図面 (/)

技術 建築板とその製造方法

出願人 ニチハ株式会社
発明者 小栗和則
出願日 2016年9月28日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2016-189864
公開日 2018年4月5日 (3年10ヶ月経過) 公開番号 2018-053519
状態 特許登録済
技術分野 壁の仕上げ
主要キーワード 凸ブロック 建材板 デプスゲージ 平面視矩形 窯業系サイディングボード 被覆状態 カドミウム黄 乾燥設備
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2018年4月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

出隅用パネルを製造するために建築板が切断される際に横幅極端に狭いブロック柄が発生し難く、意匠性に優れた建築板とその製造方法を提供すること。

解決手段

複数の第一凹部10aを有する第一領域Aと、第一領域Aと隣接し、複数の第二凹部10bを有する第二領域Bと、を備えた基材10を具備し、第一領域Aの複数の第一凹部10aの平均深さは、第二領域Bの複数の第二凹部10bの平均深さよりも深く、少なくとも第一領域Aの基材10の表面には第一塗膜20が形成されており、基材10の表面は、第一領域Aよりも第二領域Bで多く露出している建築板100である。

概要

背景

従来から、窯業系サイディングボードや金属系サイディングボードなどが建築物外壁内壁を構成する建築板として用いられている。建築板は通常、長方形状長板であり、複数の建築板を貼り合わせて建築物の外壁や内壁が構成される。

その際に、建築物の隅部には出隅出隅用パネル)と呼ばれる断面L字形状の部材を貼ることが一般におこなわれている。この出隅用パネルは、壁面の外観統一感をもたせるべく、特許文献1に記載されるように、建築板を縦方向に切断して製造されることが多い。

ところで、建築板の表面には意匠性を高める目的で様々な凹凸形状が設けられることが多く、例えば特許文献2には、表面に縦・横の目地(溝)で区切られる複数のブロック柄(凸ブロック)を有する建築板が開示されている。

概要

出隅用パネルを製造するために建築板が切断される際に横幅極端に狭いブロック柄が発生し難く、意匠性に優れた建築板とその製造方法を提供すること。複数の第一凹部10aを有する第一領域Aと、第一領域Aと隣接し、複数の第二凹部10bを有する第二領域Bと、を備えた基材10を具備し、第一領域Aの複数の第一凹部10aの平均深さは、第二領域Bの複数の第二凹部10bの平均深さよりも深く、少なくとも第一領域Aの基材10の表面には第一塗膜20が形成されており、基材10の表面は、第一領域Aよりも第二領域Bで多く露出している建築板100である。

目的

本発明は上記する問題に鑑みてなされたものであり、出隅用パネルを製造するために建築板が切断される際に横幅が極端に狭いブロック柄が発生し難く、意匠性に優れた建築板とその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の第一凹部を有する第一領域と、前記第一領域と隣接し、複数の第二凹部を有する第二領域と、を備えた基材具備し、前記第一領域の複数の前記第一凹部の平均深さは、前記第二領域の複数の前記第二凹部の平均深さよりも深く、少なくとも前記第一領域の基材の表面の一部には第一塗膜が形成されており、前記基材の表面は、前記第一領域よりも前記第二領域で多く露出している建築板

請求項2

前記基材の表面は第二塗膜によって形成されている請求項1に記載の建築板。

請求項3

前記第一塗膜の色と前記基材の表面の色が異なっている請求項1または2に記載の建築板。

請求項4

前記第一領域と前記第二領域がともに平面視において矩形を呈している請求項1〜3のいずれか一項に記載の建築板。

請求項5

前記第一凹部と前記第二凹部が同一方向に延びている請求項1〜4のいずれか一項に記載の建築板。

請求項6

前記第一領域と前記第二領域に接する横溝を備えている請求項4に記載の建築板。

請求項7

前記第一領域と前記第二領域が前記横溝を挟んで上下に隣接している請求項6に記載の建築板。

請求項8

前記第一凹部と前記第二凹部がともに前記横溝の長手方向に沿って延びている請求項6または7に記載の建築板。

請求項9

前記建築板は長手方向を有する平面視において長方形であり、前記横溝が前記建築板の長手方向に沿って延びている請求項6〜8のいずれか一項に記載の建築板。

請求項10

前記第一凹部間には第一凸部が形成され、前記第二凹部間には第二凸部が形成され、前記第一領域と前記第二領域はそれぞれ複数の前記第一凸部と複数の前記第二凸部を備えており、前記第一凸部と前記第二凸部の高さが同一である請求項1〜9のいずれか一項に記載の建築板。

請求項11

複数の第一凹部を有する第一領域と、前記第一領域と隣接し、複数の第二凹部を有する第二領域と、を備え、前記第一領域の複数の第一凹部の平均深さは、前記第二領域の複数の第二凹部の平均深さよりも深い基材を準備する第一のステップと、前記第一領域と前記第二領域の表面に第一塗膜用塗料を塗布し、該第一塗膜用塗料が硬化する前に前記第一領域と前記第二領域に塗布された前記第一塗膜用塗料を掻き取ることにより、少なくとも前記第一領域の表面の一部に第一塗膜を形成するとともに、前記基材の表面を、前記第一領域よりも前記第二領域で多く露出させる第二のステップと、を備えた建築板の製造方法。

請求項12

前記基材の表面は、第二塗膜によって形成されている請求項11に記載の建築板の製造方法。

請求項13

前記基材は長手方向を有する、平面視において長方形であり、前記第一凹部と前記第二凹部が該長手方向に延びており、前記第二のステップにおける塗料の掻き取りは、掻き取り装置の掻き取り部を前記基材の長手方向に対して交差するように配置して該基材に接触させ、該掻き取り部に対して相対的に該基材を移動させることによっておこなう請求項11または12に記載の建築板の製造方法。

請求項14

前記掻き取り部は回転可能であり、前記基材の移動方向に対して前記掻き取り部を逆方向に回転させて塗料を掻き取る請求項13に記載の建築板の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、建築板とその製造方法に関するものである。

背景技術

0002

従来から、窯業系サイディングボードや金属系サイディングボードなどが建築物外壁内壁を構成する建築板として用いられている。建築板は通常、長方形状長板であり、複数の建築板を貼り合わせて建築物の外壁や内壁が構成される。

0003

その際に、建築物の隅部には出隅出隅用パネル)と呼ばれる断面L字形状の部材を貼ることが一般におこなわれている。この出隅用パネルは、壁面の外観統一感をもたせるべく、特許文献1に記載されるように、建築板を縦方向に切断して製造されることが多い。

0004

ところで、建築板の表面には意匠性を高める目的で様々な凹凸形状が設けられることが多く、例えば特許文献2には、表面に縦・横の目地(溝)で区切られる複数のブロック柄(凸ブロック)を有する建築板が開示されている。

先行技術

0005

特開2000−234431号公報
特開2005−177578号公報

発明が解決しようとする課題

0006

例えば特許文献2で開示されるような建築板を縦方向に切断して出隅用パネルを製造する場合、切断位置によってはブロック柄の横幅極端に狭くなる部位が生じ得る。このように横幅が極端に狭いブロック柄は、横幅が狭い状態で隆起していることから、製造や運搬保管の際に隆起している部分が欠け易く、損傷する可能性があるといった課題を有している。

0007

以上のことより、表面に縦・横の目地(溝)で区切られる複数のブロック柄を有する建築板を縦方向に切断して出隅用パネルを製造するに当たっては、横幅が極端に狭いブロック柄ができないように切断位置を考慮し、決定している。そのため、建築板の切断に手間がかかるとともに、往々にして余分な端材が発生するといった課題がある。

0008

本発明は上記する問題に鑑みてなされたものであり、出隅用パネルを製造するために建築板が切断される際に横幅が極端に狭いブロック柄が発生し難く、意匠性に優れた建築板とその製造方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0009

前記目的を達成すべく、本発明の第一の態様による建材板は、複数の第一凹部を有する第一領域と、前記第一領域と隣接し、複数の第二凹部を有する第二領域と、を備えた基材具備し、前記第一領域の複数の前記第一凹部の平均深さは、前記第二領域の複数の前記第二凹部の平均深さよりも深く、少なくとも前記第一領域の基材の表面の一部には第一塗膜が形成されており、前記基材の表面は、前記第一領域よりも前記第二領域で多く露出しているものである。

0010

ここで、「複数の第一凹部の平均深さ」、「複数の第二凹部の平均深さ」とは、第一領域と第二領域のそれぞれにおいて、各領域内の各凹部の深さから第一凹部の平均値と第二凹部の平均値を算定し、各凹部の平均深さとしたものである。第一凹部と第二凹部の平均深さは設計データから算出することができる。設計データが無い場合には、例えば各領域内の凹部の深さをマイクロスコープデプスゲージ等で測定し、算出することができる。

0011

また、「少なくとも第一領域の表面の一部には第一塗膜が形成されており」とは、第一領域の表面の一部にのみ第一塗膜が形成される形態の他、第二領域の表面の一部にも第一塗膜が形成される形態を含む意味である。

0012

また、「基材の表面は、第一領域よりも第二領域で多く露出している」とは、第一領域の表面と第二領域の表面は、ともに基材の表面が露出している部分を含み、第二領域における基材の表面が露出した部分の面積は、第一領域における基材の表面が露出した部分の面積よりも広いことを意味する。

0013

本発明の第一の態様による建築板は、第一領域と第二領域の凹部の平均深さの違いにより、第一塗膜による各領域の被覆状態と基材の表面の露出状態が異なるので、第一領域と第二領域の外観が異なる。外観が異なる第一領域と第二領域が隣接しているので、第一領域と第二領域の境界表現される。この境界により、この建築板は、縦目地を用いなくても複数種柄模様を表現することができ、意匠性に優れた建築板となる。

0014

さらに、この建築板は縦目地を用いずに柄模様を表現することができるので、縦方向であればどの部位で切断しても、縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。そのため、建築板の切断に際して余分な端材が発生するといった課題も解消され、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0015

また、本発明の第二の態様による建築板は、前記基材の表面は第二塗膜によって形成されているものである。

0016

本発明の第二の態様によれば、例えば第二塗膜の色を第一塗膜と異ならせると、第二領域の表面には第二塗膜が露出しているので、第一領域と第二領域の外観が大きく異なる。そして、第一領域と第二領域は隣接しているものの外観が大きく異なるので、第一領域と第二領域の境界は一層明確となり、目地を用いなくても複数種の柄模様を有する、意匠性に優れた建築板となる。

0017

また、本発明の第三の態様による建築板は、前記第一塗膜の色と前記基材の表面の色が異なっているものである。

0018

第一塗膜と基材の表面の色が異なる実施の形態には大きく以下で示す二種類の形態がある。

0019

一つ目の形態は、基材の表面に、第一塗膜と色が異なる第二塗膜が形成されているものである。

0020

一方、二つ目の形態は、基材の表面には塗膜が形成されておらず、基材自体が第一塗膜とは異なる色で着色しているものである。

0021

本発明の第三の態様によれば、第一領域の表面の一部に第一塗膜が形成されており、第二領域の表面には第一塗膜と色の異なる基材の表面が露出しているので、第一領域と第二領域の外観が更に大きく異なる。そして、第一領域と第二領域の境界は更に明確となり、縦目地を用いなくても複数種の柄模様を有する、意匠性に優れた建築板となる。

0022

また、本発明の第四の態様による建築板は、前記第一領域と前記第二領域がともに平面視において矩形を呈しているものである。

0023

ここで、「平面視において矩形」とは、平面視が長方形の他にも正方形も含む意味であり、いわゆるブロック調の外観を表現することができる。

0024

本発明の第四の態様によれば、凹部の平均深さと基材の露出状態が異なり、場合によってはさらに第一塗膜と基材表面の色も異なっているブロック調の複数の第一領域と第二領域が並んで構成されることから、目地を用いていないにもかかわらず、ブロック調を表現できる。さらに、この建築板は目地を用いずに柄模様を表現しているので、出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0025

また、本発明の第五の態様による建築板は、前記第一凹部と前記第二凹部が同一方向に延びているものである。

0026

例えば、横長(水平方向に長い)の建築板において、この水平方向に第一領域の第一凹部と第二領域の第二凹部が延びている形態が挙げられる。

0027

なお、「同一方向に延びている」とは、建築板を大局的に見た際に一定の同じ方向に延びていることを意味しており、建築板に近づいて微視的に見た際に第一凹部、第二凹部ともに多少蛇行しているようなものも、この同一方向に延びている概念包含される。

0028

本発明の第五の態様によれば、第一領域の複数の第一凹部と第二領域の複数の第二凹部が同一方向に延びていることにより、見た目の統一感が図られ、意匠性に優れた建築板となる。

0029

また、第一領域の複数の第一凹部と第二領域の複数の第二凹部が同一方向に延びていることにより、例えば塗料を掻き取る塗装ワイピング塗装、掻き取り塗装)における掻き取り工程において、掻き取り装置の掻き取り部を第一凹部と第二凹部内に入り込ませて、円滑に塗料を掻き取ることができる。

0030

また、本発明の第六の態様による建築板は、前記第一領域と前記第二領域に接する横溝を備えているものである。

0031

本発明の第六の態様によれば、横方向に並ぶ第一領域および第二領域から構成される各段に横溝が接し、横溝によって上下の段を区画するものである。横目地は横溝によって表現されており、縦目地は第一領域と第二領域のコントラストによって表現されている。

0032

本発明の第六態様によれば、第一領域と第二領域の境界の一部が横目地に相当する横溝によって明確に表現でき、縦目地は第一領域と第二領域の塗膜の差で表現できるので、意匠性に優れた建築板となる。

0033

本発明の第七の態様による建築板は、横溝の上下で第一領域と第二領域が隣接している形態、言い換えれば、第一領域と第二領域が横溝を挟んで上下に隣接しているものである。

0034

本発明の第七の態様によれば、横目地としての横溝によって第一領域と第二領域の上下の境界が明確となり、縦目地は第一領域と第二領域の塗膜の差で表現されるので、意匠性に優れた建築板となる。また、この建築板は縦目地を用いずに柄模様を表現しているので、出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。更に、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0035

また、本発明の第八の態様による建築板は、前記第一凹部と前記第二凹部がともに前記横溝の長手方向に沿って延びているものである。

0036

本発明の第八の態様によれば、第一領域の複数の第一凹部と第二領域の複数の第二凹部が横溝の長手方向に延びていることにより、見た目の統一感が図られ、意匠性に優れた建築板となる。また、この建築板は縦目地を用いず、第一領域と第二領域のコントラストによって第一領域と第二領域の境界を表現しているので、出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。更に、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0037

また、本発明の第九の態様による建築板は、前記建築板は長手方向を有する、平面視において長方形であり、前記横溝が前記建築板の長手方向に沿って延びているものである。

0038

本発明の第九の態様によれば、建築板が平面視において長方形であり、第一、第二領域が例えば平面視矩形を呈し、横溝が長方形の建築板の長手方向に延びていることにより、横溝に接する第一領域と第二領域は建築板の長手方向に配置されることになる。平面視矩形の第一領域と第二領域が建築板の長手方向に配列されていることから、見た目の統一感も図られる。また、長手方向には明確な横溝が延び、縦目地は第一領域と第二領域の塗膜の差によって表現されるので、意匠性に優れた建築板となる。

0039

また、建築板を縦方向(長方形の短辺方向に平行な方向)に切断して出隅用パネルを製作するに当たり、建築板には縦溝(縦目地)が存在せず、長手方向に延びる横溝のみが存在することから、切断位置によって出隅用パネルに極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。そのため、出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。更に、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0040

また、本発明の第十の態様による建築板は、前記第一凹部間には第一凸部が形成され、前記第二凹部間には第二凸部が形成され、前記第一領域と前記第二領域はそれぞれ複数の前記第一凸部と複数の前記第二凸部を備えており、前記第一凸部と前記第二凸部の高さが同一のものである。

0041

ここで、「高さが同一」とは、ある基準からの高さが同じという意味であり、例えば建築板の裏面からの距離が同じことが挙げられる。

0042

本発明の第十の態様によれば、第一領域の複数の第一凸部と第二領域の複数の第二凸部の高さが同一であることにより、見た目の統一感が図られ、意匠性に優れた建築板となる。

0043

また、第一領域、第二領域ともに複数の凸部を備えていることで、例えば塗料を掻き取る塗装(ワイピング塗装、掻き取り塗装)における掻き取り工程において、掻き取り装置の掻き取り部を高さが同一の凸部を基準として凹部内に入り込ませて円滑に塗料を掻き取ることができる。

0044

また、本発明の第十一の態様は建築板の製造方法であり、この製造方法は、複数の第一凹部を有する第一領域と、前記第一領域と隣接し、複数の第二凹部を有する第二領域と、を備え、前記第一領域の複数の第一凹部の平均深さは、前記第二領域の複数の第二凹部の平均深さよりも深い基材を準備する第一のステップと、前記第一領域と前記第二領域の表面に第一塗膜用塗料を塗布し、該第一塗膜用塗料が硬化する前に前記第一領域と前記第二領域に塗布された前記第一塗膜用塗料を掻き取ることにより、少なくとも前記第一領域の表面の一部に第一塗膜を形成するとともに、前記基材の表面を、前記第一領域よりも前記第二領域で多く露出させる第二のステップと、を備えるものである。

0045

本発明の第十一の態様の製造方法では、第二のステップにてワイピング塗装を採用し、第一領域に塗布された第一塗膜用塗料の一部と第二領域に塗布された第一塗膜用塗料の全部もしくは一部を掻き取り装置の掻き取り部にて掻き取って、第一塗膜が形成される部分と基材が露出する部分を形成するものである。

0046

ここで、「少なくとも第一領域の表面の一部に第一塗膜を形成する」とは、第一領域の表面にのみ第一塗膜が形成されている形態の他、第二領域の表面にも第一塗膜が形成されている形態を含む意味である。

0047

また、「基材の表面を、第一領域よりも第二領域で多く露出させる」とは、基材の表面の露出面積が、第一領域よりも第二領域の方が広いことを意味する。

0048

また、掻き取り部としては、例えば表面にスポンジ等の弾性材が配設された回転ロールブラシなどをあげることができる。

0049

本発明の第十一の態様によれば、第二のステップの第一塗膜用塗料の掻き取りにおいて、第一領域と第二領域の凹部の平均深さの違いにより、第一塗膜による被覆状態と基材の表面の露出状態が異なる第一領域と第二領域を形成することができる。第一領域と第二領域は、第一塗膜による被覆状態と基材の表面の露出状態が異なることにより、外観が異なる。外観が異なる第一領域と第二領域が隣接しているので、第一領域と第二領域の境界は明確となり、縦目地を用いなくても複数種の柄模様を表現することができる、意匠性に優れた建築板を製造できる。さらに、この建築板は縦目地を用いずに柄模様を表現することができるので、どの部位で切断しても、縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。そのため、建築板の切断に際して余分な端材が発生するといった課題も解消され、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0050

また、本発明の第十二の態様による建築板の製造方法において、前記基材の表面は、第二塗膜によって形成されているものである。

0051

基材の表面に第二塗膜を形成する方法としては、例えば、第二のステップを行う前に基材全体に第二塗膜用塗料を塗布し、硬化させる方法、第二のステップを行う前に第一領域と第二領域に第二塗膜用塗料を塗布し、硬化させる方法、第二のステップを行う前に第二領域のみに第二塗膜用塗料を塗布し、硬化させる方法等が挙げられる。

0052

本発明の第十二の態様によれば、第一領域の表面の一部には第一塗膜が形成されており、第二領域の表面には第一塗膜と異なる第二塗膜が露出した建築板を製造することができる。この建築板は、例えば第二塗膜の色を第一塗膜と異ならせると、第二領域の表面には第二塗膜が露出しているので、第一領域と第二領域の外観が大きく異なる。そして、第一領域と第二領域は隣接しているものの外観が大きく異なるので、第一領域と第二領域の境界は一層明確となり、目地を用いなくても複数種の柄模様を有する、意匠性に優れた建築板となる。

0053

さらに、この建築板は縦目地を用いずに柄模様を表現できるので、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0054

また、本発明の第十三の態様による建築板の製造方法は、前記基材は長手方向を有する平面視において長方形であり、前記第一凹部と前記第二凹部が該長手方向に延びており、前記第二のステップにおける塗料の掻き取りは、掻き取り装置の掻き取り部を前記基材の長手方向に対して交差するように配置して該基材に接触させ、該掻き取り部に対して相対的に該基材を移動させることによっておこなうものである。

0055

ここで、「掻き取り部に対して相対的に該基材を移動させる」とは、掻き取り部と基材のいずれか一方を移動させず、他方のみを移動させる形態や、掻き取り部と基材を双方の移動方向や移動速度を変化させながら移動させる形態があり、例えば後者の場合には、双方を同一方向で異なる速度で移動させる形態や双方を逆方向に移動させる形態がある。

0056

本発明の第十三の態様によれば、第二のステップにおける塗料の掻き取りを円滑に行うことができる。それにより、基材の露出部分が明確となるので、第一領域と第二領域の外観をより異ならせることができ、縦目地を用いなくても複数種の柄模様を有する、意匠性に優れた建築板を製造することができる。

0057

また、本発明の第十四の態様による建築板の製造方法は、前記掻き取り部は回転可能で有り、前記基材の移動方向に対して前記掻き取り部を逆方向に回転させて塗料を掻き取るものである。

0058

本発明の第十四の態様によれば、基材の移動方向に対して掻き取り部が逆方向に回転することで、掻き取り部が基材の第一凹部および第二凹部に入り込み易くなり、効率的な塗料の掻き取りを実行でき、第一塗膜の効率的な成膜をおこなうことができる。

発明の効果

0059

本発明の建築板とその製造方法によれば、第一塗膜による被覆状態と基材の露出状態の違いによって外観が異なる第一領域と第二領域を隣接して備えていることにより、目地を用いなくても第一領域と第二領域の境界が表現された、意匠性に優れた建築板となる。この境界によって縦目地を表現できるので、出隅用パネルの製造のためにこの建築板のどの部位で切断しても、従来の建築板のように縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。従って、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現でき、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなり、建築板の切断に際して余分な端材が発生するといった問題も生じない。

図面の簡単な説明

0060

本発明の建築板の実施の形態1の平面図である。
図1のII−II断面図である。
建築板の実施の形態2の断面図である。
建築板の実施の形態3の平面図である。
建築板の実施の形態4の平面図である。
(a)は建築板の製造方法を説明した模式図であり、(b)は(a)のb−b断面図である。

実施例

0061

以下、図面を参照して本発明の建築板の実施の形態1〜4を説明する。

0062

(建築板の実施の形態1)
図1は本発明の建築板の実施の形態1の平面図であり、図2図1のII−II断面図である。

0063

図示する建築板100は、基材10と、第一塗膜20と、から構成されている。また、基材10の表面は、第二塗膜10cによって形成されている。なお、図示する建築板100は、例えば長手方向Lの長さが約1.8m〜約3m程度、長手方向Lに直交する短手方向の長さが約0.5m程度であり、短手方向に沿って建築板100を複数のパネルに切断することにより、出隅用パネルが製作される。

0064

基材10は、複数の第一凹部10aを有する第一領域Aと、第一領域Aに隣接し、複数の第二凹部10bを有する第二領域Bを備える。第一凹部10aの深さはt1であり、第二凹部10bの深さはt2である。

0065

第一凹部10aの平均深さ、第二凹部10bの平均深さはそれぞれ、各第一凹部10aの深さt1、各第二凹部10bの深さt2から第一凹部10aの平均値と第二凹部10bの平均値を算出し、各凹部の深さとしている。なお、第一凹部10aと第二凹部10bの平均深さは設計データから算出することができるが、設計データが無い場合には、各領域内の任意の凹部十点程度をマイクロスコープ、デプスゲージ等で測定し、算出することができる。

0066

建築板100では、第一領域Aにおける第一凹部10aの平均深さが第二領域Bにおける第二凹部10bの平均深さよりも深くなっている。一例として、第一凹部10aの平均深さを約1.5mm程度、第二凹部10bの平均深さを約0.5mm程度に設定することができる。

0067

基材10の表面Pは第二塗膜10cによって形成されており、第二塗膜10cは基材10の表面全体を覆っている。

0068

そして、第二領域Bにおいて、複数の第二凹部10bの表面には基材10の表面である第二塗膜10cが露出している。

0069

また、第二領域Bは、複数の第二凸部60Bを有する。第二凸部60Bは第二凹部10b間に形成されている。第二凸部60Bの表面には、基材10の表面である第二塗膜10cが露出している。

0070

一方、第一領域Aにおいて、複数の第一凹部10aの表面には第一塗膜20が形成されている。より具体的には、第一塗膜20は、基材10の表面Pである第二塗膜10cの上に形成されている。

0071

また、第一領域Aは、複数の第一凸部50Bを有する。第一凸部50Bは第一凹部10a間に形成されている。第一凸部50Bの表面には、基材10の表面Pである第二塗膜10cが露出している。

0072

図2で示すように、建築板100において、第一領域Aは第一凹部10aと第一凸部50Bからなり、第二領域Bは第二凹部10bと第二凸部60Bからなる。

0073

ここで、第一領域Aの第一凹部10aの表面には第一塗膜20が形成されており、第一領域Aの第一凸部50Bの表面には基材10の表面Pである第二塗膜10cが露出している。そのため、第一領域Aの表面は、第一塗膜20が形成された部分と第二塗膜10cが露出した部分を有する。

0074

一方、第二領域Bの第二凹部10bの表面と第二凸部60Bの表面には基材10の表面Pである第二塗膜10cが露出している。そのため、第二領域Bの表面は、第二塗膜10cが露出した部分を有する。なお、図2では第二領域Bに第一塗膜20を有していないが、第二凹部10bの一部に若干の第一塗膜20が形成されていても良い。

0075

第一領域Aでは、第一凸部50Bで第二塗膜10cが露出しているのに対し、第二領域Bでは、第二凹部10bと第一凸部60Bで第二塗膜10cが露出している。そのため、基材10の表面Pである第二塗膜10cの露出は、第一領域Aよりも第二領域Bで多い。

0076

第一領域Aと第二領域Bは、各凹部の平均深さの違いにより、第一塗膜20の被覆状態と基材10の露出状態が異なるので、外観が異なる。外観が異なる第一領域Aと第二領域Bが隣接しているので、第一領域Aと第二領域Bの境界が表現されることとなる。それにより、建築板100は、縦目地を用いなくても複数種の柄模様が表現できる。

0077

また、図1で示すように、第一領域Aと第二領域Bはともに同寸法で平面視において矩形を呈しており、図示例では、第一領域Aと第二領域Bが上下左右で交互に配置されている。

0078

凹部の平均深さと基材10の露出状態が異なるブロック調の複数の第一領域Aと第二領域Bが上下左右に並んで配置されていることから、縦目地を用いることなく、ブロック調の模様が表現されている。

0079

また、図1で示すように、建築板100は平面視において長方形であり、第一領域Aの第一凹部10aと第二領域Bの第二凹部10bがともに建築板100の長手方向Lと同一方向に延びている。

0080

さらに、第一領域Aの第一凸部50Bの高さ(基材10の裏面からの距離s)と、第二領域Bの第二凸部60Bの高さ(基材10の裏面からの距離s)は同一である。

0081

第一領域Aの複数の第一凸部50Bと第二領域Bの複数の第二凸部60Bの高さが同一であることにより、見た目の統一感が図られる。

0082

ここで、基材10には表面Pが第二塗膜10cによって形成された、例えばセメント板金属板樹脂板などが適用できる。

0083

第一塗膜20と第二塗膜10cは樹脂顔料からなる塗料を使用して成膜される。ここで、樹脂としては、例えばアクリル樹脂アクリルシリコン樹脂シリコン樹脂フッ素樹脂ポリウレタン樹脂エポキシ樹脂等が適用でき、顔料としては、例えば炭酸カルシウムクレー酸化チタンカーボン弁柄黄鉛酸化鉄ウルトラマリンフタロシアニンブルーコバルト酸化クロム等が適用できる。さらに、必要に応じて、消泡剤pH調整剤光安定剤紫外線吸収剤などを含有させてもよい。

0084

建築板100において、第二領域Bでは基材10の表面Pである第二塗膜10cが露出し、第一領域Aでは第一塗膜20が表面に露出していることから、双方の塗膜の色を変化させておくことで、第一領域Aと第二領域Bの色の変化を一層顕著にすることができる。

0085

このように、建築板100は、平面視において矩形(ブロック調)の第一領域Aと第二領域Bが上下左右に並び、双方の領域A,Bの第一凹部10a、第二凹部10bの平均深さが相互に異なることにより、第一塗膜20による各領域の被覆状態と基材の表面の露出状態が異なるので、第一領域Aと第二領域Bの外観が異なる。外観が異なる第一領域Aと第二領域Bが隣接しているので、第一領域Aと第二領域Bの境界が表現され、縦目地を用いなくてもブロック調の柄模様を表現することができ、意匠性に優れた建築板100となっている。

0086

双方の領域A,Bの色も相違していることから、領域A,Bの境界を、縦目地を用いずに表現できるとともに、異なる色調による意匠効果が奏される。

0087

さらに、領域A,Bにおいて、第一凹部10a、第二凹部10bがともに建築板100の長手方向Lと同一方向に延びていることにより、全体的な統一感が得られ、このことによっても建築板100の意匠性が高められる。

0088

さらに、建築板100は、縦溝(従来の建築板の縦目地)を備えておらず、平面視において矩形の第一領域Aと第二領域Bが上下左右で交互に配置された構成を備えているのみである。したがって、建築板100を例えば長手方向Lに直交する短手方向に沿って切断して出隅用パネルを製造しようとした際に、建築板100のどの部位で切断したとしても、従来の縦目地を有する建築板のように縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがなく、建築板100を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現することができる。さらに、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなり、建築板100の切断に際して余分な端材が発生するといった課題も生じ得ない。

0089

なお、図示を省略するが、第二領域Bの第二凹部10bの表面の一部に第一塗膜20をさらに備えていてもよい。この形態であっても、第二凹部10bには基材10の表面Pである第二塗膜10cが露出しているので、第一領域Aと第二領域Bは異なる色調となり、縦目地を用いなくても複数種の柄模様を表現する効果と、出隅用パネルの効率的な製造を実現する効果が奏される。

0090

(建築板の実施の形態2)
図3は建築板の実施の形態2の断面図である。図示する建築板100Aも、第一領域Aと第二領域Bを上下左右で交互に配置するものであり、基材10Aと、第一塗膜20Aとから構成されている。しかし、基材10Aの表面P’には塗膜が存在しないことが建築板100と異なる。

0091

基材10Aは、複数の第一凹部10aを有する第一領域Aと、第一領域Aに隣接し、複数の第二凹部10bを有する第二領域Bを備える。第一凹部10aの深さはt1’、第二凹部10bの深さはt2’である。

0092

建築板100Aも、第一領域Aにおける第一凹部10aの平均深さが第二領域Bにおける第二凹部10bの平均深さよりも深くなっている。第一凹部10a、第二凹部10bはともに建築板100Aの長手方向と同一方向に延びている。

0093

そして、第二領域Bにおいて、複数の第二凹部10bの表面には基材10Aの表面P’が露出している。

0094

また、第二領域Bは、第二凹部10b間に形成されている、複数の第二凸部60Bを有する。第二凸部60Bの表面には、基材10Aの表面P’が露出している。

0095

一方、第一領域Aにおいて、複数の第一凹部10aの表面には第一塗膜20Aが形成されている。

0096

また、第一領域Aは、第一凹部10a間に形成されている、複数の第一凸部50Bを有する。第一凸部50Bの表面には、塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出している。

0097

図3で示すように、建築板100Aにおいて、第一領域Aは第一凹部10aと第一凸部50Bからなり、第二領域Bは第二凹部10bと第二凸部60Bからなる。

0098

ここで、第一領域Aの第一凹部10aの表面には第一塗膜20Aが形成されており、第一領域Aの第一凸部50Bの表面には塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出している。そのため、第一領域Aの表面は、第一塗膜20Aが形成された部分と塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出した部分を有する。

0099

一方、第二領域Bの第二凹部10bの表面と第二凸部60Bの表面には塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出している。そのため、第二領域Bの表面は、塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出した部分を有する。

0100

第一領域Aでは、第一凸部50Bで塗膜を具備しない基材10Aの表面P’が露出しているのに対し、第二領域Bでは、第二凹部10bと第二凸部60Bで塗膜を具備しない基材10Aが露出している。そのため、塗膜を具備しない基材10Aの表面P’の露出は、第一領域Aよりも第二領域Bで多い。

0101

第一領域Aと第二領域Bは、凹部の平均深さの違いにより、第一塗膜20Aの被覆状態と基材10Aの露出状態が異なるので、外観が異なる。外観が異なる第一領域Aと第二領域Bが隣接しているので、第一領域Aと第二領域Bの境界が表現されることとなる。それにより、建築板100Aは、縦目地を用いなくても複数種の柄模様が表現できる。

0102

また、建築板100Aでは、第一領域Aの第一凹部10aにおいて第一塗膜20Aが露出し、第二領域Bの第二凹部10bにおいて塗膜を具備しない基材10Aが露出していることから、基材10Aの色と第一塗膜20Aの色の相違により、第一領域Aと第二領域Bの境界を、縦目地を用いずに表現できるとともに、異なる色調による意匠効果が奏される。

0103

なお、基材10Aには、セメント板、金属板、樹脂板などが適用できる。基材10Aにセメント板を適用した場合、基材10Aは通常、灰色を呈しているが、基材10Aの製造過程で顔料を添加することにより、基材10Aの色を変化させることができる。例えば、カーボンブラックアセチレンブラック黒鉛等の黒色顔料を含有させることで黒色の基材10Aが得られる。また、例えば、黄鉛、亜鉛黄クロム酸バリウムカドミウム黄黄色酸化鉄等の黄色顔料を含有させることで黄色の基材10Aが得られる。

0104

また、建築板100Aも、第一領域Aの複数の第一凸部50Bと第二領域Bの複数の第二凸部60Bの高さ(基材10Aの裏面からの距離)が同一であることにより、見た目の統一感が図られる。

0105

更に、図示していないが、第一領域Aと第二領域Bはともに同寸法で平面視において矩形を呈していること、第一領域Aと第二領域Bが上下左右で交互に配置されていること、建築板100Aは平面視において長方形であり、第一領域Aの第一凹部10aと第二領域Bの第二凹部10bがともに建築板の長手方向Lと同一方向に延びていることは建築板100と同じであり、同様の効果を奏する。

0106

このように、建築板100Aも縦目地を用いずに柄模様を表現しているので、どの部位で切断しても、縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。そのため、建築板の切断に際して余分な端材が発生するといった課題も解消され、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0107

(建築板の実施の形態3,4)
図4,5はそれぞれ、建築板の実施の形態3,4の平面図である。図4で示す建築板100B、図5で示す建築板100Cともに、第一領域Aと第二領域Bが横方向に並ぶ一段を上下で区切る横溝を備えている点で共通している。

0108

具体的には、建築板100Bは、その長手方向Lに沿って延びている一本の横溝70にて各段が上下方向に区切られており、各領域A,Bが横方向に並んでできる各段が上下の横溝70で挟まれて構成されている。

0109

一方、建築板100Cは、その長手方向Lに沿って延びている三本の横溝で形成された横溝70Aや、上下に幅を持たせた二本の横溝で形成された横溝70Bといった異なる種類の横溝70A,70Bを単独で、もしくは組み合わせて用いることにより、独自の意匠性を醸し出している。

0110

なお、建築板100B,100Cともに、横溝を有すること以外は建築板100と同じである。

0111

建築板100B,100Cともに、それぞれそれらの長手方向Lに沿って延びている横溝70,70A,70Bで平面視矩形の各領域A,Bが横方向に並んで構成される各段を上下に区切っていることにより、第一領域Aと第二領域Bの境界の一部が横目地に相当する横溝70,70A,70Bによって明確に表現でき、縦目地は第一領域Aと第二領域Bの塗膜の差で表現できるので、意匠性に優れた建築板100B,100Cとなる。

0112

さらに、各領域A,Bの第一凹部50A、第二凹部60Aと横溝70,70A,70Bがともに同一方向に延びていることによっても、見た目の統一感が図られ、意匠性に優れた建築板100B,100Cとなる。

0113

なお、建築板100B,100Cにおいても縦溝を具備しないことにより、既述する縦溝を具備する場合の様々な課題は生じ得ない。

0114

また、建築板100B,100Cにおいても、横溝を有すること以外は建築板100と同じであるので、建築板100と同様の効果も奏する。

0115

(建築板の製造方法の実施の形態1)
次に、図6を参照して、建築板の製造方法の実施の形態1を説明する。この製造方法は、建築板100の製造方法である。

0116

まず、複数の第一凹部10aと第一凸部50Bを有する第一領域Aと、第一領域Aに隣接し、複数の第二凹部10bと第二凸部60Bを有する第二領域Bを備え、第一凹部10aの平均深さは、第二凹部10bの平均深さよりも深い基材10を準備する(図2参照、第一のステップ)。

0117

より具体的には、製作する柄と凹凸が反転した型板を用意し、この型板の上に原料(例えばセメントフライアッシュマイカフレークなど)を散布してマットを形成する。最後にこのマットをプレスし、温度をかけて養生する。そして、本実施の形態では、表面全体に第二塗膜用塗料を塗布し、硬化させることで、表面に第二塗膜10cを有する基材10が製造される。

0118

次に、基材10の表面全体に第一塗膜用塗料を塗布し、この状態で基材10を図6(a)で示すように上下に回転ロールR1,R2を備えた掻き取り装置内に移動させる(X1方向)。

0119

ここで、掻き取り部である上方の回転ロールR1の表面にはスポンジ等の弾性材Eが配設されており、回転ロールR1は基材10の移動方向と逆方向(X2方向)に回転している。

0120

第一塗膜用塗料が硬化する前に上下の回転ロールR1,R2間に基材10を通過させる過程で、図6(b)で示すように、第一領域Aの第一凹部10aと第二領域Bの第二凹部10bに弾性材Eが入り込み(X3方向)、第一領域Aに塗布された第一塗膜用塗料の一部と第二領域Bに塗布された第一塗膜用塗料の全部が掻き取られる。

0121

所定時間の経過もしくは乾燥設備で乾燥させることにより、第一領域Aにおいて掻き取られずに残った第一塗膜用塗料の一部が硬化して第一塗膜20が形成される。それにより、第一凹部10aには第一塗膜20が形成され、第二凹部10b、第一凸部50Bと第二凸部60Bには、基材10の表面である第二塗膜10cが露出して、実施の形態1にかかる建築板100が製造される(第二のステップ)。

0122

なお、建築板の実施の形態3,4についても、第一のステップで横溝を備えた基材を準備すること以外は、同様に製造することができる。

0123

また、建築板の実施の形態1で前述したように、第二領域Bの第二凹部10bに塗布された第一塗膜用塗料を全部掻き取るのではなく、一部掻き取ることもできる。

0124

このように、実施の形態1の製造方法によれば、凹部の平均深さの違いにより、第一塗膜20の被覆状態と基材10の露出状態が異なる第一領域Aと第二領域Bを形成することができる。第一領域Aと第二領域Bは、第一塗膜20の被覆状態と基材10の露出状態が異なることにより外観が異なる。外観が異なる第一領域Aと第二領域Bが隣接しているので、第一領域Aと第二領域Bの境界が表現されることとなる。それにより、建築板100は、縦目地を用いなくても複数種の柄模様が表現できる。

0125

また、実施の形態1の製造方法によって製造される建築板100は縦目地を用いずに柄模様を表現しているので、どの部位で切断しても、縦目地による極端に横幅の狭い隆起部が形成されることがない。そのため、建築板の切断に際して余分な端材が発生するといった課題も解消され、建築板を用いた出隅用パネルの効率的な製造を実現できる。また、製造された出隅用パネルもその製造や運搬、保管の際に欠け難く、損傷し難いものとなる。

0126

(建築板の製造方法の実施の形態2)
次に、建築板の製造方法の実施の形態2を説明する。この製造方法は、建築板100Aの製造方法である。

0127

まず、複数の第一凹部10aと第一凸部50Bを有する第一領域Aと、複数の第二凹部10bと第二凸部60Bを有する第二領域Bを備え、第一凹部10aの平均深さは、第二凹部10bの平均深さよりも深い基材10Aを準備する(図3参照、第一のステップ)。なお、本実施の形態においては、基材10Aの表面には第二塗膜を設けない。

0128

以後の第二のステップについては、建築板の製造方法の実施の形態1と同じである。

0129

以上、本発明の実施の形態を図面を用いて詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における設計変更等があっても、それらは本発明に含まれるものである。例えば、図示例の建築板は、凹部の深さの異なる第一領域と第二領域から構成されるものであるが、第一領域および第二領域の各凹部と深さの異なる第三領域をさらに備え、第一領域の凹部の平均深さが約1.5mm程度、第二領域の凹部の平均深さが約1.0mm程度、第三領域の凹部の平均深さが約0.5mm程度の建築板も本願発明に含まれるものである。また、例えば、第一領域は、第一凹部の平均深さが第二凹部の平均深さよりも深いものであれば、第一凹部の一つとして第二凹部の平均深さよりも浅い凹部を含むこともできる。

0130

10,10A…基材、10a…第一凹部、10b…第二凹部、10c…塗膜(中塗塗膜、第二塗膜)、20,20A…第一塗膜、50B…第一凸部、60B…第二凸部、70,70A,70B…横溝、100,100A,100B,100C…建築板、A…第一領域(領域)、B…第二領域(領域)、P、P’…基材の表面(表面)、R1,R2…回転ローラ,E…弾性材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ミサワホーム株式会社の「 外壁構造」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】太陽電池モジュールと他の仕上げ材との一体性を確保し、見栄えや防水性の向上を図る。【解決手段】外壁Ow,4の屋外側面から離間配置されて外壁Ow,4を被覆する太陽電池モジュール4bと、上下方向に長... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 化粧板、透明性樹脂フィルム及び化粧板の製造方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】透明性樹脂フィルムの最表面に凹凸形状を形成したとしても、該透明性樹脂フィルムの凹凸形状の凹部において優れた耐候性を有することができ、更に難燃性を有する化粧板、透明性樹脂フィルム及び化粧板の製造... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 透明性樹脂フィルム、化粧板及び化粧板の製造方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】基材に設けられた絵柄層に積層したときに密着状態を目視で確認でき、更に難燃性を有する透明性樹脂フィルム、及び、該透明性樹脂フィルムを用いてなる化粧板を提供する。【解決手段】基材の一方に積層された... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ