生させる特定のメディアをユーザに検索させるために、インタフェースがジュークボックスのユーザに提供される。ジュークボックスによる追加プロセスなしに(例えば、再生において一般的に行われる範囲を超えてメディアを更にダウンロードまたは検索したり、標準的でない検索を行ったりする必要なしに)、メディアがジュークボックスにて即座に再生可能であるか否かが決定される。メディアが即座に再生可能である場合、ユーザは第1の所定のクレジット数が課せられ、メディアは再生のために列に追加される。メディアが即座に再生可能でない場合、ユーザが認証ユーザか否かが決定される。ユーザが認証ユーザである場合、メディアがユーザに関連したプレイリストに存在するならば第2の所定のクレジット数が課せられる。そうでなければ、第3の所定のクレジット数が課せられる。メディアは再生のために列に追加される。第2の所定のクレジット数は第3の所定のクレジット数未満であり、第3の所定のクレジット数は第1のクレジット数よりも大きい。

0116

続いて、ある種の典型的な実施形態における課金に関して、ユーザが登録ユーザである場合、通常再生の料金はダウンロードが必要なプレミアムな楽曲の料金と同一であってもよい。ある種の典型的な実施形態において、ユーザに関連したプレイリストは、ユーザにより前に作成されたプレイリスト、ユーザにより最近再生された楽曲を含んでいるプレイリスト、および/または、他のユーザにより作成されたプレイリストであるがユーザにより一部が再生されたプレイリストである。

0117

ジュークボックスによる追加プロセスなしに、メディアがジュークボックスにて即座に再生可能であるか否かの決定は、即座に再生可能であるメディアを含んでいる、ジュークボックスの専用記憶領域から離れた記憶領域にメディアが存在するか否かの決定を含んでいてもよい。当該離れた記憶領域は、リモートサーバ、ジュークボックスの専用記憶領域の一部、ジュークボックス内の離れた記憶領域等であってもよい。また、または、更に、ジュークボックスによる追加プロセスなしに、メディアがジュークボックスにて即座に再生可能であるか否かの決定は、インタフェースにより提供されたユーザの検索手法の決定を含んでいてもよい。例えば、タイトル検索またはアーティスト検索に例えられる「高度な検索」には、プレミアムが課せられる。もちろん、これらの例は例として提供されているのであって特に制限はなく、本明細書に記載の他の検索手法が提供されてもよく、ユーザタイプ、および/または、ユーザに関連したプレイリストにおけるメディアの存在の各々に基づいて、および/または、これらの組み合わせに基づいて、価格が区分されてもよい。

0118

そして、本明細書に記載されているように、プログラムされた論理回路要素(例えば、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、および/またはこれらの任意の適切な組み合わせ)の任意の適切な組み合わせにより、そのような機能性が可能になってもよい。更に、それらの実行指示は、任意の適切なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に記憶されていてもよい。

0119

図21Cは、1つの典型的な実施形態において、仲間リストを管理するための利用できる選択肢を説明的に示している。ユーザは、仲間(例えば、友達、バーの常連客等)に足跡を付けてもよい。本システムは、メッセージを送受信するために、例えば、AOLインスタントメッセンジャー、MSNメッセンジャー、ヤフー!メッセンジャー、ICQ、カスタムジュークボックスに特有のプロトコル等のようなインスタントメッセージスタンダードを利用してもよい。本システムは、仲間のステータス(例えば、オンライン、休憩中、忙しい等)をユーザに告知するのが好ましい。ステップS2032では、ユーザが既存の仲間リストを作成または編集してもよい。ユーザは、例えば、仲間の名前、電子メールアドレス等を入力することにより、仲間を検索してもよい。更に、ステップS2038では、招待状発行することにより、好ましくは携帯電話への電子メールやSMS(ショートメッセージサービス)テキストメッセージにより、友達を招待して参加させてもよい。

0120

また、ステップS2034に示されているように、ユーザは、仲間の音楽コレクション、プレイリスト、ピックリスト等を閲覧してもよい。そして、ユーザは、彼らの友達の間で人気があるものに基づいて、彼ら自身のプレイリストおよび/またはピックリストを充実させてもよい。また、ステップS2036に示されているように、ユーザは、音楽を仲間からコピーしてもよく、または、好ましくは手数料をとって仲間に音楽を送信してもよい。示されていないステップでは、ユーザは、好ましくは手数料をとって、友達がジュークボックスに再度ログインする際に特定の楽曲を指定して再生してもよい。仲間の間での通信に適する他の機能は、図21Dを参照しながら以下に記述されている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ