図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2018年4月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ハロゲン化環式化合物、特にハロゲン化窒素含有複素環を製造する効率的な方法であって、高い収率及び生成物純度を可能にし、容易に入手可能な原料出発原料として用いる方法の提供。

解決手段

下記式で表される環式化合物を製造する方法であって、(a)式R1−C(O)−X(Xはハロゲン)の酸ハロゲン化物をCH2=CH−OR2(II)(R2はアルキル基アラルキル基又はアリール基)のビニルエーテルに付加して、付加生成物を生成する工程と、(b)前記付加生成物をY−A−Z(III)の化合物と反応させる工程と、を含む方法。[R1はハロゲン化アルキル基;Z及びYは各々独立に炭素又はヘテロ原子;Aは環において0、1、2又は3個の原子を含む、ZとYの間の結合基

概要

背景

ハロゲン化環式化合物は、例えば種々の除草剤殺虫剤殺ダニ剤農薬等を製造するための中間体として有用である。(特許文献1)には、4−エトキシ−1,1,1−トリフルオロ−3−ブテン−2オンヒドラジンジヒドロクロリドと反応させることによる3−トリフルオロメチル−1H−ピラゾール(TFPZO)の合成が記載されている。(非特許文献1)には、2,2,2−トリフルオロジアゾエタンからの3−トリフルオロメチル−1H−ピラゾールの合成が記載されている。TFPZO化合物は、化学合成において中間体として使用される。(特許文献2)には、TFAHとEVEとの反応生成物からの2−ヒドロキシ−4−トリフルオロメチルピリミジン(TFPMO)の製造が開示されている。TFPMO化合物は、農薬としてピリミジニルホスフェートを製造するために、化学合成において中間体として使用される。

概要

ハロゲン化環式化合物、特にハロゲン化窒素含有複素環を製造する効率的な方法であって、高い収率及び生成物純度を可能にし、容易に入手可能な原料出発原料として用いる方法の提供。下記式で表される環式化合物を製造する方法であって、(a)式R1−C(O)−X(Xはハロゲン)の酸ハロゲン化物をCH2=CH−OR2(II)(R2はアルキル基アラルキル基又はアリール基)のビニルエーテルに付加して、付加生成物を生成する工程と、(b)前記付加生成物をY−A−Z(III)の化合物と反応させる工程と、を含む方法。[R1はハロゲン化アルキル基;Z及びYは各々独立に炭素又はヘテロ原子;Aは環において0、1、2又は3個の原子を含む、ZとYの間の結合基]なし

目的

米国特許出願公開第2006/0128702A1号明細書
欧州特許出願公開第A−163280号明細書




Atherton and Fields,J.Chem.Soc.(C),1968,p.1507−1513






ハロゲン化環式化合物、特にハロゲン化窒素含有複素環を製造する効率的な方法であって、高い収率および生成物純度を可能にし、容易に入手可能な出発原料から開始される方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式(I):(式中、R1は、ハロゲン化アルキル基でありZおよびYは独立して、炭素またはヘテロ原子を表しAは、環において0、1、2または3個の原子を含む、ZとYの間の結合基である)の環式化合物を製造する方法であって、(a)式R1−C(O)−X(X=フッ素塩素または臭素であり、R1は上記で示される意味を有する)の酸ハロゲン化物を式(II)CH2=CH−OR2(II)(R2はアルキル基アラルキル基またはアリール基である)のビニルエーテルに付加して、付加生成物を生成する工程と、(b)前記付加生成物を式(III)Y−A−Z(III)(Z、YおよびAは上記で定義されるとおりである)の化合物と反応させる工程と、を含む方法。

請求項2

R1が、CF3、CF2HおよびCF2Clから好ましくは選択されるC1〜C3ハロゲン化アルキル基である、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記付加生成物が、式(IV):(式中、R1は、CF3、CF2HおよびCF2Clから好ましくは選択されるハロゲン化アルキル基であり、Xは、ClまたはBrであり、R2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)の化合物を含む、請求項1または2に記載の方法。

請求項4

前記付加生成物が、式(V):(式中、R2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)の化合物を含む、請求項3に記載の方法。

請求項5

前記付加生成物が、式(VI):(式中、R1は、CF3、CF2HおよびCF2Clから好ましくは選択されるハロゲン化アルキル基であり、R2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)の化合物を含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

前記付加生成物が、式(VII):(式中、R2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)の化合物を含む、請求項5に記載の方法。

請求項7

R2が、C1〜C4アルキル基、好ましくはエチル基である、請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

ZおよびYが独立して、酸素硫黄窒素および炭素から選択される、請求項1から7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

ZおよびYのうちの少なくとも1つが窒素である、請求項8に記載の方法。

請求項10

Aが、1または2個のカテナリー炭素原子を含む、請求項1から9のいずれか一項に記載の方法。

請求項11

式(III)の前記化合物が、ヒドラジンまたはその含水化合物または塩酸塩尿素チオ尿素マロン酸モノアミドおよびマロモノニトリルから選択される、請求項1から10のいずれか一項に記載の方法。

請求項12

式(I)の前記化合物が、以下の式(式中、Aは、1個のカテナリー/環状原子、任意に置換されている炭素原子を含みR3は、HまたはC1〜C6アルキルである)のうちの1つに相当する、請求項1から11のいずれか一項に記載の方法。

請求項13

工程(a)で生成されたHXが、工程(b)に供給される、請求項1から12のいずれか一項に記載の方法。

請求項14

工程(b)に供給された前記付加生成物が、工程(a)からの粗生成物である、請求項1から13のいずれか一項に記載の方法。

請求項15

工程(b)の前記反応が、範囲−15℃〜+80℃の温度で行われる、請求項1から14のいずれか一項に記載の方法。

請求項16

固液分離または蒸留によって、工程(b)の前記反応媒体から式(I)の前記化合物を単離することをさらに含む、請求項1から15のいずれか一項に記載の方法。

請求項17

環式化合物を形成するための、付加反応における試薬としての、式(IV):(式中、R1は、CF3、CF2HおよびCF2Clから好ましくは選択されるハロゲン化アルキル基でありXは、ClまたはBrでありR2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)の化合物の使用。

技術分野

0001

本発明は、ハロゲン化環式化合物合成方法に関する。

背景技術

0002

ハロゲン化環式化合物は、例えば種々の除草剤殺虫剤殺ダニ剤農薬等を製造するための中間体として有用である。(特許文献1)には、4−エトキシ−1,1,1−トリフルオロ−3−ブテン−2オンヒドラジンジヒドロクロリドと反応させることによる3−トリフルオロメチル−1H−ピラゾール(TFPZO)の合成が記載されている。(非特許文献1)には、2,2,2−トリフルオロジアゾエタンからの3−トリフルオロメチル−1H−ピラゾールの合成が記載されている。TFPZO化合物は、化学合成において中間体として使用される。(特許文献2)には、TFAHとEVEとの反応生成物からの2−ヒドロキシ−4−トリフルオロメチルピリミジン(TFPMO)の製造が開示されている。TFPMO化合物は、農薬としてピリミジニルホスフェートを製造するために、化学合成において中間体として使用される。

0003

米国特許出願公開第2006/0128702A1号明細書
欧州特許出願公開第A−163280号明細書

先行技術

0004

Atherton and Fields,J.Chem.Soc.(C),1968,p.1507−1513

発明が解決しようとする課題

0005

ハロゲン化環式化合物、特にハロゲン化窒素含有複素環を製造する効率的な方法であって、高い収率および生成物純度を可能にし、容易に入手可能な出発原料から開始される方法を提供することが本発明の目的である。

課題を解決するための手段

0006

したがって、本発明は、式(I):



(式中、R1は、ハロゲン化アルキル基であり、
ZおよびYは独立して、炭素またはヘテロ原子を表し、
Aは、環において0、1、2または3個の原子を含む、ZとYの間の結合基である)
環式化合物を製造する方法であって、
(a)式R1−C(O)−X(X=フッ素塩素または臭素であり、R1は上記で示される意味を有する)の酸ハロゲン化物を式(II)CH2=CH−OR2(II)(R2はアルキル基アラルキル基またはアリール基である)のビニルエーテルに付加して、付加生成物を生成する工程と、(b)前記付加生成物を式(III)Y−A−Z(III)(Z、YおよびAは上記で定義されるとおりである)の化合物と反応させる工程と、を含む方法に関する。

0007

驚くべきことに、上記で指定されるビニルエーテルと酸ハロゲン化物、特に酸塩化物との付加生成物は、上記で詳述される環式化合物を製造するための出発原料として特に適していることが分かった。酸ハロゲン化物とビニルエーテルから出発する全収率は高い。更なる反応の前に、付加生成物の精製は不必要である。特にハロゲン化水素が存在する場合に、付加生成物は、式(III)の化合物との反応において反応速度を増加し、特に窒素含有複素環が生成される場合、生成された環式化合物を反応混合物から容易に分離することができる。

0008

本発明の方法において、R1は、好ましくは少なくとも1個、さらに好ましくは2個のフッ素原子を含有する。好ましい一態様において、R1はパーフルオロアルキル基である。R1はしばしば、C1〜C3ハロゲン化アルキル基、好ましくは特に今まで上述されるC1〜C3フッ化アルキル基である。R1はさらに好ましくは、特にCF3、CF2HおよびCF2Clから選択されるC1フッ化アルキル基である。CF3基が、さらに特に好ましい。

0009

他の態様において、R1は、好ましくは少なくとも1個、さらに好ましくは2個のフッ素原子および少なくとも1個の他のハロゲン原子を含有する。R1はさらに好ましくは、特にCF2BrおよびCF2Clから選択されるフッ化C1アルキル基である。

0010

本発明による方法において、Xはしばしば、ClおよびBrから選択され、さらに好ましくはClである。

0011

特に、その内容が本出願に参照により組み込まれる米国特許第5,569,782号明細書に記載のように、本発明で使用される酸ハロゲン化物は、例えば、ハロゲン化前駆物質アルカン光酸化によって得られる。特に、本発明において特に好ましい出発原料であるトリフルオロアセチルクロリドは、1,1,1−トリフルオロ−2,2−ジクロロエタン(HCFC−123)の光酸化によって得られる。

0012

本発明による方法において、R2はしばしば、C1〜C4アルキル基、好ましくはメチルエチルイソプロピルまたはn−ブチル基から選択され、さらに好ましくはエチル基である。

0013

したがって、最も好ましい態様において、酸ハロゲン化物はトリフルオロアセチルクロリドであり、ビニルエーテルはエチルビニルエーテルまたはメチルビニルエーテル、さらに好ましくはエチルビニルエーテルである。

0014

本発明による方法において、ZおよびYは独立して、酸素硫黄窒素および炭素から選択される。本発明による方法は、ZとYのうちの少なくとも1つが窒素である場合に特に有利な手法と言える。

0015

化合物Z−A−Yにおいて、ZおよびYが工程(b)の反応においてそれらが反応することが可能となる形態となることが適切であることを理解されたい。例えば、適切には、Zおよび/またはYは、−NH2、−NHR3(式中、R3は、アルキルアリールまたはアラルキル残基、好ましくはC1〜C6アルキル、またはそのハロゲン化水素塩である)、−OH、−SHおよび供与体炭素原子、例えばケトもしくはエステル基などのカルボニル官能基に対してα位のCH2基から選択される。

0016

本発明による方法において、Aは、ZとYの間の結合基である。かかる結合基は単に共有結合であることができ、その場合にはAが0個の原子を含有する。結合基Aは、1、2または3個の原子も含有し、この1、2または3個の原子は、Aが化合物(I)の構造の一部を形成する場合には、環の一部を形成し(環状原子)、Aが化合物(III)の構造の一部を形成する場合には、カテナリー(catenary)である(すなわち、ZとYを連結する鎖中に存在する)。好ましくは、Aは、1または2個のカテナリー/環状原子、特に任意に置換されている炭素原子を含む。後者の場合には、Aは適切には、−CH2−、−C(=O)−、−CH2−CH2およびCH2−C(=O)−および−C(=S)−から選択される。

0017

式(III)の化合物の特定の実施例は、ヒドラジンまたはその含水化合物または塩酸塩尿素チオ尿素マロン酸モノアミド(例えば、マロン酸モノアミドのメチルまたはエチルエステル)、およびマロモノニトリル(2−シアノ−酢酸アルキルエステル、例えばメチルまたはエチルエステル)から選択される。

0018

本発明の教示から、当業者が、目的の環式化合物およびそれぞれの基の既知反応性および原子価を考慮して、式(I)および(III)の様々な基R1、Z、YおよびAの適切な組み合わせを選択することが可能であることは理解されよう。

0019

本発明の方法は、さらに具体的に式



(式中、Aは、1個のカテナリー/環状原子、特に任意に置換されている炭素原子を含む)
のうちの1つに相当する、本発明の式(I)の化合物の製造に適切に用いられる。後者の場合、Aは適切には、−CH2−、−C(=O)−、−CH2−CH2およびCH2−C(=O)−および−C(=S)−から選択され、R3はHまたはC1〜C6アルキルである。

0020

本発明の方法において、工程(b)の反応は一般に、範囲−15℃〜+80℃、好ましくは範囲0℃〜+20℃の温度で行われる。

0021

本発明の方法において、工程(b)の反応は、非ヒンダードアミンの存在下で行うことができる。非ヒンダードアミンとは、非立体障害性(non−sterically hindering)基に結合したアミン官能基を含有する化学化合物を意味する。非立体障害性(non−sterically hindering)基の一般的な例は、メチル、エチル、プロピルおよびn−ブチルなどの短鎖鎖状脂肪族基である。非ヒンダードアミンの一般的な例は、例えばメチルアミンジエチルアミントリエチルアミンおよびトリn−ブチルアミンである。

0022

トリエチルアミンが最も好ましい非ヒンダードアミンである。

0023

本発明の方法において、非ヒンダードアミンと式(III)の化合物のモル比は、有利には0.5:1〜1.7:1、好ましくは0.6:1〜1.5:1、さらに好ましくは0.8:1〜1.2:1である。最も好ましくは、モル比は約1である。

0024

本発明の方法において、工程(b)の反応は任意に、添加剤の存在下で行われる。かかる添加剤は一般に、反応媒体極性を高める。適切には、イオン性液体が添加剤として使用される。添加剤の一般的な例は、例えば1,3−ジアルキルイミダゾリウムまたは1,3−ジアルキルピリジニウム塩、特に1−エチル−3−メチルイミダゾリウムトリフルオロメタンスルホネートEMIMOtf)である。例えば4−ジメチルアミノピリジンDMAP)、ジアザビシクロ[5.4.0]ウンデカ−7−エン(DBU)およびジアザビシクロノナン(DBN)自体またはその塩の形態、例えばトリフルオロ酢酸塩などのアミンも、添加剤として適切に使用することができる。

0025

本発明の目的で、「イオン性液体」という用語は、ただ1種類の塩(1つのカチオン種および1つのアニオン種)からなる均一組成物を意味するか、またはカチオンの2つ以上の種および/またはアニオンの2つ以上の種を含有する不均一組成物を意味する。

0026

本発明の方法において、工程(b)の反応は、有機溶媒、特に極性有機溶媒中で行われる。メタノールまたはエタノールなどのアルコールが、工程(b)の反応に良い結果をもたらす。

0027

メタノールが特に好ましい。

0028

本発明の方法は適切には、固液分離、例えば濾過によって、または蒸留によって、工程(b)の反応媒体から式(I)の化合物を単離する工程をさらに含む。

0029

本発明の方法の第1の実施形態において、その付加生成物は、式(IV):



(式中、X、R1およびR2は上記で定義されるとおりである)
の化合物を含む。

0030

この第1の実施形態の好ましい態様において、付加生成物は、式(V):



(式中、R2は上記で定義されるとおりである)
の化合物を含む。

0031

式(IV)および(V)の化合物は、環式化合物を形成するために、特に本発明の方法に従って、出発原料として有利に使用することができる。その結果、本発明は、環式化合物を形成するための付加反応における試薬としての式(IV)または(V)の化合物の使用にも関する。

0032

付加生成物が式(IV)または(V)の化合物を含む場合、その含有率は一般に、付加生成物の全重量に対して少なくとも0.1重量%である。この含有率はしばしば、少なくとも0.5%である。一部の実施形態において、この含有率は10重量%を超えない。

0033

付加生成物はまた、式(IV)または(V)の化合物から必須になり得る。この場合、その含有率は一般に、付加生成物の全重量に対して90〜99.9重量%、しばしば95〜99.0重量%である。

0034

本発明の方法の第2の実施形態において、付加生成物は、式(VI):



(式中、R1およびR2は上記で定義されるとおりである)
の化合物を含む。

0035

第2の実施形態の好ましい態様において、付加生成物は、式(VII):



(式中、R2は上記で定義されるとおりである)
の化合物を含む。

0036

式(VI)および(VII)の化合物は好ましくは、(a)上述のように酸ハロゲン化物をビニルエーテルに付加して、式(IV)または(V)の化合物を含む反応生成物を得る工程と、(b)ハロゲン化水素を除去して、式(VI)または(VII)の化合物をそれぞれ生成する工程と、を含む方法によって得られる。かかる反応は、米国特許第5,708,174号明細書に記載のような塩基の存在下にて、または好ましくは、米国特許第7,405,328号明細書に記載のような塩基の存在下にて行われ、前記の2つの米国特許の内容全体は、参照により本出願に組み込まれる。

0037

付加生成物が式(VI)または(VII)の化合物を含む場合、その含有率は一般に、付加生成物の全重量に対して少なくとも0.1重量%である。この含有率はしばしば、少なくとも0.5%である。一部の実施形態において、この含有率は10重量%を超えない。

0038

付加生成物はまた、式(VI)または(VII)の化合物から必須になり得る。この場合、その含有率は一般に、付加生成物の全重量に対して90〜99.9重量%、しばしば95〜99.0重量%である。

0039

本発明の方法において、付加生成物はそれぞれ、式(IV)と(VI)の化合物の混合物または式(V)と(VII)の化合物の混合物である。この場合には、一方の化合物(IV)および(V)と、もう一方の化合物(VI)および(VII)とのモル比は一般に、0.01〜100、好ましくは0.1〜10である。

0040

特に、本発明の方法における付加反応が塩基の非存在下で行われる場合、付加反応(a)からの粗生成物を反応(b)に提供することが可能である。上述の付加生成物に加えて、かかる粗生成物は注目すべきことには、ハロゲン化水素、特に塩化水素を含有し得る。

0041

本発明の方法の特定の一実施形態において、HX、特にHClが工程(b)に供給される。特に、工程(a)で生成されるかかるHX、特にHClが適切には、工程(b)に供給される。

0042

特にこの実施形態において、かつさらに詳しくは、さらにZまたはYのうちの少なくとも1つが窒素である場合、HX、特にHClを添加することによって、工程(b)の反応媒体から複素環を沈殿させ、かつ例えば濾過によってそれを単離することが可能であることが見出された。HXの付加は、例えば反応中またはワークアップ中に行うことができる。

0043

本発明は、式(I):



(式中、R1は、ハロゲン化アルキル基であり、
ZおよびYは独立して、炭素またはヘテロ原子を表し、
Aは、環において0、1、2または3個の原子を含む、ZとYの間の結合基である)の環式化合物を合成する方法であって、
式R1−C(O)−X(X=フッ素、塩素または臭素であり、R1は上記で示される意味を有する)の酸ハロゲン化物を式(II)CH2=CH−OR2(II)(R2は、アルキル基、アラルキル基またはアリール基である)のビニルエーテルに付加することによって得られる付加生成物を、ハロゲン化水素、特に塩化水素の存在下にて、式(III)Y−A−Z(III)(Z、YおよびAは上記で定義されるとおりである)の化合物と反応させる、方法にも関する。

0044

本発明による製造方法の枠組みに上述される定義および選択は、合成方法に等しく当てはまる

0045

以下の実施例は、その範囲を限定することなく、さらに詳細に本発明を説明することが意図される。

0046

実施例1
6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンの製造
トリフルオロアセチルクロリドをエチルビニルエーテルに付加することによって製造された、等モル量の4−エトキシ−1,1,1−トリフルオロ−3−ブテン−2−オン(ETFBO)を、機械攪拌機、還流冷却器および滴下漏斗を備えた三つ口フラスコにおけるメタノール2.2L中の尿素8.74モル溶液に、N2雰囲気下にて約3時間にわたって、一滴ずつ添加した。反応混合物の温度を15℃未満に維持した。15分後、濃HCl溶液(32%)1.35Lを得られた冷却懸濁液に添加し、透明な溶液が得られた。その溶液をゆっくりと60℃に加熱し、2時間攪拌した後、懸濁液が形成した。60℃で一晩攪拌し、続いて0〜5℃で1時間攪拌した後、沈殿物濾過除去した。pHが中性になるまで、残留物を水で洗浄し、続いてヘキサン(約500ml)で洗浄した。減圧下にて2Lフラスコ中で回転蒸発器にて一晩乾燥させた後、6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンが無色の結晶として得られた。収量は1.2kgであった(理論収量85%)。

0047

実施例2
3−(トリフルオロメチル)1H−ピラゾールの製造
トリフルオロアセチルクロリドをエチルビニルエーテルに付加することによって製造された、等モル量のETFBOを、機械攪拌機、還流冷却器および滴下漏斗を備えた三つ口フラスコにおけるメタノール2.2L中のヒドラジン塩酸塩4.4モルの溶液に、N2雰囲気下にて約4時間にわたって、一滴ずつ添加した。反応混合物の温度を15℃未満に維持した。12時間還流した後、反応バッチを2Lフラスコにおいて濾過し、真空下で濃縮した(同一バッチ同一条件下で製造され、どちらの粗生成物の収率も約95%であった)。続いて、27ミリバールショートパス真空蒸留によって、合わせた粗生成物を精製した。収量は1105gであり、理論収量92%に相当する。

0048

実施例3
CETFBOからの6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンの製造
CETFBOの合成:約−30℃で約2時間冷却された三つ口フラスコ中で、トリフルオロアセチルクロリド4.0モルを濃縮した。−30℃で約2.5時間冷却された液体トリフルオロアセチルクロリドに、エチルビニルエーテル4.0モルを一滴ずつ添加した。HClを除去することなく、CETFBOが定量的に得られた。

0049

6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンの合成:三つ口フラスコにおけるメタノール25mL中の尿素0.1モルの攪拌溶液に、CETFBOの0.12モル冷却溶液を一滴ずつ添加し、その温度を5℃未満に維持した。溶液を室温で攪拌した。次いで、得られた色の溶液を70℃で4.5時間加熱した。氷浴で溶液を冷却すると、6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンが淡いベージュ色の結晶として得られ、それを濾過除去し、水で洗浄した。減圧下にて回転蒸発器で乾燥させた後、6−(トリフルオロメチル)ピリミジン−2(1H)−オンが収率82%で得られた。

0050

実施例4
3−ピリジンカルボン酸,1,2−ジヒドロ−2−オキソ−6−(トリフルオロメチル)−メチルエステルMTFPMOC)の製造
約20分間にわたって激しく攪拌しながら、メチルマロンアミド(MMA)420ミリモル氷冷トリエチルアミン(420ミリモル)に添加した。次いで、エチルビニルエーテルにTFACを付加することによって製造されたETFBOを、氷冷下にて約30分間にわたって一滴ずつ添加し、反応混合物の温度を10℃未満に維持した。次いで、反応混合物をさらに室温で20時間攪拌した。pHが3になるまで、その溶液に濃HCl溶液(2N)を添加した。溶液を酢酸エチルで抽出した後、有機相を水で洗浄し、硫酸ナトリウムで乾燥させた。回転蒸発器で揮発性化合物を除去した後、粗生成物が収率86%で得られた。メタノール/水から結晶化した後、MTFPMOCが純度>98%(GC)で得られた。

実施例

0051

実施例5
3−ピリジンカルボン酸,1,2−ジヒドロ−2−オキソ−6−(トリフルオロメチル)−エチルエステル(ETFPMOC)の製造
約20分間にわたって激しく攪拌しながら、エチルマロンアミド(EMA)420ミリモルを氷冷トリエチルアミン(420ミリモル)に添加した。次いで、エチルビニルエーテルにTFACを付加することによって製造されたETFBOを、氷冷下にて約30分間にわたって一滴ずつ添加し、反応混合物の温度を10℃未満に維持した。次いで、反応混合物をさらに室温で20時間攪拌した。pHが3になるまで、その溶液に濃HCl溶液(2N)を添加した。溶液を酢酸エチルで抽出した後、有機相を水で洗浄し、硫酸ナトリウムで乾燥させた。回転蒸発器で揮発性化合物を除去した後、粗生成物が収率86%で得られた。メタノール/水から結晶化した後、ETFPMOCが純度>98%(GC)で得られた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 住友化学株式会社の「 メタクリル酸の製造装置」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】設備を簡略化し得るメタクリル酸の製造装置を提供すること。【解決手段】1つの第一反応器10と、複数の第二反応器R1〜Rn(nは2以上の整数を示す)と、1つの第一反応器10の出口及び第二反応器R1... 詳細

  • 信越化学工業株式会社の「 新規塩化合物、化学増幅レジスト組成物、及びパターン形成方法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】KrFエキシマレーザー光、ArFエキシマレーザー光、電子線、極端紫外線等の高エネルギー線を光源とするフォトリソグラフィーにおいて、欠陥が少なく、感度、LWR、MEF、CDU等に優れる化学増幅レ... 詳細

  • 国立大学法人神戸大学の「 フッ素化カーボネートの製造方法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】本発明は、塩基を用いなくても安全かつ効率的にフッ素化カーボネートを製造するための方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係るフッ素化カーボネートの製造方法は、ハロゲン化メタンおよび... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ