図面 (/)

技術 書類収納ファイル

出願人 有限会社サンライズ
発明者 大久保守夫
出願日 2017年4月10日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2017-077337
公開日 2018年4月12日 (2年7ヶ月経過) 公開番号 2018-058335
状態 特許登録済
技術分野 ファイリング用具
主要キーワード 保持操作 収納ファイル 収納対象 切込み線 押え片 収納具 上辺側 メモ欄
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年4月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

きわめて簡素な構成により製造コストの増加を抑えつつ、複数の書類仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを提供する。

解決手段

本発明に係る書類収納ファイル1は、樹脂材料からなるシート材を用い、少なくとも一辺11が折曲もしくは溶着によって閉じられた表紙2と裏表紙3との間に書類を収納する書類収納ファイルであって、裏表紙3は、閉じられた一辺11と対向する位置の開口した一辺13B寄りの端部領域において、外縁部3a側に設けられた起点20aから内方3b側へ進んでから外縁部3a側に設けられた終点20bに戻る連続線20cで切込みが入れられて、起点20aと終点20bとを結ぶ線を基線20dとして、起点20aおよび終点20bから最も離れた位置である頂部20eが表紙2側へ向かう方向に、起立可能に形成されている主保持部20を有し、主保持部20は、開口した一辺13Bと平行に所定の間隔をあけて複数個並設されている。

概要

背景

従来より、樹脂材料からなるシート材を用いて形成された書類収納ファイルホルダ)として、様々な構成が提案されている。簡素なものでは、シート材を折曲した後、一辺溶着して表紙と裏表紙との間に書類を収納する構成が知られている(特許文献1参照)。また、このような構成をベースとして、収納する書類の落下防止を図るための押え片を備える構成も知られている(特許文献2参照)。

しかし、上記の特許文献1:実用新案登録第3028893号公報、特許文献2:特開2001−232981号公報に例示される構成においては、書類を収納するスペースが一つであるため、内容や目的等に応じて複数の書類もしくは書類群(以下、単に「書類」と称する)を仕訳して収納することができないという課題があった。このような課題の解決を図るものとして、例えば、複数の収納部を設けることにより、複数の書類を仕訳して収納することが可能な構成が知られている(特許文献3:実用新案登録第3038752号公報参照)。

概要

きわめて簡素な構成により製造コストの増加を抑えつつ、複数の書類を仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを提供する。本発明に係る書類収納ファイル1は、樹脂材料からなるシート材を用い、少なくとも一辺11が折曲もしくは溶着によって閉じられた表紙2と裏表紙3との間に書類を収納する書類収納ファイルであって、裏表紙3は、閉じられた一辺11と対向する位置の開口した一辺13B寄りの端部領域において、外縁部3a側に設けられた起点20aから内方3b側へ進んでから外縁部3a側に設けられた終点20bに戻る連続線20cで切込みが入れられて、起点20aと終点20bとを結ぶ線を基線20dとして、起点20aおよび終点20bから最も離れた位置である頂部20eが表紙2側へ向かう方向に、起立可能に形成されている主保持部20を有し、主保持部20は、開口した一辺13Bと平行に所定の間隔をあけて複数個並設されている。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされ、きわめて簡素な構成により製造コストの増加を抑えつつ、複数の書類を仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

樹脂材料からなるシート材を用い、少なくとも一辺折曲もしくは溶着によって閉じられた表紙と裏表紙との間に書類収納する書類収納ファイルであって、前記裏表紙は、前記閉じられた一辺と対向する位置の開口した一辺寄りの端部領域において、外縁部側に設けられた起点から内方側へ進んでから外縁部側に設けられた終点に戻る連続線で切込みが入れられて、該起点と該終点とを結ぶ線を基線として、該起点および該終点から最も離れた位置である頂部が前記表紙側へ向かう方向に、起立可能に形成されている主保持部を有し、前記主保持部は、前記開口した一辺と平行に所定の間隔をあけて複数個並設されていることを特徴とする書類収納ファイル。

請求項2

前記複数個の主保持部は、並設されている順に前記基線と前記頂部との間の長さ寸法が段階的に小さくもしくは大きくなるように形成されていることを特徴とする請求項1記載の書類収納ファイル。

請求項3

前記裏表紙は、前記主保持部の位置に対応する外縁部において、外方側へ突出させたインデックス部を有することを特徴とする請求項1または請求項2記載の書類収納ファイル。

請求項4

前記表紙は、前記裏表紙の前記インデックス部の位置に対応する外縁部において、内方側へ切欠かれた切欠き部を有することを特徴とする請求項3記載の書類収納ファイル。

請求項5

前記表紙は、前記裏表紙の前記主保持部の位置に対応する位置の所定領域において、筆記具による直接記入が可能な印刷が施されたメモ欄を有することを特徴とする請求項1〜4のいずれか一項に記載の書類収納ファイル。

請求項6

前記表紙は、前記閉じられた一辺と対向する位置の開口した一辺寄りの端部領域において、外縁部側に設けられた起点から内方側へ進んでから外縁部側に設けられた終点に戻る連続線で切込みが入れられて、該起点と該終点とを結ぶ線を基線として、該起点および該終点から最も離れた位置である頂部が前記裏表紙側へ向かう方向に、起立可能に形成されている補助保持部を有することを特徴とする請求項1〜5のいずれか一項に記載の書類収納ファイル。

請求項7

樹脂材料からなるシート材を用い、少なくとも一辺が折曲もしくは溶着によって閉じられた表紙と裏表紙との間に書類を収納する書類収納ファイルであって、前記裏表紙は、前記閉じられた一辺と対向する位置の開口した一辺寄りの端部領域において、外縁部側に設けられた起点から内方側へ進んでから外縁部側に設けられた終点に戻る連続線で切込みが入れられて、該起点と該終点とを結ぶ線を基線として、該起点および該終点から最も離れた位置である頂部が前記表紙側へ向かう方向に、起立可能に形成されている主保持部を有し、前記主保持部は、前記開口した一辺と平行に所定の間隔をあけて2個設けられており、前記表紙は、前記開口した一辺寄りの端部領域において、外縁部側に設けられた起点から内方側へ進んでから外縁部側に設けられた終点に戻る連続線で切込みが入れられて、該起点と該終点とを結ぶ線を基線として、該起点および該終点から最も離れた位置である頂部が前記裏表紙側へ向かう方向に、起立可能に形成されている補助保持部を有し、前記表紙に直交する方向に視て、一の前記主保持部、前記補助保持部、他の前記主保持部がその順に所定間隔をあけて配設される構成を有し、前記裏表紙は、前記主保持部の位置に対応する外縁部において、外方側へ突出させたインデックス部を有し、前記表紙は、前記補助保持部の位置に対応する外縁部において、外方側へ突出させたインデックス部を有することを特徴とする書類収納ファイル。

請求項8

前記開口した一辺と直交する開口した上辺側に配設される一の前記主保持部における前記基線と前記頂部との間の長さ寸法が相対的に小さく形成され、前記開口した一辺と直交する閉じられたもしくは開口した下辺側に配設される他の前記主保持部における前記基線と前記頂部との間の長さ寸法が相対的に大きく形成されていることを特徴とする請求項7記載の書類収納ファイル。

技術分野

0001

本発明は、樹脂材料からなるシート材を用いて形成された表紙と裏表紙との間に書類収納する書類収納ファイルに関する。

背景技術

0002

従来より、樹脂材料からなるシート材を用いて形成された書類収納ファイル(ホルダ)として、様々な構成が提案されている。簡素なものでは、シート材を折曲した後、一辺溶着して表紙と裏表紙との間に書類を収納する構成が知られている(特許文献1参照)。また、このような構成をベースとして、収納する書類の落下防止を図るための押え片を備える構成も知られている(特許文献2参照)。

0003

しかし、上記の特許文献1:実用新案登録第3028893号公報、特許文献2:特開2001−232981号公報に例示される構成においては、書類を収納するスペースが一つであるため、内容や目的等に応じて複数の書類もしくは書類群(以下、単に「書類」と称する)を仕訳して収納することができないという課題があった。このような課題の解決を図るものとして、例えば、複数の収納部を設けることにより、複数の書類を仕訳して収納することが可能な構成が知られている(特許文献3:実用新案登録第3038752号公報参照)。

先行技術

0004

実用新案登録第3028893号公報
特開2001−232981号公報
実用新案登録第3038752号公報

発明が解決しようとする課題

0005

製造コストの観点からすれば特許文献1に例示されるような折曲・溶着した単純な構成が有利である。また、さらに収納した書類の落下防止を図ることが可能な機構が追加された特許文献2に例示されるような構成であっても、大幅なコスト増加は生じない。しかしながら、これらの構成では、複数の書類を仕訳して収納することができない。一方、複数の書類を仕訳して収納することを可能とするために、特許文献3に例示されるような複数枚シートを用いて複数の収納部を設ける構成とした場合には、原材料コストおよび加工コストのいずれもが増加してしまうため、製造コストが大幅に増加してしまうという課題が生じ得る。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、上記事情に鑑みてなされ、きわめて簡素な構成により製造コストの増加を抑えつつ、複数の書類を仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを提供することを目的とする。

0007

本発明は、以下に記載するような解決手段により、前記課題を解決する。

0008

本発明に係る書類収納ファイルは、樹脂材料からなるシート材を用い、少なくとも一辺が折曲もしくは溶着によって閉じられた表紙と裏表紙との間に書類を収納する書類収納ファイルであって、前記裏表紙は、前記閉じられた一辺と対向する位置の開口した一辺寄りの端部領域において、外縁部側に設けられた起点から内方側へ進んでから外縁部側に設けられた終点に戻る連続線で切込みが入れられて、該起点と該終点とを結ぶ線を基線として、該起点および該終点から最も離れた位置である頂部が前記表紙側へ向かう方向に、起立可能に形成されている主保持部を有し、前記主保持部は、前記開口した一辺と平行に所定の間隔をあけて複数個並設されていることを要件とする。

発明の効果

0009

本発明によれば、きわめて簡素な構成により製造コストの増加を抑えつつ、複数の書類を仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを実現することができる。

図面の簡単な説明

0010

本発明の第1の実施形態に係る書類収納ファイルの例を示す正面図である。
図1に示す書類収納ファイルの裏表紙の例を示す正面図(表紙を開いた状態)である。
図1に示す書類収納ファイルの主保持部の例を示す斜視図(表紙を開いた状態)である。
図1の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図である。
図1の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図(図4に連続する図)である。
図1の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図(図5に連続する図)である。
本発明の第2の実施形態に係る書類収納ファイルの例を示す正面図である。
本発明の第3の実施形態に係る書類収納ファイルの例を示す斜視図(表紙を開いた状態)である。
本発明の第4の実施形態に係る書類収納ファイルの例を示す正面図である。
図9に示す書類収納ファイルの裏表紙の例を示す正面図(表紙を開いた状態)である。
図9の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図である。
図9の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図(図11に連続する図)である。
図9の書類収納ファイルを用いて書類を収納する動作を説明する説明図(図12に連続する図)である。

実施例

0011

(第1の実施形態)
以下、図面を参照して、本発明の第1の実施形態について詳しく説明する。図1は、本実施形態に係る書類収納ファイル1の例を示す概略図(正面図)である。また、図2は、書類収納ファイル1の表紙2を開いた(めくった)状態の概略図(正面図)である。また、図3は、書類収納ファイル1の主保持部20の構成(作用)を説明するための斜視図である。なお、本文において、便宜的に図1に示す位置における、左辺右辺上辺下辺の語を用いて説明を行う。また、実施形態を説明するための全図において、同一の機能を有する部材には同一の符号を付し、その繰り返しの説明は省略する場合がある。

0012

書類収納ファイル1は、図1図2に示すように、シート材からなる表紙2と裏表紙3との間に書類を挟み込んで収納する収納具である。本実施形態においては、1枚の矩形のシート材が中央で折曲されることによって、閉じられた一辺(図1の左辺)11により連結された表紙2および裏表紙3が形成されている。これと共に、当該左辺11と対向する位置には、書類の出し入れ部となる開口した一辺(図1の右辺)13が形成されている。あるいは、変形例として、2枚の矩形のシート材が溶着もしくは接着されることによって、閉じられた一辺(左辺)11が形成される構成としてもよい(不図示)。なお、シート材には、ポリプロピレン等の樹脂材料が用いられているが、透明度色彩模様等については特に限定されるものではない。

0013

一方、上方の辺(図1の上辺)14は、書類の出し入れを容易にするために、開口した辺として形成されている。ただし、これに限定されず、閉じられた辺としてもよい(不図示)。また、下方の辺(図1の下辺)12は、書類の落出を防止するために、閉じられた辺として形成されている。ただし、これに限定されず、開口した辺としてもよい(不図示)。なお、一例として、下辺12は溶着(熱溶着)によって形成されているが、これに限定されるものではなく、接着等によって形成される構成としてもよい。

0014

ここで、本実施形態に特徴的な構成として、裏表紙3には、書類の端部を挟み込むように保持する主保持部20が設けられている。より具体的には、図2図3に示すように、主保持部20は、裏表紙3の右辺13(13B)寄りの端部領域において、外縁部3a側に設けられた起点20aから内方3b側へ進んでから外縁部3a側に設けられた終点20bに戻る連続線(切込み線)20cで切込みが入れられることによって、当該連続線(切込み線)20cと、起点20aと終点20bとを結ぶ基線20dとで囲まれる領域として形成されている。この構成によれば、基線20dの位置を支点として、基線20dの位置から最も離れた位置となる頂部20eが表紙2側へ向かう方向に起立する動作が可能となる。したがって、表紙2と裏表紙3との間に書類を挟み込んだ後、主保持部20を起立させてから戻すように動作させることによって、主保持部20で書類の端部を挟み込んで保持することができる。

0015

そのため、主保持部20の配設位置は、収納する書類の対応寸法に適合するように設定されている。具体的には、閉じられた左辺11と基線20dとの間の長さ寸法が、収納する書類の対応寸法よりも大きく、且つ、閉じられた左辺11と頂部20eとの間の長さ寸法が、収納する書類の対応寸法よりも小さくなるように設けられている。

0016

上記の構成を備える主保持部20は、開口した右辺13(13B)に沿って(すなわち、右辺13(13B)と平行の方向に)所定の間隔をあけて複数個並設されている(符号20A、20B、20Cで示す)。この構成によれば、表紙2と裏表紙3とで挟まれる単一の空間内に複数の書類を仕訳して収納することが可能となる。本実施形態においては、主保持部20が3個(20A、20B、20C)である場合を例に挙げて説明するが、2個もしくは4個以上としてもよい(不図示)。

0017

また、主保持部20(20A、20B、20C)が設けられる位置に対応して、裏表紙3の外縁部3aには、外方側へ突出させたインデックス部22(22A、22B、22C)が設けられている。これにより、仕訳して収納した複数の書類の内容をそれぞれ表示(記載)することができるため、書類の管理を確実に行うことができる。

0018

ここで、具体的な収納方法について、図4図6を用いて説明する。
先ず、図4(a)に示すように、第1の書類(書類群)P1を表紙2と裏表紙3との間に収納する。次いで、図4(b)に示すように、閉じられた下辺12側から1番目の第1の主保持部20(20A)を第1の書類P1(ここでは最上面の書類)よりも上まで起立させてから戻すことによって、第1の書類P1の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う。

0019

次いで、図5(a)に示すように、第2の書類(書類群)P2を表紙2と先に第1の主保持部で保持された第1の書類P1(ここでは最上面の書類)との間に収納する。次いで、図5(b)に示すように、閉じられた下辺12側から2番目の第2の主保持部20(20B)を第2の書類P2(ここでは最上面の書類)よりも上まで起立させてから戻すことによって、第2の書類P2の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う。

0020

次いで、図6(a)に示すように、第3の書類(書類群)P3を表紙2と先に第2の主保持部で保持された第2の書類P2(ここでは最上面の書類)との間に収納する。次いで、図6(b)に示すように、閉じられた下辺側から3番目の第3の主保持部を第3の書類P3(ここでは最上面の書類)よりも上まで起立させてから戻すことによって、第3の書類P3の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う。

0021

このように、上記構成による収納方法によれば、表紙2と裏表紙3との間に形成される単一空間において、複数の書類を仕訳して収納することが可能となる。すなわち、複数個の例として3個の主保持部20(20A、20B、20C)を有する場合には、第1の書類P1が裏表紙3と第1の主保持部20Aとの間に仕訳して収納でき、第2の書類P2が第1の主保持部20Aと第2の主保持部20Bとの間に仕訳して収納でき、第3の書類P3が第2の主保持部20Bと第3の主保持部20Cとの間に仕訳して収納できる。なお、図示を省略するが、第3の主保持部20Cと表紙2との間に第4の書類を仕訳して収納することも構造上可能となっている。

0022

したがって、複数の書類を収納するに際して、特許文献3に例示されるように複数のシートを溶着等して内部を仕切る構成を設ける必要がないため、原材料コストは増加せず、加工コストも主保持部の形成つまり切込み線の追加のみで対応でき、コスト増を抑制できるため、製造コストの増加という前述の課題の解決が可能となる。

0023

さらに、本実施形態に特徴的な構成として、複数個(ここでは3個)の主保持部20(20A、20B、20C)は、閉じられた下辺12側から並設されている順に基線20dと頂部20eとの間の長さ寸法が段階的に大きくなるように形成されている。具体的には、閉じられた下辺12側から並設されている順に、1番目の第1の主保持部20Aの基線20dと頂部20eとの長さL1が最も小さく、2番目の第2の主保持部20Bの基線20dと頂部20eとの長さL2が2番目に小さく、3番目の第3の主保持部20Cの基線20dと頂部20eとの長さL3が最も大きくなるように構成されている。

0024

この構成によれば、第1の書類P1のみを保持する第1の主保持部20Aの長さL1は、保持書類の厚さが相対的に薄いため、相対的に小さく形成して、保持操作を容易に行えるようにしている。仮に、大きく形成してしまうと、閉じられた下辺12に近い位置であって表紙2と裏表紙3との距離を大きく取る(開口する)ことができない位置であるため、保持操作が行い難いものとなる。一方、第1の書類P1、第2の書類P2、および第3の書類P3の全てを保持する第3の主保持部20Cの長さL3は、保持書類の厚さが相対的に厚いため、相対的に大きく形成して、書類が厚い場合であっても確実に保持を行えるようにしている。仮に、小さく形成してしまうと、挟み込む領域が小さくなり、保持が不十分となってしまうため、書類の仕訳ができない、あるいは書類が落出してしまう等の不具合が生じ得る。なお、中間位置となる第2の主保持部20Bの長さL2は、第1の主保持部20Aの長さL1と、第3の主保持部20Cの長さL3との中間値に設定すればよい。

0025

このように、収納作業(保持操作)を容易に行うために、複数個の主保持部20(20A、20B、20C)は、閉じられた下辺12側から並設されている順に基線20dと頂部20eとの間の長さ寸法が段階的に大きくなるように形成されていることが好ましい。ただし、図示を省略するが、下辺12が開口した一辺として形成されている場合には、閉じられた下辺12側から並設されている順に基線20dと頂部20eとの間の長さ寸法が段階的に小さくなるように形成してもよい。

0026

ここで、複数個の主保持部20(20A、20B、20C)は、それぞれの基線20dの位置が同一線上となるように配設されていることが好ましい。これによれば、複数の書類を仕訳して収納する際に、各書類の端部位置を揃えた状態で保持することできるため、整然とした状態での収納が可能となる。さらに、基線20dの位置がばらつかないため、裏表紙3の外縁部3aに設けられるインデックス部22(22A、22B、22C)の形状(特に、横方向寸法)を統一することができ、且つ、裏表紙3の形状(特に、横方向寸法)をコンパクトに形成することができる。

0027

さらに、表紙2には、裏表紙3のインデックス部22(22A、22B、22C)の位置に対応する外縁部2aにおいて、内方2b側へ切欠かれた切欠き部24が設けられている。これによれば、裏表紙3の外縁部3aに設けられるインデックス部22(22A、22B、22C)に関して、外方への突出量を増やすことなく、横方向寸法を大きく形成することができるため、表示(記載)する情報量を増やすことができ、且つ、裏表紙3の形状(特に、横方向寸法)をコンパクトに形成することができる。

0028

(第2の実施形態)
続いて、本発明の第2の実施形態に係る書類収納ファイル1について説明する。本実施形態に係る書類収納ファイル1は、前述の第1の実施形態と基本的な構成は同様であるが、特に、表紙2およびインデックス部22の構成において相違点を有する。以下、当該相違点を中心に本実施形態について説明する。ここで、本実施形態に係る書類収納ファイル1の概略図(正面図)を図7に示す。

0029

本実施形態に特徴的な構成として、表紙2には、裏表紙3のインデックス部22(22A、22B、22C)の位置(主保持部20(20A、20B、20C)の位置)に対応する位置の所定領域において、筆記具ボールペン等)による直接記入が可能な印刷が施されたメモ欄28(28A、28B、28C)が設けられている。これによれば、書類の仕訳を行う際の表紙2への表示(記入)作業を簡易に行うことができる。また、表紙2を見れば、仕訳した複数の書類内容が一目で把握できるため、非常に便利である。

0030

また、インデックス部22(22A、22B、22C)にも、筆記具(ボールペン等)による直接記入が可能な印刷(表面処理)が施されている。したがって、書類の仕訳を行う際のインデックス部22(22A、22B、22C)への表示(記入)作業を簡易に行うことができる。

0031

なお、上記の表紙2およびインデックス部22(22A、22B、22C)における当該印刷(表面処理)は、いずれか一方のみに施してもよく、他方には当該印刷(表面処理)を施さずに、従来のように、別のシールに記入してから貼り付ける構成としてもよい。

0032

(第3の実施形態)
続いて、本発明の第3の実施形態に係る書類収納ファイル1について説明する。本実施形態に係る書類収納ファイル1は、前述の第1の実施形態と基本的な構成は同様であるが、特に、表紙2の構成において相違点を有する。以下、当該相違点を中心に本実施形態について説明する。ここで、本実施形態に係る書類収納ファイル1の概略図(斜視図)を図8に示す。

0033

本実施形態に特徴的な構成として、表紙2には、書類の端部を挟み込むように保持する補助保持部26が設けられている。より具体的には、図8に示すように、補助保持部26は、表紙2の開口した一辺(右辺)13(13A)寄りの端部領域において、外縁部2a側に設けられた起点26aから内方2b側へ進んでから外縁部2a側に設けられた終点26bに戻る連続線(切込み線)26cで切込みが入れられることによって、当該連続線(切込み線)26cと、起点26aと終点26bとを結ぶ基線26dとで囲まれる領域として形成されている。この構成によれば、基線26dの位置を支点として、基線26dの位置から最も離れた位置となる頂部26eが裏表紙3側へ向かう方向に起立する動作が可能となる。したがって、表紙2と裏表紙3との間に書類を挟み込んだ後、補助保持部26を起立させてから戻すように動作させることによって、補助保持部26で書類の端部を挟み込んで保持することができる。

0034

特に、表紙2が透明な樹脂材料で形成されている場合において、裏表紙3に設けられる主保持部20(20A、20B、20C)により仕訳されて保持された複数の書類の内容(目次)を記入(印刷)した書類を用意して、表紙2の外側から視認可能なように当該補助保持部26により保持させることによって、仕訳した複数の書類内容が一目で把握できる効果が得られる。また、表紙2への記入や貼付等の作業が不要となるため、非常に便利であると共に、表紙2の汚損や、貼付を行ったシールの紛失等の問題も解消することができる。

0035

(第4の実施形態)
続いて、本発明の第4の実施形態に係る書類収納ファイル1について説明する。本実施形態に係る書類収納ファイル1は、前述の第1〜第3の実施形態と基本的な構成は同様である。以下、相違点を中心に本実施形態について説明する。ここで、図9は、本実施形態に係る書類収納ファイル1の例を示す概略図(正面図)である。また、図10は、書類収納ファイル1の表紙2を開いた(めくった)状態の概略図(正面図)である。なお、便宜的に図9に示す位置における、左辺、右辺、上辺、下辺の語を用いて説明を行う。

0036

本実施形態においては、裏表紙3における開口した右辺13(13B)に沿って(すなわち、右辺13(13B)と平行の方向に)所定の間隔をあけて主保持部20が2個(第1の主保持部20A、および第2の主保持部20B)設けられている。より具体的には、開口した右辺13(13B)において、当該右辺13(13B)と直交する開口した上辺14側の位置に第1の主保持部20Aが配設されている。また、開口した右辺13(13B)において、当該右辺13(13B)と直交する閉じられた下辺12側の位置に第2の主保持部20Bが配設されている(前述の通り下辺は開口した辺であってもよい)。なお、主保持部20が3個以上の変形例に適用することも可能である(不図示)。

0037

ここで、第1の主保持部20Aは、基線20dと頂部20eとの長さL1が相対的に小さく形成されており、第2の主保持部20Bは、基線20dと頂部20eとの長さL2が相対的に大きく形成されている。

0038

また、主保持部20(20A、20B)が設けられる位置に対応して、裏表紙3の外縁部3aには、外方側へ突出させたインデックス部22(22A、22B)が設けられている。

0039

一方、本実施形態においては、表紙2に、補助保持部26が1個設けられている。なお、一例として、補助保持部26における基線26dと頂部26eとの長さL4は、第2の主保持部20Bにおける基線20dと頂部20eとの長さL2と同じ長さに設定している。ただし、これに限定されるものではない。

0040

また、外縁部2aが設けられる位置に対応して、表紙2の外縁部2aには、外方側へ突出させたインデックス部30が設けられている。

0041

ここで、本実施形態に特徴的な構成として、表紙2に直交する方向(図9における紙面に直交する方向)に視て、第1の主保持部20A、補助保持部26、第2の主保持部20Bがその順に、上辺14側から下辺12側へ向かう方向に所定間隔をあけて配設される構成を有している。

0042

上記の構成によれば、書類の3分類、すなわち書類を3つに仕訳して収納することを好適に行うことができる。以下、収納動作について具体的に説明する。
先ず、図11(a)に示すように、第1の書類(書類群)P1を表紙2と裏表紙3との間に収納する。次いで、図11(b)に示すように、上辺14側の第1の主保持部20(20A)を第1の書類P1(ここでは最上面の書類)よりも上まで起立させてから戻すことによって、第1の書類P1の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う。

0043

次いで、図12(a)に示すように、第2の書類(書類群)P2を表紙2と先に第1の主保持部で保持された第1の書類P1(ここでは最上面の書類)との間に収納する。このままの状態でも分類は可能であるが、落出防止を図るストッパとして機能させる観点からも、図12(b)に示すように、下辺12側の第2の主保持部20(20B)を第2の書類P2(ここでは最上面の書類)よりも上まで起立させてから戻すことによって、第2の書類P2の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う(このとき、同時に第1の書類P1の端部(ここでは右端部)も挟み込んで保持を行うこととなる)。

0044

次いで、図13(a)に示すように、第3の書類(書類群)P3を表紙2と先に収納された状態の第2の書類P2(ここでは最上面の書類)との間に収納する。次いで、図13(b)に示すように、表紙2における補助保持部26を第3の書類P3(ここでは最下面の書類)よりも下まで起立させてから戻すことによって、第3の書類P3の端部(ここでは右端部)を挟み込んで保持を行う。

0045

このように、上記構成による収納方法によれば、表紙2と裏表紙3との間に形成される単一空間において、複数の書類を仕訳して収納することが可能となる。特に、2個の主保持部20(20A、20B)と補助保持部26とを有する構成によって、第1の書類P1が裏表紙3と第1の主保持部20Aとの間に仕訳して収納でき、第2の書類P2が第1の主保持部20Aと補助保持部26との間に仕訳して収納でき、第3の書類P3が補助保持部26と表紙2との間に仕訳して収納できる。なお、前述の通り、第2の主保持部20Bによって第2の書類P2を(同時に第1の書類P1も)保持させることによって、落出防止効果を得ることもできる。

0046

したがって、特許文献3に例示されるように複数のシートを溶着等して内部を仕切る構成を設ける必要がないため、原材料コストは増加せず、加工コストも主保持部の形成つまり切込み線の追加のみで対応でき、コスト増を抑制できる。すなわち、きわめて簡素な構造によって、書類を3分類して仕訳可能な書類収納ファイルを好適に実現することが可能となる。

0047

なお、本実施形態においても、前述の第2の実施形態と同様の構成を備えてもよい。すなわち、表紙2におけるインデックス部22、30の対応位置に、筆記具(ボールペン等)による直接記入が可能な印刷が施されたメモ欄28を設けてもよい(図7と同様に構成すればよい)。また、インデックス部22、30に、筆記具(ボールペン等)による直接記入が可能な印刷(表面処理)を施してもよい(図7と同様に構成すればよい)。

0048

以上説明した通り、本発明によれば、きわめて簡素な構成により製造コスト、すなわち原材料コストおよび加工コストの増加を抑えつつ、複数の書類を仕訳して収納することが可能な書類収納ファイルを実現することができる。

0049

なお、本発明は、以上説明した実施例に限定されることなく、本発明を逸脱しない範囲において種々変更可能である。特に、収納対象として書類を例に挙げて説明したが、シート状の物品であれば書類と同様に収納することが可能である。

0050

1書類収納ファイル
2 表紙
3裏表紙
11左辺(閉じられた一辺)
12下辺(閉じられた一辺)
13、13A、13B右辺(開口した一辺)
14、14A、14B上辺(開口した一辺)
20、20A、20B、20C 主保持部
20a 主保持部の起点
20b 主保持部の終点
20c 主保持部の切込み線
20d 主保持部の基線
20e 主保持部の頂部
22、22A、22B、22Cインデックス部
24切欠き部
26補助保持部
26a 補助保持部の起点
26b 補助保持部の終点
26c 補助保持部の切込み線
26d 補助保持部の基線
26e 補助保持部の頂部
28、28A、28B、28Cメモ欄
30 インデックス部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 林谷馨の「 反転対応クリアファイル」が 公開されました。( 2020/08/31)

    【課題】紙片の挿入が簡単で、開口部から紙片の意図しないはみ出しや脱落の発生を阻止することができるクリアファイルを提供する。【解決手段】折り返し辺15にて折り返すことで形成される上シート12および下シー... 詳細

  • 村下賢の「 ファイル用具取り出し器具」が 公開されました。( 2020/08/20)

    【課題】 書類等を収納するファイルは、会社オフィスや自宅の書棚などに多数並べて管理されている。ここで、多数のファイルが並べられている状態で所望のファイルを取り出す場合、ファイルとファイルの間に指を差... 詳細

  • 岡田浩一の「 保持具およびファイル」が 公開されました。( 2020/08/20)

    【課題】背表紙と反対側において第1表紙と第2表紙との間隔が扇状に広がることを抑制することができる保持具およびそれを備えたファイルを提供する。【解決手段】 保持具10は、互いに向かい合うように背表紙2... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ